送料無料でご自宅までお届けいたします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
経済界のレビューを投稿する

経済界の内容

主張する経済誌
「企業は人で決まる」という編集方針から、経営者の人物像に迫り、企業を分析する経済誌。昭和39年の創刊以来、多くの経営者やビジネスマンに価値ある情報を提供し続けてきました。時代を動かすキーマンの単独インタビュー、独自の観点で経済・社会事象を斬る巻頭特集、企業の最前線を追うニュースレポートなど、欠かせない情報が満載。現代の羅針盤として、必ずお役に立てます。
経済界の雑誌中吊り広告

経済界の商品情報

商品名
経済界
出版社
経済界
発行間隔
月刊
発売日
毎月22日
サイズ
A4
参考価格
850円

経済界の無料サンプル

2014年04月08日発売号
2014年04月08日発売号をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

経済界 2024年5月号 (発売日2024年03月22日) の目次

2024.5月号

「視点」 ハロルド・ジョージ・メイ(タカラトミー元社長)


特集 防衛産業の幕開け

「防衛産業=防衛力」で新時代を迎える日本

防衛費増額後の装備品調達は日本の国防力に直結するか
平井宏治(経済安全保障アナリスト、アシスト代表取締役)

日本の軍事力の欠点は兵器の生産・復帰能力
小泉 悠(東大先端科学技術研究センター准教授、軍事アナリスト

他国の軍需産業とは訳が違う日本特有の課題が山積
桜林美佐(防衛問題研究家

完成品の輸出は困難だがコンポーネントに商機あり
数多久遠(作家、軍事評論家)

防衛産業はビジネスチャンス 装備庁の改革で利益率は最大15%

日本のセキュリティ力が試される 迫る脅威に打つ手はあるのか

経済安全保障とサイバー攻撃 狙われやすい中小企業の防御法
松原実穂子(NTTチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジスト)

宇宙開発の歴史と安全保障の結びつき

次の安全保障は宇宙 世界に先駆けた日本の挑戦


総力特集 注目企業2024

孫 正義 (ソフトバンクグループ会長兼社長)

新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

藤田 晋(サイバーエージェント社長)

[挑戦と飛躍]
ユー・エス・イー/リンクジャパン/Logos&Pathos Consulting/フォービス/スピンホイスト/ツバメ・イータイムズ/MOYAI/エアークローゼット

[本質が事業の核をつくる]
ジャパンメディカルデバイス/シニアライフクリエイト/バイオ水素/ポケットサイン/DOTZ/ビスポーク/日本土地建物/アニスピホールディングス

[理念と実践の好循環]
SOKKIN/ハウスリンクマネジメント/Abalance/天昇電気工業/UPWARD/感謝/SiNCE/二期/JSOL

[経営力が現場力を養う]
皆人/日本ナレッジスペース/スカイマティクス/grasys/LTLファーマ/グローシップ・パートナーズ/日本化工機材/アリスタゴラ・アドバイザーズ/フューチャーブレーン

[改革の軌跡]
ゴーウェル/データコム/ティーツー・ラボラトリ/アイセ・グループ/NIPPON.JP/PE-BANK/クオルテック/ラフラインホールディングス/リファインバースグループ


レポート
万博開幕まであと1年 パビリオン建設は間に合うのか

イトーヨーカドー撤退跡地に続々出店するロピアの正体

AIが拓くエンタメの未来 価値を最大化させる方法は

ビジネスフェア中四国2024 地域経済の活性化に向けて


インタビュー
健康増進を組み込んだ商品が生保業界唯一無二である理由
高田幸徳(住友生命保険社長)

世界的インキメーカー新社長“特色”だらけの人生
池田尚志(DIC社長)

国際競争力を高める街づくり「次の渋谷」への道筋とは
西川弘典(東急不動産ホールディングス社長)

バブルから電機業界没落まで 島耕作とともに歩んだ40年
弘兼憲史(漫画家)

リクシル、ミスミから韓国エンタメ界に入った理由
ハン・ヒョンロック(HYBE JAPAN代表取締役兼CEO)


政知巡礼
「今の政治は、『予算や法律の手当はカネ次第』」
長妻 昭(衆議院議員、立憲民主党政務調査会長)


#熱盛エンタメ
是枝裕和監督が危惧する映画界の未来 このままでは衰退の道は逃れられない
是枝裕和(映画監督/action4cinema共同代表)


燦々トーク 黒字化は目の前の問題に一つ一つ取り組んだ結果です
藤﨑 忍(ドムドムフードサービス社長)


タイムレスエレガンス 麦野 豪
ゲスト 上野金太郎(メルセデス・ベンツ日本社長CEO)


数字で見るスポーツビジネス
久保田剛 パナソニック スポーツ社長CEO


連載
ニュースな言葉

大きな企業のはじめの一歩●ダイキン工業

これがわが社の分岐点●メンバーズ

米国ビジネス便り●長野美穂

グローバルレポート

米国●渡辺亮司

中国●福島香織

欧州●中空麻奈

中東●高橋和夫

文系ドクターの医療ニュース深読み●村中璃子

霞が関番記者レポート

もうひとつの永田町 議員連盟探訪●タクシー政策議員連盟

スポーツインサイドアウト●二宮清純

著者が語るホンのヒトトキ

経済界倶楽部2月例会

From EDITOR

経済界の目次配信サービス

経済界最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

経済界のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 3.50
  • 全てのレビュー: 8件
インドで国費待遇の異色の経営者
★★★★★2020年03月20日 Price 経営者
アイカワオフィスの相川圭子女史についての記事があった。京セラの稲盛和夫氏が推薦する「八正道」という本の著者であったので存じ上げていたが、活動されている内容が21世紀型というか、地球レベルでの実績といっても過言ではないものと思われ、普遍性の高い見識に敬意を抱いた。国連の経済社会理事会の会議場で主賓として基調講演をされたりしており、インドのモディ首相宅に招かれるなど、日本ではあまり知られていないが、瞑想の世界的な第一人者でもあり、その瞑想レベルは最早実質的な国連推薦ともいってよい感じでもあるようだ、経済合理性の価値基準を超えた見識からの発言は、仕事を超えて今後の私にとって大きな指針ともなりそうだ。かようなこともあり、今号においては、既存の枠にとらわれない幅広い経営者層を取材の上で紹介いただく雑誌の姿勢に、さすが誌名の通りの威風を感じた。
経営者の生の声
★★★☆☆2018年05月03日 Shide 経営者
月刊「経済界」は、まさにトップ経営者の生の声が掲載された真のビジネス誌だと思います。
濁流読みました。
★★★★☆2010年12月31日 ほ 会社員
具体的な会社の方針や社長のインタビューが読めるので非常に参考になります。濁流は、最近読みました。昔は知らないですが最近は、偏向記事は少ないように思えます。個人で読む分には勉強になってよいと思いますよ。
高杉良「濁流」を読んでから
★☆☆☆☆2009年12月17日 ぷにた 社長
この雑誌を読まれるとよろしいかと存じます。
「経済界」を読んで
★★★★☆2009年08月11日 koByn 自営業
業界のトップクラスの話を読んで、今後の進み方を考えるきっかけとなり、参考とさせていただきました。
実業としての理論実践に!
★★★★☆2009年06月16日 鰤 課長
巷には多くの経営学的な経営戦略理論や実践について書籍がありますが、それらをベースに読むと日々変化する経営環境において如何に判断し思考し実践しているか、経済情勢においてタイムリーな情報を得ることができました。
感激
★★★★☆2008年12月13日 ruuta55 経営者
かなりの情報が集約されていて分かり易い。
各界の動きを軽くフォローするには良い
★★★☆☆2007年11月24日 sou 大学院生
お手ごろな価格で、情報量もコンパクトにまとまっている雑誌です。他の経済誌と比べ、政界の動きと、個別企業の動きに特化している点が特徴的です。分析的な視点には乏しいものの、各界の動きを軽くフォローするための情報源としては良いと思います。

経済界の所属カテゴリ一覧

経済界の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.