※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Annual Review 循環器
  • 出版社:中外医学社
  • 発行間隔:年刊
  • サイズ:B5判
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Annual Review 循環器
  • 出版社:中外医学社
  • 発行間隔:年刊
  • サイズ:B5判
  • 雑誌

Annual Review 循環器

送料無料でお届けします!
  • 雑誌

Annual Review 循環器

送料無料でお届けします!
この商品は定期購読の取扱いがございません。

Annual Review 循環器のバックナンバー

10,780円
I.循環器の生物学
1.心臓発生と心筋分化誘導のマスター因子
〈竹内 純 宮川-富田幸子 笹岡陽介 小柴和子〉
心臓を構成する細胞集団起源とその分化系譜 心臓領域特異的な遺伝子マーカーと細胞系譜解析 心臓誘導因子と運命決定因子

2.ヒストン修飾による心臓転写因子の機能制御 〈二村圭祐 金田安史〉
ヒストン修飾の意義 ゲノムワイドなクロマチン研究の現状 転写因子と協調的に機能するクロマチン制御因子

3.心臓線維芽細胞による心筋の増殖・肥大制御 〈真鍋一郎 武田憲文 永井良三〉
心筋組織の再構築(リモデリング) 筋線維芽細胞 心臓線維芽細胞と心筋細胞の相互作用 心臓線維芽細胞は圧負荷への適応応答に必須である

4.細胞治療によるパラクライン効果 〈松浦勝久〉
パラクライン効果とは 骨髄単核球細胞/末梢血単核球細胞/血管内皮前駆細胞(EPC) 間葉系幹細胞 骨格筋芽細胞 心筋幹/前駆細胞 ES細胞/iPS細胞

5.細胞外マトリックス調節因子 〈今中恭子〉
心室リモデリングとマトリックスの変化 線維化病変形成時のマトリックス動態 マトリックス産生と分解のバランス制御
matricellularタンパク

6.アルドステロンと酸化ストレス 〈長瀬美樹〉
アルドステロンと高血圧 心血管病とアルドステロン,MR拮抗薬(臨床研究) アルドステロン非依存性MR活性化と心血管病アルドステロン/MR活性化による心血管障害とそのメカニズム アルドステロンと酸化ストレス アルドステロンによる心血管障害におけるマクロファージの役割 アルドステロンとAng IIシグナリングのクロストーク

7.川崎病のgenome-wide解析からみた罹患関連遺伝子 〈尾内善広〉
本邦で実施された川崎病のgenome-wide研究 海外のgenome-wide研究 今後の展望

II.疾患の病因と病態
1.p53と生活習慣病 〈森谷純治 南野 徹〉
p53依存性の細胞老化シグナル 心血管老化とp53 脂肪の老化と糖尿病

2.心筋の代謝調節と老化 〈塩井哲雄〉
代謝調節による心臓老化の制御 代謝調節による心不全の制御

3.生体リズム異常とアルドステロン産生過剰を伴う高血圧 〈岡村 均 土居雅夫〉
はじめに 新しい生体リズムの概念 時の止まったマウスCry-
nullではアルドステロンの過剰産生による高血圧が起こる Cry-nullマウスはヒト特発性アルドステロン症IHA様の病態を示す ヒトにもあるアルドステロン産生を調節する新型3β-HSDと高血圧

4.心房細動発症における肥満細胞の役割 〈赤澤 宏 小室一成〉
心房細動基質としての心房線維化 心房の線維化と炎症 循環器疾患の病態における肥満細胞の役割 圧負荷における心房細動発症と肥満細胞浸潤

5.心不全における自律神経系の適応機構 〈金澤英明 福田恵一〉
心不全における交感神経異常とその原因,循環調節機構と中枢の関与 心臓交感神経と液性因子のクロストーク 心不全における心臓交感神経の幼若化 心臓交感神経終末の異常と機能転換 心不全と心臓交感神経の可塑性 心不全と副交感神経

6.高血圧のゲノムワイド関連解析 〈加藤規弘〉
GWASの背景と基本的原理 高血圧等の心血管病危険因子に関するGWAS 今後の展望

7.たこつぼ心筋症の病因をめぐって 〈安川秀雄 南 知子 今泉 勉〉
たこつぼ心筋症の発症機序 たこつぼ心筋症の動物モデル 女性ホルモンの関与

8.小児期の喫煙と心血管障害 〈加治正行〉
小児の喫煙・受動喫煙と心血管障害 妊婦の喫煙・受動喫煙と胎児・小児の心血管障害 小児と妊婦の喫煙への対応

III.診断と治療―最新の進歩
A.虚血性心疾患
1.虚血性心疾患におけるマルチバイオマーカーアプローチ―冠先端画像との対比へ―
〈清野精彦 山本真巧 高野雅充〉
急性冠症候群の病態 冠先端画像による分析 冠動脈疾患におけるマルチバイオマーカーアプローチ

2.冠動脈プラークの分子イメージング 〈佐治英郎 天滿 敬〉
動脈硬化プラークと分子イメージング 代謝活性を標的としたイメージング 酸化LDL受容体を標的としたイメージング アポトーシスを標的としたイメージング Metalloproteinaseを標的としたイメージング その他のイメージング

3.薬剤溶出ステント(DES)留置例に対する抗血小板治療の現状 〈中村正人〉
PCIに強力かつ早期に抗血小板機能が必要な理由 継続的投与の是非 相互作用,遺伝子多型性

4.PCIかCABGか: 内科医の立場から 〈田崎淳一 木村 剛〉
PCIかCABGか: UPLMTについて CABGかPCIか: 多枝病変について

5.PCIかCABGか: 外科側より 〈大野貴之 高本眞一〉
PCI,CABGの基本的な治療効果 CABGの生命予後改善効果の大きい患者グループの同定 左冠動脈主幹部病変に対するCABG
糖尿病網膜症患者に対するCABG 医療経済 CABGかPCIか: 外科医の立場から

6.新しいDESの治療成績 〈田辺健吾〉
Endeavor stent(Zotarolimus-Eluting Stent) Xience V/Promus stent(Everolimus-Eluting Stent) Nobori stent(Biolimus A9 eluting stent)

7.OCTによるプラーク診断 〈石橋耕平 北端宏規 赤阪隆史〉
冠動脈プラークの進展過程の評価から不安定プラークの検出まで
急性冠症候群発症機序の解明 薬物による冠動脈プラーク安定化の評価 経皮的冠動脈インターベンションの補助として ステント再狭窄の評価 次世代型FD-OCTと現行TD-OCTの比較 OCTの将来展望

8.虚血性心疾患における心エコードプラによる診断 〈木村公一 竹中 克〉
組織ドプラ法 2D speckle tracking法 三次元心エコー法

B.心不全
1.わが国における慢性心不全患者の実態―JCARE-CARD 〈眞茅みゆき 筒井裕之〉
はじめに JCARE-CARD研究の概要 慢性心不全患者の患者背景 合併症の有病率と予後へ与える影響 収縮機能が保たれた心不全(拡張不全) JCARE-CARDにおける薬物治療の予後への効果

2.日本人におけるβ遮断薬の至適用量 〈堀 正二 岡本 洋〉
海外におけるβ遮断薬の用量 左室駆出率および長期アウトカムにおける用量依存性 有害事象における用量依存性 本邦における至適用量

3.エリスロポエチンと心不全 〈高野博之〉
心不全と貧血 心筋梗塞に対するEPOの効果 血管に対するEPOの作用 EPOの心臓保護作用におけるShhの関与 EPOを用いた臨床試験

C.不整脈
1.心房細動患者に対する新規経口抗トロンビン薬の新たなエビデンス 〈是恒之宏〉
キシメラガトラン(ximelagatran) ダビガトラン(BIBR1048, dabigatran etexilate)

2.心不全における心房細動管理 〈山下武志〉
疫学的情報の変遷 AF-CHF試験 ガイドライン 薬物療法
非薬物療法

3.AFFIRM以後の新しい心房細動治療薬 〈三好俊一郎 小川 聡〉
心房細動治療の歴史 心房筋をターゲットにする新しい治療デザイン 心房特異的イオンチャネル遮断薬 心外作用の少ない既存の薬剤の開発 その他の研究中の心房選択的心房細動治療

D.心筋症・弁膜症
1.3次元心エコーによる僧帽弁イメージング 〈斎藤 顕 吉田 清〉
リアルタイム3D-TEEの誕生 各種3D画像収集モード 僧帽弁の3次元観察 僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁狭窄症例の弁口面積計測 リアルタイム3D心エコー図の限界

E.高血圧・肺高血圧症
1.降圧治療における異種効能配合剤の現状と今後 〈光山勝慶〉
カデュエットのアドヒアランス GEMINI試験 ASCOT-LLA 2×2 AVALON試験とAVALON-AWC アムロジピンとアトルバスタチンの併用の有効性を示すその他の知見 ARBとチアゾリジン系薬剤(PPAR-γアゴニスト)の配合剤の可能性 ARBとスタチンの配合剤の可能性

2.腎交感神経アブレーションによる高血圧治療 〈福田英克 木村玄次郎〉
腎交感神経活動の亢進が高血圧の発症・維持に寄与するメカニズム
高血圧に対する外科的腎交感神経切除術 カテーテルによる腎交感神経焼灼術(腎交感神経アブレーション)

3.高血圧治療における家庭血圧測定の活用 〈今井 潤〉
はじめに 家庭血圧測定装置 家庭血圧測定の方法,条件 家庭血圧による高血圧の診断と治療 家庭血圧の性格 家庭血圧の臓器障害,予後予測能 家庭血圧の臨床応用 医療経済

4.肺高血圧症に対するRhoキナーゼ阻害薬の治療効果 〈福本義弘 下川宏明〉
様々な細胞生理機能におけるRhoキナーゼの役割 血管平滑筋の収縮弛緩におけるRhoキナーゼ/ミオシン軽鎖の役割 血管平滑筋の増殖におけるRhoキナーゼの役割 細胞遊走におけるRhoキナーゼの役割 肺高血圧症に対する新たな治療ターゲットとしてのRhoキナーゼ

F.先天性心疾患
1.ASD/PFOに対するカテーテル閉鎖術の最近の知見 〈小林俊樹〉
適応症例 心房中隔の解剖の評価および,閉鎖栓サイズの決定
閉鎖栓留置 術後経過観察 合併症 PFOに対する閉鎖術
考察

2.カテーテルインターベンションによるPDAの閉鎖 〈富田 英〉
PDAの形態診断 コイル閉鎖術 ADO Covered stent
高齢者のPDAに対するカテーテルインターベンション 6カ月
未満のPDAに対するカテーテルインターベンション Silent
PDAに対するコイル閉鎖

3.小児開心術の低侵襲化 〈高橋幸宏〉
全身性炎症反応症候群への対策 基本的体外循環管理 低侵襲対策の注意点と問題点

4.主要体肺動脈側副血行路(MAPCA)に対する外科治療 〈猪飼秋夫〉
MAPCAとは? MAPCAの診断 22q11.2欠失症候群とMAPCA Multi-stage unifocalizationの遠隔成績 Single-stage unifocalizationの手術方法 心室中隔欠損の閉鎖 sin-
gle-stage unifocalizationの中期成績 術後合併症 MAPCAを有した単心室に対する外科治療

G.大動脈疾患・末梢動脈疾患
1.血管炎症候群の診療ガイドライン 〈尾崎承一〉
高安動脈炎 側頭動脈炎(巨細胞性動脈炎)

2.急性大動脈解離に伴う意識障害 〈築部卓郎〉
急性大動脈解離に伴う脳神経学的症状: 意識障害と局所的神経障害意識障害や脳卒中合併急性大動脈解離の治療 当院での治療経験超急性期手術の有用性の根拠について

3.大動脈瘤の内科的療法 〈三宅 隆 森下竜一〉
大動脈瘤治療の現状 動脈瘤の病態・生理 動脈瘤治療のストラテジー 動脈瘤の薬物療法 新しいコンセプトによる新規治療薬の開発

4.急性期川崎病への抗サイトカイン療法(抗TNFα製剤Infliximab) 〈佐地 勉〉
生物学的製剤 川崎病とTNFα製剤 我が国での使用状況 副作用

IV.心臓血管外科
1.Destination therapy 〈許 俊鋭〉
日本の人工心臓治療 植込型VADを用いたdestination therapy
Destination Therapyの適応 LVAD destination therapyと今後の展望 LVAD destination therapyの問題点と米国における動向

2.大動脈二尖弁の外科 〈田中亜紀子 大北 裕〉7
大動脈二尖弁の予後 大動脈二尖弁の形態 二尖弁と血行力学の関連 大動脈弁病変 大動脈病変

3.心臓外科麻酔における循環管理 〈大野長良 高本眞一〉
スタチン β遮断薬 血糖管理 麻酔薬による虚血precon-
ditioning オフポンプ冠動脈バイパス手術の循環管理の実際

索 引
10,780円
I.循環器の生物学
1. 心筒形成に必要なスフィンゴシン1-燐酸シグナルとそのほかの調節機構

〈望月直樹〉
  ゼブラフィッシュの解析による心筒形成に必須の心臓前駆細胞の正中への移動を調節する因子の解明
  スフィンゴシン1-燐酸のトランスポーターの機能異常でcardia bifidaが生じる
  大規模変異体スクリーニング以外のシグナル解析によって明らかにされてきた遊走障害
  ノックアウトマウス,アフリカツメガエルの解析によって明らかにされた心臓前駆細胞移動の調節機構

2. Wntシグナルと心筋細胞分化
〈塩島一朗〉
  Wntシグナル伝達系
  古典的Wnt経路と心筋細胞分化
  非古典的Wnt経路と心筋細胞分化 今後の展開

3. 心筋ミオシンのリン酸化・活性化と心機能制御
〈高島成二〉
  心筋収縮蛋白群の異常と心筋症
  ミオシン軽鎖およびミオシン軽鎖キナーゼ
  心筋型ミオシンキナーゼと心不全

4. Ang1-Tie2による血管透過性制御
〈福原茂朋 望月直樹〉
  Ang-Tieシステムによる血管透過性制御
  Ang1-Tie2シグナルが血管透過性を抑制する分子メカニズム
  Ang-Tieシステムと炎症反応
  Ang-Tieシステムと血管新生
  Ang-Tieシステムをターゲットにした臨床応用への展望

5. 骨格筋由来液性因子による代謝制御
〈泉家康宏 大内乗有 小川久雄〉
  メタボリックシンドロームに対する運動療法
  骨格筋由来液性因子(マイオカイン)の探索

6. 心移植における免疫学・免疫抑制剤の進歩
〈加藤倫子〉
  現在の基本免疫抑制療法の概要
  拒絶反応発生時の治療
  当院における免疫抑制療法プロトコール

II.疾患の病因と病態
1. Apelin-APJシグナルと動脈硬化
〈濱田樹理 石田純治 深水昭吉〉
  新規循環制御系としてのApelinとAPJ
  動脈硬化におけるApelin-APJシグナルの病態生理学的機能

2. 動脈硬化リスクファクターとしてのCOPD
〈水品百恵 寺本信嗣〉
  慢性全身炎症症候群としてのCOPD
  動脈硬化および心血管疾患とCOPD
  COPDと心血管疾患が関連する大規模臨床試験
  スタチンやACE阻害剤によるCOPDの治療の可能性

3. アンジオテンシンII受容体と個体寿命
〈赤澤 宏 小室一成〉
  個体寿命と老化
  AT1受容体シグナルと老化関連疾患
  RAS抑制薬による個体寿命の延長
  AT1a受容体欠損マウスにおける個体寿命の延長

4. 妊娠高血圧症候群とアンジオテンシンII受容体自己抗体
〈坂田暁子 茂木正樹 伊藤昌春 堀内正嗣〉
  妊娠高血圧症候群の発症機序
  妊娠によるレニン・アンジオテンシン系の変化
  AT1-AAとPIHの相関
  AT1-AAはPIHの原因か,結果か?
  AT1-AAのPIHへの関与: 現時点でわかっているメカニズム
  現在のAT1-AA研究の問題点,今後の展望

5. 大規模エピゲノム解析と生活習慣病
〈酒井寿郎 油谷浩幸〉
  エピゲノムとは
  肥満・生活習慣病発症におけるエピゲノムの関与
  Inbredを用いた太りやすい動物の解析
  マスターレギュレーターである核内受容体PPARγのエピゲノムを介した脂肪細胞分化制御機構
  ChIP on ChipやChIPシーケンスを用いたエピゲノム解析
  PPARγの2つの標的,H3K9メチル化酵素(Setdb1)とH4K20モノメチル化酵素(Setd8)は脂肪細胞分化を制御する
  H3K9のエピゲノム修飾異常マウスは肥満になる

6. 心不全におけるクロマチンリモデリングの役割
〈朝野仁裕〉
  細胞固有の遺伝子転写調節を生み出すエピジェネティクス制御機構の役割
  クロマチンリモデリングとエピジェネティック因子・分子修飾の変化
  従来の心肥大メカニズムの解析からエピジェネティクス研究への発展
  慢性心不全においてクロマチンリモデリングの果たす役割

7. 心筋症の新しい分類について
〈猪又孝元〉
  心筋症分類の新たな潮流~アメリカからの提言
  心筋症分類の新たな潮流~ヨーロッパからの提言
  わが国における心筋症分類の現状と課題

III.診断と治療-最新の進歩
A.虚血性心疾患
1. 薬物溶出ステント留置後のvascular healing
〈中澤 学〉
  通常のステント治癒過程(BMSにおけるarterial healing)
  DESの開発
  DESの病理(剖検例)
  sirolimus vs paclitaxel eluting stent
  次世代の薬物溶出ステント

2. 新しい心肺蘇生法
〈冨永善照 長尾 建〉
  バイスタンダーCPR施行に対する障壁
  臨床,動物実験からのエビデンス(15:2との比較でのエビデンス)
  30:2との比較したエビデンス
  非心原性の心停止
  目撃者のいない心停止

3. 小腸コレステロールトランスポーター阻害薬による脂質改善効果とイベント抑制効果
〈山崎 力〉
  ENHANCE試験
  SEAS試験

4. 日本人におけるアスピリンの有用性
〈副島弘文 小川久雄〉
  アスピリンの一次予防効果
  アスピリンの二次予防効果
  冠動脈疾患患者に対する今後の抗血小板療法

5. PCI(percutaneous coronary intervention)をバックアップとした血栓溶解療法
〈木村一雄 奥田 純〉
  PCIをバックアップとした血栓溶解療法
  PCIをバックアップとした血栓溶解療法が最も治療効果を発揮できる状況

6. DES時代における左主幹部病変に対する治療戦略
〈平山治雄〉
  UPLMTの治療法とPCIの歴史
  DESの種類と有用性
  DESのUPLMTへの使用
  分岐部病変の問題点と対策
  UPLMTに対するDESとCABGの比較試験の分析

7. 心筋虚血に対する細胞移植療法の現況
〈谷口琢也 竹原有史 塘 義明 松原弘明〉
  急性虚血性心疾患に対する細胞移植治療
  低心機能慢性虚血性心疾患に対する細胞移植療法
  重症不全心に対する人工心臓併用の細胞移植治療
  心筋幹細胞による心不全治療
  心筋再生医療の新しい展望
  iPS細胞による重症心不全治療

B.心不全
1. β受容体シグナル伝達系と遺伝子多型
〈吉川 勉〉
  アドレナリン受容体シグナル伝達
  β1受容体遺伝子多型
  β2受容体遺伝子多型
  α受容体遺伝子多型
  GRK遺伝子多型
  遺伝子多型による心不全の病態と予後予測
  遺伝子多型によるβ遮断薬のレスポンダー予測

2. 小児領域における心臓再同期治療の適応と有効性
〈安河内 聰〉
  心臓再同期療法とは
  CRTにおける同期不全 dyssynchrony評価の重要性
  小児における心臓再同期療法の方法
  小児CRTの中・長期予後

3. SASを有する慢性心不全患者の治療
〈百村伸一〉
  心不全に合併するOSAに対する治療
  心不全に合併するCSR-CSAの治療

C.不整脈
1. 心房細動における抗凝固療法の新指針
〈山下武志〉
  これまでの本邦におけるガイドラインとその問題点
  臨床情報の蓄積
  2008年度発表された新指針

2. ARB/ACE-Iによる心房細動抑止効果
〈堀江 稔〉
  高血圧症と心房細動の発症
  心房細動の一次予防とRAAS抑制 心房筋のストレッチのAngiotensin-II receptor

3. Brugada症候群の診療に関するガイドライン
〈大江 透〉
  Brugada症候群の診断に関するガイドライン
  Brugada症候群の治療に関するガイドライン
  Brugada症候群の診療における本邦と外国のガイドラインの相違点

D.心筋症・弁膜症
1. 大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁植え込み術
〈原 英彦〉
  大動脈弁狭窄症の実際
  現在行われている経カテーテル大動脈弁植え込み術
  CoreValve ReValving System

2. AAEに対する自己弁温存大動脈基部置換手術の現状(長期成績を含めて)
〈縄田 寛 高本眞一〉
  大動脈弁輪拡張症とは
  自己弁温存大動脈基部置換手術 valve-sparing aortic root replacement(VSARR)の位置づけ
  VSARRの成績
  VSARRの歴史と変遷
  手術適応の決定

E.高血圧・肺高血圧症
1. 高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)
〈荻原俊男〉
  JSH2009ガイドラインの特徴
  リスク層別化と治療方針
  降圧目標
  生活習慣の修正
  降圧薬療法
  脳血管障害を合併する高血圧
  心疾患合併高血圧
  糖尿病,CKD合併高血圧
  高齢者高血圧

2. 仮面高血圧の診断と治療
〈矢野裕一朗 苅尾七臣〉
  血圧を生体の表現形の一つとして捉える
  診断
  頻度
  病態治療

3. 肺高血圧の遺伝子異常
〈森崎裕子 森崎隆幸〉
  肺動脈性肺高血圧の遺伝
  BMPR2遺伝子
  ACVRL1遺伝子 TGF-β/BMPシグナル系異常による肺動脈性肺高血圧症の発症機序
  病態修飾遺伝子

4. 肺動脈性高血圧症における分子標的治療-細胞増殖抑制・血管新生療法-
〈佐地 勉 中山智孝〉
  BMPR2/ALK1とSmad
  肺血管壁と成長因子
  細胞増殖抑制target療法
  骨髄由来血管内皮前駆細胞
  Erythropoietin

5. 肺高血圧症と肺移植
〈伊達洋至〉
  現況
  最近の知見

F.先天性心疾患
1. 成人先天性心疾患の管理ガイドラインACC/AHAについて
〈丹羽公一郎 立野 滋〉
  疫学
  感染性心内膜炎
  妊娠,避妊
  不整脈
  心不全

2. Fontan手術の長期予後と予測因子
〈岸本英文〉
  Fontan手術の成績
  遠隔期の諸問題

3. TAPVCの術式と遠隔成績
〈登坂有子 坂本喜三郎〉
  手術術式
  手術成績
  遠隔成績
  再手術術式
  これからの展望

G.大動脈疾患・末梢動脈疾患・その他
1. 日本人における脳動脈瘤感受性遺伝子座
〈中岡博史 井ノ上逸朗〉
  ゲノム全域連鎖解析
  ゲノム全域関連解析 genome-wide asso‐ciation study(GWAS)

2. 下肢末梢動脈へのカテーテル治療の長期予後
〈緒方信彦 伊苅裕二〉
  はじめに
  腸骨動脈領域
  浅大腿動脈領域
  膝窩動脈以下領域の重症下肢虚血に対するカテーテル治療の成績
  New deviceの中期成績
  今後の展望

3. 高安病診療の最新戦略
〈磯部光章〉
  疾患概念と最近の動向
  診断
  治療

4. 神経調節性失神の診断・治療ガイドライン
〈井上 博〉
  失神の病態・基礎疾患
  神経調節性失神

IV.心臓血管外科
1. Ross手術の遠隔成績
〈森田紀代造〉
  遠隔成績
  autograft dilatationとautograft機能
  小児におけるautograftの成長
  右室流出路再建術式とRoss手術今後の展望

2. 術中感染症の予防について
〈宮原 健〉
  カテーテル関連血流感染症 catheter-related blood stream infec-tion(CRBSI)
  手術部位感染 surgical site infection(SSI)

3. 心筋症に伴う僧帽弁閉鎖不全症の治療
〈小野 稔〉
  機能性MRの病態生理
  機能性MRに対する手術

4. 大動脈弁疾患に対してオリジナル弁尖形成器を使用した大動脈弁形成術
〈尾崎重之〉
  人工弁による大動脈弁置換術とその問題点
  自己心膜を使用した大動脈弁形成術とは
  グルタールアルデハイド処理された自己心膜と石灰化除去後の大動脈弁尖の強度
  自己心膜を使用した大動脈弁形成術の利点
  自己心膜を使用した大動脈弁形成術の耐久性について
  大動脈弁形成術のこれまでの成績
  心臓エコー検査による手術後のARの推移と圧較差の推移
  今後の展望

10,780円
I.循環器の生物学
1. iPS細胞と心血管再生
〈山下 潤〉

   iPS細胞からの心血管細胞分化
   ヒトiPS細胞からの分化
   iPS細胞研究の循環器領域における意義
   iPS細胞研究の今後の展望

2. cardiosphereによる心筋再生
〈竹原有史 服部玲治 松原弘明 王 英正〉

   cardiosphere
   ヒト心臓由来心筋前駆細胞・幹細胞
   human cardiosphere-derived stem cell
   CSC移植による不全心の機能改善効果-再生工学との融合-
   CSCによる心筋再生

3. PlGFと血管新生
〈上村史朗 斎藤能彦〉

   PlGF(placental growth factor)
   血管新生におけるPlGFの役割
   虚血性心血管疾患におけるPlGFの役割
   心筋梗塞の治癒機転におけるPlGFの役割
   PlGFを用いた血管新生療法の可能性

4. メタボローム
〈佐野元昭 菱木貴子 末松 誠 中西広樹 田口 良〉

   水溶性代謝産物の測定方法
   脂溶性代謝産物

5. 血管による脂肪組織のリモデリング
〈真鍋一郎〉

   脂肪組織機能と血管
   脂肪組織の肥満と血管
   肥満脂肪組織の血流・細胞ダイナミクス
   脂肪組織と血管の病態の共通点

6. アンジオポエチン関連増殖因子AGF
〈田畑光久 尾池雄一〉

   アンジオポエチン様因子ファミリーとAGF
   AGFの抗肥満作用
   AGFの血管新生作用

7. 心血管系の発生,発達における血行動態因子の関与
〈吉儀雅章〉

   はじめに
   血管系の発生,発達過程における血行動態因子の影響
   心臓発生における血行動態因子の役割

II.疾患の病因と病態
1. 細胞シート工学の心筋再生医療における可能性
〈清水達也〉

   細胞浮遊液の注入療法
   細胞浮遊液注入の課題とティッシュエンジニアリング
   細胞シート工学
   重症心不全に対する細胞シート移植
   次世代心筋再生医療をめざした取り組み
   心筋再生医療の課題と展望

2. microvascular anginaと女性狭心症
〈安田 聡 下川宏明〉

   cardiac syndrome Xと微小血管狭心症
   WISE study
   ホルモン補充療法

3. Toll-like receptorと心臓リモデリング
〈竹石恭知〉

   Toll-like receptor(TLR)とは
   TLRの構造と細胞内シグナル
   TLR2と心筋梗塞後リモデリング
   TLR4と心筋梗塞後リモデリング
   HMGB1と心筋梗塞後リモデリング

4. 動脈硬化とマスト細胞
〈鶴田敏博 北村和雄〉

   マスト細胞の分化と活性化
   血管におけるマスト細胞の分布
   マスト細胞と粥状動脈硬化プラークの形成と不安定化
   マスト細胞と腹部大動脈瘤の進展

5. 川崎病とITPKC遺伝子
〈羽田 明 尾内善広〉

   川崎病について
   川崎病の感受性遺伝子同定
   ITPKC遺伝子の機能と発症への関与
   責任SNPと冠動脈病変およびIVIG治療抵抗性
   川崎病の個別化医療の可能性

6. 成人先天性心疾患の耐糖能
〈大内秀雄〉

   成人先天性心疾患(ACHD)患者の増加
   メタボリック症候群とBarker仮説
   心疾患と耐糖能異常
   ACHD患者とメタボリック症候群
   ACHD心疾患での耐糖能異常


7. heparin-induced thrombocytopenia(HIT)
〈宮田茂樹 山本晴子〉

   血栓塞栓症の高リスク因子としてのヘパリン起因性血小板減少症(HIT)
   HIT発症のメカニズム
   HITの臨床経過
   診断
   HITの治療
   HITの早期発見
   本邦におけるHIT治療指針(案)
   HITはimmune memoryをもたない

8. 心筋症の遺伝子疫学
〈森田啓行〉

   心肥大をきたす単一遺伝子疾患
   肥大型心筋症に関する大規模遺伝子解析
   心肥大と遺伝
   フラミンガム研究における遺伝子解析
   genotypeの観点から心肥大を診る
   小児期発症心肥大の遺伝子解析
   modifier gene

III.診断と治療-最近の進歩
A.虚血性心疾患
1. PCIかCABGか-内科医の立場から
〈上妻 謙〉

   CABGからPCIへ-多枝疾患の場合-
   左主幹部病変(LMT)の場合
   慢性完全閉塞病変の場合
   DESを使用した患者の長期予後
   PCIかCABGか-内科医の立場から-

2. PCIかCABGか-外科医の立場から
〈幕内晴朗〉

   CABGの成績向上へ向けて
   急性冠症候群(ACS)におけるPCIとCABG
   安定狭心症に対するPCIとCABG
   わが国の現状
   今後の展望

3. PCIか内科的薬物治療か
〈小林欣夫〉

   COURAGE試験
   OAT試験

4. ステント血栓症と新生内膜
〈高山忠輝 平山篤志〉

   BMS留置後の内膜修復の機序
   注目されるステント血栓症
   ステント血栓症の原因
   DESにおける内膜修復過程とステント血栓の原因
   血管内視鏡による内膜評価

5. 新しい抗血小板薬
〈後藤信哉〉

   古典的な抗血小板薬アスピリン
   チクロピジン,クロピドグレル,プラスグレルその他P2Y12阻害薬
   日本が有するユニークな抗血小板薬
   次世代の抗血小板薬

6. Area detector CTによる虚血性心疾患診断の新しい展開
〈安野泰史 三田祥寛 尾崎行男〉

   64列MSCTと比較した320列ADCTの特徴
   虚血性心疾患における心臓CT診断の評価
   心臓CT検査における放射線被曝の評価
   320列ADCTによる虚血性心疾患の診断

B.心不全
1. CRTの効果と長期成績
〈松田直樹〉

   CRTの効果
   responderとnon-responder
   適応
   CRT-PとCRT-D
   日本におけるCRT

2. スタチンを用いた心不全治療の臨床試験
〈高野博之 小室一成〉

   スタチンの多面的作用と作用機序
   心不全に対するスタチンの効果を検討した後ろ向き(レトロスペクティブ)臨床試験
   心不全に対するスタチンの効果を検討した前向き(プロスペクティブ)臨床試験

3. 体外式動脈カウンターパルセーション(ECP)
〈許 俊鋭 西村悦二 高本眞一〉

   ECPの開発の歴史と作用メカニズム
   ECPの治療効果と問題点
   苦痛がなく簡便な実施可能なECPシステム(コンパクトCP)の開発コンセプト
   コンパクトCPの臨床応用と臨床評価

C.不整脈
1. 慢性心房細動のカテーテルアブレーション
〈江島浩一郎 庄田守男〉

   心房細動に対するカテーテルアブレーション法の変遷
   肺静脈隔離以外の心房細動に対するカテーテルアブレーション法
   慢性心房細動に対するカテーテルアブレーション
   段階的アブレーション法 stepwise approach
   “慢性”心房細動の定義の変遷
   慢性心房細動に対するカテーテルアブレーションの適応

2. QT延長症候群の遺伝子解析
〈清水 渉〉

   先天性LQTSの定義と臨床診断
   先天性LQTSの遺伝子診断
   遺伝子型と表現型の関連
   遺伝子型特異的な生活指導,治療
   遺伝子変異部位,変異タイプによる重症度評価
   日本国内外の多施設共同研究により得られた最近の知見

3. 乳児期の心房性心室性頻拍症の診断と治療
〈牛ノ濱大也〉

   上室性頻拍症
   心室頻拍
   心臓電気生理学的検査・高周波カテーテルアブレーション

4. 最近の不整脈外科治療
〈新田 隆 石井庸介 坂本俊一郎〉

   心房細動手術の効果と適応
   低侵襲心房細動手術の適応と限界
   Lesion set
   心房細動手術後の心房頻拍とその予防
   心房細動手術におけるGP ablationの有効性と役割

5. 小児に対するAED
〈中村隆広 住友直方〉

   AEDの歴史
   AEDの原理,使用方法
   除細動の波形
   小児へのAEDの使用

D.心筋症・弁膜症
1. MRIによる心筋症の診断
〈寺岡邦彦〉

   心臓MRIの適応と心筋症
   心筋症の診断と重症度の評価に用いられる心臓MRIの撮影法
   拡張型心筋症
   肥大型心筋症
   拘束型心筋症
   不整脈源性右室心筋症
   noncompaction
   ストレス(タコツボ)心筋症
   サルコイドーシス

E.高血圧・肺高血圧症
1. 肺動脈性肺高血圧症における治療薬の選択
〈山田典一〉

   プロスタノイド
   エンドセリン受容体拮抗薬
   ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬
   コンビネーション治療

2. 24時間自由行動下血圧測定の臨床的意義
〈矢野裕一朗 島田和幸〉

   高血圧の診断・評価手段としてのABPMの役割
   ABPMか家庭血圧か?
   ABPMの意義
   夜間血圧
   早朝高血圧
   血圧変動
   その他

3. augmentation indexの基礎と臨床
〈高沢謙二〉

   ASCOT CAFE試験
   AIの起源
   AI登場後の主要な流れ
   最近の動向

4. ACEI vs ARBどちらが高血圧治療として有効か?
〈茂木正樹 堀内正嗣〉

   ONTARGET試験
   費用対効果
   ACEIの認容性
   併用療法について
   Alzheimer病発症について
   クラスエフェクトを超えたARBの独自効果

5. JIKEI HEART Study
〈望月正武〉

   方法
   結果
   考察

F.先天性心疾患
1. 脳塞栓症予防法としての卵円孔(PFO)閉鎖
〈谷口 学 赤木禎治〉

   PFOとcryptogenic strokeについて
   PFOの診断法について
   PFOと脳塞栓予防について

2. 先天性心疾患術後の精神神経発達
〈渡辺一洋 市田蕗子〉

   先天性心疾患児の発達評価方法
   脳神経発達に影響を与える因子先天性心疾患児にみられる神経発達障害の特性
   解剖学的異常と機能的異常の関連

3. 胎内治療-現状と今後の取り組みについて-
〈宮本隆司〉

   胎児血液循環のポイント
   胎児心疾患の診断方法のポイント
   胎内治療
   今後の課題

4. 左心低形成症候群の治療戦略
〈北堀和男 村上 新 高本眞一〉

   ハイリスクHLHS
   ハイブリッド治療(Stage I)
   Stage II(ハイブリッド治療術後)
   Norwood手術

G.大動脈疾患・末梢動脈疾患
1. 末梢動脈疾患に対するカテーテル治療(エキシマレーザー形成術含む)
〈南都伸介〉

   PAD治療ガイドラインについて
   大動脈-腸骨動脈領域
   大腿
   膝窩動脈領域
   エキシマレーザーを用いた血管形成術の原理
   長区域浅大腿動脈閉塞病変に対するエキシマレーザー形成術の成績
   浅大腿動脈閉塞病変に対するバルーン単独 vs バルーン+レーザー形成術の前向き無作為試験
    peripherai excimer laser angioplasty trial(PELA trial)
   大腿膝窩動脈領域におけるエキシマレーザー形成術の適応とは?
   脛骨腓骨動脈領域
   LACI(laser-assisted angioplasty for critical limb ischemia)trial

2. TASC II
〈重松 宏〉

   Trans-Atlantic Inter-Society Consensus(TASC)作成の背景
   TASCからTASC II,ACC/AHAガイドラインへ
   TASC IIの特徴
   PADの疫学
   PADの早期診断
   PADの治療戦略: 危険因子と併存疾患の管理
   間歇性跛行の治療戦略
   重症虚血肢の診断と血行力学的基準
   CLI発症の危険因子と転帰
   切断術後患者の予後
   CLIの治療戦略
   閉塞性病変のTASC分類

3. 胸部および胸腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療
〈金岡祐司 大木隆生〉

   胸部大動脈瘤(TAA)
   胸腹部大動脈瘤(TAAA)

4. 末梢動脈疾患(PAD)に対する和温療法
〈新里拓郎 宮田昌明 鄭 忠和〉

   和温療法とは
   PADに対する和温療法の効果とその機序
   和温療法の適応と注意点

IV.心臓血管外科
1. 重症心不全に対する植込型補助人工心臓治療
〈山嵜健二〉

   補助人工心臓 ventricular assist system(VAS)による重症心不全治療の動向
   次世代型補助人工心臓

2. CABGにおける内膜摘除
〈福井寿啓 高梨秀一郎〉

   内膜摘除術の意義
   内膜摘除術の適応
   内膜適除の手術方法および術後管理
   内膜摘除術後成績
   グラフト開存率
   その他の適応や方法

3. 心臓血管外科データベースの現状
〈本村 昇 高本眞一〉

   海外でのデータベースの動き
   volume-outcomeに関する議論
   EuroSCOREの検証
   本邦での心臓血管外科手術データベース
   日本成人心臓血管外科手術データベース(JACVSD)
   JACVSDからみた本邦の心臓大血管手術
   リスクcalculator: JapanSCORE

4. 術後縦隔炎の治療
〈田林晄一〉

   術後創感染
   心臓・血管術後縦隔炎
   予防
   治療
10,780円
I.循環器の生物学
1. 心臓SP細胞
〈永井敏雄〉

  SP細胞とは  心臓SP細胞の特徴  心臓SP細胞の分化能力

2. Isl-1前駆細胞
〈王 英正〉

  心筋前駆細胞の発生学的起源  マウス及びヒトの心臓内Isl-1前駆細胞
  胚性幹(ES)細胞におけるIsl-1心筋前駆細胞  Nkx
  2-5心筋前駆細胞  Flk-1前駆細胞  Isl-1前駆細胞の増殖調節機構

3. PGC-1と心機能・心筋代謝
〈佐野元昭〉

  PGC-1αは「ミトコンドリア活性化因子」である
  心不全はエネルギー飢餓状態である
  心筋エネルギー代謝を制御している転写ネットワーク
  心筋エネルギー代謝におけるPGC-1αの重要性 
  病的心肥大におけるPGC-1αの機能異常は,ミトコンドリアエネルギー代謝障害を
  介して心不全の発症に深く関与している  PGC-1αは,ユビキチン化されプロテ
  アソーム系で速やかに分解を受ける半減期の短いタンパク質であるが,一方で潜
  在的な核内において凝集体を形成しやすい性質ももった分子である

4. DNA損傷と修復
〈相澤健一 鈴木 亨〉

  はじめに  DNA損傷・修復とは
  DNA修復異常とヒトの疾患循環器疾患とDNA損傷・修復
  DNA損傷・修復反応の心血管系における関与
  心血管病態におけるエピジェネティクス(DNA損傷・修復)解析の方法

5. microRNA
〈赤澤 宏 小室一成〉

  miRNAの生成と作用機序  個体発生とmiRNA  心臓の発生とmiRNA
  心臓のストレス応答とmiRNA

6. バイオペースメーカ
〈李 鍾国〉

  徐脈性不整脈の遺伝子治療  徐脈性不整脈の細胞治療

7. 遺伝子による心筋梗塞のリスクの評価
〈山田芳司〉

  はじめに  心筋梗塞のゲノム疫学研究の現状
  心筋梗塞の関連解析における問題点・留意点
  心筋梗塞のオーダーメイド予防システムの開発

8. 成人期の心臓血管疾患は胎児期に始まる?
〈小山耕太郎〉

  減少し続ける新生児の出生体重  Barkerの成人病胎児期発症説とエビデンス
  発達段階の環境因子が成人期の疾患や健康状態に影響する機序
  エピジェネティクス

II.病因と病態
1. 弁膜症発症の分子機序
〈伯野大彦 福田恵一〉

  近年の弁膜症研究  弁膜症発症の分子メカニズム  血管新生と弁膜症

2. 心肥大から心不全の発症機序
〈佐野雅則 小室一成〉

  血管新生/HIF-1/p53  インスリンシグナル/PI3K/Akt  MAPKカスケード
  カルシニューリン

3. 血管トーヌスとリモデリング
〈安藤譲二 山本希美子〉

  ずり応力による血管トーヌスの調節
  ずり応力のCa2+シグナリングが血管トーヌスとリモデリングに果たす役割

4. Marfan症候群とTGF-βシグナル
〈森崎隆幸 森崎裕子〉

  Marfan症候群  Marfan症候群の原因遺伝子  FBN1遺伝子変異と疾患発症機構
  類縁疾患と原因遺伝子  TGF-βシグナル異常と大動脈瘤  治療への期待

5. 動脈硬化とT cell
〈佐藤加代子〉

  CD4 T細胞サブセットの分化機構  動脈硬化病巣におけるCD4 T細胞
  Th1細胞・Th2細胞と動脈硬化  制御性T細胞と動脈硬化

6. ステント血栓症: CypherTMとTAXUSTM
〈木村 剛〉

  薬剤溶出性ステントの安全性懸念
  日本におけるsirolimus溶出性ステント(CypherTM)の成績
  CypherTMとTAXUSTMでステント血栓症の頻度に差があるか?
  今後の方向性  利益相反についての開示

7. 内臓肥満とアディポサイトカイン
〈西田 誠 山下静也〉

  内臓肥満: 肥満の臨床研究による概念
  メタボリックシンドローム: 内臓肥満による危険因子の集簇
  アディポサイトカイン: 脂肪組織研究による新たな概念
  内臓肥満によるアディポサイトカインの変化  新たなアディポサイトカイン

8. 川崎病後の冠状動脈の血流動態特性
〈小川俊一〉

  ドップラワイヤーを用いた冠血行動態の評価
  プレッシャーワイヤーを用いた冠血行動態の評価
  ドップラワイヤーおよびプレッシャーワイヤーより得られる末梢血管抵抗
  ドップラワイヤー,プレッシャーワイヤーを用いた冠動脈障害の機能的評価
  ドップラワイヤー,プレッシャーワイヤーを用いた各指標による心筋虚血推定の
  感度,特異度
  ドップラワイヤー,プレッシャーワイヤーを用いたカテーテルインターベンショ
  ン前後,CABG術前後および巨大冠動脈瘤縫縮術前後での冠血行動態の評価

III.診断と治療-最近の進歩
A.虚血性心疾患
1. 急性心筋梗塞に対するG-CSF治療の臨床研究-現状と問題点
〈高野博之〉

  急性心筋梗塞に対するG-CSFの効果
  急性心筋梗塞後の心臓に対するG-CSFの作用機序  臨床研究の結果

2. 大災害時の急性心血管疾患の発生
〈小玉 誠 渡部 裕 相澤義房〉

  災害と心血管疾患  自然災害による心血管疾患誘発のメカニズム

3. マルチスライスCTによる不安定プラーク(vulnerable plaque)の評価
〈近藤 武 高瀬真一〉

  病理学的不安定プラーク  MDCTによるプラークの描出
  MDCTによる不安定プラークの評価
  不安定プラークの問題点不安定プラーク評価の将来

4. OCTによる冠動脈ステント治療の評価
〈志手淳也〉

  OCTによるステント留置前後の観察  ステント留置後慢性期の評価
  OCTの課題

5. 薬剤溶出性ステント drug-eluting stent(DES)留置患者の長期予後
-問題点を中心に-
〈成瀬寛之 尾崎行男〉

  ステントフラクチャー  インコンプリートステントアポジション(ISA)
  ステント血栓症  長期予後

6. 川崎病後冠動脈障害のMRI/MRCA診断: 有用性と問題点
〈鈴木淳子〉

  MR冠動脈画像(MRCA)  幼若児のMRCA  冠動脈障害の描出MRCAの問題点
  MR心筋造影

B.心不全
1. 拡張機能障害による心不全の予後と治療
〈山本一博 堀 正二〉

  予後  治療  アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)
  アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)  β受容体遮断薬
  ジギタリス  ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬
  AGE(advanced glycogen end product)分解薬
  スタチン(HMG-CoA reduc-tase inhibitor)

2. 心不全の遺伝子治療
〈池田安宏 松崎益徳〉

  遺伝子導入法の進歩  遺伝子導入プロトコールの進歩
  治療標的分子とその遺伝子介入-遺伝的機能欠損を補充する遺伝子治療
  Ca2+制御異常の改善を目指す心不全治療
  細胞内リン酸化制御のための遺伝子介入
  細胞死制御のための遺伝子介入  遺伝子導入ベクターの課題

3. 心不全に対する運動療法の現状と問題点
〈伊東春樹 長山雅俊〉

  慢性心不全に対する運動療法の現状
  心不全患者の運動制限因子心不全患者に対する運動療法の効果
  運動療法の実際  今後の課題

4. CRTの現状と問題点
〈瀬尾由広 青沼和隆〉

  CRTによる生命予後の改善  死亡原因によるCRT効果の較差
  CRT適応症例の選択  CRTの治療効果判定  non-responderの原因
  ICDの適応拡大とCRT-Dの選択  CRTの適応拡大と今後の展望

C.不整脈
1. 心室細動/心室頻拍の緊急薬物療法
〈荒井隆秀 小川 聡〉

  ニフェカラント静注薬  アミオダロン静注薬  ガイドラインの変遷
  日本における救急蘇生ガイドライン
  ニフェカラントとアミオダロンの使い分け

2. 発作性心房細動の治療戦略
〈池田隆徳〉

  薬物療法  非薬物治療

3. 心房細動の低侵襲外科治療
〈竹谷 剛〉

  デバイス  lesion setについて  低侵襲心房細動手術の実際

D.末梢動脈疾患・大動脈疾患
1. 末梢血管疾患の超音波診断
〈松尾 汎〉

  血管エコー  血管疾患の診断におけるエコーの位置付け
  血管エコーの現状  血管エコー検査の各論

2. 頸動脈狭窄のステント治療
〈伊苅裕二〉

  頸動脈狭窄症と循環器内科  頸動脈狭窄症と脳梗塞
  どのような頸動脈狭窄症に対し治療は必要か?  頸動脈狭窄症の診断
  頸動脈狭窄症に対する治療の適応  頸動脈治療の実際
  頸動脈ステント術における合併症
  頸動脈狭窄症の治療の選択ステントか内膜摘除術か?
  冠動脈疾患と頸動脈疾患の合併  循環器内科医と頸動脈ステント

3. 腹部大動脈瘤のステントグラフト治療の現況
〈島崎太郎 川口 聡 重松 宏〉

  適応  各デバイスの特徴  初期成績  中・長期成績

4. 偽腔閉塞型大動脈解離の治療方針
〈加地修一郎〉

  偽腔閉塞型急性大動脈解離とは  偽腔閉塞型大動脈解離の特徴
  偽腔閉塞型大動脈解離の治療方針

E.弁膜症
1. 虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する治療戦略
〈林田晃寛 吉田 清〉

  IMRは本当に予後を悪化させるのか?  CABGのみでIMRは改善するか?
  術前MRがある例ではCABGの際に僧帽弁手術を併用するべきか?
  MVA high risk群,及び,MR再発を術前に予想できるか?
  僧帽弁形成術を成功させるための手術法の工夫  MVRではだめなのか?

F.高血圧・肺高血圧
1. (プロ)レニン受容体阻害薬
〈市原淳弘〉

  受容体随伴プロレニン系(RAPS)  (プロ)レニン受容体阻害薬

2. わが国で行われた高血圧大規模臨床試験
〈楽木宏実 荻原俊男〉

  CASE-J  JATOS  高齢者高血圧治療での到達血圧とイベントJIKEI-Heart

3. 合剤降圧薬の現状とこれからの課題
〈矢野裕一朗 島田和幸〉

  合剤降圧薬登場の背景  今後の課題

4. 肺高血圧症治療におけるbosentanの役割
-他のendothelin受容体拮抗薬との関連-
〈佐地 勉〉

  エンドセリン受容体拮抗薬(ETRA)の位置づけ  bosentan  併用療法
  ETRA投与後の血中ET-1の変化  副作用の問題 ETA選択的阻害薬
  Cochran Database

G.先天性心疾患
1. 小児期拡張型心筋症の自然予後: 心臓移植対象例における検討
〈小野安生 福嶌教偉〉

  本邦の心臓移植適応例の現状-日本小児循環器学会臓器移植委員会アンケート
  調査結果  拡張型心筋症の鑑別診断と予後  海外の小児心臓移植の現況
  本邦小児渡航心臓移植の現状

2. チアノーゼ性心疾患の自然歴: わが国における多施設研究から
〈坂崎尚徳〉

  CCHD症例の自然歴,生命予後,臨床経過  2心室修復術が可能な疾患群
  単心室循環の疾患群  Eisenmenger症候群

3. Fontan手術後の不整脈治療: 薬物および非薬物治療
(EA,MAZE,Fontan conversionを含む)
〈立野 滋 丹羽公一郎〉

  不整脈の種類と機序  治療  手術

IV.心臓血管外科
1. 左室形成術の現況
〈松居喜郎〉

  種々の左室形成術  左室形成術のコンセプト  現時点での左室形成術の評価

2. 感染性心血管疾患に対するホモグラフト
〈本村 昇 高本眞一〉

  基礎的局面での新しい報告  大動脈弁位におけるホモグラフト
  肺動脈弁位におけるホモグラフト  その他の部位におけるホモグラフト
  社会的側面

3. 心不全の再生治療の現状と展望
〈澤 芳樹〉

  resident cardiac stem cell(RCSC)心臓幹細胞
  骨髄細胞bone marrow stem cell(BMSC)
  心臓に対する自己骨格筋芽細胞移植
  大阪大学における自己細胞を用いた心筋再生治療

4. 糖尿病合併例におけるCABG vs PCI
〈大野貴之〉

  冠動脈血行再建術の生命予後改善効果に関するエビデンス
  糖尿病患者における冠動脈血行再建術の生命予後改善効果に関するエビデンス
  糖尿病患者における冠動脈血行再建術選択

5. HLHSの外科治療の遠隔成績
〈岸本英文〉

  体肺動脈短絡によるNorwood手術(BT-Norwood)
  右室肺動脈導管によるNorwood手術(RVPA-Norwood)  両側肺動脈絞扼術を
  第一期手術とし,二期的にGlenn手術とNorwood手術を行う方法(Glenn-Norwood)

6. 新しいLVASの評価
〈西村元延〉

  臨床に用いられている各種人工心臓の現況
  人工心臓の恒久的使用-destination therapy-
  補助人工心臓の新しい使用目的-bridge to recovery-
  わが国における補助人工心臓を用いた治療の今後の展望

Annual Review 循環器 雑誌の内容

注目すべきトピックを第一人者が内外の文献を踏まえてレビュー
本シリーズは膨大な量の情報の中から,特に注目すべきトピックを第一人者が内外の文献を踏まえてレビューし、各領域の最近の進歩を知ることができ、どのような業績,文献があったかを毎年確実にフォローできる。循環器は、その進歩や変化が最も早い領域の一つと考えられるが、個人が一人でそれら全ての進歩を、原著に読んで学ぶことは今や不可能に近い。この2009年版を読んでもそれは容易に理解できる。そこに、本シリーズAnnual Review循環器の重要な役割がある。

Annual Review 循環器のレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!

Annual Review 循環器を買った人はこんな雑誌も買っています!

看護・医学・医療 雑誌の売上ランキング

1 おはよう21

中央法規出版

送料
無料

おはよう21

2021年12月27日発売

目次: 【特集】利用者の“できる”“やりたい”を引き出す仕掛けのつくり方 自立を支援する環境へのアプローチ
利用者への支援においては、意思を尊重すること、できることを継続すること等が重要です。そして、そのためには、介護職が「してあげる」のではなく、利用者自身が「その気」になって動くことが大切といえます。“できる”“やりたい”を引き出すための仕掛けをつくる方法を探ります。

【在宅特集】利用者が快適な暮らしを送るための 睡眠トラブルへの対応

【マネジメント特集】介護現場のチームワークに不可欠な「介護の目的・原理」と「介護の生理学」

【連載】
■現場の疑問をすっきり整理 介護保険・社会保障制度情報 : 田中 元
■注目ニュースPICK UP : 田中元
■(新連載)利用者の生活を支えるための難聴の知識とケア : 小川 郁
■排便ケアの知識と実践力を高める 「うんこ文化」学のすすめ : 榊原千秋
■症状別に押さえる 認知症の医学知識:石川容子
■「本人主体」を実現するための認知症ケアのポイント : 宮川久美子
■場面別にみる 介護技術のチェックポイント : 山�ア隆博
■今日から始める“根拠のあるケア” 杉本浩司の“自立支援介護”講座 : 杉本浩司
■テーマ別 職場内研修はここを押さえる : 永島 徹
■外国人介護人材の受け入れ・定着のための悩み解決Q&A
■けがをしにくい身体をつくる 介護職の関節トレーニング : 中村和人
(最終回)頻出ポイントがわかる! 介護福祉士国家試験合格講座2022 : 青木宏心

【巻末カラー】
おはようクローズアップ対談 鎌田實と語る介護の“魅力”
Life is......:葉 祥明

【その他のコンテンツ】
おはようクラブ/ケアスタグラム:吉田美紀子/パズルの広場/インフォメーション/商品紹介/ブックレビュー

「介護」って大変! そんな、あなたの悩みに答えます!今、介護の現場で求められている情報や知識・技術を、わかりやすく、実務に役立つよう具体的に紹介

  • 2021/11/27
    発売号

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

送料
無料
参考価格: 1,257円

ほかにはない特集、ビジュアル重視の誌面で、看護の臨床を強力サポート!

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/18
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

3 看護管理

医学書院

最大
11%
OFF
送料
無料

看護管理

2022年01月10日発売

目次: ■特集 対話と信頼 課題を共有し,変化に強い組織をつくる■
対話型の組織づくり――コロナ禍で再確認した「語り合うことの価値」(岡村奈緒美)
コロナ禍における看護係長・主任会のオンラインによる組織改善活動(齊藤圭子/清水將統/谷口陽子)
KADAI共有ミーティング――データに基づく管理的課題を共有するための看護管理室と中間管理者による対話(浦山美輪)
看護師長による「看護管理を語る会」――次世代の管理者育成と看護師長自身の成長を目指して(多田香代子)


□新巻頭シリーズ Share & Dialogue 今こそ対話を①
対話と信頼――創造的な対話とは(中野民夫)
□NAレポート
第52回日本看護学会学術集会開催――「看護の力で健康な社会を!」をメインテーマに
□特別記事
マネジメントラダーと連動させた教育プログラムによる看護管理者の育成――山梨県立北病院,山梨県立あけぼの医療福祉センターの取り組み
 (今村百合子/内藤仁美)
□実践報告
地方過疎地域における院外チーム医療活動展開の試み――矢掛包括的ケアサポートチーム(Y-CAST)の取り組み
 (古谷清枝/小塚道子/石宮周子/友田容子/新納利恵子/沖田充司/村上正和)


●これからの臨床現場を支えるために①
コロナ禍の医療現場から今後の臨床看護教育,リーダーシップ,看護師の働き方を考える(岩間恵子)

●読んでおきたいビジネス書⑩
『部下が自ら成長し,チームが回り出す1on1戦術』
100社に導入してわかったマネジャーのための「対話の技術」(間杉俊彦)

●次世代を担う看護管理者の育成 看護管理者研修から見える未来⑤
愛知医科大学病院 看護管理者のための相互成長システム「MGS」
共に学び合い成長する組織を目指して(井上里恵/岡本悦子)

●グローバル時代の医療英会話Lesson 外来や病棟で出会う外国人をサポートするために⑫(最終回)
SDGs(持続可能な開発目標)(ウイリアムソン彰子)

●ニガテ意識払拭! ナースのための数字の読み方⑦
中間テスト(森脇睦子/林田賢史/梯 正之)

●ワークブック形式で学ぶ! ファシリテーションのための企画とプログラムデザイン⑫
プログラムの組み立てと調整①(森 雅浩)

●おとなが読む絵本 ケアする人,ケアされる人のために(185)
つながるこころ,つながるいのちの物語(柳田邦男)

参考価格: 1,760円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,573円

医療施設で看護管理に携わる人たちに

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/10
    発売号

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/10
    発売号

4 レクリエ

世界文化社

送料
無料

レクリエ

2021年11月30日発売

目次: 表紙
レクリエSHOPPING
目次
みんなで作る壁面1・2月 「パンジーの庭」
みんなで作る壁面  2月 「鬼ヶ島と桃太郎」
作って飾ろう 今月のカレンダー
季節の制作 「手作り破魔矢」「福寿草の屏風飾り」「ポンポンチャーム」
頭と体をしっかり動かす! 音楽レク
寝たきりにならないための やさしい ひざ裏のばし
感染予防に配慮した認知症の人と一緒にできるレクリエーション
体操&ツボ押しでお達者に! ごぼうと予防体操
作って食べて心を元気に 超簡単! おやつレク
レクリエカフェ
レクリエPICK UP!
レクリエ オンラインセミナーご案内
特集 新人指導の心得
経験やカンに頼らない 根拠のある 認知症ケア
頭と心を活性化させる ゲームで脳トレ
介護最新ニュース
毎日の会話のきっかけに! 今日は何の日?
季節のちぎり絵・美しいぬり絵・ぬり絵カレンダー
パズルで脳トレ
コピー用型紙集
レクリエ バックナンバーのご案内
次号予告
年間購読のご案内

参考価格: 1,990円

高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/07/29
    発売号

  • 2021/05/31
    発売号

  • 2021/03/31
    発売号

  • 2021/02/01
    発売号

5 ケアマネジャー

中央法規出版

最大
4%
OFF
送料
無料

ケアマネジャー

2021年12月27日発売

目次: 【特集】認知症の人の家族支援 “難しい”場面別 対応のポイント 本人支援につなげる6つのステップ
認知症支援のなかで、多くのケアマネジャーが頭を悩ませるのが家族とのかかわりです。混乱のなかにいる本人と、そこにどうかかわればよいかわからず焦燥する家族を支援していくために、押さえておきたい6つのステップを解説します。

<プロフェッショナルの視点>
■相談援助技術を研く“省察的実践” 渡部律子
■利用者理解と問題解決に活かす「考える力」の磨き方 谷 義幸

<最新ニュース&制度>
■最新ニュース 深掘り解説 田中元
■よくわかる! 社会保障制度 やさしい解説と活用ポイント 福島敏之

<基本スキルをBrush Up>
■何をどう書く?法的根拠に基づくケアプラン作成のポイント 後藤佳苗
■面接力を高める 役立つ“知識”と使える“技術” 取出涼子
■チーム力を高めるための他職種とのかかわり方 阿部充宏

<医療知識を押さえよう>
■現場で役立つ! 高齢者に多い疾患の基礎知識 鶴岡浩樹
■イラストでわかる!カラダと病気の雑学 小倉加奈子
■支援に役立つ口腔機能の基礎知識 篠原弓月

<さらに究める!実践力>
■どうかかわる?どう支える?8050問題 エキスパートが教える支援の原則 山根俊恵
■障害者と向き合う支援者の“攻め”と“守り”の心構え 大久保薫
■精神疾患×支援困難ケースへのあす活スキル 小瀬古伸幸

<デキる管理者・主任ケアマネを目指す>
■成果の出るチームをつくる職場マネジメントの極意 眞辺一範
■ケアマネジャー発 地域づくりのヒントとコツ

<その他コンテンツ>
・紡ぐ物語 ケアマネジャーにできること 佐賀由彦
・新刊紹介/・information/・ケアカフェ/・Back Number/・次号予告

<巻末カラー>
・事業所レポート Our Vision
・データで見る日本の高齢化と社会保障 舞田敏彦
・忘れられない一言
・注目! 製品・サービスレポート
・きょう何食べる? おうち薬膳レシピ 相川あんな

参考価格: 1,047円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,008円

超高齢社会を目前に控え、激動する保健・医療・福祉の世界で、ケアマネジャーのプロフェッショナルを目指す方へ!ケアマネの“いま”がわかる月刊誌

  • 2021/11/27
    発売号

  • 2021/10/27
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/27
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

送料
無料

ナース・看護・ケアに役立つ医療情報をより早く!よりわかりやすく!

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

送料
無料

ヘルスケア・レストラン

2022年01月20日発売

目次: -------------------------------------------------------------
最 新 内 容 2022年2月号(2022年1月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
病棟と厨房の連携を急げ
「with コロナ」の栄養業務

2022年1月初旬現在、本邦における新型コロナウイルス感染症の新規感染者数は急増しており、変異株のオミクロン株による市中感染拡大に対する懸念が高まっています。コロナ禍のなかで生まれたさまざまな変化を踏まえながら、社会全体が今、「with コロナ」のあるべき姿を求めて模索しているといえるでしょう。折しも21年11月12日(金)、中央社会保険医療協議会(以下、中医協)総会では「病棟における栄養管理に関する課題及び論点」として「病棟における栄養管理の評価のあり方について、どのように考えるか」と論点を示しています。これは管理栄養士の病棟配置加算が実現する可能性が示唆されているとも考えられます。コロナ禍における厨房などでの感染対策、さらには管理栄養士の病棟常駐制度が導入された場合の病棟と厨房の連携など、栄養管理も今、新たな時代を迎えつつあるのではないでしょうか。ここではこうした「with コロナ」における栄養管理のあり方について考察します。

〈特別対談〉
コロナ禍での経験を踏まえ
栄養管理と給食管理を考える
西村一弘氏
(駒沢女子大学 人間健康学部 健康栄養学科 教授/公益社団法人 東京都栄養士会 会長/社会福祉法人 緑風会 緑風荘病院 運営顧問)
山邊志都子氏
(日本赤十字社医療センター 栄養課 課長)

〈Keyword 1〉
ご飯盛り付け機により接触機会を低減し
衛生的かつ効率的なご飯の盛り付けを実現
株式会社LEOC 一般社団法人 巨樹の会 原宿リハビリテーション病院(東京都渋谷区)

〈Keyword 2〉
給食会社と高齢者施設が相互連携し
入所者とスタッフを守るためのマニュアルを作成
株式会社マルタマフーズ(大阪市平野区)
社会福祉法人松福会 介護老人保健施設ケアステージみみなし(奈良県橿原市)

〈Keyword 3〉
在宅患者の栄養改善の実現に向け
〝食支援〟を目的とした福祉用具が登場
シーホネンス株式会社(大阪市東成区)

〈Topic Keyword 4〉
面倒なタンクの洗浄を手間なく
毎日きれいな状態に維持できる

●RD’s Kitchen~メニューをどうぞ~
 普通食
 医療法人 泰山会 介護老人保健施設 千里(大阪府吹田市)

●今月の人〈Leading person〉
 浅見 友則
 (医療法人社団 光生会 平川病院 診療協力部 栄養科/管理栄養士)

●栄養管理実践レポート
 社会福祉法人 ウエルガーデン
 ウエルガーデン伊興園(東京都足立区)

●病院・施設の栄養サポートおやつ〈番外編〉
 嚥下
 かぼちゃとオレンジのデザート

●Leader’s School
 Lesson 1 フィジカルアセスメントから
      画像診断まで臨床栄養管理のスキルアップ講座
      谷口英喜
      (社会福祉法人恩賜財団済生会横浜市東部病院 患者支援センター長)
 Lesson 2 在宅で患者を支えて看取る
      栄養評価とマインドアセスメント
      岡田晋吾
      (医療法人社団守一会 北美原クリニック 理事長)
 Lesson 3 症例を読み解くキーポイント
      平田幸一郎
      (近畿大学奈良病院 栄養部)

●Bookmark 経腸栄養のリスク管理
 落差注入法の実践と
 新規格コネクタの検証

●栄養家の心得
 一 “その人らしさ”を支える特養でのケア/横山奈津代
 二 命に向き合う在宅医療物語/永井康徳
 三 栄養士が知っておくべき薬の知識/林 宏行
 四 時代の空気を読む/藤井将志
 五 食べることの希望をつなごう/豊島瑞枝
 六 お世話するココロ/宮子あずさ

●Dr.米山診療記 患者とともに生きよう
 第百六十六話 「新しい正月」

●栄養指導で”あるある!こんなこと”〈第103回〉
 田村佳奈美(福島学院大学短期大学部 食物栄養学科講師 管理栄養士)

●Goods selection 良品学

●バックナンバー・取扱書店一覧

●From EDITORS 次号予告

-------------------------------------------------------------
次 号 予 告 2022年3月号(2022年2月20日 発行)
-------------------------------------------------------------
◆特集◆
周術期の経腸栄養リスク管理

早期栄養介入管理加算におけるICU入室48時間以内に消化管を用いた栄養療法を開始するという算定要件は、集中治療領域における早期経腸栄養の普及において追い風となった。それから約2年。早期経腸栄養の開始にあたっては、逆流や下痢などの消化管障害のリスク管理の点から、消化管壁からの吸収性の高い消化態流動食を用いることが一般的になっているようだ。本特集では代表的ないくつかの消化態流動食の特性と活用事例を紹介。消化態流動食選択ポイントについて解説する。

参考価格: 1,210円

日本で初めてヘルスケア分野の栄養と食事サービスに鋭く切り込んだ、管理栄養士・栄養士必読の情報誌

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/10/20
    発売号

  • 2021/09/20
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

8 精神看護

医学書院

最大
15%
OFF
送料
無料

精神看護

2022年01月15日発売

目次: ■特集1 2021年11月号特集「強制入院の体験を語る」を受けて■
強制入院が、「傷」を作っているかもしれない件
[インタビュー]村井美和子さんに聞く。私が今、かかわっている人たちの話((聞き手:編集部))
身体拘束は、行う側をも傷つける(社本昌美)
野生の声、動物の声 人間の声である前に(村瀨孝生)


■特集2 家族看護・危機介入のコツ、教えます■
高EE家族への看護の鍵は、「家族ミーティング」にあり!(小瀬古伸幸)
危機介入! でも「クライシス・プランが効かない!」そんな時どうする?(小瀬古伸幸)


□レポート
ECTと記憶――ある新聞記者の、珍しく、そして奇妙な物忘れ(H.I.さん)
□投稿
精神科病院実習――患者さんと直接かかわる経験は、学生にとってかけがえのないものだ(服部かおる)


●精神科の患者さんの感動・驚愕・奇跡の一言…6
「これまで誰にも話していない真実を教えます」(山下隆之)

●たくさんの人の声、Twitterで集めました!…8
「患者さんと初めて会う時、頭の中で何を考えていますか?」(マツコ、TOKIYAPI、田端恭兵、眞榮和紘)

●「ゼロ」からはじめるオープンダイアローグ…9
逆説・プロセス・システム(斎藤 環)

●患者さんと社会との接点を整えるシンデレラ・メイク講座…7
プログラムの構造を守るための工夫(新田マリア)

●当事者研究のスキルバンク…27
本日の研究者:まことさん 本日のスキル:良いことスケッチ法(べてるの家)

参考価格: 1,650円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,397円

臨床・地域・教育・制度が見える雑誌

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/05/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

Annual Review 循環器の所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌