世界の腕時計 発売日・バックナンバー

全82件中 1 〜 15 件を表示
1,800円
パルミジャーニ・フルリエ―――発展の背景を探る

パルミジャーニ・フルリエは2021年月にCEOに就任したグイド・テレーニ氏の陣頭指揮の下、“トンダ PF”コレクションを中心に急成長を遂げています。テレーニ氏を取材し、発展の背景を探ります。

カール F.ブヘラ―――ペリフェラル・テクノロジーを軸に新戦略を打ち出す

カール F.ブヘラは2023年3月に高級路線化のための「時を探し求めて」をモットーに新しい成長戦略を発表しました。自社開発、製造のペリフェラル・ローター式ムーブメントをさらに強化し、ビスポーク・サービスを開始するなど、大きな方向転換の内容をみていきます。

オリジナルを主張する新作の競演

2023年後半に開催された“ジュネーブ・ウォッチ・デイズ”、“ウォッチズ&ワンダーズ 上海”でお披露目された新作を中心にブランド別にそれらの概要をみていきます。
1,800円
パテック フィリップ《ウォッチアート・グランド・エキシビション(東京2023)》―――未来に向けて継承されるべき文化であるヨーロッパの時計製造の奥深さを広く伝えたい

2023年6月10日から同25日まで東京・西新宿でパテック フィリップは大規模な展覧会を開催しました。これを記念して発表されたコンプリケーションや希少なハンドクラフトの作品の概要をご紹介します。

ルイ・ヴィトン “タンブール”ウォッチ コレクションーーー高級時計メゾンとして確立するために下された決断

ルイ・ヴィトンが本格的に時計産業に進出して21年目を迎えた2023年7月初め、アイコンである“タンブール”を大幅にリニューアルした新作を発表しました。その詳細をみてみます。

オーデマ ピゲ “ロイヤル オーク オフショア” 誕生30周年―――「ビースト」(野獣)と呼ばれた異端児の誕生の背景を探る

1993年にセンセーションを巻き起こした“ロイヤル オーク オフショア”。当時の常識を大きく覆したこの時計はやがて人気モデルに発展しました。その誕生の背景を探ります。

新生と再出発―――モノリス、シャルル・ジラルディエ、大塚ローテック、HYT

建築家の窪田勝文氏が企画・デザインに携わる“モノリス”、ジュネーブで2018年に創業した“シャルル・ジラルディエ”、独立時計師の浅岡肇氏が運営する東京時計精密の技術支援を得て次なる発展を目指す“大塚ローテック”、特殊な機構を大幅に見直して再出発を果たした“HYT”を取り上げます。
1,800円
2023年ブランド別新作情報《ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ 2023、日本ブランド、その他》―――近い将来を見据えた堅実な新作

2023年3月27日から同4月2日までジュネーブで開催されたウォッチズ&ワンダーズには48ブランドが参加し、来場者は4万3000人以上という過去最高を記録しました。ここでお披露目された新作のなかから28ブランドを取り上げます。このほか日本ブランド(カシオ、シチズン、セイコー、オリエント)などの主要な新作をご紹介します。

ルイ・ヴィトンのハイウォッチ・メイキング―――自由な発想を具現化する技術力の飛躍的な進化

ルイ・ヴィトンから自社のウォッチ・メイキング・スタジオの高い技術力を示すふたつのオートマタ・ウォッチが登場しました。ひとつは中国の「川劇」の特徴である変面をテーマとし、もう一方は「美しいバラには棘がある」を表現。文字盤上での緻密な動きを可能にしたムーブメント開発と、エナメル細工や彫金の装飾工芸の技が融合した傑作です。

30周年を迎えた“オーデマ ピゲ ロイヤル オーク オフショア”

オーデマ ピゲの代表コレクションのひとつである“ロイヤル オーク オフショア”の誕生30周年を記念した限定モデルを紹介します。またコレクションの発展を導いたアーノルド・シュワルツェネッガーをはじめとする様々な分野の人々とのコラボレーションの歩みをみていきます。
1,800円
ジャケ・ドロー ブランド新戦略 “ジャケ・ドロー 8・0 ディスラプティブ・レガシー” ―――真の時計愛好家のために原点に立ち返り、大きく舵を切る

ジャケ・ドローはレギュラー・コレクションを廃止し、ブランドの特徴であるオートマトンやメティエダールを生かしたオーダーメイドを中心に製作する、という大きな方向転換を打ち出しました。その概要をご紹介します。

H.モーザー 2012~2022 ――― “VERY RARE”を基軸に独自の道を歩む

2005年にスイスのシャフハウゼンで再興を果たしたH. モーザーは2012年にMELBホールディングス傘下となり、経営の立て直しと製品の改良を行いました。それと同時にユニークな製品を市場に送り出し、10年の間に大きな発展を遂げました。エドゥアルド・メイランCEOに10年を振り返り、また今後の展望について伺いました。

いま目を向けたい良質にして良心的な価格の時計たち

高級ブランドに人気が集まる昨今ですが、機械式時計の魅力を伝える個性豊かにして良心的な価格帯の時計ブランドも数多くあります。30万円台から50万円台を中心とするボール・ウォッチ、フォルティス、ユンハンス、ルイ・エラール、モーリス・ラクロア、オリス、クロノトウキョウを取り上げます。

2022‐2023新作

2022年秋から2023年初めまでに発表されましたパテック フィリップ、オーデマ ピゲ、A.ランゲ&ゾーネ、ローマン・ゴティエ、グランドセイコーなどの新作の概要をご紹介します。
1,800円
オーデマ ピゲ “マニュファクチュール・デ・セニョル”、“オテル デ オルロジェ” ―――― 未来の発展に向けた新たな礎の誕生

2021年にオープンした新工房の“マニュファクチュー・ル・デ・セニョル”と、2022年6月に開業した“オテル デ オルロジェ”の概要をみていきます。いずれも人と環境に配慮したユニークな建物が特徴であり、オーデマ ピゲの未来を担う重要な役割を果たします。また今秋に発表されたセラミック・ケースの“ロイヤル オーク”と“CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ”をご紹介します。

ルイ・ヴィトン ウォッチメイキング20周年 ―――― 「旅の真髄」を時計で表現し、独自の世界を築く

ルイ・ヴィトンが“タンブール”と名付けた腕時計とともにスイス時計の世界に躍り出て20周年を迎えました。この間にグランドコンプリケーションからコネクテッド・ウォッチまで幅広い製品を世に送り出し、飛躍的な発展を遂げました。この20年を振り返るとともに、時計製造の拠点であるスイス・ジュネーブ郊外の“ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン”を率いるミシェル・ナバス氏に書面でお話を伺いました。

時計も未来を考える〈IV〉垣根を越えて共に行動し、地球を守り、人を守ろう

持続可能性に向けた行動は1社が単独で行っていては限界があります。そこで今回はSDGsの17番目の目標である「パートナーシップで目標を達成しよう」を実践する、グッチとカルティエの取り組みに焦点を当てました。また世界的に大きなブームを巻き起こした、バイオセラミック・ケースの“ムーンスウォッチ”の背景を取り上げます。

2022年ブランド別新作情報 パート3(ジュネーブ・ウォッチ・デイズ/日本メーカー/その他)――――既存モデルをブラッシュアップし、より魅力的に、より幅広い層に訴えることを意図した新作たち

8月29日から9月1日まで開催された第3回ジュネーブ・ウォッチ・デイズに出展したブランドをはじめ、秋以降に発表された新作、そして国産のカシオ、シチズン、グランドセイコー、セイコーなどの新作をご紹介します。
1,800円
オーデマ ピゲ “ロイヤル オーク”――― 激動の時代に生まれ、50周年を迎えたアイクニック・モデル

今日、高い人気を誇る“ロイヤル オーク”は1972年に発売され、今年で50年目を迎えました。オーデマ ピゲのアイコンに成長したこのモデルの誕生の背景を探ります。またオーデマ ピゲが力を入れる音楽とアートへの支援をご紹介します。

2022年ブランド別新作情報 パート2(WPHH/TIME UNITED/その他)アーカイブの発掘、機構開発、カラーリング・・・新作にみる個性づくりのアプローチ

フランク ミュラーとクストスが新作を発表したWPHH、輸入代理店8社が集まり、初めて東京で開催されたTIME UNITEDなど、23ブランドの新製品をご紹介します。

【時計も未来を考えるIII】 海洋プラスチック問題の解決に向けて動き出した腕時計

SDGsの14番目の目標である「海の豊かさを守ろう」のために動きだしたパネライ、ユリス・ナルダン、モーリス・ラクロア、ボーム&メルシエを取り上げます。

【注目の時計】

アクリヴィア “レジェップ・レジェピ クロノメトル・コンテンポラン II”、ローマン・ゴティエ “コンティニュアム チタン エディション ワン”、“コンティニュアム チタン エディション ツー”、ヴァン クリーフ&アーペル “レディ アーペル ユール フローラル ウォッチ”など、話題の新作の詳細をご紹介します。
1,676円
2022年ブランド別新作情報―――ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ 2022/その他
発想の力と創造への意欲が生み出した魅力あふれる時計たち

SIHHが「ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ」と名称を改めて、初めて実際に開催されたジュネーブでの新作発表会。バーゼルワールドに出展していた19ブランドも含めて合計38ブランドが参加しました。そのなかから26ブランドの主要な新作を取り上げます。またブルガリ、ブレゲ、オメガ、ベル&ロス、シチズンの新作も併せてご紹介します。

[時計も未来を考えるII]持続可能な社会を目指して一歩先んじる人々

多角的にサステナビリティに取り組むシチズン、「責任ある調達」を推進し、エシカルゴールドのみを扱うショパール、オーシャン・プラスチックを時計に採用するとともに、「トム フォード プラスチック・イノベーション・プライズ」を創設したトム フォード タイムピースを取り上げます。

[注目の時計]

ルイ・ヴィトン“タンブール スピン・タイム エアー・クァンタム”、モリッツ・グロスマン“セントラルセコンド”、ボール・ウォッチ“エンジニア M パイオニア”、ロンジン“ウルトラ‐クロン”など、話題の新作の詳細を撮りおろしの写真とともにご紹介します。
1,676円
特集】創業から四半世紀を迎えたパルミジャーニ・フルリエ――築き上げたものを礎に新たな発展を目指す

1996年に創業したパルミジャーニ・フルリエは昨年に25周年を迎えました。この間にムーブメント、ケース、文字盤メーカーを統合し、大きく発展を遂げました。この25年を簡単に振り返るとともに、25周年を記念して製作したユニークピースの“ラ・ローズ・カレ”と新コレクションの“トンダ PF”をご紹介します。

時計も未来を考える

SDGsという言葉が日常的に聞かれるようになったこの頃ですが、時計業界はサステナビリティに対してどのような取り組みをしているのでしょうか。サステナビリティ・レポートを発行しているIWCとブライトリング、環境保護団体への支援を積極的に行っているオリス、ムーブメントも外装もリサイクル素材を使った新進ブランドのID GENEVAなどを取り上げます。

2021-2022 New Watches

昨年後半から今年初めに発表された22ブランドの新作を見ていきます。
1,676円
【特集】2021年ブランド別新作情報 パート3 人生は戻らぬ一瞬の積み重ね。ゆえに好きな時計と日々を過ごしたい。

今年も五月雨式に新製品の発表が続きました。今号ではブルガリ、ブライトリング、ユリス・ナルダンなどが参加して8月末にジュネーヴで開催された“ジュネーヴ・ウォッチ・デイズ”で発表された新作をはじめ、フランク・ミュラーとクストスのWPHH、国産メーカーなど全27ブランドの新製品をご紹介します。

【特別追悼企画】時計ジャーナリスト瀧澤広の世界 時計への愛は広く、深く、限りなく

『世界の腕時計』の第107号(2011年4月15日発行)から今年7月に発行された第148号までの約10年間に渡ってご寄稿いただき、5月27日に急逝された時計ジャーナリストの瀧澤広氏の追悼企画の第2弾。今回は「クルマとトケイ、我が趣味の共演」、「電波時計の正確無比に魅せられて」、「アポロ11号の興奮を腕に」と題して、過去の号に掲載しました時計とクルマとのコラボレーション、標準電波時計と衛星電波時計、そして“オメガ・スピードマスター”に関する記事を再編集しました。

【話題の新作】

ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ ピゲ、ロジェ・デュブイ、オメガ、ポルシェ・デザイン等の新作をはじめ、日本市場で再び展開を開始したエベラールの概要を取り上げます。
1,676円
【特集】2021年ブランド別新作情報 パート2 人生の良きパートナーとなる腕時計との出会いを願って

2019年までは1年に一度の大規模な新作時計発表フェアで年間を通して発売される新作がお披露目されたが、コロナ禍でその状況は大きく変わってしまった。発売時期に合わせて新作を発表するブランドも少なくない。4月に開催されたウォッチズ&ワンダーズ以降に発表された13ブランドの新作の概要を紹介。

【特別追悼企画】時計ジャーナリスト瀧澤広の世界 時計への愛は広く、深く、限りなく

『世界の腕時計』の第107号(2011年4月15日発行)から今年7月に発行された前号(第148号)までの約10年間に渡ってご寄稿いただいた時計ジャーナリストの瀧澤広氏が5月27日に急逝された。そこで同氏に執筆いただいた過去の記事の一部をテーマ別に再編集し、今号と次号の2回に分けて掲載。今号では、天文表示時計と“鳴りもの”を取り上げた。
話題の新作

ルイ・ヴィトン、チューダー、ベル&ロス、ラドーの新作を撮り下ろしの写真で紹介。またヴァシュロン・コンスタンタンが“アメリカン 1921”の誕生100周年を記念して、完全復刻の製作を試みた“アメリカン 1921 ユニークピース”の詳細を取り上げる。

1,676円
【特集】ウォッチズ&ワンダーズ2021 愛情を注げるお気に入りの時計を見つけよう

4月7日から1週間にわたってジュネーブを舞台に「ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ」が開かれた。昨年は急遽オンラインでの発表に変更されたが、今回は昨年の秋にはオンラインで発表会を開催することが決定され、38ブランドが参加した大掛かりなものとなった。同時期に日本で実際にサンプルを手に取って見る機会を設けたブランドもある。こうしてお披露目された27社の新作の概要をみてみたい。

日本メーカーの20201年新作 変わりゆく時代に即した個性づくりの模索

グランドセイコー、セイコー、シチズン、カシオは2月下旬から3月初めにかけてオンラインで新作発表を行った。グランドセイコーは昨年に発表した新世代の自動巻きムーブメントのレギュラー化に向けて動きだし、シチズンもまた機械式ムーブメントに再び力を入れることを示した。一方、両社とは異なる歩みを進めるカシオからはカラフルなGショックがお目見えした。主要な新作をみてみよう。
1,676円
【特集】LVMH ウォッチ ウィーク 2021―――それぞれの強みを生かして、心弾む時計を目指す

LVMHグループのウォッチ・ブランドのブルガリ、ウブロ、ゼニスは1月25日に、タグ・ホイヤーは2月5日にオンラインで新作発表会を開催しました。各ブランドの新作の概要をご紹介します。


【2020-2021 New Watches】

2020年11月から2021年1月にかけて発表された、A.ランゲ&ゾーネ、オーデマ ピゲ、リシャール・ミル、エルメス、ジラール・ペルゴ、タグ・ホイヤー、シチズンなど14ブランドの新作をとりあげます。

【再録/パネライ・ロレックス 伝説のダイバーウオッチ】

昨年11月に香港で行われたフィリップスのオークションに1950年代から1960年代にパネライがイタリア軍やエジプト軍のために製作した時計4点が出品されました。そのなかのひとつが『世界の腕時計』No.10 (1992 年5月発行)の表紙に掲載されており、またこの号では16ページにわたるパネライの記事を組んでいました。これを再録。リシュモン グループ傘下となる以前のパネライを知る手がかりとなるでしょう。
1,676円
【特集】2020年ブランド別新作情報 第3弾 --- 毎日を楽しく過ごせる好きな時計に出会いたい

バーゼルワールドや“ウォッチ&ワンダーズ ジュネーブ”が中止となった2020年は、各メーカーがそれぞれ独自に新作を発表し、発売のタイミングに合わせて新作の情報を解禁しました。下半期に発表された23ブランドの新作をご紹介します。


【特集】ロレックス、カシオ、ロンジン、シチズンの2020年の新作

9月1日にロレックスは世界一斉に新作を発表し、その一部は同日に発売されました。またカシオは初めてオンラインで新作を発表し、シチズンは一部の媒体に向けて個別取材という形で新作を披露。ロンジンは新作が日本市場に入荷を開始しました。これら4社の新作の概要を取り上げます。

【CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ】

昨年のSIHHで発表された“CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ”が開発された経緯について、改めてオーデマ ピゲ本社の開発担当者に取材をし、その背景を探ります。

【話題の新作を検証する】

オメガ“スピードマスター ムーンウォッチ Cal.321 ステンレススティール”、ユリス・ナルダン“ブリスト”,ショパール“ミッレミリア ウォッチ2020年モデル”などの新作を詳しくご紹介します。
1,676円
【特集】ジュネーブ・ウォッチ・デイズ---  2020年唯一となったスイスでの新作発表会

8月26日から29日までの4日間、ジュネーブ・ウォッチ・デイズが開催されました。2020年にスイスで行われる唯一の新作発表会であり、ブルガリ、ブライトリング、ジェラルド・ジェンタ、ジラール・ペルゴ、ユリス・ナルダンなどを中心に17ブランドが参加。ここで発表された新作のなかから日本に輸入されている8ブランドの時計の概要をご紹介します。


【特集】2020年ブランド別新作情報 パート2--- 毎日が楽しく過ごせる好きな時計との出会いを願って

今年は例年と異なり、年間に複数回にわたって新作を発表するメーカーが数多くあります。6月から8月にかけて発表された20ブランドの新作を取り上げます。

【注目の新作を詳しく】

A.ランゲ&ゾーネ「オデュッセウス」、パネライ「ルミノール マリーナ 44 MM」&「ルミノール ブルーマーレ 44MM」、チューダー「ブラックベイ フィフティ-エイト “ネイビーブルー”」、ハミルトン「PSR」など、興味深い新作の詳細を紹介します。
1,676円
【特集】IWC 2020

2020年のIWCは“ポルトギーゼ”に焦点を当てて新作を発表しました。すべてに自社製ムーブメントを搭載した点も特徴で、クロノグラフ、永久カレンダー、オートマティックなどの定番モデルからコンプリケーションまでが登場。また“ポルトギーゼ・ヨットクラブ”にはブレスレット・タイプが新たに加わりました。新作の概要を見てみます。


【特集】ブライトリング2020

陸・海・空の3つの分野で製品を展開するブライトリングは、「陸」では日本で人気が高い“クロノマット”を全面的にリニューアルしました。「海」では“スーパーオーシャン ヘリテージ”に1957年のオリジナル・モデルにオマージュを捧げるカプセル・コレクションが登場。そして「空」では女性のためにデザインした初の“ナビタイマー”が誕生するなど、充実した新作がお目見えしました。


【特集】ウォッチズ&ワンダーズ2020

4月末にジュネーブで開催が予定されていた“ウォッチズ&ワンダーズ”(旧SIHH)は新型コロナウイルスの感染拡大により中止されましたが、参加ブランドはオンライン・プラットフォームで新作の情報を公開しました。各ブランドの主要な新作の概要を簡単に紹介します。
おすすめの購読プラン

世界の腕時計の内容

世界の注目コレクションが満載!
新作情報から人気モデルまで、話題作が満載。時計作りの工程や、ブランド誕生秘話など毎号魅力的な特集記事や写真をお届けします。

世界の腕時計の無料サンプル

No.103 (2010年03月08日発売)
No.103 (2010年03月08日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

世界の腕時計の目次配信サービス

世界の腕時計最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

世界の腕時計の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.