財界九州 2024年2月号 (発売日2024年01月25日) 表紙
  • 雑誌:財界九州
  • 出版社:財界九州社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,000円
財界九州 2024年2月号 (発売日2024年01月25日) 表紙
  • 雑誌:財界九州
  • 出版社:財界九州社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
  • 参考価格:1,000円

財界九州 2024年2月号 (発売日2024年01月25日)

財界九州社
進む延伸・拡幅で地域を変える道路インフラ

財界九州 2024年2月号 (発売日2024年01月25日)

財界九州社
進む延伸・拡幅で地域を変える道路インフラ

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
財界九州のレビューを投稿する
2024年01月25日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
1,000円 / 冊
送料無料
2024年05月25日発売号から購読開始号が選べます。
九州全域・沖縄の的確な経済情報を知るなら”これ1冊”

財界九州 2024年2月号 (発売日2024年01月25日) の目次

TOP INTERVIEW
小久保 裕紀 福岡ソフトバンクホークス 監督  P8
「間近で学んだ『王イズム』を選手に継承。〝美しい戦い〟で最高の結果をつかみたい」    P57




テーマリポート
進む延伸・拡幅で地域を変える道路インフラ  P17
【総論】域内循環型高速網整備いまだ道半ば    P18
【東九州自動車道】東西格差是正のため全通要望高まる   P21
【下関北九州道路】災害時の代替急務に 九州と本州の大動脈   P24 
【西九州自動車道】北部九州のミッシングリンクを解消    P25
【佐賀「Tゾーン」整備】縦軸と横軸の結節点 県都と北部の交流へ  P27
【有明海沿岸道路】福岡県南─佐賀直結を経て熊本延伸へ  P28
【中九州横断道路】熊本地震を機に停滞脱し急速に進展  P30
【熊本「10分・20分構想」】長年の地域課題動く 都市圏内の移動時間  P32
【九州中央自動車道】東西つなぐ中央軸の開通率まだ3割  P33
【南九州西回り自動車道】九州縦貫道以来の熊本─鹿児島間直結  P35
【沖縄の道路整備】ハシゴと2環状7放射で混雑を解消  P37
春夏秋冬
「磯田道史さんの『専門を無くす』生き方」    P14
T
NEWS SCRAMBLE
〈経済安保〉半導体産業に忍びよる「技術流出リスク」   P40
〈百貨店〉佐賀玉屋の「本館はホテル」に建て替えか  P56
〈沖縄〉琉銀と海銀の「共同化事業」が本格始動   P87
業界・地域リポート
【INSIDE OUT〈北九州市政〉】機先制する武内流に沈黙の主要会派/来年の市議選をにらんだ「対立構図」を演出?   P42
【FOCUS〈国際教育〉】壁高いインターナショナルSの開設/TSMC進出などで「外国人子弟教育」の受け皿が不足  P44
【生成AI】革命的機能を生かそうと官民が模索/業務効率化に手応えも「対外サービス」には慎重姿勢P46
【変わる物流】共同配送や物流拠点の開設で効率化/スーパー業界では「ライバル関係」を越えた連携で対応P48
【動かすDX〈デジタルトランスフォーメーション〉(22)】メタバースで完成後の景観を確認/九地整が国道3号博多バイパス立体化事業で活用  P54
エリアリポート
【福岡】那珂川沿いを集客拠点に再整備/福岡五輪招致に敗れて消えた「須崎ふ頭」再開発  P98
【北九州】門司港に外資系ホテル待望論も/かつては旧門司港ホテルに「ヒルトン」が進出検討  P100
【佐賀】鳥栖市で大型産業団地を開発へ/佐賀県初の「官民連携型」でスピード重視の整備  P102
【長崎】高級ホテル集積が促す客層の拡大/九州初の「マリオットホテル」がJR駅ビルに開業 P104
【熊本】新大空港構想で周辺一体整備へ/台湾「新竹サイエンスパーク」のようなエリア構想 P106
【大分】港湾機能の拡充を図る大在地区/工場進出による人口増で「ベッドタウン」として存在感 P108
【宮崎】宮崎の食海外へ地元企業が連携/「米国」をターゲットに国際的な見本市に積極出展 P110
【鹿児島】北ふ頭で整備目指すスタジアム/鹿児島ユナイテッドFC「J2昇格」が後押し役に? P112
【沖縄】地域一体でスタートアップ支援/開業率上昇し「5年間で倍増」の200社目指す P114
【エリアフォーカスインタビュー福岡/川原正孝 氏 歴史・文化を活かしたまちづくり懇談会 座長(ふくや会長)】「博多ナンバー」導入など15の提案を発表
特集・小久保ホークス始動!!
小久保ホークスが4年ぶりの優勝に挑む  P57
特集・アビスパ福岡
祝アビスパ福岡YBCルヴァンカップ優勝  P67
悲願の初タイトル獲得で「アビスパ新時代」へ
〈インタビュー〉川森 敬史 会長「次なる目標はACL出場に向けたチームづくり」
特集・本格焼酎
自由な楽しみ方や飲み方が広がる  P73
■薩摩酒造 ■本坊酒造 ■大口酒造 ■大海酒造 ■奄美大島にしかわ酒造 ■繊月酒造 ■神楽酒造 ■雲海酒造 ■玄海酒造
特集・新NISA2024
新NISAいよいよスタート/大幅に制度拡充となったNISAで個人の資産形成の新たな時代へ  P90
ズームアップ(企業・団体)
【未来を拓くCross Border③】九州メディカル 
【九州経済産業局】中小企業活性化フォーラムin熊本「早期相談と本業支援が改善の鍵」ウィズ/ポストコロナ時代の経営改善・事業再生  P52
グラフ
Kyushu PHOTOGRAPH「福岡市中央区」   P6
連載(リポート・コラム・その他)
高橋孝治の中国法表層深層⑨ 
KAIL/川原 武浩氏(1期)ふくや社長/福岡県 今村 陽子氏  P116
DATAでみる九州「少子高齢化・人手不足」  P96
OH!ニッポン「歌手1年総理2年の使い捨て」   P118
四季漫筆「込み上げる喪失感~故郷の神社にて」  P120
あの日あの頃/増田石油・増田 成泰 社長   P122
Two of Us/今井 千恵 チエ イマイグループ代表 × 片岡 鶴太郎 タレント・俳優・画家・書家  P126
ゴルフ知恵袋「タッチと距離感」  P130
九州大相撲伝「長崎県大村市出身 玉ノ海梅吉②」   P132
食楽園「鈴木伸一さん」   P134
refresh/セキスイハイム九州・杉江 孝夫 社長  P136
焼酎の息づくまち「熊本県人吉市」  P138
九州の志士「寺島 宗則」  P141
詰碁・詰将棋 次の一手  P144
閑人閑話「『賢人』たちの意気」  P145
元寇「未曽有の大国難」  P146
Monthlyダイジェスト  P148
寸談余話(1)リーフラス・伊藤清隆社長/QPS研究所・大西俊輔社長  P121
寸談余話(2)CBRE・大野洋照新支店長/JR九州サービスサポート・森勝之社長  P124
寸談余話(3)JR九州電気システム・大石和弘社長/ビジネスリファイン・大野祐子社長  P129
寸談余話(4)大海酒飯・山下正博社長/グリーンクロス・久保孝二社長  P137
寸談余話(5)勝利アセットマネジメントジャパン・高鵑CEO/エクサウィザーズ・小山貴大代表 P140

財界九州の内容

  • 出版社:財界九州社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月25日
九州・沖縄の〝時流〟を知る総合情報誌
月刊誌『財界九州』は1958年に創刊し、今年で67年目を迎えました。弊誌は九州・沖縄の経済動向を中心に、独自の切り口で情報を発信し続ける地域経済情報誌です。おかげ様で、九州・沖縄をカバーする唯一のブロック経済誌として、産官学をはじめとした大変多くの方よりご購読頂いております。昨今、国の地方創生の掛け声とともに、東京一極集中の是正意識が高まっています。このような状況の中で、日本経済を牽引するポテンシャルを秘めた九州・沖縄の最新経済動向や地域の特色を深く掘り下げ、皆様にお届けすることこそが弊誌の使命だと思っています。今後の事業の発展に向けた〝ヒント〟を提供するツールとして、ぜひご活用ください。

財界九州の目次配信サービス

財界九州最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

財界九州の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.