I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

週刊東洋経済の読者レビュー

総合評価: ★★★★☆4.25
全てのレビュー:680件
★★★★★289件
★★★★☆280件
★★★☆☆104件
★★☆☆☆3件
★☆☆☆☆3件
全680件中 661 〜 675 件を表示
読み物として面白い
★★★★★ 2006年05月16日 ノルウェイ 会社員
今のトレンドをつかむには良い雑誌だと思います。四季報の先取りもあるので、参考になります。
就職活動には欠かせません。
★★★★★ 2006年04月16日 リクルーター 会社員
毎週さらっと見るだけで、世の中の流れがわかり、大変便利です。
堅実な
★★★★☆ 2006年03月27日 2 会社員
数ある経済誌の中で変に流行に乗らず、それでいて時代の流れに乗った内容であり、読みやすい。
役に立ちます。
★★★★☆ 2006年03月05日 yoshi 会社員
四季報でも裏づけがあるので、非常に信用があり、ビジネスの情報として非常に役に立ちます。
政治経済を読む
★★★★★ 2006年02月01日 ginga 会社員
毎日の新聞がなかなか読めず、電車の中でもなかなか新聞を開くことができないので、最近のトピックをまとめて読むつもりで購入しています。
読みやすい
★★★★★ 2005年12月11日 2年目社員 会社員
他紙と比べて広告が少なく、話の流れを折るような場所に配置されていることもありません。図表がうまく使われていて読みやすい。
私が東洋経済にした理由
★★★★☆ 2005年11月15日 けい 会社員
私は、就職活動の際に日経ビジネスとダイヤモンド、東洋経済のどれか定期購読しようと思って、結局東洋経済にしました。東洋経済は硬派で、どちらかといったら読者受けするイベント系の企画は多くないですが、一番知りたい経済の基礎について詳しく説明してあります。私は、その部分を評価して選びました。
どうしても
★★☆☆☆ 2005年11月01日 bv 会社員
週刊ダイヤモンドと比較しちゃう。記事が深いのはこっちかな。取材力ありって感じでいい。でもカタイ。
買って読むべし
★★★★☆ 2005年10月23日 創立110周年 会社員
最近まで立ち読みで済ましていましたが、何気に買って隅々まで読むと見過ごしていた内容が満載であることに気がつき、定期購読しようとこのサイトにきました。株の相場観を得るには最適の雑誌ではないでしょうか。
細かなデータに基づく記事
★★★☆☆ 2005年08月01日 johnny 大学生
他のビジネス雑誌に比べ、データが数字としてきちんと表示されているためわかりやすい。<br><br>内容では専門的な知識が必要になる記事もあるが、<br>グラフ等で見やすく工夫されている。<br><br>この一冊で経済の大まかな流れは理解できると思う。
読者投稿の採用確率が高い
★★★★★ 2005年07月23日 じる 課長
歴史あるこの雑誌のいいところはたくさんあるけど、実は毎号載っている読者投稿、2度投稿して22度とも採用された。独自の意見を明確に述べることがコツでしょうか。図書券3,000円いただきました。
マクロで総覧的な記事
★★★★☆ 2005年06月02日 DAIBOUCHOU 自営業
個人投資家として投資情報収集に購読しています。<br>マクロで総覧的な記事のため、ミクロに重視する私としては日経ビジネスに比べてあまり役立っていません。<br>100社の紹介よりも1社をミクロに深く突っ込んで欲しいと思う。100社の状況がどうかよりも、絶好調の1社がどう儲けているかが知りたいのです。<br>逆に経済を学問的に知りたい人には良いのではないかと思います。
忙しい社会人に必要な情報がここにはある。
★★★☆☆ 2005年05月21日 たっくん 会社員
私は、地方銀行の営業で毎日が忙しく、時間がなかなか取れないが、この雑誌に出ているニュースにひと通り目を通すだけでも、かなり価値のある情報は得られる。<br>仕事柄、幅広い情報が載っているので重宝する。また、新聞では気がつかないことも、これに取り上げられることで、理解できることが多い。<br>また、取引先との話題のネタやキッカケにもなるし、他業界にも詳しいと感心されることも。
株をするなら
★★★★☆ 2005年05月18日 tom 会社員
株を開始する前にこの雑誌で経済の勉強をしました。<br>いろんな視点で書いてあるので参考になりました。<br>内容も易しすぎず、難しすぎずで読みやすかったです。
読み続けよう
★★★☆☆ 2005年05月12日 まりこ 専門職
はっきり申し上げて・・・難易度高いです。 でも、よく読んでみると、なるほどと参考になることが、この私でさえあるのです。これは、すぐ捨てずに一年後に読み返してみた時、もっと発見があるのではと思えます。一年後じゃもう古い? 過去の予想と現在の比較は、経済においても興味深い事柄だと思うのですが・・・

週刊東洋経済の内容

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』
1895(明治28)に創刊され、情報量と分析力で定評のある「週刊東洋経済」は、溢れる情報の中から、世の中の事象を鋭く徹底的に深掘りし、豊富な図解で、わかりやすくお届けします。ビジネスの最先端で働く方にとって、悔いなき決断を下すために。「週刊東洋経済」は確かなサポートを提供し続けます。デジタルサービスもオプション料金なしで使い放題です。

週刊東洋経済の無料サンプル

2024年3月23日号 (2024年03月18日発売)
2024年3月23日号 (2024年03月18日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

週刊東洋経済の目次配信サービス

週刊東洋経済最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

週刊東洋経済定期購読のプレゼント

定期購読2大特典
対象購読プラン:1年(デジタルサービス付き)・3年(デジタルサービス付き)
【特典1】<バックナンバーが読み放題>バックナンバー1000冊分から検索して読める「デジタルコンテンツライブラリー」が使い放題!【特典2】<週刊東洋経済セミナー無料ご招待>専門家や東洋経済記者によるセミナーにもれなく参加できます。その他追加セミナーも随時ご案内!(過去のセミナー事例・ビジネスに生かす!「本物の価値を伝える」最強の話術セミナー・世界最高齢アプリ開発者 若宮正子さんと考える、これからの生き方・働き方・どう使う?『会社四季報 業界地図』徹底活用講座 ◆サービスをご利用頂く際には、出版社から届く荷物の宛名ラベルに書かれております【読者番号】が必要になります。
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

週刊東洋経済の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

週刊東洋経済の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.