毎月、毎号お手元にお届けいたします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
捜査研究のレビューを投稿する

捜査研究の内容

実務と教養に資する犯罪捜査の専門誌
悪質、巧妙、複雑化する犯罪に対応すべく、複眼的観点からアプローチする新時代型犯罪捜査専門研究誌。「その時、現場でどうするか」一歩踏み込んだ現場目線、具体的記述で一流の警察官・検察官が解説します。

捜査研究の商品情報

商品名
捜査研究
出版社
東京法令出版
発行間隔
月刊
発売日
[紙版]毎月15日  [デジタル版]毎月22日
参考価格
[紙版]1,100円 [デジタル版]1,100円

捜査研究 2024年4月号 (発売日2024年04月15日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
◆◆Practical Stage◆◆
-----------------------------------------------------------------------------------
■誌上講義 第55回
国境を越えた子の連れ去りをめぐる刑事法上及び民事法上の諸問題
昭和大学医学部教授(薬学博士)・警察大学校講師
元最高検察庁検事 城 祐一郎
-----------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
大麻営利目的所持事件において被告人のスマートフォンの解析から営利目的の立証に
成功した事案
東京地方検察庁検事 畑 尚登
-----------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
被害者供述の信用性が問題となった詐欺事件
東京地方検察庁検事 勢〆 裕介
-----------------------------------------------------------------------------------
■実例捜査セミナー
すり替え盗事案における実行の着手
東京地方検察庁検事 西口 創
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査官のための犯罪心理学(第14回)
連続殺人の心理学(8)
連続殺人犯における空想の重要性
法政大学文学部心理学科教授 越智 啓太
-----------------------------------------------------------------------------------
■元検察官のキャンパスノート No.122
-外事事件- 職業安定法違反(有害業務の紹介)
元法務総合研究所教官 須賀 正行
-----------------------------------------------------------------------------------
■海上保安事件の研究(第149回)
原子力船「むつ」大湊帰港(入港)に伴う警備実施
海上保安大学校名誉教授
広島文化学園大学名誉教授 廣瀬 肇
-----------------------------------------------------------------------------------
■事例に学ぶ 交通事故事件捜査(128)
自転車事故の捜査
(株)知能自動車研究所 山崎 俊一
-----------------------------------------------------------------------------------
■交通捜査のあれこれ(第7回)
1 飲酒事実の裏付け―聞き込みの一手法
2 道交法72条後段の警察官に対する事故の報告と自首
前 神奈川県警察交通部交通捜査課伝承官
(元 検察官副検事) 加藤 隆義
■捜査の英語 Case 124
-----------------------------------------------------------------------------------
■捜査関係ファイル( 2月のできごと)
-----------------------------------------------------------------------------------
■文献紹介(303)
『実例 少年法』
明治大学法科大学院教授 清水 真
-----------------------------------------------------------------------------------
◆◆Press Stage◆◆
-----------------------------------------------------------------------------------
■Book Land
『県警の守護神』
警務部監察課訟務係突然ですが、幹部の余談
■突然ですが、幹部の余談
第一九話 四九年の逃亡が問いかけるもの
日本国際警察協会会長(元警察庁長官) 金髙 雅仁
-----------------------------------------------------------------------------------
表紙
目次
誌上講義 第55回 国境を越えた子の連れ去りをめぐる刑事法上及び民事法上の諸問題 昭和大学医学部教授(薬学博士)・警察大学校講師 元最高検察庁検事 城 祐一郎
実例捜査セミナー 大麻営利目的所持事件において被告人のスマートフォンの解析から営利目的の立証に成功した事案 東京地方検察庁検事 畑 尚登
実例捜査セミナー 被害者供述の信用性が問題となった詐欺事件 東京地方検察庁検事 勢〆 裕介
実例捜査セミナー すり替え盗事案における実行の着手 東京地方検察庁検事 西口 創
捜査官のための犯罪心理学(第14回) 連続殺人の心理学(8) 連続殺人犯における空想の重要性 法政大学文学部心理学科教授 越智 啓太
元検察官のキャンパスノート No.122 -外事事件- 職業安定法違反(有害業務の紹介) 元法務総合研究所教官 須賀 正行
海上保安事件の研究(第149回) 原子力船「むつ」大湊帰港(入港)に伴う警備実施 海上保安大学校名誉教授 広島文化学園大学名誉教授 廣瀬 肇
事例に学ぶ 交通事故事件捜査(128) 自転車事故の捜査 (株)知能自動車研究所 山崎 俊一
交通捜査のあれこれ(第7回) 1 飲酒事実の裏付け―聞き込みの一手法 2 道交法72条後段の警察官に対する事故の報告と自首 前 神奈川県警察交通部交通捜査課伝承官 (元 検察官副検事) 加藤 隆義
捜査の英語 Case 124
捜査関係ファイル( 2月のできごと)
文献紹介(303) 『実例 少年法』 明治大学法科大学院教授 清水 真
Book Land 『県警の守護神』 警務部監察課訟務係
突然ですが、幹部の余談 第一九話 四九年の逃亡が問いかけるもの 日本国際警察協会会長(元警察庁長官) 金髙 雅仁

捜査研究の目次配信サービス

捜査研究最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

捜査研究のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.30
  • 全てのレビュー: 20件
絶対役に立つ
★★★★☆2023年09月27日 けろけろ 公務員
一線で活躍する検察官等の寄稿文が読めるため、実務でとても参考になる。コスパはいいと思われる。
定期購読
★★★★★2023年06月18日 武道館 公務員
為になるので、定期購読をしようと考えています。
刑事弁護人の必読書
★★★★★2022年08月23日 鐘ケ江啓司 自営業
警察幹部、検察官が最先端の捜査手法、法令、判例解説をしている本です。特に「実例捜査セミナー」シリーズが白眉。現役検察官が経験した事案の処理や悩んだ点について正直に記載しています。 ライバル誌として立花書房の警察学論集がありますが、こちらがより実践的です。私は捜査研究と、警察学論集、警察公論を定期購読しています。
ためになる情報が多い
★★★★☆2022年05月16日 K 公務員
知人に薦められて読み始めました。定期購読することにしました。
勉強の素材
★★★★☆2022年05月15日 bb 自営業
興味深い内容。日々の研鑽のために利用しています。
ためになる
★★★★★2021年04月07日 Taka 公務員
現役の検察官や著名な法学者などが書かれた記事が載っていて、基本書では得られない、実務の能力が身につきます。
勉強になります
★★★★☆2021年03月22日 わさ 公務員
最新の知見に触れることができ勉強になります
今度は
★★★★★2020年04月20日 すこに 公務員
定期購読します。とても内容が充実しているからです。
刑事実務の必読書
★★★★★2019年12月21日 こうたろう 公務員
刑事事件に携わる人(捜査官、法律家など)の必読書。学者にも大いに参考になると思いますr
とても参考になります。
★★★★★2019年07月07日 匿名 無職
最新の捜査手法や重要判例、捜査当局の考え方などとても参考になります。捜査対象となる予定の方も読むべきだと思います。
レビューをさらに表示

捜査研究をFujisanスタッフが紹介します

テレビや新聞などで毎日報道される刑事事件。自分は犯罪とは無縁だと思っていても万が一ということも考えられます。さらに、スマホアプリやドローンを使った新しいタイプの犯罪も世の中に出てきています。科学技術が進歩するごとに、それに伴った犯罪が起きるのです。そうした最先端の犯罪を特集しているのが東京法令出版から毎月刊行されている「捜査研究」です。雑誌の作成には警察官や検察官が関わっており、社会問題と化している犯罪の特集や、過去の犯罪の実例を用いて注意を喚起している記事、いざというときに知っておきたい防犯知識など、プロの目線で解説をしてくれています。捜査研究を読めば、犯罪の手口や警察の捜査方法について詳しくなるのは間違いありません。

一般人が一番遭遇しやすい犯罪が特殊詐欺です。代表的なのが、高齢者を狙ったオレオレ詐欺。オレオレ詐欺はすでに広く知れ渡っているにも関わらず、2018年になっても被害額が100億円を超えるという高い水準を保っています。これは、手口の巧妙化が原因としてあげられます。昔は息子役の人間だけだったのが、被害者役や弁護士役といった人間を揃えることで話に真実味を帯びさせているのです。このようにオレオレ詐欺も短期間で変化しているのです。犯罪の変化の流れに取り残されないためにも、捜査研究で常に新しい知識をインプットしておくのがおすすめです。

捜査研究の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.