※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Talking Rock!(トーキングロック!)
  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!
  • 雑誌

Talking Rock!(トーキングロック!)

確実にお手元にお届けします!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Talking Rock!(トーキングロック!)のレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

888円(税込)/冊

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

Talking Rock!(トーキングロック!) 雑誌の内容

  • 出版社:トーキングロック
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月9日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:888円
毎号約10組厳選のロングインタビュー集
ビッグアーティストから新鋭アーティストまで、毎号約10組を厳選して、じっくりと時間をかけて取材を行い、 オリジナル写真とともに構成したミュージックインタビュー集。読み物としての拘りを追求したシンプルな構成とデザインに紙質の落ち着いた手触り感。あくまでアーティストの言葉に重きを置いたまさに“トーキングロック”な音楽雑誌です。

Talking Rock!(トーキングロック!) 2021年5月号 (発売日2021年04月09日) の目次

●マカロニえんぴつ
 4月21日にメジャー1stシングル「はしりがき」をリリースするマカロニえんぴつ! 本誌初の表紙巻頭となる今回の特集は、はっとり(vo&g)のソロインタビュー&メンバー全員インタビューによる2部構成でお届けします! シングルに収録された新曲4曲に込めた想いやこだわりについてはもちろん、はっとり自身が“去年の今頃と比べたら、心が丸いなあと思うし、居心地がいい”と語るバンドを取り巻く“今”の状況についてしっかりと話を聞きました!

●[Alexandros]
 デビュー10周年のアニバーサリー公演『Where’s My Yoyogi?』を3月20日&21日に幕張メッセで開催した[Alexandros]! そのヒストリーやバンドの転機となる出来事を、さまざまな演出&楽曲でたどった2日間の模様をしっかりとレポート! 本公演でバンドから勇退した庄村聡泰(ds)の心を打つ最後のステージについても、たっぷりの写真とともに全14ページでお届けします!(写真は21日のみ掲載!)

●くるり
 4月28日にリリースされるくるりのニューアルバム『天才の愛』は、先行配信の「I Love You」を始め、彼らならではの緻密かつ前衛的でポップな佳曲ばかりが揃い、これまでのくるりの音楽の集大成と言える大傑作にして最高に新しい音楽を鳴らした斬新な1枚です! このアルバムはどのようにして生まれ、どんな想いを込めているのか。本誌おなじみの“宇宙船”の話も交えながら(笑)、岸田繁(vo&g)と佐藤征史(b&vo)に話を聞きました! 

●フレデリック
 フレデリックが自身初の日本武道館公演となる『FREDERHYTHM ARENA 2021~ぼくらのASOVIVA~』を2月23日に開催! 前回の横浜アリーナ公演(20年2月)以降、 “フレデリックで遊ぶ”をテーマに掲げ、YouTubeチャンネルや配信ライブなどでさまざまな音楽の楽しみ方を提示してきた彼らが、その集大成となる武道館公演で見せてくれた“遊び”とは? その様子をリポートします!

●Novelbright
 4月28日にメジャー1stアルバム『開幕宣言』をリリースする大阪発のロックバンドのNovelbrightが本誌初登場! バンド結成の経緯から、それぞれの音楽ルーツ、そしてここまでの活動を振り返りつつ、いち早く聴かせていただいた『開幕宣言』について、いくつかの収録曲にも触れながらメンバー全員にたっぷりと話を聞きました!

●SAKANAMON
 コンセプトミニアルバム『ことばとおんがく』を4月14日にリリースするSAKANAMONより藤森元生のインタビューをお届け! “誤聞(内容を間違って聞くこと)”や“地口(ことわざ・成句と似た発音の文句を作って言うシャレ)”などのテーマを掲げながら、 “言葉遊び”と“音楽”をテーマにした自由な発想の全8曲を収録した本作について話を聞きました!

●Karin.
 3月10日に3rdアルバムに『solitude ability』を、そして20歳の誕生日(5月30日)を迎える前の5月12日にデジタルミニアルバム『solitude minority』を連続でリリースするKarin.のインタビュー! 高校を卒業後、コロナ禍で思うように音楽活動ができず、様々な苦しみと葛藤と気付きを手にしたというその1年を振り返りつつ、それらのドキュメンタリーと彼女の10代の心を形にして収めた2枚のアルバムについて話を聞きました!

●SIX LOUNGE
 4月7日にニューアルバム『3』をリリースしたSIX LOUNGE。本誌主催イベント『ニューロック計画!2017』の出演から4年が経ち、コロナ禍を含めてここまでどのような気持ちで活動してきたのかを振り返りつつ、今まで以上に優しさと強いメッセージを感じる歌詞と、疾走感抜群のパンクナンバーから、ブギーに、サイケなダンスロックまで、聴き応えたっぷりなロックンロールを聴かせる今作について、メンバー全員を京都でキャッチして話を聞きました!

●神はサイコロを振らない
 3月17日にリリースしたメジャー1stシングル「エーテルの正体」がオリコン週間ランキングのトップ10ヒットを記録した神はサイコロを振らない。本誌主催イベント『ニューロック計画!2018』にも出演してくれた彼らの音楽ルーツと、ここまでのバンドの変化をあらためて整理しつつ、よりポップに踏み込んだ印象の「エーテルの正体」について、フロントマンの柳田周作(vo)に話を聞きました!

●w.o.d.
 3月31日に3rdフルアルバム『LIFE IS TOO LONG』をリリースしたw.o.d.のインタビュー! その今作は、オルタナ/グランジへのリスペクトは変わらず、デジロックやサイケデリックなダンスグルーヴを新たにブレンドしたバンドアンサンブルが最高にカッコよくて秀逸な1枚! コロナ禍を過ごす中であらためて自分たちはライブバンドであり、そしてロックバンドであることを自覚したというサイトウタクヤ(vo&g)に話を聞きました!

●なきごと
4月7日に2ndミニアルバム『黄昏STARSHIP』をリリースしたなきごとのインタビュー!全7曲を収録した同作は、歌詞の描写とサウンドワークがいずれも表情豊かになり、なきごとを新たなフェーズに押し上げる1枚! 自粛期間中に自分たちを見つめ直した上で得ることのできた成長や、今作のコンセプトである“現実逃避”と、その収録曲について、水上えみり(vo&g)と岡田安未(g&sho)にじっくりと話を聞きました!

●Bye-Bye-Handの方程式
 3月17日に初の全国流通盤となるミニアルバム『ろまんす快速特急』をリリースした大阪出身のバンド・Bye-Bye-Handの方程式に初インタビュー! 一度聴けばすぐに口ずさめるキャッチーなメロディと、時に切なく、時に妄想全開(!?)な恋心を歌った歌詞が魅力の全8曲を収録。彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、その作品について、汐田泰輝(vo&g)と清弘陽哉(ds)に話を聞きました!

+   Talking Rock!(トーキングロック!)の目次配信サービス

Talking Rock!(トーキングロック!)のレビュー
総合評価: ★★★★★ 4.50
全てのレビュー:4件

レビュー投稿で500円割引!
読みやすい!
★★★★★2014年02月27日 ちゅるりん 大学生
手に収まりやすいサイズでいい!内容もごちゃごちゃしてない!アーティスト密着型で読んでいて楽しいしわくわくします!
写真&インタビューのナチュラルさが好きです!
★★★★★2012年10月27日 ぱむ その他
写真もキレイで、アーティストインタビューやライブレポートがメインの両面表紙雑誌。インタビュー内容が編集者との距離が近い感じで、すごくナチュラルにアーティストから言葉が引き出されています!ライブ好きの私にはライブレポートも貴重です。特に私はTHE BAWDIESが好きで、掲載されているバックナンバーも全部購入したいと思っています。
THE BAWDIES好きにピッたし
★★★☆☆2011年06月04日 まひろ アルバイト
この雑誌はとてもTHE BAWDIESの個性を引き出してくれます。写真もイメージピッたしの芸術的なものばかりで、とても綺麗です。
レミオと僕らを繋いでくれる
★★★★★2010年03月04日 鬼義理 高校生
僕はレミオロメンが好きなのですが、インタビュアーの人と『自然な感じ』で、しかも『内容の濃い深い』やりとり、これは他にはないです!!!レミオと僕らを繋いでくれる、そんな存在です。。。最後に一言、一冊レミオロメン特集の増刊号待ってます!!!!!

Talking Rock!(トーキングロック!)のバックナンバー

●マカロニえんぴつ
 4月21日にメジャー1stシングル「はしりがき」をリリースするマカロニえんぴつ! 本誌初の表紙巻頭となる今回の特集は、はっとり(vo&g)のソロインタビュー&メンバー全員インタビューによる2部構成でお届けします! シングルに収録された新曲4曲に込めた想いやこだわりについてはもちろん、はっとり自身が“去年の今頃と比べたら、心が丸いなあと思うし、居心地がいい”と語るバンドを取り巻く“今”の状況についてしっかりと話を聞きました!

●[Alexandros]
 デビュー10周年のアニバーサリー公演『Where’s My Yoyogi?』を3月20日&21日に幕張メッセで開催した[Alexandros]! そのヒストリーやバンドの転機となる出来事を、さまざまな演出&楽曲でたどった2日間の模様をしっかりとレポート! 本公演でバンドから勇退した庄村聡泰(ds)の心を打つ最後のステージについても、たっぷりの写真とともに全14ページでお届けします!(写真は21日のみ掲載!)

●くるり
 4月28日にリリースされるくるりのニューアルバム『天才の愛』は、先行配信の「I Love You」を始め、彼らならではの緻密かつ前衛的でポップな佳曲ばかりが揃い、これまでのくるりの音楽の集大成と言える大傑作にして最高に新しい音楽を鳴らした斬新な1枚です! このアルバムはどのようにして生まれ、どんな想いを込めているのか。本誌おなじみの“宇宙船”の話も交えながら(笑)、岸田繁(vo&g)と佐藤征史(b&vo)に話を聞きました! 

●フレデリック
 フレデリックが自身初の日本武道館公演となる『FREDERHYTHM ARENA 2021~ぼくらのASOVIVA~』を2月23日に開催! 前回の横浜アリーナ公演(20年2月)以降、 “フレデリックで遊ぶ”をテーマに掲げ、YouTubeチャンネルや配信ライブなどでさまざまな音楽の楽しみ方を提示してきた彼らが、その集大成となる武道館公演で見せてくれた“遊び”とは? その様子をリポートします!

●Novelbright
 4月28日にメジャー1stアルバム『開幕宣言』をリリースする大阪発のロックバンドのNovelbrightが本誌初登場! バンド結成の経緯から、それぞれの音楽ルーツ、そしてここまでの活動を振り返りつつ、いち早く聴かせていただいた『開幕宣言』について、いくつかの収録曲にも触れながらメンバー全員にたっぷりと話を聞きました!

●SAKANAMON
 コンセプトミニアルバム『ことばとおんがく』を4月14日にリリースするSAKANAMONより藤森元生のインタビューをお届け! “誤聞(内容を間違って聞くこと)”や“地口(ことわざ・成句と似た発音の文句を作って言うシャレ)”などのテーマを掲げながら、 “言葉遊び”と“音楽”をテーマにした自由な発想の全8曲を収録した本作について話を聞きました!

●Karin.
 3月10日に3rdアルバムに『solitude ability』を、そして20歳の誕生日(5月30日)を迎える前の5月12日にデジタルミニアルバム『solitude minority』を連続でリリースするKarin.のインタビュー! 高校を卒業後、コロナ禍で思うように音楽活動ができず、様々な苦しみと葛藤と気付きを手にしたというその1年を振り返りつつ、それらのドキュメンタリーと彼女の10代の心を形にして収めた2枚のアルバムについて話を聞きました!

●SIX LOUNGE
 4月7日にニューアルバム『3』をリリースしたSIX LOUNGE。本誌主催イベント『ニューロック計画!2017』の出演から4年が経ち、コロナ禍を含めてここまでどのような気持ちで活動してきたのかを振り返りつつ、今まで以上に優しさと強いメッセージを感じる歌詞と、疾走感抜群のパンクナンバーから、ブギーに、サイケなダンスロックまで、聴き応えたっぷりなロックンロールを聴かせる今作について、メンバー全員を京都でキャッチして話を聞きました!

●神はサイコロを振らない
 3月17日にリリースしたメジャー1stシングル「エーテルの正体」がオリコン週間ランキングのトップ10ヒットを記録した神はサイコロを振らない。本誌主催イベント『ニューロック計画!2018』にも出演してくれた彼らの音楽ルーツと、ここまでのバンドの変化をあらためて整理しつつ、よりポップに踏み込んだ印象の「エーテルの正体」について、フロントマンの柳田周作(vo)に話を聞きました!

●w.o.d.
 3月31日に3rdフルアルバム『LIFE IS TOO LONG』をリリースしたw.o.d.のインタビュー! その今作は、オルタナ/グランジへのリスペクトは変わらず、デジロックやサイケデリックなダンスグルーヴを新たにブレンドしたバンドアンサンブルが最高にカッコよくて秀逸な1枚! コロナ禍を過ごす中であらためて自分たちはライブバンドであり、そしてロックバンドであることを自覚したというサイトウタクヤ(vo&g)に話を聞きました!

●なきごと
4月7日に2ndミニアルバム『黄昏STARSHIP』をリリースしたなきごとのインタビュー!全7曲を収録した同作は、歌詞の描写とサウンドワークがいずれも表情豊かになり、なきごとを新たなフェーズに押し上げる1枚! 自粛期間中に自分たちを見つめ直した上で得ることのできた成長や、今作のコンセプトである“現実逃避”と、その収録曲について、水上えみり(vo&g)と岡田安未(g&sho)にじっくりと話を聞きました!

●Bye-Bye-Handの方程式
 3月17日に初の全国流通盤となるミニアルバム『ろまんす快速特急』をリリースした大阪出身のバンド・Bye-Bye-Handの方程式に初インタビュー! 一度聴けばすぐに口ずさめるキャッチーなメロディと、時に切なく、時に妄想全開(!?)な恋心を歌った歌詞が魅力の全8曲を収録。彼らのバンドヒストリーと音楽ルーツをたどりつつ、その作品について、汐田泰輝(vo&g)と清弘陽哉(ds)に話を聞きました!
Talking Rock! 21年4月増刊「sumika特集」

●sumika(表紙巻頭)
●go!go!vanillas
●ONAKAMA 2021
 THE ORAL CIGARETTES
 04 Limited sazabys
 BLUE ENCOUNT
●東京スカパラダイスオーケストラ
●10-FEET
●クリープハイプ
●フジファブリック
●Saucy Dog
●秋山黄色


●sumika

2年ぶりのニューアルバム『AMUSIC』を3月3日にリリースするsumikaを本誌2年ぶりの表紙巻頭で大特集! インタビューの前半は2020年の動きを振り返りつつ、その先に生まれた今作『AMUSIC』のタイトルに掲げたワードが生まれるまでの背景と、そこに込めた想いはもちろん、コロナ禍の日々の中で育んできた音楽への情熱のすべてを注いで今のsumikaを鳴らした同作について、全曲解説のスタイルで話を聞きました。さらに、さいたまスーパーアリーナで3日間に渡り行われたオンラインライブのリポートも掲載! 2部構成でお届けします!


●go!go!vanillas

1年10カ月ぶりのニューアルバム『PANDORA』を3月24日にリリースするgo!go!vanillasを巻末で特集! 同アルバムは切々と歌い上げるスローソングからサイケデリックなアプローチに、めまぐるしく表情を変えるミクスチャーナンバーまで、前作以上に表情豊かで、より作品性を高めた深みのある楽曲ばかり。人と人との繋がりと心の距離、愛の形とその在り方、そして死生観……。コロナ禍の中で牧達弥(vo&g)を中心にメンバーが感じたそれらの想いを注いで形にした『PANDORA』の完成までとその収録曲について話を聞きました!


●ONAKAMA 2021

16年に東京・新木場STUDIO COASTで初開催された04 Limitede Sazabys、BLUE ENCOUNT、THE ORAL CIGARETTESによる合同主催イベント『ONAKAMA』が約5年の時を経て復活! 彼らの地元の3都市=1月24日の名古屋・日本ガイシホール、1月31日の大阪城ホール、2月11日のマリンメッセ福岡を回った『ONAKAMA 2021』の中から、大阪公演をたっぷりの写真とともにリポート! コロナ禍の中で開催に踏み切った彼らの覚悟が滲み出た熱いパフォーマンスはもちろん、3バンドならではのユーモアや温かさに包まれたステージを体感してください!


●東京スカパラダイスオーケストラ

1年4カ月ぶりのニューアルバム『SKA=ALMIGHTY』を3月3日にリリースする東京スカパラダイスオーケストラから茂木欣一(ds)と加藤隆志(g)が登場! 久々の取材ゆえにしばらくのブランクを埋め合わせつつ、ビートの緩急はあれど歌モノもインスト曲もすべてがコロナ禍での鬱屈したムードを一蹴するライブモード全開のエモーショナルでグルーヴィンなナンバーばかりを収めた同作をどういう想いで作りあげたのか。2020年の流れを振り返りつつ、完成したアルバムの手応えと収録曲についてじっくりと話を聞きました!


●フジファブリック

2年2カ月ぶりのニューアルバム『I Love You』を3月10日にリリースするフジファブリック!! 複数人のゲストボーカルを迎えてコラボしたナンバーも収録した同作は、フジファブリックの新しい一面を感じさせると同時に、彼らがとても大事にしているファンへの想いを真っすぐに注いだ作品であり、その気持ちをアルバムタイトルに表した今作が完成するまでの経緯とその収録曲についてメンバー全員に話を聞きました! 最初に初の大阪城ホール公演(19年10月20日)の感想も尋ねています!


●クリープハイプ

本誌20年3月号以来、1年ぶりに登場のクリープハイプ! コロナ禍で多くの制約がある中で試行錯誤しながらも新曲の配信リリースや、ユニークな生配信企画に、TikTokとのコラボなど新たな取り組みも含めて様々な活動を展開する中で、年末にはフロントマンの尾崎世界観(vo&g)の小説『母影』が芥川賞候補に初ノミネート! 残念ながら受賞は逃したけれど、そのニュースに心から拍手したファンも多くいたはず! そんな2020年をメンバー全員で振り返りつつ、それぞれの今の気持ちと、この先への意気込みを尋ねました。


●10-FEET

3月10日にニューシングル「アオ」をリリースする10-FEET。同曲はTAKUMA(vo&g)がコロナ禍で感じた一つの想いをもとに歌詞を仕上げ、エモーショナルに疾走すバンドグルーヴに合わせて繰り出される強い言葉と情熱的なメロディが胸を揺さぶるナンバーです! 今回もメンバー全員で、まずは新型コロナウイルス感染防止対策ガイドラインを遵守しながら展開してきた全国ツアーの手応えを尋ねつつ、「アオ」が生まれるまでの経緯とその曲に込めた想いについて、さらにはカップリングの2曲についても詳しく話を聞きました!


●Saucy Dog

Saucy Dogが初の日本武道館公演を開催! 新型コロナウイルス感染症対策もしっかり施されながら2日間に渡って行われた本公演(2月5日のワンマンライブ『send for you』、2月6日の対バンイベント『リベンジエピソード』)の中から、 手紙をモチーフに構成が練られ、“あなたに届けること”をテーマにサウシーらしい温かいパフォーマンスで魅せてくれた初日のワンマン公演の模様をリポートします!


●秋山黄色

3月3日に2ndアルバム『FIZZY POP SYNDROME』をリリースする宇都宮出身のシンガーソングライター・秋山黄色! 本誌初登場となる今回は、日常の中にある心の迷いや痛みを語感のいい言葉で巧みに切り取って描くカラフルな彼の楽曲は、どのようにして生まれてくるのか。そのルーツを探るとともに2ndアルバム『FIZZY POP SYNDROME』についてじっくりと話を聞きました!
【Talking Rock! 2021年3月号】
●SixTONES(表紙巻頭)
●SUPER BEAVER
●THE YELLOW MONKEY
●須田景凪
●SHE’S
●夜の本気ダンス
●LAMP IN TERREN
●Saucy Dog
●Panorama Panama Town
●YAJICO GIRL and more!!



●SixTONES
 21年1月号と21年2月号増刊に続いて3号連続での掲載、しかも初の表紙巻頭で登場のSixTONES!! インタビューは今回も髙地優吾&ジェシー&京本大我と、松村北斗&森本慎太郎&田中樹の2組に分かれて敢行! SixTONESとして初出場した昨年末の「NHK紅白歌合戦」の感想から 1月の生配信ライブ、そしてハーフミリオンを達成した1stアルバム『1ST』の手応えと、今回の4thシングル「僕が僕じゃないみたいだ」についてたっぷりと話を聞いています! 中ページの写真も最高にカッコいいので要チェックです!!


●SUPER BEAVER
 メジャー再契約第一弾アルバム『アイラヴユー』を2月3日にリリースしたSUPER BEAVERを巻末で大特集! 20年にリリースした2枚の両A面シングル「ハイライト/ひとりで生きていたならば」と「突破口/自慢になりたい」に18年11月のシングル「予感」を含む全11曲を収録した同作は、アルバムタイトルそのままに、コロナ禍で会えないファンに向けたSUPER BEAVERの想いが最高の純度で注がれた素晴らしい作品! このアルバムの完成までと、その収録の全11曲についてじっくりと話を聞きました!


●THE YELLOW MONKEY
 『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE』のタイトルのもと、11月3日に東京ドーム、7日に横浜アリーナ、12月7日に国立代々木競技場第一体育館、28日に日本武道館という彼らと深い由縁のある4会場でのライブを大盛況に終えたTHE YELLOW MONKEY。東京ドームと横浜アリーナ公演をリポートした前号に続いて、今号では代々木と日本武道館公演をロングリポート! 30周年を総括すると同時に再集結からの〈Season2〉にピリオドを打ち、次なる未来へと足を進めた彼らの最高にエモーショナルな2公演を12Pでお届けします!


●須田景凪
 2月3日にメジャー1stフルアルバム『Billow』をリリースした須田景凪。同作は13年に“バルーン”名義でボカロPとして活動を開始し、17年10月から“須田景凪”として様々な作品を手掛けてきた彼ならではの個性的なサウンドカラーを放つナンバーばかり! 加えてコロナ禍により、今の時代と向き合う中で感じた想いを綴った印象の曲も多く、これまでの作品と比べても大きな違いを感じる1枚です。同作の完成までと、収録曲を一つ一つ追いかけながら話を聞きました!


●SHE’S 
 昨年7月の4thアルバム『Tragicomedy』が見事オリコン週間ランキングの5位を獲得! そして今年バンド結成10周年&デビュー5周年を迎えたSHE’Sがその第1弾シングル「追い風」を2月17日にリリース! フロントマンの井上竜馬にあらためて『Tragicomedy』の手応えを尋ねつつ、今回のニューシングルに収録の3曲についてじっくりと。さらに2月22日に地元大阪の吹田市文化会館メイシアター大ホールで行うキックオフイベントと、5月&6月に東阪の野音で開催される記念公演への意気込みについて話を聞きました!


●夜の本気ダンス
 バンドの新機軸とも言えるミニアルバム『PHYSICAL』を1月27日にリリースした夜の本気ダンス! 夜ダンらしいスリリングな展開や生音のグルーヴィーさはそのままに、新たにデジタル的手法を融合させて、より多面的に響く全6曲を収録した本作についてメンバー全員で語ってもらいました! 


●Mashroom 2021 〜Hello new wind〜
 音楽レーベルMASH A&Rが主催するライブイベント『Mashroom』! 通算7回目となる今回は『Mashroom 2021 〜Hello new wind〜』と銘打って大阪と東京で開催! その中からPanorama Panama Town、ユレニワ、YAJICO GIRL、Saucy Dog、LAMP IN TERRENと、オープニングアクトのEzoshika Gourmet Clubの計6組が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた1月23日の大阪公演をリポート!
【Talking Rock! 2021年2月号増刊 [Alexandros] 特集】
●[Alexandros](表紙巻頭)
●SixTONES(第2特集)
●King Gnu
●THE YELLOW MONKEY
●キュウソネコカミ
●ポルカドットスティングレイ


●[Alexandros]
 年始早々にお届けする増刊号は、1月20日にデビュー10周年を記念したベストアルバム『Where's My History?』をリリースする[Alexandros]を大特集! 今回は3部構成で、第1部は過去10年の間に起きたバンドの変化についてメンバー全員に話を聞き、第2部はマイベストソングの5曲について各メンバーにインタビューを敢行! さらに第3部はサポートキーボーディストのROSÉさんと“にーやん”ことマネージャーの伊藤邦隆さんに、彼らと活動してきた日々について振り返ってもらいました。ベスト盤のリリースと共に勇退する庄村聡泰(ds)にとってラストの表紙巻頭号であり、彼らの10年間とこれからの未来について全44ページに渡って掲載! じっくりと読んで楽しんでください!


●SixTONES
 第2特集は前号に続いて連続登場のSixTONES! 今回も髙地優吾&ジェシー&京本大我と、松村北斗&田中樹&森本慎太郎の2組に分かれて、彼らならではの多様な音楽性を詰め込んだ1月6日発売の1stアルバム『1ST』についてインタビュー! 同作を作るにあたっての強い想いや、それぞれの楽曲への深い拘りに、制作時のレアエピソードなど、たっぷりと語ってもらいました! 最高にクールなオリジナル写真も要注目です!


●King Gnu
 自身初のアリーナツアー『King Gnu Live Tour 2020 AW“CEREMONY”』(20年11月~12月に東京・大阪・愛知・千葉の5会場で開催)を無事に成功させたKing Gnu。本ツアーのうち11月24日と25日の2daysで行われた日本武道館公演から2日目のライブリポートを掲載。彼らの知的かつ前衛的なサウンドワークとアートセンスを随所で炸裂させつつ、初の武道館公演らしく熱のこもった渾身のパフォーマンスでファンを終始感動の渦に巻き込んだ本公演の模様をたっぷりの写真とともに堪能してください!


●THE YELLOW MONKEY
 バンド結成30周年を記念した東名阪ドームツアーのファイナル=東京ドーム2daysが残念ながら中止となり、代わって『THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary LIVE』のタイトルのもと、11月3日に東京ドーム、11月7日に横浜アリーナ、12月7日に国立代々木競技場第一体育館、12月28日に日本武道館という、彼らと深い由縁のある会場での新規4公演の開催を発表。それらの模様を今号と次号の2回に分けてロングリポート! 今号ではドームツアーの名古屋と大阪にも触れつつ、東京ドームと横浜アリーナを10ページでお伝えします!


●キュウソネコカミ
 2020年にバンド結成10周年を迎えたキュウソネコカミが“原点”と“夢”をテーマにした前作『ハリネズミズム』(20年1月)から1年を経て、その対となるミニアルバム『モルモットラボ』を1月13日にリリース! オカザワ カズマ(g)がプロデュースの「囚」や、カワクボ タクロウ(b)がプロデュースと作詞を担当した「薄皮」などを収録した今作のテーマは“挑戦”と“実験”。新しい表現に挑んだその理由について全員に話を聞きつつ、メンバー間で生まれた葛藤についても深く切り込んだディープなインタビューです! 


●ポルカドットスティングレイ
 12月16日に3rdフルアルバム『何者』をリリースしたポルカドットスティングレイの雫(vo&g)のインタビュー! CDでは13曲、配信ではボーナストラを含む14曲を収録した同作のうち、なんとCDでは9曲、配信では10曲がタイアップナンバーという構成。「コロナ禍でも影響は感じていない」と雫が語る通り、クリエイティブワークは止めずにより音楽性を広げたポルカの魅力が詰まった1枚です。まずは同作のコンセプトと完成に至るまでの流れを整理しつつ、いくつかの曲をピックアップしてその作品の最深部分に迫りました!
【Talking Rock! 2021年1月号】
●ONAKAMA 2021(表紙巻頭)
  (THE ORAL CIGARETTES / 04 Limited sazabys / BLUE ENCOUNT)
●SixTONES(第2特集)
●マカロニえんぴつ
●milet
●ストレイテナー
●My Hair is Bad
●go!go!vanillas
●LAMP IN TERREN
●Saucy Dog
●パノラマパナマタウン
●PELICAN FANCLUB
●Ghost Like Girlfriend and more


●ONAKAMA 2021
 創刊25周年記念となる今号は04 Limited Sazabys、THE ORAL CIGARETTES、BLUE ENCOUNTの3組による合同主催イベント『ONAKAMA 2021』を表紙巻頭で大特集! フロントマンの3人=フォーリミのGEN、オーラルの山中拓也、ブルエンの田邊駿一に、そのイベントへの意気込みはもちろん、各バンドの出会いや、レアエピソードに、それぞれのバンドの魅力についてなど、たっぷりと語ってもらいました! 笑いを交えつつ、ロックシーンへの熱い想いを聞かせてくれたそのインタビューとともに、バンドメンバー総勢12名が集まった写真も必見です!


●THE ORAL CIGARETTES
 『ONAKAMA 2021』特集にプラスして各バンドの近況を尋ねるインタビューも敢行! オーラルは9月24日&25日にKT Zepp Yokohamaで開催したコンセプチュアルなワンマン公演『ORALIUM』について。インスタグラムのアンケート機能を駆使するなど、次世代的なライブ手法を見せながら“ライブの本質とは何?”と問うたそのライブを振り返りつつ、コロナ禍で彼らがどんなことを考えながら活動に臨んでいるのか、今の心境と強い決意を語ってもらいました!


●04 Limited Sazabys
 久々のワンマンライブ『YON EXPO'20』(11月28日&29日)を無事に成功させた04 Limited Sazabys! GEN(b&vo)が突発性難聴、KOUHEI(ds)が職業性ジストニアの疑いという、バンドにとって試練とも言うべき状況が続いた彼らが、その病気の経過や、コロナ禍で感じたこと、そしてワンマン公演の開催を決めた経緯と今後のバンド活動の展望について語ってくれました。

●BLUE ENCOUNT
 11月18日にニューアルバム『Q.E.D』をリリースしたBLUE ENCOUNTは、近況及びその新作についてのロングインタビューをこの『ONAKAMA 2021』特集の後に別途掲載! ここでは『ONAKAMA』への想い入れと今回のツアーの意気込みについてメンバー全員に話を聞きました!
 

●SixTONES
 第2特集は本誌初登場のSixTONESを巻末で掲載! 髙地優吾&ジェシー&京本大我と、松村北斗&田中樹&森本慎太郎の2組に分かれてインタビューを敢行! しかも2号連続掲載(1月6日発売予定号)で、今号ではデビューから約1年を経て感じる今の気持ちと、1stアルバム『1ST』にたどり着くまでの流れを整理しつつ、それぞれにどんな音楽ルーツを持ち、どんなグループを目指して、どんな音楽を表現しようとしているのか。たっぷりと話を聞きました! 最高にカッコいいオリジナル写真も要注目!


●BLUE ENCOUNT
 11月18日にニューアルバム『Q.E.D』をリリースしたBLUE ENCOUNTのメンバー全員インタビュー! ミニアルバム『SICK(S)』(19年6月)であらためてBLUE ENCOUNTの音楽をまっすぐに鳴らしてリスタートを切り、同作を挟んでリリースした既発の6曲+新曲5曲を収録したその新作は、今の彼らの魅力のすべてを余すことなく純粋にパッケージした、BLUE ENCOUNTのアティテュードを力強く示す1枚です。その新作の完成までの流れと収録曲についてじっくりと話を聞きました!


●マカロニえんぴつ
 メジャーデビューEP「愛を知らずに魔法は使えない」を11月にリリースしたマカロニえんぴつ! コロナ禍での自粛期間を経て音楽家としての存在意義について考えたという彼らが“生きる”をテーマに強烈に鳴らした今回の全6曲で伝えたかったことは何なのか? リスナーの傍で寄り添うような温かいメッセージ溢れる本作の楽曲について、メンバー全員で語ってもらいました!


●milet
 『NHK紅白歌合戦』(20年12月31日)への出場が決定している女性シンガー・milet! コロナ禍の中、“誰が聴いてもわかりやすい音とメロディ”を意識しながらリモートで作ったという今回のEP「Who I Am」(12月2日)は、milet自身が持つ芯の強さや想像力の豊かさが溢れ出る全5曲を収録(1曲はリミックス曲です)。制作の裏話も含めつつ、本作の魅力についてたっぷり語り合いました!


●My Hair is Bad
 12月23日にCDシングル「life」と配信シングル「love」を2枚同時リリースするMy Hair is Badのインタビュー! コロナ禍で活動自粛が続くに伴い、ライブ配信を行うバンドが増えていった中で、目立ったアクションがなかった彼らが、地元・新潟は上越の野球場でワンマンライブを収録したライブ映像作品を11月29日から配信スタート! そして2枚のシングルを同時発売する彼らに、この1年をどんな気持ちで過ごし、どんな想いでライブ映像作品と今回のシングルを手掛けたのか、話を聞きました!


●ストレイテナー
 ニューアルバム『Applause』を12月2日にリリースしたストレイテナーのフロントマン・ホリエアツシのインタビュー! 同作はシングル「Graffiti」のカップリング「Parody」で披露した今の彼のモード=ジャジーでファンクなナンバーから、初期の頃を思わせるエモーショナルな疾走チューンに、さらに美しさを増したメロディを聴かせるラブソングまで。個性豊かな楽曲に相応しい音を操るバンドアンサンブルも素晴らしく、彼らの魅力をさらに更新する傑作の1枚です。その完成までと収録の全曲について話を聞きました。


●go!go!vanillas
 11月23日に初の日本武道館公演を開催し、大盛況に終えたgo!go!vanillas。序盤はポップなテイストを繋いでファンをホットに包み込み、中盤で深みのある音を響かせ、後半で自分たちの強いメッセージをしっかり届けるという見事な構成でgo!go!vanillasの音楽の魅力を全力で楽しませてくれたその武道館公演のリポートと、その2日後に都内にてメンバー4人でのロングインタビューを敢行! さらに詳しくその武道館公演を振り返りました!


●『Mashroom 2021 〜Hello New World〜」対談インタビュー
 音楽レーベルMASH A&R恒例のイベント『Mashroom 2021 〜Hello New World〜』が、1月5日に東京・リキッドルームと1月23日に大阪・BIGCATで開催! 通算7回目となる今回は本イベントを牽引してきたオーラルとフレデリックの姿はなく、次世代を担う5組のバンド(+1組のオープニングアクト)が出演。今号ではその中からLAMP IN TERRENの松本大、パノラマパナマタウンの岩渕想太、Saucy Dogの石原慎也の3名でスペシャル対談を敢行。同じ事務所ならではの飾りのない、ざっくばらんな会話をお楽しみください!


●PELICAN FANCLUB
 11月25日にシングル「ディザイア」をリリースしたPELICAN FANCLUBのエンドウアンリのインタビュー! コロナによる自粛で外出できない時間が続く中、“生きている実感”について考察するうちに生まれたという3曲を収録。KANA-BOONの谷口鮪(vo&g)がプロデュースを務めたエネルギッシュな表題曲を始め、楽曲に込めた想いについて話を聞きました。エンドウの深い洞察力が楽しめるインタビューです!


●Ghost like girlfriend
 11月18日に4thEP「2020の窓辺から」をリリースしたGhost like girlfriend=岡林健勝にインタビュー。CDとしては1stフルアルバム『Version』からおよそ1年半ぶりとなる今作は、昨年7月の『Tour Virgin』以降、自身の音楽と取り巻く環境を見つめ直す中で生まれた心境の変化や、コロナ禍で過ごす中で感じた気持ちを綴った言葉が随所に散りばめられています。今作が完成するまでの流れと制作中の想いについて話を聞きました!
【Talking Rock! 2020年11月号】
●銀杏BOYZ(表紙巻頭)
●THE ORAL CIGARETTES
●Official髭男dism
●sumika
●フレデリック
●ASIAN KUNG-FU GENERATION
●BRAHMAN
●10-FEET
●ヤバイTシャツ屋さん
●TETORA

発売日=2020年10月9日(金)
定価=888円(税込 本体807円)
雑誌コード=16661-11


●銀杏BOYZ
 表紙巻頭は6年9カ月ぶり待望のニューアルバム『ねえみんな大好きだよ』を10月21日にリリースする銀杏BOYZ! ノイジーなハードコアパンクからGSサウンドまで、峯田和伸(vo&g)のルーツとも言える幅広い音楽性が味わえる本作で彼が目指したのは“ポップなアルバム”。そこに込めた気持ちはもちろん、完成までの様々なターニングポイントでの心境も尋ねつつ、収録の全11曲についてじっくりと話を聞きました。語られる一つ一つのエピソードが実に興味深く、峯田の深い洞察力と優しくもリアルな言葉にグッと引き込まれるインタビューです!


●THE ORAL CIGARETTES
 オーラルが“今伝えたいこと”にフォーカスした特別公演『ORALIUM』を9月24日&25日にKT Zepp Yokohamaで開催! ライブの前半ではインスタグラムのストーリーズ機能を駆使した次世代的なライブ手法に驚き、その新感覚に興奮しつつも、後半では一転!(どう変化したかは本誌をチェックしてください!) 全体を通して“ライブの本質”について鋭く問いかけたコンセプチュアルな本公演から、初日の24日のライブリポートをたっぷりの写真とともに10Pでお届けします!


●Official髭男dism
 9月26日に東京ガーデンシアターにて初のオンラインライブを敢行したOfficial髭男dism。実に7カ月ぶりとなったワンマンライブのそのステージは、美しい映像表現を交えてオンラインライブだからこそできる創意工夫も至るところに散りばめつつ、4人のメンバーに9人のサポートを加えた豪華編成で、より自由度を広げたアレンジワークを披露! ヒゲダンの音楽の魅力を存分に楽しませてくれたそのライブの模様を10Pでロングリポート!


●sumika
“世界三大サーカス”と称される木下大サーカスの立川公演会場にて9月25日に行われたsumika初のオンラインライブ『Little Crown 2020』をリポート! オープニングからエンディングまで、その会場の特性を生かしたストーリー性豊かな演出と、コーラスやホーンセクションにストリングス隊を加えた総勢15名によるsumikaらしいエンターテインメント性に溢れたライブパフォーマンスで楽しませてくれたそのステージを、たっぷりとお伝えします!


●フレデリック
 緻密なビートメイキングとタメの効いたグルーヴが堪能できるEP「ASOVIVA」を9月22日にリリースしたフレデリック! 2月に開催した横浜アリーナでのワンマンからの流れを振り返りつつ、コロナ禍の中で何を感じながら制作に挑んだのか、同作のキーワードである“遊び”とそのタイトルの「ASOVIVA」に込めた想い、そして収録の新曲4曲について、三原健司(vo&g)と三原康司(b&cho)にインタビューしました!


●ASIAN KUNG-FU GENERATION
10月7日にシングル「ダイアローグ/触れたい 確かめたい」をリリースしたASIAN KUNG-FU GENERATION。前回の取材=18年12月のアルバム『ホームタウン』以降の流れを丁寧に振り返りつつ、アジカンならではのオルタナティヴなアンサンブルにサイケデリックなシンセ音がブレンドされたグルーヴが、彼らの次なるサウンド像を予告する重要なナンバー「ダイアローグ」と、羊文学の塩塚モエカをゲストボーカルに迎えたセンチな「触れたい 確かめたい」、そして初めてリモートで手掛けた「ネクスト」の計3曲を収めた同シングルについて、メンバー全員で語り合いました!


●BRAHMAN
 ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)との3年半ぶりのコラボレーションでニューシングル「CLUSTER BLASTER / BACK TO LIFE」を9月30日にリリースしたBRAHMAN。嘆きと怒りを吐き出したリリックと、ヘヴィなギターリフで鳴らしたハードコアパンクにサビのエモーショナルなサウンドアレンジも印象的な「CLUSTER BLASTER」と、優しさと哀愁に溢れたソウル&ブルースなミドルソングの「BACK TO LIFE」を、ILL-BOSSTINOとともにどういう想いで作り上げたのか。『ブラフマンの25時間テレビ』の裏側のエピソードにも触れながらボーカルのTOSHI-LOWにじっくりと話を聞きました。


●10-FEET
 昨年7月の「ハローフィクサー」から1年3カ月ぶりとなるニューシングル「シエラのように」を10月14日にリリースする10-FEETのインタビュー! まずはコロナ禍により、ライブ活動がストップした時期の心情をあらためて尋ねつつ、どっしりと力強い8ビートのバンドアンサンブルで聴かせるエモーショナルかつメロディアスな「シエラのように」が完成するまでの流れと、その手応えについてメンバー全員で熱く語り合いました!


●ヤバイTシャツ屋さん
 9月30日に4thフルアルバム『You need the Tank-top』をリリースしたヤバイTシャツ屋さん。同アルバムは彼らの代名詞とも言える“元気&パワフル&ユーモア”なヤバTのカラーを踏襲しつつも、過去3作とは違ったロックアルバムとしてのカッコよさとエネルギーを強く感じる作品です! そんな一つの殻を突き破って新しいヤバTの姿を見せてくれた印象の今作について、メンバー全員に話を聞きました!


●TETORA
 10月7日に2ndフルアルバム『me me』をリリースしたTETORAのインタビュー。19年6月の1stアルバム『教室の一角より』は、ソングライティングを手掛ける上野羽有音(vo&g)のパーソナル色の強い作品でしたが、今作は数々のライブを経てバンドとしての結束を強め、自分たちの意志が言葉やサウンドに表れた、ロックバンドTETORAとしての存在感を強く感じる作品です! その完成に至るまでと収録曲について、上野に話を聞きました! 大阪はアメリカ村にてメンバー全員で撮影した写真も要チェック!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

1 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年03月27日発売

目次: 表紙 SUMIRE × モトーラ世理奈

特集
FUTURE IN THE PAST 新しくない、新しさ。

◆ SO WHAT’S NEW?
私にとっての新しさ

◆ 池田エライザがラッフルをまとう
TOMO KOIZUMI × EMILIO PUCCI

◆ 高田賢三 夢のつづきをみたくて

◆ デザイナーズ・アーカイブ研究
ヴィヴィアン・ウエストウッドとラフ・シモンズに見る新しさ

◆ 今、新しく感じる日本ファッションのアーカイブ

◆ 古川琴音が装う、シャンソンの調べ。

◆ 私が好きな、古くて新しいものやこと
くどうれいん/アイナ・ジ・エンド/弓 ライカ/島倉りか/市川染五郎/
LICAxxx/ロイ/MOSHI/eill/垣畑真由/Mega Shinnosuke/松尾レミ/
カネコアヤノ/日下七海/アマイワナ/ハヤシレナ/斜陽/藤原季節/
ゆっきゅん/金子由里奈/はくる/根矢涼香/小西桜子/関 マリアンナ/
モトーラ世理奈/中島沙希/家入レオ/原田ちあき/ぜったくん/
吉田圭佑/みしゃむーそ/舟山瑛美/土居哲也/市野沢祐大/半澤慶樹/
塩塚モエカ

◆ 成田 凌 × 清原果耶
まともじゃないかも?なふたりのヴィンテージミックス

◆ 構成的ポスターが今の私たちに語りかけるもの

やんばるアートフェスティバル 2020-2021
アートとモードが出会うとき

FEATURES
feature mode プラダ
織田ファッション専門学校コンペティション 入選作品決定!
いきものがかり 吉岡聖恵の初の書籍
『 KIYOEnOTE -キヨエノオト- 』発売に!

REGULARS

◇ PLAY A SENSATION vol.39 Kōki,
◇ One Thousand and One Nights
 蜷川実花と未来の女の子たち 第五夜 浜辺美波

◇ MFBB vol.18 FLOWER 増田貴久(NEWS)× 宇田陽子(logi plants & flowers)

◇このブランドの製図が見たい! vol.37 rurumu:

◇装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.57 糀 泰佑

◇ 装苑男子 SPECIAL 菊池風磨(Sexy Zone)

◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.34 「旅」

SO-EN JAM
GIRL これからの、女の子 vol.42 Long Hui
シネマ・コラージュ『アンモナイトの目覚め』
BOOK 本好きの本棚 vol.18 磯上竜也 (toi books)
COLUMN
・[新連載]塩塚モエカ ここだけはエデン
・[新連載]小林裕翔 記憶の中の美術館
・枝 優花 主人公になれないわたしたちへ
・[新連載]Oliveの手仕事
・ 福田里香のフード+1

参考価格: 734円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/28
    発売号

  • 2020/01/28
    発売号

明星(Myojo)

2021年04月22日発売

目次: [表紙]HiHi Jets

[ウラ表紙]美 少年

[ピンナップ]永瀬 廉/高橋海人

[全8面・厚紙Wピンナップ]45人が登場! SMILEメッセージカード

[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第12回・渡辺翔太

[恋人にしたいJr.・短期連載]西畑大吾/川島如恵留

King & Princeは、春からの新生活に役立つヒントを伝授!

Snow Manは、グループ内での部活動を紹介!?

SixTONESは、忙しい日々の中でのリラックスタイムを教えてくれたよ。

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

日本で一番!見やすいテレビ番組表

MUSICA(ムジカ)

2021年04月15日発売

目次: <COVER STORY> あいみょん
昨年の“裸の心”のスマッシュヒット、アルバム『おいしいパスタがあると聞いて』リリースからの全国ツアー、そして作家としても提供曲が3年越しのヒットを果たすなど、コロナ禍においてもアーティストとして確かに大きな活躍を見せたあいみょん。2021コロナ禍においてもアーティストとして確かに大きな活躍を見せたあいみょん。2021年もまったく止まることなく新曲を立て続けに発表し、5月26日には久しぶりのパッケージシングル『愛を知るまでは/桜が降る夜は』をリリースすることが決定。新曲群の話を中心に、今秋でメジャーデビュー5周年を迎えるあいみょんが、アーティストとの話を中心に、今秋でメジャーデビュー5周年を迎えるあいみょんが、アーティストとして、、作家として、そしてひとりの人間として今その心に思うことを超ロングインタヴューで紐解く表紙巻頭特集!

くるり
縦横無尽な音楽の旅を重ねてきたくるりが、恐ろしいほどの探究心で音楽の本質を突き詰め、縦横無尽な音楽の旅を重ねてきたくるりが、恐ろしいほどの探究心で音楽の本質を突き詰め、世界を捉え、実験と発明を繰り返して完成させた『天才の愛』、その凄みを紐解く

Creepy Nuts
この1年で一気に各種メディアで八面六臂の大活躍を見せるようになったCreepy Nuts。
怒涛の連続リリースとなる新曲3曲と共に、葛藤も含めた現在の胸中を本音で語る

マカロニえんぴつ
前号の初表紙巻頭特集に続く、「はしりがき」EPインタヴュー後編! ひと筋縄ではいかないマカロニえんぴつのロックとポップのメカニズムと展望を探る、メンバー全員取材

にしな
2021年のNext Big Thingの筆頭株として大きな注目を浴びるシンガーソングライター、
その喧伝を遥かに凌駕するファーストアルバム『odds and ends』と彼女の本質を探る

Dios たなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)×Ichika Nito×ササノマリイの3者による新バンド、始動。第1弾リリース“逃避行”と共に結成の真意を訊く、第一声インタヴュード
BRADIO
もっともっと知れわたるべき日本が誇るファンクバンド、BRADIO。コロナ禍に己と向かい合い、さらに深くソウルを滾らせ掘り起こし爆発させた傑作『Joyful Style』を語る

ちゃんみな
ルッキズムへの痛烈な批判であり、「自分を愛し、生きること」をエンパワメントするシングル『美人』。
ポップアーティストとして強い意義とインパクトを放つ本作に託したもの

打首獄門同好会
『こんなバンド名だけどいいんですか』という問いかけタイトルとは裏腹に確信だらけな4曲を収録した新作リリース。
ますます社会を巻き込み爆走する打首の現在地を追う

TENDOUJI
同時閉塞感の中で、だからこそむしろ溢れ出し迸りまくった創作意欲でなんとアルバム2作を同時に完成させたTENDOUJI、まずは『MONSTER』投下 。新たな確信を語りまくる

BIGMAMA
重く大きな別れを乗り越えたBIGMAMA、新体制での2作目となるEP『What a Beautiful Life』完成。
鮮やかに輝くアンセム達に託された金井政人の真意と確信を深く紐解く

Panorama Panama Town
サウンドプロデュースに石毛輝(the telephones、Yap!!!)を迎えて制作した再起のEP『Rolling』。
危機に直面したからこそ原点に立ち返り、取り戻した「信じるもの」とは

YONA YONA WEEKENDERS
EXPRESS
Dragon Ash
佐藤千亜妃

また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2021/03/16
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/16
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

Duet(デュエット)

2021年05月07日発売

目次: 表紙[阿部亮平]
3 ジャニーズWESTピンナップ
7 ジャニーズJr.ピンナップ
11 浮所飛貴ピンナップ
13 正門良規ピンナップ
15 HiHi JetsD:Jカード
17 阿部亮平COVERスペシャル
20 Sexy Zone
25 King & Prince
31 SixTONES
37 Snow Man
47 ジャニーズWEST
54 Hey! Say! JUMP
59 A.B.C-Z
65 テンパってるJ 美 少年
69 D:J Journal
72 D:J TV 有岡大貴『探偵☆星鴨』
73 D:J MOVIE 藤井流星『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』
74 D:J SEARCH
75 D:J FORTUNE ラッキーカラー占い
76 撮影小道具プレゼント
78 D:J BOX 読者ページ
81 Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
82 月刊!平成ジャンプ
84 HUG the King & Prince
86 キスラジGO!横尾 渉・宮田俊哉、横尾 渉・千賀健永
88 Sexy Zone A La Mode 中島健人
90 ジャニーズWESTyle 小瀧 望&濵田祟裕
92 A.B.C-Zのえびらんど
93 SixTONES LAB
94 スノケン
95 関ジュ鑑岡 佑吏・福井宏志朗・澤田雅也・吉川太郎、小柴 陸・藤森凌駕・真弓孟之・浦 陸斗、連載コラム
98 室 龍太・原 嘉孝
99 Jr. BANG 堀口由翔・鍋田大成・千井野空翔・渡邉 心・髙橋曽良・久我一智、宮近海斗・川島如恵留・吉澤閑也
102 高橋文哉
103 中尾暢樹
104 瀬戸利樹
105 日向 亘
106 犬飼貴丈
107 髙橋ひかる
108 TAKARAZUKA“d”COLLECTION 星組公演『ロミオとジュリエット』ほか
109 林 翔太
110 松崎祐介・寺西拓人
111 NEWSコンサートレポート
112 Travis Japanコンサートレポート
113 道枝駿佑『Romeo and Juliet』レポート
114 『滝沢歌舞伎ZERO 2021』レポート
116 Hey! Say! JUMPコンサートレポート
118 中山優馬『蜜蜂と遠雷』レポート
119 HOT SHOT!
120 目次
121 なにわ男子
126 Aぇ! group
130 Lil かんさい
132 Boys be
134 Travis Japan
139 HiHi Jets
144 美 少年
149 7 MEN 侍
153 IMPACTors
157 Jr.SP
158 少年忍者
164 中山優馬 with 奥村颯太・大東立樹
166 ふぉ~ゆ~
168 J-novel 3rd SEASON 吉澤閑也
170 表紙 美 少年

参考価格: 381円

ジャニーズ中心の写真・企画・連載が面白い雑誌『DUET』

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

6 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年04月20日発売

目次: ■特集
作曲家時代のファッションと文化
■Pick Up Artist
まらしぃ/ござ / 西村由紀江 /三浦謙司
■好評連載
<講座>
●森本麻衣のピアニスト道
●セロリの電Pパーク!
●コードの時間
●音楽史を歩こう
●事務員Gの名曲タイムトリップ
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
●白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
●ござさんのAll that Goza's Piano Arrange ほか

<連載>
●西村由紀江のMy Favorite Songs
●加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
●ストリートピアノ
●響け★卵たちの毎日
●ピアノを愛する大人たち
●言葉の時間
●学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
●愛と気づきのエンタテインメント
●大学で音楽を学ぼう
●音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事 ほか

■収載予定楽曲
【マンスリー・ピアノ・セレクション】
♪ Poppin’ Shakin’(NiziU)
♪ 桜晴(優里)
♪ 僕が僕じゃないみたいだ(SixTONES)
【いつか必ず弾きたい とっておきの1曲】
♪ 想い出は遠くの日々(天門)
【編集部オススメ! 話題曲】
♪ 廻廻奇譚(Eve)
【気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り♪】
♪ 変わらないもの(奥 華子)
【事務員Gの名曲タイムトリップ】
♪ My Favorite Things ―私のお気に入り―

※上記内容は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

7 ダ・ヴィンチ

メディアファクトリー

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2021年05月06日発売

目次: 表紙★TEAM NACS

●特集1
結成25周年&第17回本公演『マスターピース〜傑作を君に〜』上演中!
成熟する彼ら、新たな魅力を浴びてみたい
CREATOR×NACS
TEAM NACS特集

◎TEAMNACS×吉田ユニ 特別企画ビジュアル ☆特別付録ポストカード
◎TEAMNACSメンバーインタビュー 森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真
◎舞台『マスターピース~傑作を君に~』上演記念対談
TEAM NACS×今会いたい脚本家
森崎博之×古沢良太/安田顕×坂元裕二/戸次重幸×根本ノンジ/大泉洋×野木亜紀子/音尾琢真×宇田学
◎TEAMNACS 25周年の軌跡

●特集2
魂をゆさぶるやつ、教えてください
嗚呼、このマンガが好きすぎる。

◎[対談&コラボイラスト]
椎名うみ(『青野くんに触りたいから死にたい』)×野田彩子(『ダブル』)
◎このマンガが好きすぎるインタビュー
中条省平/あさのあつこ/宇垣美里/恩田陸/SHOCK EYE(湘南乃風)/吉田尚記
◎[対談]川上未映子×穂村弘 「大島弓子がいるから、生きられる」
◎[往復書簡]世紀末×宮崎夏次系
◎よしもと漫画研究部ガチ推薦!最愛マンガ座談会
◎マンガ通25名に聞きました。いま好きすぎる!このマンガ

●インタビュー&対談
三浦しをん、千早茜、蛭田亜紗子、古内一絵、芦花公園、かわしまようこ、近藤弥生子、根本きこ、杉野遥亮、河野純喜(JO1)、松本まりか、渡辺謙、Crystal Kay、大和一孝(スパローズ) ほか

●コミック ダ・ヴィンチ
「マンガ大賞2021」大賞受賞!
“冒険の終わり”から始まる物語
『葬送のフリーレン』アベツカサインタビュー

●ノベル ダ・ヴィンチ
『正欲』刊行&デビュー10周年記念
朝井リョウインタビュー

●好評連載中
荒木経惟「男 ―アラーキーの裸ノ顔―」志垣太郎
星野 源「いのちの車窓から」
北尾トロ「走れ!トロイカ学習帳」
益田ミリ「スーパーマーケット宇宙」
櫻井孝宏「ロール・プレイング眼鏡」
穂村 弘「短歌ください」
和牛「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。」
中原たか穂「ジェリコー」
メグ・シェリー「メグさんの読書占い」
弘中綾香「アンクールな人生」
長濱ねる「夕暮れの昼寝」
松下洸平「フキサチーフ」
カメントツ「ねこおばあさんぼく」
そらる「小説 嘘つき魔女と灰色の虹」

●【旬の本棚】
5月の乱れを整える

●【特別企画】
「本のある場所」のいま
─10年後の被災地、図書館、書店、古本屋、出版社をめぐる─

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2021/04/06
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

大きな文字でとっても見やすい番組表!

Wink Up (ウィンクアップ)

2021年05月07日発売

目次: 表紙 ジェシー
SixTONESのソロ表紙シリーズ第4回目は、メンバーからの信頼が厚いジェシーが登場。巻頭グラビアでは、朝の身支度をして、スーツを着て仕事に出かける様子を撮影。インタビューでは、ジュニア時代に感じていたことや自分が変わるきっかけになったことなどを話してくれています。さらにメンバーとファンへの伝言板、WU初登場から振り返るプレイバック企画などの特別ページも必見!

■特別企画
SixTONESのギャグマシーン ジェシーのこと。
あらためまして! 少年忍者の他己紹介

BIGピンナップ
Snow Man
ジェシー

ピンナップ
那須雄登×浮所飛貴
Lil かんさい

■コンサート&舞台&テレビ&映画密着レポート
『NEWS LIVE TOUR 2020 STORY』
『Hey! Say! JUMP Fab! -Live speaks.-』
『Travis Japan Live tour 2021 IMAGE NATION~全国ツアーしちゃってもいいですかっ⁉~』
舞台『モダンボーイズ』
シンフォニー音楽劇『蜜蜂と遠雷』~ひかりを聴け~
舞台『滝沢歌舞伎ZERO 2021』
ミュージカル『魔女の宅急便』
舞台『Romeo & Juliet―ロミオとジュリエット―』
舞台『ラン・フォー・ユア・ワイフ』
舞台『パークビューライフ』
ブロードウェイミュージカル『IN THE HEIGHTS イン・ザ・ハイツ』
シンドラ『探偵☆星鴨』
連続テレビ小説『おかえりモネ』
日曜劇場『ドラゴン桜』
ドラマ『特捜9 season4』
連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』
オシドラサタデー『コタローは1人暮らし』
ドラマL『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』
映画『胸が鳴るのは君のせい』
 
KAT-TUN
好評連載 中丸雄一のイラスト勉強会は、これまでの連載を振りかえったクイズに挑戦しています。
Hey! Say! JUMP
今月から3人ずつで登場となり、初回は山田涼介×中島裕翔×伊野尾慧が登場! つなぎ姿で話に夢中になりながら撮影した3人。かけあいトークでは、先月配信されたオンラインライブの裏話もしてくれています。
中山優馬
“宴の後”をテーマに、華やかな宴の余韻にひたる時間をイメージした、モノクロ写真をお届けします。インタビューでは、“恋のライバルにしたくないのはどんな男性?”について、ある先輩の話をしています。
Sexy Zone
読書をしたり、コーヒーを飲んだり…“カフェで見かけるお兄さん”をイメージして撮影。インタビューでは、“オレのカフェあるある”や“お疲れ女子を癒す必殺技”などについて聞いています。
A.B.C-Z
今月は“蜘蛛”をテーマに撮影。2人と3人に分かれてのかけあいトークでは、“メンバーを見てカッコいいと思ったこと”について話してくれています。
ジャニーズWEST
今月は、年上組3人がお兄ちゃん役、年下組の4人が弟役になり、お兄ちゃんにマッサージしたり、くつ下を履かせてあげたりとご奉仕する様子を撮影。3チームに分かれてのかけあいトークでは、お互いに日ごろの感謝を伝えあっています。好評連載 アキト×ジュンタのバトルトークパーク!もあります。
King & Prince
“読書男子”をテーマに、ソファでくつろぎながら読書するメンバーを撮影。インタビューは、今月発売の新曲『Magic Touch』にちなみ、“M”“A”“Gi”“C”から始まるキーワードトークです。好評連載 キシノシキ~では、“○○&岸優太”をテーマに、最近のメンバーとのエピソードを聞いています。
SixTONES
今月は“○○なときのメンバー”というお題にそってモノマネをしたり、メンバーが考えた即興ポーズを一緒にやったり、わちゃわちゃカットをたっぷりお届け! 6人でのかけあいトークのテーマは“頼れる男”です。
Snow Man
“居場所”をテーマに、ソファでリラックスしたメンバーの様子を撮影。4チームに分かれてのかけあいトークでは、“優しさ”をテーマに話してくれています。
Travis Japan
今月は“透明”をテーマに、不思議な世界観の中に佇むメンバーを撮影。インタビューでは、“最近見せた自分の男らしい一面”を教えてくれています。
HiHi Jets
今月は“テリトリー”をイメージして撮影。インタビューは、“心に残る出来事”をテーマに聞いています。今月から、HiHi Jetsメンバーがセルフプロデュースするソロページ企画がスタート! 初回は、メイクにもこだわった井上瑞稀が登場です。
美 少年
シャツ×ベスト姿で大人っぽいシックな雰囲気で撮影。インタビューでは、“昔からある我が家のルール”を教えてくれています。
なにわ男子
今月は、いろいろな組み合わせの2ショットをお届け! インタビューでは、一緒に撮影したメンバーとのコンビについて聞いています。
7 MEN 侍
お互いのイメージにあったキーワードが書かれた付箋を貼りあいながら撮影。インタビューでは、自分とグループの“イメージ”について話してくれています。
少年忍者
ヴァサイェガ渉×川﨑皇輝×北川拓実×織山尚大×黒田光輝
メンバーたちと“視線が合う”瞬間をイメージして撮影。インタビューは、“自然と隣にいる人”について聞きました。
少年忍者
元木湧×安嶋秀生×内村颯太×深田竜生×檜山光成×平塚翔馬×青木滉平×豊田陸人
今月は、メンバーから愛される青木の心をつかむため、7人が青木へ愛のあるメッセージを送り、青木が誰のメッセージが愛を感じたかを決める、“青木の愛いただきます選手権”を開催! 青木からのバックハグをゲットしたのは…?
少年忍者
久保廉×田村海琉×小田将聖×山井飛翔×瀧陽次朗×稲葉通陽×鈴木悠仁×川﨑星輝×長瀬結星
スーツ姿で手を振って自分をアピールする9人を撮影。インタビューでも、思いっきり自分をアピールしてもらっています。
IMPACTors
“春の風”をテーマに、パステルカラーに包まれたさわやかなメンバーたちを撮影。
7人かけあいトークでは、念願の『ジャニーズ銀座~』の舞台に立つIMPACTorsの、この1年での変化を聞いています。
佐久間玲駈×田仲陽成×鮫島令×入江奏多×三村航輝
顔をひょっこり出して、かくれんぼをしているイメージで撮影した5人。インタビューテーマは“最近のボク”です。
松浦銀志×寺澤小十侑×石渡大和×羽村仁成×鍋田大成
耳元でこそこそ内緒話をしているイメージで撮影。インタビューでは近況を聞いています。
Aぇ! group
ヘッドホンをして、街中で音楽を聴いているイメージで撮影。インタビューでも“音楽”をテーマに聞いています。
Lilかんさい
“3時のおやつ”をテーマに撮影。ドラマや舞台でお芝居する機会が増えている5人に、“挑戦してみたい役柄”について話してもらいました。
Boys be
伊藤篤志×千田藍生×山中一輝×池川侑希弥×亀井海聖×岩倉司×丸岡晃聖×角紳太郎×上垣廣祐×北村仁太郎×嵜本孝太朗
先月号で話していた仲がいいメンバーどうしで撮影。お互いの似ているところについてかけあいトークしてくれています。
真弓孟之×浦陸斗×大内リオン×藤森凌駕×佐田一眞
おそろいの衣装で仲良く撮影した5人。『ANOTHER~』でさらに絆が深まった彼らのかけあいトークでは、お互いを紹介しあってもらっています。
松崎祐介×寺西拓人
舞台『流星セブン~暁の操り人~』で共演するふたり。舞台についてはもちろん、お互いの推しポイントについても話してくれています。
室龍太×原嘉孝
お互いの“個性”についてトーク! 個性的すぎる原の私服に龍太が物申す…⁉
ヴァサイェガ渉
好評連載 寝巻き男子に登場! 小学生のころの話やグループのセンターとしての思いも聞いています。
大久保祥太郎 中尾暢樹 髙橋ひかる 高橋文哉 永田崇人 Liyuu 祭nine.

「見たい」「知りたい」を徹底的に取材! 女性向けのジャニーズ系タレント・ビジュアル中心のエンタメ雑誌

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

Talking Rock!(トーキングロック!)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌