月刊トレーニングジャーナル 2008年8月号 (発売日2008年07月10日)

ブックハウス・エイチディ
【特集】基本となる姿勢を見る、つくる
スポーツ中のさまざまな動作で、基本となるものは決まってくる。なぜそうなのか、改めて考えてみた。まず山本紳一郎氏に、神経制御の1つの要因として、反射の働きについて...

月刊トレーニングジャーナル 2008年8月号 (発売日2008年07月10日)

ブックハウス・エイチディ
【特集】基本となる姿勢を見る、つくる
スポーツ中のさまざまな動作で、基本となるものは決まってくる。なぜそうなのか、改めて考えてみた。まず山本紳一郎氏に、神経制御の1つの要因として、反射の働きについて...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊トレーニングジャーナルのレビューを投稿する
2008年07月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
385円
2024年02月20日発売号から購読開始号が選べます。

月刊トレーニングジャーナル 2008年8月号 (発売日2008年07月10日) の目次

【特集】基本となる姿勢を見る、つくる
スポーツ中のさまざまな動作で、基本となるものは決まってくる。なぜそうなのか、改めて考えてみた。まず山本紳一郎氏に、神経制御の1つの要因として、反射の働きについてお聞きした。スポーツの現場的な観点からは、アスレティックトレーナーの原賢二氏、そして理学療法士の小泉圭介氏に、姿勢を見る際にどのような点に気をつけているかをお聞きした。空手における姿勢づくりについては渡邊直行氏へインタビュー。最後に平島雅也氏には、動作中の姿勢の変化が及ぼす影響について、瞬間的作用と蓄積的作用の2つを解説していただいた。

1.反射も目的に応じて制御される――姿勢を考える基礎として
山本紳一郎・芝浦工業大学システム工学部生命科学科准教授

2.その人の状態が姿勢に出る――問題点を推察する手がかり
原 賢二・久留米大学経済学部講師、筑波大学大学院博士課程在籍中

3.姿勢を見て偏りを考える――競技に由来するバランスの悪さ
小泉圭介・国立スポーツ科学センタースポーツ医学研究部、理学療法士

4.瞬間的作用と蓄積的作用が動作に影響する――姿勢自体が動作に及ぼすもの
平島雅也・日本学術振興会特別研究員、東京大学大学院 教育学研究科

5.極意はすべて基本にある――空手における基本姿勢
渡邊直行・空手技術研究塾塾長


【主な連載】
●クイックリフトを活用しよう――2
「パフォーマンス改善に向けたトレーニングの基本的な姿勢と動作」
下嶽進一郎・日本体育大学スポーツトレーニングセンター
槇野陽介・日本体育大学スポーツトレーニングセンター

●データで見るプロ野球選手の身体的特性――9
「日本人プロ野球選手の優秀選手と一般選手の年齢と体格の推移(1950~2007)」
中山悌一・立命館大学客員研究員

●トレーニングプログラムを考える――14
「ケガ人への対応について(1)」
小平健太郎・東京工業大学アメリカンフットボール部ストレングスコーチ
西村 忍・慶應義塾大学体育研究所助教、PhD、ATC、CSCS
岡田 隆・了徳寺大学健康科学部整復医療・トレーナー学科助教、理学療法士、日体協AT、CSCS、JATI-ATI

●メールで語る井戸端会議――子育てと仕事――6
「2人目の決断、悲しい現実」
桜井静香・パーソナルトレーナー、健康運動指導士
伊藤句里子・アスレティックトレーナー

●共鳴できるコンディショニングプログラムづくり――17
「いかに最適なトレーニングを提案するか――トレーニングプログラムの作成」
南川哲人・立命館大学ストレングス&コンディショニングコーチ、日本トレーニング指導者協会(JATI)近畿支部スタッフ、JATI認定トレーニング指導者

●映像分析から考えるトレーニングメニュー――2
「映像計測による「見える化」――測ることで見えてくるもの」
村田祐造・NPO法人日本eコーチング協会副理事長
宮崎善幸・NPO法人日本eコーチング協会顧問、東京YMCA社会体育・保育専門学校アスレティックトレーナーコース主任講師

●海外スポーツ医科学情報――カナダ・トロントからの便り(1)――26
「トロントは人種のるつぼ」
政二 慶・トロントリハビリテーションセンター(カナダ)研究員

【投稿】
「有志チームでスポーツ外傷予防プロジェクト」
大見頼一・日本鋼管病院リハビリテーション科、理学療法士

【その他の連載】
●Progressing WORLD 競技力向上のスポーツ情報戦略/JISSスポーツ情報研究部
●ある一日/「個」の力を1つに
●ON THE SPOT/現場から
●話題の新刊/書評:板井美浩・自治医科大学医学部保健体育研究室准教授
●人物ファイル/八木茂典、村田祐造

【TJ FORUM】
TJNN:Training Journal News Network
HD BOOK INFO/小社出版情報
SEMINAR CALENDAR/セミナー案内
FROM EDITORS/編集室から
定期購読のご案内

月刊トレーニングジャーナルの内容

安全に、効率よく、そして楽しく!スポーツをわかりやすく伝える専門誌
月刊「トレーニングジャーナル(Training Journal)」はスポーツ現場の人々を対象に、スポーツをわかりやすく伝えます。毎号特集のほか、トレーニングやコンディショニングの理論と実際、著名チーム・選手のトレーニングなどの情報、その他、スポーツ栄養、メンタルトレーニング、チームマネジメントなど、スポーツ現場で求められていることを実際的に紹介します。他にも、セミナーや新商品、書籍の紹介、HDセレクションズ(トレーニング用品などの通販コーナー)など、情報満載です。
おすすめの購読プラン

月刊トレーニングジャーナルの無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

月刊トレーニングジャーナルの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.