※最新号の表紙とは限りません

天文ガイド

誠文堂新光社
定期購読・最新号・バックナンバーの購入ができます!
毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。
1965年7月創刊の、はじめての人にも良くわかる月刊天文誌。読んで知識を身に付けるだけでなく、誰もが天体観測を楽しんだり、天体写真の撮影ができるように、一般向きのわかりやすい解説記事の掲載とともに、一方では、最新の天文学や宇宙開発関係の専門的記事も紹介し、幅広い読者の支持を得ている。内容は毎月の天文現象の紹介や、天文学の最新ニュースをはじめ、天体望遠鏡機材テスト、天文イベントの紹介、読者の天体写真、情報コーナー、読者のコーナーなど充実、天文ファンならいつも座右に置いておきたい必須の雑誌。

天文ガイドの
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
天文ガイドのレビューを投稿する
  • + 紙版+デジタル版
  • 12,948円(税込)
    1冊あたり1,079円
  • ◆ 送料:
    込み
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2015年06月05日(金)発売号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • + 紙版+デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は979円(税込)
  • ◆ 送料:
    1配送 100円
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 紙+デジタルとは?
    • 「自宅にお届けする雑誌」と「PC、スマートフォンで見るデジタル版」の両方セットの定期購読です。
    • 外出先など、いつでもどこでも雑誌を読むことができます。資料として活用するのに最適です。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 2015年06月05日(金)発売号からデジタル版の閲覧が可能です。
    • 定期購読中に限り、デジタル版の閲覧が可能です。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は856円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 5,000円(税込)
    15%
    OFF
    1冊あたり833円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 9,800円(税込)
    17%
    OFF
    1冊あたり817円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • この購読プランは、ご注文完了後の解約は原則受け付けておりません。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

天文ガイドの商品詳細

  • 出版社名:誠文堂新光社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • サイズ:B5
  • 1冊定価:[デジタル版]840円
毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。
1965年7月創刊の、はじめての人にも良くわかる月刊天文誌。読んで知識を身に付けるだけでなく、誰もが天体観測を楽しんだり、天体写真の撮影ができるように、一般向きのわかりやすい解説記事の掲載とともに、一方では、最新の天文学や宇宙開発関係の専門的記事も紹介し、幅広い読者の支持を得ている。内容は毎月の天文現象の紹介や、天文学の最新ニュースをはじめ、天体望遠鏡機材テスト、天文イベントの紹介、読者の天体写真、情報コーナー、読者のコーナーなど充実、天文ファンならいつも座右に置いておきたい必須の雑誌。
天文ガイド イベントの紹介
天文ガイド主催「星空写真撮影講座」を開催!
今回の講座は、本誌「星雲・星団写真撮影入門」連載中の天体写真家・中西昭雄さんを講師に迎え、2月16日(日)に実施しました。テーマは「星空風景写真、天体望遠鏡を使った本格的な天体写真撮影の入門」です。
詳細はこちら
詳細画像

天文ガイドの無料サンプル

2019年6月号 (2019年05月02日発売)
2019年6月号 (2019年05月02日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

天文ガイド 2019年12月号 (2019年11月05日発売) の目次

第1特集は太陽系外から飛来した初の恒星間彗星・2I/ボリゾフ彗星。
発見後の観測で求められた軌道から、太陽系の外からやってきた初めての彗星であることがわかりました。
話題の彗星を詳しく紹介します。

ほか、ノーベル物理学賞2019がわかる、宇宙マイクロ波背景放射と系外惑星の解説、12月26日の金環日食と部分日食、7月と9月に南半球で見られた土星食の観測と土星食のメカニズムの紹介、藤井旭さんが日本天文遺産の見学から、ふたご座流星群の母天体・小惑星ファエトンの恒星食観測に行きつくルポ、期待のフルサイズ機・ソニーα7R4のレビューなど盛りだくさんの内容です。
第1特集は太陽系外から飛来した初の恒星間彗星・2I/ボリゾフ彗星。その軌道から、太陽系の外からやってきた初めての彗星であることがわかりました。話題の彗星を詳しく紹介します。ほか、簡潔にわかるノーベル物理学賞2019の解説、12月26日の金環日食と部分日食、7月と9月に南半球で見られた土星食の観測と土星食のメカニズムの紹介、期待のフルサイズ機・ソニーα7R4のレビューなど盛りだくさんの内容です。




目次
流星写真撮影講座開催
注目の彗星ギャラリー
太陽系外から飛来した初の恒星間彗星 2I /ボリゾフ彗星 中野主一
ソニーα7RⅣ 沼澤茂美
月のある絶景 榎本 司
12月の星空と天体観測 藤井 旭
ASTRO NEWS 石崎昌春,塚田 健,内藤誠一郎
星雲・星団案内 津村光則
天文学コンサイス 半田利弘
日本天文遺産と小惑星ファエトンの恒星食 藤井 旭
南半球での土星食観測 早水 勉 藤井哲也
12月26日金環日食
「星雲・星団撮影」入門 中西昭雄
星明かり月明かり 牛山俊男
T.G.Factory 暗い天体像を失わないRAW現像 西條善弘
宇宙からの視点 池内 了
12月26日金環日食ツアーのお知らせ
オーロラカレンダー 篠原 学
TG情報局 (新製品情報ほか)
読者Space!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!
ASTRO SPOTS
全国・天文イベント情報
ノーベル物理学賞2019を知る 荒舩良孝
宇宙を創る法則 松原隆彦
宇宙に耳をすます 阪本成一
今日からロケッティア! 足立昌孝
宇宙天気 篠原 学
天文データ 相馬 充
流星ガイド 長田和弘
星食ガイド 広瀬敏夫
変光星ガイド 大島誠人
変光星の近況 広沢憲治
太陽黒点近況 時政典孝
小惑星ガイド 渡辺和郎
人工天体ガイド 橋本就安
惑星の近況 堀川邦昭
彗星ガイド 中野主一
2019年総索引
広告索引
応募用紙
奥付
読者の天体写真
入選者の声 (最優秀賞受賞者手記)
星のある場所 森 雅之

天文ガイド 2019年11月号(2019-10-05発売) の特集を少しご紹介

星空タイムラプス ムービーを撮ろう
フルサイズ・ミラーレスカメラで
P.6~P.15
YouTubeなどにもたくさんあがっている,星空タイムラプスムービー.観たことがある人は多いと思いますが,撮影に関しては「むずかしそう…」というイメージを持っていませんか?  たしかに1枚撮りの星空の風景写真などとは異なり,長時間にわたって撮影を続ける必要があること,撮影後の処理に時間がかかるなど,少し手間はかかりますが,実は撮影機材さえそろえれば,誰でもすぐに撮影をすることができます.時間をかけて撮影した静止画をつなぎ合わせ,星空が動いていく様子を動画として表現できたとき,その感動はひとしおです.  タイムラプスムービー撮影に必要なのが,インターバル撮影機能が備わったカメラ,またはリモートコントローラーを接続できるカメラです. 最近は多くのカメラにインターバル撮影機能が搭載されているので,所有しているカメラの機能をぜひ確認してみてください.もし機能が搭載されていれば,あとは記録メディアと三脚だけあればOK
モアイが見上げる星空
イースター島の天の川
P.4~P.5
絶海の孤島「イースター島」,正式名称は「パスクア島」,現地では「ラパ・ヌイ」とよば れています.2010年の皆既日食で訪れて以来,9年ぶりの訪島となりました.今回の目的はモアイと星空を撮影すること,この一点に目標を絞って準備を進めて来たのですが,島の 環境は大きく変化していました.島内のすべてのモアイのエリアはフェンスで囲まれ,17 時半以降はその中に入ることができません.世界遺産であるモアイを守るために,その規 制は徹底されていました.それでも,イースター島の星空は圧倒的な美しさで迫ってきま した.天候がめまぐるしく変化する中でも雲の切れ間から見える天の川,また天の川の輝 きを遮る暗黒星雲のような雲の小片,刻々と過ぎ去る時間とともに,2度と見ることので きないイースター島の星空の情景が展開されていきました.
アストロキャンプのすすめ夏が終わる前に天の川を楽しみたい!
もっと贅沢に星空を楽しみたい!
P.36~P.43
 天文ファンにとって,天の川は夏の風物詩です.もちろん,秋以降でも天の川を見ることはできますが,やはり銀河系の中心方向を見る夏と違い,明るさや迫力という意味で,どうしても夏の天の川に軍配があがってしまいます.そういうわけで,天の川を見るなら夏! という定番のイメージがあるのだと思います. そして,我われ釣りを愛する者にも,川へ行くなら夏(まで)! という常識があります.なぜなら,渓流には禁漁期という釣りや採取が禁止になる期間があるからです.我われが釣りの対象とするヤマメやイワナなどの渓流魚だと,禁漁期はおおむね10月1日~2月末までとなります(禁漁期は各河川によって微妙に異なります).つまり,天文ファンが愛する天の“川”と渓流ファンが愛する“川”,このどちらも楽しむ時期のピークが夏(まで)なのです!

天文ガイド 2019年10月号(2019-09-05発売) の特集を少しご紹介

晴天祈願!秋の夜長は200mm望遠レンズでもデカく写る天の川沿いの赤い星雲に挑戦
P.8~P.13
「いやぁ~晴れませんねぇ…」が, この夏の天文ファンのあいさつ.そろそろスカッと澄みきった素晴らしい星空を見たいものだ. 秋は「夏の大三角」から「冬の大三角」までの天の川を一晩で楽しめる季節.天の川沿いは“写しごたえ”のある大型の赤い星雲がいっぱいだ.撮影に夢中になっていると,長~い秋の夜もアッという間に明けてしまう! はくちょう座北部の星雲は早い時間帯に撮影しよう  秋の宵の口の時間帯,夏の大三角はまだ天頂付近に見える.天の川は天頂付近から南西の地平に向かって流れている.はくちょう座の①北アメリカ星雲・②ガンマ星周辺の星雲は,天頂付近の好位置に見える時間帯に撮影してしまおう.①も②も肉眼では見えないが,赤い散光星雲の中ではかなり明るく写しやすい.時間に余裕があれば,すぐ近くに位置する網状星雲(超新星残骸)にもカメラを向けてみたい.
ペルセウス座流星群2019
月明かりのペルセウス座流星群撮影
P.36~P.41
今回のペルセウス座流星群は極大期に月明かりの影響を受けたほか,台風の相次ぐ接近により観測自体が危ぶまれましたが,予想に反して各地で晴天に恵まれ,多くの観測が行なわれました.日本流星研究会に8月15日午前中までに寄せられた情報から,内山茂男氏により集計された情報によると,まず11日夜から12日早朝にかけてはHR=40・ZHR=49と,時間の経過とともに活動レベルが上昇していく様子が観測されました.その翌日,国内で見かけの極大が観測されるものと思われた12日夜から13日早朝にかけてはHR=40・ZHR=65と,月明かりの影響を差し引いてもやや少なめの出現となり,明け方にかけて明確な増加傾向は観測されず,明るい流星も例年より少なめに終わりました.  今回は13日夕方が極大と予想され,13日夜から14日早朝の出現についても注目されましたが,その期待に応えるようにHR=72・ZHR=93と今回の活動期では最大の出現数が観測され,14日早朝に向けて次第に減少していく様子が各地でとらえられています.
STAR WATCHING
10月の星空
P.18~P.25
9月23日の秋分の日から10月にかけて,夜の時間が長くなり,よく晴れた透明度の高い星空シーズンの幕開けです.しかし,その分だけ夜の冷え込みも強まってきます.星空ウオッチングのお楽しみもまずは健康第一,風邪などひかないように防寒対策もしっかり忘れずにしていきましょう.  さて,このごろの夕空には,西天低く輝く星が目につくようになってきます.高度を上げている宵の明星の金星ですが,これから来年の春にかけて見られます.細い月と並んだり,惑星たちと接近する様子は肉眼でもよくわかり,人々の目を引くことでしょう.  秋の星空は,ほかの季節と違い,古代エチオピア王国にまつわる一つの星座神話に登場する人物や,動物たちの星座からできているのが特徴なので,神話の登場順に星座の姿をたどるのがおすすめです.

天文ガイド 2019年9月号(2019-08-05発売) の特集を少しご紹介

二重星を観測しよう
望遠鏡で拡大すると見える星のペア
P.10~P.17
二重星は,天体観望会で人気の観察対象です. 二重星の中でも「連星」は,長い年月の間にはその位置関係が変わります.現在,私たちが見ている二重星は,将来どのように変化するのでしょうか? この夏,遠い未来を想像しながら観察してみませんか. 1二重星の種類  重星は一つの星を望遠鏡などで拡大して見ると,2つあるいはそれ以上に分離して見える天体です.2つの星で構成される星を二重星,3つのものを三重星,4つのものを四重星とよびます.二重星は「見かけの二重星=非連星(OpticalDoubles )」と「連星(Physical Binary )」に大別されます.見かけの二重星は,たまたま視線方向に2つの星が見えているだけで,空間的には大きく離れており,2星の運動は重力的な結びつきを持っていません.対して,連星はお互いに重力で結ばれていて,共通の重心の周りを公転している系です.私たちが日ごろ観察している二重星の中には,たくさんの連星系があります. 連星は公転運動をしているために,長い年月のあとにはその位置関係が変わります.
2019.7.2 南米皆既日食
P.42~P.49
去る7月2 日(日本時間3 日),太平洋上に始まり,南米のチリからアルゼンチンにかけて見られた皆既日食は,陸地のほぼ全域で好天に恵まれ,多くの人たちにより観測された. 編集部に届いた写真とともに,今回の日食の様子を紹介しよう.  7月2日(現地),天文ガイド協賛ツアーの南米チリ・ウルタド渓谷コース(株式会社道祖神)で日食を観測しました.風は少し強かったものの天気は快晴.日食の全経過を観測できました.  私が今回の日食でもっとも注目したのはコロナの広がり方です.連載「宇宙天気」7月号で紹介した今回の日食27日前(6月7日)のSOHO衛星の画像や,視線は少しずれますがSTEREO Ahead衛星の日食1週間前の画像を参照したり,当日の朝もSOHO衛星の最新データを調べて直前予想を立てました.
2 0 19・7・11「はやぶさ2 」2 回目のタッチダウン大成功!
P.6~P.9
2019年7月11日午前10時6分,小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウへの2回目のタッチダウンを果たした.これにより,「はやぶさ2」は,小惑星内部の物質を手にするという世界初の快挙を成し遂げた.  7月11日午前10時過ぎ,神奈川県相模原市のJAXA(宇宙航空研究開発機構)相模原キャンパスの管制室では,50人以上の運用スタッフがモニターに映し出される情報を注視していた.前の日から始まったタッチダウン運用は順調に進み,「はやぶさ2」はリュウグウの地表から30mの高度までやって来た.  ここから先は,「はやぶさ2」自身の判断にゆだねられる.運用スタッフたちは,「はやぶさ2」がターゲットマーカーを発見し,無事に目標地点にタッチダウンできるかどうか見守っていた.レーダーの信号からは,「はやぶさ2」が設定された条件をクリアして,リュウグウ表面に近付いていく様子が刻一刻と伝わってきた.

+   天文ガイドの目次配信サービス

天文ガイドのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.42
全てのレビュー:49件

レビュー投稿で500円割引!
星見ストのバイブル
★★★★☆2019年10月20日 dob63 会社員
天文雑誌は色々と過去に出版されましたが、天文ガイド以外はほとんど淘汰されてしまいました、歴史ある雑誌ですので、安心して購読できます 掲載写真のレベルが高く、初心者には年々難易度が増してますが、その分面白さもレベルUPしてると思います。書籍としてだけでなく、ネット版もあり、動画を見たり、詳細部を拡大したりできる便利さもあるのですが、やはり書籍でめくりながら読むほうがスリリングな驚きを感じることが多いと思います
天文専門雑誌ならこれが一番
★★★★☆2019年08月27日 星見仁 その他
天文専門雑誌ならこれが一番です。これからの星空・天文現象が参考になります。また、天体説明も参考になります。
天文の雑誌といえばこれが1番
★★★★★2019年08月05日 星マニア 公務員
天文ガイドとはもう40数年の付き合いです。中学生のときには掲載されたすばらしい天体写真にあこがれ、望遠鏡を持つに至っては様々な情報を利用させていただいています。そう天文雑誌といえばやっぱり天文ガイドです。
高品質で綺麗な作例に感動
★★★★★2019年07月13日 バーナード 会社員
還暦を迎え本格的に天体観測を始めた私にとって、天文ガイドは小さい頃からのバイブルです。毎号「読者の天体写真」の作品に魅せられて、いつかは自分の手で感動的な写真を撮ろうと思っていました。紙も良いですがデジタル版になりスマホでいつでも見られるようになり、最近では観測地での構図決めにも使わせていただいています。
背表紙GOOD!
★★★★☆2019年05月02日 満天星 無職
はじめの頃から愛読しています。背表紙がついて、サイズも若干大きくなって読みやすくなりGoodです。近くの書店ではあまり見かけなくなってきたので、定期購読しています。これからも良質な情報をよろしくお願いします。
天体好きにさせてくれた本
★★★★★2019年04月06日 板チョコ 会社員
小学生の頃にこの雑誌に出会ってから、本屋で見かけ次第購入しています。 数少ない天体雑誌の中で連載内容が楽しく、これからも買っていきたいと思っています。
手軽にいつでも読める!
★★★★☆2019年04月03日 えびたか 自営業
スマホでいつでもどこでも読めるので、大変便利です。これまで十年近く本誌の定期購読でしたが、本の保管スペースの確保に困っていました。これからは、バックナンバーも電子書籍で読めるので、保管場所が不要になり、助かります。
便利です
★★★★★2019年02月24日 Blues 経営者
毎月どのような写真や動画を撮るのかに必須です
毎月楽しみにしてます
★★★★☆2019年02月11日 はりかも 会社員
今53歳、小学6年の頃から高校まで購読、途中間が空きましたが40台半ばより再購読してます。読者の方の自家用天文台やオリジナル機材の記事は、いいなぁ、私も余暇が増えたら真似したいなぁって、何度も繰り返し読んでます。皆さんの写真を見ると、昔はプロの天文台でないと撮れないようなハイレベルの写真に驚かされます。半田先生の天文学コンサイスは、難しいことをわかりやすく、というか、わかった気にさせてくれる説明で、毎回興味深く読んでます。個人的には、アストロニュースの分量をもっと増えたら嬉しいなって思っています。これからも楽しみにしてます。
初心者からベテランまで活用できます
★★★★★2019年01月18日 風車の弥七 会社員
中学生の時から毎号楽しみで、買ってきたら各ページを食い入るように読みました。私の天文好きは天文ガイドの購入をきっかけに一気に加速し、天文を仕事に出来たらと考えましたが、当時の学力では天文を学べる大学に行くことはとても叶わず、アマチュアで楽しむのがやっとでした。会社に入ってからは忙しくて天文からしばらく離れてしまいましたが、フトコロに余裕が出来た50代になってから本屋で天文ガイドを手に取ったら、おなかの虫が急に騒ぎ出し、天文機材をしこたま購入し、再び夜空と向き合う様になりました。科学技術の発展はもうビックリするほどで、学生の頃見ていた内容と比べるととんでもなく高度になり、とてもついて行けない気もしましたが、仕事で培ったIT技術が思いのほか役立ち、今は会社の若い連中を相手に観望会を開いたり、何かキャンペーンがあるときは観測の協力を求めたりしています。
レビューをさらに表示

天文ガイドをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

天文ガイド(月刊天文ガイド)は、明治45年創業の老舗出版社・誠文堂新光社が発行している天文情報誌です。昭和40年に創刊したこの分野の先駆け的な雑誌で、内容の素晴らしさですぐに人気を獲得して天文ファンの間ではバイブル的な存在になっていきました。気になる号を実際に買う事があるのでよくわかるのですが、天文ガイドは国内に幾つか存在する天文系雑誌の中で、中級者・上級者をターゲットにしているのが特徴です。編集部の方々は宇宙に関して極めて高い知識をもっているようで、毎月の特集ではテーマについてかなり詳しい情報が掲載されています。そして、この雑誌を読んで初めて知るような事も多く、一度買ったものは保存して繰り返し読んできました。

また、天文ガイドは毎号かなり分厚く、カラーページのほかにモノクロページもたくさん設けられています。中でも、カラーページにおける貴重な天文関連写真は美しいものばかりで、宇宙好きの方々ならずっと見ていられるはずです。なお、中級者・上級者は都市から離れた山などで天体観測を行う傾向にありますが、それに伴ってアウトドア情報も充実しています。具体的には、天体観測を軸としたキャンプをする際のおすすめの過ごし方・料理などが紹介されていて、こういった記事も読者からの評判がいいようです。そんな天文ガイドは玄人の天文ファンが読む雑誌として最適と言えると思います。

天文ガイドのバックナンバー

天文ガイドの今すぐ読める無料記事

天文ガイドを買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

天文ガイドの所属カテゴリ一覧

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌