毎号送料無料でお手元にお届けします!

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
BASS MAGAZINE(ベースマガジン)のレビューを投稿する

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の内容

すべてのベーシストのための総合情報誌
ベースという楽器、ベーシストという人間に徹底してこだわる、日本で唯一の音楽雑誌です。人気ベーシストのインタビュー、楽器に関する知識や情報、プレイのノウハウなどベースに関するあらゆる情報が内外を問わず集中してきます。それら貴重な情報を基礎に、様々な視点から幅広くベースの魅力を追求しています。

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の商品情報

商品名
BASS MAGAZINE(ベースマガジン)
出版社
リットーミュージック.
発行間隔
季刊
発売日
1,4,7,10月の19日
参考価格
943円

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「BASS MAGAZINE(ベースマガジン)」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

BASS MAGAZINE(ベースマガジン) 2024年2月号 (発売日2024年01月18日) の目次

■Featured Bassist
キタニタツヤ

シンガーソングライター、キタニタツヤ。多くの楽曲が映像作品で使われるなど、現在もっとも注目すべきアーティストのひとりだ。作詞作曲はもちろん自身で数多くの楽器をこなしアレンジまで手がけているだけに、彼がベーシストであることを知らない人もいるかもしれない。
だが、自身のソロ作ではほぼすべての楽曲でベースを担当。また、バンドsajou no hanaではメンバーとしてベースを務め、ヨルシカでは長年サポート・ベーシストとして活動する、生粋のベース奏者なのである。
そして彼が、満を持して新たなソロ・アルバム『ROUNDABOUT』を発表。その音像は彼の新たな一面を見せる意欲作となった。本号では今作を始点として、"ベーシスト"としてのキタニタツヤを掘り下げていく。マルチ・プレイヤー/シンガー/作詞・作曲家/編曲家など、多方面でそのセンスを発揮する"超才能"が譲らぬ、ベーシストとしてのこだわりがここに――。

■THE BASS INSTRUMENTS
アクティヴJBタイプ大研究
JBタイプのベースにプリアンプを内蔵したアクティヴJBタイプ・ベース。マーカス・ミラーが自身のジャズ・ベースにプリアンプを搭載したカスタムを始点に、このタイプのベースがトレンドとなり、瞬く間に世に広まっていった。
現在では各ブランドでアクティヴJBタイプのモデルがラインナップされ、実際に多くのベーシストたちが愛用している。それはこのタイプが普遍的なサウンドを持ちつつ、多彩な音作りが可能であり、それ故にジャンルや奏法を問わないことも、ベーシストから求められる理由と言えるだろう。 本企画では6ブランドのアクティヴJBタイプのモデルを紹介。Kroiのベーシストである関将典による試奏を交え、各ブランドの楽器の特徴や魅力を分析していく。

【掲載ブランド/モデル】
●ATELIER Z M#245 TA
●CREWS MANIAC SOUND JB-MODERN 2023 ACTIVE
●ESP AMAZE AS
●HISTORY HJB-PERFORMANCE
●SADOWSKY ML21 VJ4 ALDER
●XOTIC XJ-1T

■特別企画
ベーシストのための“新世代ジャズ”入門
ロバート・グラスパーによる画期的なアルバム『Black Radio』(2012年)以降、ジャズは新たな局面を迎えている。ことベースに関しては、デリック・ホッジ、サンダーキャット、マイルス・モズレーといった才能溢れるスターたちが新たな地平を切り開き、低音の革新に光を当ててきた。
今回の特集では、そんな2010年代を経て、なおも加速し続ける現在進行形のジャズの動き、そして進化するベーシストたちの“今”をご案内する。サム・ウィルクスやサム・ゲンデルを生んだLAの実験的なジャズ・シーンや、ダンス・ミュージックとのクロスオーバーで独自の進化を遂げるロンドンのシーン、アジアや南米からも続々と新時代のジャズ・ヒーローが登場しているし、日本国内でもジャズにルーツを持つミュージシャンがジャンルを越境し活躍している。今、ジャズはすごく開かれていて、あらゆるリスナー、そしてプレイヤーが自分との接点を見出せるジャンルになっているのだ。新しい時代、新しい世代のジャズを、ベース視点から見ていこう。

【コンテンツ】
●今、ジャズの低音で何が起きているのか
●インタビュー:サム・ウィルクス/TJコレオソ(エズラ・コレクティブ)/アドリアン・フェロー/モヒニ・デイ
● “ジャズ・ベーシストの今”を知るためのディスク・ガイド
●プロ・ベーシストに聞く“現代のジャズ名盤”
石川紅奈/井上幹 (WONK)/大蔵倫太郎 (新東京) /越智俊介(CRCK/LCKS/Shunské G & The Peas)/兼子拓真 (DEZOLVE)/Juna Serita(Muses)/須川崇志/千葉広樹(優河with魔法バンド/蓮沼執太フィル)/TENDRE/マーティ・ホロベック/森田悠介/Yuki Atori
●ミシェル・ンデゲオチェロ ブルーノート移籍作を携えた4年ぶりの来日公演に寄せて

■奏法特集
宮地遼が直伝! 現代ジャズ・インプロヴィゼーション習得メソッド
ジャズ・ベースには独自のプレイスタイルが存在し、ジャズ・ベーシストを志すのであればもみにつけておくべき知識/奏法が存在する。本企画では、本場ニューヨークのジャズ・シーンで経験を積み、現在は卓越した演奏センスを武器にセッション/サポート・ワークのほか、2枚のリーダー・アルバムを発表している若き鬼才ジャズ・ベーシスト・宮地遼を講師に迎え、現代ジャズ・ベースにおける“インプロヴィゼーション”のメソッド集をお届けする。

■追悼特集
HEATH(X JAPAN)
2023年10月に訃報が知らされたX JAPANのベーシスト、HEATH。 X JAPANという“ヴィジュアル系”の先駆者のメンバーとしてその屋台骨を支え続けつつ、ソロとしても精力的に活動、ベーシストだけでなくコンポーザーとしての才能も発揮した。本特集では彼の半生を振り返るとともに、遺した低音の数々を振り返る。

■ムック本発売記念!
やまもとひかる
YOASOBIやももいろクローバーZといったアーティストのサポートのほか、ベース・ヴォーカリストとしてのソロ活動など、現在注目の“新世代のベース・ヒロイン”やまもとひかるのムック本が2023年2月21日に発売決定! ここでは本書の内容解説に併せ、撮り下ろしのグラフを多数紹介!

■特別対談
THE BEATLES対談 小西康陽✕カジヒデキ
ビートルズ“最後の新曲”「Now And Then」の発表、ザ・ローリング・ストーンズの新作へベーシストとして客演、新たなリミックスを施したベスト盤『赤盤』『青盤』のリリースなど、2023年はポール・マッカートニーが大きなトピックを振りまいた1年だった。本企画では、小西康陽とカジヒデキを迎え、最新リミックスの『赤盤』『青盤』を通しポールの魅力を語ってもらった。

■INTERVIEW
高松浩史(The Novembers)
ウィル・リー
佐藤征史(くるり)
Maika(Chilli Beans.)
河西ゆりか(羊文学)

■GEAR
Markbass 58R Series

■EVENT REPORT
“ベースの日2023”イベント・レポート

■連載
◎ジョー・ダート(ヴルフペック)の“レコードが僕に教えてくれたこと”
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎低音めし〜ベーシストの食の嗜み〜
◎ベーシストのライフワーク
◎芸人・ヒロシの孤独な低音キャンプ

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音”の知識 Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道 (トリプルファイヤー)
◎Feel Free Jazz 永田雄樹 (JABBERLOOP、POLYPLUS)
◎ガモウユウイチの 昭和の低音マエストロ

■BM SELECTED SCORES
「青のすみか」キタニタツヤ
「SCARS」X JAPAN
※電子版には「BM SELECTED SCORES」の収録はありません

■THE AXES
NAOKI(10-FEET)

■MY DEAR BASS
村上啓太(在日ファンク)

■BASSMAN'S LIBRARY
CD/DVD/ビデオ・レビュー、etc.

■NEW PRODUCTS
ベース関連の新製品紹介

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の目次配信サービス

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.44
  • 全てのレビュー: 19件
ベースマガジン
★★★★★2023年07月12日 ワインダー 会社員
これから定期購読してベースのこともっと勉強したいです。
普段接する機会の少ない音楽との出会いのマガジン
★★★★☆2022年05月26日 Takuro 自営業
ベースを購入し練習を始めてからちょうど1年が経ちます。 オンラインサロンや好きなベーシストのYouTubeを参考に毎日練習していますが、どうしても触れる音楽は偏ったりするのでベースマガジンが知らないバンドやベーシストを知るいい機会になっています。 個人的に嬉しいのは曲の実フレーズが数多く掲載されているところです。 まだまだ弾けるものは少ないですが、耳コピも出来ない今の自分のレベルにとって様々なフレーズにチャレンジしようと思えるいいきっかけになります。
ベースマガジン
★★★★★2022年01月20日 1234abc 公務員
ベースマガジンは昔からよく読んでいます。特に機材の特集など参考になると思います。
ワクワクします!
★★★★★2020年02月10日 トゥーサ 会社員
バカテクスラップ道場、初回から神連載の予感しかしないです
毎月楽しみです。
★★★★★2019年12月14日 H 公務員
なかなかベース専門誌がない中、いろいろ参考になる企画がたくさん載っています。
スキルとモチベーションが上がる一冊
★★★★☆2019年09月19日 K 会社員
暫くブランクがあったものの改めてベースと向き合おうと思い、定期購読しています。毎回ためになって、スキルアップも図れますし、モチベーションの維持にも繋がっています!
読んでいてワクワクします
★★★★★2019年01月02日 m 会社員
様々なベーシストの特集や対談、上達する為のフレーズや新しい機材など、内容が盛りだくさんな雑誌です。何度も読み返しています。 毎号、2、3曲スコアが載っているのですが、意外な曲のスコアが載る時もあって楽しいです。
YouTubeでは見れない譜面も
★★★★☆2018年12月30日 bebe keigo 自営業
最近ではYouTubeなどで譜面を拾う人もたくさんいますが紙媒体ならではの良さがこの雑誌には多くあります。譜面は買うと結構お金かかりますのでそれだけでも買う価値はあるともいます。ただジャンルに好き嫌いがありますが。
定期購読
★★★★★2018年11月10日 チョコ 公務員
定期購読で読んでいます。ベースの情報誌はなかなかないので、最新のの機材や特集を楽しみにしています。
長い間定期購読しています。
★★★★★2018年08月04日 ひで 公務員
新発売の情報だけでなく、色々参考になる記事が楽しみです。
レビューをさらに表示

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.