DUNK SHOOT(ダンクシュート) 発売日・バックナンバー

全268件中 166 〜 180 件を表示
785円
2008年8月号/No.187
NBA FINALS
NBAファイナル2008完全速報!
2008年6月25日発売
定価750円(税込)


「レイカーズvsセルティックス」――。東西を代表する名門球団同士の対決となったNBAファイナル2008を現地から徹底特集。ゲームレポートから舞台裏までファイナルの模様をどこよりも詳しくお伝えする。第2特集では、今季を振り返る総決算として2007-08NBAプレーヤー通信簿をお届け。華々しい活躍をした選手、はたまた不本意なシーズンを過ごした選手など、全30チーム主要333選手を一挙に査定する。そしてスペシャルインタビューでは、今季一躍リーグを代表するスーパースターに成長したドワイト・ハワード、76ersを予想外のプレーオフ進出に導いたアンドレ・イグダーラと今季のライジングスター2選手を直撃! さらに、両面超ビッグポスター&オフシーズン完全ガイドの豪華二大付録もついている!!


【別冊付録】
2008 NBA OFF-SEASON PERFECT GUIDE
2008オフシーズン完全ガイド

世界中が熱狂したファイナルが幕を閉じ、NBAはいよいよオフシーズンに突入。この季節で最大の見どころとなる注目FA&移籍候補選手MAPをはじめ、全30チーム所属選手年俸リスト、サラリー&FA用語入門講座、ドラフト候補生ガイドを完全網羅。これさえ読めば、オフシーズンもばっちりだ!


★NBA FINALS 2008
Boston Celtics vs Los Angeles Lakers
名門対決を制したセルティックスが22年ぶりに栄冠獲得!

東西を代表する名門球団同士の対決となったNBAファイナル2008は、セルティックスの“ビッグ3”が、コビー率いるレイカーズを6戦で下し、実に22年ぶりの優勝を果たした。この歴史的名勝負のすべてを完全レポートする。

◆Winning Road
[シリーズ総括ストーリー]
名門セルティックスが復活 第3期黄金時代の幕開け!

セルティックスがレイカーズを下し、ボストンの街に歓喜をもたらした。優勝は実に1986年以来22年ぶりのこと。その最大の要因がKG、ピアース、アレンの“ビッグ3”だ。それまで優勝と縁のないNBA人生を歩んできた3人は、各々10年以上の紆余曲折を経て、ボストンに集結。お互いの力を合わせ、見事栄冠を掴み取るに至った。NBA1の伝統を誇る名門軍団は新たな伝説の幕を開けた!

文/三尾圭、分析/杉浦大介
TEXT by KIYOSHI MIO(STORY), DAISUKE SUGIURA(ANALYSIS)


◆KOBE BRYANT SPECIAL STORY
What happened?/コビーはなぜ敗れたのか?

レイカーズのファイナルは、2勝4敗という結果以上にあっけなく幕を閉じた。しかしコビーは、対戦相手から戦う姿勢を学び、早くも来季のリベンジに意識を向けている。そこには、リーダーとして一回り成長した姿が見られた。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆GAME REVIEW
ファイナルゲームレポート&ボックススコア

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆MATCH-UP ANALYSIS
ポジション別貢献度診断

21年ぶりに頂上決戦で激突したセルティックスとレイカーズ。ファイナルという大一番で、両軍の選手はどのようにプレーし、両コーチはどんな戦略をもって戦ったのか? 今シリーズにおける個々の貢献度を診断した。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆東西 名門球団の抗争史

◆TOPICS FILE
NBAファイナル2008 おもしろトピックス集


★EASTERN CONFERENCE FINALS STORY
GAME OVER/さらばデトロイトの勇士たち

3年連続カンファレンス決勝で敗退。またしてもピストンズはファイナルに手が届かなかった。抜群のケミストリーでリーグを席巻したのも今は昔。かつての王者は変革と粛清に向けて動き始めている。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


★WESTERN CONFERENCE FINALS STORY
TURNING POINT/暗雲立ち込める“元”王者の未来

昨季王者のスパーズが、新生レイカーズの前にあっさりと砕け散ったカンファレンス決勝。球団史上初の連覇に挑んだ彼らには、何が足りなかったのか。そして、リーグ1、2を争うベテラン集団は今後どのようにチームを作っていくのか。シリーズの敗因と来季のチーム構想を探る。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★2007-08シーズン総決算
NBAプレーヤー333人の通信簿

昨年10月に開幕した2007-08シーズンもついに終了。今号は、シーズン総決算企画として「NBAプレーヤー333人の通信簿」と題し、主要選手たちの今季1年のプレーぶりを一斉に評価する。「たいへんよくできました」から「おつかれさまでした」までの6段階の評価印を“愛を込めて”押しまくった!!


◆LEBRON JAMES & CAVS STORY
I NEED HELP/キングに迫る危機

レブロン・ジェームズとクリーブランド・キャバリアーズの今季は、カンファレンス準決勝で終焉を迎えた。リーグ最高勝率チーム・セルティックスを相手に健闘したとはいえ、昨季果たしたファイナル進出と比べると、今季は「停滞」のシーズンだったと言えよう。当然ながら、彼らは今季の反省を踏まえ、オフシーズンのうちにチームを再構築する必要に迫られている。立ち止まることの許されない“キング”に、救いの手は差し伸べられるのだろうか?

文/ブライアン・ウィンドホースト 訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Are You Real Ace?
エース16人の真価を問う!

エースの責任は言うまでもなく重大だ。活躍すれば英雄ともてはやされ、しくじれば戦犯と叩かれる。エースと呼ばれる男たちは、今季もそんなプレッシャーと背中合わせで戦い続けた。2007-08シーズン、彼らはその肩書きに相応しいプレーを見せ、その責任を果たすことができたのだろうか? 16人のエースたちの今季1年の仕事ぶりを斬る!


◆THE RIGHT MOVE?
大型移籍の明暗

開幕前にセルティックスがKG、レイ・アレンを獲得したのに始まり、シーズン中にはガソル、シャック、キッドがチームを移るなど、今季は大型移籍が盛んだった。その成否を断じると共に移籍各選手の活躍度をチェックする。

文/出野哲也
TEXT by TESTUYA IDENO


◆DWIGHT HOWARD SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドワイト・ハワード/実りのシーズン

リーグで最も支配力のある男――。この称号は、今やマジックの若き大黒柱ドワイト・ハワードにこそ相応しい。全米中を熱狂させたダンクコンテストでの“スーパーマンダンク”など、ユニークさと確かな実力を兼備したNBAのニューヒーローの声をお届けする。

インタビュー/ブライアン・シュミット 訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN SCHMITZ, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆BIG WAVE
ネクスト・シャックに名乗りを上げる若きビッグマンたち

これまでセンターのポジションを制圧してきたシャックが衰えを隠せなくなり、今季はドワイト・ハワードを筆頭とした若きビッグマンたちの台頭が目立った。シャックの後継者候補のシーズンを完全査定する。


◆HOT or NOT?
予想外!だった選手たち

予想外はスポーツに付きものだが、嬉しい誤算と期待外れの二通りがある。今季、ファンに思わぬ喜びと怒りの感情を呼び起こした、16選手の通信簿をお届けしよう。


◆NATIONAL PRIDE
北京五輪&五輪最終予選プレビュー

北京五輪開幕まであと2か月を切った。男子バスケットボールはすでに、アメリカの他8か国が五輪出場権を獲得。7月中旬にはクォリファイング・トーナメント(最終予選)がアテネで行なわれ、さらに3か国が最後の北京行きの切符を手に入れる。各大陸を代表する強豪12か国のうち、金メダルを獲得するのはいったいどの国になるのか? 北京五輪もしくは最終予選出場国の代表選手たちの通信簿を付けながら、両大会の展望をお届けする。

文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA


◆ANDRE IGUODALA SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] アンドレ・イグダーラ/新たな野望

プレーオフではやや低調だったものの、今季を通してのイグダーラの成長ぶりは誰もが認める素晴らしさだった。FAとなる今プレーオフの動向が気になるところだが、彼自身はシクサーズの持つ大きな可能性を実感、来季への手ごたえに胸を弾ませている。

インタビュー/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA


◆RISING STARS
今季躍進を見せたヤングプレーヤー

まだ「若手」と呼ばれる年齢ながら、所属チームを牽引し、ファンからも信頼厚いヤングプレーヤーたち。彼らの好不調はそのまま、チームの調子のバロメータ-であり、若い彼らの今季の成長ぶりは来季を占う上でも重要なポイントになる。要チェックだ!

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆Correct or Wrong?
昨オフ再契約選手12人 今季の活躍度

プロスポーツの世界では「再契約を結んだ選手は、金銭を手にしたことでモチベーションが低下し、成績が下がる傾向にある」と言われる。そこでシーズン前に再契約を結んだ主要選手12人をピックアップし、彼らの今季の活躍度をチェックしていく。


◆ULTIMATE WEAPON
6thマンたちは切り札としての役目を果たしたのか?

「強いチームには良い6thマンがいる」。ジノビリをはじめ、今季は強力な実力者たちがベンチに控え、チームの勝利に貢献するケースが多く見受けられた。6thマンが勝利の鍵を握っていると言っても過言ではないほど、その存在が重要視され始めている。リーグを代表する6thマン13人の今季を振り返る。

文/星久幸
TEXT by HISAYUKI HOSHI


◆FIRST JUDGE
NBA1年生の出来・不出来

大学や海外リーグで手にした名声を引っさげて、今季も多くの新人がNBAに挑戦。ある者はスムースに溶け込み、またある者はプロの壁にぶち当たった。NBAで新たな一歩を踏み出した新人14人の出来・不出来を判定する。

文/星久幸
TEXT by HISAYUKI HOSHI


◆WELCOME BACK!
カムバック選手の今季を診断!

ケガや解雇など、様々な試練が待ち受けているのがプロスポーツの世界。それらを乗り越え、今季再びNBAのコートに舞い戻ってきた選手たちがいる。逆境を乗り越えた彼らに待ち受けていた運命とは? カムバック選手の今季を診断する。


★THE 4TH DUNK SHOOT AWARDS
第4回 ダンクシュート・アウォード/07-08シーズン各賞を大発表!

04-05シーズンから始まった「ダンクシュート・アウォード」も今回で早4回目に突入! 本誌が選ぶ最優秀選手賞「ダンクシュート・オブ・ザ・イヤー」や「ベスト5」など、主要5部門は携帯電話とハガキで募集した読者投票により決定。その他、本誌編集部が独自に設けたオリジナルの各賞も併せて発表する。



★BIGポスター
◆コビー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
◆ポール・ピアース(ボストン・セルティックス)


★DS PRESENT @August
現地直送 2008ファイナルグッズ!!

★NBA Legends’ Gallery
第9回 NBAレジェンド列伝/デニス・ロッドマン


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
LAを捨てた男、キャセールがファイナルで大ブーイング!

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★SCOOP SHOT
未来の名将ポーターは迷走するサンズを救えるのか?

★NBA MIXED ZONE
ポール・ピアース―純粋なる得点マシン

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年7月号/No.186
SURVIVAL!
プレーオフ2008速報
2008年5月24日発売
定価750円(税込)

「現代NBAの各ポジションのトッププレーヤーは誰なのか?」。そんな読者の疑問に答えるべくダンクシュート7月号では“ポジション別プレーヤー・ランキング”を開催した! 第2特集では、プレーオフを徹底的にピックアップ。1回戦の注目チーム・選手のストーリーから、カンファレンス準決勝速報まで企画満載でお届けする。そしてスペシャルインタビューでは、今季大ブレイクしたニューオリンズの星クリス・ポール、新人王に輝いたケビン・デュラントと今季の“旬”な2選手を直撃! さらに、両面超ビッグポスター&ファイナルMVP列伝の豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
NBA FINALS MVP
ファイナルMVP列伝

NBAチャンピオンを決める最終決戦「NBAファイナル」。この夢の舞台では数々のスターが誕生してきた。歴代のファイナルMVP受賞者全24選手のサクセスストーリーをお届けする!


★2007-08 SEASON NBA PLAYER RANKING
NBA専門家9名+編集部が選ぶ ポジション別プレーヤー・ランキング

2007-08シーズンに活躍した選手は大勢いるが、誰が一番かとなると選ぶのは非常に困難だ。そこで今月の『ダンクシュート』は、米国在住記者、NBAコーチらの協力を仰ぎ、PG、SG、SF、PF、Cの5ポジションのNBAプレーヤー・ランキング投票を実施。専門家9名と編集部による厳正なる投票を基に、現代NBAをリードする各ポジションのトッププレーヤーを決定した。

投票者/ラス・ベンソン、ポール・コロ、レックス・カラミアン、ローランド・レーゼンビー、ジェフ・レンチナー、三尾圭、杉浦大介、ラリー・ターナー、テックス・ウィンター、ダンクシュート
VOTE by RUSS BENGTON, PAUL CORO, REX KALAMIAN, ROLAND LAZENBY, JEFF LENCHINER, KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA, LARRY TURNER, TEX WINTER, DUNK SHOOT

◆Point Guards/ポイントガード・ランキング
◆Shooting Guards/シューティングガード・ランキング
◆Small Forwards/スモールフォワード・ランキング
◆Power Forwards/パワーフォワード・ランキング
◆Centers/センター・ランキング


◆CHRIS PAUL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] クリス・ポール/神の子の真価

これまで「リーグ最高のPG」といえば、スティーブ・ナッシュとジェイソン・キッドが双璧を成してきた。だが“現在”に関しては、クリス・ポールがその牙城を崩したと言っても過言ではないだろう。3年目にしてアシスト王に輝き、ホーネッツを球団史上最高勝率でプレーオフに進出させ、MVP争いでも2位にランクイン。今や“時の人”と化した若き天才PGを直撃した。

インタビュー/レス・イースト 訳/大井成義
INTERVIEW by LES EAST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


★SURVIVAL!
プレーオフ2008速報

長いレギュラーシーズンが終わり、ついにポストシーズンが到来! 優勝を賭けて争うサバイバルレースは、シーズン中で最もヒートアップする瞬間だ。1回戦の注目チーム・選手のストーリーから、2回戦の速報レポートまで、『ダンクシュート』はどこよりも充実した企画で2008年プレーオフをお届けする。


◆BOSTON CELTICS SPECIAL STORY
UNEXPECTED START/予想外の船出

リーグ最多の66勝をあげ、セルティックスは意気揚々とプレーオフに臨んだ。しかし、フタを開けてみれば若いホークスにまさかの苦戦。全シリーズで唯一の最終戦までもつれ込んだ。優勝候補の筆頭に挙げられていたチームに何が起こったのか? セルティックスの1回戦の模様をレポートする。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


◆LOS ANGELES LAKERS vs DENVER NUGGETS SPECIAL REPORT
KOBE vs AI/7年ぶりの再戦

アレン・アイバーソンとコビー・ブライアントが、2001年NBAファイナル以来、7年ぶりにプレーオフで激突した。当時、76ersの大エースだったアイバーソンは、昨シーズンからナゲッツに籍を移し、ここでもエースの立場を確立。一方、シャキール・オニールのパートナーに過ぎなかったコビーは、04年にシャックがチームを去って以降、レイカーズを一人で支え、ついに優勝を狙えるまでにチームを成長させた。同期のライバルが再び雌雄を決することとなった今シリーズは、2人にとっての「現実」を浮き彫りにするものとなった。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


◆WHAT’S NEXT?
ウエスト有力3チームの惨敗の理由と再建プラン

今季ウエスタンでは熾烈なプレーオフ進出争いが繰り広げられてきた。それだけに、1回戦から好ゲームが続出するかと思われたが、シャックを加えたサンズをはじめ、ナゲッツ、マブズと強豪たちがあっけなく敗退。彼らのシリーズの敗因を明らかにすると共に、いち早く来季に向けた再建プランをまとめた。

文/クレイグ・モーガン、クリス・デンプシー、アート・ガルシア 訳/千田範子、吉藤宗弘
TEXT by CRAIG MORGAN, CHRIS DEMPSEY, ART GARCIA, TRANSLATION by NORIKO CHIDA, MUNEHIRO YOSHIFUJI

・PHOENIX SUNS/フェニックス・サンズ
・DENVER NUGGETS/デンバー・ナゲッツ
・DALLAS MAVERICKS/ダラス・マーベリックス


◆TRACY McGRADY SPECIAL STORY
BROKEN HEARTS/不運と不遜と不完全燃焼

T-MACにとって7度目の挑戦となる「プレーオフ1回戦突破」はまたも失敗に終わった。シーズン中に22連勝という偉業を達成したこともあり、今回こそはと本人も周囲も期待は大きかったはず。厳しい批判に晒されるT-MAC。彼が叩かれる真の理由に迫る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKAHSIMA


◆UP & DOWN
プレーオフ2008 株を上げた選手と下げた選手

プレーオフで活躍すれば、その選手は真のスーパースターと認められる。逆に惨めなプレーをしてしまえば、評価は一気に下がってしまう。ここでは今プレーオフにスポットを当てて、株を上げた選手、もしくは下げた選手を発表する。


◆Conf. Semis REPORT
プレーオフ2回戦速報

・ボストン・セルティックスvsクリーブランド・キャバリアーズ
・デトロイト・ピストンズvsオーランド・マジック
・ロサンゼルス・レイカーズvsユタ・ジャズ
・ニューオリンズ・ホーネッツvsサンアントニオ・スパーズ

◆NBA FINALS 2008
NBAファイナルガイド&データボックス


★2007-08 AWARDS WINNERS
各タイトルの受賞者を発表!

プレーオフの開幕と同時に、MVP、新人王、オールNBAチームなど各アウォードの受賞者が次々と発表された。いずれも2007-08シーズンを彩った精鋭ばかり。各アウォードの受賞者たちを、とくとご覧あれ。


★KEVIN DURANT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ケビン・デュラント/スーパールーキー登場

NBAデビュー以前から、その豊かな才能は認められていたケビン・デュラント。このルーキーの活躍は予想以上の素晴らしさだった。低迷が続くソニックスの未来はまさに、このスーパールーキーの手に委ねられている。

インタビュー/ゲイリー・ウォッシュバーン 訳/千田範子
INTERVIEW by GARY WASHBURN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★PLAYERS’ ACTION
FA市場2008完全バイブル

一足先にシーズンを終えたチームを中心に、移籍関係の噂が盛んになってきた。今季は大物FAの不在が囁かれていたが、フタを開けてみれば、プレーヤーオプションを有するスター選手が多数“FA予備軍”に名を連ねている。誰もが気になるFA市場の噂を、どこよりも早くお届けしよう。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★NBA STAR BIOGRAPHY / JOSH SMITH
NBAスター物語/ジョシュ・スミス――若きスカイマスター

206cm、107kgという堂々たる体躯。垂直跳び107cmというジャンプ力。驚異の能力を持つジョシュ・スミスは単なるフォワードという枠に納まらない存在だ。タレント集団ホークスの若き旗頭、スミスのルーツに迫る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★THE BLUE CHIPS
ドラフト候補生ガイド2008

6月26日のドラフトまであと1か月。今年は例年以上に1年生に実力選手が揃っているのが特徴だ。ビーズリー、ローズ、メイヨ、ゴードンをはじめ、注目の上位指名候補16人を紹介する。

文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA


★BIGポスター
◆コビー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)
◆ジョシュ・スミス(アトランタ・ホークス)


★DS PRESENT @July
日本では入手困難なレアアイテムが多数登場!

★2007-08 SEASON COMPLETE STATS
全30チーム個人完全成績

★NBA Legends’ Gallery
第8回 NBAレジェンド列伝/レジー・ミラー

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
ボブキャッツにジョーダン&ブラウンのUNC同窓コンビ誕生!

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
マイアミ・ヒート再建に賭けるライリーの「最後の辞任会見」

★NBA MIXED ZONE
ドゥエイン・ウェイド―待たれる復活の日

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年6月号/No.185

The Chase for No.1
プレーオフ2008総力特集
2008年4月25日発売
定価750円(税込)

ついに今年もプレーオフが開幕! レギュラーシーズンとは目の色が変わる真の“決戦”が始まった。今号では、プレーオフ出場16チームのエースたちが秘める“優勝力”のランキングをはじめ、プレーオフ2008を徹底特集。そしてスペシャルインタビューでは、初の得点王に輝き今プレーオフに挑む“キング”レブロン・ジェームズ、アマレ・スタッダマイアー、テイショーン・プリンス、とプレーオフ注目の3選手を直撃した。さらに、両面超ビッグポスター&プレーオフ2008完全ガイドの豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
NBA PLAYOFFS 2008 COMPLETE GUIDE
NBAプレーオフ2008完全ガイド

イースタン、ウエスタン各カンファレンスのプレーオフ出場全チームの最新情報とロースターを完全網羅。これさえ読めば、もうプレーオフはばっちりだ!

◆イースタン・カンファレンス(セルティックス、ピストンズ、マジック、キャブズ、ウィザーズ、ラプターズ、76ers、ホークス)
◆ウエスタン・カンファレンス(レイカーズ、ホーネッツ、スパーズ、ジャズ、ロケッツ、サンズ、マブズ、ナゲッツ)


★The Chase for No.1
決戦開始! プレーオフ2008総力特集

2007-08シーズンもいよいよ大詰め。最後の締めくくりとなる“決戦”プレーオフがついに開幕した。
東西16チームで争うプレーオフを制すのはいったいどこなのか? 昨季王者のスパーズ、怒涛の快進撃を見せたセルティックスの2強を倒すのは? 例年以上に激戦必至のプレーオフ2008を、総力を結集して徹底特集する!


◆Who’s the best ace?
エースの優勝力ランキング

NBAの頂点に立つにはエースの活躍が不可欠だ。「絶対的エース」の条件とは何なのか。クリッパーズでスカウトを務めるスコット・ウィッスル氏にその極意を聞き、プレーオフに出場するエースたちの「チームを優勝に導く力」、つまりは“優勝力”をランキングしてもらった。

分析/スコット・ウィッスル、協力/三尾圭
TEXT by SCOTT WISSELL (Clippers Scout), COOPERATION by KIYOSHI MIO


◆TALKING PARTY Vol.2
現地NBAライター座談会/「プレーオフに勝ち残るのはここだ!!」

いよいよ今季も最終決戦、プレーオフに突入。そこで、本誌3月号で大好評だったNBAライター座談会の第2弾を開催し、今プレーオフの行方を占うことにした。参加メンバーは本誌でお馴染みの杉浦大介、ラス・ベンソン、クリス・シェリダンの3氏に加え、今回はジェフ・レンチナー氏が新たに参戦。すっかり春めいたニューヨークのとあるレストランに集結した4人のNBAライターが、専門家ならではの意見をぶつけ合い、プレーオフを語り尽した!

文/杉浦大介 協力/ラス・ベンソン、ジェフ・レンチナー
TEXT by DAISUKE SUGIURA, SPECIAL THANKS to RUSS BENGTSON, CHRIS SHERIDAN, JEFF LENCHINER


◆LEBRON JAMES SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] レブロン・ジェームズ/内に秘めた闘魂

キャリア初の得点王に輝き、オールスターでは2度目のMVPを獲得。レブロン・ジェームズの5年目は、個人成績という面で言えば申し分ないものだった。だが、今季のキャブズは伸び悩むこと甚だしく、昨季イースタン王者の威厳は感じられなかった。しかし、本当の戦いはプレーオフにあるということをこの男は熟知している。自身3度目のプレーオフに挑む“キング”が、最終決戦にかける意気込みなどについてじっくりと語ってくれた。

インタビュー/ブライアン・ウィンドホースト 訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆CLEVELAND CAVALIERS vs BOSTON CELTICS
イースタン2強の激突を徹底予想

セルティックスとキャブズは、カンファレンス準決勝で激突することが有力視されている。下馬評ではセルティックス有利だが、シーズン中の対戦はレブロンの活躍で2勝2敗の5分。“チーム力”対“個人の能力”とも言える注目の一戦を、“トライアングル・オフェンス”の生みの親、テックス・ウィンター氏に徹底的に予想してもらった。

分析/テックス・ウィンター 協力/ローランド・レーゼンビー 訳/千田範子
ANALYSIS by TEX WINTER, COOPERATION by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆AMARE STOUDEMIRE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] アマレ・スタッダマイアー/成長し続けるナンバーワン

話題を呼んだシャキール・オニールのトレード以降、サンズは順位を落としたが、エースのアマレ・スタッダマイアーは好調を維持している。周囲の懐疑の声をよそにプレーオフに向けて明るい展望を語ったアマレ。NBA最高のビッグマンの自身のほどは?

インタビュー/クレイグ・モーガン 訳/千田範子
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Who’s gonna be the lucky boy of 2008?
プレーオフ2008 ラッキーボーイ候補

短期決戦のプレーオフを勝ち抜くには実力だけでなく、運も味方にせねばならないという。その運を呼び込むのがラッキーボーイだ。今年ブレイクする可能性を秘めたラッキーボーイ候補14人を紹介しよう!!

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆TAYSHAUN PRINCE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] テイショーン・プリンス/ライバルを封じる手

東の強豪、常に優勝候補に挙げられるピストンズの守備の要がテイショーン・プリンスだ。その長い腕でチームのピンチを救い、同時にチャンスも作り出す。リーグ屈指のエースキラーが、タイトル奪取への意気込みを語る。

インタビュー/テリー・フォスター 訳/千田範子
INTERVIEW by TERRY FOSTER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆Playoff Memorial Classic
特選! プレーオフ名場面集

チャンピオンシップ獲得というNBAにおける究極のゴールを目指す男たちの真剣勝負。プレーオフではこれまで喜びと悲しみに満ちた数々のドラマが生まれ、ファンの感動を呼んできた。その最終決戦の開幕に合わせ、今回は1990年代以降のプレーオフ(1回戦からカンファレンス決勝まで)をフォーカス。厳選した9つの名場面を振り返る。


◆Basic Lectures of NBA PLAYOFF
NBAプレーオフ基礎講座


★2007-08 Season STATS KINGS
各部門のスタッツリーダーが決定!

シーズンが終了し、個人スタッツ各部門の王者が決定した。今季は過去2年同じ選手が名を連ねた得点、リバウンド、アシストの主要3部門を含む、5部門でニューリーダーが誕生。昨季から入れ替わりの激しかった各部門のキング9名を紹介する。


◆PORTLAND TRAIL BLAZERS STORY
GO STRAIGHT! /前進あるのみ

序盤戦でチーム史上2位の13連勝を達成。一時は地区首位に立つなど、ブレイザーズの快進撃はリーグに衝撃を与えた。その後失速しプレーオフは逃したが、今後に期待を抱かせるのに十分な戦績を残したと言える。そんなブレイザーズの今季を振り返り、来季を占う。

文/星久幸
TEXT by HISAYUKI HOSHI


★TUNE-UP!
プレーオフを逃した各チームの改造計画

プレーオフに出場した16チームが優勝目指して熱い戦いを繰り広げる一方、早くもオフを迎えたチームもある。『ダンクシュート』はその中から気になる8チームをピックアップ。各チームの今季を振り返り、来季に向けた改善点や補強ポイントをまとめた。


◆PLAYERS’ CHOICE
[緊急アンケート] NBAプレーヤーが選んだ×××を大発表!!

NBA選手のことは選手たちが一番よく知っている。というわけで、レギュラーシーズン終了特別企画として、『ダンクシュート』は選手たちに緊急アンケートを実施した。質問は「現役ベスト5」「最もディフェンスされたくない選手」「同じチームでプレーしてみたい選手」「過小評価されている選手」「子供の頃に憧れた選手」の5問。気になる集計結果をアンケートに協力してくれた各選手の声と共に発表する。

協力/杉浦大介、星久幸、小川由紀子、三尾圭、澤田敏典
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HISAYUKI HOSHI, YUKIKO OGAWA, KIYOSHI MIO, TOSHINORI SAWADA


★NBA STAR BIOGRAPHY / CARON BUTLER
NBAスター物語/カロン・バトラー――地獄からの脱出

少年時代を不良として過ごしたNBA選手は数多い。だが、カロン・バトラーは筋金入りだ。11歳で麻薬の売人になり、15歳の時には15回も逮捕歴があった。そのままいけば、おそらく若くして命を落としていただろう。そんな地獄と紙一重の生活から脱出してNBA選手に上り詰めた、バトラーの奇跡の人生を追う。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★NCAA TOURNAMENT 2008 REPORT
Team Effort/カンザス大が20年ぶりの全米制覇!

NBAより一足早くNCAAのシーズンが閉幕した。4月5、7日にはNCAAトーナメントを勝ち上がった4校によるファイナル4がサンアントニオで開催。4校すべてが第1シードという史上初の準決勝を制したカンザス大とメンフィス大による決勝は史上稀に見る大激戦となった。最後は抜群のチームワークで戦い抜いたカンザス大が、見事大学王座を獲得した。

文/松崎幸夫
TEXT by YUKIO MATSUZAKI


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆レイ・アレン(ボストン・セルティックス)
◆ジョシュ・ハワード(ダラス・マーベリックス)
◆アンドレ・ミラー(フィラデルフィア・76ers)

インタビュー/澤田敏典、星久幸、杉浦大介
INTERVIEW by TOSHINORI SAWADA, HISAYUKI HOSHI, DAISUKE SUGIURA



★BIGポスター
◆アレン・アイバーソン(デンバー・ナゲッツ)
◆エマニュエル・ジノビリ(サンアントニオ・スパーズ)


★DS PRESENT @June
ポールの最新モデルが満を持して本誌初登場!

★Yuta Tabuse
田臥勇太――実りのシーズン

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート&個人ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第7回 NBAレジェンド列伝/アキーム・オラジュワン

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
クリス・ウェバーついに引退! 笑激&感動の思い出話を公開

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
偉才クリス・ウェバーの光と影

★NBA MIXED ZONE
トレイシー・マッグレディ―忘れられたヒーロー

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年5月号/No.184
THE NEW WORLD!!
大型移籍続出の新勢力図を完全診断
2008年3月25日発売
定価750円(税込)

シーズンは早くも後半戦に突入したが、今季は例年以上にビッグトレードが多発した。そこで『ダンクシュート』では新勢力図の全貌を明らかにすべく、全30チームの最新戦力ランキングを発表! スペシャルインタビューは、古巣マブズに電撃移籍したジェイソン・キッド、好調レイカーズを支えるポウ・ガソル、ホークスのマイク・ビビーと移籍組スーパースター3人を直撃した! さらに、両面超ビッグポスター&ドリブラー列伝の豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
FLASH STARS
ドリブラー列伝

ドリブルはバスケットボールの基本動作のひとつ。ドリブルをマスターして思い通りにボールをコントロールできるようにすれば、ゲームを支配することも不可能ではない。ゲームのカギを握るドリブルの魅力に迫る。

◆ドリブラー列伝 現役編
◆Emanuel Ginobili & Chris Paul Special Interview/ドリブルの極意
◆ドリブラー列伝 レジェンド編
◆ドリブルテクニック・レパートリー


★THE NEW WORLD!!
大型移籍続出後の新勢力図を完全診断

キッド、シャック、ガソル、ベンらビッグトレードの嵐により、NBAの勢力図は様変わりしたといっていい。各チームは今、プレーオフに向けて出直しを図り、新たな戦い方を模索している。全30チームの最新戦力ランキングを発表すると共に、“新戦力図”の全貌を明らかにする。


◆戦力補強チェック◆
30チームの移籍状況早見表


◆Big Change◆
大型補強チーム編

★KOBE BRYANT & LOS ANGELES LAKERS STORY
EXCITING SEASON/止まらない微笑

ポウ・ガソルを獲得して以来、コビー・ブライアントは常にご機嫌だ。後半戦のレイカーズが久々にウエスタン・カンファレンスの首位争いを演じているからだ。チームは2002年以来となる優勝をも、現実的な目標として捉えられるだけの実力を付けてきた。長らく孤軍奮闘してきたコビーは今、かつてないほどの充実感と共に走り続けている。

文/ブラッド・ターナー 訳/千田範子
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★CLEVELAND CAVALIERS STORY
Renewal/蘇生した騎士団

移籍期限の2月21日午後3時直前、キャブズは11選手が絡む大トレードを敢行。守備の達人ウォーレスらを加え、新しいチームに生まれ変わった。セルティックス、ピストンズの後塵を拝す彼らが思い切って下したこの決断は、吉と出るのだろうか?

文/ブライアン・ウィンドホースト 訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


<チーム別分析>
・ロサンゼルス・レイカーズ
・フェニックス・サンズ
・ダラス・マーベリックス
・クリーブランド・キャバリアーズ
・アトランタ・ホークス


◆Minor Change◆
小規模補強チーム編

★SAN ANTONIO SPURS STORY
Champion’s Pride/王者の底力

今季前半戦、スパーズは快進撃を見せたホーネッツやレイカーズの影に埋もれていた。しかし、さすがは昨季の優勝チーム。オールスター明け9連勝を飾るなど、一時はウエスタンのトップに立った。球団初の連覇を目指すスパーズは、栄光を刻む時に備え虎視眈々と牙を研いでいる。

文/ダニー・サンチェス 訳/千田範子
TEXT by DANNY SANCHEZ, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★BOSTON CELTICS STORY
TOP RUNNER/優勝への確信

セルティックスの勢いが止まらない。一時KGが離脱した際にもチーム全員でカバーし、リーグ最速でプレーオフ出場権を獲得。懸案事項だった控えPGとビッグマンのポジションはベテラン2人を加えることで解決した。東海岸の名門が、17度目の優勝へ向けひた走る。

文/マーク・J・スピアーズ 訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


<チーム別分析>
・サンアントニオ・スパーズ
・ゴールデンステイト・ウォリアーズ
・デトロイト・ピストンズ
・ヒューストン・ロケッツ
・ニューオリンズ・ホーネッツ
・ニュージャージー・ネッツ
・ボストン・セルティックス
・ユタ・ジャズ
・トロント・ラプターズ


◆No Change◆
現状維持チーム編

<チーム別分析>
・デンバー・ナゲッツ
・オーランド・マジック
・フィラデルフィア・76ers


◆OTHER POWERS◆
その他のチーム戦力分析&最新パワーランキング

ウィザーズ/ブレイザーズ/キングス/ブルズ/ペイサーズ/ボブキャッツ/バックス
クリッパーズ/ニックス/ソニックス/ウルブズ/グリズリーズ/ヒート

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★Who’s the SAVER?
移籍選手活躍度チェック

今季は例年以上にシーズン中の大きなトレードが多かった。だが、開幕前ならともかく、いくら実力のある選手でも、途中加入でチームにフィットするのは難しいもの。そこで、主な途中移籍選手の活躍度を判定してみた。


★JASON KIDD SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジェイソン・キッド/優勝請負人

2月19日、衝撃のトレードが成立した。大混戦のウエスタン・カンファレンスに、現役最強PGの1人、ジェイソン・キッドがやってきたのだ。移籍先はNBA入りした当初に所属していたダラス・マーベリックス。“優勝請負人”として11シーズンぶりに古巣に戻ってきたキッドを、『ダンクシュート』はいち早く直撃した!

インタビュー/アート・ガルシア 訳/大井成義
INTERVIEW by ART GARCIA, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


★PAU GASOL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ポウ・ガソル/満たされた願い

弱小チームの悲劇のエースから、優勝候補常連のチームの一員へ。古巣との別れの寂しさはすぐに歓喜へと変わった。苦しみながら、求め続けた成功へのカギを手にした男が、喜びと希望に満ちた現在を語る。

インタビュー/ブラッド・ターナー 訳/千田範子
INTERVIEW by BRAD TURNER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★AWARDS WATCHING 2K8
個人各賞を大予言!!

レギュラーシーズンもついに終盤戦に突入! 白熱するプレーオフ争いと同様に、個人アウォード争いも熱を帯びてきた。リーグで最も活躍した選手を選ぶMVPをはじめ、新人王、MIPなど、注目5部門のタイトルをひと足早く完全予想した。


★MIAMI HEAT STORY
GAME OVER/崩れ落ちた帝国

2006年のNBA王者ヒートは、それからわずか2年でボロボロに崩れ去った。今季は開幕からウェイドを故障で欠き、連敗地獄へ突入すると、エース復帰後も浮上のきっかけを掴めず、リーグ最下位に沈没。歓喜の声も今は昔、帝国は落ちるところまで落ちてしまった。

文/アイラ・ウィンダーマン 訳/吉藤宗弘
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


★MIKE BIBBY SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] マイク・ビビー/新たな挑戦

ケガで長い休場を強いられ、戦列復帰をしたのもつかの間、6年半在籍したキングスからホークスへトレード。ビビーにとっての今季は激動のシーズンと言ってもいい。しかし、10年目のベテランは才能ある若手たちとホークスという未来あるチームを構築していく楽しみを見出したようだ。

インタビュー/セコウ・スミス 訳/吉藤宗弘
INTERVIEW by SEKOU SMITH, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆PG RATING
現役トップPGの実力を専門家が査定!

チームメイトをコントロールし、得点チャンスを作り出すのがポイントガードに課された使命だ。「優れたPG」の条件とは何なのか。キングスのアシスタントコーチ、レックス・カラミアン氏にその極意を聞き、現代のトップPG10人の実力を査定してもらった。

分析/レックス・カラミアン、協力/三尾圭
TEXT by REX KALAMIAN, COOPERATION by KIYOSHI MIO


★NBA STAR BIOGRAPHY / ANDREW BYNUM
NBAスター物語/アンドリュー・バイナム――輝ける未来

前半戦のレイカーズの快進撃を演出した主役と言える存在が、弱冠20歳のバイナム。オフにはコビーから辛辣な言葉を浴びせられたが、それをバネに猛特訓に励み実力を開花させた。新生レイカーズのキーマンのバスケ人生を振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★Did You Know?
NBAマニアック雑学集

派手なダンクや華麗なドリブルなどのスーパープレーはNBAの醍醐味だ。しかし、NBAを深く知るにつれプレー以外にも気になることが出てくるはず。そんなディープなファンに応えるべく、超マニアックな雑学をお届けしよう!


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆エマニュエル・ジノビリ(サンアントニオ・スパーズ)
◆レイジョン・ロンド(ボストン・セルティックス)
◆イ・ジャンリャン(ミルウォーキー・バックス)
◆ジェラルド・ウォーレス(シャーロット・ボブキャッツ)

インタビュー/杉浦大介、三尾圭、星久幸
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO, HISAYUKI HOSHI


※以下、リードなし(見出しのみ)企画です。(右オビ内・ポスターは画像あります)

★BIGポスター
◆ジェイソン・キッド(ダラス・マーベリックス)
◆クリス・ポール(ニューオリンズ・ホーネッツ)


★DS PRESENT @May
ウェアから小物まで編集部厳選のNBAグッズを大放出!

★Yuta Tabuse
田臥勇太――新たな道

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート&個人ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第6回 NBAレジェンド列伝/ジョン・ストックトン

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS★
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★2007-08 NCAA WATCH
NCAAカレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ奮闘記

★NBA MU-IMIDAS
どケチぶり完全復活でクリッパーズどん底へ

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
大混戦のウエスタンの今後を占う“ビッグ3”パワーランキング

★NBA MIXED ZONE
レブロン・ジェームズ――「選ばれし男」の軌跡

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年4月号/No.183
ALL-STAR 2008
オールスター完全速報
2008年2月25日発売
定価750円(税込)

ハリケーン被害からの復興を目指すニューオリンズで開催されたオールスター2008を完全収録。本戦レポートはもちろん、出場選手のインタビュー、大会屈指の盛り上がりを見せたダンクコンテスト、ルーキーチャレンジなど、各イベントの模様を余すところなくお伝えする。そしてスペシャルインタビューでは、サンズに電撃移籍したばかりのシャキール・オニール、好調なチームを牽引するカーメロ・アンソニー、ポール・ピアースのスーパースター3人を直撃! さらに、両面超ビッグポスター&トリプルダブラー列伝の豪華二大付録もついている!!
>>>More


【別冊付録】
TRI Masters of BASKETBALL HISTORY
トリプルダブラー列伝

あらゆるバスケットボールの記録の中で、トリプルダブルは賞賛を集める偉業のひとつだ。多くの選手が一度は達成したいと憧れる記録、トリプルダブルの魅力に迫る。

◆Jason Kidd Interview/トリプルダブルの極意
◆トリプルダブラー列伝 現役&OB編
◆トリプルダブル・トピックス

★NBA ALL-STAR 2008
オールスター2008完全速報

2月15~17日の3日間、ホーネッツの本拠地・ルイジアナ州ニューオリンズにNBAスターが大挙集結し、オールスターウィークエンドが開催された! 真剣勝負となったオールスターゲーム、スーパーマンも登場した衝撃のダンクコンテスト、ルーキー対2年目の次世代オールスター対決、球宴特別仕様シューズチェックなど、見どころは盛りだくさん。『ダンクシュート』は今年も特別取材班を結成して現地へ乗り込み、夢の週末の模様を完全レポートする!!


◆ゲームレポート
あわやトリプルダブルのレブロンがMVPを獲得!!

◆イースタン・カンファレンス選手紹介&インタビュー
◆ウエスタン・カンファレンス選手紹介&インタビュー

◆Fashion Show
オールスターの私服をチェック!!

◆All-Star Topics Flash
ニューオリンズ直送! オールスター☆トピックス集

◆FOOT GEAR COLLECTION
オールスター・スニーカーチェック

◆スラムダンク・コンテスト
“スーパーマン”ハワードが爆笑ダンクで王座を獲得

◆スキルチャレンジ
ウィリアムズが初の王者に

◆3ポイントコンテスト
前回王者カポノが決勝タイ記録で2連覇

◆シューティングスター
抜群のチームワークでサンアントニオが優勝

◆ルーキーチャレンジ
MVPギブソンが演出した3ポイントシュート・ショー

文/三尾圭、杉浦大介、写真/滝川敏之
TEXT by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA, PHOTOS by TOSHIYUKI TAKIGAWA(DUNK SHOOT)


★WILD WEST!!
シャック、ガソルら大物が突如西の強豪へ移籍!!

2月1日、突如レイカーズがガソルを獲得し、一気に優勝を狙える布陣を完成させた。この動きに恐れをなしたのか、6日にはサンズがシャックを獲得。さらに、17日にはマブズとネッツのキッド移籍に関する交渉が合意に達した。優勝を目指す西の強豪たちが行なった緊急移籍の全貌を明らかにする。


◆BRIGHT & HOPE
ガソル獲得でレイカーズが優勝候補に躍り出る!

リーグを震撼させるトレードがついに実現した。2月1日、レイカーズはスターターをまったく失うことなく大物ビッグマンのガソルの獲得に成功。この軌跡の移籍劇により、名門レイカーズは一気に優勝候補に躍り出た!

インタビュー/ブラッド・ターナー 訳/千田範子
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆SHAQUILLE O’NEAL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] シャキール・オニール/魔人復活

2月6日、シャキール・オニールが急転直下でサンズへ移籍した。今季はケガでほとんどプレーしていない。とはいえ、この男が動けば何かが起こる。衰えは隠せないものの、その存在感と影響力は今もって大きいことには違いない。サンズで華麗なる復活を期す魔人シャックに直撃した!

インタビュー/クレイグ・モーガン 訳/千田範子
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆BAD CHOICE?
サンズが今季の優勝を目指しシャック獲得の大博打を敢行!

「シャック、サンズへトレード」――。2006年のファイナルでヒートを初優勝に導いた立役者が、それから2年も経たないうちに放出されるとはいったい誰が予想できただろうか? しかも高速オフェンスのサンズとシャックは水と油。大失敗するかもしれない賭けに、なぜサンズは打って出たのか? その真相を探る。

文/中島はるの
INTERVIEW by HARUNO NAKASHIMA


◆KIDDING ME?
マブズが優勝の切り札としてキッドを獲得

オールスター直前の2月13日、突如ジェイソン・キッドのマブズ行きが決まったとの報道がリーグを襲った。取り引きに絡むディビアン・ジョージの拒否に遭い、一旦はご破算になったが、今さら引けぬマブズとネッツの両チームは話し合いを継続。17日に基本的に合意に達した。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆TRADING STORM
移籍市場最前線!!

各チーム共、今季は予想以上に早い動きを見せている。シャック、ガソルの超大物以外にも、ビビーのトレードが決まり、ウェバー、スタッダマイアー、ボイキンスはFA契約を結んだ。トレードデッドラインを巡る水面下の動きを併せてお伝えする。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆CARMELO ANTHONY SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] カーメロ・アンソニー/すべては勝利のために

1月下旬、カーメロ・アンソニーは重い足首捻挫に襲われ、欠場を余儀なくされた。しかし、すぐに復帰した彼は再びナゲッツの中心選手として復活。攻守にわたってチームに身を捧げている。見据えるのは「勝利」の二文字のみ。地区制覇、そして悲願の優勝に向け、デンバーの若獅子は今日も走り続ける。

インタビュー/クリス・デンプシー 訳/千田範子
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★BORDER LINE
プレーオフ戦線異状アリ

オールスターが終われば気になるのはやはりプレーオフ! 『ダンクシュート』は、早速今季のプレーオフ戦線を大予測する。東西各8チームしか出場できない決戦の舞台に辿り着くのは、果たしてどのチームなのか? 勝者と敗者の境界線上で繰り広げられる熱き戦いに迫る!

◆プレーオフ戦線超展望/イースタン・カンファレンス編
◆プレーオフ戦線超展望/ウエスタン・カンファレンス編

文/杉浦大介(イースト)、丹羽政善(ウエスト)
TEXT by DAISUKE SUGIURA(EAST), MASAYOSHI NIWA(WEST)

◆チームディフェンス大研究
ボストン・セルティックス&サンアントニオ・スパーズ

分析/スコット・ウィッスル(クリッパーズ・スカウト)、協力/三尾圭
ANALYSIS by SCOTT WISSELL(Clipper’s Scout), COOPERATION by KIYOSHI MIO

◆WRITERS’ CHOICE
ズバリ予想! プレーオフ進出チームはここだ!!

◆NEW ORLEANS HORNETS/NEXT POWER HOUSE
革命の時

ここ3シーズン、ホーネッツはプレーオフすら出場できずにいた。だが、今季の彼らは昨季までの負け犬軍団ではない。球団史上最高のペースで勝利を重ね、堂々とウエスタン・カンファレンスの首位争いを演じている。若き俊英クリス・ポール率いるニューオリンズの革命軍が、リーグの勢力図に風穴を開ける!

文/レス・イースト、訳/千田範子
TEXT by LES EAST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆PAUL PIERCE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ポール・ピアース/恐れを知らぬ者

かつてのセルティックスで孤軍奮闘を強いられ、名門チームへの重圧に苦しんだポール・ピアース。新生セルティックスの“ビッグ3の一角”と言うとまるで格落ちしたかのような印象を受けるが、ピアース本人は最高に充実した、楽しい時を迎えていると語る。セルティックスの目指すもの、仲間たち、向こう見ずだった若い頃など、話題は多岐に渡った。

インタビュー/マーク・J・スピアーズ 訳/千田範子
INTERVIEW by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆ロン・アーテスト(サクラメント・キングス)

インタビュー/三尾圭
INTERVIEW by KIYOSHI MIO


★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ(オールスターMVP)
◆オールスター2008 EAST & WEST


★DS PRESENT @April
オールスターグッズを一挙大放出!

★Yuta Tabuse
田臥勇太――反骨精神

★True Leader
アメリカで戦う若き司令塔・伊藤大司インタビュー

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート&個人ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第5回 NBAレジェンド列伝/マイケル・ジョーダン

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS★
月刊ユーロリーグ


★REGULARS★

★2007-08 NCAA WATCH
NCAAカレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ奮闘記

★NBA MU-IMIDAS
コビーvsレブロンのドリブルダンカーがファイナルで激突?

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
本人よりもチームに打撃を与えたバロン・デイビスのオールスター落選

★NBA MIXED ZONE
ラシード・ウォーレス――大黒柱か疫病神か

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2008年3月号/No.182
NBA 2007-08 SEASON NBA GUIDE SECOND-HALF EDITION
NBA後半戦完全展望
2008年1月25日発売
定価750円(税込)

開幕から約3か月が経過し、2007-08シーズンも折り返し地点を迎えた。そこで『ダンクシュート』は、どこよりも早くリーグの後半戦を完全展望! 全30チームの後半戦の見どころ、東西の後半戦要注意人物を徹底究明した。そしてスペシャルインタビューでは、名門セルティックスに黄金期の輝きを取り戻させたケビン・ガーネット、予想外の快進撃を見せるレイカーズの大黒柱コビー・ブライアントの2大スーパースターを一挙にお届け! さらに、両面超ビッグポスター&スラムダンク王列伝の豪華二大付録もついている!!


★NBA 2007-08 SEASON NBA GUIDE SECOND-HALF EDITION
NBA後半戦完全展望

セルティックスの強さばかりが目立つ今季も、まもなく折り返し地点に到達する。現地記者は今季をどう見ているのか? 各チームの後半戦の見どころは何なのか? 今後の注目すべき選手は誰なのか? 今号の『ダンクシュート』は、それらの疑問をすべて解き明かす「NBA後半戦ガイド」をお届けする。

◆TALKING PARTY
NBAライター緊急座談会
「後半戦の注目チームはここだ!」

セルティックスの躍進、強豪と目されたチームの低迷、意外なチームの健闘など、前半戦は少なからず予想外といえる展開が繰り広げられた。そこで今回は、ニューヨーク在住のフリーライター・杉浦大介氏の協力の下、本誌連載でお馴染みの『SLAM』元編集長ラス・ベンソン氏とESPNの大御所記者クリス・シェリダン氏をお招きし、緊急座談会を開催した。現地で日夜NBAを取材する3人が、後半戦の展開を大胆予測する。

文/杉浦大介 協力/ラス・ベンソン、クリス・シェリダン
TEXT by DAISUKE SUGIURA, COOPERATION by RUSS BENGTSON, CHRIS SHERIDAN

◆TEAM by TEAM VIEW POINTS
全30チーム後半戦の見どころ

文/吉藤宗弘、星久幸、杉浦大介、三尾圭、ブライアン・ウィンドホースト、ブライアン・シュミット、ダニー・サンチェス、クリス・デンプシー、
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI, HISAYUKI HOSHI, DAISUKE SUGIURA, KIYOSHI MIO, BRIAN WINDHORST,BRIAN SCHMITZ, DANNY SANCHEZ, CHRIS DEMPSEY,

◆BOOST UP!
後半戦要注意人物ファイル
【イースタン・カンファレンス編】
【ウエスタン・カンファレンス編】

◆KEVIN GARNETT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ケビン・ガーネット/揺るぎない自信

フランチャイズ史上最高のペースで勝ち星を積み重ねているセルティックス。間違いなくその中心にいるのは、今季電撃移籍を果たしたケビン・ガーネットだ。弱小で不遇の時を過ごした眠れる獅子は、新天地でついに揺るぎない自信を手に入れた!

インタビュー/マーク・J・スピアーズ 訳/千田範子
INTERVIEW by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆KOBE BRYANT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] コビー・ブライアント/勝利の求道者

自らが巻き起こした移籍騒動のせいもあって、開幕前のレイカーズに高い評価を与える識者は皆無に近かった。だが、そんな逆境にコビー・ブライアントは燃えた。極限まで身体を絞り込んで臨んだ今季は、自身の成績を犠牲にしても、チームとしての勝利を優先。それにより、ついにレイカーズは西の首位に立った。頂点を目指し飽くなき挑戦を続ける勝利の求道者が、快進撃の秘密を語る。

インタビュー/ブラッド・ターナー 訳/大井成義
INTERVIEW by BRAD TURNER, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★SHAWN MARION SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ショーン・マリオン/賢者の言葉

NBAにたった3人しかいない、同一チームに9シーズン以上在籍している選手。その一人がサンズのショーン・マリオンだ。そんな彼の今夏のトレード要求はファンに衝撃を与えたが、今は何事もなかったかのように全力でプレーしている。真のプロフェッショナルの言葉に耳を傾けてみよう。

インタビュー/ポール・コロ 協力/三尾圭 訳/千田範子
INTERVIEW by PAUL CORO, COOPERATION by KIYOSHI MIO, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

★Leave or Stay?
移籍の噂マル秘ファイル

2月21日のトレードデッドラインを約一か月後に控えたこの時期、様々な噂が湧いては消えるストーブリーグも一段と熱を帯びてくる。プレーオフを目指して強化を図るチームはもちろん、来季以降に向けて再建を目論むチームも“改造”を試みる可能性は大。今NBA界を騒がせている噂話を紹介していこう。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★2007-08 MID-SEASON AWARDS
発表! 前半戦アウォード

今季前半戦で最も輝いた者は誰なのか? まもなく始まる後半戦の前に、今一度前半戦を振り返り、ここまで活躍の目立った者を勝手に表彰してしまおうというのがこの企画だ。題して「前半戦アウォード」。本誌の独断と偏見で決定した受賞者と最終候補者を一挙に発表する!


★NBA STAR BIOGRAPHY / BRANDON ROY
NBAスター物語/ブランドン・ロイ――ポートランドに輝く一番星

低迷するかと思われたブレイザーズが、12月に13連勝を達成し周囲を驚かせた。その中心にいたのがブランドン・ロイだ。1年目から主力として活躍し、新人王を獲得。2年目の今季はエースに就任している。これまで順風満帆のキャリアを送っているように見えるが、果たしてそうなのか? ロイの歩みを振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★Pay the Money!
NBAサラリー白書

NBA選手は、常人を遥かに超えたアスリート。特殊な能力を持つだけに、彼らの稼ぎは半端じゃない。NBA界のサラリーにまつわるあれこれを、ランキング形式で一挙に紹介していく。

★FAMILY CIRCLE
NBAを彩る華麗なる一族

一般的にスポーツ界で“親の七光り”が通用しないように、NBAも血縁関係だけでプロ入りできるほど甘くはない。しかしここで紹介する一族は、その定説を覆すようにNBAへ人材を送り込んでいる。優秀な遺伝子が受け継がれた“名門”一族を紹介する。

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆チャンシー・ビラップス(デトロイト・ピストンズ)
◆カロン・バトラー(ワシントン・ウィザーズ)
◆ラシャード・ルイス(オーランド・マジック)
◆スティーブン・ジャクソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
◆デビッド・ウエスト(ニューオリンズ・ホーネッツ)

インタビュー/杉浦大介、星久幸、三尾圭
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, HISAYUKI HOSHI, KIYOSHI MIO

★DS PRESENT @March
コビーの最新シグネチャーを早くもプレゼント!

★Yuta Tabuse
田臥勇太――我慢の時

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート&個人ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第4回 NBAレジェンド列伝/アイザイア・トーマス

★REGULARS★

★2007-08 NCAA WATCH
NCAAカレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ奮闘記

★NBA MU-IMIDAS
スパイク・リーの挑発攻撃にまんまと引っかかったコビー

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS★
月刊ユーロリーグ

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
新天地キングスでベールを脱いだベイノ・ウードリックの真の価値

★NBA MIXED ZONE
アレン・アイバーソン――けっして疑ってはならない男

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ


【別冊付録】
SKY Masters of SLAM DUNK CONTEST
スラムダンク王列伝

ダンクは華やかさと活気をもたらす、バスケットボールにおける究極の技。年1度のオールスターで行なわれるスラムダンク・コンテストでは、腕自慢のダンカーたちが凌ぎを削り、数々の名勝負、名ダンクを生んできた。そこで本企画では、これまでの過去18名のスラムダンク・チャンピオンをはじめ、コンテストを彩った名ダンカーたち、ダンクの技を集めたレパートリー集をお届けする。今年のオールスターの見どころを収めたガイドもついているぞ!

★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
◆コビー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)






785円
2008年2月号/No.181
NBA 2007-08 SEASON FIRST HALF KEYWORDS
2007-08シーズン 前半戦を読み解くキーワード
2007年12月25日発売
定価750円(税込)

2007-08シーズンも約2か月が経過。そこで『ダンクシュート』は、リーグの前半戦を徹底チェック。ケビン・ガーネットとドワイト・ハワードのMVP争いをはじめとした前半戦を読み解くキーワード15個をピックアップし、徹底究明した。さらにイーストの首位を快走するセルティックスの真の実力を測るため、スパーズ、サンズ、マブズの西の3強との実力比較を敢行! 昨プレーオフのリベンジを誓うアレン・アイバーソン、好調マジックのエースとして大爆発を見せるドワイト・ハワードのインタビューも一挙にお届け! さらに、両面超ビッグポスター&カレッジ特集小冊子の豪華二大付録もついている!!
>>>More

【別冊付録】
COLLEGE CONNECTION
カレッジとNBAの濃密な関係

世界最高峰のリーグとして君臨するNBA。その大舞台で活躍する選手たちのほとんどは、カレッジでのプレーを経てNBA入りした者たちである。そこで本企画ではNBA選手を多く輩出している名門カレッジにスポットをあて、各校の歴史、現役選手、OBを紹介しながら、カレッジとNBAの密接な関係に迫る。

★BOSTON CELTICS VS WESTERN POWER HOUSES
セルティックス VS 西の3強

今季最大の注目チーム、セルティックスは快調に白星を重ねているが、彼らの真の実力はどれほどのものなのか。それを推し量るべく、現代NBAの三大巨頭、スパーズ、サンズ、マーベリックスとの実力比較を敢行した。NBAライター編、NBAスカウト編の2本立てで、セルティックスの現時点での本当の実力を明らかにする!

・セルティックス実力診断① NBAライター編
・セルティックス実力診断② NBAスカウト編

TEXT by DAISUKE SUGIURA, ANALYSIS by SCOTT WISSEL, COOPERATION by KIYOSHI MIO
文/杉浦大介 分析/スコット・ウィスル 協力/三尾圭

★ALLEN IVERSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] アレン・アイバーソン/咆哮するジ・アンサー

ナゲッツ2年目を迎え、飛躍を誓って今季に臨んだアイバーソンだったが、序盤からケガ人が続出し、当初の思い通りにいかぬ、歯痒いスタートとなってしまった。しかし、あくまでもポジティブなアイバーソンの自信はまったく揺らいでいない。今季、悲願の優勝を目指す“ジ・アンサー”が、その思いの丈を語った。

インタビュー/クリス・デンプシー 訳/大井成義
INTERVIEW by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI

★NBA 2007-08 SEASON FIRST HALF KEYWORDS
2007-08シーズン 前半戦を読み解くキーワード

こんにちは、NBAコミッショナーのデビッド・スターンです。まずは画面の15個のキーワードをご覧ください。これらは今季前半戦を読み解く上で非常に重大かつ注目すべき事柄です。各キーワードについて総力を挙げて取材した『ダンクシュート』による、真相究明レポートをお楽しみください!

◆キーワード①
KG VS HOWARD
MVPはどっちだ!?

今季のMVP争いを牽引しているのは、ケビン・ガーネットとドワイト・ハワードの2人だろう。では、本当にMVPにふさわしいのはどちらなのか? 元レイカーズのアシスタントコーチ、テックス・ウィンター氏が2人の特徴とMVPの行方を予測する。

分析/テックス・ウィンター 協力/ローランド・レーゼンビー 訳/千田範子
ANALYSIS by TEX WINTER, COOPERATION by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆DWIGHT HOWARD SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドワイト・ハワード/踊る怪物

リーグで最も支配力のある男――。少し前までならそれはシャックのものだったが、今は違う。マジックの若き大砲、ドワイト・ハワードにこそ冠されるべき称号だ。圧倒的なパワーでゴール下を制圧する若きモンスターが、今季好調のチームと自身について語った。

インタビュー/ブライアン・シュミット 訳/千田範子
INTERVIEW by BRIAN SCHMITZ, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆キーワード②
KOBE BRYANT SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] コビー・ブライアント/孤高からの脱却

開幕前にコビーの移籍問題が再燃し、異様な雰囲気のまま今シーズンを迎えたレイカーズは、一気に崩れるかと思われた。しかし戦前の予想とは裏腹に、ここまで6割を超える勝率を残す“意外な”健闘を見せている。最大の要因は騒動の張本人だったコビーに見られる「心境の変化」。孤高の天才が今、生まれ変わろうとしている。

文/ブラッド・ターナー 訳/千田範子
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆キーワード③
Lock on to the Next Stage!
旋風を巻き起こすライジングチーム

大方予想通りと言える今季の各地区順位の中で、東西に一際目を引くチームがある。イーストの首位争いに参戦しているマジックと、ウエストの強豪と互角の戦いを繰り広げるホーネッツ。両チームの快進撃の要因を探る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆キーワード④
HELP ME!!!!!!!!
レブロンの過酷な挑戦

レブロンの勢いが止まらない。今季絶好調の若き帝王は、得点ランク首位を快走する他、トリプルダブルも量産、リーグの主役と呼ぶに相応しい働きを見せている。しかし、オフにろくな補強をしなかったツケが出て、チーム成績は低迷している。孤軍奮闘のレブロンにいったいいつ救いの手が差し伸べられるのか?

文/ブライアン・ウィンドホースト 訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆キーワード⑤
SIXTH WEAPON
勝利の鍵を握る第6の男

今季の特徴として、多くのチームに強力なシックスマンが控えていることがあげられる。中でも目覚ましい活躍を見せるジノビリを例にその重要性を説くと共に、注目のシックスマン11人を紹介する。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


◆キーワード⑥
SLOW START
序盤でつまずいた有力チーム

大躍進が期待されたブルズ、ウォリアーズ、ロケッツの3チーム。しかし彼らは序盤戦で予想外の沈黙。ウォームアップの時期を終えた今、状況は好転しているのか? 序盤戦でつまずいた彼らの不振の要因と復活の可能性を探る。

文/杉浦大介、星久幸
TEXT by DAISUKE SUGIURA, HISAYUKI HOSHI

◆キーワード⑦
What happened to the Ace?
エースたちの憂鬱

「そのプレーは勝敗に直結する」とされるほどエースの責任は重大だ。しかしリーグを見渡すと、望まれたレベルでプレーできていない選手たちがいる。今季苦悩のシーズンを送るエース9人をピックアップした。

◆キーワード⑧
LOST POWER
シャック時代は終焉したのか?

圧倒的な体格とそれに似合わぬスピードで、ゴール下に君臨してきたシャキール・オニール。しかし、昨季キャリア初の平均20点割れを記録して以降、浮上のきっかけを掴めないままだ。その影響で2シーズン前の王者ヒートは、リーグの底辺をさまよい続けている。シャック時代はこのまま終焉してしまうのか?

◆キーワード⑨
GOOD SURPRISING PLAYERS
今季注目のブレイク選手15選

潜在能力の開花や環境の変化、チーム内における役割の変化などで突如としてブレイクするプレーヤーは毎年登場する。その存在は躍進を図るチームにとって不可欠だ。今季目覚ましい活躍を披露し、前半戦を賑わせた主役たち15人を一挙に紹介しよう。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

◆キーワード⑩
SCRAMBLE RACE
個人タイトルレースに異変あり!?

◆キーワード⑪
Winner or LOSER?
2004年ドラフト組の明暗

◆キーワード⑫
Real Star?
デュラントは真の大物か?

文/丹羽政善
TEXT by MASAYOSHI NIWA

◆キーワード⑬
BLACKOUT
さまよえるニックス

文/大井成義
TEXT by SHIGEYOSHI OHI

◆キーワード⑭
White Hot!
遅れてきた巨人ケイマン

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

◆キーワード⑮
WHERE WILL YOU GO?
あの大物FAは今

★NBA STAR BIOGRAPHY / KEVIN MARTIN
NBAスター物語/ケビン・マーティン――謙虚な王位継承者

針金のように細身の身体はまるでアスリートに見えない。だが、ケビン・マーティンの体内に流れる血は、バスケットボール一色に染まっている。無名校から、努力の末にスターの座を掴んだシンデレラボーイのキャリアを辿る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆リアンドロ・バルボウサ(フェニックス・サンズ)
◆アンドレイ・キリレンコ(ユタ・ジャズ)
◆ダニー・グランジャー(インディアナ・ペイサーズ)
◆ザック・ランドルフ(ニューヨーク・ニックス)

インタビュー/杉浦大介、星久幸、丹羽政善
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA, HISAYUKI HOSHI, MASAYOSHI NIWA

★BIGポスター
◆セルティックス・ビッグ3(KG、ピアース、アレン)
◆ドワイト・ハワード(オーランド・マジック)

★DS PRESENT @February
寒い冬をも吹き飛ばすホットなアイテムをお届け!

★Yuta Tabuse
田臥勇太――新たな船出

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート&個人ランキング

★NBA Legends’ Gallery
第3回 NBAレジェンド列伝/スコッティ・ピッペン

★2007-08 NCAA WATCH
NCAAカレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ奮闘記

★NBA MU-IMIDAS
レブロンくんが今季から都会派にイメチェン?

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS★
月刊ユーロリーグ

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
今季絶望となったグレッグ・オーデンのその後

★NBA MIXED ZONE
NYの悲劇の英雄、ステフォン・マーブリー

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
807円
2008年1月号/No.180
2007-08 SEASON CHECK & CHECK!
全30チーム&主要選手 開幕1か月徹底チェック
2007年11月24日発売
特別定価770円(税込)

ついに2007-08シーズンが幕開け! そこで『ダンクシュート』は早速、開幕1か月のNBAを徹底チェック。オフの大補強が功を奏し好スタートを切ったセルティックスをはじめとした全30チーム&主要選手の序盤戦を本誌独自に査定する! 優勝への自信を激白してくれたT-MAC、守備職人としてチームを支えるベン・ウォーレス、開幕ダッシュに成功したホーネッツの不動の司令塔クリス・ポールのインタビューも一挙にお届け! さらに両面超ビッグポスター、アレン・アイバーソン特製クリアファイルの豪華二大付録もついている!!


2007-08 SEASON CHECK & CHECK!!
07-08 開幕1か月徹底チェック!!

待望の07-08シーズンがようやく開幕! ファンにとって気になるのは、やはり自分の贔屓チームや選手の状況だろう。そこで『ダンクシュート』は、NBA30チーム&主要156選手の開幕1か月を徹底的にチェックし、彼らの働きぶりを完全査定する!


30 TEAMS CHECK
◆BOSTON CELTICS<EASTERN CONF.>
GARDEN PARTY
華やかな船出

ついに新生セルティックスがベールを脱ぐ日がやってきた。2007年11月2日、本拠地TDバンクノース・ガーデン。KGの22点、20リバウンドの活躍に、ピアース、アレンも呼応しウィザーズを軽く一蹴。その後も“ビッグ3”を中心に噂に違わぬ強さで破竹の進撃を続けるセルティックスは、一気にイーストの優勝候補に躍り出た!

文/マーク・J・スピアーズ 訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆MIAMI HEAT<EASTERN CONF.>
Heat is dead?
風前の灯火

2シーズン前の王者ヒートがこれほどまでに壊滅的な状況に陥ると誰が予想しただろうか。確かに昨季より戦力はダウンした。エースのウェイドも故障からの回復が遅れた。シャックも衰えは隠せない。だが、ヒートの開幕5連敗を予想した者はほとんどいなかったはずだ。ヒートはこのまま燃え尽きてしまうのだろうか?

文/アイラ・ウィンダーマン 訳/千田範子
TEXT by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆CHICAGO BULLS<EASTERN CONF.>
Unexpected Slump
眠れる闘牛

若く才能豊かなベン・ゴードンやルオル・デンといった選手が中核を成すブルズは、開幕前に優勝候補の一角に挙がるほど注目の存在だった。ところがいざ蓋を開けてみると、まさかの開幕4連敗。その後も低迷は続いている。いったい彼らに何が起こったのか?

文/KC・ジョンソン 訳/小尾慶一
TEXT by K.C. JOHNSON, TRANSLATION by KEIICHI OBI


◆DENVER NUGGETS<WESTERN CONF.>
UP & DOWN
予期せぬ幕開け

キャンプでは60勝をシーズン目標とする声が聞かれるなど、ナゲッツの面々は自分たちの戦力に自信を持っていた。しかし序盤戦はケガ人続出と守備の不安定さで、波の激しい戦い方ばかり。彼らに明るいオフは訪れるのか?

文/クリス・デンプシー 訳/千田範子
TEXT by CHRIS DEMPSEY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆HOUSTON ROCKETS<WESTERN CONF.>
ROCKET RIDE
高みを目指して

ヘッドコーチの交代、フランシスの復帰など、ロケッツは開幕前から注目を集めていたチームのひとつだ。そして、いざシーズンが始まると前評判通りに勝利を重ね、スタートダッシュに成功。快進撃を続けるロケッツの序盤戦をチェックする。

文/クリス・ガードナー 訳/吉藤宗弘
TEXT by KRIS GARDNER, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆PHOENIX SUNS<WESTERN CONF.>
SKY HIGH
万年優勝候補からの脱却

04年にナッシュが加わって以来、サンズは常にウエストの強豪であり続けているが、いまだに優勝には手が届かない。悲願を何としても叶えるべく、今オフにはヒルを加えチーム力アップを図った。ところが、アマレの古傷再手術に始まり、マリオンの移籍騒動、主力の不調など、序盤のサンズを次々と難題が襲う。彼らは万年優勝候補から脱却することができるのか?

文/ポール・コロ 訳/大井成義
TEXT by PAUL COLO, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


OTHER TEAMS RATING
その他のチーム[イースト&ウエスト編]


◆TRACY McGRADY SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] トレイシー・マッグレディ/確かな手ごたえ

ロケッツのトレイシー・マッグレディにようやくチャンスが巡ってきた。2度の得点王に輝いた実績を持ちながら、プレーオフでは涙を呑んできたが、今季は違う。本気で優勝を狙える布陣が揃い、T-MACは確かな手ごたえを感じている。自信を持って今季を戦うエースが、本誌だけに本音を語ってくれた。

インタビュー/クリス・ガードナー 訳/千田範子
INTERVIEW by KRIS GARDNER, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆LEBRON JAMES SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] レブロン・ジェームズ/エースの自覚

レブロン・ジェームズがキャブズの一員となって早5シーズン目に突入した。年々着実に前進し、昨季はついにNBAファイナルに進出。だが、老獪なスパーズの前に惨敗を喫した。この屈辱を経て、大黒柱はより明確にエースの自覚を持つようになったのだ。

文/ブライアン・ウィンドホースト 訳/吉藤宗弘
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆KOBE BRYANT SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] コビー・ブライアント/移籍騒動の真実

再び噴出したトレードの噂。実現はしなかったが、コビーは依然現在のレイカーズには満足していない、そう思うには十分の出来事だった。それに対し、地元ファンは開幕戦で容赦ないブーイングを浴びせ“裏切り”を非難した。コビーはこのままLAでシーズンを終えられるのか?

文/ブラッド・ターナー 訳/大井成義
TEXT by BRAD TURNER, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


◆DIRK NOWITZKI SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] ダーク・ノウィツキー/雪辱を期して

昨季はリーグトップの67勝をあげながら、まさかのプレーオフ1回戦敗退。リーダーシップやメンタルタフネスが欠如しているなど、ノウィツキーには多くの非難の声があがった。この雪辱を晴らすべく、ノウィツキーは今季のリベンジを期している。

文/アート・ガルシア 訳/小尾慶一
TEXT by ART GARCIA, TRANSLATION by KEICHI OBI


◆NBA STAR BIOGRAPHY / Rashard Lewis
NBAスター物語/ラシャード・ルイス――ラシャード・ルイス物語

オフに6年1億1850万ドルといういわゆるMAX契約を締結。ラシャード・ルイスは、金銭面ではこれ以上ない成功を手に入れた。だが、ここに来るまでの彼のNBAキャリアは決して平坦ではなかった。悲運の高卒プレーヤーが、スターに成長するまでの軌跡を辿る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆CHRIS PAUL SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] クリス・ポール/勝利への使者

今季オクラホマシティからニューオリンズに完全復帰したホーネッツ。チームの駒もすべて揃い、開幕からスパーズやマブズら強豪と堂々渡り合っている。好調なチームを牽引するのは、もちろんチームリーダーのクリス・ポールだ。勝敗の責任を一身に背負う、天才司令塔の哲学に迫る。

インタビュー/レス・イースト 訳/千田範子
INTERVIEW by LES EAST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆BEN WALLACE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ベン・ウォーレス/職人の心得

守備職人としての名声は数年前に確立した。ピストンズ時代の2004年には優勝も経験した。ベン・ウォーレスの現在のモチベーションは、伝統あるブルズの若手に勝利の味を覚えさせることだ。“守る”ことで勝利をもたらす職人の心得を聞いた。

インタビュー/杉浦大介
INTERVIEW by DAISUKE SUGIURA


◆KEVIN DURANT SPECIAL STORY
[スペシャルストーリー] ケビン・デュラント/シアトルの救世主

怪物ケビン・デュラントのNBAキャリアがついに始まった。新人ながらすでにチームのエースに就任し、地元ファンの期待を一身に背負う。その様子はさながら移転問題に揺れるチームの救世主だ。新人王筆頭候補の序盤戦の戦いぶりを現地からレポートする。

文/丹羽政善
TEXT by MASAYOSHI NIWA


156 PLAYERS CHECK

・Ace Rating[開幕チェック エース編]

・Are they Not Happy?[開幕チェック 不満分子編]

・RETURN MATCH[開幕チェック 雪辱編]

・Brave the New World[開幕チェック 移籍選手編]

・Winning Concierge[開幕チェック 司令塔編]

・D-Fighters[開幕チェック 守備職人編]

・Welcome to the NBA[開幕チェック 新人編]

・OTHER PLAYERS[開幕チェック その他の選手]

文/中島はるの、杉浦大介
TEXT by HARUNO NAKASHIMA & DAISUKE SUGIURA


★DS PRESENT OPENING SPECIAL
毎年恒例!! 開幕記念特大プレゼント 計177名に当たる!
(インターネットからも応募可能です!)

★Yuta Tabuse
田臥勇太――夢に向けて再出発

★SCORE BOARD
全30チーム月間レポート

★NBA Legends’ Gallery
第2回 NBAレジェンド列伝/マジック・ジョンソン


★REGULARS★

★2007-08 NCAA WATCH
NCAAカレッジバスケットボール通信

★USA COLLEGE DIARY
KJ松井のアメリカ奮闘記

★NBA MU-IMIDAS
キングスにビッグ3が誕生! その名はJ・F・K!!

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★EURO LEAGUE MONTHLY NEWS★
月刊ユーロリーグ

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
ミネソタの命運を握る、新鋭アル・ジェファーフォン

★NBA MIXED ZONE
高卒スターのパイオニア、ケビン・ガーネット

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ

【二大付録】
★アレン・アイバーソン特製クリアファイル

★BIGポスター
◆ケビン・ガーネット(ボストン・セルティックス)
◆トレイシー・マッグレディ(ヒューストン・ロケッツ)
785円
2007年12月号/No.179
NBA SUPER PREVIEW
07-08シーズン開幕総力特集
2007年10月25日発売
定価750円(税込)

NBA開幕を目前に控えた今月の『ダンクシュート』は、07-08シーズンを徹底特集。現代NBAのトップ5選出&実力解剖にはじまり、NBA識者が今季の気になる話題に関して持論を展開する激論バトル、個人賞レース大予想など新シーズン色満載の企画をお送りする! 王座奪還を誓うドゥエイン・ウェイド、昨季の快進撃の再現を狙うバロン・デイビス、新人王最右翼のケビン・デュラントの開幕直前インタビューも一挙にお届け! さらには豪華二大付録として両面超ビッグポスター&全30チーム パーフェクトガイドもついている。ダンクシュート12月号は、2007年10月25日(木)発売!!
>>>More


【別冊付録】
全30チーム パーフェクトガイド
2007-08 SEASON NBA SPECIAL BOOK

07-08シーズン開幕に合わせたスペシャルガイドブック。最新ロースター、予想スターター、スケジュールなど、全30チームの最新情報を詰め込んだ。NBA観戦時のお供に最適だ。


NBAなんでもランキングまですべての企画がこの特集に属します
2007-08 SEASON NBA SUPER PREVIEW
07-08シーズン開幕総力特集

2007-08シーズンが10月30日にいよいよ開幕。これを祝し、今号の『ダンクシュート』は新シーズン開幕大特集を敢行! NBA最強の5選手のスカウティング、NBA記者によるテーマ別激論企画、個人賞レース大予想など、今季を楽しむヒントをこの一冊に凝縮した。


◆NBA TOP5
決定! 現代最強の5人&徹底実力解剖

07-08シーズンを見るポイントとしてまず押さえておきたいのは、現在のNBAを支配しているのは誰かということ。そこで開幕総力特集の第一弾は、現代のリーグ最高峰に位置するトップ5を選出。さらにマイアミ・ヒートの人事担当部門副社長チェット・カマー氏に彼らの超絶のプレーぶりを徹底解剖してもらった。

文/北舘洋一郎、選手分析/チェット・カマー 協力/三尾圭
TEXT by YOICHIRO KITADATE, PLAYER ANALYSIS by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO


◆NBA DEBATE SHOW
ザ・激論/今季の気になる話題についてNBA識者が大激論!

セルティックスの真の実力、スパーズの連覇の可能性、コビーの移籍問題など、今季は気になる話題が多い。そこで『ダンクシュート』は注目のテーマを8本厳選。各テーマについて、意見の異なるNBAライター2名が持論を引っさげ、激論バトルを繰り広げる!

激論1 ボストン・セルティックスはイースタンを制すことができるか?

激論2 サンアントニオ・スパーズは連覇を達成できるか?

激論3 デンバー・ナゲッツはノースウエスト地区で首位を獲れるか?

激論4 コビー・ブライアントは08-09シーズン開幕までに移籍するか?

激論5 シャキール・オニールは今もNBA最強センターか?

激論6 シャーロット・ボブキャッツは今季、プレーオフへ進出できるか?

激論7 ダーク・ノウィツキーは本当に欧州ナンバーワン選手か?

激論8 大型新人グレッグ・オーデンのドラフト1位指名は失敗か?

文/マーク・J・スピアーズ、ローランド・レーゼンビー、アーメル・ル・ベスコン、ラリー・ファイン、ポール・コロ、ラス・ベンソン、アイラ・ウィンダーマン、三尾圭、杉浦大介、丹羽政善
訳/千田範子、小尾慶一、小川由紀子

TEXT by MARC J. SPEARS, RONALD LAZENBY, ARMEL LE BESCON, LARRY FINE, PAUL CORO, RUSS BENGTSON, IRA WINDERMAN, KIYOSHI MIO, MASAYOSHI NIWA
TRANSLATION by NORIKO CHIDA, KEIICHI OBI, YUKIKO OGAWA


◆DWYANE WADE SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ドゥエイン・ウェイド/栄光への再チャレンジ

左肩脱臼、左ヒザ腱炎、プレーオフ1回戦敗退……。2006年の優勝から一転、昨季はウェイドにとって苦悩の1年だった。その悔しさを晴らすため、オフはひたすらリハビリに耐え忍んだ。並々ならぬ思いで今季に臨むウェイドは「王座奪還」を高らかに宣言した。

インタビュー/アイラ・ウィンダーマン、訳/千田範子
INTERVIEW by IRA WINDERMAN, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


◆2007-08 SEASON TITLE & AWARD PREDICTION
07-08シーズン 個人賞レース大予想

各個人賞を予想するのは、シーズン前のファンの楽しみ。それは普段NBAを間近で見ているライターやスカウトたちも同じだ。07-08シーズンの受賞者はいったい誰になるのか。注目の6つの個人賞の覇者を、目の肥えたプロフェッショナルたちが大胆予想する。

1 MVP

2 得点王

3 リバウンド王

4 アシスト王

5 最優秀守備選手賞

6 新人王

文/杉浦大介、三尾圭
TEXT by DAISUKE SUGIURA & KIYOSHI MIO


◆KEVIN DURANT SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ケビン・デュラント/伝説への第一歩

昨季カレッジでその名を轟かせた怪物ケビン・デュラントが、ついにNBAデビューを果たす。新人ながらソニックスでは1年目からエースの重責を担う可能性が高い。注目の新人王候補に現在の心境を聞いた。

インタビュー/丹羽政善
INTERVIEW by MASAYOSHI NIWA

◆PROMISING STARS
ブレイク必至のヤングスター20人

優勝チームや各賞を予想するのと同じように、ブレイク候補選手を探すのも、開幕前の楽しみの一つ。ここに登場する20人は、溢れんばかりの才能と無限の可能性を秘めた若手選手ばかり。今季ブレイクが期待されるスーパースター予備軍を一挙紹介する。


◆HEAD COACH RATING
30チーム全指揮官の能力を徹底調査!

いくら選手の能力が優れていても、指揮官たるHCに能力がなければ天下は取れない。そこで『ダンクシュート』は、HCの能力を徹底調査。格付け担当はご存知、米NBAメディア界のご意見番ショーン・ディビニー氏だ。

文/ショーン・ディビニー
TEXT by SEAN DEVENEY


◆NBA Best Performance Records
現役&オールタイムNBA記録集

NBAには数々の記録が存在しているが、ここでは普段あまり目にしない個人成績主要5部門のオールタイム&現役レコードから、アウォード系、さらにはチーム記録までを選りすぐって紹介していく。これを読んで来たるシーズンに備えれば、NBAがさらにおもしろくなること間違いなしだ!


◆NBA Player Relationship
現代NBAプレーヤー相関図

超人的なプレーを見せるNBA選手にも、当然人間関係の良し悪しが存在する。ここでは、現代の選手関係を徹底調査。親友や師弟、プライドの衝突、ラフプレーによる因縁など、相関図をまとめてみた。これを覚えておけばNBA観戦がもっとおもしろくなる!



◆NBA STAR BIOGRAPHY / ANDRE IGUODALA
NBAスター物語/アンドレ・イグダーラ――新“ジ・アンサー伝説”

フィラデルフィアでAIといえば、いまだにアレン・アイバーソンをイメージする人が多いだろう。だが、これからは違う。もう一人のAIことアンドレ・イグダーラが、本格的にフランチャイズを背負って立つ時がやってきたからだ。スーパースターへの階段を上り始めた実力派オールラウンダーの半生を振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


◆BARON DAVIS SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] バロン・デイビス/旋風再び

昨季、バロン・デイビスはウォリアーズを1994年以来13年ぶりのプレーオフへ導いた。さらに第8シードながらトップシードのマーベリックスを打ち破る原動力となり、リーグに一躍ウォリアーズ旋風を巻き起こした。万全の体調でキャンプに姿を現わしたベテランは、今季さらなる上位進出を狙っている。

インタビュー/星久幸
INTERVIEW by HISAYUKI HOSHI


◆TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!
◆レイ・アレン(ボストン・セルティックス)
◆ポール・ピアース(ボストン・セルティックス)
◆マルコ・ベリネッリ(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
◆ホルヘ・ガルバホサ(トロント・ラプターズ)
◆ファン・カルロス・ナバーロ(メンフィス・グリズリーズ)

インタビュー/小川由紀子、星久幸
INTERVIEW by YUKIKO OGAWA, HISAYUKI HOSHI


◆Another View points
NBA裏の見どころ

優勝予想やタイトル予想なんていうのはこの時期、やって当たり前のもの。そんな真っ当な世界に飽き足らなくなったというアナタに送るのがこの企画。目の肥えた(?)ファンなら絶対気になる8つの見どころだ。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


◆DUNKIN’ RANKING
NBAなんでもランキング

開幕総力特集のラストを飾るのは、毎年恒例のランキング企画だ。ここでは読者投票を基に作成した人気選手TOP30をはじめ、ちょっと変わったデータを集計した表、本誌の独断と偏見でランク付けしたものなど、全10項目のランキングを紹介する。



★BIGポスター
◆アレン・アイバーソン(デンバー・ナゲッツ)
◆レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)


★DS PRESENT @ December
祝開幕! NBAグッズを一挙大放出!
(インターネットからも応募可能です!)

★Choose Now
田臥勇太――選択の時

★NBA Legends’ Gallery
[新連載]NBAレジェンド列伝/ラリー・バード

★THEODOROS PAPALOUKAS SPECIAL INTERVIEW
[ユーロリーグ開幕スペシャルインタビュー] セオドロス・パパルーカス/欧州の帝王

インタビュー/小川由紀子
INTERVIEW by YUKIKO OGAWA


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
発表! ムイミダス的今季期待選手ベスト3

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★SCOOP SHOT
ジュワン・ハワードが挑む最後の挑戦

★NBA MIXED ZONE
理解不能な天才、コビー・ブライアント

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
★2007-08 SEASON NBA COMPLETE GUIDE


ダンクシュート2007年11月号増刊
★2007-08 SEASON NBA COMPLETE GUIDE
NBA30チーム完全ガイド&選手名鑑
NBAファン必携の一冊『NBAコンプリートガイド』の2007-08シーズン版がついに発売! NBA全30チームの基本データ、戦力分析、所属選手の顔写真&プロフィール付き紹介など、シーズンを迎えるにあたり、絶対に知っておきたい情報を余すところなく網羅した。得意なシュートゾーン、実力指数など、選手の能力を分析した、『ダンクシュート』ならではの貴重なデータも満載だ! さらに両面超ビッグポスターも付録! 10月9日より全国書店にて定価860円で発売開始!

●2007年10月9日(火)発売
●定価860円(税込)全180ページオールカラー!


<EASTERN CONFERENCE イースタン・カンファレンス>※色づけして下さい
★ATLANTIC DIVISION アトランティック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆トロント・ラプターズ
◆ニュージャージー・ネッツ
◆フィラデルフィア・76ers
◆ニューヨーク・ニックス
◆ボストン・セルティックス

★CENTRAL DIVISION セントラル・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆デトロイト・ピストンズ
◆クリーブランド・キャバリアーズ
◆シカゴ・ブルズ
◆インディアナ・ペイサーズ
◆ミルウォーキー・バックス

★SOUTHEAST DIVISION サウスイースト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆マイアミ・ヒート
◆ワシントン・ウィザーズ
◆オーランド・マジック
◆シャーロット・ボブキャッツ
◆アトランタ・ホークス

--------------------------------------------------------------------------------

<WESTERN CONFERENCE ウエスタン・カンファレンス>※色づけして下さい
★SOUTHWEST DIVISION サウスウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ダラス・マーベリックス
◆サンアントニオ・スパーズ
◆ヒューストン・ロケッツ
◆ニューオリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツ
◆メンフィス・グリズリーズ

★NORTHWEST DIVISION ノースウエスト・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆ユタ・ジャズ
◆デンバー・ナゲッツ
◆ポートランド・トレイルブレイザーズ
◆ミネソタ・ティンバーウルブズ
◆シアトル・スーパーソニックス

★PACIFIC DIVISION パシフィック・ディビジョン
◆SCOUTING REPORT 順位予想&展望
◆フェニックス・サンズ
◆ロサンゼルス・レイカーズ
◆ゴールデンステイト・ウォリアーズ
◆ロサンゼルス・クリッパーズ
◆サクラメント・キングス

--------------------------------------------------------------------------------

<その他>
★NBA SUPERSTAR PHOTO GALLERY NBAスーパースター写真集
★MUST‐SEE TOPICS 07-08シーズン 7つの見どころ
★HONOR PREDICTION 07-08シーズン 個人タイトル&アウォード予想
★THE DECADE of NBA NBA10年の歩み
★07-08 BRAND‐NEW SHOES COLLECTION 人気選手の今季着用モデルが一目で丸分かり
★2006-07 Season & All-Time NBA Records 2006-07シーズン&オールタイムNBA記録集
★Basic Lectures of NBA NBAビギナーズガイド
★NBA SUPER INDEX 選手名索引
★NBA DICTIONARY NBA専門用語集
785円
ダンクシュート2007年11月号

2007年11月号/No.178
2007-08 POWER CHECK
全30チーム最新戦力診断
2007年9月25日発売
定価750円(税込)

NBA開幕を1か月後に控えた今月の『ダンクシュート』では、全30チームの戦力を徹底チェック。各チームの最新データ、東西両カンファレンスの見どころ&注目選手紹介に加え、来季の巻き返しを誓うアレン・アイバーソン、新たに生まれ変わったボストン・セルティックスといった注目選手・チームのストーリーも大放出する!! その他、見事無敗で北京五輪出場権を手にしたUSA代表特集、タイソン・チャンドラー物語、新天地シャーロットで新シーズンを迎えるジェイソン・リチャードソンのスペシャルインタビューなど見逃せない企画が目白押しだ! 両面超ビッグポスター&特選バスケットボールグッズ・カタログ2007の豪華2大付録もついたダンクシュート11月号は、2007年9月25日(火)発売!!

【別冊付録】
特選 バスケットボールグッズ・カタログ
2007 Basketball Goods Catalog

最新モデルのシューズから、革新的なテクノロジーを生かしたボール、アパレルまで、各メーカー選りすぐりのバスケットボールグッズを集めた必見のカタログ。

◆Nike/ナイキ
◆adidas/アディダス
◆AND1/アンドワン
◆asics/アシックス
◆SPALDING/スポルディング
◆Molten/モルテン
◆REBOUND/リバウンド


HOPEUFUL SEASON/ALLEN IVERSON
勝利への脱出/アレン・アイバーソン

昨年12月、アレン・アイバーソンはNBA制覇という大いなる野望を胸に抱いて、勇躍デンバーに乗り込んできた。だが移籍1年目の昨季は、その想いがコートで表現できたとは言い難い。特に、肝心のプレーオフではキャリア最低の出来に終わってしまった。それだけにジ・アンサーは燃えている。自分が何のためにこの地にやってきたか、そのことを万人に証明するため、新シーズンの開幕を心待ちにしている。

文/マーク・J・スピアーズ、訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


GLORY DAYS AGAIN?/BOSTON CELTICS
黄金伝説復活なるか?/ボストン・セルティックス

現代のファンにはピンと来ないだろうが、セルティックスはNBA最高の名門チームだ。不滅の8連覇、綺羅星のごとく輩出してきた名選手たち。そのどれもが、NBA史に欠かすことのできない事実として刻まれている。このオフ最も注目を集めた新ビッグ3は、ボストンの黄金伝説を復活させられるのか?

文/大井成義、協力/マーク・マーフィー&千田範子
TEXT by SHIGEYOSHI OHI, COOPERATION by MARK MURPHY & NORIKO CHIDA


2007-08 NBA POWER CHECK
NBA開幕準備特集 全30チーム最新戦力診断

2007-08シーズンの開幕までおよそ1か月に迫った。移籍マーケットは終盤を迎え、各チームの新たな布陣が徐々に見えてきた。そこで今月の『ダンクシュート』は、いち早くNBA全30球団の戦力を診断。全球団の最新戦力を東西別にランキングした。

[Eastern Conference]
◆Boston Celtics ボストン・セルティックス
◆Cleveland Cavaliers クリーブランド・キャバリアーズ
◆Detroit Pistons デトロイト・ピストンズ
◆Chicago Bulls シカゴ・ブルズ
◆Miami Heat マイアミ・ヒート
◆New Jersey Nets ニュージャージー・ネッツ/Toronto Raptors トロント・ラプターズ
◆Orlando Magic オーランド・マジック/Washington Wizards ワシントン・ウィザーズ
◆Charlotte Bobcats シャーロット・ボブキャッツ/New York Knicks ニューヨーク・ニックス
◆Milwaukee Bucks ミルウォーキー・バックス/Philadelphia 76ers フィラデルフィア・76ers
◆Indiana Pacers インディアナ・ペイサーズ/Atlanta Hawks アトランタ・ホークス

[Western Conference]
◆Phoenix Suns フェニックス・サンズ
◆San Antonio Spurs サンアントニオ・スパーズ
◆Dallas Mavericks ダラス・マーベリックス
◆Denver Nuggets デンバー・ナゲッツ
◆Houston Rockets ヒューストン・ロケッツ
◆Utah Jazz ユタ・ジャズ/Los Angeles Lakers ロサンゼルス・レイカーズ
◆Golden State Warriors ゴールデンステイト・ウォリアーズ/New Orleans Hornets ニューオーリンス・ホーネッツ
◆Los Angeles Clippers ロサンゼルス・クリッパーズ/Sacramento Kings サクラメント・キングス
◆Memphis Grizzlies メンフィス・グリズリーズ/Portland Trail Blazers ポートランド・トレイルブレイザーズ
◆Seattle Supersonics シアトル・スーパーソニックス/Minnesota Timberwolves ミネソタ・ティンバーウルブズ


■5 View Points
<EAST&WEST>07-08シーズン5大注目ポイント

■HOT STOCKS 2008
<EAST&WEST>来季必見選手ファイル

■Nearing Milestones
来季達成間近な個人記録


Dream Again
宿命の金メダルへ 第一関門突破

もはや敗戦は許されない――。昨夏の世界選手権で3位に終わったアメリカは、覇権奪回のためにラスベガスに最強メンバーを送り込んだ。それぞれがチームプレーを重視し、初代ドリームチーム以来のスペクタクルを披露。見事1位で五輪切符を勝ち取った。しかし、宿命の金メダルはまだはるか彼方にある。彼らは今ようやくスタートラインに立ったのだ。


◆Open Road to Beijing
アメリカ代表、約束の地へ

母国に再び栄光をもたらすため、チームUSAの面々はエゴを捨ててチームプレーに徹した。その結果、12人のメンバーが見事なハーモニーを奏で、アメリカ大陸予選を10戦無敗で突破。北京五輪での金メダル奪回へ向け価値のある大会となった。

文/ブライアン・ウィンドホースト 訳/千田範子
TEXT by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆TEAM USA REPORT
アメリカ大陸予選レポート

北京五輪への切符を賭け、10か国がしのぎを削った今夏のアメリカ大陸予選は、USAの優勝で幕を閉じた。チーム一丸となって勝ち抜いたチームUSAの熱戦の模様を、レポート形式でラウンドごとにプレーバックする。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

◆Carmelo Anthony SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] カーメロ・アンソニー/覚醒とリベンジの夏

アテネ五輪、2006年世界選手権と苦杯を舐めたカーメロがようやく手にした栄光。だが、これは北京五輪で金メダルを獲得するための序章に過ぎない。カーメロは、チームUSAのエースとしてさらなる進化を遂げようとしている。

インタビュー/マーク・J・スピアーズ、訳/小尾慶一
INTERVIEW by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by KEIICHI OBI


★NBA STAR BIOGRAPHY / TYSON CHANDLER
NBAスター物語/タイソン・チャンドラー――未来のディフェンス王

希望に満ちた少年時代から一転、高卒でプロ入りした後、タイソン・チャンドラーは大きな挫折を味わった。だが今、その苦労が報われようとしている。未来のディフェンス王と呼ばれるまでに成長した若者の歴史を振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


EURO 2007
欧州選手権激闘記/東欧の雄ロシアが独立後初の欧州王者に輝く

「欧州選手権は五輪よりもレベルが高い」。そう自負する者も数多くいるほど、欧州の選手にとって欧州選手権は権威ある大会だ。近年は世界最高峰のNBAでも欧州の選手が地位を確立し始めており、そのレベルはさらにアップしたと言える。涼しいとされるマドリードの夏を熱くさせた激戦の模様をいち早くお届けしよう。

文/小川由紀子
TEXT by YUKIKO OGAWA


★JASON RICHARDSON SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ジェイソン・リチャードソン/成熟したダンクマスター

ボブキャッツへのまさかの放出劇に、一部ではリチャードソンがトレードに立腹しているとの報道がなされた。しかし、当の本人は決して腐ることなく、新天地でのさらなる飛躍を期している。来季で7年目を迎え、リーダーの役割も期待される元スラムダンク王が、今回のトレードやボブキャッツの印象、プレーオフ進出の可能性について語った。

インタビュー/ジョー・デビッドソン、訳/千田範子
INTERVIEW by JOE DAVIDSON, TRANSLATION by NORIKO CHIDA


NBAニックネーム辞典
現役&レジェンドの愛称が勢ぞろい!

ニックネームで呼ばれるということは、ファンに愛されている証。今も昔も、多くの選手がファンに愛され、親しみを込めて愛称で呼ばれてきた。その中から厳選したニックネームを一挙紹介する。


★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ(USA代表)
◆ジェイソン・キッド(USA代表)

★DS PRESENT @ November
AIのナゲッツ・ジャージーが初登場!
(インターネットからも応募可能です!)

★BORN TO BE WILD
チャールズ・バークレー伝説

★Voice of YUTA TABUSE
田臥勇太コメント集

★AND1 Mixtape Tour 2007 in Japan
AND1チームとbjリーグ選抜チームが激突!

★FREE AGENT LIST 2007
FAリスト2007


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
今、NBAに必要なのはバークレーやシャックのような「俊敏なデブ」だ!

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★No Charge Area
最終回――思い出のNBA選手たち

★SCOOP SHOT
職人レイ・アレンに訪れた幸運

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/ベガスの熱い夏

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2007年10月号/No.177
KG電撃移籍でボストンに黄金トリオ誕生!
NEW CELTIC PRIDE

ケビン・ガーネット電撃移籍が成立――。そこで今月の『ダンクシュート』は、KG移籍の深層を徹底特集した。新生セルティックスの秘める可能性を探ると共に、移籍直後のKGにいち早くインタビューを敢行。さらにボストンの新トリオ誕生を受け、リーグを席巻するトリオたちの魅力に迫った。その他、レブロン・ジェームズ&グラント・ヒルのスペシャルインタビュー、アメリカ大陸予選真っ只中のUSA代表特集、来季飛躍を期す注目チームの紹介など見逃せない企画が目白押しだ!両面超ビッグポスター&NBAスーパーテクニックファイルの豪華2大付録もついたダンクシュート10月号は、2007年8月25日(土)発売!!
>>>More


BOSTON SHOCK!!
KGまさかの電撃移籍!!

7月31日、一旦は消えたはずだったKGのセルティックス移籍が電撃成立した。これにより、ボストンにKG、ピアース、アレンという超強力なビッグ3が誕生することになった。イーストの勢力図を根底から覆すこの移籍劇の顛末と、セルティックスの来季を予想する。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

◆Big Ticket Goes to Boston!!
電撃移籍の深層

本人が拒否したことにより、破談となったはずのセルティックス移籍が、なぜ実現したのか? KGが心変わりした理由と、ウルブズ、セルティックスのチーム事情を明らかにする。

◆KG is the ticket for THE FINALS?
KGの悲願は叶うのか?

ボストンに誕生したKG、ピアース、アレンというトリオは、NBA史上でも屈指の威力を誇る。だがそれだけで、彼らは本当に勝利を手に出来るのか? 周囲の反応を交えながら、来季のセルティックスの可能性を探る。


★Kevin Garnett SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ケビン・ガーネット/大いなるチャレンジ

セルティックス移籍により、ケビン・ガーネットは優勝という悲願をようやく現実味のあるものとして捉えられるようになった。新天地でのプレーに興奮を隠しきれないKGに、『ダンクシュート』は緊急インタビューを敢行。本人だけが知る移籍の裏事情や、新チームへの期待など、“ビッグチケット”が想いの丈を語った。

インタビュー/ジョー・デビッドソン、訳/吉藤宗弘
INTERVIEW by JOE DAVIDSON, TRANSLATION by MUNEHIRO YOSHIFUJI


TRIO THE HOT!!
トリオの誘惑

スパーズ優勝の原動力となったダンカン、パーカー、ジノビリのトリオをはじめ、NBAには大型トリオが数多く存在する。それらに加え、この夏新たにセルティックス、ロケッツにも話題の“ビッグ3”が誕生した。一大ブームとなりつつあるトリオの魅力に迫る!


◆Trio Typhoon
NBAを席巻する「トリオ旋風」

活発な移籍マーケットの動きにより、このオフは数々の魅力的なトリオが誕生した。NBAに巻き起こる「トリオ旋風」の実態とトリオの歴史について緊急レポートすると同時に、できたてホヤホヤの新生ビッグ3たちを紹介する。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

◆BIG 3 NOW
現役トリオ・データファイル

現役の実力派ビッグ3を厳選して紹介する他、ビッグ3成績ランキング、ビッグ3のタイプ解説、現役トリオ30組のタイプ&成績一覧表といった、トリオに関するデータをまとめた。

◆RUN TMC
伝説のトリオ「ランTMC」物語

ティム・ハーダウェイ、ミッチ・リッチモンド、クリス・マリンによる“ランTMC”は、1990年代序盤に一世を風靡したトリオだ。スピーディな攻撃で次々と得点を重ねるスタイルは、結成から20年近くが経過した今も話題に上るほど。伝説のトリオの栄光を振り返る。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO

◆Legendary Triangle
伝説のトリオ

人々の記憶に残るトリオの評価基準は決して実績だけではない。成功したトリオはもちろん、失敗に終わったトリオでさえもファンを魅了した例はある。歴史に残る伝説のビッグ3を厳選して紹介する


★LeBron James SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] レブロン・ジェームズ/王国復権の誓い

ファイナルまで勝ち進んだレブロン・ジェームズは、疲労の蓄積により、今夏のUSA代表参加を取りやめる可能性が高いと思われていた。だが若き帝王は、バスケ大国アメリカの威信回復を果たすため、万難を排し再び国際舞台に帰ってきた!

インタビュー/ブライアン・ウィンドホースト、訳/大井成義
INTERVIEW by BRIAN WINDHORST, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


REAL ABILITY
新生USA代表の本当の実力を探る

金メダル奪回という目標を掲げ、USA代表は8月22日から大陸予選に挑んでいる。コビー、キッド、ビラップスらが加わったチームUSA2007の実力はどれほどのものなのか。さまざまな角度から分析し、その可能性を探った。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

◆KOBE BRYANT SPECIAL STORY/Long-Awaited Debut
コビー・ブライアント/コビー加入がもたらす影響

長年代表入りを望まれてきたコビー・ブライアントが、ついにチームUSAの一員として待望のデビューを果たす。現代NBA最高のスコアリングマシンにして、最高のプレーヤーとも称されるコビーの加入は、いったいチームにどんな効果をもたらすのだろうか。コビー加入効果の全貌を占った。

◆徹底比較
チームUSA2007
VS
WBC2006出場チーム

五輪予選に向けて新たなメンバーが加わり、チューンアップされたチームUSA。果たして、その実力は昨年の世界選手権出場チームよりも上なのだろうか。そこで『ダンクシュート』は両者のチーム構成を5つのポイントに分けて徹底比較。チームUSA2007の本当の力を探った。

◆Camp Report in Las Vegas
キャンプレポート&代表ニュース


FIX UP!
FA、トレード…etc 移籍最新情報

KGの電撃移籍が実現するなど、例年以上にヒートアップしている今オフの移籍市場。フランシスやE・ジョーンズ、メイソンらの注目移籍、ジャーメインのトレード話やミラー&ヒューストンの復帰説など、激しい動きを見せる移籍市場の最新レポートをお届けする。


CAUTION!
飛躍を期す8つの強豪予備軍

昨季、不本意な成績に終わった各チームは、今オフ、適材適所の補強を行ない戦力アップに取り組んでいる。『ダンクシュート』では、その中から8チームをピックアップ。虎視眈々と上位進出を目論む8つの強豪予備軍を特集する!

◆DENVER NUGGETS STORY
Melo’s Year!?
タレント軍団の確信

文/マーク・J・スピアーズ、訳/千田範子
TEXT by MARC J. SPEARS, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆HOUSTON ROCKETS STORY
ZOOM UP!!
機運到来

文/マイケル・マーフィー、訳/千田範子
TEXT by MICHAEL MURPHY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆CHARLOTTE BOBCATS STORY
Catch the Spot!
4年目の挑戦

文/ローランド・レーゼンビー、訳/千田範子
TEXT by ROLAND LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆PORTLAND TRAIL BLAZERS STORY
RIP CITY is BACK!
チームの再建を担う若き開拓者たち

文/丹羽政善
TEXT by MASAYOSHI NIWA

◆ATLANTA HAWKS/ORLANDO MAGIC/NEW YORK KNICKS/MEMPHIS GRIZZLIES
アトランタ・ホークス/オーランド・マジック/ニューヨーク・ニックス/メンフィス・グリズリーズ


★Grant Hill SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] グラント・ヒル/陽はまた昇る

一時は引退も噂されたグラント・ヒルが現役続行を決意した。新たな活躍の場として選んだのは、西の強豪フェニックス・サンズ。トッププレーヤーとして鳴らした頃のような華々しい働きは、おそらくもうできないだろう。しかし、それでも優勝を狙うサンズの最後のワンピースとして、ヒルはキャリア最大の目標である頂点を目指す。

インタビュー/クレイグ・モーガン、訳/大井成義
INTERVIEW by CRAIG MORGAN, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


When the Peaks Come?
NBA選手の全盛期大研究

NBA選手の成績のピークはいったい何歳で訪れるのか? そんな疑問に答えるため、『ダンクシュート』は過去の名選手63人を徹底調査。それを元に、NBA選手の一般的な全盛期を定めると共に、なぜ早咲き遅咲きの選手たちが生まれるかという謎に迫る。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


Classificasional Stats King
第1回身長別スタッツ王決定戦

身長の高低によって、得意なプレー、苦手なプレーがあって当然。そこで『ダンクシュート』は、普段“無差別級”で判定されている得点、リバウンドなどの各スタッツを身長別に洗い直して、各階級別に王者を決定した。


アジア選手権大会 日本代表レポート
打ち砕かれた夢

32年ぶりの五輪出場に向け、地元開催という絶好の環境で予選を迎えた日本。1次ラウンドこそ首位通過したが、2次ラウンドで一気に崩れ、夢ははかなく散った。過去ワーストの8位で大会を終えた日本の敗因に迫る。

文/小尾慶一
TEXT by KEIICHI OBI


★DS PRESENT @ October
直筆サイン入りジャージーが2枚登場!
(インターネットからも応募可能です!)

★ALLAN HOUSTON INTERVIEW
来日記念インタビュー

★AND1 RETURNS
ストリートバスケの雄が今年も日本上陸!!

★FREE AGENT LIST 2007
FA全選手リスト2007

★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝・番外編/アキーム・オラジュワン&ラルフ・サンプソン、ドミニク・ウィルキンス&スパッド・ウェッブ、マヌート・ボル&マグジー・ボーグス

★NBA MU-IMIDAS
レブロンが自宅の門前に自身のアートを設置!?

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★No Charge Area
ドワイト・ハワード――最も謙虚なアスリート

★SCOOP SHOT
現役レフェリーが八百長疑惑で逮捕!!

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/八百長事件&KG移籍の衝撃

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ


【別冊付録】
NBAスーパーテクニックファイル
NBA SUPER TECHNIQUE FILE
世界最高峰のNBAで活躍するスーパースター7人のテクニックを、連続写真とNBA解説でお馴染みの中原雄氏の解説付きで徹底解剖。
◆コビー・ブライアント/リバースレイアップ
◆レブロン・ジェームズ/ドライブ&レイアップ
◆ドゥエイン・ウェイド/ランニングジャンパー
◆ティム・ダンカン/ランニングフック
◆アレン・アイバーソン/ワイルドショット
◆トニー・パーカー/ドライブ&パス
◆ヤオ・ミン/ステップバックジャンパー

★BIGポスター
◆コビー・ブライアント(USA代表)
◆アレン・アイバーソン(デンバー・ナゲッツ)

785円
2007年9月号/No.176
移籍市場の「勝者」と「敗者」
NBA TRADE & FA MARKET 2007
2007年7月25日発売
定価750円(税込)

オフシーズンに突入したNBAだが、来シーズンに向けた準備で休んでいる暇はほとんどない。そこで今月の『ダンクシュート』は、コビー・ブライアントとケビン・ガーネットの移籍問題に揺れる移籍市場を徹底特集。移籍選手、各チームの動向をチェックし、今オフの勝者と敗者を判定する。スペシャルインタビューでは欧州出身選手として初のファイナルMVPに輝いたスパーズのトニー・パーカーを直撃。ファイナルのことから、ポイントガードとしての心得、必殺技などについて熱く語ってくれた。その他、ドラフト完全レポート、サマーリーグ速報など見逃せない企画が目白押しだ! 好評連載中の日本人選手応援プロジェクト『J BALLERS』では日本の若き天才スコアラー川村卓也選手が登場する。 両面超ビッグポスター&NBA歴史読本の豪華2大付録もついたダンクシュート9月号は、2007年7月25日(水)発売!!
>>>More


【別冊付録】
NBA歴史読本
THE HISTORY OF NBA

NBAの前身であるBAAが1946年に創設されてから今年で61年目を迎えた。今や世界最高峰のリーグとしての地位を不動のものとしたNBAの歴史を、年代を追いながら振り返る。

◆1946~2007 NBA完全年表
◆創成期/1950年代/1960年代/1970年代
◆1980年代
◆1990年代
◆2000年代
◆NBA記録集


NBA TRADE & FA MARKET 2007
移籍市場の「勝者」と「敗者」

オフシーズン最大の注目といえば「移籍市場」だ。今年もアレン、ルイス、ヒルら大物選手の移籍が続々と実現し、コビー&KGに関する噂はいまだ絶えない。だが、最も重要なのは「その移籍は本当に正しかったのか?」ということ。『ダンクシュート』は今オフの動向を緊急総チェック。移籍市場の「勝者」と「敗者」を浮き彫りにする!

◆Kobe Bryant
移籍要求撤回も進まぬ戦力補強

5月下旬に全米を揺るがしたコビーの移籍要求から2か月が過ぎようとしている。コビーがレイカーズの補強状況に不満を抱えていたことがこの事件の発端だったが、移籍市場はとっくに動き出したというのに、レイカーズとコビーの周辺には何の変化も起きていない。コビーとレイカーズは来季どうなるのか?

文/ローランド・レーゼンビー、訳/千田範子
TEXT by ROLANDO LAZENBY, TRANSLATION by NORIKO CHIDA

◆Kevin Garnett
移籍か残留か――KGとウルブズに迫る決断の時

KGの移籍話がここまで本格化したのは過去に例がない。ドラフト前には指名権を絡めた様々な噂が飛び交い、いくつかは成立寸前までいった。しかし結局実現には至らなかった。移籍もせず、補強もできなければ、KGは再び負け組となってしまう。どうなるKG?

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA

◆Ray Allen
ボストンで“速射砲コンビ”が突如実現した裏事情

◆Vince Carter
契約内容は妥当ながら問題はネッツで勝てるかどうか

◆Chauncey Billups
ピストンズと再契約するも弱体化傾向にあるチームに不安要素も

◆Rashard Lewis
今FA市場最大の注目株がマジックとMAX契約!

◆Jason Richardson
寝耳に水のボブキャッツ放出

◆Zach Randolph
ビッグマン不足のニックス移籍でイースト屈指の巨漢コンビ完成!?

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA

◆Other Movement
グラント・ヒル、スティーブ・フランシス…etc、その他の注目移籍選手の「勝敗」

◆WORLD MOVEMENT
海外出身スターの移籍事情

◆MOVEMENT ANALYSIS
全30チーム補強状況完全チェック


★FOR PRIDE
アメリカ代表 王国復権への挑戦

8月22日から開催されるアメリカ選手権に向け、アメリカ代表がいよいよ始動する。今回は北京五輪予選を兼ねており、金メダル奪還を狙う上では重要な大会だ。現在の代表を分析する。



★WELCOME TO NBA
NBAドラフト2007/オーデンとデュラントが下馬評通りワンツー指名!

高校生のエントリーが禁止されてから2年、今年のNBAドラフトはカレッジで実戦を積んだ実力者が揃う「近年屈指の豊作年」となった。なかでも、超大物のオーデンとデュラントが話題を独占したが、栄えあるトップ指名に輝いたのはオーデンだった。

文/澤田敏典
TEXT by TOSHINORI SAWADA


2007 DRAFT #1 & #2 PICKS SPECIAL STORY & SCOUTING REPORT
2007ドラフト・トップピック・ストーリー&スカウティングレポート

今年のドラフトで1、2位指名を飾ったグレッグ・オーデンとケビン・デュラント。ブレイザーズとソニックスに入団した大注目のスーパールーキーの生い立ちに迫る。あわせて、1年目から活躍が期待される彼らの潜在能力をプロのスカウトが診断する。

◆Greg Oden
グレッグ・オーデン/歩き出した怪物

◆Kevin Durant
ケビン・デュラント/生来の大エース

文/澤田敏典、スカウティング/チェット・カマー、協力/三尾圭
TEXT by TOSHINORI SAWADA (STORY), SCOUTING by CHET KAMMERER, COOPERATION by KIYOSHI MIO


THE LONG SHOT!!
ドラフト下位指名 ブレイク野郎ランキング

ドラフト下位指名だったからといって、その選手を見限るのはまだ早い! 今のNBAには、1巡目下位~2巡目出身で立派に活躍している選手が多数いるのだ。そんなブレイク野郎たちを大特集する。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI


A Story of Spurs Dynasty
スパーズ王朝物語

今年の優勝によって、スパーズはNBAに王朝を築いたといっていいだろう。戦力が拮抗しがちな現代NBAの中で、王朝を築くのは容易なことではないが、98-99シーズンの初優勝以来、彼らはすでに4度のNBA制覇を成し遂げ、その実力は万人から認められるようになった。スパーズの強さの秘密と、かつてリーグを支配した王朝との違いを分析する。

文/北舘洋一郎
TEXT by YOICHIRO KITADATE


★TONY PARKER SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] トニー・パーカー/絶頂の時

栄えあるNBAファイナルMVPを獲得した初のヨーロッパ出身選手となったトニー・パーカー。25歳にしてすでに3度の優勝を経験し、今夏最愛のエバ・ロンゴリアと結婚。今人生の絶頂にある男が喜びの声を語ってくれた。

インタビュー/アーメル・レ・ベスコン、訳/小川由紀子
INTERVIEW by ARMEL LE BESCON, TRANSLATION by YUKIKO OGAWA


2006-07 TEAM by TEAM Maniacal DATA BOOK

マニア必見! 全チーム裏データ集

コビーの4試合連続50得点のようにNBA史に燦然と輝く記録は、大々的なニュースになるので誰の目にも分かりやすい。だが、フランチャイズレコード更新等のローカルな話題は、日本のファンの目に触れる機会は少ないだろう。そんなちょっとマニアックな記録やデータを拾い集めてみた。


★WHO’S NEXT?
注目の若手外国人選手19人

近年、チームの主力として活躍する外国人選手が増えている。昨季はMVPにドイツ出身のノウィツキーが、ファイナルMVPにフランス出身のパーカーが選出された。彼らに続く可能性を秘めた、注目の若手外国人選手19人を紹介する。


★NBA STAR BIOGRAPHY/DERON WILLIAMS
NBAスター物語/デロン・ウィリアムズ――希望の光

ジャズの若き司令塔デロン・ウィリアムズは、ユタの未来を担う希望の光だ。昨季はプロ2年目ながら平均アシストでリーグ2位に入り、チームをカンファレンス決勝まで導いた。伝説の名選手ストックトンを彷彿させる“D-WILL”の半生を振り返る。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


SUMMER LEAGUE 2007
若手選手の登竜門、サマーリーグに密着

6月にドラフト指名されたばかりの新人や、プロ2、3年目の若手選手が経験を積むステージであり、NBA入りを狙う選手たちにとっての登竜門。それがサマーリーグだ。今回も、超大物オーデンやデュラントら注目の新人たちが登場。彼らの熱き戦いが夏の到来を感じさせた。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆エルトン・ブランド(ロサンゼルス・クリッパーズ)
◆ホセ・カルデロン(トロント・ラプターズ)
◆ベン・ゴードン(シカゴ・ブルズ)
インタビュー/三尾圭、杉浦大介
INTERVIEW by KIYOSHI MIO, DAISUKE SUGIURA


OUT of COURT
徹底レポート オフも選手は大忙し!

長いシーズンを終え、ようやくオフに突入したNBA選手たち。しかし、キャンプを開く者、ファンとの交流を楽しむ者、趣味を満喫する者など、オフもせわしなく動き回っている。選手の素顔が垣間見られるコート外の活動を徹底レポートする。


J BALLERS/日本人選手応援プロジェクト
川村卓也(日本バスケットボールリーグ・オーエスジーフェニックス)/強気なオフェンスマシン

川村卓也は、JBL史上初めて高校から直接リーグ入りした若手№1スコアラーだ。その実力は弱冠21歳にして、ベテラン折茂武彦と日本代表の先発の座を争うほど。将来の日本を背負って立つ、強気なオフェンスマシンが夢の五輪出場を誓う。

文/永塚和志
TEXT by KAZ NAGATSUKA


※以下、リードなし(見出しのみ)企画です。(右オビ内・ポスターは画像あります)
★BIGポスター
◆トニー・パーカー(スパーズ)
◆オーデン&デュラント(ブレイザーズ/ソニックス)

★DS PRESENT @ September
現地調達のキャブズアイテムが大集合!
(インターネットからも応募可能です!)

★FREE AGENT LIST 2007
FA全選手リスト2007


※以下、レギュラーコーナーです。(右オビ下)
★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
ルオル・デンのイギリス時代の伝説をキャッチ!

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★No Charge Area
ショーン・マリオン――不可思議な実力者

★SCOOP SHOT
恩師ドノバンが語るジョアキム・ノアとは?

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/伝説のセンター、ユーイング取材裏話

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2007年8月号/No.175
NBAファイナル2007完全速報
NBA FINALS2007
2007年6月25日発売
定価750円(税込)

過去9年で4度目の出場となったスパーズとレブロンを中心に球団史上初の晴れ舞台に立ったキャブズの対決となったNBAファイナル2007を現地から徹底特集。ゲームレポートから舞台裏までファイナルの模様をどこよりも詳しくお伝えする。第2特集では、今季を振り返る総決算として2006-07NBAプレーヤー通信簿をお届け。華々しい活躍をした選手、はたまた不本意なシーズンを過ごした選手など、全30チーム主要300選手を一挙に査定する。さらに、スペシャルインタビューでは欧州出身選手として初のMVPに輝いたマブズのダーク・ノウィツキーが登場。まさかの1回戦負けで一変してしまった、複雑な胸中を赤裸々に語ってくれた。 その他、好評連載中の日本人選手応援プロジェクト『J BALLERS』など、魅惑の企画が目白押しだ! 両面超ビッグポスター&北京五輪予選ガイドの豪華2大付録もついたダンクシュート8月号は、2007年6月25日(月)発売!!
>>>More


【別冊付録】
北京五輪予選ガイド
ZONE QUALIFYING TOURNAMENTS FOR 2008 OLYMPIC GAMES

2008年8月に行なわれる北京五輪への出場権を賭けた熾烈な大陸予選が間もなく始まろうとしている。そこで本企画では各大陸の展望、注目選手、アメリカ代表&日本代表の予想メンバーをまとめた。これを読んで目前に迫った五輪予選に備えよう!

◆アメリカ大陸予選
◆ヨーロッパ大陸予選
◆アジア大陸予選/日本代表
◆アフリカ大陸予選/オセアニア大陸予選/世界最終予選/北京五輪本大会


NBA FINALS
NBAファイナル2007完全速報
クリーブランド・キャバリアーズ vs サンアントニオ・スパーズ

6月7日にから始まった2006-07シーズンのNBAファイナル。今年はサンアントニオ・スパーズが、レブロン・ジェームズ率いるクリーブランド・キャバリアーズを4勝0敗で下し、2年ぶり通算4度目の優勝を遂げた。ファイナルMVPはフランス出身の高速PG、トニー・パーカー。NBAの今季を締めくくった最終決戦の模様をどこよりも詳しくお届けする!

◆S.A. Dynasty!!
スパーズが新王朝を樹立!

◆The Sweep
キャブズ完敗の理由

◆Lose Yourself
レブロン・ジェームズ――バスケットボール人生最大の屈辱

◆MATCH-UP ANALYSIS
注目マッチアップ徹底分析

◆GAME by GAME REPORT
NBAファイナル・ゲームレポート

◆FINALS NEWS
NBAファイナル・トピックス

文/北舘洋一郎、三尾圭
TEXT by YOICHIRO KITADATE, KIYOSHI MIO


★DIRK NOWITZKI SPECIAL INTERVIEW
[スペシャルインタビュー] ダーク・ノウィツキー/失意のMVP

欧州出身選手初のレギュラーシーズンMVP獲得――。だが、そんな慶事にもダーク・ノウィツキーの心は躍らなかった。必勝の決意で臨んだプレーオフで、すべてを帳消しにする1回戦敗退。失意のMVPが、史上最大のアップセットの悪夢を振り返る。

インタビュー/アート・ガルシア、訳/大井成義
INTERVIEW by ART GARCIA, TRANSLATION by SHIGEYOSHI OHI


2006-07 NBAプレーヤー300人の通信簿

約8か月に及んだ2006-07シーズンもついに終了。華々しい活躍を見せた選手や、期待外れに終わった選手など、各々が様々なドラマを見せてくれた。そんな今季を振り返る総決算特別企画として、『ダンクシュート』は全30チーム主要300選手通信簿をお届けする。

◆WHO IS THE TRUE MVP?
真のMVPは誰だ!

今季のMVPはリーグ最高勝率を残したマブズのノウィツキーが受賞した。MVP最有力候補とされていただけに何ら不思議はない結果だが、プレーオフ1回戦負けという汚点が災いし、今回の選出には多くの疑問の声があがった。では、真の今季MVPはいったい誰なのだろうか?

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO

◆Don’t Forget Us
気になるスターたち

MVP級とまではいかないが、チームの主軸を担い奮闘したプレーヤーたちは今季も多数存在した。ここでは、ガーネットら超大物からG・ウォーレスやE・カリーなど新エースまで、気になるスターたちを判定していく。

文/出野哲也
TEXT by TETSUYA IDENO

◆What’s the Hottest Move?
今季最高の移籍選手は?

ピストンズの守護神ベン・ウォーレスがシーズン前にチームを離脱し、開幕した後もアレン・アイバーソンが突如76ersと決別するなど、選手の異動が目立った今季。その中で最も効果的だった移籍を判定しようというのが、この企画だ。今季ベストの移籍選手は誰なのか?

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

◆Ex-SuperStars
元エース13人の今季決算

エースとして活躍していたのも今は昔。ある者は役割を変えてチームの戦力として貢献し、またある者は衰えを隠しきれず厄介者扱いされるまで落ちぶれた。そんな十人十色のプレーを見せた元エース13人の今季の活躍度を総決算する。

文/吉藤宗弘
TEXT by MUNEHIRO YOSHIFUJI

◆EFFECTS of WC
世界選手権出場選手は今季活躍できたのか?

世界選手権直後の06-07シーズンは、大会に出場した選手たちにどのような影響があったのだろうか。大会やシーズン開幕後に故障した選手もいれば、調子を上げた選手もおり、一概に国際大会参加がNBA選手に悪影響を与えているとは言いきれない。世界選手権出場選手の今季のNBAでの活躍ぶりを総点検した。

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO

◆Masters in NBA
リーグを代表する職人選手たち

◆Rating the Young Blood!
今季注目の若手選手たち

レブロン、カーメロ、ウェイドを中心とする2003年ドラフト組がもはやリーグの顔となった今季、NBAは完全に若返りの時期を迎えたと言える。ここでは、03年組に続いてリーグに新たな潮流を起こしつつある04、05年入団選手の今季を振り返ると共に、今季入団の新人たちの出来を判定する。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


DUNK SHOOT AWARD 2007
本誌独自選定の各賞を発表!

NBA選手たちを本誌独自の基準で称える『ダンクシュート・アワード』が今年もやってきた! 第3回目の今回は、6月号読者アンケートで募集した「ダンクシュート・オブ・ザ・イヤー」など4つの賞を読者票で決定。06-07シーズンを盛り上げた選手たちに、本誌から盛大な拍手と感謝をお送りする!!

◆ダンクシュート・オブ・ザ・イヤー(MVP)
◆ベスト5、ベストスコアラー、ベストダンカー
◆ベストパサー、ベストディフェンダー、ベストドリブラー
◆パフォーマンス・オブ・ザ・イヤー…etc,


J BALLERS/日本人選手応援プロジェクト
折茂武彦(日本バスケットボールリーグ・レラカムイ北海道)/日本が誇る大エース

長らく日本バスケ界のトップに君臨してきたベテラン折茂武彦。この10年で最高のシューターと呼ばれる男は、今かつてないほど燃えている。理由は目前に迫った北京五輪予選。数々のタイトルを獲得してきた英雄が、唯一手にしていない「五輪出場」の栄誉を手にするため、最後の挑戦を開始した。

文/永塚和志
TEXT by KAZ NAGATSUKA


MY CAMPUS LIFE/プロバスケットボーラーの原点に迫る
青木康平(bjリーグ・東京アパッチ)

今季bjリーグ・東京アパッチで2年目を迎え、ベスト5に選出されるなど大きく飛躍した青木選手。「目標は完璧なオリジナルプレーヤーになること」と語る、心熱きプロバスケットボーラーの原点に迫るべく、直撃インタビューを敢行した。


★Eastern Conference Finals Story/GOOD-BYE BAD BOYS
ピストンズ帝国の終焉

過去3年でファイナル進出2度という実績、優勝時から変わらぬ不動のスターター……。王座奪回に向け視界良好と誰もが思っていた。しかし、圧倒的な総合力を誇るピストンズはレブロン1人の前に屈し、5年間に渡って築き上げた帝国は終焉を迎えようとしている。

文/杉浦大介
TEXT by DAISUKE SUGIURA


★Western Conference Finals Story/Keep Swinging?
ジャズの快進撃は本物か?

カンファレンス決勝では1勝4敗でスパーズにあっけなく敗退。それでも今季のジャズは予想以上の好成績を残してリーグに強烈なインパクトを与えた。ただ、ここまであまりにも順調すぎた感があるのも否めない。果たして今季のジャズの快進撃は本物だったのか?

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★Marcus Camby Special Story/Defense Master
[スペシャルストーリー]マーカス・キャンビー/デンバーの守護神

これまで度重なるケガに悩まされてきたキャンビーは、NBAでも上位の実力者でありながら評価は今ひとつだった。だが、今季は故障がちな身体に打ち勝ち、11年目にしてついにディフェンダーの最高栄誉である「最優秀ディフェンス賞」を獲得。ようやく日の目を浴びたデンバーの守護神の軌跡を追った。

文/中島はるの
TEXT by HARUNO NAKASHIMA


★Kobe Bryant Special Story/Mysterious KOBE
[スペシャルストーリー]コビー・ブライアント/迷走するコビー

コビーが移籍を要求――。プレーオフ真っ只中の5月30日、NBAを揺るがすニュースが突如発信された。ところが、数時間後には一転して残留宣言。これで収束したかと思えば、ファイナル直後に、コビーが態度を硬化させていることが判明した。迷えるスーパースターは、本当にLAを去る気なのか?

文/三尾圭
TEXT by KIYOSHI MIO


★TOP PROSPECT
ドラフト候補生ガイド2007

6月28日、いよいよ今年の新人ドラフトがニューヨークで行なわれる。全体1位の栄誉に浴すのはいったい誰なのか。来季のNBAを盛り上げるであろう、上位指名候補の詳細データ、今ドラフトの見どころをまとめた。これを読んで目前に迫ったドラフトに備えるべし!


★BIGポスター
◆レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)
◆ティム・ダンカン(スパーズ)

★DS PRESENT @ August
西のビッグマン2人のアイテムが登場!
(インターネットからも応募可能です!)

★Conference Finals & Semis. Report
カンファレンス決勝&準決勝ゲームレポート&ボックススコア

★2006-07通信簿 File.127-300

★FREE AGENT LIST 2007
FA全選手リスト2007


★REGULARS★

★NBA MU-IMIDAS
シャックが肥満児向けダイエット番組に出演!?

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★No Charge Area
ブルース・ボウエン――最もダーティーな男

★SCOOP SHOT
リーグの出場停止ルールは即刻改正すべし!

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/レブロン、レブロン、レブロン!

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
785円
2007年7月号/No.174
PLAYOFFS 2007
プレーオフ2007速報
2007年5月25日発売
定価750円(税込)


「歴代最強チームはどこなのか?」。そんな読者の疑問に答えるべくダンクシュート7月号では“NBA史上最強チーム決定戦”を開催! 80年代以降における歴代の強豪たちが時空を超え、誌上で大激戦を繰り広げる!! 第2特集では、プレーオフを徹底的にピックアップ。1回戦レポートはもちろん、カンファレンス準決勝速報までカバー。さらに、大きな期待のかかる現代NBAの“キング”レブロン・ジェームズのスペシャルストーリー、まさかの1回戦負けを喫した昨季王者ヒート&史上屈指のアップセットを演じたウォリアーズに迫る。 その他、好評連載中の日本人選手応援プロジェクト『J BALLERS』など、魅惑の企画が目白押しだ! 両面超ビッグポスター&NBAファイナル名場面集の豪華2大付録もついたダンクシュート7月号は、2007年5月25日(金)発売!!


【別冊付録】
The Story of NBA FINALS
ファイナル名場面集

NBAチャンピオンを決する舞台、『NBAファイナル』。その至高の舞台では、これまで数々の名場面、名勝負が繰り広げられてきた。そこで本企画では、選りすぐりのファイナル名場面を特集する。

◆Kobe Bryant, Michael Jordan, Dwyane Wade, Magic Johnson, Allen Iverson, Larry Bird, Shaquille O’Neal, Isiah Thomas, Tim Duncan, Dennis Rodman and more…
◆NBAファイナル記録集

★NBA史上最強チーム決定戦!!
時空を超え歴代の強豪が誌上対決!

2007年の優勝チーム決定を前に、『ダンクシュート』はNBA史上最も強いチームを決める、かつてない規模のトーナメント戦を開催することにした。名付けて、「NBA史上最強チーム決定戦」。シーズン72勝をあげた95-96ブルズ、80年代最強と目される85-86セルティックス、86-87レイカーズなど、伝説の強豪12チームを厳選し、王者の中の王者を決定する!

最強チーム候補
■82-83フィラデルフィア・76ers
■85-86ボストン・セルティックス
■86-87ロサンゼルス・レイカーズ
■88-89デトロイト・ピストンズ
■91-92シカゴ・ブルズ
■93-94ヒューストン・ロケッツ
■95-96シカゴ・ブルズ
■99-00ロサンゼルス・レイカーズ
■02-03サンアントニオ・スパーズ
■03-04デトロイト・ピストンズ
■05-06マイアミ・ヒート
■06-07ダラス・マーベリックス

PLAYOFFS 2007
プレーオフ速報
優勝候補の一角マブズが黒星スタートを切るなど、例年にも増して波乱の予感が漂うプレーオフ2007。東西16チームが繰り広げる激闘の模様を、1回戦の全シリーズ分析、注目選手・チームのストーリー、各チームのエース査定、2回戦速報の4本立てでお送りする。

◆LeBron James Special Story
[スペシャルストーリー]レブロン・ジェームズ/王位継承者の歩む道

球団史上最高の第2シード獲得してプレーオフに挑んだレブロン。昨季と同じウィザーズとの対戦となった1回戦では、自らに頼りがちなチームスタイルを打破すべく、チームメイトを十分に生かした働きを見せた。果たして、現代NBAの“キング”は今季どこまで勝ち進むのだろうか。

◆Miami Heat
マイアミ・ヒート/あっけない幕切れ

「プレーオフになれば本来の姿を取り戻すに違いない」。昨季王者のヒートに対し、こんな淡い期待を抱いていたファンは多いだろう。しかし現実は厳しかった。ブルズ相手に1回戦敗退。それもこともあろうかスウィープ負けを喫してしまったのだ。王者ヒートはなぜ、こうもあっさり敗れてしまったのだろうか?

◆GOLDEN STATE WARRIORS
ゴールデンステイト・ウォリアーズ/奇跡のアップセットが生まれた5つの理由

レギュラーシーズンで67勝をあげた第1シードのマブズを相手に、第8シードのウォリアーズがまさかの大金星をあげた。NBA史上最高のアップセットはなぜ生まれたのか? ウォリアーズが掴んだ“奇跡の勝利”の原因を探る。

◆DENVER NUGGETS/Invaluable Defeat
デンバー・ナゲッツ/輝ける未来

今プレーオフの「台風の目」と目されていたが、4年連続で1回戦負けを喫したナゲッツ。しかし個々に目を向ければ、カーメロ&アイバーソン、キャンビーらリーグ屈指のタレント集団だ。彼らが秘める力を発揮した時、ナゲッツに明るい未来が待っているのは間違いない。

◆Who’s the Best Ace?
<プレーオフ1回戦>エースの働きぶりを査定

◆1st ROUND REPORT
1回戦完全レポート

◆Conf.Semi REPORT
カンファレンス準決勝速報

★PROJECT 2K7
ケビン・ガーネット&コビー・ブライアント
悩める二大スーパースター救済計画

リーグを代表するスーパースター、KGとコビーが苦悩している。エースである彼らの使命はチームを優勝に導くこと。しかしチームは優勝とはほど遠い状態でシーズンを終了し、KGは強豪チームへの移籍が囁かれ、コビーもチームに改革を要求した。このオフ、彼らに待ち受けるシナリオを大胆予想する。

★MARKET RESEARCH
FA&トレード完全ファイル

プレーオフ真っ只中ではあるが、徐々に移籍関係の噂が盛んになってきた。今オフは、カーターやルイス、ビラップスといった大物選手が出揃う豪華な市場である。ひと足先にその噂をチェックしておこう。

NBA STAR BIOGRAPHY/CB4
クリス・ボッシュ/恐竜伝説

2003年ドラフト当時、クリス・ボッシュは並み居るその他のルーキーたちの陰に隠れた存在だった。だが4シーズンが過ぎた今、ボッシュに対する評価は一変した。遅れてきたスーパースター候補の半生を振り返る。

SIGNATURE MOVES
NBA必殺技ファイル2007

NBA選手たちはそれぞれ代名詞的な得意プレーを持っているもの。それが高じるとシグネチャームーブ(=その選手独自の必殺技)として人々に認知されるようになる。ここでは、現代NBAを代表する必殺技とその使い手を紹介。有名なテクニック、知られざる効果的ムーブなど、16の必殺技を集めた。

■コビー・ブライアント→リバースダンク
■スティーブ・ナッシュ→ビハインド・ザ・バックパス
■アレン・アイバーソン→クロスオーバードリブル
■カーメロ・アンソニー→スピンムーブ
■トニー・パーカー→ティアドロップ……他


J BALLERS/日本人選手応援プロジェクト
桜井良太(JBLトヨタ自動車アルバルク)/底なしの才能を秘める万能ガード

現日本代表候補の桜井良太は、今、最も注目すべき選手だ。昨夏の世界選手権、今季2年目を終えたJBLトヨタ自動車では、随所に光るプレーを連発。“試合の流れを変えられる男”として、その評価は日に日に高まっている。世界を見据える万能ガード“リョータ”の素顔に迫る!

★STATS LEADERS
個人タイトル獲得者発表

★NBA AWARDS WINNERS
個人賞受賞者が決定

★TALK LIVE
気になるあの選手の本音に迫るショートインタビュー集!

◆コーリー・マゲッティ(ロサンゼルス・クリッパーズ)
◆リチャード・ジェファーソン(ニュージャージー・ネッツ)
◆アンソニー・パーカー(トロント・ラプターズ)
◆デビン・ハリス(ダラス・マーベリックス)

★Monthly Euro News
ユーロリーグ・ファイナル・フォー速報

◆ユーロリーグ・ファイナル・フォー最新結果
◆2006-07 EUROLEAGUE AWARD WINNERS

★BIGポスター
◆アレン・アイバーソン&カーメロ・アンソニー(ナゲッツ)
◆バロン・デイビス(ウォリアーズ)

★DS PRESENT @ July
コビー&マーブリーのシューズが登場!
(インターネットからも応募可能です!)

★TEAM by TEAM STATISTICS
全30チーム個人完全成績

★SCORE BOARD
06-07シーズン最終結果&記録集

★SUPER DUO STORY
スーパーデュオ列伝/シャキール・オニール&コビー・ブライアント

★NBA MU-IMIDAS
ウォリアーズの快進撃はDJオズマ的現象!?

★G-STREET
最新グッズ紹介

★KICKS WOW!
最新スニーカー情報

★DUNKIN’ TOPICS
NBAをメインにホットな話題を直輸入

★TV PROGRAMS
テレビ放送スケジュール

★No Charge Area
バロン・デイビス――エモーショナルな核弾頭

★SCOOP SHOT
マブズはノウィツキーを信じ続けられるのか?

★NBA MIXED ZONE
『SLAM』元編集長ラス・ベンソン取材日記/プレーオフ開幕!

★FRONT LINE
情報最前線

★all court press 2
読者のページ
おすすめの購読プラン

DUNK SHOOT(ダンクシュート) 雑誌の内容

初心者からマニアまで誰でも楽しめるバスケットボール専門誌
世界最高峰のプロバスケットボールリーグ「NBA」の最新情報を中心に、ファン&プレーヤーに役立つさまざまな情報を、迫力ある写真と共にお届けする。読みどころは、毎号趣向を凝らした特集記事、選手の本音に迫るインタビュー、豪華執筆陣による人気連載コラムなど。その他、最新シューズやグッズ、NCAA、ユーロリーグ、日本人選手など、NBA・バスケットボールに関連する旬な情報を幅広く取り上げる。

+   DUNK SHOOT(ダンクシュート)の目次配信サービス

DUNK SHOOT(ダンクシュート)を買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

1 週刊ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
10%
OFF
送料
無料

週刊ゴルフダイジェスト

2021年11月30日発売

目次: 飛距離アッププロジェクト始動!
すごいぞ! 女子プロの【超効率インパクト】

2年ぶりにモデルチェンジ
【12代目ゼクシオ】ライバルとガチンコ対決!

プロコーチのファイナルアンサー
朝のスタート前の『30球』

トーナメントスポンサーに聞いてみた
「なぜゴルフを選んだの?」

■プロに勝った先輩後輩
 中島啓太と河本力のスウィング

■しぶこの先生・斉藤トレーナー考案!
やってみよう!「スタート前のウォームアップ5分メニュー」


■刀は一本ではない!
 驚異の【三刀流】丹波幸一の生き方

参考価格: 460円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:414円

明日から役立つ!“ニュース”な話題が満載のゴルフ専門誌

  • 2021/11/24
    発売号

  • 2021/11/16
    発売号

  • 2021/11/09
    発売号

  • 2021/11/02
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/10/19
    発売号

3 ゴルフダイジェスト

ゴルフダイジェスト社

最大
8%
OFF
送料
無料

ゴルフダイジェスト

2021年11月20日発売

目次: 永遠不変の飛ばせるインパクト『ハンドファースト』/特別付録 読むと試したくなる!ベン・ホーガン読本

参考価格: 690円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:672円

いつも読者主義! 本格派ゴルファーのためのゴルフ雑誌

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/19
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

4 月刊タイガース

阪神タイガース

月刊タイガース

2021年12月01日発売

目次: 今月の一枚

クローズアップインタビュー
見据える高み
青柳晃洋

TIGERS PHOTO TOPICS
頂への再始動
2021秋季練習
タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現

Pick up Interview
自信を膨らませる
島田海吏

虎番目線
デイリースポーツ 今西大翔
関西スポーツ5紙虎番記者によるリレーコラム

CSファーストステージ
2021PLAYBACK
2021タイトルホルダー

タイガースフィールドコラム
現場からお伝えします
vol.32 2021年11月

Next Generation Interview
自分にしかできないピッチングを
佐藤蓮

タイガースファームレポート
若虎たちのファームでの動向を詳しくレポート

TIGERS DATA ANALYSIS<データ分析>
【考察2021】vol.9
2021タイガース5部門分析
(投/打/走/守/作戦)
~上位3チーム直接対決展望~

嶋尾康史のトラリンク!
第143回 高城れにさん(ももいろクローバーZ)
タイガース投手から俳優業へ転身した嶋尾氏が各界トラファンを紹介

虎・背番号File
list#9

虎風草 我が阪神の歳時記 12月December
オフなきオフ

念願の初制覇へ!
2021タイガースJr.メンバー紹介

【阪神タイガース Women連載企画】
月刊タイガース Women vol.10
対談Interview
三浦伊織×植村美奈子

平田道場
時には熱く!時には優しく・・・
師範・平田ヘッドコーチが親身になって読者の質問に答えてくれます

阪神タイガースの全てがわかる球団唯一のオフィシャル誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/02
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

最大
20%
OFF
送料
無料

ナンバー(Sports Graphic Number)

2021年12月02日発売

目次: BASEBALL FINAL 2021
日本シリーズ完全詳報

スワローズ、
日本一の飛翔。

[V監督が明かす采配の秘密]
高津臣吾「日本一のバスに乗せて」

[涙のフィナーレ]
村上宗隆「若き主砲の激情」

[神戸に散った知将の手腕]
中嶋聡「チームを再生させた3つの策」

日本シリーズ全6戦
完全詳報&徹底解説

第1戦 オリックス4-3ヤクルト 解説●宮本慎也
[シリーズ中インタビュー]
山本由伸「異変から大熱投へ」

[若きエースが語る躍進の1年]
奥川恭伸「勇気の呪文を胸に」

第2戦 オリックス0-2ヤクルト 解説●星野伸之
青木宣親「39歳、約束の職人芸」

第3戦 ヤクルト5-4オリックス 解説●与田剛
石山泰雅「シーソーゲームの救世主」

第4戦 ヤクルト2-1オリックス 解説●伊東勤
中村悠平「燕の要は攻めてこそ」

第5戦 ヤクルト5-6オリックス 解説●宮本慎也
太田椋「ワクワクし遂げた大仕事」

[キャプテン起死回生の一撃]
山田哲人「スタンド上段に叩き込んだ苦闘」

第6戦 オリックス1ー2ヤクルト 解説●伊東勤
川端慎吾「耐えて、待って、花は咲いた」

[〝14球の男〟が振り返る]
1995年と2021年「2つの死闘を貫くもの」


2021年の男たち

[驚異の20歳が語る]
佐々木朗希「約束された覚醒」

[今世紀初の新人3割&20発男]
牧秀悟「記録にも記憶にも残したい一打」

[若き日本の守護神]
栗林良吏「悔いのない、でき過ぎな1年」

[タイガーズ、V逸の先に]
佐藤輝明が背負ったもの

[メジャーへの思いを明かす]
鈴木誠也「トラウトにだって負けたくない」

[惜別インタビュー]
斎藤佑樹「これからもずっと野球とともに」

[鉄人18年戦記]
鳥谷敬「生き残るためには、出続けるしかなかった」

[退任インタビュー]
栗山英樹「本当の優しさは、厳しさの中にある」

[強竜復活への誓い]
立浪和義「古くもなく、新しくもなく」


[ビッグマッチ直前インタビュー]
村田諒太「運命の相手と、すべてを懸けて」



REGULARS
[新連載第2回]
池江璃花子 パリに向かって

[現役最終戦を語る]
ラストマッチ 荒木絵里香

BEYOND THE GAME
藤島大「名将・古葉竹識を悼む」」

荒磯親方、部屋をつくる

令和名棋士案内 阿久津主税

参考価格: 640円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:512円

雑誌『ナンバー(Sports Graphic Number)』は、メジャースポーツからマイナースポーツまで、スポーツの魅力を美しい写真でお伝えします!

  • 2021/11/18
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ランニングマガジン・クリール(courir)

2021年11月22日発売

目次: 特別付録 トレーニングダイアリー2022

SPECIAL ISSUE
Let's Relearn about JOGGING!
ジョギングの質を高めて速くなろう
解説/松村拓希(東京国際大学駅伝部コーチ)

SPECIAL FEATURE
疲れをためず・残さず走り続けよう
マラソン「疲労回復」作戦!
Marathon Recovery Strategy

「主観」「自律神経」「筋ダメージ」を指標に
マラソンの疲労度を判断しよう
解説/高山史徳(ストレングス&コンディショニングコーチ)

筋肉の硬さを取り、ケガを予防する
ストレッチ&トレーニング
解説・実演/鴇田昌也(日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

パフォーマンスアップと疲労回復に
ランナーにお薦めのサプリメント成分
解説/佐藤貴規(THINKフィットネス)

早い!安い!おいしい!
疲労回復に効くオススメ料理レシピ
料理解説・実演/東 隆彦(ニッポンランナーズ ランニングコーチ)

パフォーマンスアプにつながる
正しい「睡眠術」
解説/守田優子(東京理科大学 教養教育研究院 野田キャンパス教養部)

中本健太郎の練習ノート

みんなの練習ノート 読者編

RACE REVIEW
金沢マラソン2021[石川]
激坂最速王決定戦2021[神奈川]

福岡国際マラソンPREVIEW

腎臓 KIDNEY
解説/常世田智明(名古屋掖済会病院 腎臓内科 医長)

SERIES
Let's Enjoy Running!
サブ3.5&サブ4達成トレーニング
松尾和美(CHIBA RUNNERS.m代表)

ペース&心拍数でアプローチ
サブ3&315達成メソッド
久保健二(ランニング・デポ代表)

Close-up Sub2.5-Sub3 Femele Runners
ハイレベル女子の練習法
File 20 池田美穂子さん(ちばりよ~RC)

GEAR&NEWS
クリール・ビギナーズカフェ
風の中の女性たち
最新シューズカタログ
マンガ・板吉走遊記
開催・中止・延期情報
クリールinfo
私はこうして速くなった
弘山勉・晴美のランニングフォーム改造ラボ
サプリメント&活用術
トレイル通信
風に舞う地図 窪田俊郎さん
【旅ラン企画】街道を走る 甲州街道 長野・上諏訪~下諏訪
パッパラー河合のフルマラソンなんかぶっ飛ばせ!
編集長タカハシの フルマラソン サブ4への道
サポーターズクラブ
読者のレースレポート
星占い
GOAL GATE
スポーツエントリー利用方法
ロードレースPICK UP
ロードレースインフォメーション
ラップ&スプリットタイム表

参考価格: 890円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:510円

快適に楽しく走ろう! ランニング情報マガジン

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/20
    発売号

  • 2021/06/22
    発売号

  • 2021/05/21
    発売号

7 Tarzan(ターザン)

マガジンハウス

最大
13%
OFF

Tarzan(ターザン)

2021年11月25日発売

目次: 1日1分1種目!
カラダが変わる自体重トレ

ウデタテ、フッキン、スクワットだけ。
道具要らずの30日間プログラムが完成!
表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。

リモートワーク中心の生活で蓄えられた体脂肪や運動不足を解消したい。
食欲の秋に身をゆだねすぎて、肉厚になったカラダをスリムにしたい。
もちろん、健康と体力も維持していきたいし、部位ごとのメリハリもつけたい。
そんな願望のすべてを、今日から1日1種目、
しかも1分だけで叶えられるとしたら、早速実践してみたくなりませんか。

特に実践して欲しい人は、こんな人。
「やる気はあるけど、できれば運動したくない人」、
「時間がないことを言い訳にしがちな人」「カラダを気遣う、きっかけが欲しい人」……
道具を買わずとも、自宅でウデタテ、フッキン、スクワットを毎日ひとつずつ、
そしてその種目の回数をアップしていくだけというゲーム性もある。
1日1分強のトレーニングタイムを30日続ければ、
確実なる成果が見込める簡単SUPERプログラムの完成なのだ。
なにも考えずに、ただただページをめくってひとつずつ遂行していけばいいのだ。

その特別プログラム以外にも、自体重で鍛えるのが難しい「背筋」トレの新提案や、
筋トレ初心者のための超基礎テスト、童心に帰ってのなわとびトレも。
また、オリンピックで2種目金メダルに輝いた水泳界のヒロイン、
大橋悠依選手が実践している自体重トレも大公開。
なんでも大橋選手、実は「腕立て伏せ、膝をつかないとできない」とのこと。
でも、そこには確固たる理由が。そちらは本誌でぜひチェックしてみて欲しい。

表紙は、ジャニーズWESTの濵田崇裕さん。
ドラマで見せた三枚目な姿からは離れ、
端正な顔にふさわしい引き締まったカラダを披露してくれた。

道具要らずで、今日から実践できる「自体重トレ」特集。
これからトレーニングを始めたいという方に、捧げたい一冊だ。

定期購読(月額払いプラン)なら1冊:635円

快適なんてカンタンだ、とダイエット、体力向上、健康維持・・・ カラダづくりの教本!

  • 2021/11/11
    発売号

  • 2021/10/21
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/09
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

auto sport(オートスポーツ)

2021年11月26日発売

目次: 1点の重責
F1 全22戦中20戦終了時点で8点差

[絶対王者]LEWIS HAMILTON(MERCEDES)
[挑戦者]MAX VERSTAPPEN(RED BULL HONDA)
運命の最終2連戦


SUPER FORMULA 総集編
[チャンピオン対談]
野尻智紀 × 一瀬俊浩

世界的人気を誇るFIA GT3、GT4に続くか
GT2 優しい直線番長
アウディR8 / ポルシェ911
フェラーリ488 / ランボルギーニ・ウラカン
KTM X-BOW / ブラバムBT62

REPORT
F1 第19戦ブラジルGP / 第20戦カタールGP
WRC 最終戦モンツァ
RALLY セントラルラリー2021
スーパー耐久 最終戦岡山

特別付録
2022年スーパーGTカレンダー

参考価格: 690円

史上最強・最速のweeklyモータースポーツ・マガジン

  • 2021/11/12
    発売号

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/17
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

月刊 ジャイアンツ

2021年11月24日発売

目次: 特別定価:650円(本体591円+税)

表紙:亀井善行
特別付録:松原聖弥27打席連続安打記念クリアファイル




Thanks9




<CONTENTS>
亀井引退大特集
 単独インタビュー
 message for カメ
 引退会見完全収録
 カメモリアルフォト
 マンスリー由伸

POSTSEASON GAME HIGHLIGHT
2021 JERA クライマックスシリーズ セ
 1stステージ
 ファイナルステージ

zoom in G
 坂本勇人 Hayato’s room
 岡本和真 2年連続2冠王

小谷のつぶやき
 引退 大竹 寛&野上亮磨

G-Shots in みやざきフェニックス・リーグ

ヤングG直撃インタビュー 中山礼都

G党 林家三平師匠「ど~も すいません」

G RESEARCH 「5月号の公約達成できましたか?」

本誌Executive Editor
 岩橋玄樹 G-BALLPARK

東京ドームなび
スタジアムアナウンサーエッセー「声に込めて」 山本菜月
ピンナップ ポスター&カレンダー 亀井善行
読者プレゼント
リレーインタビュー 太田 龍×戸田懐生
オレココ! 萩原 哲
2021VENUS MY MEMORIAL PHOTO
PLAYBACK 月刊プロ野球! さまぁ~ずスタジアム
我ら広報部!
3軍リポート
裏方さんこんにちは… 水留直輝トレーナー
─女子野球応援企画─ 輝け! ヴィーナスたち
ジャイアンツカップへの道 
 甲府中央ボーイズ/大津瀬田ボーイズ
読者が作る Field of Giants
GIANTS SCOREBOARD
2021GIANTSセ・リーグ全試合結果
2021GIANTSイースタン・リーグ全試合結果
GIANTS TOPICS
2022年2月号予告/Editor’s room

読売巨人軍監修 レギュラーからファーム・3軍まで、GIANTS情報がギッシリ!

  • 2021/10/22
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/24
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/24
    発売号

DUNK SHOOT(ダンクシュート)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌