Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)

月額払いなら毎号8%OFFでとってもお得!送料も無料でお手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)のレビューを投稿する

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の内容

銃・射撃の専門誌「月刊ガンプロフェッショナルズ」
本誌は、「月刊アームズマガジン」の増刊として発売、2012年8月号より独立創刊し月刊誌となりました。実銃専門誌で活躍してきた海外ライターが一挙集結し、日本では見ることのできない海外の銃器に関する最新情報を毎月発信する銃と射撃の専門誌です。≪メインコンテンツ≫★海外実銃レポート★上記ライター陣による各地での取材レポート。★アームズマガジン誌とはコンセプトの異なる角度からの国内トイガンレポートを掲載。
Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)ロゴ

ガンプロフェッショナルズの定期購読はココがおすすめ!

●本誌では読めない取材こぼれ話など
「海外ライター&副編集長レター」が毎月読めます!

※本誌に毎月同封いたします。


●初回お申し込み特典としてレターが保存できる
特製クリアーブックもプレゼント!

※開始号時にお送りいたします。


特典イメージ

Gunprofessionals Policies

銃器及び射撃を健全な趣味領域の対象と捉え、世界各国の銃器を取材し、正確な銃器及び射撃の情報を読者に提供する。玩具遊戯銃に関しても同様に扱う。これにより、我が国において銃器及び射撃が健全な趣味として拡大発展していくことを目指す。

ガンプロフェッショナルズ 定期購読のご案内

毎号送料無料でお手元にお届けします!

選べる2つの定期購読プラン

1冊分が無料になる年間購読プラン お買い得!

気軽に始められる月額払いプラン

①年間購読プラン
1冊定価1,500円(税込)×12冊分=18,000円 → 年間購読なら8%OFFの16,500円 [1冊分無料]
※6ヵ月プランもございます。

②月額払いプラン
ご購読期間に指定はなく、毎月お届けした分を後払いできる定期購読です。
好きなタイミングで解約できる(マイページやお電話で)ため、とりあえず1~2冊試しに読んでみたい方におすすめです。

※特別定価や付録付き号でも購読料は変わりません。

月額払いとは?
届いた分だけご精算のいつでも解約可能なサービス♪こんな方におススメ!
1
試しに始めたい
2
〇〇冊だけ届けて
3
最初は節約したい
4
後から支払いたい
月額払いとは、ひと月ごとに配送した冊数分のみをご請求し、いつでも解約可能なお気軽に利用できる購読形態です。お支払いのサイクルはひと月ごとに配送した冊数分を月末の前日に締め、翌月のご請求となります。

初めてのご購入で500円割引

Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。

レビュー投稿で500円割引

レビュー投稿で500円割引

好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の商品情報

商品名
Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)
出版社
ホビージャパン
発行間隔
月刊
発売日
毎月27日
参考価格
1,980円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ) 2024年7月号 (発売日2024年05月27日) の目次

Gun Professionals 7月号は、現在世界最大の銃器メーカーとなったSIG SAUERのピストル新旧2挺とクラシックな傑作ライフルをご紹介します。ピストルのひとつは現代のSIG SAUERが形作られる母体となったスイスのシュバイツイッシュ・インデュストリー・ゲゼルシャフト(SIG)が作り上げ、1949年にスイス軍にP49として採用された傑作P210です。現代でもアメリカで製造が続くP210ですが、味わい深い初期のスイス製P210を詳しくご紹介します。
 そしてもうひとつのピストルは、SIG SAUER最新モデルです。コンパクトピストルとしてスタートしながらそのバリエーションを拡大し、大型ピストルサイズとなったP365 AXGリージョンのレポートをお届けします。75年もの時間差のある新旧のピストルですが、どちらも魅力的であることを感じて頂きたいと思います。
 クラシックなSIGのライフルはスイス軍用ライフルStgw57の民間バージョンであるSIG SG510です。現代のアサルトライフルとは明らかに違う7.5×55mmのヘビーライフルをスイスで取材しました。その他、CZ の現代ポリマーピストルP10Cやエンフォースタックレポートの2回目などをお届けします。

【実射レポート】
SIG P210 Classic
SIG SAUER P365-AXG LEGION
SIG SG510 (Stgw57民間バージョン)
CZ P10 C
Ruger LCR 22 Magnum
エンフォースタック ライフル編

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の目次配信サービス

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 3.71
  • 全てのレビュー: 34件
銃器専門誌として最も優れている
★★★★★2022年11月02日 HAL 自営業
創刊号前のVol.0から愛読しています。旧GUN誌の「永逝」休刊からGUNプロフェッショナル、GUNマガジンの2誌に分かれ、GUNマガジンも「永逝」休刊、最終的に統合される形で10年以上続いています。最新の銃器から古いものまで幅広く扱っており、特にアメリカの銃器最新トレンドをわかりやすく知ることができる唯一の雑誌です。一部ページでトイガンを扱っていますが、メインは実銃です。同出版社からアームズマガジンが出ていますが、こちらはトイガン、サバゲーがメインでアニメやゲームなどトレンドに流されやすいネタですが、GUNプロフェッショナルはそういったことにはブレずに貫き通していますのでとても好印象です。B5サイズで読みやすいのも特徴でこのままのサイズで行ってほしいです。半面誤字脱字は確かに気になると思います。私は非常におすすめの雑誌です。
必要なのか…
★★★★☆2022年06月26日 カズ 社長
最近はネットで世界中の情報が手に入る時代ですが、ガンプロでしか知り得ないものもあります。もしそれがなくなったら買う意義はなくなるでしょう。 そうならないように願ってます。 しかし、最近は値段高くなったなあ…
定期購読
★★★★★2021年07月06日 maiko nakatani 公務員
毎月発売日に書店へ行く手間が省けました。
海外支局レポーターの実銃レポートと国内トイガンについて
★★★★☆2021年06月05日 たぬき 会社員
旧gun誌から引き続いて購読しています。タークさんのメカについてのハイレベルの記事が最も魅力がありますが、toshiさんのオタク的タメ口文にも癒されます。
価格に見合うだけの内容が・・・
★★☆☆☆2021年04月25日 竹内 会社員
国際出版が倒産後にライターを引き継いだ此方を長期で定期購読しております。 最近は号毎に記事のクオリティに差が大きいように思います、文章力とでも言うのか読ませる記事が少なく思います。 それよりも写真の出来が非常に残念な事があります、ライターの差はあるでしょうが一定のレベルが保たれていないように感じる事も多いです。 取りあえず写真を掲載しとけばいいのかもしれませんが、拘りの感じられない薄暗い写真だったり修整してデティールが分からないような 写真が平気で掲載されています。 昔のナガタイチロー氏のような引き込まれる写真は僅かばかりです、デジタルで修正が出来るので それに甘んじているような点も見られます。 読み捨てるような値段の本でもないですし紙の本として出版するのであれば価値のある絵だけ載せて欲しいです。 1年くらいで購買層が変わる本では無いので一定のクオリティは保って下さい。
貴重です
★★★★☆2021年01月04日 nekoma 会社員
実銃の記事は、貴重です。このまま、他紙に無い情報を期待します。古い銃もお願いします。
情報満載!
★★★★☆2020年11月05日 オヤジ 専門職
実銃情報満載!!  写真もきれいです。 コーヒー片手に紙媒体で楽しめます。
相変わらず
★★☆☆☆2020年09月29日 71boss351 会社員
相変わらず誤字、脱字、誤植が目立つ 政治に絡んだ記述は不要です
最悪
★☆☆☆☆2020年09月26日 jerk 会社員
毎月どんどんつまなくなる上、ライターの質が一人だけ宗教、嗜好をやたらとパブリッシングに平気で載せる人が居て 今月は最悪だった 世界の情勢を見てないんだろなと、読んでいて不快になった。発言の自由と公正な雑誌の立場がわかってないんじゃないのか?質の悪い雑誌になったな
銃ヲタには堪らない本格的な実銃専門誌!!
★★★★☆2020年08月27日 スミノ 大学生
ピストルやリボルバーからライフルまでを雑多に取り扱っています! 個人的にはハンドガンの割合が多いかなと思います。 銃ヲタ初心者には全体的に少し難しい内容となっていますが、「難解過ぎて読めない…」というコトはないのでこのGun誌からいきなり入ってしまうというのも一つの手でしょう。 誤字脱字が少々あるのが気になりますが、全体的にレベルの高い雑誌です。
レビューをさらに表示

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)をFujisanスタッフが紹介します

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)は、「月刊アームズマガジン」の増刊号です。2012年から銃と射撃の専門誌としてこれまで数々の情報を発信してきました。日本では見ることのできない海外の銃器に関する最新情報を、海外で活躍しているライターが丁寧に説明してくれます。

取り上げられる記事は、銃に関する内容のみ。銃をよく知ってもらえるように、細部の写真を織り交ぜて、わかりやすく説明されています。また、初心者の方でも興味を持ってもらえるように、映画やドラマなどで使用された銃も取り上げられています。

銃の歴史や、各メーカーのこだわり、銃の特徴などあらゆる角度から、銃の魅力に迫る誌面が多く、実際に手にとることはできなくても、その銃の良さを実感することができます。また、最新の銃事情のみならず、昔懐かしい実銃の紹介記事もあり、幅広い世代が関心を持てる内容になっています。

銃そのものの紹介だけでなく、現在の銃社会の問題なども積極的に取り上げ、銃について深く考える機会を与えてくれます。日本では、見ることも触ることもできませんが、Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)を読めば、あなたも銃のプロフェッショナルになること間違いなしです。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)定期購読のプレゼント

特製クリアーブック
対象購読プラン:月額払い・6ヶ月・1年
初回お申込み特典として定期購読でしか読めない限定レター(記事)が保存できる特製クリアーブックをプレゼントいたします!
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

Gun Professionals(ガンプロフェッショナルズ)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.