DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 241 〜 255 件を表示
785円
■Leathal Weapon


--------------------------------------------------------------------------------

■超万能型選手トレイシー・マッグレディ大研究

コビー、アイバーソン、KGなど、若き才能が跋扈する現在のNBAでも、トレイシー・マッグレディは一際眩い輝きを放つ存在だ。T-MACの愛称で呼ばれる弱冠23歳の若者は、バスケットに必要なすべての能力を備えている。得点、リバウンド、アシストはもちろん、スティールやブロックも難なくこなす超万能型選手T-MACは、新時代の支配者たる資格を十分備えている。

■Puzzle Out!


--------------------------------------------------------------------------------

■トレード&FA最前線

例年に比べ静かな雰囲気が漂っていた今オフだが、7月も終わりに近づいた頃から突如活気づいてきた。7月30日にはクリッパーズとキャブズがマイルズ、アンドレ・ミラーを中心とするトレードを発表。月が替わって6日には、76ersとネッツとの間でムトンボとヴァンホーンのトレードが成立。電撃移籍相次ぐ、激動の1か月をレポートする。

■REBIRTH


--------------------------------------------------------------------------------

■復活に賭ける男たち
■ヴィンス・カーター
■グラント・ヒル
■アンファニー・ハーダウェイ
■スティーブ・フランシス

華やかなシーズンを送った者がいるのと反対に、期待されながら満足のいく結果を残せなかった男たちもいる。本来チームを背負うべき人間の不振は、チームやファンの期待、そして選手本人の夢や希望も打ち砕いてしまう。失意のシーズンを送った、来季の復活を誓う4人のスターたちの姿を追った。

■naked truth


--------------------------------------------------------------------------------

■クリス・ウェバー・スペシャルインタビュー

キングスは同地区のレイカーズにプレーオフで3年続けて敗れ、現在リーグに君臨する不動の王者誕生を間近で見つめてきた。誰よりもその責任を感じるエースのクリス・ウェバーは「来季こそは」の気持ちで束の間のオフを過ごす。「スコアリングにかける姿勢が足りない」などと揶揄され、実力の割りには物足りなさを感じさせるが、それもまたウェバーのプレースタイル。チームプレーに徹することが勝利への近道と考えるが故の選択なのだ。年々、成熟度を増すキングスに移籍して早4年。ウェバーにとってもエースとして試練の年になる来季、本人も切望する栄光へと突き進むことはできるのか?

■Go up, now!


--------------------------------------------------------------------------------

■躍進を誓う5つのチーム
■ロサンゼルス・クリッパーズ
■ニューヨーク・ニックス
■ヒューストン・ロケッツ
■シカゴ・ブルズ
■メンフィス・グリズリーズ

苦悩の時代を乗り越え、未来にある栄光の瞬間を_むため奮闘する5つのチーム。もう少しでプレーオフに出場可能なチームもあれば、思わぬ不振で改革を余儀なくされたチーム、屈辱のドアマットに甘んじているチームもある。ただ、置かれた状況はそれぞれ違っても究極の目標はひとつ。NBAチャンピオンになることだ。すぐには結果は出ないかもしれないが、ライジングチームとなりうる可能性を秘めたチームの来季を占う!

■月刊アイバーソン通信スペシャル


--------------------------------------------------------------------------------

■THE Hard Days Night
■ジ・アンサーに訪れた束の間の休日

7月16日の衝撃の逮捕劇から4日後、アレン・アイバーソンは例年通り、自らが主催するチャリティイベントのソフトボール大会に参加した。騒動の真っ只中ではあったが、気の置けない友人とアイバーソンを熱烈に支持するファンに囲まれ、ジ・アンサーは束の間の安息の時を楽しんだ。

■SUMMER MEMORIES


--------------------------------------------------------------------------------

■スーパースターがくれた夏の思い出

NBAのスーパースターが参加する夏のイベントは、ファンにとってまたとないほど貴重な空間。普段は雲の上の存在である選手の素顔に間近で触れることができる。今年もジョーダンやコビー、T-MACらが束の間のオフを割いてファンサービスに努めた。彼らがくれた思い出のひとときを誌上で再現しよう。

■ALL○○TEAM


--------------------------------------------------------------------------------

■オレたち“○○”のオールNBAチーム

選手の名前や体型、出身校に髪形。様々なつながりの素を探してチームを作るとどうなるか。NBAでは「オールインタビューチーム」なんていうのが毎年選ばれるくらいだから、こんなのもアリなのでは?


●HOT SUMMER PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

エア・ジョーダン9ローレトロ他、豪華NBAグッズ大プレゼント!


●綴じ込みピンナップ


--------------------------------------------------------------------------------

ケビン・ガーネット/マイケル・ジョーダン


●インディアナポリス夏の陣開幕!


--------------------------------------------------------------------------------

2002年男子バスケットボール世界選手権特集


●STREET SNAP 2002


--------------------------------------------------------------------------------

NBAジャージー・街角スナップ集


●GOOD WILL


--------------------------------------------------------------------------------

ドラフト密着―ブルズ期待の新人ジェイ・ウィリアムズの夢が叶った日


●2002-03シーズンNBAスケジュール


--------------------------------------------------------------------------------

来季のスケジュールを完全網羅!


●The Coach File


--------------------------------------------------------------------------------

ルディ・トムジャノビッチ
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
コビーとカーターがナイキ内抗争で仁義なき戦い?

●KITADATE SURVEY
dada CDUBBZ

●DS in the ZONE
アディダス・a3(エー・キューブ)・バスケットボール他

●COLLECTORS’ CLUB
プレゼント付き最強グッズ決定投票

●CARD UNIVERSE
注目移籍選手カードベスト10他

●DUNKIN’ TOPICS
「チック・ハーン氏死去!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
マイアミ・ヒートに刻々と迫る決断の時

●NBA in your face
サマーリーグに運命を賭けた男たち

●POSTING UP THE NBA
NBAのユニークなチケット販売戦略

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
■Not Guilty?


--------------------------------------------------------------------------------

■アイバーソン脅迫容疑で逮捕!

NBAファンに衝撃が走った。7月16日、アレン・アイバーソンが脅迫容疑で逮捕されてしまったのである。報道によると、行方不明の妻を探していたアイバーソンは、7月3日朝、叔父とともに従兄弟のアパートに押し入り、その場にいた無関係の住人2人を拳銃で脅したという。この他にも妻に対する暴力疑惑など様々な容疑がかけられ、そのすべてが有罪と認められると、懲役は54年にも及び、事実上アイバーソンは現役引退を余儀なくされる。本人は無実を主張しているが、果たしてそれは真実なのか? NBAのスーパースターを襲った事件の顛末を緊急レポートする。

■THE BEST TEAM EVER?


--------------------------------------------------------------------------------

■レイカーズ最強論に断を下す!

ミレニアムの訪れとともに王座に君臨したロサンゼルス・レイカーズ。あまりの強さから、彼らは現在、NBA史上最強とまでもてはやされている。では、本当に3連覇を達成したLA王朝は時空を超えてもナンバーワンでいられるのか。シャック&コビー率いるユニットと、マジック、バード、ジョーダンらがNBAで黄金期を築いた過去のグレイトチームを徹底比較した。果たしてその結果は?

■SUMMER MOVEMENT


--------------------------------------------------------------------------------

■トレード、FA最新情報

15年ぶりにプレーオフ進出を逃したニックスがついに決断した! ドラフト当日の6月26日、ニックスはマーカス・キャンビーを放出しアントニオ・マックダイスを獲得するトレードを発表し、チーム再建への第一歩をスタートさせた。また、7月1日からはFA選手との契約交渉が解禁。来季を睨み、本格的活動を開始した各チームのトレード、FAに関する最新情報をお伝えしよう。

■Just My Heart


--------------------------------------------------------------------------------

■コビー・ブライアント・スペシャルインタビュー

8月23日で24歳になるコビー・ブライアントだが、この若さにしてすでに昨シーズンまでで3つのチャンピオンリングを獲得した。しかし、「もっともっと優勝したい」と貪欲に勝利を追い求める。史上最強軍団へと突き進むレイカーズであればコビーの願いも決して不可能ではないだろう。シャック、フィル・ジャクソン、オリー、フォックス、フィッシャー。目標を達成するための心強い仲間たちがいる。個人としてもまだまだ成長の余地は十分なだけに、コビーがどこまで成長し、レイカーズがどこまで強くなるかは、今はまったく想像できない。

■POSITION by POSITION TOP5


--------------------------------------------------------------------------------

■2001-02シーズン ポジション別ベスト5

ゲームレベルの上昇とともに、現代のNBAではプレーヤーに様々な能力が求められる。各ポジションで頂点に立とうとすれば、なおのこと多彩なテクニックの持ち主でなければならない。精鋭揃いのNBAで各ポジションのトッププレーヤーは誰なのか? 2001-02シーズンのポジション別ベスト5を選出してみた。

■WELCOME to NBA!


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAドラフト2002完全レポート

中国出身のビッグセンター、ヤオ・ミンに注目が集まった2002年NBAドラフト。ヤオに代表されるように、今年は外国人勢の指名数が過去最高を記録するなど国際色豊かなものとなった。大学生も注目のジェイ・ウィリアムズを筆頭に実力者が勢ぞろい。将来のNBAを背負って立つ期待の新人たちの晴れ舞台を完全レポートする!

■USA Take Off!!


--------------------------------------------------------------------------------

■2002年バスケットボール世界選手権徹底ガイド
■NBA軍団が世界一に向け、まもなく始動

バスケ大国アメリカのプライドは保たれるのか? それとも地に堕ちるのか? 8月29日からインディアナポリスで行なわれる、4年に一度の男子バスケットボール世界選手権開幕まで残り1か月を切ろうとしている。先ごろ決定したUSA代表全選手のプロフィール、USA代表のスケジュール、アメリカ以外の出場国紹介など、大会の見どころを徹底チェックする。

■No Vacation!


--------------------------------------------------------------------------------

■サマーリーグ・それぞれの夏

ファイナルが終了して1か月。来季へ向け、早くもNBA選手は全米各地で始動している。サマーリーグは、10月のトレーニングキャンプを前に彼らが実戦練習を積む大切な場所。新人や伸び盛りの若手を中心に、有名無名、あるいは所属リーグも関係なく、それぞれの想いをひとつのコートでぶつけあう。暑い夏だからといって、のんびりバケーションを楽しむわけにはいかないのだ。

■01-02 Yes! or Boo!


--------------------------------------------------------------------------------

■01-02シーズン版NBA非公認裁判

始まる前はワクワクして眠れない日々が続いた01-02シーズンも瞬く間に終了。今年も多くの選手やチームがホットな(あるいはサムい)話題を提供してくれた。そこで1年を総決算して彼らの健闘を讃え、不甲斐なかった場合はバッサリ斬ってしまおうという企画がこの「Yes! Or Boo!」。陪審員としてご協力いただいた読者の意見を参考に、判決を下すのは我々『ダンクシュート』裁判団だ!


●OFF-SEASON PRESENT
レイカーズ優勝記念グッズ他、豪華アイテム大放出!

●No.1 Pick is Great?
ドラフト1位指名選手の成功と失敗

●LA Lakers Forever
磐石のLA王国

●Playback Story
1993-94シーズン

●DSグッズ探検隊
アイバーソン・グッズ大特集

●NBA MU-IMIDAS
ナッシュが六本木でサポーターと合流?

●KITADATE SURVEY
リーボックCL BB HIPOST

●DS in the ZONE
AND1スキップ・トゥ・マイ・ルー他

●COLLECTORS’ CLUB
マクファーレン・フィギュア続報他

●CARD UNIVERSE
スターのルーキー時代のカード特集他

●DUNKIN’ TOPICS
「コビーがアディダスと決別!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
FA不作の年の主役たち

●NBA in your face
一貫性を欠くレフェリーのジャッジング

●POSTING UP THE NBA
NBAのリーグ拡大構想に異議あり!?

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
NBA FINALS 2002
LAKERS vs NETS
レイカーズ無敵の3連覇達成!

LA帝国磐石。そう印象付ける圧倒的な強さで、レイカーズはNBA史上3チーム目となる3連覇を達成した。カンファレンス・ファイナルでキングスに瀬戸際まで追い込まれる苦戦を味わったが、大一番ではネッツをスウィープで片付ける完勝劇。シャック&コビーという最強コンビの周りに、最高のバイプレーヤーを配した彼らの前に立ちはだかるチームは、もはや存在しない――。


■SPECIAL STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■Four Ever? LA王朝揺るぎなし

近代バスケットでは極めて困難であると思われた3年連続優勝をあっさりと達成したレイカーズ。次なる目標は“ブルズ越え”の4連覇だ。今オフにFAとなる選手は7人と多く、現有戦力をキープするのはほぼ不可能だが、それでも最強戦士5人をキープできるあと2年は、LA王朝に揺るぎはない。

■GAME REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

■ファイナル全ゲーム完全速報~中原雄氏の解説付き

■FINAL MVP


--------------------------------------------------------------------------------

■今年も猛威を振るったシャック・アタック

■VOICE of CHAMPION


--------------------------------------------------------------------------------

■優勝チーム・コメント集

■SERIES ANALYSIS


--------------------------------------------------------------------------------

■勝負を分けたポイントをデータから解析

■OUT of BOUNDS


--------------------------------------------------------------------------------

■ファイナル・トピックス集

■PLAYER’S PROFILE


--------------------------------------------------------------------------------

■ファイナル進出チーム全選手ガイド


■THE GREATEST MOMENTS


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAファイナル名場面ランキング

東西の最強チームによる優勝を賭けた戦い、それがNBAファイナルだ。長く厳しい道のりを経て辿り着いた大一番に選手が燃えないはずはない。そして数々の名シーンが生まれた。NBAが黄金時代を迎えた80年代以降のファイナルの中から、ファンの記憶に残る珠玉の名場面を厳選し、ランキングした。

■EASTERN CONFERENCE FINAL


--------------------------------------------------------------------------------

■NETS vs CELTICS
■THE MAN vs THE DUO
■単独エースとスーパーデュオの激突

稀代の名パサー、キッドの加入により一躍イースタンのトップチームとなったネッツ。リーグを代表するスコアリングデュオ、ウォーカー&ピアースに率いられて古豪復活を目指すセルティックス。イースタン・カンファレンス決勝のカードがこの2チームになると誰が予想できただろうか? 前年のプレーオフ不出場チーム同士の対決は単独エースとWエースの激突となった。

■WESTERN CONFERENCE FINAL


--------------------------------------------------------------------------------

■LAKERS vs KINGS
■DESTINY?
■掴み損ねた勝利

3度目の正直か、それとも2度あることは3度あるか。一昨年、昨年とプレーオフでレイカーズに辛酸をなめさせられたキングスは今年こその意気込みで王者に挑んだ。しかし、シリーズ勝利を掴める可能性が十分にあったにもかかわらず敗北を喫し、逆にレイカーズの強さを思い知らされることになった。埋まったようで埋まらないLA超特急との差。今年もキングスのリベンジが達成されることはなかった。

■Re-Action!


--------------------------------------------------------------------------------

■全チーム オフの補強計画徹底研究

今季もチャンピオンはレイカーズに決した。だが、喜びに沸く王者の陰で敗れ去ったチームはすでに動き出している。レイカーズの4連覇を阻止すべく、行動を開始した各チームの復活へ向けたプロジェクトを公開しよう。

■ダーク・ノウィツキー・インタビュー


--------------------------------------------------------------------------------

■Europian Fantasista
■異国の地で覚醒した才能

1年目は生活環境、バスケットのレベルの高さに適応できず、苦労に明け暮れる毎日だった。しかし、ドイツからNBAへとやってきた青年は必死の思いで奮闘し、今やリーグを代表する選手へと成長した。彼の名はダーク・ノウィツキー。オールスター出場も果たした、カウボーイの街ダラス最高のガンマンが次に狙うのは何か? それはNBA制覇という獲物だ。キューバン・オーナー陣頭指揮の下、強豪へと変貌したチームを率い、野望達成に突き進む。

■GOLD RUSH


--------------------------------------------------------------------------------

■2001-02シーズン版NBA長者番付

世界最高のバスケットボール・リーグ「NBA」でプレーする選手は名誉だけでなく、誰もが羨む大金をも手にする。リーグ・1の高給取りの年俸に至っては何と28億円! それだけではなくリーグの大半が一般人のそれと比べものにならないお給料を頂戴している。そんな気になるNBA長者番付をここに大発表する!!

■DREAM is OVER


--------------------------------------------------------------------------------

■ドリームチーム1世代に訪れた終焉の瞬間

1992年、バルセロナの地に夢の軍団が舞い降りた。ジョーダン、マジック、バードら超スーパースターを中心に結成されたドリームチーム1は世界中を興奮の坩堝に巻き込んだ。だが、あれから10年。夢の終わりは近づきつつある。

■2002 FINAL PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

■プレーオフ・グッズ、SHOXスタンナー、ビル・ウォルトンTシャツ他、豪華グッズ大放出


●The Signature Collection
AND 1契約選手、KG、スプリーの新作シューズ

●Road to the Final
セミファイナル、カンファレンス・ファイナルのボックススコア集

●NBA DRAFT 2002 GUIDE
ドラフト候補生ガイド

●CROSSOVER CHRONICLE
月刊アイバーソン通信

●THE COACH FILE
ラリー・バード

●NBA MU-IMIDAS
デニスくんのカジノご乱交日記

●KITADATE SURVEY
アディダス・クライマクールBBall

●DS in the ZONE
コンバース・オールスター・アグレッサー他

●DSグッズ探検隊
売れ筋グッズ・ベスト20発表

●COLLECTORS’ CLUB
アイバーソン・フィギュア他

●CARD UNIVERSE
UDインスピレーションズ他

●DUNKIN’ TOPICS
「ジョーダン最新情報」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
パット・ライリー・インタビュー他

●NBA in your face
リーグを席巻した2人のPG

●POSTING UP THE NBA
NBCとの蜜月関係に終止符を打ったNBA

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
SURVIVE!
プレーオフ2002開幕!

NBAプレーヤーが生き残りを賭けて臨むトーナメントバトル、プレーオフ2002が4月20日、ついに幕を開けた。チャンピオンシップ獲得までにクリアしなければならないラウンド数は計4つ。勝利数に換算すると15勝分にも及ぶ長い戦いは、6月初旬に行われる最終決戦、NBAファイナルまで続く。今年は、通常なら比較的簡単に決着がつくはずのファーストラウンドからいきなりの大激戦。東西の8シリーズ中、実に半分の4シリーズが第5戦のフルセットにまでもつれ込んだ。史上稀に見る壮絶な戦いの模様を『ダンクシュート』はカンファレンス・セミファイナルまで含め、全シリーズ余すところなくレポートする。


■ 1 s t ラ ウ ン ド ■
E A S T
■名門復活第1章 Boston Celtics vs Philadelphia 76ers
■紙一重の勝利 New Jersey Nets vs Indiana Pacers
■救世主は核弾頭 Charlotte Hornets vs Orlando Magic
■汚名返上の一発 Detroit Pistons vs Toronto Raptors

W E S T
■苦闘の末に Sacramento Kings vs Utah Jazz
■最強のユニット Los Angeles Lakers vs Portland Trail Blazers
■狼たちの限界 Dallas Mavericks vs Minnesota Timberwolves
■帰ってきた主役 San Antonio Spurs vs Seattle Supursonics


■ Conference Semifinals ■
E A S T
New Jersey Nets vs Charlotte Hornets
Boston Celtics vs Detroit Pistons

W E S T
Sacramento Kings vs Dallas Mavericks
Los Angeles Lakers vs San Antonio Spurs



■アレン・アイバーソン


--------------------------------------------------------------------------------

■lose my way
■ジ・アンサーよ、どこへ行く?
悲願の優勝に向け怪我が癒えたアイバーソンはプレーオフの舞台に立った。しかし、1回戦敗退という憂き目に遭う。さらに、プレーオフ中には練習参加を巡る意見の相違でまたもやブラウンHCとの関係が悪化する。大人になれないエース、練習義務を主張するコーチ。今回は一応の解決を見たが、果たして火種が消えることはあるのだろうか?

■ポール・ピアース&アントワン・ウォーカー


--------------------------------------------------------------------------------

■Double-Barreled
■伝統を継承する2人
名門復活という宿命を背負ったピアースとウォーカー。彼らに課せられたものは、「ただの重い十字架」と思われたがそれは違った。今シーズン、ついにコンビを組んで以来、初のプレーオフ出場へとチームを導き、さらにシリーズ勝利までもたらしてみせた。2人の男によって刻まれる伝統チームの新たな歴史は今、始まったばかりだ。

■FORWARD‘S GAME


--------------------------------------------------------------------------------

■ワイルド・ウエストを演出するトップフォワード5人の明暗
1998年のシカゴ・ブルズ2度目の3連覇を境に、NBAの勢力図は明らかにウエスト寄りへと塗り替わった。その理由のひとつとして、ウエスタン・カンファレンスにリーグ屈指のフォワード勢が集中していることが挙げられる。チームの命運を担って臨んだ今年のプレーオフ1回戦、彼らの中には新たな勲章を手に入れた者もいれば、やり切れない想いを胸にコートを後にした者もいる。

■PLAYOFFS HERO RANKING


--------------------------------------------------------------------------------

■最強のプレーオフ・ヒーローは誰だ!
魔物が棲むと言われるプレーオフで実績を残してこそ真のスーパースターと呼ばれるにふさわしい。だが、レギュラーシーズンで活躍した選手が必ずしもプレーオフでも“やる”保証はどこにもない。想像を絶するプレッシャーに打ち勝ち、ゲームを支配する能力を持った選手は一体誰なのか? 今プレーオフに出場した選手の中からベスト15をランキングした。

■2001-2002AWARDS WINNERS


--------------------------------------------------------------------------------

■個人タイトル完全報告
レギュラーシーズンの個人タイトルが決定し、個人賞も次々と発表された。注目のMVPはジェイソン・キッド有利という大方の予想を覆し、ティム・ダンカンが初受賞。他の個人賞では最優秀ディフェンス賞、6thマン賞、最優秀コーチ賞の3つをことごとくさらったピストンズ勢の躍進が目についた。

■ミルウォーキー・バックス


--------------------------------------------------------------------------------

■LOST WORLD
■強豪バックスを襲った悲劇的結末
開幕前は優勝候補にまで挙げられていた東の雄バックスが、レギュラーシーズン終盤で泥沼の黒星地獄に陥り、まさかのプレーオフ進出を逃した。いったい彼らに何が起こったのか。彼らの未来に栄光は用意されているのか?


●TALK SHOW
ショートインタビュー集
 デレック・フィッシャー(レイカーズ)
 エルトン・ブランド(クリッパーズ)
 ポウ・ガソル(グリズリーズ)
 ブルース・ボウエン(スパーズ)
 シェーン・バティエ(グリズリーズ)

●STYLE-B
カタチにこだわるB-Ballerへ~ナイキ・エア・フライト・ターバイン

●CROSSOVER CHRONICLE
月刊アイバーソン通信

●2002 PLAYOFF PRESENT
プレーオフ・グッズ、SHOXスタンナー、ビル・ウォルトンTシャツ他、豪華グッズ大放出

●Shoes Select in ZYUEN
『スポーツジュエン』が正しいバッシュ選びを指南

●2001-2002 SEASON TEAM by TEAM STATISTICS
全29チーム別個人完全成績

●Playback Story
1976-77シーズン

●月刊ニックス
涙の最終回 ニッキチよ永遠に

●NBA MU-IMIDAS
大物選手Aにシャックがコビーとの仲を激白

●KITADATE SURVEY
エア・ハイパー・フライト・レザー

●DS in the ZONE
エア・ジョーダン17ロー他

●COLLECTORS’ CLUB
ダリアス・マイルズ人形他

●CARD UNIVERSE
ティム・ダンカン・カードギャラリー他

●DUNKIN’ TOPICS
「ドラフト1位候補ヤオ・ミンが公開練習」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
謎の残るジェリー・ウエストのグリズリーズ行き

●NBA in your face
凋落した西の強豪フェニックス・サンズ

●POSTING UP THE NBA
NBAグッズ売り上げランキング

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
LAST JUDGEMENT
/プレーオフ2002大特集

NBA選手にとっての究極の目的。それはプレーオフを勝ち抜き、チャンピオンシップを獲得することだ。今年もまた、わずか1チームにしか許されぬ栄光のゴールを目指す戦いが幕を開けた。この最終決戦のプレビューを『ダンクシュート』は総力をあげ特集する。


■No Pain, No Gain/不屈の魂


--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ出場を争う大事な時期にエース、アレン・アイバーソンが骨折し戦線離脱。この最大級のピンチを乗り越え、76ersは悲願の優勝に向けて第一関門を突破した。そして訪れた決戦の舞台。エースの復活を信じ、ひたすら耐え抜いた仲間の信頼に応えるため、アイバーソンの魂が咆哮している。

■L.A.Dynasty?/黄金軍団の両巨頭


--------------------------------------------------------------------------------

3連覇を巡る周囲の雑音に惑わされたのか、チームメイトと殴り合いを演じるなど、コビーの様子がおかしい。しかし意外なことに、誰もが首を傾げるその状態に唯一理解を示したのが、昨季は犬猿の仲と噂されたシャックだった。西のトップシードを失った今季、連覇への道のりはこれまでになく険しいものとなりそうだが、チ-ムを支える両エースに新たな信頼関係が生まれた今、レイカーズが王朝を築くための下地は、かつてないほど強固なものになっている。

■The Moment of Truth/真価を問われる司令塔


--------------------------------------------------------------------------------

サンズを追い払われるようにして、ジェイソン・キッドは弱小ネッツへやってきた。開幕前、「少なくとも40勝はできる」という控えめな彼の言葉が嘲笑されたのも、当時の状況を考えれば無理のない話だったかもしれない。だが、誰もが不可能と思ったその目標をキッドは難なくクリアしてみせた。復権した司令塔に残された最後の使命、それはプレーオフで暴れ回り、ファイナルへと進出することだ。

■Big Shot/静かなる野望


--------------------------------------------------------------------------------

1999年6月。入団後わずか2年でNBAの頂点に立ったティム・ダンカンの前には明るい未来が開けているはずだった。しかし、神はこの若者に試練を与える。ケガでプレーオフに出場すらできず、そのまた翌年はレイカーズの前に屈辱のスウィープ負け。地に落ちたチャンピオンのプライドを取り戻すため、クールなエースは静かに燃えている。

■Batman Returns/若きエースが迎えた試練


--------------------------------------------------------------------------------

「シャックを除けば僕がリーグ最高のプレーヤーだ」。今季開幕前にそう豪語した若者の言葉に嘘はなかった。チームの片翼、グラント・ヒルが戦列を離れたからこそ、浮き彫りになったその実力。昨プレーオフで孤軍奮闘の末に、惜しくも敗れ去ったマッグレディにとって、昨年以上の徹底マークが予想される今年のプレーオフはその真価を再び世に問う、格好の舞台となる。

■The Final Analysis-EAST


--------------------------------------------------------------------------------

■NEW JERSEY NETS
■低評価への反発
司令塔キッドを起点としたファーストブレイクを主軸にネッツは混迷極めるイースタンを制した。しかしそのスタイルは、ハーフコート主体のプレーオフでは通用しないと言われる。最高の結果を残しながら、下された意外な低評価。キッド率いるネッツはその予想を覆し、NBAファイナルの舞台に立つことができるのか?

■The Final Analysis-WEST


--------------------------------------------------------------------------------

■LOS ANGELES LAKERS
■追われる者の宿命
昨年のプレーオフで見せた快進撃が強く印象に残っていたせいか、今季もレイカーズの圧倒的優勢を疑う者は少なかった。レイカーズにとってレギュラーシーズンは82試合に及ぶプレシーズンのようなもの--開幕前にはこんな別格扱いの言葉すら聞かれたほどである。しかし、プレーオフを迎えた今、スリーピートを狙うチームの視界は決して良好ではない。故障を抱える主砲と、眼下の敵である西のライバルたちの急激なステップアップ。内から外から、防衛戦に臨む王者は確実に追い込まれている。

■プレーオフ対戦シュミレーション


--------------------------------------------------------------------------------

■EAST編/WEST編

■THE MASTER KEYS


--------------------------------------------------------------------------------

■プレーオフの鍵を握る男たち
■EAST編/WEST編


■Next Stage/復活第二幕の始まり


--------------------------------------------------------------------------------

ウィザーズにとっては5年ぶり、自身としてはNBA入り以来一度も逃したことのないプレーオフ進出。その志半ばにして、マイケル・ジョーダンはコートを去らなければならなかった。しかし、3年間のブランクを乗り越え、存在感を示した事実は大きい。来季、“神”はきっと戻ってくる。

■ケビン・ガーネット・インタビュー


--------------------------------------------------------------------------------

■Road to win
■頂への挑戦
ケビン・ガーネットは弱小中の弱小だったウルブズを今やプレーオフの常連チームへと変身させた。しかし、これまでのプレーオフ出場5回はすべて1回戦でKO負け。未だかつてプレーオフ・シリーズの勝利を掴んだことはない。今季もまた壁に跳ね返されるのか? それとも未来への扉をこじ開けるのか? KGの夢である優勝への挑戦がついに始まった。

■NBA必殺技外伝


--------------------------------------------------------------------------------

■Roots of the Move
■REBOUND
バスケットボールが誕生してから現在に至るまで、ずっと変わらないひとつの事実がある。「シュートは半分以上外れる」ということ。外れたボールをいかにして自分たちのものにするかが勝負の行方を左右するこのスポーツでは、数多くのスーパーリバウンダーが歴史に名を刻んでいる。

■FINAL FOUR 2002


--------------------------------------------------------------------------------

■メリーランド大悲願の初優勝!
2002年のNCAAトーナメントは、優勝候補のデューク大がまさかのアップセットを食らうなど、波瀾の連続。そんな中、カレッジ有数のスコアラー、ホアン・ディクソン率いるメリーランド大が、下位シードから勝ち上がってきた古豪インディアナ大とのファイナルを制し、見事初優勝を遂げた。


●TALK SHOW
ショートインタビュー集
ジャマール・マッシュバーン
スティーブ・ナッシュ
リーフ・ラフレンツ
ジェイレン・ローズ
アンソニー・メイソン
クワミ・ブラウン

●CROSSOVER CHRONICLE
月刊アイバーソン通信

●NBA SUPER TECHNIC FILE
マイケル・ジョーダン/ターンアラウンド・フェイダウェイ

●THE COOL GALLERY
AND 1ニューグッズ紹介

●Spring Present
AND 1「THE KG MID」ほか魅惑のグッズ大放出!

●Shoes Select in ZYUEN Vol.2
『スポーツジュエン』が正しいバッシュ選びを指南

●SCORE BOARD
NBA29チーム月間レポート

●TEAM by TEAM ROSTER & STATS
チーム別ロースター&個人成績

●THE COACH FILE
第7回/ドン・ネルソン

●月刊ニックス
閑古鳥が鳴くガーデンを直撃

●NBA MU-IMIDAS
NBAウワサの真相

●DSグッズ探検隊
ヴィンテージジャージー紹介他、オーセンティックアイテム特集

●KITADATE SURVEY
エア・フォース1シード

●DS in the ZONE
エア・フライト・ターバイン他、最新シューズ情報

●COLLECTORS' CLUB
ジョーダンポスター・プレゼント!!

●CARD UNIVERSE
カード人気選手ベスト10他、最新カードブランド情報

●DUNKIN' TOPICS
「ウェバーが大学時代に金銭授受疑惑!?」他、ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
LOST WORLD--近代化されたNBAが失った物

●NBA in your face
ダンク王ヴィンス・カーターの憂鬱

●POSTING UP THE NBA
バークレーとウィリアムズのサクセスストーリー

●NBA & NCAA TV SCHEDULE
5月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
■NBA BEST 50


--------------------------------------------------------------------------------

■現役プレーヤー最強ランキング50
『THE SPORTING NEWS』といえば、スポーツメディアが発達したアメリカでも有数の伝統を誇るスポーツ雑誌。その泣く子も黙るスポーツ界の権威が、2年ぶりに現役NBA選手の実力ランキングを発表した。本場アメリカで、現在高い評価を受けている選手は誰なのか? ファンが最も気になる現役最強選手50人を大発表する。

■SURVIVAL DANCE


--------------------------------------------------------------------------------

■2002プレーオフ展望
レギュラーシーズンも佳境に入り、プレーオフレースが俄然面白くなってきた。東は中位以下のチームが終わりの見えない椅子取りゲームを続け、西ではトップシードを巡る第一集団の争いが日に日に激化している。果たして今年のプレーオフはどういう顔触れが揃うのか、東西の王者としてファイナルに名乗りを上げるのはいったいどのチームなのか?

■2001-2002MVP RANKING


--------------------------------------------------------------------------------

■今季の“THE MAN”は誰だ!
昨年はアレン・アイバーソンが手にしたモーリス・ポドロフ・トロフィー。レギュラーシーズンが終盤を迎え、今季もMVPレースの行方が話題になり始めてきた。そこで『ダンクシュート』は今季の活躍が目立つ選手11人を選び、MVP候補として独自にランク付けしてみた。

■SCOTTIE PIPPEN


--------------------------------------------------------------------------------

■スペシャルインタビュー/ドリーム・アゲイン
かつて現代最高のオールラウンダーと呼ばれた男が復活しようとしている。スコッティ・ピッペンは近年、ケガがちで満足な働きができず、引退間近かとの声も囁かれていた。しかし、オールスター明けに怒涛の快進撃を見せたブレイザーズの牽引役として大車輪の働き。ブレイザーズ、そしてピッペンが優勝に向けてリスタートした。

■Roots of the Move


--------------------------------------------------------------------------------

■NBA必殺技外伝/トリックレイアップ
現在試合で多用されるショットの一つであるレイアップ。誰もが当たり前のように放つこのショットからは様々なバリエーションが派生し、進化してきた。今回の「ルーツ・オブ・ザ・ムーブ」はその中から、特別なスタイルのレイアップ=トリックレイアップを取り上げてみた。

■Beautiful Name


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAニックネーム集
“ジ・アンサー”、“エア”、“マジック”などNBA選手の多くはニックネームを持っている。なかには本名よりもニックネームの方が有名な選手もおり、そのまま登録名にしてしまうような場合もある。単純に名前を縮めただけのものや、れっきとした由来のあるもの、過去の選手のものなど、項目別にまとめてみた。


●TALK SHOW
ショートインタビュー集
 ステフォン・マーブリー
 ダーク・ノウィツキー
 ジョー・ジョンソン
 ケリー・キトルズ

●CROSSOVER CHRONICLE
月刊アイバーソン通信

●BET ON LAST STAGE
デッドライン寸前の駆け込みトレード総括

●Jersey's SHOW
全29チーム着用ジャージー大公開

●Tip-Off PRESENT
エア・フォース1・ラシード・モデルほか

●「I3 コレクション」SPECIAL PRESENT
ファン注目のアイバーソン・グッズを大放出!

●2001-2002 Inside NCAA
NCAAトーナメント・プレビュー

●Shoes Select in ZYUEN
『スポーツジュエン』が正しいバッシュ選びを指南

●SCORE BOARD
NBA29チーム月間レポート

●TEAM by TEAM ROSTER & STATS
チーム別ロースター&個人成績

●Playback Story
1991-92シーズン

●LIFE of FLASH
森下雄一郎の挑戦

●月刊ニックス
ニックスが犯した数々のミステイク

●NBA MU-IMIDAS
KGがオールスターでMJからせしめたモノ

●KITADATE SURVEY
gruv フランチャイズ

●DS in the ZONE
SHOXスタンナー他、最新シューズ情報

●COLLECTORSユ CLUB
アイバーソン・グッズ3点が登場

●CARD UNIVERSE
UDプレーメイカー他、最新カードブランド情報

●DUNKINユ TOPICS
「コビーがミラーにパンチ!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
キャリア初のチャンスに賭けるウェバー

●NBA in your face
国際色が非常に豊かになった現代のNBA

●POSTING UP THE NBA
スティーブ・フランシスはスーパーマンになれるのか?

●NBA & NCAA TV SCHEDULE
4月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
All-Star 2002

アメリカ独立宣言の地であり、近年では映画『ロッキー』の舞台で有名なフィラデルフィア。全米第5のビッグシティで行なわれた今年のオールスターゲームはイースト、ウエストの両チームを代表する2人の“Philly”によって、勝敗の行方が大きく左右された。


■ゲームレポート


--------------------------------------------------------------------------------

コビー・ブライアントが前半だけで23得点を稼ぐ大活躍を見せMVPに選出、ウエストが昨年の大逆転負けの借りを返した。一方で、地元フィラデルフィア出身のスターであるはずのコビーは、終盤ボールを持つたびにブーイングされるなど珍しい事件も起きた。NBAのスター選手目白押しのお祭りゲームの模様を完全レポートする。

■Shout in PHILLY


--------------------------------------------------------------------------------

■オールスター・インタビュー集
カーター、シャックのケガによる欠場はあったが、今年の夢祭典もジョーダン、コビー、KGなどオールスターが勢ぞろいした。フィラデルフィアから直送したスター軍団の肉声をまとめてお届けしよう。

■A.I. in All-Star


--------------------------------------------------------------------------------

■地元のスーパースター、アイバーソンに密着取材
今や自他共に認めるNBAのスーパースターに成長したアイバーソンのお膝元、フィラデルフィアで開催された今回のオールスター。地元でホストを務めるという大役を仰せつかったA.I.のオールスター・ウィークエンドを追いかけた!

■WEEKEND SITE


--------------------------------------------------------------------------------

■オールスター・トピックス
今年のオールスターはソルトレイク五輪と日程が重なってしまい、テレビ中継が半減。NBAファンを悲しませる結果になってしまった。でも落ち込むなかれ。『ダンクシュート』は現地フィラデルフィアからこぼれ話をたっぷり拾ってきたぞ。ようこそ、ウィークエンドの舞台裏へ!

■All-Star Kicks Check


--------------------------------------------------------------------------------

オールスター総力取材の一環として、今年も『ダンクシュート』はスニーカーチェックを実施。晴れ舞台に花を添えるため、各ブランドもスペシャルバージョンを用意してきた。今回目立ったのはシルバー、パテント。夢舞台を彩った派手なシューズをとくとご覧あれ!

■Slam-Dunk Championship


--------------------------------------------------------------------------------

■New Style Wars
ルーレット形式で試技を決めるダンクホイールの導入を始め、やや企画色が強くなった今大会。新たな試みに出場選手は戸惑いを見せたが、やはり勝ったのは実力者。高校時代からダンクマスターとして鳴らしたリチャードソンの頭上に栄冠は輝いた。

■3Point Contest


--------------------------------------------------------------------------------

■Who's Shooting Star?
今年の3Pコンテスト最大注目はアレンの2連覇なるかだった。しかし、そのアレンがまさかの予選落ち。優勝を掴んだのは昨年2位の雪辱に燃えていたストヤコビッチ。延長戦にもつれ込む白熱の決勝を制し、長距離砲・1の座に就いた。

■Rookie Challenge


--------------------------------------------------------------------------------

■SUPER KIDS ON THE STAGE
ルーキーチャレンジはNBA1年生と2年生によるスーパープレー披露宴。まだ成長過程にある彼らがこんな凄いプレーするなんて、と新鮮な驚きや発見があるイベントだ。フィラデルフィアに結集したスーパーキッズたちの晴れ舞台を要チェックだ!


■MIDWAY BATTLE


--------------------------------------------------------------------------------

■ディビジョン首位争いの行方
過去20年間にNBAファイナルに出場したのは延べ40チーム。そのうちレギュラシーズンにディビジョン首位の座を逃したのはわずか5チームしかない。その中で優勝まで辿り着いたのは94年のロケッツだけ。つまりディビジョン首位をキープできなければ、優勝はおろかファイナルに出場できる確率も非常に低いということだ。このデータを踏まえた上で、今季前半戦を振り返りながらディビジョン首位争いの行方を見ていこう。

■God vs Zen Master


--------------------------------------------------------------------------------

■元ブルズの師弟コンビが初対決
オールスター明け初戦の2月12日、ジョーダンとジャクソンの公式戦初対決が実現した。ブルズ王朝を築いた師弟同士の初顔合わせとうことで、試合はファンの注目を集めた。しかし、主役に躍り出たのは、ジョーダンと同じくジャクソンを師と仰ぐ若獅子、コビーだった――。

■Root of the Move


--------------------------------------------------------------------------------

■DRIBBLE編
目にも止まらぬスピードで一瞬にしてボールを切り返し、相手を抜き去るアレン・アイバーソンのクロスオーバー。華麗にディフェンダーをかわすジェイソン・ウィリアムズのビハインド・ザ・バック。こうしたドリブラーたちが見せる素晴らしいテクニックの数々はいったい、どんなプレーヤーが先駆者となっているのか? 今回はスーパードリブラーのルーツを辿る。

■L.A. Commander


--------------------------------------------------------------------------------

■ラマー・オドム
■スペシャル・インタビュー
今最も勢いのあるチームはクリッパーズかもしれない。数年前までのドアマットチームが強豪揃いのウエスタンでプレーオフを狙えるチームにまで成長。その牽引役を担っているのがラマー・オドムだ。彼の入団とともにクリッパーズはステップアップを続けている。ここではLAのスーパーキッズのリーダー、オドムの素顔に迫る。

■アイバーソン・スペシャルピンナップ&I3コレクション・カタログ


--------------------------------------------------------------------------------

契約するリーボックからリリースされ、巷で話題となっているアイバーソンのシグネイチャーカテゴリー『I3コレクション』のアイテム・カタログと、それらを纏った超クールなアイバーソン・ポスター! アイバーソン・ファンなら絶対チェックだ!


●All-Star Present!
現地直輸入オールスターグッズ、アンサー5、ショックスVC他、豪華プレゼント大放出

●Coast to Coast
トレードデッドライン裏情報

●KG Choose AND 1
KGのAND1移籍後初となるシグネイチャーシューズが登場!

●THE FRONT RUNNERS
注目の個人タイトル争い速報/前半戦総括

●2001-2002 Inside NCAA
カレッジバスケットボール・レポート/ドリュー・グッデン特集他

●NBA SUPER TECHNIC FILE
ジェイソン・キッド/アリウープ・パス

●SCORE BOARD
NBA29チーム月間レポート

●TEAM by TEAM ROSTER & STATS
チーム別ロースター&個人成績

●The Coach File
カリスマ・コーチ列伝/チャック・デイリー

●月刊ニックス
日本でのニックス人気を大調査

●NBA MU-IMIDAS
前半戦終了。トレード、ウワサの真相

●DSグッズ探検隊
注目グッズ編

●KITADATE SURVEY
アルマジロ・ミッド

●DS in the ZONE
コビー2新色他

●COLLECTORSユ CLUB
アイバーソン・フィギュア鑑定他

●CARD UNIVERSE
UD2、トップス・クローム他、最新ブランド情報

●DUNKINユ TOPICS
「ジョーダン夫人提訴取り下げ!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
ジョーダンとウィザーズが起こした奇跡

●NBA in your face
グラント・ヒルのNBA人生は今?

●POSTING UP THE NBA
NBAにおける世代交代の難しさ

●NBA & NCAA TV SCHEDULE
3月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
■SKY MASTERS 2002


--------------------------------------------------------------------------------

■古今東西最強スラムダンカー列伝
ドクターJが切り拓いたスラムダンクの世界は、“エア”ジョーダンによって一気にファンに認知された。90年代後半には一時停滞しかけたこともあるが、不世出の天才ダンカー、カーターの出現により、スラムダンクの魅力が今再び見直されようとしている。彼らをはじめ、ファンを虜にする古今東西の凄腕ダンカーたちを一挙に大特集する。

■Roots of the Move


--------------------------------------------------------------------------------

■NBA必殺技列伝「スラムダンク」
NBAの華といえば、スラムダンクにとどめを刺す、と言っても過言ではないだろう。ゲーム中の強烈なスパイス、時にはゲームそのものの味付けさえ変えてしまうこのムーブの存在は、NBAの存在をエンターテインメント・プロスポーツの地位にまで押し上げていった。それでは誰が最初にスラムダンクを行なったのか? あるいは武器として使っていったのか? 今回はそのルーツを辿る。

■Never Give Up


--------------------------------------------------------------------------------

■フィラデルフィア・76ers
■ジ・アンサーは死なず!
シクサーズが波に乗り切れないでいる。大黒柱アレン・アイバーソンをケガで欠いたままシーズンに突入し5連敗。その後7連勝したかと思うとすぐに7連敗を喫し、いまだ不安定な戦いを続けている。だが、悲観するのはまだ早い。彼らが真の“答え”を導き出す時間は十分に残されている!

■Change My Life


--------------------------------------------------------------------------------

■ジェイソン・ウィリアムズ
■輝き再び
センセーショナルなNBAデビューをキメたが、その後のジェイソン・ウィリアムズは鳴かず飛ばず。ターンオーバーが多い、無茶なシュートが多いといった様々な批判を浴び続けてきた。しかし、メンフィスへと移転したグリズリーズ加入後、若手揃いのチームにあって、リーダーとして攻守に大奮闘。大きな光を放っていた昔の輝きを取り戻そうとしている。

■Scramble East


--------------------------------------------------------------------------------

■東部戦線ヲ注視セヨ
イースタン・カンファレンスに異変が発生している。シーズン折り返しの地点で上位につけるウィザーズ、ネッツ、セルティックスは昨季のアトランティック地区3弱。この3チームの勢いにストップをかけようと、76ers、バックス、マジック、ラプターズといった開幕前の王者有力候補が立ち上がる。まさにスクランブル状態の東部戦線。ここでは過去の実績など通用しない。

■German Cowboy


--------------------------------------------------------------------------------

■ダーク・ノウィツキー
■ゲルマン民族の誇りと魂
4年前、単身NBAへと乗り込んできたドイツ産カウボーイ、ダーク・ノウィツキー。彼は人々の予想を遥かに超えるバスケットの才能を持ち、昨季までの3シーズンで驚くべき成長を遂げてきた。そして、今なお止まることなく進化し続けている。

■KIDS FACTORY


--------------------------------------------------------------------------------

■初公開! クリッパーズの練習に1日完全密着!
NBAの練習は基本的に外部に公開されていない。通常、マスコミ関係者の取材は練習最後の15分間に限られている。今回『ダンクシュート』は、ついにあの才能ある若手溢れるロザンセルス・クリッパーズのチーム練習の取材に成功。謎に包まれた空間に1日密着した。


●New Year Present!
アンサー5、コビー2他、豪華プレゼント大放出

●Upcoming「I3 TRAINER」
AI特別モデル限定カラー発売開始!

●All-Star 2002 in Philadelphia
NBAオールスター2002直前情報

●Talk Show
ショートインタビュー集
プレドラグ・ストヤコビッチ
ダニー・フォートソン
ジャマール・ティンズリー
ドニエル・マーシャル
ホーレス・グラント

●THE FRONT RUNNERS
注目の個人タイトル争い速報

●2001-2002 Inside NCAA
カレッジバスケットボール・レポート

●NBA SUPER TECHNIC FILE
マイケル・ジョーダン/リバース・レイアップ

●SCORE BOARD
NBA29チーム月間レポート

●TEAM by TEAM ROSTER & STATS
チーム別ロースター&個人成績

●Playback Story
1995-96シーズン

●月刊ニックス
スプリーウェルの魅力

●NBA MU-IMIDAS
MJがダンクコンテストに出場?

●DSグッズ探検隊
人気選手ジャージー編

●KITADATE SURVEY
SHOX VC  

●D S in the ZONE
アンサー5新色他

●COLLECTORSユ CLUB
レイカーズ特別シリアルBOX他

●CARD UNIVERSE
最新カードブランド情報

●DUNKINユ TOPICS
「ジョーダン離婚訴訟起こされる!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
トニー・パーカー物語

●NBA in your face
名将ライリーが初めて味わう苦悩のシーズン

●POSTING UP THE NBA
ピストンズが乗ったジェットコースター

●NBA & NCAA TV SCHEDULE
2月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース  

●FRONT LINE
情報最前線         

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
MJ Exclusive Interview
Still Flying
ジョーダン復帰後初の独占インタビュー

期待があまりに大きすぎたせいか、現在のジョーダンとウィザーズに対する世間の目は厳しい。しかし、ジョーダン自身は落胆してはいない。むしろチームの成長にしっかりと手応えを感じている。『ダンクシュート』は今回、ジョーダンとのロングインタビューに成功。弱小チームでのプレー、ウィザーズの問題点、リーグの若手たちとの対戦など、苦闘する神が、その胸中に宿る真実を語ってくれた。

特別付録
マイケル・ジョーダン・ビッグポスター

■THE PRIDE of ACE


--------------------------------------------------------------------------------

■エースの称号
■Michael Jordan
■Jason Kidd
■Tracy McGrady
■Allen Iverson
■Vince Carter
課せられた任務はチームを勝利へ導くこと。しかし、敗北の責任はその双肩にひとり背負う。言い訳無用の絶対的存在。それがエースだ。負担をシェアすることで勝利を目指す近代バスケットにはそぐわないかもしれない。しかし、孤高のエースたちは今夜も一心不乱に勝利を目指し、コートを疾駆する。

■THE TWIN PEAKS


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAハイスコアリング・デュオ・ランキング
シャック&コビーをはじめ、今季のNBAにはスコアリングを武器にチームをリードするデュオが増えている。セルティックスのピアース&ウォーカー、マブズのノウィツキー&フィンリー、バックスのアレン&ビッグドッグ等々。レイカーズを例に挙げるまでもなく、高得点を計算できるデュオがいれば、チームはそれだけ楽に勝利を手中に収められる。現代のリーグを席巻する、ハイスコアリング・デュオをランキング形式で紹介しよう。

■THE NEW STANDARD


--------------------------------------------------------------------------------

■ライジングチームと期待外れのチーム、その現状
長いスパンで見れば、どんなチームにも浮き沈みは必ずある。ただ、その前に「急激な」とつくと話は別だ。今季は序盤から意外なチームがリーグに旋風を巻き起こした一方で、地獄を見た、あるいは躍進を確実視された集団が伸び悩むという現象も起きている。いったい彼らに何が起きたのか。

■Roots of the Move


--------------------------------------------------------------------------------

■NBA必殺技外伝
■フェイダウェイショット
NBA選手が普段何気なく見せるプレーの中には、バスケットボールの歴史に革命を起こした技が数多くある。ジョーダンやコビーといったスーパースターがフィニッシュムーブとするフェイダウェイショットもそのひとつだ。では、フェイダウェイはいつ頃誕生し、どのように現代へと受け継がれていったのだろうか? NBA観戦歴30年を誇る小林孝氏が知られざるそのルーツを解き明かす。

■Heart & Soul Interview


--------------------------------------------------------------------------------

■Mr. Bad Guy
■ラシード・ウォーレス
レフェリーの判定に食ってかかってはテクニカルファウルを連発し、憤懣やる方ない思いをぶつけるかのごとく、力任せにボールをリムに叩きつける。コート上での振舞いから、荒くれ者のイメージが付きまとうラシード・ウォーレスだが、それは彼の真の姿なのか? 『ダンクシュート』が直撃インタビューでその実像に迫る!

■Real Deal


--------------------------------------------------------------------------------

■本物の証
■エルトン・ブランド
デューク大時代は数々の個人賞を手にし、プロ入り後の実績も十分だが、エルトン・ブランドへの評価は決して高くなかった。しかし、今オフにクリッパーズ移籍という転機が訪れる。強豪ひしめくウエスタン・カンファレンスで見せる、以前と変わらぬプレーが彼への評価を大きく変えようとしている。


■WONDERFUL PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

■アイバーソン・グッズ他、豪華プレゼント大放出

●TRIAL & ERROR
ルーキーたちの実力チェック

●Talk Show
ショートインタビュー集/ジョー・スミス、カティーノ・モーブリー、クエンティン・リチャードソン、アントニオ・マックダイス

●Jersey Numbers
01‐02版 背番号ガイド

●THE FRONT RUNNERS
注目の個人タイトル争い速報

●2001-2002 Inside NCAA
カレッジバスケットボール・レポート

●NBA SUPER TECHNIC FILE
エルトン・ブランド
クロスオーバー・ペネトレイト

●SCORE BOARD
NBA29チーム月間レポート

●TEAM by TEAM ROSTER & STATS
チーム別ロースター&個人成績

●THE COACH FILE
レニー・ウィルケンズ

●月刊ニックス
ヴァンガンディ電撃辞任の真相

●NBA MU-IMIDAS
自社ブランドのグッズ万歳! ジョーダンのロッカールームに潜入

●DSグッズ探検隊
キッド&マーブリー最新オーセンティックジャージー他

●KITADATE SURVEY
エア・ジョーダン17  

●DS in the ZONE
エア・ジョーダン9レトロ他

●COLLECTORS’ CLUB
MJ復帰記念グッズが大集合!

●CARD UNIVERSE
UD SPx、UD Ultimate Collection他、最新カードブランド情報

●DUNKIN’ TOPICS
「アイバーソン、リーボックと終身まで契約延長」他、ホットな話題を直輸入!

●NBA in your face
ゾーン・ディフェンスはNBAをどう変えたのか

●POSTING UP THE NBA
世界選手権アメリカ代表チームの選考基準

●SCOOP SHOT
ルーキーたちが味わう様々な試練

●NBA & NCAA TV SCHEDULE
1月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
God Bless Ball Game

未曾有の大惨事から約50日。復興に向けて動き始めたアメリカ国民を勇気づけるという使命を受け、NBAは新たなシーズンの幕を開けた。今回の『ダンクシュート』は「01-02シーズン開幕特集」と題し、復帰したジョーダンのスペシャルレポートからスタート。他にもアイバーソン、カーター、コビーら「ストップ・ザ・MJ」を誓うニューリーダーの近況からキッド&G・ヒルの2大インタビュー、移籍選手活躍度チェックまで、リーグの「今」を押さえた企画を一挙取り揃えてみた。


■MJ Sensation


--------------------------------------------------------------------------------

■マイケル・ジョーダン、三度コートへ
2001年10月30日、幾多の困難を乗り越え、マイケル・ジョーダンがついに帰ってきた。ニックス狂にしてジョーダン・フリークという「月刊ニックス」の著者が三度コートに舞い降りた“神”に対する、歓迎しつつも複雑な胸中を綴る。

■Super Star on the Stage―No.1


--------------------------------------------------------------------------------

■Allen Iverson
  指輪物語 第2章
10月30日、オープニングゲーム。打倒レイカーズを胸に秘め、さらなる飛躍を誓い臨むはずのアレン・アイバーソンの姿はコートになかった。絶対的支配者を欠いたチームは泥沼の連敗地獄に陥る。オフに手術を受けた右ヒジの痛みはまだ取れていない。だが、この窮状を救うべく、11月10日、“ジ・アンサー”がついにコートに立った!

■Super Star on the Stage―No.2


--------------------------------------------------------------------------------

■Kobe Bryant
  エゴを捨てて
NBA3連覇を目指すレイカーズの牛若丸、コビー・ブライアントが好調だ。チームメイトで、得点王レースのライバルでもあるシャックに「MVPをとってもらいたい」とまで言わしめ、その期待通りの活躍を見せている。コビーの能力に「限界」の2文字はあるのだろうか?

■Super Star on the Stage―No.3


--------------------------------------------------------------------------------

■Vince Carter
  リーダーの条件
躍進を期待されていたラプターズが開幕2連敗という最悪のスタートを切った。しかし、エースのヴィンス・カーターは慌ててはいない。『ファイナル出場』という大きな目標を確実なものとするため、自らリーダーとなりチームを牽引する心の準備はできている。

■Super Star on the Stage―No.4


--------------------------------------------------------------------------------

■Tracy McGrady
  王冠奪取の障壁
今や堂々たるスターの仲間入りを果たしたトレイシー・マッグレディ。彼の存在に加え、僚友ヒルの復帰もあって、開幕前のマジックは過剰なまでに評価されていた。しかし、蓋を開けてみれば意外なもたつき。目標であるチャンピオン獲得へ向け、障壁となっているのは何なのか。若きエースがチームの問題点を語った。

■Super Star on the Stage―No.5


--------------------------------------------------------------------------------

■Anfernee Hardaway
  甦ったスター
もう選手としての峠は過ぎた――。かつてはネクストMJと言われたアンファニー・ハーダウェイはケガが原因でここ数年、まともなプレーをできずにいた。しかし、オフに万全の体調を作り上げた今季の彼は違う。輝いていた昔のペニーがついにコートに帰ってきた。

■Early Stage Report


--------------------------------------------------------------------------------

  01-02シーズン開幕速報

■Heads or Tails


--------------------------------------------------------------------------------

■移籍した大物選手の活躍度チェック
昨オフはキッド対マーブリー、Jウィル対ビビーと、司令塔同士のトレードが目についた。また、オラジュワンやユーイングといったビッグマンも移籍。開幕直前にもメイソン、コールマンというこわもての実力派フォワードが昨季と違うユニフォームを着ている。これらの移籍は吉と出ているのか、それとも・・・。

■Big Expectation


--------------------------------------------------------------------------------

■N.J.を変える男
西海岸で生まれ育ち、プロに入ってからもウエスタン一筋でプレーしたきたジェイソン・キッド。しかし、彼は今夏、突然の東海岸、しかも弱小チーム行きを命じられる。「低迷するネッツを浮上させる」という使命を受けての移籍。稀代の名ポイントガードは大きな期待を背に毎晩懸命なプレーを続けている。

■Returning to the Top


--------------------------------------------------------------------------------

■貴公子の帰還
■カムバック・インタビュー――グラント・ヒル
2度の手術を余儀なくされるほどのケガを負い、昨季の出場はわずか4試合。さらに若手の台頭もあって、グラント・ヒルの存在はやや霞みかけていた。だが、貴公子は帰ってきた。キャリアを脅かすほどの故障を克服し、再びコートで戦うことを誓って――。

■MIKE BIBBY


--------------------------------------------------------------------------------

■KING’S BLOOD
■王者の血を受け継ぐ者
マイク・ビビーは若手正統派PGの代表的存在だ。弱小チームから優勝候補筆頭のキングスに移り、ビビーは全米制覇を成し遂げた大学時代以来となるチャンピオンを目指す。バスケットの世界で華麗な経歴を残してきた父ヘンリーから受け継いだ“勝者の血”が今、騒ぐ。

■特別企画


--------------------------------------------------------------------------------

■2002 DUNK SHOOT SPECIAL CALENDAR
■スーパースター勢揃いの2002年カレンダーを付録!


■新コーナー/選手ショートインタビュー集


--------------------------------------------------------------------------------

■TALK SHOW

■THE FRONT RUNNERS


--------------------------------------------------------------------------------

■注目の個人タイトル争い速報

■NBA SUPER TECHNIC FILE


--------------------------------------------------------------------------------

■アレン・アイバーソン/ハイドリブル・ペネトレイト

■SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

■NBA29チーム月間レポート

■OPENING PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

■開幕記念超特大企画
■話題のMJグッズから各メーカーの新作シューズまで多数の賞品をラインナップ


●月刊ニックス
宿敵ジョーダンとの再会

●NBA MU-IMIDAS
CMで豪快ダンク! コビーがカーターに宣戦布告?

●KITADATE SURVEY
gruv CL DUKE 004

●DS in the ZONE
SHOX BB4新色他

●DSグッズ探検隊
新シーズングッズ特集

●COLLECTOR’ CLUB
ベビーシューズ大集合!

●CARD UNIVERSE
最新ブランド情報

●DUNKIN’ TOPICS
「お騒がせのロッドマンがまたまた罰金刑に」他ホットな話題直輸入

●TEAM by TEAM ROSTER&STATS
チーム別ロースター&個人成績

●Playback Story
1979-80シーズン

●SCOOP SHOT
ポイントガードがチームに及ぼす影響

●NBA in your face
ロン・ハーパーは今?

●POSTING UP THE NBA
ジョーダン復帰で見せたテレビ関係者の反応

●PLAYERS’ ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS2
読者のページ

785円
day by day with
Michael Jordan
衝撃の復帰会見~プレシーズンまで徹底取材

2001年9月25日。野球挑戦を断念し電撃の復帰宣言を果たした前回と同じように、今度もジョーダンは、文書によってマスコミに復帰の意思を伝えた。そして10月、ジョーダンはついに我々の前に姿を現わした。キャンプからプレシーズンゲームまで、神の完全復活に向けた新たな挑戦を追いかける。


■Why he’s back?


--------------------------------------------------------------------------------

  ジョーダン復帰の真意
多くの人間の不安の声に反発するように、ジョーダンは復帰を決意した。栄光を欲しいままにしてきたジョーダンはいったい何のために復帰するのだろうか?

■Quotes by MJ


--------------------------------------------------------------------------------

  復帰記者会見語録

■Training Camp


--------------------------------------------------------------------------------

■MJ is back and Dogs are barking
  ジョーダンを待ち受ける試練
ジョーダンは10月2日から始まったトレーニングキャンプに参加。若手を中心とする今季のウィザーズのメンバーとして初めて練習に励んだ。そこから見えたジョーダンのチーム構想を探る。

■Pre Season Game


--------------------------------------------------------------------------------

■God bless God
  ベールを脱いだジョーダンのプレー
10月11日、ついにジョーダンが3年ぶりにNBAのコートに立った。大歓声で復帰を歓迎するファンの前でジョーダンはまずまずのパフォーマンスを披露。そしてその2日後。衰えを知らぬ神の姿に誰もが驚愕した!

■day by day with


--------------------------------------------------------------------------------

■MJ watching
  ジョーダン復帰の真意
復帰後のジョーダン日記


2001-2002 SEASON
NBA SEASON PREVIEW

ついに2001-02シーズンが開幕! レイカーズ3連覇なるか? ジョーダン復帰の成否は? など、今季は例年に増して話題が豊富だ。『ダンクシュート』はシーズン開幕を記念し、恒例の特別企画をお届けする。まずは編集部が考える全29チーム戦力ランキングから。併せてNBAファイナル、両カンファレンス・ファイナル、主要アウォード受賞者も予想してみた。


■Los Angeles LAKERS


--------------------------------------------------------------------------------

■Nothing but 3
  レイカーズ3連覇に向けて指導!
幾多の試練を乗り越えた今のレイカーズは歴代のトップチームと肩を並べるほどの強さを誇ると言われる。今オフも、キャンプを前にジャクソン・コーチ、シャック、コビーらの身に大なり小なりのトラブルがあった。しかし、チャンピオンは決して狼狽したりしない。さらに磐石の態勢を築こうと、3連覇というゴールに向け、しっかりとした一歩を踏み出している。

■月刊ニックス・スペシャル


--------------------------------------------------------------------------------

■Missing and Rebirth
  奇跡への誓い
ニューヨークを襲ったあの悲劇の記憶が、まだ消え去らぬ間にニックスの新たなシーズンが幕を開ける。オフの補強は万全とは言えないが、ニックスは逆境に立たされた時こそ力を発揮する不思議なチーム。3年前に演じたミラクルを再現するのに、今季ほど相応しいシーズンはないはずだ。

■Philadelphia 76ERS


--------------------------------------------------------------------------------

■BAD TUNING
  魂の旋律はそれでも乱れないのか
昨季の76ersは開幕10連勝のロケットスタートを切り、そのままイースタンの頂点まで一気に駆け上がった。しかし今季は開幕前から故障者が続出。各メディアは「戦う前から内部崩壊している」と悲観的な見通しを立てている。しかし、彼らの熱いハートがケガに屈することを許すのだろうか。

■Toronto RAPTORS


--------------------------------------------------------------------------------

■Go ahead!!
  成熟の時刻
一人の男の入団があるチームの運命を大きく変えた。選手の名はヴィンス・カーター、チームの名はトロント・ラプターズ。NBAに参入した95-96シーズンから3年間ドン底で喘いでいたラプターズはカーターが入団した98年以降、年々成績をアップさせ、昨季はついに初のプレーオフ1回戦突破を果たした。そしてオラジュワンを獲得、FAとの再契約など充実の布陣で臨む今季。成熟の時刻は間近に迫っている。

■Dallas MAVERICKS


--------------------------------------------------------------------------------

■A Piece of Dream
  希望の欠片
昨季、マーベリックスは13年ぶりに出場したプレーオフで、老獪極まりないジャズを相手に2連敗から奇跡の3連勝を演じた。続くカンファレンス準決勝でスパーズの前に敗れ去ったものの、歯を折られてもひるまず立ち向かうノウィツキーの姿は勝利に飢え、あくなき欲望に満ちた若武者集団の真髄を体現していた。新シーズンという扉の先で、彼らを待つものとは?

■Phoenix SUNS


--------------------------------------------------------------------------------

■Shining the Sun?
  未知なる世界
サンズはこのオフ、チームを司ってきたキッドを放出し、マーブリーを獲得するという大改革を企てた。マーブリーは確かに攻撃力に優れているし、マリオン、ペニーとのトリオは、ファンに十分な期待感を与える。しかし、彼らが踏み込もうとしているのは、誰もが経験したことのない未知の世界。その先に何が待ち受けているかは誰一人しらないのだ。


SEASON PREDICTION
2001-2002シーズン大予想
ATLANTIC DIVISION
CENTRAL DIVISION
MIDWEST DIVISION
PACIFIC DIVISION


●column de 2001-02 SEASON
今季の見どころマル秘ガイド
●アレン・アイバーソンSUPER BIGポスター

●Big ×Big Present
MJグッズも揃った秋の特大プレゼント!

●NBA MU-IMIDAS
社長決裁でジョーダンがペニーにシューズをプレゼント

●KITADATE SURVEY
ナイキ・エア・ジョーダン1レトロ

●DS in the ZONE
エア・フライトポジット3他

●COLLECTORS’ CLUB
ジョーダンお宝グッズ他

●CARD UNIVERSE
カードの王道

●C2K
マイケル・ジョーダン・カードギャラリー

●DUNKIN’ TOPICS
「アイバーソンがラップアルバムのリリース断念」他ホットな話題直輸入

●Team by Team ROSTER & STATISTICS
チーム別ロースター&個人成績

●THE COACH FILE
第4回・ジョージ・カール

●PLAYBACK 1994-95 SEASON
ジョーダンとロケッツの偉大なる復活

●SCOOP SHOT
マイケル・ジョーダン、底辺からの再出発

●NBA in your face
ゾーン解禁でNBAはどう変わる?

●POSTING UP THE NBA
ビル・ウォルトンの毒舌予想

●Peeping into NBA
最終回・アンチMJからの転身

●PLAYERS’ ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
●He is back!?
ジョーダンの最終決断

「バスケットへの愛情の成せるわざだ」。
マイケル・ジョーダンが、事実上の復帰宣言ととれるコメントを口にした。同時多発テロ事件を考慮し、予定していた記者会見を自粛すると発表したが、3年間の沈黙を破り、“神”は再びコートに姿を現わす。栄光のキャリアに傷がつくことを恐れず、すべては愛のために。


●TOP 5 PLAYERS by All Positions
最新版 ポジション別ベスト5

バスケットボールのポジションは5つあるが、それぞれに求められる資質はまったく異なる。たとえば、ジョーダンのように『史上最高』と称される選手でも、センターとしてプレーすれば並の選手に成り下がってしまう。つまり、いかなる実力者であっても、すべてのポジションで通用するのは不可能ということだ。そこで『ダンクシュート』は各ポジションごとのベスト5を選定してみた。過去の実績は関係ない。選考の対象になるのは現在の実力だけだ。

●DREAMS COME TRUE?
76ersリベンジの可能性を探る

燃え尽きる寸前の状態でファイナルに進出し、最後は文字通り灰になった76ers。敗れはしたが、満身創痍でも決して王者レイカーズに背中を見せなかったその戦いぶりは、多くの人の心を打った。改めて出直しを図る2001-02シーズン、もしベストの状態なら、彼らは今度こそ栄冠を手にできるのだろうか。来季の陣容から東西のライバルとの戦力比較まで、リベンジに賭ける76ersの現状を多角的にチェックする。

●Good-by,Sacramento
ジェイソン・ウィリアムズ
魔術師は新天地へ

チームの勝利を重んじたキングスは今オフ、ジェイソン・ウィリアムズの創造性を捨て、マイク・ビビーの堅実さを買った。トリッキーなプレーでアリーナを熱狂させ続けた男は優勝を狙える強豪チームからドン底で喘ぐ弱小チームへと移籍。新天地であるメンフィスへと旅立った稀代の名パサー、ジェイソン・ウィリアムズが進むべき道は?

●Milestone
ダリアス・マイルズ
神の寵愛を受けた少年

「トップ指名権を得られれば心の底から指名したいと思っていた」と、マイケル・ジョーダンが語ったほど、驚異の素質を買われてNBA入りを果たしたダリアス・マイルズ。イリノイ州の田舎町で生まれた19歳の少年は、バスケットで身を立てる決心を固めてからわずか7年で、ローカルスターからNBAの次代を担うスター候補生にまでのし上がった。短くも波瀾に満ちたその歳月で、マイルズが残した伝説の数々とは。

●HARD TO BEAT
2001グッドウィル・ゲームズ
NBAの若手で固めたアメリカが王座死守

国際親善の一環としてオーストラリアのブリスベーンで開催されたグッドウィル・ゲームズのバスケット競技(9月3~9日)で、アメリカが2大会連続の優勝を飾った。メンバー12人はすべてNBAの若手選手。猛威をふるったヤングガンズがNBA新時代の到来を世界に知らしめた。

●綴じ込みピンナップ
マイケル・ジョーダン/ラトレル・スプリーウェル

●MICHAEL JORDAN CAMP 2001
本誌派遣記者がMJキャンプに潜入!

●NBA スーパーテクニックファイル
76ers/ファーストブレイク

●月刊ニックス
MSG物語

●NBA MU-IMIDAS
キングスを左遷されたジェイウィルの心強い味方

●DSグッズ探検隊
レイカーズ& ウォリアーズ・グッズ

●KITADATE SURVEY
アシックス・ゲルバーストSP2

●DSイン・ザ・ゾーン
ザ・コビー2他、選手実使用サイン入りシューズ・コレクション

●コレクターズクラブ
珍ゲームソフト他

●CARD UNIVERSE
フリアーの新作ブランド情報

●C2K
01-02 アッパーデックMVPをボックス開け

●DUNKIN' TOPICS
NBAのホットな話題を直輸入

●THE COACH FILE
パット・ライリー

●PLAYBACK SEASON
1984-85 シーズンをふりかえる

●FREE AGENT LIST
FA選手の契約状況ガイド

●Scoop Shot
長身こそ、NBA で大金を稼ぐための最高の才能だ

●NBA in your Face
金満軍団ブレイザーズの反撃

●POSTING UP THE NBA
二人のジェイソンのトレードがチームに与える影響とは?

●Peeping into NBA
ジャパンゲームのチケット価格

●PLAYERS' ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載

●Goods Factory
オススメ・グッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●Autumn Present!!
シャック、コビー、ジェイミソン、ヒューズのレプリカジャージー他
785円
●POST SEASON WARS
ディビジョン別全29チーム戦力解剖

目まぐるしく選手が入れ替わる今オフ、各チームの戦力増強具合はどうなっているのか。そして現在、栄冠に最も近いのはどのチームなのか。NBAファンが最も気になる、29チームの戦力を解剖する。


●THE DAYS of CLIPPERS
LAキッズの次なる挑戦

昨シーズン、前代未聞の低年齢ラインナップで31勝を収めたLAクリッパーズは、ライジングチームとしてこのオフ注目の的だ。エースのラマー・オドムを筆頭にダリアス・マイルズ、新加入のエルトン・ブランドらの若手はまさに今が伸び盛り。すでにオドムは来シーズン、45勝から50勝すると宣言している。狙うはワイルド・ウエストのプレーオフスポット奪取。新生クリッパーズの挑戦第2章の幕が開けた。

●Tracy McGrady/Takeoff!!
マッグレディ・インタビュー/4年目の大躍進

ヴィンス・カーターの陰に隠れてプレーしていたトレイシー・マッグレディは、マジックに移籍して太陽の存在になった。自他ともに認めるチームの大黒柱としてプレーした昨季は、ほとんどの部門でキャリア最高の数字を残し、オールスターにもファン投票で選出されスターターとして初出場を果たす。プレーヤーとしての自信を掴んだ弱冠22歳の若武者は、今後どんなスーパープレーを我々に披露してくれるのか。今最もホットなT-MACがついにインタビュー初登場!!

●THE SUPER ALL-ROUNDER
真のオールラウンダーを探せ!

「KGってサイズがあるのに、ボールハンドリングがいいよね」。「キッドなんてトリプルダブルも朝飯前のオールラウンダーだよ」。……確かに彼らはオールラウンダーと呼ばれているが、その基準となると? 今回は、これまで曖昧な基準で語られがちだったオールラウンダー論争に終止符を打つべく、はっきりとしたモノサシを設定し、真のオールラウンダーを選出することにした。用いるのは個人成績(数字)のみ。新世紀のスーパーオールラウンダーとは一体誰なのか?

●Still can fly?
ジョーダン復帰は成功するのか?

98年にブルズを2度目の3連覇に導いた後、再度引退したマイケル・ジョーダンが復帰を目指してトレーニングを積んでいる。結論を下すのは9月中旬としているが、周囲の見方は復帰濃厚というもの。“神”は3年のブランクがあっても“神”たりえるのか? 復帰成功の可能性を探るとともに、MJ最新情報をお伝えしよう。

●Allen Iverson/Hold My Own
ジ・アンサーの生誕地ハンプトン巡礼

アレン・アイバーソンは度々、故郷への強い想いを口にしている。しかし、そこで彼は貧困に苦しみ犯罪者のレッテルを貼られたはずだ。良い想い出より悪いそれの方が多そうな土地を、なぜアイバーソンはそこまで愛してやまないのか。その謎を解くため、アイバーソンの生まれ故郷ハンプトン巡礼の旅に出た--。

●綴じ込みピンナップ
ヴィンス・カーター/ラマー・オドム

●2001 JAPAN GAMES SPECIAL
ラリー・ヒューズ来日直前インタビュー

●A Respect for WORKMAN
職人万歳

●Young Star on the stage
ヤングメン世界選手権レポート

●NBA スーパーテクニックファイル
レイ・アレン/ジャンプシュート

●『NBA ストリート』登場
プレステ2 用新作バスケゲーム紹介

●月刊ニックス
ニックス版コストパフォーマンス大賞決定

●NBA MU-IMIDAS
ラシードのシグネイチャーモデル発売延期の真相

●KITADATE SURVEY
AIR JORDAN3 RETRO

●DSイン・ザ・ゾーン
最新シューズ紹介、選手実使用サイン入りシューズ・コレクション

●コレクターズクラブ
お宝ジャージー他

●CARD UNIVERSE
UDハードコート、UDスラム情報

●C2K
ショーン・マリオン・カードギャラリー

●DUNKIN' TOPICS
「アイバーソンがタワンナさんと結婚」他、NBAのホットな話題を直輸入

●2001-2002 NBA SCHEDULE
来シーズンのスケジュール発表

●THE COACH FILE
フィル・ジャクソン

●FREE AGENT LIST
FA選手の契約状況ガイド

●Scoop Shot
驚異のルーキー、クワミ・ブラウンの素顔

●NBA in your Face
どうなるベテラン軍団ジャズ

●POSTING UP THE NBA
ガーネットが突き当たった壁

●Peeping into NBA
NYのプレーグラウンドに潜入

●PLAYERS' ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載

●Goods Factory
オススメ・グッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●Variety PRESENT
アイバーソン・チャリティ・イベントTシャツ他豪華NBAグッズ大放出

785円
●CHANGING THE WORLD
最新トレード&FA情報

いよいよ各チームが来季に向けて戦力整備に動き出した。キッド⇔マーブリー、ジェイソン⇔ビビーをはじめ、続々と選手が移籍! ヒューストン、A・デイビスら注目FAも早くも契約合意に達したと言われている。電撃移籍が相次ぐ、NBAファン必見の選手異動情報を最新版でお届けしよう。


●マイケル・ジョーダン復帰説の真相に迫る
THIRD COMING!
神は三たび舞い降りるのか?

史上最高のプレーヤーが、2年半の沈黙を破って動き出した。自らが共同オーナー兼重役を務めているウィザーズで選手として復帰しようとしているというのだ。栄光を欲しいままにした“神”ジョーダンは三たびコートに帰ってくるのか。だとしたらなぜ? これまでの動きを追い、復帰説の真相に迫ってみよう。

●ALLEN IVERSON
CELEBRITY SUMMER CLASSIC 2001
AI off the clock
ジ・アンサーの休日

激しい闘志を剥き出しにしてコートを駆け回るアイバーソンだが、それはあくまでバスケット選手としての“オン”の顔。“オフ”には無邪気な一面を持つ26歳の青年に戻る。そんなアイバーソンがフィラデルフィアと故郷ハンプトンで行なったチャリティ・イベントに密着取材を敢行した!

●KOBE BRYANT INTERVIEW
Re:GOAL
再び頂点へ

イタリアリーグでプレーする父の姿を見て育ち、マジック・ジョンソンに憧れていた少年コビー・ブライアント。96年、彼は夢だったNBA入りを果たし、瞬く間にスターダムへの階段を駆け上がった。今やリーグを代表するスーパーガードに成長し、昨季もチームを2連覇に導く大活躍。弱冠22歳にして頂点を極めた彼の素顔とはいったい--。

●2001 NBA DRAFT REPORT
BOYS RUSH!
高校生のクワミ・ブラウンが史上初のナンバーワンピック

NBAドラフト史上に新たな歴史が刻まれた。まだ高校を卒業したばかりの19歳、クワミ・ブラウンが史上初となる1巡目1位指名の栄誉に授かったのだ。続く2位以下も、高校生と大学3年生以下、いわゆるアンダークラスメンが大挙上位指名を受け、近年続いている若年化の流れは今年もエスカレートする結果となった。NYのマディソンスクエア・ガーデンに集結した、NBAの将来を担う若者たちの晴れ舞台、2001NBAドラフトの模様をレポートする。

●MISSION POSSIBLE
新世紀クラッチプレーヤー列伝

クラッチプレーヤーとは勝負を左右する重要な局面で確実に得点を決めるプレーヤーのこと。並外れたシュート力と鋼鉄の心臓を併せ持つ彼らは、チームメイトにとって最も信頼でき、逆に相手にとっては最も脅威の存在となる。現在のNBAで、その条件を満たすのはどんな面々なのか?

●綴じ込みピンナップ
アレン・アイバーソン/コビー・ブライアント

●CHAMPION PRESENT
レイカーズ優勝記念グッズ大放出!!

●OFF TIME,GAME TIME
若手プレーヤーの登竜門、サマーリーグに密着

●00-01 YES or BOO!
オフの名物企画が今年も登場

●2001 NBA JAPAN GAMES SPECIAL
WARRIORS COMING to JAPAN
来日するウォリアーズの魅力に迫る

●NBA SUPER TECHNIC FILE
ジョン・ストックトン/ノールックパス

●THREE FOR ALL
レイカーズ3連覇への鍵は?

●NBAフランチャイズ物語
最終回/ロサンゼルス・クリッパーズ

●新連載/THE COACH FILE
第1回/ラリー・ブラウン

●月刊ニックス
ニッキチ・セレブリティがフィラデルフィアに集結

●NBA MU-IMIDAS
早くも飛び出したアレンの打倒レイカーズ宣言

●DSグッズ探検隊
人気グッズランキング

●KITADATE SURVEY
エア・フォース・ワン LA限定モデル

●DS in the ZONE
オールスター・チーム・マッドネス他

●COLLECTORS’ CLUB
アイバーソン・プロモ用CD他

●CARD UNIVERSE/カードの王道
人気選手別カード・ベスト5他

●C2K
オートグラフカードギャラリー

●DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOOT
高卒選手はNBAで成功するか?

●POSTING UP THE NBA
下降線から脱したNBAの視聴率

●Peeping into NBA
ドラフトの舞台裏

●PLAYER’ ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載!

●Goods Factory
オススメ・グッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線
785円
●2001 NBA FINALS
レイカーズ連覇達成!

アイバーソンを中心にハートの強さで18年ぶりのファイナル進出を果たした76ers も、無傷で勝ち上がってきた王者レイカーズの敵ではなかった。ホームでの初戦を落とし、完全優勝こそ成らなかったものの、シャックがインサイドを支配し、ベテラン揃いのバックコート陣がアウトサイドも制圧。隙のない攻守で76ers のハートをこなごなに打ち砕く。プレーオフ史上最高勝率、アウェー3連勝の離れ業でLA帝国の強固さを印象づけた。


●Eastern Conference Finals 76ERS vs BUCKS
ALLEN VS ALLEN/ 二人のアレン

共にセミファイナルを接戦の末に突破した76ers とバックスの戦いはアレン・アイバーソン、レイ・アレンという“二人のアレン”のデキが勝敗を左右する一進一退の攻防となった。長距離砲を炸裂させ、76ers の牙城を崩さんとするレイ・アレン。全身に傷を負いながらもなおバックス守備網突破を図るアレン・アイバーソン。両者まったく譲らないまま最終戦にまでもつれ込んだシリーズの決着をつけたのは、アレン・アイバーソンの勝利への執念だった。

●Western Conference Finals LAKERS vs SPURS
NOSTOPPING/ レイカーズ特急止まらず

ウルブズ、マブズを相次いで撃破し、プレーオフに入っても遺憾なくその強さを発揮してきた今季の最高勝率チーム、スパーズ。相対する昨季の王者レイカーズもシーズン終盤から調子を上げ、プレーオフでは連勝街道を突き進んできた。実力伯仲の両チームだけに戦前はかなりの激戦が予想されていたが、結末はスウィープ決着という思いがけないものになった。

●Who's the Man?/VINCE CARTER vs ALLEN IVERSON
スーパーエース対決を徹底検証

カンファレンス・セミファイナル、76ers 対ラプターズの戦いでシリーズの行方以上に注目されたのが、カーターとアイバーソンのエース対決だった。初めての大舞台での直接対決でエースに相応しい働きをしたのはどちらなのか。二人の激闘を検証する。

●ON THE RISE/さらなる高みへ
レイ・アレン・スペシャルインタビュー

同期にはアイバーソン、コビー、キャンビーらNBA トップクラスの人気、実力を兼ね備えた選手がズラリ。レイ・アレンもそんな花の96年ドラフト組の一人である。昨年はドリームチームの一員として、シドニー・オリンピックに参加して大活躍。自らの力を全世界にアピールした。今プレーオフでも素晴らしいパフォーマンスを披露し、チームをカンファレンンス決勝まで導く。まさに今が旬。実力、人気ともに急上昇中のレイ・アレンの素顔に迫る。

●evolution
マーベリックス躍進のワケ

90年代、史上最弱とも言われたダラス・マーベリックスが、21世紀に突入した今季、大きな変貌を遂げた。ノウィツキー、ナッシュに代表される外国人プレーヤーの積極的な登用、フィンリーの活躍、ネルソンの知恵、そしてキューバン・オーナーのチームに賭ける情熱……etc 。それらが融合した結果、今季ついに13年ぶりにプレーオフに進出。しかも老練なジャズを相手に粘りを見せ、1回戦突破まで果たしてしまった。数年前まで弱小球団の代名詞だったダラスに何が起きたのか? マーベリックス大躍進の秘密に迫る。

●綴じ込みピンナップ
アレン・アイバーソン/バックス“BIG 3 ”

●UNDER CONSTRUCTION
全29チームのオフの補強計画を診断

●2001 JAPAN GAMES SPECIAL
A Day With Madsen/ルーキーが語るレイカーズの魅力
Check it out AJ/アントワン・ジェイミソン・インタビュー

●NBAスーパーテクニックファイル
ジェイソン・ウィリアムズ/パス・フェイク&レイアップ

●月刊ニックス
ニッキチ座談会開催!

●KITADATE SURVEY
REEBOK/ アンサー4 MVP

●DSイン・ザ・ゾーン
最新シューズ紹介、選手実使用サイン入りシューズ・コレクション

●コレクターズクラブ
アイバーソン・ファンクラブ・グッズ第 2弾

●CARD UNIVERSE
カードの疑問Q & A

●C2K
ボックス開けスペシャル

●DUNKIN’ TOPICS
「ラリー・ブラウンが76ers を去る?」他、NBAのホットな話題を直輸入

●CHECK! THE BLUE CHIPS
2001ドラフト完全ガイド

●NBAアウォード結果発表

●NBAフランチャイズ物語
ミネソタ・ティンバーウルブズ

●Scoop Shot
組織力でNBAファイナルに到達した76ers

●NBA in your Face
スコッティ・ピッペンが進むべき道は?

●POSTING UP THE NBA
ビル・ウォルトンが今季のアウォードに物申す!

●Peeping into NBA
グリズリーズ移転の顛末

●PLAYERS’ ACTION
プレーヤーに役立つ情報満載

●Goods Factory
オススメ・グッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●Grand Present
2001NBAファイナル・グッズ大放出
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年11月05日発売

目次: 今月の一枚

【巻頭グラビア】
2021 POSTSEASON
TURN THE TABLES!
最後の最後まで戦い抜いたレギュラーシーズン

【岩田稔投手引退特集】
引退セレモニー
引退会見
特別インタビュー

タイガースファームレポート
タイガースファーム、ウエスタン・リーグ優勝&ファーム日本一達成!
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

Next Generation Interview
挑む、勝負の3年目
西純矢

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.31 9/21(火)~10/26(火)

虎番目線
スポーツ報知 森脇瑠香
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

2021プロ野球ドラフト会議指名選手
将来有望な高校生右腕、
即戦力左腕ら8選手を指名

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.8
まだ戦いは終わらない!
下克上へ、全ては初戦にかかる!?
~セ・リーグCS展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第142回 池内豊さん(阪神タイガースOB)上田清さん(大和郡山市長)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#8

虎風草 我が阪神の歳時記 11月October
運命の一日

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.9

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

2 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
50%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(オーイ! とんぼ カジノチップマーカーと【月額払い】のセットプラン)なら1冊:230円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

4 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
50%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年11月18日発売

目次: 特集
大谷翔平2021完結編

SPECIAL FEATURE

[ロングインタビュー]
大谷翔平「圧巻のシーズンを終えて」

[67歳知将の熱弁]<>br> ジョー・マドン「翔平には『無制限』が必要だった」

[歴戦の日々と素顔の翔平]
水原通訳が明かす「ショータイム」の裏側

[チームメイトが選ぶ]
俺たちのベストSHO-TIME
トラウト/レンドーン/ウォルシュ/スタッシ/スズキ
プホルス/イグレシアス/フレッチャー

[ミスター・オクトーバーも激賞]
レジ―・ジャクソン「順調じゃない。最高だよ」

[祝『プレーヤーズ・チョイス賞』受賞]
スターたちが語る「大谷は○○だ」

[46本、9勝、26盗塁の軌跡]
「打った! 投げた! 走った! 」ビッグシーズン全記録
(解説)小早川毅彦/斎藤隆/杉本龍勇

[2021年ショウヘイ衝撃ニュース]
SHOHEI SURPRISE NEWS 2021

[『記録オタク』な広報が選出! ]
規格外すぎたマニアック記録ベスト5

[ライバルとの比較と課題]
データで見えたホームラン王への道

[二刀流への熱視線]
ライバル球団解説者も虜にした背番号17

[師が語る進化]
栗山英樹「メジャーの『エースで4番』に」

[8年後の驚き]
助っ人が回顧する超人のルーキー時代

[元メジャーリーガーの『勝負目線』解説]
岡島秀樹「進化した変化球と異質の発想力」
岩村明憲「リアル二刀流のルーティンこそ収穫」
岩隈久志「外角の甘めには、絶対投げない」

[『元祖』日本人MLB野手が語る]
石橋貴明「タカ・タナカが託すメジャー魂! 」

[拡張したリアル]
『ダイヤのA』作者が語る、マンガを超えたヒーロー


[豪腕インタビュー]
澤村拓一「弱さも失敗も全部受け入れて」

[ブレーブス26年ぶりV]
ワールドシリーズが示した3つのトレンド

[英雄の死から1年]
ジーコ、マラドーナを語る。「神が泣いたフラメンゴの夜」

[メンタルトレーナーが明かす秘話]
国枝慎吾「午前3時、絶対王者がかけた電話」
ほか

参考価格: 640円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:320円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

F1速報

2021年11月26日発売

目次: 特集 第19戦ブラジルGP&第20戦カタールGP合併号

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:440円

レースレポートの情報が満載!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

月刊 ジャイアンツ

2021年11月24日発売

目次: 特別定価:650円(本体591円+税)

表紙:亀井善行
特別付録:松原聖弥27打席連続安打記念クリアファイル




Thanks9




<CONTENTS>
亀井引退大特集
 単独インタビュー
 message for カメ
 引退会見完全収録
 カメモリアルフォト
 マンスリー由伸

POSTSEASON GAME HIGHLIGHT
2021 JERA クライマックスシリーズ セ
 1stステージ
 ファイナルステージ

zoom in G
 坂本勇人 Hayato’s room
 岡本和真 2年連続2冠王

小谷のつぶやき
 引退 大竹 寛&野上亮磨

G-Shots in みやざきフェニックス・リーグ

ヤングG直撃インタビュー 中山礼都

G党 林家三平師匠「ど~も すいません」

G RESEARCH 「5月号の公約達成できましたか?」

本誌Executive Editor
 岩橋玄樹 G-BALLPARK

東京ドームなび
スタジアムアナウンサーエッセー「声に込めて」 山本菜月
ピンナップ ポスター&カレンダー 亀井善行
読者プレゼント
リレーインタビュー 太田 龍×戸田懐生
オレココ! 萩原 哲
2021VENUS MY MEMORIAL PHOTO
PLAYBACK 月刊プロ野球! さまぁ~ずスタジアム
我ら広報部!
3軍リポート
裏方さんこんにちは… 水留直輝トレーナー
─女子野球応援企画─ 輝け! ヴィーナスたち
ジャイアンツカップへの道 
 甲府中央ボーイズ/大津瀬田ボーイズ
読者が作る Field of Giants
GIANTS SCOREBOARD
2021GIANTSセ・リーグ全試合結果
2021GIANTSイースタン・リーグ全試合結果
GIANTS TOPICS
2022年2月号予告/Editor’s room

読売巨人軍監修 レギュラーからファーム・3軍まで、GIANTS情報がギッシリ!

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌