BASS MAGAZINE(ベースマガジン) 発売日・バックナンバー

全130件中 1 〜 15 件を表示
1,650円
表紙: SLAP THE WORLD

■Special Program
SLAP THE WORLD(90ページ)

“縁の下の力持ち"とも言われるベースですが、見た目的にもサウンド的にも派手な印象を与えるスラップ奏法はベースの花形とも言える奏法であり、スラップ奏法に憧れてベースを手に取る人もいます。そんなスラップ奏法ですが、もちろん、その具体的な演奏方法や楽曲での使い方は十人十色であります。今回の企画では、そんなスラップ奏法について、スラッパー同士による対談、海外ベーシストの奏法分析や国内ベーシストによるセミナー、アンケートなどを通して、プロ・ベーシストがどんな思考回路で、どんな機材を使い、どのような演奏スタイルでスラップ・ベースをプレイしているかを明らかにします。

【CONTENTS】
◎スラッパーズ・ミーティング
鳴瀬喜博&フクダヒロム(Suspended 4th)/日野“JINO"賢二&KenKen/かわいしのぶ&上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)
◎スラッパーズ・ヒストリー~常識をぶっ叩いた猛者たち
◎ベース史に輝く、世界のスラッパーたち
ラリー・グラハム/ルイス・ジョンソン/スタンリー・クラーク/マーカス・ミラー/マーク・キング/フリー/レス・クレイプール/フィールディ/ヴィクター・ウッテン/ヘンリック
◎元祖ジャパニーズ・スラッパーが語るスラップ黎明期の事情~田中章弘
◎珠玉のジャパニーズ・スラップ名演集
◎スラッパーズ・セミナー
櫻井哲夫/清水玲/高畑治央(兀突骨)/FチョッパーKOGA(Gacharic Spin)
◎知って得するスラップのアレコレ
◎やまもとひかるが徹底検証!“Equipments for Slap" feat. ATELIER Z
◎IKUOが教える初歩からのテクニカル・ロック・スラップ
◎スラッパーズ・アンケート~私のイチオシ・スラップ・プレイ
亜太(KNOCK OUT MONKEY)/イガラシ(ヒトリエ)/井澤惇(LITE)/ウエムラユウキ(ポルカドットスティングレイ)/おかっち(ヒステリックパニック)/岡野ハジメ/葛城京太郎(RED ORCA)/川崎哲平/櫻井陸来/須藤満/滝口大樹(感覚ピエロ)/辻村勇太(BLUE ENCOUNT)/Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)/日向秀和/前田恭介(androp)/MASAKI/松本駿介(Co shu Nie)/MINA(GIRLFRIEND)/MIYA/村井研次郎(cali=gari)/村田隆行/わかざえもん/渡辺直樹

■THE BASS INSTRUMENTS
工房探訪 Black Smoker

■SPOTLIGHT
Markbass Mark Vintage Pre
PROiX Geki-NARI-6

■CLOSE UP
新世代人気バンドが弾く
Fender Made In Japan Hybrid II

■インタビュー
佐藤征史(くるり)
イガラシ(ヒトリエ)
JUN YOKOE(PLASTICZOOMS)
長谷川プリティ敬祐(go!go!vanillas)
白玉雅己
谷浩彰 (UNCHAIN)

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇河辺真
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:渡辺直樹
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「BOMBER」山下達郎
「CHOPPERS BOOGIE」ティン・パン・アレー

■MY DEAR BASS
柳原旭

1,650円
表紙:ファンク黄金時代の再発掘

■Special Program
ファンク黄金時代の再発掘(80ページ)

1960年代中盤から1970年代にかけて隆盛を極めたファンク。高揚感を煽る“グルーヴ命"なその音楽スタイルは、まさにベーシストにとっての必修科目であり、現代の音楽にも脈々とその息吹は受け継がれている。今回はそんな“オリジナル・ファンク"の時代を振り返り、あらゆる角度からその魅力を検証していく。

CONTENTS
◎ファンクの誕生、そして黄金時代へ━━1964~1979
◎黄金時代を築いたグルーヴ・マスターたち
・“スウィート・チャールズ"シェレル
・ブーツィー・コリンズ
・ジョージ・ポーターJr.
・フランシス・“ロッコ"・プレスティア
・ラリー・グラハム
・マーク・アダムス
・ロバート・“クール"・ベル
◎まだまだいるぞ! 黄金時代のグルーヴ・マスターたち
ミッドウェスト篇/イースト・コースト篇/ウェスト・コースト篇/サウス・エリア篇
◎ファンク・レア・グルーヴ発掘部が行く! with大林亮三(SANABAGUN).
◎Talkin' about FUNK
清水 興/坂本竜太/三浦 淳悟(ペトロールズ)/神田 雄一朗(鶴)
◎小松秀行presents 喰らいつけ! いきなり! ファンク
◎プロ・ベーシストが語る“俺にとってのファンク"
ナガイケジョー(SCOOBIE DO)/Park/ハマ・オカモト/松原秀樹/吉田一郎不可触世界
◎エフェクト・ペダルで紐解くファンク・ベース・サウンド
◎今も冷めないファンクの熱


■奏法特集
今さら聞けない、ファンクのヤリ方

ベーシストにとっての必修科目ではありつつ、実際にプレイしてみるとなかなか“それっぽく"ならないジャンル、それがファンクだ。シンプルに聴こえつつも、その音符の奥にはいくつものマスターすべき項目が潜んでいる。今回はファンク・ベースをマスターするためのポイントを、“奏法"“リズム"“音使い"という3テーマごとに見ていく。これらの項目をしっかりと攻略することで、“ファンク・グルーヴ・マスター"を目指せ!


■THE BASS INSTRUMENTS
村田隆行が徹底試奏 ペダル型コンプ七番勝負(試奏動画対応)

ベーシストにとって、身近なエフェクターである“コンプレッサー"。ただ、ひと口にコンプレッサーと言っても、世に出回っているペダルそれぞれの持つ機能やキャラクターは多種多様だ。今回は編集部注目の最新コンプレッサー・ペダル7機種をピックアップし、村田隆行による試奏動画とともに、各機種の持ち味をチェックしていこう。


■LIVE REPORT & THE AXES
IKUO×日向秀和 with FRIENDS “BM SESSION in BASS DAY"

■SPOTLIGHT
Merisで彩るベース・サウンド(試奏動画対応)

■CLOSE UP
PROiXが革新する楽器の“鳴り"

■インタビュー
ヘンリック(ダーティ・ループス)
辻村勇太(BLUE ENCOUNT)
長島涼平(the telephones)

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:長岡道夫
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「古い日記」和田アキ子
「激しい恋」西城秀樹


■MY DEAR BASS
Toshihiro
1,650円
表紙:日向秀和&IKUO(歪みベーシストという生き方)

■Special Program
歪みベーシストという生き方(84ページ)

ベースを歪ませるという行為は、必ずしも必要というわけではないかもしれない。ただ、うまくセッティングされた歪みベース・サウンドは、アンサンブルにキラリと光る部分を加え、適度なベースの主張を伝え、なによりも弾き手にとっても気持ちがいいものだ。その“うまく歪みをセッティングする"ということに日々試行錯誤している“歪みベーシスト"たちがいる。彼らはどんな思考回路で、どんな機材を使い、どんなプレイをすることで、その生き様を我々に伝えようとしているのだろうか。歪んだベース・サウンドの魅力をさまざまな角度から検証していきたい。

CONTENTS

・歪みベーシスト対談
……日向秀和 × IKUO、ウエノコウジ × 中尾憲太郎、RxYxO(coldrain)× Hiroki(Crossfaith)、345(凛として時雨)× 藤本ひかり(赤い公園)

・歪みベーシスト・インタビュー
……上田剛士(AA=)、西口直人(Age Factory)、沖井礼二(TWEEDEES)、カワイリョウタロウ(Ivy to Fraudulent Game)

・ギタリストから見た“歪み"の視点
......THE BACK HORN(岡峰光舟×菅波栄純)

・歪みベーシスト・アンケート
……イガラシ(ヒトリエ)、内田雄一郎(筋肉少女帯)、GEN(04 Limited Sazabyz)、櫻井陸来、Sacchan(DEZERT)、渋江アサヒ(嘘とカメレオン)、鈴木研一(人間椅子)、高畑治央(兀突骨)、高松浩史(THE NOVEMBERS)、Takeshi(BORIS)、T$UYO$HI(The BONEZ)、中村和彦 (9mm Parabellum Bullet)、長谷川正(Plastic Tree)、人時(黒夢)、藤原美咲(そこに鳴る)、前田恭介(androp)、miho(LOVEBITES)、山口寛雄

・歪みに関する全知識~Talkin' about “Hizumi"

・ベースにまつわる歪みの歴史

・定番歪みGEAR対決 “サンズアンプVSダークグラス"

・梅津拓也が斬る、ベース用歪みエフェクター10選(試奏動画対応)

・デジマート調査 ベース用歪みエフェクター・ランキング

・ギター用歪みエフェクター活用法

・楽器テックが語る歪みベースの心得

・聴きたい・弾きたい 歪みサウンドが彩る世界の名演

■THE BASS INSTRUMENTS
Fender American Professional II
進化する王道の系譜

音楽は時代を経るごとに変化するもので、それと同時にフェンダー・ベースもブラッシュアップを繰り返してきた。この度、2020年10月に新たに発表された“アメリカン・プロフェッショナルII"は、ネックの改善やピックアップの改良など、多くのプレイヤーたちから得たフィードバックをもとに、フェンダーが見据える“今"を再定義したプロダクトである。そこで、この企画ではプロ・ベーシストとともにフェンダーの魅力を再確認し、伝統と革新が共存するアメリカン・プロフェッショナルIIに迫りたいと思う。

あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)×新井和輝(King Gnu)、井上幹(WONK)、上杉研太(SUPER BEAVER)

■めっちゃ気になるあの機材
スノコ型エフェクト・ボード“Pedaltrain"の魅力

■CLOSE UP
アーニーボール・ミュージックマン・スティングレイ featuring Keity(LUCKY TAPES)
L's TRUST × 堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)LST-HC4
日向秀和とプロビデンスとの絆
日野“JINO"賢二(JINO's School of Music校長)

■インタビュー
ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)
日向秀和(Nothing's Carved In Stone)
田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)
MASAKI(DAIDA LAIDA)
瀧田イサム
TENDRE
関谷友貴(TRI4TH)
月川玲(Hi Cheers!)
わかざえもん
ぴんはげ

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎ベース合奏 武田祐介(RADWIMPS)
※「バカテク・スラップ道場」はお休みです。

■連載
◎ニッポンの低音名人:岡沢茂
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「unravel」TK from 凛として時雨
「Greed Greed Greed」Acid Black Cherry


■MY DEAR BASS
アユニ・D(PEDRO)
1,650円
表紙:セッションマンたちの流儀2020

■SPECIAL PROGRAM
セッションマンたちの流儀 2020

特定のバンドにだけ所属するのではなく、さまざまなアーティストのレコーディングやライヴで演奏する“セッションマン"。ある種職人的な裏方仕事であるその存在は、1960年代からあらゆる音楽シーンを支えて来た。近年、DTMにより身近になった音楽制作方法やSNSの普及による楽曲発表の場の拡大、音源よりもライヴに重きを置いた活動形態の重要性などが叫ばれ、レコーディング/ライヴの両面において活躍する“セッション・ベーシスト"はより幅広い需要があり、新たな世代も続々と登場してきている。今回は、そういった“今の"セッションマン事情をお伝えしていこう。

・SESSION MAN'S STYLE注目セッションマン・インタビュー
……黒須克彦/酒井太/櫻井陸来/須藤優/中村圭/堀井慶一/目黒郁也/森多聞

・SESSION MAN'S VOICESアンケートで見る現代のセッションマン事情
……安達貴史/岩永真奈/大神田智彦/岡部晴彦/okamu./小林修己/後藤克臣/島本道太郎/鈴木渉/高井淳/高原未奈/中村泰造/二家本亮介/村田隆行/真船勝博/森田晃平

・対談!セッションマンの真実
川崎哲平 & 須長和広

・SESSIONMAN × ARTIST
高木祥太 & Chara

・プロデューサーが語るセッションマン
島田昌典

■奏法特集
ヒット・ソングに名手の技あり
歌謡曲研究

テレビにていくつもの人気歌番組が放映され、誰もが口ずさむことのできるヒット曲が多く誕生した、1970~90年代。現在のJポップの礎であるそれらは“歌謡曲"と呼ばれ、多くの人々の心に今も息づいている。そんな“歌謡曲"を支えてきたのが、裏方の職人として多くの歌手を支えてきたセッション・ミュージシャンたちである。本企画では、そういったセッション・ベーシストによる名演をピックアップし、そのプレイを分析していく。

■THE BASS INSTRUMENTS
プロの宅録環境

DAWソフトの普及や録音関連機器の低価格化により、自宅録音がより身近になっていると言われて久しい。また、YouTubeなど動画サイトの隆盛により、“弾いてみた"をはじめとして、自宅でベースを録音して発表するという行為もまた一般的になってきた。さらにプロの世界でも、レコーディング・スタジオでレコーディングするのではなく、自宅でレコーディングした素材をそのまま納品するという形も、もはや当たり前になっているという。そもそも、従来からDIを介したライン音が重宝されてきたベースという楽器自体、宅録に向いているとも言える。しかし、自宅でやるからこそ、そのクオリティは自分次第ともなってしまう。プロは一体どのような環境で自宅録音を行ない、サウンドメイクをしているのだろうか。

・宅録部屋を拝見
IKUO/堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/三島想平(cinema staff)

・宅録アンケート
岡峰光舟(THE BACK HORN)/キタニタツヤ/首藤義勝(KEYTALK)/TENDRE

・BM RECOMMEND AUDIO INTERFACE
ESI U22 XT cosMik Set featuring 亜沙(和楽器バンド)
IK MULTIMEDIA AXE I/O featuring Yudai(Survive Said The Prophet)
TASCAM SERIES 102i featuring 大林亮三 (SANABAGUN. )
UNIVERSAL AUDIO Apollo Twin X featuring フクダヒロム(Suspended 4th)

■SPOTLIGHT(動画対応機材企画)
アイバニーズ EHBシリーズ
EVO BASS

■めっちゃ気になるあの機材
サゴニューマテリアルギターズ Tabuchi Mk-II
ACOUSTIC REVIVE GB-TripleC-FM

■FEATURED BASSISTS
あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)
休日課長(ゲスの極み乙女。)

■インタビュー
YUKKE(MUCC)
AKi
KAN INOUE(WONK)
デリック・ホッジ
ローラ・リー(クルアンビン)

■連載
◎ニッポンの低音名人:バカボン鈴木
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇河辺真
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■BM SELECTED SCORES
「SMOKY」Char
「BLUE LAGOON」高中正義

■MY DEAR BASS
中西道彦(Yasei Collective)
■SPECIAL PROGRAM
Fender Today

エレクトリック・ベースの原点であるフェンダーは、その歴史の長大さゆえ“ヴィンテージ"という視点で語られることも多い。しかし、過去の遺産に慢心することなく、現行ラインナップとしてさまざまな試みを行なっていることも、フェンダーというブランドの強さだ。今回は、そんな現行ラインナップの魅力を、製品紹介はもちろん、実際に“今の"フェンダー・ベースを使用しているベーシストのインタビューなどを通して伝えていく。

・Fender Player Interviews……新井和輝(King Gnu)、露崎義邦(パスピエ)、首藤義勝(KEYTALK)、TENDRE、あいにゃん(SILENT SIREN)
・USA製モデル紹介……American Ultra、American Original、American Professional、American Performer
・日本製モデル紹介……Made in Japan Traditional、Made in Japan Hybrid、Made in Japan Modern
・前田恭介(androp)×Flea Signature Active Jazz Bass
・日野“JINO"賢二が斬るフェンダー・アンプ最前線
・日本製の新シリーズ登場! Made in Japan Heritage
・Fender Player Voices ……J、TOMOMI(SCANDAL)、鳥越啓介、長谷川カオナシ(クリープハイプ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

■Featured Bassist
サンダーキャット
3年ぶりとなるアルバム『イット・イズ・ホワット・イット・イズ』をリリースするサンダーキャット。超絶技巧を誇るベーシストとして、唯一無二のキャラクターを持つアーティストとして、各界から多くの注目を集めている鬼才の最新モードとは?

■奏法特集
突然のセッションも怖くない!
イチからわかるブルースのお作法
セッションの基本ともいえるブルース。しかし、なんとなく“ブルースっぽく"弾くだけでごまかしていないだろうか? ブルース・セッションの常套句を始め、独特のシャッフル感やウォーキング・ベースのノリをしっかりとつかんで弾くための方法論を解説する。

■THE BASS INSTRUMENTS
工房探訪 Wood Custom Guitars
注目の小規模工房を紹介していくシリーズ「工房探訪」。第二回となる今回は、滋賀県のWood Custom Guitarsをご紹介。ブランド名が表わすように使用する木材にこだわり、その素材の良さを引き立てる確かな技術力が徐々に注目を集めている個人工房の情熱の一端を垣間見た。

■インタビュー
かわいしのぶ(SUPER JUNKY MONKEY)
葛城京太郎×金子ノブアキ(RED ORCA)
吉田一郎不可触世界
スグルスキル a.k.a. GuruConnec(skillkills)
藤本ひかり(赤い公園)
仲俣和宏(downy)
有江嘉典×杉本恭一
安井義博(アウトレイジ)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:高橋 ゲタ夫(後篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES
「永遠の不在証明」東京事変
「Devil in Your Heart」SiM

 ※電子版には「BM SELECTED SCORES」の収録はありません

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■MY DEAR BASS
でらし(ハンブレッダーズ)
1,257円
表紙:アンペグ

■SPECIAL PROGRAM ※音源対応
Ampeg ━━王道の理由

ベーシストとって定番アンプのひとつであり、一度は触ったことがあるといっていいほどにベーシストに浸透しているアンプ・ブランド“Ampeg"。大型ベース・アンプの先駆けであり、今なお王道モデルとして存在感を誇示している同ブランドを表紙巻頭約40ページにて大フィーチャーする。

● HERITAGE 50TH ANNIVERSARY SVT×中村和彦 (9mm Parabellum Bullet)
● History of Ampeg ── 王道にたどり着くまで
● Ampeg Users Interview J、磯部寛之 ([Alexandros])、三浦淳悟
● アンペグ・ユーザー座談会“アンペグを鳴らす理由" イガラシ (ヒトリエ)、岡部晴彦、合田悟 (LUNKHEAD)
● プロ・ベーシストが答える最前線のアンペグ・アンプ事情
● 現行ラインナップをチェック! 揺るがないアンペグ・ブランドの実力
● リハスタ/ライヴハウスの定番機 SVT-3 PROを使いこなす!
● アンプだけじゃない! 現行ペダルを有江嘉典がチェック
● “The Ampeg Guy"が語るアンペグ

■Featured Bassists
川上つよし(東京スカパラダイスオーケストラ)
デビュー30周年イヤーを駆け抜けているスカパラこと東京スカパラダイスオーケストラ。国内はもとより海外でも評価の高い屈指のライヴ・バンドのボトムを堅実に支えてきたミスター・ベースマンに、30年の軌跡を聞く!

■奏法特集
黒く弾く! ※音源対応
ベーシストにとってひとつの憧れである“黒人のグルーヴ"。独特のノリと間、それを体得するにはどのような要素が必要なのか? 本誌奏法特集ではお馴染みのベーシスト、前田“JIMMY"久史が細かなポイントまで徹底指南する。

■Bacchus Guitars×H.J.Freaks

■インタビュー
玲夏(ダウト)
高木祥太(BREIMEN)
mACKAz(DracoVirgo)
ヤマダナオト(été)
石坪泰知(FOUR GET ME A NOTS)
長谷川正(Plastic Tree)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:高橋 ゲタ夫(中篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES
「レッツゴー! ! ライダーキック」藤浩一
「W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜」上木彩矢 w TAKUYA
「REAL×EYEZ」 J×Takanori Nishikawa


■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
miho(LOVEBITES)

■MY DEAR BASS
meN-meN(コドモドラゴン)
表紙:中村正人(DREAMS COME TRUE)

■Featured Bassists1
中村正人(DREAMS COME TRUE)

2019年を「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019」をはじめとしたデビュー30周年イヤーとして駆け抜けたDREAMS COME TRUE。リーダーとして、アレンジャーとして、プロデューサーとして、そしてもちろんベーシストとしてドリカムを牽引する中村正人が語る、ドリカムの30年とは? 中村と同じく、ベーシスト、アレンジャー、プロデューサーとして活躍する亀田誠治との特別対談も収録。

■Featured Bassists2
J(LUNA SEA)

バンド史上初めての外部プロデューサーとして、U2などを手がける世界的巨匠スティーヴ・リリーホワイトを起用した通算10作目となるアルバム『CROSS』が好評なLUNA SEA。世界基準のサウンドを作り上げた本作に、Jはどのように向き合ったのだろうか。プロデューサーのスティーヴ・リリーホワイトへのインタビューも実現!

■THE BASS INSTRUMENTS 1
エレクトリック・アップライト最新事情

ウッド/アップライト・ベース=ジャズという図式はとうの昔に崩れ、ジャズ以外のフィールドで活動しているベーシストにとってもウッド/アップライト・ベースの音色というのは魅力的なものだろう。しかし、ガチのウッド・ベースはいろんな意味でハードルが高い。そこで視野に入ってくるのが、エレクトリック・アップライト・ベースだ。注目のモデルを須長和広が試奏する。

■THE BASS INSTRUMENTS 2
工房探訪 D's design

注目の小規模工房を紹介していく新シリーズ「工房探訪」がスタート。第一回となる今回は、茨城県のD's designをご紹介。独特すぎるネック・グリップを始め、さまざまな工夫が凝らされた個性派ベースはどのようにして生まれたのだろうか?

■SPECIAL PROGRAM
NAMMショウ2020

毎年恒例の世界最大の楽器展示ショウ=NAMMショウが今年も開催された。数多くの製品のなかから、ベーシストにはぜひ知っておいてほしい注目製品をピックアップしてご紹介!

■めっちゃ気になるあの機材: ESP AMAZE NEW SERIES

■インタビュー
長谷川カオナシ×尾崎世界観(クリープハイプ)
有江嘉典50祭座談会
町田龍哉(秀吉)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:高橋 ゲタ夫(前篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES
「魔訶不思議アドベンチャー! 」高橋洋樹
「限界突破×サバイバー」氷川きよし

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
Ryota(ONE OK ROCK)

■MY DEAR BASS
TAKU(横浜銀蝿40th)
表紙:新井和輝(King Gnu)

■Featured Bassists1
新井和輝(King Gnu)

2019年1月のメジャー・デビュー以降、まさに破竹の勢いで急速に人気を獲得した、“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル"を自称する4人組、King Gnu。ベーシストの新井和輝は、ジャズ・セッションや他アーティストのサポートも務めるなど、いちベーシストとしても確かな演奏力を持った実力派である。単独インタビューや機材解説、奏法分析に加えて、勢喜遊(d)が表紙を飾るリズム&ドラム・マガジン 2020年3月号(2020年1月25日発売)と連動した“リズム体対談"をとおして、2019年末の紅白歌合戦にも出場し、国民的認知を広げているそのサウンドのボトムを担う俊英に迫る。

■Featured Bassists2
関根史織(Base Ball Bear)

ギタリストが脱退し、3人体制となったBase Ball Bearが、3人体制の2作目にして、メンバーが設立したレーベルから初のフル・アルバムとなる『C3』をリリースする。デビュー・アルバム『C』、2015年リリースの『C2』に続く、“C"シリーズ3作目となる本作に、ベーシストの関根史織はどのように向き合ったのだろうか。プログレ通としても知られ、近年はチャップマン・スティックを操るバンド、sticoでも活動する関根の今に迫る。

■THE BASS INSTRUMENTS
ギャリエン・クルーガーREVISITED

1960年代からアンプ製作を手がけ、ソリッドステート式ベース・アンプの代名詞として歴史にその名を刻むギャリエン・クルーガー。現在ではお馴染みのアクティヴEQや、低域と高域を分割して出力する独自の“バイ・アンプ・システム"などを先駆けて開発し、常に最新技術を編み出し続けてきた同社が、1980年代から90年代にかけて一世を風靡した名機、800RBの遺伝子を受け継ぐ“Legacy Series"をリリースした。これを機に、常に革新的であり、シーンにおいて確固とした存在感を放っているギャリエン・クルーガーの魅力を、改めて紹介していく。

■奏法特集
ルート、3rd、5thでなんでも弾ける
トライアド・バッキング

コードを構成する基本音程がルート、3度、5度のトライアドだ。ベース・ラインを作るうえでも必ずマスターしておきたいトライアドであるが、突き詰めようとすると、やはり奥が深いもの。使える音程が限られているなかでカッコよく展開させるには、ある程度のコツも必要となる。トライアドをどのように活用することがベース・ラインに効果的なのか、その奥義を直伝する。

■SILENT SIREN × フェンダー・シグネイチャー・ベース

■インタビュー
スティーヴ・ハリス(ブリティッシュ・ライオン)
ビリー・シーン(サンズ・オブ・アポロ)
Yudai(Survive Said The Prophet)
ヒロミ・ヒロヒロ(tricot)
BOH(仮BAND)
Shingo Suzuki(Ovall)
白井雄介(キンモクセイ)
川村竜

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:美久月千晴(後篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES

「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」松たか子(『アナと雪の女王』より)
「ゲレンデがとけるほど恋したい」広瀬香美
「ギミチョコ! ! 」BABYMETAL

■四谷低音倶楽部

ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
中尾憲太郎45才(NUMBER GIRL)

■MY DEAR BASS
稲葉航大(Helsinki Lambda Club)
1,257円
表紙: 5弦ベースの真実

■SPECIAL PROGRAMダウンロード音源対応
5弦ベースの真実

ベースといえば、弦が4本。というのは、まさしく標準的な認識と言える。ところが、実際の音楽/ベース・シーンを見てみると、現代は多弦ベースの時代といってもいいほどで、特にローB弦を備えた5弦ベースの存在は、もはや“新たな標準"といっても過言ではないほどに浸透している。もはや最初に手にするベースが5弦だというプレイヤーも少なくないだろう。本特集では約40ページにわたって、楽器自体の構造からプレイヤーの演奏論に至るまで、“4弦ベースにひとつ弦が加わっただけ"ではない5弦ベースについて、改めて見直し、“5弦ベースの真実"を探っていきたい。

●コンテンツ
・バンドマンが語り合う! 今どき"5弦ベース認識"
安井英人(BIGMAMA)×露崎義邦(パスピエ)×Shaikh Sofian(odol)×田中雄大(ユアネス)
・5弦ユーザーの生の声
岡沢章、Toshiya(DIR EN GREY)、岩永真奈
・4弦派MASAKI vs 5弦派IKUO
・弾いているだけじゃわからない5弦ベースの構造的特徴を知る
・ビルダーが語る5弦ベース
ケン・スミス(ケン・スミス・ベース)、深野真(フリーダムカスタムギターリサーチ)
・4弦ベースと5弦ベース同じ音高で音質は違うのか!?
・5弦ベースのピックアップについて考えてみる
・5弦ベースの気になるアレコレ
・奏法面における5弦ベースの利点
・セッティング一覧

■THE BASS INSTRUMENTSダウンロード音源対応
メーカー・イチオシ15モデルを徹底試奏 5弦ベース最前線

表紙巻頭で探った“5弦ベースの真実"であるが、では実際に各社からリリースされている5弦ベースにはどのようなものがあるのだろうか。そこで、各ブランドイチオシの機種を15本ピックアップし徹底試奏、ダウンロード音源にそのサウンドを収録した。レコーディングを担当したのは、スガシカオや水樹奈々のバンドで辣腕を振るう坂本竜太。ブランドによって、4弦ベース以上に幅広い方向性が提示されているのが5弦ベースのおもしろいところ。あなたにフィットする機種はどれだ!?

■奏法特集ダウンロード音源対応
KOTA Presents 5弦ベースで楽しむ冬の独奏ソングス

寒い季節にはなぜか奏でたくなるソロ・ベース。太く暖かいベースの音色で奏でるメロディが、人々の心に染み入るのだろう。これまでの本誌でお届けしてきたソロ・ベース講座は4弦ベースでのアレンジが多かったが、今回は表紙巻頭企画に合わせて5弦ベースを活用してアレンジ。これにより、より多彩なアレンジが可能になった。ソロ・ベース初心者はもちろん、5弦ベース初心者も、ぜひチャレンジしてほしい。

■FEATURED BASSIST ダウンロード音源対応
H ZETT NIRE(H ZETTRIO)

2014年のリオ五輪閉会式に楽曲が起用されるなど、国内外を問わず新たなジャズ・ファンを開拓し続けているピアノ・トリオ、H ZETTRIO。2019年1月1日から12ヵ月連続でシングルをリリースしてきた彼らが5thアルバム『RE-SO-LA』を発表する。今回は新作に関するインタビューに加えて、新曲「炎のコンテクスト」を付録ダウンロード音源として提供してもらい、同曲を題材にしたH ZETT NIREの“ベース・ライン作りの思考法"の直伝講座が実現!

■インタビュー
下上貴弘(アルカラ)
高松浩史(THE NOVEMBERS)×圭(BAROQUE)
Sacchan(DEZERT)

■連載セミナー
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)

■連載
◎ウエノコウジ
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:美久月千晴(中篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES
井上陽水音楽活動50周年!
「東へ西へ」
「夢の中へ」
「ワインレッドの心」

■四谷低音倶楽部

ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
松本拓郎(HOWL BE QUIET)

■MY DEAR BASS
大土井裕二
表紙:テック21サンズアンプ・ベース・ドライバーDI

■SPECIAL PROGRAM
アンプ・シミュレーターの元祖
WESANSAMP

“アンプ・シミュレーター"という概念もまだはっきりしていなかった1989年に発表されたサンズアンプ・クラシックをベース向けに特化し、1994年に登場したサンズアンプ・ベース・ドライバーDIは、現在最盛期を迎えているペダル型プリアンプの先駆けであり、今なお王道モデルとして存在感を誇示している。サンズアンプの誕生から30年を迎えた今、その魅力を表紙巻頭44ページという大ヴォリュームで再検証していく。

●コンテンツ
・サンズアンプに歴史あり 5分でわかるサンズアンプ遺伝子の変遷
・開発者インタビュー
・徹底解剖! ベース・ドライバーDI V2〜使いこなし術
・歴代ベース・ドライバー試奏対談 細川雄一郎×高松浩史(THE NOVEMBERS)
・名ベーシストが語る、サンズアンプの魅力 中尾憲太郎、日向秀和
・ヘビー・ユーザーたちのサンズアンプ談義 前田恭介(androp)×中村和彦(9mm Parabellum Bullet)×岡峰光舟(THE BACK HORN)
・最前線で活躍する24人のベーシストたちが答える 最新サンズアンプ事情
・ベース・ドライバーDIだけじゃない! 個性派ベース用ペダル群をチェック

■奏法特集
ベース指導のプロが考えた
演奏能力向上エクササイズ45

日々、“ベースがうまくなりたい"とさまざまな練習をしているつもりでも、それが本当にプレイに役立っているのかはなかなか実感しにくいもの。そこで今回は、ベースを教えるプロである音楽学校の講師陣が、“目的意識のハッキリした"“合理的な練習譜例"を徹底的に吟味! 目的別に超効率的な練習フレーズを提案する。

■THE BASS INSTRUMENTS
フェンダーの最進化シリーズが登場!
アメリカン・ウルトラの実力

これまで、アメリカン・デラックス、アメリカン・エリートなど、トラディショナルなルックスはそのままにモダナイズされた実用性の高いアクティヴ・ベースを生み出してきたフェンダーの、最進化アクティヴ・ベース・シリーズとなる“アメリカン・ウルトラ"が新登場。試奏者に日野“JINO"賢二を迎え、その実力を徹底チェックする。

■インタビュー
首藤義勝(KEYTALK)
髙野清宗(Mrs. Green Apple)
千ヶ崎学(KIRINJI)
内田雄一郎(筋肉少女帯)
早川岳晴
バビー・ルイス
パズ・レンチャンティン(ピクシーズ)

■連載セミナー
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナーKOTA
◎遊星からのグルーヴX中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで“使える"ギター・エフェクター細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:美久月千晴(前篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES

「接吻 Kiss」オリジナル・ラヴ

「ここでキスして。」椎名林檎

「Choo Choo TRAIN」EXILE

■四谷低音倶楽部

ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
Yudai(Survive Said The Prophet)

■MY DEAR BASS
大塚智之(シャムキャッツ)
表紙:JIRO(GLAY)

■FEATURED BASSISTS 1
JIRO(GLAY)
今年デビュー25周年を迎え、“7つの公約"を掲げて精力的な活動を展開しているGLAY。“公約4"である15thアルバム『NO DEMOCRACY』は、バンドとしての新たな側面を感じさせる意欲作となった。新作について、そしてこれまでのベーシストとしての歩みについて語った最新インタビューのほか、ゆかりのあるミュージシャンたちからのコメント、最新アルバム&歴代楽曲の奏法分析などから、JIROの25年を総括する。

■FEATURED BASSISTS 2
日向秀和
Nothing's Carved In Stoneの10thアルバム『By Your Side』、ストレイテナーのミニ・アルバム『Blank Map』、そして小社から刊行されるアーティスト本『BASS MAGAZINE SPECIAL FEATURE SERIES 日向秀和』と、9月後半から10月にかけてリリースが目白押しの“ひなっち"こと日向秀和。多くのフォロワーを生んできた稀代のベース・ヒーローには、今、どのような景色が見えているのか? また、“ひなっち大好きベーシスト"による座談会も実現!

■FEATURED BASSISTS 3
岡峰光舟(THE BACK HORN)
約4年振りとなるアルバム『カルペ・ディエム』を発表するTHE BACK HORN。“今をつかめ"というアルバム・タイトルは、“生きる"ということを歌い続けてきた彼らにとっても決意のアルバムとなった。激情ほとばしる本作において、岡峰はベース・プレイのみならず作曲にも大いに関与。新たなフェーズへと動き出したバンドに、岡峰は、どう向き合っていたのだろうか?

■奏法特集
名手直伝! 誌上スペシャル・レッスン
featuring ウィル・リー&リチャード・ボナ
8月後半に来日公演を立て続けに行なったウィル・リーとリチャード・ボナ。今回は、それぞれのプレイのエッセンスを凝縮した誌上スペシャル・ベース・レッスンが実現した! 一流プレイヤーの手法をぜひ自身のプレイに取り入れてほしい。

■THE BASS INSTRUMENTS
長寿なうえに音もいい
コーティング弦 厳選9ブランド弾き比べ!
ベーシストにとって日々の出費で大きな割合を占めるのは、消耗品ゆえに、一度買ったらそれっきりというわけにはいかない「弦」なのではないだろうか? そこで視野に入ってくるのが、長寿命を謳う「コーティング弦」という選択肢だが、もちろん長寿命だけが弦選択の基準ではない。音質、演奏性も含めて、コーティング弦の特徴を見ていこう。

■めっちゃ気になるあの機材:
マークベースのベース

■インタビュー
タル・ウィルケンフェルド
モヒニ・デイ(B'z)
小原礼(The Renaissance)
楢崎誠(Official髭男dism)
RxYxO(coldrain)
大林亮三(SANABAGUN.)
おかっち(ヒステリックパニック)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナー KOTA
◎遊星からのグルーヴX 中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで“使える"ギター・エフェクター 細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:松原秀樹(後篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES

「風をあつめて」はっぴいえんど

「ろっかばいまいべいびい」細野晴臣
「東風」イエロー・マジック・オーケストラ

■四谷低音倶楽部

ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井
■THE AXES
関根史織(Base Ball Bear)

■MY DEAR BASS
長島涼平(フレンズ)
1,257円
表紙:ジョー・ダート(ヴルフペック)

■FEATURED BASSISTS 1
ジョー・ダート(ヴルフペック)
2011年に結成されたLAを拠点に活動するミニマル・ファンク・バンド、ヴルフペック。タイトでキレのあるプレイを聴かせるベーシストのジョー・ダートは、新世代のベース・ヒーローとして、国内外のプロ・ベーシストからも大きな注目を集めている存在だ。残念ながら、いまだヴルフペックとしての来日公演は実現していないが、7月末にジョーイ・ドーシックのサポート・ベーシストとして来日した彼を緊急キャッチ。本誌初登場にして表紙巻頭にて特集記事をお届けする。

■FEATURED BASSISTS 2
中村和彦(9mm Parabellum Bullet)
今年結成15周年を迎え、ますます精力的な活動を展開している9mm Parabellum Bulletが8thアルバム『DEEP BLUE』をリリースする。アグレッシブなパフォーマンスでバンドの起爆剤ともなっている中村和彦に、新作について、そして15周年を迎えたバンドについて聞く。

■FEATURED BASSISTS 3
明希(シド)
約2年振りとなるアルバム『承認欲求』を発表するシド。全曲新曲となる10曲が収められた本作において、ベーシストとして、ソングライターとして、明希はどのように向き合っていたのか? 近年ではソロ・アーティストとしても活躍する明希が語る“シド"としてのベースとは?

■INTERVIEW & SPECIAL LESSON(音源対応)
須藤満
16年連続でオリジナル・アルバムをリリースし、名実ともに日本を代表するフュージョン・バンドであるTRIXを支える名手、須藤満。8月にリリースした最新作『ECCENTRIX』でもその手腕を存分に発揮している須藤による誌上セミナーが実現。付録音源対応により、そのプレイの真髄に迫る。

■奏法特集(音源対応)
“なんとなく"を聴いて正そう!
前ノリと後ノリの真実
ベーシストにとって何よりも重要となるリズム感。ひと口に“良いリズム"といっても、それは確固たる正解のない奥深き世界。クリックにバッチリ合っているから “良いリズム"とは限らないわけで、場合によっては、クリックよりも“前"であったり“後"であったり、ベーシストが自在に立ち位置を変えていくことが必要になる。この感覚的な部分を、付録音源で確認しながら身につけていこう。

■THE BASS INSTRUMENTS(音源対応)
特選! DIガイド2019
レコーディングにおいてもライヴにおいても、ベーシストは必ず使用するDI。ミキサー卓にベース音を届けるために使用するこの機材は、近年では、プロ・ベーシストもそれぞれお気に入りのDIを所有しているというケースも少なくなく、実はベース・サウンドに大きく関わる重要な機材である。本企画では、クラムボンのミトを試奏者に迎えて、注目の11モデルを徹底チェック! 各DIを通したサンプル音源を付録として収録することで、各モデルの特徴をあぶり出していく。

■めっちゃ気になるあの機材
EBS Micro Bass 3

■関ジャニ∞ライヴ・レポート

■インタビュー
今沢カゲロウ
キタニタツヤ
Syu(HAPPY)
チヨ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!)

■連載セミナー
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナー KOTA
◎遊星からのグルーヴX 中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで“使える"ギター・エフェクター 細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:松原秀樹(中篇)
◎グッドモーニングアメリカ たなしんの『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』2nd Season

■BM SELECTED SCORES
桜高軽音部
「Cagayake!GIRLS」
「ふわふわ時間」
「Don't say "lazy"」

■四谷低音倶楽部

ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
大林亮三(SANABAGUN. )
■MY DEAR BASS
滝口大樹(感覚ピエロ)
表紙:あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)

■FEATURED BASSISTS 1
あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)

今年に入り、初のアリーナ・ツアーやアジア・ツアーを大成功に収め、9月には大阪・泉大津フェニックスにて2日間に渡る主催野外イベントを開催するTHE ORAL CIGARETTESは、まさに現在の国内ロック・シーンのなかで最も勢いに乗っているバンドと言える。ベーシストのあきらかにあきらは、確かなテクニックと派手なライヴ・パフォーマンスで、次世代のベース・ヒーロー筆頭格の存在だ。2枚組のベスト・アルバム『Before It's Too Late』を発表するこのタイミングで、初の表紙巻頭特集を敢行。ベーシストとしての彼のすべてを明らかにする。

■FEATURED BASSISTS
堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)

アニメ/ゲームの作編曲家として、またはボカロP=kemuとして、各方面から大きな評価を受けているクリエイター、堀江晶太。彼が率いる5人組ロック・バンドPENGUIN RESEARCHが2ndアルバム『それでも闘う者達へ』をリリースした。“プロなのは作編曲のほうであって、ベースは仕事というよりは趣味の延長でいたい"と語る彼だが、溌剌と躍動感にあふれたその楽曲において、プロデューサー/アレンジャー視点とベーシスト視点の間でうまくバランスをとったプレイは大いに注目すべきものだ。“ベーシスト堀江晶太"の核心に迫る。

■奏法特集
2019夏期講習
アドリブ・サマー・セミナー

夏休みにバッチリ練習して、新学期のライヴで1ランクアップした姿を見せる! と意気込んでいたものの、ついつい練習をサボってしまったという人はいませんか? そんな人も大丈夫! これさえ押さえておけば、セッション/曲作りに活用できるアプローチ方法&練習フレーズを、厳選してご用意いたしました。新学期に向けて、最後の追い込みだ!

■THE BASS INSTRUMENTS
ハンド・ワウンドが生む魔法
DR Strings

ヴィクター・ウッテン、ブーツィー・コリンズ、KORNのフィールディ、ミューズのクリス・ウォルステンホルムなど、幅広いジャンルのベーシストに愛用されている米国製弦メーカー、DR。ハンドワウンドにこだわりつつも、ドロップ・チューニング専用やカラー・コーティングといった意欲的な製品も含む多くのラインナップを揃える同社の魅力を、改めて検証していく。

■THE NOVEMBERS高松浩史の音色探索
その箱の中は地獄より深い〜特別篇
歪みペダル5選徹底チェック

■Bose S1 Pro Multi-Position PA system
■FENDER MADE IN JAPAN MODERN SERIES

■インタビュー
アルフォンソ・ジョンソン
ダフ・マッケイガン
Hiromu Fukuda(Suspended 4th)
Azu(LAZYgunsBRISKY)
塩﨑啓示(LACCO TOWER)
NARUMI(HEAD PHONES PRESIDENT)
本村拓磨(Gateballers)
Maryne(BimBamBoom)
アユニ・D(PEDRO)

■連載セミナー
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナー KOTA
◎遊星からのグルーヴX 中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで“使える"ギター・エフェクター 細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:松原秀樹(前篇)
◎グッドモーニングアメリカたなしんの
『タナブロ出張版〜ベース最高峰への道〜』Season 2

■BM SELECTED SCORES
「セプテンバー」アース・ウインド&ファイアー
「SEPTEMBER」竹内まりや
「September」大原櫻子

■四谷低音倶楽部ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
楢崎誠(Official髭男dism)

■MY DEAR BASS
カワイリエ
表紙:田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)

■FEATURED BASSISTS 1
田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)

今年、結成15周年を迎えた3ピース・ロック・バンド、UNISON SQUARE GARDEN。その中心人物として、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がけ、ライヴではアグレッシブすぎるパフォーマンスで耳目をひくのが、ベーシストである田淵智也だ。自身のバンド活動のほか、個人名義やプロデューサー・チームQ-MHzでの外部への楽曲提供も積極的に行なうなど、ロック・バンドのベーシストに収まりきらない活躍でも注目を集めている彼の、本誌初の表紙巻頭特集をお届けする。

■FEATURED BASSISTS 2
草刈愛美(サカナクション)

6年ぶりのアルバムとなる『834.194』をリリースするサカナクション。国内のロック・シーンにおいて独自のポジションを築き上げたそのバンド・アンサンブルにおけるベースの役割とはどういったものなのか。新作におけるベース・プレイについて語る。

■FEATURED BASSISTS 3
IKUO

国内屈指のテクニカル・ベーシストとして多岐にわたる活動を展開しているIKUOが、ソロ2ndアルバム『Easy come easy core!!』を完成させた! 前作『RED ZONE』とはコンセプトを変え、ラウドかつポップな"イージーコア"なバンド・サウンドにテクニカル要素をぶち込んだ同作について聞く。

■SPECIAL PROGRAM
今どきベーシストの必須ノウハウ
シンセ・ベース A to Z

ここ最近、生のベースではなくシンセ・ベースをフィーチャーしたヒット曲が増えてきたこともあり、ロック・バンドのライヴでもベーシストが鍵盤を弾いてシンセ・ベースをステージで再現するという場面もよく目にするようになった。とはいえ、鍵盤楽器に馴染みがないというベーシストも多いのでは? ここでは初歩の初歩から"鍵盤のベース"を解説していこう。

■奏法企画
1週間で免許取得!スケール夏合宿

ソロ・フレーズを弾くときにはもちろん、ちょっとしたオブリを入れる際でも、あると便利なのがスケールの知識だ。しかし、スケールに対して苦手意識を持っている人は、なんとなく難しいものだと思って敬遠しがちでもあるだろう。そんなスケールの知識をわかりやすく解説する。

■めっちゃ気になるあの機材
Vivie

国産エフェクター・ブランドとして、ベーシストにはプリアンプOwiMightyでお馴染みのVivie。同社がベース用製品として、オーバードライブRhinotesとコンプレッサーFenneCompをリリースした。その実力を動画対応で検証する。

■中西道彦(Yasei Collective)が斬る Meris ENZO

■ベーシストと今夜も乾杯! ハッピー☆アワー
MAKOTO(HER NAME IN BLOOD)、Masa(NOCTURNAL BLOODLUST)

■インタビュー
◎中村梅雀
◎鳴瀬喜博(CASIOPEA 3rd)
◎MASAKI(CANTA)
◎ナガイケジョー(SCOOBIE DO)
◎井澤惇(LITE)
◎RIO(Mary's Blood)
◎ぴか(Hump Back)
◎鷲見こうた(ズーカラデル)

■連載セミナー
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナー KOTA
◎遊星からのグルーヴX 中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで"使える"ギター・エフェクター 細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:伊藤広規(後篇)

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
YUCHI(sukekiyo)

■MY DEAR BASS
AKi
1,257円
表紙:J

■FEATURED BASSIST
J
昨年末、28年間をともにした楽器メーカーESPとのエンドース契約を終了することを発表し、ファンはもちろん業界も騒然とさせたJ。その後の動向が注目されるなか、去る5月31日と6月1日に行なわれたLUNA SEAの30周年記念武道館ライヴで、彼がその手にしていたのは、エレクトリック・ベースの元祖であり本質であるフェンダー・ベースだった。自身の音楽活動において、ロックの本質を追求し続けてきたJとフェンダーの邂逅。それはある意味、必然の出来事であったのかもしれない。2019年を “新たな挑戦のはじまり"と定義する彼の、最新モードに迫る。

■SPECIAL PROGRAM
ベーシストと愛器〜そのセッティングについて
世にはさまざまなタイプのベースがあり、ベーシストそれぞれに好みのモデルがあるだろう。そして、自身の好みを反映したモデルを手に音楽を奏でるわけだが、そのベースそのものにどのような調整を施すかを、どれくらい気にしているだろうか? 弾きやすさだけでなくサウンド自体にも影響を与える“ベースのセッティング"について、プロ・ベーシストの意識をさまざまな角度から探る。

登場ベーシスト:亀田誠治、中尾憲太郎44才(ナンバーガール)、Shun(TOTALFAT)、MAKOTO(BRAHMAN)、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、あきらかにあきら(THE ORAL CIGARETTES)、IKUO

■奏法企画 音源対応
知られざる“グルーヴ・ミュート"の極意
ベーシストならば気づいているであろうグルーヴの秘訣、それが実音と実音でない音とのコンビネーションだ。どのくらいの長さの音で演奏するかも含めて、“ミュート"“ゴーストノート"といった実音以外の音要素が演奏の良し悪しを決定していくことも多い。今回は、それらの要素を“グルーヴ・ミュート"と定義し、本誌奏法企画ではお馴染みの前田“JIMMY"久史が音源付きで指南する。

■THE BASS INSTRUMENTS 1 音源対応
現場仕様のアイディア満載
シグネイチャー・ベース大集合!
アーティストの要望を取り入れ、個々のプレイ・スタイルに合わせて製作されるシグネイチャー・ベース。その細部に目を向けると、現場で培われたノウハウやプロならではの有効なアイディアがいくつも投入されている。レギュラー・モデルとはひと味違ったスペックが魅力のアーティスト・シグネイチャー・モデルを一堂に集め、そのこだわりを明らかにする。音源対応。

■THE BASS INSTRUMENTS 2 音源対応
定番からヴィンテージまで
どう変わる? コンデンサー交換レビュー
エレキ・ベースであれば必ず必要な電気部品の配線。そのなかで、音の明暗/抜けに関わるパーツがコンデンサーだ。パーツ的には小さなものであるが、これを交換するともちろん音が変わる……その程度はいかほどのものなのか……。今回は音源対応にて、実際にさまざまなコンデンサーを付け替えて検証していきたい。

■インタビュー
あいにゃん(SILENT SIREN)×西本りみ(Poppin'Party)
鳥越啓介
マイケル(夜の本気ダンス)
スージー・クアトロ
ジャン=ジャック・バーネル(ザ・ストラングラーズ)
リー・ロッカー(ストレイ・キャッツ)
ジャック・ローレンス(ザ・ラカンターズ)
マルコ・メンドーサ

■連載セミナー
◎ハイパー・テクニカル・ベース・セミナー KOTA
◎遊星からのグルーヴX 中西道彦(Yasei Collective)
◎ベースで“使える"ギター・エフェクター 細川雄一郎

■連載
◎アユニ・D(BiSH/PEDRO)
◎ニッポンの低音名人:伊藤広規(中篇)

■BM SELECTED SCORES
復活! ナンバーガール
「透明少女」
「TATTOOあり」
「NUM-AMI-DABUTZ」

■四谷低音倶楽部
ナガイケジョー、かわいしのぶ、高松浩史、吉田大八、あいにゃん、高水健司、マーガレット廣井

■THE AXES
スグルスキル a.k.a.GuruConnect(skillkills)

■MY DEAR BASS
橋本=タフネス=樹(キイチビール&ザ・ホーリーティッツ)
おすすめの購読プラン

BASS MAGAZINE(ベースマガジン) 雑誌の内容

すべてのベーシストのための総合情報誌
ベースという楽器、ベーシストという人間に徹底してこだわる、日本で唯一の音楽雑誌です。人気ベーシストのインタビュー、楽器に関する知識や情報、プレイのノウハウなどベースに関するあらゆる情報が内外を問わず集中してきます。それら貴重な情報を基礎に、様々な視点から幅広くベースの魅力を追求しています。

+   BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の目次配信サービス

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)を買った人はこんな雑誌も買っています!

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

1 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2021年03月27日発売

目次: 表紙 SUMIRE × モトーラ世理奈

特集
FUTURE IN THE PAST 新しくない、新しさ。

◆ SO WHAT’S NEW?
私にとっての新しさ

◆ 池田エライザがラッフルをまとう
TOMO KOIZUMI × EMILIO PUCCI

◆ 高田賢三 夢のつづきをみたくて

◆ デザイナーズ・アーカイブ研究
ヴィヴィアン・ウエストウッドとラフ・シモンズに見る新しさ

◆ 今、新しく感じる日本ファッションのアーカイブ

◆ 古川琴音が装う、シャンソンの調べ。

◆ 私が好きな、古くて新しいものやこと
くどうれいん/アイナ・ジ・エンド/弓 ライカ/島倉りか/市川染五郎/
LICAxxx/ロイ/MOSHI/eill/垣畑真由/Mega Shinnosuke/松尾レミ/
カネコアヤノ/日下七海/アマイワナ/ハヤシレナ/斜陽/藤原季節/
ゆっきゅん/金子由里奈/はくる/根矢涼香/小西桜子/関 マリアンナ/
モトーラ世理奈/中島沙希/家入レオ/原田ちあき/ぜったくん/
吉田圭佑/みしゃむーそ/舟山瑛美/土居哲也/市野沢祐大/半澤慶樹/
塩塚モエカ

◆ 成田 凌 × 清原果耶
まともじゃないかも?なふたりのヴィンテージミックス

◆ 構成的ポスターが今の私たちに語りかけるもの

やんばるアートフェスティバル 2020-2021
アートとモードが出会うとき

FEATURES
feature mode プラダ
織田ファッション専門学校コンペティション 入選作品決定!
いきものがかり 吉岡聖恵の初の書籍
『 KIYOEnOTE -キヨエノオト- 』発売に!

REGULARS

◇ PLAY A SENSATION vol.39 Kōki,
◇ One Thousand and One Nights
 蜷川実花と未来の女の子たち 第五夜 浜辺美波

◇ MFBB vol.18 FLOWER 増田貴久(NEWS)× 宇田陽子(logi plants & flowers)

◇このブランドの製図が見たい! vol.37 rurumu:

◇装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.57 糀 泰佑

◇ 装苑男子 SPECIAL 菊池風磨(Sexy Zone)

◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.34 「旅」

SO-EN JAM
GIRL これからの、女の子 vol.42 Long Hui
シネマ・コラージュ『アンモナイトの目覚め』
BOOK 本好きの本棚 vol.18 磯上竜也 (toi books)
COLUMN
・[新連載]塩塚モエカ ここだけはエデン
・[新連載]小林裕翔 記憶の中の美術館
・枝 優花 主人公になれないわたしたちへ
・[新連載]Oliveの手仕事
・ 福田里香のフード+1

参考価格: 734円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2021/01/28
    発売号

  • 2020/11/27
    発売号

  • 2020/09/28
    発売号

  • 2020/07/28
    発売号

  • 2020/03/28
    発売号

  • 2020/01/28
    発売号

明星(Myojo)

2021年04月22日発売

目次: [表紙]HiHi Jets

[ウラ表紙]美 少年

[ピンナップ]永瀬 廉/高橋海人

[全8面・厚紙Wピンナップ]45人が登場! SMILEメッセージカード

[10000字インタビュー SixTONES・Snow Man編]第12回・渡辺翔太

[恋人にしたいJr.・短期連載]西畑大吾/川島如恵留

King & Princeは、春からの新生活に役立つヒントを伝授!

Snow Manは、グループ内での部活動を紹介!?

SixTONESは、忙しい日々の中でのリラックスタイムを教えてくれたよ。

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2021/03/22
    発売号

  • 2021/02/22
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/22
    発売号

  • 2020/11/21
    発売号

  • 2020/10/22
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

日本で一番!見やすいテレビ番組表

MUSICA(ムジカ)

2021年04月15日発売

目次: <COVER STORY> あいみょん
昨年の“裸の心”のスマッシュヒット、アルバム『おいしいパスタがあると聞いて』リリースからの全国ツアー、そして作家としても提供曲が3年越しのヒットを果たすなど、コロナ禍においてもアーティストとして確かに大きな活躍を見せたあいみょん。2021コロナ禍においてもアーティストとして確かに大きな活躍を見せたあいみょん。2021年もまったく止まることなく新曲を立て続けに発表し、5月26日には久しぶりのパッケージシングル『愛を知るまでは/桜が降る夜は』をリリースすることが決定。新曲群の話を中心に、今秋でメジャーデビュー5周年を迎えるあいみょんが、アーティストとの話を中心に、今秋でメジャーデビュー5周年を迎えるあいみょんが、アーティストとして、、作家として、そしてひとりの人間として今その心に思うことを超ロングインタヴューで紐解く表紙巻頭特集!

くるり
縦横無尽な音楽の旅を重ねてきたくるりが、恐ろしいほどの探究心で音楽の本質を突き詰め、縦横無尽な音楽の旅を重ねてきたくるりが、恐ろしいほどの探究心で音楽の本質を突き詰め、世界を捉え、実験と発明を繰り返して完成させた『天才の愛』、その凄みを紐解く

Creepy Nuts
この1年で一気に各種メディアで八面六臂の大活躍を見せるようになったCreepy Nuts。
怒涛の連続リリースとなる新曲3曲と共に、葛藤も含めた現在の胸中を本音で語る

マカロニえんぴつ
前号の初表紙巻頭特集に続く、「はしりがき」EPインタヴュー後編! ひと筋縄ではいかないマカロニえんぴつのロックとポップのメカニズムと展望を探る、メンバー全員取材

にしな
2021年のNext Big Thingの筆頭株として大きな注目を浴びるシンガーソングライター、
その喧伝を遥かに凌駕するファーストアルバム『odds and ends』と彼女の本質を探る

Dios たなか(前職:ぼくのりりっくのぼうよみ)×Ichika Nito×ササノマリイの3者による新バンド、始動。第1弾リリース“逃避行”と共に結成の真意を訊く、第一声インタヴュード
BRADIO
もっともっと知れわたるべき日本が誇るファンクバンド、BRADIO。コロナ禍に己と向かい合い、さらに深くソウルを滾らせ掘り起こし爆発させた傑作『Joyful Style』を語る

ちゃんみな
ルッキズムへの痛烈な批判であり、「自分を愛し、生きること」をエンパワメントするシングル『美人』。
ポップアーティストとして強い意義とインパクトを放つ本作に託したもの

打首獄門同好会
『こんなバンド名だけどいいんですか』という問いかけタイトルとは裏腹に確信だらけな4曲を収録した新作リリース。
ますます社会を巻き込み爆走する打首の現在地を追う

TENDOUJI
同時閉塞感の中で、だからこそむしろ溢れ出し迸りまくった創作意欲でなんとアルバム2作を同時に完成させたTENDOUJI、まずは『MONSTER』投下 。新たな確信を語りまくる

BIGMAMA
重く大きな別れを乗り越えたBIGMAMA、新体制での2作目となるEP『What a Beautiful Life』完成。
鮮やかに輝くアンセム達に託された金井政人の真意と確信を深く紐解く

Panorama Panama Town
サウンドプロデュースに石毛輝(the telephones、Yap!!!)を迎えて制作した再起のEP『Rolling』。
危機に直面したからこそ原点に立ち返り、取り戻した「信じるもの」とは

YONA YONA WEEKENDERS
EXPRESS
Dragon Ash
佐藤千亜妃

また、入江陽、カジヒデキ、BŌMI、the band apart、OKAMOTO’S、SiM、Shleeps、ART-SCHOOL、くるり、8otto、a flood of circle、Wienners、LITEら多くのミュージシャンも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

すべての音楽ファンへ――今最も熱い音楽誌

  • 2021/03/16
    発売号

  • 2021/02/16
    発売号

  • 2021/01/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/11/16
    発売号

  • 2020/10/15
    発売号

Duet(デュエット)

2021年05月07日発売

目次: 表紙[阿部亮平]
3 ジャニーズWESTピンナップ
7 ジャニーズJr.ピンナップ
11 浮所飛貴ピンナップ
13 正門良規ピンナップ
15 HiHi JetsD:Jカード
17 阿部亮平COVERスペシャル
20 Sexy Zone
25 King & Prince
31 SixTONES
37 Snow Man
47 ジャニーズWEST
54 Hey! Say! JUMP
59 A.B.C-Z
65 テンパってるJ 美 少年
69 D:J Journal
72 D:J TV 有岡大貴『探偵☆星鴨』
73 D:J MOVIE 藤井流星『賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』
74 D:J SEARCH
75 D:J FORTUNE ラッキーカラー占い
76 撮影小道具プレゼント
78 D:J BOX 読者ページ
81 Hey! Say! 7 Ultra RADIO JUMP
82 月刊!平成ジャンプ
84 HUG the King & Prince
86 キスラジGO!横尾 渉・宮田俊哉、横尾 渉・千賀健永
88 Sexy Zone A La Mode 中島健人
90 ジャニーズWESTyle 小瀧 望&濵田祟裕
92 A.B.C-Zのえびらんど
93 SixTONES LAB
94 スノケン
95 関ジュ鑑岡 佑吏・福井宏志朗・澤田雅也・吉川太郎、小柴 陸・藤森凌駕・真弓孟之・浦 陸斗、連載コラム
98 室 龍太・原 嘉孝
99 Jr. BANG 堀口由翔・鍋田大成・千井野空翔・渡邉 心・髙橋曽良・久我一智、宮近海斗・川島如恵留・吉澤閑也
102 高橋文哉
103 中尾暢樹
104 瀬戸利樹
105 日向 亘
106 犬飼貴丈
107 髙橋ひかる
108 TAKARAZUKA“d”COLLECTION 星組公演『ロミオとジュリエット』ほか
109 林 翔太
110 松崎祐介・寺西拓人
111 NEWSコンサートレポート
112 Travis Japanコンサートレポート
113 道枝駿佑『Romeo and Juliet』レポート
114 『滝沢歌舞伎ZERO 2021』レポート
116 Hey! Say! JUMPコンサートレポート
118 中山優馬『蜜蜂と遠雷』レポート
119 HOT SHOT!
120 目次
121 なにわ男子
126 Aぇ! group
130 Lil かんさい
132 Boys be
134 Travis Japan
139 HiHi Jets
144 美 少年
149 7 MEN 侍
153 IMPACTors
157 Jr.SP
158 少年忍者
164 中山優馬 with 奥村颯太・大東立樹
166 ふぉ~ゆ~
168 J-novel 3rd SEASON 吉澤閑也
170 表紙 美 少年

参考価格: 381円

ジャニーズ中心の写真・企画・連載が面白い雑誌『DUET』

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

  • 2020/12/07
    発売号

  • 2020/11/07
    発売号

6 ダ・ヴィンチ

メディアファクトリー

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2021年05月06日発売

目次: 表紙★TEAM NACS

●特集1
結成25周年&第17回本公演『マスターピース〜傑作を君に〜』上演中!
成熟する彼ら、新たな魅力を浴びてみたい
CREATOR×NACS
TEAM NACS特集

◎TEAMNACS×吉田ユニ 特別企画ビジュアル ☆特別付録ポストカード
◎TEAMNACSメンバーインタビュー 森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真
◎舞台『マスターピース~傑作を君に~』上演記念対談
TEAM NACS×今会いたい脚本家
森崎博之×古沢良太/安田顕×坂元裕二/戸次重幸×根本ノンジ/大泉洋×野木亜紀子/音尾琢真×宇田学
◎TEAMNACS 25周年の軌跡

●特集2
魂をゆさぶるやつ、教えてください
嗚呼、このマンガが好きすぎる。

◎[対談&コラボイラスト]
椎名うみ(『青野くんに触りたいから死にたい』)×野田彩子(『ダブル』)
◎このマンガが好きすぎるインタビュー
中条省平/あさのあつこ/宇垣美里/恩田陸/SHOCK EYE(湘南乃風)/吉田尚記
◎[対談]川上未映子×穂村弘 「大島弓子がいるから、生きられる」
◎[往復書簡]世紀末×宮崎夏次系
◎よしもと漫画研究部ガチ推薦!最愛マンガ座談会
◎マンガ通25名に聞きました。いま好きすぎる!このマンガ

●インタビュー&対談
三浦しをん、千早茜、蛭田亜紗子、古内一絵、芦花公園、かわしまようこ、近藤弥生子、根本きこ、杉野遥亮、河野純喜(JO1)、松本まりか、渡辺謙、Crystal Kay、大和一孝(スパローズ) ほか

●コミック ダ・ヴィンチ
「マンガ大賞2021」大賞受賞!
“冒険の終わり”から始まる物語
『葬送のフリーレン』アベツカサインタビュー

●ノベル ダ・ヴィンチ
『正欲』刊行&デビュー10周年記念
朝井リョウインタビュー

●好評連載中
荒木経惟「男 ―アラーキーの裸ノ顔―」志垣太郎
星野 源「いのちの車窓から」
北尾トロ「走れ!トロイカ学習帳」
益田ミリ「スーパーマーケット宇宙」
櫻井孝宏「ロール・プレイング眼鏡」
穂村 弘「短歌ください」
和牛「和牛の一歩ずつ、一歩ずつ。」
中原たか穂「ジェリコー」
メグ・シェリー「メグさんの読書占い」
弘中綾香「アンクールな人生」
長濱ねる「夕暮れの昼寝」
松下洸平「フキサチーフ」
カメントツ「ねこおばあさんぼく」
そらる「小説 嘘つき魔女と灰色の虹」

●【旬の本棚】
5月の乱れを整える

●【特別企画】
「本のある場所」のいま
─10年後の被災地、図書館、書店、古本屋、出版社をめぐる─

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2021/04/06
    発売号

  • 2021/03/05
    発売号

  • 2021/02/05
    発売号

  • 2021/01/06
    発売号

  • 2020/12/04
    発売号

  • 2020/11/06
    発売号

7 月刊ピアノ

ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊ピアノ

2021年04月20日発売

目次: ■特集
作曲家時代のファッションと文化
■Pick Up Artist
まらしぃ/ござ / 西村由紀江 /三浦謙司
■好評連載
<講座>
●森本麻衣のピアニスト道
●セロリの電Pパーク!
●コードの時間
●音楽史を歩こう
●事務員Gの名曲タイムトリップ
●ずっしーの即わかり音楽理論教室
●白ヒゲ先生の楽典を知りつくそう!
●ござさんのAll that Goza's Piano Arrange ほか

<連載>
●西村由紀江のMy Favorite Songs
●加羽沢美濃の音楽ミステリーはお好き?
●ストリートピアノ
●響け★卵たちの毎日
●ピアノを愛する大人たち
●言葉の時間
●学マン!~涙と笑いの音楽マンガ~
●愛と気づきのエンタテインメント
●大学で音楽を学ぼう
●音楽の知識とピアノの技術が役立つ仕事 ほか

■収載予定楽曲
【マンスリー・ピアノ・セレクション】
♪ Poppin’ Shakin’(NiziU)
♪ 桜晴(優里)
♪ 僕が僕じゃないみたいだ(SixTONES)
【いつか必ず弾きたい とっておきの1曲】
♪ 想い出は遠くの日々(天門)
【編集部オススメ! 話題曲】
♪ 廻廻奇譚(Eve)
【気軽に楽しむ!! かんたん弾き語り♪】
♪ 変わらないもの(奥 華子)
【事務員Gの名曲タイムトリップ】
♪ My Favorite Things ―私のお気に入り―

※上記内容は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

参考価格: 763円 定期購読(1年プラン)なら1冊:702円

最新ヒット曲も話題のクラシック曲も、ピアノでどんどん弾いちゃおう!

  • 2021/03/19
    発売号

  • 2021/02/20
    発売号

  • 2021/01/20
    発売号

  • 2020/12/19
    発売号

  • 2020/11/20
    発売号

  • 2020/10/20
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:468円

大きな文字でとっても見やすい番組表!

9 デジタルTVガイド全国版

東京ニュース通信社

デジタルTVガイド全国版

2021年04月24日発売

目次: ●表紙&巻頭グラビアインタビュー

阿部寛&髙橋海人&南沙良&平手友梨奈&加藤清史郎&鈴鹿央士&志田彩良&細田佳央太



ドラマ「ドラゴン桜」最強メンバー集結!

阿部寛が“伝説の弁護士・桜木建二”への想いを明かすロングインタビュー&

“東大専科”の生徒役で注目を集める7人が作品への意気込みを語る



●見やすい!使いやすい!1日6ページ番組表

[地上波][BS][4K]4・28→5・31 [CS]5・1→5・31



●スペシャルインタビュー

松たか子&岡田将生

石原さとみ&綾野剛

鈴木亮平&吉岡里帆

稲垣吾郎

松本まりか

田中圭&千葉雄大



●特集1

「ドラゴン桜」「イチケイのカラス」「着飾る恋には理由があって」「桜の塔」「コントが始まる」etc.話題作を総力取材

春ドラマ徹底研究!



●特集2

日めくり

G.W.特番 全制覇カレンダー





●特集3

清原果耶&永瀬廉が登場!

連続テレビ小説「おかえりモネ」スタート特集



●特集4

ニューシングル「CHALLENGER」リリース

JO1 河野純喜



●特集5

「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」主演

浜辺美波



●連載

連続テレビ小説「おちょやん」あらすじ解説

大河ドラマ「青天を衝け」あらすじ解説



●ジャンル別おすすめプログラム

映画、スポーツ、音楽、エンターテインメント、国内ドラマ、海外ドラマ

アジアドラマ、紀行・ドキュメンタリー、アニメ



●特別企画&レギュラー

(1)BSフジ「今月の特選番組」

(2)新作映画 (3)新作音楽 (4)新作動画 (5)新着情報

(6)定期購読案内

(7)プレゼント&アンケート



●巻末企画

地上波TV・BS・4K・CS 全放送映画インデックス

多チャンネル時代の“オールインワン”TV情報誌

  • 2021/03/24
    発売号

  • 2021/02/24
    発売号

  • 2021/01/22
    発売号

  • 2020/12/16
    発売号

  • 2020/11/24
    発売号

  • 2020/10/24
    発売号

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌