農業と経済 2022年秋号 (発売日2022年12月20日) 表紙
  • 雑誌:農業と経済
  • 出版社:英明企画編集
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,9,11月の30日
  • サイズ:A5
農業と経済 2022年秋号 (発売日2022年12月20日) 表紙
  • 雑誌:農業と経済
  • 出版社:英明企画編集
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,9,11月の30日
  • サイズ:A5

農業と経済 2022年秋号 (発売日2022年12月20日)

英明企画編集
農業・食・環境問題を機敏に解説する雑誌

農業と経済 2022年秋号 (発売日2022年12月20日)

英明企画編集
農業・食・環境問題を機敏に解説する雑誌

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
農業と経済のレビューを投稿する
2022年12月20日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
1,750円 / 冊
送料無料
2024年02月29日発売号から購読開始号が選べます。

農業と経済 2022年秋号 (発売日2022年12月20日) の目次

■巻頭言
特集に寄せて
食を切り口に社会課題の解決をめざす総合的アプローチ
──セクショナリズムを超えて……久野秀二・池上甲一・西山未真


特集
現代社会と食の多面的機能──食から眺める、食から変える
久野秀二+池上甲一+西山未真 責任編集


■座談会
食からのアプローチが社会を変え、世界を変える可能性
──主体性を持った「食市民」の形成をめざして
……池上甲一+木村あや+小林舞+西山未真+山本奈美+久野秀二


■Ⅰ 食育を学校(こども)から地域社会(市民)に拡げる

●1 食育を手段に総合的食農政策の実現をめざす
   ──「すみだの食育」からの示唆……西山未真

●2 日本の学校における食育の現状とフードリテラシー教育の展望……大森桂

コラム1 子どもたちの未来をつくる教室
     ──エディブル・スクールヤードから見える持続可能な生き方……堀口博子

●3 伝統的魚介類食の維持・活用による地域社会の持続可能性を考える
   ──宮崎県における魚介類食拠点を事例として……中村周作

コラム2 食材へのリスペクトが、日本農業の未来を拓く……太田 伸


■Ⅱ 栄養と健康を社会の構造的問題として捉える

●1 「健康的で持続可能な食事」の政治経済学
    ──健康と環境と社会をつなぐ政策に向けて……久野秀二

コラム3 食を通して変える世界
     ──食習慣プロデューサーとして目指すもの……金村真友子

コラム4 暮らしの中で植物の知恵を学び取り入れる
     ──食住一体型の教室「里山文庫」の実践……前田知里


■Ⅲ 食を通じて包摂と共生にもとづく地域コミュニティをつくる

●1 持続可能性と食の正義の実現に向けた有機学校菜園の現状と課題、可能性
   ──米カリフォルニア州サンタクルーズのライフラボを事例に……山本奈美

●2 地域インフラとしてのこども食堂の役割
   ──創発的包摂による「誰も取り残さない」コミュニティの実現……志賀文哉

●3 食を通じた異文化理解と多文化共生の課題と可能性……安井大輔

●4 外国人住民に対する食糧支援とポストコロニアリティ……安里和晃


■Ⅳ 食を通じて地域への関心と地球環境への関心を架橋する

●1 食の調達と消費と循環から展望するサステナブル社会への道……池上甲一

コラム5 循環型経済におけるコンポスト利用の重要性と可能性……泉谷眞実

●2 地球環境問題を見通す「地消地守」の視角と政策
   ──食べることで都市の農地を守り、コミュニティを育む仕組み……中塚華奈

●3 農がおり込まれた日本版「15分都市」の可能性
   ──脱炭素と健康増進への貢献……飯田晶子

コラム6 住宅都市「練馬」の農の風景を活かしたまちづくり……山口忠志

コラム7 里山の耕作放棄地を健全な食糧庫に復活
     ──ア。ウン。HAUSのおいしい森プロジェクト……大久保裕恵


■Ⅴ 持続可能な食農ガバナンスを担う食市民をつくる

●1 ミュニシパリズムによる食の民主化とフードウェブの再構築
   ──食と農から築く市民による自治の取り組み……小林舞

●2 食と社会正義を架橋する道
   ──エシカル消費を経由したフェアトレードで形成する「食の市民」……畑山要介

コラム8 日本におけるスローフード運動……中村麻理

コラム9 食農分野における女性の不可視化・不平等の克服にむけて……岩島史

コラム10 食と農に関わる市民科学のジレンマと可能性
     ──市民参加型の食品リスクガバナンス……木村あや


■連載 農の美学……藤原辰史


■連載 世界の食と農をめぐるシステム転換……久野秀二


■連載 ポスト・コロナ時代の食と農を支える──担い手たちの群像


■連載 森・川・海の名人に学ぶ──「聞き書き甲子園」作品集から⑥


■連載 ブックガイド──農と食を読む

農業と経済の内容

  • 出版社:英明企画編集
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:2,5,9,11月の30日
  • サイズ:A5
農業・農村・農政問題を機敏に解説する雑誌

農業と経済の目次配信サービス

農業と経済最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

農業と経済の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.