初めてのご利用またはレビュー投稿で500円OFF割引ギフト券プレゼント

月刊おりがみ 380号 (2007年03月01日発売)

日本折紙協会
特集「新学期」

「!」のしるしは感嘆符という名前の記号で、びっくりマークとして親しまれています。「よくやったものだ。こんなすばらしいものがあったのか」と感心や感動を表す時に使われます。4月から新学...
380号 (2007年03月01日発売)は在庫なしです

月刊おりがみの商品詳細

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 380号 (2007年03月01日発売) の目次

特集「新学期」

「!」のしるしは感嘆符という名前の記号で、びっくりマークとして親しまれています。「よくやったものだ。こんなすばらしいものがあったのか」と感心や感動を表す時に使われます。4月から新学期が始まると、新しい生活のいろいろなことに新入生たちは「!」の連続です。その姿がさわやかで、見ているとすがすがしい気持ちになります。いくつになっても新入生のように感動する心を忘れずにいたいものです。

掲載作品とコメント(☆はおりがみ級申請作品)

①先生と園児・小倉隆子
「職業柄折ってみたい作品でした。頭を黄色い折り紙で折ると帽子をかぶった園児の雰囲気が出て、とてもかわいらしい作品になりました。黒や茶色の折り紙で、女の子や先生もできて楽しくなります。」

②アメリカ五大湖(エリー湖とオンタリオ湖)・田中真央(投稿時11才)
「③の折り筋はあまり広くしすぎると全体のバランスがくずれます。地図を見て調節してください。」

ミニ知識・アメリカ五大湖
北アメリカ大陸中東部。セント・ローレンス川の上中流部にあり、上流からスペリオル湖、ミシガン湖、ヒューストン湖、エリー湖、オンタリオ湖の5つの湖です。総面積24万5300キロ平方メートルで、日本の本州より大きい広さです。エリー湖とオンタリオ湖の間にはナイアガラ滝がありますが、河川と運河によって結ばれています。

③ソーラーアーク・丹羽兌子
「ソーラーアークは大型太陽光発電装置で、東海道新幹線岐阜羽島駅近くにあります。白い部分は太陽エネルギーをテーマとする科学館です。」

ミニ知識・ソーラーアーク
ソーラーアークは三洋電機が製作した全長315メートル高さ37メートルの巨大な箱舟(英語でアーク)型の太陽光発電施設。中央部にあるソーラーラボは世界でも珍しい太陽電池の科学館です。(http://www.solar-ark.com)

④ランドセル・アレンジ竹尾篤子
「何年か前に生徒さんから、お孫さんの入学祝いに中に何か入るランドセルを教えてほしいとのご依頼で折った作品です。長方形の紙で箱型に折り、残った部分でかぶせるようにフタを折りました。フタの部分はボールペンのようなものを使ってなでるように曲げると本物のランドセルのようなきれいなカーブが付きます。」

ミニ知識・ランドセル
オランダ語のランセル(背のう)がなまったもので、幕末に洋式軍政が導入された際、背のうの呼び名になりました。小学校で使用されるようになったのは、1885年に学習院が生徒の馬車や人力車での通学を禁止したときに学用品などを持ち運ぶために着用させたのが始まりです。当初は軍と同じ布製でしたが、のちに丈夫な箱形皮製になりました。その第1号が1887年に皇太子(大正天皇)の入学にあたって、伊藤博文が特別に作って贈ったものだといわれています。

⑤ペンギンボックス・アレンジ青柳祥子
「これはヨーロッパの伝承の王冠を3つ作り、組み合わせてできたペンギンの整理箱です。下の箱にはプリクラのシール?上の箱には何を入れましょうか?あなたの机の上に置いてあげてくださいね。」

⑥鉛筆立て・川手章子
「入り口の所に少しアクセントをつけてみました。実際にマーカーや鉛筆を立てておくことができます。パーツ同士をきちんと組み合わせてみてください。横の部分に絵などを描くと楽しそうです。」

⑦☆えんぴつのメモホルダー・白井和子
「私の大好きな暑い夏、折り紙を折っていたら自然にえんぴつになりました。えんぴつの本体にはメモ用紙やミニレターを差し込めます。入学、進級のお祝いのメッセージにもいいですね。」

⑧つなげる箱・アレンジ冨野泰子
「形がゆがみやすいのが難ですが、いくつでもつなげられるのでビーズなど種類別にするときなどにいかがでしょうか。1個で使う場合やつなげたときの両端は三角の形が外側に出るように折った方がよいようです。」

ミニ知識・世界本と著作権の日
4月23日はスペインのカタルーニャ地方の守護神サン・ジョルディを讃える「サン・ジョルディの日」で、男性は女性に赤いバラを、女性は男性に本を贈る習慣が古くからあります。
また、この日は「ドン・キホーテ」を書いたスペインの作家ミゲル・セルバンテス(1547~1616)の命日で、彼を偲んで「本の市」も開かれるそうです。さらに、イギリスの有名な劇作家、ウィリアム・シェークスピアの誕生日で、命日といわれています。
そのようないわれのある日をユネスコは「世界本と著作権の日」と1995年に定めました。日本でも「子ども読書の日」となっていて、4月23日から5月12日が「こどもの読書週間」です。

⑨ウィリアム・シェークスピア、イチゴのショートケーキのブックマーク・青柳祥子
「シェークスピアといえば、中世の4大悲劇は皆さんご存知ですよね。学生の頃劇団円のシェークスピアの劇を新宿の紀伊國屋ホールによく観にいきました。渡辺謙さんや岸田今日子さんに演技を見たり、本を読んだりして英米文学を必死に理解しようとした頃です。演劇と本、そして折り紙で中世の文学をのぞいてみませんか。」

ミニ知識・ウィリアム・シェークスピア(1564~1616)
イギリスの劇作家で詩人。「ハムレット」「オセロ」「マクベス」「リア王」の4大悲劇をはじめとする悲劇や「ベニスの商人」などの喜劇、「リチャード三世」などの歴史劇全37編の戯曲を残しました。
いまだに謎の多い人物で、実在の人物として存在しなかったという説もあるほどです。

⑩☆かぶとからひよこがうまれたよ・アレンジ青柳祥子
「伝承のかぶとからひよこが生まれた時、うれしさのあまり声を上げて飛び跳ねてしまいました。その時あらためて伝承折り紙の素晴らしさと、可能性の深さを知らされたのでした。小さいサイズでたくさん折るとかわいいですよ。めんどりは白で折ってトップに赤のハートをつけるとできます。」

⑪☆五弁の花(プリムラ型)・アレンジ丹羽兌子
「8弁の花びらを3弁減らして5弁にしました。折るポイントを変えると花びらのくびれを調節できます。いろいろ工夫を加えてイメージに合った花にしてお楽しみください。」

⑫鉢植えの葉、桜小皿・永田紀子
「葉を茎に植え込みました。お好みの花を咲かせてください。桜小皿は正五角形用紙のふちを何回か折り返しただけですが、桜が生まれました。伝承の正五角形の折り方は使うたびに先人のみごとな技に敬意を表したくなります。」

⑬くす玉「菜の花」・中本容子
「正方形の単体なので立方体や立法八面体に組むこともできますが、18個組みくらいの方が、菜の花がいっぱい咲いている感じが楽しめるでしょう。」

⑭オダマキの花ケース・川手章子
「となりの家の花壇に毎年白と紫とピンクの色のオダマキが咲きます。よくあのような形に咲くなあと感心してしまいます。」

ミニ知識・オダマキ(苧環)
糸巻きのような花と扇のような葉が特徴で4~6月に開花します。麻やカラムシ(苧麻)の茎皮から紡いだ糸を巻いた糸巻きを「苧玉巻き」と呼んでいたのが名前の由来です。
「しづやしづ 賤(しづ)のをだまき繰り返し 昔を今に なすよしもがな」という歌は、文治2(1186)年4月8日、鎌倉の鶴岡八幡宮において、静御前が源頼朝の前で、想い人の源義経との別れを悲しんで舞ったといわれています。古代の布である倭(し)文(づ)を織る糸を「をだまき」が繰り返し巻いていくように、あの昔を取り戻せないだろうかという意味です。

[ミニ知識参考図書]
「いま、花について」(ダイヤモンド社)、「ポプラディア」(ポプラ社)、「記念日・祝日の事典」(東京堂出版)、「世界大百科事典」(平凡社)、「こどものカレンダー」(偕成社)、「白拍子静御前」(新人物往来社)、「伊勢物語」(岩波文庫)、「義経記」(岩波書店)

新学期特別コーナー「えいごでおしえて!」
英語がもっと上手だったら、折り紙の楽しさをもっと伝えられるのに・・・海外の方に折り紙を教えた時にこう思った方は多いのではないでしょうか。今回は折り紙教室でよく使われる英語を紹介します。

「白い面(色の面)を表にしてください」
The white side (the colored side) is facing you.

「白い面を表に出して、三角に折ってください。もう一度三角に折ります」
With the white side up, fold your paper diagonally into a triangle. Fold it in half again to make a smaller triangle.

「白い面を表に出して、四角に折ってください。もう一度四角に折ります」
With the white side up, fold your paper diagonally into a rectangle. Fold it in half again to make a square.

「下の角(辺)を上の角(辺)に合わせます」
Lift the bottom corner (edge) up to meet the top corner (edge).

「上の一枚を折ります」
Fold the top layer only.

「裏返します」
Turn it over.

「反対側も同じように折ります」
Repeat on the other side.

「残り3か所も同じように折ります」
Repeat on the other 3 sides.

「この辺を真ん中の折り筋に合わせて折ります」
Bring the outer edge to meet to the center crease line.

「いま折ったところを戻します」
Fold and unfold.

◇◇支部だより◇◇
~多摩支部「山鳩」大野正江~
「野中陽子先生をお迎えして」
多摩支部では毎月1回の勉強会で支部員が順番に講師を務めています。しかし今回は外部から新風をとの願いから、2006年11月17日に折り紙の大先輩であり、また日本の折形に造詣の深い野中陽子先生をお迎えし、ご指導していただきました。
前半は日本の贈答の心のマナーについてのお話でした。600年の昔から上流武家社会の秘伝として伝えられた日本独特の礼法の一つであるとのこと、江戸時代になり折形は一般社会に行き渡り、昭和になり格式ある家では純白の和紙で折り包んで手渡していたそうです。
四季折々の行事や中身によっての包み方など、お話の間にお持ちいただいた実物を見せていただきました。私たち折り紙大好き仲間なので改めて身にしみこみました。
以下は主な講演(実技)内容です。
○ 折り紙6つの楽しみ
(1) 教わる(2)教える(3)創意工夫する(4)創作する(5)活用する(実用、装飾、遊戯)(6)差し上げる
これらを通して折り紙はよい人間関係を作るのに役立つ。瀬田美恵子さん(多摩支部長)創作の「どんぐり」を手に、「表面に見えるのは山折りだけれども、その裏は谷折り、中にはいくつかの折り込みがあり、それらが作品を内側から支えている」と。私たちの人生を思わせるお話も。

○ 礼法折形(折り紙の源流)
室町時代から行われてきた礼法の一つ。相手の方々を敬い大切にする心を形に表す作法で、心を込めて品物を和紙で包む方式のこと。かつては将軍家を中心に上級武家の間で伝えられてきたが、江戸時代に庶民の間にも広まり、現代では熨斗包みなどにその名残を留めているが、本来の意味や原理、原則は忘れられている。
折形の根本には陰と陽、吉と凶、天と地の考え方がある。贈る相手や品物、金額により、用いる紙(檀紙、もみ紙、奉書紙、洋紙など)を使い分ける。
折る手順として、折る方はやりにくくても、相手が開けやすい方を優先させるなど、お話をうかがっていると今までむずかしく考えていたことも、なるほどと納得がいきました。

○ 後半は実技
1:月謝包み2:中央熨斗紙幣包み(山根章弘作、入学、卒業祝いなどに。もみ紙を使用)3:鶴のお年玉包み(山根章弘アレンジ、もみ紙に水引1本で両輪※もろなわ結び)

最後に包みの渡し方についての実演あり、和やかな笑いの中で実りある講演と実技指導に至福の一日でした。
野中先生には初めての会場に材料や資料をお持ちいただいての勉強会、大変ありがとうございました。

~寄稿~「市民マイホビー・マイコレクション展に出展」宮本眞理子(長崎県)
2006年10月28日~11月12日に開催された第2回市民マイホビー・マイコレクション展に出展し、壱岐で初めての折り紙の展示をしました。会場の壱岐郷土館は立派な美術館で、アートギャラリーの中はもちろん、続く階段や通路にも展示しました。「チャレンジコーナー」は九州折紙コンベンションに参加の前に立ち寄ってくださった永崎まり子先生に手伝っていただいての準備となりました。郷土館館長そして職員の皆様にはとてもお世話になり、見に来られた方々にも大変喜んでもらえて折り紙をやっていて本当によかったと思います。

~寄稿~「書道と折り紙の組み合わせ」川崎道子(長崎県)
2006年10月20日~22日に「書の社中展」で色紙作品に折り紙を組み合わせた作品を、佐世保市博物館島瀬美術センターに展示しました。私たちの社中は主宰の松尾周美以下、生徒7人という小さなグループですが、社中展では各人が古典の臨書から漢字、仮名、調和体まで自由に4~5点を出品し、バラエティに富んだ作品展になりました。今回のテーマは「四季」でしたので、私は各季節の好きな俳句を選び、折り紙で引き立てたいと思いました。
書道展だから書が主体であること、他の作品のじゃまをしないこと、会場全体にマッチすることなどに注意し試行錯誤しました。来観者からは「会場が明るくなりましたね」「折り紙でもこういうことができるのですね」「ほのぼの感がありますね」などうれしい評価をいただきました。中には色紙そのものの模様だと思って折り紙に気付いてくれない人もあり、目録に「折り紙」という言葉を入れるべきだったと思いました。
私の他の作品が小楷の写経、篆書の論語という、固い時間のかかるものでしたので色紙作りはその点でも私自身を癒してくれました。句選び、色、折り方、配置などいろいろ想いをめぐらしながら猛暑の夏を過ごしました。
折り紙は、「星」は大橋皓也先生、「たんぽぽ」は川井淑子先生のもので、他のものはほとんど伝承のものを少しアレンジして構成しています。
書も折り紙もまだまだ未熟ですが、次回も今回のことを活かして折り紙の魅力をしっかりアピールしたいなと思っています。

~おりがみニュース~
「2007折紙シンポジウムin秋田」参加受付開始!
会場:秋田県 大湯温泉ホテル鹿角
後援:鹿角市教育委員会、十和田八幡平観光物産協会
日程:7月29日(日)~31日(火)※2泊3日
受付:7月29日(日)12時~14時30分
交通:JR盛岡駅から高速バスで1時間30分(盛岡駅からホテル直行の無料バスが出ます)
参加費用:会員38,000円 一般43,000円
※費用には食事代(5食)、諸経費(配布資料代等)が含まれます。
※基本的に6人相部屋となります。

世界のおりがみ展「お国自慢シリーズ」群馬で開催
日程:3月21日(水・祝)~4月3日(火)
会場:高崎市少年科学館2階展示フロアー(電話027-321-0323)
土日に折り紙教室開催・5歳~中学生対象、参加費200円、応募締め切り3/14まで)

壱岐イキおりがみツアーのご案内 宮本眞理子(長崎県)
魅力あふれる壱岐をみなさまに堪能していただきたく、このたび作品展、体験教室・交流会など、たっぷりの内容を盛り込んだツアーを企画しました。折り紙、観光、グルメにと、一緒に楽しみましょう。
日程:5月19日(土)~20日(日)
会場:壱岐郷土館、郷土美術館アートギャラリーほか
内容:おりがみ展観覧、島内観光など
宿泊費:4~6人和室、1泊2食付14,000円(宿泊なしの場合は夕食代6,500円)
申込み:宮本までkmss@mx71.tiki.ne.jp
締切:3月10日(土)予定

協会ホームページでバックナンバーの折り図を公開
http://origami-noa.com→「こんな本しってる?」→「バックナンバー」で作品名をクリックすると折り図が見られます。「折紙協会」でも検索できます。
※注意~印刷について
折り図は日本折紙協会に著作権がありますので、印刷する場合は個人的な利用範囲内でお楽しみください。印刷したものをコピーしたり、折り図を商業利用する場合は協会まで必ずご連絡ください。

~日本折紙協会(http://origami-noa.com)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

パノラマ作品の最新作は下記の「世界のお国自慢シリーズ」であり、全34点あります。
1. 大江戸 天下祭り
2. どおか、おさいじゃったもんせ(おいでください)
3. 新潟のふるさとを語る〝萬代橋〟
4. 長崎くんち 龍踊り(じゃおどり)
5. 熊本のまつり
6. スポーツ健康宣言都市、船橋
7. 見沼田んぼ物語り1・2
8. ちくごは花盛り
9. 名所、旧跡が数多く残る福島県会津へGO!
10.折紙動物園市原ぞうの国
11.ひな人形・段飾り
12.美(うま)し国かがのと
13.雑司ヶ谷鬼子母神のお会式
14.高幡不動尊五重塔
15.信濃の国~田毎のお国自慢~
16.沖縄の「ちゅら海水族館」と楽しむ人々
17.相模の国のまつり自慢
18.世界でたった一つふなばしアンデルセン公園
19.世界遺産熊野古道参詣道中絵図
20.淡墨桜(うすずみさくら)
21.彩の国まごころ国体のおもいで
22.日本三景 宮 島
23.どや!大阪てんこもり ようけおまっせ!
24.あおによし寧(な)楽(ら)の都は咲く花の・・・・。
25.隅田川花火大会
26.因州和紙と折り紙にこだわって
27.万博自然公園太陽の塔をとりまく四季の花々
28.海・街・山 元気です 「神戸」
29.東海道「戸塚宿」幻想
30.吉原仲之町界隈(春宵)
31.刀田の太子さん」のほとり
32.ワッショイ百万、北九州!
33.ひまわりの迷い道
34.新東京百景「薬師池公園」の春夏

バックパネル・アブスト(ディスプレイ棚)・パーテーション・テーブル・椅子・販売ワゴン・ガラスケース・ストック棚等什器、電源・配線、看板・ポスター・チラシ・入場券、宣伝広告・広報・告知(宣材のポジはご用意致します)等はお願い致します。又、地元教育委員会・マスコミ等の後援も頂けるようお願い致します。
開催費用は、開催時期・開催期間・開催場所・内容等の条件によりご相談の上お見積りさせて頂きますが、おりがみブース全作品と個人作品展示、おりがみ教室、販売コーナーを設置した場合(フル装備)の最終的なご予算は「7桁」になるとお考えください。
「おりがみブース」は折り紙で制作した繊細な立体作品ですので、傷付かないようにダンボールで覆い、1個が2m弱の立方体になります。また運送方法にも細心の注意が必要となり、チャーター便で他荷物と混載せずに運ぶため、運送コストが通常よりもかかります。

展示作品数は会場スペースやご予算に応じて調整できますので、実施期間、会場の場所と規模、おりがみブースの展示数、おりがみ教室の実施日・時間・対象人数等と全体のご予算につきましては、お気軽に担当佐野までご相談ください。

日本折紙協会事務局
おりがみ展担当 佐野
TEL (03) 3262-4764
FAX (03) 3262-4479

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~NOAブックスとは~
日本折紙協会では、月刊「おりがみ」のほか、折り紙専門書籍を発刊しています。
「おりがみ4か国語テキスト」、「みんなくすだま」、「おりがみでクリスマス」、「おりがみでクリスマス2」、「おりがみでひなまつり」、「古典にみる折り紙」、「おりがみ傑作選1」、「おりがみ傑作選2」、「おりがみ傑作選3」、「おりがみ傑作選4」、「プレ創刊誌vol.1~3」の11点です。購入をご希望の方は、日本折紙協会のHP(http://origami-noa.com)の「こんな本知ってる?」のページで表紙画像をクリックすると、アマゾンの購入サイトへジャンプできます。代金引換やコンビニ払い等の各種お支払い方法で購入できます。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,100円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証と講師バッジを授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

おりがみ4か国語テキストは、折紙協会のホームページ(折紙協会で検索)経由で購入できるほか(代引き・コンビニ払い)、郵便局にある払込取扱票の通信欄に「テキスト1冊」とご記入の上、テキスト代1,020円+送料290円=1,310円を下記へ郵便振替で送金していただければ入金日より約1週間でお届けいたします。
口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
ご請求ください。FAXでお送りいたします。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

[折り紙教室料金表]
1.講師報酬:講師1名につき、12,600円(拘束3時間以内・対象40名まで)
※対象60名まで2名、80名まで3名、100名まで4名の講師が必要です。
※標準的な時間割は、講習1コマ45分(2作品)、準備・休憩15分です。

2.超過料:3時間を越える1時間毎に講師1名につき、2,100円を加算
3.材料費(折り紙):実費(一人100円程度+会場宛送料)※そちらで用意する場合は不要。
4.教材費(教本等):実費(内容により不要)
5.講師交通費:実費
6.講師昼食代:実費(時間帯による)
7.講師宿泊費:実費(日程による)
8.管理費:上記1~7の合計金額の50%がマネージメント料として加算されます。
※上記料金は消費税込み

※折り紙教室料金のご請求とお支払いについて
折り紙教室実施後、講師が協会に提出する「折り紙教室実施報告書」に基づき請求書を作成し、ご送付申し上げますので、ご検収の上日本折紙協会へお支払いください。
※講師への報酬等は日本折紙協会から講師にお支払いいたします。

折り紙教室でご準備いただくもの
1.予定参加人数分の机とイスをご用意ください。
2.入門証等の証明パスが必要な場合は、手続き方法と通用口をお知らせください。
3.宿泊を必要とする場合は、宿泊場所の手配の有無をお知らせください。
4.講師の人数に応じた講師控え室を教室付近にご用意ください。
5.作品展示をご希望の場合は、事前にご相談ください(別料金)。


教室時間割(プログラム)その他ご不明・ご要望は担当佐野までお気軽にご相談ください。
TEL:03-3262-4764 / FAX:03-3262-4479

日本折紙協会の公式メールマガジンです。全国のおりがみイベントを告知しています。
http://www.mag2.com/m/0000023495.html

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみのバックナンバー

801円
801円
801円
801円
801円
801円

月刊おりがみ380号 (2007年03月01日発売)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌