判例タイムズ
  • 雑誌:判例タイムズ
  • 出版社:判例タイムズ社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]3,000円 [デジタル版]3,000円
  • 雑誌:判例タイムズ
  • 出版社:判例タイムズ社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • サイズ:B5
  • 参考価格:[紙版]3,000円 [デジタル版]3,000円

判例タイムズ 1365号 4/15号 (発売日2012年04月10日)

判例タイムズ社
【論説紹介】

残業代請求事件の実務(上)/藤井 聖悟…4

一民事裁判官の軌跡
書記官との協働を中心として/小野 剛…16

わが国刑事司法の改革とその変容/石井 一正…25

裁判員裁判における法律概...

判例タイムズ 1365号 4/15号 (発売日2012年04月10日)

判例タイムズ社
【論説紹介】

残業代請求事件の実務(上)/藤井 聖悟…4

一民事裁判官の軌跡
書記官との協働を中心として/小野 剛…16

わが国刑事司法の改革とその変容/石井 一正…25

裁判員裁判における法律概...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
判例タイムズのレビューを投稿する
2012年04月10日発売号単品
  • 売り切れ
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
2,096円
送料無料
2024年03月25日発売号から購読開始号が選べます。
おトクな【紙+デジタル版】の定期購読プランあり!デジタル版ならどこでも閲覧でき、保管場所もいらず、検索も容易。

判例タイムズ 1365号 4/15号 (発売日2012年04月10日) の目次

【論説紹介】

残業代請求事件の実務(上)/藤井 聖悟…4

一民事裁判官の軌跡
書記官との協働を中心として/小野 剛…16

わが国刑事司法の改革とその変容/石井 一正…25

裁判員裁判における法律概念に関する諸問題11[大阪刑事実務研究会]
正当防衛について(上)/和田 真・野口 卓志・増尾 崇…46

ブック・レビュー 滝澤孝臣『民事法の論点Ⅱ――その基本から考える』
基本から考える判例法理と実務のその先にある「何か」/村田 渉…64


【判例紹介】全17件(最高裁判例1件)

最高裁判例
[少年法・矯正保護法]
1(最高裁第一小法廷平23.12.19決定[平22(し)145])…70
1 保護処分決定で認定された日には非行事実の存在が認められないが,これと異なる日に事実の同一性のある範囲内で同一内容の非行事実が認められる場合と少年法27条の2第2項による取消しの要否
 2 保護処分取消し申立て事件において,事実の同一性のある範囲内で保護処分決定と異なる非行事実を認定するに当たり,申立人に対して十分に防御の機会を与えているとされた事例

行政裁判例
[国家補償法]
2(新潟地裁平23.2.25判決[平20(ワ)475])…74
 火災の際,近隣住民が防火水槽に転落して死亡した場合,消火活動に当たっていた町の消防団OBに過失があったとして,町の国家賠償責任が認められた事例

[地方自治法]
3(東京高裁平23.3.23判決[平20(行コ)410])…84
 1 町の発注した公共工事について受注業者の談合があり,町長が談合を幇助していたとして受注業者と町長の損害賠償責任が認められた事例
 2 公共工事の談合により町が被った損害額につき,民事訴訟法248条を適用して合理的な根拠をもって実際に生じた損害額に最も近いと推測できる額を認定すべきであるとして,契約金額の7%が認定された事例

労働裁判例
[集団的労働関係]
4(東京地裁平23.1.26判決[平21(ワ)39554])…107
 労働者供給事業を行う許可を受けた労働組合の組合員に対する統制処分が,権限を濫用したもので無効であるとされた事例

民・商事裁判例
[民  法]
5(静岡地裁浜松支部平23.7.20判決[平22(ワ)565])…113
 暴力団員と風俗店経営会社間の広告掲載契約は公序良俗に反し無効であるとし,支払った広告料の返還請求を認めた事例

6(福岡高裁平23.3.8判決[平22(ネ)996])…119
 マンションの居室の売買契約に際して当該居室が相当長期間にわたって性風俗特殊営業に使用されていた事実が説明されていなかったとして,売主の瑕疵担保責任及び仲介者の債務不履行責任を肯定した上,民事訴訟法248条を適用して買主の損害を算定して,その請求を一部認容した事例

7(①東京地裁平23.1.27判決[平20(ワ)2606],②東京地裁平23.1.20判決[平20(ワ)25857])…124
 1 購入した土地に油分が含まれていたことが瑕疵に当たるとする土地購入者からの損害賠償請求を棄却した事例(①事件)
 2 購入した土地に六価クロム及び鉛が含まれていたことが瑕疵に当たるとする土地購入者からの損害賠償請求を一部認容した事例(②事件)

8(大津地裁平23.5.27判決[平22(ワ)829])…146
 債権の譲受人による包括根保証人の相続人に対する「債権譲り受けのご案内」と題する書面の送付は,相当性を欠くとは認められないとして不法行為の成立を否定した事例

9(東京地裁平23.3.30判決[平20(ワ)3811])…150
 1 元一級建築士による分譲マンションの構造計算書の偽装について不法行為責任が認められた事例
 2 構造計算書の偽装された分譲マンションの設計業務の委託を受けた設計事務所の代表者である元一級建築士がその偽装を看過したことにつき,不法行為責任及び平成17年法律第87号による改正前の商法266条ノ3第1項による責任が認められなかった事例
 3 構造計算書の偽装された分譲マンションの建築確認を実施した指定確認検査機関の確認検査員がその偽装を看過したことにつき,過失があるということはできないとされ,その分譲マンションについて建築確認をする権限を有する建築主事が置かれた地方公共団体の国家賠償責任が認められなかった事例

10(福岡高裁那覇支部平22.7.29判決[平20(ネ)125])…174
 1 国に対しアメリカ合衆国軍隊が使用する航空機の離着陸等の差止めを請求することができないとされた事例
 2 アメリカ合衆国軍隊が管理する飛行場周辺の住民が同飛行場に離着陸する航空機による騒音等により被害を受けたとして請求した過去の損害賠償について,同飛行場にいわゆる民事特別法2条にいう設置又は管理の瑕疵があるとして,その一部が認容された事例
 3 航空機騒音に低周波音が含まれることにより周辺住民の精神的苦痛が増大させられているとされた事例
 4 危険への接近の法理を適用すべきではない特段の事情があるとされた事例
 5 航空機騒音に基づく損害賠償請求に係る慰謝料額が増額された事例
 6 住宅防音工事による慰謝料額の減額の幅が縮小された事例

11(那覇地裁平23.6.21判決[平18(ワ)1358])…214
 胆のう結石を除去するため外科的手術を行ったが結石の除去ができなかった場合,医師に手技上の過失があったとして,病院側の損害賠償責任が認められた事例

12(東京高裁平21.12.21判決[平21(ネ)2050])…223
 1 夫が,妻の不貞相手の子であることを知らずに実子として養育した子につき支出した養育費相当額について,妻に対する不当利得返還請求が認められなかった事例
 2 離婚に伴う慰謝料請求訴訟の判決確定後,婚姻期間中の別個の有責行為を理由として夫が妻に対して提起した慰謝料請求訴訟が,紛争の蒸し返しに当たり,信義則に反して許されないとされた事例
 
[商  法]
13(富山地裁平23.5.27判決[平20(ワ)609,平22(ワ)428])…228
 1 死亡事故を招致した請求者に少なくとも未必的故意があるとして,免責条項による免責を認めた事例
 2 第三者の故意の事故招致行為をもって保険契約者の行為と同視しうるとして,免責条項による免責を認めた事例

[知的財産]
14(知的財産高裁平23.6.28判決[平23(行ケ)10004])…235
 「アイテック阪急阪神株式会社」及び「i-TEC」の文字と図形との組み合わせからなる本願商標(判文参照)について,「アイテック阪急阪神」の部分が要部であり,この部分を中心として対比すると,引用商標(「アイテック株式会社」の文字からなる商標及び「ITEC」の欧文字からなる商標)とは類似しないとした事例

15(知的財産高裁平21.10.8判決[平20(行ケ)10448])…242
 等方性エッチング溶液に浸漬するとの工程を含む太陽電池用半導体ウェハの製造方法の発明が,特許出願時の技術常識を参酌すると,等方性エッチング溶液に浸漬するとの記載のない刊行物に記載された発明に該当し,新規性を欠くとした事例

刑事裁判例
[特別刑法]
16(東京地裁平22.4.28判決[平21特(わ)2340])…251
 同一有価証券市場で約1時間内に接着して行われた変動操作により株価を変動させて株式を売り付けた3回の犯行(相場操縦等の罪の加重類型)につき,その必要的没収・追徴の対象を売り付け額の最大値を示した1回目の犯行の売却代金及びその余の2回の各犯行に係る売買差益分にとどめた事例

判例タイムズの内容

判例情報を提供して60余年。最も長い歴史をもつ判例実務誌
「判例タイムズ」は、1948年の創刊以来、我が国を代表する判例紹介誌として、幅広い分野の法律実務家から高い評価を受けています。全国の判例情報から実用性の高いものを迅速的確に紹介しつつ、実務家・研究者と連携して時事問題を取り扱った論文・鼎談等をタイムリーに掲載しており、実務家・研究者に限らず、広く法務に携わるすべての人々必見の書です。

判例タイムズの目次配信サービス

判例タイムズ最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

判例タイムズの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.