※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Talking Rock!(トーキングロック!)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

Talking Rock!(トーキングロック!) 雑誌の内容

  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
毎号約10組厳選のロングインタビュー集
ビッグアーティストから新鋭アーティストまで、毎号約10組を厳選して、じっくりと時間をかけて取材を行い、 オリジナル写真とともに構成したミュージックインタビュー集。読み物としての拘りを追求したシンプルな構成とデザインに紙質の落ち着いた手触り感。あくまでアーティストの言葉に重きを置いたまさに“トーキングロック”な音楽雑誌です。

Talking Rock!(トーキングロック!) 2022年5月号 (発売日2022年04月09日) の目次

●My Hair is Bad
 表紙巻頭は前作の『boys』から2年10カ月ぶりのニューアルバム『angels』を4月13日にリリースするMy Hair is Bad!! 全員が20代のうちに制作されたという本作は、彼ららしさ全開の疾走感あふれるナンバーから、バカ騒ぎしたくなるショートチューンに、極上に美しくて切ない名バラードまで、My Hair is Badならではの音楽が思い切り楽しめる素晴らしい作品であると同時に、この先に向けての基盤となる一枚とも言えるその新作の完成までの流れと全収録曲について、メンバー全員にたっぷと話を聞きました!

●フレデリック
 3月30日にフルアルバム『フレデリズム3』をリリースしたフレデリックから三原健司(vo&g)と三原康司(b&cho)のインタビューをお届け! 和田アキ子に提供した楽曲「YONA YONA DANCE」や須田景凪とのEP「ANSWER」などのコラボレーション曲の発表とともにライブ活動も精力的に繰り広げてきた彼らが3年ぶりに放つ本作には、彼ららしいシニカルなダンスミュージックからオリエンタルな空気を纏った新境地とも言える楽曲まで、実に鮮やかな全14曲を収録! 同作について二人にじっくりと話を聞きました!

●THE BACK HORN
 前作『カルぺ・ディエム』から2年半ぶりのニューアルバム『アントロギア』を4月13日にリリースするTHE BACK HORN!! その2年半の間にコロナ禍の影響と山田将司(vo)のポリープの手術によるライブ活動の休止もあり、バンド自体が心身ともにダメージを受けながらも21年は勢力的に3本の全国ツアーを展開。そんな中で掴んだエネルギーと、新たに芽生えた強い想いを形にした『アントロギア』について、山田と菅波栄純(g)の二人に話を聞きました! 

●KANA-BOON
 3月30日にニューアルバム『Honey & Darling』をリリースしたKANA-BOONのインタビューは、昨年10月から今年1月にかけて開催し、各地を大盛況で終えた3年ぶりの全国ツアー『KANA-BOON Re:PLAY TOUR 2021-2022』を振り返りつつ、『Honey & Darling』に込めた想いと全収録曲について、谷口鮪(vo&g)、古賀隼斗(g)、小泉貴裕(ds)の3人に話を聞きました! なお、新メンバーの加入及び発表前の取材記事制作につき、文中ではメンバー全員と記載しています。悪しからずご了承ください。

●ハルカミライ
 3月9日にニューアルバム『ニューマニア』をリリースしたハルカミライは、写真撮影をボーカルの橋本学(vo)単独で行い、インタビューは須藤俊(b&cho)も迎えて二人で敢行! バンドの最初期に手掛けた楽曲をリメイクしたナンバーから、メンバー4人のカラーを歌詞にしたためた「赤青緑で白いうた」まで、収録の全14曲の制作の裏側にも細く言及し、その魅力をかなりディープに捉えた“『ニューマニア』読本”的な内容です! このテキストを読んで同アルバムの良さをさらに深く感じて楽しんでください!

●『ニューロック計画!2022』リポート
●kobore ●w.o.d. ●ヤユヨ ●kroi ●Cody・Lee(李) ●マルシィ ●ヤングスキニー ●時速36km
 大阪のumeda TRADにて3月19日&20日の2日間に渡り、実に3年ぶりの開催となった本誌主催のニューカマーイベント『ニューロック計画!2022』。チケット両日完売で迎えた当日は、出演の8組が観客の高い期待に見事に応える素晴らしい音楽と個性溢れるライブパフォーマンスを披露してくれました! その2日間の興奮と感動をライブ写真とともに余すことなくリポート! じっくりと読んで彼らの魅力を感じてください! そしてぜひ作品をチェックして今後のライブに足を運んで、彼らの音楽をさらに楽しんでください!

+   Talking Rock!(トーキングロック!)の目次配信サービス

Talking Rock!(トーキングロック!)のレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.50
全てのレビュー:4件

レビュー投稿で500円割引!
読みやすい!
★★★★★2014年02月27日 ちゅるりん 大学生
手に収まりやすいサイズでいい!内容もごちゃごちゃしてない!アーティスト密着型で読んでいて楽しいしわくわくします!
写真&インタビューのナチュラルさが好きです!
★★★★★2012年10月27日 ぱむ その他
写真もキレイで、アーティストインタビューやライブレポートがメインの両面表紙雑誌。インタビュー内容が編集者との距離が近い感じで、すごくナチュラルにアーティストから言葉が引き出されています!ライブ好きの私にはライブレポートも貴重です。特に私はTHE BAWDIESが好きで、掲載されているバックナンバーも全部購入したいと思っています。
THE BAWDIES好きにピッたし
★★★☆☆2011年06月04日 まひろ アルバイト
この雑誌はとてもTHE BAWDIESの個性を引き出してくれます。写真もイメージピッたしの芸術的なものばかりで、とても綺麗です。
レミオと僕らを繋いでくれる
★★★★★2010年03月04日 鬼義理 高校生
僕はレミオロメンが好きなのですが、インタビュアーの人と『自然な感じ』で、しかも『内容の濃い深い』やりとり、これは他にはないです!!!レミオと僕らを繋いでくれる、そんな存在です。。。最後に一言、一冊レミオロメン特集の増刊号待ってます!!!!!

Talking Rock!(トーキングロック!)のバックナンバー

●My Hair is Bad
 表紙巻頭は前作の『boys』から2年10カ月ぶりのニューアルバム『angels』を4月13日にリリースするMy Hair is Bad!! 全員が20代のうちに制作されたという本作は、彼ららしさ全開の疾走感あふれるナンバーから、バカ騒ぎしたくなるショートチューンに、極上に美しくて切ない名バラードまで、My Hair is Badならではの音楽が思い切り楽しめる素晴らしい作品であると同時に、この先に向けての基盤となる一枚とも言えるその新作の完成までの流れと全収録曲について、メンバー全員にたっぷと話を聞きました!

●フレデリック
 3月30日にフルアルバム『フレデリズム3』をリリースしたフレデリックから三原健司(vo&g)と三原康司(b&cho)のインタビューをお届け! 和田アキ子に提供した楽曲「YONA YONA DANCE」や須田景凪とのEP「ANSWER」などのコラボレーション曲の発表とともにライブ活動も精力的に繰り広げてきた彼らが3年ぶりに放つ本作には、彼ららしいシニカルなダンスミュージックからオリエンタルな空気を纏った新境地とも言える楽曲まで、実に鮮やかな全14曲を収録! 同作について二人にじっくりと話を聞きました!

●THE BACK HORN
 前作『カルぺ・ディエム』から2年半ぶりのニューアルバム『アントロギア』を4月13日にリリースするTHE BACK HORN!! その2年半の間にコロナ禍の影響と山田将司(vo)のポリープの手術によるライブ活動の休止もあり、バンド自体が心身ともにダメージを受けながらも21年は勢力的に3本の全国ツアーを展開。そんな中で掴んだエネルギーと、新たに芽生えた強い想いを形にした『アントロギア』について、山田と菅波栄純(g)の二人に話を聞きました! 

●KANA-BOON
 3月30日にニューアルバム『Honey & Darling』をリリースしたKANA-BOONのインタビューは、昨年10月から今年1月にかけて開催し、各地を大盛況で終えた3年ぶりの全国ツアー『KANA-BOON Re:PLAY TOUR 2021-2022』を振り返りつつ、『Honey & Darling』に込めた想いと全収録曲について、谷口鮪(vo&g)、古賀隼斗(g)、小泉貴裕(ds)の3人に話を聞きました! なお、新メンバーの加入及び発表前の取材記事制作につき、文中ではメンバー全員と記載しています。悪しからずご了承ください。

●ハルカミライ
 3月9日にニューアルバム『ニューマニア』をリリースしたハルカミライは、写真撮影をボーカルの橋本学(vo)単独で行い、インタビューは須藤俊(b&cho)も迎えて二人で敢行! バンドの最初期に手掛けた楽曲をリメイクしたナンバーから、メンバー4人のカラーを歌詞にしたためた「赤青緑で白いうた」まで、収録の全14曲の制作の裏側にも細く言及し、その魅力をかなりディープに捉えた“『ニューマニア』読本”的な内容です! このテキストを読んで同アルバムの良さをさらに深く感じて楽しんでください!

●『ニューロック計画!2022』リポート
●kobore ●w.o.d. ●ヤユヨ ●kroi ●Cody・Lee(李) ●マルシィ ●ヤングスキニー ●時速36km
 大阪のumeda TRADにて3月19日&20日の2日間に渡り、実に3年ぶりの開催となった本誌主催のニューカマーイベント『ニューロック計画!2022』。チケット両日完売で迎えた当日は、出演の8組が観客の高い期待に見事に応える素晴らしい音楽と個性溢れるライブパフォーマンスを披露してくれました! その2日間の興奮と感動をライブ写真とともに余すことなくリポート! じっくりと読んで彼らの魅力を感じてください! そしてぜひ作品をチェックして今後のライブに足を運んで、彼らの音楽をさらに楽しんでください!
●ゆず
今年2号目となる今回の増刊号はデビュー25周年を迎えたゆずが最高の表情で表紙を飾ってくれました! 2年ぶりのニューアルバム『PEOPLE』を3月23日に発売し、4年ぶりのアリーナツアーを10都市計24本で敢行! さらにわずか3カ月のタームで次なるアルバム『SEES』を6月にリリースする二人=北川悠仁と岩沢厚治に、まずはあらためてデビュー25周年を迎えた今の心境を尋ねつつ、『PEOPLE』の完成までと収録曲について。そしてアリーナツアーに向けての想いと、次作の『SEES』についても少し触れつつ、たっぷりと話を聞きました!

●ASIAN KUNG-FU GENERATION
バンド結成25周年イヤーの最後を飾るべく、3年3カ月ぶりのオリジナルアルバム『プラネットフォークス』を3月30日に発売するASIAN KUNG-FU GENERATIONをバックカバー巻末で大特集!! 昨年秋に行われた25周年記念のツアーの感想を尋ねつつ、ROTH BART BARONの三船雅也や、ラップユニットchelmicoのRachelとSIMI LABのラッパーのOMSBなどとのコラボナンバーを含む『プラネットフォークス』の完成までとその収録曲について、後藤正文&伊地知潔、喜多建介&山田貴洋の2部構成インタビューでたっぷりと話を聞きました!

●10-FEET×Hakubi
今年でバンド結成25周年を迎えた10-FEETがコラボアルバム『6-feat』シリーズの第3弾『10-feat』を3月23日にリリース! 彼らのオリジナル曲を再構築するこのシリーズに今回は岡崎体育、クリープハイプ、ヤバイ T シャツ屋さん、WANIMAなど計10組が参加。その中から10-FEETと同じ京都発の新鋭バンドで「蜃気楼」を手がけたHakubiと10-FEETとの対談インタビューを敢行! 最初に今作の全容を10-FEETに伺いつつ、Hakubiの参加経緯と素晴らしいコラボナンバー「蜃気楼」についてメンバー6人に話を聞きました!

●秋山黄色
3月9日に3rdアルバム『ONE MORE SHABON』をリリースした秋山黄色のインタビュー! “炭酸症候群”という意味のタイトルを冠した前作『FIZZY POP SYNDROME』でコロナ禍の“少し先にある希望”を歌った彼が、その続編とも言える今作で掲げたテーマは“炭酸が抜け、泡が弾けた後の世界”。現実の残酷さや漠然と広がる不安について実直に描いた歌詞には、聴き手の心を励ます力強さがあり、そのサウンドもピアノやストリングスなどを取り入れ多彩に進化! そんな新作について赤裸々に語ってもらいました!

●Vaundy
近況報告とともに、milet×Aimer×幾田りらによる「おもかげ (produced by Vaundy)」の制作エピソードや同曲のセルフカバーを含む4曲入りEP「裸の勇者」(22年2月)について語り尽くしてくれた前号=本誌22年3月号に続いて連続掲載となるVaundyのロングインタビューは、3月7日に配信リリースしたポップナンバーの「恋風邪にのせて」についてたっぷりと。そして9月8日&9日に開催される初の日本武道館公演2daysへの意気込みについて話を聞きました!

●神はサイコロを振らない
本誌主催イベント『ニューロック計画!』の2018年度に出演経験のある神はサイコロを振らないが、3月2月にメジャー1stフルアルバム『事象の地平線』をリリース! 作品を出すごとにポストロックやシューゲイザーがルーツのバンドアンサンブルに新たな表情が加わり、ポップな魅力を増してきた彼らのこれまでと今現在のすべてを収めたガイドブック的な一枚! メンバー4人であらためて初期の頃を振り返り、ここまでの変化をたどりながら、メジャー1stフルアルバム『事象の地平線』についてたっぷりと話を聞きました!

●PELICAN FANCLUB
人間のうごめく感情をリアルに描き出す3ピースバンドのPELICAN FANCLUBがメジャーデビューから3年4カ月を経て1stフルアルバム『解放のヒント』を遂にリリース! 彼らならではのスリリングなオルタナギターロックサウンドから、新基軸とも言えるエレクトロサウンドまで、実にカラフルな全16曲で描いた“解放のヒント”とはどういうものなのか? 今作のテーマである“孤独”と“自己愛”について、ソングライティングを務めるエンドウアンリ(vo&g)に話を聞きました!

●kobore
3/19&20に大阪で開催する『ニューロック計画! 2022』に出演いただくkoboreが3月9日にメジャー2ndフルアルバム『Purple』をリリース! 収録曲の11曲すべてが新曲の今作は、エモーショナルなバンドアンサンブルを聴かせる彼ららしさはそのままに、さらに磨きがかかったグッドメロディと、コロナ禍で変わった日常やその中での音楽活動に対する想いなど、制作当時に抱えていた気持ちを赤裸々に落とし込んだ歌詞も魅力の一枚! そんな今作に込めた想いについて佐藤赳(vo&g)と、田中そら(b)に話を聞きました!

●ヤユヨ
こちらも『ニューロック計画! 2022』に出演いただくヤユヨが3月9日に1stフルアルバム『日日爛漫』リリース! 今春で全員が大学を卒業し、学生生活を終える彼女たちの“日常”と“卒業制作”をテーマに作られた今作は、これまでを総括するヤユヨらしさ溢れる多様なサウンドとリアルな日常や恋愛を綴った等身大な歌詞が魅力の全15曲を収録! メンバー4人全員が「ヤユヨの今のすべてが詰まっている」と語る今作について話を聞きました!
SUPER BEAVER

 表紙巻頭は前作『アイラヴユー』(21年2月)から1年ぶりのニューアルバム『東京』を2月23日にリリースするSUPER BEAVER!! もちろんメンバー全員で撮影&ロングインタビューを敢行! この1年間、コロナ禍による観覧の制約や制限を遵守しながらライブ活動を重ねた中で手にした感情をしっかりと落とし込んだ今作の『東京』を、どういう気持ちで完成させたのか。その経緯と、収録の全曲について一つ一つ丁寧に話を聞きました! かなり詳しく楽曲に触れているので予備知識なしでアルバムを楽しみたい方はご注意を!


milet

 2月2日に2ndフルアルバム『visions』をリリースしたmiletのインタビューを12Pでお届け! 昨年は東京2020オリンピックの閉会式でのパフォーマンスを始め、数々のタイアップ曲も手掛け、その名をさらに知らしめた彼女。今回はデビュー前からあたためてきた楽曲から、女性シンガーiriを迎えたコラボソングに、ライブを意識して制作したというカラフルなポップナンバーまで、自由奔放な表情に富んだ全15曲を収録の最新作『visions』について語ってもらいました。美しさが冴え渡る撮り下ろし写真にも要注目です!


SixTONES

 前作の『1ST』に続いて2ndアルバム『CITY』が見事オリコン週間ランキングの1位を獲得&ハーフミリオンを達成し、今もなおロングヒット中のSixTONESの、同アルバムに伴う全国ツアー『Feel da CITY』から、初日=1月4日の横浜アリーナ公演をリポート! 『CITY』でさらに広げたSixTONESの音楽性と、前作『1ST』で打ち立てた彼らのダイナミズムを見事ブレンドした同ツアーの初日のパフォーマンスの模様をお届けします! 


Vaundy

 TVアニメ『王様ランキング』の第2クールオープニングテーマ曲の「裸の勇者」と、milet×Aimer×幾田りらによる「おもかげ (produced by Vaundy)」のセルフカバーバージョンを含む4曲入りEP「裸の勇者」を2月23日にリリースするVaundyにロングインタビュー! 前回の取材(本誌21年7月号に掲載)以降の流れを順を追って整理しながら、今の彼の音楽観を探りつつ、そのEP「裸の勇者」についてたっぷりと話を聞ききました!


go!go!vanillas×Hump Back

 ひょんなことから実現した本誌おなじみの2組=go!go!vanillasとHump Backのレア対バン『go!go!vanillas×Hump Back“go!go!⻘春Come Back”』。1月12日にHump Backのホームタウンである心斎橋BRONZEにて100人限定で行われ、観たくても観られなかった人が多数いるはずのこの貴重な2組のステージを、同対バンにちょっとした繋がりのある本誌がキャッチ! たっぷりのカッコいい写真とともにお伝えします!


崎山蒼志

 弱冠19歳のシンガーソングライター・崎山蒼志に本誌初インタビュー! 卓越したギターテクニックと翳りを帯びた文学的な歌詞、そしてどこか達観しているように見える落ち着いた雰囲気と少年らしさが入り混じる独特の存在感も相まって注目を集める彼! まず最初に4歳でギターを始めることになった経緯や音楽ルーツについてじっくり話を聞いた後、崎山自身が創作した“タイムケース”という言葉を基に綴られた最新作『Time To Time Case』について語ってもらいました。


『ニューロック計画! 2022』出演バンド特集!

●Kroi ●Cody・Lee(李) ●時速36km ●w.o.d. ●Kobore ●マルシィ ●ヤユヨ ●ヤングスキニー

 3月19日(土)20日(日)に大阪・umeda TRADで開催する本誌主催イベント『ニューロック計画! 2022』の出演バンド全8組の魅力をお伝えするべく、編集部の若手チーム全員でインタビューを敢行! 本誌初登場のバンドはプロフィールやライブでの拘りを中心に、過去に掲載のあるバンドは近況を尋ねつつ、『ニューロック計画!2022』に向けての意気込みを聞きました! このテキストを読んで出演バンドへの興味をさらに膨らませて音源を聴いて楽しんでいただきつつ、ぜひ『ニューロック計画!2022』に足を運んでください!

●SixTONES
 新年早々にお届けする増刊号の表紙巻頭は1月5日に2ndアルバム『CITY』をリリースするSixTONESです!! もちろんメンバー全員で撮影を行い、インタビューは今回もジェシー+京本大我+髙地優吾と、松村北斗+田中樹+森本慎太郎の2組に分かれて行いました! “CITY=街”をテーマに1日の時間の経過を楽曲の収録順で表現し、しかも初回盤A、初回盤B、通常盤の3形態で共通楽曲の12曲の曲順のスタート位置を変えて収録したというコンセプト作にして大傑作のアルバム『CITY』の完成までの経緯と収録曲について深く話を聞きました!

●マカロニえんぴつ
 1月12日に待望のメジャー1stフルアルバム『ハッピーエンドへの期待は』をリリースするマカロニえんぴつのインタビューを14Pの巻末特集でお届け! バンド結成10周年のアニバーサリーイヤーの幕開けに発表する本作には、珠玉のメロディラインとイマジネイティブな歌詞が楽しめる全14曲を収録! さまざまな楽器やユニークな音色も駆使しつつ完成させたというその『ハッピーエンドへの期待は』の完成までの流れと制作の裏話や曲作りにおける拘りなど、メンバー全員にたっぷりと語ってもらいました!

●King Gnu
 King Gnuが21年10月から12月にかけて全国7会場14公演でサーキットした『King Gnu Live Tour 2021 AW』の中から、ファイナル公演=12月15日の東京・国立代々木競技場第一体育館をリポート! 緩急のついたセットリストと巧みな演奏力を惜しみなく披露し、メンバー4人の個性がさらに発揮された素晴らしいパフォーマンスでオーディエンスを魅了したステージの模様を12Pでお届けします!

●Hump Back
 21年8月の2ndフルアルバム『ACHATTER』(本誌21年11月号にインタビュー掲載)を引っ提げての『ACHATTER tour』の中から、11月28日のHump Back初の日本武道館公演をリポート! 同アルバムに収録の楽曲を中心に新旧のロックンロールナンバーを織り交ぜ、ライブキャリアを一つ一つ積み上げてきた彼女たちだからこそ鳴らせる最高にエネルギッシュなバンドサウンドと、『ACHATTER』で広げたアンサンブルの深みを見事に披露したそのステージをお伝えします!

●androp
 フルアルバムとしては3年9カ月ぶりの新作『effector』を12月22日にリリースしたandrop。19年にデビュー10周年を迎え、翌20年に新たな気持ちで一歩を踏み込むと同時に始まったコロナ禍を彼らはどんな想いで対峙しながら今回のニューアルバムを作り上げたのか。より言葉の鋭さと表現の深さが増し、サウンド面ではヒップホップの要素を強めつつandropならではの生音とデジタルを絶妙にコントロールしたアンサンブルを閉じ込めた同作の完成までと、その収録曲についてメンバー全員に話を聞きました!

●サイダーガール
 前号=本誌22年2月号に続いて、12月にリリースしたニューアルバム『SODA POP FANCLUB 4』のインタビューの後編をお届け! フジムラ(b)、Yurin(vo&g)、知(g)のメンバー3人がディープに語ってくれた同アルバムの全曲解説と、1月15日から始まる『サイダーガール TOUR 2022 サイダーのゆくえ-SENTIMENTAL THEATRE-』に向けての意気込みをお伝えします! 

●Bye-Bye-Handの方程式
 1月19日にミニアルバム『すくーぷ』をリリースするBye-Bye-Handの方程式のインタビューです。前々作の『Flowers』(20年9月)と前作の『ろまんす快速特急』(21年4月)を含め“バイハン流ポップ3部作”の集大成を意識し、なおかつ歌詞にもサウンドにも今のバイハンのモードをリアルに表したという今作について、フロントマンの汐田泰輝(vo&g)と清弘陽哉(ds)、岩橋茅津(g)の3人に話を聞きました! 
MAN WITH A MISSION

表紙巻頭はMAN WITH A MISSION。メンバー全員でのフォト+ジャン・ケン・ジョニーのロングインタビューで11月24日にリリースされたニューアルバム『Break and Cross the Walls I』を大特集! 前号=本誌21年12月号増刊に掲載した東京スカパラダイスオーケストラの「S.O.S. [Share One Sorrow] feat.Tokyo Tanaka & Jean-Ken Johnny (MAN WITH A MISSION)」についても触れつつ、ニューアルバム『Break and Cross the Walls I』の完成までの流れを整理し、同作については全曲解説のスタイルで話を聞きました!

関ジャニ∞

第2特集は前号=前号=本誌21年12月号増刊の表紙巻頭号に続いて関ジャニ∞をアナザー写真とともに掲載! 大倉忠義、丸山隆平、村上信五、横山裕、安田章大の個別インタビューの後編で、11月17日にリリースしたニューアルバム『8BEAT』の完全生産限定盤に、実に11年ぶりとなるメンバー5人のソロ曲を収録したその経緯と個々の楽曲について。そして11月20日&21日の北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演を皮切りにスタートした全国ツアー『KANJANI’S Re:LIVE 8BEAT』の意気込みについて語ってくれました!

クリープハイプ

12月8日にニューアルバム『夜にしがみついて、朝で溶かして』をリリースしたクリープハイプを巻末で大特集! 今回は前作『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(18年9月)のリリース時に行った、小川幸慈(g)、長谷川カオナシ(b)、小泉拓(ds)の3人でお酒を飲みながらインタビューしたそのテキストに尾崎世界観(vo&g)が後で朱書きを施すという企画の第2弾を敢行! ほろ酔いの中で展開された3人の赤裸々トークに尾崎世界観の絶妙なツッコミと補足コメントが記された超レアな誌面を通して新作の魅力を感じてください!

go!go!vanillas

11月13日&14日の神戸ワールド記念ホールと11月21日の横浜アリーナで行われたgo!go!vanillasの初のアリーナツアー『Yokohama, Kobe Arena Tour「Life is Beautiful」』から、そのファイナル公演=彼ら初の横浜アリーナをリポート! 今年3月のアルバム『PANDORA』のナンバーを中心に新旧の人気曲を織り交ぜ、映像や照明や特効や炎などを駆使したアリーナならではの演出も披露! 彼らの魅力のすべてを惜しみなく見せてくれたその素晴らしいステージの模様を、後日のメンバー全員インタビューも加えてお届けします!

Nothing’s Carved In Stone

12月1日に11thアルバム『ANSWER』をリリースしたNothing’s Carved In Stoneから生形真一(g)と日向秀和(b)が登場! 結成して2022年で13年目を迎える彼らですが、意外にも本誌掲載は今回が初めて! あらためてバンドの初期の頃にも遡りつつ、ここまでの活動や変化についても整理しながら、今の彼らをしっかりと詰め込んだ集大成的作品であり、この先に向かう上での新たな基盤の一枚とも言えるニューアルバム『ANSWER』について話を聞きました!

橋本絵莉子

12月8日に初のソロアルバム『日記を燃やして』をリリースした橋本絵莉子にロングインタビュー! 18年7月にチャットモンチーを完結させて以降、しばらく表立った活動はなく、やがてデモ音源の発表や他のバンドのライブにボーカルでゲスト参加するなど、マイペースな活動を続けてきた彼女が、チャットモンチーの完結から約3年半の時を経て完成させた今回の初のソロアルバムをどんな想いで手掛けたのか。じっくりと話を聞きました!

サイダーガール

12月1日にニューアルバム『SODA POP FANCLUB 4』をリリースしたサイダーガールのインタビューは、次号=1月5日発売の増刊号(本誌22年2月号増刊)と2号に分けて連続掲載! 今号では前作『SODA POP FANCLUB 3』(20年1月)のリリース後の流れを整理しつつ、今のサイダーガールの等身大にして新たな魅力を惜しみなく注いだ『SODA POP FANCLUB 4』の完成までとその概要について話を聞きました。次号では同アルバムの全曲解説と全国ツアーに向けての意気込みをお届けします!

ハンブレッダーズ

11月24日に2ndフルアルバム『ギター』をリリースしたハンブレッダーズのインタビュー! 昨年2月に1stフルアルバム『ユースレスマシン』をリリースした後、コロナ禍で思うようにライブができなくなった中で、同年4月に「ライブハウスで会おうぜ」を配信リリース。そこから一つ一つを積み重ねて作り上げてきた今作はバンドやライブへのピュアな愛情と初期衝動感がぎっしり詰まった一枚! 同作の完成までと収録曲について、でらし(b&cho)、ムツムロ アキラ(vo&g)、木島(ds)のメンバー全員に話を聞きました!

ROTH BART BARON

美しいファルセットボイスと繊細なアコースティックサウンドを下地にした独創的な楽曲の数々で、国内外から高い評価を受けるROTH BART BARON! 12月1日にリリースしたニューアルバム『無限のHAKU』には、コロナ禍による先の見えない不安から生まれた数々の悲しみや怒りなど、人間の心にスポットを当てた豊かな音楽を全11曲収録。三船雅也(vo&g)が描く“蘇生の物語”とはどんなものなのか? 新作に込めた想いを聞きました。

Panorama Panama Town

11月24日にミニアルバム『Faces』をリリースしたPanorama Panama Town! メンバーの脱退や岩渕想太(g&vo)の喉のポリープ手術を経て、新体制となった彼らの最新作となる『Faces』は、これまで以上に音数を絞ったミニマルなポストパンク/ガレージロックなサウンドが印象的! “パノパナらしさ”を追求したという本作で、彼らが表現したかったことは何なのか? メインソングライティングを務める岩渕に話を聞きました!
関ジャニ∞

表紙巻頭は関ジャニ∞!! 本誌17年8月号に続く2回目の表紙にしてついにメンバー全員での登場が実現! もちろん11月17日にリリースされる約4年半ぶりのニューアルバム『8BEAT』を大特集! 同アルバムが完成するまでの流れとその収録曲について、大倉忠義、丸山隆平、横山裕、村上信五、安田章大の5人それぞれ個別にインタビューしました! 最高にカッコいい中ページの写真も要チェック! しかもテキストを読めばさらなる展開があなたを待っています!!


SUPER BEAVER

バンド史上最大キャパとなる初のアリーナツアー『SUPER BEAVER 都会のラクダSP 〜愛の大砲、二夜連続〜』を3都市6公演で敢行したSUPER BEAVERの記念すべき初の大阪城ホール公演を密着取材! 楽屋の様子からリハーサルを経て最高にエネルギッシュだったライブ本番はもちろん、終演後のインタビューも含め、彼らが披露してくれた愛を込めた素晴らしいステージをたっぷりの写真とロングリポートでお届けします!


東京スカパラダイスオーケストラ

11月10日に6曲入りのミニアルバム『S.O.S.[Share One Sorrow]』をリリースする東京スカパラダイスオーケストラから茂木欣一(ds)と大森はじめ(per)にインタビュー! MAN WITH A MISSIONのトーキョー・タナカとジャン・ケン・ジョニーをゲストに迎えた表題曲についてや、大森がボーカル曲の「SPARK」に、俳優のムロツヨシをゲストボーカルに迎えた「めでたしソング feat.ムロツヨシ」の制作エピソードなど、同ミニアルバムの完成までの流れと収録曲についてたっぷりと話を聞きました!


Base Ball Bear

10月27日にニューアルバム『DIARY KEY』をリリースしたBase Ball Bearのメンバー全員でのロングインタビューです! 前作『C3』以降の動きを整理しつつ、今作の完成までの流れと収録曲に関しては全曲解説のスタイルで話を聞きました。同アルバムの“KEY”となるワードがたくさん出てくるので、まずはしっかりとアルバムを聴いてみなさんの中で感じたことを頭で整理した上で今回のインタビューを読んでください! このアルバムについてはもちろん、音楽そのものの魅力について新たな発見があるはずです!


卓真(10-FEET/TAKUMA)

10-FEETのボーカル&ギターのTAKUMAが本名の“卓真”名義で初のソロ楽曲=1stデジタルシングル「軍艦少年」を11月24日にリリース! 同曲は人気漫画家の柳内大樹が原作で12月10日公開の映画『軍艦少年』の主題歌として書き下ろされたナンバー。この曲の誕生までの経緯とソロでのリリースに対する彼の考えについて。そして残念ながら第2週目が開催直前で中止(延期)となった『京都大作戦2021』についてもあらためて話を聞きました。


KANA-BOON

10月27日にニューシングル「Re:Pray」をリリースし、10月30日の地元大阪・なんばHatch公演を皮切りに約3年ぶりの全国ツアーをスタートさせたKANA-BOONがメンバー全員で登場! 谷口鮪(vo&g)の休養理由から、古賀隼斗(g)と小泉貴裕(ds)とともにどう乗り越えてきたのか、復活までのストーリーを整理しつつ、その中で谷口が手にした想いを歌詞に綴るとともに、新たなバンドの基本姿勢を示す1枚となった同シングルについて話を聞きました。


Karin.

10月27日にデジタルEP「二人なら - ep」をリリースしたKarin.。今年の5月に二十歳を迎えて新たな気持ちで前に進み出した彼女のその新作は、表題曲が性愛にまつわる話が投稿されたサイト『純猥談』に掲載されたエピソードをもとに作られた映画『私もただの女の子なんだ』の主題歌として制作。他にも同サイトに掲載のエピソードをもとに手掛けた曲があり、これまでとは明らかに違うスタイルでの曲作りは彼女の音楽にどんな変化をもたらしたのか。じっくりと話を聞きました。

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

1 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2022年03月28日発売

目次: 表紙  平手友梨奈 × 市川染五郎
W カバー 菅田将暉

特集 今と、これからのファッションについて。

◆ FLUIDITY in FASHION
  平手友梨奈 × 市川染五郎  撮影:蜷川実花
◆ 平手友梨奈 × 市川染五郎 対談
  自分らしさにとらわれる過去から、その時々の自分を構築していく今へ
◆ 7人の女の子が着る、春夏7つのキーワード。
  黒島結菜/髙橋ひかる/詩羽/あの/長屋晴子/河合優実/近藤 華
  東京ブランドで見つけた7つのキーワードのアイテムカタログ
◆ Vintage Story 白いレースの思い出
◆ DON’T WASTE! ファッションの今を楽しむ
WAySTEaD/SIIILON/DISCOVERED/
リンリン(BiSH)× 山田輝正/BÉBÉ/leur logette
◆ 装苑男子 FASHION SPECIAL
堂本 剛(ENDRECHERI)
◆ ファッションデザインの未来
森永邦彦(アンリアレイジ)/長見佳祐(ハトラ)/中里唯馬(ユイマナカザト)
◆ Creation from ONE SENTENCE
輝いているのは、わたし。
◆ ファッションラバーに聞く、今このブランドに夢中!
塩塚モエカ/菅沼 愛/Matty/益子杏子/Remi Takenouchi/
稲垣友斗/東 咲月/TIARA/モトーラ世理奈/水川望美/
SUMIRE/市野沢祐大/樋口麻里江/うめ/吹上 恵/
Ai Takahashi/相川茉穂/長尾悠美/メイリン/西原幸子
◆ 第96回装苑賞 2次審査 審査員講評
◆ 菅田将暉 着ることを、表現として。

FEATURES
◇ YUICHI TACHIYAMA HELLO! Miss Daikoku
◇ feature mode ミュウミュウ
◇ 伝統に今という光を注ぐ 私が選ぶドクターマーチン
磯村勇斗/見上 愛
◇ 装苑 presents アクセサリー蚤の市
◇ モトーラ世理奈がまとう SEA SALTの服づくり

REGULARS
◇ CATCH UP SOON in TOKYO
◇ PLAY A SENSATION vol.45 UA
◇ One Thousand and One Nights 蜷川実花と未来の女の子たち
第十夜 今田美桜
◇ MFBB vol.24 PHOTO SESSION
増田貴久(NEWS) × 岩本幸一郎(写真家)
◇ このブランドの製図が見たい! vol.43 ベースマーク
◇ 装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.63 ラロパイブン・プワデト
◇ NEWCOMER 期待のクリエイターたち
◇ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.58
◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.40 「温度」

SO-EN JAM
 GIRL これからの、女の子 vol.47 野内まる
 シネマ・コラージュ 最終回
『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』
 BOOK 本好きの本棚 vol.24 戸田真琴(セクシー女優、文筆家、映画監督)
 COLUMN
塩塚モエカ ここだけはエデン / 小林裕翔 記憶の中の美術館
 枝 優花 主人公になれないわたしたちへ / Oliveの手仕事
 福田里香のフード+1

参考価格: 858円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2022/01/28
    発売号

  • 2021/11/27
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

日本で一番!見やすいテレビ番組表

3 大相撲中継

毎日新聞出版

最大
50%
OFF
送料
無料

大相撲中継

2022年04月28日発売

目次: 【内容紹介】
巻頭特集は初優勝の若隆景。新関脇として86年ぶりの賜杯を手に、「上を目指すには、これからが大事」と夏場所にのぞむ決意を語ります。
その若隆景に惜しくも決定戦で敗れた髙安にもインタビュー。優勝争いを振り返りつつ、自らの向上心を熱く語ってくれました。
第2特集は5期目の任期がスタートした八角理事長。100年後に大相撲を残すべく奮闘する思いを語ってくれました。
春場所のレビュー&夏場所展望も充実。プレゼントは照ノ富士、正代らの手形色紙、そして木下大門さん作の錦絵はがきなど今号も盛りだくさんです! 幕内・十両・幕下全力士のカラープロフィールを観戦のお供にどうぞ。


【特集1】スペシャルインタビュー                   
若隆景 上を目指すにはこれからが大事 
 両親に聴く 大波政志さん、文子さん
髙安 一回でいいから綱を締めるのが夢
琴ノ若 プロに入ったからにはまず大関を目指す

【特集2】八角理事長五期目スタート             
プレミアムインタビュー 百年後に大相撲を残す気持ちで頑張る
新理事に伊勢ノ海、佐渡ケ嶽両親方
二所ノ関親方ら審判委員、間垣親方は記者クラブ担当
公益財団法人日本相撲協会 職務分掌表

北の富士勝昭が物申す
 若隆景は夏場所も勝ち星が二桁に乗れば大関の声もかかる
 ケガが多いのは体重過多がいちばんの要因
 御嶽海はいちばん綱に近い。闘争心を持って上を目指して
 琴ノ若は突っ張って差して攻める相撲で次期大関候補だ

プレミアムインタビュー再録
 大相撲勧進元、木戸御免 もち吉 森田長吉社長に聞く

相撲NEWS
大阪で三年ぶり有観客開催
尾車親方(元大関琴風)が停年/元幕内誉富士が断髪式
旧井筒部屋の再興へ/ほんづくり大賞の特別賞に
錦絵「信州大関二人立ち」

夏場所展望                             
若隆景は連続優勝で大関とりなるか/御嶽海はみずからの新時代を押し開け
幕内プロフィール
十両プロフィール 新十両紹介 栃丸
対談 舞の海vs.西岩
やくみつるの一刀両断
いち押し期待の力士~幕下以下
 木竜皇博一/西川登輝/荒馬徹/藤青雲龍輝
データアラカルト 山下和也
幕内十両昇降表
幕下以下新番付

春場所レビュー                           
新弟子検査
春場所レビュー
 大躍進で初賜盃 若隆景
 雪辱、再起へ 髙安/琴ノ若/照ノ富士
 勝ち越し以上が求められる 御嶽海/正代/貴景勝/阿炎/豊昇龍
 注目力士の闘い 宇良/玉鷲/琴勝峰
幕内十両星取表
幕下以下成績表
各段優勝 十両 竜電/幕下 金峰山
幕下プロフィール カラー写真付き

連載                                  
たきもとかよの今Doki☆大相撲ウォッチ
思い出の優勝力士 平成一二年夏場所 小結 魁皇
教えて編集長24
 大相撲のお茶屋っていったい何なの?
 大相撲裏話 若おかみインタビュー
大相撲応援団 ニチイケアセンターこゆるぎ(神奈川県小田原市)
川柳講座30 選者 木村容堂
GRAND SUMO 18 春場所の優勝決定戦
角界情報
アマチュア相撲
新・角界ファミリー 31 西乃龍さん一家
大相撲百景29 小池謙一 玩具絵の世界
読者プレゼントのご案内 直筆手形色紙ほか
桝席便り 次号予告
大相撲錦絵はがきプレゼント 絵師・木下大門作
 春場所千秋楽 若隆景勝ち名乗り

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

テレビ桟敷がもっと楽しくなるビジュアル情報誌

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

大きな文字でとっても見やすい番組表!

明星(Myojo)

2022年04月21日発売

目次: [表紙]なにわ男子

[ウラ表紙]Travis Japan

[ピンナップ]松村北斗/道枝駿佑

[全8面・厚紙Wピンナップ]MYOJOオールスター・メッセージカード

[Snow Man写真館]ラウール

[10000字インタビュー]岸 優太

[とじ込み付録32P]ジャニーズJr.データBOOK「まるごとTravis Japanスペシャル」

King & Princeは、身の回りの“愛してやまないもの”について語ってくれたよ。

SixTONESは、過去の発言を振り返り、自分に喝を入れる!?

Snow Manは、新成人のラウールをメンバーそれぞれにおもてなし。

なにわ男子は、メンバーのガチ悩みをみんなで解決しちゃうぞ!

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2022/03/22
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/12/22
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

  • 2021/10/22
    発売号

6 ミュージカル

ミュージカル出版社

送料
無料

ミュージカル

2022年05月05日発売

目次: ★表紙★
『ガイズ&ドールズ』の井上芳雄、明日海りお、浦井健治、望海風斗

★特集★
『ガイズ&ドールズ』

★インタビュー★
『ガイズ&ドールズ』井上芳雄/明日海りお/浦井健治/望海風斗
『四月は君の嘘』生田絵梨花/小関裕太&木村達成/フランク・ワイルドホーン
『ラブ・レター』安中淳也&岡崎かのん
『フリーダ・カーロ』彩吹真央/上田一豪
『CROSS ROAD』中川晃教/相葉裕樹
宝塚月組・新トップスター 月城かなと
宝塚月組・新トップ娘役 海乃美月
『スワンキング』橋本良亮
『THE BOY FROM OZ』坂本昌行
『フォーエヴァー プラッド』川平慈英&長野博&松岡充&鈴木壮麻
『るろうに剣心』小池徹平/黒羽麻璃央/加藤和樹
『クラウディア』廣瀬友祐/田村芽実

★記事★
劇団四季『バケモノの子』稽古場取材会
『るろうに剣心』製作発表
『ミス・サイゴン』製作発表
来日公演『レント』開幕!
東京宝塚劇場 来場者2000万人達成!

★カラーグラビア★
『Endless SHOCK-Eternal-』の堂本光一、佐藤勝利、他
『笑う男 The Eternal Love』の浦井健治、山口祐一郎、他
『カーテンズ』の城田優、菅井友香、三浦翔平、瀬奈じゅん、他
『ラ・カージュ・オ・フォール』の鹿賀丈史、市村正親、他
宝塚月組『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』の月城かなと、海乃美月、他
『ネクスト・トゥ・ノーマル』の安蘭けい、望海風斗、他
『手紙2022』の村井良大、spi、三浦透子、他
『ブラッド・ブラザーズ』の柿澤勇人、ウエンツ瑛士、他
OSK日本歌劇団『レビュー春のおどり』の楊琳、他

★連載★
○井上芳雄の「ミュージカルに恋をした!!」No.113
ミュージカル俳優とコロナと…
○萩尾瞳 ミュージカル・ハイライト No.291
舞台版『千と千尋の神隠し』
○ミュージカル・レビュー 飯塚友子/中村正子

参考価格: 1,000円

話題のミュージカルの情報満載!ミュージカル初心者からコアなミュージカルファンまで必読!

  • 2022/03/05
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/09/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/05/05
    発売号

MUSICA(ムジカ)

2022年04月15日発売

目次: <COVER STORY> 藤井 風
様々なジャンルを地肉化した上で紡ぎ出すコードとメロディ。実にユニークな言葉選びで生きることの真理や葛藤を描いてみせる歌詞の世界。そして、自分の魂を歌という表現でそこに現出させてしまうかのような、圧倒的な表現力を宿した歌。とてもしなやかに、そしてとても鮮やかにその音楽を世界に響かせる、ラディカルな普遍性を放つ藤井 風という稀代のポップアーティストは、いかにして形成され、そして今、何を思うのか———①その半生を紐解くライフストーリー・インタヴュー、②ファーストアルバム『HELP EVER HURT NEVER』インタヴュー、③先日リリースされたばかりのセカンドアルバム『LOVE ALL SERVE ALL』インタヴュー、という3つのチャプターに分けてこれまでのすべてを語る、総計約80,000字におよぶ初表紙巻頭・完全保存版大特集!!!

UNISON SQUARE GARDEN
ユニゾンがまったく新しいゾーンに突入する、その狼煙上げの新曲“kaleido proud fiesta”。これぞまさに!なハイブリッドな名曲誕生の背景にある使命感と新しい季節への想いとは

My Hair is Bad
20代の終わりと向かい合い、あの頃と今を見つめ直し、この先に向けてより強度を増したマイヘアのマイヘアたる本質を鮮やかに響かせるフルアルバム『angels』。椎木、語る

Dragon Ash
25周年の1発目に放たれる新曲“Tiny World”。貫き続けてきたアティテュードが混沌極まる世界を生きる「僕らの今」を肯定するメッセージソングと、その道程を、全員で語り合う

Kroi
尋常じゃないスピードで制作を繰り返し、作品ごとに確かなアップデートを果たしながらよりユニークにフロンティアを切り開くKroi、新曲“Small World”と“Pixie”に見る現在地

羊文学
羊文学が新たなフェーズへと歩を進めた鮮烈なる証明にして、この闇の先にある儚い光を確かにその瞳に捉え、手を伸ばす、意志と祈りに満ちたアルバム『our hope』を紐解く

Ivy to Fraudulent Game
新たなる制作体制で生み落とされた、新たなるIvy to Fraudulent Gameの現在と未来を指し示すアルバム『Singin’ in the NOW』。一丸となって切磋琢磨し合う充実の今を語る

あたらよ
ファーストフルアルバム『極夜において月は語らず』リリース。決して見ることのできない人生の終わりのその先を想像しながら幾度となく「さよなら」を綴る、ひとみの視線

TAMIW
お寺の境内に作ったレコーディングスタジオ「Hidden Place」を根城に自らの音楽を突き詰めるバンド、TAMIW(タミュー)に初接触。その成り立ちと精神性を、tamiに訊く

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2022/03/17
    発売号

  • 2022/02/17
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

TV Station (テレビステーション) 関東版

2022年05月11日発売

目次: ■ピープル

巻頭グラビア
山田涼介(Hey! Say! JUMP)&
大橋和也(なにわ男子)


■特集

春ドラマ Star Message
松岡昌宏&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)「家政夫のミタゾノ」
小芝風花&松本まりか「妖怪シェアハウスー帰ってきたん怪—」

SNSのご意見CHECK!
春ドラマ#トレンドワード検索
「未来への10カウント」「金田一少年の事件簿」
「恋なんて、本気でやってどうするの?」etc.

「未来への10カウント」SPグラビア
髙橋海人(King & Prince)

現場密着SHOT 「ナンバMG5」
間宮祥太朗、神尾楓珠、森本慎太郎(SixTONES)

ENTAME SP Feature/映画『太陽とボレロ』
町田啓太

「ろくにんよれば町内会」SP座談会!
荒牧慶彦&和田雅成&佐藤流司&
梅津瑞樹&橋本祥平&田中涼星

月イチ・朝ドラ連載「ちむどんどん」③SPインタビュー
川口春奈

エンタメニュースStation’s Eye
「24時間テレビ45」メインパーソナリティー決定

魅力ボイスで番組世界へ誘う
実態を暴け! 声のお仕事
[ナレーション]「世界の果てまでイッテQ!」 立木文彦/「ザ・ノンフィクション」 西村陽次郎プロデューサー
[天の声]「VS魂 グラデーション」 伊藤利尋アナ
[ラジオ]「パンサー向井の#ふらっと」 向井慧(パンサー)etc.

JO1 2ND ALBUM『KIZUNA』リリース
與那城奨(JO1)

ジャニーズルポ
King & Prince 「First DOME TOUR 2022 ~Mr.~」

Catch the J/ジャニーズ密着ルポ
関ジャニ∞「関ジャニ∞の あとはご自由に」
岩本照(Snow Man) 『モエカレはオレンジ色』
道枝駿佑(なにわ男子)『今夜、世界からこの恋が消えても』


■レギュラー&連載

Voice! Voice! Songs!!+α 増田俊樹&市来光弘
Girls Pop ANTENNA 生田絵梨花 小栗有以(AKB48)
Star Cafe 磯村勇斗
The レジェンド 浅野ゆう子
HIT HIT HIT ランキング5&ヒッコレ
裏方チャンネル NHK Eテレ「言葉にできない、そんな夜。」
ディレクター 大木萌
TSN2022 TS超絶ニュース解説
セルフィー#108 兵頭功海
NET★TIME
CM調査隊が行く!
パズル
CINEMA 新作ガイド
DVD/MUSIC 新作ガイド
プレゼント/次号予告
12星座占い


■ジャンル別プログラムガイド

今号のイチオシ
「カナカナ」「ホンマでっか!?TV SP」ほか

ドラマ
連続テレビ小説「ちむどんどん」
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
連続ドラマ
単発ドラマ
海外ドラマ
エリア別ドラマ

バラエティ
深夜エリア別
アニメ&ヒーロー
音楽
スポーツ
カルチャー&ドキュメント
料理番組のレシピ

BSデジタル
BSアジアドラマライブラリー

映画 5/14~5/27
TV映画OAリスト
特選シネマ
「E.T.」
「戦場にかける橋」
「ボーン・アイデンティティー」

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/04/06
    発売号

  • 2022/03/23
    発売号

  • 2022/03/09
    発売号

  • 2022/02/22
    発売号

  • 2022/02/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2022年05月06日発売

目次: 表紙★柄本佑

●特集1
ひとに優しく、しなやかに、空気は読まない。
ムーミン谷の哲学

◎[インタビュー]森下圭子
◎[インタビュー・グラビア]花澤香菜/山下美月(乃木坂46)
◎小説家が読む「ムーミン」
[寄稿]川上弘美/日向理恵子/堀江敏幸
◎[あの人が選ぶ名フレーズ]
宇垣美里/黒木華/杉江松恋/染谷俊之/高山なおみ/名久井直子/美村里江
◎識者が注目する「ムーミン」の物語
[インタビュー]久山葉子/祖父江慎/冨原眞弓
◎ムーミンコミックス展/ムーミンバレーパーク/MOOMIN SHOPオンライン

●特集2
そのスタイルに宿る物語とは?
ショートカットの女たち

◎[描き下ろしイラスト扉]眉月じゅん
◎[インタビュー・グラビア]小林聡美/広末涼子/夏帆/あの
◎ショートカットの魅力をプロに訊く 
やまもり三香(マンガ家)/ミネシンゴ(美容師・編集者)
◎エンタメから辿る、ショートカットのヒロインクロニクル
[寄稿]小説編:三宅香帆/ドラマ・映画編:西森路代/マンガ編:倉持佳代子
◎ショートカット女子コミックガイド
◎現代歌人4人が“短髪”を“短歌”で詠む
上坂あゆ美/水野葵以/石川美南/東直子
◎[エッセイ寄稿]サーヤ(ラランド)


●インタビュー&対談
伊坂幸太郎、今村翔吾、尾崎世界観、五十嵐律人、近藤麻理恵、けんご、神永学、高野苺、玉置標本、末並俊司、阿部サダヲ、小池徹平、成田凌、SKY-HI、私立恵比寿中学、高佐一慈(ザ・ギース)ほか

●TPICS
2022年本屋大賞受賞! 『同志少女よ、敵を撃て』
逢坂冬馬インタビュー&受賞作試し読み

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2022/04/06
    発売号

  • 2022/03/04
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/06
    発売号

  • 2021/12/06
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

Talking Rock!(トーキングロック!)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌