DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 226 〜 240 件を表示
785円
■NBA開幕特集


--------------------------------------------------------------------------------



新シーズンを祝し『ダンクシュート』は大特集を敢行! プレーオフ進出チーム予想をはじめ、スペシャルインタビュー、ストーリー、日米敏腕ライターによる優勝予想など、今年も盛り沢山の内容でお届けする。恒例の編集部選定パワーランキングは、優勝チームからMVP、果てはダンクコンテスト優勝者までも予想してしまうというもの。果たして今シーズンのNBAはどうなるのか? 読み応え満載の「開幕特集」で今シーズンを占う! 

●THE PREDICTION EAST


--------------------------------------------------------------------------------

イースタン・カンファレンス展望&ディビジョン別ベストプレーヤー選出

●THE PREDEICTION WEST


--------------------------------------------------------------------------------

ウエスタン・カンファレンス展望&ディビジョン別ベストプレーヤー選出

●Target on CHAMP


--------------------------------------------------------------------------------

ゲイリー・ペイトン・インタビュー

●DREAM KID


--------------------------------------------------------------------------------

ナゲッツの希望の星カーメロ・アンソニー

●NBA inside column


--------------------------------------------------------------------------------

今シーズンの見所をまとめて紹介!

●June Bright!


--------------------------------------------------------------------------------

日米敏腕ライターによる優勝チーム徹底シミュレーション

■Revival Starts


--------------------------------------------------------------------------------

 ヴィンス・カーター
 スペシャル・インタビュー

ヒザの怪我に苦しめられた過去2年、ヴィンス・カーターは完全に輝きを失った。多くの者を魅了した美しい跳躍は鳴りを潜め、トップスターとしての地位から陥落。世紀末に現われたダンク王は再降臨できるのか? リーグNo.1のエンターテイナー、カーターのカムバックこそが今シーズンを盛り上げる最大の要素になるかもしれない。
■Get Ready


--------------------------------------------------------------------------------

 アレン・アイバーソン&フィラデルフィア・76ers
 「優勝のためなら何でもする準備ができている」

76ersの魂、アレン・アイバーソンが開幕に向けて動き出した。待望の第2のスコアラーを手に入れ、若手の躍進も望める。今シーズン彼らが欲するものはチャンピオンリングだけだ。プロ8年目を迎えたアイバーソンは、充実の戦力に並々ならぬ自信を見せている。
●アイバーソン・コメント集
  ■Chicago Again


--------------------------------------------------------------------------------

 スコッティ・ピッペン
 古巣での最スタート

かつてマイケル・ジョーダンとともにNBAを席巻したシカゴの街にスコッティ・ピッペンが戻ってきた。若手中心にシフトチェンジし、徐々に戦力が整いつつある陣容に本人も自信満々。「ブルズはもうプレーオフが可能なチームになっている」と声高に語った。
  ■03-04 SEASON PLAYER RANKING BEST 100


--------------------------------------------------------------------------------

 NBA最強の100人

現役最強の選手は一体誰なのか? この疑問を解決すべく『ダンクシュート』は、個人成績を元に選手を格付けする独自の公式を作成し、昨季プレーした全選手を徹底分析。上位100位にランクした、最強の100人を一挙に発表する!
  ■WESTERN GREAT 5


--------------------------------------------------------------------------------

 西の5強バトルロワイヤル

2001年以降、西のプレーオフはスパーズ、レイカーズ、キングス、マーベリックスが毎年ベスト4に残っている。ワイルド・ウエストの中でも飛び抜けた存在の4チームに、今シーズンはウルブズが第2集団から昇格してきた。新生ウエスタン5強の長所と短所を明らかにするべく、項目別にチーム力を徹底比較する。
  ■LEBRON JAMES DIARY


--------------------------------------------------------------------------------

 神童レブロン・ジェームズ
 トレーニングキャンプ日記

全米が注目するスーパー高卒ルーキー、レブロン・ジェームズのNBAデビューが刻一刻と迫ってきた。9月30日から一斉に始まったシーズン前のキャンプには、多くの報道陣が集まり彼の一挙手一投足を追った。『ダンクシュート』ももちろん、この10年に一人の逸材の仕上がり具合をチェックするべく、キャブズのキャンプに敏腕ライターを派遣。プレシーズンゲーム第2戦までの9日間、神童レブロンに密着した。
 

■Run Yuta Run!


--------------------------------------------------------------------------------

 完全密着! 田臥勇太NBA挑戦記

本格的なNBA挑戦を志し、8月中旬にデンバーへと渡った田臥勇太。それから約1か月後の9月26日、ナゲッツとジャパニーズスターとの契約が発表された。日本人にとって未経験だったNBAのトレーニングキャンプに参加した田臥は、明日をも知れぬ状況に身を置きながら、急速度で成長を遂げる。10月9日にはナゲッツの一員として晴れてプレシーズンゲームにも出場。もう迷うことはない。夢に向かって田臥はひたすら走る。

■DS SCOUTING REPORT vol.10


--------------------------------------------------------------------------------

 JERMAINE vs RASHEED
 最先端オールラウンドPF対決

かつてパワーフォワードはブルーワーカーが務めることが多かった。だが時は過ぎ、バスケットボールが進化するにつれ、求められる役割も変貌してきた。今や最先端のPFはリバウンドだけでなく、得点、アシストなど多方面にわたって活躍し、その働きはチームの勝利を左右しさえする。ジャーメイン・オニールとラシード・ウォーレスは、そんな近代型PFの代表的存在。今回は、オールラウンドなプレーでそれぞれのチームを率いる2人を徹底比較する。


●スペシャル両面ポスター


--------------------------------------------------------------------------------

コビー・ブライアント/田臥勇太




●DS PRESENT @ December


--------------------------------------------------------------------------------

マッグレディ新ジャージー他、NBAグッズ大放出!




●2003 NBA JAPAN
  GAMES PREVIEW


--------------------------------------------------------------------------------

ジャパンゲーム開幕直前情報&
エルトン・ブランド他インタビュー



●GRANT HILL INTERVIEW & STORY


--------------------------------------------------------------------------------

グラント・ヒル 最後の挑戦




●OFF SEASON REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

全29チームのキャンプ&プレシーズンを総チェック




●新連載! SUPER DUO STORY


--------------------------------------------------------------------------------

NBAスーパーデュオ列伝
(ジョン・ストックトン&カール・マローン)



●SURVIVAL LIFE


--------------------------------------------------------------------------------

森下雄一郎
NBAに挑戦し続ける男からの熱きメッセージ
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
田臥勇太とロッドマンがナゲッツで
チームメイトに

●スニーカー・スーパースター列伝
ケビン・ガーネット

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/
ナイキ・ショックスVC3他

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信/
スウィングマンTシャツ他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/
『フリアー・オーセンティック』ボックス開け他

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●B.BALL Network
テレビ番組スケジュール

●SCOOP SHOT
コビーのピンチにチーム全体で
立ち向かうレイカーズ

●NBA in your face
NBAを取り巻く米企業の潤い

●POSTING UP THE NBA
最終回
NBA選手が明かすデビュー秘話

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
【2003-04season NBA COMPLETE GUIDE】
・NBA29チーム完全ガイド カラー選手名鑑
・特別付録 スーパースター☆スペシャルポスター
785円
■TEAM USA大特集


--------------------------------------------------------------------------------

■Gold Guys
■アメリカ代表、約束の地へ

苦い思い出の払拭にアテネでの金メダルを捧ぐ――。昨夏の世界選手権で6位と惨敗したアメリカは、再び世界中へ自分たちの力を誇示するためプエルトリコに最強メンバーを送り込んだ。今回は相手がどこであろうと負けるわけにはいかない。それぞれがエゴを捨て、チームプレーを重視。今までのアメリカにない団結力を見せ、見事1位で五輪切符を勝ち取った。しかし、誓いの金メダルはまだはるか彼方にある。彼らの挑戦は始まったばかりだ。 

●Final Round Report


--------------------------------------------------------------------------------

決勝、準決勝レポート

●Performance Check!


--------------------------------------------------------------------------------

USA代表全選手の活躍を総点検

●Team Potential


--------------------------------------------------------------------------------

USA代表チームの戦力徹底分析

●Preliminary Round Diary


--------------------------------------------------------------------------------

予選ラウンド日記
 

■SOUL of USA


--------------------------------------------------------------------------------

■アレン・アイバーソン
■スペシャル・インタビュー

アメリカの威信復活を誓ってオリンピック予選に臨み、見事アルゼンチンへのリベンジに成功したアレン・アイバーソン。得意のスコアリングを中心にした活躍ぶりもさることながら、チームプレーに徹したその姿は、来るシーズンでの飛躍を予感させるに十分なものだった。オリンピック出場権獲得を手土産にジ・アンサーは次なる戦いの舞台に挑む。

■TIME IS RIPE


--------------------------------------------------------------------------------

■ケビン・ガーネット
■スペシャル・インタビュー

7年連続のプレーオフ1回戦敗退。ウルブズとケビン・ガーネットにとって、この既成事実は辛い過去以外の何物でもない。だが今、KGはついにその苦悩から解放されようとしている。このオフにウルブズはスプリーウェル、キャセール、オロウォカンディらを次々と獲得し、チーム史上例を見ないほど充実した戦力が整った。機は熟した。もはや言い訳は通用しない。万全の体制で挑む来季を心待ちにする、悲運のスーパースターに現在の心境を語ってもらった。

■2003-2004 POSITION by POSITION RANKING


--------------------------------------------------------------------------------

■完全査定!
■NBA29チーム・ポジション別ランキング

王座から陥落したレイカーズのドリームチーム化に始まり、東西の強豪が大シャッフルを敢行した今オフ。各チームの補強は、来るシーズンにどれだけの効果を挙げるのだろうか。それを予想するため、『ダンクシュート』はポジション別に全29チームの現有戦力を徹底分析。スターターと控えのローテーションを考慮した上で、選手たちの能力を完全査定してみた。これさえ見れば、チームごとのタレントレベルがすべてわかるはずだ。

■DS SCOUTING REPORT vol.9


--------------------------------------------------------------------------------

■ALLEN vs HOUSTON
■シャープシューター誌上決戦

ディフェンシブなゲームが主流となった現在のNBAでは、長距離シューターの価値は以前より高まっている。1シーズンに400本以上も3ポイントを放ち、しかもそれを高確率で決めてくるレイ・アレンとアラン・ヒューストンは、その最たる存在だ。しかしシューターとしてはともかく、多彩な能力が求められる近代バスケットにおいて、1プレーヤーとしての彼らの実力はどの程度のものなのか。リーグ屈指のシャープシューター2人を多方面から比較する。 

■THE MEMORABLE HEROES NBA個性派列伝


--------------------------------------------------------------------------------

■デニス・ロッドマン
■NBAを席巻した狂気のリバウンド王

7年連続リバウンド王に、5度のチャンピオンシップ獲得。だが、これらの実績だけでデニス・ロッドマンは語れない。何色にも染め上げた髪に、身体には数限りないタトゥーとボディ・ピアス。そして狂人としかたとえようのない奇行の数々。実力者にそぐわぬそのアンバランスさ。それこそが、他とは一線を画するロッドマンの強烈な魅力となっていた。

■BASKETBALL ON THE STREET


--------------------------------------------------------------------------------

■ストリートバスケットボール伝説

今、ストリートバスケットボールが熱い注目を浴びている。なかでも『エンターテイナーズ・バスケットボール・クラシック』(通称EBC)は、ストバスのメッカ、ニューヨークにおいても最大の人気を誇る大会だ。NBAプレーヤーも参加するエキサイティングなゲーム、華麗なテクニック、伝説的な逸話を持つストリート・レジェンドたち……。『ダンクシュート』はEBCに潜入取材を敢行し“ストリートボール”が持つ魅力と歴史に迫った。


●スペシャルポスター


--------------------------------------------------------------------------------

アレン・アイバーソン/マイク・ビビー




●DS PRESENT @ November


--------------------------------------------------------------------------------

チームUSA2003ジャージーが登場!




●NBA JAPAN GAMES 2003


--------------------------------------------------------------------------------

開幕直前マル秘情報




●OFF SEASON REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

全29チームのオフの動向を総チェック




●THE COLLEGE HISTORY


--------------------------------------------------------------------------------

UCLAブルーインズ


■REGULARS

●スニーカー・スーパースター列伝
アレン・アイバーソン

●NBA MU-IMIDAS
アイバーソンJrとキッドJrがプエルトリコで意気投合!?

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/エア・ジョーダン18.5他

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信/マジェスティック社ジャケット他

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/移籍選手人気カードランキング他

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
ヴィンス・カーターは復活できるのか?

●NBA in your face
GMという大役に励む男たち

●POSTING UP THE NBA
ああ無情……NBAルーキー教育の実態

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■Ready to Go!


--------------------------------------------------------------------------------

■03-04シーズンの注目チームを探せ!

王位復権を目指すレイカーズがマローン&ペイトンのドリームチーム・コンビを獲得したかと思えば、ウルブズはスプリーウェル、キャセール、オロウォカンディを迎え入れる荒療治を敢行。その一方で王者スパーズも静かに着実な補強を進める。このウエスタン強豪の大胆な動きはイースタンにも波及。リーグの戦力図は一挙に塗り替えられようとしている。これらの動きを総括し、全29チームの現時点での戦力を分析する! 

■Why Kobe?


--------------------------------------------------------------------------------

■コビー暴行事件の真実

コビーによる婦女暴行事件容疑の一件は、ファンだけでなく、NBAを取り巻く人々をも驚かせた。リーグきっての優等生と信じられていただけに、その衝撃は計り知れないものだった。高校を卒業し17歳でプロ入りして以来、バスケットボールにすべてを捧げてきた男。そんな彼が、なぜあのような容疑をかけられてしまったのか? 関係者の証言を元に、人間コビー・ブライアントの真実を探ってみた。 

■Try Gold!


--------------------------------------------------------------------------------

■アメリカ代表がアテネ五輪予選に挑戦!

8月20日、プエルトリコのサンファンにてアテネ五輪アメリカ大陸予選が開幕。ついにチームUSA2003の戦いがスタートした。昨夏の世界選手権で一敗地にまみれたバスケ大国にとって、それは五輪出場に向けての最初にして最後のチャンスとなる。アイバーソン、マッグレディ、ダンカン、キッドも名を連ねた真のスター軍団はその使命をまっとうできるのだろうか? 

■Never Give Up


--------------------------------------------------------------------------------

■闘神復活!
■アロンゾ・モーニング・インタビュー

病気のため引退も囁かれていたアロンゾ・モーニングが新天地ネッツで華麗なる復活を遂げる。2000年秋に腎臓病が発覚し、そのシーズンは13試合の出場止まり。01-02シーズンこそ75試合に出場したが、昨季は1度もコートに立つことができなかった。しかし、モーニングは決して諦めはしなかった。「僕はまだプレーできる」。確固たる意思を支えに、欠場中も自主トレーニングに励み来季への準備は万端。モーニングのNBA人生第2章がもうすぐ幕を開ける。 

■THE GREAT "O"


--------------------------------------------------------------------------------

■部門別オフェンスの帝王ランキング

ネットに突き刺さるジャンパー、瞬く間にディフェンダーを後方へ置き去りにするペネトレイト、リングを破壊せんばかりにボールを叩きつけるダンク。NBAファンを熱くさせるスコアリングシーンを演出する選手たち。彼らの中で最も得点能力に優れているのは誰なのか? マイアミ・ヒートのスカウト部長、チェット・カマー氏の全面協力のもと、得点シチュエーション別のトップ5を選び、真のオフェンスマスターをここに決定する! 

■UNDER PRESSURE


--------------------------------------------------------------------------------

■「プレッシャーなんて言葉はもう聞き飽きた」
■レブロン・ジェームズ・インタビュー

かつてないほどの注目を浴びる高卒ルーキー、レブロン・ジェームズ。高校時代、数々の伝説を作り上げ“キング”・ジェームズと呼ばれる神童だ。しかし、過剰な期待はプレッシャーにならないのだろうか。大観衆と大勢のメディアに囲まれ続けたサマーリーグで本人を直撃し、その心中と来るシーズンにかける意気込みを聞いた。 

■DS SCOUTING REPORT vol.8


--------------------------------------------------------------------------------

■NASH vs MARBURY
■オフェンシブPG対決

優れた得点能力を武器に、リーグのトップPGの座を窺うスティーブ・ナッシュとステフォン・マーブリー。ナッシュはロングレンジのシュートを主体とし、マーブリーはペネトレイトを中心に得点を重ねる。十八番とする得点パターンこそ違えど、両者とも相手チームにとって脅威の存在であることは間違いない。リーグを代表する2人の超攻撃型PGを徹底比較する。 

■HIGH SCHOOL BRAND


--------------------------------------------------------------------------------

■神童レブロンの高卒1年目を大予想

95年に入団したケビン・ガーネットが成功を収めて以来、高卒プレーヤーが続々とNBA入りを果たしている。その勢力はいまやひとつのブランドともいえるが、すぐに大成できる真の天才児はほとんどいない。出場時間すら与えられないという苦難のシーズンを過ごす者も多い。高卒スーパースター、レブロン・ジェームズはこの厳しい現実を打破できるのだろうか? KG、コビー、T-MACなど過去の高卒プレーヤーたちの例を振り返りながら、レブロンの1年目を占う。 


●DS PRESENT @ October


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・グッズもジョーダン・グッズも大放出



●AI on the Field!


--------------------------------------------------------------------------------

アイバーソン主催のチャリティ・ソフトボール大会にNBAスターが大挙集結!



●MAGIC NIGHT


--------------------------------------------------------------------------------

レブロンとアンソニーの新人最強タッグが実現



●VINCE CARTER


--------------------------------------------------------------------------------

カーターが地元トロントで復活のダンクを炸裂!



●NBA JAPAN GAMES 2003


--------------------------------------------------------------------------------

究極のエンターテインメント開演まで残り2か月



●田臥勇太独占インタビュー


--------------------------------------------------------------------------------

「とにかくNBAにこだわりたい」



●OFF SEASON REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

03-04シーズン チーム別スケジュール掲載



●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1996-97シーズン アイバーソン、コビーの新人時代ほか
■REGULARS

●スニーカー・スーパースター列伝
ラトレル・スプリーウェル

●NBA MU-IMIDAS
ピッペンを獲得したブルズの名門復活劇

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/AND1チョウズン1ミッド他

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●VIP SHOES WORLD
NBA選手仕様シューズ紹介/ゲイリー・ペイトン

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信/OUNKジーンズ

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/SPゲームユーズド他

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
KG残留へ向け本格的に動き出したウルブズ

●NBA in your face
ブラウンとカールの明暗

●POSTING UP THE NBA
当世NBAチームオーナー経営戦略事情

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■NEXT KING?


--------------------------------------------------------------------------------

■神童レブロン・ジェームズの実力完全診断

NBAドラフトで予想通りキャブズから1位指名を受けた後、レブロン・ジェームズはサマーリーグに姿を現わした。ついにNBAプレーヤーとして始動した神童は、プロでも本当に通用するのだろうか? NBAスカウトの意見やサマーリーグ取材を元に、レブロンの真の実力を診断する! 

●SCOUTING REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

NBAレベルで見たレブロンの実力とは?

●SUMMER LEAGUE REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

Ready, Steady, GO!
レブロンがNBA選手として本格始動

●Special Story


--------------------------------------------------------------------------------

Biggest Expectation
レブロンにかかる期待と重圧
 

■USA revenge!!


--------------------------------------------------------------------------------

■王国の威信と誇りをかけて
■アテネ五輪アメリカ大陸予選USA代表チーム選手紹介&戦力分析

昨年の9月4日、バスケ大国アメリカの伝説に終止符が打たれた。NBA選抜チームで戦ったインディアナ世界選手権。アメリカは南米の強豪アルゼンチンの前に脆くも敗れ去り、NBA選手で固めた代表チームの連勝は58で止まった。屈辱の敗戦から1年。復権をかけ臨むアテネ五輪に向け、真のスーパースターたちが立ち上がった。もう負けは許されない。NBA最強軍団が背水の陣で五輪予選に挑む。

■Tracy McGrady INTERVIEW&STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■Dreams Go on!
■T-MACの次なる夢

高校を卒業し直接NBA入りしてから6シーズン、様々な苦難を乗り越え、T-MACはついにトッププレーヤーの仲間入りを果たした。その証明として、この夏行なわれるオリンピック大陸予選のアメリカ代表チームにも選出。今まさにプレーヤーとしての絶頂期を迎えたT-MACが、来たる大陸予選、トレーニング法、僚友グラント・ヒルなどについて本音を語った。

■NBA DRAFT2003


--------------------------------------------------------------------------------

■神童レブロンついにNBA降臨

NBAドラフトが開催された6月26日、ニューヨークのマディソンスクエア・ガーデンは、ひとりの高校生のための舞台と化した。一際目立つ白のスーツで登場したレブロン・ジェームズは、予想通りキャブズから1位指名。全米中からその一挙手一投足を注視される超新星が、ついにNBAに舞い降りてきた!

■2002-03 SEASON Yes! or Boo!


--------------------------------------------------------------------------------


華々しく活躍した選手がいるかと思えば、しょうもない成績を残したり、ロクでもない事件をしでかし、世間をあきれさせた選手もいる。そんな選手たちを一堂に集め、処断してしまおうというのがこの企画。一年に一回、恒例のYes! or Boo!が今年もまた帰ってきた!!

■Precious Summer!I


--------------------------------------------------------------------------------

■田臥、森下がNBAのサマーリーグに参加!

2003年夏、LAで開催されるNBAのサマーリーグに乗り込んだ田臥勇太と森下雄一郎。辿ってきた道こそ異なれど、2人の日本人ガードプレーヤーが目指すところは同じ。憧れとして抱き続けてきたNBAだ。先の保障など何もない中、リーグの若手や来季のルーキー、そして無数のFA選手とともに、彼らの熱い戦いが始まった。


●DS PRESENT@September


--------------------------------------------------------------------------------

レブロン・ジェームズのジャージーが早くも登場

●Stay or out?


--------------------------------------------------------------------------------

ペイトン、マローンがレイカーズに移籍!

●Ray Allen SPECIAL INTERVIEW


--------------------------------------------------------------------------------

hopeful days
新たなる挑戦

●THE POWER CYCLE


--------------------------------------------------------------------------------

ウエストの支配は永遠に続くのか?

●DS SCOUTING REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

SHAQ vs DUNCAN
リーグ最強ビッグマン決定戦

●NBA DIRK-SIDE STORY/NBAスター悲話


--------------------------------------------------------------------------------

Pete MARAVICH
史上最高のショーマン、コートに死す

●OFF SEASON REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

全29チームのオフの動きを総チェック

●NBA QUIZ 100


--------------------------------------------------------------------------------

NBAマニア度判定クイズ選手権

●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

カンザス大ジェイホークス
■REGULARS

●スニーカースーパースター列伝
L.A.GEAR&カール・マローン

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●HOT PACKS
ドラフト1位指名選手カード特集

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
2003ドラフトの勝ち組と負け組

●NBA in your face
さよなら提督ロビンソン

●POSTING UP THE NBA
巷の反応は今ひとつだったNBAファイナル

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■NBA FINALS 2003


--------------------------------------------------------------------------------

■スパーズが4年ぶりに王座を奪回!

02-03シーズンのNBAファイナルは、スパーズとネッツの対決となった。スパーズは大黒柱のティム・ダンカン、ネッツはリーグNo.1PG、ジェイソン・キッドがそれぞれ率いる両チーム。激しいディフェンス合戦となったシリーズは、ダンカンがペイントエリアを完全制圧。ネッツの必死の抵抗をものともせず、スパーズを4年ぶり2度目の頂点に導いた。シーズンを締めくくる頂上決戦の模様を完全レポートする! 

Game Report 1~6


--------------------------------------------------------------------------------

ファイナル全試合完全レポート

FINAL MVP


--------------------------------------------------------------------------------

ダンカンが自身2度目の栄誉に浴す

Voice of the World Champion


--------------------------------------------------------------------------------

スパーズ喜びのコメント集

Match Up Comparison


--------------------------------------------------------------------------------

各ポジションとベンチを徹底比較

BOX SCORES


--------------------------------------------------------------------------------

ボックススコア集&各試合のポイント

FINAL TOPICS


--------------------------------------------------------------------------------

ファイナル2003トピックス集

■NBA Finals 2003 Present


--------------------------------------------------------------------------------

現地直送グッズを大放出!! >>ご応募はコチラから!
 

■Marketing Research


--------------------------------------------------------------------------------

■FA&トレード完全バイブル
■噂の選手を個別診断

大物が市場を賑わす今オフのFA戦線。来季に向けての戦力補強に動き出した各チームのターゲットはジェイソン・キッドか、ティム・ダンカンか、それともカール・マローンか? 『ダンクシュート』では数々の情報を元にそんな注目のFAたちを個別診断。トレードの噂が上がった選手を含めた35人の完全データを掲載する。

■All About LeBron James


--------------------------------------------------------------------------------

■神童レブロン・ジェームズ大解剖

レブロン・ジェームズは弱冠18歳、来季ようやくNBAデビューしようという高校生だ。それにもかかわらず、所属する高校の試合が全米放送されるという異例の事態を引き起こし、ナイキと7年9000万ドルという前代未聞の超大型契約を勝ち取った。これほどまでプロ入り前に騒がれた高校生がかつていただろうか? 全米が注目する神童レブロンを徹底解剖する!

■KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW


--------------------------------------------------------------------------------

□My Life
■バスケットボールに捧げる人生

人一倍の向上心と闘争心で、時にエゴイスティックと思えるほどのプレーをコビー・ブライアントはコート上で披露する。しかし、それはあくまでも真摯にバスケットボールに取り組むがゆえのこと。「僕にとって何より大切なものだし、常にベストでありたい――」。コビーはバスケットボールに対する思いをそう語った。

■DS SCOUTING REPORT vol.6


--------------------------------------------------------------------------------

■PIERCE vs CARTER
■オールラウンドG-F徹底比較

1998年ドラフトでともに指名されNBA入りを果たしたポール・ピアースとヴィンス・カーター。2人の出世争いは、1年目から豪快なダンクでセンセーションを巻き起こし新人王を獲得したカーターが一歩リードを奪う。だが、当初評価が低かったピアースも、それに反発するように2年連続でセルティックスをプレーオフに導き、いまや2人の地位は逆転してしまった感がある。激しくしのぎを削るスーパースター候補生2人の実力を徹底比較する。

■NBA DIRK-SIDE STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAスター悲話
■Reggie Lewis
■レジー・ルイス
■ボストンの英雄を襲った悲劇的最期

ピアース&ウォーカーの2枚看板に支えられ、エリートチーム復帰を果たした名門セルティックス。しかし、ここに至るまでに、低迷に喘いだ10年が存在していたのを覚えているだろうか。その原因となったのが、1993年のレジー・ルイスの急死だった。彼の死により、名門は底なしの暗黒時代に突入してしまった。それほど、ルイスを失った痛手は大きかったのである。


●カンファレンス・ファイナル徹底検証


--------------------------------------------------------------------------------

ネッツvsピストンズ
スパーズvsマーベリックス



●End of Dynasty?


--------------------------------------------------------------------------------

王者レイカーズが敗れた理由



●Changeover


--------------------------------------------------------------------------------

改革を迫られる76ers



●2003NBAジャパンゲームチケット情報


--------------------------------------------------------------------------------

6月28日にチケット発売開始!



●NEW KICKS!


--------------------------------------------------------------------------------

AND1新作シューズコレクション



●PLAYOFFS BOX SCORES


--------------------------------------------------------------------------------

カンファレンス・セミ~カンファレンス・ファイナルのボックススコア



●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1970-71シーズン(オスカー・ロバートソンほか)
■REGULARS

●スニーカー・スーパースター列伝
アディダス&ジョー・デュマース

●NBA MU-IMIDAS
NBAスターたちのオフシーズンの過ごし方

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介/ナイキ・エア・フライト・ハラチ他

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ/レイ・アレン

●HOT PACKS
最新カードブランド情報/UDトッププロスペクツ

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
生まれ変わったニック・ヴァンエクセル

●NBA in your face
就職戦線異状あり/コーチ編

●POSTING UP THE NBA
NBA選手が好む遠征先の都市

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ

785円
■BELIEVE!


--------------------------------------------------------------------------------

■プレーオフ2003開幕!

ついに歴史が動いた! 5月15日、過去3年間続けて過酷なサバイバルゲームを制してきたレイカーズがスパーズに敗れ、タイトルを返上。これでNBAは、間もなく新チャンピオンの誕生を迎えることが決定した。実力拮抗の前評判に違わず、開幕直後から荒れに荒れているプレーオフ2003。その模様を、東西の第1シードがあわやアップセットの危機に立たされた1回戦から完全レポートする。  

(1)カンファレンス・セミファイナル・レポート


--------------------------------------------------------------------------------

ウエスタン/スパーズ対レイカーズ
ウエスタン/マーベリックス対キングス
イースタン/ネッツ対セルティックス
イースタン/ピストンズ対76ers

(2)スペシャルストーリー


--------------------------------------------------------------------------------

アレン・アイバーソン/不発に終わったエース

76ersのシーズンが終わった。順当な勝利を飾った1回戦から一転、カンファレンス準決勝ではピストンズに完敗を喫す。1回戦では大爆発した大黒柱アイバーソンも厳しいディフェンスに苦しみ、完全に不発。今シーズンもまたアイバーソンは、欲してやまないチャンピオンリングを獲得することはできなかった。

ジョン・ストックトン/さらば名司令塔ストックトン

5月2日、ジョン・ストックトンが引退を表明した。彼が残した前人未到の通産1万5806アシストがNBA史上に燦然と輝く大記録であるのは間違いない。しかしそんな数字だけで彼の偉大さは表わせない。己のためではなく、チームと仲間のためだけにプレーし続けた究極のチームプレーヤー。ストックトンのような選手はもう2度と現われないだろう。


その他
トレイシー・マッグレディ/失意のT-MAC
ケビン・ガーネット/KGを襲った悲劇

(3)カンファレンス1回戦レポート


--------------------------------------------------------------------------------

イースタン/ピストンズ対マジック
イースタン/ネッツ対バックス
イースタン/セルティックス対ペイサーズ
イースタン/76ers対ホーネッツ
ウエスタン/スパーズ対サンズ
ウエスタン/キングス対ジャズ
ウエスタン/マーベリックス対ブレイザーズ
ウエスタン/ウルブズ対レイカーズ

(4)プレーオフ1回戦トピックス


--------------------------------------------------------------------------------

 

■2002-03SEASON AWARD WINNERS


--------------------------------------------------------------------------------

■今季の個人賞決定!

毎年恒例のことだが、レギュラーシーズンの各賞がプレーオフ期間中に次々と発表された。一番の激戦と思われたMVPは、ティム・ダンカンが2年連続受賞。ダンカンはオールNBA1stチームにもデビュー以来6年連続選ばれており、まさにアウォード・キングだ。

■SPECIAL INTERVIEW


--------------------------------------------------------------------------------

□Green Pride
■伝統と歴史の重み

通産16回の優勝を誇るセルティックスも86年以降は栄光から遠ざかっている。しかし、名門完全復活はそう遠くない未来にありえるかもしれない。優勝どころかプレーオフの舞台に進むことさえもままならなかったチームを建て直し、昨年、今年と2年連続でカンファレンス準決勝に導いた男がいるからだ。その名はポール・ピアース。高い得点能力を持つリーグ屈指のSGが、ボストンのファンの大きな期待を背にセルティックスを常勝軍団へとカムバックさせようとしている。

■DS SCOUTING REPORT vol.5


--------------------------------------------------------------------------------

■J-WILL vs BIBBY
■次世代ポイントガード対決

今から2年前のオフ、強豪キングスと弱小グリズリーズの間で世間をアッと言わせるトレードが行なわれた。人気者ジェイソン・ウィリアムズと実力者マイク・ビビーの移籍劇は、昨季カンファレンス・ファイナルに進出したことでキングスに利があると思われた。しかし、ジェイソンも今季アシスト部門で2位に入るなど、成長の兆しを見せ始めている。次世代を担う若手PG2人が、因縁の決着をつけるべく『ダンクシュート』誌上で直接対決する!

■NBA DIRK-SIDE STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAスター悲話
■Ralph SAMPSON
■ラルフ・サンプソン

元祖オールラウンドセンターの辿った哀しき末路
ジャバー、マジック、バード、ユーイングなど、過去に“カレッジ史上最高”と呼ばれたプレーヤーは数多くいた。しかし、ラルフ・サンプソンほど高評価を得たプレーヤーはいなかっただろう。カレッジの個人タイトルをほとんど総なめにして、華々しくNBAデビューを果たしたサンプソンが、NBAでなぜ大成できなかったのか? 天才ビッグマンの味わった悲劇の人生を辿る。


●DS PRESENT @JULY


--------------------------------------------------------------------------------

Tシャツ特集!!


●MJ Confusion


--------------------------------------------------------------------------------

人生最大の屈辱


●RISING SQUAD


--------------------------------------------------------------------------------

躍進チーム完全診断


●My Campus Life


--------------------------------------------------------------------------------

佐古賢一(アイシン・シーホークス)


●TEAM BY TEAM STATISTICS


--------------------------------------------------------------------------------

2002-03シーズン全29チーム個人完全成績


●NBA PLAYOFFS 2003
  1st Round Box Score


--------------------------------------------------------------------------------

プレーオフ1回戦ボックススコア集


●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

アリゾナ大ワイルドキャッツ


●BIG WAVE


--------------------------------------------------------------------------------

超新星レブロン・ジェームズ通信
■REGULARS

●スニーカー・スーパースター列伝
クリス・ウェバー&ナイキ

●NBA MU-IMIDAS
アレン・アイバーソン流プレーオフ必勝法

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●Editor’s Pick
編集部オススメグッズコーナー

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
TSN敏腕記者が各賞投票内容を誌上公開

●NBA in your face
病に苦しむモーニングとケガに悩むヒルの行く末

●POSTING UP THE NBA
最新版NBAジャージー売り上げランキング

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■MJ Forever


--------------------------------------------------------------------------------

■マイケル・ジョーダン引退試合密着レポート

ついにその時が訪れてしまった。3シーズンのブランクを乗り越え、2年半前にNBA復帰を果たしたマイケル・ジョーダンが、本当に現役を退く瞬間が――。4月16日、レギュラーシーズン最後の76ersとのゲーム。「もう二度とユニフォームを着ることはない」。観衆の拍手と賞賛の嵐の中、バスケットボールの神はそう告げ、静かにコートを後にした。

■THE Living Legend


--------------------------------------------------------------------------------

■ジョーダン伝説の名場面集PART II

弱小チームをプレーオフに導くという最後の野望は実現しなかった。だが、ジョーダンの偉大さが失われることは決してない。これまでに残してきた名場面の数々は、ファンの記憶の中で永遠に生き続けるだろう。

■2003 PLAYOFFS PERFECT FILE


--------------------------------------------------------------------------------

■2003NBAプレーオフ完全ガイド

上も下も最後まで順位が確定しなかったレギュラーシーズンが終わり、NBAのセカンドステージ、プレーオフが開幕した。今季から1回戦が7戦形式となり上位陣が有利と言われているが、東西とも実力が伯仲しているだけに、何が起こっても不思議ではない。そんなプレーオフをより楽しんでもらおうと、『ダンクシュート』は出場16チームを改めて紹介。個人&チーム成績や対戦カード別勝敗といった最新データもフルカバーした。

■Toughness star


--------------------------------------------------------------------------------

■強靭なハートと身体を持つ男
■ラトレル・スプリーウェル・インタビュー

ラトレル・スプリーウェルはN.Y.という大都市のチームにいるがゆえに、大きなプレッシャーと戦い続けなければならない。しかし、すでに対処する術は身につけたという。タフな心と1試合中バテることなく走り続ける底なしの体力。そんな現役屈指のタフガイ、スプリーに率いられながら今季のニックスはただの一度も勝率5割を超えることなくシーズンを終えた。もっとやれるはずだった――。悔しさを滲ませながらスプリーはそう語った。

■DS SCOUTING REPORT


--------------------------------------------------------------------------------

■PAYTON vs KIDD
■オールラウンドPG対決

ゲイリー・ペイトンとジェイソン・キッドは、現代のリーグを代表するポイントガードだ。ともにオールラウンドな能力を備え、チームリーダーとして、ヘッドコーチからコート上の指揮を一任されるほど厚い信頼を得ている。プレーヤー実力比較シリーズ第4回は、現代最高の司令塔2人が誌上で相まみえる。


●2002-03 STATS LEADERS


--------------------------------------------------------------------------------

個人タイトル速報



●2003NCAA Final Four Report


--------------------------------------------------------------------------------

シラキュース大が初の栄冠獲得



●DS PRESENT @JUNE


--------------------------------------------------------------------------------

MJクラシックジャージーを放出!!



●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

アマレ・スタッダマイアー他



●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム最終レポート



●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1998-99シーズン
■REGULARS

●BIG WAVE
超新星レブロン・ジェームズ通信

●NBA MU-IMIDAS
アレン・アイバーソン流プレーオフ必勝法

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●Editor's Pick
編集部オススメグッズコーナー

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
ジョーダン超えを狙うコビーの野心

●NBA in your face
個人成績を巡る選手の愚行

●POSTING UP THE NBA
レトロ・ブームとNBA

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■The Living Legend


--------------------------------------------------------------------------------

■ジョーダン伝説の名場面集Part Ⅰ

NBAが生んだ史上最高のスーパースター、マイケル・ジョーダン。2度の引退と復帰を果たした不死身の翼で、人々の想像を超越し続けた男。今、偉大な歴史を刻んできた稀代の英雄は、最後の瞬間を迎えようとしている。"生きた伝説"の栄光を心に刻むべく、『ダンクシュート』は2号にわけて神が残した珠玉の名場面を振り返る。

■2003 NBA PLAYOFFS PREVIEW


--------------------------------------------------------------------------------

■2003 NBA プレーオフ展望

良くも悪くも驚きの連続だったレギュラーシーズンも残りわずか。4月16日には各チームが全日程を終了する。となると、気になるのがプレーオフの行方。そこで『ダンクシュート』は、開幕間近となったポストシーズンを始まりから終わりまで大胆予測することにした。生死を賭けた東西のスポット争いはいかなる結末を迎えるのか。激闘を制し、ファイナルで頂点に立つのはどのチームなのか。

■Dramatic Change


--------------------------------------------------------------------------------

■非情な決断

トレード期限日の2月20日、NBAに衝撃が走った。何と東西のスターガード、レイ・アレンとゲイリー・ペイトンのトレードが発表されたのだ。今季終了後にFAとなるため数々のトレード話に顔を出していたペイトンはバックスへ。アレンはシアトルへ旅立つことになった。

■Kobe over MJ?


--------------------------------------------------------------------------------

コビーはジョーダンを超えられるか?

凄まじいばかりのスコアリングマシンと化したコビーをMVPに推す声が日増しに高まっている。しかし過去20シーズンで、地区首位以外のチームからMVPとなったのは87-88シーズンのジョーダンのみ。レイカーズは下手をすれば、地区3位のままシーズンを終えるかもしれない。コビーはジョーダンの偉業と並び、MVPを獲得することができるのか? 歴史の証言者、テックス・ウィンターに若き日のジョーダンと現在のコビーを比較してもらうとともに、混沌とするMVPの行方を編集部が独自の観点から探ってみた。

■Make my way


--------------------------------------------------------------------------------

■寡黙な勝負師
■マイク・ビビー・インタビュー

弱小グリズリーズからやって来たマイク・ビビーは昨年がプレーオフ初体験だった。しかし、そこで類稀な勝負強さで次々と決定的な仕事をこなし、完全にサクラメントのファンの心をキャッチ。オフにはその活躍を受けて7年8000万ドルというVIP待遇でキングスの残留を決めた。今やクリス・ウェバーと並び名実ともにチームの顔となったビビーの素顔は意外にも素朴で、決してハシャギもせず多くを語らない寡黙な男。だが、一度コートに立てばチーム一の勝負師に変身する。

■DS SCOUTING REPORT vol.3


--------------------------------------------------------------------------------

■IVERSON vs FRANCIS
■ハイパースコアリングガード決戦

好評のプレーヤー実力比較シリーズ第3弾は、小兵ながらケガを恐れることなく、ゴール下にも果敢にドライブを試みるアレン・アイバーソンとスティーブ・フランシスが登場。独特の嗅覚で得点を量産するハイパースコアリングガード2人が、誌上でマッチアップする。

■NBA DIRK-SIDE STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAスター悲話
■モックムード・アブドゥル・ラウーフ
■完璧なることを夢見た哀しき求道者

難病を患ったがゆえにトップアスリートに登り詰めた男、モックムード・アブドゥル・ラウーフ。彼は、その病がもたらす症状によって何事にも完璧を追求せざるを得なくなってしまった。自分で納得のいく感触を得られるまで延々とシュートを打ち続け、その結果としてNBA入りを果たす。やがて、彼は理想的な宗教と出会い精神の安息を得るが、宗教に傾倒しすぎた結果、運命に翻弄されることになる――。


●DS PRESENT @ May


--------------------------------------------------------------------------------

人気のレトロジャージー他、豪華NBAグッズを大放出!


●JUST WATCH OUT!


--------------------------------------------------------------------------------

急成長プレーヤー総チェック


●Hardwood Classic Nights


--------------------------------------------------------------------------------

いにしえのジャージーが現代NBAに復活!


●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショート・インタビュー集
レイ・アレン、ジェイソン・テリー、サム・キャセール、トロイ・マーフィー


●He is my favorite!


--------------------------------------------------------------------------------

ビル・ウォルトンの「私のお気に入りリスト」


●HOPEFUL STOCK


--------------------------------------------------------------------------------

<ドラフト候補生解剖>
ダルコ・ミルシッチ(セルビア・モンテネグロ)


●in the ZONE


--------------------------------------------------------------------------------

<注目株徹底チェック>
リチャード・ジェファーソン、ジェイソン・ウィリアムズ


●BIG WAVE


--------------------------------------------------------------------------------

超新星レブロン・ジェームズ通信


●It's a show time!!


--------------------------------------------------------------------------------

『NBA 2K』の最新作がいよいよ登場


●The College History


--------------------------------------------------------------------------------

<デューク大ブルーデビルズ>
■REGULARS

●SCORE BOARD
全29チーム月間レポート

●スニーカー・スーパースター列伝
ロッドマン&REEBOK

●NBA MU-IMIDAS
NBAムイミダス

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●Collector's Club
珍品・逸品大集合

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●HOT PACKS
激レア・オールスターカード

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●Editor's Pick
編集部オススメグッズコーナー

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●TV SCHEDULE
4月のテレビ放送予定

●SCOOP SHOT
7度目の栄冠を目指すピッペン

●NBA in your face
揺れ動く選手とレフェリーの関係

●POSTING UP THE NBA
ジョーダン最後のAS効果

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press 2
読者のページ

785円
ALL STAR in Atlanta
オールスター2003完全レポート

夢の祭典NBAオールスター2003がアトランタで開催された。マイケル・ジョーダン最後の出場というテーマを内包した今年は、東西の精鋭たちによる史上稀に見る真剣勝負となった。熱気溢れる本戦、新イベントも登場した土曜日の各イベント、インタビュー、選手着用シューズなどなど、夢の祭典の一部始終を完全レポートする。


ALL-STAR Game Report
 ……MJのザ・ショットも一歩及ばず。ウエストが史上最多得点で勝利 AS CHAT DOME
 ……オールスター・インタビュー集
OH! GEORGIA
 ……オールスター・トピックス集 all but KICKS
 ……オールスター・スニーカー徹底チェック
SLAM A DA NIGHT【RISING STARS SLAM DUNK】
 ……起死回生の新技でリチャードソンが史上2人目の連覇!

Technical Stage【Skills Challenge】
 ……新イベントの初王者はジェイソン・キッド!

Youthful Bright【Rookie Challenge】
 ……究極のバスケ・ショー開演!!

Downtown Show【3POINT CONTEST】
 ……ストヤコビッチが2年連続でパーソンを下し、史上5人目の連覇を達成


■THE POINT of SECOND HALF


--------------------------------------------------------------------------------

■カンファレンス別後半戦の見どころ

シーズンの序盤戦から王者のプライドを傷つけられたレイカーズは4連覇の夢をつなぐことができるのか。ジョーダンが復帰の際に掲げたウィザーズのプレーオフ2年計画は完遂するのか。例年以上に興味が尽きない展開となった今季のレギュラーシーズンは、最後の最後まで白熱すること必至。ポストシーズンに向けて熾烈さを増してきた東西の順位争いを中心に、後半戦注目のポイントを探ってみた。

■Fighting Spirit/荒ぶる魂


--------------------------------------------------------------------------------

■レジー・ミラー・インタビュー

タフなハートで数々のクラッチタイム・ショーを演じてきたレジー・ミラー。特にプレーオフでの活躍は顕著で、昨年もネッツをあと一歩まで追い詰め、スポットライトを浴びた。だが、未だ優勝まで届いた経験はない。ジョーダン率いるブルズ、シャック&コビーのレイカーズ。偉大な王者たちが大きな壁となり立ちはだかってきた。今季はそんなミラーに最大のチャンスが訪れた。トーマス体制の下、成熟した若手とともにNBAの頂を目指す。

■DS SCOUTING REPORT vol.2


--------------------------------------------------------------------------------

■C-WEBB vs KG
■近未来型PFナンバー1決定戦

現役スカウトによる、プレーヤー比較シリーズ第2弾は、近代PFの最先端をゆくクリス・ウェバーとケビン・ガーネットが登場。若干タイプは異なるが、インサイドもアウトサイドもこなせ、パス能力にも定評のある近未来型PFの2人が、誌上対決を繰り広げる。

■Bigger and Better


--------------------------------------------------------------------------------

■ヤオ・ミンの輝ける未来

アジア人として初のドラフト1位指名を受けロケッツに入団したものの、当時はヤオ・ミンの実力に疑問符をつける者も少なくなかった。しかし、今や彼の素質は誰の目にも明らかだ。得点を量産するわけではないが、これまでに披露してきた確率の高いシュート、巧みなアシストなどは、今後の可能性を十分に感じさせる。シャックを押し退け、オールスターの先発出場も決めたアジアの至宝の目前には、輝ける未来が待っている。

■NBA DIRK-SIDE STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAスター悲話
■ドラゼン・ペトロビッチ
■アウトバーンに散った悲運のカリスマ

"ヨーロピアン・プレーヤー=セットアップシューター"。かつてNBAで蔓延していたそんな偏見は、一人のスーパープレーヤーの出現によって覆された。ドラゼン・ペトロビッチ――。トータルバランスのとれたプレーヤーとしては、ヨーロッパ人で初めてNBAで成功した男。しかし、これからキャリアのハイライトを迎えようという時、悲運の事故が彼の命を奪い去る――。


●DS PRESENT SPECIAL


--------------------------------------------------------------------------------

オールスターグッズを現地から直輸入!



●Trade inside story


--------------------------------------------------------------------------------

トレードデッドラインを巡る水面下の攻防



●NBA Half Time AWARDS


--------------------------------------------------------------------------------

決定! ビル・ウォルトンのNBA前半戦アウォード



●in the ZONE


--------------------------------------------------------------------------------

<注目株徹底チェック>
マイケル・レッド、リッキー・デイビス



●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1988-89シーズン



●The Rules of AND 1


--------------------------------------------------------------------------------

AND 1の新作シューズコレクション
■REGULARS

●HOPEFUL STOCK
<ドラフト候補生解剖>
カーメロ・アンソニー(シラキュース大)

●スニーカー・スーパースター列伝
シャック&リーボック

●NBA MU-IMIDAS
NBAムイミダス

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●Collector's Club
珍品・逸品大集合

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●Editor's Pick
編集部オススメグッズコーナー

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●SCORE BOARD
全29チーム月間レポート

●TV SCHEDULE
3月のテレビ放送予定

●SCOOP SHOT
最年少HCの下で奮闘するウォリアーズ

●NBA in your face
ダンクマスターの憂鬱再び

●POSTING UP THE NBA
NBAプレーヤーが展開するサイドビジネス

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■KING of the SLAM


--------------------------------------------------------------------------------

■スラムダンクの誘惑

バスケットで最も華やか、かつ人々に最高の興奮を与えるプレー。それがスラムダンクの魅力だ。超人的跳躍力を持つ者だけが許された空中の妙技は、人々を狂喜の世界に誘う。時に相手を萎縮させ、時に味方の士気を鼓舞するように、単なる2点以上の見えざる力を秘めてもいる。NBAが誇る魅惑のスラムダンク・ワールドを紹介しよう。

■The Maestro


--------------------------------------------------------------------------------

■ジェイソン・キッド・インタビュー

昨季、ネッツ入りしたジェイソン・キッドは、有望選手を抱えながらも万年Bクラスに甘んじていたチームをファイナル進出というエリートへと変貌させた。今季も開幕から攻守にフル回転し、アトランティック・ディビジョンの首位を独走する原動力となっている。類稀な統率力を持つ司令塔の導きにより黄金時代を築こうとするネッツ。もはや夢物語ではなくなったチーム初の優勝に向け、現代最高のPGは懸命なプレーを続けていく。

■T-MAC vs KOBE


--------------------------------------------------------------------------------

■トッププレーヤーの実力を徹底比較!

新企画の"DSスカウティングレポート"は、ライバル関係にある2人の選手の実力を、現役バリバリのNBAスカウトによって、事細かに分析してもらおうというもの。第1回は、近頃何かと比較されることの多いトレイシー・マッグレディvsコビー・ブライアント。実力・1オールラウンダーの称号を授かったのは、果たしてどちらなのか?

■Dの遺伝子


--------------------------------------------------------------------------------

■デトロイト・ピストンズ特集

マジック率いるショータイム・レイカーズとバードを中心としたBIG3のセルティックスが、圧倒的な破壊力を武器にファンタスティックな頂上決戦を繰り広げていた80年代。「バッドボーイズ」と謡われたピストンズは、そこに究極のアンチテーゼを持ち込み、リーグの潮流を激変させた。あれから10年。先達たちが創り上げた鮮烈なチームカラーがピストンズに再び根を張ろうとしている。「Defence」という最強の遺伝子を受け継ぐことによって。

■バロン・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------

■STRONG BEE
■才能のカタマリ

プロ4年目のバロン・デイビスは、NBAを代表するトップPGのひとりだ。昨プレーオフでは抜群の勝負強さを見せつけ、オフには6年8400万ドルの大型契約を獲得。ホーネッツの期待を一身に背負う立場に成長した。高校時代、わずか170・の身長でダンクできたという類まれな才能を生かし、デイビスは常に前進を続けている。

■CHANGE THE GAME!


--------------------------------------------------------------------------------

■ビル・ウォルトン流NBA改善プラン

北米4大スポーツの一つであるNBAは、今やワールドワイドなファンを獲得するまでに発展を遂げた。しかし、選手・解説者を通じて人生の半分以上をNBAに捧げてきたビル・ウォルトンには、さらにリーグを盛り上げる画期的なアイデアがあるという。ルール変更からシステムの見直しまで、その中身は10項目にもわたった。デビッド・スターン・コミッショナーの目から鱗が落ちるかもしれないウォルトンのNBA改善プランをここで発表しよう。

■NBA DIRK-SIDE STORY


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAスター悲話
■デビッド・トンプソン
■"神"になれなかった天才アスリート

デビッド・トンプソン――。今やオールドファンの間でしか語られぬ名だが、彼こそは、あのマイケル・ジョーダンが幼少時に強く憧れたヒーローだった。122・のジャンプ力を生かし、360度、ウインドミルなどのダンクをいとも簡単にやってのける驚異のアスリート。トンプソンは紛れもなくジョーダン以前の空中の支配者だった。しかし、"神"に成り得る才能の持ち主は、ドラッグの誘惑に負け、悲しい転落の人生を辿ってゆく――。


●DS PRESENT @ March


--------------------------------------------------------------------------------

レイカーズ3rdジャージー他、豪華NBAグッズを大放出!


●ALL-STAR2003


--------------------------------------------------------------------------------

オールスターinアトランタ直前特集


●<リニューアル記念特別企画>


--------------------------------------------------------------------------------

LA現地観戦ツアーに1組2名をご招待!


●Division Reshuffle?


--------------------------------------------------------------------------------

NBAが6ディビジョン制へ移行する?


●Money Game


--------------------------------------------------------------------------------

お金にまつわる四方山話


●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショート・インタビュー集
ラマー・オドム、デレック・アンダーソン、ジェローム・ウィリアムズ、タイソン・チャンドラー、カロン・バトラー


●CROSSOVER CHRONICLE


--------------------------------------------------------------------------------

月刊アイバーソン通信


●in the ZONE


--------------------------------------------------------------------------------

<注目株徹底チェック>
デュアン・ワグナー、アマレ・スタッダマイアー


●スニーカー・スーパースター列伝


--------------------------------------------------------------------------------

ピッペン&AVIA
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
NBAムイミダス
●HOPEFUL STOCK
<ドラフト候補生解剖>
ニック・コリソン&カーク・ハインリック(カンザス大)

●The College History
<ノースカロライナ大ターヒールズ>

●KICKS WOW!
最新スニーカー紹介

●Collector's Club
珍品・逸品大集合

●VIP SHOES WORLD
プロ仕様シューズ

●Goods Company
NBAオフィシャルショップ通信

●HOT PACKS
最新カードブランド情報

●DISK REVIEW
スフィアが選ぶオススメCD

●G-STREET
ストリート&スポーツウェア紹介

●SCORE BOARD
全29チーム月間レポート

●DUNKIN' TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

●TV SCHEDULE
2月のテレビ放送予定

●SCOOP SHOT
得点の減少傾向を引き起こす様々な要因

●NBA in your face
陥落へと突き進む王者

●POSTING UP THE NBA
怪童レブロン・ジェームズがTV界を救う!?

●FRONT LINE
情報最前線

●all court press2
読者のページ
785円
■REEBOK PRESENTS 2003 ALLEN IVERSON CALENDAR


--------------------------------------------------------------------------------

■アレン・アイバーソン・カレンダー

アイバーソンのオフコート写真が満載の2003年版カレンダーが特別付録としてついてくる! 他では絶対手に入らない『ダンクシュート』だからできたこのカレンダー。アイバーソン・ファンなら絶対手に入れたい一品。1月から12月まで、1年間存分に楽しめるぞ。

■L.A. CRISIS


--------------------------------------------------------------------------------

■レイカーズ4連覇に黄信号!

史上2度目の4連覇を狙うNBAチャンピオンはデストラップにはまってしまったのか? 開幕からシャックを欠いて連敗スタートを切ったレイカーズが、一度も白星先行することなくレギュラーシーズンの序盤戦を終えた。今後どれだけ巻き返しに転じようとも優勝の可能性はゼロ――近頃では、そんな衝撃のデータまで浮上してきている。この巻頭企画では、王者レイカーズがにわかに追い詰められた背景を細かく掘り下げていくとともに、キングス、マーベリックスら開幕前からLA王朝の牙城を揺るがす可能性ありと目されていたライバルチームの現状をレポートする。

■TALKIN' TRASH


--------------------------------------------------------------------------------

■NBAトラッシュトーカー列伝

かつてNBAのコートでは、トラッシュトークが盛んだった。名手ラリー・バードをはじめ、チャールズ・バークレー、マイケル・ジョーダンといったスターの見事な"口撃"は、芸術ともいうべきものだった。しかし現在、それを受け継ぐ者は減少の一途を辿り、伝統芸は絶滅の危機に瀕している。この事態を憂える『ダンクシュート』は、トラッシュトーク復活キャンペーンを実施する。

■SPECIAL INTERVIEW 1


--------------------------------------------------------------------------------

■シャキール・オニール
■MAN OF THE STEEL
■最強プレーヤーの誇り

シャキール・オニールという現役No.1選手の不在が大きく響き、3連覇中のレイカーズが開幕スタートでつまずいた。シャックの復帰後もチグハグな戦いが続き、本来の強さは鳴りを潜めたまま。レイカーズ王朝はこのまま崩壊してしまうのか? すべては最強プレーヤーの双肩にかかっている。

■SPECIAL INTERVIEW 2


--------------------------------------------------------------------------------

■ダーク・ノウィツキー
■止まらぬ向上心

昨今、NBAではアメリカ出身以外の選手の活躍が目立つが、その頂点に立つのがダーク・ノウィツキーだ。開幕14連勝をなしとげたチームの快進撃も彼の存在があったことが大きい。マーク・キューバン・オーナーの大号令の下、優勝を目指すマーベリックスをリードする甘いマスクのPFの素顔とはいったい?

■ジェイソン・リチャードソン


--------------------------------------------------------------------------------

■THE EXPLOSION
■次代のダンクマスター

昨年度のスラムダンク・コンテストの覇者、ジェイソン・リチャードソンは、驚異的なハイジャンプから繰り出すスラムダンクを得意とする次代のスーパースター候補生だ。その姿はかつてのマイケル・ジョーダンやドミニク・ウィルキンスを彷彿とさせる。21歳の若きダンク・アーティストが才能を爆発させる瞬間は、もうすぐそこまで近づいている。

■Bad Tuning


--------------------------------------------------------------------------------

■メンフィス・グリズリーズの憂鬱

敏腕GMウエストの下、ガソル、グッデンらの若手有望株を揃えた今季のグリズリーズの布陣を見て、メンフィスのファンは密かに期待を寄せていた。それがまさかの開幕13連敗。プレーオフは無理としても、リーグ最底辺というほど戦力は酷くなかったはずだ。なぜ、彼らは悪夢の連敗地獄に陥ってしまったのか。グリズリーズが内包する問題をレポートする。

■レブロン・ジェームズ


--------------------------------------------------------------------------------

■HOPEFUL STOCK
■次期ドラフト1位指名候補のスーパー高校生

ジョーダンやアイバーソンと比較されるスーパープレーで、全米の注目を浴びる高校生、それがレブロン・ジェームズだ。有名スポーツ誌の表紙を飾り、「次回NBAドラフトで上位指名確実」と、誰もが絶賛する驚くべき才能の秘密とは――?


●DS PRESENT @ February


--------------------------------------------------------------------------------

アイバーソン・フットボールジャージー他、豪華NBAグッズを大放出!

●DREAM TEAM 2004


--------------------------------------------------------------------------------

アテネ五輪へUSAが最強チームを結成

●I’m Done!


--------------------------------------------------------------------------------

マイケル・ジョーダンが今季限りで引退を決意!

●Authentic Superstars


--------------------------------------------------------------------------------

ビル・ウォルトンが選ぶ真のスーパースター10人

●GOOD OR BAD


--------------------------------------------------------------------------------

明暗分かれた注目チーム
76ers、ペイサーズ、ロケッツ、サンズ、ジャズ、クリッパーズ、ウィザーズ、マジック

●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショートインタビュー集
ジェリー・スタックハウス(ピストンズ)、キオン・クラーク(キングス)、ギルバート・アリナス(ウォリアーズ)、ロン・アーテスト(ペイサーズ)、ティム・トーマス(バックス)

●THE FRONT RUNNERS


--------------------------------------------------------------------------------

注目の個人タイトル争い速報

●CROSSOVER CHRONICLE


--------------------------------------------------------------------------------

月刊アレン・アイバーソン通信

●SPHERE of INFLUENCE


--------------------------------------------------------------------------------

バスケとヒップホップの「深い」関係

●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート

●ROSTER & STATS


--------------------------------------------------------------------------------

チーム別ロースター&スタッツ

●COLLEGE HISTORY


--------------------------------------------------------------------------------

名門大学歴訪・ジョージタウン大ホヤス
■REGULARS

●NBA MU-IMIDAS
ジョーダン引退報道に神の偉大さを想う
●DSグッズ探検隊
特選ジャージー編

●KITADATE SURVEY
ブリティッシュナイト復活

●DS in the ZONE
ナイキ・エア・ジョーダン11他

●COLLECTOR’S CLUB
「LIKE MIKE」劇場公開用ポスター

●CARD UNIVERSE
人気SG選手カードベスト10他

●DUNKIN’ TOPICS
「P・ピアースのジャージー売り上げがトップに!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
新しいスタイルを目指すスティーブ・フランシス

●NBA in your face
優勝を目指すバランス型重視のチーム

●POSTING UP THE NBA
ラリー・ブラウンの並々ならぬ決意

●NBA TV SCHEDULE
1月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
BREAK OUT!
2002-2003シーズン開幕!

4連覇を狙うレイカーズとそのライバル一番手のキングスが出遅れ、序盤から風雲急を告げる展開となった2002-03シーズン。激動のNBAで最後に笑うのは誰なのか?
 今月の『ダンクシュート』は、アイバーソンとヒルの2大インタビューを皮切りに、T-MACらスーパースターのインサイドストーリーやジョーダン&ウィザーズの動向など、新シーズンの主役たちをフルカバーしながら開幕1か月のNBAを総力レポートする。


■SPECIAL INTERVIEW 1


--------------------------------------------------------------------------------

■アレン・アイバーソン
■DON’T MISS IT!

アレン・アイバーソン率いる76ersの開幕前の評価は、「優勝争いからは程遠い」という低いものだった。大幅なメンバーの入れ替え、主力選手のケガによる離脱など、取り巻く環境に問題が多いのだから、それも仕方ない。アイバーソン自身、キャンプで利き手中指を痛めたのに加え、開幕直後には親指まで負傷してしまった。しかし、それでもアイバーソンの想いは揺るがない。ジ・アンサーの目標はあくまで優勝だ。

■SPECIAL INTERVIEW 2


--------------------------------------------------------------------------------

■グラント・ヒル
■CAN HE MAKE TRIPLE-DOUBLE NOW?
■復権を目指す貴公子

かつてのグラント・ヒルはトリプルダブルを連発し、スーパースターの名をほしいままにしていた。だが最大の武器であるクイックネスを司る右足首骨折が、ヒルから輝きを奪い去った。請われて移籍したマジックでは、2シーズンで出場わずか18試合。傷はなかなか癒えず、その存在は半ば消えたも同然だった。しかし、3度の手術を乗り越え、ようやくヒルは還ってきた。失った時間とスーパースターの称号を取り戻すために――。

■SURVIVAL RACE


--------------------------------------------------------------------------------

■スーパースターの宿命

チームに勝利をもたらすことを義務付けられ、それができなければ常に責任を問われる。スーパースターと呼ばれるものが背負う宿命だ。彼らが真の賞賛を浴びるには、自らの力でチームを勝利に導く以外に道はない。宿命を背負った8人の男たちは燃えている。スーパースターの称号が偽りでないことを証明するために――。

■マイケル・ジョーダン


--------------------------------------------------------------------------------

■God alone knows
■神を襲った試練

マイケル・ジョーダンは39歳になしてなおコートに立ち続ける。例えこれまで手にした数々の栄光に傷がついたとしても――。それは何故か? 挑戦すること、そして戦いを好むが故に彼はバスケットから離れることができないのだ。しかし、年齢からくる衰えなのか今季は苦戦続き。神は大きな試練の時を迎えている。

■Bill Walton's ANALYSIS


--------------------------------------------------------------------------------

■ビル・ウォルトンが今季のルーキーと移籍選手を斬る!

NBA29チームが改めて同じスタートラインに立つ。その時に、プラスアルファの要素として注目を一身に浴びるのが新加入の選手たち。鳴り物入りで入団した新人と新天地へ移った大物たちを、おなじみの毒舌NBA解説者が徹底チェックする。

■SPECIAL INTERVIEW 3


--------------------------------------------------------------------------------

■ブラデ・ディバッツ
■優勝候補のキーパーソン

現在のNBAでは、ヨーロッパ出身選手の存在は珍しくなくなっているが、ブラデ・ディバッツがアメリカに渡った1989年当時は違った。アメリカ人の圧倒的運動能力の前に、NBA入りしたばかりのディバッツは苦しんだ。だが、苦難の末に自らのプレースタイルを確立し、ディバッツはNBAでも一流選手と認められるまでに成長した。そしてベテランとなった今、キングスの精神的支柱としてチームを鼓舞している。打倒レイカーズを掲げる優勝候補のキーパーソン、ディバッツが初めて『ダンクシュート』の単独インタビューに応じてくれた。

■SUPER BIG PRESENT


--------------------------------------------------------------------------------

■超特大読者プレゼント

毎年恒例となった『ダンクシュート1月号』のビッグプレゼントが今年はさらにスケールアップ! リーボック、AND1、ナイキ、アディダス、ワールドスポーツプラザ他、各メーカーやショップの協力を得て、計100名を超える人に当選の可能性が広がった。ラインナップの方も最新シューズやアパレルなど、魅力的な賞品がてんこ盛り。よ~く吟味して、「これだ!」と思ったモノに応募しよう!
※プレゼントの応募は本誌、インターネットどちらでも可能です。インターネットか
らの応募方法はコチラ


●OPENING TIP


--------------------------------------------------------------------------------

02-03シーズン開幕速報

●スペシャルピンナップ


--------------------------------------------------------------------------------

トレイシー・マッグレディ/コビー・ブライアント

●TALK SHOW


--------------------------------------------------------------------------------

ショートインタビュー集
ベン・ウォーレス
コビー・ブライアント
ヤオ・ミン
スコッティ・ピッペン

●THE FRONT RUNNERS


--------------------------------------------------------------------------------

注目の個人タイトル争い速報

●CROSSOVER CHRONICLE


--------------------------------------------------------------------------------

月刊アレン・アイバーソン通信

●THE BEST GEAR of THE COURT


--------------------------------------------------------------------------------

AND1の新作シューズコレクション

●NBAを体感せよ!


--------------------------------------------------------------------------------

最新ゲームソフト『NBAライブ2003』を徹底紹介

●SPHERE of INFLUENCE


--------------------------------------------------------------------------------

NY育ちの二刀流ラッパーがバスケ系ヒップホップを紹介

●GREAT CHALLENGE


--------------------------------------------------------------------------------

森下雄一郎のNBDLキャンプ挑戦記

●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム月間レポート

●ROSTER & STATS


--------------------------------------------------------------------------------

チーム別ロースター&スタッツ

●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1992-93シーズン
■REGULARS

●DSグッズ探検隊
秋冬の特選グッズ編
●NBA MU-IMIDAS
阪神=クリッパーズに悩むT-MACの憂鬱

●KITADATE SURVEY
I3トレーナー2ミッド

●DS in the ZONE
ナイキ・エア・ジョーダン7レトロ他

●CARD UNIVERSE
ブレイクしそうな選手カードベスト10他

●DUNKIN’ TOPICS
「オラジュワン引退!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
それぞれの道を歩むレイカーズとキングス

●NBA in your face
ベテランFAたちの苦悩

●POSTING UP THE NBA
ニックス絶体絶命のピンチ!

●NBA TV SCHEDULE
12月のテレビ放送予定

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
2002-2003 SEASON
SUPER PREVIEW
シーズン開幕大特集

ついに待ち望んだ時がやってきた! 2002-03シーズン開幕――。この吉日を記念してお送りする『ダンクシュート』恒例の特別企画も、例年より数段パワーアップ。スペシャルインタビューあり、ストーリーあり、はたまた毒舌解説者ビル・ウォルトンの各ディビジョン予想あり、という豪華ラインナップでお届けする。


■SPECIAL STORY 1


--------------------------------------------------------------------------------

■アレン・アイバーソン
■Rebel without a Cause
■反逆こそ我が使命

2001年、NBAファイナルに進出し、一躍時代の寵児となったアイバーソンが逆風にさらされている。オフに突如襲った脅迫容疑事件。無実が証明されたとはいえ、世間の目は厳しくなっている。派手な活躍でそれを払拭したくとも、チームの戦力は平行線がいいところ。だが、異端児アイバーソンは、こんな状況でこそ真価を発揮する。

■SPECIAL STORY 2


--------------------------------------------------------------------------------

■マイケル・ジョーダン
■BACK FOR ANOTHER RUN
■神が掴んだ確信

ジョーダンの離脱とともに、昨季は急降下したウィザーズだが、今季はひと味違う。スタックハウス、ヒューズ、ラッセルといった計算できる戦力の加入で、あのジョーダンが6thマンとして起用される可能性もあるほど、陣容が充実しているのだ。キャンプで緩やかな調整を続けたジョーダン自身の体調も上々。神は最後のシーズンに、確かな手応えを感じている。

■SPECIAL STORY 3


--------------------------------------------------------------------------------

■レイカーズ&ネッツ
■Champions Road
■東西王者それぞれの開幕

リーグ4連覇の偉業達成に意欲を燃やすレイカーズを、シャック開幕欠場というピンチが襲った。一方、オフも活発な動きを見せたネッツは、ムトンボ獲得など戦力補強に成功。やや対照的なオフを過ごしたが、両チームとも狙うは優勝のみ。注目の東西チャンピオンの新シーズンを占う!

■SPECIAL INTERVIEW 1


--------------------------------------------------------------------------------

■ヴィンス・カーター・スペシャルインタビュー
■Trying to live up to the Hype
■渇望する魂

驚異的な跳躍力を生み出すヒザを故障し、持ち前の豪快なプレーは鳴りを潜め、さらに自分が手術で戦線離脱した直後からチームは快進撃でプレーオフに進出。昨季はカーターにとって周囲の期待を大きく裏切る情けない1年だった。しかし、それは誰よりも本人が自覚している。新たに始まるシーズンは失望させないさ――。世紀末に現われたダンクマスターは決してこのまま終わったりはしない。失意の1年を乗り越え、精神的にタフになったカーターは、試練となるシーズンの開幕を前にそう誓ってくれた。

■SPECIAL INTERVIEW 2


--------------------------------------------------------------------------------

■スティーブ・フランシス・スペシャルインタビュー
■勝利の予感

昨季のスティーブ・フランシスは肩の故障、偏頭痛などの身体的トラブルに苦しめられ、失意のうちにシーズンを終えた。だが、順調なオフを過ごし、傷は癒えた。フランシスは再びコートに立つ。勝利という大目標を掲げて。

■オーランド・マジック・ストーリー


--------------------------------------------------------------------------------

■REAL WORLD/第二期黄金時代へ

■アトランタ・ホークス・ストーリー


--------------------------------------------------------------------------------

■SHINING STAR/東部戦線のダークホース

■サンアントニオ・スパーズ・ストーリー


--------------------------------------------------------------------------------

■LAST TOUR/ツインタワー最後の航海

■サクラメント・キングス・ストーリー


--------------------------------------------------------------------------------

■IT’S GAME TIME!/大本命の期待と不安

■毒舌解説者ビル・ウォルトンの02-03シーズン予想


--------------------------------------------------------------------------------

■BILL WALTON’S SEASON PREDICTION

■NBA inside column


--------------------------------------------------------------------------------

■読めば楽しさ倍増! 今季の見どころを紹介


■パトリック・ユーイング


--------------------------------------------------------------------------------

■Good-by Patrick!
■悲運の巨人、コートを去る

ユーイングがついにコートを去った。ニックスの隆盛を築いた築いた功労者でありながら、追われるようにNYを後にし、ソニックス、マジックと渡り歩く寂しい晩年。スーパースターでも、優勝をもたらさなければただの負け犬扱い。厳しすぎるファンを持つNYのチームのエースを務めたことが、ユーイングにとって最大の不運だったのかもしれない。


●DS PRESENT at December


--------------------------------------------------------------------------------

秋の定番アイテムスウェット、パーカ他、豪華NBAグッズを大放出!


●アレン・アイバーソン特大ピンナップ


--------------------------------------------------------------------------------

 


●SPHERE of INFLUENCE


--------------------------------------------------------------------------------

NY育ちの二刀流ラッパー、バスケットを語る!


●Road to NBA


--------------------------------------------------------------------------------

森下雄一郎がNBDLに挑戦


●SCORE BOARD


--------------------------------------------------------------------------------

全29チーム・キャンプレポート


●ROSTER & STATS


--------------------------------------------------------------------------------

チーム別ロースター&スタッツ


●VALUABLE NUMBERS


--------------------------------------------------------------------------------

今季達成されそうな記録


●The Coach File


--------------------------------------------------------------------------------

第10回ジェフ・ヴァンガンディ
■REGULARS

●DSグッズ探検隊
おすすめのNBAファッション着こなし大特集
●NBA MU-IMIDAS
開幕戦はコビーの足元に注目!

●KITADATE SURVEY
ニューバランスP428

●DS in the ZONE
ナイキ・ショックスVC2他

●COLLECTORS’ CLUB
最強グッズ投票結果発表!

●CARD UNIVERSE
人気選手カードベスト10他

●DUNKIN’ TOPICS
「シャックとコビーがアテネ五輪出場に乗り気!?」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
USA代表はこうすれば強くなる

●NBA in your face
NBA専門記者が選ぶ今季の優勝チーム

●POSTING UP THE NBA
モーニング腎臓疾患再発の余波

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
785円
■2002-2003 SEASON


--------------------------------------------------------------------------------

■POWER MAP
■全29チーム戦力徹底分析

2002-2003シーズンの開幕まで残り約1か月と迫り、各チームの補強計画も佳境を迎えている。王者レイカーズ、それを追う有力チーム、さらには上位進出を目論むドアマットなど、それぞれ状況の違う各チームは、夏の間に効果的な戦力アップを図ることができたのだろうか? 今オフ行なわれた補強結果を踏まえて、NBA全29チームの現段階での戦力を徹底分析する。

■MJ's Final Decision


--------------------------------------------------------------------------------

■ジョーダン現役続行を決断!?

もう1年やるのか、それとも今度こそ永久に引退か――。マイケル・ジョーダンは悩んでいる。来年2月で40歳。昨季苦しめられた、ヒザの状態も気になる。「結論を出すのはぎりぎりまで待ちたい」。キャリア最後の戦いへ、彼は帰ってくるのだろうか。

■All about Paul Pierce


--------------------------------------------------------------------------------

■ポール・ピアースのすべて

昨季のセルティックスは戦前の下馬評を覆してプレーオフに駒を進め、復活の狼煙をあげた。この古豪を率いるのがポール・ピアースだ。カレッジではリーフ・ラフレンツの陰に隠れ、NBA入り後も雌伏の時が長かったため、これまでそれほど注目を集めていなかったが、その実力は本物。苦杯を舐めた世界選手権でもアメリカ代表チームの得点王となるなど、孤軍奮闘の活躍ぶりが目立った。新進気鋭の若きエース、 “ザ・トゥルース”のすべてを明らかにする。

■NO DREAM CONTEST


--------------------------------------------------------------------------------

■王国の過信
■PART1 2002年世界選手権レポート
■PART2 アテネには真のドリームチームを送れ!
■PART3 02-03有望新人の実力を世界選手権でチェック!

屈辱の6位という結果に終わったNBA軍団で固めたアメリカ代表の世界選手権を豪華3本立てでレポートする。PART1では、アメリカ敗戦の試合を克明にレポート。PART2では、2004年のアテネ・オリンピックできっとアメリカを勝利に導くであろう『真のドリームチーム』を、レイカーズのアシスタントコーチを務めるテックス・ウィンター氏が選抜。PART3では、世界選手権に出場した02-03シーズンにデビューする新人たちのプレーぶりを徹底チェックした。

■ゲイリー・ペイトン・スペシャルインタビュー


--------------------------------------------------------------------------------

■Time will tell
■答えはまもなく出る

来シーズン終了時にソニックスとの契約が切れるゲイリー・ペイトンの周囲は、もう何年も慌しい状態が続いている。去就について飛び交う報道の渦にペイトン本人も神経をすり減らしたせいか、契約問題に触れると、いつもは滑らかなその口が急に堅くなる。ふと漏らした「シアトルに残りたい」という言葉は本音なのか、それとも・・。

■Commander in Chief


--------------------------------------------------------------------------------

■コート上の最高司令官
■ポイントガード・タイプ別大研究

優れたPGはチームを劇的に変えることができると言われる。昨季、ジェイソン・キッドの加入でネッツが生まれ変わったことにより、にわかに注目を集めるポジションの真髄に迫るため、現代NBAのPGを4つに分け、考察していく。

■ケニョン・マーティン


--------------------------------------------------------------------------------

■PLAY SO HARD
■激情とともに

ニュージャージー・ネッツの核弾頭、ケニョン・マーティンは、昨ファイナルで王者レイカーズにひるむことなく立ち向かい、評価を上げた。躍進の原動力となったのは、激しすぎるほどのエモーショナルな性格。恐れを知らないハードなプレーを生み出すそれは、マーティンの魅力を形成する最大のファクターなのだ


●DS PRESENT at November


--------------------------------------------------------------------------------

dada CDUBBZ、チャンシー・ビラップス直筆サインアイテム他、豪華NBAグッズを大放出!


●アレン・アイバーソン・ピンナップ&
●I3コレクション2002年秋冬カタログ


--------------------------------------------------------------------------------

注目のI3コレクション最新作をいち早くチェック


●DREAM VACATION


--------------------------------------------------------------------------------

ケビン・ガーネット来日徹底レポート


●FIX UP!


--------------------------------------------------------------------------------

トレード・FA最新情報


●CROSSOVER CHRONICLE


--------------------------------------------------------------------------------

月刊アレン・アイバーソン通信


●CAR COLLECTION


--------------------------------------------------------------------------------

ゲイリー・ペイトンの愛車紹介


●PRYING EYES


--------------------------------------------------------------------------------

スカウトは何でも知っている


●世界選手権記録集


--------------------------------------------------------------------------------

アメリカ戦全試合ボックススコア他


●Playback Story


--------------------------------------------------------------------------------

1972-73シーズン
■REGULARS

●DSグッズ探検隊
新着グッズ編
●NBA MU-IMIDAS
成長したヤオ・ミンを世界選手権で目撃!

●KITADATE SURVEY
プーマ・スウェード

●DS in the ZONE
ナイキ・ショックス新モデル他

●COLLECTORS’ CLUB
ナイキCM特別ジャージー他

●CARD UNIVERSE
外国人選手カードベスト10他

●DUNKIN’ TOPICS
「シャック開幕戦出場が絶望的に!」他ホットな話題を直輸入

●SCOOP SHOT
ソニックスはルイスと訣別すべきだ

●NBA in your face
復活を遂げた名門ピストンズ

●POSTING UP THE NBA
ナイキVSリーボック

●Goods Factory
オススメグッズニュース

●FRONT LINE
情報最前線

●ALL COURT PRESS 2
読者のページ
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年12月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
見据える高み
青柳晃洋

TIGERS PHOTO TOPICS
頂への再始動
2021秋季練習
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

Pick up Interview
自信を膨らませる
島田海吏

虎番目線
デイリースポーツ 今西大翔
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

CSファーストステージ
2021PLAYBACK
2021タイトルホルダー

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.32 2021年11月

Next Generation Interview
自分にしかできないピッチングを
佐藤蓮

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.9
2021タイガース5部門分析
(投/打/走/守/作戦)
~上位3チーム直接対決展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第143回 高城れにさん(ももいろクローバーZ)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#9

虎風草 我が阪神の歳時記 12月December
オフなきオフ

念願の初制覇へ!
2021タイガースJr.メンバー紹介

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.10
対談Interview
三浦伊織×植村美奈子

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

2 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:414円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

4 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:672円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年11月18日発売

目次: 特集
大谷翔平2021完結編

SPECIAL FEATURE

[ロングインタビュー]
大谷翔平「圧巻のシーズンを終えて」

[67歳知将の熱弁]<>br> ジョー・マドン「翔平には『無制限』が必要だった」

[歴戦の日々と素顔の翔平]
水原通訳が明かす「ショータイム」の裏側

[チームメイトが選ぶ]
俺たちのベストSHO-TIME
トラウト/レンドーン/ウォルシュ/スタッシ/スズキ
プホルス/イグレシアス/フレッチャー

[ミスター・オクトーバーも激賞]
レジ―・ジャクソン「順調じゃない。最高だよ」

[祝『プレーヤーズ・チョイス賞』受賞]
スターたちが語る「大谷は○○だ」

[46本、9勝、26盗塁の軌跡]
「打った! 投げた! 走った! 」ビッグシーズン全記録
(解説)小早川毅彦/斎藤隆/杉本龍勇

[2021年ショウヘイ衝撃ニュース]
SHOHEI SURPRISE NEWS 2021

[『記録オタク』な広報が選出! ]
規格外すぎたマニアック記録ベスト5

[ライバルとの比較と課題]
データで見えたホームラン王への道

[二刀流への熱視線]
ライバル球団解説者も虜にした背番号17

[師が語る進化]
栗山英樹「メジャーの『エースで4番』に」

[8年後の驚き]
助っ人が回顧する超人のルーキー時代

[元メジャーリーガーの『勝負目線』解説]
岡島秀樹「進化した変化球と異質の発想力」
岩村明憲「リアル二刀流のルーティンこそ収穫」
岩隈久志「外角の甘めには、絶対投げない」

[『元祖』日本人MLB野手が語る]
石橋貴明「タカ・タナカが託すメジャー魂! 」

[拡張したリアル]
『ダイヤのA』作者が語る、マンガを超えたヒーロー


[豪腕インタビュー]
澤村拓一「弱さも失敗も全部受け入れて」

[ブレーブス26年ぶりV]
ワールドシリーズが示した3つのトレンド

[英雄の死から1年]
ジーコ、マラドーナを語る。「神が泣いたフラメンゴの夜」

[メンタルトレーナーが明かす秘話]
国枝慎吾「午前3時、絶対王者がかけた電話」
ほか

参考価格: 640円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

送料
無料

F1速報

2021年11月26日発売

目次: 特集 第19戦ブラジルGP&第20戦カタールGP合併号

レースレポートの情報が満載!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/10/14
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/09/16
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

auto sport(オートスポーツ)

2021年11月26日発売

目次: 1点の重責
F1 全22戦中20戦終了時点で8点差

[絶対王者]LEWIS HAMILTON(MERCEDES)
[挑戦者]MAX VERSTAPPEN(RED BULL HONDA)
運命の最終2連戦


SUPER FORMULA 総集編
[チャンピオン対談]
野尻智紀 × 一瀬俊浩

世界的人気を誇るFIA GT3、GT4に続くか
GT2 優しい直線番長
アウディR8 / ポルシェ911
フェラーリ488 / ランボルギーニ・ウラカン
KTM X-BOW / ブラバムBT62

REPORT
F1 第19戦ブラジルGP / 第20戦カタールGP
WRC 最終戦モンツァ
RALLY セントラルラリー2021
スーパー耐久 最終戦岡山

特別付録
2022年スーパーGTカレンダー

参考価格: 690円

史上最強・最速のweeklyモータースポーツ・マガジン

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌