※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:BASS MAGAZINE(ベースマガジン)
  • 出版社:リットーミュージック.
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:1,4,7,10月の19日
  • 参考価格:943円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:BASS MAGAZINE(ベースマガジン)
  • 出版社:リットーミュージック.
  • 発行間隔:季刊
  • 発売日:1,4,7,10月の19日
  • 参考価格:943円
  • 雑誌

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

毎号送料無料でお手元にお届けします!
  • 雑誌

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)

毎号送料無料でお手元にお届けします!

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
BASS MAGAZINE(ベースマガジン)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

BASS MAGAZINE(ベースマガジン) 雑誌の内容

すべてのベーシストのための総合情報誌
ベースという楽器、ベーシストという人間に徹底してこだわる、日本で唯一の音楽雑誌です。人気ベーシストのインタビュー、楽器に関する知識や情報、プレイのノウハウなどベースに関するあらゆる情報が内外を問わず集中してきます。それら貴重な情報を基礎に、様々な視点から幅広くベースの魅力を追求しています。

BASS MAGAZINE(ベースマガジン) 2022年5月号 (発売日2022年04月19日) の目次


CONTENTS
●リード・ベース・ミーティング 特別対談
・イガラシ (ヒトリエ)×田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)
●時代別! 世界の名リード・ベーシストたち
・1960年代:ブルース・ロックとサイケデリックの時代
・1970年代:ハードロックとプログレ、パンクの時代
・1980年代:ポスト・パンクとニューウェイヴの時代
・1990年代:ミクスチャーの時代
(※コメント掲載:ハマ・オカモト/OKAMOTO'S、原昌和/the band apart、高松浩史/THE NOVEMBERS、吉田一郎不可触世界)
●ニッポンのリード・ベーシスト事情
●リード・ベーシスト・インタビュー
・岡峰光舟(THE BACK HORN)/松本駿介(Co shu Nie)
●プロ・ベーシストが語る"リード・ベース"な理由
沖井礼二(TWEEDEES)/関将典(Kroi)/高木祥太(BREIMEN)/堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/山崎英明
●ロック以外のリード・ベーシスト・イズム
●もうひとつのリード・ベース・ヒストリー
●現代に継承されたリード・ベース概念〜2000年代以降の流れ〜

■THE BASS INSTRUMENTS
アクティヴ・フェンダーの世界 feat. 新井和輝(King Gnu)

ベーシストにとってのファースト・チョイスであるフェンダー・ベースだが、歴史的な流れもあり、フェンダー=パッシヴ・モデルという印象を抱いているユーザーも多いかもしれない。しかし、近年のアメリカン・デラックス・シリーズの再評価やPlayer Plusシリーズをはじめとした新機軸モデルの投入などにみられるように、フェンダーはアクティヴ・モデルへも注力してきた。本企画では、フェンダーからアクティヴ仕様のシグネイチャー・モデルもリリースしているKing Gnuの新井和輝を試奏者に迎え、改めて現行フェンダー・アクティヴ・モデルの世界を探究していきたい。

■FEATURED BASSIST
草刈愛美(サカナクション)

固定概念に捉われない独自の手法で、ロック・シーンにいくつもの金字塔を打ち立て続けるサカナクション。彼らが昨年発表した“【アダプト】【アプライ】プロジェクト"はそれを象徴する極めて斬新な一手であり、ふたつの章を通じて完結する壮大な物語だ。第一章の総括としてリリースされた『アダプト』は、これまでの彼らの歴史にはなかった新たなサウンドを提示。ここから始まる次なる伝説を予感させる一枚となっている。空気感たっぷりのグルーヴを聴かせる草刈愛美は、コロナ禍をきっかけにベーシスト、そしてバンドマンとしての自分を見直したという。タイトかつしなやかな低音でクリエイティブ集団を牽引する彼女の現在地に迫る。

■インタビュー
伊藤広規
安井義博(OUTRAGE)
山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
Ni~ya(ナイトメア)
明希(シド)
須藤俊(ハルカミライ)
河西ゆりか(羊文学)
ジャスティン・ノーヴェル(フェンダー製品開発責任者)

■めっちゃ気になるあの機材
ダークグラスエレクトロニクス Exponent 500(試奏:桐木岳貢/神はサイコロを振らない)

■巷で話題の名機再訪
フィル・ジョーンズ・ベース BASS CUB PRO(コメント:FIRE)

■GEARS
アコースティックリバイブ(試奏:ミト/クラムボン)
スリーク・エリート feat.セレック・ベース(試奏:MINA)

■CLOSE UP
坂本竜太が弾くゲンツラー・ペダル

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー)
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS)

■連載
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー
◎芸人ヒロシの低音キャンプ
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜

■BM SELECTED SCORES
「kaleido proud fiesta」UNISON SQUARE GARDEN
「3分29秒」ヒトリエ


■MY DEAR BASS
Sacchan(DEZERT)

+   BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の目次配信サービス

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.44
全てのレビュー:17件

レビュー投稿で500円割引!
ベースマガジン
★★★★★2022年01月20日 1234abc 公務員
ベースマガジンは昔からよく読んでいます。特に機材の特集など参考になると思います。
ワクワクします!
★★★★★2020年02月10日 トゥーサ 会社員
バカテクスラップ道場、初回から神連載の予感しかしないです
毎月楽しみです。
★★★★★2019年12月14日 H 公務員
なかなかベース専門誌がない中、いろいろ参考になる企画がたくさん載っています。
スキルとモチベーションが上がる一冊
★★★★☆2019年09月19日 K 会社員
暫くブランクがあったものの改めてベースと向き合おうと思い、定期購読しています。毎回ためになって、スキルアップも図れますし、モチベーションの維持にも繋がっています!
読んでいてワクワクします
★★★★★2019年01月02日 m 会社員
様々なベーシストの特集や対談、上達する為のフレーズや新しい機材など、内容が盛りだくさんな雑誌です。何度も読み返しています。 毎号、2、3曲スコアが載っているのですが、意外な曲のスコアが載る時もあって楽しいです。
YouTubeでは見れない譜面も
★★★★☆2018年12月30日 bebe keigo 自営業
最近ではYouTubeなどで譜面を拾う人もたくさんいますが紙媒体ならではの良さがこの雑誌には多くあります。譜面は買うと結構お金かかりますのでそれだけでも買う価値はあるともいます。ただジャンルに好き嫌いがありますが。
定期購読
★★★★★2018年11月10日 チョコ 公務員
定期購読で読んでいます。ベースの情報誌はなかなかないので、最新のの機材や特集を楽しみにしています。
長い間定期購読しています。
★★★★★2018年08月04日 ひで 公務員
新発売の情報だけでなく、色々参考になる記事が楽しみです。
コストパフォーマンス◎
★★★★★2017年07月27日 mAssAn 会社員
広告ページが少なめで、コストパフォーマンスがいいと思います。開いたままにできる製本も気に入ってます。
息子の練習に重宝
★★★★★2015年07月01日 kajikaji 会社員
中学生の息子の誕生日に購入したギターをもっと活用してもらおうと定期購入しました。毎号熟読してプロの方の情報入手やギターの練習に役立っています。
レビューをさらに表示

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)のバックナンバー

1,760円

CONTENTS
●リード・ベース・ミーティング 特別対談
・イガラシ (ヒトリエ)×田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)
●時代別! 世界の名リード・ベーシストたち
・1960年代:ブルース・ロックとサイケデリックの時代
・1970年代:ハードロックとプログレ、パンクの時代
・1980年代:ポスト・パンクとニューウェイヴの時代
・1990年代:ミクスチャーの時代
(※コメント掲載:ハマ・オカモト/OKAMOTO'S、原昌和/the band apart、高松浩史/THE NOVEMBERS、吉田一郎不可触世界)
●ニッポンのリード・ベーシスト事情
●リード・ベーシスト・インタビュー
・岡峰光舟(THE BACK HORN)/松本駿介(Co shu Nie)
●プロ・ベーシストが語る"リード・ベース"な理由
沖井礼二(TWEEDEES)/関将典(Kroi)/高木祥太(BREIMEN)/堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/山崎英明
●ロック以外のリード・ベーシスト・イズム
●もうひとつのリード・ベース・ヒストリー
●現代に継承されたリード・ベース概念〜2000年代以降の流れ〜

■THE BASS INSTRUMENTS
アクティヴ・フェンダーの世界 feat. 新井和輝(King Gnu)

ベーシストにとってのファースト・チョイスであるフェンダー・ベースだが、歴史的な流れもあり、フェンダー=パッシヴ・モデルという印象を抱いているユーザーも多いかもしれない。しかし、近年のアメリカン・デラックス・シリーズの再評価やPlayer Plusシリーズをはじめとした新機軸モデルの投入などにみられるように、フェンダーはアクティヴ・モデルへも注力してきた。本企画では、フェンダーからアクティヴ仕様のシグネイチャー・モデルもリリースしているKing Gnuの新井和輝を試奏者に迎え、改めて現行フェンダー・アクティヴ・モデルの世界を探究していきたい。

■FEATURED BASSIST
草刈愛美(サカナクション)

固定概念に捉われない独自の手法で、ロック・シーンにいくつもの金字塔を打ち立て続けるサカナクション。彼らが昨年発表した“【アダプト】【アプライ】プロジェクト"はそれを象徴する極めて斬新な一手であり、ふたつの章を通じて完結する壮大な物語だ。第一章の総括としてリリースされた『アダプト』は、これまでの彼らの歴史にはなかった新たなサウンドを提示。ここから始まる次なる伝説を予感させる一枚となっている。空気感たっぷりのグルーヴを聴かせる草刈愛美は、コロナ禍をきっかけにベーシスト、そしてバンドマンとしての自分を見直したという。タイトかつしなやかな低音でクリエイティブ集団を牽引する彼女の現在地に迫る。

■インタビュー
伊藤広規
安井義博(OUTRAGE)
山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
Ni~ya(ナイトメア)
明希(シド)
須藤俊(ハルカミライ)
河西ゆりか(羊文学)
ジャスティン・ノーヴェル(フェンダー製品開発責任者)

■めっちゃ気になるあの機材
ダークグラスエレクトロニクス Exponent 500(試奏:桐木岳貢/神はサイコロを振らない)

■巷で話題の名機再訪
フィル・ジョーンズ・ベース BASS CUB PRO(コメント:FIRE)

■GEARS
アコースティックリバイブ(試奏:ミト/クラムボン)
スリーク・エリート feat.セレック・ベース(試奏:MINA)

■CLOSE UP
坂本竜太が弾くゲンツラー・ペダル

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー)
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS)

■連載
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー
◎芸人ヒロシの低音キャンプ
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜

■BM SELECTED SCORES
「kaleido proud fiesta」UNISON SQUARE GARDEN
「3分29秒」ヒトリエ


■MY DEAR BASS
Sacchan(DEZERT)
1,650円
表紙:キム・ゴードン(ソニック・ユース)

■Special Program
創成期オルタナティブの肖像
〜90年代オルタナ/グランジ・ベース論

1980年代にアメリカで勃発し、90年代初頭に最盛期を迎えた“オルタナティブ・ロック"。パンク/ハードコアの遺伝子を継承しつつ、メイン・ストリームへの“カウンター"として形成された過激とも言えるこの“概念"は、世紀末の混沌とした世に一大ムーブメントを巻き起こした。ではこのロックの形式はいかにして創出され、どのような名バンド/ベーシストを生んだのか。ニルヴァーナの『Nevermind』が全米チャート1位を獲得し、オルタナが世界を制圧した“1992年1月"より30年のときを経て“オルタナ"の本質と鳴らされたベース・サウンドを検証する。

CONTENTS
●90年代オルタナ/グランジ白書 〜シーンの成り立ちとその音楽性〜
●キム・ゴードン(ソニック・ユース)インタビュー
●“オルタナ"を築いたベーシストたち
クリス・ノヴォセリック(ニルヴァーナ)/ジェフ・アメン(パール・ジャム)/ルー・バーロウ(ダイナソーJr.)/キム・ディール(ピクシーズ)/ダーシー(スマッシング・パンプキンズ)/and more
●Special Alternative Session 中尾憲太郎(ナンバーガール)×磯部寛之([Alexandros])
●cinema staffと巡るオルタナ名盤
●90年代オルタナのベース・サウンドを考察
●7人のベーシストに聞いた私的“オルタナ/グランジ"名盤
大野由美子(Buffalo Daughter)/加地洋太朗(DYGL)/首藤義勝(KEYTALK)/武井靖典(MO'SOME TONEBENDER)/西口直人(Age Factory)/長谷川正(Plastic Tree)/Mav(For Tracy Hyde)

■THE BASS INSTRUMENTS
Markbass 20th Anniversary マークベースが創出した定義と未来

イタリア発のベース・アンプ・ブランドMarkbass(マークベース)が2021年に創立20周年を迎え、新たな一歩を踏み出した。“小型軽量"アンプの先駆けでもある同社は、近年ではベース本体に加え、ペダル型プリアンプ、ベース弦など、ベース関連製品をすべて網羅する製品ラインナップを展開し、ベース・シーンの中核を担うブランドへと成長を遂げた。今回は同社の“今"にさまざまな角度からスポットを当て、改めてマークベースというブランドの持つ魅力に迫っていきたい。

■奏法特集
一枚上手のピック弾き

基本的なベース奏法の一角を占めるピック弾き。しかし、あなたは本当にそのポテンシャルを生かしきれているだろうか? イメージ的に順当な“ロック"以外の、例えばファンクやR&Bもピックでうまく奏でられるだろうか? スラッパー顔負けのパーカッシブな演奏で観客を沸かせられるだろうか? 今回は、よりピック弾きの可能性を追求したい人のために、9つのカテゴリーにて、“一枚上手"なピック弾きの練習フレーズを用意した。これらのフレーズを攻略し、ピック弾きでのさらなる表現力を手に入れろ!

■インタビュー
ミッキー吉野×亀田誠治×ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)
J
日向秀和(Nothing's Carved In Stone)
武田祐介(RADWIMPS)
山下昌良(LOUDNESS)
H ZETT NIRE(H ZETTRIO)
長谷川カオナシ(クリープハイプ)
高野賢也(マカロニえんぴつ)
龍矢(-真天地開闢集団-ジグザグ)

■REPORT
The Choppers Revolution
billboard live TOKYO
Bass Day Special Month チョパレボ & Bass Friends

■CLOSE UP
圭吾(Novelbright)×新生Sadowsky MetroLine
PROiX特別対談:清水玲×根岸孝旨

■SPOTLIGHT
須長和広が弾くFender Player Plus Series
ZOOM B6 feat.mao(オメでたい頭でなにより)

■めっちゃ気になるあの機材
api TranZformer CMP & GTR

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー)
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS)

■連載
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー
◎芸人ヒロシの低音キャンプ
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜

■BM SELECTED SCORES
「DESTRUCTION BABY」ナンバーガール

■MY DEAR BASS
寺沢功一
1,650円
表紙:JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

■Special Program
THE RESPECT!
JIRO(GLAY)×楢﨑誠(Official髭男dism)

日本のロック界において数々の金字塔を打ち立て、デビュー25周年を超えてなお、新たな挑戦を続けているGLAY。そして、新世代らしいフレキシブルさを持ったポップ・センスで、令和の音楽シーンを牽引する存在として躍進を続けているOfficial髭男dism。まさに国民的と言える人気を誇っている両バンドにおいて、そのボトムを支えているJIROと楢﨑誠は、楢﨑にとって最初に憧れたベーシストがJIROであり、一方、JIROの直近のベース・プレイには楢﨑からの影響もあるなど、お互いをリスペクトし合う関係であり、プライベートでも親交があるという。ポピュラリティのあるメロディをサウンドの中心に据え、“歌を大事にする"プレイ・スタイルを共通項に、“名バンドに名ベーシストあり"を体現するふたりの特別対談をお届けしよう。また、直近にリリースされたGLAY、Official髭男dismそれぞれの新作アルバムについての個別特集も実施する。

■Featured Bassist
ハマ•オカモト(OKAMOTO'S)

2020年にデビュー10周年を迎えベスト・アルバム『10'S BEST』をリリースしたOKAMOTO'Sが、以来初となるオリジナル・アルバム『KNO WHERE』をリリースし、新章へと踏み出した。前作『BOY』から約2年8ヵ月ぶりとなった今作は、全17曲収録という過去最大の収録曲数でバンドの新境地を余すことなく伝えてくれる豪快な1作。2021年に入ってからのデジタル・シングル連続リリースを経て、これまで以上に多様な音楽的バックグラウンドを感じさせる顔ぶれが揃った新しい10年の第1歩目に、ハマ•オカモトはどのような低音哲学を込めたのか。国内トップ・ベーシストのひとりとなった彼の“バンドマン"としての現在に迫る。

■THE BASS INSTRUMENTS 1
音作りの核に迫る ペダル型プリアンプ2021

ベーシストの音作りにおける重要機材“ペダル型プリアンプ"。音作りの核としてプリアンプを据えているベーシストは多く、どのモデルを使うかでバンド全体のサウンドが大きく変化すると言っても過言ではない。だが重要機材であるがゆえ、多種多様なモデルがラインナップしており、どのモデルをどのように使うべきなのか悩みを抱えているベーシストも多いのではないだろうか。そこで今回は約5年ぶりにペダル型プリアンプを総力特集。さまざまなアーティストのサポートを手がけるIgoによる最新のペダル型プリアンプ・レビューに加え、最前線で活躍するプロ・ベーシストのアンケートをとおし、現代のベース・シーンを語るうえで避けては通れない、“プリアンプ事情"を明らかにしていきたい。

アンケート回答者:井澤惇(LITE)/大神田智彦/大林亮三(SANABAGUN.)/後鳥亮介(indigo la End)/Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)/中村圭/長谷川カオナシ(クリープハイプ)/ヒロミ・ヒロヒロ (tricot)/FIRE/フクダヒロム(Suspended 4th)/星川ドントレットミーダウン(THE BOHEMIANS)/mao(オメでたい頭でなにより)/山本大樹(My Hair is Bad)/RIO(Mary's Blood)

■THE BASS INSTRUMENTS 2
モダン・サウンドの雄 Aguilarの現在地

ベース用アンプ/エフェクター/オンボード・プリアンプなどを多数リリースし、シャープで現代的なサウンドで人気を集めているAguilar(アギュラー)。創業以来ベース・シーンを長年牽引し、世界中の名プレイヤーから愛されてきた同社の魅力を、吉田一郎不可触世界とMutsumiをゲストに迎え、アンプ/エフェクターの両視点から再考していきたい。

■奏法特集
親指弾きのディープな世界

ベースの右手の奏法といえば、2フィンガー、ピック弾き、スラップ奏法が主流となっている現代のエレキ・ベース界。今回取り上げる“親指弾き"は地味な奏法と言えるかもしれない。しかしながら、実はさかのぼれば“親指弾き"はエレキ・ベース誕生初期から存在する歴史の長い奏法であり、また細野晴臣やスティングをはじめとした、さまざまなジャンルの名手たちが愛用してきた奏法でもある。最近では若手の間でも、そのウッド感ある音色や独特なアタック感に魅了されるプレイヤーが増えているのだとか。本特集では、親指弾きの基礎から発展、特殊型の奏法までを一挙に紹介していく。

■インタビュー
佐藤雅俊(ACIDMAN)
上野恒星(YOGEE NEW WAVES)
市川仁也(D.A.N.)
イアン・ヒル(ジューダス・プリースト)
ジョン・マイアング(ドリーム・シアター)

■CLOSE UP
新生Sadowskyの実力
Fender Player Plus

■SPOTLIGHT
Bose L1 Pro feat. TYH BASS TRIO
Spector NSシリーズ feat. NATCHIN

■めっちゃ気になるあの機材
Fender Deluxe Jazz Bass V Kazuki Arai Edition

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)
◎全米ヒットの低音事情 鳥居真道(トリプルファイヤー) ※新連載
◎Feel Free Jazz 永田雄樹(JABBERLOOP、POLYPLUS) ※新連載

■連載
◎ニッポンの低音名人:田中章弘
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎やまもとひかるのピープルズ・エルボー ※新連載
◎芸人ヒロシの低音キャンプ ※新連載
◎Taigen Kawabeの低音紀行 〜振動する世界〜 ※新連載

■BM SELECTED SCORES
「時の雫」GLAY
「FIRE GROUND」Official髭男dism
※電子版には「BM SELECTED SCORES」の収録はありません

■THE AXES
Toshihiro(工藤晴香)

■MY DEAR BASS
日野“JINO"賢二
1,650円
表紙:最強のリズム・セクション(亀田誠治×刄田綴色/東京事変)

■Special Program
最強のリズム・セクション

バンドのなかでも、ベーシストと最も強固な関係を築くべき相手、それがドラマーだ。ベーシストとドラマーを“リズム体"とセットで呼ぶこともあり、この関係がどうなっているかで、バンドの良し悪しが決まるといっても過言ではない。では、“良いリズム体"“ドラマーとの良い関係"とは、一体どういうもので、ベーシストはどんなことに注力するべきなのだろうか。“最強のリズム・セクション"、その正体を明らかにしていこう。

【CONTENTS】
◎Rhythm Meeting
亀田誠治×刄田綴色(東京事変)、BOH×前田遊野(仮BAND)
◎ポピュラー/ロック史を推進した個性派リズム体10+α
ティム・ボガート×カーマイン・アピス、ジョン・ポール・ジョーンズ×ジョン・ボーナム、ウィリー・ウィークス×アンディ・ニューマーク、ロビー・シェイクスピア×スライ・ダンバー、フランシス・ロッコ・プレスティア×デヴィッド・ガリバルディ、ゲディ・リー×ニール・パート、スティング×スチュワート・コープランド、ミック・カーン×スティーヴ・ジャンセン、フリー×チャド・スミス、ピノ・パラディーノ×クエスト・ラヴ
◎名ドラマーを取り巻くベーシストたち
スティーヴ・ガッドとトニー・レヴィン/アンソニー・ジャクソン/ウィル・リー/ゴードン・エドワーズ/マーカス・ミラー
バーナード・パーディとジェリー・ジェモット/チャック・レイニー/ウィルバー・バスコム/ボブ・ブッシュネル/クライブ・チャーマン
ジム・ケルトナーとジェームス・ジェマーソン/クラウス・ヴーアマン/カール・レイドル/ニック・ロウ/ジャック・ブルース
ジェイムス・ギャドソンとメルヴィン・ダンラップ/ウィルトン・フェルダー/デヴィッド・シールズ/フレディ・ワシントン/ジョー・ダート
◎名盤・名曲を支えたスタジオ系の名リズム体
◎現代の音楽シーンを盛り上げるジャズ系界隈のリズム体
◎ニッポンのリズム体
◎ドラマーが語る、リズム・セクションの“極意"
松下マサナオ(Yasei Collective)
◎プロ・ベーシストが推薦! 必聴名リズム体
◎対ドラムのコンビネーション・セミナー

■Featured Bassist
亀田誠治(東京事変)

■インタビュー
鈴木研一(人間椅子)
IKUO&村田隆行(I.T.R)

■Gears
Fender New Artist Signature Model
Orange 4 Stroke 500 LTD HINATCH“極"
KAMINARI GUITARS YARDBIRDS YU-SUTO MODEL
Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)×dragonfly
PROiX Geki-NARI-4PB & Geki-NARI-4PB
Ruokangas Guitars Steam Deluxe
温故知新 Warwick
Genzler Amplification Nu Classic
Ibanez SR Series 2021 NEW MODEL

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:六川正彦
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「OSCA」東京事変

■MY DEAR BASS
アヤコノ
1,650円
表紙: SLAP THE WORLD

■Special Program
SLAP THE WORLD(90ページ)

“縁の下の力持ち"とも言われるベースですが、見た目的にもサウンド的にも派手な印象を与えるスラップ奏法はベースの花形とも言える奏法であり、スラップ奏法に憧れてベースを手に取る人もいます。そんなスラップ奏法ですが、もちろん、その具体的な演奏方法や楽曲での使い方は十人十色であります。今回の企画では、そんなスラップ奏法について、スラッパー同士による対談、海外ベーシストの奏法分析や国内ベーシストによるセミナー、アンケートなどを通して、プロ・ベーシストがどんな思考回路で、どんな機材を使い、どのような演奏スタイルでスラップ・ベースをプレイしているかを明らかにします。

【CONTENTS】
◎スラッパーズ・ミーティング
鳴瀬喜博&フクダヒロム(Suspended 4th)/日野“JINO"賢二&KenKen/かわいしのぶ&上ちゃん(マキシマム ザ ホルモン)
◎スラッパーズ・ヒストリー~常識をぶっ叩いた猛者たち
◎ベース史に輝く、世界のスラッパーたち
ラリー・グラハム/ルイス・ジョンソン/スタンリー・クラーク/マーカス・ミラー/マーク・キング/フリー/レス・クレイプール/フィールディ/ヴィクター・ウッテン/ヘンリック
◎元祖ジャパニーズ・スラッパーが語るスラップ黎明期の事情~田中章弘
◎珠玉のジャパニーズ・スラップ名演集
◎スラッパーズ・セミナー
櫻井哲夫/清水玲/高畑治央(兀突骨)/FチョッパーKOGA(Gacharic Spin)
◎知って得するスラップのアレコレ
◎やまもとひかるが徹底検証!“Equipments for Slap" feat. ATELIER Z
◎IKUOが教える初歩からのテクニカル・ロック・スラップ
◎スラッパーズ・アンケート~私のイチオシ・スラップ・プレイ
亜太(KNOCK OUT MONKEY)/イガラシ(ヒトリエ)/井澤惇(LITE)/ウエムラユウキ(ポルカドットスティングレイ)/おかっち(ヒステリックパニック)/岡野ハジメ/葛城京太郎(RED ORCA)/川崎哲平/櫻井陸来/須藤満/滝口大樹(感覚ピエロ)/辻村勇太(BLUE ENCOUNT)/Tetsuya(Fear, and Loathing in Las Vegas)/日向秀和/前田恭介(androp)/MASAKI/松本駿介(Co shu Nie)/MINA(GIRLFRIEND)/MIYA/村井研次郎(cali=gari)/村田隆行/わかざえもん/渡辺直樹

■THE BASS INSTRUMENTS
工房探訪 Black Smoker

■SPOTLIGHT
Markbass Mark Vintage Pre
PROiX Geki-NARI-6

■CLOSE UP
新世代人気バンドが弾く
Fender Made In Japan Hybrid II

■インタビュー
佐藤征史(くるり)
イガラシ(ヒトリエ)
JUN YOKOE(PLASTICZOOMS)
長谷川プリティ敬祐(go!go!vanillas)
白玉雅己
谷浩彰 (UNCHAIN)

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇河辺真
◎低音合奏武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:渡辺直樹
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「BOMBER」山下達郎
「CHOPPERS BOOGIE」ティン・パン・アレー

■MY DEAR BASS
柳原旭

1,650円
表紙:ファンク黄金時代の再発掘

■Special Program
ファンク黄金時代の再発掘(80ページ)

1960年代中盤から1970年代にかけて隆盛を極めたファンク。高揚感を煽る“グルーヴ命"なその音楽スタイルは、まさにベーシストにとっての必修科目であり、現代の音楽にも脈々とその息吹は受け継がれている。今回はそんな“オリジナル・ファンク"の時代を振り返り、あらゆる角度からその魅力を検証していく。

CONTENTS
◎ファンクの誕生、そして黄金時代へ━━1964~1979
◎黄金時代を築いたグルーヴ・マスターたち
・“スウィート・チャールズ"シェレル
・ブーツィー・コリンズ
・ジョージ・ポーターJr.
・フランシス・“ロッコ"・プレスティア
・ラリー・グラハム
・マーク・アダムス
・ロバート・“クール"・ベル
◎まだまだいるぞ! 黄金時代のグルーヴ・マスターたち
ミッドウェスト篇/イースト・コースト篇/ウェスト・コースト篇/サウス・エリア篇
◎ファンク・レア・グルーヴ発掘部が行く! with大林亮三(SANABAGUN).
◎Talkin' about FUNK
清水 興/坂本竜太/三浦 淳悟(ペトロールズ)/神田 雄一朗(鶴)
◎小松秀行presents 喰らいつけ! いきなり! ファンク
◎プロ・ベーシストが語る“俺にとってのファンク"
ナガイケジョー(SCOOBIE DO)/Park/ハマ・オカモト/松原秀樹/吉田一郎不可触世界
◎エフェクト・ペダルで紐解くファンク・ベース・サウンド
◎今も冷めないファンクの熱


■奏法特集
今さら聞けない、ファンクのヤリ方

ベーシストにとっての必修科目ではありつつ、実際にプレイしてみるとなかなか“それっぽく"ならないジャンル、それがファンクだ。シンプルに聴こえつつも、その音符の奥にはいくつものマスターすべき項目が潜んでいる。今回はファンク・ベースをマスターするためのポイントを、“奏法"“リズム"“音使い"という3テーマごとに見ていく。これらの項目をしっかりと攻略することで、“ファンク・グルーヴ・マスター"を目指せ!


■THE BASS INSTRUMENTS
村田隆行が徹底試奏 ペダル型コンプ七番勝負(試奏動画対応)

ベーシストにとって、身近なエフェクターである“コンプレッサー"。ただ、ひと口にコンプレッサーと言っても、世に出回っているペダルそれぞれの持つ機能やキャラクターは多種多様だ。今回は編集部注目の最新コンプレッサー・ペダル7機種をピックアップし、村田隆行による試奏動画とともに、各機種の持ち味をチェックしていこう。


■LIVE REPORT & THE AXES
IKUO×日向秀和 with FRIENDS “BM SESSION in BASS DAY"

■SPOTLIGHT
Merisで彩るベース・サウンド(試奏動画対応)

■CLOSE UP
PROiXが革新する楽器の“鳴り"

■インタビュー
ヘンリック(ダーティ・ループス)
辻村勇太(BLUE ENCOUNT)
長島涼平(the telephones)

■連載セミナー
◎ベーシストが知るべき“音"の知識
Basic Bass Knowledge~電気音響篇 河辺真
◎低音合奏 武田祐介(RADWIMPS)
◎バカテク・スラップ道場 フクダヒロム(Suspended 4th)

■連載
◎ニッポンの低音名人:長岡道夫
◎ウエノコウジのボーン・トゥ・ルーズ
◎高松浩史の音色探索 その箱の中は地獄より深い
◎八十八ケ所巡礼マーガレット廣井の雲雀の舌のゼリー寄せ
◎映画監督吉田大八の低音懺悔録 ベーシストになれなかった男

■BM SELECTED SCORES
「古い日記」和田アキ子
「激しい恋」西城秀樹


■MY DEAR BASS
Toshihiro

芸能・音楽 雑誌の売上ランキング

1 装苑

文化出版局

送料
無料

装苑

2022年03月28日発売

目次: 表紙  平手友梨奈 × 市川染五郎
W カバー 菅田将暉

特集 今と、これからのファッションについて。

◆ FLUIDITY in FASHION
  平手友梨奈 × 市川染五郎  撮影:蜷川実花
◆ 平手友梨奈 × 市川染五郎 対談
  自分らしさにとらわれる過去から、その時々の自分を構築していく今へ
◆ 7人の女の子が着る、春夏7つのキーワード。
  黒島結菜/髙橋ひかる/詩羽/あの/長屋晴子/河合優実/近藤 華
  東京ブランドで見つけた7つのキーワードのアイテムカタログ
◆ Vintage Story 白いレースの思い出
◆ DON’T WASTE! ファッションの今を楽しむ
WAySTEaD/SIIILON/DISCOVERED/
リンリン(BiSH)× 山田輝正/BÉBÉ/leur logette
◆ 装苑男子 FASHION SPECIAL
堂本 剛(ENDRECHERI)
◆ ファッションデザインの未来
森永邦彦(アンリアレイジ)/長見佳祐(ハトラ)/中里唯馬(ユイマナカザト)
◆ Creation from ONE SENTENCE
輝いているのは、わたし。
◆ ファッションラバーに聞く、今このブランドに夢中!
塩塚モエカ/菅沼 愛/Matty/益子杏子/Remi Takenouchi/
稲垣友斗/東 咲月/TIARA/モトーラ世理奈/水川望美/
SUMIRE/市野沢祐大/樋口麻里江/うめ/吹上 恵/
Ai Takahashi/相川茉穂/長尾悠美/メイリン/西原幸子
◆ 第96回装苑賞 2次審査 審査員講評
◆ 菅田将暉 着ることを、表現として。

FEATURES
◇ YUICHI TACHIYAMA HELLO! Miss Daikoku
◇ feature mode ミュウミュウ
◇ 伝統に今という光を注ぐ 私が選ぶドクターマーチン
磯村勇斗/見上 愛
◇ 装苑 presents アクセサリー蚤の市
◇ モトーラ世理奈がまとう SEA SALTの服づくり

REGULARS
◇ CATCH UP SOON in TOKYO
◇ PLAY A SENSATION vol.45 UA
◇ One Thousand and One Nights 蜷川実花と未来の女の子たち
第十夜 今田美桜
◇ MFBB vol.24 PHOTO SESSION
増田貴久(NEWS) × 岩本幸一郎(写真家)
◇ このブランドの製図が見たい! vol.43 ベースマーク
◇ 装苑賞に挑んだデザイナーたち vol.63 ラロパイブン・プワデト
◇ NEWCOMER 期待のクリエイターたち
◇ ヴィヴィアン・ウエストウッドからのメッセージ vol.58
◇ 杉咲 花の言葉と写真 蜜の音 vol.40 「温度」

SO-EN JAM
 GIRL これからの、女の子 vol.47 野内まる
 シネマ・コラージュ 最終回
『見えるもの、その先に ヒルマ・アフ・クリントの世界』
 BOOK 本好きの本棚 vol.24 戸田真琴(セクシー女優、文筆家、映画監督)
 COLUMN
塩塚モエカ ここだけはエデン / 小林裕翔 記憶の中の美術館
 枝 優花 主人公になれないわたしたちへ / Oliveの手仕事
 福田里香のフード+1

参考価格: 858円

おしゃれファッションに夢中な女の子を応援する雑誌

  • 2022/01/28
    発売号

  • 2021/11/27
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

日本で一番!見やすいテレビ番組表

3 大相撲中継

毎日新聞出版

最大
50%
OFF
送料
無料

大相撲中継

2022年04月28日発売

目次: 【内容紹介】
巻頭特集は初優勝の若隆景。新関脇として86年ぶりの賜杯を手に、「上を目指すには、これからが大事」と夏場所にのぞむ決意を語ります。
その若隆景に惜しくも決定戦で敗れた髙安にもインタビュー。優勝争いを振り返りつつ、自らの向上心を熱く語ってくれました。
第2特集は5期目の任期がスタートした八角理事長。100年後に大相撲を残すべく奮闘する思いを語ってくれました。
春場所のレビュー&夏場所展望も充実。プレゼントは照ノ富士、正代らの手形色紙、そして木下大門さん作の錦絵はがきなど今号も盛りだくさんです! 幕内・十両・幕下全力士のカラープロフィールを観戦のお供にどうぞ。


【特集1】スペシャルインタビュー                   
若隆景 上を目指すにはこれからが大事 
 両親に聴く 大波政志さん、文子さん
髙安 一回でいいから綱を締めるのが夢
琴ノ若 プロに入ったからにはまず大関を目指す

【特集2】八角理事長五期目スタート             
プレミアムインタビュー 百年後に大相撲を残す気持ちで頑張る
新理事に伊勢ノ海、佐渡ケ嶽両親方
二所ノ関親方ら審判委員、間垣親方は記者クラブ担当
公益財団法人日本相撲協会 職務分掌表

北の富士勝昭が物申す
 若隆景は夏場所も勝ち星が二桁に乗れば大関の声もかかる
 ケガが多いのは体重過多がいちばんの要因
 御嶽海はいちばん綱に近い。闘争心を持って上を目指して
 琴ノ若は突っ張って差して攻める相撲で次期大関候補だ

プレミアムインタビュー再録
 大相撲勧進元、木戸御免 もち吉 森田長吉社長に聞く

相撲NEWS
大阪で三年ぶり有観客開催
尾車親方(元大関琴風)が停年/元幕内誉富士が断髪式
旧井筒部屋の再興へ/ほんづくり大賞の特別賞に
錦絵「信州大関二人立ち」

夏場所展望                             
若隆景は連続優勝で大関とりなるか/御嶽海はみずからの新時代を押し開け
幕内プロフィール
十両プロフィール 新十両紹介 栃丸
対談 舞の海vs.西岩
やくみつるの一刀両断
いち押し期待の力士~幕下以下
 木竜皇博一/西川登輝/荒馬徹/藤青雲龍輝
データアラカルト 山下和也
幕内十両昇降表
幕下以下新番付

春場所レビュー                           
新弟子検査
春場所レビュー
 大躍進で初賜盃 若隆景
 雪辱、再起へ 髙安/琴ノ若/照ノ富士
 勝ち越し以上が求められる 御嶽海/正代/貴景勝/阿炎/豊昇龍
 注目力士の闘い 宇良/玉鷲/琴勝峰
幕内十両星取表
幕下以下成績表
各段優勝 十両 竜電/幕下 金峰山
幕下プロフィール カラー写真付き

連載                                  
たきもとかよの今Doki☆大相撲ウォッチ
思い出の優勝力士 平成一二年夏場所 小結 魁皇
教えて編集長24
 大相撲のお茶屋っていったい何なの?
 大相撲裏話 若おかみインタビュー
大相撲応援団 ニチイケアセンターこゆるぎ(神奈川県小田原市)
川柳講座30 選者 木村容堂
GRAND SUMO 18 春場所の優勝決定戦
角界情報
アマチュア相撲
新・角界ファミリー 31 西乃龍さん一家
大相撲百景29 小池謙一 玩具絵の世界
読者プレゼントのご案内 直筆手形色紙ほか
桝席便り 次号予告
大相撲錦絵はがきプレゼント 絵師・木下大門作
 春場所千秋楽 若隆景勝ち名乗り

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

テレビ桟敷がもっと楽しくなるビジュアル情報誌

  • 2022/03/03
    発売号

  • 2021/12/28
    発売号

  • 2021/11/04
    発売号

  • 2021/09/02
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

明星(Myojo)

2022年05月20日発売

目次: [表紙]ジャニーズWEST

[ウラ表紙]美 少年

[ピンナップ]高橋海斗/大橋和也

[厚紙カード]渡辺翔太・深澤辰哉・向井康二(Snow Man写真館 未公開PHOTO)

[Snow Man写真館]佐久間大介

[10000字インタビュー]平野紫耀

[とじ込み付録32P]ジャニーズJr.データBOOK vol.3

King & Princeは、さまざまな大仕事を成功させるヒケツを告白。

SixTONESは、メンバーそれぞれが考える“贅沢”な瞬間を教えてくれたよ。

Snow Manは、美しい花と撮影し、アイドルとしての“華”を語る!

なにわ男子は、デビュー後にかなえてきた“夢”を自慢しちゃうぞ!?

50年以上の歴史を持つアイドル・タレントの写真情報雑誌『Myojo』

  • 2022/04/21
    発売号

  • 2022/03/22
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/21
    発売号

  • 2021/12/22
    発売号

  • 2021/11/20
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

大きな文字でとっても見やすい番組表!

6 ミュージカル

ミュージカル出版社

送料
無料

ミュージカル

2022年05月05日発売

目次: ★表紙★
『ガイズ&ドールズ』の井上芳雄、明日海りお、浦井健治、望海風斗

★特集★
『ガイズ&ドールズ』

★インタビュー★
『ガイズ&ドールズ』井上芳雄/明日海りお/浦井健治/望海風斗
『四月は君の嘘』生田絵梨花/小関裕太&木村達成/フランク・ワイルドホーン
『ラブ・レター』安中淳也&岡崎かのん
『フリーダ・カーロ』彩吹真央/上田一豪
『CROSS ROAD』中川晃教/相葉裕樹
宝塚月組・新トップスター 月城かなと
宝塚月組・新トップ娘役 海乃美月
『スワンキング』橋本良亮
『THE BOY FROM OZ』坂本昌行
『フォーエヴァー プラッド』川平慈英&長野博&松岡充&鈴木壮麻
『るろうに剣心』小池徹平/黒羽麻璃央/加藤和樹
『クラウディア』廣瀬友祐/田村芽実

★記事★
劇団四季『バケモノの子』稽古場取材会
『るろうに剣心』製作発表
『ミス・サイゴン』製作発表
来日公演『レント』開幕!
東京宝塚劇場 来場者2000万人達成!

★カラーグラビア★
『Endless SHOCK-Eternal-』の堂本光一、佐藤勝利、他
『笑う男 The Eternal Love』の浦井健治、山口祐一郎、他
『カーテンズ』の城田優、菅井友香、三浦翔平、瀬奈じゅん、他
『ラ・カージュ・オ・フォール』の鹿賀丈史、市村正親、他
宝塚月組『今夜、ロマンス劇場で』『FULL SWING!』の月城かなと、海乃美月、他
『ネクスト・トゥ・ノーマル』の安蘭けい、望海風斗、他
『手紙2022』の村井良大、spi、三浦透子、他
『ブラッド・ブラザーズ』の柿澤勇人、ウエンツ瑛士、他
OSK日本歌劇団『レビュー春のおどり』の楊琳、他

★連載★
○井上芳雄の「ミュージカルに恋をした!!」No.113
ミュージカル俳優とコロナと…
○萩尾瞳 ミュージカル・ハイライト No.291
舞台版『千と千尋の神隠し』
○ミュージカル・レビュー 飯塚友子/中村正子

参考価格: 1,000円

話題のミュージカルの情報満載!ミュージカル初心者からコアなミュージカルファンまで必読!

  • 2022/03/05
    発売号

  • 2022/01/05
    発売号

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/09/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/05/05
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ダ・ヴィンチ

2022年05月06日発売

目次: 表紙★柄本佑

●特集1
ひとに優しく、しなやかに、空気は読まない。
ムーミン谷の哲学

◎[インタビュー]森下圭子
◎[インタビュー・グラビア]花澤香菜/山下美月(乃木坂46)
◎小説家が読む「ムーミン」
[寄稿]川上弘美/日向理恵子/堀江敏幸
◎[あの人が選ぶ名フレーズ]
宇垣美里/黒木華/杉江松恋/染谷俊之/高山なおみ/名久井直子/美村里江
◎識者が注目する「ムーミン」の物語
[インタビュー]久山葉子/祖父江慎/冨原眞弓
◎ムーミンコミックス展/ムーミンバレーパーク/MOOMIN SHOPオンライン

●特集2
そのスタイルに宿る物語とは?
ショートカットの女たち

◎[描き下ろしイラスト扉]眉月じゅん
◎[インタビュー・グラビア]小林聡美/広末涼子/夏帆/あの
◎ショートカットの魅力をプロに訊く 
やまもり三香(マンガ家)/ミネシンゴ(美容師・編集者)
◎エンタメから辿る、ショートカットのヒロインクロニクル
[寄稿]小説編:三宅香帆/ドラマ・映画編:西森路代/マンガ編:倉持佳代子
◎ショートカット女子コミックガイド
◎現代歌人4人が“短髪”を“短歌”で詠む
上坂あゆ美/水野葵以/石川美南/東直子
◎[エッセイ寄稿]サーヤ(ラランド)


●インタビュー&対談
伊坂幸太郎、今村翔吾、尾崎世界観、五十嵐律人、近藤麻理恵、けんご、神永学、高野苺、玉置標本、末並俊司、阿部サダヲ、小池徹平、成田凌、SKY-HI、私立恵比寿中学、高佐一慈(ザ・ギース)ほか

●TPICS
2022年本屋大賞受賞! 『同志少女よ、敵を撃て』
逢坂冬馬インタビュー&受賞作試し読み

参考価格: 700円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

本とコミックの情報マガジン『ダ・ヴィンチ』

  • 2022/04/06
    発売号

  • 2022/03/04
    発売号

  • 2022/02/04
    発売号

  • 2022/01/06
    発売号

  • 2021/12/06
    発売号

  • 2021/11/06
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ビデオサロン

2022年05月19日発売

目次: 【特集】伝える! 共感を生み出す!映像ストーリーテリング入門
~誰でも高画質なコンテンツが作れるようになった今、映像制作者に求められているのは演出力、構成力、つまり「ストーリー」を語れる力ではないだろうか。
最後まで人の興味を惹き続けるには何が必要か?
この特集ではプロデューサー、ディレクター、ビデオグラファー、撮影監督、ストーリーボードアーティストなど、さまざまな角度からストーリーテリングを考えていく。

●今月の話題 ────
テレビCMからリクルートWEBムービーまで幅が広がってきた!
インカメラVFXが可能なバーチャルスタジオ

ファーストインプレッション
ファームアップで実装されたニコンZ 9の8K RAWは
編集&グレーディングできるのか?

SanDisk Professionalとクリエイターのワークフロー

ニコン Z 9をワンマン映画撮影用にビルドアップする

NEW CAMERA診断室
OM SYSTEM OM-1

●連載───
NEW PRODUCTS
監督×俳優対談 演出ふたりがたり
『ALIVEHOON アライブフーン』下山 天×吉川 愛
ビデオ作品投稿コーナー「 Views」…………………岡野肇
ビフォアフで学ぶ 差がつくテロップ大学ナカドウガ
おもいをつたえるテキストアニメーション …… mooograph
Documentary Master Class
「エディット」(出口景子) ………………………金川雄策
映画作家主義…………………………ふるいちやすし
イチから学ぶ WEB動画広告久松慎一・株式会社援軍
DISCOVERY Movie …………………………… Heatin’ System
映画監督・武正晴の『ご存知だとは思いますが…』
映画の裏窓『ミュンヘン』(後編) …………………御木茂則
4K&8K&HDR最前線 ………………………………麻倉怜士
自主映画という麻薬 …………………………………タイム涼介

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:825円

録る・見る・創る!デジタル時代のAVマガジン。

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/19
    発売号

  • 2022/01/20
    発売号

  • 2021/12/20
    発売号

  • 2021/11/19
    発売号

BASS MAGAZINE(ベースマガジン)の所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌