ALBA(アルバトロスビュー) 発売日・バックナンバー

全329件中 1 〜 15 件を表示
750円
【特集企画】

プロゴルファーのオフを総力取材
女子プロがいま取り組む 悩み解消レッスン

オフに入り、来たるべき開幕に向けて精力的に練習を行っている女子プロたち。それぞれがテーマを掲げ、課題の克服に取り組んでいるが、どんな練習を行っているのか。今回は、そんな女子プロたちのオフを徹底取材。彼女たちの練習には、アマチュアの上達につながるヒントが隠されている。これを読めば、アナタの悩みを解消するきっかけになるはずだ。

【特集企画】

ツアープロが左右高低の打ち分け方を伝授
球を曲げたらゴルフはもっと楽しくなる!

真っすぐ打つことばかり考えないで、たまには思いっきり球を曲げてみよう!「左右や高低の打ち分けができると、がんがんピンを狙っていけるようになるし、ゴルフはもっと楽しくなります。それに、実は真っすぐ打つ方法も理解できるんですよ」というのはツアープロの木下裕太だ。木下流の球の打ち分け方を教えてもらおう。


特別インタビュー

「獲れるタイトルは全部獲る」
勝みなみ

2023年は米国で1年を戦った勝みなみ。CMEグローブランキングで74位となり、今季のシード権も獲得した。しかし、目標の優勝には届かなかった。果たして、今年の目標は? 昨年を振り返ってもらうとともに、新シーズンに向けての意気込みを語ってもらった。

【好評連載】

新・ギア総研
なぜトップ選手が次々最新『赤シャフト』に替えるのか?

最近のツアープロの使用シャフトをチェックすると、赤いコスメのモデルに移行する選手が増えている。『赤シャフト』といえば、先端が走るモデルが多いが、これまではボールをつかまえられないアマチュア向けのイメージが強かった。なぜ今、『赤シャフト』に移行するプロが増えているのだろう。

【情報特集】

木村彩子親娘に“子育て術”を学ぶ
マセラッティが買える大人に育てる!

ジュニア時代に全国大会で勝ったわけではないし、プロテストに落ちたときは「ゴルフをやめよう」と思い、時給1,000円~のアルバイトをした。そんな普通女子が今や、競争が激しい女子ツアーでシード選手となり優勝もして、イタリアの高級車「マセラティ」を自腹で買う大人に成長! いったいどう育てたんですか? どう育てられたんですか? 木村彩子親娘に話を聞いた。

【好評連載】

実際に試して、本音でおすすめ![モノクラ]
『レーザー距離計』機能で選ぶ? コスパを重視する?

ピンやハザードまでの正確な距離が測れる『レーザー距離計』は、もはやゴルファーの必須アイテム。そこで今回は、コスパ重視のエントリー機から機能豊富なハイエンド機まで、さまざまな『レーザー距離計』を用意。距離の測りやすさはもちろん、携帯性やコスパなど、多角的な視点で評価を行ったぞ。


Book in Book

写真のアルバ
[厳選]女子プロトーナメント写真

まもなく開幕を迎える国内女子ツアー。昨シーズンの激闘の模様を、まだ世に出ていない多数の未公開写真とともに振り返る。また、リクエストの多かった、今シーズンの全試合日程も掲載した。
【特集企画】

アプローチ・真相究明
バンスで地面を叩く!ダフリゼロの法則

アプローチはバンスを使って打つ!そんなアドバイスを受けたことがあるアマチュアは多いはず。でも、どうやって振ったらバンスを使えるのか、よく分からない。「そもそもアマチュアはインパクトイメージが間違っています。イメージを変えてバンスを使うコツが分かれば簡単なんです」と倉本昌弘。そこで今回はアプローチの名手たちを徹底取材。これを読めば、アナタもバンスを上手く使って正確なアプローチショットが打てるはずだ。


特別インタビュー

10代で4勝を挙げた若手有望株
櫻井心那

毎年のように有望株が登場する女子ツアーだが、2023年、最も注目を集めたのが平均飛距離3位258Yを誇る新世代の飛ばし屋・櫻井心那だ。プロ入りは21年で、22年はステップ・アップ・ツアーで史上初の5勝、23年はレギュラーで10代4勝と急成長を遂げた。そんな彼女に、ゴルフへの思い、将来の夢などを語ってもらった。


【特集企画】

最先端のスイング解析機で分かった
体重移動の[新]事実

昔から体重移動については「する」という意見もあれば、「しない」というレッスンもある。実際にはどういう体重移動が正しいのか?今回は最先端の足圧測定器を使って体重移動の真実を調べてみた。


【情報企画】

最近物忘れ激しくなっていませんか?
40代から始める認知症予防

「このゴルフ場、前にも来たことあった気がする……」「あのプロの名前、思い出せない」なんて、もの忘れ。年のせいと軽視していないだろうか。認知症の始まりはちょっとしたもの忘れで、兆候は40代から出始めるという。予兆をいち早くキャッチし、脳機能の活性化に効く習慣を取り入れていこう。


【好評連載】

新・ギア総研
ドライバー並みにぶっ飛ぶ『3W』はティショットの切り札!

左右OBの狭いホールなど、ドライバーを持つのが怖いと感じる場面は多々ある。そんなときに、しっかり飛距離が出て、曲がらないクラブがあればスコアメイクはグンと楽になるはず。そこでおすすめしたいのが、最新の『3W』だ。アマチュアにとってティショットの切り札といえるクラブに仕上がっているぞ。


【好評連載】

実際に試して、本音でおすすめ![モノクラ]
冬に手放せなくなる『ウォームグローブ』

冬の寒さはゴルフの大敵だ。体が動かなくなるばかりか、冷えてかじかんだ手でトップでも打とうものなら、強烈な痛みに見舞われることになる。そんなときに活用したいのが、高い保温機能を備えた『ウォームグローブ』。今回は、そのままボールを打てるタイプと保温に特化したミトンタイプの2つを調査したぞ。


Book in Book

銀のアルバ
飛んで曲がらない最新ドライバー図鑑

2024年の最新ドライバーは、テーラーメイドやキャロウェイをはじめ、最先端テクノロジーで“飛んで曲がらない”と話題のクラブが大集結。この中から自分にピッタリの1本を見つけて、自分史上最高の飛距離とスコアを目指そう!

【特集企画】
唱えるだけで効果アリ!
魔法の言葉「左に振る」で人生イチのつかまり

「左に振り抜く」というのは、なんとなく聞いたことがある言葉だが、改めて実践してみると、スイングを激変させる強いチカラがある。ボールが飛ばない、曲がると悩んでいるゴルファーは頭の中で「左に振る」と唱えてみよう。鋭い振り抜きで人生最高のつかまり球が手に入るぞ。


【特集企画】
真冬のアプローチ・状況別
打ち方にも衣替えが必要です!

昨年シニアデビューした増田伸洋は、ツアー1、2を争う飛距離の持ち主。シニアツアーではドライバーの飛距離が出る分、残り距離が短くなってウェッジを使用する場面が増えたそうだ。そんな増田に、冬ゴルフならではのアプローチの方法を教えてもらった。


特別インタビュー
超新星・杉浦悠太
物静かな青年は謙虚に野望を抱く

50回の記念大会となった2023年の「ダンロップフェニックス」。頂点に立ったのは、ブルックス・ケプカでも松山英樹でもなく、日大ゴルフ部4年生のアマチュア・杉浦悠太だった。優勝後、プロ宣言をした若手有望株に、試合のこと、そしてこれからの野望を語ってもらった。


【好評連載】
新・ギア総研
パターの『フェース面』結局何が違う?

精密なミーリングや樹脂を使ったインサートなど、パターの『フェース面』には工夫がいっぱいだ。最近ではAIがデザインしたモノも登場し、プロの使用者も増えるなど話題となっている。一体、『フェース面』によってパターはどう変わり、どう選ぶべきなのだろう。


【好評連載】
実際に試して、本音でおすすめ![モノクラ]
球を打つより「素振り棒」

形状や重さ、しなりなど、ゴルフに役立つ機能が詰め込まれた『素振り棒』は、1本は持っておきたいアイテムだ。特に寒~い冬では闇雲にボールを打つよりも、『素振り棒』を使った方が効率的に飛距離&精度アップすることができるぞ。


【情報企画】
パフォーマンスを上げる
ゴルフ飯の選び方

朝はコーヒーのみ。昼食はメニューも見ずに注文した「生ビールと炒飯大盛りラーメンセット」を空きっ腹にまかせてかきこんだりしてはいないだろうか。You are what to eat! あなたは、あなたが食べたものでできている! ゴルフもしかり。何をどう食べたかはプレーの良し悪しに表れる。パフォーマンスを上げる「ゴルフ飯」をスポーツ栄養士の土屋麻佑さんに教えてもらった。


Book in Book
金のアルバ
驚異の新理論 パワーコネクティング

今、野球やバスケットボールなどあらゆるスポーツ分野で話題の新理論パワーコネクティング。それをゴルフに応用したコーチがいるということで、ショートゲームに悩む元サッカー日本代表の福西崇史に体験してもらった。
【特集企画】
成否が決まるスイングの肝
魔の瞬間「切り返し」なぜミスるのか?

練習ではスムーズに打てていたのに、コースに立つと切り返しでリキんでスライス……。アマチュアにとって“魔の瞬間”ともいえる切り返しのミスをなくすには、どうすればいいのか。そこで、今回は櫻井心那、清本美波ら旬なプロにスムーズに切り返せる極意を徹底取材。これでアナタもナイスショット連発間違いなし。


新春特別インタビュー
プロテストトップ合格 話題の女子高生プロ
清本美波

今年のプロテストで、NEWヒロインが誕生した。その名は、清本美波。馬場咲希を始め、注目選手が数多くいる中、初日からトップに躍り出て、最終的には2位に5打差でトップ合格を果たした。見た目は小柄で愛くるしい清本。その素顔に迫った。


【特集企画】
冬でもベストスコアが狙える
ラウンド前の準備メニュー

冬は飛距離も落ちるし、いいスコアが出ない。ベストスコアを狙える季節ではないが、市原建彦は冬でも準備次第でベストスコアを狙えると語る。


【情報企画】
冬ゴルフの突然死はアナタにも起こり得る
仮面高血圧を見逃すな!

血圧が正常値であったり、薬で下げられていると思っている人の中にも、実は危険なほど血圧が高い「仮面高血圧」の人が数多く存在するという。冬の朝、ゴルフ場で突然バタン……なんてことにならないよう、コントロールする方法を知っておこう。


【好評連載】
新・ギア総研
ダフリに強いSWのソール大研究

芝が薄く、地面が硬くなる冬はアプローチのダフリが怖くなる季節。そこで今回は、ダフリに強いソールを持つSWについて徹底研究。ソールの見るべき箇所やモデル選びのポイントについて解説していく。


【好評連載】
必要なクラブが超おトクにそろう[モノクラ]
履いてビックリ「高機能ソックス」

足の動きをサポートし、疲労を軽減する効果も期待できる『高機能ソックス』が気になるゴルファーは多いだろう。今回は、さまざまな機能を持ったソックスを集めて、スイングのしやすさなど、ゴルファー目線で性能を評価してみた。


Book in Book
銀のアルバ
190ヤード“やさしく打てる”[最新]クラブカタログ

距離のあるミドルホールで意外と遭遇する残り190ヤード。確実にグリーンに届かせて何とかパーをゲットしたい。そこで、誰もがやさしくグリーンを狙えるクラブを紹介。この中からイメージ通りの弾道で190ヤードが打てる自分にピッタリの1本を見つけよう。
【特集企画】

ミスの原因を一掃しよう
ダウンスイングを整える

「スライスが直らない!」「チーピンが止まらない!」など球筋が不安定なアマチュアは、ダウンスイングに一番の原因がある。「ダウンの軌道が正しければ、球筋は安定します」と語るのは菅沼菜々。まずは、自分が正しい軌道で振り下ろせているかをチェックしてみよう。その上で、トッププロが本誌だけに教えてくれたプレーンに下ろす極意を読めば、あなたのスイングは劇的に変わるはずだ。

【特集企画】

怖がっていたら入らない!
下りのパットをビビらずに打つ!

上りのパットはしっかり打てるため、割とカップインしやすい。ところが下りのパットはオーバーしそうで怖いからインパクトで緩んだり、そーっと当てにいってラインを外してしまうことが多い。苦手な下りのパットを克服する秘訣をパットの名手、藤田寛之に教えてもらった。

【特集企画】

スリクソンZ-STARが女子ツアー38戦19勝!
ツアーギアトピックス 2023

日米男女ツアーで話題となったギアを一挙に振り返る、「ツアーギアトピックス2023」。まずは国内女子ツアーで2年連続の年間女王に輝いた山下美夢有のギアを見ると、スリクソンのクラブだけでなく、ボールが凄かった!

【好評連載】

必要なクラブが超おトクにそろう[モノクラ]
今ドキの「クラブセット」は掘り出しモノだらけ!

ドライバーからパターまでラウンドに必要なクラブがキャディバッグと共に購入できる「クラブセット」。専用に設計されたモデルや過去の名器など、コスパ抜群の掘り出しモノがそろっていたぞ。


特別インタビュー

蛭田みな美
エリートのどん底……そして歓喜
アマチュア時代に日本タイトルを総なめにしたゴルファーが、今シーズン、ついに初優勝を遂げた。彼女の名は蛭田みな美。苦節8年。意気揚々とプロ入りした彼女に何があったのか?また、彼女を襲った数々の困難をどうやって克服してきたのか。初優勝までの道のりを、彼女自身に語ってもらった。


Book in Book

銀のアルバ
[最新]つかまるドライバーラインキング

ゴルファー憧れの風に負けないドローボールが打てる“つかまるドライバー”。最新30本の中から球をつかまえるのが苦手な重度のスライサーはもちろん、パワーアスリートが自分にピッタリの球で飛ばせる最高の1本を見つけよう!
【特集企画】
センスは不要!
技術でネジ込むパッティング
プロのようにミドルパットを1パットで沈めれば、スコアメイクは断然楽になる。「パットはセンスでなく技術。しっかりした技術が身に付けば誰でも上手くなれます」とパットの名手・片岡尚之は語る。今回は、片岡以外にもパットの苦手意識を克服して初優勝した蛭田みな美、パット専門コーチとして活躍する橋本真和らに上達の秘訣を徹底取材。これを読めば、アナタのパット技術も格段に向上するはずだ。

【特集企画】
乗りそうだけど意外と乗らない距離
残り120ヤードから絶対に乗せる〈狙い方〉と〈打ち方〉
150ヤードは難しくても、残り120ヤードはグリーンに乗せたい。でも意外にこの距離が乗らない。シニアツアーで賞金王にもなった篠崎紀夫に話を聞くと、打ち方だけではなく、狙い方が大切だと教えてくれた。

【新連載】
実際に試して、本音でおすすめ![モノクラ]
スコアアップできる最強パターマットを探せ!
温かい室内で、じっくり練習できる『パターマット』は、上昇志向の強いゴルファーなら1つは持っておきたいアイテムだ。そこで今回は、さまざまな製品を集め、コロがるスピードや質、練習効果を厳しくチェック。スコアアップできる『パターマット』を探してみた。

【好評連載】
新・ギア総研
プロみたいな弾道が打てる『複合アスリートアイアン』は買わなきゃ損!
さまざまな素材を使用し、ヘッド構造を工夫することで、シャープな見た目のまま性能を高めた『複合アスリートアイアン』。最新モデルを調査すると、飛びや寛容性に加えて、打感などフィーリング性能も高いレベルにあるモノが増えていた。あらゆるゴルファーがメリットを感じられるアイアンに仕上がっているぞ。

【情報企画】
世界基準のアスリートたちも実践中
“肺活”でゴルフ寿命を延ばす!
トップアスリートたちが「肺活」を取り入れている。肺の機能を高めることで持久力、集中力、パフォーマンスを上げるトレーニング法だが、お金も時間もかからず誰にでもできて劇的な効果があるという。そこで肺活の理論と方法をご紹介。肺を鍛えて健康な体を作り、パフォーマンスを上げていつまでもゴルフを楽しもう。

【別冊付録】
女子プロカレンダー
【特集企画】
なんでそんなに飛ぶの?どうして曲がらない?
やっぱり女子プロみたいに振りたい!
キレイなフォームで飛ばし、そして曲げない女子プロのスイングはアマチュアにとって憧れの的。そこで今回は、今季活躍したトッププロたちのスイングを集めて徹底分析。青木瀬令奈のコーチ大西翔太に取材して、スイングのキモや真似すべきポイントをじっくり解説していくぞ。

【特集企画】
最悪の空振りだけは避けよう!
難ライからは1打でピンチ脱出!
ミスをしてボールは難しいライに。こんなとき残りの距離でクラブを選択し、フルスイングすると大ダフリやゴロ、時には空振りなんていう最悪の結果になってしまうこともある。上手なリカバリーのコツを教えてもらおう!

【好評連載】
新・ギア総研
なぜマレットパターは『ネック』の種類がめちゃくちゃ多い?
新たに三角ネックの追加モデルがリリースされるなど、マレットパターに組み合わせられる『ネック』の種類はとにかく多い。なぜここまでたくさんの種類があるのか。そしてどう自分に合ったモデルを選べばいいのか。『ネック』を中心に考えてみた。

【新連載】
実際に試して、本音でおすすめ![モノクラ]
ゴルフパンツは伸びるが勝ち!
体にフィットし、スイングを妨げないように伸びる『ストレッチパンツ』。でも、伸び方はモデルによってさまざま。今回は冬に履きたい『ストレッチパンツ』を厳選し、生地の伸縮性や冬にうれしい保温力を加味してベストバイを決めたぞ。

【情報企画】
源泉かけ流し風呂のあるゴルフ場
いい湯だな♪
今年は11月に入っても夏日になるところがあり、つい先日まで半袖一枚でラウンドしていた。だが、暦はすでに霜月。温泉にゆっくり浸かりたい季節になってきた。そこで源泉かけ流しのお風呂のあるゴルフ場を紹介する。ラウンドと温泉、ふたつの楽しみを味わってほしい。

【特別企画】
アダム・スコットに聞いた10のこと
今年も日本オープンに参戦したアダム・スコット。結果は、65位タイと振るわなかったが、試合前にはユニクロが取り組む次世代育成イベント「フューチャー・ゴルファーズ・セミナー」を開催。イベント開催への思い、自身のゴルフについて、話を聞いた。

【Book in Book】
金のアルバ
元気に楽しくゴルフができる18の習慣
50・60歳はもちろん、70・80歳まで元気にゴルフを楽しむためにはどうすればいいのか?今回は3人のクラチャン、アンチエイジング研究の第一人者、ゴルフボディの専門家に長くゴルフライフを楽しめる習慣を教えてもらった。
【特集企画】
これで方向性も飛距離もバッチリ!
今こそ腕と体の同調スイング!
「腕と体を同調させて振る」とはよく言われるスイングのセオリー。分かっちゃいるけど、手先でコネて引っかけたり左ヒジが引けてスライスしたり……。どうしたら、プロのように同調したスイングができるのか? 今回は絶好調女子プロ2人にそのコツを徹底取材。本誌だけに明かしてくれた彼女たちの「腕と体を同調させて振る」極意をじっくり紹介しよう。

【巻頭企画】
あの娘に会えるかも!?
女子プロ うまい店
寿司に定食、居酒屋やカフェ。女子プロゴルファーに所縁のある飲食店を紹介。プロが生まれ育った実家もあれば、自ら経営するお店も。いずれにしても地元に愛される人気店ばかりだ。

【新連載】
[モノクラ]実際に試して、本音でおすすめ!
ゴルフに効く『高機能インナー』どれがオススメ?
ゴルフに役立つ“モノ”を実際に試して、本音で評価する新連載がスタート!第1回のテーマは年々愛用者が増えているゴルフ用の『高機能インナー』だ。企画と連動したショッピングサイトも同時にスタートするので、気になったものは即購入することも可能だぞ。

【情報企画】
寒さに凍えるのも、汗冷えするのもイヤ!
“やや寒”向きと“マジ寒”対応のアウター
真冬のコースで遭遇する、震えるような“マジ寒”。スタート時と日中の温度差に戸惑う“やや寒”。一筋縄ではいかない冬ゴルフを1着のアウターで乗り切るのは難しい。それぞれの寒さに対応する2パターンのアウターを用意するのが賢明だ。

【好評連載】
新・ギア総研
最新ドライバーは『フェース』の位置や大きさで性能を調整していた!
ボールとの唯一の接点である『フェース』は、ドライバーの性能を大きく左右する。最新ドライバーを見ていくと、『フェース』の大きさやヘッド全体から見た位置を変えることで弾道や操作性が絶妙に調整されていたぞ。

【Book in Book】
銀のアルバ
ショートゲームはクラブで攻略!
たとえグリーンを外しても粘り強く寄せワンをゲットしてパーで上がりたい!そこで役に立つのが、アベレージゴルファーでもグリーン周りからピタリと寄せられる“やさしい60度ウェッジ”と、確実にワンパットが狙える“高機能ネオマレットパター”だ。
【特集企画】

スコアを決めるショートゲーム大特集
アプローチの悩み一挙解決

セカンドショットでグリーンを外しても、寄せワンに成功すればボギーどころかパーが拾え、スコアメイクが楽になる。また、アプローチに自信を持てれば、ショットにも余裕が生まれるというもの。今回はアプローチのさまざまな悩みを解決するべくトッププロを直撃取材。これを読んで、アナタも寄せワン名人に!


【特集企画(2)】

スコアを決めるショートゲーム大特集
人気女子プロのパッティング大分析

最近の女子プロたちはバーディ攻勢で爆発的なスコアを叩き出す。パットの技術レベルが高いのが一番の要因だ。そこでパットが得意なプレーヤーたちのテクニックを大分析。分かりやすく解説する。


【特集企画(3)】

スコアを決めるショートゲーム大特集
新説!バンカーレッスン

23歳の政田夢乃は人気急上昇の若手選手。ネクストヒロインゴルフツアーでは今季3勝を挙げてポイントレースでもトップを走っている。今季はショートゲームが好調で、バンカーからでも高確率でパーセーブする政田にバンカー攻略法を教えてもらった。


【情報特集】

名医が教えてくれた
緊張を味方にする極意

100のカベを破ったのはとうの昔、80台も何度か出した。なのに95前後のスコアでウロウロしている原因は練習不足?それとも本番に弱い「緊張しい」のせい?そうお悩みの皆さんに「(スコアの停滞は)自律神経のコントロールが上手くできていないだけです!」と、順天堂大学医学部 小林弘幸教授は言います。さっそくその方法を教えてもらい、今秋こそスコアアップの波にすいすい乗りましょう!


【好評連載】

新・ギア総研
最新『5S』シャフト どう違う?どう選ぶ?

飛ばしや方向性アップにシャフト選びはとても大切だが、市場にあるあまたのモデルからどう自分に合ったモノを選択すればいいのか分からない。そこで今回は、女子プロや男性アマチュアの定番スペック『5S』のシャフトを集めて、計測&試打を実施。モデルごとの違いや自分に合ったモノを見つける方法が明らかになったぞ。


【Book in Book】

銀のアルバ
秋の最新54モデルすべて見せます!

絶好のゴルフシーズンに向けて、各メーカーが精力的にニューモデルを発売し続けている。どのモデ
ルも機能性は素晴らしいものばかり。だが、自分との相性は大切にしたい。そこで最新54モデルをすべて試打して、選びやすく分類した。
【特集企画】

お悩み解消!
明日のゴルフにすぐ役立つ!即効レッスン

自分のゴルフの弱点は分かっていても、それをじっくり直している時間がない……。「もうラウンドは明日なのに!!」と嘆いているそこのアナタ。大丈夫です。明日のゴルフで“そこそこのショット”が打てるようになる女子プロ直伝の即効ワンポイントレッスンを集めました。これでお悩み解消といきましょう!


【巻頭企画】

寄せワンが取れる秘密が分かった
変幻自在!女子プロの技ありアプローチ

ツアーで活躍する強い女子プロたちは、グリーン周りからさまざまな技を駆使して寄せワンを取ってくる。上げるアプローチ、コロがし、中途半端な50ヤードなど、女子プロの技ありな打ち方は、アマチュアの最高のお手本だ。


【特集企画】

アマチュアはカンタンにダボを打ちがち!
パー3で、スコアを稼げ!!

簡単にダボ、トリを叩いてしまうパー3。スコアアップの鬼門となるホールだが、ワンオンに成功すればバーディもあるし、グリーンを外しても寄せワンに成功すればパー。今回はパー3でスコアを稼ぐ攻略プランを紹介しよう!


【好評連載】

新・ギア総研
女子プロが5Wを抜いて『19度UT』を使う理由

これまで3Wの下には5Wを入れるのが定番のセッティングだった。しかし、最近の女子プロのウッド構成を見ると、5Wを抜いて、代わりに『19度UT』を投入する選手が増えている。『19度UT』を投入するメリットとは何なのか、最新モデルを集めて分析してみた。


【インタビュー】

平田憲聖
「謙虚に、冷静に、勝利を狙う」

一昨年は中島啓太、昨年は蝉川泰果の登場に大いに沸いた男子ツアーだが、今年また、同じ年のニュースターが誕生した。その名は、平田憲聖。5月の「~全英への道~ミズノオープン」で初優勝を飾るや、「全英オープン」から帰国直後の「日本プロ」でメジャー初優勝。彗星のごとく現れた22歳の素顔に迫った。


【Book in Book】

金のアルバ
イ・ボミBOOK

2015年・16年と連続賞金女王に輝き、15年には当時の最高賞金総額を獲得するなど、輝かしい成績を挙げたイ・ボミが今年、日本ツアー引退を表明した。そこで今回は、アルバだけに語ってくれた彼女の思いと、正確無比なショットの秘訣をたっぷりお届けします。
【特集企画】

コレでいつでも80台
ダボを打たないゴルフがしたい!

どれだけ快調にプレーしていても、ダブルボギーを1つ叩いたら、途端にスコアメイクが難しくなる。裏を返すと悪くてもボギーで回れれば、安定して80台は打てるはず。今回はそんなダボを防いでスコアアップするための方法をさまざまな角度から探ってみた。

【特集企画】

マネジメント能力が試される場面です!
ドッグレッグ攻略は「ゴルフを楽しむ」ことだった!

ドッグレッグホールはターゲットが絞りにくく、アマチュアゴルファーにはかなり難しい。「だからこそコースマネジメントの醍醐味があるんです」と田島創志プロ。攻略法を学んでワンランクアップを目指そう。

【好評連載】

新・ギア総研
「50度・54度」で100ヤード以内は劇的にやさしくなる

ウェッジでは、58度の上に「52度」を1本入れるのが定番だった。しかし、最近では52度の部分を「50度・54度」の2本体制にするプロが増えている。このロフト帯を増やすメリットとは何なのか、最新モデルのテストで明らかになった。


【特別インタビュー】

菅沼菜々
アイドルゴルファー 花開く――

どんなときでも笑顔を絶やさない菅沼菜々。昨年数多くの試合で優勝争いに絡みながらもあと一歩のところで勝利を逃していたが、今季のNEC軽井沢72で初の優勝を飾った。単に強い選手になるだけでなく、アイドルとしても“魅せたい”という彼女。優勝から半月後、その素顔に迫った。

【好評連載】

女子プロLESSON
アイアンで一番手飛ぶようになる方法があります

「アイアンはダウンブローで打つもの」と思っている人は多いはず。しかし、「今どきアイアンは、打ち込まなくてOKです」と有村智恵。ヘッドを低い位置から入れて低い位置に出すイメージを持つといい。ロフトなりに球が上がり、一番手上の飛距離が可能になるはずだ。

【Book in Book】

金のアルバ
岩井姉妹の育て方

岩井明愛・千怜姉妹の女子ツアーでの活躍ぶりがすごい。二人ともメルセデス・ランキングの上位で、予選落ちが少ないのが強みだ。その安定した成績の礎を築いたのが、小学校低学年から二人を指導してきた永井哲二コーチのレッスン。「練習しなくても忘れないスイング」というもので、姉妹の安定度にも納得だ。仕事で練習時間が取れないアマチュアにも有効なスイング理論をじっくりと教えてもらった。
【特集企画】

スコアメイクのキモです
「それ、OK!」がもらえるアプローチ

せっかくグリーン近くまでボールを運んでも、そこからアプローチミスを連発していたら、スコアはまとまらない。一方で、確実に1ピン以内に寄せられれば、パーが拾えるし、ショットにも自信を持って臨めるはず。今回は、アプローチ上手なプロに、コースで「それ、OK!」がもらえるポイントを徹底取材。これであなたも寄せワン連発間違いなし!

【特集企画】

4つの基本ポイントだけで大丈夫
目指せ!! スナイチ

バンカーから2打以内で上がる確率が50%を超えるプロは珍しくない。アマチュアにとっては憧れのスナイチ。どうすればバンカーから寄せてワンパットで切り抜けられるのか?今回はスナイチを狙う4つの基本を教えてもらった。

【情報特集】

シビレ度を測定!!
この秋、「ニギリ」でメンタルを鍛えよう!

秋の本格ゴルフシーズンが到来!コンペや仲間内でのスコア争いがヒートアップする時期でもある。そこで今回はメンタル力アップに、いわゆる「ニギリ」をやってみよう、というお話。ここぞという「クラッチパット」を入れられれば、悔しい1打で負けないで済むかもしれません。ただし、あくまでも「ニギリ」では金銭の授受はないように!このイラストのようにラウンド後のドリンクぐらいにしておきましょうネ。

【好評連載】

新・ギア総研
実は今、1番入るパターは『ブレード型』です

『ブレード型』といえば、タッチは出せるけど、ミスにシビアで難しいというイメージがある。しかし今、やさしいといわれるマレットから『ブレード型』に移行するプロが増えている。なぜなら、ヘッド構造の進化でやさしさがプラスされた最新の『ブレード型』が今、1番“入るパター”だからだ。

【好評連載】

女子プロLESSON
ゴルフに力は要りません

米国女子ツアーで活躍する日本のエース畑岡奈紗には、ショットの不調を一発で直すドリルがあるという。ドライバーの当たりが薄く、飛ばせないと悩むゴルファーにも効果テキメンな、朝イチに行う畑岡式ドリルをご紹介!

【Book in Book】

銀のアルバ
顔のいいアスリートアイアン[最新30モデル]大集合

秋のゴルフシーズンを前に、各メーカーから最新モデルがズラリと登場。その中でも注目なのが、見た目がカッコいいアスリートアイアンだ。進化がスゴいアスリートモデルは僕らアベレージにも打ちこなせるという。厳選した30本から見た目も機能もあなたにピッタリの1本を見つけよう。
【特集企画】
ドライバーの右へのミスはもう卒業
さらば!スライス LESSON7連発

手応えのないインパクトで弱々しくボールが飛び、右に曲がっていく……。そんなボールじゃ飛距離は出ないし、スコアにならない。ビシッとつかまった球を打って、ティショットに自信を持ちたい!ということで今回はトップ女子プロたちを直撃取材。これを読んで、飛距離も方向性も両立させるテクを学んでいこう。

【特集企画】
コースで見かけたら声をかけてね
インスタGOLF女子 大集合!

本誌連載「見かけたら声かけて♪」では数々の素敵なインスタゴルフ女子を紹介してきました。今回は紹介してきたゴルフ好きの彼女たちを厳選して一挙紹介する総集編。あなたはどの娘とゴルフがしたい?

【特集企画】
「パットが得意」って言いたいね!
距離感の合わせ方&1メートルの入れ方

昔も今も強いゴルファーの共通点はパットが上手いこと。ロングパットの距離感はバッチリ。1メートルも絶対に外さない。そんなゴルファーになるためのパット上達講座をお届けしよう。

【好評連載】
新・ギア総研
キャリーで止まる7Wはロングショットの救世主

ウッドが苦手……と思いつつ、なんとなく3Wや5Wを使っていないだろうか。実は今、プロや上級者を中心に使用者を増やしているのが、もっとロフトの寝た7W。飛距離を稼ぎつつ、高さで止まるロングショットの救世主とも呼ぶべきクラブに進化していたぞ。

【情報企画】
ゴルフ場の経費、実はこんなにかかっています!
プレー代ってなんでこんなにお高いの?

ゴルフはお金がかかるとよく言われる。会計をして軽~く2万円を超えていることもある。「プレーフィが高い!」と思っているゴルファーが多い一方で、ゴルフ場からすれば、広~いコースを日々運営していくために人件費、光熱費、コース管理費など、諸々の費用がかかっているのも確か。そこで今回はゴルフ場の収入と支出を徹底調査。ゴルフ場の「フトコロ事情」が分かれば、高いと感じていたプレーフィにもナットクできるかも?

【好評連載】
女子プロLESSON
ゴルフに力は要りません

女子ツアー屈指のショットメーカー植竹希望は、「アイアンショットで当たりを厚くするためには、顔の向きが大事です」と語る。顔の向きを意識してパーオン率が上がるようになるという植竹の練習法を教えてもらった。

【Book in Book】
金のアルバ
ティショットの狙い方実例集

どんなホールでも「とりあえず真っすぐ!」でティショットを打っていませんか?それではスコアアップは望めません。今回は今野康晴と杉澤伸章キャディが正しい狙い方を伝授。9ホールの実例パターンを紹介します。
【特集企画】
スコアメイクのキモです!
アイアン 狙った距離をちゃんと打つ
残り150Y、絶好のフェアウェイなのにパーオンに失敗……。芯を喰わずにタテ距離がバラついては、スコアメイクもままならない。そこで女子ツアー屈指のショットメーカーに狙った距離を打つコツを徹底取材。これを読めば、ベストスコアも見えてくる!

【特集企画】
ティショット
片側のOBを絶対に避ける!
片側がOBのとき、OBだけは避けようと思っているのに、なぜか打球はOBゾーンに……。今回は確実に片側OBを避ける攻め方と打ち方を教えます。もう、前4まえよんからは卒業しよう!

【好評連載】
新・ギア総研
アプローチは『キャビティ』でやさしくなる
アイアンでは一般的となった『キャビティ』だが、ウェッジでは未だにマッスル型の使用者が多い。しかし、100ヤード以内でさまざまな距離を打ち分けるウェッジこそ、『キャビティ』が持つやさしさが力になる。最新モデルをチェックして、アプローチをやさしくしよう!

【新連載】
女子プロLESSON
ゴルフに力は要りません
屈指のパットの名手である鈴木愛に、アマチュアがパットで一番大事にするべきポイントを聞くと、「テンポをいつも意識して打ってほしいです。打ち急ぐとパンチが入ります」と語る。その打ち方をじっくり教えてもらった。

【特集企画】
実は振り方よりもず~っと大事です
ショートゲームは“目”で上手くなる!
どう振るかばかり考えがちなショートゲームだが、上達の一番の近道は“目”の使い方を知ること。利き目を知り、目線の大切さを知ると、寄せワンの確率がグーンと上がること間違いなし!

【Book in Book】
銀のアルバ
ネオマレット&マレットが全ての悩みを解決!
パター選びに悩んでいる人に朗報です!「タッチを出したい」「真っすぐ打ちたい」そんな両方の声に応えてくれるネオマレット&マレットパターが登場。これを使えばどんなゴルファーでもカップインの確率が上がる!
【特集企画】
2人のカリスマコーチが本気で考えた
3か月で80を切る最強メソッド
80切りはゴルファーにとって大きな目標の一つだ。でも、そのハードルは100切り、90切りに比べてはるかに高い……。そこでレッスンに精通する2人のカリスマコーチに3か月で80を切る史上最強のメソッドを本気で考えてもらった。これにじっくり取り組めば、夢の80切りは達成できるはずだ。

【特集企画】
ウソのようなホントの話
ゴルフを始めて1年で70台は出せる!
社会人になってからゴルフを始めた人にとって、シングル入りはおろか80切りすらかなりハードルが高い。ところが30歳過ぎから始めて1年以内で70台を出した驚異的なゴルファーがいた!

【好評連載】
新・ギア総研
『クロム○○鋼』のアイアンは何が違う?何がスゴイ?
アイアンの素材と言えば「軟鉄」が定番だが、最近では『クロム○○鋼』という名前の金属が採用されることが増えてきた。トッププロの使用者も出るなど、人気のモデルとなっているものも少なくないが、『クロム○○鋼』のアイアンにはどんなメリットがあるのか、徹底分析してみた。

【情報特集】
ゴルフ場の愛され定番フード!
夏こそ、カレー
異常ともいえる気温40度近くの猛暑日が頻発する今年の夏。「暑くて食べる気がしない」ときこそ、オススメなのがカレーだ。疲労回復効果があって、スパイシーな香りが食欲を刺激するなど、夏バテに効果大!ゴルフ場でも定番の愛されメニュー、カレーのすごさに迫ってみた!

【特集企画】
アダム・スコットが先生!
みんなもっと7番ウッドを使おうよ!
アダム・スコットが今、アマチュアにススメたいクラブはなんと「7番ウッド」。5月に開催された『ユニクロ アダム・スコット ジュニアチャンピオンシップ』でも、その良さを説いていた。なぜオススメなのか、打つときに気を付けることはなにか、じっくり聞いてみた!

【新連載】
女子プロLESSON
ゴルフに力は要りません
コックを使って鋭角に振り下ろす――。そんなイメージでバンカーショットを打つ人は多いはず。しかし、「ノーコックでも意外と簡単に脱出できます」とは山内日菜子。サンドセーブ率6位の彼女に、その打ち方を教えてもらった。

【Book in Book】
金のアルバ
全方位ヘッドスピードUP大作戦
飛距離アップにはヘッドスピードを高めるのが不可欠だ。その方法には、スイングの修正、ギアの変更、フィジカルを高めるなど、いろいろとある。今回は、ヘッドスピードを上げる方法を全方位的に紹介。自分に合った方法を見つけて欲しい。

おすすめの購読プラン

ALBA(アルバトロスビュー)の内容

  • 出版社:プレジデント社
  • 発行間隔:隔週刊
  • 発売日:[紙版]第2,4木曜日  [デジタル版]紙版の1週間遅れで発売。第5木曜の発売があるときは第3と第5木曜となります。
「明日のゴルフ」に役立つ情報満載!
トッププロのレッスンを豊富なビジュアルで分かりやすく伝えるゴルフレッスン誌。人気プロコーチの技術・スイング論、最新ギア情報、お得なコース情報、ゴルフファッションなど「明日のゴルフ」に役立つ情報を掲載しています。

ALBA(アルバトロスビュー)の目次配信サービス

ALBA(アルバトロスビュー)最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ALBA(アルバトロスビュー)定期購読のプレゼント

期間限定!(2024年12月31日迄) マスターバニーエディションサコッシュ
対象購読プラン:1年
人気ゴルフウェアブランドMASTER BUNNY EDITIONのサコッシュをプレゼント。ボールが2スリーブ、ティケース、グローブ、スコアカード、スマホがすっぽり入ります。 ※こちらは新規お申し込み者の特典となります
  • プレゼントの種類が複数ある商品をご購入の際は、定期購読ページのプルダウンでご希望の種類をお選びの上、「買い物かごに入れる」を押してください。
  • プレゼントは品切れ等の理由により、代替品をお送りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • プレゼントは、原則として、お申し込み後の変更は承りかねますので、ご注文の際は、ご注意ください。
  • 読者へのプレゼントに関しましては、雑誌とは別便でお送りする場合があります。
  • また、お届けまで、1ヶ月ほどお時間をいただく場合がございますので、ご了承ください。

ALBA(アルバトロスビュー)の無料記事

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ALBA(アルバトロスビュー)の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.