※最新号の表紙とは限りません

月刊トレーニングジャーナル

ブックハウス・エイチディ
安全に、効率よく、そして楽しく!スポーツをわかりやすく伝える専門誌
月刊「トレーニングジャーナル(Training Journal)」はスポーツ現場の人々を対象に、スポーツをわかりやすく伝えます。毎号特集のほか、トレーニングやコンディショニングの理論と実際、著名チーム・選手のトレーニングなどの情報、その他、スポーツ栄養、メンタルトレーニング、チームマネジメントなど、スポーツ現場で求められていることを実際的に紹介します。他にも、セミナーや新商品、書籍の紹介、HDセレクションズ(トレーニング用品などの通販コーナー)など、情報満載です。

月刊トレーニングジャーナルの
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊トレーニングジャーナルのレビューを投稿する
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は770円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 4,620円(税込)
    1冊あたり770円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 9,240円(税込)
    1冊あたり770円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android (印刷可)
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

月刊トレーニングジャーナルの商品詳細

安全に、効率よく、そして楽しく!スポーツをわかりやすく伝える専門誌
月刊「トレーニングジャーナル(Training Journal)」はスポーツ現場の人々を対象に、スポーツをわかりやすく伝えます。毎号特集のほか、トレーニングやコンディショニングの理論と実際、著名チーム・選手のトレーニングなどの情報、その他、スポーツ栄養、メンタルトレーニング、チームマネジメントなど、スポーツ現場で求められていることを実際的に紹介します。他にも、セミナーや新商品、書籍の紹介、HDセレクションズ(トレーニング用品などの通販コーナー)など、情報満載です。

月刊トレーニングジャーナル 2019年12月号 (2019年11月10日発売) の目次

特集/スポーツ栄養のトピックスとヒント

野坂氏には、スポーツ現場での脂質(中鎖脂肪酸)の活用に向けた取り組みと可能性を紹介いただいた。中井氏には、家庭科教員として高校生と関わる中で、公認スポーツ栄養士ならではの「食」の指導をお話いただいた。そして太田氏には、東洋大学でのクラウンドキュレーティングシステムにおいて、遺伝情報も含めて個々に寄り添うトータルサポートについて伺った。




1. スポーツ選手に向けた中鎖脂肪酸摂取の提案
野坂直久・日清オイリオグループ株式会社 中央研究所 


2. 高校にいる身近な公認スポーツ栄養士として
中井多津枝・大阪市立桜宮高等学校 家庭科教諭、公認スポーツ栄養士 


3. トータルでのサポートを行うシステム
太田昌子・東洋大学食環境科学部健康栄養学科准教授 


投稿
疾走トレーニングによりマウスの全速疾走に最適な刺激電圧と走路形態を探査する
夏野義啓、夏野多永


連載 スポーツと脳振盪── 選手の未来をみんなで守る 7
脳振盪のリハビリテーション
大伴茉奈・国立スポーツ科学センタースポーツ科学部研究員、Ph.D
監修/中山晴雄・東邦大学医療センター大橋病院、脳神経外科学会専門医


連載 投球障害からの復帰と再受傷予防 7
投球再開までの取り組み(4)
牛島詳力・ATC、MS、柔道整復師


連載 初めての骨折 10
「気のせい」なのか「機能性」か
沓脱正計・くつぬぎ手技治療院、手技療法の寺子屋主宰、あん摩マッサージ指圧師、修士(教育学)、認定心理士


連載 トレーニング指導に求められるコーチング戦略 11
釜石シーウェイブスラグビーフットボールクラブに対するトレーニングサポート
南川哲人・釜石シーウェイブス ラグビーフットボールクラブ チーフS&Cコーチ
岡野憲一・帝京平成大学現代ライフ学部 講師、博士(コーチング学)


連載 臨床スポーツ鍼灸研究会 63
アスリートのコンディショニングに対する鍼治療の実際 3
仲嶋隆史・(公社)全日本鍼灸マッサージ師会業務執行理事スポーツ・災害対策委員長 東雲鍼灸治療院院長


連載 34
スポーツ医学検定練習問題


連載 エッセイ・動き続ける 21
勝つことが最高の良薬
森下 茂・拓殖大学ラグビー部トレーニングコーチ


連載 トレーニング日誌(ベンチプレス競技) 38
気持ちの波を利用する
木下進人・ストレングス&コンディショニングコーチ


身体言葉(からだことば)に学ぶ知恵 121
目を見張る
辻田浩志・腰痛館代表


スポーツ医科学トピックス 111
当たり前のようで奥が深い
── なぜ女性は男性ほど筋肥大しないのか
川田茂雄・帝京大学医療技術学部准教授


メールで語る井戸端会議——子育てと仕事 141
高齢者の方々に学ぶ
桜井(寅嶋)静香・北海道教育大学准教授
伊藤句里子・東京有明医療大学非常勤講師、アスレティックトレーナー


ある一日/身体障害者専門の訪問パーソナルトレーニング
ON THE SPOT /現場から
資格取得関連講習会
話題の新刊/尾原陽介・A.C.TOYAMA Kidsマネジャー


TJ FORUM
TJNN:Training Journal News Network
SEMINAR CALENDAR/セミナー案内
FROM EDITORS/編集室から
定期購読のご案内

月刊トレーニングジャーナル 2019年8月号(2019-07-10発売) の特集を少しご紹介

うまくなるとはどういうことか
P.11~P.28
君島氏には、ラグビーのキック専門コーチとして、経験者ならではの精神面も含めたコーチングや、よい変化を引き出すアプローチを伺った。滝山氏には、機械学習を活用してパフォーマンス向上を目指す取り組みの現時点での成果と今後の展望をお話しいただいた。そして井本氏には、ウェイトリフティングにおいて、動作習熟度を見極めたり、正しい感覚を掴んでもらったりといった細やかな指導を紹介いただいた。1 ラグビーのキックがうまくなるために ラグビーにおけるキックの重要性 ラグビーのキックは、ゴールポストの間を通して得点を狙うゴールキックと、インプレー中に試合を優位に進めるためのキックと、大きく2つに分かれています。ゴールキックは点数を取るためにとても大きな役割を担っていて、チームを代表して試合の命運を分ける場合もあります。大きな国際試合では、お互いにゴールキックのみの得点で試合が終わることもあります。
脳振盪はどういうときに、どのくらいの頻度で起こるのか
スポーツと脳振盪── 選手の未来をみんなで守る
P.31~P.34
脳振盪になったのは偶然? 前回は皆様自身の脳振盪の経験について考えていただきました。「あれはそうだったかも…」というシーンが思い浮かんだ方も多かったのではないでしょうか。脳振盪はスポーツ活動中にも発生しますが、交通事故や、転落事故などでも発生します。どのような場合も、脳振盪になろうとしてなっているわけではないため、たまたま発生しているように考えられます。 しかし、スポーツ現場での脳振盪は、繰り返し発生する可能性が高い、という特徴を持っています。つまり、スポーツ現場における脳振盪は、「もしかしたら、たまたまじゃないのかも!」とも考えてほしいのです。では、実際にスポーツ現場ではどのくらいの頻度で脳振盪が発生しているのでしょうか。頭のケガはどのくらい発生する? 実は、日本においてそのような調査研究はあまり詳しく行われていないため、どのくらいの頻度で脳振盪が発生しているのか、わかっていないのです。
手術か保存か?
投球障害からの復帰と再受傷予防
P.36~P.38
医師と選手自身が判断 ここまでお読みいただく中で、投球による肩の外傷・障害には、各投球フェーズにおいてかかるストレスによって損傷する部位も、損傷の形態もさまざまなものがあることがおわかりいただけたかと思います。また肘の損傷はアクセラレーション(加速)期において、肘にかかる外反ストレスがその原因のほとんどだとはいえ、選手の年齢や発育状況によってこれもさまざまな形態があることもおわかりいただけたと思います。ここまでの説明だけでも手術を行うか、保存療法で回復を待つかの判断は非常に困難にならざるを得ないことが想像できると思います。 基本的に「手術か保存か?」はその選手を診た医師が判断するべきことであり、また選手自身が(未成年の場合は保護者の承諾を得て)最終の決定権をもつ事項でもあります。

月刊トレーニングジャーナル 2019年7月号(2019-06-10発売) の特集を少しご紹介

要注意のケガ、病気
P.11~P.24
堀内氏には「心理の問題」で一括りにされがちな場合の注意点や、総合的に選手をサポートする必要性をお話しいただいた。岩崎氏、太田氏には日本では後回しにされがちなアスリートの歯や咥内の環境を整える効果を伺った。そして岸本氏には、復帰まで長い期間を要するACL損傷において、プロトコルから外れる場合の対応や信頼関係の築き方について紹介いただいた。1 ケガをしたときの心理的な支援 私は現在、大学院でスポーツ傷害関する臨床心理学研究に取り組みながら、整形外科で臨床心理士として勤務しています。病院ではさまざまな病気やケガを抱える患者さんの支援に携わっていますが、今回は私の研究テーマであるスポーツのケガを中心にお話をさせていただきます。心理的学な観点から見た「要注意」 まず、ケガをしたアスリートの心理を理解するうえで、とくに注意すべきことを4つ取り上げてお話したいと思います。
岡山でアスレティックトレーナーとして活動する
P.25~P.30
さまざまな現場と、闘病を経験 ネブラスカ州立大学リンカーン校に留学し、アメリカに5年間滞在してATCの資格を取りました。その後、出身地である岡山に帰り、仕事を探しましたがなかなか見つかりません。いろいろなところで「仕事を探しているんです」「小中高年代のトレーナーをしたいです」と言っていたら、アビスパ福岡がユース年代のトレーナーを探していると声をかけてくださいました。そこで2年間お仕事をさせていただき、いったん岡山に帰り、その後サンフレッチェ広島がトレーナーを探しているとのことで2年間お世話になりました。サンフレッチェではトップチームを最優先として、次にサテライト、そしてユースという順で行ける時間は行くという形。
脳振盪はなぜ危険なのか
スポーツと脳振盪── 選手の未来をみんなで守る
P.31~P.34
自分は大丈夫!? 脳振盪や死亡事故なんて、自分(のチーム)には関係ないだろう、自分(のチーム)はならないだろうと考えていませんか? では、どうして日本や世界で、スポーツ活動中に死亡事故が起こっているのでしょうか。起こらないなんて誰に、何に、保証されているのでしょうか。 きっとそんな風に考えた経験はなかったのではないでしょうか。しかし、よく考えてみると、決して起こらない、と約束されている状況なんてどこにもないのです。皆様は選手の未来を守るために、死亡事故を防がなくてはなりません。そのためには、「自分だけは大丈夫」とは考えず、ご自身の問題に置き換えて考えてください。そして、脳振盪に隠れている危険や、脳振盪を見逃してしまった先の危険について、きちんと理解していきましょう。脳振盪の一般的な認識 脳振盪はどのようなスポーツでも発生しますし、交通事故のような場面でも発生します。

月刊トレーニングジャーナル 2019年6月号(2019-05-15発売) の特集を少しご紹介

体力要素とトレーニング
P.11~P.20
育成年代を対象としたアカデミーのアドバイザーを務める小俣氏に、体力要素を考える基となる理論や、体力テストの概念図と実際のパフォーマンスのつながり、人間は要素還元的ではないという考え方をお話しいただいた。そして佐藤氏には、大学バレーボールチームにおける測定項目の検討やチーム内外でのデータの活用について、他の専門スタッフとの連携も含めて紹介いただいた。1 体力を要素だけで考えない 現在私は、いわきスポーツクラブ(いわきFC)のアカデミー、今年の春に開校する予定のDAH(ドームアスリートハウス)アカデミー、そして石原塾という子ども向けスプリント教室のアドバイザーをそれぞれ務めています。いずれのアカデミーも、対象は幼稚園から高校くらいまでです。それから大学のプロジェクトとして、Waisportsジャパンでの研究が主な活動です。講演なども行っています。
開設から10年、体育とスポーツの図書館
P.22~P.25
── どのような経緯でこの体育とスポーツの図書館をつくろうと思われたのですか。出原:ベースは私たちがやっている体育の研究会です。もともとは退職間近の私たち自身の蔵書をどうするか、というところから考え始めました。研究会の愛知メンバーが集まっては話題に上がっていまして、いっそのことみんな集めてしまおうと広く呼びかけたのが最初でした。 名古屋大学内につくろうという案もありましたがうまくいかず、豊田市の教育委員会に頼んで廃校を活用しようという案もありました。場所を模索する中で、現在館長の成瀬がたまたまこの町の住民だったため、この土地が空いているという情報を得て、ここをお借りする契約を結ぶことができました。当時建てられていた築百年超の古民家を改修し設立にこぎつけました。 今年で20年契約の10年目になります。
脳振盪って何?
スポーツと脳振盪── 選手の未来をみんなで守る
P.27~P.30
スポーツ中の脳振盪って何? スポーツ活動中はさまざまなケガが発生します。一般的に多いとされているケガは足首の捻挫です1)。私も小学生の頃からバスケットボールをやっており、足首の捻挫は数え切れないほど経験してきました。それらの経験から、スポーツ活動中のケガについて勉強したいと思い、早稲田大学のスポーツ科学部に進学を決めました。大学3年生のゼミの授業中に中村千秋先生から、アメリカのスポーツ事情について話を聞いたことがありました。その内容は、「NFLが選手会から訴えられている」というものでした。そのときの記事は今も持っていますが、「脳振盪の危険を知りながら、チームは選手を使い続けた」という内容のものでした。そのときの私はお恥ずかしいのですが、「スポーツは楽しいもの」、それ以外の考えを持っておりませんでした。

月刊トレーニングジャーナルのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.04
全てのレビュー:48件

レビュー投稿で500円割引!
トレーナー必須
★★★★☆2019年01月31日 パパス 会社員
必要な号は購読しています。 最新の情報を得られるのでとても良いと思います。
充実
★★★☆☆2017年04月09日 tarou 会社員
トレーニン、コンディショニングに関する多岐にわたる情報が満載。勉強になります。
役に立つ!!
★★★★☆2016年07月24日 だいごろう 会社員
現場じゃわからないことや教科書に載ってないことまで記載されていてとても勉強なる!!年間で買えば、いつでも見れるし、携帯でもみれるから気になった時でもすぐチェックできる!!
役立つ一冊
★★★★☆2013年12月16日 やす 自営業
フィットネス現場向け最新情報誌なので、すぐに、反映させていただいてます。
様々なスポーツの記事
★★★★☆2010年10月17日 a86taicho 公務員
バドミントンの記事が載っていたので購入しましたが、様々なスポーツの記事が載っていて参考になりました。
何年も読んでいます
★★★★★2010年09月06日 そらいずみ 教職員
医療系専門学校に通っていた時に図書館で読んで以来、卒業して10年たちますが今では購入しています。気になったページはいつもコピーをして目につくところに貼り付けています。
指導者にも
★★★☆☆2010年08月18日 ゴエモン 専門職
いろいろなスポーツ種目のトレーニングなど、載っていて、プレーヤーだけでなく、指導者にも参考になるかと思います。
トレジャーに意見
★★★☆☆2009年12月29日 よっち 公務員
しばらく掲載していただいてる三井住友海上の柔道部記事に非常に参考になり興味がわきました。私も選手を支えるトレーナーの仕事をしているものですが現時点でいろいろな組織的な問題、環境の問題、引退後のケアーの問題で、学ぶ点を真似できる部分を参考にさせていただきますので今後も強いチーム、成果の上げてる組織を記事に取り上げてください。
定期購読にて
★★★☆☆2009年05月09日 TA 会社員
定期的にトレーニングに関する情報が入るので必ず目を通すようにしています
理論がわかる
★★★☆☆2009年04月07日 Bagooon! 自営業
自分の競技が掲載されている1部のみの試し購読でしたが、トレーニングを科学的に分析しているので、競技に合った日常生活上の注意点(食事、休息、睡眠)が理論的に見えてきました。画一的なトレーニングを盲目的にこなすのではなく、自分の体調・メンタル面と向き合いながらトレーニングを見直すためのきっかけになりました。
レビューをさらに表示

月刊トレーニングジャーナルのバックナンバー

月刊トレーニングジャーナルの今すぐ読める無料記事

月刊トレーニングジャーナルを買った人はこんな雑誌も買っています!

スポーツ 雑誌の売上ランキング

月刊トレーニングジャーナルの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

ご存知ですか?
Fujisan.co.jpにはお得なサービスが満載です!
定期購読
雑誌は定期購読がお得です!初めての方500円割引♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌