月刊おりがみ 496号 (2016年11月01日発売)

日本折紙協会
特集クリスマス

◆季節の窓辺
朝日 勇

連載 第4 回 
サンタの落とし物Lost articles of Santa
夜道にてんてんと落とし物。あれあれ、サンタさんの大きな袋が破れています。毎年、子どもたちに夢を運...
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊おりがみのレビューを投稿する
  • 801円(税込)

    496号 (2016年11月01日発売)
  • ◆ 送料
    通常280円 (詳細) ※3,000円以上送料無料
  • ◆ 発送予定時期
    ご入金確認後1~2週間
  • ◆ 特記事項
    • ご入金のタイミングにより品切れとなる場合がございます。万が一品切れの場合は、ご注文はキャンセルし全額ご返金いたしますのでご了承ください。(支払手数料は除く)

月刊おりがみの商品詳細

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

月刊おりがみ 496号 (2016年11月01日発売) の目次

特集クリスマス

◆季節の窓辺
朝日 勇

連載 第4 回 
サンタの落とし物Lost articles of Santa
夜道にてんてんと落とし物。あれあれ、サンタさんの大きな袋が破れています。毎年、子どもたちに夢を運んでいるうちに穴があいてしまったのですね。大丈夫。サンタさん、うちへいらっしゃい。繕ってさしあげますよ。
 今年はプレゼントが増えました。歩いて遠くまで、しかも夜中の届け物。だから行き先も配達順序もよくよく調べ終えました。間違えないように。おや、早くも出発時間です。
かわいい子どもたちの笑顔が浮かびます。袋にいっぱい詰め込んで、さあ急げ!急げ!
あれれ、一つ大事なことを忘れておりました。失敗、失敗。
それはネ、あのこと……?(山里のサンタ日記より)



◆英語でオリガミしよう Let’s enjoy both Origami and English!

Lesson 14 さんかくサンタ 髙木 ひろみ
Triangle Santa by Ms.Hiromi TAKAGI

体が三角形のサンタクロースです。体の三角形がゆがんでいてもそれなりにかわいいサンタができるので、小さい子でも折れると思います。足は、⑰でおなかのポケットにしまいこむ前に少しずらすと、形を変えることができます。赤の折り紙だけでなく、いろいろな色で折ってみてください。ホチキスで三角形どうしをつないでガーランドにしても楽しいですよ。(作者)

The body of Santa Claus is triangle. Even if the triangle body is
distorted, the Santa is still cute in its own way. So, small children also
can fold it. As for the legs, you can change their shapes before stowing
them in the pocket at the belly in the step ⑰. Please fold this with a red
origami paper as well as different colors of papers. It is also fun to make
a garland by connecting the triangles with a stapler. (Author)


◆サンタクロースと袋Santa Claus and Sack by Mr. Hideo ISHIBASHI
石橋秀夫

Jo NAKASHIMA(中島 譲)さんとCamila ZEYMERさんのサンタクロースにインスパイヤされて創作してみました。顔の部分を参考にしています。残念ながら自立しないので、袋にもたれかかるように飾ってください。指人形としても遊べます。(作者)


◆亀甲リースHexagonal wreath by Ms. Minako ISHIBASHI
石橋美奈子

掲載は1984年で32年前にもなるのに、今も皆さんに愛され折っていただいているリースのように、表裏のバランス、ツートンカラーの表現を求めて考えました。④では長方形より60度の折り方を使っています。(作者)


◆ミニ知識
☆クリスマス…12 月25 日。キリスト教を始めたイエス・キリストの誕生日とされますが、本当はいつ生まれたのかはっきりしていません。北半球では12 月は冬至の月に当たります。キリストが生まれるずっと以前から、古代ローマ人は冬至を「不滅の太陽の誕生日」として祝っていました。また、ヨーロッパ北部でも、冬至の日に丸太を焼いて太陽を呼び戻す儀式が行われていました。古くから民衆の間に浸透していたこのような習慣にあやかって、冬至が過ぎて太陽の力が日一日と増すこの時期を、キリストの誕生日にしたのです。



◆脳トレ折り紙
最終回 きっちり11 等分と13 等分
スターコースターとコースター 石橋 美奈子

今月号では前回の「5 等分と7 等分」に続いて、「きっちり11 等分と13 等分」です。一辺をより多く等分しますが、基本は「平行線と比の関係」です。
 11 等分からは「スターコースター」、13等分からは「コースター」を折りましょう。スターコースターは中心の色が変わるぼかしの紙を使うと、星形が美しく出ますので、試してみてください。
 どちらの作品もさまざまなバリエーションができます。13 等分折りからのコースターは、四隅を出してのりづけすると薬玉になります。
 P 25 のできあがり図を見てください。基本のすじと縦ラインが接近しています。また、P26 の13 等分においても同様に基本のすじと縦ラインのニアミスにご注意ください。
 パーティーでコースターの模様折りや色違いでグラスの区別ができます。
「ひとのグラスから飲まんといてね!」
楽しいパーティーを折り紙で演出してください。
 今月号で12 回の連載を終わります。皆さんに脳トレ折り紙を楽しんでいただけたようで、とてもうれしく思っています。いつまでも折り紙を続けて、ほがらかで、元気でいましょうね。一年間、ありがとうございました。


◆フィンガーフラフープ 
川手 章子

1色、2色、4色などの組み合わせが楽しめ、額などとしても使えそうです。のりを使わずに組めます。指先でちょっと楽しんでみました。(作者)



◆ミニ知識
◇フラフープ…プラスチック製で直径1m ほどの輪の遊具の商品名です。フラダンスのように腰を振りながら回して遊ぶので、「フラフープ」と名付けられました。毎日新聞によると、1958(昭和33)年の秋に大流行しましたが、事故が起きたり、有害説が出たりして、その年の暮れにはブームはしぼんだそうです。当時、大人用が一本270 円、子ども用は200 円でした。

◇ユズ(柚子・柚)…正確には「柚」が木の名前で、「柚子」とはその実のことです。原産地は中国で、ミカンの木より寒さに強く、実は香りと酸味が強く、表面がでこぼこしています。ユズは皮から実の絞りかすまですべて無駄なく使えるとされています。皮は削って薬味などとして、絞りかすはお風呂に入れるとユズ湯が楽しめます。また、種を焼酎漬け
すると化粧水ができるそうです。


●ミニ知識参考図書:『クリスマス百科事典』(柊風舎)、『クリスマスの起源』(教文館)、『クリスマスの文化誌』(白水社)、『サンタクロースの謎』(講談社)、『絵でつづるやさしい暮らし歳時記』(日本文芸社)、『暮らしの歳時記』(平凡社)、『和ごよみと四季の暮らし』(日本文芸社)、『和のしきたり』(日本文芸社)、『年中行事事典』(三省堂)、『年中行事辞典』(吉川弘文館)、『江戸暦江戸暮らし』(亜紀書房)、『江戸ごよみ十二カ月』(人文社)、『おりおりに和暦のあるくらし』(角川書店)、『大字源』(角川書店)、『世界大百科事典』(平凡社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)、『毎日新聞』(毎日新聞社)



◆一枚で木Tree folded by a piece of paper by Ms. Hiromi TAKAGI
髙木ひろみ

一本の木を表現してみました。中心を少し開いて立たせることができます。内側にポケットがあるので、木に住む動物などを折って入れて遊んでください。(作者)


◆レッサーパンダRed panda by Ms. Yo‒ ko ISONO
磯野 陽子

アニメ調のかわいらしい表情を出すことと、しっぽのしましまを工夫しました。顔は鼻を持ち上げて立体にすると生き生きします。(作者)


◆ゆずCitron by Ms. Tomoko MIZUSHIMA
水島 朋子

最後は竹ぐしなどで、中から形を整えてください。上部をつまんで角をつくると仕上がりがよくなるかもしれません。紙の色と整え方を変えて、みかんにもなります。(作者)


◆読者の広場

 「趣き皿」がよかったです。「おりがみガーデン」の「パンダちゃん」がと
てもかわいいので、ぜひ折り方を教えてほしいです。「おりがみ頭の体操」で
できた作品を組み合わせて、壁飾りを作りました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 勤めている老人ホームで99 歳の方から(川崎敏和さんの)バラ(福山)を教えてと要望をいただきました。早く折りたいらしく、折って開く折って開くをせず、2 枚重ねで折って、組み立てるとき苦労しながらも完成させました。スゴイスゴイとほめながら、折っ
て開くをアドバイスするときれいに折れたと喜ばれました。夜も寝ずに折っているのかな?少し心配ですが、すごいです。


◆支部だより

恒例の作品展開催
練馬支部「ノア・こぶし会」支部長 服部周平/東京都

毎年恒例となりました練馬支部
「ノア・こぶし会」の作品展を8月27日(土)から31日(水)までの5日間、場所もおなじみの青山表参道クレヨン・ハウス近くの「ギャラリーM」で行いました。27日の10時に全員集合、おのおの持ち寄りの作品を展示しました。毎年のことですが個性豊かというのでしょうか、メンバーの出品作は繊細な折りを強調したもの、あるいはドラマ風な情景をアレンジしたもの、または立体的に折り上げたものなど…で味のある作品展になったと自負しています。残念なことに台風の影響で例年より若干来場者が少なくなりましたが、それでも青柳祥子、張替亮子、染谷淳一郎ら諸先生をはじめ多くの方々にお出でいただきました。ご来場いただいた皆々様にはこの誌上をお借りして厚くお礼申し上げます。


◆みんなの作品展

実家で作品展開催 梅本吉広(大阪府)

 天あまのはしだて橋立に近い丹たんご後半島の中腹のお年寄りが大多数の過疎の田舎で、8月13日(土)・14日(日)、作品展を開きました。近所の人たちに見てもらおうと生まれた実家を会場にして折り紙展を開きました。滋賀、大阪、京都など遠くからも自動車で来ていただきました。お盆の間の2日間でしたが、70人以上の参加がありました。

実家なので、スペースを気にすることなく私のほとんどの作品を展
示しました。作品の点数が多いので、「作品の壺」というここが見所です!という資料も作り、遊びの折り紙のコーナー・ユニットの折り紙のコーナー・宝石のコーナー・盆栽のコーナーなどに分けて展示しました。小さな子どもたちはブーメランやひっくりカエルなど遊ぶ折り紙でおもいきり遊んだり、実際にひっくりカエルを作ったりしました。ノートには、アクセサリーや富士山の作品がよかったことや、また作品展を開いてほしいなどの感想が書いてありました。
 実家の周りは緑がいっぱいで畑には猪の足跡があったり交通の便が悪く車でないと来れない不便なところですが、多くの方にお越しいただいたことを感謝しています。ありがと
うございました。


◆和紙ものがたり

連載〔第32 回〕神社のお守り

静岡県にお住まいの会員の鈴木厚子さんから、何年か前、写真のようなお守りをいただきました。紅白の和紙2枚重ねで折られた畳紙の中に恵比寿様と大黒様の折り紙が納められたものでした。鈴木さんは1993(平成5)年夏、神奈川県の箱根で開かれた折紙シンポジウムで、静岡県三島市の三嶋大社で授与されるというこのお守りのことを知ったそうです。
 お守りには大、中、小の3つの大きさがあり、それぞれ異なる畳紙に包まれた2柱の折り紙の神様が納められ、折紙神像と呼ばれています。残念ながら、今は、三嶋大社でこのお守りの授与は中断されていますが、珍しい折り紙をご紹介したいと思います。


三嶋大社

伊豆国の一宮である三嶋大社は大山祇命(オオヤマツミノミコト。富士山の祭神コノハナノサクヤヒメの父神)と事代主神(コトシロヌシノカミ)を神様として祭っていて、この二神を総称して三嶋大明神と呼ばれています。
 大山祇命は山森農産の守り神、一方、事代主神は、人々には、航海安全と豊漁、また商売繁盛の神様の恵比寿様として親しまれています。


神に捧げる紙と授かる紙

この連載の第11 回(『450 号』掲載)や第12 回(『452 号』掲載)で、神様に捧げる「造り花」や「切り紙」を取り上げましたが、人々は古くから祈りを紙に託し、神様に捧げるものだからこそ、常により美しい紙をつくろうと努力してきました。
 お守りやお札は神様からの授かりものですが、それにも清浄無垢な紙がふさわしいと考えられました。
  お守りの大と中はきめの美しい厚手の楮紙の柾まさがみ紙(奉書紙)で折られ、また、大サイズの大黒様の黄色は江戸時代から続く紙舗の「ゆしまの小林」(東京都文京区)で染められた紙です。


三嶋大社と折紙神像

もともと折紙神像は、生前日本折紙協会の顧問を務められた内山興正師(1912-1998年)のお父上内山光弘師(1878-1967年)が考案され、「光弘式」と名付けられた折り紙のひとつです。
 1934(昭和9)年に、丹那トンネル(東海道本線の熱海駅から函南駅の間にある複線規格のトンネル)が開通しました。犠牲者も出すほどの困難な工事の末の完成でした。三島側と熱海側のお祝いの式で、三島側の列席者に配られたのが包みに納められた光弘師の恵比寿様と大黒様の折り紙でした。とても好評で、地元の三嶋大社の参拝者に授与してほしいとの希望がかなったそうです。その後、日本が世界で繰り広げた戦争が長期化、庶民の生活を圧迫して紙不足も深刻になり、折紙神像はやむなく途絶えてしまいました。


光弘氏の仕事を引き継ぐ

それを戦後によみがえらせ、折紙神像を奉仕したのは、三嶋大社の氏子の中西康夫さん(静岡県伊豆の国市在住)。日本折紙協会設立時の発起人のお一人で、『月刊おりがみ』創刊前の『季刊おりがみ』の創刊号と2 号(ともに1974 年発行)で「古典折り紙研究」という連載も受け持ち、千羽鶴折形の解説などを担当されたこともある折り紙研究家です。
 中西さんは晩年の光弘師に教えを受けられた時、戦前の折紙神像の経緯を知りました。1960年ごろ、三嶋大社を訪れて話をしたところ、当時の禰宜さん(のちの宮司)が昔の事情をご存知で、折紙神像を復活してみましょうかということになったそうです。光弘師の「絶えていたものだし、新しい型を考えよう」という助言により中西さんの工夫も加わり、1962(昭和37)年に復活しました。以来、折紙神像は2016(平成28)年お正月まで授与されました。
 切り込み、重ね折り、彩色の手法が使われている3種類の折紙神像はそれぞれ形の異なる畳紙に包まれています。この畳紙も光弘師が「花かもん紋折り」と名付けた多くの形の中から、中西さんが選んだものです。中西さんが折って納めたものに、大社でお祓いをし、包み紙の裏側に朱印を押してはじめてお守りとなります。


折紙神像の続行を心待ちに

「私もあと2年で光弘先生が亡くなられた年になります。先生が私に伝えてくださったお雛様などを何とか残したいと整理している毎日です。三嶋大社さんのお守りは、現在は中断していますが、事情が許せばまた始めたいと考えています」と中西さん。 
 半世紀以上も授与され、人々に愛され続けた折り紙のお守りをぜひ会員の
皆さんにご紹介したいと思いました。清らかな紙で心を込めてつくられる折り紙のお守りが私たちにまた授与される日を願わずにはいられません。



~日本折紙協会(http://www.origami-noa.jp/)とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,160円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

~おりがみ教室とは~
日本折紙協会事務局では、全国の日本折紙協会公認の折紙講師を派遣しています。
おりがみ教室をご依頼いただく際は、専用の申込書をご提出いただきますので、
協会ホームページをご覧ください。
必要事項をご記入の上、実施日の最低1~2月前にご提出ください。

+   月刊おりがみの目次配信サービス

月刊おりがみのバックナンバー

801円
801円
801円
801円
801円
801円

月刊おりがみ496号 (2016年11月01日発売)を買った人はこんな雑誌も買っています!

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌