I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

つり丸 2019年10/1号 (発売日2019年09月14日)

マガジン・マガジン
巻頭第1特集 釣ってコーフン! 食べてナットク! 秋の王道ターゲット7 [金洲]泳がせ&五目 / [銭洲]カンパチ / [鹿島沖]夜ムラサキイカ / [相模湾]イナダ / [飯岡沖]テンヤマダイ / [片貝沖]LTヒラメ / [東...

つり丸 2019年10/1号 (発売日2019年09月14日)

マガジン・マガジン
巻頭第1特集 釣ってコーフン! 食べてナットク! 秋の王道ターゲット7 [金洲]泳がせ&五目 / [銭洲]カンパチ / [鹿島沖]夜ムラサキイカ / [相模湾]イナダ / [飯岡沖]テンヤマダイ / [片貝沖]LTヒラメ / [東...

ご注文はこちら

2019年09月14日発売号単品
  • 売り切れ
この商品は現在休刊となっております。

つり丸 2019年10/1号 (発売日2019年09月14日) の目次

巻頭第1特集 釣ってコーフン! 食べてナットク! 秋の王道ターゲット7 [金洲]泳がせ&五目 / [銭洲]カンパチ / [鹿島沖]夜ムラサキイカ / [相模湾]イナダ / [飯岡沖]テンヤマダイ / [片貝沖]LTヒラメ / [東京湾]LTアジ(カラー)
チーム剛樹のUltimate Fishing
最前線のタックルコーディネート 東京湾・駿河湾 タチウオ
釣り具ショップスタッフの釣行レポート  旬を釣る 相模湾のキハダ・カツオ
巻頭第1特集 釣ってコーフン! 食べてナットク! 秋の王道ターゲット7 [金洲]泳がせ&五目 / [銭洲]カンパチ / [鹿島沖]夜ムラサキイカ / [相模湾]イナダ / [飯岡沖]テンヤマダイ / [片貝沖]LTヒラメ / [東京湾]LTアジ(モノクロ)
第2特集 波崎沖カンネコ根のアカムツ本格シーズン!! 超美味魚を手堅くゲットしよう!(モノクロ)
釣行レポート 東京湾のアマダイ 伊井泰洋
釣行レポート 相模湾のキハダ&カツオ 粕川 晃
釣行レポート 波崎沖のアカムツ 岡本光央
釣行レポート 相模湾のイナダ 安藤麻貴
釣行レポート 南房のオニカサゴ 芝 真也
釣行レポート 東京湾のタチウオ&アジ 丸岡直樹
針生秀一の「楽釣! 東北釣り天国」 Vol.230 大船渡越喜来湾の夜スルメイカ
チャーマスメモリー 北村秀行
間違い探し!
北本茂照のDREAMフィッシングWORLD 第8回 カンパチ(カラー)
第2特集 波崎沖カンネコ根のアカムツ本格シーズン!! 超美味魚を手堅くゲットしよう!(カラー)
鈴木新太郎の沖釣り新化形 第34回 外房・片貝沖のLTヒラメ
なおちんのトレインアングラー  井上直美
カラーレポート シーズン開幕! 東京湾のアマダイ 良型まじりで数釣り可能! 取材当日にシロアマダイも出ちゃった!!
船宿釣況 NEWS
新・地区別列島ニュース
北本茂照のDREAMフィッシングWORLD 第8回 カンパチ(モノクロ)
つり丸サロン
釣りのための海洋環境情報
タコボウズ寺沢のたこツボ
オフショアルアー ルアー情報局
オフショアルアー 横浜沖のクロダイゲーム
オフショアルアー 波崎沖のスーパーライトジギング
編集雑記
村越正海のひらめきフィッシング
新製品インフォメーション
イベントインフォメーション
カラーレポート 東京湾のタチウオとアジが狙える人気のリレー釣り!
カラーレポート 60㎏も出たー!!!!! 今期好調相模湾のキハダ・カツオ 熱い闘いはまだまだ続くぞ!
カラーレポート 8月の開幕から好調! 今なら水深浅く釣りやすい! 良型も多い南房・相浜沖のオニカサゴ
ルアーカラー  オフショアルアー 横浜沖のクロダイゲーム
ルアーカラー 波崎沖のスーパーライトジギング
ぼうずコンニャクの寿司コレ【スシネタコレクション】
釣り人御用達店が教えるとっておき!!カンタン釣魚料理 第123回 DINING BAR「Sand fish」
帰ってきた! つり丸劇場

つり丸の内容

「楽しく釣って美味しく食べる」沖釣り専門誌
沖釣りは釣りの楽しさと同時に、釣り人しか味わえない新鮮でとびきり美味しい魚を料理できる喜びがあります。「つり丸」はこの釣る楽しさと、魚を食べる喜びの両方を追求しています。だから「楽しく釣って美味しく食べる」が「つり丸」のモットーなのです。

つり丸の無料サンプル

2021年12/15号 (2021年12月01日発売)
2021年12/15号 (2021年12月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

つり丸 2019年10/1号(2019-09-14発売) の特集を少しご紹介

釣ってコーフン! 食べてナットク! 秋の王道ターゲット7
P.28~P.49
今期の金洲はカツオ・キハダの海 大物釣りの聖地で知られる銭洲同様、金になる瀬という意味で名付けられた、御前崎沖に位置する瀬、金洲。遊漁では銭洲と同じく4月~12月まで解禁だ。銭洲と異なるのは、陸から近いということ。静岡県内の遊漁船なら釣りが可能なポイントだ。大場所といえども、その近さゆえのデメリットもある。それはプレッシャーが入りやすいということ。つまり魚がスレやすいということだ。そんな金洲は今期、カツオとキハダに湧いた。この魚たちは、なんと冬場から回遊しており、現在にいたるという。コマセ釣りでは、5月から釣れ盛っている。「カツオが例年以上に金洲の瀬に居つきましたね。毎年こんな感じになっていくのでしょうかね。そんなこともあり、環境がよくなったのか条件が整っていたのか、金洲の五目ポイントには8月になるとムロアジが湧きました。このことはカツオを狙っているときに分かりました。
波崎沖カンネコ根のアカムツ本格シーズン!!
超美味魚を手堅くゲットしよう!
P.50~P.53
アカムツ釣りの聖地ここから広まった 現在、アカムツ釣りは全国的な広がりを見せていて、続々とポイントが開拓されており、今後さらにメジャーな釣りものとして成長していくことが予想される。「今はすごい勢いでいろんなところに広まっていますね。一昔前にはアカムツのことを『幻の魚』と呼んでいましたが、今はすっかりメジャーになって普通に釣れる魚になりました。これは、カンネコの釣り方が確立したことが大きいですね。ここでアカムツはどうやって釣るか、ということがわかりいろんなところに広まっていきました。つまり、アカムツ釣りはここから始まったといってもいい場所なのです」こう話すのは、ディープマスター・岡本光央さんだ。「カンネコ」とは波崎沖航程50分ほどのポイントで、カンネコ根と呼ぶ根を指す。ここは水深110~130mほどのなだらかな場所で、小さい根の周辺には砂地が広がる。
シーズン開幕! 東京湾のアマダイ
良型まじりで数釣り可能! 取材当日にシロアマダイも出ちゃった!!
P.88~P.89
東京湾口のアマダイがシーズンインした。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50?を越える特大サイズが3本出た日も。アマダイの釣り場は剣崎沖。ひとくちに剣崎沖といっても西沖から南沖とポイントは広範囲に渡る。現在の水深は80m~100m。臼井美喜男船長は風向きと潮向きを読みながら、丁寧に船を流し、アマダイが固まっている場所を探っていく。外道や小型アマダイにまじって、いつジャンボアマダイが食ってくるかわからないのがこの釣り。エサ取りが多いときもあるが、めげずに仕掛けを入れ替え、エサをこまめにチェックすることが好釣果につながる。取材日には珍しいシロアマダイも顔を出し、30?前後を中心にトップで6匹の好釣果だった。オニカサゴ、カンコ、トラギス、ムシガレイなど外道も多彩にまじるのがこの釣りの楽しいところだ。

つり丸の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

つり丸の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.