DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 211 〜 225 件を表示
785円
■NBA PLAYERS' DATA BOOK


--------------------------------------------------------------------------------


特別付録
2004-05シーズン選手名鑑&個人成績
現役NBA選手の個人データを凝縮したスペシャル・ブックレット。名前、チーム、プロフィールはもちろん、過去の受賞歴、レギュラーシーズンとプレーオフの個人成績を完全網羅したどこよりも充実したプレーヤー・ガイドブック。収録選手はなんと200人以上!



■BIG SURPRISE!


--------------------------------------------------------------------------------


序盤のNBAを襲った7つの衝撃
開幕後約2か月が経過したが、今季のNBAは異変続きだ。東西の首位候補がもたつくのを尻目に、キャブズ、マジック、ウィザーズの伏兵が台頭。西に至ってはソニックス、サンズが勝率8割超で突っ走る有様だ。その他、得点王ランクにも新たな顔ぶれが加わった。これら、序盤のNBAを大いに揺るがせる、7つの衝撃を大特集する。

I ワイルド・ウエストを揺るがす台風の目
II 東部首位戦線に異状アリ
III 得点王争いに押し寄せる世代交代の足音
IV ヴィンス・カーター/訣別の時
V 新興勢力の明と暗
VI レブロン・ジェームズ/驚異的成長の陰に
VII ドワイト・ハワード/高卒新人ハワード 奇跡の成功

●PHOENIX SUNS & SEATTLE SUPERSONICS


ワイルド・ウエストを揺るがす台風の目
リーグ屈指の強豪チームが揃うウエストに、2大新興勢力が出現! 昨季はプレーオフ出場さえ叶わなかったサンズとソニックスが、各チーム20試合消化時点で何と、共に17勝3敗で全体首位につけている。戦前予想を大きく覆す両チームの快進撃。まずはハイパー・オフェンスでNBAを席捲するサンズからその秘密を解き明かそう。


●NEW CHAMP IS BORN?


【得点王レース特集】世代交代の時
優勝の行方とともに注目を集める得点王争いが例年にない展開を見せている。アイバーソン、シャック、T-MACのタイトルホルダーが不調で、上位にはニューフェイスがズラリ。新王者が誕生する予感が漂い始めているのだ。


●AMARE STOUDEMIRE
 GOING TO GET BETTER


アマレ・スタッダマイアー・インタビュー/
向上心の塊
開幕前にサンズの好発進を予想していた人間がいただろうか? まさに誰も信じられないような怒涛の快進撃。その立役者となっているのが3年目のPF、アマレ・スタッダマイアーだ。しかし、若きエースは好成績を残す現状にも満足した様子はない。「もっと上を目指す」。溢れんばかりの向上心で自身とチームをさらなる高みへと導くつもりだ。


●VINCE CARTER


ヴィンス・カーター/訣別の時
オフに移籍願望を公にして以来、ヴィンス・カーターの周囲は常に慌ただしかった。トレーニングキャンプ当初こそ、一旦はその報道を打ち消す発言をしたカーターだが、いざ開幕を迎えてみればプレーに精彩を欠き、エースの不振に引きずられるかのようにラプターズも迷走状態に陥っている。もはやカーターとチームが関係を修復するのは不可能。ここに来てトレード話が再燃したのも必然と言える。「Xデー」は間もなく訪れるだろう。トロントのファンにまで愛想を尽かされた"エアカナダ"はいつ、どこへ旅立つのか?


●田臥勇太


電撃解雇速報&この1か月の動き
何よりも大事なのは、シーズンを通してサンズのロースターに残ること。故障者リストでもいい。NBA選手でいられるならば、貴重な経験が積める。そう語っていた田臥勇太に12月18日、非情の通告が下った。突然の解雇。ひたすら練習に励み、ベンチで試合を見て、NBAのスタイルを吸収してきたこの1か月。雌伏の時を経て、再びコートに戻ってきたばかりだったのだが……。相思相愛と思われたサンズとの関係になぜ終止符が打たれたのか。そして田臥は今後、どうなるのか。

●LEBRON JAMES


驚異的成長の陰に
2年目を迎えたレブロン・ジェームズが、格段の進歩を印象づけるプレーを開幕から続けている。平均得点を筆頭に、アシスト、リバウンドといった主要カテゴリーの数字が軒並みアップ。そんなレブロンに率いられたチームの方も、念願のプレーオフどころか上位シードが狙えるまでの好成績を残している。"キング"の異名を取る怪童が急成長した要因。その秘密を明らかにする。

■THE PLAYER GUIDE #3
  ALLEN IVERSON


--------------------------------------------------------------------------------


アレン・アイバーソン完全解剖
リーグ屈指の点取り屋として知られるアイバーソンが、今季別の意味で注目されている。7年ぶりのPG復帰。ルーキー時代は点を獲ることに固執するあまり、司令塔としては今ひとつ機能できなかったが、今回は違う。ベテランとして新境地に達した"ジ・アンサー"の、現在の実力を完全解剖する。

■SG SUPER ANALYSIS


--------------------------------------------------------------------------------


シューティングガード大研究
11月号で行なったPG大研究に続いて、今回はシューティングガード(SG)を取り上げる。SGの歴史も振り返り、代表的選手であるソニックスのレイ・アレンに極意を聞く。さらに現役SGを様々なタイプに分類し、最新の実力ランキングも発表。SGの特徴、こなすべき役割など多角的に考察する。


●DS PRESENT @ February


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・ジェームズ・シグネチャーシューズが登場!

●BIGポスター


--------------------------------------------------------------------------------

アレン・アイバーソン/フェニックス・サンズ



●DUNK RANKING 2005


--------------------------------------------------------------------------------

爆裂ダンクランキング2005

●THE STREET LEGENDS


--------------------------------------------------------------------------------

日米ストリートレジェンドが激突!!

●Get Free Style


--------------------------------------------------------------------------------

『NBAライブ2005』のスラムダンク・コンテスト攻略法

●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

NBA全30チーム月間レポート

●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

スーパーデュオ列伝
(ティム・ダンカン&デビッド・ロビンソン)

●NBA SEMINAR


--------------------------------------------------------------------------------

NBA初心者講座

●Did you know?


--------------------------------------------------------------------------------

知って得するNBAスタッツ雑学15
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
ヒルの復活で好調マジックに三角関係勃発!?

●PENETRATE WITH DA MIC
bjリーグに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
ロン・アーテスト/
デニス・ロッドマンになれなかった無法者

●SCOOP SHOT
コビーが直面する現実

●NBA in your face
フィル・ジャクソンが自著で
レイカーズの内幕を暴露

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■YUTA TABUSE Rising Sun


--------------------------------------------------------------------------------


特別付録
オールカラー24ページ!
日本人初NBAプレーヤー 田臥勇太のすべて
日本人初のNBAプレーヤー、田臥勇太のスペシャルブックを緊急特別付録! オールカラー全24ページに渡る永久保存版。フォトコレクション、デビュー戦レポート、バイオグラフィー他、NBAプレーヤー田臥のすべてを凝縮した。

●PHOTO COLLECTION 写真集
●NBA Debut! その瞬間、NBAの歴史に新たな1ページが加わった
●He did it サマーリーグから開幕ロースター入りまでの4か月
●Congratulations! サンズ、JBL関係者からのお祝いコメント集
●Game by Game 開幕4戦目で故障者リストへ。いきなり迎えた試練
●Be Like Phoenix 緊急レポート・田臥勇太の今後を占う
●THE RECORDS 田臥勇太記録集
●PERSONAL DATA 田臥勇太パーフェクトガイド
●Why Suns Choose TABUSE? NBA入りの真相を探る
●This is Phoenix Suns! サンズとはどんなチームなのか?
●Featuring YUTA 田臥出演CM集
●THE PIONEER BIOGRAPHY 田臥勇太ストーリー



■THE PIONEER


--------------------------------------------------------------------------------

田臥勇太独占インタビュー
衝撃のNBAデビューを語る
11月3日、日本に衝撃的ニュースが流れた。「田臥勇太がついにNBAデビュー!」。この快挙を受け、『ダンクシュート』は日本人初のNBAプレーヤー、"YUTA TABUSE"に緊急インタビューを敢行。本人に、歴史的瞬間を振り返ってもらった。

■It's Game Time!!


--------------------------------------------------------------------------------


2004-05シーズン開幕スペシャル
約4か月に及ぶオフシーズンを経て、NBAの新シーズンが11月2日からスタートした。初の日本人NBAプレーヤー田臥勇太のデビューはもちろん、開幕からNBAは早くも盛り上がりを見せている。波乱に満ちた序盤戦の模様を『ダンクシュート』はどこよりも濃密な内容でお伝えする。

★NBA 30 Teams' Power Check 全30チーム序盤戦実力完全査定
★Allen Iverson 屈辱からの復活
★Rasheed Wallace 辿り着いた楽園
★Lebron James Player Guide レブロンの実力を完全解剖
★New Comers Check 移籍選手活躍度チェック
★NBA Power Ranking NBA30チーム最新ランキング
★Kobe Bryant 再建への道のり
★Tracy McGrady 勝者の証を求めて
★Carmelo Anthony 待望を抱く新シーズン
★Charlotte Bobcats ベールを脱いだ新球団
★Mr. Average! 今季のNBAで最も平均的な選手を探せ!

■ALLEN IVERSON Run Again


--------------------------------------------------------------------------------


アレン・アイバーソン/屈辱からの復活
TEXT by MARC NARDUCCI
TRANSLATION by MADOKA SHIBATA
昨季、プレーオフ不出場という屈辱のシーズンを送ったアイバーソンが燃えている。エリック・スノウの放出、ジム・オブライエン新HC招聘、SGからPGへのポジション転向と、新たな環境に身を置く今季は心機一転のシーズンとなる。そんな中、本人は開幕初戦から30点超えの爆発。NBAの風雲児がリベンジを期す。

■RASHEED WALLACE SPECIAL INTERVIEW


--------------------------------------------------------------------------------


ラシード・ウォーレス/辿り着いた楽園
INTERVIEW by TERRY FOSTER
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
ブレイザーズ時代はエースを務めながら、「ここ一番では頼りにならない男」とのレッテルを貼られたラシード・ウォーレス。しかし、彼に対する評価はピストンズ移籍でガラリと変わった。内外問わずにプレーできるオールラウンダーぶりと、チームプレーに徹する献身的な姿勢で優勝に貢献。数々の苦難の末に、ようやくラシードは、自らの求める楽園に辿り着いた。

■THE PLAYER GUIDE #2 LEBRON JAMES


--------------------------------------------------------------------------------


レブロン・ジェームズ完全解剖
ANALYSIS by CHET KAMMERER
COOPERATION by KIYOSHI MIO
昨季のレブロンは高卒新人ながら、カレッジ出身のプレーヤーをも上回る驚異の成績を残した。今季も序盤から好調なプレーぶりで、スーパースターへの階段を一歩一歩着実に駆け上がっている。次代のNBAを背負って立つ大器、レブロンのプレーの秘密とそのバスケットボール人生を徹底究明する。

■KOBE BRYANT Rebuilding Effort


--------------------------------------------------------------------------------


コビー・ブライアント/再建への道のり
TEXT by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by KEIICHI OBI
開幕直後のレイカーズはどうにも煮えきられない戦いが続いた。快勝もあれば完敗もあり、連勝もあれば連敗もある。新体制、新メンバーで臨む今季は試行錯誤の1年とはいえ、常勝軍団に低迷は許されない。待望のエースとなったコビーを中心に王国再建をなす他に道はないのだ。

■TRACY McGRADY Ready to Prove


--------------------------------------------------------------------------------


勝者の証を求めて
TEXT by SEAN DEVENEY
TRANSLATION by KEIICHI OBI
優勝という究極のゴールを目指すため、T-MACはロケッツへ移籍した。だが、その選択は本当に正しかったのだろうか? アメリカ・スポーツ専門誌の権威『スポーティングニューズ』のバスケットボール担当コラムニスト、ショーン・ディビニー氏が、今季のT-MACとロケッツの可能性を探った。


●DS SUPER BIG PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

毎年恒例 スーパービッグプレゼント

●BIGポスター


--------------------------------------------------------------------------------

田臥勇太開幕デビュー戦/ケビン・ガーネット

●04-05 NEW DOPE KICKS
 COMPLETE GUIDE 32


--------------------------------------------------------------------------------

最新バスケットボールシューズガイド

●CHAMBER of FEAR


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン新CM公開記念プレゼント!

●REEBOK×ALL NBA JERSEY


--------------------------------------------------------------------------------

リーボックが全30チームのジャージーを発売

●Get Free Style


--------------------------------------------------------------------------------

待望の『NBAライブ2005』が登場!

●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

NBA全30チーム月間レポート

●THE COLLEGE HISTORY


--------------------------------------------------------------------------------

ルイジアナ州立大タイガース

●Trick Night


--------------------------------------------------------------------------------

『AND1 Mix Tape Tour 2004』完全レポート

●NBA SEMINAR


--------------------------------------------------------------------------------

NBA初心者講座

●Did you know?


--------------------------------------------------------------------------------

知って得するNBAスタッツ雑学15
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
田臥効果で日本に
再びNBAブーム到来?

●PENETRATE WITH DA MIC
特別編:AND1イベントに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
KG――妥協を知らない男

●SCOOP SHOT
ドゥエイン・ウェイド2年目の課題

●NBA in your face
フィル・ジャクソンが自著で
レイカーズの内幕を暴露

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■2004-05 SEASON NBA SPECIAL BOOK


--------------------------------------------------------------------------------


特別付録
NBA全30チーム パーフェクトガイド
全30チームの最新チーム情報を詰め込んだスペシャルブックを特別付録! 最新ロースター&個人成績、スケジュール、チーム成績、戦力分析などなど、注目選手の写真も満載でお届けする。



■Get Ready? 2004-05 SEASON SUPER PREVIEW


--------------------------------------------------------------------------------


NBA新シーズン開幕総力特集
大物選手の移籍が相次ぐ激動のオフを経て、NBAは新シーズンの開幕を迎えんとしている。絶対的な支配力を持つチームは不在。誰もがスタートラインの位置についた状態だ。混沌を制し、頂点を極めるのは誰なのか? 開戦の号砲はまもなく、放たれる!


■START UP!


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太in SUNS
TEXT & PHOTOS by KIYOSHI MIO, CRAIG MORGAN
TRANSLATION by KEIICHI OBI
フェニックス・サンズに入団した田臥勇太が語る「本当の戦い」がいよいよ開幕を迎えた。自身が目標に掲げる開幕ロースター入りに向け、テスト期間は1か月。我が『ダンクシュート』は10月初旬から始まったトレーニングキャンプ、そしてプレシーズンゲームに完全密着し、田臥のNBA挑戦第2章を追った。今や彼はチームメイトも一目を置くサンズのメンバー。それを裏付ける現地記者のスペシャルコラムも合わせてお届けする。

■KOBE BRYANT ALL NEW CHALLENGE


--------------------------------------------------------------------------------


コビー・ブライアント・スペシャルインタビュー/
新帝王の誓い
TEXT by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by RINA KATO
長きに渡る裁判、シャキール・オニールとの決別――。一つ壁を乗り越えればまた一つと、コビー・ブライアントには常に試練が付きまとう。シャックのヒート移籍により、レイカーズのチーム力は明らかに低下した。だが、新生レイカーズの若きリーダーは、不安どころかその逆境を糧に野心の炎を燃やしている。コビーが現在の心境と今季への意気込みを語った。

■LeBron James Next Vision


--------------------------------------------------------------------------------


レブロン・ジェームズ・スペシャルインタビュー/
決意の2年目
TEXT by BRIAN WINDHORST
TRANSLATION by MADOKA SHIBATA
レブロンが燃えている。「このチームなら40勝、50勝だって夢じゃない」。1年目の昨季は具体的な目標を口にすることは少なかったが、今季は違う。リーダーとして明確なビジョンを示し、それに向かう決意とともにコートを疾走するつもりだ。

■2004-05 SEASON PREDICTION


--------------------------------------------------------------------------------


東西カンファレンス展望
EASTERN CONFERENCE
ピストンズ、ペイサーズの2強に、シャックを獲得して戦力を増強したヒートはどう挑むのか? 本場アメリカの専門誌『スポーティング・ニューズ』で健筆を振るうショーン・ディビニー氏に、イースタンの覇権争いを占ってもらった。

WESTERN CONFERENCE
シャック流出によって、「レイカーズは優勝候補ではなくなった」とディビニー氏は言う。レイカーズの王朝が終わりを告げ、キングスが内部崩壊を起こしかけている今、ウエスタンはスパーズ、ウルブズの2強時代に移ろうとしている。

■THE PLAYERS GUIDE #1 KEVIN GARNETT


--------------------------------------------------------------------------------


今季MVP筆頭候補、KG完全解剖
ANALYSIS by CHET KAMMERER
COOPERATION by KIYOSHI MIO
昨季のシーズンMVPを獲得したことで、一プレーヤーとしての頂点に到達した感のあるKG。今季はレイカーズ、キングスの地盤沈下により、自身の掲げるNBA制覇という目標も一層現実味を帯びてきている。2年連続MVPをも視野に捉えるKGの実力を分析すると共に、そのすべてを徹底解剖する。

■The BATTLE 2K5


--------------------------------------------------------------------------------


今季注目の5大バトル

今季のNBAも、様々な戦いが勃発する予感に溢れている。激しい争いが見られること必至の『今季注目のバトル』にスポットを当て、5つのストーリーをお送りする。

●BATTLE 1 SCORING RACE

得点王争いを制すのは誰だ!?
TEXT by MASAYOSHI NIWA
NBAに個人タイトルは数あれど、最大の注目を集めるのは得点王に他ならない。パワープレーやアウトサイドショットなど、得意とする術は人それぞれだが、毎試合のように25~30点、時には40~50点もの高得点を叩き出すハイスコアラーの存在は、見る者にゲームの魅力とはまた違った楽しみを与える。今季、この輝けるスコアリング・タイトルを手にするのは一体誰なのか? 候補者たちの"可能性"と得点王レースの行方を占う。

●BATTLE 2 Which is UNDERDOG?

因縁再燃! シャックvsピストンズ
TEXT by IRA WINDERMAN
TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI
今年の6月、ピストンズはNBAファイナルで歴史に残るアップセットを演じた。だが、下馬評を見事に覆して見せた王者も、対戦相手レイカーズの大黒柱、シャキール・オニールだけは封じられなかった。一方のシャックは決して自分のせいで負けたわけではないのに、気が付けば優勝を逃したスケープゴートにされ、LAを去った。そんな両者が今季はイーストの覇権を巡り、完全決着を図る。本当に格下(=UNDERDOG)なのは一体どちらなのか?

●BATTLE 3 T-MAC & YAO vs DUNCAN & PARKER War in Texas

T-MAC&ヤオvsダンカン&パーカー/最強デュオはどっちだ?
TEXT by ART GARCIA
TRANSLATION by KEIICHI OBI
バックコートとフロントコートに有能な人材を配し、今季の注目株に挙げられる2つのチームがある。ティム・ダンカン&トニー・パーカーのスパーズと、トレイシー・マッグレディ&ヤオ・ミンのロケッツだ。くしくも両者は同じサウスウエストに属し、その戦いはディビジョンの攻防だけに止まらず、チャンピオンリングの行方をも左右しかねない。テキサス州が誇るトップデュオのポテンシャルはどちらが上位なのか? 両者の実力をオフェンス面、ディフェンス面など5つのカテゴリーで多角的に考察していこう。併せて今季注目のデュオも紹介する。

●BATTLE 4 Allen Iverson vs Vince Carter

アレン・アイバーソンvsヴィンス・カーター/復活に賭ける"超人"と"鳥人"
TEXT by MITSUHIRO MIZUNO
アレン・アイバーソンとヴィンス・カーター。2人は今季からアトランティック・ディビジョンで対決する。昨季は共に精彩を欠き、プレーオフを逃した。もう同じ過ちは許されない。幸いにしてディビジョンは本命不在。チームを再浮上させ、個人の輝きも取り戻す絶好のチャンスだ。超人と鳥人は完全復活を賭けたレースに挑む。

●BATTLE 5 LEAVING N.J.

ジェイソン・キッドがネッツ・フロントに反旗!
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
「僕らは今年も来年も優勝はできない。今の戦力ではね」。新たなスタートに向けて抱負を語るはずのキャンプ前日、ジェイソン・キッドは衝撃の言葉を口にした。直接的な表現こそ避けたが、オフの間にチームを解体した新経営陣に対する不信感は根強く、もはや隠そうともしない。ネッツに来てから3年連続でチームにディビジョンタイトルをもたらした男は、このままニュージャージーを去ってしまうのか?

■Good-by, Scottie


--------------------------------------------------------------------------------


スコッティ・ピッペン/
史上最高のNo.2コートを去る
マイケル・ジョーダンと共にブルズの栄光を支えたスコッティ・ピッペンが引退を決めた。現役生活の晩年を苦しめた度重なる故障がその原因だった。ブルズを復活させるべく古巣に戻ったが、その望みは叶わず。だが、ピッペンに後悔の念はない。自分のすべては出し尽くした。さようなら、史上最高の№2よ――。

■スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太/コビー・ブライアント


●DS PRESENT @ December


--------------------------------------------------------------------------------

田臥のサンズ・ジャージーなど豪華プレゼント大放出!

●Who's the Real Man?


--------------------------------------------------------------------------------

2004ルーキー開幕直前実力診断

●6 Divisions Coming Soon!


--------------------------------------------------------------------------------

NBAが6ディビジョン制に変わる

●All Team Camp Report


--------------------------------------------------------------------------------

全30チーム・キャンプレポート

●2003-04 NBA Oops Ranking


--------------------------------------------------------------------------------

ジャンプボール王決定戦他、NBA非公認ランキング

●Take a Chance!


--------------------------------------------------------------------------------

ABAトライアウトに宮田諭と阿部理の2人の日本人が挑戦!

●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

ショーン・ケンプ&ゲイリー・ペイトン
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
神聖レイカーズで"三権"を独占した帝王コビーの今季は?

●NBA MU-IMIDAS
祝連載100回達成!なのにキングスでは
クリスとペジャが全面対決

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/アンサー8他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●PENETRATE WITH DA MIC
スポーツ・アイ ESPNに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
T-MAC、25歳の「真実」

●SCOOP SHOT
優勝候補ペイサーズが今季下すべき決断

●NBA in your face
賢者5人が優勝チームを大予想

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
【2004-2005 NBA COMPLETE GUIDE】
・NBA30チーム完全ガイド&カラー選手名鑑
EAST/WESTカンファレンス各チーム紹介(ボリュームUP)
・TRADE&FA Check 今オフ主要移籍選手早見表
・Season in The Sun 田臥勇太
・04ー05シースン個人アウォード&主要個人タイトル完全予想
・03-04シーズン&オールタイム記録集  など
*特別付録(NBAスーパースター特大両面ポスター)付き
785円
■Who's the Best Talented Team?


--------------------------------------------------------------------------------


全チームのタレントレベルを徹底解剖
TEXT by TAKEO IZUMI
オフに力を増強させたチームもあれば、残念ながら戦力アップならずというチームもある。補強の成否を測るものは新加入した選手個々のポテンシャルが高いかどうかという点にあり、それこそが来季を戦う上での重要ファクターとなる。『ダンクシュート』では全チームの全選手の個人能力=タレントレベルを徹底解析。それを元に30チームのランキングを作成した。

■BIG DEAL!


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太・サンズと正式契約!
TEXT by KIYOSHI MIO
NBA挑戦を表明してから1年。田臥勇太がまた一歩、夢の実現に向けて前進した。サマーリーグでプレーしたフェニックス・サンズと9月6日、正式契約を結んだのだ。現時点では開幕ロースター入りが約束されているわけではない。しかし昨年、トレーニングキャンプを前に契約を結んだナゲッツよりは遥かに高待遇だという。その契約内容を公開するとともに、田臥が日本人初のNBA選手としてコートに立つための条件を挙げてみた。

■TRACY McGRADY


--------------------------------------------------------------------------------


トレイシー・マッグレディ・インタビュー
超一流への階段
TEXT by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by NORIKO CHIDA
オールスターに4年連続で出場し、2年連続得点王獲得、リーグのべスト5にもすでに2度選出された。弱冠25歳でこれだけの成功を収めながら、T-MACはどこか満たされぬ気持ちでいる。一見完璧に見える彼のキャリアに欠けているもの、それはチャンピオンシップ獲得だ。今オフのロケッツへの移籍も、すべてはそこに原因があった。

■No Dream, No Gold


--------------------------------------------------------------------------------


アテネで起きた悪夢
王国の権威が失墜した。8月15日から28日にかけて開催されたアテネ・オリンピックでアメリカは銅メダル止まり。金メダルが至上命令の同国にとって、これは惨敗を意味する。5人の識者が苦戦続きだった全試合を振り返り、敗因と覇権奪回へのメンバーを探る。
■徹底分析・スティーブ・カーなど識者5人がUSAの敗因を探る
■覇権奪回に必要な選手は誰?
■準決勝USAvsアルゼンチン試合レポート
■3位決定戦USAvsリトアニア試合レポート
■準々決勝USAvsスペイン試合レポート
■予選全試合レポート

■LAMAR ODOM


--------------------------------------------------------------------------------


ラマー・オドム・インタビュー
「レイカーズでプレーするってのはバスケットボール選手にとって特別なことなんだ」
TEXT by IRA WINDERMAN
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
電撃トレード、オリンピック参加など、このオフのオドムは気の休まる間もないほど多忙だった。アテネでは残念な結果に終わったが、移籍先のレイカーズは子供の頃の憧れの選手、マジック・ジョンソンがプレーした名門。オリンピックの悔しさを吹き飛ばそうと、オドムは新天地でのプレーを心待ちにしている。

■DUNK RANKING 2004


--------------------------------------------------------------------------------


2003-04ダンク王選手権
人智を超えるプレーが続出するNBAにおいて、ダンクは究極の必殺技に挙げられる。2mを上回る大男たちが重力に逆らい宙を舞う姿は多くの人々の目を釘付けにし、NBAの普及と発展を後押ししてきた。そんなダンカーたちを讃えるべく、『ダンクシュート』は昨季の通算成功本数をもとにダンクランキングを作成した。真のNBAダンク王は果たして誰の頭上に? その他にも、これまで表に出ることがなかったダンクに関するランキングを一挙発表する!

■PG SUPER ANALYSIS


--------------------------------------------------------------------------------


古今東西ポイントガード大研究
今、NBAで司令塔の存在がクローズアップされている。NBAは様々なタイプのPGが氾濫し、まさしく群雄割拠。スコアリング、スピード、オールラウンダーなど、それぞれに特性があり、誰もがNo.1を目指してしのぎを削っている。稀代の天才PGジェイソン・キッドのインタビューを皮切りに、PGの歴史、現代PGのタイプ、ランキングなど多角的に大研究する。
■ジェイソン・キッド・インタビュー/司令塔の極意
■NBAポイントガード進化論
■タイプ別現役ポイントガード大図鑑
■現役PGランキング

■画像ポスター1、ポスター2


--------------------------------------------------------------------------------


スペシャル両面ポスター
USA代表アレン・アイバーソン/田臥勇太サンズ契約記念


●CHECK the BOBCATS!


--------------------------------------------------------------------------------

注目の新球団ボブキャッツの1年目を完全予測!

●三本線vsスウッシュ
  全62足新作カタログ


--------------------------------------------------------------------------------

アディダスとナイキ(エア・フォース1&ダンク)の新作モデルを一挙公開!

●STRRET JACK!


--------------------------------------------------------------------------------

AND1ミックテープ・ツアー日本初上陸

●Hoops Summer


--------------------------------------------------------------------------------

毎日新聞主催3on3大会レポート

●DS PRESENT @ November


--------------------------------------------------------------------------------

チームUSAジャージーなど豪華プレゼント大放出!

●TRADE CHECK!!


--------------------------------------------------------------------------------

今オフのトレードを総チェック!

●FREE AGENT LIST


--------------------------------------------------------------------------------

今オフのトレードを総チェック!

●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

ジョージア工科大イエロージャケッツ

■REGULARS
●NBA MU-IMIDAS
アテネ敗戦で落ち込むアレンを
ママがフォロー

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
レブロンの新作モデル他

●PENETRATE WITH DA MIC
リーボックジャパンに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
私だけが知っている・ティム・ダンカン

●SCOOP SHOT
失意のシーズンを乗り越え76ersが
来季復活する!

●NBA in your face
チーム改革の功罪

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■NBA SUPER STAR CATALOG


--------------------------------------------------------------------------------


特別付録
現役32人・レジェンド24人完全データブック
現代NBAを彩るスタープレーヤーと歴史に名を残すレジェンドプレーヤー。誰もが認めるスーパースターばかり50人余りを大特集! プロフィール、データ、通算成績、記録を一冊の付録に凝縮した。その名も『NBAスーパースターカタログ』。これさえ読めば古今東西のNBAスターがすべてわかる、永久保存版の完全データブックだ。



■BURNING SUMMER


--------------------------------------------------------------------------------


NBA30チーム最新戦力診断
シャック、T-MACをはじめ、オフの間に大物の移籍が相次ぎ、リーグの勢力図は大きく塗り替えられた。現時点で強豪と呼べるのはどのチームなのか。『ダンクシュート』は最新ロースターを元に、全チームの戦力を徹底診断する。

■HEAT UP!! SHAQUILLE O'NEAL


--------------------------------------------------------------------------------


シャキール・オニール・インタビュー
怪物が語る「世紀の移籍劇」の真相
TEXT by IRA WINDERMAN
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
現役最強センター、シャキール・オニールが移籍――。この影響は当事者であるレイカーズとヒートの2チームに止まらない。NBA史上でも最高と言われるその支配力が排除されたことにより、ウエストのビッグマンはホッと息をつき、逆にこれまで無風地帯だったイーストのペイントゾーンは、シャックという脅威にさらされることになる。それにしても、「LAに骨をうずめる」とまで言っていたシャックが、なぜ移籍を決断したのか。その真相を本人の口から語ってもらおう。

■ONE-MAN SHOW KOBE BRYANT


--------------------------------------------------------------------------------


コビー・ブライアント 孤独な挑戦
TEXT by YOICHIRO KITADATE
シャックの独裁を激しく嫌い、レイカーズが自分中心のチームとなることをコビーは強く願っていた。フィル・ジャクソンHCという眼の上のたんこぶも去った今、コビーの邪魔をする者はもはやレイカーズにはいない。しかし、それでチームが勝てるかというと話は違ってくる。シャックというビッグマンを失いチーム力は昨季より下がった。それでも、コビーはプレッシャーを跳ね除けて勝利を収め、歴史に残るスーパースターとなれるのか?

■SPECIAL INTERVIEW STEVE NASH


--------------------------------------------------------------------------------


Sスティーブ・ナッシュ 苦渋の決断
TEXT by ART GARCIA
TRANSLATION by NORIKO CHIDA
ダラスに移籍してきて6シーズンの間に、スティーブ・ナッシュは弱小に過ぎなかったマブズをノウィツキー、フィンリーらとともに、猛者揃いのウエストでも強豪に仕立て上げた。しかしFAとなった今オフ、熱心な勧誘を続けるサンズに比べどこかマブズの対応は冷淡だった。自分を必要とするチームでプレーしたい、そう思ったナッシュは親友2人を置いてチームを去る決断をした。

■MILE HIGH ENERGY KENYON MARTIN


--------------------------------------------------------------------------------


ケニョン・マーティン
新天地での誓い
TEXT by MARC SPEARS
TRANSLATION by KEIICHI OBI
2000年のドラフト全体1位でNBA入りしたケニョン・マーティンは、4年間在籍したネッツを離れ、FAで新天地デンバーへと旅立った。移籍の経緯はサイン&トレードだが、それはあくまで形式上のこと。実際は愛して止まなかったニュージャージーに対するマーティンの失望感が大きく作用していた。「今は変化の時」と語ったその顔には未練のかけらも見られない。2度のファイナル経験を誇るNBAきってのハードワーカーは、リミット知らずのエネルギーでナゲッツに熱を呼び込もうとしている。

■TWO FACED CARLOS BOOZER


--------------------------------------------------------------------------------


カルロス・ブーザー
裏切り者と呼ばれて
TEXT by BRIAN SCHMITZ
TRANSLATION by KEIICHI OBI
まさに灰色の決着。来季で3年目を迎えるカルロス・ブーザーはキャブズ残留という大方の予想を180度覆し、ジャズの高額オファーに対して首を縦に振った。わざわざ制限付きFAにして「あげた」キャブズは騙されたと憤っている。あくまでもフェアな契約をしただけと反論するのも空しく、ブーザーはNBA史上に残る裏切り者として、一躍脚光を浴びることになってしまった。

■SURPRISE START


--------------------------------------------------------------------------------


アテネ五輪開幕レポート 金メダルへの険しき道
NBA軍団"ドリームチーム"がオリンピックの初戦、プエルトリコ戦でよもやの敗戦を喫した。続くギリシア、オーストラリアとのゲームでも圧倒的な強さを見せられない。王者の風格はどこへ……。苦戦続きとなったアメリカの開幕3戦を振り返る。


●STEVE FRANCIS


--------------------------------------------------------------------------------

スティーブ・フランシス・インタビュー

●DWYANE WADE


--------------------------------------------------------------------------------

ドゥエイン・ウェイド・インタビュー

●BIGGEST MOVES?9


--------------------------------------------------------------------------------

MVPと得点王は新天地でも成功する?

●MAX WORLD


--------------------------------------------------------------------------------

MAX契約選手ランキング

●2004 OFFSEASON POWER RANKING


--------------------------------------------------------------------------------

最新NBAパワーランキング発表!

●ENTERTAINMENT & REAL


--------------------------------------------------------------------------------

ストバスの聖地を直撃取材!

●HELLO, STEVE!


--------------------------------------------------------------------------------

スティーブ・フランシス来日密着レポート

●FAN FIESTA!


--------------------------------------------------------------------------------

NBAスターのオフのイベント・トピックス

●THE SUN RISE?


--------------------------------------------------------------------------------

田臥勇太のサンズ入りの可能性を探る

●THE STREET BALL


--------------------------------------------------------------------------------

『ジャパン・フープ・イット・アップ』レポート

●DS PRESENT @ OCTOBER


--------------------------------------------------------------------------------

シャックのヒート・ジャージーほかNBAグッズ大放出!

●2004-05 SEASON SCHEDULE


--------------------------------------------------------------------------------

04-05シーズンNBAスケジュール&
注目ゲームプレビュー

●TRADE CHECK!!


--------------------------------------------------------------------------------

このオフに行なわれたトレードを総チェック

●FREE AGENT LIST


--------------------------------------------------------------------------------

FA選手の契約状況が一目でわかる

●FA用語辞典


--------------------------------------------------------------------------------

FA、トレードなどに関する重要用語を解説

●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

スーパーデュオ列伝/
アイザイア・トーマス&ジョー・デュマース
■REGULARS

●スペシャル両面ポスター
アメリカ代表チームポスター/
ルーキートリオ(レブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニー、ドゥエイン・ウェイド)

●NBA MU-IMIDAS
祝連載100回達成!なのにキングスでは
クリスとペジャが全面対決

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/ショックスVC3他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●PENETRATE WITH DA MIC
ジョーダンコートに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
シャキール・オニールという男

●SCOOP SHOT
リチャード・ハミルトン「栄光への疾走」

●NBA in your face
成功を掴んだナゲッツとヴァンダウェイGM

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■TRADE SHOW


--------------------------------------------------------------------------------


移籍市場本格始動!
いつになく大物の移籍の噂が飛び交うオフシーズンだったが、7月1日のFA交渉解禁日が近づくと、その流れはもう止まらなくなった。T-MACとフランシスの大型トレードに続いて、解禁日にはナッシュがサンズ移籍を決断。シャックはレイカーズに三行半を突きつけマイアミへ。この移動に伴い、オドム、B・グラント、C・バトラーがLA上陸。さながら民族大移動の感もある今オフの移籍市場を総チェックする。

●シャック移籍でレイカーズはコビー体勢へ
●レイカーズ、ヒートの来季を占う!
●T-MACとフランシスの電撃トレードが成立
●その他の移籍情報
●FA用語の基礎知識

■2004 BEST PLAYER RANKING 100


--------------------------------------------------------------------------------


NBA最強100選手ランキング
昨季の最強チームはピストンズで決着した。では、最強のプレーヤーは誰なのか? 『ダンクシュート』は、選手の個人成績を元に真の実力をランキングする独自の公式を考案。これにより、チーム力に左右されずにあくまで個人の実力だけを公平に測ることに成功。上位にランクインした『2004年版NBA最強の100人』を大発表する!

■Climb to the TOP!!


--------------------------------------------------------------------------------


アテネ五輪まもなく開幕
アテネ・オリンピック制覇に向け、ついにアメリカ代表が始動する。7月26日、フロリダ州ジャクソンビルに12人の戦士が集結。アメリカ、ドイツ、セルビア・モンテネグロ、トルコでのトレーニングを経て、8月15日開幕のバスケ版世界大戦に臨む。世紀の大一番を前に、フルボリュームの特別企画をお届けする!

●アレン・アイバーソン・インタビュー
●USAメンバー紹介
●USA戦力分析
●歴代ドリームチーム比較
●USA五輪ヒストリー
●ライバル国紹介
●五輪スケジュール

■TONY PARKER


--------------------------------------------------------------------------------


SPECIAL INTERVIEW/リーグ最速PGの誇り
TEXT by PIERRE-PLIVER MATIGOT
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
トニー・パーカーは現在22歳。年齢的には来季もまだカレッジでプレーできるほど若いが、プロキャリアはすでに5年に及んでいる。15歳でフランスの国家施設に入所し、17歳で国内リーグのプロチームと契約。そして19歳の時に念願だったNBAにステップアップした。フランスの生んだバスケットボール・エリートが、ヴェールに包まれたみずからのバックグラウンドを初めて語る。

■NBA DRAFT 2004


--------------------------------------------------------------------------------


NBAドラフト・レポート
TEXT by TOSHINORI SAWADA
成功を夢見る若手アマチュア選手にとっての晴れ舞台、NBAドラフトが今年も6月下旬に開催され、高校生のドワイト・ハワードが見事1位指名の栄冠に浴した。昨年のレブロン・ジェームズ、カーメロ・アンソニーらドラフト上位指名選手は1年目から大成功を収めた。今ドラフトからもそんな才能溢れる新人が誕生するのだろうか? 指名全59選手のプロフィールとともに、2004年ドラフトを完全レポートする。

■2003-04 SEASON YES! or BOO!


--------------------------------------------------------------------------------


『ダンクシュート』恒例企画・
Yes! or Boo!が今年も帰ってきた
レブロン旋風にKGのMVP、そしてピストンズの優勝と明るい話題に彩られた昨季のNBA。しかし一方では、期待を裏切った輩もこれまた多かった……。××には断罪を、○○には喝采を。1年の総決算、本誌恒例「Yes! Or Boo!」の季節が今年もやってきた!

■BREAK-THROUGH with NBA


--------------------------------------------------------------------------------


NBA進化論2004
全世界のファンを熱狂させるNBAのスタイルは一朝一夕で完成したわけではない。間もなく60周年を迎えるその歴史の中では、幾多の衝撃的なブレークスルー(変革)がもたらされた。黎明期を支えたビッグマンをはじめ、NBAを創り、進化させてきたイノベーターたち。彼らに改めて敬意を表するとともに、リーグの未来像を探ってみた。


●Starting Point


--------------------------------------------------------------------------------

気になる新球団ボブキャッツの行方


●Summer League Report


--------------------------------------------------------------------------------

田臥、森下ら日本人プレーヤーのサマーリーグ・レポート


●04 SUMMER FAMOUS KICKS 29


--------------------------------------------------------------------------------

夏の流行スニーカー完全カタログ


●Hot Hot Summer


--------------------------------------------------------------------------------

3人の日本人が夢への挑戦権を獲得!


●DS PRESENT @ September


--------------------------------------------------------------------------------

現地直送NBAファイナルグッズ大特集


●Off Season Report


--------------------------------------------------------------------------------

各チームのオフの動きをチェック!


●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

ミシガン州立大スパルタンズ


●Winding Road


--------------------------------------------------------------------------------

本場の名門校で挑戦を続ける2人の日本人高校生
■REGULARS

●スペシャル両面ポスター
トレイシー・マッグレディ(ロケッツ・バージョン)/ドリームチーム1

●NBA MU-IMIDAS
ピストンズに優勝をもたらしたおっさんパワー

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/NBAエニグマ他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●PENETRATE WITH DA MIC
夢を目指すチアリーダーに突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
古今東西NBAトレード秘話

●SCOOP SHOT
2004年ドラフトの「勝ち組」と「負け組」

●NBA in your face
偉大なる教育者ラリー・ブラウン

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■The Final Battle!!


--------------------------------------------------------------------------------


NBAファイナル2004大特集
ピストンズが鉄壁の守備で
レイカーズ王朝を撃破!!
インサイドで睨みをきかせるベン&ラシードのWウォーレス。アウトサイドからゴールを射抜くビラップス&ハミルトンのガード陣。攻守に燻し銀の働きを見せるプリンス。そして、コートに出ると無私の働きでチームに貢献するベンチプレーヤーたち。総力を結集し全員バスケットを展開するピストンズの前に、コビーとシャックの単発攻撃に頼るしかないレイカーズのシステムは完全に沈黙。4勝1敗という結果以上の圧倒的な力の差を見せ付け、ピストンズがデトロイトの街に14年ぶりの栄冠をもたらした。

●PHOTO COLLECTION
●GAME REPORT
●PISTONS STORY
●LAKERS STORY
●BOX SCORE
●INTERVIEW
●TOPICS
●ANALYSIS

■LOCK ON!


--------------------------------------------------------------------------------


全チーム最新補強計画・
各チームが狙うのは誰だ?
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
NBAファイナルが終わり、早くも次なる王者を目指す戦いが始まった。弱点を補い、さらなる戦力補強を図る各チームの動きは実に活発で、トレードやFAで大物選手たちの獲得を虎視眈々と狙っている。ターゲットに挙がる選手たちの顔ぶれも豪華絢爛。コビー、T-MAC、アレンらが噂の渦中にいる。果たしてビッグスターたちの心を動かすチームは現われるのか?

●End of Dynasty?

--------------------------------------------------------------------------------


特別ストーリー
ジャクソンHC退団でリーグの勢力図が変わる?
TEXT by CHARLEY ROSEN
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
フィル・ジャクソンHCの30年来の友人、チャーリー・ローゼン氏によると、レイカーズが優勝しようがしまいが、ジャクソンHCの退団は決定的だという。リーグ屈指の名将がチームを去るとなれば、レイカーズが変革を求められることは必至。それに伴い、リーグの勢力図が大幅に塗り替えられる可能性も出てきた。

■Change of the Game


--------------------------------------------------------------------------------


6ディビジョン制でNBAはこう変わる!
東がアトランティックとセントラル、西がミッドウエストとパシフィックの4ディビジョン制というのが、今季までのNBAだった。しかし、来季から6ディビジョン制に変更されるのをご存知だろうか? ちょっと気は早いかもしれないが、『ダンクシュート』は今季の成績を元にした順位表と、得点・リバウンド・アシストの個人ランキング表をディビジョン別に作成。これらを駆使して、6ディビジョン制に伴う勢力図の変化を占ってみた。

■DWYANE WADE


--------------------------------------------------------------------------------


スペシャルインタビュー/ドゥエイン・ウェイド
ヒート躍進の鍵を握る驚速核弾頭
TEXT by IRA WINDERMAN
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
今プレーオフで旋風を巻き起こしたヒートの期待の星、それがドゥエイン・ウェイドだ。豊かなスピードを生かしたペネトレイト、驚異のジャンプ力から繰り出されるスラムダンク、土壇場に滅法強いクラッチシューターぶり。スーパースターに相応しい才能を大舞台で実証したルーキーは、今、スターダムを一気に駆け上がろうとしている。

■SPEED MASTER RANKING


--------------------------------------------------------------------------------


NBAスピード王決定戦
SELECTION by REX KALAMIAN
COOPERATION by KIYOSHI MIO
類稀なる瞬発力と加速力。一度ギアをトップに入れたら、誰も止められない。そんなスピード自慢たちの中で最速の男とは? ただ速いだけでなく、自分の長所を最大限に生かせるスキルも併せ持つ。そうした条件を満たす、NBAのスピードマスターを76ersのスカウト、レックス・カラミアン氏がプロの眼から選んだ。

■USA CRISIS……


--------------------------------------------------------------------------------


金メダル獲得に黄信号?
TEXT by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
バルセロナ、アトランタ、シドニーとオリンピック3連覇中のアメリカが思いがけないピンチを迎えた。メンバーが決まらない……。様々な理由で大物選手たちが代表入りを嫌い、未だ12人のメンバーが固まらない状況が続いている。アイバーソン、ダンカン、レブロンらとともにアテネに乗り込むメンバーはいったいどうなるのだろうか?

■MJ in Japan!!


--------------------------------------------------------------------------------


ジョーダン来日記念特集

去る5月23日、マイケル・ジョーダンが96年以来2度目となる来日。ジョーダン・ブランドのアジア・プロモーションの一環として、東京で精力的な活動を行なった。来日記念企画として、密着レポートの他、ブランドの最新モデル紹介、神が残したNBAでの名場面集を一挙まとめてお届けする!


●MINNESOTA TIMBERWOLVES


--------------------------------------------------------------------------------

新たなる目標


●INDIANA PACERS


--------------------------------------------------------------------------------

終焉の瞬間


●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

バークレー&KJ


●DS PRESENT @ SP


--------------------------------------------------------------------------------

現地直送NBAファイナルグッズ大特集


●2004 PLAYOFFS Road to FINALS


--------------------------------------------------------------------------------

カンファレンス準決勝&決勝ボックススコア集


●PROSPECTS WATCH!


--------------------------------------------------------------------------------

2004年版ドラフト候補生ガイド
■REGULARS

●スペシャル両面ポスター
NBAファイナル・ベストシーン/NBAファイナル・マッチアップ

●NBA MU-IMIDAS
MJ北京来訪で暴動が発生?

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
アディガーネット他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
カードランキング今季最終版他

●PENETRATE WITH DA MIC
AND1に突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
NBAファイナル・マル秘エピソード

●SCOOP SHOT
バックスが実践するNBA版『マネーボール』

●NBA in your face
レイカーズの選手が見せる夜の顔

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■TRADE TARGET


--------------------------------------------------------------------------------


移籍市場最前線
噂のビッグネームの移籍先を大胆予想
プレーオフ真只中ではあるが、一足先にシーズンを終えたチームを中心に、移籍関係の噂が盛んになってきた。このオフには、コビーという大物選手がチームを移る可能性があるだけに、対象選手の顔ぶれも例年以上に豪華になっている。少しばかり気が早いが、NBAファンなら誰もが気になる移籍市場の噂を、どこよりも早くお届けしよう。

■NBA PLAYOFFS 2004


--------------------------------------------------------------------------------


NBAプレーオフ2004熱闘開演
ついにプレーオフ2004が開幕! 東西の上位16チームによる最終決戦は、例年以上の混戦模様。昨年の覇者スパーズ、オールスター軍団レイカーズ、ウエスタン1位のウルブズ、リーグ最高勝率のペイサーズなどを中心とし、片時も目が離せない熱戦が繰り広げられている。NBAが最も面白くなるこのプレーオフを、『ダンクシュート』はどこよりも充実した企画でお届け。これを読まなきゃ今プレーオフは語れない!

●KEVIN GARNETT PLAYOFF DIARY "Finally did it!"

--------------------------------------------------------------------------------


KG悲願の1回戦突破に密着!
TEXT by MIKE WELLS
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
7年連続で味わってきた屈辱の歴史からKGがついに解放された。ナゲッツとのプレーオフ1回戦、4勝1敗と勝利を収めたウルブズは球団史上初のセカンドラウンド進出に成功。歓喜の瞬間を迎えるまでの、KGの苦難に満ちた闘いの日々を密着レポートする。

●1st Round analysis

--------------------------------------------------------------------------------


勝負分けた最大のポイント
ANALYSIS by REX KALAMIAN
COOPERATION by KIYOSHI MIO
NBA王者への権利が16チームから8チームに絞られた1回戦。ウルブズが歓喜のシリーズ初勝利に酔い、ペイサーズはシーズン最多勝チームらしい強さを見せつけた。果たして勝者と敗者を分けた最大のポイントは何だったのか? 76ersの西海岸担当スカウト、レックス・カラミアン氏に全8シリーズを分析してもらった。

●GRADING THE STARS

--------------------------------------------------------------------------------


プレーオフ1回戦スター通信簿
選手としての真価が問われるプレーオフだからこそ、普段スポットライトを浴びるスターには発奮してもらいたいもの。早くも8チームが消え去ったファーストラウンドにおいて、輝くべき主力たちの活躍はどれほどのものだったのか。『ダンクシュート』は全シリーズから28人のキープレーヤーをピックアップ。彼らの出来をズバリ評価する!

●CONFERENCE SEMIFINALS REPORT

--------------------------------------------------------------------------------


カンファレンス・セミファイナル速報
プレーオフもあっという間に1回戦が終わり、次なる舞台カンファレンス・セミファイナルに突入。東西の精鋭8チームが出揃い、1回戦以上の白熱した戦いを繰り広げている。カンファレンス・ファイナル進出をかけた激戦の模様を試合ごとにレポートする。

●CHRIS WEBBER

--------------------------------------------------------------------------------

クリス・ウェバー/汚名返上を賭けた闘い

●JERMAINE O'NEAL

--------------------------------------------------------------------------------

ジャーメイン・オニール/新エースの決意

●TONY PARKER

--------------------------------------------------------------------------------

トニー・パーカー/進化する超速司令塔

●CARMELO ANTHONY

--------------------------------------------------------------------------------

カーメロ・アンソニー/初めての試練

●DWYANE WADE

--------------------------------------------------------------------------------

ドゥエイン・ウェイド/底知れぬ才能の予感

●QUOTES OF THE BATTLES

--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ・コメント集

●SUPER REVIEW & BOXSCORE

--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ1回戦完全レポート&ボックススコア

■2003-04 SEASON NBA AWARDS


--------------------------------------------------------------------------------


03-04シーズン個人賞発表!
シーズンMVP、オールNBAチーム、ルーキー・オブ・ザ・イヤー、ベスト6thマン、……etc。果たして栄冠は誰の手に渡ったのか? プレーオフ突入と同時に続々と発表された2003-04シーズンのNBAアウォード。その受賞者を一挙に紹介する。

■DUNK & AF1 COMPLETE CATALOG


--------------------------------------------------------------------------------


ナイキの二枚看板、ダンクとエア・フォース1を117足大公開!
ナイキが誇る不動の人気シューズ、ダンクとエア・フォース1。この2つのモデルには、様々なバリエーションが存在する。入手可能な117足を、カタログ形式で一挙に公開する。


●BOBCATS coming to NBA!


--------------------------------------------------------------------------------

エクスパンション・ドラフト先取り予想


●2003-04 SEASON
  TEAM by TEAM STATISTICS


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム個人完全成績


●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

コネティカット大ハスキーズ


●DS PRESENT@JULY


--------------------------------------------------------------------------------

ダンクシュート特選Tシャツ祭
■REGULARS

●スペシャル両面ポスター
レジー・ミラー/ラリー・バード

●NBA MU-IMIDAS
インタビュー嫌いな
パーカーのメディア対処法

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
T-MAC3.5他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
カード版NBAアウォード他

●PENETRATE WITH DA MIC
レイカーズの日本人スタッフに
スフィアが突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
NBA選手の仰天ナイトライフ

●SCOOP SHOT
TSN記者が選ぶ"真の"各賞受賞者

●NBA in your face
神様ジョーダンが送る第二の人生

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■NBA PLAYOFFS 2004 COMPLETE GUIDE


--------------------------------------------------------------------------------


特別付録 NBAプレーオフ2004完全ガイド
(別冊付録・全24ページ・フルカラー)
プレーオフ2004をより楽しむために、『ダンクシュート』は特別付録をご用意! それが出場全16チームの情報を網羅した『NBAプレーオフ2004完全ガイド』だ。全24ページに渡って各チームのプレーオフ情報、顔写真つきスターター紹介、フォーメーション解説、ロースター&個人成績などなど、プレーオフ観戦時に便利な情報を凝縮。フルカラーの別冊付録にしてまとめた。これを片手にプレーオフを見れば、より楽しめること間違いなし!



■LAST HEROES


--------------------------------------------------------------------------------


NBAプレーオフ2004徹底特集
今プレーオフを制する絶対的エースは誰だ!

●Only Great Takes The Ring

--------------------------------------------------------------------------------


巻頭特別ストーリー/プレーオフには絶対的エースが必要だ!
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
全員参加型バスケットが奨励される現代では、昔に比べればエースの価値は下がっているかもしれない。しかし、プレーオフを戦うとなると、話は変わってくる。たった一人でもチームの苦境を打開することができる絶対的エースの存在なくして、極限の緊張を強いられる大舞台で勝つことは難しい。ジョーダン、マジック、バードの先人はもちろん、近年でも、シャックやダンカンがそれを証明している。プレーオフ2004プレビューとして、『ダンクシュート』はエース大特集を敢行! まずはプレーオフにおけるその重要性をストーリーで展開し、後半では今プレーオフ進出16チームの各エースを、現役スカウトに診断してもらう。

●Rating the ACE!

--------------------------------------------------------------------------------


プレーオフ進出16チーム・エースの実力徹底診断
ANALYSIS by REX KALAMIAN
COOPERATION by KIYOSHI MIO
今プレーオフでは、ジョーダンのような偉大なエースの系譜を引き継ぐ者が現われるのか? NBAの現役スカウト、レックス・カラミアン氏にプレーオフ出場16チームのエースの実力を診断してもらった。

■Bright & Darkness


--------------------------------------------------------------------------------


ロサンゼルス・レイカーズ/
優勝候補に用意された2つのシナリオ
TEXT by HIDEKI OKUDA
開幕からロケットスタートを切ったかと思えば、突如スピードダウン。終盤戦に入って再び超特急並みの加速力が甦ったものの、ゴールを前に急停車を余儀なくされる。強さと脆さが同居する今季のレイカーズは、プレーオフでどちらの姿を見せるのか。目の前に用意された王座奪回と空中分解という2つの両極端な結末。優勝候補が演じるシナリオはいずれか一つ。仮に舞台の途中でNGが出たとしても、決してやり直しはきかない。

■The Battle of Trick Star


--------------------------------------------------------------------------------


ジェイソン・ウィリアムズ/生まれ変わった魔術師
TEXT by RONALD TILLERY (MEMPHIS COMMERCIAL-APPEAL)
TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI
ジェイソン・ウィリアムズがキングス時代の2001年以来となるプレーオフ出場を決め、大いに喜んでいる。新天地グリズリーズで3年目となる今季は、厳しい指導で知られるヒュービー・ブラウンHCの下、司令塔として一皮剥けた。生まれ変わった稀代のトリックスターの人生は、このプレーオフで第2章の幕を開ける。

●New Commers' Battle
  プレーオフに闘志を燃やす移籍選手たち

■Revenge on the past!


--------------------------------------------------------------------------------


ケニョン・マーティン/リベンジを期す闘将
TEXT by TOSHINORI SAWADA
過去2年連続でNBAファイナルの舞台に上がったネッツのオールスター・フォワード、マーティンにとって、雪辱の機会となる今プレーオフ。この時が待ち遠しくてたまらなかったに違いない。2002年にはレイカーズ、2003年にはスパーズと、西のチャンピオンに対してまったく歯が立たずに敗れ去った。あの屈辱は簡単に忘れられるはずがない。3度目の正直を狙って必勝を期すマーティン。感情を剥き出しにする闘将の胸中に宿るリベンジの炎は熱く燃え盛っている。

●Other Revengers
  雪辱に燃える男たち

■We are the No.1!


--------------------------------------------------------------------------------


決定! 2003-04シーズン・スタッツリーダー
レギュラーシーズンが終了し、各部門のスタッツリーダーが確定。注目のNo.1スコアラーはマッグレディが2年連続で輝いた。リバウンド部門で初のスタッツリーダーに輝いたKG他、初受賞者3人が並ぶフレッシュな顔ぶれとなった。

■Who goes Athens?


--------------------------------------------------------------------------------


アテネ五輪メンバーの行方
アメリカは世界にその力を誇示できるのか――。12チームが栄光のゴールドメダルを目指し、しのぎを削るアテネ・オリンピックが8月中旬に幕を開ける。ジョーダン、マジック、バードが参加したバルセロナ・オリンピックから数えて4回目。今回もアメリカはNBA選手で構成されたチームを送り込むことになった。栄えあるメンバーに名を連ねる12人はいったい誰になるのだろうか?

■LOVE & HATE


--------------------------------------------------------------------------------


アイバーソン移籍騒動の真相
TEXT by MARC NARDUCCI
TRANSLATION by KEIICHI OBI
3月30日、アイバーソンは右ヒザの治療を理由に、失意と欲求不満に満ちたシーズンを終えた。エースを失ったチームは予想外の健闘を見せたものの、6シーズンぶりにプレーオフ進出に失敗。ビリー・キングGMはアイバーソンを擁護するが、結果が結果だけにアイバーソンのトレード説はいまだ根強く囁かれている。迷えるジ・アンサーは本当にトレードされてしまうのだろうか?

■Game Over


--------------------------------------------------------------------------------


トレイシー・マッグレディ/悪夢の一年
INTERVIEW by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI
「負け続けるなんて俺のプライドが許さなかった」。トレイシー・マッグレディは今季を振り返り、そう話した。悪夢の19連敗に始まり、敬愛するHCの解雇、そしてチームも一向に上昇の兆しを見せない。フラストレーションを募らせたマッグレディは時にチームメイトを激しく叱咤した。悔しさ溢れるエースの胸には「来季こそは」と熱いリベンジへの思いが刻まれたはずだ。きっと今秋、マッグレディ率いるマジックの大逆襲が始まることだろう。

■NCAA TOURNAMENT 2004 REVIEW UCONN IS THE TOP!


--------------------------------------------------------------------------------


大黒柱オカフォー率いるコネティカット大が優勝
TEXT by JUN IKUSHIMA
NBAよりも一足早くNCAAはコネティカット大の優勝で4月5日に閉幕。カレッジNo.1センターの呼び声高い同校のオカフォーをはじめ多くの才能溢れるプレーヤーが大会を盛り上げた。激戦のファイナル・フォー、波乱のNCAAトーナメントを総括する。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

ベン・ウォーレス/マイケル・ジョーダン&
マジック・ジョンソン


●LeBron James/GOLDEN YEAR


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・ジェームズの驚異のシーズンを振り返る


●KEY PLAYERS


--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフの鍵を握る男たち


●Playoff X-FILES


--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ特選事件簿2001-2003


●Playoff RANKING


--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ何でもランキング


●NBA悲話


--------------------------------------------------------------------------------

ニック・アンダーソン/
順風満帆のバスケ人生を変えた痛恨のミス


●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート


●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

オラジュワン&ドレクスラー友情秘話


●DSプレゼント@JUNE


--------------------------------------------------------------------------------

人気のシューズ、ジャージーなど大放出!
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
悪道に戻ったアレンちゃんは
何処へ行く?

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
エア・ズーム・ジェネレーション他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
プレーオフ期待の選手カード特集

●PENETRATE WITH DA MIC
NBAジャパンにスフィアが突撃!

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎・自筆コラム

●No Charge Area
インタビュアー泣かせのNBA選手

●SCOOP SHOT
フリースローラインを目指す"達人"たち

●NBA in your face
青年GMたちの飽くなき挑戦

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■Final Research


--------------------------------------------------------------------------------


プレーオフ直前! 注目チーム最終診断
現地4月17日に開幕するプレーオフ2004まであとわずか。レギュラーシーズンも最終局面に突入し、NBAはさらに白熱の度合いを増してきた。いったい今年はどんな奇跡や感動がハードウッドで繰り広げられるのか。リーグ制覇を目論む強豪チームの戦力比較、プレーオフの下位スポットを巡る過酷なサバイバルレースの勝者と敗者、ラストチャンスに賭けるポストシーズン男レジー・ミラーのストーリー、過去のプレーオフ名場面集と、総力企画揃い踏みでプレーオフのスペシャルプレビューをお届けする。

●STILL ALIVE---REGGIE MILLER SPECIAL STORY

--------------------------------------------------------------------------------


"ミラー・タイム"再び
TEXT by SEKOU SMITH
TRANSLATION by KEIICHI OBI
イースタン首位独走を喜びながらも、ペイサーズ・ファンはどこか物足りなさを感じているかもしれない。理由はレジー・ミラーだ。彼ももう38歳、エースの座をジャーメイン・オニールへと譲り、チームでも第4のオプションに成り下がってしまったかに見える。だが、この沈黙に騙されてはいけない。周囲の証言によると、彼の目にかつてのような炎が復活してきたという。稀代の勝負師は"ミラー・タイム"再演を虎視眈々と狙っている。

●The Real Fight

--------------------------------------------------------------------------------


東のプレーオフ・スポットを巡る戦い
史上稀に見るプレーオフ争いとなったイースタンでは、6チームが3つの出場枠を巡り大激戦を展開している。シーズン最終戦までもつれ込む雰囲気が漂うサバイバルレースの行方はどうなるのか? 残りスケジュールを考察し、各チームの可能性を探る。合わせて、ナゲッツ、ジャズ、ブレイザーズがしのぎを削るウエスタンの動向もお伝えしよう。
●BIG QUESTIONS

--------------------------------------------------------------------------------

NBAの賢者8人が挙げた「優勝の条件」
TEXT by ROLAND LAZENBY
TRANSLATION by KEIICHI OBI

●Check the POWER HOUSE

--------------------------------------------------------------------------------

NBA8強、優勝の可能性を探る

■PLAYOFF CLASSICS


--------------------------------------------------------------------------------


プレーオフ思い出の名場面集
NBAが最も盛り上がるのは、レギュラーシーズン終了後のプレーオフである。優勝というNBAにおける究極のゴールを目指す男たちの真剣勝負。その戦いは勝者と敗者を浮き彫りにする、喜びと悲しみに満ちたドラマでもある。今年はどんな感動が生まれるのだろうか。ポストシーズン直前の今、これまでに起きたプレーオフ珠玉の名場面を振り返る。

■AWARDS WATCHING


--------------------------------------------------------------------------------


個人各賞大予想
TEXT by BRAD TURNER
昨年の10月28日に始まった2003-04シーズンも残り1か月弱となった。プレーオフを目前に控えた今、チーム同士の戦いに自然と目は行くが、それと同時にアウォードを巡る争いも気になるところだ。KGの受賞が有力視されるMVPをはじめ、レブロンとカーメロの一騎打ちとなった新人王など、個人各賞の行方を占ってみた。

■Why?


--------------------------------------------------------------------------------


苦悩の日々
TEXT by HARUNO NAKASHIMA
アイバーソンが窮地多々させた。不用意な発言、行動からトレード期限前に放出論が噴出し、チームの低迷とも相まって、その噂はさらに拍車がかかっている。開幕前に掲げた「優勝」という目標はもう叶いそうにない。加えて76ersを去らなければならないかというピンチ。ジ・アンサーは今、失意のどん底にいる。

■King of New Era---LeBron James Special Interview


--------------------------------------------------------------------------------


レブロン・ジェームズ・インタビュー/
飛躍の手ごたえ
TEXT by BRIAN WINDHORST
高卒プレーヤーの概念を次々と打ち破っていく驚異の新人、レブロン・ジェームズ。今ではリーグのトップスターに君臨するKG、コビー、T-MACも、1年目の成績を比較すればレブロンの前にひれ伏すしかない。弱小チームだったキャブズも、レブロンの活躍に導かれるように、後半戦に入ってプレーオフを狙える位置に浮上してきた。規格外の活躍を続ける怪物ルーキーの本音に迫った。

■CROSS ROAD


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太と森下雄一郎の直接対決が実現!
TEXT by KIYOSHI MIO
田臥勇太23歳、森下雄一郎26歳。NBA入りを目指して単身海を渡った2人の歩む道がコート上で初めて交差した。舞台はマイナーリーグのABA。森下が加入したばかりのジャージー・スクワイアーズを田臥のロングビーチ・ジャムが迎え撃つ。スピーディな動きで互いに一歩も譲らなかった日本人の先駆者対決は、2月20日と22日の2試合で合計8分間実現した。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

アレン・アイバーソン・レトロジャージー・スタイル/
トレイシー・マッグレディ62点ゲーム


●One More Surprise


--------------------------------------------------------------------------------

トレード詳細レポート


●Future Map


--------------------------------------------------------------------------------

コビー、ペイトン、ナッシュら、
今オフのFAの動向をチェック


●NBA悲話


--------------------------------------------------------------------------------

ショーン・ケンプ/才能を生かしきれなかった哀しき跳人


●March Madness 2004


--------------------------------------------------------------------------------

NCAAトーナメント2004直前レポート


●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート


●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

シンシナティ大ベアキャッツ


●The Best of B.Ball Wear


--------------------------------------------------------------------------------

リーボック発 NBA関連アパレル大公開


●DS PRESENT @ MAY


--------------------------------------------------------------------------------

LA限定シューズ2足が登場!
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
レブロンの肩を揉む謎の女の正体は?

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
T-MAC3他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
人気PFカード・ベスト10

●PENETRATE with da Mic
ファーイーストボーラーズに
スフィアが突撃取材

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●夢現
森下雄一郎自筆コラム

●No Charge Area
実録NBAプレーオフ裏話

●SCOOP SHOT
ベスト・ポイントガードを探せ!

●NBA in your face
黄金の世代

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■ALL STAR 2004 in Los Angeles


--------------------------------------------------------------------------------


オールスター2004完全速報!
地元レイカーズのコビー、シャックをはじめ、東西のスタープレーヤーが、世界のエンターテインメントの中心地、LAで21年ぶりに開催されたオールスターに集結した。本戦はもちろん、レブロン&カーメロのダンク競演で会場を沸かせたルーキーチャレンジなど、興奮必至の各イベントの模様を余すところなくお伝えする。


--------------------------------------------------------------------------------


■オールスニーカーチェック
■オールスタートピックス
■オールスター・インタビュー集
■スラムダンク・コンテスト
■ルーキーチャレンジ
■3ポイントコンテスト
■スキルチャレンジ
■オールスターグッズプレゼント

■PROJECT 2K4


--------------------------------------------------------------------------------


東西プレーオフ当確ライン大予想!
オールスター・ブレイクが終わり、NBAはいよいよ後半戦に突入した。これからの見どころは何といってもプレーオフ・レースだろう。そこで『ダンクシュート』は、独自の観点から全29チームの最終勝敗ラインをいち早く大予想。今後の試合日程を睨みつつ、東西のカンファレンス首位争い、そして毎年熾烈を極めるプレーオフのイス取りゲームの行方を占ってみた。

■Climb to the Top!


--------------------------------------------------------------------------------


Kevin Garnett
ケビン・ガーネット/失意の時期は終わった
7年連続プレーオフ1回戦負け――。長い間ついて回ったこの不名誉なジンクスに、KGはようやく別れを告げようとしている。開幕直後こそもたついたが、新加入選手がチームに馴染むに従って調子を上げ、球団史上初めて地区首位に立った。今NBAで最も勢いのあるウルブズのチームリーダー、KGが狙うのはもちろん優勝の二文字だ。

■I Love N.Y. - Stephon Marbury


--------------------------------------------------------------------------------


スペシャルインタビュー1
ステフォン・マーブリー/故郷への帰還
生粋のニューヨーカーが故郷に帰ってきた。ブルックリンで生まれ、バスケットを覚えたのは猛者揃いのストリート。ステフォン・マーブリーはこの冬、子供の頃から憧れていたニックスの一員となった。しかし、それは同時に名門復活の使命も帯びる。自身、ファンが願う「夢の優勝」が叶う日は来るのか――。

■Eager to Win - Allen Iverson


--------------------------------------------------------------------------------


スペシャルインタビュー2
アレン・アイバーソン/反撃の狼煙
「ファイナルに進んだ時よりもいいチームだと思う」。アイバーソンは開幕前に今季の陣容についてこう語っていたが、そんな言葉が嘘のように、76ersはもがき苦しんでいる。プレーオフ出場すら覚つかぬ壊滅的な状況にチームはついにエイヤーズHCの解任を決断した。しかし、彼の辞書にギブアップの文字はない。「やるべきことをやればまだ間に合う」。ジ・アンサーはプレーオフ進出を決して諦めていない。

■田臥勇太


--------------------------------------------------------------------------------


ロングインタビュー in USA
アメリカで挑戦を続ける田臥勇太は、NBAと自分の距離感を「すごく近いなと思う時もあれば、まだまだ遠いような」と表現した。ロングビーチ・ジャムのチームメイトが次々とNBAに昇格するのを目の当たりにすれば、複雑な気持ちになるのも当然だ。しかし、NBAを取り巻く情勢は刻々と変わっている。次は彼に白羽の矢が立ってもおかしくない。まだ田臥はNBA予備軍の一人である。いや、今回のインタビューを収録した時点では、と初めにお断りしておいたほうがいいかもしれない。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

ケビン・ガーネット/コビー・ブライアント



●Noise before deadline


--------------------------------------------------------------------------------

トレード期限直前の攻防戦



●Go N.Y. Go!


--------------------------------------------------------------------------------

蘇る熱狂の日々



●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート



●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

マジック&ジャバー
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
グラント・ヒル&クリス・ウェバー
復帰裏情報

●スニーカー・スーパースター列伝
ステフォン・マーブリー

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
T-MAC3他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
UDグラス他

●PENETRATE with da Mic
スフィアが塚本清彦氏に突撃取材

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎自筆コラム

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●No Charge Area
ASウィークエンド舞台裏事件簿

●SCOOP SHOT
『スポーティングニューズ』記者が
選ぶ今季のオールスター

●NBA in your face
ミッドウエストの大躍進

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■THE SLAM'S WORLD


--------------------------------------------------------------------------------


最強のスラムダンカーは誰だ!
常人が決して到達し得ない空中世界を舞い、直径わずか45cmのリングにボールを力強く叩き込む――。誰もが一度は夢見るスーパープレー、それがスラムダンクだ。『ダンクシュート』は、この一握りの選手だけに許された空中の妙技を大特集。写真集、選手が選ぶスラムダンカー・ランキング、スカウティング、歴史など、あらゆる角度からスラムダンクを検証し、麻薬的な魅力の真髄に迫る。

■Slama da RANKING(現役選手が選ぶ当代スラムダンカー・ベスト15)
■Top Slammers' Analysis(現役トップダンカー徹底解剖)
■Who is THE BEST EVER?(大物コラムニスト、フィル・テイラーが選ぶ古今東西トップ10)
■THE STREET DUNKERS(ストリートの超絶ダンカー列伝)
■Dunklonicle(スラムダンク年表)
■SLAM'S WORD(スラムダンク用語集)
■VC Sky High(ヴィンス・カーター/スラムダンクへの熱き想い)

■L.A. FESTIVAL!


--------------------------------------------------------------------------------


オールスター2004直前情報
53回目を迎えるオールスター・ウィークエンドがもうすぐそこまで迫ってきた。今年の舞台はロサンゼルス。レイカーズ、クリッパーズの地元が2月の第2週、大熱狂に包まれる。メインのオールスターゲームのファン投票中間発表他、サブイベントの見所も紹介しよう。

■HOT or NOT


--------------------------------------------------------------------------------


前半戦総括・全29チームの明と暗
下馬評通りの躍進と凋落、はたまたビッグサプライズとも言える浮き沈みなど、様々な現象を目の当たりにした03-04シーズン。折り返し地点を迎えた今、『ダンクシュート』は戦前の評価を考慮に入れつつ、NBA29チームの現状をズバリ判定することにした。あのチームの前半戦は「明」だったのか、それとも「暗」だったのか?

■CARMELO ANTHONY


--------------------------------------------------------------------------------


カーメロ・アンソニー/デンバーの若き獅子
ドラフト時には超大物高校生レブロン・ジェームズの陰に隠れた形となったが、シーズンが始まると、カーメロ・アンソニーはその実力の高さを存分に発揮した。1月15日時点で18.3得点、6.2リバウンドと、ルーキーとしては上々の個人成績。早くもチームリーダーとなったカーメロは、強豪ひしめくウエスタンでナゲッツをプレーオフ進出可能圏の成績に導いている。レブロンを抑え、新人王筆頭候補と目されているデンバーの期待の星の素顔に迫る。

■THE "D" MASTER


--------------------------------------------------------------------------------


ディフェンスの鬼ランキング
タイトなマークでボールマンの自由を奪い、相手がショットに来ればそのボールを容赦なく叩き落す。オフェンスを震え上がらせるディフェンダーの出現は、華やかな点取りゲームから壮絶な戦いの舞台へとNBAを変えた。近代バスケットボールの権化とも言える彼らの中で、最強のストッパーは果たして誰なのか? マイアミ・ヒートのスカウト部長であるチェット・カマー氏が、プロの眼から「ディフェンスの鬼」を選出する。

■田臥勇太


--------------------------------------------------------------------------------


「変化の予感」
1月16日時点で出場13試合、平均5.7得点、6.5アシスト。ABAロングビーチ・ジャムの田臥勇太は、NBA昇格を目指し順調に経験を積んでいる。デニス・ロッドマンのジャム電撃入団やNBAの10日間契約解禁など、年初から周囲が慌しい田臥の近況は? さらに今回は、果たして田臥はNBAで通用するのか、その実力をNBAの現役スカウトに徹底診断してもらった。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

ヴィンス・カーター/レブロン・ジェームズ



●NBAスター悲話/HAROLD MINER


--------------------------------------------------------------------------------

ハロルド・マイナー/重すぎたスラムダンク王の称号



●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショートインタビュー/ジェイレン・ローズ、サム・キャセール、ブラッド・ミラー



●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート



●THE COLLEGE HISTORY


--------------------------------------------------------------------------------

インディアナ大フージャーズ



●DS PRESENT @ MARCH


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・ジェームズ・アイテム他NBAグッズ大放出!
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
アイザイアのGM就任で
ニックスがシャック獲得を狙う?

●スニーカー・スーパースター列伝
ジェイソン・キッド

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
エア・ジョーダン19他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
ルーキーカード特集他

●PENETRATE with da Mic
スフィアがアディダスに突撃取材

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎自筆コラムvol.3

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●No Charge Area
NBAで活躍するエージェントたち

●SCOOP SHOT
ランニングゲームを取り戻した
バロン・デイビス

●NBA in your face
ZOが第2の人生をスタート

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■ULTIMATE TEAM RANKING


--------------------------------------------------------------------------------


NBA29チーム最新格付け発表!
激動を予感させる幕開けとなった今シーズンも、早いもので全日程の4分の1、バスケットで言えば第1Qが終了した。さて、現時点でリーグの勢力図はどうなっているのか。『ダンクシュート』は独自の査定方法を用いて全29チームを格付けしてみた。単なる勝敗の順位ではない真の実力ランキング。序盤戦のゲーム内容をチームごとに吟味して完成させた、アルティメット・チームランキングをここに発表する!

■BAD TUNED ATLANTIC


--------------------------------------------------------------------------------


アトランティック・ディビジョンの憂鬱
アトランティック・ディビジョンに異変が起きている。11月終了時点で、なんと勝率5割越えのチームなし! 3度目の正直を目指すネッツも、アイバーソン率いる76ersも調子を取り戻せない。マジックに至っては開幕戦勝利の後、19連敗という壊滅的な状況だ。なぜアトランティック勢は総崩れしてしまったのか? その原因を探る。

■ONE FOR ALL


--------------------------------------------------------------------------------


孤高のエース
ポール・ピアース・スペシャルインタビュー
アントワン・ウォーカーがマーベリックスに移籍し、ポール・ピアースにかかる負担は明らかに大きくなった。これまでエース的な役割をシェアしてきた相棒はもういない。「変わるための時なんだ」とピアースは言うが、今季の成績を見る限り現状でのチーム力ダウンは必至。しかし、エースはまったく諦めていない。「来春にはプレーオフを戦えるレベルに達しているはずさ」。ポストシーズンを見据えた戦力を作り上げるためにピアースは奮闘を続けていく。

■DS SCOUTING REPORT vol.11
LEBRON vs CARMELO


--------------------------------------------------------------------------------


レブロン・ジェームズvsカーメロ・アンソニー
最強ルーキー徹底比較
レブロン・ジェームズが高卒新人とは思えぬ堂々たるプレーを見せれば、カーメロ・アンソニーはチームの中心選手としてナゲッツの快進撃を支えるなど、2人の注目ルーキーは前評判通りに活躍している。今回のスカウティングレポートは、大物新人2人の実力をスペシャルストーリー付きで徹底比較する。

■KNOCKOUT BLOW 50


--------------------------------------------------------------------------------


NBA無敵の必殺技大全
攻撃では確実に得点を生み出し、守備では確実に相手を防ぐ、一撃必殺の個人技、それが必殺技だ。NBAには、相手を完璧に攻略して戦意を奪い、ファンを熱狂の渦に巻き込んでしまう無敵のテクニックが数多く存在する。"スカイフック"がカリーム・アブドゥル・ジャバーを表わすように、中には技がその選手の代名詞となるようなものもある。現役NBA選手がここぞという時に繰り出す必殺技を50個厳選し、詳しい解説とともに紹介する。

■Go ahead!


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太の開幕
NBAに遅れること3週間、田臥勇太の03-04シーズンが11月20日に幕を開けた。独立リーグ、ABAのロングビーチ・ジャムに所属する田臥は、いつ手元に届くかわからないNBAの切符を待ちながら、精一杯のプレーを続けている。慣れないルールや環境へのとまどいも一つの試練。夢の実現のためならば、何だってプラスに受け止められる。一段とタフさを増した田臥は、今日もハングリー精神剥き出しでコートに立つ。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

アレン・アイバーソン/カーメロ・アンソニー



●Top of the World


--------------------------------------------------------------------------------

世界バスケットボール事情



●NBA個性派列伝


--------------------------------------------------------------------------------

ニューヨークの熱き魂/ジョン・スタークス



●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショートインタビュー/アール・ボイキンス、エマニュエル・ジノビリ、リチャード・ジェファーソン他



●Territory Wars


--------------------------------------------------------------------------------

6ディビジョン制導入でNBAの勢力図はこう変わる!



●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート



●SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

NBAスーパーデュオ列伝/マイケル・ジョーダン&スコッティ・ピッペン


●DS PRESENT @ FEBRUARY


--------------------------------------------------------------------------------

レブロンのお宝シューズをゲット!
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
ジョーダンがハーレーでシカゴの街を爆走?

●スニーカー・スーパースター列伝
ヴィンス・カーター

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
AND1ツーチ・ミッド他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
ダンク・カード特集他

●PENETRATE with da Mic
スフィアがエレクトニック・アーツに
突撃取材

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●夢現
森下雄一郎自筆コラムvol.2

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●No Charge Area
NBAで最も○○○なプレーヤー

●SCOOP SHOT
03-04シーズン序盤戦徹底検証

●NBA in your face
ヴァンガンディがロケッツを
常勝軍団に変える

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
796円
■WE CAN BEAT ANYBODY


--------------------------------------------------------------------------------


アレン・アイバーソン 勝利への自信
3年ぶりのNBAファイナル進出、さらにはチャンピオンリング獲得という夢を追い続けるアレン・アイバーソン。昨季、志半ばにして敗れ去った76ersのエースは、グレン・ロビンソンという心強い相棒を得て、勝利への自信を取り戻した。敬愛するブラウン前HCの問題発言が取りざたされても、それが揺らぐことはない。「どのチームにも勝てる」。優勝への飽くなき欲望と自信。ジ・アンサーの新たな戦いが今、始まった。

■No more 2nd Option KOBE BRYANT


--------------------------------------------------------------------------------


コビーvsシャック騒動のてん末
スーパースター4人体制を作り上げ、前途洋々で開幕を迎えるはずだったレイカーズを激震が襲った。「コビーはヒザのケガが癒えるまで、もっとボールを回すべきだ」とのシャックの発言にコビーが激怒。シャックを激しく罵り、2人の関係はかつてないほど悪化してしまった。騒動はフロントの仲裁により沈静化したかに見えるが、果たしてそれは真実なのか。両者の確執が行き着く先は何処なのだろうか?

■2003-04 NBA POWER MAP


--------------------------------------------------------------------------------


最新版! 全29チーム戦力完全分析
2003-04シーズンは予想外の幕開けとなった。スパーズ、マーベリックス、キングス、ウルブズといった西の精鋭が、なんと5割近辺の成績に喘ぎ、東でもアトランティック勢はなんと勝ち越しチームが一つという異常事態。波乱を予感させる今季、開幕直後の各チームの戦力を完全診断する!

■Big Fundamental


--------------------------------------------------------------------------------


ティム・ダンカン・スペシャルインタビュー
時代を超越するNo.1
今やティム・ダンカンがリーグ最高の選手であることを疑う者はほとんどいない。2年連続MVPに加え、昨季はチームをNBA王者へと導いたことが最大の要因だ。寡黙な性格と基本に忠実なプレーは実直そのもの。今季もそのスタイルを変えることなく、優勝へ向け驀進しようとしている。

■2003 NBA JAPAN GAMES


--------------------------------------------------------------------------------


NBAジャパンゲーム徹底特集
クリッパーズvsソニックス
1999年以来、4年ぶりの開催となるジャパンゲームがついにティップオフ! 今回対戦したのはソニックスとクリッパーズ。強豪揃いのウエスタンに籍を置く両チームは、躍進を誓うシーズンに勢いをつけようと、日本を舞台に激しいバトルを演じた。高得点の応酬で観衆を沸かせたゲームレポートから、インタビュー集、そして追跡ルポまで、「2003 NBAジャパンゲーム」を誌上で完全再現する。

■TO BE CONTINUED


--------------------------------------------------------------------------------


田臥勇太
これからが本当のスタート
プレシーズン出場3試合、出場時間22分、9得点、8アシストの記録を残し、田臥勇太のNBA挑戦に一区切りがついた。開幕ロースター発表を数日後に控えた10月23日、キャンプに招待されたナゲッツから解雇処分が下ったのだ。だが、これでNBA入りの扉が閉ざされたわけではない。屈辱を乗り越えすぐに新たなスタートの決意を固めた田臥は独立リーグ、ABAのロングビーチ・ジャムと契約を交わし、最終目標に向けて再び始動した。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・ジェームズ/トレイシー・マッグレディ



●LEBRON JAMES


--------------------------------------------------------------------------------

期待の大型新人レブロンの開幕スペシャルレポート



●ROOKIE SENSATION 2003


--------------------------------------------------------------------------------

2003ルーキー即戦力チェック



●SUPER BIG PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

総勢100名以上に当選のチャンス!
1年に1度のスーパープレゼント企画が
今年も帰ってきた!



●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート



●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

ケンタッキー大ワイルドキャッツ



●夢現


--------------------------------------------------------------------------------

新連載! 森下雄一郎 自筆コラム



●Get the COOL KICKS!


--------------------------------------------------------------------------------

AND1新作シューズコレクション
■REGULARS

●スニーカー・スーパースター列伝
コビー・ブライアント

●NBA MU-IMIDAS
キャセール、スプリーといった早打ちクンたちに悩まされるKG

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
レブロン着用モデル他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
今季注目選手ベスト10他

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信/
NBAグッズ売り上げトップ10他

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●No Charge Area
新連載!
隠されたスーパースターの素顔

●SCOOP SHOT
ドン・ネルソンの辞書にディフェンスはない

●NBA in your face
NBAに6ディビジョン制時代が到来

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年12月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
見据える高み
青柳晃洋

TIGERS PHOTO TOPICS
頂への再始動
2021秋季練習
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

Pick up Interview
自信を膨らませる
島田海吏

虎番目線
デイリースポーツ 今西大翔
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

CSファーストステージ
2021PLAYBACK
2021タイトルホルダー

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.32 2021年11月

Next Generation Interview
自分にしかできないピッチングを
佐藤蓮

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.9
2021タイガース5部門分析
(投/打/走/守/作戦)
~上位3チーム直接対決展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第143回 高城れにさん(ももいろクローバーZ)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#9

虎風草 我が阪神の歳時記 12月December
オフなきオフ

念願の初制覇へ!
2021タイガースJr.メンバー紹介

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.10
対談Interview
三浦伊織×植村美奈子

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

2 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:414円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

4 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:672円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年11月18日発売

目次: 特集
大谷翔平2021完結編

SPECIAL FEATURE

[ロングインタビュー]
大谷翔平「圧巻のシーズンを終えて」

[67歳知将の熱弁]<>br> ジョー・マドン「翔平には『無制限』が必要だった」

[歴戦の日々と素顔の翔平]
水原通訳が明かす「ショータイム」の裏側

[チームメイトが選ぶ]
俺たちのベストSHO-TIME
トラウト/レンドーン/ウォルシュ/スタッシ/スズキ
プホルス/イグレシアス/フレッチャー

[ミスター・オクトーバーも激賞]
レジ―・ジャクソン「順調じゃない。最高だよ」

[祝『プレーヤーズ・チョイス賞』受賞]
スターたちが語る「大谷は○○だ」

[46本、9勝、26盗塁の軌跡]
「打った! 投げた! 走った! 」ビッグシーズン全記録
(解説)小早川毅彦/斎藤隆/杉本龍勇

[2021年ショウヘイ衝撃ニュース]
SHOHEI SURPRISE NEWS 2021

[『記録オタク』な広報が選出! ]
規格外すぎたマニアック記録ベスト5

[ライバルとの比較と課題]
データで見えたホームラン王への道

[二刀流への熱視線]
ライバル球団解説者も虜にした背番号17

[師が語る進化]
栗山英樹「メジャーの『エースで4番』に」

[8年後の驚き]
助っ人が回顧する超人のルーキー時代

[元メジャーリーガーの『勝負目線』解説]
岡島秀樹「進化した変化球と異質の発想力」
岩村明憲「リアル二刀流のルーティンこそ収穫」
岩隈久志「外角の甘めには、絶対投げない」

[『元祖』日本人MLB野手が語る]
石橋貴明「タカ・タナカが託すメジャー魂! 」

[拡張したリアル]
『ダイヤのA』作者が語る、マンガを超えたヒーロー


[豪腕インタビュー]
澤村拓一「弱さも失敗も全部受け入れて」

[ブレーブス26年ぶりV]
ワールドシリーズが示した3つのトレンド

[英雄の死から1年]
ジーコ、マラドーナを語る。「神が泣いたフラメンゴの夜」

[メンタルトレーナーが明かす秘話]
国枝慎吾「午前3時、絶対王者がかけた電話」
ほか

参考価格: 640円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

送料
無料

F1速報

2021年11月26日発売

目次: 特集 第19戦ブラジルGP&第20戦カタールGP合併号

レースレポートの情報が満載!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

auto sport(オートスポーツ)

2021年11月26日発売

目次: 1点の重責
F1 全22戦中20戦終了時点で8点差

[絶対王者]LEWIS HAMILTON(MERCEDES)
[挑戦者]MAX VERSTAPPEN(RED BULL HONDA)
運命の最終2連戦


SUPER FORMULA 総集編
[チャンピオン対談]
野尻智紀 × 一瀬俊浩

世界的人気を誇るFIA GT3、GT4に続くか
GT2 優しい直線番長
アウディR8 / ポルシェ911
フェラーリ488 / ランボルギーニ・ウラカン
KTM X-BOW / ブラバムBT62

REPORT
F1 第19戦ブラジルGP / 第20戦カタールGP
WRC 最終戦モンツァ
RALLY セントラルラリー2021
スーパー耐久 最終戦岡山

特別付録
2022年スーパーGTカレンダー

参考価格: 690円

史上最強・最速のweeklyモータースポーツ・マガジン

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌