J-MONEY(ジェイマネー) 発売日・バックナンバー

全34件中 1 〜 15 件を表示
■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
多様なシナリオへの分岐点となる2024年は
市場コンセンサスが見逃すリスクへ備えを拡充

■J-MONEYカンファレンス・レポート
金利・為替変動時代に考える
債券運用の新たな航路

■企業年金連絡協議会50周年 記念座談会
「今、困っていること」を相談できる仲間たち
新規投資の道案内やリスク回避にも一役

■News & Analysis
IFMインベスターズ/グローバル・フィデューシャリー・シンポジウム

<連載>

■アウトルック
マクロ経済(美和 卓氏)
マクロ経済(藤田 亜矢子氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
債券(荒磯 亘氏)
金(森田 隆大氏)

■ESG投資の新潮流
第6回テーマ:カーボン・クレジット市場の開設
東京証券取引所 カーボン・クレジット市場整備室 課長 川久保 佐記氏/カーボン・クレジット市場整備室 調査役 森 勇貴氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
世界の安定的な不均衡と円キャリートレードに転機
ドル円は2024年に最大115円まで下落の可能性

■年金基金お悩み相談室
「企業年金の高度化に向けた体制整備で求められることはなんでしょうか?」
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
2024年度の賃上げ率が3%を実現しても「賃金インフレ」と呼ぶには大げさ
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏
■【第33回】東京外国為替市場調査

■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
“縦の分散”高めるヘッジファンド戦略が
ポスト流動性相場の不確実性対応のカギ

■連載「ESG投資の新潮流」特別版インタビュー:PRI
「コミットメントから行動へ」がテーマ
PRI in Personが2023年10月に日本初開催

■News & Analysis
野村アセットマネジメント/モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント

連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
株式(鈴木 正博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)
中国経済(ジン・リュー氏)

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
米国と異なり過剰流動性の創出は抑制
量的引き締めによる円高効果は限定的か

■日銀ウオッチャー(第一生命経済研究所 藤代宏一氏)
毎月勤労統計、GDPデフレーター、
企業の予想インフレ率の上昇維持がカギ

■年金運用お悩み相談室(ニッセイ基礎研究所 徳島 勝幸氏)
Q. 株式と債券とに分散投資する効果は、本当に存在するのでしょうか?
Q. インフレ環境下の年金運用では、どのようなことを意識すべきでしょうか?
1,000円
■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
10年ぶりの貸し手相場×金融引き締めで
ダイレクトレンディングが絶好の投資機会に

■J-MONEYカンファレンス・レポート
ヘッジファンド戦略の活用が
安定運用のネクスト・ノーマルに

■サステナビリティを促進する運用会社のレポート
企業・国へのエンゲージメント活動の起点に

■News & Analysis
アリアンツ・グローバル・インベスターズ/PGIM

<連載>

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
マクロ経済(藤田 亜矢子氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
金(森田 隆大氏)

■ESG投資の新潮流
第5回テーマ:米国における反ESGの広がり
年金シニアプラン総合研究機構 上席研究員 福山 圭一氏

■日銀ウオッチャー
加速が見込まれる名目賃金
円安対策としての金融緩和の修正へ
第一生命経済研究所 主席エコノミスト 藤代 宏一氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
「何か起きたか」と思うほど低調なアジア経済
リスクオンの円売りは長続きしない

■米国マーケット事情
高インフレで異例の推移となったドル
~景気サイクルとドルサイクルの変動パターン~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本将司氏

■年金基金お悩み相談室
「マルチアセット運用のポイントは、
どういったところにあるのでしょうか?」
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏
1,000円
■【アンケート特集】日本銀行の“新時代”
YCC解除後の10年国債金利は
0.8~1.0%前後か

■ディール・オブ・ザ・イヤー2022

■2022年ベスト・リサーチハウス・ランキング
野村證券・いちよし経済研究所が
「大型株」「中小型株」部門で強さ発揮

■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
“縦の分散”高めるヘッジファンド戦略が
ポスト流動性相場の不確実性対応のカギ

■News & Analysis
M&Gインベストメンツ/アリアンツ・グローバル・インベスターズ

連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 正博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■ESG投資の新潮流
第4回テーマ:生物多様性
大和総研 金融調査部 ESG調査課長 主任研究員 太田珠美氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
為替動向のカギを握る中国政府の政策転換
資産バブル崩壊なら急落に近いドル安・円高か

■米国マーケット事情
米景気楽観論とドルサイクルの行方
~インフレ高止まりなら最終的にリスク回避のドル高へ~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本将司氏

■年金基金お悩み相談室
「ヘッジ外債運用のパフォーマンスが不芳です。
どのように考えたら良いでしょうか?」
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏
1,000円
■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
風向きの変化に直面するプライベート市場
ミドルマーケットの「エッジ」に熱視線

■【特集】2023年の運用環境と安定運用
景気後退やドル安懸念が浮上
インフレ連動債を固定利付債の代替に

■巻頭言
バークレイズ 日本 カントリーCEO 森原 恒輔氏

■News & Analysis
年金積立金管理運用独立行政法人/ベアリングス/モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント/ルーミス・セイレス/ジャパン・リスク・フォーラム

連載

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
マクロ経済(藤田 亜矢子氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(井野 鉄兵氏)
REIT(西村 章氏)

■ESG投資の新潮流
第3回テーマ:ソブリン債のESG投資
世界銀行やPRIの情報を活用し
投資の“ホライズン”を伸長させる
野村サステナビリティ研究センター長 江夏 あかね氏

■米国マーケット事情
FRB利上げペース減速後のドル円相場
~利上げのドルサイクルとドル円相場への影響~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
――生保一般勘定の予定利率引き下げにどう対応するか――
即減額・解約は軽率。保有する魅力を再認識
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
金融政策のカギは賃金上昇率
春闘での賃上げ目標が判断材料の1つに
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
キャリートレード主導相場は長続きせず
ドル円は購買力平価に従い大量巻き返しか
■【特集】機関投資家のポートフォリオ戦略
――「インフレ」「金利」「為替」トリプルショックへの対応――
ハイクオリティな債券と局面特化型の戦略を
組み合わせて追求する「レジリエンス」

■【特集】機関投資家の運用ことはじめ
――企業年金・金融法人の担当者必見!――
「外部」と連携し、ポートフォリオ全体で
分析・意思決定する俯瞰力を身に付ける
⇒連動インタビュー
「企業年金連絡協議会をご存じですか」(J-MONEY論説委員 阿部圭介)

■【特集】第32回 東京外国為替市場調査
波乱の2022年もMUFGが制し
「総合評価」17年連続の1位に

■News & Analysis
Codo Advisory/MVクレジット

連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 正博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■ESG投資の新潮流
第2回テーマ:「人権とESG投資」
エミネントグループ 代表取締役社長 CEO 小野塚 惠美氏

■米国マーケット事情
サイクルトップを探るドル円相場
~ドルサイクルから見るドル円相場の現状と今後~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
リスクマネジメントは投資や経営そのものの基本
~難しく考えず軽視しない~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
次期総裁は日銀出身者が有力
YCC解除は2023年後半の見込み
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
米国の景気後退は国際収支危機の引き金
ドル円相場の反転は未だ見通せず
1,000円
■機関投資家のポートフォリオ戦略
~生保一般勘定の予定利率引き下げへの対応~
プライベート資産×債券での代替が有力
金利上昇で一般勘定の配当戦略にも注目

■リアルアセット投資の最新トレンド
グリーンフィールド型案件に積極投資
デフォルトに備え、エグジット分散を図る

■ハイトマン

■ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント

■市場見通し
中国・インド・ブラジル・オーストラリア・トルコのJBIC現地駐在員に聞く
注目の投資対象国の可能性

■オンライン記事ダイジェスト

■巻頭言
UBSグループ 在日代表 中村 善二氏

連載

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
マクロ経済(鵜飼 博史氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(井野 鉄兵氏)
仮想通貨・暗号資産(千野 剛司氏)
REIT(西村 章氏)

■ESG投資の新潮流
第1回テーマ:TCFDに基づく情報開示指針
三菱UFJリサーチ&コンサルティング フェロー プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト 吉高 まり氏

■米国マーケット事情
米株価下落継続でも大局的ドル高は継続へ
~ドルサイクルに基づくドル相場の定点観測~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
海外への投資は怖いものか?
~怖れを捨てて外に向かおう~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
世界の主要中銀の金融引き締め終盤が
日銀の出口戦略着手のタイミング
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
ドル円相場は既に過大評価の限度を逸脱
年末までに120円へ下落しよう
1,000円
■機関投資家のポートフォリオ戦略
――欧米のESG投資動向と日本の現在地――
SFDR導入の影響と注目テーマの変化

■「イールドアセット」最前線
インフレと金利上昇に強い
低流動性資産をFoF経由で運用

■ディール・オブ・ザ・イヤー2021

■2021年ベストリサーチハウス・ランキング

■三菱UFJモルガン・スタンレー証券

■コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツ

■大学基金の運用戦略

■J-MONEY Onlineカンファレンス

■巻頭言
日本証券アナリスト協会 会長(代表理事)
野村アセットマネジメント CEO 兼 代表取締役社長 小池 広靖氏

連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 正博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■米国マーケット事情
米国でも強まる経済安全保障重視の動き
~概要・方向性と経済・市場へのインプリケーション~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■日銀ウオッチャー
1年後の総裁任期満了を見据え
早期にマイナス金利を撤廃か
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
あなたは未経験のインフレに対応できますか?
~インフレ・金利上昇と債券投資~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■アジア投資インサイト
ゼロコロナからウィズコロナへ転換するベトナム
チャイナ・プラスワンの立場は維持
証券市場改革追い風に格上げを狙う
アイザワ証券 市場情報部(アジア情報課) マネージャー 北野 ちぐさ氏

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
ドル安は短命に終わり
ドル円相場は130円に向けて上昇


1,000円
■機関投資家のポートフォリオ戦略
コロナ禍・インフレ・中国の3大リスクには
債券運用の多様化と低流動性資産で対応

■プライベートアセットの最新動向
分散効果が見込める“長期成長資産”
マネージャー選定と商品理解がカギ

■巻頭言
日本証券業協会 会長 森田 敏夫氏


連載

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
マクロ経済(鵜飼 博史氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(内田 稔氏)
REIT(西村 章氏)

■米国マーケット事情
スタグフレーション懸念はドル高支援材料
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
プライム上場の“ステータス”の行方
~TOPIXには大きな変化はないが~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
「低金利の副作用」「物価上昇」
「世界の潮流」が日銀を動かす
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■アジア投資インサイト
コロナと国内問題に揺れるタイ
物価高と反政府運動を抑え
2037年の先進国入りを目指す
アイザワ証券 市場情報部(アジア情報課) マネージャー 北野 ちぐさ氏

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
円安シンドロームの時代に突入した日本経済
ドル円相場は130円を目指す展開か
■「機関投資家のポートフォリオ戦略」10周年記念特集
オルタナティブ投資はファンドマネージャー次第
ゲートキーパーの活用で選定を効率化

■第31回 東京外国為替市場調査
MUFGが「総合評価」16年連続1位
3位にJPモルガンがランクイン

■巻頭言
明治安田生命保険 取締役会長 根岸 秋男氏


連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 正博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■米国マーケット事情
ドルは当面強含み推移を継続へ
~ドルサイクルから考えるドル相場の見通し~
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■日銀ウオッチャー
デフレの脅威はコロナの後にやってくる
サービス業などでは値下げ競争が加速
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
投資家と発行体の両者がWin-Winの関係に
~何のためにESG投資を意識するのか~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■アジア投資インサイト
首都移転構想に賭けるインドネシア
対外リスクに脆弱なイメージ
米テーパリングの影響を注視
アイザワ証券 市場情報部(アジア情報課) マネージャー 北野 ちぐさ氏

■プロの視点
知的資本――高成長企業を見極める新アングル
キャピタル アセットマネジメント 運用本部株式運用部長 土屋 直樹氏

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
米国の金融政策正常化、日本の政局混乱と
資本流出が招くドル高円安
1,000円
■特集1 機関投資家のポートフォリオ戦略
収益機会、リスク、社会的責任が交差する
「脱炭素運用」を2つのポイントで読み解く

■特集2 低利回り時代の運用ストラテジー
過去実績がリンクしやすいプライベート資産
運用者の投資戦略の遂行力見極めがカギ

■J-MONEY Onlineカンファレンス
~本当に長期的リターンに資するのか?~
再考ESG投資

■巻頭言
年金積立金管理運用独立行政法人 理事長 宮園 雅敬氏


連載

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(内田 稔氏)
仮想通貨(暗号資産)(松田 康生氏)
REIT(西村 章氏)

■米国マーケット事情
明確となってきたバイデン政権のドル政策
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
年金運用における不動産投資の意義
~新型コロナのインパクトと分散投資の意味合い~
ニッセイ基礎研究所 取締役金融研究部研究理事 兼年金総合リサーチセンター長 兼ESG推進室長 徳島 勝幸氏

■日銀ウオッチャー
米国並みの異次元財政支出の実現で
2%の物価上昇は達成可能か
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■アジア投資インサイト
ロックダウンにあえぐフィリピン
内需依存で経済活動に大打撃も
ペソには経常収支黒字化の追い風
アイザワ証券 市場情報部(アジア情報課) マネージャー 北野 ちぐさ氏

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
3つの憂慮すべきリスクシナリオ
ドル円相場は100円を試す展開か
1,000円
■機関投資家のポートフォリオ戦略
収益性・コロナ禍・SDGs対応で脚光
日本でも広がる「低流動性アセット」

■マルチアセット特集
アウトソースでコストが下がるケースも

■年金基金への提言

■ディール・オブ・ザ・イヤー2020

■2020年ベストリサーチハウス・ランキング

■プライベートバンキング
三菱UFJモルガン・スタンレー証券が日本のPB部門総合ランキング1位を獲得

■巻頭言
野村ホールディングス 代表執行役社長 グループCEO 奥田 健太郎氏

■Column プロの視点
日本証券業協会 管理本部共同本部長 鎌田 沢一郎氏

■Column COMPASS<羅針盤>
金融情報システムセンター 理事長 稲垣 光隆氏



連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 政博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■米国マーケット事情
積み上がる米国政府債務は持続可能か?
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■日銀ウオッチャー
FEDビュー .vs BISビュー
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
日米金利差と為替ヘッジ
ニッセイ基礎研究所 金融研究部研究理事 年金総合リサーチセンター長 徳島 勝幸氏

■シンクタンクの眼 
銀行の口座維持手数料導入の可能性
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主席研究員 廉 了氏

■新連載アジア投資インサイト
海外マネー呼び込むベトナム
アイザワ証券 市場情報部(アジア情報課) マネージャー 北野 ちぐさ氏

■一橋大学MBA 金融ゼミナール
事業会社と「責任ある投資」の不都合な真実
一橋大学大学院経営管理研究科 教授 伊藤 彰敏先生

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
ドルと米国名目長期金利の関係は「負の相関」に回帰する可能性
1,000円
■機関投資家のポートフォリオ戦略
債券・クレジット分野の再構築はビジネスモデル転換とESG適応に着目

■ESGの可能性
リスク低減を通じた企業価値向上を長期的なリターンに変えていく

■巻頭言
投資信託協会 会長 松谷 博司氏

■Column COMPASS<羅針盤>
国際協力銀行 代表取締役副総裁 林 信光氏

■Column プロの視点
東京きらぼしフィナンシャルグループ 取締役会長 味岡 桂三氏

連載

■アウトルック
マクロ経済(山川 哲史氏)
マクロ経済(美和 卓氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(内田 稔氏)
仮想通貨(暗号資産)(松田 康生氏)
REIT(西村 章氏)

■米国マーケット事情
バイデン新政権のドル政策を考える
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■日銀ウオッチャー
日銀が地域金融強化のために特別付利を導入
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
オルタナティブ投資への向き合い方
ニッセイ基礎研究所 金融研究部研究理事 年金総合リサーチセンター長 徳島 勝幸氏

■シンクタンクの眼 
各国で導入検討が進む中銀デジタル通貨
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主席研究員 廉 了氏

■中国企業インサイト
構造転換期に差し掛かるユニコーン企業
柔軟な上場条件の科創板は日系にも好機
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 開発研究センター 企業・産業研究グループ 副主任研究員 丁 可氏

■一橋大学MBA 金融ゼミナール
コロナ禍の新たな金融機能「PEファンド」
一橋大学大学院経営管理研究科 客員教授 幸田 博人先生

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
ドル円相場は2021年末までに90円を目指す展開
■第30回 東京外国為替市場調査

■アフターコロナの運用戦略

■「格差」広がる地域金融機関

■TOPインタビュー
 三井住友DSアセットマネジメント 代表取締役社長 兼 CEO 猿田 隆氏

■ESG/SDGs
企業の持続可能性への挑戦を「見える化」して民間の投資マネーの流れを拡大する

■巻頭言
日本プライベート・エクイティ協会 会長 木村 雄治氏

■Column COMPASS<羅針盤>
日本政策投資銀行 代表取締役会長 木下 康司氏

■Column プロの視点
金融経営研究所 所長 山口 省蔵氏

連載

■アウトルック
マクロ経済(河野 龍太郎氏)
マクロ経済(長内 智氏)
マクロ経済(足立 正道氏)
株式(鈴木 政博氏)
株式(市川 雅浩氏)
為替(佐々木 融氏)
為替(唐鎌 大輔氏)
REIT(大畠 陽介氏)

■米国マーケット事情
「バイデン大統領」ならドル高要因剥落へ
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■経済指標を読み解く 8月分景気動向指数
7月分先行CI、一致CIとも前月差は2カ月連続上昇。
8月分一致CI上昇なら「悪化」判断脱却
三井住友DSアセットマネジメント 理事・チーフエコノミスト 宅森 昭吉氏

■日銀ウオッチャー
マネーストックの大幅な増加による「コロナインフレ」というシナリオ
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
インカム収益力の低下と将来の金利反転で
マイナスリターンの可能性が高まっている
ニッセイ基礎研究所 金融研究部研究理事 年金総合リサーチセンター長 徳島 勝幸氏

■シンクタンクの眼 
デジタル・ガバメントと民主主義
三菱UFJリサーチ&コンサルティング イノベーション&インキュベーション部 マネージャー 埜口 忠祐氏

■中国企業インサイト
OPPOやTik Tokのアジア戦略
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 開発研究センター 企業・産業研究グループ 副主任研究員 丁 可氏

■一橋大学MBA 金融ゼミナール
共歪度・ベータ変動リスクプレミアムの仕組み
一橋大学大学院経営管理研究科 金融戦略プログラム 教授 中村 信弘先生

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
2021年末までにドル円相場は90~100円のレンジと予想
1,000円
■いまこそ考えたい、テールリスクに備えた運用とは?

■ESG投資の「今」と「未来」を体感するPRI in Person TOKYOが2021年9月に開催

■巻頭言
損害保険ジャパン 取締役会長
日本経済団体連合会 企業行動・SDGs委員長
日本民間公益活動連携機構(JANPIA) 二宮 雅也氏

■Column COMPASS<羅針盤>
大和総研 専務理事 道盛 大志郎氏

■Column プロの視点
日立製作所 エグゼクティブストラテジスト 青木 周平氏

■機関投資家の注目レポートランキング

連載

■アウトルック
マクロ経済(美和 卓氏)
株式(新井 洋子氏)
株式(井出 真吾氏)
為替(高島 修氏)
為替(内田 稔氏)
仮想通貨<暗号資産>(松田 康生氏)
REIT(西村 章氏)

■米国マーケット事情
コロナショック後のドルの行方
国際通貨研究所 上席研究員 橋本 将司氏

■マイナス金利を乗り越える年金運用
限界がささやかれる4資産区分
時価比を大きく超えた日本株保有は再考を
ニッセイ基礎研究所 金融研究部研究理事 年金総合リサーチセンター長 徳島 勝幸氏

■経済指標を読み解く 2020年4~6月期・実質GDP
コロナ禍で、個人消費、設備投資、外需が大幅減
現行統計史上最大のマイナス成長の可能性大
三井住友DSアセットマネジメント 理事・チーフエコノミスト 宅森 昭吉氏

■日銀ウオッチャー
政府の拡張的財政政策のサポートは「計画犯的掟破り」
第一生命経済研究所 主任エコノミスト 藤代 宏一氏

■シンクタンクの眼 
通貨の下落が鮮明な新興国
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 研究員 土田 陽介氏

■中国企業インサイト
「BAT」の3社のほか業界ごとに専門プラットフォーマー
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 開発研究センター 企業・産業研究グループ 副主任研究員 丁 可氏

■一橋大学MBA 金融ゼミナール
3つのキャッシュフローで企業のライフサイクルを分析
一橋大学大学院経営管理研究科 教授 野間 幹晴先生

■ニュース&アナリシス

■寄稿(J-MONEY論説委員 梅本 徹)
金融市場の財政破綻懸念で下落圧力に晒される円
おすすめの購読プラン

J-MONEY(ジェイマネー)の内容

プロフェッショナルが選ぶ金融専門誌
『J-MONEY』は、1986年創刊の『EUROMONEY日本語版』を前身に、30年にわたって金融機関や機関投資家、企業の財務担当者といった金融のプロフェッショナルに読まれ続けてきた金融専門誌です。金融や経済の専門家らの取材をもとにした独自記事、海外記者や日本の著名アナリストらが執筆する寄稿記事などを通じて、実務に役立つ情報を提供しています。金融や経済の第一線で働く方のほか、この分野のプロフェッショナルを目指す学生の方にも読み応えのある誌面内容となっています。

J-MONEY(ジェイマネー)の目次配信サービス

J-MONEY(ジェイマネー)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

J-MONEY(ジェイマネー)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.