DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 181 〜 195 件を表示
785円
ダンクシュート6月号は、今季のプレーぶりを査定し、今季最高のNBA選手を含めた“NBA最強の50人”を選定! さらに、1オン1やポストプレー、ディフェンダーなど部門を細部化し、各部門ベスト10のランキングも敢行した!! 第2特集では、プレーオフを徹底的にピックアップ。プレーオフの歴史や記録はもちろん、現役“プレーオフ・マスター”紹介、リーグ最高勝率を残したマブズ&終盤戦に快進撃を見せたナゲッツに迫る。スペシャルインタビューでは、リーグの若き帝王、キャバリアーズのレブロン・ジェームズ、王座奪還を狙うピストンズのポイントゲッター、リチャード・ハミルトンらを直撃! その他、好評連載中の日本人選手応援プロジェクト『J BALLERS』など、魅惑の企画が目白押しだ! 両面超ビッグポスター&NBAプレーオフ2007完全ガイドの豪華2大付録もついたダンクシュート6月号は、2007年4月25日(水)発売!!


【別冊付録】
NBA PLAYOFFS 2007 COMPLETE GUIDE
プレーオフ2007完全ガイド

イースタン、ウエスタン各カンファレンスのプレーオフ出場全チームの最新情報とプレーオフロースターを完全網羅。これさえ読めば、もうプレーオフはばっちりだ!

◆イースタン・カンファレンス(ピストンズ、ブルズ、ラプターズ、ヒート、キャブズ、ネッツ、ウィザーズ、マジック)
◆ウエスタン・カンファレンス(マブズ、サンズ、スパーズ、ロケッツ、ナゲッツ、ジャズ、レイカーズ、ウォリアーズ、クリッパーズ)

★NBA PLAYER RANKING
NBA最強の50人+部門別ベスト10

今季最高のNBA選手は誰なのか? 今号の『ダンクシュート』は、選手たちの今季のプレーぶりを完全査定。ランキング上位に入った“NBA最強の50人”を一挙に発表する! また、総合部門ランキングとは別に、1オン1、ゲームメーカーなど計9部門を設置し、各部門の実力者ベスト10をランキングする!!

※下記の青字部分は目立つように色付けしてください
◆OVERALL BEST50
総合ベスト50

◆BEST 1 on 1 PLAYERS
1 on 1・ベスト10

◆BEST POST PLAYERS
ポストプレーヤー・ベスト10

◆BEST GAME MAKERS
ゲームメーカー・ベスト10

◆BEST DEFENDERS
ディフェンダー・ベスト10

◆BEST CLUTCH PLAYERS
クラッチプレーヤー・ベスト10

◆BEST SLAM DUNKERS
スラムダンカー・ベスト10

◆BEST REBOUNDERS
リバウンダー・ベスト10

◆BEST 3 POINT SHOOTERS
3ポイントシューター・ベスト10

◆BEST BLOCKERS
ブロッカー・ベスト10

ランキング&分析/スコット・ウィッセル、ラス・ベンソン、協力/三尾圭、杉浦大介
RANKING & ANALYSIS by SCOTT WISSEL, RUSS BENGTSON, COOPERATION by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA

★LEBRON JAMES SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] レブロン・ジェームズ/若き帝王の野望

22歳の若者がNBAの中心にいることに、もはや誰も疑問を感じていない。当事者であるレブロン・ジェームズも、それを当たり前のことと受け止めている。名声、富など、あらゆるものを手に入れたかに見える若き帝王だが、その野望は止まる所を知らない。

インタビュー/ブライアン・ウィンドホースト、訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


New Legend Begins
プレーオフ2007特集

NBAにおける究極の目的。それはプレーオフを勝ち抜き、チャンピオンシップを獲得することだ。今季もまた、わずか1チームにしか許されぬ栄光のゴールを目指す戦いが幕を開けた。数々の伝説と名場面を生んできたこの最終決戦の舞台を、多角的に特集する。

◆[Special Story]Dramatic Stage
伝説が生まれる舞台

真のスーパースターとその他を分けるもの、それはプレーオフで活躍してチームを勝利に導いているかどうかだ。レギュラーシーズンで優れた数字を残しても、プレーオフに進出できなければ意味がない。選手の本当の価値が決まる舞台、それがプレーオフなのだ。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆NBA PLAYOFFS MASTERS
今季も必見! プレーオフで燃える男たち

レギュラーシーズンが終了し、待ちに待ったプレーオフがついに開幕した。プレーオフは代々、新たなスターを生み出す場としても知られている。ここでは、その大舞台で名場面、名勝負を繰り広げてきた、現役の“ミスター・プレーオフ”たちを徹底特集。今年のプレーオフでも注目の実力者をチェックしておこう。

◆DALLAS MAVERICKS
ダラス・マーベリックス/ダラス帝国誕生!?

昨季あと一歩のところで優勝を逃したマブズは、今季球団史上最高の成績をマークしてレギュラーシーズンを終了。磐石の体制でプレーオフを迎えることに成功した。悔しさをバネにステップアップを遂げた彼らが見据えるものは「優勝」のみ。今季にかける熱き想いをご覧あれ。

文/アート・ガルシア 訳/小尾慶一
TEXT by ART GARCIA, TRANSLATION by KEIICHI OBI

◆DENVER NUGGETS/Growing UP!!
疾風の如く

アイバーソン獲得時の高揚感が、失望感へと変わりつつあったまさにそんな時、ナゲッツの歯車は突如噛み合い始めた。高得点を連発するエースのカーメロにサポート陣も呼応し、無敵の8連勝を記録。彼らの急成長の原因と今後の可能性に迫った。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

◆プレーオフ記録集
◆NBAプレーオフガイド


★RICHARD HAMILTON Special Interview
[スペシャルインタビュー]リチャード・ハミルトン/リップの素顔

ひたむきなプレーで人々を惹きつけるリチャード・ハミルトン。コートを駆け回る無尽蔵のスタミナ、正確無比のミドルシュート、そして印象的なフェイスガードはもはや彼のトレードマークである。ピストンズを再び強豪チームへ押し上げた功労者の素顔に迫った。

インタビュー/テリー・フォスター、訳/千田範子
INTERVIEW by TERRY FOSTER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★NCAA TOURNAMENT 2007 REPORT/Back to Back!!
王者フロリダ大が歓喜の連覇達成!

“オー・フォー”と呼ばれる4人のスーパー3年生を擁すフロリダ大はやはり強かった。怪物1年生グレッグ・オーデン率いるオハイオ州立大も彼らのチーム力の前に完敗。2007年の大学バスケの最終章は、NBAスター候補のジョアキム・ノアを中心とする昨季の優勝校フロリダ大による2連覇で幕を閉じた。

文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA

◆NCAA STARS
超有望★カレッジスター列伝

NCAAトーナメントはNBAへの登竜門だ。今季も多くの有望選手が、未来の成功を予感させるような活躍を披露した。レポートの締めくくりとして、トーナメント出場選手の中から将来NBA入りが期待される若き逸材をまとめて紹介しよう。

文/松崎幸夫
TEXT by YUKIO MATSUZAKI


J BALLERS/日本人選手応援プロジェクト
五十嵐圭(JBL日立サンロッカーズ)/日本が誇るスピードスター

昨夏の世界選手権で五十嵐圭は日本代表のエースとして活躍し、バスケ界に新風を巻き起こした。武器は風のようにコートを駆ける天性のスピード。今季JBLでは年間ベスト5にも選ばれた。日本バスケ界トップクラスの人気と実力を誇るスピードスターが胸に秘める熱い思いを語ってくれた。


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆カルロス・ブーザー(ユタ・ジャズ)
◆トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)
◆ラマーカス・オルドリッジ(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
◆JR・スミス(デンバー・ナゲッツ)

インタビュー/杉浦大介、三尾圭、星久幸
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO, HISAYUKI HOSHI


★Pick the BEST UNIT!!
今季最強の5人衆を探せ!

実際のゲームの中で、相手チームに対して最も点差をつけられるユニットは、どのチームのどの5人組なのか? アナタのそんな疑問に答えるため、『ダンクシュート』はデータを駆使して、今季最強の5人衆を決定する!


★YUTA TABUSE EXCLUSIVE INTERVIEW
田臥勇太独占インタビュー/決意表明

田臥勇太のNBA挑戦4シーズン目が終了した。挑戦開始以来、最も苦しいシーズンだったことは否めない。だが、苦しみ抜いたからこそ見えてきたものがある。新たな決意でNBA挑戦を誓う田臥が、本誌だけに現在の心境を本音で語ってくれた。

インタビュー/三尾圭
INTERVIEW by KIYOSHI MIO


★Monthly Euro News
ユーロリーグ・クォーターファイナル速報

◆ユーロリーグ・クォーターファイナル最新結果
◆NBA入り間近の欧州スター/アントニス・フォッティス(ディナモ・モスクワ所属/ギリシア代表)

文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


※以下、リードなし(見出しのみ)企画です。(右オビ内・ポスターは画像あります)
★BIGポスター
◆コビー・ブライアント(レイカーズ)
◆クリス・ボッシュ(ラプターズ)

★DS PRESENT @ June
ウェイドの新作シューズがついに登場!
(インターネットからも応募可能です!)

★Sam’s Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場

★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート

★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝/ボブ・クージー&ビル・ラッセル

※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井アメリカ挑戦日記

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★No Charge Area
ディケンベ・ムトンボ――不老不死の巨人

★SCOOP SHOT
順風満帆のレブロンに忍び寄る悪夢のシナリオ

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/AIが見せた会心の笑顔

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
VS
NBA究極の対決
ダンクシュート5月号は、現代NBAに深く関連する“究極の対決”に着目。コビー対レブロンの実力No.1選手決定戦、ノウィツキー対ダンカンの最強PF対決、ナッシュ対ビラップスの東西司令塔徹底比較など、13の「NBA究極の対決」を敢行した! さらに、来る4月21日にスタートするプレーオフに先駆け、現地記者と本誌が今季の優勝レースを大胆予想。スペシャルインタビューでは、2年連続MVPを獲得しているサンズのスティーブ・ナッシュ、苦しい戦いの続くネッツを牽引する司令塔ジェイソン・キッドらを直撃! その他、今号から連載がスタートする日本人選手応援プロジェクト『J BALLERS』など、魅惑の企画が目白押しだ! 両面超ビッグポスター&NBAシグネチャーシューズ大図鑑の豪華2大付録もついたダンクシュート5月号は、2007年3月24日(土)発売!!

【別冊付録】
★NBAシグネチャーシューズ大図鑑
選手たちの履くシューズは、ユニフォームや背番号と並び、彼らの顔と言っても過言ではない。そのシューズの中でも、選ばれし者だけに与えられる選手仕様版、それが「シグネチャー」だ。ここでは、シグネチャー界の帝王エア・ジョーダンや、アンサーシリーズ、次世代のスーパースターであるレブロン・ジェームズのモデルなど、シグネチャーシューズを徹底特集する。シューズファン必見の一冊だ!

◆NBAシグネチャーシューズ年表
◆MICHAEL JORDAN/エア・ジョーダン
◆ALLEN IVERSON/アンサー
◆KOBE BRYANT,TRACY McGRADY,LEBRON JAMES,CARMELO ANTHONY and more …
◆SHOES OF OTHER PLAYERS


★VS NBA究極の対決


NBAにはチーム対チームによる対戦の他にも様々な対決が存在する。スーパースター対決、ビッグマン対決、スコアラー対決など、魅力的なマッチアップは枚挙に暇がない。そこで『ダンクシュート』は、現代NBAに深く関連する“究極の対決”に着目。血沸き肉躍る13の対戦カードをマッチメークし、誌上ガチンコ対決を行なった!


◆KOBE vs LEBRON
コビー・ブライアントvsレブロン・ジェームズ/NBAの王位を賭けた闘い

現在のNBAにおいて、ゲームに対する支配力という点で、コビーとレブロンは双璧をなす存在だ。リーグ最高選手の座を激しく争う、2人のスーパースターを徹底比較する。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

◆DUNCAN vs NOWITZKI
ティム・ダンカンvsダーク・ノウィツキー/西の最強PF対決

ウエスタンではスパーズとマブズが激しく火花を散らしているが、同時にもうひとつの頂上対決が繰り広げられている。ダンカンとノウィツキーの最強PF対決だ。今季のノウィツキーの活躍は、近年頂点に君臨してきたダンカンを脅かす勢い。激化する西の最強PF対決の行方やいかに。

文/小尾慶一
TEXT by KEIICHI OBI

◆NASH vs BILLUPS
スティーブ・ナッシュvsチャンシー・ビラップス/最強司令塔はどっちだ?

2年連続MVPのスティーブ・ナッシュと2004年にピストンズを優勝に導きファイナルMVPを獲得したチャンシー・ビラップス。彼らベテランPGの実力は今なお健在だ。ジェイソン・キッドが若干の衰えを見せる今、真のナンバーワンPGの座はこの2人が争っているといっていいだろう。東西の横綱司令塔を徹底比較する!

文/永塚和志
TEXT by KAZ NAGATSUKA

◆WADE vs ARENAS
ドゥエイン・ウェイドvsギルバート・アリナス/2大スコアリングガード徹底比較


分析/チェット・カマー、協力/三尾圭
ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO

◆AI & MERO vs T-MAC & YAO
アレン・アイバーソン&カーメロ・アンソニーvsトレイシー・マッグレディ&ヤオ・ミン/最強スコアリングデュオ対決


文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆KG vs WEBBER
ケビン・ガーネットvsクリス・ウェバー/元No.1ビッグマン2人のその後

◆AMARE vs HOWARD
アマレ・スタッダマイアーvsドワイト・ハワード/若手ビッグマン対決


文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

◆CARTER vs PIERCE
ヴィンス・カーターvsポール・ピアース/崖っぷちエース対決


文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA

◆PAUL vs D-WILL
クリス・ポールvsデロン・ウィリアムズ/次世代のNo.1司令塔はどっちだ!?


文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

◆LAKERS vs CELTICS
ロサンゼルス・レイカーズvsボストン・セルティックス/東西名門球団徹底比較


文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA

◆NIKE vs adidas
ナイキvsアディダス/2大スポーツブランド徹底比較


文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA

◆GREEN vs IGUODALA
ジェラルド・グリーンvsアンドレ・イグダーラ/若手最強ダンカー決定戦

◆ODEN vs DURANT
グレッグ・オーデンvsケビン・デュラント/07年ドラフト1位候補徹底比較


文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★STEVE NASH SPECIAL INTERVIEW / THE MVP
[スペシャルインタビュー] スティーブ・ナッシュ/MVPはかく語りき

2005、06年に2年連続MVPを受賞したスティーブ・ナッシュ。その実力を疑う者はもはや皆無に等しい。今季も変幻自在かつ巧緻なゲームメークで味方の能力を最大限に引き出し、サンズを優勝に向けて驀進させている。稀代の天才PGが、己の過去と今季に賭ける意気込みを語ってくれた。
インタビュー/クレイグ・モーガン、訳/千田範子
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA
Champion Prediction 米メディア関係者がズバリ!!
2006-07シーズンNBA優勝予想

4月21日からプレーオフが始まる。今季はいったいどんな展開になるのだろうか。レギュラーシーズンはマーベリックスがトップを独走しているが、プレーオフでどうなるかは、始まってみなければわからない。現地記者と本誌が気になる優勝レースを大胆予想する!
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

★JASON KIDD Special Interview / Go Foward
[スペシャルインタビュー]ジェイソン・キッド/前進あるのみ

かつて2年連続でファイナルを経験したネッツが不振に喘いでいる。ジェイソン・キッドが八面六臂の活躍を見せても、チームは勝率5割を切ったまま。空中分解さえ囁かれたが、司令塔の目は勝利だけを追い求めていた。
インタビュー/フレッド・カーバー、訳/大井成義
INTERVIEW by FRED KERBER, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★NBA STAR BIOGRAPHY / EMANUEL GINOBILI
NBAスター物語/エマニュエル・ジノビリ――南米最強の刺客

独特なステップワークを駆使したドリブルで、バスケ大国アメリカを震撼させたジノビリ。爆発的な数字を残すわけではないが、その存在感は絶大だ。アテネ五輪金メダル、NBA優勝2回と、世界で栄光を手にした南米最強戦士のルーツを探る。


文/小川由紀子
Text by YUKIKO OGAWA
[新連載]
J BALLERS / TAISHI ITO
伊藤大司/海を渡ったワンダーボーイ

日本人NBA選手がいない現在、ファンの多くが待望しているのが世界で通用する日本人プレーヤーの誕生だ。その可能性を秘めた日本人選手を取り上げていくのが新企画『J BALLERS』。第1回は、NCAAディビジョン1で先発PGとして活躍する1年生PG伊藤大司を特集する。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO
MIAMI HEAT
Last Spurt/望みをつなぐ王者
シャックの復活で戦力が整ったヒートは、後半戦開始と同時に本格始動するはずだった。だが、オールスター明け初戦で大黒柱ウェイドを負傷で失うアクシデント。チームは暗闇に包まれた。とはいえ、連覇の夢が完全に潰えたわけではない。昨季王者は今、必死に望みをつないでいる。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
We wanna go to PLAYOFF!
プレーオフ当落線上を巡る熾烈な争い
終盤戦に差し掛かりプレーオフ当確チームが出始める中、最終スポット争いは混戦模様を見せている。プレーオフ常連チームや新興勢力など、ラストスパートを期す注目の9チームの今後を展望する。

TORONTO RAPTORS
Growing Up!/未来の強豪トロント・ラプターズのすべて
ここ数年、プレーオフにも出場できなかったラプターズが快進撃を見せている。オールスターの先発に選ばれた主砲ボッシュをはじめ、サポーティングキャストの充実度も見逃せない。近い将来、優勝争いの一角としてリーグを席巻するに違いない、多国籍軍団ラプターズの魅力に迫る!
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA
NBA RUMORS
無風のトレードデッドラインに垣間見えた各チームの思惑
2月22日のトレードデッドライン直前には、キッド、カーターなどの移籍が噂されたが、結局はほとんど無風に終わった。いったい、なぜ各チームは動かなかったのか? その真相を究明すると共に、移籍候補選手たちの今後の動向を予想する。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
Beyond the Stats
NBA陰の実力者列伝
個人成績の数字は、確かに選手の力を示す指標ではある。しかし、それだけでは真の能力は計れない。誰もが見逃してしまうような地味なプレーが勝敗を決することもあるのだ。スターから裏方まで、そんな陰の能力の持ち主たちを特集する。
文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆エディ・ジョーンズ(マイアミ・ヒート)
◆ジェラルド・グリーン(ボストン・セルティックス)
◆エディ・カリー(ニューヨーク・ニックス)
◆モンタ・エリス(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
インタビュー/杉浦大介、星久幸
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, HISAYUKI HOSHI

★田臥最新レポート
苦難の日々
田臥勇太が苦難の日々を送っている。NBA復帰を目標に今季は下部組織Dリーグでプレー。しかし、所属チームの不振、ライバルPGの出現などにより、出場機会は減少気味だ。正念場を迎えた田臥の1か月をレポートする。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★Monthly Euro News
ユーロリーグ速報+欧州籠球事情
◆ユーロリーグ最新結果
◆欧州各国リーグ情報
◆世界バスケで出会ったスターは今/フローレン・ピートルス(ウニカハ・マラガ所属/フランス代表)
◆NBA入り間近の欧州スター/ルイス・スコラ(タウ・セラミカ所属/アルゼンチン代表)
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


★BIGポスター
◆スティーブ・ナッシュ(サンズ)
◆ジェラルド・グリーン(セルティックス)

★DS PRESENT @ MAY
春の装いを感じさせるアイテムが集合!
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝/アレン・アイバーソン&エリック・スノウ

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
アレンちゃんの私服姿に日米共通ヤンキースタイルを実感
★2006-07 NCAA NOW!
NCAAカレッジバスケ最新情報
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井アメリカ挑戦日記
★G-STREET
最新グッズ紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール
★No Charge Area
マーカス・キャンビー――ガラスのセンター
★SCOOP SHOT
ポートランドの新プリンス、ブランドン・ロイ
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/オールスター2007テレビ観戦記
★FRONT LINE
情報最前線
★all court press2
読者のページ
785円
ALL-STAR in Vegas!
オールスター完全速報
NBA史上初めて、エンターテインメントの都ラスベガスで開催されたオールスター2007を完全収録。本戦レポートはもちろん、出場選手のインタビュー、ダンクコンテスト、最多得点記録が飛び出したルーキーチャレンジなど、各イベントの模様を余すところなくお伝えする。第二特集ではデンバー・ナゲッツを徹底解剖。アイバーソンとカーメロのスーパーデュオを擁するナゲッツが秘める、無限の可能性に迫る。さらに、今季の優勝候補チームをズバリ診断。サンズやレイカーズ、レブロン率いるキャブズなど、11チームの優勝の可能性を探る。スペシャルインタビューは、巻き返しを誓うヒートのドゥエイン・ウェイド、リーグ首位を快走するマブズのダーク・ノウィツキーらを直撃! その他シーズンのNBA各賞の受賞予想など、魅惑の企画が目白押し。NBA30チームロゴステッカー&NBA師弟物語読本の2大付録もついたダンクシュート4月号は、2007年2月24日(土)発売!!

【別冊付録】
★NBA師弟物語
選手とコーチ、バスケットボールを通して築かれた師弟関係--栄光を掴んだ者たち、一時代を築いたコンビ、運命的にめぐり合ったタッグ--は大きな感動を呼んできた。さらに、感動的な師弟関係とは裏腹に修復不能に陥った“お騒がせ師弟コンビ”、同じコートに立つ選手同士だからこそ築かれた師弟関係など、様々な師弟を一挙にご紹介する!

◆最高の師弟・厳選11組
◆Bad Relations/崩壊した師弟関係
◆Brotherhood/選手同士の師弟関係


★ALL STAR 2007 IN LAS VEGAS
オールスター2007完全速報

NBA史上初のラスベガス開催となった今年のオールスターは記録尽くしの大会となった。初日のルーキーチャレンジでいきなり史上最多得点記録が飛び出すと、土曜のスキルチャレンジではウェイドが史上初の連覇を達成。大トリの本戦でも、ウエストがアシストとFG成功数の記録を塗り替えイーストに完勝するなど、まさに“史上初”開催に相応しい、華やかなウィークエンドとなった。


◆ゲームレポート
見事なチーム力を演出したコビーが2度目のMVPを獲得!

◆イースタン・カンファレンス選手紹介&インタビュー
◆ウエスタン・カンファレンス選手紹介&インタビュー

◆SHOE TIME!
オールスター・スニーカーチェック

◆スラムダンク・コンテスト
新星グリーンがスラムダンク王の称号を奪取
◆スキルチャレンジ
ウェイドが史上初の連覇を達成

◆3ポイントコンテスト
伏兵カポノが決勝タイ記録で優勝

◆シューティングスター
シカゴのミスでデトロイトが勝利

◆ルーキーチャレンジ
名司令塔2人を擁するソフォモアが圧勝
文/北舘洋一郎、三尾圭、松崎幸夫、写真/滝川敏之
TEXT by YOICHIRO KITADATE,KIYOSHI MIO,YUKIO MATSUZAKI,PHOTOS by TOSHIYUKI TAKIGAWA(DUNK SHOOT)

★Dwyane Wade Special Interview
[スペシャルインタビュー]ドゥエイン・ウェイド/反攻宣言

ディフェンディングチャンピオンのマイアミ・ヒートがもがき苦しんでいる。エースのドゥエイン・ウェイドがいくら孤軍奮闘を続けようと、チームに昨季の勢いは蘇えらず、勝率は5割を切る有様だった。だが2月に入り、インサイドの柱シャックが戦線に完全復帰。ようやく反撃態勢を整えたチームに意を強くしたウェイドも、反攻開始を宣言した。
インタビュー/イラ・ウィンダーマン 訳/大井成義
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★Analysis of Denver Nuggets
デンバー・ナゲッツ徹底解剖

アレン・アイバーソンとカーメロ・アンソニーによる史上空前の高得点デュオが誕生し、ナゲッツは一躍、注目の的となった。2人のスターは共存可能か? チームは本当に強くなるのか? 様々な謎に包まれたナゲッツの実力を徹底解剖する!
◆DOUBLE CAST
奇跡の快進撃の可能性を探る!
アイバーソンがデンバーへやってきて以来、カーメロとのスーパーデュオが持つ魅力にNBAファンの目は釘付けとなり、地区優勝どころか、リーグ制覇の可能性さえも取り沙汰された。リーグ最強のスコアリングコンビが誕生したナゲッツは今、途方もなく大きな期待に包まれている。
文/マーク・スピアーズ 訳/小尾慶一
TEXT by MARC J.SPEARS, TRANSLATION by KEIICHI OBI
◆ALLEN IVERSON & CARMELO ANTHONY SCOUTING REPORT
コンビ結成後のAI&カーメロをスカウティング
アイバーソンとカーメロによる新スーパーデュオの実力はどれほどのものなのか。同地区ライバルのウルブズのアシスタントコーチで、日夜、選手を研究し尽くしているカラミアン氏に、コンビ結成後の2人のプレーを解説してもらった。


分析/レックス・カラミアン 協力/三尾圭
ANALYSIS by REX KALAMIAN COOPERATION by KIYOSHI MIO

◆Nuggets Data File
メンバー紹介&今季の戦いぶりをチェック
アイバーソン加入とカーメロ復活により、他チームから警戒される危険なチームに変貌したナゲッツ。だが、故障者が続出しているため、まだ彼らの本当の実力は分からない。彼らの今季のデータを分析し、現状の戦力とポテンシャル、さらに今後の展開を予測する。
◆George Karl Special Interview
指揮官カールの思惑
インタビュー/マーク・スピアーズ 訳/小尾慶一
INTERVIEW by MARC J. SPEARS TRANSLATION by KEIICH OBI
Champion Contenders
優勝戦線を制すのはどこだ!?
強豪チームの“優勝の可能性”をズバリ診断!

オールスターも終わり、いよいよ後半戦に突入。各チームがプレーオフを見据えて本気モードに入る中、『ダンクシュート』では強豪と目される11チームに注目。独自の戦力診断グラフで優勝指数をはじき出し、各チームの優勝の可能性を探ってみた!

◆Phoenix Suns/サンズ、成長の証

「優勝候補」と言われて3年が経過したが、いまだ無冠。サンズに最も必要なのは結果だ。悲願の優勝に向け、2年連続で敗退した地区決勝の突破は最低条件となるが、今季サンズがマークしている記録は彼らの明るい未来を予言している。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


◆Los Angeles Lakers/レイカーズ、強豪復活への試練

コビーとジャクソンHCによる新体制の下、昨季レイカーズはプレーオフに復活した。そして迎えた今季は、中堅クラス以上の実力チームであるとの評価を勝ち取った。だが、彼らの目指すものはあくまで優勝。強豪復活のため、レイカーズは最後の試練の時を迎えている。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆Miami Heat/ヒート、王者復活の兆し

思わぬ苦戦を強いられていたヒートがついに目を覚ました。1月下旬、大黒柱のシャキール・オニールがついに復活。故障者に泣かされた前半戦は、彼らの本来の姿ではない。戦力が整った昨季王者が優勝に向け本格始動する!
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆Dallas Mavericks/マーベリックス、次なるステップへ

開幕直後の不振が嘘であったかのように、リーグ首位を快走するマブズ。今季は大黒柱ノウィツキーだけのチームではない。4年目を迎えたハワードが攻守のカギを握るまでに成長。不動のメンバーで構成されたチームは今、熟成の時を迎えている。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆Cleveland Cavaliers/キャバリアーズ、勝者の証

優勝候補の一角として迎えた今季、キャブズはその期待通りに前半戦で一度はイーストの首位に立った。しかし、レブロンの故障と時を同じくして、その勢いはピタリと止まった。果たして、レブロンは昨季以上の結果を残し“勝者の証”を手に入れることができるのか? キャブズが上位に進出するために必要な条件を探る。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆San Antonio Spurs/スパーズ、黄金時代終焉!?

この8年間で3度の優勝を成し遂げ一時代を築いたスパーズは、今季も優勝候補の一つに違いない。しかし、4度目のリーグ制覇への道はかなり険しいものとなりそうだ。これまで誰もが恐れてきた彼らの鉄壁の強さが、今季は薄れてしまっているからだ。
文/杉浦大介
TEXT by DAUSUKE SUGIURA


◆Detroit Pistons/ピストンズ、復権を賭けて

ベン・ウォーレス離脱で、戦力の弱体化が懸念された今季のピストンズだったが、気がつけば、前半戦終了時点でイーストの首位に立っている。ウェバー加入という、外部の血の導入後に突如勝ち始めた今のピストンズには、優勝した2004年の気配が漂っている。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆Washington Wizards/超攻撃的バスケの可能性
◆Houston Rockets/鉄壁の守備で頂点を目指す
◆Utah Jazz/西のダークホース
◆Chicago Bulls/底知れぬ潜在能力

★Dirk Nowitzki Special Interview
[スペシャルインタビュー]ダーク・ノウィツキー/飽くなき挑戦

今季ウエスタン・カンファレンスの首位を快走するマブズの中核には、やはりダーク・ノウィツキーがいる。リーグ屈指の7フッターは自ら得点を取るだけでなく、周りも生かす新スタイルを披露。昨季優勝を目前で逃した悔しさをバネに、リベンジに燃えている。
インタビュー/アート・ガルシア 訳/千田範子
INTERVIEW by ART GARCIA TRANSLATION by NORIKO CHIDA
◆AWARDS WATCH
NBA各賞の行方を完全予想!
オールスターを終えればNBAはいよいよ後半戦に突入。シーズンの折り返し点を迎え、今季のリーグの勢力図もはっきりしてきた。同様に、選手個人に対する評価もそろそろ定まってきた。MVPをはじめ、気になるNBA各賞の行方を完全予想する。

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆クリス・ウェバー(デトロイト・ピストンズ)
◆ヴィンス・カーター(ニュージャージー・ネッツ)
◆ボリス・ディーオウ(フェニックス・サンズ)
◆ベン・ゴードン(シカゴ・ブルズ)
◆アール・ボイキンス(ミルウォーキー・バックス)

インタビュー/三尾圭、杉浦大介
INTERVIEW by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA

★田臥最新レポート
葛藤
NBADLで奮闘を続ける田臥勇太が葛藤に苦しんでいる。勝利と個人スタッツを追求することの難しさと戦いながら、懸命の努力を続けている。チームは途中9連敗。今自分がやるべきことを改めて模索した、田臥の1か月をレポートする。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★Monthly Euro News
ユーロリーグ速報+欧州籠球事情
◆ユーロリーグ最新結果
◆欧州各国リーグ情報
◆世界バスケで出会ったスターは今/ジェンク・アキオル(エフェス・ピルセン所属/トルコ代表)
◆NBA入り間近の欧州スター/リオル・エリヤウ(マッカビ・テルアビブ所属/イスラエル代表)
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★NBA LIVE 07 & NBA TEAM LOGO STICKERS
◆NBA LIVE 07 & NBA30チームロゴステッカー

★DS PRESENT @ APRIL
オールスター2007グッズを大放出!
★Sam's Chat Show Returns
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝/ウィリス・リード&ウォルト・フレイジャー
★Kicks News
AF25最新モデル&ズーム コビー・情報

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
ボウエン&ジノビリ師弟のイライラ攻撃に苦しむコビー
★2006-07 NCAA NOW!
NCAAカレッジバスケ最新情報
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井アメリカ挑戦日記
★G-STREET
最新グッズ紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール
★No Charge Area
アマレ・スタッダマイアー--若き天才ビッグマン
★SCOOP SHOT
センターの復権で活気を取り戻すNBA
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/コビー新作シューズ発表会に潜入
★FRONT LINE
情報最前線
★all court press2
読者のページ

785円
★AI's DEEP IMPACT
アイバーソン電撃移籍でNBAに大激震!!
誰もが固唾を呑んで見守っていたアレン・アイバーソンの移籍騒動はナゲッツ移籍で決着。移籍後初インタビューをはじめ、様々な角度からアイバーソンの移籍を特集する! 第二特集では後半戦の見どころを一挙紹介。アイバーソンが加入したナゲッツ、昨年王者のヒートの他、注目のポイントを徹底的に分析。スペシャルインタビューでは、ケビン・ガーネットが勝利への熱い想いを語ってくれた。その他若返ったチームを牽引するコビー物語、若手PG特集など、魅惑の企画満載でお届けする。さらに、別冊付録は両面超ビッグポスター&NBA背番号読本! NBAの“旬”を網羅したダンクシュート3月号は、2007年1月25日(木)発売!!

【別冊付録】
★NBA背番号読本
選手たちの顔と言っても過言ではない背番号を徹底特集! エースナンバーの変遷、背番号の由来、エピソードやおもしろデータなど、背番号にまつわる知識を凝縮した。これを押さえておけばNBAがさらにおもしろくなることは間違いなし!

◆エースナンバーの変遷&永久欠番リスト
◆人気背番号ランキング・今最もアツい背番号はこれだ!!
◆背番号の由来
◆背番号にまつわるエピソード集
◆背番号別NBAおもしろデータ集
◆現役背番号リスト

★AI's DEEP IMPACT
アイバーソン電撃移籍でNBAに大激震!!

2006年12月19日、リーグ全体を揺るがしたアレン・アイバーソンのトレード問題が決着した。気になる移籍先は、激しく得点王を争っていたカーメロ・アンソニー率いるデンバー・ナゲッツ。NBA史上でも屈指のスコアリング・デュオの誕生に、ノースウエスト地区だけでなくリーグ全体に激震が走った。移籍後初インタビューをはじめ、アイバーソンの移籍を多角的に特集する!


◆アイバーソン移籍後初インタビュー
◆スカウトが診断! アイバーソンはナゲッツで成功できるのか?
◆移籍後のAIに密着!
◆AI電撃移籍の舞台裏
◆AI移籍の成否を過去の大物移籍の結果から予想!
文/加藤洋、杉浦大介、マーク・スピアーズ 訳/千田範子
TEXT by HIROSHI KATO, DAISUKE SUGIURA, MARC SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★Kobe Bryant Special Story
[スペシャルストーリー]コビー・ブライアント/どこまでもストイックに

レイカーズの大エースであるコビー。チームが成長期を迎えている今季は、若手のサポート役もこなしている。名実共に、チームを牽引するという意思の表われだ。自らにプレッシャーをかけては、それを乗り越える。いったい彼はどこまで成長するのだろう。
文/ローランド・レーゼンビー 訳/小尾慶一
TEXT by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★2006-07 SEASON 2ND HALF FORECAST
シーズン後半戦の見どころはこれだ!

2006-07シーズンも早3か月が過ぎようとし、いよいよ大事な後半戦に突入する。アイバーソン電撃入団で躍進を期するナゲッツ、怒涛の快進撃を見せるサンズ、キャブズ、マーベリックスの各チーム、低迷する王者ヒート、ウワサされる大物のトレード、新王者誕生の予感漂う得点王争いなど、NBAは気になる話題が目白押し。注目のシーズン後半戦を占う!
◆Denver Nuggets/Real Strong?
新生ナゲッツの真の実力
アイバーソン獲得により、ナゲッツはまったく新しいチームに生まれ変わった。出場停止処分を受けていたカーメロも1月下旬に復活し、いよいよ新生ナゲッツが本格始動。後半戦最大の注目チームの未来を展望する!
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA
◆Miami Heat/Counter attack
王者ヒート、反攻のシナリオ
昨季球団初のリーグ優勝を成し遂げたヒートの調子がまったく上がってこない。シャックの欠場が長引き戦力が整わないばかりか、年明けにはライリーHCまで故障で戦列離脱した。不振に喘ぐ王者に巻き返しの秘策はあるのだろうか?


文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
◆Phoenix Suns/不死鳥サンズは羽ばたけるのか?

大黒柱のナッシュを中心に充実した陣容のサンズは、今季の優勝候補筆頭だ。得意のラン&ガンを武器にリーグ1のオフェンス力を誇る。2年連続で涙を呑んだカンファレンス決勝の壁を越えるべく、不死鳥が三度目の正直に挑む。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO
◆Cleveland Cavaliers/CHANCE TO GO FINAL
キング・ジェームズが真の王様になる
レブロン入団から4年、キャブズは強豪へ復活した。今季はライバルの戦力ダウンという追い風もあり、イースタン・カンファレンス1位の座も狙える勢い。しかし、彼らの目指すものはもっと上にある。初のファイナル進出、そして優勝こそが彼らのゴールなのだ。
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA
◆KING OF SCORERS
大混戦の得点王レースを制すのは誰だ!?
名誉ある個人タイトルの中でも、特に注目を浴びるのが得点王だ。オフェンシブ化が顕著な今季は、昨季のコビーのように独走する選手がおらず、平均30点前後に数選手がひしめいている。後半戦でランキングのトップに躍り出るのはいったい誰なのか? 混戦必至の得点王レースの行方を大胆予想する!
◆TRADE RUMORS
大物の移籍はまだある!? NBAスター移籍の噂ファイル
シーズンも折り返し地点を迎え、戦力強化を図ろうと各チームが水面下で様々な動きを見せ始めている。本来アンタッチャブルな存在であるスーパースターも決して例外ではない。アレン・アイバーソンのナゲッツ移籍が引き金となったのか、2月22日のトレード期限までに再び大物選手のトレードが起きそうな気配が漂っている。その他、クリス・ウェバーの電撃移籍など、ここまでに決定したトレードについてもレポートする。
文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA
◆ANOTHER TOPICS
気になる後半戦のトピックを一気にチェック!!
ここでは、選手の個人目標やリーグ全体の動きなど、少し視点を変えて今後の見どころを紹介する。これらのトピックも網羅しておけば、NBAのゲームがよりおもしろくなるのは間違いなし。ぜひ、押さえておいてほしい。

★Kevin Garnett Special Interview
[スペシャルインタビュー]ケビン・ガーネット/秘めたる野望

序盤に3勝6敗と負け越した時には、このままズルズルいくかと思われたウルブズが意外な健闘を見せている。最大の功労者はもちろんエースのケビン・ガーネットだ。上位と戦うには駒不足の感は否めないが、それでもKGの心に燃え盛る炎が消えることはない。
文/スティーブ・アシュバーナー、訳/大井成義
INTERVIEW by STEVE ASCHBURNER, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★PG NEW WAVE
次代を担う若手PGを大特集

司令塔と称されるPGは、5つあるポジションの中で最も経験がものを言う、ベテランに分があるポジションとされてきた。だがPGを巡り、NBAは今まさに世代交代の時を迎えようとしている。ナッシュ、キッドという旧世代の両巨頭を脅かす、次代を担う新進気鋭の若手PGたちを紹介しよう。
◆若手PG大特集
◆次世代最強PG徹底比較
 デロン・ウィリアムズ VS クリス・ポール
分析/チェット・カマー、協力/三尾圭
ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO

★NBA超B級選手図鑑

スーパースターのような華やかさはないが、キラリと光る個性を持つ男たちがいる。得手不得手なプレーが両極端、数字に残らないプレーに一生懸命など、彼らはスターにはない特徴を持つ。そんなNBAに欠かすことのできない“超B級選手”を大特集する。
文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★IT’S SHOW TIME
オールスター2007直前情報
スターが勢揃いする本戦をはじめ、魅惑のイベント満載の、“オールスター”の季節が迫ってきた。今回の話題は何と言っても、史上初めてラスベガスで開催されること。“エンターテインメントの都”でのプレーを許されるのはいったい誰なのか? 注目のファン投票途中経過と今大会の見どころをお伝えする。

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆シェーン・バティエ(ヒューストン・ロケッツ)
◆マイク・ビビー(サクラメント・キングス)
インタビュー/杉浦大介、三尾圭
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO

★Yuta Tabuse Special Story
田臥勇太/田臥語録
NBA昇格を目指す田臥勇太のDリーグでの戦いが始まって早2か月。平均20分強という限られた出場時間の中で、かつてないほど積極的なプレーを続けている。年末年始に一時体調不良に陥ったが、すぐに完全復活。「昇格」へ向け再び強い決意で走り出した田臥の語録をまとめた。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★Monthly Euro News
ユーロリーグ速報+欧州籠球事情
◆ユーロリーグ最新結果
◆欧州各国リーグ情報
◆世界バスケで出会ったスターは今/ファン・カルロス・ナバーロ(FCバルセロナ所属/スペイン代表)
◆NBA入り間近の欧州スター/マルコ・ベリネッリ(クリマミオ・ボローニャ所属/イタリア代表)
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★BIGポスター
◆アレン・アイバーソン(ナゲッツ)
◆ギルバート・アリナス(ウィザーズ)

★DS PRESENT @ MARCH
アイバーソンのナゲッツ関連アパレルを大放出!
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝/チャンシー・ビラップス&ベン・ウォーレス
★NIKE AF1 25th Anniversary Collection
ナイキの新旧スターをフィーチャーしたAF1がデビュー

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
MJに続きキッドも!! NBAを襲う離婚の悲劇
★2006-07 NCAA NOW!
NCAAカレッジバスケ最新情報
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井アメリカ挑戦日記
★G-STREET
最新グッズ紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★No Charge Area
ポール・ピアース――屈辱に呪縛された男
★SCOOP SHOT
高卒ドラフト選手に迫り来る選手寿命の問題
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/優等生バティエの小さなエゴ
★FRONT LINE
情報最前線
★all court press2
読者のページ
785円
★Good-Bye Philly
アイバーソン移籍騒動の全真実
突如降って沸いたアレン・アイバーソンの移籍騒動。この世紀の大騒動の全貌を緊急大特集する! 第二特集は偉大なレジェンドと現代スターの系譜。マイケル・ジョーダン&コビー・ブライアントの他、さまざまな系譜関係を徹底的に研究した。スペシャルインタビューは、T-MAC&ヤオの2人に同時に聞いた超豪華版に加え、カーメロ・アンソニー、バロン・デイビスらに直撃! その他、NBAウワサの真相、欧州の英雄パパルーカス物語など、魅惑の企画満載でお届けする。さらに、別冊付録は両面超ビッグポスター&究極のライバル物語小冊子! NBAの“今”を徹底網羅したダンクシュート2月号は、2006年12月25日(月)発売!!

【別冊付録】
★The Rivals NBA究極のライバル物語
NBA史上に残る宿敵同士の輝ける伝説を一冊にまとめた豪華小冊子を別冊付録! 古くはウィルト・チェンバレンvsビル・ラッセル、近年ではレブロン・ジェームズvsカーメロ・アンソニーなど、素晴らしきライバル関係が生み出した珠玉のドラマをとくとご覧あれ!

●レブロン・ジェームズ×カーメロ・アンソニー
●コビー・ブライアントvsアレン・アイバーソン
●スティーブ・ナッシュvsジェイソン・キッド
●マジック・ジョンソンvsラリー・バード
●パトリック・ユーイングvsアキーム・オラジュワン
●ウィルト・チェンバレンvsビル・ラッセル……他

★Good-Bye Philly
アイバーソン移籍騒動の全真実

NBA入り以来、アレン・アイバーソンはフィラデルフィアの象徴だった。チームが好調な時も不調な時も、“ジ・アンサー”の心は常にフィラデルフィアと共にあった。だが、その蜜月関係は突然の移籍志願により、終焉を迎えた。慣れ親しんだ街を捨て、アイバーソンはどこへ行こうしているのか?


◆アイバーソンはなぜ移籍を決意したのか?
◆アイバーソンと新チームの相性をチェック!
◆アイバーソンと76ersが歩んだ愛憎ひしめく11年
◆AIと親しい若き日本人カメラマンの述懐
文/杉浦大介、加藤洋
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HIROSHI KATO

★NBA Superstars' Genealogy
スーパースターの系譜/偉大なるレジェンドとその後継者たち

子は親を見て育つといわれるが、NBAにもそれと似た歴史がある。かつての名選手のDNAは、少なからず現代のスター選手に受け継がれているのだ。NBAに潜む知られざる系譜の謎を徹底究明する!


◆オスカー・ロバートソン→マジック・ジョンソン→レブロン・ジェームズ
◆ウィルト・チェンバレン→シャキール・オニール
◆デニス・ロッドマン→ベン・ウォーレス
◆ドミニク・ウィルキンス→ヴィンス・カーター
◆[スペシャルストーリー]才能の血脈
◆その他の系譜1[レジェンド→現役スター]
◆その他の系譜2[現役スター→未来のスター]
◆系譜なき男たち
文/中島はるの、ローランド・レーゼンビー
TEXT by HARUNO NAKASHIMA, ROLAND LAZENBY

★Carmelo Anthony Special Interview
[スペシャルインタビュー]カーメロ・アンソニー/覚醒した得点製造機

同期入団のレブロン、ウェイドの活躍が凄まじかったために、カーメロ・アンソニーは日陰者的な扱いを受けることが多かった。だが、雌伏の時代はもう終わった。今季は得点ランキングで常連のアイバーソンと堂々と渡り合う大躍進。悲願だったオールスター出場もほぼ確実だ。カーメロの身体に眠っていた才能が、ついに覚醒した!
インタビュー/マーク・スピアーズ 訳/千田範子
INTERVIEW by MARC SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★Tracy McGrady & Yao Ming Special Interview
[二者同時スペシャルインタビュー]トレイシー・マッグレディ&ヤオ・ミン

T-MAC&ヤオ――得点王2回のスコアリングマシンとNBA最長身センターが組む豪華なコンビは、結成当初から将来の優勝候補として期待された。度重なる故障を乗り越え、ついに戦う態勢が整った今季は、2人にとって大きな飛躍の年となるに違いない。そんな2人が揃って答えてくれる、超豪華版インタビューがここに実現した!
文/ショーン・ディビニー、訳/大井成義
INTERVIEW by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★HOT RUMORS
NBAウワサの真相
今季のNBAは何だか波乱含みの展開。シーズン序盤戦から“事件”とも呼べるような出来事が次々と起こっている。ここでは、リーグ内でまことしやかに囁かれている様々なウワサ話を徹底検証。厳選した8つの気になる話題の裏側を探っていく。


◆ヘッドバンド紛争勃発でブルズが崩壊の危機!?
◆絶好調カーメロが得点王争いの本命!
◆ヒートが2連覇どころかプレーオフも危うい??
◆好調ジャズ&マジックの快進撃はどこまで続く?……他
文/杉浦大介、中島はるの、小尾慶一
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HARUNO NAKASHIMA, KEIICHI OBI

★Baron Davis Special Interview
[スペシャルインタビュー]バロン・デイビス/「どんなガードもオレを守れない」
持病の腰痛を克服し最高のコンディションで挑んだ今季、バロン・デイビスは自ら得点を狙うスタイルを捨て、チームメイトを生かす真の司令塔へと変身を図っている。かつての輝きを放ち始めたリーグ屈指の実力派PGが、完全復活を知らしめるため、ウォリアーズを13年ぶりのプレーオフへ導くことを誓った。
インタビュー/マーク・スピアーズ、訳/千田範子
INTERVIEW by MARC SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆ジョー・ジョンソン(アトランタ・ホークス)
◆アロンゾ・モーニング(マイアミ・ヒート)
◆アダム・モリソン(シャーロット・ボブキャッツ)
◆ルオル・デン(シカゴ・ブルズ)
◆ジャミーア・ネルソン(オーランド・マジック)
◆アンドリス・ビエドリンシュ(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
インタビュー/三尾圭、杉浦大介、小尾慶一
INTERVIEW by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA, KEIICHI OBI

★Yuta Tabuse Special Story
田臥勇太/雌伏の時
NBADL(Dリーグ)のベイカーズフィールド・ジャムに所属する田臥の今季が11月上旬に開幕。NBA昇格のステップとして、ここで実力を発揮することが求められる田臥の開幕1か月を追った。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★AF1→AF25
エアフォース1に誕生25周年を記念した新作が登場!

1982年、初めてエアシステムを搭載した画期的なバスケットボールシューズが生まれた。その名はエアフォース1。シューズ界を代表する名器が誕生から25年を迎える今、スポーツブランドの雄ナイキが、エアフォース1に新たな息吹を注ぎ込んだ。

★Theodoros Papaloukas Special Story
セオドロス・パパルーカス/欧州最強選手の素顔
現在、欧州最高の年俸を稼ぐセオドロス・パパルーカス。爆発的な数字を残すわけではないが、知らぬ間に相手を術中に嵌めてしまう不思議なプレーヤーだ。類稀なバスケIQを駆使する魔術のようなプレースタイルはいかにして生まれたのか? 欧州最強プレーヤーの源泉に迫る
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★Monthly Euro News
ユーロリーグ速報+欧州籠球事情
◆ユーロリーグ最新結果
◆欧州各国リーグ情報
◆世界バスケで出会ったスターは今/ジャンルカ・バジーレ(FCバルセロナ所属/イタリア代表)
◆NBA入り間近の欧州スター/ルディ・フェルナンデス(DKVホベントット所属/スペイン代表)
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★NBA LIVE 07
『NBAライブ07』徹底解剖/フリースタイルスーパースターを極める!
人気ゲーム『NBAライブ07』の醍醐味は試合にある。前作からさらにパワーアップした「フリースタイルスーパースター」を使いこなせば、“試合をプレーすることの楽しさ”をより実感できるはずだ!

★BIGポスター
◆カーメロ・アンソニー(ナゲッツ)
◆ドワイト・ハワード(マジック)

★DS PRESENT @ February
ウェイド&ナッシュモデル新作シューズ他、豪華グッズを大放出!
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/デニス・ロッドマン&ビル・レインビア
★「アンサーのためのアンサーを作りたかった」
[独占インタビュー]金田康平(アンサー10デザイナー)
★NBA DATA BOX
数字で紐解くNBAの世界

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
ラシードはじめNBAの問題児がイメージチェンジ?
★2006-07 NCAA NOW!
NCAAカレッジバスケ最新情報
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のキャンパスライフ
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★Basic of NBA
NBA基礎講座
★ON AIR PROGRAMS
TV放送スケジュール
★No Charge Area
グラント・ヒル――NBA一の紳士
★SCOOP SHOT
クリス・ウィルコックスの真の価値
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/インディアナの愉快な仲間たち
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦コラム
★all court press2
読者のページ
785円
★Super Scorers 2007
超絶スコアラー徹底研究
ついに2006-07シーズンが幕開け! まず今季のリーグを襲ったのは激しいオフェンス化の波だ。そこで本誌では早速、様々な視点から超絶スコアラーたちを徹底研究した。また、思いもよらない展開が続出している開幕直後の予想外な新事実を大公開。得点王の有力候補ギルバート・アリナス、そして何とあのマイケル・ジョーダンの単独インタビューにも成功した。さらには、世界選手権で初めてNBAを知った方でもこれさえ読めば十分楽しめるNBAビギナーズガイド、両面ビッグポスターの二大付録もついたダンクシュート1月号は、11月25日(土)発売!!

【別冊付録】
★NBA Beginner's Guide 初心者必携! NBAビギナーズガイド
NBAを見始めたばかりの人にとってぜひ知っておきたいNBAの基礎情報を完全網羅したハンドブック。重要人物図鑑、基礎講座、フランチャイズマップ、プレーオフの仕組みなど、NBAの基本中の基本をまとめた。NBA通のファンにとっても基礎情報の確認に役立つこと間違いなし!

◆NBA重要人物図鑑
◆全30チーム・フランチャイズマップ
◆図解NBA基礎講座
◆NBAポジション解説
◆略号&個人賞辞典
◆プレーオフの仕組み
◆NBA素朴な疑問
◆5分でわかるNBAの全歴史

★Super Scorers 2007
超絶スコアラー徹底研究

NBAの1試合平均得点はおよそ100点。他の球技では考えられない超高得点ゲームは、NBAの大きな魅力である。一方で近年は低得点化が叫ばれてきたのも事実だ。しかし今、NBAにはオフェンシブ化という新たなうねりが押し寄せている。『ダンクシュート』はそんな時代の息吹を先取りし、古今東西の超絶スコアラーを徹底研究することにした。究極の点取りゲームの支配者たちの魅力に迫る!!

◆Golden Age For Super Scorers――スコアラー黄金時代到来!
文/杉浦大介 TEXT by DAISUKE SUGIURA
◆Super Scorers File――ポジション別スコアラー分析
文/ラス・ベンソン、訳/杉浦大介
TEXT by RUSS BENGTSON, TRANSLATION by DAISUKE SUGIURA
◆Who’s the Scoring King?――今季の得点王を大予想!
文/杉浦大介 TEXT by DAISUKE SUGIURA
◆SCORER TYPE――プロが教える! 一歩進んだスコアラー研究
分析/チェット・カマー、協力/三尾圭
ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO
◆豪傑伝説<不世出の得点マシン――ウィルト・チェンバレン物語>
文/出野哲也 TEXT by TETSUYA IDENO
◆Legendary Scorers――NBA史を彩る伝説のスコアラーたち
文/小林孝 TEXT by TAKASHI KOBAYASHI
◆SCORING TOPICS――得点にまつわる様々なトピックを8つ紹介!
文/吉藤宗弘 TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★GILBERT ARENAS SPECIAL INTERVIEW
ギルバート・アリナス・スペシャルインタビュー/点取り屋の誇り

ギルバート・アリナスは、ここ数年で最も成長した選手と言える。特にスコアリングにおいてそれは顕著で、昨季は29.3得点というハイアベレージを記録した。今季の得点王候補にも挙げられるリーグ屈指の点取り屋が、自らのスコアリングに対する考えを語る。
インタビュー/テリー・フォスター、訳/小尾慶一
INTERVIEW by TERRY FOSTER, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★予想外!――開幕してわかった9つの新事実


波乱含みの幕開けとなっている今シーズン序盤戦の戦いは、アッと驚く予想外の出来事が次々と起こっている。予想通りにはいかないからこそ、そこに新たなおもしろさを発見できる。「聞イテマセンデシタ」では済まされない衝撃の新事実の数々を、ガツンとお教えしよう!

◆その1:今季の76ersは期待できる!?
文/澤田敏典 TEXT by TOSHINORI SAWADA
◆その2:Miscalculation――東西王者の誤算
文/中島はるの TEXT by HARUNO NAKASHIMA
◆その3:BEN'S IMPACT――ベン・ウォーレスが及ぼした意外な影響
文/杉浦大介 TEXT by DAISUKE SUGIURA
◆その4:Surprising Start――東大混戦でキャブズが優勝候補?
文/吉藤宗弘 TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI
◆その5:Rebellion――弱小球団の逆襲
文/中島はるの TEXT by HARUNO NAKASHIMA
◆その6:Offense saves the Team?――流行する攻撃型バスケットがもたらした結果は?
◆その7:Technical Problem――リーグの取り締まり強化でテクニカルファウルの犠牲者続出!
◆その8:UNUSUAL SUSPECTS――意外な活躍を見せた伏兵たち
◆その9:VISUAL SHOCK――これも予想外! 驚くべき変貌を遂げた選手たち

★MICHAEL JORDAN SPECIAL INTERVIEW
マイケル・ジョーダン・スペシャルインタビュー/神の啓示

NBA史上最高の選手、マイケル・ジョーダン――。『ダンクシュート』は久々に、この数多の栄光に包まれたスーパースターのインタビューに成功した。バスケットボールの“神”は、自身の現役時代の秘話から今季の優勝チーム予想まで、忌憚のない意見を開陳してくれた。
インタビュー/マーティン・フェンケル、訳/小川由紀子
INTERVIEW by MARTIN FUENKELE, TRANSLATION by YUKIKO OGAWA

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆クリス・ボッシュ(トロント・ラプターズ)
◆TJ・フォード(トロント・ラプターズ)
◆アル・ハリントン(インディアナ・ペイサーズ)
◆ラジャ・ベル(フェニックス・サンズ)
◆クリス・ウィルコックス(シアトル・スーパーソニックス)
インタビュー/杉浦大介、三尾圭
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO

★NBA STAR BIOGRAPHY / BORIS DIAW
NBAスター物語/ボリス・ディーオウ――異色の万能戦士

NBAにオールラウンダーは数多いが、多彩さという点でボリス・ディーオウに敵う者はいない。カバーポジションはPGからセンターまでという幅広さ。HCにすればこれほど使い勝手のいい選手もいないだろう。現代バスケットが生んだ、奇跡の異能戦士のルーツを辿る。
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★Monthly Euro News
ユーロリーグ速報+欧州籠球事情
◆ユーロリーグ最新結果
◆欧州各国リーグ情報
◆世界バスケで出会ったスターは今――ディミトリオス・ディアマンティディス(ギリシア・パナシナイコス/ギリシア代表)
◆NBA入り間近の欧州スター――ソフォクリス・スコーツァニティス(ギリシア・オリンピアコス/ギリシア代表)
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★Start Line
田臥勇太、4年目の船出
田臥勇太の今季がついに始まった。狙っていたNBA入りは叶わなかったものの、昨季もプレーしたNBADL(通称Dリーグ)のドラフトで指名され、ようやくプレー先が決定した。戦いの場を得た日本人NBAプレーヤーのパイオニアが、再びNBAを目指して船出する!
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★BIGポスター
◆アレン・アイバーソン(フィラデルフィア・76ers)
◆ケビン・ガーネット(ミネソタ・ティンバーウルブズ)

★DS PRESENT OPENING SPECIAL

毎年恒例! 開幕記念特大プレゼント 計132名に当たる!(インターネットでも応募可能!)
★Dリーグの仕組み
田臥勇太が今季所属するマイナーリーグを紹介
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/アラン・ヒューストン&ラトレル・スプリーウェル

★REGULARS
★Sam’s Chat Show Returns
帰ってきたサム・キャセールおしゃべり劇場
★NBA MU-IMIDAS
経営者ジョーダンのお話に欧州の記者の反応は?
★2006-07 NCAA NOW!
NCAAカレッジバスケ最新情報
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のキャンパスライフ
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート
★TV PROGRAMS
TV放送スケジュール
★NBA QUIZ SHOW
開幕スペシャル! クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/チャンシー・ビラップス――不屈の勝利者
★SCOOP SHOT
延長契約選手の数で分かる2003年ドラフト組の実力
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/悪童アーテストの奇妙な心情
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦コラム
★all court press2
読者のページ
785円
★KEY PLAYERS 15+α
今季のカギを握る15人
待ちに待った新シーズンに向け、今季のカギを握る15人の注目選手を発表! 連覇を狙うドゥエイン・ウェイド&シャキール・オニールの最強デュオ、早くもMVP候補に挙がるレブロン・ジェームズ、新背番号で話題のコビー・ブライアントら注目スターの今季を徹底検証する。2年連続MVPのスティーブ・ナッシュ、巻き返しを狙うアレン・アイバーソン、躍進の予感漂うドワイト・ハワードらの開幕直前インタビューもお届け。さらには二大付録として、2006-07シーズンNBA選手名鑑に両面ビッグポスターもついている!!

【別冊付録】
★2006-07 SEASON NBA PLAYERS' DATA BOOK 2006-07シーズンNBA選手名鑑
NBAのスター選手総勢168名を写真付きで一挙に紹介! 所属チームの変遷やオールスター出場回数などパーソナルデータも充実し、これさえ見れば選手のNBAキャリアが一目でわかる優れものだ。また今年の注目ルーキー24名のプロフィールも掲載。コンパクトサイズの中にデータが凝縮されたこの選手名鑑は、まさにケータイ用コンプリートガイドだ!!

★2006-07 SEASON SUPER PREVIEW / KEY PLAYERS 15+α
今季のカギを握る15人

NBAの2006-07シーズンがいよいよ開幕する。選手たち同様に気合が高まっている『ダンクシュート』は、今季のカギを握る15人のキープレーヤーを徹底特集。開幕直前の今、絶対に知っておきたい今季の見どころを、総力を結集してお届けする!

★DWYANE WADE & SHAQUILLE O'NEAL SPECIAL STORY
ウェイド&シャックは史上最強デュオになりうるか?

ウェイド&シャックという現代最強のコンビを擁し、マイアミ・ヒートは昨季、見事リーグを制覇した。今季の彼らの目標はただひとつ。連覇を成し遂げることだけだ。若き英雄と稀代の怪物による“ワンツーパンチ”は、史上最高のスーパーデュオとして歴史に名を刻むことができるのだろうか。
文/アイラ・ウィンダーマン、訳/大井成義
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★LEBRON JAMES SPECIAL STORY
レブロン・ジェームズ/選ばれし者の挑戦

弱冠21歳にして、すでにNBA屈指の実力者に君臨するレブロン・ジェームズ。自ら刻んだ“CHOSEN・1”のタトゥーが示すように、彼が選ばれし者であることを疑うものはもはやいない。だが、課される目標は高い。MVP獲得、ファイナル制覇、五輪での金メダル奪回――。頂点を極めるためのレブロンの挑戦が今、始まる。
文/ブライアン・ウィンドホースト、訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★DETROIT PISTONS VS CLEVELAND CAVALIERS
ピストンズvsキャブズ――ヒートへの挑戦権を掴むのはどっちだ?
今季のイーストで最強と言われるヒートを追い、第二グループを形成するのがセントラルの2強だ。05年までイーストを2年連続で制したピストンズ、若き覇王レブロンの下で新帝国建設を目指すキャブズ。イースト制覇を目指し、激しくしのぎを削る2チームのうち、王者ヒートへの挑戦権を手にするのはどちらなのか?
文/ショーン・ディビニー、訳/小尾慶一
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★STEVE NASH SPECIAL INTERVIEW
スティーブ・ナッシュ・スペシャルインタビュー/優勝への自信

手ひしめくチームを操る“アリゾナの魔術師”ナッシュが、優勝への自信と今季に賭ける意気込みを語ってくれた。
インタビュー/ポール・コロ、訳/千田範子
INTERVIEW by PAUL CORO, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★PHOENIX SUNS フェニックス・サンズ/三度目の正直
アマレ・スタッダマイアーが復活するサンズは、今季の優勝候補に挙げられる存在だ。チームには2年連続MVPのナッシュを筆頭に能力の高い選手が多数顔を揃え、リーグ1ともいえるポテンシャルの高さを誇る。2年連続で敗退中のカンファレンス決勝を突破すべく、不死鳥軍団が三度目の正直を目指して走り出す!
文/ポール・コロ、訳/千田範子
TEXT by PAUL CORO, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★ALLEN IVERSON SPECIAL INTERVIEW
アレン・アイバーソン・スペシャルインタビュー/
フィラデルフィアの希望

移籍という最悪の事態を免れたアレン・アイバーソンだが、今季も76ersは有効な戦力の増強をほとんど行なわなかった。傍からは優勝の可能性はゼロに近いように見える。しかし、それでもアイバーソンは固く信じている。己の夢がいつか必ず叶うことを――。
インタビュー/マーク・ナーダッチ、訳/大井成義
INTERVIEW by MARC NARDUCCI, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★KOBE BRYANT コビー・ブライアント/飛躍の手応え

昨季のレイカーズは下馬評を覆す健闘を見せたが、それはひとえにコビー・ブライアントの存在があったからこそである。まさに、コビーあってのレイカーズ。オフに自らが右ヒザを手術したことでチームは不安視されているが、コビーはまるで心配していない。逆に、新たなチャレンジに胸を躍らせている。
文/ブラッド・ターナー、訳/小尾慶一
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★KEVIN GARNETT ケビン・ガーネット/反撃の狼煙
リーグ屈指の実力者、ケビン・ガーネットがプレーオフから姿を消して2年の月日が流れた。その間、彼絡みのニュースといえば移籍にまつわる噂話ばかり。このオフも明るい話題はほとんどなかった。しかし、今季のKGの表情は明るい。狼軍団の首領は新チームに確かな手応えを感じている。
文/スティーブ・アシュバーナー、訳/吉藤宗弘
TEXT by STEVE ASCHBURNER, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★DWIGHT HOWARD SPECIAL INTERVIEW
ドワイト・ハワード・スペシャルインタビュー/オーランドの番人

若き天才はレブロンだけじゃない。フロントコートの選手には経験が必要と言われるが、ドワイト・ハワードは高校から直接NBA入りしてわずか2年、弱冠20歳にして、リバウンド部門で2位に食い込む驚くべき躍進を見せた。オフに行なわれた世界選手権にも、アメリカ代表中最年少で出場。オーランドの若き天才リバウンダーが、今季の抱負を語る。
インタビュー/ブライアン・シュミッツ、訳/千田範子
INTERVIEW by BRIAN SCHMITZ, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★WORLD CLASS 世界の4大スターの今季を占う!

スペインの優勝で幕を閉じたFIBA世界選手権を経て、いよいよ10月下旬からNBAの新シーズンが開幕する。注目すべきは、世界選手権でしのぎを削った4人のスーパースターの今季の戦いぶりだ。オフ返上で代表チームに身を捧げた彼らの2006-07シーズンを展望する!

◆カーメロ・アンソニー/デンバー・ナゲッツ
文/北館洋一郎
◆ダーク・ノウィツキー/ダラス・マーベリックス
文/小尾慶一
◆エマニュエル・ジノビリ/サンアントニオ・スパーズ
文/永塚和志
◆ポウ・ガソル/メンフィス・グリズリーズ
文/三尾圭

★RON ARTEST SPECIAL INTERVIEW
ロン・アーテスト・スペシャルインタビュー/Dの遺伝子
かつての主力が去り、弱体化が叫ばれるキングスだが、侮ってはいけない。ディフェンスに命を燃やす男、ロン・アーテストがいるからだ。一昨季の不祥事以来、まともにプレーしていないが、本気モードになったこの男の恐ろしさは、NBA選手なら誰もが知っている。
文/ジョー・デビッドソン、訳/大井成義
TEXT by JOE DAVIDSON, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★BEN WALLACE / Close up Newcomers
ベン・ウォーレス/ビッグベンの野望
今オフ最大の移籍劇はベン・ウォーレスのブルズ加入だった。デトロイトの魂とまで言われた男はなぜ、ブルズ行きを決意したのか? そこには、ディフェンスにプライドを賭けた男の譲れぬ意地の問題があった。その他、今季注目の移籍選手の情報も合わせて紹介する。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★ADAM MORRISON
アダム・モリソン/“バード2世”の真の実力
モリソンは、80年代にMVPを3度受賞した伝説のプレーヤー、ラリー・バードの後継者と呼ばれる逸材だ。久方ぶりに登場したアメリカ出身の白人スーパースター候補生は、今季NBAに旋風を巻き起こすことができるのだろうか?
文/ローランド・レイゼンビー、訳/吉藤宗弘
TEXT by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★Hopeful Stocks ブレイク寸前! 注目若手有望株
今季のカギを握る注目選手特集の締めは、若手の有望株たち。現段階では話題の中心とは言い難い存在だが、彼らは今季の勢力図を左右しかねない才能を秘めている。予想だにしないような大躍進を遂げ、これまでにご紹介した15人の精鋭たちを食う可能性もある。飛躍を誓うスター候補生たちを一挙にご紹介しよう。

★TEAM FORECAST by RANKING
今季のチーム力をランキング形式で徹底分析!

2006-07シーズンの開幕を間近に控えたこの時期、今季はどのチームが強いのか気になるところだ。今回はちょっと視点を変え、チーム力を項目別にランキング評価。攻撃・守備力はもとより、バックコートとフロントコートの戦力充実度やオフの補強具合までを順位付け。楽しくランキングを見るだけで、チーム力が丸わかりだ!

◆OFFENSIVE RANKING――チームオフェンスランキング
◆DEFENSIVE RANKING――チームディフェンスランキング
◆OFF-SEASON RANKING――オフシーズン補強ランキング
◆BACKCOURT RANKING――バックコートランキング
◆FRONTCOURT RANKING――フロントコートランキング
◆POWER RANKING――東西別最新戦力ランキング
文/澤田敏典(イースタン)、中島はるの(ウエスタン)
◆NBA ALL ABOUT RANKING――NBAおもしろランキング

★YUTA TABUSE 田臥勇太――希望を胸に
7月にサマーリーグに参加して以降、田臥勇太に“春”が訪れない。昨季はサマーリーグ不出場ながらクリッパーズのキャンプに参加。公式戦のロースター入り目前まで到達した。だが、今季はキャンプ参加はなく、10月17日現在、NBAチームとの契約は発表されていない。今季田臥はどこでプレーするのか?
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★BIGポスター
◆コビー・ブライアント
◆ドゥエイン・ウェイド

★DS PRESENT @ December
限定シューズから珍しい小物まで大放出!(インターネットでも応募可能!)
★PRESEASON REPORT
全30チームプレシーズンレポート
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/ポール・ピアース&アントワン・ウォーカー

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
ウェイドが新モデル用CMでスパイク・リーと共演!
★Sam's Chat Shaw Returns
帰ってきたサム・キャセールおしゃべり劇場
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★Basic of NBA
NBA基礎講座&用語集
★ON AIR SCHEDULE
TV放送スケジュール
★NBA QUIZ SHOW
クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/ポウ・ガソル――スペインの至宝
★SCOOP SHOT
欧州進出を目論むNBAに立ちはだかる様々な障害
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/KGの師匠に直撃!
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦のエア放談
★all court press2
読者のページ
★2006-07 SEASON NBA COMPLETE GUIDE
 NBA30チーム完全ガイド&選手名鑑
NBAファン必携の一冊『NBAコンプリートガイド』の2006-07シーズン版が
ついに発売! NBA全30チームの基本データ、戦力分析、所属選手の顔写真&
プロフィール付き紹介など、シーズンを迎えるにあたり、絶対に知っておきたい
情報を余すところなく網羅した。得意なシュートゾーン、実力指数など、選手の
能力を分析した、『ダンクシュート』ならではの貴重なデータも満載だ! さら
に両面超ビッグポスターも付録!

<EASTERN CONFERENCE イースタン・カンファレンス>
★ATLANTIC DIVISION アトランティック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ニュージャージー・ネッツ
◆フィラデルフィア・76ers
◆ボストン・セルティックス
◆トロント・ラプターズ
◆ニューヨーク・ニックス
★CENTRAL DIVISION セントラル・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆デトロイト・ピストンズ
◆クリーブランド・キャバリアーズ
◆インディアナ・ペイサーズ
◆シカゴ・ブルズ
◆ミルウォーキー・バックス
★SOUTHEAST DIVISION サウスイースト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆マイアミ・ヒート
◆ワシントン・ウィザーズ
◆オーランド・マジック
◆シャーロット・ボブキャッツ
◆アトランタ・ホークス

--------------------------------------------------------------------------------

<WESTERN CONFERENCE ウエスタン・カンファレンス>
★SOUTHWEST DIVISION サウスウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆サンアントニオ・スパーズ
◆ダラス・マーベリックス
◆メンフィス・グリズリーズ
◆ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ
◆ヒューストン・ロケッツ
★NORTHWEST DIVISION ノースウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆デンバー・ナゲッツ
◆ユタ・ジャズ
◆シアトル・スーパーソニックス
◆ミネソタ・ティンバーウルブズ
◆ポートランド・トレイルブレイザーズ
★PACIFIC DIVISION パシフィック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆フェニックス・サンズ
◆ロサンゼルス・クリッパーズ
◆ロサンゼルス・レイカーズ
◆サクラメント・キングス
◆ゴールデンステイト・ウォリアーズ

--------------------------------------------------------------------------------

<その他>
★BIG POSTER 特別付録・両面ビッグポスター
◆ライジングスターズ/レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、カーメロ・アンソニー、アマレ・スタッダマイアー、ドワイト・ハワード

◆マスター・オブ・ザ・ゲーム/コビー・ブライアント、アレン・アイバーソン、ティム・ダンカン、スティーブ・ナッシュ、ケビン・ガーネット、シャキール・オニール
★NBA SUPERSTAR PHOTO GALLERY NBAスーパースター写真集
★Off-Season SHUFFLE オフの主な移籍情報を総ざらい!
★Viva Espana! 2006年FIBAバスケットボール世界選手権はスペインが初優勝!!
★NBA Viewpoints 10 06-07シーズン NBA10のチェックポイント
★Who’ll win Honor? 06-07シーズン個人タイトル&アウォード予想
★06-07 SEASON PICK UP NEW MODELS 人気選手の今季着用モデルが一目で丸分かり
★2005-06 Season & All-Time NBA Records 2005-06シーズン&オールタイムNBA記録集
★Basic Lectures of NBA NBA初心者講座
★NBA SUPER INDEX 選手名索引
★NBA DICTIONARY NBA専門用語集
785円
★Kobe in Japan
コビー・ブライアント来日記念インタビュー&日本滞在記
緊急来日を果たしたコビー・ブライアントの独占インタビューをお届け! 二大特集として、2006-07シーズンの注目ポイントをAからZまでの26のキーワードでわかりやすく綴るA to Z、そしてスペインの初優勝で幕を閉じた熱戦の世界選手権プレーバックをお送りする!! さらには、シャキール・オニール、トレイシー・マッグレディ、チャンシー・ビラップスら気になる選手のインタビューも盛りだくさん。世界選手権特別仕様の両面ビッグポスターに加え、最新バスケットボールカタログもついている!!

【別冊付録】
★2006 Basketball Goods Catalog 特選バスケットボールグッズ・カタログ
最新モデルのシューズから、革新的なテクノロジーを生かしたボール、アパレル、サプリメントまで、各メーカー選りすぐりのバスケットボールグッズを集めたカタログが登場。最後には各メーカー一押しの豪華プレゼントも付いているので、見逃せないぞ!

◆バスケットボールシューズ発展の歴史
◆アシックス
◆AND1
◆ナイキ
◆スポルディング
◆リバウンド
◆MUSASHI
◆読者プレゼント

★KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW
コビー・ブライアント・スペシャルインタビュー/最高を目指して

右ヒザの手術で世界選手権参加は叶わなかったが、日本のファンのため、急遽コビー・ブライアントが来日。実に8年ぶりに日本の土を踏んだ。滞在わずか2日弱というだけに、コビーは分刻みのスケジュールで多忙さを極めたが、『ダンクシュート』は、運良く独占インタビューに成功。アメリカ代表の敗因、レイカーズの未来などを直撃した。
インタビュー/北舘洋一郎、写真/浜崎泰弘
INTERVIEW by YOICHIRO KITADATE, PHOTOS by YASUHIRO HAMASAKI

★SHAQUILLE O'NEAL SPECIAL INTERVIEW
シャキール・オニール・スペシャルインタビュー/最後の正統派

移籍2年目にして、マイアミ・ヒートを頂点に導いたシャキール・オニール。マイアミにやってきた初日に宣言した"優勝"をわずかな期間で成し遂げ、新たなシャック伝説の幕開けとなった。『ダンクシュート』は公約を果たし、ホッと一息をついている最後のリアルセンターに、直撃インタビューを敢行。久方ぶりに、シャック節が炸裂する!
インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、訳/大井成義
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★06-07シーズンの注目ポイントA to Z


NBAの2006-2007シーズン開幕まで残り約1か月。10月3日からは各チームのトレーニングキャンプが始まり、開幕のムードは日に日に高まっていく。果たして来季はどんな戦いが見られるのだろうか。話題の中心となる選手は誰? 躍進を遂げるチームはどこ? 誰もが気になる来季の注目ポイントを、A~Zの26のキーワードと共に一挙に解明する!

◆Ace Ranking
エース注目度ランキング
◆Back to Back
マイアミ・ヒート/連覇の可能性
◆Central Division
最強地区セントラルを制するのはどこだ!?
◆Defence
現代NBAの鍵を握るディフェンス職人リスト
◆Expensive
もらいすぎプレーヤーは誰だ
◆Free Throw
フリースローうまい選手、下手な選手
◆Generation
黄金の2003年ドラフト組がNBAの覇権を握る!!
◆Hobby
NBA選手のビックリ趣味
◆International
世界バスケの勢いがNBAを襲う!
◆Jinx
NBAおもしろジンクスあれこれ
◆Key Number
来季のカギを握る数字はこれだ!!
◆Little
小兵プレーヤー特集
◆MVP Prediction
MVP争いの行方を専門家に直撃!
◆Newcomers
06-07シーズン注目新人チェック!!
◆Odds
オッズから読み解く来季優勝チーム
◆Point Guard
見逃せない若手司令塔
◆Quadruple-Double
キリレンコは究極の記録を達成できるのか?
◆Revenge
復活を期す男たち
◆Slam Dunker
超絶スラムダンカーガイド
◆Texas Triangle
NBA最強ステイト テキサスの決闘
◆Underrated player
過小評価選手ランキング
◆Versatility
最高のオールラウンダーは誰だ!
◆Wild
コートを駆けるワイルドな奴ら
◆X-Factor
勝利を呼び込む6thマンたち
◆Young Team
注目度満点の若手チーム
◆Zen Master
魔術師フィル・ジャクソンに秘策はあるのか?

★TRACY McGRADY SPECIAL INTERVIEW / Play Again
トレイシー・マッグレディ・スペシャルインタビュー/復活の時

トレイシー・マッグレディにとって、昨季は故障に苦しめられる散々なシーズンだった。だが、オフの間に体調を整え、ようやくその表情に笑顔が戻ってきた。加えて、アジアツアー成功という充実の夏を過ごし、ロケッツの的確な補強にも手応えを感じている。T-MAC完全復活の時は近い。
インタビュー/ローランド・レイゼンビー、訳/千田範子
INTERVIEW by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★CHAUNCEY BILLUPS INTERVIEW / AIMING AT THE TARGET
チャンシー・ビラップス・インタビュー/虎視眈々

初のオールスター選出に加え、チームは球団史上最多勝利を記録し、リーグ随一の司令塔の座を手にした昨季のビラップス。だが、プレーオフではヒートの前に屈し、オフには守護神、ベンがチームを去った。来季のピストンズの成功を危ぶむ声もある中でビラップスは新たな目標を見据えていた。
インタビュー/テリー・フォスター、訳/大井成義
INTERVIEW by TERRY FOSTER, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★LAST PUSH オフシーズン最後の駆け込み契約情報
10月3日にスタートするトレーニングキャンプを目前に控え、各チームの補強も最後の追い込み段階に入った。来季の陣容がほぼ固まってくる大事なこの時期に決まった契約情報を詳しく見ていこう。

★THE WORLD WAR 2006 世界選手権プレーバック

日本で初めてワールドクラスのバスケットボール選手が集って行なわれた世界選手権は、スペインの初優勝で幕を閉じた。NBA軍団を結集して挑みながら、またしても散ったアメリカの敗因&全選手評価をはじめ、本誌独自選定の大会ベスト5発表、予選から決勝までのゲームレポートなど、盛りだくさんの内容で2006年の世界選手権をプレーバックする。

◆The Collapse of Kingdom
アメリカはなぜ敗れたのか?
◆Rating the USA
チームUSA全選手採点
◆The World Best
世界のベストプレーヤーたち
◆Top of the World
世界選手権を彩った世界の三強
◆Carmelo Anthony
カーメロ・アンソニー/称賛と失意の夏
◆DIRK NOWITZKI
ダーク・ノウィツキー・インタビュー/「優勝への準備は整った」
◆Game Report
予選ラウンド~決勝戦レポート

★Kobe in Japan
祝来日! コビー来日イベント密着レポート
世界選手権終了翌日の9月4日、コビー・ブライアントが東京に出没! 契約するナイキのプロモーションツアー"Kobe 81 Asia Tour Summer 2006"のため、コビーが急遽日本へやってきた。長旅とむし暑い天候にもかかわらず疲労した様子は微塵もなし。集まった多くのファンとの交流を大いに満喫した。

★BIGポスター
◆2006チームUSA
◆ポウ・ガソル&スペイン

★DS PRESENT @ November
熱戦の世界バスケグッズからAIものまで!(インターネットでも応募可能!)
★FIBA WORLD CHAMPIONSHIP 2006 / ALL RECORDS & TEAM USA BOX SCORE
2006年FIBAバスケットボール世界選手権全記録&チームUSAボックススコア
★End of Journey
日本代表レポート/ジェリコ・ジャパン悪夢の一日
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/ジェイソン・キッド&ケニョン・マーティン

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
ボッシュ、ジェイミソンが世界戦ダンスチームの虜に!
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★2006オフシーズン版FA用語辞典
★FREE AGENT LIST 2006
フリーエージェント全選手リスト2006
★NBA QUIZ SHOW
クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/アロンゾ・モーニング――心優しき闘将
★SCOOP SHOT
再びネルソンの手腕に賭けたウォリアーズ
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/ベン&アーテスト――豪傑たちのリアルライフ
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦のエア放談
★all court press2
読者のページ
785円
★USA PRIDE
バスケットボール世界選手権大特
ついに始まった世界選手権を徹底特集。大会速報に加え、世界のスーパースターを一堂に集めた特別付録、ワールドスーパースター列伝もついてくる! 来季のNBAで旋風を巻き起こしそうな台風の目も緊急特集。大型補強で勢力を増したブルズやホーネッツ、覇権争いが激化しそうなLAダービーなど嵐の予兆が目白押しだ。さらにオフの特別企画として、絶滅の危機に瀕するフランチャイズビルダー、チームを支えるGMやHCについても考察する。世界選手権特別仕様の両面ビッグポスターもついている!!

【別冊付録】
★WORLD SUPER STARS 32 ワールドスーパースター列伝
バスケットボールの世界一を決める世界選手権のため、世界のスターが我が日本に集結した。そこで、今、世界のバスケットボール界で活躍中のスーパースターを一挙に大特集! アメリカ代表はもちろん、各国代表のスター、これからNBAに来そうな若手スターなど、32人の精鋭をフィーチャーしたスペシャルブックをお届けする!

◆レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、ダーク・ノウィツキー、トニー・パーカー、カーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワード、ポウ・ガソル、ヤオ・ミン、アンドリュー・ボーガット、エマニュエル・ジノビリ、エルトン・ブランド、アンドレス・ノシオニ、カルロス・アローヨ、ボリス・ディーオウ、アンダーソン・ヴァレジャオ、クリス・ボッシュ、クリス・ポール、リアンドロ・バルボウサ、ダーコ・ミラチッチ
◆世界の隠れたスターたち
◆チームUSAスーパープレゼント

★THE WORLD POWER GAME
FIBAバスケットボール世界選手権大特集

8月19日、我が日本でついにバスケットボール世界選手権が開幕! 世界一の座を目指し、強豪24か国がしのぎを削った予選ラウンド序盤戦の模様を速報形式でお届けしよう。優勝候補アメリカ代表が日本上陸を果たすまでを追ったレポートなど、NBA軍団の特集も併せてお送りする。

◆チームUSAゲーム速報(アメリカ×プエルトリコ、アメリカ×中国)
◆チームUSA選手名鑑
◆チームUSAキャンプレポート
◆予選ラウンド注目カード速報(フランス×アルゼンチン、ドイツ×日本、ブラジル×オーストラリア、スペイン×ニュージーランド、ギリシア×リトアニア、フランス×セルビア・モンテネグロ、スロベニア×イタリア)
◆<非公式>来日選手出没マップ

★European Connection
NBAに次ぐ最強リーグ 欧州バスケのすべて
今回、日本で行なわれた世界選手権で来日した各国の代表選手は、誰もが自国トップクラスの実力の持ち主たち。そんな彼らの多くが所属するのが欧州のクラブだ。今や欧州出身の選手だけでなく、南米の選手たちの目標にもなった欧州バスケット。その秘密に迫る。
文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA

★FRANCHISE BUILDERS
フランチャイズビルダー絶滅の危機!?

“フランチャイズビルダー”。神と呼ばれ銅像まで立った神マイケル・ジョーダンのように、入団したチームで一時代を築いていく選手の意だ。だがこの言葉も近年は有名無実化している。絶滅の危機に瀕するフランチャイズビルダーの今を探る。

◆Dying Breed/消えゆく生え抜きエースたち
文/大井成義
TEXT by SHIGEYOSHI OHI


◆PRESENT Franchise Builders/現代のフランチャイズビルダーたち

◆GONE Franchise Builders/チームを去ったフランチャイズビルダーたち

◆PAST Franchise Builders/過去のフランチャイズビルダーたち
文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO


◆FUTURE Franchise Builders/未来のフランチャイズビルダーたち

★Allen Iverson / No Answer
アレン・アイバーソン/迷えるジ・アンサー

このオフ、夏の恒例行事“アレン・アイバーソンの移籍話”が例年以上の盛り上がりを見せた。ビリー・キングGMの終結宣言により、騒ぎは一旦収束したかに見えるが、アイバーソン自身の気持ちはどうなのか? 表面上は残留希望を口にしているものの、彼もすでに31歳。残された時間を考えれば、どんな決断を下しても不思議はない。迷えるジ・アンサーの本音を探る。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆クリス・ポール(ホーネッツ)
◆カーク・ハインリック(ブルズ)
◆ブラッド・ミラー(キングス)
◆エルトン・ブランド(クリッパーズ)
インタビュー&翻訳/三尾圭、小尾慶一
INTERVIEW by KIYOSHI MIO, KEIICHI OBI

★HOT MOVE 夏の移籍市場最前線!
オフの補強も中盤戦を迎え、移籍市場はますますヒートアップしてきた! 今からチェックしておかないと、シーズンが始まった時にわからなくなってしまいそうだ。激しい動きを見せるFA&トレード市場の最新リポートをお届けする!!

★ATTENTION!! 06-07シーズンを揺るがす台風の目

大型補強で意気上がるブルズとホーネッツ、LAの宿敵同士となったレイカーズとクリッパーズ、ジョーダンが共同オーナーに就任したボブキャッツ。この注目5球団に加え、躍進必至の若手デュオをまとめて特集。NBAの“台風の目”を注視せよ!

★CHICAGO BULLS / BULLFIGHTING
シカゴ・ブルズ/飛躍を誓う闘牛軍団

ピストンズから守護神ベン・ウォーレスを引き抜き、ホーネッツとのトレードでPJ・ブラウンを獲得。才能溢れる若手に強力なベテランが加わり、ブルズは揺るぎないディフェンス力を手に入れた。新生闘牛軍団が強豪の仲間入りを果たす時は、すぐそこまで来ている。


文/ショーン・ディビニー、翻訳/阿部寛子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by HIROKO ABE

★CLIPPERS VS LAKERS / L.A. SHOWDOWN
クリッパーズ対レイカーズ/
“ホールウェイ・シリーズ”は実現するか?

レイカーズとクリッパーズ。同一都市を本拠地としながら“LAの光と影”と言われるほど人気、実力ともに差のあった両チーム。しかし、昨季のクリッパーズの躍進で両者の立場が今、変わり始めている。来季、LAのファンの心を掴むのは? そして、昨季は幻に終わった「ホールウェイ・シリーズ」は実現するのだろうか?
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★NEW ORLEANS/OKLAHOMA CITY HORNETS / THE RAY OF HOPE
ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ/復活への光
チーム史上最低の18勝とハリケーン被災。2005年のホーネッツとニューオリンズの街は絶望のどん底にあった。だが、昨季は逆境に立たされながらも超新星のクリス・ポールを中心に奮起。温かいファンにも後押しされ、前年の倍以上も勝ち星を増やした。ホームタウンの復興が着々と進む中、ホーネッツにも来季への希望が見え始めている。
文/小尾慶一
TEXT by KEIICHI OBI

★MICHAEL JORDAN & CHARLOTTE BOBCATS / GOD RETURNS
マイケル・ジョーダン&シャーロット・ボブキャッツ/再起
伝説のスーパースター、マイケル・ジョーダンがボブキャッツの共同オーナーに就任し、躍進の機運が高まっている。球団経営はウィザーズ時代以来自身2度目の挑戦で、ジョーダンにとっては約3年ぶりの表舞台への復帰となる。バスケの神を後ろ盾とした山猫軍団が、創設3シーズン目の大躍進を狙う!
文/ローランド・レイゼンビー、翻訳/千田範子
TEXT by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★Exciting TWO 若手注目デュオが大集合!!
優勝を狙う強豪チームの動向も気になるが、プレーオフを目指す若いチームの動きも見逃せない。リビルディング中のチームには伸び盛りの若手がたくさんいる。そんなブレイク間近の注目のヤングデュオたちを紹介していこう!

★STEPHON MARBURY SPECIAL INTEVIEW
ステフォン・マーブリー スペシャルインタビュー
「ニックスはアイザイアの決める方向に進んでいく」
ステフォン・マーブリーにとって、念願だった生まれ故郷のニューヨークでのプレーは、決して楽しいものではなかった。移籍してからの3シーズンでプレーオフは1回だけ。昨季はHCのラリー・ブラウンと衝突した。だが、風向きは変わった。信奉するアイザイア・トーマスがHCに就任し、マーブリーはニックスの復活を確信している。
インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、翻訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★GM Makes Good Team
オフの特別自由研究:GM大考察~強いチームはGMから生まれる~
強いチームには必ず優れたGMがいる。選手を選び、チームを作るGMの良し悪しは、時に選手よりも重要な存在となりうる。一つ目線を上げて、チームを操るGMとは何か研究してみよう。
文/ショーン・ディビニー、翻訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★AVERY JOHNSON SPECIAL INTERVIEW / LITTLE GENERAL
エイブリー・ジョンソン スペシャルインタビュー/小さな大将軍

HC通算成績は96勝40敗。就任2年目でマブズを初のNBAファイナルへと導いたエイブリー・ジョンソンは、リーグで最も優秀な指揮官の一人だ。綿密な戦略を練りながらも、時として大胆な決断をも恐れない若き名将に、指導者としての本音を直撃した。
文/アート・ガルシア、翻訳/吉藤宗弘
TEXT by ART GARCIA, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★よくわかる! HC分類図
普段はあまりスポットが当たることもないヘッドコーチ。顔とか名前は知っているけど、どんな性格でどういう方針で選手に接する人なの? と言われるとちょっとわからない謎の人たちでもある。そんなヘッドコーチたちの横顔も、この分類図を見れば一目瞭然だ!

★BIGポスター
◆チームUSA(レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、カーメロ・アンソニー)
◆世界のスター(ダーク・ノウィツキー、ポウ・ガソル、エマニュエル・ジノビリ他)

★DS PRESENT @ October
祝世界バスケ開幕! 夏物グッズも大放出!!(インターネットでも応募可能!)
★2006-07 SEASON SCHEDULE
来季全試合スケジュール&注目ゲームピックアップ
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/ジェリー・ウエスト&エルジン・ベイラー
★Gold Cup Report
車椅子バスケット日本代表がアムステルダムで奮戦!
文/小川由紀子

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
アメリカ代表の座獲得に向けカーメロが完全本気モードに!!
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★2006オフシーズン版FA用語辞典
★FREE AGENT LIST 2006
フリーエージェント全選手リスト2006
★NBA QUIZ SHOW
クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/トニー・パーカー――飽くなき向上心
★SCOOP SHOT
名将パット・ライリーは連覇を目指して戻ってくる
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/コビー&レブロン――二大スターの熱い夏
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦のエア放談
★all court press2
読者のページ
838円
★Get Gold!!
世界選手権2006 アメリカ代表徹底特集
来る世界選手権2006で金メダルを奪還できるかどうかに注目が集まるアメリカ代表チームを徹底特集。初優勝を遂げたマイアミ・ヒートの栄光の軌跡も改めて振り返る。ベン・ウォーレス移籍でにわかに騒がしくなった今オフの移籍事情や、全30チームの夏の強化ポイントも詳しく分析。インタビューには、ドゥエイン・ウェイドとアマレ・スタッダマイアーが登場。ドラフト指名された今年の新人たちも一挙に紹介する。全68ページの壮大付録、世界選手権スーパーガイドもついている!!

【別冊付録】
★2006 FIBA WORLD CHAMPIONSHIP SUPER GUIDE
2006年FIBAバスケットボール世界選手権 選手名鑑&ガイド
いよいよ8月19日に迫ったFIBAバスケットボール世界選手権。新生ドリームチームで挑むアメリカ代表はもとより、出場全24か国の代表チームメンバーを網羅した「世界選手権ガイドブック」が登場! これ一冊あれば、世界バスケが10倍楽しめること間違いなしだ!!

◆組分け&大会スケジュール
◆予選ラウンド&決勝ラウンド展望
◆出場24か国選手名鑑&ガイド
◆注目選手インタビュー(ネイナド・クリスティッチ/アンドレス・ノシオニ/ダーク・ノウィツキー/ポウ・ガソル/リアンドロ・バルボウサ/アンドリュー・ボーガット/プリモ・ブレゼッチ/ボスジャン・ナックバー)
◆世界選手権全大会結果

★2006 FIBA World Championship / REGAIN
世界選手権2006アメリカ代表徹底特集/金メダル奪還への道

8月19日から日本で開催される世界選手権に向け、アメリカ代表チームがいよいよ本格始動する。代表候補にはレブロン、ウェイド、カーメロらそうそうたるメンツが名を連ねる。彼らの目標はただ一つ、「金メダル奪還」だ。世界中が注目する新生ドリームチームを徹底特集する!

◆Ready For War/新生ドリームチーム、ついに始動!
文/ローランド・レイゼンビー、訳/吉藤宗弘
TEXT by ROLANDO LAZENBY, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆Dream Roster/
 世界選手権出場メンバー予想&タイプ別先発パターン分析

◆SCOTTIE PIPPEN SPECIAL INTERVIEW / WORLD IMPACT
スコッティ・ピッペン スペシャルインタビュー/
伝説の初代ドリームチーマー、ピッペンがチームUSAを語る
「彼らは世界に衝撃を与える」
インタビュー/ローランド・レイゼンビー、訳/吉藤宗弘
INTERVIEW by ROLANDO LAZENBY, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆History of Dream Team/歴代ドリームチーム大研究

◆Did You Know?/知ってトクするドリームチーム豆知識
文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆Team USA Stats Ranking/ドリーム戦士個人記録集

★DWYANE WADE SPECIAL INTERVIEW
ドゥエイン・ウェイド スペシャルインタビュー/
マイアミの救世主

2003年6月、ヒートはドゥエイン・ウェイドを5位指名した。その時点で、この男の将来を正しく予見できた者は皆無だっただろう。だが、先のファイナルでのマイケル・ジョーダンを彷彿とさせるあの活躍。今や彼らは思い返しているはずだ。3年前のドラフト。あれは、マイアミに救世主が舞い降りた瞬間だったと。
インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、訳/大井成義
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★2006 NBA CHAMPION MIAMI HEAT SPECIAL STORY/First Crown
マイアミ・ヒート/栄冠への軌跡

4勝2敗でマーベリックスを下し、ヒートが2006年のNBAチャンピオンに輝いた。球団創設から18シーズン。待ちに待った初の栄冠を勝ち取り、マイアミの地は歓喜に包まれた。ウェイドの入団からは3年、シャックの移籍加入からはわずか2年と、短期間でチーム力を高めたヒート。初優勝達成までの栄光の軌跡を振り返る。
文/アイラ・ウィンダーマン、訳/永塚和志、写真/田口有史
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by KAZ NAGATSUKA, PHOTOS by YUKIHITO TAGUCHI

★NBA FINALS 2006 DEEP ANALYSIS / Turning Point
NBAファイナル2006・勝負を分けた5つのポイント
マブズ2連勝でNBAファイナルが始まった時、ほとんどの人は「優勝はマブズ」と口を揃えた。しかし、ヒートはウェイドの怒涛のプレーに導かれ、第3戦以降4連勝と華麗な逆転優勝を遂げた。ヒートが崖っぷちから這い上がることができた要因は何だったのか? 今ファイナルの勝負を分けた5つのポイントについて考察する。
文/北舘洋一郎、写真/田口有史
TEXT by YOICHIRO KITADATE, PHOTOS by YUKIHITO TAGUCHI

★Let's Make A Deal! FA&トレード最新速報!!
ベン・ウォーレス、ペジャ・ストヤコビッチといったオールスタークラスの選手も移籍が決定。大物がいないと言われる今年のオフの移籍市場だが、小粒でもピリリと辛い見逃せない動きが満載だ!

★2006 SUMMER Power Ranking
NBA全30チーム最新戦力ランキング
ベン・ウォーレスのブルズ移籍を皮切りに、予想外の戦力異動が相次いだ。これにより、NBAの戦力バランスに異変が起こった。最新パワーランキングで、現在のリーグの勢力図をチェックする。

★No-Mo 'Fro デトロイトからハート&ソウルが去った日

7月4日、アメリカ独立記念日。街の至るところで花火が打ち上げられ、アメリカ全土が祝賀ムード一色に染まるこの日、一人の男が一つの決断を下した。ベン・ウォーレス。王者ピストンズのハート&ソウルだった男、労働者の街デトロイトの象徴であったその男は、今静かに街を後にした。
文/テリー・フォスター、訳/千田範子
TEXT by TERRY FOSTER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★SUMMER PLAN
弱点発見!! 全30チーム現状分析&この夏の強化ポイント

大いに盛り上がったファイナルはヒートの初優勝で終幕。2005-06シーズンは終わりを告げ、リーグはシーズンオフを迎えた。しかし、束の間の休息となるこの時期も、各チームは理想のチームを作り上げるべく東奔西走を続けている。来シーズンを実りあるものにできるか否かは、このオフの補強次第だ。全30チームの現状と、今オフの強化ポイントを徹底分析しよう。

<イースタン・カンファレンス>
◆アトランティック・ディビジョン
◆セントラル・ディビジョン
◆サウスイースト・ディビジョン
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


<ウエスタン・カンファレンス>
◆サウスウエスト・ディビジョン
◆ノースウエスト・ディビジョン
◆パシフィック・ディビジョン
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★NBA STAR BIOGRAPHY / BIG BEN
NBAスター物語/ベン・ウォーレス

大物FAとして動向が注目されていたピストンズの守護神ベン・ウォーレスがブルズ移籍を決めた。だが、ベンがデトロイトで築き上げた栄光は決して色褪せない。ドラフト外でプロ入りし、タフなディフェンスだけを頼りに成功を収めた苦労人の姿は、街を象徴する選手として人々の心に刻まれているからだ。ピストンズに一時代を築いたビッグベン。その半生を振り返る。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★AMARE STOUDEMIRE SPECIAL INTEVIEW
アマレ・スタッダマイアー スペシャルインタビュー/
完全復活への確信

2年連続でカンファレンス決勝に駒を進めながら、またしてもNBAファイナル進出に失敗したフェニックス・サンズ。彼らにとって痛かったのは、アマレ・スタッダマイアーを故障で欠いたことだった。アマレ自身も、自分が無事なら結果は違っていたと固く信じている。この悔しさを晴らすため、オフを返上して復帰メニューをこなすサンズのエースが、来季の完全復活に向けた意気込みを語った。
インタビュー/クレイグ・モーガン、訳/小尾慶一
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★FRESH POWER
大混戦のドラフト1位指名争いは2年連続で外国人プレーヤーに!

高校生のエントリーが禁止されて初めて迎えた今年のNBAドラフトは、本命不在のダンゴレースの様相を呈した。そんな中、栄光のNo.1ピックに輝いたのは、ダーク・ノウィツキー二世と評価されるイタリア人フォワードだった。
文&写真/澤田敏典
TEXT & PHOTOS by TOSHINORI SAWADA

★DS PRESENT@September
激戦に燃えたファイナルグッズを徹底特集!(インターネットでも応募可能!)
★NBA FINALS 2006 BOX SCORE
NBAファイナル2006全試合個人成績
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/ヴィンス・カーター&トレイシー・マッグレディ
★Summer Challenge 2006
田臥勇太 2年ぶりにサマーリーグに参戦!!
文&写真/三尾圭
★SHAWN KEMP SPECIAL INTERVIEW
ショーン・ケンプ スペシャルインタビュー/還ってきた野生児
インタビュー/マーク・スピアーズ、訳/大井成義

★REGULARS
★NBA MU-IMIDAS
選手が雲隠れして捕まらない!? オフのムイミダス取材悲話
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★2006オフシーズン版
FA用語辞典
★FREE AGENT LIST 2006
フリーエージェント全選手リスト2006
★NBA QUIZ SHOW
クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/スティーブ・フランシス――眠れる天才
★SCOOP SHOT
的確な判断でレディックを手に入れたマジック
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/NBAファイナル&ドラフト・レビュー
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦のエア放談
★all court press2
読者のページ
785円
★NBA FINALS 2006
NBAファイナル2006徹底特集
ヒートとマブズの初出場同士の対決となったNBAファイナル2006を現地から徹底特集。ゲームレポートから舞台裏までファイナルの模様をどこよりも詳しくお伝えする。プレーオフでの様々なドラマ(ピストンズ、ナッシュ&ノウィツキー、マブズ×スパーズ、クリッパーズ)や、大爆発したレブロン・ジェームズの活躍も改めて振り返る。また、早くも来季に向けて動き始めた注目各チームに強豪チームの作り方を独自に提案。NBAドラフト完全読本の別冊付録に、両面ビッグポスターもついている!

【別冊付録】
★NBA DRAFT BOOKドラフト完全読本
毎年新しいスターが誕生するNBAドラフト。幾多の伝説を生んだドラフトの歴史を紐解きつつ、「もしもあの時こうなっていたら……」という大胆な仮説も展開する。ドラフトの楽しさが凝縮されたNBAファン必見の一冊だ!

◆NBAドラフト全史
◆ドラフトやり直し企画
◆ドラフト仮想ストーリー
◆ドラフト豊作年ランキング
◆ドラフト裏話

★NBA FINALS 2006 NBAファイナル2006徹底特集

実に35年ぶりに初出場同士の対決となった今年のNBAファイナル。シリーズを制するのはチーム史上最高勝率をマークし、数々の難敵を打ち破ってきたマブズか、それともプレーオフに入って徐々に調子を上げ、エンジン全開でファイナルを迎えたヒートか。興奮冷めやらぬ現地の熱気そのままに、長いNBAの歴史に残る名勝負の模様を徹底的にレポートする!

◆ドゥエイン・ウェイド・ファイナル日記
◆シャック語録 in ファイナル
◆ダーク・ノウィツキー・ストーリー
◆GAME REPORT(第1~5戦)
◆ファイナル舞台裏ニュース
◆フランチャイズバトル
◆ロースター&コメント集

文/北舘洋一郎、三尾圭、松崎幸夫 写真/田口有史
TEXT by YOICHIRO KITADATE, KIYOSHI MIO, YUKIO MATSUZAKI
PHOTOS by YUKIHITO TAGUCHI

★The LOSER in THE FINALS
NBAファイナル 悲劇のスーパースター列伝

王者を決める最終決戦NBAファイナルは、選手なら誰もが出場してみたい憧れのステージ。だが、そこは勝者と敗者を鮮明に色分けする非情な舞台でもある。NBAファイナルで敗れ去り、いまだ勝利の美酒を味わうことのできない現役スターと、無念の想いを胸にNBAを去ったレジェンドの悲劇を振り返る。

★2006 PLAYOFFS MVP 発表! 2006年プレーオフ大賞!
ファイナルMVPは2チームの選手だけが対象。それだけじゃ面白くない! そう考えた『ダンクシュート』は、独自に "プレーオフ大賞"を創設。プレーオフ出場全選手の中から本誌ライター陣と編集部の投票により、MVPを決定した。

★LEBRON JAMES / KING'S ROAD
レブロン・ジェームズ/王位の継承者

初めて臨んだプレーオフで、レブロン・ジェームズは人々に強烈なインパクトを残した。だが、若き帝王はこの程度では満足していない。目標はあくまで頂点、王位の継承だ。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

★DETROIT PISTONS / LOST IDENTITY
ピストンズ帝国の崩壊 <カンファレンス決勝ストーリー>

2年連続ファイナル進出という実績、優勝時から変わらぬ不動のスターター、レギュラーシーズンでの圧倒的な独走……。ピストンズの眼前は塵一つなく晴れ渡り、賜杯奪還に向け視界良好と誰もが思っていた。しかし物事に絶対はない。最強ピストンズにいったい何が起きたのか、その謎に追る。
文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

★STEVE NASH & DIRK NOWITZKI / CROSS ROAD
スティーブ・ナッシュ&ダーク・ノウィツキー/再会
<カンファレンス決勝ストーリー>

今季のMVP投票で1位と3位に選ばれたナッシュとノウィツキー。8年前にテキサスで出会い、ともに切磋琢磨してリーグを代表する選手に成長した彼らはナッシュがマーベリックスを離れた今なお篤い友情で結ばれている。そして、昨季に続きプレーオフの舞台で彼らは好敵手として再び顔を合わせた。
文/ショーン・ディビニー 翻訳/千田範子
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★NBA STAR BIOGRAPHY / SHAWN MARION
NBAスター物語/ショーン・マリオン

フェニックス・サンズのショーン・マリオンは、NBAで最も過小評価されている選手の一人だ。身長201㎝とNBAのフォワードとしては小柄だが、毎試合のように20点、10リバウンドを記録する。今季のサンズの54勝という好成績も、マリオンの力なくしてはなし得なかったはずだ。アリゾナ砂漠を羽ばたく鳥人マリオンの知られざる生い立ちに迫る。
文/ポール・コロ 翻訳/大井成義
TEXT by PAUL CORO, TRANSRATION by SHIGEYOSHI OHI

★DALLAS MAVERICKS / OVER THE WALL
マブズが難敵スパーズの壁を遂に突破!!
<カンファレンス準決勝ストーリー>
「レギュラーシーズンでは勝てるが、勝負所に弱いソフトなチーム」。言われ続けたそんな悪評を振り払い、スパーズという最大の壁をも越え、マブズは今、真のリスペクトを受けるチームへと進化を遂げた。
文/アート・ガルシア 翻訳/吉藤宗弘
TEXT by ART GARCIA, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★LOS ANGELES CLIPPERS / STEP by STEP
ロサンゼルス・クリッパーズ/栄光への船出。
有望な人材を抱えながらも長年ドアマットに甘んじていたクリッパーズ。リーグのお荷物球団とまで評されたチームは今季9年ぶりのプレーオフに進出した。主因はサム・キャセールの加入と言われるが、実は、その背景には3年前に指揮官に就任したダンリービーHCによる綿密なチーム改造計画があったのだ。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★Recipe For Powerhouse 強豪チームの作り方

ファイナルが終了するとNBAはオフシーズンに突入。7月1日にはFA(フリーエージェント)契約交渉が解禁され、移籍市場が始動する。注目を集めるのが、キャブズ、レイカーズ、76ersといった、今季志半ばにして敗れ去った各チームの動向だ。そこで『ダンクシュート』はまず、現在強豪と呼ばれるエリートチームを徹底的に分析し、強豪になるための条件を探ることにした。それを基に、"強豪予備軍"たちがとるべき最高の補強プランを提唱する。

◆強豪チームを作るための条件とは?
◆注目チーム分析(レイカーズ、キャブズ、76ers、ロケッツ、ナゲッツ、ネッツ、ペイサーズ、ウルブズ、ニックス、セルティックス)
◆レブロンズ・キャブズは80年代ブルズの再来か?
◆エースストッパー列伝
◆かつての名門はなぜ没落したのか?
◆フリーエージェントリスト

★2006 NBA DRAFT SUPER PREVIEW / Stock Search
2006年ドラフト注目株ポジション別チェック
ファイナルの興奮も覚めやらぬ6月28日。いよいよ新人ドラフトが開催される。果たして今年はどんな逸材が揃っているのか? 前評判ではPFが充実しているとされるが、サプライズ指名が起きる可能性も十分。将来のスター候補たちの詳細データをポジション別にチェックする!
文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA

★ROAD to JAPAN
2006年 FIBA バスケットボール世界選手権/
各国NBAプレーヤー紹介<中南米・オセアニア・アジア編>
各国紹介第3弾の今回は、2回に渡ってお届けしてきたヨーロッパを離れ、それ以外の注目国をフィーチャーする。世界のトップレベルに躍進を遂げてきた南米、隠れた実力派が多い中米、大型プレーヤーが揃うオセアニア、そして我らがアジアと、世界にはまだまだ強豪国がひしめいているのだ。

★RBK Hoops リーボックから新ラインナップが登場!
NBAへのアパレル提供で培ったノウハウを活かしたリーボックの新展開ウェア「RBK Hoops」。シリアスプレーからオフコートまで多彩なニーズに応えるラインナップをご紹介!

★BIGポスター
◆ファイナルスペシャル(マブズ×ヒート)
◆スティーブ・ナッシュ(サンズ)

★DS PRESENT @ August
白熱するプレーオフグッズを現地から直輸入!(インターネットでも応募可能!)
★My Campus Life
五十嵐圭が大学時代の秘話を語る
★SUPER REVIEW
プレーオフ カンファレンス準決勝&決勝ボックススコア
★VOTE GETTERS
2005-06シーズン アウォード投票結果
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/ケビン・ガーネット&ステフォン・マーブリー
★世界選手権情報
世界選手権のテレビ放送予定が決定!

★REGULARS
★Sam's Chat Show
<最終回>サム・キャセールのおしゃべり劇場
★NBA MU-IMIDAS
新球団でのオーナー就任に備えジョーダンが有望若手に電話攻勢!?
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★NBA QUIZ SHOW
<新連載>クイズ形式でNBAの魅力を紹介!
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/ギルバート・アリナス――陽気な得点マシン
★SCOOP SHOT
プレーオフで評価を上げたJ・ハワードとT・トーマス
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/プレーオフ狂想曲
★FRONT LINE
情報最前線
★AIR HODAN
高見沢俊彦のエア放談
★all court press2
読者のページ
785円
★NBA PLAYOFFS 2006 /“It’s Game Time!!”
NBAプレーオフ2006速報
今年のプレーオフはおもしろい! もつれにもつれた接戦続きのゲーム“It’s Game Time!!”を完全レポートする。初舞台とは思えない超人的パフォーマンスを披露したレブロン・ジェームズ、自慢のクラッチシュートで格上サンズを追い詰めたコビー・ブライアントもフィーチャー。激動の2005-06シーズンを一目で振り返ることができるレギュラーシーズン・プレーバックに、アレン・アイバーソン移籍の噂も徹底検証する。さらに、両面超ビッグポスター、アレン・アイバーソン特製クリアファイルの二大付録もついている!

★DUNK SHOOT AWARDS
ダンクシュート・アウォード/本誌独自選定の各賞を大発表!!

『ダンクシュート・アウォード』は、今季素晴らしい活躍を見せた選手たちを称える本誌独自の賞だ。MVPに当たる「ダンクシュート・オブ・ザ・イヤー」をはじめとした様々な賞を設け、独断と偏見で各部門の“キング”を決定する。また、本誌5月号で募集した読者アンケートの結果も併せて発表!

★It’s Game Time!! プレーオフ2006速報

長いレギュラーシーズンがようやく終わり、ついにポストシーズンが到来! 4戦先勝のチームが勝ち上がる壮絶なサバイバルレースは、シーズン中でもっともヒートアップする瞬間だ。東西2強の動向は? アップセットは起こったのか? 1stラウンドの全シリーズと、2ndラウンドの途中経過まで、2006年プレーオフを徹底的にレポートする!

<1st Round Analysis/1回戦全シリーズ分析>
◆キャブズ×ウィザーズ
◆ネッツ×ペイサーズ
◆ピストンズ×バックス
◆ヒート×ブルズ
◆サンズ×レイカーズ
◆ナゲッツ×クリッパーズ
◆スパーズ×キングス
◆マブズ×グリズリーズ

<プレーオフ1回戦ストーリー>
◆ヴィンス・カーター/名誉挽回の活躍

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆カーメロ・アンソニー/越えられぬ壁
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


<Conference Semi-Finals Report/カンファレンス準決勝レポート>
◆ピストンズ×キャブズ
◆ヒート×ネッツ
◆スパーズ×マブズ
◆サンズ×クリッパーズ

★LEBRON JAMES / THE GREAT STEP
レブロン・ジェームズ/記録づくめの偉大なる第一歩

3年目の正直でポストシーズン進出を果たしたレブロン。「キング」の異名をとる21歳の大エースは、歴史に刻まれるセンセーショナルなプレーオフデビューを飾る。新時代の幕開けを告げる第1歩が、いま踏み出された。
文/ブライアン・ウィンドホースト 翻訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★KOBE BRYANT / TURN OVER
コビー・ブライアント/こぼれ落ちた勝利

コビー・ブライアントが2年ぶりにプレーオフへ戻ってきた。1回戦の相手は強豪サンズ。シリーズは、コビーの劇的なブザービーターなどでレイカーズが先に王手をかけたが、第5戦から状況が一変。結局、最終戦までもつれ込む熱戦となったが、エースが燃えるべき肝心の大一番で、コビーはいつもの闘志を失っていた。
文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

★Who’s Mr.4th Quarter
プレーオフ1回戦のミスター・クラッチを探せ!
NBAロゴのモデルであるジェリー・ウエスト(元レイカーズ)は、勝負所にめっぽう強いことから、ミスター・クラッチと呼ばれた。『ダンクシュート』は、現代版ミスター・クラッチを探すため、プレーオフ1回戦で大調査を実施した。

★ALLEN IVERSON / Where’s the Answer?
アレン・アイバーソン/ジ・アンサーは何処へ
――76ers再建の答えは?

ここ3シーズンで2度もプレーオフを逃すという結果に終わった76ers。スピードスターのアイバーソンもベテランの域に入り、チームの将来が不安視され始めてきた。噂されるアイバーソン放出説は果たして本当なのか? 76ers復権の答えはどこにあるのか? 今まさに“アンサー”の行方が注目されている。
文/マーク・ナーダッチ 翻訳/小尾慶一
TEXT by MARC NARDUCCI, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★2006年オフ 移籍の噂MAP

プレーオフ真っ只中で盛り上がりを見せるNBA。だがプレーオフを逃したチームを中心に、早くも来シーズンに向けたプランを検討し始めたところもある。低迷するチームを変えるためには、時に大物スターのトレードといった荒療治も必要だ。「えっ、このスター選手が!」と思わず驚く移籍の噂話をちょっとだけご紹介しよう。

★2005-06 REGULAR SEASON PLAYBACK
レギュラーシーズン完全回顧
NBA記録を塗り替えるかと思われたピストンズの独走、予想を上回るクリッパーズの快進撃、レブロンのオールスター最年少MVP獲得など、今季もNBAは話題が盛り沢山だった。さらに終盤までもつれる大激戦となったプレーオフ・スポット争い……、それらを網羅したレギュラーシーズン完全プレーバックをお届けする。

★2005-06 NBA AWARD WINNERS
2005-06シーズン NBA各アウォード受賞者を発表!
混戦となったMVP争いは、2年続けてスティーブ・ナッシュの頭上に輝いた。彗星のごとく現われたクリス・ポールは、どん底だったチームも被災した地元住民をも救い上げた。スター候補が乱立する戦国時代のNBAで、アンセルフィッシュな選手が脚光を浴びた今季の各賞を見ていこう。

★THE KINGS OF STATS
2005-06シーズン 個人スタッツリーダーを一挙に紹介!
コビーが圧倒的な得点力で初のタイトルを獲得し、KG、ナッシュ、シャックら、昨季のタイトルホルダーたちは今季も王座を堅守。3ポイントでハミルトンがトップランクされるなど意外な面子も揃った今季の主要スタッツ9部門のリーダーたちを発表する!

★NBA STAR BIOGRAPHY / DWIGHT HOWARD
NBAスター物語/ドワイト・ハワード

ドワイト・ハワードは、近頃何かと暗い話題の多かったオーランド・マジックの希望の光だ。マジックは今季終盤、途中8連勝を含む12勝3敗と奮闘したが、その原動力となったのがプロ2年目のハワードだった。弱冠20歳にして現役屈指のリバウンダーの地位を確立した男は、いかにしてNBAでの成功を掴んだのか。フロリダの若き野獣の知られざる生い立ちに迫る。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆ジェイソン・キッド(ネッツ)
◆クリス・ケイマン(クリッパーズ)
◆ジャーメイン・オニール(ペイサーズ)
◆ラマー・オドム(レイカーズ)
インタビュー&翻訳/杉浦大介、三尾圭
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO

★ROAD to JAPAN
2006年 FIBA バスケットボール世界選手権/
各国NBAプレーヤー紹介<ヨーロッパ編2>
この夏の世界選手権をより楽しんでいただくため、各国のNBAプレーヤーを紹介しているこのコーナー。先月の『ヨーロッパ編1』に引き続き、今回はヨーロッパ特集第2弾をお届けする。強豪揃いのヨーロッパ各国をマスターすれば、優勝争いの行方がますますおもしろくなること間違いなしだ!

★He’s back! YUTA!!
1年間の戦いを終えた田臥勇太が凱旋帰国!
田臥勇太が今年も帰ってきた! 今年で2年連続の開催となった「JOMOバスケットボールクリニック」は日本のファンが田臥の勇姿を目の当たりにできるまたとないチャンス。その模様を余すところなくレポートするとともに、この日の発言も完全収録だ。

★PLAYERS-OSAKAの魅力を完全解剖!
圧倒的な人気を誇るバスケットボールの発信地に2号店がオープン
東京の渋谷で大人気のバスケットボールショップ「PLAYERS」がいよいよ大阪に進出。豊富な品揃えと、バスケに関する情報提供の場として、開店直後から話題沸騰中だ。今後の関西におけるバスケシーンを牽引するショップの全貌を解き明かそう!

【二大付録】
★アレン・アイバーソン・オリジナルクリアファイル

★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ(キャブズ)
◆ダーク・ノウィツキー(マブズ)

★DS PRESENT @ July
初プレーオフに挑んだ怪童レブロンのグッズを大特集!(インターネットでも応募可能!)
★SUPER REVIEW / NBA PLAYOFFS 2006 FIRST ROUND
プレーオフ1回戦ゲームレポート&ボックススコア
★SCORE BOARD
2005-06レギュラーシーズン 最終成績&記録集
★2006 NBA Draft Preview / Watch Out!!
2006年ドラフト注目株チェック
★SUPER DUO STORY
NBAスーパーデュオ列伝/スティーブ・ナッシュ&ダーク・ノウィツキー
★bj League FINAL REPORT
bjリーグ・ファイナル・レポート

★REGULARS
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★NBA MU-IMIDAS
プレーオフ進出チーム編 ~NBAヘッドコーチはつらいよ!~
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★Dancing in the NBA
<最終回>クリッパーズのチアリーダー柳下容子コラム
★USA COLLEGE DIARY
<最終回>KJ松井のキャンパスライフ
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★ON AIR PROGRAMS
テレビ放送スケジュール
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/マイク・ビビー――高潔な司令塔
★SCOOP SHOT
“タフガイ”ベン・ウォーレスの誰も知らない真実
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/流浪球団ホーネッツを支える街・オクラホマシティ
★FRONT LINE
情報最前線

★all court press2
読者のページ
785円
★NBA PLAYOFFS 2006 / TRUE GAME
NBAプレーオフ2006総力特集
ついに今年もプレーオフが開幕! レギュラーシーズンとは目の色が変わる真の戦い「TRUE GAME」が始まった。今号ではプレーオフ情報を徹底特集。初のプレーオフに挑む怪童レブロン・ジェームズに、同期の盟友ドゥエイン・ウェイドとカーメロ・アンソニーも揃い踏み。さらにスーパープレーが期待されるコビー・ブライアント、ヴィンス・カーター、エルトン・ブランドのインタビューもお届けする。また、惜しくもプレーオフを逃したアレン・アイバーソン、ケビン・ガーネットの秘話もカバー。両面超ビッグポスター、プレーオフ進出全チームを網羅したプレーオフ2006完全ガイドの別冊付録もついている!

【別冊付録】
★NBA PLAYOFFS 2006 COMPLETE BOOKプレーオフ2006完全ガイド
イースタン、ウエスタン各カンファレンスのプレーオフ出場全チームの最新情報とプレーオフロースターを完全網羅。これさえ読めば、もうプレーオフはばっちりだ!
◆イースタン・カンファレンス(ピストンズ、ヒート、ネッツ、キャブズ、ウィザーズ、ペイサーズ、バックス、ブルズ、76ers)
◆ウエスタン・カンファレンス(スパーズ、サンズ、ナゲッツ、マブズ、グリズリーズ、クリッパーズ、レイカーズ、キングス、ジャズ)

★NBA PLAYOFFS 2006 / TRUE GAME
NBAプレーオフ2006総力特集

昨年11月1日に開幕したNBAのレギュラーシーズンが終了し、いよいよ決戦の時がやってきた。東西16チームで争うプレーオフを制すのはいったいどこなのか? 昨季王者のスパーズ、怒涛の快進撃を見せたピストンズの2強を倒すのは? 群雄割拠のプレーオフ2006を、総力を結集して徹底特集する!

★DWYANE WADE / WADE RULE
ドゥエイン・ウェイド/大いなる自信

昨プレーオフ、最後の最後で故障に泣いたドゥエイン・ウェイドは、今季その雪辱を期すべく燃えに燃えている。兄貴分シャックに4個目の、名将ライリーにHCとして5個目の、そして自らに一つ目のチャンピオンリングを――。マイアミの若き核弾頭の心は、優勝へ向けた大いなる自信に満ちている。
文/アイラ・ウィンダーマン 翻訳/小尾慶一
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★DETROIT PISTONS デトロイト・ピストンズ/呪縛からの脱出

後半戦にやや調子を落としたとはいえ、今季のピストンズはレギュラーシーズンをフルスピードで駆け抜けた。プレーオフでもこの勢いが持続できるか疑問を呈する声も一部にはある。しかし、彼らにはどうしても負けられない理由がある。ブラウン前HC抜きでも戦えることを示すため、ピストンズは優勝を至上命題に掲げている。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

★LEBRON JAMES / START LINE
レブロン・ジェームズ/伝説へのスタートライン

レブロン・ジェームズがついにプレーオフへ挑む。2003年のNBA入り以来、苦節3シーズン。ようやく辿り着いた大舞台は、真のレブロン伝説のスタートラインとなる。驚異的成長を続ける神童は、ここでどんな活躍を見せてくれるのか。真価を問われる戦いが今始まる。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★VINCE CARTER SPECIAL INTERVIEW
ヴィンス・カーター スペシャルインタビュー/驀進の理由

3月以降、破竹の勢いで勝ち進み、地区優勝を果たしたネッツ。14連勝を含め、快進撃の立役者となったのは、やはりヴィンス・カーターだった。後半戦に無類の強さを誇るこの男の本音に迫る。
インタビュー&翻訳/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA

★NBA WRITER’S PREDICTION
地元記者がズバリ!プレーオフ本気(マジ)予想
最も身近でNBAを取材しているビートライター(番記者)は、誰よりもそのチームのことを知っている。というわけで、各チームの地元記者に、今プレーオフの行方を真剣に予想してもらった。プロが選ぶ優勝チームとは?
◆イースタン・カンファレンス編
◆ウエスタン・カンファレンス編

★SPURS VS.MAVERICKS
スパーズ vs.マーベリックス/テキサス頂上決戦

レギュラーシーズンの勝率は西の1位と2位。プレーオフでの対戦も濃厚と目されているスパーズとマブズの戦いは、ウエスタンにおける事実上の優勝争いと言える。テキサスで激しく火花を散らす両チームの戦力を多角的に比較する。
文/ダニー・サンチェス(スパーズ)、アート・ガルシア(マブズ) 翻訳/吉藤宗弘
TEXT by DANNY SANCHEZ(SPURS), ART GARCIA(MAVERICKS), TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI

★KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW
コビー・ブライアント スペシャルインタビュー

「今のNBAで、僕をワン・オン・ワンでガードできるプレーヤーは誰もいないよ」
名門レイカーズが11年ぶりにプレーオフを逃した昨季は、戦犯扱いを受けたコビーだが、1年の時を経て名誉回復のチャンスが訪れた。地獄から帰還した戦士は、溜まりに溜まったマグマを爆発させようと腕を撫している。
インタビュー/マーク・J・スピアーズ 翻訳/千田範子
TEXT by MARC J.SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★CARMELO ANTHONY SPECIAL INTERVIEW
カーメロ・アンソニー スペシャルインタビュー/勝利への欲望

デンバー・ナゲッツの若き大黒柱カーメロ・アンソニーが、見事プロ入り後3シーズン連続となるプレーオフ出場を決めた。過去2シーズンはともに1回戦敗退と、いまだ1回戦の壁を破れずにいるが、今季は違う。ディビジョン優勝を果たしたナゲッツは、今プレーオフの台風の目と見られ、周囲の期待は弥が上にも高まっている。ポストシーズンでの勝利を誰よりも欲しているデンバーの若獅子が、ここに必勝を期す!
インタビュー/マーク・J・スピアーズ 翻訳/大井成義
INTERVIEW by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★ELTON BRAND SPECIAL INTERVIEW
エルトン・ブランド スペシャルインタビュー/悲願成就

エルトン・ブランドは、誰もが認める実力者でありながらプレーオフ経験のない悲運のスターだった。だが、NBA入りから7シーズンの歳月を経て、ついに念願の地への切符を掴んだ。今季大旋風を巻き起こしたクリッパーズの大黒柱が、待ちに待った決戦に向けた抱負を語ってくれた。
インタビュー&翻訳/三尾圭
INTERVIEW by KIYOSHI MIO

★Law of victory 東西注目6チームの勝利の条件を探る!
ピストンズとスパーズの2強が優勝に最も近い位置にいることは確かだが、他のプレーオフ進出チームも、ただ指をくわえて眺めているわけがない。虎視眈々とチャンスをうかがう東西6チームの刺客をピックアップし、その勝利の条件を探った。
◆ヒート、サンズ、マブズ、キャブズ、ネッツ、ナゲッツ
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

★KEYMAN TO THE VICTORY 勝利の鍵を握る注目の10選手
プレーオフでは、ひとつのプレーがシリーズ全体の流れさえも左右しかねない。そして、ノックアウト方式のこの戦いを勝ち抜くために重要な存在となるのが、攻守の両面で相手チームを脅かすプレーヤーだ。ポストシーズンの鍵を握る注目の10選手を4つのタイプに分類して紹介しよう。

★Playoff Guide for Beginners
ビギナーでも簡単に理解できる! プレーオフ初心者講座
プレーオフをより楽しむためには、シード順の決定方法など、その仕組みをきちんと理解する必要がある。複雑そうに見えるシステムもこれを読めば一発解決。きちんと予習してシリーズに臨もう!

★ALLEN IVERSON / dissatisfied
アレン・アイバーソン/満たされぬ想い

優勝という究極の目標を追い求めながら、不完全燃焼のシーズンが続くアレン・アイバーソンとフィラデルフィア・76ers。戦力的な面では、強豪に比べて大きく劣っているわけではない。なのに、なぜ勝てないのか? 76ersの内部に巣食う問題点を明らかにする。
文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE

★KEVIN GARNETT / NO WAY
ケビン・ガーネット/苦悩するスーパースター

シーズン最高勝率にチームを導きMVPも獲得、2004年のちょうど今頃、ケビン・ガーネットはわが世の春を謳歌していた。しかし、わずか2年の間に状況は一変してしまった。自らの成績は例年通り優秀だが、2年連続でプレーオフ進出を逃した。自身の願いとは裏腹に一向に充実してこない戦力に、さすがのKGも苛立ちを隠せない。悲運のスーパースター、KGの苦悩は尽きることがない。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆スティーブ・ナッシュ(サンズ)
◆アンドレ・イグダーラ(76ers)
◆クリス・ボッシュ(ラプターズ)
◆リチャード・ジェファーソン(ネッツ)
◆リッキー・デイビス(ウルブズ)
インタビュー&翻訳/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA

★NBA STAR BIOGRAPHY / SMUSH PARKER
NBAスター物語/スマッシュ・パーカー

ついこの間まで、スマッシュ・パーカーは無名の存在に等しかった。だが彼は、今季レイカーズの先発PGという大役を見事にこなし、その名をリーグに知らしめた。そんな彼の原点はプレーグラウンド。NBAを夢見た若きストリートボーラーは、華麗なる転身を遂げたのだ。
文/ラス・ベンソン 翻訳/永塚和志
TEXT by RUSS BENGTSON, TRANSLATION by KAZ NAGATSUKA

★ROAD to JAPAN
2006年 FIBA バスケットボール世界選手権/
各国NBAプレーヤー紹介<ヨーロッパ編(1)>
グローバル化が進むバスケットボール界の大きな流れを証明するかのように、NBAでプレーする外国人選手の数も年々増加の一途を辿っている。アメリカ人でないということは知っていたが、どこの国かはいまいちわからない。そんな方のために、各国別に外国人選手たちの横顔をご紹介していこう。

★YUTA TABUSE 田臥勇太/頂を目指して
残念ながら、今季の田臥勇太のNBA昇格は叶わなかった。修行中のDリーグでも、プレーオフ進出を決めたチームを横目に、ケガで戦列を離れたままシーズンを終えた。だが、田臥にとって今季は決して無駄ではない。なぜなら、NBAと自分との距離の近さを再確認できた一年だったからだ。
プレーオフを目指し熾烈な戦いは続く
文&写真/三尾圭
TEXT & PHOTOS by KIYOSHI MIO

★MADDEST MARCH EVER
アップセットの嵐が吹き荒れた大激戦のNCAAトーナメント
毎年3月は全米で“マーチ・マッドネス(熱狂の3月)”の嵐が吹き荒れる。大学No.1の座を決めるNCAAトーナメントは負ければ終わりの一発勝負。筋書きのない泣き笑いのドラマが生まれるスリリングな戦いをお伝えしよう。

★SAMURAI SOUL
bjリーグ 東京アパッチ仲西淳選手特別インタビュー/サムライ・ソウル
bjリーグの人気チーム、東京アパッチで活躍する仲西淳。本場仕込みの高い技術で、相手を翻弄する彼のプレーは、常に観客を魅了する。リーグ屈指の人気選手である彼の生い立ちから、現在に至るまでの素顔に迫った。

★BIGポスター
◆プレーオフスペシャル(ティム・ダンカン、ヴィンス・カーター、コビー・ブライアント、レブロン・ジェームズ、ドゥエイン・ウェイド、カーメロ・アンソニー)
◆クリス・ポール(ホーネッツ)


★DS PRESENT @ June
シャックのシューズが登場! k1x、カーメロ特集など春らしく賑やかなラインナップ!!(インターネットでも応募可能!)
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★The College History
最終回スペシャル/NCAAトーナメント名場面集
★世界選手権情報
世界選手権開催スケジュール&チケット発売&クリニック情報

★REGULARS
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★NBA MU-IMIDAS
レブロン彼女vs.ウェイド妻 女のプレーオフ対決にも注目!?
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★Dancing in the NBA
クリッパーズのチアリーダー柳下容子コラム
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のキャンパスライフ
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★Basic of NBA
NBA基礎講座
★夢現
<最終回>森下雄一郎・自筆コラム
★ON AIR PROGRAMS
テレビ放送スケジュール
★No Charge Area
フィル・テイラー・コラム/C-WEBB――悲運のスター
★SCOOP SHOT
強豪ピストンズの生みの親、ジョー・デュマース物語
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/NBAロッカールーム事情
★FRONT LINE
情報最前線

★all court press2
読者のページ
785円
★Real Best?
NBA選手100人が選ぶ現役最強プレーヤーランキング
レギュラーシーズン終盤のスペシャル企画としてNBA選手100人に緊急アンケートを実施。現代NBAのベストプレーヤーを挙げてもらい、その結果をランキング形式で大発表する! 現役選手たちがベストに選んだ選手は果たして誰なのか? また、レブロン・ジェームズvsマジック・ジョンソン誌上対決、司令塔大特集、悪童ロン・アーテスト&俊英クリス・ポール・インタビュー、東の両雄ヒート&ピストンズ徹底比較など、今が旬の企画が目白押し! さらに、両面超ビッグポスター、1試合81得点男コビー・ブライアント完全読本を別冊付録!

【別冊付録】
★DS COLLECTOR'S EDITION KOBE BRYANT
コビー・ブライアント完全読本
先日、1試合81得点の驚異的スコアを記録したコビー・ブライアントを緊急大特集。現代NBAが誇る孤高のスーパースター、コビーの魅力をギッシリ凝縮したオールカラー特製ブックレットだ!
●コビー・ブライアント伝説
●パーソナルデータ集
●バスケットボール求道者コビーの本質
●父ジョー・ブライアント、息子コビーを語る
●プロスカウトによる最新実力診断
●天才スコアラーの秘密の練習法
●コビー人脈図
●コビー着用スニーカー大図鑑

★Real Best?
発表! NBA選手100人が選ぶ現役最強プレーヤーランキング

選手の実力は選手が一番よく知っている。というわけで、このたび『ダンクシュート』は現役NBA選手に緊急アンケートを実施した。質問事項は単純明快。「今季のベストプレーヤーは誰?」。NBA選手が実際にプレーし、肌で感じている今季最もイケてる選手を大発表する!
協力/杉浦大介、阿部寛子、三尾圭、松崎幸夫
COOPERATION by DAISUKE SUGIURA, HIROKO ABE, KIYOSHI MIO, YUKIO MATSUZAKI

★LeBron James vs Magic Johnson
レブロン・ジェームズvsマジック・ジョンソン/
新旧天才オールラウンダー誌上対決

史上最高の長身PGマジック・ジョンソンvs天才オールラウンダー、レブロン・ジェームズ。この新旧を代表するスーパースターをプロのスカウトに真剣に徹底比較してもらった。かたやノールックパスと笑顔を武器にNBAの頂点に君臨したコートの魔術師。かたや弱冠21歳にして現代最高のオールラウンダーと目されるバスケットボールの申し子。魔術師と神童。果たして軍配はどちらに上がるのか?
分析/チェット・カマー、協力/三尾圭
ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO

★ROAD to JAPAN
2006年FIBAバスケットボール世界選手権/
第1次アメリカ代表メンバー発表!
3月5日、ついに来る世界選手権に向けたアメリカ代表メンバーが発表された。総勢23名(うち学生2名を含む)の顔ぶれは、いずれもNBAや大学を代表するスター選手ばかり。この中から最終的にどの12名が選ばれ、今夏日本にやって来るのか、NBAファンなら誰でも気になるところではないだろうか。第一次選考メンバーに名を連ねる全23名を一挙に紹介しよう。

★CHRIS PAUL SPECIAL INTERVIEW
クリス・ポール スペシャルインタビュー/神に選ばれし天才PG

ハリケーン被害によって本拠地移転を余儀なくされたホーネッツの今季は、悲惨なものになると思われていた。だが、奇跡は起こった。最下位必至との下馬評を遥かに上回る快進撃の立役者は、ルーキーのクリス・ポール。弱小チームを巧みに操り、プレーオフ戦線に踏み止まらせている天才司令塔の素顔に迫る。
文/レス・イースト、翻訳/千田範子
INTERVIEW by LES EAST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★PLAYOFFS 2K6
2005-06シーズン プレーオフ争いの行方を徹底分析!

シーズン終盤にさしかかり、ますます混迷の度合いを深める東西のプレーオフ争い。ヒートはピストンズの独走を止めることができるのか? 好調マブズの勢いは本物か? 東西のプレーオフ・スポットに滑り込むのはどのチームか? 扉を開いたその先にあるのは栄光か、それとも……。

★THE HEAVYWEIGHT BATTLE OF THE EASTERN
デトロイト・ピストンズvsマイアミ・ヒート/
イースタン最強2チームのガチンコ対決バトル

東の首位を独走するピストンズと2大スターを擁するヒート。イースタンの覇権争いは、実質的にこの2チームに絞られたと言っても過言ではない。タレントの厚い"ヘビー級タイトルマッチ"の行方を徹底分析する。

★DALLAS MAVERICKS / DON'T STOP
ダラス・マーベリックス/止まらない快進撃
今季、カンファレンスを独走するかと思われたスパーズと力を伍しているマーベリックス。選手からの信頼が篤いHCのエイブリー・ジョンソンと大エースのノウィツキーを中心に、持ち前の得点力を生かし、ディフェンス力を改善。生まれ変わった暴れ牛たちの快進撃を6つの視点から究明する。
文/ショーン・ディビニー、翻訳/小尾慶一
TEXT by SEAN DEVENEY, TRANSLATION by KEIICHI OBI

★SURVIVAL RACE FOR PLAYOFF SPOT / EASTERN CONFERENCE
プレーオフ争いを賭けた戦い・イースタン編
イーストのプレーオフ・スポットはウィザーズ、バックス、76ersがひとまず当確圏内にある。しかし3チームの勝率はほぼ横一線で、すぐ後ろにはブルズ、セルティックスが虎視眈々とその座を狙っている。最後の最後まで気が許せない白熱した戦いとなりそうだ。
◆ワシント・ウィザーズ
◆ミルウォーキー・バックス
◆フィラデルフィア・76ers
◆シカゴ・ブルズ
◆ボストン・セルティックス

★SURVIVAL RACE FOR PLAYOFF SPOT / WESTERN CONFERENCE
プレーオフ争いを賭けた戦い・ウエスタン編
ウエスタンのスポット争いはキングス、レイカーズが目下のところ出場圏内にある。だが、今季のシンデレラチームとなったホーネッツ、復帰したブーザーの活躍次第では大きな巻き返しの可能性もあるジャズなど、各チームの戦力は拮抗している。イースタンに負けず劣らずの混戦模様だ。
◆サクラメント・キングス
◆ロサンゼルス・レイカーズ
◆ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ
◆ユタ・ジャズ
◆ヒューストン・ロケッツ

★RON ARTEST SPECIAL INTERVIEW / WILD THING
ロン・アーテスト スペシャルインタビュー/牙を剥く野獣

NBA史上最悪の乱闘事件の禊がすんだと思ったら、今度はペイサーズから離脱。現代NBAきっての問題児、ロン・アーテストの暴走は止まるところを知らないかに見えた。だが本誌のインタビューに対し、アーテストは「当分はプレーに集中する」と奇行封印を宣言。さらには、新たに加わったキングスを「プレーオフに導く自信がある」と断言してみせた。
インタビュー/ジョー・デビッドソン(サクラメント・ビー紙)、翻訳/阿部寛子
INTERVIEW by JOE DAVIDSON (Sacrament Bee), TRANSLATION by HIROKO ABE

★CHAUNCEY BILLUPS STORY
チャンシー・ビラップス スペシャルストーリー/理想の司令塔

今や強豪ピストンズの大黒柱となったチャンシー・ビラップスだが、ここに来るまでの道のりは平坦ではなかった。ドラフト3位指名に胸躍らせてNBAの門を潜ったものの、わずか3か月で放出。その後もチームを転々とする日々が続いた。しかし、名将ラリー・ブラウンとの出会いにより、ようやく彼の未来は開けた。現代NBA屈指の司令塔の、流転の歴史を振り返る。
文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★MASTER OF THE GAME 勝敗の行方を握る現代の名司令塔たち
現代のNBAは自ら点を取りにいくスコアリングPGが全盛だが、彼らがチームに成功をもたらしているかというと、必ずしもそうではない。得点力では劣っても、正統派のPGに指揮されたチームの方が、成績は上のことが多い。チームを勝利に導く、現代の正統派司令塔たちを紹介しよう。
◆スティーブ・ナッシュ(サンズ)
◆ジェイソン・キッド(ネッツ)
◆クリス・ポール(ホーネッツ)
◆TJ・フォード(バックス)
◆チャンシー・ビラップス(ピストンズ)

★EXECUTIVE DECISION デッドライン間際のトレードを総ざらい!
トレードにはリスクがつきもの。実行すべきか、せざるべきか、常に重い決断を迫られる。2月23日のデッドライン間際に行なわれたトレードを振り返りながら、トレードの裏に潜む各チームの思惑を解き明かしていこう。

★NEW YORK KNICKS / NIX THE KNICKS
破壊力満点のバックコートがニックスを破壊する!?
ニックスがヤバい。NBAを代表する伝統と由緒ある名門チームが、リーグの底辺をウロウロと彷徨っている。さらに今回のフランシス獲得という大博打には、ファンも識者も首を傾げる。そんなニックスのダメっぷりに、"元祖ニッキチ"の大井成義氏が立ち上がった。ニックスを愛するがゆえ、あえて辛口トークでチームの不甲斐ない現状に苦言を呈する。どうなるニックス? 希望の光が差し込む日はくるのか?
文/大井成義
TEXT by SHIGEYOSHI OHI

★EARL BOYKINS STORY / LITTLE GIANT
小さな巨人アール・ボイキンス物語

身長わずか165cmにして、NBAで活躍するアール・ボイキンスのバスケットボール人生は苦難に満ちたものだった。カレッジで優秀な成績を残しながら、身長のハンデでドラフト指名を敬遠され、下部リーグから這い上がったと思ったら、解雇の連続だった。だが、彼は不屈の闘志で、デンバー・ナゲッツという安住の地を手に入れたのだ。
文/マーク・J・スピアーズ、翻訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★MICHAEL JORDAN & CHICAGO BULLS / UNFORGETTABLE MEMORY
マイケル・ジョーダンとシカゴ・ブルズ/
今なお輝き続ける栄光の記憶
ジョーダンとブルズ。90年代に彼らが成し遂げた栄光は枚挙に暇がなく、今もファンの心に色褪せることなく焼き付いている。数多ある名シーンの中から、歴史に色濃く残る名勝負をジョーダンの言葉とともに振り返ろう。

★KING HANDLES & EXILE SPECIAL INTERVIEW /
STREETBALL HOPES
キングハンドルズ&エグザイル スペシャルインタビュー

本誌1月号でストリート仕込みの必殺ムーブを披露してくれた"ストリートの魔術師"キングハンドルズが、僚友エグザイルを伴って再来日を果たした! アメリカ西海岸のストリートボールチーム『YPA(Young Players Association)』で活躍する彼らに直撃インタビューを敢行するとともに、来日記念イベントで魅せたフリースタイル・ムーブを連続写真で解説する。
文/松崎幸夫、協力/プレイヤーズ
INTERVIEW by YUKIO MATSUZAKI, COOPERATION by PLAYERS

★YUTA TABUSE 田臥勇太/プレーオフを目指し熾烈な戦いは続く
プレーオフシーズンが近づいてきたというのに、田臥の所属するサンダーバーズは手痛い5連敗を喫し、プレーオフ争いで一歩後れを取ってしまった。だが、田臥は諦めていない。「チャンピオンシップを獲るためにやっている」と力強く語り、ポストシーズン進出へ向けて誓いを新たにした。
文&写真/三尾圭
TEXT & PHOTOS by KIYOSHI MIO

★TALK LIVE ショートインタビュー集
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆スティーブ・フランシス(ニックス)
「MSGでプレーするのは最高の気分だ」

◆ペジャ・ストヤコビッチ(ペイサーズ)
「キングスとペイサーズのファンはとても似ている」

◆TJ・フォード(バックス)
「2度とコートに立てないんじゃないかと思って何度も涙を流した」

◆グラント・ヒル(マジック)
「オーランドのファンには借りがあるから少しでも長くプレーを続けたい」

◆カーク・ハインリック(ブルズ)
「僕の最大の長所はディフェンス。ポジショニングには自信がある」
インタビュー/杉浦大介(フランシス、ストヤコビッチ、ハインリック)、三尾圭(フォード)、丹羽政義(ヒル)
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA (Steve Francis, Peja Stojakovic, Kirk Hinrich), KIYOSHI MIO (T.J. Ford), MASAYOSHI NIWA (Grant Hill)

★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ/超絶ダンクポスター
◆ネイト・ロビンソン/オールスター・スラムダンク・コンテスト優勝記念ポスター


★DS PRESENT @ May
人気レトロ系NBAグッズ、コビーもの、アイバーソンものまで大放出!(インターネットでも応募可能!)
★SCORE BOARD
NBA全30チーム月間レポート
★SUPER DUO STORY
ジュリアス・アービング&モーゼス・マローン
★世界選手権情報
世界選手権開催スケジュール&チケット発売情報
★Who is the Best?
プレゼント付き読者投票アンケート開催!
投票はこちら!

★REGULARS
★Sam's Chat Show
サム・キャセールのおしゃべり劇場
★Dancing in the NBA
クリッパーズのチアリーダー柳下容子コラム
★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のキャンパスライフ
★NBA MU-IMIDAS
アレンちゃん代表落ちの真相
★KICKS WOW!
最新スニーカー情報
★G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介
★DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入
★Basic of NBA
NBA基礎講座
★ON AIR PROGRAMS
テレビ放送スケジュール
★夢現
森下雄一郎・自筆コラム
★No Charge Area
ドウェイン・ウェイド――内に秘めた闘争心
★SCOOP SHOT
好漢エルトン・ブランド物語
★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/NYの憂鬱~LA逃避行
★FRONT LINE
情報最前線

★all court press2
読者のページ
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:414円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

3 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:672円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

4 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年12月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
見据える高み
青柳晃洋

TIGERS PHOTO TOPICS
頂への再始動
2021秋季練習
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

Pick up Interview
自信を膨らませる
島田海吏

虎番目線
デイリースポーツ 今西大翔
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

CSファーストステージ
2021PLAYBACK
2021タイトルホルダー

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.32 2021年11月

Next Generation Interview
自分にしかできないピッチングを
佐藤蓮

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.9
2021タイガース5部門分析
(投/打/走/守/作戦)
~上位3チーム直接対決展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第143回 高城れにさん(ももいろクローバーZ)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#9

虎風草 我が阪神の歳時記 12月December
オフなきオフ

念願の初制覇へ!
2021タイガースJr.メンバー紹介

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.10
対談Interview
三浦伊織×植村美奈子

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年12月02日発売

目次: BASEBALL FINAL 2021
日本シリーズ完全詳報

スワローズ、
日本一の飛翔。

[V監督が明かす采配の秘密]
高津臣吾「日本一のバスに乗せて」

[涙のフィナーレ]
村上宗隆「若き主砲の激情」

[神戸に散った知将の手腕]
中嶋聡「チームを再生させた3つの策」

日本シリーズ全6戦
完全詳報&徹底解説

第1戦 オリックス4-3ヤクルト 解説●宮本慎也
[シリーズ中インタビュー]
山本由伸「異変から大熱投へ」

[若きエースが語る躍進の1年]
奥川恭伸「勇気の呪文を胸に」

第2戦 オリックス0-2ヤクルト 解説●星野伸之
青木宣親「39歳、約束の職人芸」

第3戦 ヤクルト5-4オリックス 解説●与田剛
石山泰雅「シーソーゲームの救世主」

第4戦 ヤクルト2-1オリックス 解説●伊東勤
中村悠平「燕の要は攻めてこそ」

第5戦 ヤクルト5-6オリックス 解説●宮本慎也
太田椋「ワクワクし遂げた大仕事」

[キャプテン起死回生の一撃]
山田哲人「スタンド上段に叩き込んだ苦闘」

第6戦 オリックス1ー2ヤクルト 解説●伊東勤
川端慎吾「耐えて、待って、花は咲いた」

[〝14球の男〟が振り返る]
1995年と2021年「2つの死闘を貫くもの」


2021年の男たち

[驚異の20歳が語る]
佐々木朗希「約束された覚醒」

[今世紀初の新人3割&20発男]
牧秀悟「記録にも記憶にも残したい一打」

[若き日本の守護神]
栗林良吏「悔いのない、でき過ぎな1年」

[タイガーズ、V逸の先に]
佐藤輝明が背負ったもの

[メジャーへの思いを明かす]
鈴木誠也「トラウトにだって負けたくない」

[惜別インタビュー]
斎藤佑樹「これからもずっと野球とともに」

[鉄人18年戦記]
鳥谷敬「生き残るためには、出続けるしかなかった」

[退任インタビュー]
栗山英樹「本当の優しさは、厳しさの中にある」

[強竜復活への誓い]
立浪和義「古くもなく、新しくもなく」


[ビッグマッチ直前インタビュー]
村田諒太「運命の相手と、すべてを懸けて」



REGULARS
[新連載第2回]
池江璃花子 パリに向かって

[現役最終戦を語る]
ラストマッチ 荒木絵里香

BEYOND THE GAME
藤島大「名将・古葉竹識を悼む」」

荒磯親方、部屋をつくる

令和名棋士案内 阿久津主税

参考価格: 640円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/18
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

auto sport(オートスポーツ)

2021年11月26日発売

目次: 1点の重責
F1 全22戦中20戦終了時点で8点差

[絶対王者]LEWIS HAMILTON(MERCEDES)
[挑戦者]MAX VERSTAPPEN(RED BULL HONDA)
運命の最終2連戦


SUPER FORMULA 総集編
[チャンピオン対談]
野尻智紀 × 一瀬俊浩

世界的人気を誇るFIA GT3、GT4に続くか
GT2 優しい直線番長
アウディR8 / ポルシェ911
フェラーリ488 / ランボルギーニ・ウラカン
KTM X-BOW / ブラバムBT62

REPORT
F1 第19戦ブラジルGP / 第20戦カタールGP
WRC 最終戦モンツァ
RALLY セントラルラリー2021
スーパー耐久 最終戦岡山

特別付録
2022年スーパーGTカレンダー

参考価格: 690円

史上最強・最速のweeklyモータースポーツ・マガジン

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

月刊 ジャイアンツ

2021年11月24日発売

目次: 特別定価:650円(本体591円+税)

表紙:亀井善行
特別付録:松原聖弥27打席連続安打記念クリアファイル




Thanks9




<CONTENTS>
亀井引退大特集
 単独インタビュー
 message for カメ
 引退会見完全収録
 カメモリアルフォト
 マンスリー由伸

POSTSEASON GAME HIGHLIGHT
2021 JERA クライマックスシリーズ セ
 1stステージ
 ファイナルステージ

zoom in G
 坂本勇人 Hayato’s room
 岡本和真 2年連続2冠王

小谷のつぶやき
 引退 大竹 寛&野上亮磨

G-Shots in みやざきフェニックス・リーグ

ヤングG直撃インタビュー 中山礼都

G党 林家三平師匠「ど~も すいません」

G RESEARCH 「5月号の公約達成できましたか?」

本誌Executive Editor
 岩橋玄樹 G-BALLPARK

東京ドームなび
スタジアムアナウンサーエッセー「声に込めて」 山本菜月
ピンナップ ポスター&カレンダー 亀井善行
読者プレゼント
リレーインタビュー 太田 龍×戸田懐生
オレココ! 萩原 哲
2021VENUS MY MEMORIAL PHOTO
PLAYBACK 月刊プロ野球! さまぁ~ずスタジアム
我ら広報部!
3軍リポート
裏方さんこんにちは… 水留直輝トレーナー
─女子野球応援企画─ 輝け! ヴィーナスたち
ジャイアンツカップへの道 
 甲府中央ボーイズ/大津瀬田ボーイズ
読者が作る Field of Giants
GIANTS SCOREBOARD
2021GIANTSセ・リーグ全試合結果
2021GIANTSイースタン・リーグ全試合結果
GIANTS TOPICS
2022年2月号予告/Editor’s room

読売巨人軍監修 レギュラーからファーム・3軍まで、GIANTS情報がギッシリ!

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌