※最新号の表紙とは限りません

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー

ダイヤモンド社
限定特別プレゼント付!
経営幹部必読の総合マネジメント誌
全米で29万人が読むマネジメント誌の最高峰。米国ハーバードビジネスレビュー誌と全面提携した日本で唯一の総合マネジメント誌。ビジネスの変化とマネジメントの未来をリアルに解説するダイナミックな記事は、経営幹部から若手ビジネスパーソンに至るまで圧倒的な支持を得ています。2000年10月より月刊誌として新創刊。戦略から実務まで、ビジネスリーダーが知りたい情報を掲載。毎号オピニオン・リーダーから発信される鋭い提言・解説が好評。米ハーバードビジネスレビュー誌と全面提携。中心読者層は30代から50代の企業マネジャークラス。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの
定期購読 雑誌・電子書籍(デジタル版)

おすすめの購読プラン
すべての購読プラン
初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューのレビューを投稿する
  • 紙版
  • 20,600円(税込)
    17%
    OFF
    1冊あたり1,717円
  • 定期購読のプレゼント
    • ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文の詳細
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      世界中のエグゼクティブが注目し、経営学者に引用されてきた世界最古のマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」。その100年近い歴史の中で時代を超えて支持されてきた「不朽の論文」10本を、HBR編集部が選定。マネジメントを志す人、学ぶ人、必読の最重要論文を1冊にまとめた。
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • 最初の号のお届けには1週間程お時間を頂戴しております。
  • 紙版
  • 25,600円(税込)
    1冊あたり2,133円
  • 定期購読のプレゼント
    • ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文の詳細
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      世界中のエグゼクティブが注目し、経営学者に引用されてきた世界最古のマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」。その100年近い歴史の中で時代を超えて支持されてきた「不朽の論文」10本を、HBR編集部が選定。マネジメントを志す人、学ぶ人、必読の最重要論文を1冊にまとめた。
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • 最初の号のお届けには1週間程お時間を頂戴しております。
  • 紙版
  • 49,400円(税込)
    33%
    OFF
    1冊あたり1,372円
  • 定期購読のプレゼント
    • ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文の詳細
      ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
      世界中のエグゼクティブが注目し、経営学者に引用されてきた世界最古のマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」。その100年近い歴史の中で時代を超えて支持されてきた「不朽の論文」10本を、HBR編集部が選定。マネジメントを志す人、学ぶ人、必読の最重要論文を1冊にまとめた。
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • 最初の号のお届けには1週間程お時間を頂戴しております。
  • 紙版
  • 毎号価格
    最新号は2,060円(税込)
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 最初の号のお届けには1週間程お時間を頂戴しております。
  • 紙版
  • 12,360円(税込)
    1冊あたり2,060円
  • ◆ 送料:
    無料
  • ◆ 注意事項
    • 最初の号のお届けには1週間程お時間を頂戴しております。
  • デジタル版
  • 毎号価格
    最新号は2,060円(税込)
  • ◆ 月額払いとは?
    • 毎号、停止の依頼があるまでお送りします。
    • お支払いは、毎月自動引き落としとなります。
    • 詳しくはこちら
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 11,000円(税込)
    11%
    OFF
    1冊あたり1,833円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 20,600円(税込)
    17%
    OFF
    1冊あたり1,717円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 39,000円(税込)
    21%
    OFF
    1冊あたり1,625円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。
  • デジタル版
  • 49,400円(税込)
    33%
    OFF
    1冊あたり1,372円
  • ◆ 注意事項
    • 対応端末: PC・iOS・Android
    • 海外にお住まいのお客様は中途解約できません。
    • プリント版と発売日が異なる場合がございます。
    • デジタル版では、著作権等の関係で一部掲載していない記事や写真がある場合がございます。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの商品詳細

  • 出版社名:ダイヤモンド社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月10日
  • サイズ:A4変型判
  • 1冊定価:[紙版]2,060円 [デジタル版]2,060円
経営幹部必読の総合マネジメント誌
全米で29万人が読むマネジメント誌の最高峰。米国ハーバードビジネスレビュー誌と全面提携した日本で唯一の総合マネジメント誌。ビジネスの変化とマネジメントの未来をリアルに解説するダイナミックな記事は、経営幹部から若手ビジネスパーソンに至るまで圧倒的な支持を得ています。2000年10月より月刊誌として新創刊。戦略から実務まで、ビジネスリーダーが知りたい情報を掲載。毎号オピニオン・リーダーから発信される鋭い提言・解説が好評。米ハーバードビジネスレビュー誌と全面提携。中心読者層は30代から50代の企業マネジャークラス。

DHBR論文セレクションとは

※3年定期購読は利用が無料です。


1993年以降に本誌に掲載された『Harvard Business Review』の全論文、 さらには、2007年以降の日本版オリジナル論文の中から厳選した作品をお届けいたし ます。 時代を超えて読み継がれる名著の数々、ぜひお楽しみください。 *サービスのご利用は出版社サイト(http://dw.diamond.ne.jp/)にて、 送付する本誌の宛名ラベルの8桁の読者番号使って申し込みが必要です。

詳細はこちらから http://www.dhbr.net/list/selection

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2019年10月号 (2019年09月10日発売) の目次

2019年 10月号
CONTENTS
目次


特集
戦略採用

エージェントやアルゴリズムに依存するな
間違いだらけの人材採用
ペンシルバニア大学 ウォートンスクール 教授 ピーター・キャペリ

シリコンバレーとの人材獲得競争に勝つ
ゴールドマン・サックスは
なぜ面接手法を変えたのか
ゴールドマン・サックス 人事部門グローバルヘッド デーン E. ホームズ

総務、財務、人事、営業……
職能部門も明確な戦略を持つべきである
トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 名誉教授 ロジャー L. マーティン
トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 非常勤教授 ジェニファー・リール

あらゆるプロセスをデータで検証
ソフトバンクの採用は変わり続ける
ソフトバンク 人事本部 副本部長 兼 採用・人材開発統括部長 源田泰之

ミッションやバリューを発信し、浸透させる
メルカリが挑む
世界中の多様な人材が活躍できる組織づくり
メルカリ 執行役員CHRO 木下達夫


HBR翻訳論文

人材育成
批判も称賛も成長にはつながらない
フィードバックの誤謬
ADPリサーチ・インスティテュート 人材・パフォーマンス部門長
マーカス・バッキンガム
シスコシステムズ シニアバイスプレジデント
アシュリー・グドール

サステナビリティ
ブラックロック、バンガード、GPIF……
世界の資産運用会社やアセットオーナーを調査
機関投資家が
ESG投資を最重要視する理由
オックスフォード大学 サイード・ビジネススクール 客員教授
ロバート G. エクルス
世界銀行 業務政策局 ファイナンシャルマネジメント首席専門家
スベトラーナ・クリメンコ

企業と経済
景気後退期の企業分析から学ぶ
不況期に生き延びるために
企業は何をすべきか
HBR.org 編集次長
ウォルター・フリック

NGO
NGOへの大きな教訓
国連機関にリスク管理と
コスト意識を持ち込む
UNOPS(国連プロジェクトサービス機関) 事務局長
グレテ・ファレモ

キャリア
豊富な経験や知識は時としてマイナスにもなる
あなたは「専門性の罠」に陥っていないか
ダートマス大学 タックスクール・オブ・ビジネス 教授
シドニー・フィンケルシュタイン


Idea Watch

企業の顔が
スキャンダルにまみれた時
『ハーバード・ビジネス・レビュー』/編

アイデアの売り込みには
言葉より身振りが効く
エラスムス大学 ロッテルダムスクール・オブ・マネジメント 教授
ヨープ・コーネリッセン


EI[Emotional Intelligence]

デジタルツールを駆使した
メンタルヘルス管理
マサチューセッツ工科大学 スローンスクール デジタルビジネスセンター 研究員
マイケル・シュレーグ


Life’s Work

CAA 創業者
マイケル・オービッツ

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2019年8月号(2019-07-10発売) の特集を少しご紹介

MOON SHOT
大いなる挑戦が人を動かす
P.28~P.82
多くの企業がイノベーションを希求しながら、その実、漸進的思考から抜け出せずにいる。なぜ、もっと大きく有意義な考え方ができないのだろうか。ジョンF.ケネディ米大統領が提唱し、計画から10年足らずで実現した人類の月面着陸プロジェクト「ムーンショット」から半世紀。今日のR&Dや企業経営にこそ、大いなる挑戦が求められている。グーグルが認めた連続起業家が説く ムーンショット経営で世界を変える ジョンF.ケネディ米大統領が提唱し、計画から10年足らずで実現した人類の月面着陸プロジェクト「ムーンショット」。その言葉が半世紀を経て、今日のR&Dや企業経営において大きな影響を与えている。それも、グーグルのように、実現不可能と見られる地球規模の課題解決を目指すことが競争優位を築くことになるとわかったからだ。なぜ、いま経営にムーンショットの考え方が必要なのか。
ネットワークの特性をどう操るか プラットフォームが成功する理由失敗する理由
P.16~P.27
中国の滴滴出行は2016年に世界最大のライドシェア企業となり、ウーバーとの競争にも勝ち抜いた。しかし、その後も別のライバル企業の参入は続き、圧倒的な規模を誇るにもかかわらず、競争に決着をつけられないでいる。フェイスブックやアリババなど、成功を収めているプラットフォームがある一方で、苦戦を強いられるプラットフォームがあるのはなぜか。筆者たちは、こうしたデジタルネットワークのビジネスでは、その競争優位はプラットフォームとネットワーク間の相互作用にかかっており、ネットワークの特性をうまく使いこなした企業が勝つと言う。本稿ではこの5つの特性を解説し、勝利の条件を探る。滴滴出行はなぜ苦戦を強いられているのか  2016年、滴ディディチューシン滴出行は世界最大のライドシェア(相乗り)企業となった。
前提を疑い、制約を逆手に取る戦略の策定には創造的発想が欠かせない
P.92~P.102
既存の戦略論は、事業環境を理解することには役立つが、それを変える方法を示すことはない。状況をブレークスルーする戦略の構築には、創造的発想が必要である。それはただ待っていても、生まれない。本稿では、そのための4つの方策について考察する。すなわち、?対比に基づく方策、?組み合わせに基づく方策、?制約に基づく方策、?環境に基づく方策、である。戦略論が万能でなくなった今日、これらの方策を活用して、いろいろな可能性を探っていくことが求められている。ブレークスルー戦略を構築するための4つの方策 ビジネススクールの学生たちは往々にして、戦略論の講義にフラストレーションを感じるようである。教わる内容と教わりたい内容に隔たりがあるのだ。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2019年7月号(2019-06-10発売) の特集を少しご紹介

なぜイノベーションを生み出し続ける企業は組織文化を大切にするのか
P.20~P.73
時代に合った新規事業を創出する、事業転換を図る……イノベーションを促し、変革に成功し続けている企業の多くは、組織文化や企業風土を重視している。一般的には、自由闊達に創造性を刺激する工夫こそがイノベーションの肝だと思われがちだが、実はそれだけに限らない。組織の官僚化をいかに防ぎ、活力を保ち続けるか、その要点に迫る。失敗は許すが、能力不足は許さない 創造的な組織は逆説に満ちている イノベーションを促す革新的文化は、経営者や従業員を問わず、企業人万人から支持される。しかし、この文化を創造し維持するには、5つの厳格さが不可欠である。第1に、失敗を許容するには能力不足を受け入れてはならない。第2に、実験に積極的であるためには厳格な規律が欠かせない。第3に、心理的安全性を保つには歯に衣着せぬ物言いを快く受け入れなくてはならない。第4に、うまく協働するには各人が責任意識を持たなければいけない。
「人単合一」手法の7つのポイント ハイアール:組織の官僚化を打破する仕組み
P.74~P.88
企業の官僚主義に対し、多くの人がその弊害に気づきながら、避けようのないものだと考えている。複雑な国際環境や規制環境を乗り切るためには取り入れざるをえない、と言う人もいる。この幅を利かせる官僚主義を打ち破る組織モデルが、世界最大の家電メーカー、ハイアールに登場した。CEOの張チャン・ルエミン瑞敏は官僚的体質を競争上の足かせと見なし、この10年で従業員が顧客にじかに責任を負って熱心な起業家のように振る舞い、ユーザー、発明者、事業パートナーで構成する開放的なエコシステムをつくり上げてきた。同社で「人単合一」と呼ばれるこの事業のやり方について、7つのポイントから論じる。ハイアールを成功に導いたマネジメント手法とは何か  官僚主義は評判が芳しくない。ウォルマートのCEO、ダグ・マクミリオンは「諸悪の根源」と呼んでいる。
水平方向の関係性がイノベーションにつながる組織の境界を超え協働を促すリーダーシップ
P.90~P.101
組織で優先されがちなのは上司と部下などのタテのつながりだが、イノベーションや事業開拓につながるのは日常的に関わる別部門との関わりなど、ヨコの関係である。しかし、組織の壁に阻まれ、なかなか水平方向の協働は進まない。社員は訓練により、組織全体を見渡して専門知識を持つ人材と結び付き、異なる考えの同僚とも協働できるようになるが、自分と異なる人を理解し、気持ちを通じさせることはなかなか難しい。本稿では、リーダーがこの課題克服を手助けする4つの方法を紹介している。水平方向の協働がイノベーションを生む 経営幹部の多くは、境界を超えた協働を促すには組織の壁を壊すことが重要だと理解しているが、その実現には手を焼いている。無理はない。実現は極めて難しいからだ。たとえば、職場での人間関係を考えてみるとよい。まず、自分の上司や部下とのタテの関係。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 2019年6月号(2019-05-10発売) の特集を少しご紹介

データドリブン経営
P.18~P.88
GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)が覇権を握り、世界中で既存市場のプレーヤーを脅かしている。彼らに対抗して企業が生き残るための必須条件が、データドリブン経営である。これは製造、営業、人事ほか、あらゆる業務の生産性を上げるものであり、新たな競争優位の源泉となる。1000兆円超の潜在価値を持つデータドリブン経営の本質 グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル(GAFA)などのテクノロジー企業が、名門企業や大企業を淘汰する事態が起きている。そうした中、企業が生き残るための必須条件とは何か。本稿ではそれが「データドリブン経営」であると指摘する。そこで、データドリブン経営とはそもそも何か、そしてどのようなインパクトをもたらすのかを業界や部門領域に分けて明らかにする。さらに、その導入に当たってぶつかるであろう4つの壁を示し、その壁を壊すステップを提示する。
イノベーションを実現する7つのステップ デザイン思考で創造的解決を導く方法
P.6~P.17
組織にはイノベーションの実現を妨げるさまざまな障壁がある。ことに「秀逸な解決策」「少ないリスクと変革コスト」「従業員の賛同」の3点において大きな問題が立ちふさがる。これらをクリアするための明確かつ確実なツールがデザイン思考である。7つのステップを繰り返していくことで、実用的なイノベーションが実現する。社会技術としてのデザイン思考  新しい仕事のやり方は時として目覚ましい改善につながる。たとえば1980年代に製造業界で広まったTQM(総合的品質管理)活動では、かんばん方式やQCサークルなどの手法と、「現場の作業員は、通常要求されているよりもはるかに高水準の仕事ができるだろう」という気づきが結び付いて、著しい改善を実現した。このように、手法と考察が一体となって業務プロセスに反映された場合、それは社会技術と見なすことができる。
満足度向上、離職率低下、収益改善を実現 Tモバイルは顧客対応の現場を知識労働に変えた
P.94~P.103
コールセンターの多くは、ヘッドセットをつけたオペレーターが並び、相次ぐ電話にマニュアル通り対応しながら、「処理時間」を最小限にしようとしている。この業務は、知識労働と見なされることは少なく、他の職種に比べ、離職率も高く、待遇もよいとはいえない。長年変革が見られなかったこの業務だが、近年、コールセンターに寄せられる問い合わせは複雑になり、オペレーターのストレスも高まっていた。そのような状況を受けて、カスタマーサービスの変革に着手したのが、Tモバイルである。本稿では、同社がどのように変革を成し遂げ、それが組織にどのような効果をもたらしたのか論じていく。コールセンターの新しいモデル 大企業を訪れると、カスタマーサービスの部門ほど、すぐにそれとわかるところはないだろう。

+   DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの目次配信サービス

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー定期購読のプレゼント

ハーバード・ビジネス・レビュー BEST10論文
対象購読プラン:1年・1年(論文セレクション付)・3年(論文セレクション付)
世界中のエグゼクティブが注目し、経営学者に引用されてきた世界最古のマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」。その100年近い歴史の中で時代を超えて支持されてきた「不朽の論文」10本を、HBR編集部が選定。マネジメントを志す人、学ぶ人、必読の最重要論文を1冊にまとめた。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.27
全てのレビュー:147件

レビュー投稿で500円割引!
ためになり良書
★★★★☆2019年09月11日 こうへい 会社員
毎号楽しみに拝読しております。日頃の業務にも活かせており大変な良書です。
定期購読へ
★★★★☆2019年09月01日 ゆじ 役員
毎月、本屋で購入していましたが今回から定期購読します。 いろんな雑誌を定期購読してきましたが内容が深く最新論文を早く読め、ビジネスにも私生活にも非常に役に立ちます。
学術と実践をつなげる重要な架け橋
★★★★☆2019年05月03日 janne da arc 部長
特集には少しむらがあるけど、個人の興味差もあるので、世界最高峰の知的集積と認識して完読しています。 一般論化、業務への応用力をつけている基礎力のありマネージャーには必読書でしょう。
良質の記事が読める
★★★★☆2019年04月20日 ぴぱ 会社員
毎回読むたびに考えさせられる記事が多く、読みごたえがあります。最新の経営・ビジネスの考え方を知りたい社会人の人は是非読むと良いと思います。
学識のアップデートに最適
★★★★★2019年04月12日 natchan 会社員
仕事をしていると理論武装が必要なシーンが多々ありますが、定期購読で毎月学識の補充ができる、自分の引き出しを常に最新にしておく意味で凄く役立ってます。
大変参考になります。
★★★★★2019年03月27日 しん 経営者
時代を先取りした内容で、経営者にとっては必須の愛読書です。
大変参考になります。
★★★★★2019年02月02日 しん 役員
時流を先取りした内容で大変参考になります。
定期購読にします!
★★★★☆2019年01月10日 dai 会社員
今までは興味のある記事が掲載されている時のみ購読していましたが、このたび定期購読にし、より色々なテーマについて学びたいと思います。
参考になる
★★★★★2018年12月28日 reader 部長
日常生活、日常業務では得られない知見やトレンドの情報に触れられます。
入山さんのシリーズに感謝
★★★★☆2018年10月29日 TOKO 教職員
入山准教授のシリーズは前例のないもので、日本の文献だけをみていても触れることのできない理論を数多く知ることができた。まことに価値のあるシリーズだった。
レビューをさらに表示

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューをFujisan.co.jpスタッフが紹介します

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューは経営幹部に適した総合マネジメント雑誌です。全米でも29万人が購読を行っているのが特徴の人気商品でマネジメント関係の雑誌の中でも最高クラスのクオリティを誇っています。DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューは米国のハーバードビジネスビューと連携して作り上げたもので日本では唯一の総合マネジメント雑誌として企業の方に人気です。刻々と変化するビジネスにおいて利用できるマネジメントテクニックやマネジメントの未来を解説してくれます。ターゲットは経営幹部クラスの方ですが若手ビジネスパーソンにも対応するのが特徴です。リーダーとして商売を行っている方なら誰もが知りたい情報を手に入れることができるため、企業の将来を見据えた経営をしたいときに活用できます。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューは毎号オピニオンリーダーからの提言や解説などが書かれています。大きな影響を及ぼす人物の貴重な発言を知ることができるため経営を楽にしたいならおすすめの雑誌です。2019年2月9日に発売されたDIAMONDハーバード・ビジネス・レビューには大手メーカーのCEOの話や組織作りをするためのノウハウなどが書かれています。またスタートアップに有効な戦略なども書かれているのでビジネスマンは注目です。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューのバックナンバー

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューを買った人はこんな雑誌も買っています!

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

%{{pickup_service}}% %{{app_download_link}}% %{{category_list}}%