※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Pen(ペン)
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • 参考価格:[紙版]800円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:Pen(ペン)
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • 参考価格:[紙版]800円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 28%OFF

Pen(ペン)

定期購読なら買い逃し無し!毎号お手元にお届けします!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 28%OFF

Pen(ペン)

定期購読なら買い逃し無し!毎号お手元にお届けします!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、今すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Pen(ペン)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

Pen(ペン) 雑誌の内容

新しい視点と美意識で、ほかにはない独自のスタイルを提案するクオリティマガジン「毎号が永久保存版!」
モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。

Pen(ペン)の無料サンプル

2015年4/15号 (2015年04月01日発売)
2015年4/15号 (2015年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Pen(ペン) 2022年2月号 (発売日2021年12月28日) の目次

【特集】唯一無二の木造技術が語るもの
日本の建築、ここが凄い!

ユネスコが日本の伝統建築の技術を無形文化遺産に認定したように、自然素材を巧みに利用する日本の建築は、唯一無二かつ奥深い、継承すべきもの。
数寄屋造り、茶室、床の間……言葉は知っていても、なぜこのような建築なのか、そして木造の利点や伝統建築の技術の真髄を、我々はどれだけ知っているだろうか。
今回は建築家や数寄屋の匠らの専門家が、日本の建築の粋と誇るべきところを解説。
まずはHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんと、日本建築の世界へ旅立とう。

日本建築の柔軟さこそが、これからの社会にふさわしい
─隈 研吾

伊野尾慧、数寄屋造りにて、日本建築の粋を知る

京都で三代続く数寄屋建築の匠、中村外二工務店
僕が深く感銘を受けた、“日本”を感じる4つの名建築

水澤工務店が手がけた、和の商業空間を訪ねる

竪穴から始まった日本の建築史を、駆け足で振り返る
祈りの場が庶民に開かれ、習慣の礎になる寺院建築

日本建築の真髄、「木造」が現代に生き延びた理由

驚異の耐久性、木という素材は現代でも通用する
日本とヨーロッパ、木材の捉え方が大きく違う

利休の「待庵」はいまも我々に、建築の意義を問いかける

実はこんな秘話あり!? 国内必見の名物建築20

伝統建築の技を解説! 部位別、5つの授業

公開が待ち遠しい、皇室ゆかりの伝統様式を拝覧

フィルムに残す使命を感じた、二川幸夫の捉えた日本の民家


【第2特集】
パリから秘蔵コレクションが来日!
男たちの指輪物語

ミラノ・デザインウィーク2021レポ

Fashion Story
Silent Spring

名作を生む、人に優しいエルメスの工房

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】唯一無二の木造技術が語るもの
日本の建築、ここが凄い!

ユネスコが日本の伝統建築の技術を無形文化遺産に認定したように、自然素材を巧みに利用する日本の建築は、唯一無二かつ奥深い、継承すべきもの。
数寄屋造り、茶室、床の間……言葉は知っていても、なぜこのような建築なのか、そして木造の利点や伝統建築の技術の真髄を、我々はどれだけ知っているだろうか。
今回は建築家や数寄屋の匠らの専門家が、日本の建築の粋と誇るべきところを解説。
まずはHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんと、日本建築の世界へ旅立とう。

日本建築の柔軟さこそが、これからの社会にふさわしい
─隈 研吾

伊野尾慧、数寄屋造りにて、日本建築の粋を知る

京都で三代続く数寄屋建築の匠、中村外二工務店
僕が深く感銘を受けた、“日本”を感じる4つの名建築

水澤工務店が手がけた、和の商業空間を訪ねる

竪穴から始まった日本の建築史を、駆け足で振り返る
祈りの場が庶民に開かれ、習慣の礎になる寺院建築

日本建築の真髄、「木造」が現代に生き延びた理由

驚異の耐久性、木という素材は現代でも通用する
日本とヨーロッパ、木材の捉え方が大きく違う

利休の「待庵」はいまも我々に、建築の意義を問いかける

実はこんな秘話あり!? 国内必見の名物建築20

伝統建築の技を解説! 部位別、5つの授業

公開が待ち遠しい、皇室ゆかりの伝統様式を拝覧

フィルムに残す使命を感じた、二川幸夫の捉えた日本の民家


【第2特集】
パリから秘蔵コレクションが来日!
男たちの指輪物語

ミラノ・デザインウィーク2021レポ

Fashion Story
Silent Spring

名作を生む、人に優しいエルメスの工房

ほか、連載など。

Pen(ペン) 2019年10/15号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

いま飲むべき一本を探して、ウイスキーをめぐる旅。
P.20~P.83
ハイボールブームによって、ウイスキーは食事とも合わせられる、食中酒としての地位を確立した。だが皮肉なことに熱狂の裏で、看過できない状況も生まれている。需要が高まる一方、日本や海外の名門蒸溜所が深刻な原酒不足に陥っているのだ。時の産物の価格は天井知らずだが、いまこそ真価を問い直したい。本特集では基礎知識も押さえながら、本当に飲むべき一本を考える。これまで主流だった世界五大ウイスキーから新潮流まで、地域の特性、熟成の違いから生まれる、それぞれの個性に着目。また、スイーツとの相性など、細かな味わいにも目を向けた。ウイスキーをめぐる旅は、この一冊から始まる。さぁ、旅立とう! いま、王道のスコッチが再び注目される理由。 新興地域や日本ウイスキーのブームを経て、いま目利きたちはスコッチへと原点回帰しつつある。その理由を、3人のウイスキー通が語り合う。
ピアジェとゴールドの秘密を解く。
P.115~P.126
1874年創業のウオッチ&ジュエリーブランド「ピアジェ」。その魅力を語る上で外せないゴールドとの深い関係を4人の講師がひも解く。眩いゴールドは、いかに時計と出合ったのか。そもそも金とはどのようなものを指し、歴史上どのように扱われてきたのだろうか。金という素材、そして時計との出合いをひも解く。 真冬には深い雪に閉ざされる、スイス・ジュラ地方の山村ラ・コート・オ・フェの農園の一角に、ジョルジュ・エドワール・ピアジェが小さな時計工房を開いたことで、いまあるピアジェの歴史は始まった。当初製作していたのは、精密加工が求められる脱進機。やがてムーブメントの開発・製造を手がけるようになる。当時のムーブメントは、むろん懐中時計用である。高精度なピアジェ製ムーブメントは高く評価され、高級時計ブランドのゴールドケースに収められた。
極上のカシミアを追求する、ロロ・ピアーナの熱き想い。
P.94~P.99
希少なカシミアを生む牧場を支援し、持続可能なシステムまで構築するロロ・ピアーナ。今冬、アカデミー賞監督を起用した、カシミアのドキュメンタリー映像が公開される。 妥協のない品質を常に追求するラグジュアリーブランド「ロロ・ピアーナ」。世界最高の素材を使ったアパレルやアクセサリーなどを次々と生み出し、世界中で絶賛されている。最高級素材の中でも同ブランドが常に注目しているのがカシミアだ。 2009年から始まった「ロロ・ピアーナ・メソッド」と呼ばれるカシミア生産を促進する取り組みがある。これは内モンゴル自治区のアラシャン山脈中程で育てられる山羊の品質改良を目的としたシステム。カシミアはこの山羊から採られる繊維が原料となるが、このメソッドの導入によって、山羊一頭当たりの採取量を高く維持しながらも、より細いカシミア繊維を得られるようになった。

Pen(ペン) 2019年10/1号(2019-09-17発売) の特集を少しご紹介

ニューヨークを揺さぶった天才画家バスキアを見たか。
P.26~P.65
ジャン=ミシェル・バスキアについては、インパクトのある頭部や王冠の絵、あるいはドキュメンタリーや映画を通して知っているという人も多いだろう。だが作品をじっくり見たことはあるだろうか? 過去、日本での展覧会は数回きりだ。ここ数年、欧米では画期的な回顧展が開かれバスキア再発見の機運が高まっている。なぜならシンプルで直接的に見える作品の背後にはさまざまな意味があり、黒人のアイデンティティをモチーフとした重要な作品であることが示されたからだ。今年、待望の大規模展が日本で開かれる。バスキアを見る──いまこそ、その時だ。27歳で世を去った、彗星のごとき天才の生涯。アート界に彗星のごとく現れ、27歳という若さで亡くなったバスキア。グラフィティに始まり、短い生涯であったがさまざまな作品を生み出した。
創立80年を迎えたジャズ・レーベル ブルーノート伝説、再び。
P.70~P.93
ナチス体制の圧政から逃れ、ドイツからアメリカへ亡命したユダヤ系移民のふたり、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフがブルーノート・レコードを設立して、今年で80年を迎える。ビジネスは二の次に、常に聴きたい音楽を追い求める姿勢は、ジャズ・シーンを牽引する一大勢力として結実し、史上最強のレーベルへと駆け上る。ジャケット・デザインにも心を配った先見性は日本のクリエイターにも影響を与え、ブルーノート信者を拡大させた。そんな名門ジャズ・レーベルの実像に迫る。史上最強ジャズ・レーベルはなぜ、誕生したか。常に新しい才能とサウンドを追い求め、ジャズの歴史を切り拓いたブルーノート。史上最強と謳われるジャズ・レーベルの歴史と功績を振り返る。
HERM?S On the Journey
名作チェアと、育ちのいい服と。
P.96~P.101
コーディネートの主役はグラフィカルにレザーを組み合わせた、ハイクオリティなブルゾン。インナーは品よくシルク混のタートルネックを添えて、アーシーなカラーパレットでスタイリングした。ブルゾン(参考色)¥1,792,800、カットソー¥54,000、パンツ¥158,760、ブーツ¥177,120/すべてエルメス(エルメスジャポン) ソックスはスタイリスト私物 ベーシックながら仕立てのいいブルゾンに、シルク混で肌触りのいいタートルネックを合わせて、エレガントにまとめた。フォルムの美しいキャスケットが、クラシックなスタイルを演出。ブラックのトラウザーズで、ボトムはシックに締めたブルゾン¥401,760、ニット¥240,840、パンツ¥158,760、帽子¥70,200/すべてエルメス(エルメスジャポン)

Pen(ペン) 2019年9/15号(2019-09-02発売) の特集を少しご紹介

ファッションについて語るときにあの人の語ること。
P.36~P.83
最新の服に身を包んだ人=お洒落な人だろうか?ファッションが自分を表現するためのものであるならば、なにを着るかはもちろん、考え方やこだわりも、人の数だけあっていい。長年ファッションショーを見続けているベテラン記者の証言や、実用的で実務的なスタイリングを重視するスタイリストの哲学、手仕事でつくられた服を長年大切に着続ける書店店主の思想、スーツ探しを自分探しと言うファッション・ディレクターの人生観など、本特集では、ファッションと真摯に向き合う人たちが存分に語る。多様な価値観に触れると、ファッションがもっと楽しくなるはずだ。絶対に買うと決めている、デザイナー初期の服。後藤洋平 朝日新聞 ファッション担当記者 仕事柄、毎シーズン、世界各地でコレクションを見ているが、ファッションの現状を分析している自分と、買うならばどの服だろうかと見ている自分、2人の自分がいる。
MODE SCAPE
時代を牽引する16ブランドのクリエイション
P.84~P.101
PRADA 手仕事だからこそ伝わる、ロマンティックでポップなムード コミック調のポップなイメージをハンドニットで表現した、シェットランドウールのセーターはまさに主役級。今季のプラダを象徴する、ハート形のニットブローチも印象的。セーター¥524,880、シャツ¥246,240、パンツ¥155,520、ブローチ¥58,320、ベルト(上)¥54,000、ベルト(下)¥64,800、シューズ¥150,120(すべて予定価格)/すべてプラダ(プラダ クライアントサービス70120・45・1913) DIOR 本命コートで知る、ニューテーラリング キム・ジョーンズ自身が愛用しているこのコートは、クチュールの感性と現代のエスプリ、ミリタリーの意匠を融合した傑作。マスキュリンでミニマルな、ブラックのワントーンスタイルが潔い。メンズ向けとして再解釈された「サドル」バッグも、今季必携のアイテム。
語れるニュースタンダードで、秋冬を愉しむ。
P.102~P.119
トレンドを踏まえつつ、それに惑わされないリアルな着こなしこそ、大人の嗜み。語れる要素が満載の「新定番」を、ハイブランドの新作から見つけたい。トム フォードのレザーパンツ 今季、静かな流行となりそうなレザーパンツ。美しいシルエットとドレッシーなダブルカフスが融合した一本は、最上級のパラシュートナイロンを使ったボリューミーなダウンジャケットに合わせ、優雅なスポーツテイストに仕上げる。レザーパンツ¥561,600、ダウンジャケット¥464,400、セーター¥162,000、シューズ(参考商品)/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン?03・5466・1123) セリーヌのシアリングコート ランチコートを思わせるカントリー感と、極上のメリノカーリーシアリングのラグジュアリーな肌ざわりが華麗に融合。絶妙な丈の長さやシルエットも際立つ逸品は、エディ・スリマンがイメージする現代的でフレッシュな英国スタイルを体現。

+   Pen(ペン)の目次配信サービス

Pen(ペン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.21
全てのレビュー:653件

レビュー投稿で500円割引!
毎月楽しみにしています
★★★★★2021年11月30日 タマパパ 役員
以前は病院の待合室に置いてあったのを楽しみに読んでいましたが、コロナの影響で撤廃されてしまったので定期購読しました。色々なジャンルについて特集されていて写真も綺麗なので、興味のない分野でも楽しみながら読めます。疲れた時とか暇なときに読むのに最適です。
久しぶりの…
★★★★★2021年10月07日 Nonami 会社員
多分1年以上使ってなかったのに、いざというときに使えて助かりました。
クオリティの高い写真と編集
★★★★★2021年09月07日 アモーレ 自営業
アート好きの人には特にオススメの雑誌です。掲載されている写真はどれもクオリティが高く、特集も知識や教養が身につく興味深いテーマが選ばれています。 誌面レイアウトも綺麗で、センスが良い編集です。
月刊誌になって良くなったと思います。
★★★★★2021年08月30日 こっこ 自営業
月刊誌になり製本方法?も良くなり、バックナンバーとして保存しやすくなったと思います。 月2の時は号によって特集の内容に興味あるのと無いので差があり過ぎたので購入しない号もありましたが 月刊誌では今のところ内容も良く、幅広い世代も読め、何より男女問わず読める内容だと思います。 定期購読にして良かったです。
もっと頑張れ
★☆☆☆☆2021年08月07日 しゅうちゃん 自営業
定期購読を申し込んで7月号8月号が届きましたが、全然面白くなかった。以前吉田なぎ特集を見てとても気に入って定期購読を申し込んだが、途端内容がつまらなく、そして月一回発行になり、多分やがてこのまま雑誌終焉になる予感がします。奮励努力せよ!
すっごくいい!
★★★★★2021年06月05日 スマイル 自営業
センスいい雑誌ですね。サロンに並べてますが、人気の高い雑誌です。
良い本です
★★★★★2021年05月28日 ヨコちゃん 自営業
10年以上読んでますが、いろんな方面の情報が書いてるのでとても面白いです。 今後も読んでいきたいと思います。
素晴らしい編集
★★★★★2021年04月15日 aiai 自営業
専門的で正確な内容が毎号届くので勉強になり、世界のトレンドも学べます
内容が豊富
★★★★★2021年03月07日 NECORO 経営者
毎号様々なジャンルの内容が取り上げられていて興味深いです。 ヴィジュアルも綺麗です。
良い◎
★★★★★2020年12月14日 k パート
さまざまなジャンルが一冊で楽しめて読み応えがあって楽しいです!
レビューをさらに表示

Pen(ペン)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

一歩先の大人の情報娯楽文化専門誌Pen(ペン)
CCCメディアハウスが発行している男のカルチャーライフマガジンです。1998年、月刊Pen(ペン)として新創刊されました。アナログからデジタルへと急速にインターネットが普及するなか、アナログの温かみを大切にしたいというコンセプトからこの誌名がつけられたそうです。創刊号の特集は、「蘇った英国へ」。毎回多岐にわたって最新のファッション、文化、暮らし、インテリア、アートについて特集記事が組まれ、そのどれもが一級品の分析と読みやすいテキストで読者を楽しませてくれる雑誌です。

固い記事だけではなく、酒やタバコ、アニメやコミックも特集に組まれたこともあり、どの年代にも性別関係なく幅広い読者層に愛されています。しかもとても深い分析記事、著名人へのインタビュー、読み応えは抜群です。Pen(ペン)を読めば、忘れていた「何か」に気づくはず。
毎号特集記事がどれも魅力的で、バックナンバーを調べてみればそこにはあなたの欲しい知識と教養、必要な情報が必ず手に入ります。
世界のトレンドを知れる大都市ニュースコラムもお楽しみのひとつ。インターナショナルなメディアを定期購読でお得に、いかがでしょうか。

Pen(ペン)のバックナンバー

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】唯一無二の木造技術が語るもの
日本の建築、ここが凄い!

ユネスコが日本の伝統建築の技術を無形文化遺産に認定したように、自然素材を巧みに利用する日本の建築は、唯一無二かつ奥深い、継承すべきもの。
数寄屋造り、茶室、床の間……言葉は知っていても、なぜこのような建築なのか、そして木造の利点や伝統建築の技術の真髄を、我々はどれだけ知っているだろうか。
今回は建築家や数寄屋の匠らの専門家が、日本の建築の粋と誇るべきところを解説。
まずはHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんと、日本建築の世界へ旅立とう。

日本建築の柔軟さこそが、これからの社会にふさわしい
─隈 研吾

伊野尾慧、数寄屋造りにて、日本建築の粋を知る

京都で三代続く数寄屋建築の匠、中村外二工務店
僕が深く感銘を受けた、“日本”を感じる4つの名建築

水澤工務店が手がけた、和の商業空間を訪ねる

竪穴から始まった日本の建築史を、駆け足で振り返る
祈りの場が庶民に開かれ、習慣の礎になる寺院建築

日本建築の真髄、「木造」が現代に生き延びた理由

驚異の耐久性、木という素材は現代でも通用する
日本とヨーロッパ、木材の捉え方が大きく違う

利休の「待庵」はいまも我々に、建築の意義を問いかける

実はこんな秘話あり!? 国内必見の名物建築20

伝統建築の技を解説! 部位別、5つの授業

公開が待ち遠しい、皇室ゆかりの伝統様式を拝覧

フィルムに残す使命を感じた、二川幸夫の捉えた日本の民家


【第2特集】
パリから秘蔵コレクションが来日!
男たちの指輪物語

ミラノ・デザインウィーク2021レポ

Fashion Story
Silent Spring

名作を生む、人に優しいエルメスの工房

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】CREATOR AWARDS 2021

今回で5回目を数える「Penクリエイター・アワード」は、「よりよい未来のために」をテーマに掲げ、外部から審査員を招いて選考。
ジャーナリストの川上典李子、実業家の林千晶、クリエイティブディレクターの原野守弘、アーティストの真鍋大度、建築家の藤本壮介らとともに厳正なる審査を行い、7組への授賞を決めた。
新しいアイデアと確かな創造力でこれからの時代をつくる、そんな可能性に満ちあふれたクリエイターたちを、ここにたたえたい。

黒河内真衣子 ファッションデザイナー
目[me] 現代アートチーム
武井祥平 エンジニア
anno lab クリエイティブ・ラボ
伊藤亜紗 美学者
ヘラルボニー 福祉実験ユニット
we+ デザイナー

分野を超えた議論が白熱、今年の顔は誰だ?

審査員特別賞 真鍋大度 選
YOSHIROTTEN グラフィックアーティスト

審査員特別賞 原野守弘 選
小野直紀 『広告』編集長 クリエイティブディレクター プロダクトデザイナー

審査員特別賞 林 千晶 選
江口宏志 蒸留家

審査員特別賞 川上典李子 選
寺嶋瑞仁 エンジニア

審査員特別賞 藤本壮介 選
蟹江 杏 アーティスト

Pen編集部 選
奈良祐希 陶芸家 建築家

未来に向け輝きを放つ、巷で噂のクリエイター


【第2特集】
写真家がとらえた、命のかたち


Fashion Story
Your True Self

ゲレンデに咲く、ディオールの芸術性と機能性

仏国民が愛するアーティストが、芸術会員に就任

【別冊付録】
美しく時を刻み続ける、ヴァシュロン・コンスタンタン

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】腕時計、この一本と生きる


スマホをはじめとするデジタルデバイスの普及や、新しい働き方など、モノとの付き合い方やライフスタイルが変わる中で、腕時計はといえば、ファッションとの合わせが重要性を増し、アクセサリー化が進みつつある。
しかし、思い出してほしい――。
腕時計は、時を知るためだけの道具でもなければ、ただの飾りでもない。
歴史的なロマンと、技術者たちの叡智と、限りない創造性を秘めたもの。
身につけることで、自身を鼓舞したり、夢を後押しするものだ。
愛でる喜びを喚起する美しい機構やデザイン、頑強なつくりなど、「小さな宇宙」の中には、さまざまなドラマが秘められている。
腕時計を選ぶことは、生き方を選ぶこと。
「この一本」との出逢いを、Penがナビゲートします。

クリエイターが人生をともに歩む、物語のある一本

かけがえのない運命の一本に出合う、腕時計選びの極意
須賀健太(俳優)×篠田哲生(時計ジャーナリスト)
時計ジャーナリストに訊く、20代で“清水(きよみず)買い”すべきもの
この先10年をともにできる、U29万円の本格機械式時計

コラム 時計のプロが最後に選ぶ、“上がり”の一本 [1]

時を刻む鼓動に心を奪われる、スケルトンの艶美

時代を超えて愛されてきた、名作の軌跡
カルティエ[タンク]
オメガ[スピードマスター]
ブランパン[フィフティ ファゾムス]
ブライトリング[ナビタイマー]
タグ・ホイヤー[モナコ]

変わりゆく時代に頼れる相棒となる、あたらしい定番

コラム 時計のプロが最後に選ぶ、“上がり”の一本 [2]

ふたりで時を紡ぐ、シェアウォッチ

大切な一本を選ぶために知るべき、腕時計初級講座

時計業界に広がる、SDGsの価値観と環境への取り組み

ワードローブを軸に、腕時計の色を考える


今秋デビュー!
次世代ボーイズグループ
INIが思い描く未来

永山瑛太が解く、ルイ・ヴィトンのクリエイティブな掛け合わせ

GUCCI
Hideaway

トッズ、時空を超えるリアルクローズ

【別冊付録】
ライフスタイルを彩る、オーデマ ピゲの創造性
豊かな海の表情を湛える、ブレゲ「マリーン」の世界

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】挑むモード、触発するアート
この秋冬シーズンは、華やかな色や柄を取り入れた、ポジティブな気持ちをかき立てる服と小物が続々登場。
歴史的な転換点にあって、装いの力で世界を変えようとしているのだ。
また近年では、アートとファッションの関係がますます密接に。
互いの領域が重なり合い、新たな可能性を拡張させている。
今回のファッション特集では、気鋭のアーティストと手を結び、最新コレクションを自由な感性で表現することに挑んだ。
クリエイションの力で、クールな熱情がいま、花開く。

Part 1
New Modes of Expression

Fashion meets Ikebana: Artist 渡来 徹(花道家)
Adaptation

Column 1 アートに急接近する、ファッションフォトのいま
─太田睦子/雑誌『IMA』エディトリアルディレクター

Fashion meets AI: Artist 立石従寛(美術家/音楽家) 
Collective Idea

Column 2 ファッションショーに、“笑い”は必要なのか?
─井野将之/doublet デザイナー

Fashion meets Brightness: Artist 水谷吉法(写真家) 
COLORS

Column 3 どんな最先端技術でも、つくれないものがある
─村瀬弘行/suzusan クリエイティブ・ディレクター

Fashion meets Collage: Artist ヤビク・エンリケ・ユウジ(コラージュアーティスト)
Reconstruction

Artists’ Talks

Part 2
The Power of Fashion

My Favourite Things.
REUNION
WHATEVER.


現地の目がとらえた、
日本の世界遺産

並木教授の腕時計デザイン講義
5限目 グリーンダイヤルのダイバーズ
機能美と静穏が共存し、深海へと心を誘(いざな)う新定番

進化を続ける、カルティエの美学と技術

著名アーティストが、ルイ・ヴィトンのトランクをデザイン

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】
「いらない」を「欲しい」に変え、循環する未来へ踏み出そう
捨てない。


「断捨離」という言葉の本質は、やみくもに捨てることではない。
自分にとって本当に必要なものはなにかを見定め、その結果、暮らしを豊かにすることだ。
それはモノだけに限った話ではない。
団地の再生や分散型ホテルの構築を通してコミュニティを育むなど、スクラップ&ビルドではない建築を模索する動きも出てきた。
一方で、都市農地の存続やフードロスを防ぐための努力が、人と人との結びつきを生み、地域を活性化させている事例もある。
「いらない」という思い込みも、新たな価値を付与することで、「欲しい」に変わるはず。
モノ、建築、食、服、クリエイターまで、「捨てない」未来へつながるアイデアを、一挙に紹介します。

VINTAGE
ヴィンテージに宿る、持続可能な美学

ARCHITECTURE
スクラップ&ビルドではない、これからの建築のあり方

リノベーションとコミュニティ形成で生まれ変わる、団地の新しいかたち
再生宿を起点に、建物と文化を未来へ継承する
普通の日本民家が、国際建築展に出品される理由

PRODUCT
新たな息吹を得て、暮らしを彩る再生プロダクト

FOOD
畑や農作物を通じ、人と人とをつなぐ次世代の都市型農業

おいしく問題解決、アルマーニで食すフードロスコース
カギは循環、廃棄をなくす店のつくり方
“規格外”に注目、気軽に買えるグルメカタログ

FASHION
“巡る”ことで輝きを増す、再生素材

TOPICS
技術と発想で勝負! 
「捨てない」アイデアの最前線

【第2特集】
建築好きなら見逃せない、パリの新名所

横浜流星が纏う、ディオールの“ニュールック”

HERMES
Crossing over

PRADA
Patterns

職人技の継承と環境問題に取り組む、フェンディの挑戦

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】
移住、多拠点、ワーケーション……
新しい住みかの見つけ方

もはや、家を“固定”する時代は終わった。
リモートワークの普及で働き方が自由になり、我々の暮らしは加速度的に多様化している。
いままで考えなかった地方への「移住」、ワーク・ライフ・バランスを考えた「多拠点生活」、新しいコミュニティを知る「ワーケーション」。
どこに住んで、どう働くべきか?
「住みか」を考えると、その答えが見えてくる。

2拠点
東京都←→山梨県
子どもも大人も成長させる、ふたつの居場所
東京都←→長野県
家族も自分も満ち足りる、2拠点の暮らし
東京都←→神奈川県
地元を徐々に増やしていく感覚で、コミュニティに参加する
東京都←→千葉県
15年間通う週末の家は、心のオアシス

あなたはどっち派? 地方移住/多拠点暮らし 適性チェック
世界を旅した私が、伊豆大島に移住を決めた理由/寺田直子
どこで暮らしどう通うか、妄想移住案内/鳥海高太朗

多拠点
街と畑と山を近距離移動し、“農”を通じて人をつなぐ
50カ国を巡った建築家が、日本の働き方に刺激を与える

タイプ別、サブスク住居4選
人口700人の過疎の山村に、人が集まる理由/山梨県小菅村

移住
東京都檜原村/東京都内で移住、決め手は豊かな緑と清らかな渓谷
長野県軽井沢/森に浮かぶ家、そんなイメージが実現に近づいた
沖縄県石垣/外の人間だから気づいた、石垣島だけの特別なもの

ウチの会社に導入を薦めたい! 法人契約向けワーケーション
家電のプロと選んだ、ワーケーション時のお役立ちガジェット

トレーラー生活5年、エネルギーも自給するオフグリッドな日々
自分でつくったタイニーハウスで、拠点も空間も自由にセレクト

【第2特集】
新しい家飲みのカタチ
ビールでいく? ノンアルでいく?

並木教授の腕時計デザイン講義
3限目 ケース径36㎜のスポーツウォッチ
小型化が切り拓く、ジェンダーレスな新境地

Fashion Story 1
Hide-and-Seek

Fashion Story 2
Uniforms for the New Normal

ほか、連載など。

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

最大
50%
OFF
送料
無料

週刊文春

2022年01月20日発売

目次: ●東大刺傷犯“神童”は授業中に手首を切った
 ◇「廊下のゴミを拾い東大合格の学力」志望は東大医学部
 ◇「勉強が自分を苦しめた」中学 吹奏楽部員全員に感謝の手紙
 ◇生徒会長に落選 公約は「スマホ禁止と風紀立て直し」
    …他


◆妻は33キロに激ヤセ
  内村航平モラハラ離婚トラブル

◆悠仁さま「東大計画」紀子さまお受験の葛藤


◆兄はみずほ新社長、弟は岸田最側近
  木原兄弟の「出世」「金」「好色」

◆オミクロン、こんな人があぶない
  のど、BMI、ワクチンでわかる、誤嚥性肺炎の呼び水に

◆「感染者が出たら」超実用マニュアル
 ・濃厚接触者とは
 ・療養・観察期間の数え方
 ・自宅療養に必要なもの

◆「咳が止まらない」小誌記者が感染してわかったこと


【ワイド サクラ咲け!】
◆父が明かす濱田マリは本当にクリーニング店の看板娘だった
◆松嶋菜々子 “おばさん”キャラ変の裏に大物女優の一言
◆印税30億円超 水島新司が描けなかった「最後の野球漫画」
◆殿堂入り山本昌 200勝の日に落合博満が要求したこと
◆桂文枝が去って「新婚さん」山瀬まみの絶体絶命


…ほか

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:220円

最もポピュラーな大衆紙の一つ、『週刊文春』

  • 2022/01/13
    発売号

  • 2022/01/06
    発売号

  • 2021/12/23
    発売号

  • 2021/12/16
    発売号

  • 2021/12/09
    発売号

  • 2021/12/02
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2021/11/25
    発売号

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

最大
39%
OFF
送料
無料

婦人画報

2021年12月27日発売

目次: ●開運旅 祈りのリトリートへ
古より日本には、人々が祈りを捧げ、大切にしてきた場所が数多くあります。
そこは、現代に生きる私たちにとってもいまなお、
心身を浄化し、活力を補う場所であり続けています。
日本神話に登場する聖地、古くから崇敬を集める神社……
多くの祈りが集積する土地こそ、新型コロナウイルスに疲弊した約2年の厄を祓うために、
いま私たちが選ぶべきデスティネーションなのかもしれません。
祈って、食べて、湯に浸かって……
喧騒を逃れ、自分の本来の姿に戻って祈り、土地の気をいただき、生まれ変わって帰ってくる。
「開運旅」で、新しい年を始めませんか?


●京都平安大使就任記念!市川海老蔵 世界を平らかに
秋の平安神宮で、藤娘が、牛若丸と弁慶が、舞いました。
市川海老蔵さんの「京都平安大使」就任を記念して開催された、一夜限りの特別公演でのことです。
比叡山延暦寺で、千二百年灯し続けられてきた「不滅の法灯」を海老蔵さんが授かり、その尊い灯が、
平安神宮境内に設けられた特設舞台を明々と照らしています。お客様はおよそ3000名。
市川海老蔵さん、娘の市川ぼたんさん、息子の堀越勸玄さん。
成田屋の3人が奉納した美しい舞踊は、海老蔵さんが、かねて抱き続けている、
「歌舞伎を世界に、そして世界平和を」という熱い思いの証しにほかなりません。


●反田恭平 ショパンと歩いた日々、そして未来へ
1927年に創設され、5年おきにワルシャワで開催されている「ショパン国際ピアノコンクール」は、
世界中の若きピアニストたちにとっての最高の登竜門である。2021年10月に開催された第18回で、
第2位に入賞した反田恭平さんのファイナルでの演奏への注目度は別格だった。
そこには、単に見事にピアノを弾くというだけにとどまらず、オーケストラとの交流を大切にし、
音楽を愛おしむ人ならではの、不思議な幸福感があった。そのしなやかな人間的魅力の一端に迫ってみた。


●体をいたわる養生スープ
ご馳走が続くお正月が終わって寒の入りを迎えるころ、
本格的な寒さも相まって、体の疲れや不調が出てくるものです。
そこで日々、スープで上手に体を整えているというふたりの料理家に、
体を癒やし、温めてくれる絶品スープレシピを教えていただきました。


●星座別・最強の開運アイテム2022/2025
価値観が大きく揺るぎ、時代の転換点ともいわれるいま、どのように生きるべきか──。
7年サイクルで動く“革命の星”ともいわれる天王星の位置に着目し、節目を迎える2025年7月までの運勢を
星座別に繙きます。財布やジュエリーなどのファッション小物から食器などのライフスタイルグッズまで、
私たちを幸せへと導いてくれるアイテムをピックアップ。
お守りアイテムのパワーを引き寄せ、開運への近道を闊歩しましょう。














参考価格: 1,300円 定期購読(2年プラン)なら1冊:792円

日本のよきヒト・モノ・コトをお届けします

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

送料
無料

文藝春秋

2022年01月08日発売

目次: 民主主義という幻想 古風堂々㉝ 藤原正彦

創業の精神 坂本政謙

外科の歴史をたどる 山本健人

ファッションが生き残るために 冨永 愛

虫がいない 丸山宗利

本を書くために芸人になった 兼近大樹

無敗の男が敗けた 常井健一

パンデミック・あれこれ 岸 惠子

エライ人はやっぱりエライのよ 日本人へ221 塩野七生

「新しい資本主義」
<緊急寄稿>岸田文雄総理
モノから人へ――私の目指すグランドデザインを初公開する

◎政治記者123人が選んだ
ポスト岸田は林、河野、茂木を高市が追い、5年後は福田の圧勝
次の総理、5年後の総理

林 芳正
「同志を募り、手を挙げる」

福田達夫
「安倍さんは尊敬しています」

立憲民主党がまるでダメな理由 青山和弘

女性首相は我慢しない ブレイディみかこ

<独占インタビュー>
安倍晋三 危機の指導者とは
「リーダーには決断力と兵を養う“情”が必要だ」

ANAコロナ戦記 片野坂真哉

愛子天皇への道 石井妙子

<皇室の危機を考える>
天皇を鍛えた男たち 米田雄介

「人新世の『資本論』」に異議あり 先崎彰容

筒井康隆 「美女」は消えますか?

特集 2022年はどうなる?

習近平とプーチンの罠 中西輝政

「老人支配国家」に明日はない E・トッド

「悪い値上げ」傾向と対策 熊野英生

ポストコロナの生命観 山極壽一×福岡伸一

寂聴と晴美(下)男はいけにえ 下重暁子
「鎌倉殿の13人」を夫婦で愉しむ 本郷和人×本郷恵子
舞台になった「千と千尋の神隠し」 夏木マリ×鈴木敏夫×ジョン・ケアード
神田沙也加「瞳のかがやき」 宮本亞門

創刊100周年記念企画

1周忌 会社員・半藤一利 平山周吉

文藝春秋と私「ドタバタ昭和探訪記」 佐藤愛子

「文藝春秋」が伝えた政治家の肉声 曽我 豪

<新連載>菊池寛 アンド・カンパニー2 鹿島 茂

女子大生はなぜ乳児を殺めたか 三宅玲子

部落解放同盟の研究2 西岡研介

<新連載>記者は天国に行けない
組織や権力のくびきに無縁で、矜持を忘れない記録者の顔 清武英利

有働由美子対談37 角幡唯介(探検家)「カーナビ、スマホは使わない」

ニッポンの100年企業2 阪急阪神ホールディングス 「小林一三」という求心力 樽谷哲也

第83回 文藝春秋読者賞発表

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼平松洋子、中島岳志、原田マハ ▼今月買った本 手嶋龍一 ▼著者は語る ▼新書時評

▶︎赤坂太郎 ▶︎新聞エンマ帖 ▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎大相撲新風録・佐藤祥子 ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎蓋棺録 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック

新世界地政学125 船橋洋一

ハコウマに乗って12 西川美和

日本の地下水脈19 保阪正康

ゆびさきに魔法7 三浦しをん

グラビア

▶︎日本の顔(夏木マリ) ▶︎同級生交歓 ▶︎名画が語る西洋史114 ▶︎名品探訪4「華のある靴」 ▶︎軽井沢に棲まう ▶︎新連載 至福の贈り物2(井上荒野) ▶︎目耳口 ▼小さな大物(大江麻理子)

短歌・堂園昌彦、俳句・小川春休、詩・建畠 晢

参考価格: 960円

発行部数64万部は総合月刊誌のトップです。時代におもねらない編集方針は年令、地域、職業を越えて幅広い読者からの支持を得ています

  • 2021/12/10
    発売号

  • 2021/11/10
    発売号

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

月刊WiLL(マンスリーウイル)

2021年12月20日発売

目次: ◎櫻井よしこ 新春二大対談
■安倍晋三・櫻井よしこ…台湾侵攻は中国の自殺
■北村滋・櫻井よしこ…先端技術 中国には断じて渡さない

◎北京ジェノサイド五輪
■阿比留瑠比…ヌルい、ユルい! 岸田外交 中国のご用聞きか
■井沢元彦・石平…習近平の泣きっ面(ツラ)政敵叩き(バッシング)がとんだブーメラン
■佐藤正久…人権外交 行動する日本を示せ
■菅野志桜里…世界が問う岸田政権の人権感覚
■山口敬之…外交ボイコット 実はヌルい選択
■髙山正之・坂東忠信…在日中国人 内なる敵か その数ナント250万人
■ほんこん・竹内久美子…国防動員法で一斉蜂起したら…
■藤井厳喜・林建良…日本人はイチコロ あッと驚く中国罠(チャイナトラップ)
■野村旗守…英タブロイド紙で大炎上 中国の臓器狩り

◎議会の常識
■白川司…妄言・暴言 暴走老人と化した川勝平太静岡県知事
■小宮あんり…居座り 木下富美子議員を辞職に追い込むまで

◎氷川政話
■氷川貴之…立民「枝野・蓮舫」が消えた理由(わけ)

◎専門家の弊害
■掛谷英紀・田中秀臣…尾身茂・八割おじさん・矢野財務次官 専門家はなぜウソつきなのか
■森井じゅん…給与もGDPも上がらない 元凶は「消費税」です―なぜか

◎台湾危機
■河野克俊・佐々木類…やるか、やらないかではなく、条件が整えば必ずやる
■古森義久…北朝鮮・中国のミサイル脅威「ごっこの仮想現実」と言い放つ朝日

◎《地球賢聞録》特別版
■馬渕睦夫…プーチンが憂慮の警告! 西側の文化革命はロシア革命の再来

◎韓国、炎上!
■松木國俊…渋沢栄一まで「悪行」よばわりする韓国
■WWUK…世界中で大ヒット 韓国ドラマ『イカゲーム』は日本発祥で炎上
■馬場信浩…慰安婦像をめぐる米国孤軍奮闘の記 岸田さん、韓国に一歩も妥協しないで

◎米国発LGBTQ問題
■早川俊行…米国「性・文化大革命」報告 女性を自称する性犯罪をどうする!?
■Blah(在米日本人ブロガー)…保守回帰したヴァージニア州 過激 リベラル教育に立ち上がった親たち

◎文通費問題のウラガワ
■丸山穂高…こんなに「おいしい議員特権」

◎性の不自由
■赤川学…「オナニーの自由」考
■斉藤章佳…盗撮はレッキとした依存症

◎エネルギー問題
■杉山大志…脱炭素で自滅する民主主義陣営

◎集中連載12
■渡辺惣樹…革命家レーニン、その素顔

◎グラビア
現代写真家シリーズ…森田敏隆「日本の美しい町並」

◎エッセイ
■古田博司…《たたかうエピクロス》惜しみなく愛は与ふ、ふたたび。
■西岡力…《月報 朝鮮半島》拉致被害者救出は「最後の勝負」へ
■中村彰彦…《歴史の足音》幕末への出発点「尊号一件」と松平定信
■白川司…《Non-Fake News》『鬼滅の刃』が炙(あぶ)り出した朝日病
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
ほか

参考価格: 950円 定期購読(3年プラン)なら1冊:760円

大人の常識。オトナが発信する、オトナが読める、オトナのための雑誌。

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年12月25日発売

目次: 早坂隆/大規模接種に見る自衛隊の実力と誇り

【特集:岸田政権の対中姿勢を問う】
田久保忠衛/首相は外交・安保通と本当にお思いか
篠田英朗/人権外交が握る国家の命運
矢板明夫/最悪の時期の宏池会政権
阿比留瑠比/実像つかめない「ウナギ宰相」
二宮清純×野口健/世界主導する外交的ボイコットを
宮崎正弘/熱狂と冷却とを繰り返す日中関係
グレンコ・アンドリー/ウクライナ・台湾二正面に備えよ
森喜朗/中国派にならずとも日中交流進めた理由

【特集:やばいぞ日本】
平野秀樹×宮本雅史/顔が見えない侵略者
安藤慶太/国民主権権脅かす無節操な住民投票
仲新城誠/住民投票条項を石垣市は廃止した

【特集:令和の安全保障考】
岩田清文/日米の反撃力が中国侵攻を抑止する                           
大澤淳/そのスマホアプリ安全ですか?
数多久遠/見過ごされている「国内防衛」の重要性
藤谷昌敏/「ファイブアイズ」に日本が加盟すべき理由
宮川眞喜雄/先端防衛産業確保し経済安保を強化せよ

安倍晋三×浜田宏一/民間の知恵が生んだアベノミクスの成功
石原慎太郎/生きるという事の意味合い

【特集:初夢は正夢か!?】
福田ますみ/ポリコレ社会になった!
潮匡人/憲法改正で国防軍ができた
竹田恒泰/旧宮家養子実現へ 皇室典範改正改正!
杉山大志/全原発停止で日本は極寒に
杉山隆男/尖閣が中国領になった!
織田邦男/「NAIPTO」発足で台湾有事を未然防止

【特集:中国人権弾圧】
三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑥」明らかにされる収容所体制
<証言1>アニワル(仮名・男性)「帰化しか選択肢がなかった」/<証言2>サルダル(仮名・男性)「出張で収容所に送られた知人」
ハリマト・ローズ/国際社会の圧力が収容所の仲間救う
丸山治章/ウイグル人を助けるということ

久保田るり子/日米間を分断した文政権の4年半
ジェイソン・モーガン/ジャーナリストが暴く左翼集団の対米戦争

【好評連載!】
河村直哉/【産経新聞の軌跡―昭和20年代編 第3回】労働争議の嵐の中で
宮本雅史/【訥行塾】⑧若手官僚らが国家のあり方を考える/日本人つくる道徳教育を

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/12/01
    発売号

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料
定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

最大
30%
OFF
送料
無料

毎日が発見

2021年12月28日発売

目次: ぽっこりおなかを解消 血圧も血糖値も下がる
肝臓ダイエット
3回目接種の疑問にお答え
これからのコロナ素朴な疑問
脳梗塞・脳出血から命を守る
有賀薫さんの3具材でおかずスープ

参考価格: 792円 定期購読(3年プラン)なら1冊:552円

楽しく健やかな「50代から始まる新しい人生」のために

  • 2021/11/28
    発売号

  • 2021/10/28
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/08/28
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/28
    発売号

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊 Hanada

2021年12月20日発売

目次: 【総力大特集130ページ! やっぱり安倍さんだ!】
◎安倍晋三×百田尚樹  世界史を変えた日本【『[新版]日本国紀』特別対談】
◎安倍晋三×櫻井よしこ 1・菅さんとの強い絆 2・台湾有事は日本有事だ
◎安倍晋三 台湾「国策研究院」で、台湾有事を大いに語る
◎安倍晋三 日豪は特別な戦略的パートナーだ!
◎菅義偉 【退任後初の独占ロングインタビューで全てを語る!】総理在任一年、私は間違っていなかった
◎山口敬之 高市早苗待望論と彼女の弱点【令和4年の政局・永田町インサイド】
◎八幡和郎 立憲民主党は悪い友人と手を切れ!
◎山岡鉄秀 河野太郎は中国に都合のいい政治家
◎松尾雅人 自民党の勝因は「システムセールス」
◎山際澄夫 中国が激怒した「安倍発言」【左折禁止】
◎門田隆将 岸田親中政権が嵌った「罠」【現場をゆく】
◎青山繁晴 新しき年に独裁との宥和を断つ【澄哲録片片】
◎佐藤優  外務省ロシア・スクールのサボタージュ【猫はなんでも知っている】
◎堤尭×久保紘之 「聞く力」より「説く力」だよ!【蒟蒻問答】

【総力大特集 習近平包囲網を!】
◎島田洋一 北京五輪開会式全面ボイコットを!
◎野口健  中国を五輪から排除せよ!
◎遠藤誉  習近平「歴史決議」の全真相!紅いDNAを持つ最後の男の長期戦略を丸裸にする!
◎梅崎義人 地球最大最後の漁場資源「日中南極オキアミ争奪戦」に負けるな!
◎長谷川幸洋 林芳正外務大臣流「米中二股外交」の危険

【特別寄稿】
先崎彰容 令和日本のテロリズム

【大反響!池田大作と中国共産党3】
小川寛大 創価大学は池田大作の「最後の砦」

【新型コロナ最前線!】
木村盛世 オミクロン株でも尾身茂分科会の大罪
片山さつき×福崎智司 次亜塩素酸水こそコロナ対策の要だ

【Dappi問題で特大ブーメラン】
岩瀬朗 立憲民主党、組織ぐるみのツイッター攻撃

【成年後見制度の地獄】
長谷川学 成年後見制度を強制する東京都大田区役所の異常【告発レポート!】

【壮絶闘病記】
高須克弥 全身がんになって人生がもっと楽しい

【著者インタビュー】
小川榮太郎『作家の値うち』

【グラビア特集】
20世紀の肖像1・マリリン・モンロー

【大反響連載!】
室谷克実  隣国のかたち  中韓「キムチ」紛争
重村智計  朝鮮半島通信  文在寅大統領は「進むも地獄、留まるも地獄」
深谷隆司  一言九鼎  わが盟友・石原裕次郎(前編)
新田哲史 ファクトチェック最前線 辻元清美の被害者面
なべおさみ エンドロールはまだ早い フランク・シナトラ(上)
野口みずき  私のらくらく健康法 (取材・文/笹井恵里子)
笹井恵里子  暮らしの救急箱   急性アルコール中毒に注意せよ
白澤卓二  ボケない食事   ビタミンB12
高田文夫  月刊Takada   エロ光線にまどわされ
平川祐弘 一比較研究者の自伝  源氏物語を日英両語で読む 

加地伸行 一定不易
石平 知己知彼  朝鮮半島こそ歴史の加害者
九段靖之介 「賃上げ」のホントの責任者
田村秀男  常識の経済学 日本で財政破綻危機が起きない理由 
有本香 秦郁彦さん、『日本国紀』をまだ「陰謀史観」と嗤いますか 
久保弾 「世界の常識を疑え」   ウクライナ情勢は米ロの"駒"

蛭゛芸子  電脳三面記事
河村真木  世界の雑誌から
堤堯の今月この一冊
西川清史の今月この一冊
谷口智彦の今月この一冊
向井透史  早稲田古本劇場

みうらじゅん シンボルズ
高野ひろし  イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
小林詔司  コバヤシ鍼灸院
村西とおる  人生相談「人間だもの」
爆笑問題  日本原論

編集部から、編集長から

※休載
D・アトキンソン「ふたつの島国で」




参考価格: 950円 定期購読(1年プラン)なら1冊:871円

花田紀凱責任編集!読者の「知りたい」欲求に応える強力月刊誌

  • 2021/11/26
    発売号

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/25
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌