月刊おりがみ 456号 (発売日2013年07月01日)

日本折紙協会
特集「浦島太郎と海」 

 海は生命のふるさと。人類が未開発の、地球最後の秘境でもあります。
 海の中は、とても静かで、幻想的。人間にとっても、豊かな恵みがいっぱいです。ノアちゃん、海の幸を採るた...
456号 (発売日2013年07月01日)は在庫なしです

月刊おりがみ456号 (発売日2013年07月01日)を買った人はこんな雑誌も買っています!

月刊おりがみ 456号 (発売日2013年07月01日) の目次

特集「浦島太郎と海」 

 海は生命のふるさと。人類が未開発の、地球最後の秘境でもあります。
 海の中は、とても静かで、幻想的。人間にとっても、豊かな恵みがいっぱいです。ノアちゃん、海の幸を採るために、素潜りに挑戦!海の底には、ウニやホタテ、巻き貝、ヒラメがいました。イソギンチャクは岩に咲いた花のようです。視線を上げるとイカ、タイがたくさん泳いでいます。海の中には、生命があふれています。 「私、水族館に行っても“おいしそう”って思っちゃうのよね、ヘンかなあ?なんだかお寿司が食べたくなってきたなあ…。イカ、タイ、ヒラメは素手じゃあ無理か、また出直してこようっと。♪タイやヒラメの舞いおどり♪あれ、いま岩の向こうに竜宮城と乙姫さまが見えたような…?」ノアちゃんは乙姫さまに会えるでしょうか。

①☆乙姫さま・笠原邦彦
乙姫さまは“ おりづる書房” との実際には設立に至れなかった出版社で、自費出版した本の中に紹介したものです。元気のよかったころの作業として今も愛着があり、ときどきこの本の作例を折り直してみたりしています。

②浦島太郎とカメ・青柳祥子
ふたとみがぴったり合うととても気持ちがいいです。浦島太郎は、もともとは、正座でかるたをする人として創作しました。ちょうど正座をしている足が亀の甲こうら羅にはさまり、今回、浦島太郎になったというわけです。亀の器には何を入れようかな~。(亀だから)縁起物を入れましょうか。

③☆ひらめ・青木良
当然のことですが※左右(頭の向き)を変えて折ると、カレイになります。⑤以降を左右対称に折りましょう。

④イカ、イトマキエイ・松野幸彦
イカ、足の部分の中わり折りの繰り返しは面倒ですが、ていねいに折りましょう。イトマキエイ、外見は左右対称ですが、構造は非対称となっています。

⑤タイ・松野幸彦
全体のバランスを保ちながら、なるべく簡単に、さかなの基本パーツを折りだしてみました。

⑥巻貝・原作:津田良夫 アレンジ:宮本眞理子
津田良夫先生の「巻き貝」(『192号/絶版』掲載)が大好きな作品で、その作り方を参考にして作ってみたものです。最後にひだを広げていくのが少し難しいですが、ていねいに広げるときれいな形になると思います。いろいろとアレンジしてお好きな形の巻貝にして楽しんでいただければ幸いです。

⑦ホタテガイ・川手章子
ホタテというとくいしんぼうの私は貝柱を連想してしまいます。今は亡き母がよく通販で乾燥貝柱を取り寄せてくれて、とてもおいしかった記憶があります。そんなことを思い出しながら折ってみました。

⑧メカジキ・青木良
頭の部分は、きっちり折りすぎると折りにくいので、すこしずれてもいい感じで余裕を持って折ってください。。

⑨☆なすびの楊枝入れ・藤本祐子
日本の夏の代表的な野菜といえば茄子と胡瓜。姉妹品の「きゅうりの楊枝入れ」とともに作りました。お盆のお膳にもどうぞ。紫の濃淡の両面折紙で折るとしっかりします。⑩で折った部分をスタンドにすれば立てておくこともできます。

⑩バッタ・寺井浩司
⑪から⑭を最後に折ると、腹のラインに足の角度を合わせやすくなります。トノサマバッタをイメージしました。

⑪ヒマワリケース・川手章子
単体ができあがったところで、花びらの間々に同じ花びらをつけたらと考えて90° ずらして重ねてみました。ひまわりのケースにしたら楽しそうと思い、フタもつけてみました。太陽がいっぱいあたり、中にはヒマワリの種がぎっしり入っていそうです。

⑫リボンのバッグ・二渡昌子
かわいいものを作るのが大好きです。部屋の飾りや、大きな紙で折ってプレゼント入れなど、いろいろな用途に使っていただけたら嬉しいです。

⑬キャンディボックス・伝承
キャンドルスタンドという名前でも伝承されている、美しい形の作品です。なお、口絵の竜宮城のテーブルは、この作品を⑫でカドをもっとつまんで口をせまくし整えて伏せたものです。(編)

【ミニ知識】
◇浦島太郎…浦島太郎の物語は『日本書記』や『万葉集』、『風土記』などの奈良時代の文献にも「浦嶋子」という名前でみられるほど古く、また、その伝説を持つ地域が全国に20もあるほど、親しまれている話です。浦嶋子が、平安時代の末には浦嶋子(うらしまのこ)に変わり、室町時代の『お伽草紙』で浦島太郎と名前が付きました。浦島太郎の一般的な物語では、浦島太郎は助けた亀に案内されて海底の竜宮城へ行き、乙姫に歓待を受け、楽しい時を過ごします。3 日後に帰りますが、地上では300年が過ぎています。開けてはいけないといわれた玉匣(玉手箱)を開けると白い煙が立ち上がり、浦島太郎は白髪のおじいさんになり死んでしまうというものです。動物の恩返し、竜宮城訪問、時間の超自然的経過、約束破りが要点の物語です。
なお、玉匣とは櫛の入った箱という意味で、櫛が時間を制御する力を持っていたとされています。アジアをはじめ、ヨーロッパにも、主人公が異界から戻ってきたあと一気に老化してしまうという話があり、民俗学や心理学などさまざまな分野から研究されている物語です。

◇乙姫…もともとは姉の姫(兄姫)に対する、妹の姫(弟姫)のことです。また、末の娘や、年若く美しい姫という意味もあります。浦島太郎では固有の名前になっています。

◇竜宮城…古来インドでは竜(ナーガ)族の住む地底の世界をナーガローカと呼び、竜宮城はもともとは竜王の住む宮殿という意味です。日本での竜宮城のイメージは、乙姫が暮らす楽しく豪華な異郷です。

◇イカ…今年の2 月、「イカ、フライ、30m」というおもしろい記事が新聞に掲載されました。北海道大学の研究グループが、イカが滑空するメカニズムを解明したというものです。胴体にためた水を勢いよく吐き出して海面から飛び出し、上部の三角部分のひれと、腕と腕の間にあるうすい膜を翼のように広げて滑空するそうです。口絵では、松野幸彦さんのイカを海の上に置いて、「飛ぶイカ」を表現してみました。

◇ヒラメ…全長平均80cm で、漢字は平目、鮃、比目魚などと書きます。目のない方は白く、タイと並べると紅白となって縁起がよいことから浦島太郎の歌詞に使われているようです。ヒラメとカレイは区別が難しく、俗に両目の位置で「左ヒラメの右カレイ」といいますが、そうではないものもあります。浮遊生活中の幼魚のときは普通の魚と同じように身体の両側に目が付いていますが、海底でくらすようになると完全に片側に移動します。「縁側」とは上下のひれの付け根の肉のことで、泳ぐときによく動かすので引きしまっておいしいとされています。

◇イトマキエイ…頭部の前端の左右に一対のひれ(頭鰭)があり、これが糸巻きに似ることからイトマキエイと名前が付いています。胸びれの一部が変化したもので、口の中にエサを入れるときに、開いて漏斗の役割をしています。とても長い尾があり、小さな毒針が付いています。食用には向きませんが、肝油が採れ、肥料としても用いられています。

●ミニ知識参考図書:『世界大百科事典』(平凡社)、『日本昔ばなしとっておきの雑学知識』(日本実業出版社)、『日本昔話ハンドブック』(三省堂)、『「お伽草紙」謎解き紀行』(KKベストセラーズ)、『よみがえる浦島伝説』(新曜社)、『浦島太郎は歩く』(青土社)、『お伽草紙展図録』(サントリー美術館)、『年中行事事典』(三省堂)、『記念日・祝日の事典』(東京堂出版)、『サカナの雑学事典』(新人物往来社)、『魚貝ウォッチング図鑑』(思索社)、『魚と貝の事典』(柏書房)、『魚の名前』(東京書籍)、『魚貝ウオッチング図鑑』(思索社)、『朝日新聞』(朝日新聞社)

<読者の広場>
【453号へのお便り】
 『453号』の口絵のこどもの日の二段飾りを一段にして作りました。空き箱に和紙を貼り付けて台にし、金屏風とかぶとをのせるお盆も厚紙に折り紙を貼り付けて作り、その上に「こいのぼり」、「かぶと」、「富士山とツル」、「末広の箱」を飾りました。夢中で5つ作り、お世話になっている方々にプレゼントして大変喜ばれました。「2012 おりがみカーニバル入賞作品紹介」の特別賞は、季節感たっぷりに表現されておりすばらしいです。私も練習してこんな作品を作り上げたいです。7.5cm角や3.75cm 角の折り紙で折ってのりづけが必要なとき、みなさんどのような方法でのりづけされているのでしょうか? 折り紙が小さい分、接着面が小さくなかなかのりづけしにくいです。両面テープは15cm 角以上の折り紙にはよいですが、それ以下ではなかなかむずかしいです。よい方法や物があれば、ぜひ、教えていただきたいです。絵本と折り紙をコラボさせて楽しい親子のための教室ができないかなぁと考え中です。
滋賀県 加藤由香理さん

こどもの日の特集、いいですよね。いろいろなかぶとをたくさん折って楽しんでいます。先月いつも行っている公園で桜まつりが行われました。昨年の暮れ、ここの公園に「いこいの場さくら館」という平屋建てのホールができたのです。その中ではヨガ教室、手編みコーナーでは毛糸のたわし作り、折り紙コーナーも作りましたよ。桜の木の下では木工教室、竹とんぼ作り、囲碁コーナー、お茶席もありました。婦人部の炊き出しでは大鍋の豚汁、おにぎり、おつけものなどふるまわれました。お天気もよくたくさんの人でにぎわいました。私の折り紙コーナーもこどもたち、お母さん、お父さんやおばあちゃんたちも集まり、1 番人気がありましたよ。忙しかったですが楽しい1 日でした。折り紙っていいですね。
兵庫県 林 悦子さん

 月刊『おりがみ』を2年前から読んでいますが、毎回楽しく活用させていただいています。「コピーフリー作品」の設定がありました。たくさんいい作品が載っているこの月刊『おりがみ』の中から紹介しているのですが、やはり「家に帰ったら作り方を覚えていない」と言われます。そのときにコピーフリー作品であれば、また折って楽しんでもらえると思うので、とてもうれしい設定だと思いました。ありがとうございます。条件がついていましたが正しく守り、創作者の方の作品を大切に使わせていただけることに感謝したいと思います。発見したことがありました。月刊『おりがみ』の26ページから27ページの間が取ることができて、保存するときに少し薄くなること、初めて気がつきました。
北海道 葛西明子さん

  ●デルタブロック積木を積みました 鶴見茂文(栃木県)

 『453号』のバラ博士・川崎敏和先生の「デルタブロック積み木」をみなで作り、積んでみました。みなで積んだのが10個で、岡田清子さんが個人で自宅で作られたのが11個で最高でした。15cm角の二重折りを下に3個くらい積み、上は一重折りがよく、両面折り紙だとしっかりするようです。7.5cm角の折り紙は小さいので、折り方をうまくやらないと積めません。10個以上積むと積み上げる人が緊張し、恐くて積めません。とても折り方の勉強になりました。
~宇都宮市平石市民センター折り紙教室(代表:古川義明)一同

「Emiの楽しい折り紙 東京教室」一周年
インドのプリティさんご参加  鈴木恵美子(茨城県)

昨年6月19日の第1回教室は台風到来の中、受講者の皆さん1人の欠席もなく集まって下さり… 帰りは激しい風雨の中の帰宅が大変だったようで… 忘れられないスタートの日となりました。
 あれから1年… 遠くは沖縄、仙台からのご参加、そしてこの4月には、インドからもプリティさんが受講されました。『431号』に、インド在住の明日仁見さんの記事が掲載されています。インドの折り紙団体オリタイのメンバーで、インドでの私の講習をとても喜んでくださいました。
 受講日の4月16日(火)はプリティさんのお誕生日で、今回の来日は娘さんからのバースディープレゼントでした。皆でお誕生日を祝うセレモニーをしました。前もって皆さんが用意したプレゼントを渡し、プリティさんからも手作り作品をいただきました。帰国してから受講作品の写真とともにお手紙をいただきました。毎回、「楽しかった」と感想をいただきながら、1年の楽しい記録をまとめることができ、参加された皆さん、応援していただいた皆さんに心からお礼を申し上げます。
 今年7月30日(火)には「夏休み親子教室」を企画しています。親子教室では私が訪れた国々の子どもたちや環境などのお話もいたします。親子で手を動かしながら視野を広め、楽しいひと時を過ごし、夏休みの思い出づくりをいたしましょう。


【支部だより】
おりがみ展示会(フレーベルの模様折り)
 琉球支部「月桃の会」(支部長 古堅幸江) 文:島袋保子/沖縄県

 琉球支部にフレーベルの模様折り研究会が発足して3年が経ちました。現在24名の会員が集まっています。4月1日(月)~30日(火)、おりがみ展示会を開催しました。一年に一度、展示会を開催するのですが、今回はこれまでと違って、各自大きな作品(72.8cm×51.5cmのB2規格)に取り組みました。豊とみぐすく見城市社会福祉センターのロビーを無料でお借りしてセンターに来てくださる皆さんに見ていただきました。
 会員各自、正方形だけでなく、三角形、五角形、六角形、円形、長方形と各自思い思いに模様折りを仕上げ、それぞれ世界でただひとつの作品が出来上がりました。これはきっと会員の宝物になるでしょう。作品は計130点。「モチーフ並べやモチーフつなぎ」だけでなく立体の箱や入れ物、キューブなども並びました。模様折りの工夫の楽しさは無限大です。皆さんわくわくしながら作りました。
 展示は大変好評で、ラジオ、テレビや新聞で取り上げていただきましたが、報道を見た方が、遠く北部からも高速道路で来てくださいました。会場から「わぁーこれ折り紙なの」「すごいね」「去年より腕が上がりましたね」などの声が聞こえていました。研究会は3年で終了する予定でしたが全員の要望で今年も継続することになり、もっと工夫してみようと皆さん意欲満々です。
 来年11月には九州折り紙コンベンション沖縄大会が開催されます。たくさんの作品を作って参加される皆さんにお見せできたら、そして皆さんにフレーベルの模様折りの工夫を楽しんでいただけたらと思います。フレーベルの模様折りが全国に広がっていくことを願っています。
 テキストとして笠原邦彦氏のご好意で資料や本を使わせていただきました。今年は韓国から笠原氏のフレーベルの模様折りの本が出版されました。研究会のテキストとしてみんなで使いたいと思っています。

神戸支部設立10周年イベントを終えて
神戸支部「サークル紙ふうせん」支部長 柴本厚子/兵庫県

 4月19日(金)~21日(日)まで、兵庫県神戸生活創造センターにて開催しました。個人作品や合同作品「花鳥園」を展示しました。事前にみんなで「神戸花鳥園」に見学に行き、全員でベゴニアや藤、睡蓮を制作しました。1人ではできない作品が完成し、お客様からも好評でした。
 今回は講習にも力をいれました。3テーブルに分かれて「箱」、「白鳥」、テーブルもお客様でいっぱいでした。1日1回講習の「川崎ローズ」もたくさんの愛好家におこしいただき、たくさんの笑顔が咲きました。1月からご縁があり、昨年の12月にアメリカのコネチカット州で起きた、サンディフック小学校乱射事件の被害者のみなさんへの応援活動も行いました。来場してくださった方々にメッセージを書いてもらい、「ピカチュウ」も折っていただきカードを作りました。時間のかかるカード制作でしたが、千羽鶴やいろいろな作品と一緒に84枚のカードを送らせていただきました。「折り紙」で少しでも子どもたちに笑顔が戻ってくれればと思います。
 3日間で300名を超えるお客様におこしいただき、2日目はメンバー全員昼食抜きで対応に追われましたが、楽しいイベントになりました。お忙しい中、また遠方よりおこしくださったみなさまに心よりお礼申し上げます。

雑誌『小国民』にみる折り紙
‒今と江戸をつないだ明治‒ 岡村昌夫
【奴さんの登場(2)】
 江戸時代、1700 年代に入ったとたんに出版物に描かれた折り紙作品の例が、堰を切ったように現れ出しますが、その最初は折り鶴で、ほぼ同時に並んで出てくるのは「船」と「こも僧」でした。「こも僧」は現在の「奴さん」をたてに二つ折りにしたような形で立たせて置く折り紙でした。すり鉢を伏せたような形の編み笠をかぶり、尺八を吹きながら行脚する僧の姿に見立てたもので、筒袖と笠の形が実によく出来ていて、日本の伝承折り紙の代表作の一つですが、「こも僧」と呼ばれていた僧たちの姿が時代とともに変化してしまい、特に笠が円筒型の「天蓋(てんがい)」になったために、折り紙の形と異なってしまいました。漢字で「虚無僧」と書くようになりましたが、読みは「こもそう」のままでした。やがて「こむそう」に変わりましたので、折り紙の方も「こむそう」
になりましたが、形も二つ折りにしないで、平らに広げるようになって、立たせて置くことができなくなりましたが、呼び名はずっと「虚無僧」のままで明治期まで伝えられました。現実の「虚無僧」と形が違うことから、折紙の方の名を変えようという動きが、教育界ではあったようで、「ふくら雀」(『幼稚園初歩』飯島半十郎、明治18年)、「人形」(『手工教授法』浅尾重敏、明治24年)、「襦袢」(『手技図形』女高師附属幼稚園、明治39 年)、「弥之助」やじろべえと同じ意味(『手工科教授細目』京都市小学校長会、明治41 年)等がありましたが、普及せず、長い間「こむ僧」が普通でした。この明治27 年11 月の『小国民』21 号に「雀踊り」の名で投稿した少年がいたわけです。これはおそらく、その直前の6月の12号に載った挿絵(図参照)の「雀踊り」を見て素早く反
応した少年読者の投稿だったのでしょうが、これが「こむ僧」から「奴さん」に変身した瞬間でした。
 念のために書いておきますが、「雀踊り」は雀が踊るのではなく、奴さんの衣装を着て大勢で踊るものです。編み笠で顔を隠している所が「虚無僧」と共通していますが、すでに廃れていた「虚無僧」よりは,身近だったのかも知れません。『小国民』の挿絵は舌切り雀の雀たちがおじいさんを接待するときに踊っている場面で、これは雀が雀踊りを踊るという洒落た趣向にしたもので、いかにも江戸の名残を感じさせるのですが、この投書者の少年はどう理解していたのか、笠の下に雀の顔を描くように指示しています。江戸時代の雀躍りの例として『北斎漫画』第三編から抜き出しておきました。踊りの振りつけまで想像できるように活写しています。踊る姿が雀の餌をついばむ姿に似ているということですが、また奴凧の飛ぶ姿にも似ていますので、都会的な「雀躍り」を知らない地方の小学生にも分かり易くというのでしょうか、「奴凧」と改称させたのは、明治末以後の小学校手工科教育界の最高権威だった東京高等師範学校の岡山秀吉で、明治34 年の同校附属小の『手工教授細目』以後、何冊も教授資料類を書き、「奴凧」が普及してきましたが、それを単純に「奴」にしたのは、岡山の弟子の阿部七五三吉(しめきち)だったようです。阿部は昭和初期まで手工科教育界の指導的位置にあり、折り紙の権威でもありました。 
 明治40年6月の『漢文手工教科書』(台湾の小学校用)では、「虚無僧」と書いた阿部が、同年9月の『普通手工提要』では「奴」と書き、これが、明治の折紙の集大成としての名著である木内菊次郎の『折紙と図画』(明治41年5月)に採用され、以後たちまち普及してしまいます。「奴さん」というのは、女性や子どもの間での用語ですから、同時に広まったものでしょう。(次号につづく)


協会ホームページに「おりがみのトーヨー専用ショッピングカート」ができました
約800種のラインナップをそろえてお待ちしています!
http://origami-noa.ocnk.net/

~日本折紙協会とは~
NIPPON ORIGAMI ASSOCIATION (NOA)
日本折紙協会は、折り紙を世界の国々により一層普及させたいという思いと、幼児教育に限らず、大人の趣味、高齢者や身障者の方のリハビリテーションなど様々な可能性をもつ「おりがみ」普及の一助となりたいという考えから1973年10月27日に結成されました。
現在では、月刊「おりがみ」の発行、「世界のおりがみ展」「折紙シンポジウム」の開催、「おりがみ級」「折紙講師」「折紙師範」「折紙上級師範」の認定、「おりがみの日」記念イベントの実施、「日本折紙博物館」との提携など、おりがみ普及のためにさまざまな活動を行っています。

~会員になるには~
月刊「おりがみ」の年間購読を申し込めばどなたでも会員になれます。会員の特典として、協会発行単行本と協会取扱い折り紙商品の割引購入、月刊「おりがみ」への創作作品投稿、「世界のおりがみ展」「おりがみの日」「折紙シンポジウム」など協会主催行事に参加および作品を応募できるほか、「おりがみ級」「折紙講師」の申請資格があたえられます。

~月刊「おりがみ」とは~
会員から投稿される創作折り紙作品(話題の動物やキャラクター、季節にそった行事・イベントに関するもの)の折り図(折り方を図で順番に説明したもの)を紹介するほか、会員の折り紙活動を紹介します。折り図の順番通りに折っていけば完成できるので、小学生から90代の方まで1万人を超える会員の方がおりがみを楽しんでいます。
月刊「おりがみ」は毎月末ごろお届けします。

~世界のおりがみ展とは~
さまざまな情景を折り紙で表現した立体パノラマ作品(おりがみブースといいます)と個人作品の展示コーナーにおりがみ教室を加えたイベントが『世界のおりがみ展』です。もちろん書籍や折り紙用紙の物販コーナーを加えることもできます。

現在、世の中では様々なイベントが行われていますが「世界のおりがみ展」は動員催事と文化催事を兼ね備えた独特の巡回展で、1976年の第1回展より20年以上の歴史があります。

3年に1度ひとつのテーマにそって制作され、お子様ばかりではなく大人の方にも十分楽しんで頂き、毎回皆様に驚きと感動の世界を展開しています。なお、「世界のおりがみ展」には、外務省と文化庁の後援を戴いております。他に都道府県・市町村・地元教育委員会・マスコミ等に後援を戴いている場合もございます。

おりがみ展は、おりがみブース・個人作品展示とおりがみ教室に、オプションの[販売コーナー]で構成するおりがみイベントです。
[おりがみブース]は、数え切れないほどの作品によって作られたジオラマが、所狭しと展示されています。約90㎝角の展示台(ブース)とパネル(壁面)作品を基本に組合せて大小変化にとんだ装飾を可能にしています。又、この展示台は折りたたみ式で、運搬時には箱型に収納して運べるようになっています。

[個人作品]は、折り紙作品コンクールの対象になり、日本国内のみならず、世界20数カ国から送られてきた作品が、200余点集まります。その中から、外務大臣賞、国際交流基金理事長賞、NHK会長賞などの賞が授与されています。さらに、折紙著名人の作品も招待作品として展示します。

[おりがみ教室]は、日本折紙協会認定の折紙講師により行われています。1回40分の講座が1日数回行われ、いずれの会場でも連日大好評を頂いております。

[販売コーナー]は、日本折紙協会編集発行の月刊誌「おりがみ」、折り紙専門書、有名折り紙メーカーの商品(折り紙用紙等)を豊富に取り揃え、販売しています。これらの商品は、日本折紙協会がまとめて会場へ搬入・搬出致します。

この「世界のおりがみ展」は過去には全国の有名百貨店の催事として多く実施され、開催期間は標準で6日間前後です。集客には実績があり、「これほど折り紙が人気のあるものとは思わなかった」と催事のご担当者には必ず驚かれ、喜ばれます。昨年夏には日本橋三越本店催事場で実施し、大好評のうちに幕を閉じました。

来訪者としては、年配の方はもちろんですが、お子様連れのファミリー層も多いです。ベテランの折紙講師が懇切丁寧に教えますので、親子で皆さん楽しんでいかれます。当協会が活動趣旨に掲げている「折り紙の普及」にご協賛いただき、ぜひとも開催をご検討いただきたいと存じます。

パノラマ作品の最新作は下記の「護ろう世界遺産シリーズ」であり、全39点あります。
1. 世界遺産/WORLD HERITAGE SITE
2. 危機遺産ガラパゴス
3. 動物たちのヨセミテサミット
4. 中央アマゾン自然保全群
5. エジプトのカフラー王・クフ王のピラミッド
6. セレンゲティ国立公園
7. オーストラリアの世界遺産
8. 世界最大のサンゴ礁 グレートバリアリーフ
9. 大熊猫の故郷、四川省臥龍山脈の奥深い森林(大地震前の保護地区です)
10. 世界遺産 万里の長城
11. 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
12. 世界文化遺産 国宝姫路城-いま・むかし-
13. 白神山地幻想
14. 京都 秋の金閣寺(鹿苑寺)とその庭園
15. ひだ白川郷の秋
16. 世界遺産・原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)
17. 山紫水明に包まれた日光の世界遺産
18. 琉球王国のグスク及び関連遺産群「識名園」
19. 琉球王国のグスク及び関連遺跡群〔首里城・首里城正殿〕
20. 高野山奥の院
21. 世界遺産・自然遺産・しれとこ
22. インド タージマハル
23. ビッグベンにつどう物語りの主人公たち
24. オランダ自然との闘いから、自然との調和に
25. アルプス山脈と登山鉄道。スイスの山合い風景
26. 世界遺産 スペイン コルドバ歴史地区
27. グラン・プラス世界遺産フラワーカーペット
28. 水の都ヴェネツィアの建築とラグーン(潟)
29. ギリシャアクロポリスの丘 パルテノン神殿
30. 発掘されたトロイ遺跡と伝説の木馬

バックパネル・アブスト(ディスプレイ棚)・パーテーション・テーブル・椅子・販売ワゴン・ガラスケース・ストック棚等什器、電源・配線、看板・ポスター・チラシ・入場券、宣伝広告・広報・告知(宣材のポジはご用意致します)等はお願い致します。又、地元教育委員会・マスコミ等の後援も頂けるようお願い致します。
開催費用は、開催時期・開催期間・開催場所・内容等の条件によりご相談の上お見積りさせて頂きますが、おりがみブース全作品と個人作品展示、おりがみ教室、販売コーナーを設置した場合(フル装備)の最終的なご予算は「7桁」になるとお考えください。
「おりがみブース」は折り紙で制作した繊細な立体作品ですので、傷付かないようにダンボールで覆い、1個が2m弱の立方体になります。また運送方法にも細心の注意が必要となり、チャーター便で他荷物と混載せずに運ぶため、運送コストが通常よりもかかります。

展示作品数は会場スペースやご予算に応じて調整できますので、実施期間、会場の場所と規模、おりがみブースの展示数、おりがみ教室の実施日・時間・対象人数等と全体のご予算につきましては、お気軽に担当佐野までご相談ください。

日本折紙協会事務局
おりがみ展担当 佐野
TEL:03-3625-1161 / FAX:03-3625-1162


~折紙シンポジウムとは~
全国各地で毎年夏(7月下旬)に開催。講演会、児童教育部会、歴史研究部会、創作部会、折り紙教室などにより新たな折り紙の世界に触れる機会として、また会員相互の情報交換や懇親の場として2泊3日の日程を行楽地(温泉地)で楽しく過ごします。世界各国から毎年300名を超えるおりがみファンが集まる世界最大の「おりがみイベント」です。

~NOAブックスとは~
日本折紙協会では、月刊「おりがみ」のほか、折り紙専門書籍を発刊しています。
購入をご希望の方は、日本折紙協会のHP(http://www.origami-noa.jp/)の「ショッピング」のページで表紙画像をクリックすると、アマゾンの購入サイトへジャンプできます。代金引換やコンビニ払い等の各種お支払い方法で購入できます。

~おりがみの日(11月11日)とは~
この日は世界平和記念日であり、また数字の「1」が4つで正方形折り紙の4辺を表すことから、日本折紙協会では「おりがみの日」としています。この日を中心にして、会員の皆さんから寄せられた作品の展示会「おりがみカーニバル」や折紙講師勉強会を毎年10月にこどもの城(東京都渋谷区)で開催します。

~「おりがみ級」と「折紙講師」とは~
「おりがみ級」とは、主に16歳未満の会員のための資格です。月刊「おりがみ」で指定している作品を規定数折って協会に送付し、認定されると「おりがみ級認定証」が授与されます。最初は10級からスタートします。16歳未満の1級取得者には申請により「こどもおりがみ博士」認定証と、NOA特製バッジが授与されます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)

「折紙講師」資格は、16歳以上の会員であればどなたでも申請できます。協会発行の「おりがみ4か国語テキスト」を購入し、テキスト掲載の全作品約60点を自作完成させた形で申請書(テキスト巻末)とともに協会に送付し、申請料2,100円を納付(下記口座番号へ郵便振替)します。その後審査会が全作品合格と認定した方に折紙講師認定証、資格証、講師指導の手引を授与します。不合格作品があれば、その作品のみ折り直して再提出いただきます。(詳細は月刊「おりがみ」をお読みください)。

おりがみ4か国語テキストは、折紙協会のホームページ(折紙協会で検索)経由で購入できるほか(代引き・コンビニ払い)、郵便局にある払込取扱票の通信欄に「テキスト1冊」とご記入の上、テキスト代1,020円+送料290円=1,310円を下記へ郵便振替で送金していただければ入金日より約1週間でお届けいたします。
口座番号00110-6-188035 加入者名「日本折紙協会」

~おりがみをおしえる~
老人ホームや社会福祉施設、自治体主催のサークル、保育関係施設・学校、文化センター、カルチャー教室などなど、さまざまな場所でおりがみは活躍しています。
独自にボランティアで教えている会員の方も多くおられますが、協会には全国から「おりがみを教えてくれる方を紹介して欲しい」という依頼が毎月あり、折紙講師資格をお持ちの会員の方に指導をお願いしております(協会より報酬を支給)。
おりがみ教室では、お子さんから年配の方まで「おりがみをおぼえたい」という気持ちにこたえようと講師も真剣です。熱のこもった授業を終えて帰られる皆さんの表情は満足そうですが、講師の方は生徒の「ありがとう」の言葉に安心しつつも、もっとわかりやすい説明はないだろうかと考えるようです。毎回真剣勝負なので様々な苦労がありますが、いろいろな形で努力が報われるようです。

月刊おりがみ 雑誌の内容

季節にあった折り紙の折り方がたくさん載った楽しい雑誌「月刊おりがみ」毎年の行事にあわせた内容を特集します
幼稚園、保育園の壁紙飾りや教材として、また、四季折々の暮らしを飾り、ゆとりある豊かな気持ちを育み子どもから大人まで楽しめます。

月刊おりがみの無料サンプル

436号 (2011年11月01日発売)
436号 (2011年11月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   月刊おりがみの目次配信サービス

趣味・芸術 雑誌の売上ランキング

アウトドアといえばBE-PAL(ビーパル)!

  • 2021/12/09
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/08
    発売号

2 美術手帖

美術出版社

最大
50%
OFF
送料
無料

美術手帖

2022年01月07日発売

目次: 医療や福祉の現場における意思決定のプロセスや、ケア労働とジェンダーの問題などが議論されるなかで、自己責任の限界を提唱する「ケア」の概念が注目されてきた。本特集では、介護や子育てといったケア労働を扱った作品から、 他者との関係性のなかにある自己について考える作品まで、広く「ケア」の思想に通じる活動をする作家やプロジェクトを取り上げる。美術はこれまでも、異なる身体や感覚を持つ人々が他者について想像する契機となってきた。コロナ禍により、かつてなく生命の危うさに向き合わざるをえない今日、私たちはいかにして個人主義的な価値観を脱し、ともに生きることができるのか。アートの視点から考えてみたい。


SPECIAL FEATURE
ケアの思想とアート

アーティストたちがナビゲートするケアの視点で見るアート

PART1
稲葉俊郎×田中みゆき
アートにみるケア、ケアにみる創造性

小川公代インタビュー
固定観念に抗う「ケアの時代」の想像の力
田中みゆき=聞き手

渡辺篤
斎藤環=聞き手

碓井ゆい
中尾英恵=聞き手

小林エリカ
清水知子=聞き手

傍にある生を照らす、美術の向き合い方
佐々木健×飯山由貴

ケアの思想とは何か
清水知子+岡野八代=文

佐藤慎也に聞く
美術館の「アクセシビリティ」

ケアがひらく体と表現
砂連尾理×伊藤亜紗×青木彬

PART2
世界のアーティスト&プロジェクト10
リア・クレメンツ/Who Cares?/ヨハンナ・ヘドヴァ/シモーネ・リー/
チェ・テユン/フランシス・ケレ/ペン!コレクティブ/フィフス・シーズン/
テイキング・ケア・プロジェクト/はじまりの美術館

批評としての《ケア》
飯岡陸=文

ケアの思想から関係性へ
杉田敦=文

ケアあるいは不確かさの共同体
田中功起=文

「ケア」を起点に考える、新しい社会のかたち
岡野八代×杉田敦×田中功起

ARTIST PICK UP
クリスチャン・マークレー
細田成嗣=聞き手

セシリー・ブラウン
山本浩貴=聞き手

WORLD NEWS
New York/London/Berlin/
Los Angeles/Insight

ARTIST INTERVIEW
ホー・ツーニェン
能勢陽子=聞き手

特別寄稿
VRと国家
星野太=文

REVIEWS
エキソニモ「CONNECT THE RANDOM DOTS」展
椹木野衣=文
「キュレトリアル・スタディズ15: 八木一夫の写真」展
清水穣=文

台湾ナウ『アフロディーテ〜阿婆蘭〜』

エスパス ルイ・ヴィトン

伊藤公象の現在地

アート&デザイン学校ガイド
武蔵野美術大学/女子美術大学/秋田公立美術大学/
多摩美術大学/東京造形大学/相模女子大学ほか

青柳龍太「我、発見せり。」(23)
平山昌尚「つづく」50話(最終回)
プレイバック!美術手帖 原田裕規=文
BOOK
月刊美術史
常備店リスト
バックナンバー案内
次号予告

参考価格: 1,760円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:880円

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。

  • 2021/11/06
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/05/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

送料
無料

人生100年 植物と暮らそう

  • 2021/12/21
    発売号

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

“これ作りたい!”が必ず見つかる

  • 2021/12/21
    発売号

  • 2021/11/21
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ステッチidees(ステッチイデー)

2021年12月11日発売

目次: ステッチの種類別に特集した特別号になります。
●クロスステッチやフランス刺しゅうなどおなじみの技法から、スウェーデン刺しゅう、リボン刺しゅう、こぎん刺し、プントアンティーコなどさまざまな技法をレッスンつきで紹介しています。刺してみたかったステッチや、あらためて基本に立ち戻ることもできるいわば保存版です。
●人気連載「ミステリーSAL」は最終回を迎えます。
●特別付録は青木和子さんの「刺しゅうカレンダー」で、2か月に1枚の図案が楽します。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:1,232円

刺しゅうを中心とした糸と布で暮らしを楽しく彩るハンドメイド誌、実物大型紙付き。

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/04/08
    発売号

  • 2020/10/10
    発売号

  • 2020/04/11
    発売号

  • 2019/10/03
    発売号

  • 2019/04/11
    発売号

6 GetNavi(ゲットナビ)

ワン・パブリッシング

最大
50%
OFF
送料
無料

GetNavi(ゲットナビ)

2022年01月24日発売

目次: 【特別付録】JOURNAL STANDARD特製 鉄スキレット
2022年にアウトドアライフスタイルの提案を強化していくジャーナル スタンダードとのコラボにより、鋳鉄製のスキレットを開発。
フィールドでも自宅でも、食卓を盛り上げるデザインに仕上がりました!

★デザイン
取り回しの良いスクエア型を採用し、「JOURNAL STANDARD」のロゴをど真ん中に刻印。
鋳鉄ならではのラギッドな質感が冒険心をくすぐります!

★使い勝手
シングルバーナーや焚き火台などにのせて直火で使えます。
一人前にピッタリのコンパクトなサイズ感で、朝食も、おつまみも、スイーツにも!

【巻頭特集】みんなが欲しいモノランキング
本誌でおなじみの評論家やインフルエンサーたちに、“いま欲しいモノ”をオールジャンルでリサーチ。
独自の視点で番付してもらいました!

<掲載ジャンル>
◎スティック掃除機
◎自動調理鍋
◎炊飯器
◎テレビ
◎完全ワイヤレスイヤホン
◎スマートウオッチ
◎ドライブレコーダー
◎スポーツe-bike

【総力特集】スゴいぜ! ワークマン
低価格で高機能なウエアが魅力のワークマンでは、アウトドアギアも充実。
ソロキャンプやツーリング愛好家にピッタリのテントや、軽くて持ち運びやすいテーブル、72時間照らせるライトなど
有能アイテムが揃っています。今回は、ワークマン公式アンバサダーが厳選したギアと、春の新作ウエアを紹介!

参考価格: 660円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:495円

デジタル機器・車・ファッション・ホビー…若い男性が興味を持つ新アイテムの魅力・購入メリットを解説!

  • 2021/12/24
    発売号

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

最大
14%
OFF

CasaBRUTUS(カーサブルータス)

2022年01月08日発売

目次: MY HOME 2022
真似したくなる家づくり

取り入れたいアイデア満載。
最新BEST住宅サンプル集!

美しい家づくりの第一歩は、ずばり美しい家のエッセンスを取り入れることです。
そこで今年の住宅特集は思わず真似をしたくなる選りすぐりのサンプルを取り揃えました。
〈SOPH.〉の清永浩文がハウスメーカーと協業し、名作家具と現代アートで溢れる都心の住まいを郊外の一軒家にコンバートするという実験的な家づくりから、デザイナーの深澤直人が自らの理想とする空間を実現した職住一体の新築住宅、建築家が思いを込めた自邸、最新住宅のトレンドまで、盛りだくさんでお届けします!

HOW TO DESIGN A NEW HOUSE 1
都心のレジデンスを写した清永浩文の実験的な家づくり。

HOW TO DESIGN A NEW HOUSE 2
職住一体のアトリエとして深澤直人がデザインした家。

ARCHITECT'S HOUSE
建築家の自邸。
01 風越の家 by 加藤匡毅/Puddle
02 TERADA HOUSE by 寺田尚樹+平手健一
03 甲陽園の家 by 畑友洋 94 BEST HOUSE 2022 最新住宅カタログ。

BEST HOUSE 2022
最新住宅カタログ。
【鶴岡邸】by 武田清明建築設計事務所/武田清明
【城の家】by 手塚建築研究所/手塚貴晴+手塚由比
【巣-pider】by UID/前田圭介
【岩倉の家】 by ALTS DESIGN OFFICE/水本純央
【House in Fukasawa】by Schenk Hattori/スティーブン・シェンク+服部大祐
【鎌倉寺分の家】by 八島建築設計事務所/八島正年+八島夕子
【生態系と共に生きる家】by MARU。architecture/高野洋平+森田祥子
【IBIS SENDAGAYA】by KOMPAS/小室舞
【SHOCHIKUCHO HOUSE】by 西沢立衛建築設計事務所

14 SELECTED ARCHITECTS AND DESIGNERS
2022 建築家&デザイナーリスト。

HOUSING NEWS
新しい家づくりのための住宅ニュース2022。


ホンマタカシ before and after TANGE
祐真朋樹 Miracle Closet
櫻井翔 ケンチクを学ぶ旅。
長山智美 デザイン狩人
小寺慶子 レストラン予報
ほしよりこ カーサの猫村さん
Chill Cars 時代を超えて愛される、デザインの良い車。

参考価格: 980円 定期購読(2年プラン)なら1冊:843円

ファッション、建築、デザイン、インテリア、食、アートなど、暮らしにまつわる「デザイン」情報をお届けするLife Design Magazine = 暮らしのデザイン誌

  • 2021/12/09
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/06
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

月刊おりがみの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌