ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)

定期購読なら送料無料で毎月お届け!!バックナンバーも多数♪

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)のレビューを投稿する

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)の内容

国内の話題のミュージシャンを取り上げ、ミュージシャンとのインタビュー、評論文、現在の活動情報など邦楽情報満載。
ロッキング・オン・ジャパンは、「シリアスなロックをシリアスに語る」をテーマに1985年創刊。通称は、ジャパン、ロキノン、ロキノンジャパンなど。 ミュージシャンが半生を語る2万字インタビュー等、他誌では読めない記事満載。日本のロックを読み解く全ての少年少女必読のリーディングマガジン!写真ページも豊富で読み応えのある音楽雑誌です!

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)の商品情報

商品名
ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)
出版社
ロッキング・オン
発行間隔
月刊
発売日
毎月30日
サイズ
B5変

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

「ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)」デジタル版定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン) 2024年7月号 (発売日2024年05月30日) の目次

Ado
叶えた夢、そして残された夢を語る
──革命の国立公演、世界ツアーで見えたもの、そして次章へ

別冊 JAPAN JAM
日本最大の春フェス!
19万人と125アーティストが音楽でつながった最高の5日間のすべてを完全ドキュメント

米津玄師
つんのめって転がる日々のテーマソング“毎日”登場!
抜き差しならない現実を暴くこの曲が伝えてくれるもの──

Official髭男dism
ニューアルバム『Rejoice』リリース決定!
そこに至る進化と激動の3年間を振り返る

MILLENNIUM PARADE
新章開幕! 東京から世界を揺らすミレパの新たな物語を読み解く

あいみょん
最も新しい、最も深まった到達点としての名曲、“会いに行くのに”。
「いい歌とは、いいメロディとは、いい歌詞とは何か?」──あいみょんとともに真実に挑む最新インタビュー!

Eve × Deu(PEOPLE 1)
どこか「音楽界の異星人」のような2人が、自由に、自然体で作り上げた楽曲“フラットウッズのモンスターみたいに”。
初のスペシャル対談!

ずっと真夜中でいいのに。
人生のスパイスを追い求める大冒険!
濃密なコンセプトが無限拡張したKアリーナ横浜レポ&新曲“嘘じゃない”、“Blues in the Closet”レビュー!

[Alexandros]
川上、白井が語り合う「ロックバンドの優先順位」と「最高精度の作り方」。
新作『SINGLE 1』はこうして生まれた──冷静と情熱の最新ロングインタビュー!

マカロニえんぴつ
バンドケミストリーを追いかけろ!
4人のロック魂を解放した最新EP『ぼくらの涙なら空に埋めよう』を語る

THE YELLOW MONKEY
2度目の復活を果たしたTHE YELLOW MONKEYが放った、命と愛のロックンロール!
東京ドーム公演完全レポート

宮本浩次
エレファントカシマシ、宮本浩次、所属事務所から独立。
新たな地平に立ち、さらに目覚めた宮本の魂はこれから何を見せてくれるのか

LiSA
求められるLiSAとは何か?
背負ったイメージを一撃で更新する新たな代表曲“Shouted Serenade”を語る

ゲスの極み乙女
ゲスはなぜ「踊り」続けるのか?
人生の本質を射抜くニューアルバム『ディスコの卵』完成!

Kroi
違和感を快感に、欠落を美に変える怪作にして傑作『Unspoiled』誕生。
音楽シーンの未開地をどこまでも切り拓く5人に迫る、最新インタビュー!

Omoinotake
大ヒット曲“幾億光年”の先を確かに照らす新曲“蕾”誕生!
その「人懐っこさ」と「違和感」のポップ黄金比に迫る

Nothing’s Carved In Stone
KOTORI


Bye-Bye-Handの方程式/バイリンジボーイ


●SCENE
BUMP OF CHICKEN/SEKAI NO OWARI/ ねぐせ。/くぅ(NEE)

●JAPAN TIMES
「この人に訊く!」粗品(お笑い芸人)登場/「爆飲会」カネヨリマサル 登場/SUPER BEAVER・渋谷龍太の「そこのけそこのけ文太がとおる」/くるり・岸田繁の「石、転がっといたらええやん。」/電気グルーヴの「シン・メロン牧場──花嫁とパイプのけむり」/ポルカ雫のサントラ大草原 ほか

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)の目次配信サービス

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 4.61
  • 全てのレビュー: 192件
定期購読はじめました
★★★★☆2024年04月07日 ロッキンくまくま 会社員
書店に置いてある分が時折無くなってしまい困りましたので定期購読にしました。
ロッキングオンジャパン最高
★★★★★2024年01月20日 Perry54 会社員
その時その時のミュージシャンの特集を毎回楽しみにしています。
楽しみが増えます
★★★★★2023年11月28日 ジャムジャム パート
好きなアーティストが載っていると後追いで買う感じでしたが、隔月で買っているのなら定期購読の方が手間が省けるので、定期にすることにしました。読みごたえがあって、好きな雑誌なので、毎月送られてくるのが楽しみです。
興味が広がるのが楽しみです!
★★★★★2023年10月08日 ばんびばんび 会社員
SUPER BEAVERの渋谷龍太さんの連載が読みたくて定期購読を決めました。好きなバンドの記事はもちろん、記事から興味が広がることが楽しく嬉しいです。
大好き
★★★★★2023年08月31日 とらぷんた 専業主婦
定期購読してます。一度投稿が掲載されたことがあって、とても嬉しかったです。これからも楽しみにしています。
最高
★★★★★2023年06月02日 あ 学生
気になった時に気まぐれで購入させていただいていますが、毎度毎度刺さるものばかりです!
ロッキンオンジャパン
★★★★★2023年02月01日 はぴこ 会社員
毎号、読んでいますが好きなアーティストの事がくわしく載っていてとても嬉しいです。 あと、カレンダーやフェスの時は別冊号も付くので毎号買っています。
見てて楽しい
★★★★★2023年01月04日 しゅうへい 学生
毎月多くのアーティストの特集があっておもしろい。
最高の音楽雑誌!
★★★★★2022年11月26日 なおっくす 会社員
アーティストの本質に迫っていて、読み応えあります。まるでドキュメンタリー番組を見ているような感覚になる音楽雑誌です! 次号も楽しみです。
BE:FIRST SOTAはヒーロー!
★★★★★2022年10月05日 しゅーみん 会社員
11月号のSOTA単独インタビュー最高でした! 努力努力努力の結果、世界チャンピオン4度達成した彼は、誰よりも相手を尊重し、誰よりも感謝を忘れない、そして目標に向かってブレずに突き進む姿は、まさにヒーローです!
レビューをさらに表示

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)をFujisanスタッフが紹介します

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)と言えば、邦楽ロック、ポップスの情報を得るならこれと言いたくなるくらい、定番の音楽雑誌です。初代編集長である渋谷陽一氏に傾倒した邦ロックファンも多いのではないでしょうか。

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)の1番の魅力は、アーティストへのインタビューです。2万字インタビューというとんでもないボリュームのインタビュー記事が組まれることがあり、ありとあらゆる角度からアーティストを掘り下げていきます。これだけのボリュームだからこそ、そのアーティストの深い部分を知ることができるのです。また、ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)でなければ取材できないアーティストのインタビューが掲載されることがあるので、滅多に表に出てきてくれないアーティストのファンには貴重な記事になります。

写真ページもたっぷりあることも嬉しいポイントです。自分のお気に入りのアーティストが取り上げられているときには、手に取ってじっくり眺める楽しみがあります。また既に人気が確立しているアーティストだけではなく、これから人気が出てくるだろうと注目されている新進気鋭のアーティストも取り上げられています。日本の音楽シーンの最先端をチェックしたいのであれば欠かせないのがROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)なのです。

ROCKIN’ON JAPAN(ロッキング・オン・ジャパン)の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.