年間購読お申し込み受付中!毎号お手元にお届けします。

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
会社法務A2Zのレビューを投稿する

会社法務A2Zの内容

企業トレンドや法改正情報を毎月お届け!
中堅中小企業の法務・総務を担当するみなさまに、実務に役立つ情報を毎月お届けします。 押さえておくべき法令動向から、目まぐるしい状況変化にも対応できる実務解説、企業の取組み 事例、影響の大きい判例の解説など、様々な角度から最新実務を丁寧に取り上げます。 企業をよく知る執筆陣による、要点をおさえた「企業法務に気づきを与える情報」満載です。

総務・法務担当者のための月刊誌

情報をタイミングよくスピーディにご提供
法と経営をつなぐ実務誌
月 刊    毎月25日発行 A4判・フルカラー

特集では、企業人のマネジメントと専門有資格者の実務を支援する企業実例や実務書類の記載例などを掲載します。
連載では、「基本知識をしっかり、深い理解を」という視点で企画を立てています。

会社法務A2Zの商品情報

商品名
会社法務A2Z
出版社
第一法規
発行間隔
月刊
発売日
毎月25日
参考価格
1,430円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「会社法務A2Z」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

会社法務A2Z 2024年7月号 (発売日2024年06月25日) の目次

──────────────────────────────

『会社法務A2Z』2024年 7月号 CONTENTS

──────────────────────────────
□経営法談 management & law
 世界の患者を救う ~内視鏡AIでがん見逃しゼロへ~
/株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO・
 医療法人ただともひろ胃腸科肛門科理事長
 多田智裕

■法務の回覧板
/西村あさひ法律事務所・外国法共同事業
 弁護士 松本絢子・田端公美・
     河内谷あすみ・藤尾春香・吉田光太郎・山本希望

──────────────────────────────
特集:活かす動かす生成AI

□諸外国と日本における法規制の最新動向
/弁護士 小谷野雅晴

■生成AIと知的財産権保護
/弁護士 柿沼太一

□生成AIと個人情報保護法
/弁護士 水井 大

■社内ルールの策定・改訂および契約上の留意点
/弁護士 松尾剛行

──────────────────────────────

□実務詳説
 中国におけるデータクロスボーダー移転の新規制と新局面<前編>
 ~「データクロスボーダー流通の促進と規範化に関する規定」の解読~
/律師(中国弁護士) 葉 鵬

■特別寄稿
 日本と東南アジアを法務でつなぐ ベトナム・ダナンレポート<その②>
/弁護士法人明倫国際法律事務所代表 田中雅敏
 ベトナム明倫国際法律事務所駐在弁護士 鈴木 萌

──────────────────────────────

□法トレ <法的思考トレーニング>
 (9)音楽教室のレッスンに著作物使用料はかかる?
/合同会社Art&Arts 社長 山﨑聡一郎
 TMI総合法律事務所 弁護士 滝 琢磨・秋月亮平

■会社法の変遷と未来、そして実務の動向「知る 読む 使う 会社法」
 (7)「社外役員の重要性」
/弁護士 村瀬幸子

□「対話で学ぶ」「知らなきゃ困る」グローバル個人情報保護規制
 (20)内部通報制度
/弁護士 田中浩之・蔦 大輔・北山 昇・相川勇太

■ビジネスを促進する 景表法の道標
 (4)紹介に対する謝礼の景表法上の取扱い
/実務競争法研究会 編
 弁護士 秋葉健志

□池田眞朗先生の 契約から展開するビジネス法務学
 (4)法定利率のビジネス法務学
/慶應義塾大学名誉教授・武蔵野大学名誉教授 池田眞朗

■外部変化をどう読む!現役法務パーソンと導き出す次の一歩
 (4)下請法違反を未然に防ぐ
/コカ·コーラ ボトラーズジャパン株式会社 山根睦弘

■「司法の小窓」から見た法と社会
 (201)今はスリランカ
/弁護士・中央大学法科大学院フェロー 加藤新太郎

□人事労務NEWS「算定の時期がやってきます」
/特定社会保険労務士 渡辺葉子

■PickUp セミナー情報

会社法務A2Zの目次配信サービス

会社法務A2Z最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

会社法務A2Zのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.27
  • 全てのレビュー: 15件
大変参加になる
★★★★★2024年02月26日 やみ 会社員
基本的な法令動向は抑えられています。おすすめです。
会社法務A2Z
★★★★★2022年07月02日 司法書士の卵 会社員
会社で法務の仕事をしています。毎月必ず目を通しています。
良い本
★★★★★2021年05月24日 コザボーイ 会社員
専門的な知識を持っていない読者であっても、中身を理解することのできる記事が多い。実践的。
法務部員必読の情報誌
★★★★★2021年01月04日 くま 会社員
特集によっては、そうではないときもあるが、基本的に必要な法務に必要な情報は網羅されていると思います。
特集次第
★★★★☆2013年08月24日 ライター 会社員
特集によって読みたいものとあまり読みたいものとの差が激しい。だが中身は比較的簡単な文章で、文字数も多いわけではないから読みやすい。
企業法務の人は必読
★★★★☆2009年08月04日 うひょ 役員
企業法務者向けの雑誌は何種類かありますが、この本は、記事についてわりとまじめに作り込んでいる方だと思います(ざっくばらんにして、あえてハードルを下げてる他の雑誌もある)。他の本とかぶらないので、必読雑誌の1つにカウントしています。もっと広告が多いといいな。
カラー・図解がわかりやすい
★★★★☆2009年02月14日 r_chack 会社員
法務を扱う雑誌はいろいろありますが、会社法務A2Zは、他にはないカラー刷りや図解が多く、多忙な方にはおすすめです。参考図書の掲出も嬉しい。問題の全体感をつかむには最適です。
初心者向
★★☆☆☆2009年01月23日 まっきー 会社員
初心者にとっては、十分な情報量と知識を与えてくれる読みやい雑誌です。
法律家として
★★★★★2008年06月23日 KZ 会社員
大変参考になる雑誌です。法改正が一覧で載っているので、普段見落としてしまいがちな改正の確認にもなり役立っています。定期購読をしているので、毎号届くのが楽しみです。
読み応え
★★★★☆2008年03月25日 hiro 会社員
非常に読み応えがあり、毎号楽しみにしています。
レビューをさらに表示

会社法務A2ZをFujisanスタッフが紹介します

会社法務A2Zは、企業経営者や専門資格保持者などに対して、最先端の企業法務に関わる情報を提供する雑誌です。特に、会社法などの企業法は改正される頻度も多く、情報の新しさが肝になります。また、労働法規なども改正されたり、行政内で通達が行われたりするなど最新の情報をもって対処すべき分野です。その他、企業経営者や専門有資格者はマネジメントスキルや労働管理に関する一般常識を得ることが必要であり、会社法務A2Zを読むことで広い知見を得られます。

では、会社法務A2Zにはどのような情報が掲載されているか具体的に紹介します。まず、経営法談のコーナーでは、企業法務に特に見識が深いゲストにインタビュー形式で取材をした記事を取り上げています。さらに、特集記事ではタイムリーな話題に触れ、特に労働管理やマネジメントに関する情報を読むことができます。連載では、外国企業の経営との比較の記述やグローバル経営者になるための英文契約の講義などもあり、ハイエンドなビジネスパーソンには欠かせない情報も多く載っています。基本的に会社法務A2Zは、取材先が企業法務に強い弁護士や企業法や労働法規を担当している大学教授であることが多く、実践的な知識を欲する企業経営者などにぴったりの雑誌だといえます。

会社法務A2Zの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.