DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 151 〜 165 件を表示
785円
2009年10月号/No.201


2009年8月25日発売
定価750円(税込)


今月『ダンクシュート』は、本誌2年ぶりとなる現役NBA選手のベスト50企画を実施! 専門家によるランキングを基に最新版の現役最強選手50人を一挙に発表する。第2特集は、移籍市場の動きを徹底的に踏まえた全30チームの開幕ロースター予測&戦力診断。その他ドゥエイン・ウェイド、デリック・ローズらのインタビュー、ドワイト・ハワードの素顔など、オフも見逃せない企画が目白押し。NBAスターの超絶テクニックを詳細解説した『NBAスーパーテクニックファイル』も特別付録!
>>>More


【別冊付録】
NBA SUPER TECHNIQUE FILE
NBAスーパーテクニックファイル

世界最高峰のNBAで活躍するスーパースター10人のテクニックを、連続写真とNBA解説でお馴染みの中原雄氏の解説付きで徹底解剖。

◆コビー・ブライアント(ワンドリブル&フェイダウェイジャンパー、ティアドロップ、ターンアラウンド&フェイダウェイジャンパー)
◆ドゥエイン・ウェイド(ビハインド・ザ・バック&ターンアラウンドジャンパー)
◆エマニュエル・ジノビリ(フェイク&ドライブ)
◆ドワイト・ハワード(パワープレー)
◆クリス・ポール(ステップバックジャンパー)
◆ヒディエット・ターコルー(ランニングフェイダウェイジャンパー)
◆デロン・ウィリアムズ(フェイク&ジャンパー)
◆クリス・ボッシュ(ポストプレー)
◆リチャード・ハミルトン(ターンアラウンドジャンパー)
◆ラマー・オドム(ランニングフック)
◆番外編:スターのプレーから基礎を学ぼう!





★2009-10 SEASON NBA BEST 50
専門家3名がランキング
現役最強の50人

ツワモノ揃いのNBAの中で、選手の真の実力を見極めることは難しい。そこで『ダンクシュート』は、選手分析のスペシャリスト3名による厳正なる格付けを実施。現役最高の選手は誰なのか? ファンが最も気になる「現役最強の50人」を発表しよう!


◆DWYANE WADE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]ドゥエイン・ウェイド/逆襲の青写真

昨季ついにドゥエイン・ウェイドが完全復活を果たした。自身初の得点王に輝き、ヒートを再びプレーオフ進出レベルに牽引。一時降下していたプレーヤーとしての評価も一気に取り戻した。マイアミを獅子奮迅の活躍で支える大エースに、昨季の出来、オフの移籍市場、来季への思いを熱く語ってもらった。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/大井成義
INTERVIEW by IRA WINDERMAN (SOUTH FLORIDA SUN-SENTINEL), TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆DERRICK ROSE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]デリック・ローズ/シカゴの超新星

昨季、ブルズを再びプレーオフチームに浮上させたローズ。1年目とは思えぬ堂々たるプレーぶりで見事新人王に輝いた。今夏にはナショナルチームのミニキャンプに参加するなど、日に日に存在感を増す“シカゴの期待の星”に心の内を聞いてみた。

インタビュー/KC・ジョンソン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by K.C. JOHNSON (CHICAGO TRIBUNE), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Kobe Bryant vs LeBron James
コビーvsレブロン “最強”比較論

現代NBAにおいて、常にメディアを賑わせている「コビーvsレブロン」の最強プレーヤー比較論。今回ベスト50企画を行なうにあたり、改めて選手や関係者たちにこの議題をぶつけ、彼らの意見からその答えを探った。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆ANOTHER RANKING
ランキング番外編

ディフェンダー・ベスト10
スラムダンカー・ベスト10
クラッチプレーヤー・ベスト10


◆OUT OF THE BEST 50
ベスト50に漏れた選手たち


◆All the Past Ranking
NBAベスト50変遷記

**************************************************************************

★2009 OFF-SEASON MARKET NEWS
最新移籍ニュース

**************************************************************************

★2009 NBA OFF-SEASON REPORT & RATING
[激動の移籍市場から読み解く]
09-10開幕ロースター
全30チームの補強状況を踏まえ「新布陣」を予測&格付け

例年以上に素早く、激しい動きを見せた今オフは、すでにほとんどの大物選手の移籍先が決定。8月に入るとその他の選手の契約も続々と発表され、各チームの開幕ロースターも徐々に見え始めてきた。09-10シーズン開幕まであと2か月と迫った今号では、全30チームの今夏の補強状況を総まとめし、開幕ロースターを完全予測。完成間近の「新布陣」をズバリ格付けする。

レイカーズ/キャブズ/セルティックス/マジック
スパーズ/マーベリックス
ラプターズ/ウィザーズ/ブレイザーズ/ナゲッツ
イースタンその他の10チーム
ウエスタンその他の10チーム


★ALLEN IVERSON OFF-SEASON REPORT
アレン・アイバーソン/ジ・アンサーは何処へ?

今オフに自身初のFAとなったアイバーソン。しかし、移籍が確実視されていながら、新シーズンのトレーニングキャンプ開幕までおよそ1か月となった現在も所属チームが決まっていない。これまでリーグを牽引してきた“ジ・アンサー”は来季どこでプレーするのか? 水面下での動きを徹底レポートする。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★SHAWN MARION SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]ショーン・マリオン/テキサスの大空へ

最後にオールスターでプレーしたのは2007年。その翌年、プロ入りから9年を過ごしたサンズからヒートへトレードされ、昨季途中にはラプターズへと渡った。ショーン・マリオンのNBA人生の歯車は、徐々に狂い始めたかに見えた。しかし、彼のキャリアはまだ終わってはいない。この夏、4チームが絡むビッグトレードで、西の強豪マブズに入団。不死鳥は再び大空へ羽ばたこうとしている。

インタビュー/アート・ガルシア、翻訳/吉藤宗弘
INTERVIEW by ART GARCIA (NBA.com), TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★[ポジション&格付別]
「移籍銘柄」早見表

各チームの補強状況は別ページを参照いただくとして、ここではポジション別・実力別に今オフの“注目銘柄”の動向をまとめた。成立した案件は適正なのか? まだ市場に掘り出し物は存在するのか? 2009年オフのFAマーケットの状況を徹底分析する。

***************************************************************************

★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.11
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ポウ・ガソル(レイカーズ)

“ヤワ”なイメージで語られがちだったガソルに、今やその面影はない。母国スペインでは世界選手権を、レイカーズではNBAを制した。テクニックと闘争心で世界の頂点に立った欧州ビッグマンの実力をプロが診断する。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO

***************************************************************************

★THE REAL SUPERSTAR/DWIGHT HOWARD
素顔のスーパースター/ドワイト・ハワード

一流選手の人となりをチームメイトが語る“素顔のスーパースター”第8弾はドワイト・ハワード。昨季からマジックに加入し、気ごころの知れた仲間としてシーズンを戦い抜いたマイケル・ピートルスが、オーランドの“スーパーマン”の素顔を明かしてくれた。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA

***************************************************************************

★NBA STAR BIOGRAPHY/TREVOR ARIZA
NBAスター物語/トレバー・アリーザ――守護天使と共に

潜在能力の高さは知られていたが、これまではさほど脚光を浴びる存在ではなかったアリーザ。昨季のファイナルでは勝負強さを見せつけ、一気に評価を高めた。そしてその直後の移籍。チャンピオンの座に安穏とすることを良しとせず、新たなチャレンジを求めた。守護天使の守りを受けて、アリーザはさらに前進する。

文/アート・トンプソン、翻訳/千田範子
TEXT by ART THOMPSON (ORANGE COUNTY RESISTER), TRANSLATION by NORIKO CHIDA

***************************************************************************

★2009-10 SEASON MUST WATCH!
09-10見逃し厳禁の注目ゲーム

2009-10シーズンのスケジュールが発表された! 10月27日から4月14日にかけて、全1230試合が行なわれる。その中から編集部が“これは見逃せない”と思わずチェックした試合を月別に紹介していこう。

***************************************************************************

★2009-2010 SEASON NBA PREVIEW
NBA見どころチェックちょっぴりマニアックな見どころも満載!

王者レイカーズの2連覇なるか? 昨季ブレイクした選手たちの来季は? 移籍した大物選手の活躍はいかに? 年俸激減選手のモチベーションは? 注目のルーキーの真価は? 来季の見どころをチェックしよう!!

***************************************************************************


★DS PRESENT @OCTOBER
コビーのジャージー、グッズを大量放出!

★BEST FOR THE USA
[2010トルコ選手権特別レポート]
アメリカ代表の未来を探る

★NBA Legends’ Gallery
第21回 NBAレジェンド列伝/リック・バリー


※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
「娘にパパの活躍を見せたい」いぶし銀グラントの小さな目標

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/ヒジ角度矯正器

★G-STREET
最新グッズニュース

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
NBA入りの年齢制限を再度検討せよ!

★NBA MIXED ZONE
グラント・ヒル――悲運の男がようやく手にした“幸福”

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
838円

創刊200号!!
2009年9月号/No.200
BIG CHANGE
夏の補強戦線 徹底追跡
2009年7月25日発売
特別定価800円(税込)


おかげさまで創刊200号を迎えた今月の『ダンクシュート』は、記念号らしいスペシャルな企画満載でお届けする。新たな布陣が徐々に見えてきたNBA全30球団の陣容完成度診断、200号記念特集、ドラフト2009徹底特集、悲願の優勝を達成したコビー・ブライアント・インタビューなど、旬な話題満載の企画が目白押しだ。さらにNBA歴代スーパースター一挙に紹介する132ページのスペシャルブック『NBA偉人伝』も特別付録!
>>>More


【別冊付録】
200号記念 スペシャルブック
NBA偉人伝

本誌200号を記念してNBA歴代スーパースターを大特集。ジョーダン、マジック、バードといったレジェンドから、レブロン、コビー、アイバーソンら現代のスーパースターまで、NBAを語る上で欠かすことのできない21名のスーパースターの人生をたどる、豪華132ページのスペシャルブックだ!!

◆マイケル・ジョーダン ◆マジック・ジョンソン ◆ラリー・バード
◆コビー・ブライアント ◆レブロン・ジェームズ ◆アレン・アイバーソン
◆ウィルト・チェンバレン ◆オスカー・ロバートソン ◆ジュリアス・アービング
◆パトリック・ユーイング ◆ピート・マラビッチ ◆デニス・ロッドマン
◆スコッティ・ピッペン ◆アイザイア・トーマス ◆デビッド・トンプソン
◆ジョン・ストックトン&カール・マローン ◆ビル・ラッセル&ボブ・クージー
◆アキーム・オラジュワン&クライド・ドレクスラー


★BIG CHANGE
全30チームの「完成度」を一挙診断!!
夏の補強戦線 徹底追跡

新シーズンを戦う陣容が続々と固まりつつある各チーム。王座奪回に向け大胆な補強策を見せるキャブズに代表されるように、今夏の移籍市場はいつになく活発化している。様々な思惑のもとで成立した移籍を振り返りながら、現時点での全30チームの陣容完成度を一挙に診断した!

◆TRANSFER NEWS
移籍新聞―2009夏 移籍市場中間レポート

◆SHAQUILLE O’NEAL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]シャキール・オニール/新生スーパーマンの野望

2008-09シーズン閉幕後間もなく、ビッグニュースが全米中を駆け巡った。「シャキール・オニール、キャブズ移籍のトレード成立」。現役最高の選手の1人、レブロン・ジェームズと新コンビを結成し、今一度チャンピオンシップ獲得を目指す“元祖スーパーマン”の想いをお届けする。

インタビュー/クレイグ・モーガン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CRAIG MORGAN (EAST VALLEY TRIBUNE), TRANSLATION by NORIKO CHIDA

[チーム陣容度チェック Part.1]
・クリーブランド・キャバリアーズ
・ロサンゼルス・レイカーズ
・デトロイト・ピストンズ
・ダラス・マーベリックス/トロント・ラプターズ

◆VINCE CARTER SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]ヴィンス・カーター/機運到来

フロリダ州で育ったカーターが幼少期に思い描いた夢は、マジックのユニフォームを着てチームを優勝に導くことだった。そしてキャリア10年目を終えた今夏、ついにその夢を現実のモノにするチャンスを得た。これまでで最もやる気と自信に満ちあふれているカーターに、トレードの感想や新しいチームメイトについて、思いの丈を語ってもらった。

インタビュー/ブライアン・シュミット、翻訳/千田範子
INTERVIEW by BRIAN SCHMITZ (ORLANDO SENTINEL), TRANSLATION by NORIKO CHIDA

[チーム陣容度チェック Part.2]
・オーランド・マジック
・サンアントニオ・スパーズ
・ヒューストン・ロケッツ/マイアミ・ヒート
・フェニックス・サンズ/・アトランタ・ホークス
・デンバー・ナゲッツ/シカゴ・ブルズ
・ニューヨーク・ニックス/ニューオリンズ・ホーネッツ

◆RASHEED WALLACE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]ラシード・ウォーレス/加速する鼓動

今夏完全FAとなり、その去就が注目されていたラシード・ウォーレスは、数多の候補の中から、2008年の王者ボストン・セルティックスへの入団を決めた。会見で「心が躍るよ」と語っていた通り、自身2度目の王座獲得に向けて気合いは十分。入団までの経緯や新しいチームメイトについて饒舌に語ってくれた。

インタビュー/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC J. SPEARS (BOSTON GLOBE), TRANSLATION by NORIKO CHIDA

[チーム陣容度チェック Part.3]
・ボストン・セルティックス
・ロサンゼルス・クリッパーズ/ポートランド・トレイルブレイザーズ
・イースタン・カンファレンスその他
・ウエスタン・カンファレンスその他


★KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]コビー・ブライアント/笑顔の夏

レイカーズを7年ぶりのチャンピオンシップ獲得に導き、自身も初のファイナルMVPを受賞。2008-09シーズンはコビー・ブライアントにとってキャリア最高のシーズンとなった。『ダンクシュート』は、長きシーズンの戦いを終え、束の間の休息を満喫するスーパースターを直撃! 本インタビューから、コビーの新たな素顔が垣間見える!!

インタビュー/アート・トンプソン、翻訳/大井成義
INTERVIEW by ART THOMPSON (ORANGE COUNTY REGISTER), TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


★VIVA 200!!
創刊200号記念スペシャル

1992年に産声を上げた『ダンクシュート』もおかげさまでついに200号に到達!! 足かけ17年にわたって本誌を支えてくれた読者の皆さんへ感謝の気持ちを込めて、6本のスペシャル企画をお届けする。

◆NBA記者座談会スペシャル
1992-2009年限定 ポジション別 歴代トップ5

1992-93シーズンからNBAを追い続け、すでに17年が経過。『ダンクシュート』はラリー・バードやマジック・ジョンソン引退後の“近代NBA”をしっかりと見つめてきた。200号の節目を記念して、本誌でおなじみの敏腕NBA記者を集めて座談会を開催。誌面を彩ってきた名選手たちの活躍を振り返りながら、各ポジションの“本誌史上最高の5人”を選抜した。

文/杉浦大介、協力/クリス・シェリダン、ラス・ベンソン、ジェフ・レンチナー
TEXT by DAISUKE SUGIURA, SPECIAL THANKS to CHRIS SHERIDAN, RUSS BENGTSON, JEFF LENCHINER

◆DAVID STERN EXCLUSIVE INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]デビッド・スターン・コミッショナー/最高権力者の素顔

第4代NBAコミッショナー、デビッド・J・スターン――。最高権力者として25年にわたって辣腕を振るい、NBAに世界的発展をもたらした男。彼の「組織のリーダー」としての実力に疑いの余地はない。しかし、真の姿は謎に包まれたままだ。200号の報告を兼ねて本誌は彼のオフィスを訪問。日本市場の未来、普段の仕事、私生活などについて、忌憚なく語ってもらった。

インタビュー/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA

◆DUNK SHOOT HISTORY
本誌200号の足跡

『ダンクシュート』の創刊は元祖ドリームチームが世界を魅了した1992年。NBAではマジックやバードが引退し、ジョーダンによる新時代が幕を開けた頃のことだった。以来、月刊のNBA専門誌として鋭くマジメに、でも時々ユル~い多彩な企画で、世界最高のバスケットボールリーグを切り取ってきた。そんな弊誌もついに創刊200号。手前味噌は承知の上で、バックナンバーをめくりつつ近代NBAの歴史を振り返ってみたい。

◆BEST HIT KICKS
SLAM誌元編集長ラス・ベンソンが選出!!
歴代バッシュランキングTOP20

NBA選手の激しいプレーを足元で支えているのがバスケットボールシューズだ。今回、SLAM誌の元編集長で生粋のスニーカーフリークであるラス・ベンソン氏に協力を仰ぎ、本誌創刊以降にNBAで着用されたシューズの中からトップ20を選出。スニーカーファンならずとも必見の、名作シューズランキングをここに発表していく!

文/ラス・ベンソン、翻訳/杉浦大介
TEXT by RUSS BENGTSON, TRANSLATION by DAISUKE SUGIURA


★NBA STAR BIOGRAPHY/RAJON RONDO
NBAスター物語/レイジョン・ロンド――王朝復興を実現した若き獅子

残念ながら、タイトル防衛はならなかったセルティックス。しかし、それを悲観する者はいなかった。むしろ司令塔として新境地を開いたレイジョン・ロンドの活躍に来季以降の大きな希望を見出すことができたのだ。ルイビル生まれの少年はどんな競技でも並外れた才能を発揮し、NBA入りしてからも順調な成長を続けている。迷える名門を王朝復興に導いた若き獅子の物語を送る。

文/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS (BOSTON GLOBE), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NBA DRAFT 2009
ドラフト2009徹底分析

NBAファイナルの興奮も冷めやらぬ中、今年のNBAドラフトが6月25日に開催。超大物のブレイク・グリフィンとリッキー・ルビオの2人が話題を独占したが、栄えあるトップ指名に輝いたのは大方の予想通りグリフィンだった。その他にも、潜在能力の高いポイントガードの指名が目立った今ドラフト。今年もNBAに新たな“センセーション”が巻き起こる!!

◆MANAGEMENT CHECK!!
2009ドラフト完全査定

今年も新たに60名がNBAの門戸を叩くことになったが、気になるのはやはり、どのチームが最良の指名をしたか、である。ドラフト指名選手絡みのトレードも考慮しながら、今ドラフトを採点した!

文・査定/杉浦大介
TEXT & GRADE by DAISUKE SUGIURA

◆RICKY RUBIO SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー]リッキー・ルビオ/ルビオ入団回避の真相

天才少年リッキー・ルビオは、予想通り今ドラフトで指名された。しかし、1巡目5位でウルブズから指名を受けたものの、懸念されていたDKVホベントットとの違約金問題によって、今年の入団の可能性はゼロに近く、デビューは2年後と目されている。将来のスター候補生を巡る駆け引き合戦の裏事情を追った。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆ROOKIE TALK
ルーキー・ショートインタビュー

・ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
・ハシーム・サビート(グリズリーズ)
・ステフォン・カリー(ウォリアーズ)


★SUMMER LEAGUE REPORT
HOT SUMMER/才能ある若武者たちが白熱の好プレーを連発!

ドラフト指名選手や、プロ2~3年目の若手が経験を積むステージであり、NBA入りの“登竜門”とされるサマーリーグが今年も行なわれ、新人グリフィンら若手選手が熱きアピール合戦を展開した。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★OFF SEASON BEST SHOTS 2009
NBAスター 夏の絵日記

すでにオフシーズンに突入済みのNBAスタープレーヤーたち。各種イベント、プロモーション、ボランティア、WNBA観戦、里帰り、法事、親孝行と忙しい日々を送っている模様。そんな彼らの特選ショットをご紹介。題して「NBAスター 夏の絵日記」をお楽しみいただきたい。


★DS PRESENT 200 ISSUE SPECIAL
200号記念特大読者プレゼント

★AND1 MIXTAPE TOUR
AND1ミックステープツアー選手名鑑

★LAST SAMURAI
森下雄一郎 引退宣言インタビュー

★創刊200号記念スペシャル
読者アンケート結果発表

★FREE AGENT LIST 2009
FA選手リスト

★2009 オフシーズン版
2009オフシーズン版 FA用語辞典

★NBA DRAFT BOARD
ドラフト2009指名選手リスト

★TAKUYA KAWAMURA SPECIAL INTERVIEW
川村卓也スペシャルインタビュー


※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
祝200号! バスケだけでなく広い意味でのアメリカを伝えて

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/サミング防止グッズ

★G-STREET
最新グッズニュース

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
NBAはレフェリー問題に終止符を打つべし!

★NBA MIXED ZONE
マイケル・ジョーダン――最高の選手。これまでも、これからも

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年8月号/No.199
NBA FINALS
NBAファイナル2009完全詳報
2009年6月25日発売
定価750円(税込)


2年連続の出場となったレイカーズとハワードを中心に14年ぶりの晴れ舞台に立ったマジックの対決となったNBAファイナル2009を現地から徹底特集。ゲームレポートから舞台裏までファイナルの模様をどこよりも詳しくお伝えする。第2特集では、いち早く来季にスポットを当て、全30チームの来季理想のラインナップを提言。今オフの各チームの動向を予測した。さらにスペシャルインタビューでは、今季ブレイクした“バードマン”ことクリス・アンダーセンを直撃! 別冊付録はドラフト選手名鑑だ!
>>>More



【別冊付録】
NBA DRAFT 2009 GUIDE BOOK
ドラフト選手名鑑

2009年のドラフト開催に合わせたガイドブック。次世代のNBAを背負って立つであろうドラフト候補生50名を収録した選手名鑑、今ドラフト注目のブレイク・グリフィンのスカウティングなど、ドラフト情報を1冊に凝縮! ドラフト指名結果チェックのお供に最適だ!!
※本誌携帯サイトにてドラフト速報を実施!! 当付録と併せて要チェックだ!!



★NBA FINALS 2009
NBAファイナル2009完全詳報

LAKERS
ウエスタン・カンファレンス王者
ロサンゼルス・レイカーズ
×
MAGIC
イースタン・カンファレンス王者
オーランド・マジック

レイカーズ7年ぶりの歓喜

コビー・ブライアント率いるレイカーズとドワイト・ハワード率いるマジックの対決となった今ファイナル。接戦続きの激闘を制したのは、やはり経験に勝るレイカーズだった。昨ファイナルで辛酸をなめ、今プレーオフでも苦しみ抜いた。だが、優勝を決めた第5戦は王者を名乗るにふさわしい完全勝利。“常勝”を義務付けられたリーグきっての名門が、最後の優勝から7年の時を経て、再び歓喜の輪に包まれた。


◆FINALS MVP KOBE BRYANT SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー]コビー・ブライアント/ファイナルMVP受賞・待ち焦がれた勝利

高卒直後にNBA入りして以来13年の時を経て、コビーがついにファイナルMVPの座に上り詰めた。3度の優勝、5度のファイナルを経験しながら得ることのできなかった栄誉。ビル・ラッセル・トロフィーの授賞式は、レイカーズ不動のエースが心から待ち焦がれた「偉大なるリーダーの戴冠式」だった。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆VOICE of THE WORLD CHAMPION
レイカーズ優勝コメント集

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆DWIGHT HOWARD SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー]ドワイト・ハワード/挫折を糧に

百戦錬磨のレイカーズに完敗し、ハワードにとって初のNBAファイナルはホロ苦いものとなった。2004年のNBA入り以来、順風満帆なキャリアを“スーパーマン”が5年目にして初めて味わった挫折。しかし、これは新たなステップに進むための序章にすぎない。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆PLAYER ANALYSIS
[パフォーマンス分析]主要選手他の個々の働きぶりを一斉チェック!!

ファイナルはNBA王者を決める大一番。それだけに、選手たちのプレーにも普段以上の気合いが入るもの。とはいえ、大舞台で力を発揮できる者もいれば、空回りしてしまう者もいるのが勝負の世界だ。今ファイナルにおける、出場選手とHC、それぞれの出来を厳正に採点した。

分析/北舘洋一郎
ANALYSIS by YOICHIRO KITADATE


◆GAME REPORTS
NBAファイナル全試合ゲームレポート

文/杉浦大介、北舘洋一郎、三尾圭
TEXT by DAISUKE SUGIURA, YOICHIRO KITADATE, KIYOSHI MIO


◆EPILOGUE
[NBAファイナル2009取材後記]
コビー&レイカーズ優勝で見えた現代NBAの新たなトレンド

レイカーズ優勝で幕を閉じたファイナル2009。コビーの活躍はもちろんだが、チーム作りの重要性が改めて証明されたシリーズとなった。現地でファイナルに密着したNBAライターの北舘洋一郎氏が、今ファイナルと現代NBAの新たなトレンドについて総括する。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆CITY REPORT
その時、街では…

ファイナル期間中、開催都市のロサンゼルス、オーランドの様子はいったいどんなものだったのか。現地で密着取材した特派記者が実情をレポートする。

文/三尾圭、杉浦大介
TEXT by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA


◆2009 NBA FINALS TOPICS NOTES
ファイナルトピックス集

ファイナルの勝負の行方もさることながら、試合の他に現地でどんなことが起きていたのかも気になるところ。ファイナル特集のトリを飾るこのコーナーでは、ファイナル期間中に現地取材班が独自に仕入れた選りすぐりのネタを一挙にご紹介しよう。


文/三尾圭、杉浦大介、北舘洋一郎
TEXT by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA, YOICHIRO KITADATE


★2009 NBA PLAYOFFS 2ND-HALF REPORTS
プレーオフ2009後半戦完全レポート

[シリーズレポート]
・イースタン・カンファレンスファイナルレポート
・ウエスタン・カンファレンスファイナルレポート

文/杉浦大介、三尾圭
TEXT by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO

[スペシャルストーリー]
<レブロンズ・キャブズ 敗因分析&未来予想図>
最悪の結末

レブロン・ジェームズとキャブズにまさかの悲劇が襲いかかった。レギュラーシーズンでリーグ最高勝率をあげ、プレーオフでも圧勝劇を続け、優勝候補筆頭と目されながらカンファレンス決勝であえなく姿を消した。敗因は何だったのか? そして、かつてない失望感に包まれた彼らを待ち受ける未来とは?

文/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST (CLEVELAND PLAIN DEALER), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NBA PLAYOFFS 2009 AWARDS
プレーオフ2009アウォード

現在NBAではプレーオフの個人賞を選出していないが、それも少々寂しい。そこで『ダンクシュート』は独自にプレーオフ限定の個人賞を設定することにした。プレーオフの約2か月間、印象的な活躍でファンを熱狂させた選手、コーチ等を表彰すると共に、個人スタッツリーダーも紹介する。


★NBA PLAYOFFS 2009 REPORTS
プレーオフ出場120選手を完全査定!!
2009プレーオフ NBA通信簿

プレーオフは選手の“本当の価値”が問われる場所だ。この大舞台で活躍すれば賞賛を集め、失速すれば容赦ない非難を浴びることになる。今年の出場選手の出来はどうだったのか、プレーオフ出場全16チームから120名を厳選し、厳正かつ適切な裁定を下した。


★BEST MOVE
[全30チーム]来季理想のラインナップを緊急提案

ファイナルの興奮の冷めやらぬ中、『ダンクシュート』はいち早く来季に注目! 全30チームが飛躍するための“理想のラインナップ”を緊急提案していく。チームが今夏補強すべきポイントを徹底的に洗い出し、本当に必要なFAやトレード候補をピックアップ。より具体的な補強案を提示していく。

[各チーム分析]
・イースタン・カンファレンス
・ウエスタン・カンファレンス

文/中島はるの、出野哲也
TEXT by HARUNO NAKASHIMA, TETSUYA IDENO

[FA選手チェック]
◆2009FAランキングTOP15

今夏FAとなる選手は総勢154名いる。その中から注目すべき15人を選出し、本誌独自の視点でランク付けした。FA選手の“本当の価値”をここに明らかにする!


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.10
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
チャンシー・ビラップス(デンバー・ナゲッツ)

強豪ピストンズの司令塔として2004年に優勝を経験。ナゲッツに移籍した今季は伸び悩んでいたチームの潜在能力を見事に引き出した。無類の勝負強さと強烈なリーダーシップを誇る実力派司令塔・ビラップスの能力に迫る。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★THE REAL SUPERSTAR/BRANDON ROY
素顔のスーパースター/ブランドン・ロイ

一流選手の人となりをチームメイトが語る“素顔のスーパースター”復活第2弾はブランドン・ロイ。ロイ直属のルーキーとして、最も身近で可愛がられているニコラス・バテュムが、ポートランドの若きプリンスの素顔を明かしてくれた。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★BORN TO BE WILD
プレーオフ2009を彩った非草食系選手

近頃、巷間で話題の「草食系男子」。今プレーオフはこの「草食系」とは対極にあるワイルド系選手が熱戦をさらに面白くしたと言っていい。このワイルド系選手を「草食系男子」に対抗して「非草食系選手」と命名。彼らは何をもって非草食系=肉食系を思わせるのか、その特徴を探ったうえに現実の動物にたとえるなら何か? という、大きなお世話まで焼いたのがこの企画だ。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★CHRIS ANDERSEN SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] クリス・アンダーセン/飛翔の時

2008-09シーズン、彼はまさに飛翔した。2年間の出場停止を経て、復帰したアンダーセンは驚異のジャンプ力に磨きをかけ、ブロックにリバウンド、そしてダンクと“バードマン”の名にふさわしく、高く飛び続けた。辛かった2年間の満たされない想いと、その辛さを乗り越えて、飛躍した男が本心を語った。

インタビュー/クリス・デンプシー、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY(DENVER POST), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★2008-09 SEASON HEAD COACH CHECK
ヘッドコーチ通信簿

ファイナルも終了したところで、今季のヘッドコーチを採点してみたい。単なる数字よりも、「与えられた厳しい環境や不利な条件に対し、どこまで踏ん張り、健闘したか」を重視した採点になっている。

文/ショーン・ディビニー、翻訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★DS PRESENT @AUGUST
LA、オーランド現地直送 ファイナルグッズ大放出!

★NBA FINALS 2009 & CONFERENCE FINALS BOX SCORE
NBAファイナル&カンファレンス決勝 全試合ボックススコア

★プレーオフ2009全結果&個人スタッツリーダー

★NBA PLAYOFFS 2009 COMPLETE STATS
プレーオフ2009完全スタッツ

★2009 オフシーズン版
FA用語辞典

★GO FOR TURKEY
[アメリカ代表レポート]夢よ再び

★JAPAN BASKETBALL NEWS
日本バスケニュース 田臥勇太/日本代表

★NBA Legends’ Gallery
第20回 NBAレジェンド列伝/ジェリー・ウエスト


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
マジックの選手の間でピンポンが大流行中

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/滑り止めパウダー

★G-STREET
最新グッズニュース

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
ドラフトロッタリーを今すぐ改革せよ!

★NBA MIXED ZONE
ドワイト・ハワード――強靭な肉体に少年の心を宿した男

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
817円
2009年7月号/No.198
KING OF THE WORLD
レブロン・ジェームズ「最強説」徹底検証
2009年5月25日発売
特別定価780円(税込)


「レブロン・ジェームズはリーグ最強の選手なのか?」。そんな読者の疑問に答えるべくダンクシュート7月号では“レブロン「最強説」”を多角的に徹底検証した! 第2特集では、プレーオフ2009を徹底的にピックアップ。1回戦からカンファレンス準決勝の戦いをフルカバーし、完全レポートする。さらにスペシャルインタビューでは、快進撃を続けるナゲッツのエース、カーメロ・アンソニーを直撃! 別冊付録はアディダス特製クリアファイルだ!
>>>More



★KING OF THE WORLD
レブロン・ジェームズ「最強説」徹底検証

「レブロン・ジェームズはリーグ最強の選手なのか?」。この問いに対する答えは簡単には出ない。とはいえ、今シーズンのこれまでの戦いぶりを見て、「レブロンこそが最強」と感じている人は決して少なくないだろう。キャリア初となるMVPを受賞したことでそう確信するようになったファンもいるに違いない。少なくとも、リーグはレブロンを「最も価値のある選手」に選んだのだから。一選手としてひとつの頂点に上り詰めた若き覇王を、「評価」「足跡」「素顔」の全3章に分けて語り尽くす。


◆[SPECIAL DEBATE ABOUT LEBRON JAMES]
NBAライター緊急座談会
「レブロンは“現役最強”に上り詰めたのか?」

MVPを獲得したレブロンに対する評価は高まる一方。いまだ成長途上であり、優勝したわけでもないが、その評価は今季1年で一気にNBAの頂点にまで到達した感がある。その理由はいったいなんなのだろうか? プレーオフ真っ只中の5月中旬。ボストンの一角に4人の論客を集め、「レブロン現役最強説」をテーマに緊急座談会を開催した。

文/杉浦大介、協力/クリス・シェリダン、ジム・ステイモス、ジェシカ・キャメラート
TEXT by DAISUKE SUGIURA, SPECIAL THANKS to CHRIS SHERIDAN, JIM STAMOS, JESSICA CAMERATO

◆レブロン名場面プレーバック
神童伝説

オハイオ州の天才高校生の立場から、瞬く間にNBAのスーパースターに上り詰めたレブロン。初めて全米の注目を浴びた高校時代の2002年からNBAのMVPを獲得する現在までの7年間、を振り返り、彼を語る上で欠かすことのできない伝説を厳選した。

◆[知られざる真実の物語]
レブロン、母校へ帰る

選手としては折り紙つきの実力を誇示するレブロンも、その素顔はあまり知られていない。これだけの成功を収めた人間ならば驕りたかぶったとしても不思議ではないところだ。しかし、彼は決してそのような人間ではない。レブロンは、彼の家族、友人、恩師たちにとっての誇りであるとともに、1人の素晴らしい青年なのだ。

文/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST(CLEVELAND PLAIN DEALER), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NBAファイナル特別企画 Vol.1
[本誌執筆陣厳選]
私のベスト・ファイナル

今季のNBAファイナルは6月4日から始まる予定。今月号の締切時点ではカードも未定のため、シリーズ展望もままならない。その代わりといっては何だが、少しでもファイナル気分を盛り上げるべくファイナル特別企画を用意した。第1弾は「私のベスト・ファイナル」。本誌執筆陣12名がNBAファイナルに限定した“心の名勝負”の思い出を語る。


★NBAファイナル特別企画 Vol.2
GARY PAYTON SPECIAL INTERVIEW
ゲイリー・ペイトンが語るNBAファイナルの極意

特別企画第2弾では、ファイナルを熟知する名選手を直撃! ファイナルにおける独自の世界観と極意について語ってくれるのは、3度の出場を誇り、2006年にはNBA王者に輝いたゲイリー・ペイトンだ。ファイナルをより楽しむための“スパイス”にしてほしい。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN (SOUTH FLORIDA SUN-SENTINEL), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★READY, SET, GO!!
[プレーオフ2009前半戦完全レポート]
激闘の軌跡

連覇を目指すセルティックスが黒星スタートを切るなど、例年にも増して波乱の予感が漂うプレーオフ2009。優勝をかけた激闘の模様を、本誌は王者誕生の瞬間までフルカバー。今号では1回戦、カンファレンス準決勝のレポートを中心に、今プレーオフ前半戦の興奮と感動をここに再現する!


◆プレーオフ カンファレンス・セミファイナル レポート
・キャバリアーズ vs ホークス
・セルティックス vs マジック
・レイカーズ vs ロケッツ
・ナゲッツ vs マーベリックス


◆CARMELO ANTHONY SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] カーメロ・アンソニー/デンバーの一番星

今季のカーメロはキャリア最高のパフォーマンスを続け、プレーオフにおけるナゲッツ躍進の立役者になっている。2003年ドラフトで3位指名をしたナゲッツが期待したスター像に、6シーズン目にしてやっと近づいてきたようだ。そんなカーメロに、今季のナゲッツとプレーオフについて語ってもらった。

インタビュー/クリス・デンプシー、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY (DENVER POST), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆プレーオフ 1stラウンド レポート
・キャバリアーズ vs ピストンズ
・セルティックス vs ブルズ
・マジック vs 76ers
・ホークス vs ヒート
・レイカーズ vs ジャズ
・ナゲッツ vs ホーネッツ
・スパーズ vs マーベリックス
・ブレイザーズ vs ロケッツ


◆THEATER OF DREAMS
プレーオフおもしろ劇場

皆様、プレーオフをエンジョイしてますか? ごひいきチームの結果はいかがでしたか? 頂上へ向けた戦いは、まさに悲喜こもごも。今年もいろいろなシーンを見せてくれています。そうした中から厳選した場面をご紹介。名づけて「おもしろ劇場」をお楽しみください。


★SUMMER PLAN
2009オフ 再建プラン&移籍候補リスト

プレーオフが佳境を迎える中、本誌はファイナルを飛び越えていち早くシーズンオフの動きについて注目。今季低迷し再建必至のチーム、移籍の可能性がある選手とそれぞれ2つの視点から、今夏NBAに起こりうるであろう動きを徹底展望した。

・チーム編
・選手編

文/ショーン・ディビニー、翻訳/吉藤宗弘
TEXT by SEAN DEVENEY (SPORTING NEWS), TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.9
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
クリス・ポール(ニューオリンズ・ホーネッツ)

ホーネッツを率いるクリス・ポールは2年連続で平均20点、10アシスト以上を記録する“現役最高のPG”。その称号が彼ほどふさわしい司令塔は他にいない。若くしてその地位に上り詰めたポールをプロが徹底診断する。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★NBA STAR BIOGRAPHY/DERRICK ROSE
NBAスター物語/デリック・ローズ――疾駆する若き魔術師

今季ブルズが2年ぶりにプレーオフ進出を果たした要因は、新人王に輝いた司令塔デリック・ローズの活躍なくして語れない。自在にスピードをコントロールし相手を翻弄する様は、さながらボールを持った魔術師のようにも見える。シカゴの街を熱狂させる、若き獅子のルーツに迫る。

文/KC・ジョンソン、翻訳/千田範子
TEXT by K.C. JOHNSON (CHICAGO TRIBUNE), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★GASOL BROTHERS SPECIAL INTERVIEW
[ガソル兄弟スペシャル対談]
ポウ・ガソル × マーク・ガソル――以心伝心

この度『ダンクシュート』で超豪華な対談が実現した! ポウ・ガソルとマーク・ガソル――。バスケ強豪国スペインを代表するビッグマン兄弟が、バスケットボール談義に花を咲かせたのだ。伝わってきたのはお互いをリスペクトする心。それぞれの心が無心のうちに通じ合う。

インタビュー/マーティン・ハラシモウィッチ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARTIN HARASIMOWICZ, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★RICKY RUBIO SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] リッキー・ルビオ/いざNBAへ

去る4月20日、スペインの神童リッキー・ルビオが今年6月に行なわれるドラフトにエントリーすることを表明した。一時は、今年のエントリーを見合わせるのではと言われていた彼に、いったい何があったのか? 18歳の少年が“NBA挑戦”を決意するに至った経緯を追う。

文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


★KIDS ARE ALRIGHT!
ドラフト候補生ファイル09

今年のドラフト候補生は前項で紹介したルビオ以外にも、有望な逸材が多数揃っている。その中から、6月のドラフトで上位指名が見込まれる7名を本誌がピックアップ。未来のNBAを背負って立つであろう“ダイヤの原石”をいち早くチェックしよう!


★EUROLEAGUE 2009 SPECIAL REPORT
ユーロリーグファイナル4 レポート

今年の決勝の地、ドイツのベルリンにたどり着いた4チームはやはり欧州屈指の名門ばかり。3年ぶりのファイナル4進出に燃えるバルセロナにファンの期待が集まったが……全4試合のレポートをお届けする。

文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


★アディダス特製クリアファイル(※画像あり)

★DS PRESENT @JULY
レブロン・グッズ大特集! 個性派Tシャツに注目!!

★LOOK BACK on PLAYOFFS 2009 1st HALF
プレーオフ2009前半戦 完全総括

★NBA PLAYOFFS 2009 PERFECT RESULTS
セミファイナル&1回戦 全試合結果

★NBA AWARDS
2008-09アウォード受賞者発表

★NBA Legends’ Gallery
第19回 NBAレジェンド列伝/ビル・ラッセル


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
今プレーオフで光っている“NBA臭い”選手たち

★Smash-Hit Boys
Vol.3-JR・スミス(ナゲッツ)

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/シュート力向上グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
NBAテレビ番組表

★SCOOP SHOT
NBAアウォードに異論! 真の受賞者はこれだ

★NBA MIXED ZONE
いつまでも続いてほしかったセルティックス対ブルズ

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年6月号/No.197
NBA PLAYOFFS 2009
プレーオフ開幕特集
2009年4月25日発売
定価750円(税込)

ついに今年もプレーオフが開幕! レギュラーシーズンとは目の色が変わる真の“決戦”が始まった。今号では、プレーオフ1回戦の超速報をはじめ、プレーオフ2009を徹底特集。第2特集ではレギュラーシーズンを徹底チェックし、注目選手&全30チームを本誌独自に査定した。さらにスペシャルインタビューでは、“キング”ことレブロン・ジェームズの他、トニー・パーカー、リッキー・ルビオら、今注目の選手たちを直撃! 別冊付録はNBAプレーオフ2009完全ガイドだ!
>>>More



【別冊付録】
NBA PLAYOFFS’09 PERFECT GUIDE
NBAプレーオフ2009完全ガイド

イースタン、ウエスタン各カンファレンスのプレーオフ出場全チームの最新情報とロースターを完全網羅。これさえ読めば、もうプレーオフはばっちりだ!

◆イースタン・カンファレンス(キャブズ、セルティックス、マジック、ホークス、ヒート、76ers、ブルズ、ピストンズ)
◆ウエスタン・カンファレンス(レイカーズ、ナゲッツ、スパーズ、ブレイザーズ、ロケッツ、マブズ、ホーネッツ、ジャズ)


★DEAD or ALIVE
NBAプレーオフ2009開幕特集

シーズンを締めくくるプレーオフがついに開幕した。セルティックスの連覇はなるのか? はたまたレイカーズがリベンジを果たすのか? 怒涛の快進撃を見せたキャブズの悲願の行方は? プレーオフ1回戦の超速報をはじめ、総力を結集してプレーオフ2009を徹底特集する。


◆NEWS FLASH
プレーオフ開幕!! 初戦速報

◆LEBRON JAMES SPECIAL INTERVIEW
レブロン・ジェームズ――いざ、出陣!!――

インタビュー/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/千田範子
INTERVIEW by BRIAN WINDHORST(CLEVELAND PLAIN DEALER), TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆CELTICS vs CAVALIERS
イースト2強徹底比較

分析/ロヒス・レディ、協力/星久幸
ANALYSIS by ROHITH REDDY, COOPERATION by HISAYUKI HOSHI

◆LARRY BIRD SPECIAL INTERVIEW
ラリー・バードが語るプレーオフ展望

インタビュー/マイク・ウェルズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MIKE WELLS (INDIANAPOLIS STAR), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★2008-09レギュラーシーズンNBA通信簿
NBAプレーヤー147人のレギュラーシーズンを完全査定!!

昨年10月に始まった2008-09シーズンは4月15日をもって各チーム82試合に及ぶレギュラーシーズンを終了した。活躍する選手もいればそうでない選手もいるのがスポーツの常であるが、長かった1シーズンを終えた今、各選手の出来はどんなものだったのか。今季の注目選手たち147人と全30チームのレギュラーシーズンを一挙にチェックする。

TEXT by KIYOSHI MIO, MUNEHIRO YOSHIFUJI, HISAYUKI HOSHI

・MVP候補
・スーパースター
・移籍選手
・ルーキー
・その他のスター&全30チーム


★ALLEN IVERSON SPECIAL STORY
[アレン・アイバーソン緊急レポート]
波乱に満ちたAIの今シーズン

2008-09シーズンのプレーオフがいよいよ開幕したが、そこにはリーグ屈指のスター選手アレン・アイバーソンの姿はない。オールスター以降は故障や慣れない6thマンの役割に苦しみ、不満が爆発。オフの移籍や引退発言まで飛び出し、全米を驚愕させた。アイバーソンの波乱に満ちた2008-09シーズンを振り返る。

・WHERE WILL AI GO?
AI移籍チーム大予想

文/ショーン・ディビニー、翻訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY (SPORTING NEWS), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


[大研究シリーズ第2弾]
Master of Penetrate
ペネトレイトを極める!

4月号でお届けした「ジャンプショット大研究」に続く第2弾はペネトレイト大研究だ。ドライブインやカットインなどと同様の意味を持つ究極の1オン1テクニックを、おなじみのウィッスル氏が徹底解説する。相手ディフェンダーを華麗に抜き去りたい、1オン1に強くなりたい、そう願うプレーヤーのために、基礎から応用までじっくりと解説しよう。

分析/スコット・ウィッスル、協力/三尾圭
ANALYSIS by SCOTT WISSEL (CLIPPERS’ ADVANCE SCOUT), COOPERATION by KIYOSHI MIO


★TONY PARKER SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] トニー・パーカー/威風堂々

トニー・パーカーはスパーズを上位シードでプレーオフに導いた最大の功労者だ。今季はケガ人続出という苦境を乗り越え、プレーヤーとして大きくステップアップ。今のパーカーはこれまでの〝ビッグ3の一角〟ではなく、間違いなく〝チームのエース〟と言っていい。スパーズの王座奪還のカギを握る男に、今シーズンの戦い、妻との結婚生活などについてたっぷりと語ってもらった。

インタビュー/アーメル・レ・ベスコン、翻訳/小川由紀子
INTERVIEW by ARMEL LE BESCON (MONDIAL BASKET), TRANSLATION by YUKIKO OGAWA


★THE REAL SUPERSTAR/SHAQUILLE O’NEAL
素顔のスーパースター/シャキール・オニール

一流選手の人となりをチームメイトが語る〝素顔のスーパースター〟復活第一弾はシャキール・オニール。今シーズン途中にコンビは解消されたが、2008年2月からシャックを間近で見てきたボリス・ディーオウが、NBA随一の強烈キャラで世界中の人々を惹き付けるスーパースターの真の姿を語ってくれた。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★08-09 STATS LEADERS
今シーズンのスタッツ王が決定!

レギュラーシーズンが終了し、各スタッツのキングが決定した。ウェイド、ポール、ハワードらスーパースターから、カルデロンやモローといった伏兵まで、今季を彩ったプレーヤーが一挙勢揃いだ!


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.8
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ダーク・ノウィツキー(ダラス・マーべリックス)

213㎝のサイズで3ポイントをこなすだけでなく、ガード顔負けの動きを見せる。その驚異的な能力を持つノウィツキーを、専門家が徹底的にスカウティング。ドイツが生んだ天才の真の実力がここに明らかになる。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★REASONABLE PLAYERS
NBAリーズナブルプレーヤーファイル2009

100年に1度と言われる不況の煽りを受け、多くの球団が困窮を極めている。そんな中、低額の年俸で輝きを放つ“ローコスト・ハイパフォーマンス”な選手たちが存在する。経済危機を救う13名を見逃すな。


★RICHARD HAMILTON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] リチャード・ハミルトン/デトロイトの魂

開幕直後に起こったトレードや自身のケガなど、ハミルトンにとって今シーズンは波乱万丈の1年だった。袂を分かった盟友ビラップスとのプレー、代わりに加入したアイバーソンとのコンビネーション、そして自身の今後のキャリアについてなど、現在の心境を赤裸々に語ってくれた。

インタビュー/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA


★緊急アンケート企画
NBAプレーヤー約50人に聞きました

レギュラーシーズン終了を間近に控えた3月下旬~4月上旬にかけて、NBA選手およそ50人に緊急アンケート調査を実施した。質問は下記の5つ。今季の自身のプレーや今季のMVP、はたまたフリータイムの過ごし方のようなプライベートに関するものまで、一味違った質問をぶつけてみた。

今回の質問
(1)今季の自己採点をしたら100点中何点?
(2)プレーしにくいアリーナはどこ?
(3)あなたが選ぶ今季のMVPは誰?
(4)最近あなたが注目している選手は?
(5)フリータイムには何をしている?


★NBA奥様探訪

春爛漫、野にも山にも花が咲き乱れる今日この頃。そんな花々のようなNBA美人妻の大特集! この奥様たちの内助の功があってこそ、選手たちは日々のプレーに専念できるのだ。


★RICKY RUBIO SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] リッキー・ルビオ/神童見参

北京五輪で注目されたスペイン代表の若きスター、リッキー・ルビオが登場! 昨年10月にようやく18歳になり、インタビュー解禁となったルビオを直撃。コートを出ると、シャイなことでも知られるルビオだけに饒舌とはいかないものの、こちらの質問には言葉を選びながらしっかりと答えてくれた。本邦初公開となる〝神童〟からのメッセージを、じっくりお楽しみいただきたい。

文/エドアルド・J・スコット、翻訳/千田範子
INTERVIEW by EDUARD J. SCOTT (EUROLEAGUE BASKETBALL), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NCAA TOURNAMENT 2009 SUPER REPORT
NCAAトーナメント2009 完全レポート

4月6日にデトロイトで行なわれたカレッジバスケットの集大成NCAAトーナメント決勝戦は、名門ノースカロライナ大が古豪ミシガン州立大を破り、2005年以来通算5度目の全米制覇を成し遂げた。全米の強豪65校が出場した今トーナメント。カレッジバスケファンを熱狂させるドラマが今年も数多く繰り広げられた。

文/松崎幸夫
TEXT by YUKIO MATSUZAKI


★KJ松井のアメリカ奮闘記 最終回スペシャル
Letter from KJ Matsui/KJ松井からの手紙

本誌で4年間にわたり連載を続けてくれたKJ松井のカレッジシーズンが終了した。日本国内の中学を卒業して以来、10年間を過ごしたアメリカ生活の、そして本誌連載コラムの集大成として、『ダンクシュート』読者にKJが熱きメッセージをお送りする。

文/松井啓十郎、協力/水野光博
TEXT by KEIJURO MATSUI, COOPERATION by MITSUHIRO MIZUNO




★DS PRESENT @JUNE
デリック・ローズ・ジャージー登場! 人気Tシャツ一気に大放出!

★SCORE BOARD
今季最終スタッツランキング&NBA全30チーム月間レポート

★NBA 2008-09 COMPLETE STATS
2008-09シーズン完全個人スタッツ

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ

★JBL FINAL REPORT
王者アイシンが2連覇達成!

★日本代表始動!
2010年世界選手権を目指して合宿スタート


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
レイ・アレン vs ヴァレジャオ 東2強の意地の張り合い

★Smash-Hit Boys
〝本誌特選!〟イチ押しプレーヤーファイル

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
NBAテレビ番組表

★SCOOP SHOT
プレーオフ・フォーマットに物申す!

★NBA MIXED ZONE
2008-09レギュラーシーズン総括

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年5月号/No.196
5 TOOL PLAYERS
究極のバスケットボールプレーヤー
2009年3月25日発売
定価750円(税込)


ダンクシュート5月号は、現代における究極のバスケットボール選手像を徹底究明。真の完璧な選手「5ツール・プレーヤー」を選出した! さらに来たる4月18日にスタートするプレーオフに先駆け、現地NBA記者が今季の優勝レースを大胆予想。スペシャルインタビューでは、好調マジックを牽引する大黒柱ドワイト・ハワード、王者セルティックスに電撃加入したステフォン・マーブリーら今をときめくスターを直撃! 別冊付録はNBA個人タイトル受賞者名鑑だ!
>>>More



【別冊付録】
NBA AWARD BOOK
NBA個人タイトル受賞者名鑑

バスケットボールはチームスポーツゆえ最大の栄誉はチャンピオンシップ獲得となるが、個人レベルにおける最大の栄誉は個人タイトルの獲得だろう。MVP、ファイナルMVP、得点王……、NBA個人タイトルのすべてを一冊に凝縮した。


●個人アウォード編●
MVP/新人王/ファイナルMVP/オールスターMVP
シックスマン賞/MIP/最優秀ディフェンス賞/最優秀コーチ賞

●スタッツリーダー編●
得点王/リバウンド王/アシスト王/スティール王/ブロック王

●スペシャルインタビュー●
カリーム・アブドゥル・ジャバー


★5 TOOL PLAYERS
現役スカウトが選ぶ!! 究極のバスケットボールプレーヤー

究極のバスケットボール選手とはいったいどんな選手だろうか。シュート力とディフェンス力を備えた者? いや、それだけでは“究極”とまでは言えない。ベースとなる攻守の他、基礎能力であるドリブルとパス、そしてインタンジブル(無形の要素)の5要素が揃ってこそ、真の完璧な選手ということができる。バスケットでは聞きなれない、この“5ツール”という考え方を基に、現役NBAスカウトが古今東西の究極のバスケットボールプレーヤーを選出する。

◆WHAT’S 5 TOOL PLAYER?
[選手評価の新基準] 5ツール・プレーヤーとは?

◆5 TOOL NOW
現代の5ツール

◆FUTURE 5 TOOL
未来の5ツーツ

◆5 TOOL LEGEND
偉大なる5ツール

選手選出&分析/スコット・ウィッスル、協力/三尾圭
SELECTION & ANALYSIS by SCOTT WISSEL, COOPERATION by KIYOSHI MIO


★DWIGHT HOWARD SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドワイト・ハワード/優勝宣言

「シャックの後継者」と言われてきたハワードは、いまやそのカテゴリーを飛び越え、「リーグで最も支配力のある男」の称号をほしいままにしている。今季はチームもセルティックス、キャブズに次ぐ“3強の一角”に成長。“スーパーマン”ハワードにタイトル獲得への熱い想いを語ってもらった。

インタビュー/ブライアン・シュミット、翻訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN SCHMITZ(ORLANDO SENTINEL), TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


★WHO’S NEXT WINNER?
[プレーオフ展望企画]NBA優勝予想

4月18日からプレーオフが始まる。今季はいったいどんな展開になるのだろうか。レギュラーシーズンではセルティックス、キャブズ、レイカーズの3強が注目を浴びたが、プレーオフでは何が起こるかわからない。気になる優勝レースを大胆予想した!

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆KEYMAN FOR THE VICTORY
プレーオフで勝利のカギを握る男たち

プレーオフでは、ひとつのプレーがシリーズ全体の流れさえも左右しかねない。ノックアウト方式のこのサバイバルゲームを勝ち抜くために重要となるのが、エース以外のプレーヤーの活躍だ。ポストシーズンのカギを握る注目の11選手を紹介しよう!

◆STEPHON MARBURY SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー]ステフォン・マーブリー/地獄からの生還

元スーパースターのマーブリーが約13か月ぶりにコートに戻ってきた。しかも不遇のシーズンを強いられてきたニックスの一員としてではなく、バイアウト経て昨季王者のセルティックス電撃加入。地獄から生還した“不屈の男”をどこよりも早く直撃した!

インタビュー/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC J. SPEARS TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆PLAYOFF SPOT BATTLE
プレーオフ進出枠を巡る熾烈な争い

シーズンも終盤戦に差し掛かり、セルティックス、キャブズ、マジック、レイカーズがプレーオフ進出を決めた。しかしその一方で、残りのプレーオフ進出枠を巡る争いは依然として混戦模様が続いている。順当に地力のあるチームが出てくるのか、はたまたダークホースが飛び込んで来るのか? 史上稀に見るサバイバルレースの行方を展望する。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


★JERMAINE O’NEAL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジャーメイン・オニール/再起を期する元エリート

かつてはオールスターの常連だったジャーメインだが、度重なるケガとスランプでその輝きを失いかけていた。しかし、今回のトレードを契機に完全復活を期している。トレードの内情やヒートの印象、そして今後に賭ける意気込みを語ってくれた。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN(SUN-SENTINEL), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★MOVING TRENDS
移籍市場パーフェクトレポート

昨季と比べて今季のトレードデッドライン付近では、大きな動きが見られなかった。しかし、そこには様々な事情があったのだ。今季大型トレードが起こらなかった理由と共に、来オフの選手の動向をいち早く予測する。

・[トレードデッドライン・レポート]
大型トレードが実現しなかった理由

・PREDICTION LIST 2009
移籍の可能性早わかりリスト


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.7
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ケビン・ガーネット(ボストン・セルティックス)

現代高卒プレーヤーのパイオニア、ケビン・ガーネットの実力をプロのスカウトが徹底診断する。高さ、速さ、テクニック、情熱のすべてを併せ持つ稀代の万能選手の、驚くべき能力をあらゆる角度から明らかにしよう。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★MAKE A FANTASY TEAM
勝手に選出!! なんでもオールスターチーム

「こんなチームがあったらいいな」。NBAファンなら一度はそんな風に自分だけのオリジナルチームを空想してみたことがあるのでは? このページはそんな現実にはありえない夢のチームを誌面で実現させてしまうコーナー。思わず見てみたくなるようなファンタジーなチームを本誌編集部が勝手に選出してみた!

イラスト/平澤誠
ILLUSTRATION by MAKOTO HIRASAWA (UNSTOPPABLE)


★NBA STAR BIOGRAPHY/JOE JOHNSON
NBAスター物語/ジョー・ジョンソン――リトルロックの希望の星

ジョー・ジョンソンは現役では数少ないアーカンソー州出身のNBA選手。人口20万人に満たない地方都市リトルロック市に住む人々にとって、彼はヒーローであり、少年少女たちの希望の星となっている。

文/セコウ・スミス、翻訳/千田範子
TEXT by SEKOU SMITH(ATLANTA JOURNAL-CONSTITUTION), TRANSLATION by NORIKO CHIDA


[新連載]
Smash-hit Boys
“本誌特選!” イチ押しプレーヤーファイル Vol.1

今月から始まったこのコーナーでは、『ダンクシュート』オリジナルの目線からチョイスしたイチ押しプレーヤーを紹介! 記念すべき第1回は、今年ダンクコンテスト王者に返り咲き、目覚ましい成長を遂げているネイト・ロビンソンをはじめ、3選手をお届けする。


★GREG ODEN SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] グレッグ・オーデン/遅れてきたルーキー

2007年のドラフト全体1位指名、グレッグ・オーデンがその存在感をにわかにアピールし始めている。右ヒザの手術により昨季を全休。1年遅れでコートに立った“未来のスーパーセンター”に初インタビューを敢行した!

文/ブライアン・ヘンドリックソン、翻訳/吉藤宗弘
INTERVIEW by BRIAN HENDRICKSON (THE COLUMBIAN), TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★PERFORMANCE SHOW!!
NBA珍パフォーマンス集

選手が“個性”を発揮できるのはプレーだけではない。入場シーンや得点シーン、フリースロー時など、様々な状況で悲喜こもごものアクションが披露されている。過去、現在を含め『ダンクシュート』が厳選したパフォーマンス集をご覧あれ!


★NBA SUPERSTARS’ QUOTATIONS
NBA名言集

歴史を変えた一言、歴史に残った一言。世の中には数々の名言があるが、率直で個性豊かな人材が揃うNBA史に残る名言はとりわけユニークなものが多い。ここでは過去から現在までのスーパースターたちの名言を紹介する。人間味あふれる感動の言葉から、思わず耳を疑うムチャな迷言まで、じっくりと味わっていただきたい。


★ONE TOOL ARTISTS
一芸のスペシャリストたち

巻頭で究極のオールラウンドプレーヤー「5ツール・プレーヤー」の特集をお届けしたが、ここではそれとは正反対の、「1ツール(一芸)」だけでNBAのサバイバルを生き抜いてきた職人を紹介しよう!

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI



★DS PRESENT @MAY
アイバーソン最新モデルなどNBAグッズを大放出!

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート&個人成績ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第18回 NBAレジェンド列伝/アンファニー・ハーダウェイ

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
コメンテーターに転身したウェバーはトークも上々!?

★2008-09 NCAA WATCH
カレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ挑戦記

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/シュート矯正グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
3~4月のNBAテレビ番組表

★SCOOP SHOT
就任から現在までの25年 スターンの功罪と未来

★NBA MIXED ZONE
ヴィンス・カーター――“ベストダンカー”の呪縛

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年4月号/No.195
ALL-STAR 2009
オールスター完全速報!
2009年2月25日発売
定価750円(税込)


砂漠の街フェニックスで開催されたオールスター2009を完全収録。本戦レポートはもちろん、出場選手のインタビュー、大会屈指の盛り上がりを見せたダンクコンテスト、ルーキーチャレンジなど、各イベントの模様を余すところなくお伝えする。そしてスペシャルインタビューでは、王者セルティックスの主将ポール・ピアースと今季途中にサンズに移籍したジェイソン・リチャードソンのスター2人を直撃! 別冊付録はマイケル・ジョーダン スペシャルブックだ!
>>>More



【別冊付録】
MICHAEL JORDAN
[ブルズ引退10周年記念]
マイケル・ジョーダン 伝説の名シーン40

史上最高のプレーヤーと呼ばれるマイケル・ジョーダンのブルズ引退10周年を記念して、スペシャルブックを特別付録! 数々の名シーンを生み出してきたジョーダンのフォトコレクション、スペシャルコラム他、“神”のすべてを凝縮した。

●名シーン集
●Special Column 色褪せぬ“神”の記憶
●GALLERY of AIR JORDAN “エア・ジョーダン”シリーズ24作を一挙紹介



★NBA ALL-STAR 2009
オールスター2009完全速報

シャックが舞い、レブロンが飛び、コビーが吠えた!! 2月13~15日の3日間、サンズの地元、アリゾナ州フェニックスで開催されたNBAオールスター2009。NBA内外の豪華スーパースターが集結した現地から、オールスターゲーム、ダンクコンテスト、ルーキーチャレンジ他、イベントの“すべて”をレポートする!!


◆ゲームレポート
シャック&コビーがMVPダブル受賞!!

◆ALL STAR PROFILES
オールスター選手名鑑

◆TALKING TIME
オールスター・インタビュー集

◆ALL STAR TIMES
オールスター・トピックス

◆スラムダンク・コンテスト
小兵ロビンソンが“スーパーマン越え”で3年ぶりに王座奪回

◆スキルチャレンジ
新人ローズが“障害物競走”を初制覇

◆3ポイントコンテスト
伏兵クックがタイブレークの末に初戴冠

◆シューティングスター
悪童レインビア率いるデトロイトが2年ぶり優勝

◆ルーキーチャレンジ
MVPデュラントが演出したスコアリング・ショー

◆ALL STARS’ STYLE FILE
オールスター・ファッションショー

◆SNEAKER COLLECTION
オールスター・スニーカーチェック

文/北舘洋一郎、三尾圭、小田智史(ダンクシュート)、写真/三尾圭
TEXT by YOICHIRO KITADATE, KIYOSHI MIO, TOMOFUMI ODA/DUNK SHOOT, PHOTOS by KIYOSHI MIO


★ROAD TO PLAYOFFS
[レギュラーシーズン終盤戦緊急レポート]
プレーオフに辿り着くのはどこだ!?

オールスターが終了するとまもなくNBAはレギュラーシーズン終盤戦に突入する。プレーオフへの切符を手にするのは各カンファレンスの上位8チーム。4月15日のシーズン終了時に、有利なシード順を獲得できるのはいったいどのチームなのか?

◆プレーオフ展望
・イースタン・カンファレンス編

・ウエスタン・カンファレンス編

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


TRADE NEWS
緊急移籍ニュース!!
オールスターブレイクに突入すると同時に、マリオンとジャーメインの電撃トレードが成立。移籍デッドライン間際になって各チームは水面下で最終戦力調整に奔走した。1月中旬~オールスターブレイクにかけて成立した最新の移籍関連ニュースをまとめた。

文/中島はるの、杉浦大介
TEXT by HARUNO NAKASHIMA(TRADE), DAISUKE SUGIURA


◆PAUL PIERCE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ポール・ピアース/常勝軍団の魂

昨年、プロ10年目の節目のシーズンでついに優勝の栄冠を手にしたポール・ピアース。かつては孤軍奮闘を強いられ、名門チームの重圧に苦しんだが、ファイナルMVPに輝き、最高の選手を自負するにまで自らの地位を築き上げた。苦労を経てエリートに上り詰めた“努力の天才”の素顔に迫る!

インタビュー/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.6
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
カーメロ・アンソニー(デンバー・ナゲッツ)

サイズ、身体能力、テクニックと、類い稀な才能に恵まれたスコアラー、カーメロ・アンソニー。24歳の若さでリーグのトッププレーヤーとして活躍する現代屈指のオールラウンダーの実力を、プロが徹底診断する。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★Master of Jump Shot
[ジャンプショット大研究]
“J”を極める!

ジャンプショットは文字通りジャンプして放つシュートのことである。「ジャンパー」や単に「J」とも呼ばれるこの基本技術は、誰もが使うごく普通のプレーだ。しかし、だからこそ奥が深い。一口にジャンプショットといってもフォーム、確率は十人十色であり、どんな名手でも入る日もあれば入らない日もある。選手の個性が凝縮されたプレー、それがジャンプショットなのである。

分析/スコット・ウィッスル、協力/三尾圭
ANALYSIS by SCOTT WISSEL, COOPERATION by KIYOSHI MIO


★JASON RICHARDSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジェイソン・リチャードソン/幸福な日々

あの衝撃は今でも忘れられない。2002、03年のダンクコンテストで見せた超絶スラムダンク。しかし、Jリッチはそんな過去には無関心。彼の視線の先にあるのはチームの勝利だけだ。サンズ移籍はいったい彼に何をもたらしたのか?

インタビュー/星久幸
INTERVIEW by HISAYUKI HOSHI


★SITUATIONAL SCORER
状況別得点ランキングを大発表!

プロとはいえ選手も人間である以上、環境や状況によって、調子が変ってくるはず。それを検証すべく、勝敗、曜日などいろいろな状況下での今季の得点ランキングを作成した。各項目とも、意外な結果が浮き彫りとなった。


★AWARDS PREDICTION 2009
各アウォードの受賞者を大予想!

シーズンの折り返し地点であるオールスターが幕を閉じ、NBAは後半戦に突入。MVPを筆頭に、各アウォードの候補者も徐々に絞られてきた。そこで一足早く、気になる主要6部門の受賞者を徹底予想する。


★NBA STAR BIOGRAPHY/DANNY GRANGER
NBAスター物語/ダニー・グランジャー――開花する非エリート

今季目覚ましい活躍を見せるペイサーズのエース、グランジャーがついに初のオールスター出場を果たした。今では誰もがあふれんばかりの才能に注目する選手だが、NBA入りするまでの彼は決してエリートコースを歩んできたわけではない。大学からの勧誘はほとんどなく、NBAドラフトでも17位という低評価。だが、父の手製コートで培った技術とタフな精神力で、NBAのスターの座へのし上がろうとしている。

文/マイク・ウェルズ、翻訳/千田範子
TEXT by MIKE WELLS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


HEAD COACHES’NOW & THEN
NBAヘッドコーチ30人の履歴書

今季もすでに8チームがHCを解任、なじみのない顔が増えてきている。そこで、NBA史上に残る名将から、ルーキーHCまで、今季30チームのHCのキャリアをチェック。かつてプロだったHCたちの貴重な現役時代の雄姿と併せて、お楽しみいただきたい。




★2009 ALL STAR SPECIAL PRESENT
オールスターグッズを一挙大放出!

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート&個人成績ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第17回 NBAレジェンド列伝/デビッド・トンプソン

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ


※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
土俵際のジョーダンが白羽の矢を立てるのは誰?

★2008-09 NCAA WATCH
カレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ挑戦記

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/手首返し補助グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
オールスターにふさわしい選手の条件とは?

★NBA MIXED ZONE
ベン・ゴードン――ブルズ再建下の憂鬱なエース

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年3月号/No.194
NBA 2008-09 SEASON 2ND-HALF PREVIEW
全30球団 中間レポート
2009年1月25日発売
定価750円(税込)

開幕から約3か月が経過し、2008-09シーズンも折り返し地点を迎えた。そこで『ダンクシュート』は、全30チームの中間レポートを実施! 前半戦の査定から、後半戦展望、補強計画まで各チームの全貌を徹底究明した。さらに、快進撃を見せるレイカーズの大黒柱コビー・ブライアントと完全復活したドゥエイン・ウェイドの東西2大スーパースターのインタビューもお届け! 別冊付録はオールスター2009ガイドブックだ!
>>>More



【別冊付録】
ALL STAR GUIDE BOOK 2009
オールスター2009ガイドブック

スターが勢揃いするオールスターの季節が迫ってきた。砂漠の街フェニックスで2月13~15日に開催される“夢の舞台”で脚光を浴びるのはいったい誰なのか? 各種イベントの基本情報から今大会の見どころまで完全網羅。これさえ読めば、もうオールスターはばっちりだ!



★GREATEST RIVALS
[レイカーズ vs セルティックス]
二大名門チーム対決

2008年のファイナリストで今季も東西カンファレンスのチャンピオン候補であるセルティックスとレイカーズ。両者とも一時はシーズン70勝を上回るハイペースで勝ち星を積み重ねるなど、今季もファイナル進出の有力候補と目されている。そんな彼らはこれまで60年以上にわたってリーグ史を鮮やかに彩ってきた最高のライバル同士。NBAが誇る二大名門チームを徹底比較し、その魅力に迫る!


◆Return of Celtics-Lakers Era
セルティックス&レイカーズ時代再び

リーグ誕生とほぼ同時期にチームが創設され、以来、紆余曲折を経ながらも「名門」としてリーグに君臨。「セルティックスとレイカーズの歴史=NBAの歴史」といっても決して過言ではない。その東西の雄は今、再び二強時代を形成しようとしている。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO


◆KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] コビー・ブライアント/天性の勝負師

一時は「今季70勝してしまうのではないか!?」と言われたほど、順調に白星を重ねているレイカーズ。その最大の功労者は、もちろんエースのコビー・ブライアントだ。昨ファイナルでの敗戦は、コビーの闘争本能に火をつけた。“天性の勝負師”は日々の戦いを「チャレンジ」と位置づけ、ただひたすら勝利を追い求めている。再び優勝の栄冠を手にするまで、コビーがその歩みを止めることはない。

インタビュー/アート・トンプソン、翻訳/大井成義
INTERVIEW by ART THOMPSON, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆HEAD TO HEAD
名門十番勝負

NBAが誇る東西の両雄、セルティックスとレイカーズは、お互いに認め合った良きライバルであり、常に比較される存在でもある。ここでは「十番勝負」と題して、10のテーマについて比較・検証を行なってみた。より偉大なチームは果たしてどちらなのか?


◆2008.12.25 Christmas Game: Lakers vs Celtics
BIG MATCH
雪辱を期して[レイカーズ対セルティックス クリスマスゲーム密着レポート]

昨NBAファイナル以来の再戦となるビッグマッチが、クリスマスの日についに実現した。19連勝中のセルティックスと、ウエスト首位を独走するレイカーズの今季初対決だ。ファイナルでの惨敗から早や6か月。レイカーズの面々はずっと雪辱の機会を待ち焦がれてきた。2008年12月25日、LAのクリスマスが熱く燃えた。

文/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Strategy Guide
NBA戦術指南
セルティックス&レイカーズの基本戦術をプロが詳説!

勝つためには戦力の充実はもちろん、優れた戦術も必要だ。なかでも気になるのは、現代屈指のトップチーム、セルティックスとレイカーズの基本的な戦術だろう。そこで、クリッパーズでスカウトを務めるスコット・ウィッスル氏にわかりやすく解説してもらった。ファンは観戦時の見どころ、選手はプレーの参考にしてほしい。

分析/スコット・ウィッスル(クリッパーズ・スカウト)、協力/三尾圭
ANALYSIS by SCOT WISSELL (CLIPPERS’ ADVANCED SCOUT), COOPERATION by KIYOSHI MIO


◆RAY ALLEN SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] レイ・アレン/伝統と誇りを胸に

セルティックス・ビッグ3の一角を担うレイ・アレンの辞書に「油断」の二文字は存在しない。昨季は球団として17度目、個人としてはキャリア初の優勝を成し遂げ、今季も破竹の勢いで序盤戦を駆け抜けた。勝利の美酒に酔い潰れることなく、改めてその強さを見せつける王者の一員として、34歳のスコアラーは、虎視眈々と爪をといでいるのだ。

インタビュー/星久幸
INTERVIEW by HISAYUKI HOSHI


★ALLEN IVERSON SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] アレン・アイバーソン/アイバーソン未来予想図

アイバーソンのピストンズ移籍から、間もなく3か月が経過しようとしている。かつては1試合30得点以上を軽々と叩き出していたアイバーソンだが、今季の成績はキャリアワーストのペース。チームも勝ったり負けたりと波に乗り切れない。アイバーソンの今季は今後どのような展開を見せていくのだろうか?

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★2008-09 2ND-HALF PREVIEW
NBA中間レポート


強豪チームの連勝劇や大物のトレードなど、開幕直後から賑わいを見せた2008-09シーズンは、早くも折り返し地点を迎えようとしている。そこで『ダンクシュート』は各チームの中間レポートを作成。前半戦の出来を多角的に振り返り、そこから今後カギを握る選手や補強案などを徹底的にチェックする形で、各チーム後半戦の注目ポイントを紹介していく。


◆THE BEST OF 1st half
前半戦のアウォードを大発表!
【イースタン・カンファレンス編】

◆Review & Preview
NBA中間レポート【イースト編】


★DWYANE WADE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドゥエイン・ウェイド/栄光への架け橋

昨季はケガで不本意なシーズンを送ったウェイドが開幕から絶好調だ。その活躍ぶりはMVP候補に挙げられるほどである。“フラッシュ”の異名通り、眩いばかりの煌めきを放つウェイドを直撃した。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆THE BEST OF 1st half
前半戦のアウォードを大発表!
【ウエスタン・カンファレンス編】

◆Review & Preview
NBA中間レポート【ウエスト編】


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.5
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ドワイト・ハワード(オーランド・マジック)

今やリーグ最高のセンターと称されるまでになったドワイト・ハワードのプレーは「豪快」の一言に尽きる。圧倒的な身体能力でファンを虜にするNBA一の若き野獣のプレーを、プロが厳正にスカウティングした。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★BALL COLLECTOR
スティーラーランキング

どんな名手でも1試合に平均3本程度しか記録できない技がスティールだ。この難易度の高い妙技を得意とする現役選手15人をピックアップ。今季の成績+過去の実績を加味して作成した、本誌独自のスティーラーランキングを大発表する。


★NBA STAR BIOGRAPHY/MAURICE WILLIAMS
NBAスター物語/モーリス・ウィリアムズ――ファミリアとの誓い

今季のキャブズは球団史上最高のスタートを切った。その立役者の一人がPGとして目覚ましい活躍を見せているモーリス・ウィリアムズである。185㎝の小兵ながら、正確なシュートと優れた戦術眼を持ち、キャブズ・オフェンスの起点として、チームの躍進に大きく貢献。マイク・ブラウンHCも「コート内の私の代役」と賞賛する。キャブズ悲願の優勝に向けてのラストピースと目される男の半生を追いかけてみた。

文/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★OKLAHOMA CITY THUNDER SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] オクラホマシティ・サンダー/改革の苦しみ

開幕後、サンダーは歴史的ペースで負け続けた。一部からは史上最弱との声も聞かれたほどだ。しかしそれは、未来のための“痛みを伴う”改革による弊害なのである。

文/丹羽政善
TEXT by MASAYOSHI NIWA


NBA TATTOO QUIZ
NBA選手自慢のタトゥーをクイズ形式で紹介!

デザインやカラーなどバリエーションに富んだNBA選手のタトゥーをクイズ形式で一挙紹介! 選手のこだわりが詰まった“アート”の数々をとくとご覧あれ。


★STEPHEN JACKSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] スティーブン・ジャクソン/ワイルドなリーダー

両腕や腹部を覆い尽くさんとばかりに入れられた数多のタトゥーが示すとおり、ジャクソンはNBAきってのタトゥー愛好家である。それらに秘められたエピソードやデザインのこだわりについて熱く語った。

インタビュー/星久幸
INTERVIEW by HISAYUKI HOSHI




★DS PRESENT @ MARCH
ウェイド、ボッシュのシグネチャーモデルなど、レアグッズ満載!!

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート&個人成績ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第16回 NBAレジェンド列伝/ドミニク・ウィルキンス

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
レブロン vs バークレーの仁義なき戦い第2幕

★2008-09 NCAA WATCH
カレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ挑戦記

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/ハンドリング向上グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
果たしてローズは最高のルーキーなのか?

★NBA MIXED ZONE
バロン・デイビス――“驚異の男”の困難な仕事

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年2月号/No.193
YOUNG GENERATION
U-24限定 ヤングスター列伝
2008年12月25日発売
定価750円(税込)


2008-09シーズンも約2か月が経過。そこで『ダンクシュート』は、リーグの主役を演じているヤングジェネレーション(若年世代)にスポットを当て、彼らの可能性を徹底解明する!! 第二特集では、今季の最強チームを決めるべく、有力5チームによる仮想対決を開催!! アレン・アイバーソンとの電撃トレード後、ナゲッツを順調に勝利に導いているチャンシー・ビラップスのインタビューもお届け! 別冊付録はファン必見のNBA球団別歴代ベスト5だ!
>>>More



【別冊付録】
FRANCHISE BEST5
球団別歴代ベスト5 & フランチャイズ史

「各チームの史上最高の5人とは、いったい誰なのか?」。この疑問を解決すべく、実力、実績、人気、インパクトとすべての項目を考慮した上で、全30チームの球団史上最高の5人を『ダンクシュート』が独自に選出した。



★YOUNG GENERATION
U-24限定 NBAヤングスター列伝

“ヤングジェネレーション”(若年世代)が熱い。レブロン・ジェームズを筆頭に、多くの驚異的才能がリーグを支配し始めている。この新たな潮流に迫るべく、24歳以下のヤングスターに限定した緊急大特集を敢行する!


◆Don’t miss Young Stars!!
ヤングジェネレーション、その大いなる可能性

NBAに世代交代の時が訪れている。レブロン、ポール、ハワードらはすでにリーグのトップに上り詰め、同世代の若手たちも活躍の場をぐんぐん広げている。彼らの時代はすぐそこまで来ているのだ。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆CHRIS PAUL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] クリス・ポール/若きカリスマの「世代観」

ホーネッツの司令塔クリス・ポールはNBAきっての実力派ヤングスターだ。この若きカリスマPGは「世代」というものをどのように意識しているのか。自分自身のこと、交友関係、今季のチームの出来といった話題とともに、思いの丈を存分に語ってもらった。

インタビュー/レス・イースト、翻訳/大井成義
INTERVIEW by LES EAST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆DERRICK ROSE vs O.J. MAYO
ルーキーガード徹底比較
デリック・ローズ(ブルズ) vs OJ・メイヨ(グリズリーズ)

ルーキーの得点ランキングのトップに君臨するローズとメイヨ。新人王有力候補と目される2人は、日に日にその存在感を高めている。ヤングジェネレーション世代を盛り上げる2大スター候補生の実力を徹底比較する。

分析/ロヒス・レディ、協力/星久幸
ANALYSIS by ROHITH REDDY, COOPERATION by HISAUKI HOSHI


◆YOUNG GENERATION FILE
ヤングスター大図鑑

Vol.1:BORN IN 1984
LeBron James, Carmelo Anthony, Chris Bosh, Andre Iguodala etc…

Vol.2:BORN IN 1985
Chris Paul, Dwight Howard, Josh Smith, Al Jefferson etc…

Vol.3:BORN IN 1986-89
Rudy Gay, Andrew Bynum, Kevin Durant, Michael Beasley etc…


◆Shaquille O’Neal SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] シャキール・オニール/重鎮シャックが若手に物申す!

NBA一の重鎮といえばシャキール・オニールを置いて他にいない。通算4度の優勝を成し遂げた近代最高のセンターの目に現代の若者はどう映っているのか。台頭著しいヤングジェネレーションへ、大御所が愛のムチを振るう。

インタビュー/クレイグ・モーガン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆YOUNGER DAYS
現役スター思い出写真館/あの頃君は若かった

NBAをリードするベテランたちにも、若かりし頃はあった。現在の地位を確立する以前、彼らは一体どんな「ヤングジェネレーション」だったのか。U-24(24歳以下)の頃の姿とともに当時の様子を振り返る。


◆DREAM MATCH
現役世代別オールスター実力検証

将来のNBAを背負って立つヤングジェネレーションたちは、現在リーグを牛耳る上の世代と比べてどうなのか? 25歳以上の選手たちを世代別に分類すると、すでに実力を証明した30歳以上のオールド世代、最盛期を迎えている25~29歳のミドル世代の2つに分けられる。本誌が独自に選抜した3世代のオールスターチームを基に、ヤングジェネレーションたちの可能性を探る。


★CHAUNCEY BILLUPS SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] チャンシー・ビラップス/勝利者の流儀

開幕直後のアレン・アイバーソンとの電撃トレードで、9年ぶりにナゲッツのジャージーを身に纏ったビラップス。真のリーダーを迎えたチームは、水を得た魚のように勝利を積み重ねている。快進撃の原動力となっている“勝利を呼ぶ男”を直撃した!!

インタビュー/クリス・デンプシー、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★Movin’ Sign
激熱!! NBA移籍最前線

開幕直後の話題を独占したアイバーソンの電撃移籍。しかし、移籍関連情報はそれだけにとどまらなかった。シーズン前から噂されていた2年後のレブロン移籍話をはじめ、2010年FA組、今シーズン不遇をかこっているスター選手など、熱い噂が満載だ!!


◆Future Vision
レブロンら2010年FA組を巡る争奪戦の行方

レブロンをはじめ、2010年にFAとなれる権利を手にするスター選手の獲得に関する話題が、日を追うごとに熱を帯びている。彼らの動向次第では、リーグの勢力図を大きく塗り替えることになるかもしれないからだ。2010年FA組を巡る争奪戦の行方を予想した。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆Rumored Files
移籍の噂(秘)ファイル

2008年も終わりを告げる時が刻一刻と迫る中、2009年の戦いを見据えて戦力強化を図ろうと各チームが水面下で様々な動きを見せ始めている。ヴィンス・カーターやステフォン・マーブリーらスーパースターの移籍話が囁かれるなど、まだこれから驚きのビッグムーブが起きそうな気配が漂っている。


◆JAMAL CRAWFORD SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジャマール・クロフォード/ニューヨークとの決別

ニックスを予想外の開幕好スタートに導いた立役者でありながら、2年後のレブロン・ジェームズ獲得を目論むチームから放出されてしまったクロフォード。言うなれば2010年FA問題の“被害者”である男に、心の内を赤裸々に語ってもらった。

インタビュー/星久幸
INTERVIEW by HISAYUKI HOSHI


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.4
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ドゥエイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)

故障続きの過去2シーズンを見て「もうウェイドは終わった」と思った人もいたかもしれない。だが、彼は復活した。ヒートを優勝に導いた頃の輝きを取り戻した“マイアミの救世主”の実力を、プロが徹底診断する。

協力/三尾圭
COOPERATION by KIYOSHI MIO


★BATTLE ROYAL
五大勢力仮想対決

今季最強のチームを決めるべく、『ダンクシュート』は有力5球団による総当たり戦を実施! NBAを熟知した現地の記者や現役スカウトの意見を基に、全10試合をシュミレーションしていく。強豪同士のガチンコ勝負を制するのは、いったいどのチームか?

[仮想対決]
・BATTLE 1 :ボストン・セルティックス vs ロサンゼルス・レイカーズ
・BATTLE 2 :ロサンゼルス・レイカーズ vs クリーブランド・キャバリアーズ
・BATTLE 3 :ボストン・セルティックス vs デトロイト・ピストンズ
・BATTLE 4 :ヒューストン・ロケッツ vs ロサンゼルス・レイカーズ
・BATTLE 5 :ロサンゼルス・レイカーズ vs デトロイト・ピストンズ
・BATTLE 6 :デトロイト・ピストンズ vs クリーブランド・キャバリアーズ
・BATTLE 7 :ヒューストン・ロケッツ vs ボストン・セルティックス
・BATTLE 8 :クリーブランド・キャバリアーズ vs ボストン・セルティックス
・BATTLE 9 :ヒューストン・ロケッツ vs クリーブランド・キャバリアーズ
・BATTLE 10:デトロイト・ピストンズ vs ヒューストン・ロケッツ

[ダークホース分析]
専門家が選ぶダークホースはここだ!

協力/ラス・ベンソン、ラリー・ターナー、ローランド・レーゼンビー、スコット・ウィッスル、杉浦大介、三尾圭
COOPERATION by RUSS BENGTSON, LARRY TURNER, ROLAND LAZENBY, SCOTT WISSELL, DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO


★Notable Surprises
必見!! 序盤戦の7大サプライズ

シーズン開幕から約2か月が経過。下馬評通りの出来事もあれば、予想外の浮き沈みなどビッグサプライズもあるのが世の常だ。ここでは、NBA観戦をよりおもしろくしてくれる、驚きの7大トピックスをお届けしよう!


★THE REAL SUPERSTAR/STEVE NASH
素顔のスーパースター/スティーブ・ナッシュ

スティーブ・ナッシュはNBA屈指の司令塔だが、派手な言動をしないせいか、あまりプライベートな面が語られることはない。今回は、4シーズンにわたってチームメイトだったボリス・ディーオウが、知られざるナッシュの素顔に迫る。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★NBA STAR BIOGRAPHY/HIDAYET TURKOGLU
NBAスター物語/ヒディエット・ターコルー――トルコの英雄

少年時代、トルコでサッカーに夢中だったターコルーは、とあるきっかけでバスケットと運命的な出会いを果たす。以後バスケットの虜となった彼はトルコでプロ選手として活躍し、ついにはNBAでも指折りの選手までに成長を遂げた。ターコルー本人の言葉と共に、彼のバスケット人生を振り返る。

文/ブライアン・シュミット、翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN SCHMITZ, TRANSLATION by NORIKO CHIDA



★DS PRESENT @ FEBRUARY
貴重なNBAグッズを大放出!!

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート&個人成績ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第15回 NBAレジェンド列伝/オスカー・ロバートソン

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
レブロン vs バークレーの仁義なき戦いがついに勃発!

★2008-09 NCAA WATCH
カレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ挑戦記

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/反射神経向上グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
寡黙な戦士ジョン・サーモンズ

★NBA MIXED ZONE
ロン・アーテスト――波瀾万丈男の「新たな挑戦」

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2009年1月号/No.192
AI TYPHOON
アレン・アイバーソン電撃移籍で
新バッドボーイズ誕生!!
2008年11月25日発売
定価750円(税込)


ついに2008-09シーズンが幕を開けた。そこに突如舞い込んできたアレン・アイバーソンの電撃移籍。序盤戦のリーグを揺るがすトレードの全貌を、アイバーソン本人の声も交えて緊急大特集する!! 第二特集は開幕1か月のNBAを徹底チェック。東西両カンファレンスの全30チーム&主要選手の序盤戦を本誌が独自に査定する! 2連覇への自信を激白してくれたケビン・ガーネット、新天地で新たなチャレンジに挑むリチャード・ジェファーソンのインタビューも一挙にお届け! さらに、NBA必殺技大全の豪華付録も付いている!!
>>>More



【別冊付録】
NBA ULTIMATE MOVE FILE
NBA必殺技大全

NBA選手たちはそれぞれ代名詞的な得意プレーを持っているもの。それが高じると、その選手独自の“必殺技”として人々に認知されるようになる。ここでは、古今東西のNBAを代表する必殺技とその使い手を紹介。有名なテクニック、知られざる効果的ムーブなど、16の必殺技を集めた。

◆クロスオーバー ◆フェイダウェイ
◆ドリームシェイク ◆パワードライブ
◆スカイフック ◆ビハインド・ザ・バック・パス
◆ジノビリステップ ◆シャックアタック
◆ノールックパス ◆ジャブステップジャンパー
◆スクープショット ◆バンクショット
◆ティップリバウンド ◆ティアドロップ
◆スクリーンジャンパー ◆粘着ディフェンス


★AI TYPHOON
アイバーソン電撃移籍で新バッドボーイズ誕生!!

「アイバーソン、ピストンズへ移籍」。開幕直後の11月3日、衝撃のトレードが電撃成立した。これにより、近年停滞傾向にあったデトロイトにアイバーソンを加えた“新バッドボーイズ”が誕生。移籍後初インタビューをはじめ、アイバーソンの移籍を多角的に特集する!


◆ALLEN IVERSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] アレン・アイバーソン/すべてをここに捧ぐ

2000年代のNBAを牽引してきたリーグ屈指のスーパースター、アレン・アイバーソンが3年ぶりにイースタンの戦場に戻ってきた。そこで『ダンクシュート』は緊急インタビューを敢行! 6年連続カンファレンスファイナル進出中の強豪の一員となったことをアイバーソン本人はどう感じているのか。ピストンズで目指すもの、仲間たち、新天地でのプレー……。彼の心に秘められた熱い思いをお届けしよう。

インタビュー/クリス・デンプシー、翻訳/大井成義
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


SEARCH OUT
AI移籍の真相

開幕直後に起きたこの衝撃的なトレードに、多くの人が驚いたに違いない。しかし、経緯や条件を見ていくと、双方にとって非常にメリットのある動きだったことがわかる。今回の電撃移籍に秘められた両チームの事情と思惑とは――。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


[SCOUTING FOR NEW BAD BOYS]
Growing Up?
新生バッドボーイズ実力診断

アイバーソン入団によってピストンズはどんなチームに生まれ変わったのか? これまでは堅守が売りのチームスタイルだったが、一人の超絶スコアラーの加入によりイメージは一変した。“ニューバッドボーイズ”の実力に関する様々な疑問について、プロのスカウトに解説してもらった。


分析/チェット・カマー、協力/三尾圭
ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO


2008-09 SEASON
COMPLETE CHECK
開幕1か月総点検

2008-09シーズンが開幕しておよそ1か月。「あの選手は大躍進しそう」、「あのチームは低迷必至」というように、戦前は選手やチームそれぞれに様々な評価、憶測が飛び交った。いざ開幕してみて、その予想は的を射ていたのか、そうではなかったのか? 全30チームと主要226選手の新シーズン序盤の戦いぶりをいち早く総点検する!


Eastern Conference 15 Teams Check
【イースト15球団】序盤戦のグッドorバッド

Western Conference 15 Teams Check
【ウエスト15球団】序盤戦のグッドorバッド

文/杉浦大介、中島はるの
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HARUNO NAKASHIMA


◆KEVIN GARNETT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ケビン・ガーネット/王者の雄叫び

昨季セルティックスに電撃移籍したKGは、13年目にして念願だった優勝の美酒に酔いしれた。しかし、勝利に貪欲なこの男が歩みを止めることはない。新たな目標に向けスタートを切った王者が、今ここに「2連覇達成」を高らかに宣言した。

インタビュー/マーク・スピアーズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆LEBRON JAMES SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] レブロン・ジェームズ/深まる自信

NBA6年目を迎えたレブロン・ジェームズの挑戦が再び始まった。今季のキャブズは念願のPGを補強し、レブロン入団以降としては過去最高の布陣を整えた。その期待通り、レブロン&キャブズは開幕から素晴らしいスタートを切っている。

文/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆POWER OF ACE
スーパーエース活躍度診断

エースの出来は勝敗の大きなカギを握っている。それは、開幕1か月点検で最も重視すべき点の一つと言えるだろう。ここではエースの本分である「攻撃力」に着目。本誌が独自に算出した攻撃力を示すデータとともに、エースの働きぶりを診断する。


◆D Masters
エースを狙え!!

華やかなエースに襲い掛かる天敵、それが“エースストッパー”だ。地味ながら試合に与える影響はとてつもなく大きい。そんな現代を代表する守備の達人たちの今季序盤戦をチェックする。


◆RICHARD JEFFERSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] リチャード・ジェファーソン/新たなチャレンジ

7年間在籍したネッツを離れ、今夏バックスへ移籍。キャリアのほとんどを強豪の主力としてプレーしてきたジェファーソンにとって弱小球団へのトレードはショックだったに違いない。しかし、すぐに心機一転。新天地でのチャレンジに闘志を燃やしている。

インタビュー/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA


◆主要移籍選手完全チェック イースト編

今夏、チームに諸手を挙げて歓迎されたブランドとジャーメインは揃って不調。その一方で、フォード、ピートルス、ウィリアムズと言った伏兵たちは大活躍するなど、イーストの移籍選手は戦前とは予想外の状況となっているケースが多い。編集部が注目した13名の序盤戦を徹底チェックしていく。

◆主要移籍選手完全チェック ウエスト編
ウエストの移籍選手はアーテスト、B・デイビス、ミラー、ポージーなど実力派のベテランが多くいるのが特徴。期待以上の活躍を見せる者もあれば、思わぬ不振に苦しむ選手もおり、序盤戦の明暗ははっきりと分かれた。イーストに続き、ウエストの移籍選手全13人の活躍度を一挙チェックしていく。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.3
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
コビー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)

現代NBA最高の選手と言えば、コビーの名前を思い浮かべるファンは多いだろう。類まれな技術と飽くなき向上心によって昨季ついにMVPにまで上り詰めた“現代のカリスマ”の実力を、プロのスカウトが徹底診断する。

COOPERATION by KIYOSHI MIO


◆Victorious Messenger
勝利のカギを握る司令塔をチェック!!

パッシングゲーム主体の現代においては、「チームの勝敗はポイントガードの双肩にかかっている」と言われるほど、司令塔の役割は重要だ。開幕好スタートを切ったチーム、不振のチームなど状況は様々だが、ここでは厳選した司令塔12名の今シーズンを査定する!

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


◆Final Piece
優勝のカギを握る7人

優勝するためにはエースの活躍はもちろん、準エースに該当するプレーヤーたちの貢献も不可欠だ。東西の強豪チームで、優勝のカギを握っている7人の序盤戦をチェックする。


◆ROOKIES + MICHAEL BEASLEY SPECIAL STORY
ビーズリー開幕戦密着物語+新人チェック

ルーキーにとって初めてのシーズンが始まった。大学1年でプロの門を叩いたドラフトトップ3の中でも、特に注目されるのが全体2位のマイケル・ビーズリーだ。新人王筆頭候補の開幕戦に密着するとともに、その他話題の新人たちを一斉にチェックする。

文/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/千田範子
STORY by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Catch a Star
飛躍を誓う猛者たち

オールスターゲームはファイナルと並ぶNBAの一大イベントだ。その舞台でプレーすることは、選手にとって大きな名誉となる。今季キャリア初のオールスター選出を狙う14名をピックアップし、彼らの序盤戦を見ていく。


◆THE BRINK OF A CLIFF
がけっぷち選手のスタートは?

かつての英雄で、今では単なる給料泥棒。あるいは何年経っても芽が出ない“未完の大器”など、なまじ実績や期待があるために、多大なプレッシャーにさらされている選手たち。その状態が何年も続き、もう後がない、まさに“がけっぷち”に追い詰められている彼らは、今季こそ結果を出さなければならない。果たして彼らは死の淵から生還できるのか? 勝負の年のスタートはいかに?

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆10th Anniversary
記念すべき10年目は良きシーズンになるか?

◆REST of HEROES
その他の選手チェック!!



★DS PRESENT SPECIAL EDITION
NBA開幕記念特大プレゼント

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート&個人成績ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第14回 NBAレジェンド列伝/ジュリアス・アービング

★MONTHLY EURO LEAGUE
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
キャリアの土俵際に立たされたベテラン2人の今後を占う!

★2008-09 NCAA WATCH
カレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ挑戦記

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/ドリブル上達グッズ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
情熱の男、スコットスカイルズ

★NBA MIXED ZONE
ジャーメイン・オニール――再び迎えた「再生の年」

★FRONT LINE
情報最前線

★ALL COURT PRESS 2
読者のページ
817円
2008年12月号/No.191
NBA SUPER PREVIEW
シーズン開幕大特集
2008年10月25日発売
特別定価780円(税込)


NBA開幕を目前に控えた今月の『ダンクシュート』は、08-09シーズンを徹底特集!! 「今季がどんなシーズンになるのか」という開幕前最大の疑問を解決すべく、新シーズンの気になる項目の行方を占う大予言にはじまり、個人賞レース大予想、裏の見どころなど新シーズン色満載の企画をお送りする! 王座奪取を誓うレブロン・ジェームズ、アレン・アイバーソンの2大スーパースターの開幕直前スペシャルインタビューも一挙にお届け! さらに、08-09シーズン 全30チームパーフェクトガイドの豪華付録も付いている!!
>>>More



【別冊付録】
2008-09 NBA SPECIAL BOOK
全30チーム パーフェクトガイド

08-09シーズン開幕に合わせたパーフェクトガイド。最新ロースター、予想スターター、スケジュールなど、全30チームの最新情報を一冊に凝縮! NBA観戦時のお供に最適だ!!

★2008-09 Season original prediction
NBA大予言

2008-09シーズンが10月28日にいよいよ開幕する。ファンにとって気になるのは、やはり今季がどんなシーズンになるのか、だろう。そこで『ダンクシュート』は、リーグの最新情報を加味した上で
どこよりも詳しく、新シーズンのオリジナル特集を敢行! その第一弾として、大胆にも新シーズンの気になる12項目の行方を予言した。これを読めば、新シーズンがさらに楽しくなること間違いなしだ!


◆LEBRON JAMES SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] レブロン・ジェームズ/止まらない衝動

得点王、オールスターMVP、五輪の金メダル……。弱冠23歳にして、これまでレブロンは数々の勲章を手に入れてきた。しかし、彼が本当に欲しいと願うものはただひとつ――チャンピオンリングに他ならない。真の“キング”になるべく新たなシーズンに臨むレブロンが、『ダンクシュート』に今シーズンの意気込みを語ってくれた。

インタビュー/ブライアン・ウィンドホースト、翻訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆予言①
レブロンが「現役最強」の地位を確立する

レブロン・ジェームズは誰もが認めるトッププレーヤーのひとりだ。ただ「現役最強の選手か?」と問えば、認めない者もいるだろう。だが、そうした人々の評価もまもなく変わるに違いない。真の“キング”誕生の時は、すぐそこまで来ている。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆予言②
王者セルティックスは2連覇できない

昨季セルティックスは大黒柱ピアースに、ガーネット&レイ・アレンの2人を加えた“ビッグ3”で一気に頂点まで上り詰めた。彼らの今季の目標は当然2連覇だが、残念ながら40年ぶりの快挙達成は難しい。そこには連覇を阻む、いくつもの不安要素が存在するのだ。

文/丹羽政善
TEXT by MASAYOSHI NIWA


◆Beat Celtics!!
セルティックスの刺客たち


◆Allen Iverson SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] アレン・アイバーソン/決意表明

アイバーソンにとって今オフは波乱続きだった。延長契約を手にできず、チームは守護神キャンビーを突然の放出、ついには自らもトレードの可能性について言及した。しかし、勝利を追い求める“ジ・アンサー”の心はまったく揺らいでいない。

インタビュー/クリス・デンプシー、翻訳/千田範子
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆予言③
今シーズン中に大物選手の移籍が実現する!

近年のNBAでは、昨季のガソル、シャック、キッドをはじめ、アイバーソン、カーターら大物選手がシーズン途中に新天地を求めて籍を移している。この傾向を考えると、今季も大物選手の移籍が起こる可能性は高い。そこで今季の市場の動きを予想した。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO


◆2009 FA LIST
来オフの移籍市場 注目選手たち


◆予言④
ロン・アーテストがロケッツを成功に導く

昨季55勝をあげた西の強豪ロケッツが、リーグ有数の問題児アーテストを獲得。この動きに対して、チームの和を乱すのではと危惧する声も多く聞かれる。しかし断言しよう。今季アーテストはロケッツを成功に導くはずだ。これまでのキャリア、人格、プレースタイルから、その理由を説いていく。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆MOVING STARS
注目移籍選手8人をチェック!


◆予言⑤
ヒートはサウスイーストの地区首位に返り咲く

2006年に球団史上初の優勝を果たしたヒートは、わずか2年でリーグ最低勝率チームへと陥落した。今季も評論家たちの評価は高くないが、決して彼らを侮ってはいけない。復活したウェイドとマリオンに、大型ルーキーのビーズリーを加えた“新ビッグ3”を中心に、彼らは地区首位返り咲く!

文/アイラ・ウィンダーマン、訳/千田範子
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆予言⑥
復活を期す選手たちの今季はこうなる!

昨季故障でシーズンを棒に振った者、故障の影響で本来の活躍ができなかった者、オフに手術に踏み切り開幕に出遅れる者たちは、完全復活しようときたる時を待っている。彼らの復活劇は成功するのか? 最新の選手情報やチームとの相性も考慮し、今季の行方を占った。


◆予言⑦
2009年のドラフト1位指名はリッキー・ルビオだ!

今シーズンの開幕前に来年のドラフトの話とは、少々気が早いのではと思われるかもしれない。しかし、それほどの注目を集める1人の少年がいる。その名はリッキー・ルビオ。17歳にして北京五輪に出場し、世界中のバスケファンを魅了した。その天才少年が、来年のドラフトにエントリーする可能性があるのだ。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆予言⑧
ブレイザーズが地区首位に立つ

◆予言⑨
ニックスがラン&ガンで生まれ変わる

◆予言⑩
ラリー・ブラウンがボブキャッツをプレーオフに導く

◆予言⑪
引退を決意したシャックが輝きを取り戻す

文/出野哲也(⑧)、中島はるの(⑨)、星久幸(⑩)、三尾圭(⑪)
TEXT by TETSUYA IDENO, HARUNO NAKASHIMA, HISAYUKI HOSHI, KIYOSHI MIO

◆予言⑫
今季注目のブレイク選手は彼らだ!


★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.2
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
ポール・ピアース(ボストン・セルティックス)

10月号のレブロン・ジェームズに続くスカウティング企画第2弾は、昨プレーオフでそのレブロンと白熱のバトルを繰り広げたピアースだ。名門球団の伝統を支える生え抜きエースの真の実力を、プロが徹底診断する。

COOPERATION by KIYOSHI MIO


★THE REAL SUPERSTAR/KOBE BRYANT
素顔のスーパースター/コビー・ブライアント

コビー・ブライアントが、NBAで唯一心を許せる友人がロニー・トゥリアフだ。チームメイトとしての関係は、このオフにトゥリアフがウォリアーズに移籍したことで終わったが、依然として、2人が友人関係にあることに変わりはない。“孤高の天才”の真実の姿を、無二の親友が明らかにする。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★08-09 NBA DERBY
NBAダービー
個人賞&シーズンの行方を専門家がズバリ予想!!

開幕前のファンの楽しみといえば、シーズン予想だ。現地NBAライター陣もその例に漏れず、開幕前は様々な予想に勤しむもの。そんな専門家たちの一押し選手を並べ、“レース”の行方を完全展望する!

■レース一覧■
1R MVP
2R 得点王
3R リバウンド王
4R アシスト王
5R 新人王
6R 最優秀守備選手賞
7R シックスマン賞
8R 3ポイント王
9R イースタン・カンファレンス優勝予想
10R ウエスタン・カンファレンス優勝予想

文/杉浦大介、三尾圭
TEXT by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO


★08-09 NBA裏の見どころ

優勝争いを占ったり、個人タイトルを予想したりするのは、言わば表の世界。ここでは、それらとは全然違った角度から今季のNBAを眺める、裏の見どころを紹介しよう。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★NBA STAR BIOGRAPHY/KEVIN DURANT
NBAスター物語/ケビン・デュラント――飽くなき向上心

11歳のある日、ケビン・デュラントは将来NBAプレーヤーになることを心に決めた。その後は青春時代のすべてをバスケットボールに捧げ、高校、大学で大活躍。昨季ついにNBA入りを果たし、デュラントは少年時代の夢を実現させた。そしてこれからも成長を続けることだろう。「上手くなりたい」という飽くなき向上心がある限り――。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★NBA ULTRA QUIZ
NBA超マニアッククイズ2008/10/24

開幕大特集のラストを飾るのは『ダンクシュート』オリジナルの四択クイズだ。初心者でも分かる簡単な問題から、マニアックな知識が要求されるものまで全50問。あなたは何問正解できるか?

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆ヴィンス・カーター(ニュージャージー・ネッツ)
◆ポウ・ガソル(ロサンゼルス・レイカーズ)
◆バロン・デイビス(ロサンゼルス・クリッパーズ)

インタビュー/小川由紀子、三尾圭
INTERVIEW by YUKIKO OGAWA, HISAYUKI HOSHI



★DS PRESENT @December
注目のAIのニューモデル! ジュニア応援グッズほか大放出

★田臥勇太
日本再デビューの1か月に密着!!

★NBA Legends’ Gallery
第13回 NBAレジェンド列伝/ピート・マラビッチ

★EURO LEAGUE Guide
2008-09ユーロリーグのチェックポイント


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
ついに2008-09シーズン開幕! ウェバーが明かす極秘裏情報

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/ヒジ90度矯正ギプス

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV SCHEDULE
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
ジェイソン・ウィリアムズに捧ぐ キングスの美しかった“記憶”

★NBA MIXED ZONE
ティム・ダンカン――スター的虚飾へのアンチテーゼ

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
★ATLANTIC DIVISION アトランティック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ボストン・セルティックス
◆トロント・ラプターズ
◆フィラデルフィア・76ers
◆ニュージャージー・ネッツ
◆ニューヨーク・ニックス
★CENTRAL DIVISION セントラル・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆デトロイト・ピストンズ
◆クリーブランド・キャバリアーズ
◆インディアナ・ペイサーズ
◆シカゴ・ブルズ
◆ミルウォーキー・バックス
★SOUTHEAST DIVISION サウスイースト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆オーランド・マジック
◆ワシントン・ウィザーズ
◆アトランタ・ホークス
◆シャーロット・ボブキャッツ
◆マイアミ・ヒート
<WESTERN CONFERENCE ウエスタン・カンファレンス>
★SOUTHWEST DIVISION サウスウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ニューオリンズ・ホーネッツ
◆サンアントニオ・スパーズ
◆ヒューストン・ロケッツ
◆ダラス・マーベリックス
◆メンフィス・グリズリーズ
★NORTHWEST DIVISION ノースウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ユタ・ジャズ
◆デンバー・ナゲッツ
◆ポートランド・トレイルブレイザーズ
◆ミネソタ・ティンバーウルブズ
◆オクラホマシティー・サンダー
★PACIFIC DIVISION パシフィック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ロサンゼルス・レイカーズ
◆フェニックス・サンズ
◆ゴールデンステイト・ウォリアーズ
◆サクラメント・キングス
◆ロサンゼルス・クリッパーズ
<その他>
★NBA GREATS スーパースターギャラリー
★Off-Season Moving Map オフの主な移籍情報を総ざらい!
★PREDICTIONS 個人タイトル&アウォード大予想
★2007-08 Season & All-Time NBA Records 2007-08シーズン&オールタイムNBA記録集
★SOLE COLLECTOR 今季の選手着用予定モデルを一挙紹介
★Basic Lectures of NBA NBAビギナーズガイド
★NBA DICTIONARY NBA専門用語集
★NBA SUPER INDEX 選手名索引

785円
2008年11月号/No.190
2008-09 NBA番付
カテゴリー別に最新ランキングを大発表!!
2008年9月25日発売
定価750円(税込)

NBA開幕を1か月後に控えた今月の『ダンクシュート』は、NBA関連のランキングを番付形式で大発表!! 選手、両カンファレンスのチーム番付に加え、東西横綱のスペシャルストーリー、データや記録などのオリジナル番付もお届けする。スペシャルインタビューは、今オフロケッツに移籍したロン・アーテストと、日本に電撃復帰を果たした田臥勇太の日米移籍選手の2本立て。さらに、両面超ビッグポスター&08-09シーズン完全ガイドブックの豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
2008-09 SEASON SCHEDULE BOOK
08-09シーズン完全ガイドブック

2008-09シーズンの開幕まであと1か月。きたるシーズンをより楽しむべく、来季の全スケジュールを注目カード、注目ポイントと共にお届けする!


★田臥勇太 独占インタビュー
BELIEVE MYSELF/日本復帰の真相

8月末、衝撃のニュースが日本バスケ界を駆け巡った。「田臥勇太、リンク栃木ブレックスと契約」。
高校時代には日本中を沸かせ、日本人初のNBAプレーヤーとなった、日本屈指のスーパースターの日本復帰に誰もが注目したに違いない。しかし、田臥の最終目標はあくまでNBAだ。新たな決意とアプローチで今シーズンに挑む田臥が、本誌だけに現在の心境を本音で語ってくれた。

★Glorious History
田臥勇太 NBA挑戦の歴史

高校9冠、米国留学、JBL入団、NBAデビュー。日本バスケットボール界のトップランナーとして、田臥勇太はその名を歴史に刻んできた。その田臥が急遽JBLリンク栃木に入団。日本でプレーしながらNBA再昇格を目指すことを決意した。日本バスケ界の夢を背負う男の栄光の足跡を振り返る。


★2008-09NBA番付
選手、チーム、記録等、カテゴリー別に最新ランキングを大発表!!

2008-09シーズンの開幕まで約1か月。オリンピックも終わってNBAの開幕が待ちきれない、という皆さん、ご安心を。『ダンクシュート』はきたる新シーズンをより楽しむべく、NBA関連の最新番付(=ランキング)を大特集。選手番付、チーム番付はもちろん、様々な面白番付の数々を一挙に発表する!!


◆Meeting for Player Ranking
番付編成会議【プレーヤー番付/NBAライター緊急座談会Vol.4】

開幕直前に気になることといえば、選手の実力ランキングだろう。そこで、米国在住の敏腕NBAライター3名を集め、急遽番付編成会議を開催。“今”を反映した最新のプレーヤー番付を、東西カンファレンス別に発表する。

文/杉浦大介、協力/ラス・ベンソン、クリス・シェリダン
TEXT by DAISUKE SUGIURA, SPECIAL THANKS to RUSS BENGTSON, CHRIS SHERIDAN


◆LEBRON JAMES SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] レブロン・ジェームズ/果てしなき進化

今やNBAのみならず世界最高のプレーヤーと称されるまでになったレブロン・ジェームズ。彼の辞書に、「限界」の二文字はない。北京オリンピックでは、かつて見せたことがなかったほど強烈なリーダーシップを発揮し、チームUSAに念願の金メダルをもたらした。2008-09シーズンでプロ6年目を迎える若き怪物は、いったいどこまで成長を続けるのだろうか――。

文/マリー・シュミット・ボイヤー、翻訳/千田範子
TEXT by MARY SCHMITT BOYER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆KOBE BRYANT SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] コビー・ブライアント/神の領域

番付編成会議により横綱に選ばれたコビー・ブライアントは、文字通り現代NBAを代表するスーパースターだ。現役№1の実力者とも評されるこの男は、プロ入り以来常に“バスケットの神”マイケル・ジョーダンと比較されながら成長を遂げてきた。神の領域へと突き進む天才コビーについて、神様ジョーダンが語った。

文/ローランド・レーゼンビー、翻訳/千田範子
TEXT by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆TOP PLAYERS CHECK!!
番付上位選手 2008-09展望

横綱の2人を除き東西各18名のプレーヤーが番付編成会議でランクインした。皆、オールスター級の実力者ばかり。彼らの出来はシーズンの行方をも左右する。そんな、大きな影響力を持つ大物選手36名の来季を、番付ごとに一挙に展望する。

◆Eastern Conference Team Ranking
チーム番付【イースタン・カンファレンス編】

◆Western Conference Team Ranking
チーム番付【ウエスタン・カンファレンス編】

◆NBA何でも番付08


◆RON ARTEST SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ロン・アーテスト/異端児の決意

一度はキングス残留を決断しながら、契約延長の素振りすら見せない球団に腹を立てトレードを要求。その結果、ロケッツ移籍に至るという相変わらずの傍若無人ぶりを見せたアーテスト。新天地で心躍らせる“異端児”を直撃した!

インタビュー/クリス・ガードナー、翻訳/千田範子
INTERVIEW by KRIS GARDNER, TRANSLATION & NORIKO CHIDA


★Golden Castle
[北京オリンピックプレーバック]
チームUSA 悲願の金メダル奪回!

アメリカが8年ぶりに「世界最強」の称号を取り戻した。年々高レベル化していく世界各国の厳しい包囲網にさらされながら、キッド、コビーといったベテランと、レブロン、ポールら若手が見事に融合。今回のチームのカギである「勝利への執着心」と「積極的なディフェンス」でシドニー以来の金メダルへの扉をこじ開け、バスケ大国の誇りを死守した。

◆USA GAME REPORT
チームUSA 決勝トーナメント・ゲームレポート

[決勝]
USA vs SPAIN
世界選手権優勝国を撃破し栄冠を獲得!

[準決勝]
USA vs ARGENTINA
宿敵相手にリベンジを果たす!

[準々決勝]
USA vs AUSTRALIA
格の違いを見せつけ圧勝


◆Performance Check!
チームUSA全選手採点

アテネ・オリンピック、さいたま世界選手権でともに銅メダルと不本意な結果に終わっていたアメリカ代表が、背水の陣で臨んだ北京でついに金メダル奪回に成功! バスケ大国の威信をかけて全8試合を戦い抜いたチームUSA12選手の、今大会におけるプレーぶりを採点する。


◆その他の国の注目選手 活躍度チェック
NBA選手から将来のNBA候補生までカバー!

今大会にはチームUSAのメンバー以外にも注目を集めた選手たちが数多くいる。「現役NBA選手」「元NBA選手」「来季NBAに挑戦する選手」「今後NBA入りが囁かれる選手」……。その他の国の注目選手を選りすぐり、彼らの活躍度をチェックした!


◆After the Beijing
クリス・シェリダンの北京五輪総括レポート

世界最大のスポーツ専門局『ESPN.com』に所属する敏腕ジャーナリスト、クリス・シェリダン。12年間にわたってアメリカ代表チームやFIBAの国際大会を取材してきた彼の眼に、北京五輪はどう映ったのか? アメリカ代表を中心に、大会全体を総括してもらった。

分析/クリス・シェリダン、協力/杉浦大介
ANALYSIS by CHRIS SHERIDAN, COOPERATION by DAISUKE SUGIURA


Leader’s Digest
NBA30チームリーダー事情比較

NBAの王者たるには、いったい何が必要なのだろうか? それは超人的なスコアラーでも、天才的なゲームメーカーでも、不屈のディフェンダーでもない。チームをまとめ上げるリーダーである。全30チームのリーダー事情を徹底分析した。

・ダンクシュート的リーダー論

・全30チームリーダー事情比較

・リーダーチャート/自分はどのタイプのリーダーか?


文/ショーン・ディビニー、翻訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NBA STAR BIOGRAPHY / LUOL DENG
NBAスター物語/ルオル・デン――二つの祖国

内戦によって祖国スーダンを追われたルオル・デンは、流浪の末に、イギリスを経てNBAに辿りついた。今では堂々たるNBAスターの地位を手に入れたデンだが、二つの祖国への感謝の気持ちを忘れたことはない。スーダンには難民の子を救うための活動で、イギリスには代表選手としてロンドン五輪に出場することで、その恩に報いたいと考えている。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆Arron Afflalo SPECIAL INTERVIEW
[来日記念インタビュー] アーロン・アフラロ

NBAファン参加型イベントの特別ゲストとして初来日を果たしたアーロン・アフラロ。強豪ピストンズで活躍の場を見出した、NBA2年目の若きスター候補生を『ダンクシュート』はいち早く直撃した!



★BIGポスター
◆コビー&レブロン(アメリカ代表)
◆リッキー・ルビオ(スペイン代表)


★DS PRESENT @November
この秋は“エース”を狙え!!

★AND1 MIXTAPE TOUR 2008 in JAPAN
AND1が大阪&東京で大暴れ!!

★NBA Legends’ Gallery
第12回 NBAレジェンド列伝/ショーン・ケンプ


※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
真のニックス魂を知る男、ユーイング・ジュニア見参!

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/シューティング・バディ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
“名誉回復”チームの2012年ロンドン五輪の青写真

★NBA MIXED ZONE
クリス・ポール――“コートのマエストロ”との邂逅

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年10月号/No.189
BATTLE in BEIJING
北京オリンピック決戦速報!
2008年8月25日発売
定価750円(税込)


オフの移籍市場の動向もひと段落し、来季へ向けた各チームの陣容が徐々に見え始めてきた。そこで『ダンクシュート』は、ここまでのオフの補強状況を踏まえて全30球団の来季開幕ラインナップを完全予測! そして、金メダル奪回を目指すチームUSAの北京オリピックでの戦いぶりを速報でお届け。スペシャルインタビューは、76ersに電撃移籍したエルトン・ブランド、ジャーメイン・オニール、マーカス・キャンビー、と今オフに新チームへと移籍した注目の3選手を直撃した。さらに、両面超ビッグポスター&NBAスーパーテクニックファイルの豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
NBA SUPER TECHNIQUE FILE
NBAスーパーテクニックファイル

世界最高峰のNBAで活躍するスーパースター7人のテクニックを、連続写真とNBA解説でお馴染みの塚原清彦氏の解説付きで徹底解剖。

◆コビー・ブライアント/ドライブ&パワーレイアップ
◆カーメロ・アンソニー/フェイダウェイジャンパー
◆エマニュエル・ジノビリ/ビハインド・ザ・バック&ステップバック
◆ケビン・ガーネット/スピンターン・ジャンパー
◆クリス・ポール/スクープショット
◆ラマー・オドム/リバースレイアップ
◆スティーブ・ナッシュ/ワイルドショット


★READY FOR 2008-09
来季開幕ラインナップ完全予測

あっという間に夏が過ぎ、トレーニングキャンプまであと1か月に迫っている。7月のFA契約解禁からすでに2か月近くが経ち、大物選手の移籍はほぼ出尽くしたと言って良いだろう。しかし、まだ何が起きるかわからないのが最近のNBAの移籍市場だ。ここまでの補強状況をまとめ、全30球団の来季開幕ラインナップを完全予測。その上で、残った課題点をあぶり出し、効果的かつ画期的な対策を提案する!

・Cleveland Cavaliers
キャブズ――M・ウィリアムズを獲得しPG問題に終止符!

・Philadelphia 76ers
シクサーズ――ブランドを補強しイグダーラの残留も決定

・Toronto Raptors
ラプターズ――東最強のフロントラインが完成

・Miami Heat
ヒート――懸案のPG強化を目指すも成果なし

・Detroit Pistons
ピストンズ――マンネリ感を打破する秘策は?

・Los Angeles Lakers
レイカーズ――バイナム復活&中国人ガード獲得

・Denver Nuggets
ナゲッツ――キャンビー放出で戦力ダウンの窮地

・Phoenix Suns
サンズ――ナッシュのバックアップPG問題は?

・Dallas Mavericks
マーベリックス――進まぬキッドのバックアップ探し

・Houston Rockets
ロケッツ――アーテスト獲得で一躍台風の目に

・Los Angeles Clippers
クリッパーズ――ハイピッチの改革でチーム刷新

・Other Eastern Conf.
セルティックス、ブルズ、ホークス、バックス……イースタン・カンファレンスその他のチーム

・Other Western Conf.
ホーネッツ、スパーズ、ブレイザーズ、ウォリアーズ……ウエスタン・カンファレンスその他のチーム

◆Elton Brand SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] エルトン・ブランド/古豪再生の救世主

今年7月、エルトン・ブランドはクリッパーズから76ersへと電撃移籍を果たした。“ポスト・アイバーソン”時代を歩み始めたチームに加わった頼もしい戦力。来季のイーストを間違いなく面白くするニューカマーに移籍の経緯と来季の抱負を直撃した。

インタビュー/マーク・ナードッチ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC NARDUCCI, TRANSLATION & NORIKO CHIDA


◆JERMAINE O’NEAL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジャーメイン・オニール/訪れた転機

かつてイースト屈指のビックマンだったジャーメイン・オニールも、近年は度重なる故障で思うようなプレーができなかった。そんな暗礁に乗り上げていた状況で、今オフラプターズへの移籍が実現。早速本人を直撃した!

インタビュー/マーク・ナードッチ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC NARDUCCI, TRANSLATION & NORIKO CHIDA


◆ALLEN IVERSON SPECIAL STORY
NO FUTURE/アイバーソンに未来はあるのか?

アイバーソンがピンチだ。戦力低下が明白なナゲッツの来季は決して明るくない。日頃から優勝したいと公言している彼にとって、開幕前からチームがこんな状態で嬉しいはずがない。だが、ナゲッツは補強しようにも財政難に陥っており、思うように動くことができず、それどころか総年俸の引き下げに躍起。契約最終年を迎え、来オフにはFAになるアイバーソン。この夏で33歳となった彼に明るい未来はあるのだろうか?

TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆Marcus Camby SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] マーカス・キャンビー/さらば、ナゲッツ!

デンバー・ナゲッツの誇るビッグ3の一員、そしてNBA屈指の守備のスペシャリスト。かけがえのない砦の番人をナゲッツはいともあっさりと放り出し、キャンビーは悲しみと怒りと屈辱を手土産にウエストコーストへと旅立たねばならなかった。衝撃のトレードの主人公が、苦悩と失望、そしてリベンジと、すべてを語った。

インタビュー/マーク・スピアーズ、翻訳/千田範子
INTERVIEW by MARC SPEARS, TRANSLATION & NORIKO CHIDA

◆Movin’ News
移籍&契約 最新情報

ロン・アーテストのトレードが決まるなど、今オフの移籍市場はまだまだ熱い。FA移籍、トレード、再契約など、移籍&契約の最新情報をお届けしよう!

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★Going For Gold
[北京オリンピック決戦速報]
チームUSA――金メダルをかけた熱き戦い

各国が国の威信を賭けて金メダルを争う、4年に一度の祭典オリンピックが8月8日から24日にかけて北京で開催された。締め切りの関係で優勝国はお伝えできないが、今号ではアメリカ代表を中心に予選ラウンドの模様をレポートでお届けする!

[USAゲームレポート]
・USA vs SPAIN
・USA vs GREECE
・USA vs GERMANY
・USA vs CHINA, ANGOLA

文/杉浦大介(スペイン戦)、三尾圭(ドイツ戦)
TEXT by DAISUKE SUGIURA(SPAIN), KIYOSHI MIO(GERMANY)

・その他の強豪 国別レポート
・北京五輪 1次リーグ記録


★UNIT RANKING
ユニット別パワーランキング

デュオ、トリオ、カルテットなど、現代のNBAでは多くのユニットが活躍している。これまで数々のユニットを組んできたキッドのインタビューと共に、人数別のランキングをお届けする。

・トリオ編
・デュオ編
・カルテット編


◆Jason Kidd SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジェイソン・キッド/史上最強のユニットメーカー

現代のNBAではユニットを組むことが勝利への近道。その言葉を体現しているのが、名司令塔のジェイソン・キッドだ。これまで数々の名ユニットを結成し、数多の成功を掴んできた。史上最強の“ユニットメーカー”と呼ぶにふさわしいキッドが、ユニットを組むことの意義について語った。

インタビュー/アート・ガルシア、翻訳/千田範子
INTERVIEW by ART GARCIA, TRANSLATION & NORIKO CHIDA


[新連載]
★DUNK SHOOT Scouting Report Vol.1
NBA STAR ABILITY LABORATORY/NBAスター能力研究所
レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)

「NBAスター能力研究所」は、プロのスカウトが一人の選手を事細かにスカウティングし、そのスキルとフィジカル能力を評価する新企画だ。まずは現在リーグで1、2を争う実力者に上り詰めたレブロンを徹底解剖する。

COOPERATION by KIYOSHI MIO


★THE REAL SUPERSTAR/BARON DAVIS
素顔のスーパースター/バロン・デイビス

一流選手の人となりをチームメイトが語る“素顔のスーパースター”第2弾はバロン・デイビス。このオフにコンビは解消されたが、2シーズンにわたって親しく付き合ったマイケル・ピートルスが、デイビスの素顔を語る。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★NBA STAR BIOGRAPHY / JOSE CALDERON
NBAスター物語/ホセ・カルデロン――愛すべき息子

世界屈指のバスケ強豪国となったスペイン代表をリードするホセ・カルデロン。NBAにやってきた頃はさして注目される存在ではなかったが、無類の安定感を武器に、今やNBAでもトップPGの一人と称されるまでに成長した。スペインの愛すべき息子の足跡を追う。

文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


★FASHION MOVEMENT
NBAファッション変遷史

NBA60余年の歴史の中で、プレースタイルやルールと同様に選手たちのファッションも変化してきた。髪型、ジャージー、シューズ、アクセサリーなど、そのひとつひとつに変遷の歴史が詰まっている。いつもとはちょっと違った角度から、NBAの歴史を辿ってみる。



★BIGポスター
◆コビー・ブライアント
◆レブロン・ジェームズ


★DS PRESENT @October
五輪グッズとこだわりの逸品

★EURO SHOCK!!
NBA選手が続々と欧州へ流出!

★INTER HIGH 2008 REPORT
宮崎・延岡学園がインターハイを制す!

★NBA Legends’ Gallery
第11回 NBAレジェンド列伝/デビッド・ロビンソン


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
発表! ムイミダス的ハイライトベスト3 in北京(初日)

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団/非利き腕強化ベルト

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
新たな挑戦に賭けるラリー・ブラウンが語る“ラブ・オブ・ザ・ゲーム”

★NBA MIXED ZONE
ジェイソン・キッド――奇跡を起こした男

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年9月号/No.188
GOLDEN DESTINY
チームUSA 金メダルへの挑戦
2008年7月25日発売
定価750円(税込)


4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックがいよいよ北京で幕を開ける。そこで『ダンクシュート』は、金メダル奪回を目指すチームUSAを徹底特集! チームのスカウティングからライバル国とのシミュレーション、金メダル獲得の可能性を探る座談会まで、どこよりも深くチームUSAに迫った。そしてエルトン・ブランドやバロン・デイビスの移籍でにわかに騒がしくなった今オフの移籍事情や、全30チームの補強状況も詳しくチェック。スペシャルインタビューでは、昨季故障とチームの低迷に苦しんだスーパースターのドウェイン・ウェイドに本音を語ってもらった! さらに、両面超ビッグポスター&北京五輪選手名鑑の豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
2008 OLYMPIC SUPER GUIDE
北京五輪選手名鑑

来たる北京オリンピックに向け、金メダル奪回を狙うアメリカ代表をはじめ、前回大会の覇者アルゼンチン、さいたま世界選手権優勝国スペインなどオリンピック出場9か国の選手名鑑&大会展望を一冊に凝縮! オリンピック観戦のお供に!!


★GOLDEN DESTINY
チームUSA 金メダルへの挑戦

いよいよアメリカ男子バスケットボール代表“チームUSA”の、真価が問われる時がやってきた。8月8日に開幕する北京オリンピックは、2006年から進めてきた「代表強化3年計画」の集大成だ。金メダル以外はすべて失敗という重圧の中、バスケ王国・アメリカは、再び世界の頂点に返り咲くことができるのだろうか?

◆KOBE BRYANT SPECIAL STORY
MUST-WIN GAMES/負けられない戦い

コビー・ブライアントのオリンピックデビューがいよいよ近づいてきた。北京は、NBA経験12年を経てようやく掴んだ世界一決定戦の舞台。ファイナルで敗れたばかりのコビーは今、勝利と歓喜に飢えている。NBAでの悔しさは五輪で晴らす――。負けられない戦いがまもなく始まる!

文/ブラッド・ターナー、翻訳&協力/大井成義
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION & COOPERATION by SHIGEYOSHI OHI


◆TALKING PARTY Vol.3
現地NBAライター緊急座談会/「アメリカ代表は金メダルを獲れるのか?」

7月上旬、ニューヨークのとあるレストラン――。過去2度、本誌で開催した「緊急座談会」で、舌鋒鋭い批評を展開したNBAライター四氏が再び集結した。今回のテーマは、北京五輪に挑むアメリカ代表について。先ごろ12名のメンバーが発表されたチームUSAとそのライバル国の実力、そしてアメリカ代表の金メダル奪還の可能性について、じっくりと本音で語り合ってもらった。

文/杉浦大介 協力/ラス・ベンソン、クリス・シェリダン、ジェフ・レンチナー
TEXT by DAISUKE SUGIURA, SPECIAL THANKS to RUSS BENGTSON, CHRIS SHERIDAN, JEFF LENCHINER


◆PERFECT ANALYSIS
チームUSA徹底スカウティング

3年の熟成期間を経て誕生したアメリカ代表だが、果たしてその実力はいかほどのものなのか? クリッパーズでスカウトを務めるスコット・ウィスル氏にアメリカ代表のポテンシャルを多角的に分析してもらった。

分析/スコット・ウィッスル、協力/三尾圭
ANALYSIS by SCOTT WISSEL, COOPERATION by KIYOSHI MIO

[Part1]ポジション別分析
[Part2]チーム分析


◆VS RIVALS
ライバル国との対決

王座奪還を狙うアメリカ代表にとって最大の障壁となるのが、前回大会の王者アルゼンチンと06年世界選手権の王者スペインだ。両国との対戦でカギを握る選手をピックアップするとともに、アメリカ代表が勝利するために注意しなければならないポイントを徹底分析する。

[vs スペイン] 世界選手権覇者とどう戦うか?
[vs アルゼンチン] 宿敵との戦いに勝機はあるのか?


◆UNITED WE RISE
USAバスケットボール いざ、北京へ!!

夏の北京へ向け、次々と新たな革新的プロダクトを生み出すナイキ。本番まで約1か月に迫った6月末には、男子バスケットボール・アメリカ代表チームの新ユニフォームを発表。それに伴い、選手たちが北京で着用するスペシャルシューズの全貌も明らかになった。これらナイキの最新プロダクトを一挙にご紹介する!


★DWYANE WADE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドウェイン・ウェイド/復活の誓い

ウェイドにとって、昨季はキャリア最大の「壁」だったに違いない。開幕の出遅れ、連敗地獄、チームの大低迷……、自身の身体も左ヒザが悲鳴をあげ、手術を余儀なくされたのだ。しかし、プレーできない悔しさを乗り越え、ハードなリハビリに取り組み、ウェイドは再びコートに戻ってくる。金メダル奪回が使命とされるアメリカ代表のこと、大きな転機を迎えているヒートのことを存分に語ってもらった。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン 訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★SUMMER MOVE 2008
FA&トレード市場最前線

ドラフト当日のジャーメイン・オニール、リチャード・ジェファーソンのトレードをはじめ、エルトン・ブランド、バロン・デイビスのFA移籍が決定するなど、いよいよ移籍市場が本格始動した。来シーズンの出来を大きく左右するであろう、今オフの移籍市場の動向を多角的に特集した!


◆Count Down?
レブロン争奪戦が早くも勃発

レブロン・ジェームズに移籍の噂があがっている。といっても、実現するとしても早くて2年後のオフのこと。2010年にFAになれる権利を持つ“キング”と契約するため、今オフから動き出したチームが出てきたのだ。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆RUSH HOUR
クリッパーズを巡る移籍騒動の顛末

バロン・デイビス、エルトン・ブランドという西海岸のスター2人が相次ぐFA宣言。その後すぐにデイビスのクリッパーズ契約が明らかになると、チーム周辺は一気に復活の気配に包まれた。しかし、再契約濃厚と見られたブランドはまさかの76ers行きを決意。そうこうする間にコーリー・マゲッティのウォリアーズ行きも決定。オフ序盤に勃発した“LA大騒動”の顛末を詳しくレポートする。

文/星久幸
TEXT by HISAYUKI HOSHI


◆全30チーム補強診断
・アトランティック・ディビジョン
・セントラル・ディビジョン
・サウスイースト・ディビジョン
・サウスウエスト・ディビジョン
・ノースウエスト・ディビジョン
・パシフィック・ディビジョン


◆Movin’ News
移籍&契約最新情報

ケビン・ガーネットをはじめとした大物選手の移籍が続出した昨年に比べると、今年の移籍市場はややインパクトに欠ける感は否めない。だが、ジャーメイン・オニールのトレードやギルバート・アリナスの超ビッグな再契約がまとまるなど、実力者たちの動向が次々と決まっている。FA移籍、トレード、再契約など、移籍&契約の最新情報をお届けしよう!

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆COACHES’ CORNER
2008-09 新ヘッドコーチ診断

2008-09シーズンに新ヘッドコーチを迎えるチームは全部で8つ。いずれも前HCの辞任・解任を受けての就任だけにチーム状態も万全とは言えず、波乱含みのシーズンになる可能性が高い。注目の8人の新HCの人となりをチェックした上で、8チームの現況、新HCがどんな方針や方策を打ち出してくるか、新チームで成功できるかなどを予想してみた。

文/ショーン・ディビニー、訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★New Beginnings
ドラフト2008大特集/ローズらスーパー1年生たちが旋風を巻き起こす!

成功を夢見る若手アマチュア選手にとっての晴れ舞台、NBAドラフトが今年も開催され、メンフィス大のデリック・ローズが見事1位指名の栄冠に浴した。その他にも、フレッシュマン(1年生)の指名が目立った今ドラフト。今年もこの中から将来のスーパースターが誕生するのだろうか?

レポート/澤田敏典、杉浦大介
REPORT by TOSHINORI SAWADA, DAISUKE SUGIURA


◆DRAFT TOP3 PICK SPECIAL STORY
Triple Diamonds/輝ける未来への序章

今ドラフトのトップ3は、1位ローズ、2位ビーズリー、3位メイヨが指名された。フレッシュマンが上位3人を独占するのは史上初の出来事だ。NBAに誕生した新星たちの生い立ちをほんのを少し紹介しよう。

文/杉浦大介、澤田敏典
TEXT by DAISUKE SUGIURA, TOSHINORI SAWADA

◆DRAFT PICK PLAYER GUIDE
ドラフト指名選手名鑑

◆DRAFT GRADES
2008ドラフト完全評価

今年も新たに60名がNBAの門戸を叩くことになったが、気になるのはやはり、どのチームが最良の指名をしたのか、である。そこで『ダンクシュート』は、ドラフト選手絡みのトレード結果も考慮しながら、今ドラフトの評価ベスト10をランキングした!

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

◆I’m No.1
今ドラフトの種目別No.1選手たち

◆DRAFT TOPICS
ドラフトトピックス


★KEVIN GARNETT SPECIAL STORY
The GEM on the RIM/ケビン・ガーネット 真実、忠実、友愛

ついに念願のNBAチャンピオンの座に就いたケビン・ガーネット。しかし、そこに至る過程は容易ではなく、まさに長く険しい道のりを強いられてきたのだった。苦難を乗り越え、夢を叶えた男の成功を称える意味で、その名前と同じ響きを持つ宝石“ガーネット”の3つの石言葉になぞらえて、KGのキャリアを振り返ってみたい。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO


◆FROM HELL TO HEAVEN
悲運脱却を果たす“ネクストKG”は誰だ!?

“悲運のスーパースター”KGがついに汚名を返上した。しかし、まだまだ優勝と縁のない実力者は多い。90年代にリーグ入りし、トッププレーヤーとしての地位を築きながら、チームを頂点に導けていないエースたちだ。彼ら“ネクストKG予備軍”たちがこれまで、どれだけ優勝に近付いたかをグラフ化し、来季以降の優勝の可能性を探った。


★THE REAL SUPERSTAR/ALLEN IVERSON
素顔のスーパースター/アレン・アイバーソン

普段なかなかお目にかかることのできないスーパースターの素顔を、同僚選手に聞いてしまおうというのがこの企画。今回はNBA屈指の人気スター、アレン・アイバーソンの真の姿をヤクバ・ディアワラが語ってくれた。

文/アーメル・ル・ベスコン、協力/小川由紀子
TEXT by ARMEL LE BESCON, COOPERATION by YUKIKO OGAWA


★NBA STAR BIOGRAPHY / CARLOS BOOZER
NBAスター物語/カルロス・ブーザー――アラスカ生まれの野生児

スポーツ不毛の地で過ごした幼少期。低評価に泣いたドラフト。顰蹙を買ったジャズへの移籍……。ブーザーの前には幾多の逆境が立ちはだかったが、その度に自らのプレーで自身の価値を証明してきた。一流PFとしての地位を築き上げるまでの、ブーザーの歩みを振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★Summer League Report
NEW WAVE/ローズ、ビーズリーら注目の若手たちが躍動!

6月にドラフト指名されたばかりの新人や、プロ2、3年目の若手選手が経験を積むステージであり、NBA入りを狙う選手たちにとって“登竜門”とされるのがサマーリーグだ。今回も、ドラフト指名トップ2のローズ&ビーズリーをはじめ、才能溢れる若手選手たちが参戦。彼らの繰り広げる熱きアピール合戦が、夏の到来を予感させた。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★Survival Again
田臥勇太キャンプレポート

今夏、田臥はニュージャージー・ネッツのサマーリーグ・ロースター入りを決め、オーランドで開催されたプロ・サマーリーグに参加。5年ぶりのNBA昇格に向けて、懸命のアピールを続けている。日本人選手のパイオニアである田臥が、NBA挑戦6年目のスタートを切った。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★PICTURE DIARIES
NBAサマートピックス集

ファイナルが終了しNBAは長いオフに突入。戦いのプレッシャーから解放された選手たちは、キャンプ、ボランティア、テレビ出演など思い思いの活動を満喫している。コートでは滅多にお目にかかれない選手たちの素顔と共に、オフコートでの活動の模様をお届けしよう。



★BIGポスター
◆コビー・ブライアント
◆TEAM USA 2008


★DS PRESENT @SEPTEMBER
必見! US直送MJブランド

★NBA Legends’ Gallery
第10回 NBAレジェンド列伝/パトリック・ユーイング


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
スーパーソニックス移転! さらばシアトルのシーフードたち

★BG DEPOT.
珍バスケグッズ調査団

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
悲喜こもごもの41年間の歴史に終止符を打ったソニックス

★NBA MIXED ZONE
カーメロ・アンソニー―真の戦いに向けて

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:414円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

3 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:672円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

4 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年12月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
見据える高み
青柳晃洋

TIGERS PHOTO TOPICS
頂への再始動
2021秋季練習
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

Pick up Interview
自信を膨らませる
島田海吏

虎番目線
デイリースポーツ 今西大翔
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

CSファーストステージ
2021PLAYBACK
2021タイトルホルダー

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.32 2021年11月

Next Generation Interview
自分にしかできないピッチングを
佐藤蓮

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.9
2021タイガース5部門分析
(投/打/走/守/作戦)
~上位3チーム直接対決展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第143回 高城れにさん(ももいろクローバーZ)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#9

虎風草 我が阪神の歳時記 12月December
オフなきオフ

念願の初制覇へ!
2021タイガースJr.メンバー紹介

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.10
対談Interview
三浦伊織×植村美奈子

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年12月02日発売

目次: BASEBALL FINAL 2021
日本シリーズ完全詳報

スワローズ、
日本一の飛翔。

[V監督が明かす采配の秘密]
高津臣吾「日本一のバスに乗せて」

[涙のフィナーレ]
村上宗隆「若き主砲の激情」

[神戸に散った知将の手腕]
中嶋聡「チームを再生させた3つの策」

日本シリーズ全6戦
完全詳報&徹底解説

第1戦 オリックス4-3ヤクルト 解説●宮本慎也
[シリーズ中インタビュー]
山本由伸「異変から大熱投へ」

[若きエースが語る躍進の1年]
奥川恭伸「勇気の呪文を胸に」

第2戦 オリックス0-2ヤクルト 解説●星野伸之
青木宣親「39歳、約束の職人芸」

第3戦 ヤクルト5-4オリックス 解説●与田剛
石山泰雅「シーソーゲームの救世主」

第4戦 ヤクルト2-1オリックス 解説●伊東勤
中村悠平「燕の要は攻めてこそ」

第5戦 ヤクルト5-6オリックス 解説●宮本慎也
太田椋「ワクワクし遂げた大仕事」

[キャプテン起死回生の一撃]
山田哲人「スタンド上段に叩き込んだ苦闘」

第6戦 オリックス1ー2ヤクルト 解説●伊東勤
川端慎吾「耐えて、待って、花は咲いた」

[〝14球の男〟が振り返る]
1995年と2021年「2つの死闘を貫くもの」


2021年の男たち

[驚異の20歳が語る]
佐々木朗希「約束された覚醒」

[今世紀初の新人3割&20発男]
牧秀悟「記録にも記憶にも残したい一打」

[若き日本の守護神]
栗林良吏「悔いのない、でき過ぎな1年」

[タイガーズ、V逸の先に]
佐藤輝明が背負ったもの

[メジャーへの思いを明かす]
鈴木誠也「トラウトにだって負けたくない」

[惜別インタビュー]
斎藤佑樹「これからもずっと野球とともに」

[鉄人18年戦記]
鳥谷敬「生き残るためには、出続けるしかなかった」

[退任インタビュー]
栗山英樹「本当の優しさは、厳しさの中にある」

[強竜復活への誓い]
立浪和義「古くもなく、新しくもなく」


[ビッグマッチ直前インタビュー]
村田諒太「運命の相手と、すべてを懸けて」



REGULARS
[新連載第2回]
池江璃花子 パリに向かって

[現役最終戦を語る]
ラストマッチ 荒木絵里香

BEYOND THE GAME
藤島大「名将・古葉竹識を悼む」」

荒磯親方、部屋をつくる

令和名棋士案内 阿久津主税

参考価格: 640円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/18
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

auto sport(オートスポーツ)

2021年11月26日発売

目次: 1点の重責
F1 全22戦中20戦終了時点で8点差

[絶対王者]LEWIS HAMILTON(MERCEDES)
[挑戦者]MAX VERSTAPPEN(RED BULL HONDA)
運命の最終2連戦


SUPER FORMULA 総集編
[チャンピオン対談]
野尻智紀 × 一瀬俊浩

世界的人気を誇るFIA GT3、GT4に続くか
GT2 優しい直線番長
アウディR8 / ポルシェ911
フェラーリ488 / ランボルギーニ・ウラカン
KTM X-BOW / ブラバムBT62

REPORT
F1 第19戦ブラジルGP / 第20戦カタールGP
WRC 最終戦モンツァ
RALLY セントラルラリー2021
スーパー耐久 最終戦岡山

特別付録
2022年スーパーGTカレンダー

参考価格: 690円

史上最強・最速のweeklyモータースポーツ・マガジン

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

月刊 ジャイアンツ

2021年11月24日発売

目次: 特別定価:650円(本体591円+税)

表紙:亀井善行
特別付録:松原聖弥27打席連続安打記念クリアファイル




Thanks9




<CONTENTS>
亀井引退大特集
 単独インタビュー
 message for カメ
 引退会見完全収録
 カメモリアルフォト
 マンスリー由伸

POSTSEASON GAME HIGHLIGHT
2021 JERA クライマックスシリーズ セ
 1stステージ
 ファイナルステージ

zoom in G
 坂本勇人 Hayato’s room
 岡本和真 2年連続2冠王

小谷のつぶやき
 引退 大竹 寛&野上亮磨

G-Shots in みやざきフェニックス・リーグ

ヤングG直撃インタビュー 中山礼都

G党 林家三平師匠「ど~も すいません」

G RESEARCH 「5月号の公約達成できましたか?」

本誌Executive Editor
 岩橋玄樹 G-BALLPARK

東京ドームなび
スタジアムアナウンサーエッセー「声に込めて」 山本菜月
ピンナップ ポスター&カレンダー 亀井善行
読者プレゼント
リレーインタビュー 太田 龍×戸田懐生
オレココ! 萩原 哲
2021VENUS MY MEMORIAL PHOTO
PLAYBACK 月刊プロ野球! さまぁ~ずスタジアム
我ら広報部!
3軍リポート
裏方さんこんにちは… 水留直輝トレーナー
─女子野球応援企画─ 輝け! ヴィーナスたち
ジャイアンツカップへの道 
 甲府中央ボーイズ/大津瀬田ボーイズ
読者が作る Field of Giants
GIANTS SCOREBOARD
2021GIANTSセ・リーグ全試合結果
2021GIANTSイースタン・リーグ全試合結果
GIANTS TOPICS
2022年2月号予告/Editor’s room

読売巨人軍監修 レギュラーからファーム・3軍まで、GIANTS情報がギッシリ!

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌