環 Vol.35 (発売日2008年10月25日) 表紙
  • 雑誌:環
  • 出版社:藤原書店
  • 発行間隔:季刊
環 Vol.35 (発売日2008年10月25日) 表紙
  • 雑誌:環
  • 出版社:藤原書店
  • 発行間隔:季刊

環 Vol.35 (発売日2008年10月25日)

藤原書店
金時鐘の詩 「冬の塒」

石牟礼道子の句 「道行き」

●連続座談 第二回 「自治」とは何か 政治不信からの脱却の道
 粕谷一希+塩川正十郎+片山善博

歩く、そして考える-北京五輪開催下の中国に...

環 Vol.35 (発売日2008年10月25日)

藤原書店
金時鐘の詩 「冬の塒」

石牟礼道子の句 「道行き」

●連続座談 第二回 「自治」とは何か 政治不信からの脱却の道
 粕谷一希+塩川正十郎+片山善博

歩く、そして考える-北京五輪開催下の中国に...

ご注文はこちら

2008年10月25日発売号単品
この商品は定期購読の取扱いがございません。
一冊のご注文からでも送料無料!

環 Vol.35 (発売日2008年10月25日) の目次

金時鐘の詩 「冬の塒」

石牟礼道子の句 「道行き」

●連続座談 第二回 「自治」とは何か 政治不信からの脱却の道
 粕谷一希+塩川正十郎+片山善博

歩く、そして考える-北京五輪開催下の中国にて  木村知義
先住民サミット アイヌモシリ2008のこと  結城幸司

■鼎談■ 「食糧問題」の問題点  榊原英資+幕内秀夫+岩澤信夫
 戦後農政の欺瞞と日本農業復興の途・・・・・・・・・山下一仁
 「伝統野菜」と「食べ物」をめぐる諸問題・・・・・・・鈴木圭介
 日本の漁業は、どうあるべきか・・・・・・・・・・・・・・・鷲尾圭司
 水問題から見た食糧問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山田国廣
 西洋医療の問題点と食の重要性・・・・・・・・・・・・・鶴見隆史

小特集 岡倉天心と21世紀のアジア
 岡倉天心と東アジア共同体・・・・・・・・・・・・・・・・・・進藤榮一
 岡倉天心を媒介にして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・孫歌
 東アジアにおける共同体と空間の位相・・・・・・・山室信一

<シンポジウム> 今、なぜ榎本武揚か
M.W・スティール+小倉和夫+佐藤優+速水融 (司会)高成田享

<報告> 鶴見和子さん三回忌の集い

<報告> 岡部伊都子さんを偲ぶ会



<書物の時空>
●名著探訪 粕谷一希/猪木武徳/中村桂子/渡辺京二
●書評 井上章一/赤坂憲雄/松島泰勝
●本をめぐる対話 3 新保祐司+粕谷一希

<寄稿> 近代日本仏教史の中の土宜法龍  奥山直司

●連載

P・ブルデュー/小倉和夫/王柯/橋爪紳也 /石井洋二郎/能澤壽彦

環の内容

新しい時代に向けてトータルな知の総合を企図する学芸総合誌! 多くの読者の皆様方からのご支持をいただき、創刊10周年!
われわれはいったいどこに立っているのか、どこへ行こうとしているのか。われわれは先の見えない混沌の中にいる。今こそ、世界史のダイナミズムのうちに、みずからが存在していることを自覚しなければならない。学問の真の目的は、現実をどう認識するか、にある。しかし現実は、諸学の狭隘な視野を越えるトータルな知と、大地に立って物事の本質を掴む歴史意識において、はじめて姿を現すものなのである。今われわれが混沌の中にいるとすれば、それは、歴史に向かいあう主体のあり方を顕示する学の不在を示している。必要なのは、学の総合と、学における歴史意識の回復である。そして、それは作り手と読み手の問題意識、現実認識、すなわち歴史認識が、より直接的に反映されうる総合誌においてこそ、試みられるにふさわしい企図であろう。現実を、歴史を、「全体」として捉えるようなトータルな知をこの雑誌で提示していきたい。

環の目次配信サービス

環最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

環の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.