• 雑誌:Pen(ペン)
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • 参考価格:[紙版]800円
  • 雑誌:Pen(ペン)
  • 出版社:CCCメディアハウス
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月28日
  • 参考価格:[紙版]800円
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 28%OFF

Pen(ペン)

送料無料で毎号お手元にお届けします!
  • 雑誌
  • デジタル版
  • 28%OFF

Pen(ペン)

送料無料で毎号お手元にお届けします!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
Pen(ペン)のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

Pen(ペン) 雑誌の内容

新しい視点と美意識で、ほかにはない独自のスタイルを提案するクオリティマガジン「毎号が永久保存版!」
モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。

Pen(ペン)の無料サンプル

2015年4/15号 (2015年04月01日発売)
2015年4/15号 (2015年04月01日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

Pen(ペン) 2022年9月号 (発売日2022年07月28日) の目次

【特集】英国が生んだ最上級SUV
レンジローバーで走れ!

いつの時代も最上級SUVとして君臨してきた「レンジローバー」。
本格オフロード走行が可能でありながら、上品で洗練された性格という見事なまでのギャップをもち、世界中のセレブリティも魅了。
本格派のアメリカ車にも質実剛健なドイツ車にもない世界観をもつ。
そんなレンジローバーが満を持して5代目へとモデルチェンジした。
凸凹をまったく感じさせないスムーズな外装に、静寂が広がる空間とラグジュアリーなインテリア。
さらなる高みを目指したレンジローバーは、どこに向かうのか?
半世紀にわたる歴史とオーナーたちのスタイルから、その本質を分析する。

半世紀で5台を所有した、筋金入りオーナーが魅力を語る

このクルマはなぜ、SUV最高峰と評価されるのか?

新型レンジローバー、その走りが表現する新しい世界

「車輪にのったアート」を目指した、確信のデザイン術をひも解く

「モダンラグジュアリー」を探す、新型レンジローバーの旅
Trip Scene 千里浜なぎさドライブウェイ 石川県羽咋郡
土管のゲストハウス〈長野県・御代田町〉× 佐藤オオキ
Trip Scene カクレハ高原キャンプ場 岐阜県高山市
木工藝ギャラリー清雅-SEIGA-〈群馬県・甘楽町〉× 須田賢司
Trip Scene Azumi Setoda 広島県尾道市
グレイスワイン〈山梨県・勝沼町〉× 三澤茂計・三澤彩奈
Trip Scene 秋吉台 山口県美祢市
pesceco〈長崎県島原市〉 タネト〈長崎県雲仙市〉× 小山薫堂・井上稔浩・奥津 爾
Trip Scene 大観峰 熊本県阿蘇市

公私にわたって愛される、女王陛下のレンジローバー

5世代続く最高峰SUV、革新の歴史を振り返る

生活を豊かにするレンジローバー、特別な魔力をオーナーが語る
[フランス] 親子3代の暮らしには、レンジ・クラシックが欠かせない
[フランス] ブルゴーニュの醸造家が選んだ、最新モデルの使い勝手とは?
[アメリカ] 荒野を愛車で駆け巡る、冒険好きの航空宇宙技術者
[アメリカ] 自動車愛好家のコミュニティから、新しいカルチャーが生まれている
[イギリス] 5台のランドローバーをDIYでレストアする、生まれながらの情熱家
[イギリス] トレーラーに荷物を積んで、トランクは愛犬専用スペース
[イギリス] 冠水した道でもへっちゃらな、ケータリングの頼もしい相棒

挑戦を続ける姿勢が、未来を切りひらく


【第2特集】
日本で見る西洋絵画の名作

唯一無二のスタイル、ガブリエル・シャネルというデザイン

世界のいまがわかる、ミラノデザインウィーク最新レポート

鮮やかな世界に広がる、ルイ・ヴィトンの“真髄”

日本と欧州の工芸が出合う、ヴェネツィアで花開く匠の技

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】英国が生んだ最上級SUV
レンジローバーで走れ!

いつの時代も最上級SUVとして君臨してきた「レンジローバー」。
本格オフロード走行が可能でありながら、上品で洗練された性格という見事なまでのギャップをもち、世界中のセレブリティも魅了。
本格派のアメリカ車にも質実剛健なドイツ車にもない世界観をもつ。
そんなレンジローバーが満を持して5代目へとモデルチェンジした。
凸凹をまったく感じさせないスムーズな外装に、静寂が広がる空間とラグジュアリーなインテリア。
さらなる高みを目指したレンジローバーは、どこに向かうのか?
半世紀にわたる歴史とオーナーたちのスタイルから、その本質を分析する。

半世紀で5台を所有した、筋金入りオーナーが魅力を語る

このクルマはなぜ、SUV最高峰と評価されるのか?

新型レンジローバー、その走りが表現する新しい世界

「車輪にのったアート」を目指した、確信のデザイン術をひも解く

「モダンラグジュアリー」を探す、新型レンジローバーの旅
Trip Scene 千里浜なぎさドライブウェイ 石川県羽咋郡
土管のゲストハウス〈長野県・御代田町〉× 佐藤オオキ
Trip Scene カクレハ高原キャンプ場 岐阜県高山市
木工藝ギャラリー清雅-SEIGA-〈群馬県・甘楽町〉× 須田賢司
Trip Scene Azumi Setoda 広島県尾道市
グレイスワイン〈山梨県・勝沼町〉× 三澤茂計・三澤彩奈
Trip Scene 秋吉台 山口県美祢市
pesceco〈長崎県島原市〉 タネト〈長崎県雲仙市〉× 小山薫堂・井上稔浩・奥津 爾
Trip Scene 大観峰 熊本県阿蘇市

公私にわたって愛される、女王陛下のレンジローバー

5世代続く最高峰SUV、革新の歴史を振り返る

生活を豊かにするレンジローバー、特別な魔力をオーナーが語る
[フランス] 親子3代の暮らしには、レンジ・クラシックが欠かせない
[フランス] ブルゴーニュの醸造家が選んだ、最新モデルの使い勝手とは?
[アメリカ] 荒野を愛車で駆け巡る、冒険好きの航空宇宙技術者
[アメリカ] 自動車愛好家のコミュニティから、新しいカルチャーが生まれている
[イギリス] 5台のランドローバーをDIYでレストアする、生まれながらの情熱家
[イギリス] トレーラーに荷物を積んで、トランクは愛犬専用スペース
[イギリス] 冠水した道でもへっちゃらな、ケータリングの頼もしい相棒

挑戦を続ける姿勢が、未来を切りひらく


【第2特集】
日本で見る西洋絵画の名作

唯一無二のスタイル、ガブリエル・シャネルというデザイン

世界のいまがわかる、ミラノデザインウィーク最新レポート

鮮やかな世界に広がる、ルイ・ヴィトンの“真髄”

日本と欧州の工芸が出合う、ヴェネツィアで花開く匠の技

ほか、連載など。

Pen(ペン) 次号の予告 (発売日2022年08月26日予定)

第1特集 知らなかった、アンディ・ウォーホル
キャンベル・スープ缶やコカ・コーラ、マリリン・モンローなど、大衆に訴える作品でポップ・アートの旗手となったアンディ・ウォーホル。
20世紀を象徴するアーティストとして誰もが知る存在にもかかわらず、常に謎がつきまとい、好奇心をかきたてられる。
9月には京都市京セラ美術館を会場に、国内では久しぶりとなる大回顧展、『アンディ・ウォーホル・キョウト』/『ANDY WARHOL KYOTO』がスタート。
大量の日本初公開作品とともに、京都との知られざる関係がひも解かれる。
その多彩な作品群、取り巻いた人々を改めて見ていくと、抱いていたイメージを裏切るような彼の姿が浮かび上がってくる。
光と影、「ポップ」の裏側にうごめくもの……。巨人、・アンディ・ウォーホルの人間像に迫りながら、その魅力をいまふたたび解き明かす。

第2特集 建築と美食で選ぶ、京都のホテル最新案内

Pen(ペン) 2019年10/15号(2019-10-01発売) の特集を少しご紹介

いま飲むべき一本を探して、ウイスキーをめぐる旅。
P.20~P.83
ハイボールブームによって、ウイスキーは食事とも合わせられる、食中酒としての地位を確立した。だが皮肉なことに熱狂の裏で、看過できない状況も生まれている。需要が高まる一方、日本や海外の名門蒸溜所が深刻な原酒不足に陥っているのだ。時の産物の価格は天井知らずだが、いまこそ真価を問い直したい。本特集では基礎知識も押さえながら、本当に飲むべき一本を考える。これまで主流だった世界五大ウイスキーから新潮流まで、地域の特性、熟成の違いから生まれる、それぞれの個性に着目。また、スイーツとの相性など、細かな味わいにも目を向けた。ウイスキーをめぐる旅は、この一冊から始まる。さぁ、旅立とう! いま、王道のスコッチが再び注目される理由。 新興地域や日本ウイスキーのブームを経て、いま目利きたちはスコッチへと原点回帰しつつある。その理由を、3人のウイスキー通が語り合う。
ピアジェとゴールドの秘密を解く。
P.115~P.126
1874年創業のウオッチ&ジュエリーブランド「ピアジェ」。その魅力を語る上で外せないゴールドとの深い関係を4人の講師がひも解く。眩いゴールドは、いかに時計と出合ったのか。そもそも金とはどのようなものを指し、歴史上どのように扱われてきたのだろうか。金という素材、そして時計との出合いをひも解く。 真冬には深い雪に閉ざされる、スイス・ジュラ地方の山村ラ・コート・オ・フェの農園の一角に、ジョルジュ・エドワール・ピアジェが小さな時計工房を開いたことで、いまあるピアジェの歴史は始まった。当初製作していたのは、精密加工が求められる脱進機。やがてムーブメントの開発・製造を手がけるようになる。当時のムーブメントは、むろん懐中時計用である。高精度なピアジェ製ムーブメントは高く評価され、高級時計ブランドのゴールドケースに収められた。
極上のカシミアを追求する、ロロ・ピアーナの熱き想い。
P.94~P.99
希少なカシミアを生む牧場を支援し、持続可能なシステムまで構築するロロ・ピアーナ。今冬、アカデミー賞監督を起用した、カシミアのドキュメンタリー映像が公開される。 妥協のない品質を常に追求するラグジュアリーブランド「ロロ・ピアーナ」。世界最高の素材を使ったアパレルやアクセサリーなどを次々と生み出し、世界中で絶賛されている。最高級素材の中でも同ブランドが常に注目しているのがカシミアだ。 2009年から始まった「ロロ・ピアーナ・メソッド」と呼ばれるカシミア生産を促進する取り組みがある。これは内モンゴル自治区のアラシャン山脈中程で育てられる山羊の品質改良を目的としたシステム。カシミアはこの山羊から採られる繊維が原料となるが、このメソッドの導入によって、山羊一頭当たりの採取量を高く維持しながらも、より細いカシミア繊維を得られるようになった。

Pen(ペン) 2019年10/1号(2019-09-17発売) の特集を少しご紹介

ニューヨークを揺さぶった天才画家バスキアを見たか。
P.26~P.65
ジャン=ミシェル・バスキアについては、インパクトのある頭部や王冠の絵、あるいはドキュメンタリーや映画を通して知っているという人も多いだろう。だが作品をじっくり見たことはあるだろうか? 過去、日本での展覧会は数回きりだ。ここ数年、欧米では画期的な回顧展が開かれバスキア再発見の機運が高まっている。なぜならシンプルで直接的に見える作品の背後にはさまざまな意味があり、黒人のアイデンティティをモチーフとした重要な作品であることが示されたからだ。今年、待望の大規模展が日本で開かれる。バスキアを見る──いまこそ、その時だ。27歳で世を去った、彗星のごとき天才の生涯。アート界に彗星のごとく現れ、27歳という若さで亡くなったバスキア。グラフィティに始まり、短い生涯であったがさまざまな作品を生み出した。
創立80年を迎えたジャズ・レーベル ブルーノート伝説、再び。
P.70~P.93
ナチス体制の圧政から逃れ、ドイツからアメリカへ亡命したユダヤ系移民のふたり、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフがブルーノート・レコードを設立して、今年で80年を迎える。ビジネスは二の次に、常に聴きたい音楽を追い求める姿勢は、ジャズ・シーンを牽引する一大勢力として結実し、史上最強のレーベルへと駆け上る。ジャケット・デザインにも心を配った先見性は日本のクリエイターにも影響を与え、ブルーノート信者を拡大させた。そんな名門ジャズ・レーベルの実像に迫る。史上最強ジャズ・レーベルはなぜ、誕生したか。常に新しい才能とサウンドを追い求め、ジャズの歴史を切り拓いたブルーノート。史上最強と謳われるジャズ・レーベルの歴史と功績を振り返る。
HERM?S On the Journey
名作チェアと、育ちのいい服と。
P.96~P.101
コーディネートの主役はグラフィカルにレザーを組み合わせた、ハイクオリティなブルゾン。インナーは品よくシルク混のタートルネックを添えて、アーシーなカラーパレットでスタイリングした。ブルゾン(参考色)¥1,792,800、カットソー¥54,000、パンツ¥158,760、ブーツ¥177,120/すべてエルメス(エルメスジャポン) ソックスはスタイリスト私物 ベーシックながら仕立てのいいブルゾンに、シルク混で肌触りのいいタートルネックを合わせて、エレガントにまとめた。フォルムの美しいキャスケットが、クラシックなスタイルを演出。ブラックのトラウザーズで、ボトムはシックに締めたブルゾン¥401,760、ニット¥240,840、パンツ¥158,760、帽子¥70,200/すべてエルメス(エルメスジャポン)

Pen(ペン) 2019年9/15号(2019-09-02発売) の特集を少しご紹介

ファッションについて語るときにあの人の語ること。
P.36~P.83
最新の服に身を包んだ人=お洒落な人だろうか?ファッションが自分を表現するためのものであるならば、なにを着るかはもちろん、考え方やこだわりも、人の数だけあっていい。長年ファッションショーを見続けているベテラン記者の証言や、実用的で実務的なスタイリングを重視するスタイリストの哲学、手仕事でつくられた服を長年大切に着続ける書店店主の思想、スーツ探しを自分探しと言うファッション・ディレクターの人生観など、本特集では、ファッションと真摯に向き合う人たちが存分に語る。多様な価値観に触れると、ファッションがもっと楽しくなるはずだ。絶対に買うと決めている、デザイナー初期の服。後藤洋平 朝日新聞 ファッション担当記者 仕事柄、毎シーズン、世界各地でコレクションを見ているが、ファッションの現状を分析している自分と、買うならばどの服だろうかと見ている自分、2人の自分がいる。
MODE SCAPE
時代を牽引する16ブランドのクリエイション
P.84~P.101
PRADA 手仕事だからこそ伝わる、ロマンティックでポップなムード コミック調のポップなイメージをハンドニットで表現した、シェットランドウールのセーターはまさに主役級。今季のプラダを象徴する、ハート形のニットブローチも印象的。セーター¥524,880、シャツ¥246,240、パンツ¥155,520、ブローチ¥58,320、ベルト(上)¥54,000、ベルト(下)¥64,800、シューズ¥150,120(すべて予定価格)/すべてプラダ(プラダ クライアントサービス70120・45・1913) DIOR 本命コートで知る、ニューテーラリング キム・ジョーンズ自身が愛用しているこのコートは、クチュールの感性と現代のエスプリ、ミリタリーの意匠を融合した傑作。マスキュリンでミニマルな、ブラックのワントーンスタイルが潔い。メンズ向けとして再解釈された「サドル」バッグも、今季必携のアイテム。
語れるニュースタンダードで、秋冬を愉しむ。
P.102~P.119
トレンドを踏まえつつ、それに惑わされないリアルな着こなしこそ、大人の嗜み。語れる要素が満載の「新定番」を、ハイブランドの新作から見つけたい。トム フォードのレザーパンツ 今季、静かな流行となりそうなレザーパンツ。美しいシルエットとドレッシーなダブルカフスが融合した一本は、最上級のパラシュートナイロンを使ったボリューミーなダウンジャケットに合わせ、優雅なスポーツテイストに仕上げる。レザーパンツ¥561,600、ダウンジャケット¥464,400、セーター¥162,000、シューズ(参考商品)/すべてトム フォード(トム フォード ジャパン?03・5466・1123) セリーヌのシアリングコート ランチコートを思わせるカントリー感と、極上のメリノカーリーシアリングのラグジュアリーな肌ざわりが華麗に融合。絶妙な丈の長さやシルエットも際立つ逸品は、エディ・スリマンがイメージする現代的でフレッシュな英国スタイルを体現。

+   Pen(ペン)の目次配信サービス

Pen(ペン)のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.21
全てのレビュー:656件

レビュー投稿で500円割引!
気に入ってます
★★★☆☆2022年07月23日 たけさん 会社員
毎月楽しみにしています。さまざまな特集で興味が広がるところがおすすめです。
圧巻
★★★★★2022年06月03日 ヤス 会社員
感性を深掘りされる感じ。 素敵です。 好きです。
建築記事があるときに購入します。
★★★★★2022年04月04日 殿様ぺんぎん 経営者
Penの構成はわかりやすくて気に入ってます。 主に建築系の記事があるときに購入していますが、一般的な建築雑誌とは違う目線で描かれているところがいいです。 解説がわかりやすいのも魅力のひとつですね。
毎月楽しみにしています
★★★★★2021年11月30日 タマパパ 役員
以前は病院の待合室に置いてあったのを楽しみに読んでいましたが、コロナの影響で撤廃されてしまったので定期購読しました。色々なジャンルについて特集されていて写真も綺麗なので、興味のない分野でも楽しみながら読めます。疲れた時とか暇なときに読むのに最適です。
久しぶりの…
★★★★★2021年10月07日 Nonami 会社員
多分1年以上使ってなかったのに、いざというときに使えて助かりました。
クオリティの高い写真と編集
★★★★★2021年09月07日 アモーレ 自営業
アート好きの人には特にオススメの雑誌です。掲載されている写真はどれもクオリティが高く、特集も知識や教養が身につく興味深いテーマが選ばれています。 誌面レイアウトも綺麗で、センスが良い編集です。
月刊誌になって良くなったと思います。
★★★★★2021年08月30日 こっこ 自営業
月刊誌になり製本方法?も良くなり、バックナンバーとして保存しやすくなったと思います。 月2の時は号によって特集の内容に興味あるのと無いので差があり過ぎたので購入しない号もありましたが 月刊誌では今のところ内容も良く、幅広い世代も読め、何より男女問わず読める内容だと思います。 定期購読にして良かったです。
もっと頑張れ
★☆☆☆☆2021年08月07日 しゅうちゃん 自営業
定期購読を申し込んで7月号8月号が届きましたが、全然面白くなかった。以前吉田なぎ特集を見てとても気に入って定期購読を申し込んだが、途端内容がつまらなく、そして月一回発行になり、多分やがてこのまま雑誌終焉になる予感がします。奮励努力せよ!
すっごくいい!
★★★★★2021年06月05日 スマイル 自営業
センスいい雑誌ですね。サロンに並べてますが、人気の高い雑誌です。
良い本です
★★★★★2021年05月28日 ヨコちゃん 自営業
10年以上読んでますが、いろんな方面の情報が書いてるのでとても面白いです。 今後も読んでいきたいと思います。
レビューをさらに表示

Pen(ペン)をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

一歩先の大人の情報娯楽文化専門誌Pen(ペン)
CCCメディアハウスが発行している男のカルチャーライフマガジンです。1998年、月刊Pen(ペン)として新創刊されました。アナログからデジタルへと急速にインターネットが普及するなか、アナログの温かみを大切にしたいというコンセプトからこの誌名がつけられたそうです。創刊号の特集は、「蘇った英国へ」。毎回多岐にわたって最新のファッション、文化、暮らし、インテリア、アートについて特集記事が組まれ、そのどれもが一級品の分析と読みやすいテキストで読者を楽しませてくれる雑誌です。

固い記事だけではなく、酒やタバコ、アニメやコミックも特集に組まれたこともあり、どの年代にも性別関係なく幅広い読者層に愛されています。しかもとても深い分析記事、著名人へのインタビュー、読み応えは抜群です。Pen(ペン)を読めば、忘れていた「何か」に気づくはず。
毎号特集記事がどれも魅力的で、バックナンバーを調べてみればそこにはあなたの欲しい知識と教養、必要な情報が必ず手に入ります。
世界のトレンドを知れる大都市ニュースコラムもお楽しみのひとつ。インターナショナルなメディアを定期購読でお得に、いかがでしょうか。

Pen(ペン)のバックナンバー

※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】英国が生んだ最上級SUV
レンジローバーで走れ!

いつの時代も最上級SUVとして君臨してきた「レンジローバー」。
本格オフロード走行が可能でありながら、上品で洗練された性格という見事なまでのギャップをもち、世界中のセレブリティも魅了。
本格派のアメリカ車にも質実剛健なドイツ車にもない世界観をもつ。
そんなレンジローバーが満を持して5代目へとモデルチェンジした。
凸凹をまったく感じさせないスムーズな外装に、静寂が広がる空間とラグジュアリーなインテリア。
さらなる高みを目指したレンジローバーは、どこに向かうのか?
半世紀にわたる歴史とオーナーたちのスタイルから、その本質を分析する。

半世紀で5台を所有した、筋金入りオーナーが魅力を語る

このクルマはなぜ、SUV最高峰と評価されるのか?

新型レンジローバー、その走りが表現する新しい世界

「車輪にのったアート」を目指した、確信のデザイン術をひも解く

「モダンラグジュアリー」を探す、新型レンジローバーの旅
Trip Scene 千里浜なぎさドライブウェイ 石川県羽咋郡
土管のゲストハウス〈長野県・御代田町〉× 佐藤オオキ
Trip Scene カクレハ高原キャンプ場 岐阜県高山市
木工藝ギャラリー清雅-SEIGA-〈群馬県・甘楽町〉× 須田賢司
Trip Scene Azumi Setoda 広島県尾道市
グレイスワイン〈山梨県・勝沼町〉× 三澤茂計・三澤彩奈
Trip Scene 秋吉台 山口県美祢市
pesceco〈長崎県島原市〉 タネト〈長崎県雲仙市〉× 小山薫堂・井上稔浩・奥津 爾
Trip Scene 大観峰 熊本県阿蘇市

公私にわたって愛される、女王陛下のレンジローバー

5世代続く最高峰SUV、革新の歴史を振り返る

生活を豊かにするレンジローバー、特別な魔力をオーナーが語る
[フランス] 親子3代の暮らしには、レンジ・クラシックが欠かせない
[フランス] ブルゴーニュの醸造家が選んだ、最新モデルの使い勝手とは?
[アメリカ] 荒野を愛車で駆け巡る、冒険好きの航空宇宙技術者
[アメリカ] 自動車愛好家のコミュニティから、新しいカルチャーが生まれている
[イギリス] 5台のランドローバーをDIYでレストアする、生まれながらの情熱家
[イギリス] トレーラーに荷物を積んで、トランクは愛犬専用スペース
[イギリス] 冠水した道でもへっちゃらな、ケータリングの頼もしい相棒

挑戦を続ける姿勢が、未来を切りひらく


【第2特集】
日本で見る西洋絵画の名作

唯一無二のスタイル、ガブリエル・シャネルというデザイン

世界のいまがわかる、ミラノデザインウィーク最新レポート

鮮やかな世界に広がる、ルイ・ヴィトンの“真髄”

日本と欧州の工芸が出合う、ヴェネツィアで花開く匠の技

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】アイデアと行動力で世界を動かす、“仕掛け人”を探せ!

いつの時代も心を動かすモノやコトの裏には、“仕掛け人”と呼ばれる人たちがいる。
価値観が多様化した現在、多くの人の心を動かすのは簡単なことではないが、真摯に向き合い、自分の道を信じて進む人がいる。
今回、話題の番組を手がけたプロデューサーから新発想をかたちにする起業家やディレクターまで、個性と才能あふれる仕掛け人たちを取材した。
これから世界を牽引するのは、きっと彼らに違いない。
ホテルの内装やパッケージデザイン、ブランディングなどを手がける「サンラザール」。パリの事務所ではスタッフの会話が絶えない。
話題となるアイデアがここから生み出されていく。

いまの時代にふさわしい、新しい“つながり”で人の心を動かす
保持壮太郎/細川美和子/菅野 薫/東畑幸多/田辺俊彦(つづく)

バラエティからウクライナ料理まで、話題を集めている仕掛人22組

MEDIA
佐久間宣行(プロデューサー)
竹内文恵(プロデューサー)
押田友太(演出家)
イェンス・グリューナー(クリエイティブ・ディレクター)
ハイケ・システィッヒ(テレビ・ディレクター)

感動を与え、人々に拡散し、世間を騒がせる「広告」を語ろう
─福里真一/伊藤直樹/山田百音(広告ウヒョー!)

LOCAL
青山敦士(エントウCEO)
皆川壮一郎(クリエイティブ・ディレクター)
田代くるみ(地域プロデューサー)
東野唯史(空間デザイナー)

未来の起業家を片田舎で育てる、高等専門学校とは
─寺田親54 弘(神山まるごと高専〈仮称〉理事長〈予定〉)

移住先の生活に、「デザイン」を添えるクリエイターたち
─前村達也(コンセプト・ディレクター)

ART / DESIGN
神田宗俊(ディレクター)
ダヴィッド・グレットリ(クリエイティブ・ディレクター)
宮本武典(キュレーター) 
福田春美(ブランディング・ディレクター)
サンラザール(クリエイティブ・スタジオ)

ラムダンが仕掛ける、次のプロジェクトは?
─ラムダン・トゥアミ(クリエイティブ・ディレクター)

CULTURE
国井栄之(クリエイティブ・ディレクター)
今井雄紀(編集者)
大高健志(プロデューサー)
深井龍之介(起業家)

FOOD / DRINK
高橋博之(起業家)
村上純司(クリエイティブ・ディレクター) 
國友栄一(バリスタ)
アリッサ・ティモシュキナ(料理家)

7人のトップクリエイター、最新の“仕掛け”とは?
─佐藤オオキ 齋藤精一 佐藤 卓 小山薫堂 佐藤可士和 原野守弘 森本千絵

各界で活躍してきた3人が、“これからの仕事”について語る
─岡田 光 中原慎一郎 林 千晶


【第2特集】
ラグスポ誕生から50年
スポーツウォッチ最新案内

ルイ・ヴィトンが描く、機械式時計の可能性

美しき舞と詩情を時計に秘めた、ヴァン クリーフ&アーペルの妙技

創造の挑戦者たち
#67 岸井ゆきの 女優

ほか、連載など。
※Pen7月号増刊(特別版)は、通常版とは表紙デザインが異なります。                                      ※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



目次
Headliner
ファッションギャラリー
WORLD UPDATE
SDGs News
Mr.Children、永遠に響く歌
写真家が引き出した、ミスター・チルドレンの素顔 荒木経惟/藤代冥砂/平間 至/半沢克夫
頂点を走り続けて来た、デビューからの軌跡を振り返る
デビュー30周年、“半世紀”を目指してさらなる高みへ
アートディレクターが明かす、名作ジャケット誕生の物語(ストーリー) 森本千絵/信藤三雄/佐藤可士和
30周年ツアーでしかと目撃した、“半世紀”への一歩
文学的とも評される独自の歌詞世界を、カツセマサヒコが分析
音楽界に脈々と受け継がれる、ミスチルDNA 水野良樹(いきものがかり)/ミゾベリョウ(odolボーカル)/SKY-HI(アーティスト・音楽プロデューサー)/HiDEX(ベリーグッドマン)/Kan Sano(キーボーディスト)/桑原あい(ジャズピアニスト)
人気作曲家が考える、ヒット曲をこれだけ量産できる理由(ワケ)
あのミュージックビデオは、いかに撮影されたのか 林 響太朗/丹 修一
黎明期を知るジャーナリストが、30年の進化を語る 山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)/鹿野 淳(FACT代表)/小貫信昭(音楽評論家)
並木教授の腕時計デザイン講義
THE SOUND OF FOOTSTEPS
【第2特集】現代アートの最高峰 ゲルハルト・リヒターをひも解く
Chrome Hearts 美意識が細部に宿る、プレミアムなアイウエア
Breguet 旅先へ瞬時にいざなう、麗しき革新的な腕時計
Nikka Session 新たな景色を軽やかに描く、個性の共演
Panerai 未来を目指して、地球環境と共生する最新コレクション
エスパス ルイ・ヴィトン東京で、緑豊かな立体作品に出合う
創造の挑戦者たち
GOOD STUFF
ART
BOOK
CINEMA
MUSIC
ウワサの建築
家電コンシェルジュ
TOKYO sweets PATROL
今日はどっちのお取り寄せ?
ゴキゲン3選酒!
東京車日記
小山薫堂の湯道百選
大人が長く愛せる、パパスのモノ語り
CCCメディアハウス新刊書籍のご案内
Penで好評を博した特集・連載を書籍化。永久保存版、ペンブックスシリーズ
次号予告
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。





【特集】Mr.Children、永遠に響く歌

いつの日もこの胸に流れてるメロディー─
「innocent world」にあるこの一節のように、深く、広くリスナーの心に歌を届けてきたミスター・チルドレン。
90年代に爆発的ヒットを連発し国民的バンドとなり、CDからサブスクへと聴き方が様変わりした現代でも変わらず幅広い世代から支持を得続けている。
そして、2022年5月に30周年を迎えた彼らは、ツアータイトルに「半世紀へのエントランス」を掲げ、未来へ向けて走り続ける決意を表明した。
今回の特集では、彼らをリスペクトするミュージシャンや小説家、制作に携わったアートディレクターや映像作家らを取材。
誰もがその想いを、熱く熱く語ってくれた。
この特集が、まだまだ挑戦をやめないミスター・チルドレンへのエールとなることを願ってやまない。

写真家が引き出した、ミスター・チルドレンの素顔
荒木経惟
藤代冥砂
平間 至
半沢克夫

頂点を走り続けて来た、デビューからの軌跡を振り返る

デビュー30周年、“半世紀”を目指してさらなる高みへ

アートディレクターが明かす、名作ジャケット誕生の物語(ストーリー)
森本千絵
信藤三雄
佐藤可士和

30周年ツアーでしかと目撃した、“半世紀”への一歩

文学的とも評される独自の歌詞世界を、カツセマサヒコが分析

音楽界に脈々と受け継がれる、ミスチルDNA
水野良樹(いきものがかり)
ミゾベリョウ(odolボーカル)
SKY-HI(アーティスト/音楽プロデューサー)
HiDEX(ベリーグッドマン)
Kan Sano(キーボーディスト)
桑原あい(ジャズピアニスト)

人気作曲家が考える、ヒット曲をこれだけ量産できる理由(ワケ)

あのミュージックビデオは、いかに撮影されたのか
林 響太朗
丹 修一

黎明期を知るジャーナリストが、30年の進化を語る
山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)
鹿野 淳(FACT代表)
小貫信昭(音楽評論家)


【第2特集】
現代アートの最高峰
ゲルハルト・リヒターをひも解く

THE SOUND OF FOOTSTEPS

エスパス ルイ・ヴィトン東京で、緑豊かな立体作品に出合う

創造の挑戦者たち
#66 高橋悠介 クリエイティブ・ディレクター

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



【特集】初代からシン・ウルトラマンまで
ウルトラマンを見よ

1966年、映画の特撮技術を導入した怪獣番組「ウルトラQ」を経て、初代「ウルトラマン」が空前のブームを呼んでから半世紀以上。
いま、誰も見たことのない新しいウルトラマンが飛び立とうとしている。
『シン・ゴジラ』で特撮の可能性とその文化を改めて世に知らしめた庵野秀明と樋口真嗣。
そのふたりがタッグを組んで描く、空想特撮映画『シン・ウルトラマン』がまもなく公開を迎える。
彼らは再び、なにをつくろうとしているのか―。
出演者の声や制作の舞台裏をひも解くと同時に、歴代のウルトラマンシリーズやヒロイン、人気怪獣を振り返ろう。

『シン・ウルトラマン』で描かれる世界とは?

ウルトラマンはどのように生まれ、ブームとなったのか?

「テレビの時代」に円谷英二が残した、空想特撮の功績

成田亨が描いた、ウルトラの原点

特撮映画の牽引者は、『シン・ウルトラマン』でなにを描くのか?

最新技術で魅せるCG制作の裏側を、キーパーソンが語る

映像に生命を吹き込む音楽家、鷺巣詩郎の仕事

[コラム:ウルトラマンとは何者か?]
椹木野衣(美術評論家) 中沢新一(思想家・人類学者)

出演者たちが語る、作品への想いと制作現場の舞台裏
斎藤 工 西島秀俊 長澤まさみ 有岡大貴 早見あかり

齊藤工が刹那に捉えた、禍特対の片影

創造の源泉を辿り、過去と未来をつなぐ「庵野秀明展」

三者三様の視点で、「シン」を読み解く
岩井俊二(映画監督) 田中宗一郎(音楽批評家・編集者) 氷川竜介(アニメ・特撮研究家)

初代から最新作まで、ヒーローの辿った全軌跡を解説

“特撮”の裏に秘められた、社会問題へのまなざし

世代を超えて語り合える、人気怪獣25

新しい時代を示す、美しくも凛としたヒロインたち

気鋭の美術家が生み出した、怪獣やメカの造形美

いまも心に残る、あの名曲を生んだふたりの作曲家

巨匠の初期作からマーベル版まで、傑作コミックス

ファンの胸に宿る、ウルトラマンへの飽くなき愛
博多大吉 中村獅童 片桐 仁 ミハラヤスヒロ 柳家喬太郎

大人もハマる、ウルトラグッズを厳選

イベントから動画配信まで、ウルトラマンの最新情報をお届け!


GUCCI
BEYOND THE BOUNDARIES

あざやかに新生した、ディオールのパリ本店

ジャガー・ルクルトの創意と技術が織りなす、時と天体のつながり

ほか、連載など。
※デジタル版は紙の雑誌とは一部内容が異なり、掲載されない、または掲載期限のある広告や写真、記事、ページがある場合がございます。また、掲載されているプレゼント企画に、デジタル版ではご応募できません。あらかじめご了承ください。



[2022年春夏版]いま欲しい93の服と小物

コロナ禍の影響で、服を買いに出かける機会がすっかり減り、ファッションに気を遣うのが億劫になっている人も多いだろう。
しかし春が訪れて、新しい年度を迎えようとするこの時期は、旬の服に目を向け、自分をアップデートする絶好のタイミングだ。
今回の特集では、2022年春夏シーズンの新作から、人気ブランドの注目アイテム、シーン別のお薦めワードローブ、10万円以下で見つけた一流メゾンの名品まで、思わず手に取りたくなる服と小物を93点厳選した。
この中から自分の琴線に触れるものを見つけ、ファッションの楽しみを思い出してほしい。

春夏のベストアイテム14
ルイ・ヴィトンのグラデーションバッグ
eYe ジュンヤ ワタナベ マンの転写プリントジャケット
グッチのアロハシャツ
バレンシアガのチャンキースニーカー
エルメスのプルオーバーシャツ
ディオールのパッカブルコート
プラダのバケットハット&サングラス
ボッテガ・ヴェネタのニットデニムパンツ
メゾン マルジェラのラバーバッグ
ジョルジオ アルマーニの5つボタンスーツ
セリーヌ オム バイ エディ・スリマンのペインターウエスタンシャツ
フミト ガンリュウのコラボスニーカー
トッズのランニングスニーカー
オニツカタイガーのナイロンパーカ

あのクリエイターが、いま着たい服
渡来 徹(花道家)
磯村勇斗(俳優)
城二郎/吉田 能(YouTuber)
シソンヌ 長谷川 忍(お笑い芸人)
米倉強太(映像作家)

“新しい服”から見えるもの─石戸 諭

解放的なムードを纏う、旅のベストパートナー
特別な時間を過ごす、さりげないドレスアップ
都会で実力を発揮する、アウトドア系アイテム

価値観が変わりゆくいま、ファッションの未来を探る─宮田裕章

専業・特化型ブランドのシグネチャーアイテムに注目
「着たい」を形にした、スタイリスト発ブランドが熱い
アンダー10万円で買える名品
日々の着こなしを心地よく更新する、9のキーアイテム


Headliner
モンブラン マイスターシュテュック
ネオブリーフケース

並木教授の腕時計デザイン講義
11限目 スモールセコンド付きのスポーティモデル

創造の挑戦者たち
#64 岩元航大 プロダクトデザイナー

東京車日記
Vol.67 ボルボ FH 4×2トラクター

ほか、連載など。

文芸・総合 雑誌の売上ランキング

1 週刊文春

文藝春秋

最大
50%
OFF
送料
無料

週刊文春

2022年08月10日発売

目次: 【大特集 統一教会の大罪】
・安倍晋三元首相と統一教会 全内幕
・統一教会の嘘を暴く献金極秘文書
・山上徹也は統一教会に返金より母の脱会を求めた
・韓鶴子「女帝の正体」

・上沼恵美子
  悲痛告白120分「4月23日、私は引退を考えた」
・小室圭さん
  44平米愛の巣の代償

…ほか

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:240円

最もポピュラーな大衆紙の一つ、『週刊文春』

  • 2022/08/04
    発売号

  • 2022/07/28
    発売号

  • 2022/07/21
    発売号

  • 2022/07/14
    発売号

  • 2022/07/07
    発売号

  • 2022/06/30
    発売号

2 月刊 Hanada

飛鳥新社.

最大
8%
OFF
送料
無料

月刊 Hanada

2022年07月26日発売

目次: 目次

【追悼大特集 240ページ 安倍総理よ、永遠に】
◎安倍晋三元総理大臣 絶筆
◎菅義偉前総理 痛哭の独占手記 安倍総理の遺志を継ぎ、私が日本を取り戻す
◎櫻井よしこ 「安倍政治」継承、岸田総理への不安
◎百田尚樹 今も、心に残る「ありがとう」
◎谷口智彦 安倍総理、話があべこべです
◎石橋文登 幻となった安倍再々登板―安倍なき自民党は制御不能か
◎加藤康子×有本香 本当の安倍晋三さんをもっと、もっと知ってほしかった
◎小川榮太郎 岸田総理とその幕閣に与ふ
◎兼原信克 新しい日本人のアイデンティティ
◎篠田英朗 安倍外交は何を達成したのか
◎門田隆将 存在自体が日本の抑止力
◎山口敬之 「非業の死」が安倍晋三を生んだ
◎金美齢 代わりになる人は誰もいません
◎堤堯×久保絋之【蒟蒻問答】 日本丸を導く「北極星」だった
◎長尾たかし 最高の褒め言葉、無鉄砲免許皆伝
◎深谷隆司 胸が熱くなった安倍元総理の「花は咲く」
◎大崎洋(吉本興業HD会長) 安倍総理からいただいた課題
◎なべおさみ 忘れちゃいけない晋三さんへの恩義
◎藤原かずえ 銃撃の原因となった「反アベ無罪」
◎八幡和郎 暗殺を"教唆"した「アベガー」の大罪
◎山際澄夫 朝日新聞が放った安倍政治への銃弾
◎河井克行 朝のこない夜はない
◎佐藤優 ロシア政治エリートが安倍晋三氏を尊敬する理由
◎加地伸行 隅に向いて泣く有れば
◎E・ルトワック 稀代のリーダー・安倍晋三の戦略と「深み」
◎石平 習近平を圧倒した安倍外交の快進撃
◎有本香 護国の虎が残した大和魂
◎田村秀男 安倍氏の遺志を継ぐ政治家は結集せよ
◎九段靖之介 ようやく時代が安倍氏に追いついた
◎平川祐弘 誰が「日の丸」を高く掲げるか
◎各国首脳「追悼の言葉」/エリザベス女王・トランプ前大統領・蔡英文総統・ゼレンスキー大統領ほか

【追悼グラビア】
日本が泣いた日

【独走スクープ! 上海電力という深い闇 第3弾】
山口敬之 橋下徹がついた致命的なウソ

【『禁断の中国史』刊行特別対談】
百田尚樹×石平 『禁断の中国史』が日本を目覚めさせる

【ロシアとウクライナ、どちらが有利か】
小泉悠×黒井文太郎 【徹底討論120分! 】ゼレンスキ―大統領暗殺の可能性

【実子誘拐告発シリーズ】
西牟田靖 ミツカン「種馬事件」2 家族破壊工作の全貌

【大反響連載! 】
渡辺利夫 新・痩我慢の説 立国は私なり、公に非ざるなりについて
飯山陽 偽善者に騙されるな「弱者に寄り添う」という偽善
重村智計 世界から悼まれる安倍元首相の死に鞭を打つ
村西とおる 有名人の人生相談「人間だもの」
私の"おいしい"お国自慢 鈴木貴子 北海道「秋鮭・羅臼昆布ふりかけ、ほか」
道場六三郎 私のらくらく健康法 (取材・文/笹井恵里子)
笹井恵里子 暮らしの救急箱 危険すぎる! 熱帯夜の扇風機と窓開け
白澤卓二 ボケない食事 牡蠣
高田文夫 月刊Takada たくさんの「さよなら」
河村真木 世界の雑誌から
堤尭の今月この一冊 石平×ロバート・D・エルドリッヂ『これはもう第三次世界大戦 どうする日本』
西川清史の今月この一冊 エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』
向井透史 早稲田古本劇場

みうらじゅん シンボルズ
高野ひろし イカの筋肉
秋山登の今月この一本+セレクション
爆笑問題 日本原論「炎上しなくて炎上……」

編集部から、編集長から

参考価格: 950円 定期購読(1年プラン)なら1冊:871円

花田紀凱責任編集!読者の「知りたい」欲求に応える強力月刊誌

  • 2022/06/24
    発売号

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/04/26
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/26
    発売号

3 サンキュ!

ベネッセコーポレーション

最大
8%
OFF
送料
無料

サンキュ!

2022年07月25日発売

目次: 別冊付録1 火を使わない最速飯/別冊付録2 教育費まるわかりBOOK/特集 ずぼら片づけでスッキリ

定期購読(1年プラン)なら1冊:486円

暮らしに役立つ情報満載の情報誌

  • 2022/06/24
    発売号

  • 2022/05/25
    発売号

  • 2022/04/25
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/25
    発売号

最大
22%
OFF
送料
無料

月刊WiLL(マンスリーウイル)

2022年07月26日発売

目次: ◎安倍晋三元総理追悼大特集 ―死の壮絶とその志―
■櫻井よしこ…安倍元総理は日本の誇り
■百田尚樹・井沢元彦…死者にムチ打つ「朝日」の品性
■菅義偉…今こそ安倍晋三の出番
■岩田温…「同じ空気を吸いたい」菅前総理がみせた誠意
■高市早苗…《早苗の国会月報》誓います 安倍元総理への恩返し
■小川榮太郎…慟哭(どうこく)いまだ止まず 日本の砦(とりで)となった人
■谷口智彦…G7首脳 伊勢神宮表敬の快挙
■門田隆将・有本香…中国覇権に立ちはだかった「自由の守護神」
■阿比留瑠比・髙橋洋一…財務官僚と朝日を相手に一歩も引かず
■藤井厳喜・古田博司…左派メディア、リベラル教授も加担 安倍元総理を殺害した“悪意の銃弾"
■谷本真由美…エリザベス女王「安倍さんは私たちの仲間です」
■加藤康子・江崎道朗…冷やメシ覚悟で立ち上げた歴史研究会
■齋木昭隆…拉致「一時帰国」を一蹴した安倍さん
■河野克俊…誇らしい最高指揮官
■藤井聡…死の直前、安倍さんの闘志「次は絶対やりますよ」
■陳銘俊…安倍元総理は台湾の永遠の友人
■佐々木類・井上和彦…日本の宝が奪われた
■朝香豊・茂木誠…安倍亡きあと 自民党の「リベラル」化を憂う
■有馬哲夫…“敵"にも信頼された安倍さん
■小野寺まさる・長尾たかし…中川さんも安倍さんも“マスコミに殺された"
■白川司…称賛の嵐 世界の首脳が寄せた追悼の辞/安倍政権 七つの偉業
■編集部…グラビア特集 安倍晋三メモワール

◎氷川政話
■氷川貴之…「テロは安倍のせい」―言葉を慎め、小沢一郎

◎岸田総理、頼むよ!
■髙山正之・石平…唯一の被爆国だからこそ核を持て!

◎まだまだくすぶる
■有村治子・平井宏治…日本学術会議正さねば

◎戦争いまだやまず
■大野和基…世界の知性が占う「ウクライナ後」

◎ロシアに潰(つぶ)された私にスクープ
■岡部伸…プーチンの詭弁(きべん)に騙されるな

◎文在寅、逮捕はあるか
■松木國俊・西岡力…韓国大統領はエセ保守だ

◎あのテドロスも、大物学者も
■掛谷英紀…新型コロナ=武漢研究所流出説を認定

◎信じる、信じない?
■奥野修司…「あの世」を信ずる人、信じない人

◎エネルギー安全保障
■奈良林直…岸田さん、ナニ考えてるの? 世界は原発再稼働へ

◎集中連載19
■渡辺惣樹…ロシア革命なる

◎エッセイ
■小名木善行…憲法という誤訳
■古田博司…《たたかうエピクロス》日本フェミニズムの崩壊
■西岡力…《月報 朝鮮半島》安倍元総理が播(ま)いた被害者救出の種
■馬渕睦夫…《地球賢聞録》安倍晋三元総理を偲(しの)ぶ 単独犯行とは思えない
■中村彰彦…《歴史の足音》維新後、北白川宮はなぜ創設されたのか
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
ほか

参考価格: 980円 定期購読(3年プラン)なら1冊:760円

大人の常識。オトナが発信する、オトナが読める、オトナのための雑誌。

  • 2022/06/24
    発売号

  • 2022/05/26
    発売号

  • 2022/04/26
    発売号

  • 2022/03/25
    発売号

  • 2022/02/25
    発売号

  • 2022/01/26
    発売号

5 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2022年08月01日発売

目次: 【特集 安倍晋三の遺志を継げ】
■阿比留瑠比/まかれた種を次の世代につなげ
■田久保忠衛/時代を先取りした不世出の指導者
■金美齢/日本には稀有な戦う政治家
■竹田恒泰/皇室を守り抜いた尊皇の気概
■屋山太郎/念願は憲法改正して普通の国になること
■西岡力/命懸けだった闘いの記録
■八木秀次/日本の救世主か 松陰の生まれ変わりか
■古森義久/米国内の評価を一変させた祖国愛
■岩田規久男/岸田政権がなすべきアベノミクスの完遂
■田村秀男/PB黒字化目標 完全撤廃へ結束せよ
■楊海英/アジア諸民族への深い理解と支持
■林智裕/「反アベ無罪」に寛容すぎた社会
■矢板明夫/台湾に走った激震
■江崎道朗/国際政治変えた三つの業績
■織田邦男/安心感失った後の外交・安保政策を憂う
■岩田温/全てを背負った要の喪失
■河崎真澄/李登輝先生への手紙
■森喜朗/絶対に言えなかった「第三次安倍政権」

●月刊「正論」編集部/日米訓練に水差す岸田首相の感度疑う
●松原実穂子/日本のサイバー能力は本当に低いのか
●有馬純/日本のエネルギー政策を取り戻そう
●第二尚家23代当主 尚衞×仲村覚/沖縄の人々は先住民族にあらず

▼清水ともみ/漫画『墓標なき草原』
②牧畜民 バイワル--74ページ一挙掲載!
三浦小太郎/「在日ウイグル人証言録⑪」
府は人権状況を調べよ〈証言1〉ハイレット(男性)「発信が許されない社会」〈証言2〉グリ(仮名・女性)「国際社会の抗議は効いている」〈証言3〉アリフ・ミジト(男性)「ウイグル人の意識を持てば罪」

■椎谷哲夫/安倍氏も嘆いた「埼玉LGBT条例」
■鎮目博道/「表現の不自由」で面白さ失ったテレビ

【好評連載!】
●河村直哉/【産経新聞の軌跡】昭和20年代編
第9回 独立自尊の国へ 憲法改正 正面から訴え
●宮本雅史/「訥行塾」14~若手官僚らが国家のあり方を考える
安全保障戦略の欠陥とインテリジェンス
●杉山隆男/海洋軍事小説「Sub」深海の防人たち
第6回 大統領直々の使者

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2022/07/01
    発売号

  • 2022/06/01
    発売号

  • 2022/04/30
    発売号

  • 2022/04/01
    発売号

  • 2022/03/01
    発売号

  • 2022/02/01
    発売号

6 文藝春秋

文藝春秋

送料
無料

文藝春秋

2022年08月10日発売

目次: 内と外では大違い 古風堂々㊵ 藤原正彦

「再乱入ライブ」の高揚 山下洋輔

NY物価高ライフ 津山恵子

最高の料理をつくるために 平松博利

「映像の世紀」の音楽とは 加古 隆

寅さん、パリっ子を魅了 鈴木 仁

精養軒百五十周年 濱 嘉之

池田武邦さんと軽巡洋艦「矢矧」 梯久美子

『金色夜叉』再び 日本人へ228 塩野七生

<緊急特集>テロルの総決算
安倍元首相 暗殺と統一教会 深層レポート
安倍のビデオ出演を口説いた 勝共連合会長の激白 森健+本誌取材班

SPはなぜ山上を撃たなかったか 麻生 幾

伯父・晋三の遺志を継ぐ 岸信千世

追想・安倍晋三内閣総理大臣 北村 滋

清和会七人のバトルロイヤル 赤坂太郎

どうなる? 日銀総裁人事 軽部謙介

本誌「語録」に刻まれた功と罪 曽我 豪

「テロ連鎖」と「動機至純主義」 保阪正康

中国は信頼を裏切った 駐日米国大使 R・エマニュエル

わが友・葛西敬之氏を偲ぶ 杉田和博

今なぜ現代思想か 浅田 彰×千葉雅也

<没後100年>森鴎外の「煩悩」 山崎國紀×朝井まかて×若林 悠

第167回芥川賞発表
食、恋愛、ムカつき。不穏な職場で事件が……
おいしいごはんが食べられますように 高瀬隼子(たかせじゅんこ)

<受賞者インタビュー> 私の中の芦川さんと押尾さん
<選評>山田詠美 島田雅彦 小川洋子 松浦寿輝 吉田修一 平野啓一郎 奥泉 光 川上弘美 堀江敏幸

御巣鷹「和解の山」 柳田邦男

98歳、筋トレ始めました 信友直子×良則

美空ひばり邸の三婆
息子と付き人が「お嬢」秘話を公開 加藤和也 関口範子 辻村あさ子

創刊100周年特別企画
<ウクライナ戦争と太平洋戦争>

ウクライナ戦争「超精密解説」 小泉 悠 高橋杉雄

証言・ソ連を北海道から撃退せり 早坂 隆

ガダルカナル80年目の教訓 野中郁次郎 大木 毅

日本人難民を北朝鮮から救った「神様」 城内康伸

文藝春秋が報じた軍人の肉声 辻田真佐憲

カブール陥落一年の記
アフガニスタン国特命全権大使 岡田 隆

自衛隊大物OBは告発する 堀川惠子

<読者投稿>「私の貧幸生活」 選・構成 倉本 聰

<創刊100周年記念企画>

揺籠と編集長 北村 薫

菊池寛アンド・カンパニー9 鹿島 茂

部落解放同盟の研究5 TBS糾弾と自主規制 西岡研介

世界最高の長寿食6 家森幸男

仁義なきヤクザ映画史6 伊藤彰彦

記者は天国に行けない8 清武英利

ニッポンの100年企業9 グンゼ 祖業をやめてニッチで生きる 樽谷哲也

有働由美子対談44 坂上 忍 俳優・タレント  一線を越えないテレビはつまらない

<新連載>病葉草紙 第一話 馬癇 後編 京極夏彦

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼古市憲寿、池上彰、佐久間文子、梯久美子 ▼今月買った本 綿矢りさ ▼著者は語る ▼新書時評

▶︎新聞エンマ帖 ▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎大相撲新風録・佐藤祥子 ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック ▶︎蓋棺録

新世界地政学132 船橋洋一

ハコウマに乗って19 西川美和

ゆびさきに魔法14 三浦しをん

グラビア

▶︎日本の顔(富野由悠季) ▶︎名品探訪11「静謐の白いシャツ」 ▶︎名画が語る西洋史121 ▶︎瀬戸内をゆく旅 ▶︎小さな大物(宮田裕章) ▶︎同級生交歓 ▶︎目耳口 ▶︎至福の贈り物9(久住昌之)

短歌・岡本真帆、俳句・越智友亮、詩・井戸川射子

参考価格: 960円

発行部数64万部は総合月刊誌のトップです。時代におもねらない編集方針は年令、地域、職業を越えて幅広い読者からの支持を得ています

  • 2022/07/08
    発売号

  • 2022/06/10
    発売号

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/08
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

7 ゆほびか

マキノ出版

最大
50%
OFF
送料
無料

ゆほびか

2022年08月16日発売

目次: 血糖値がみるみる下がる!高血圧・肥満・動脈硬化も撃退!
糖尿病に絶対ならない!
最強の生活術

Part①
それは猛烈なだるさから始まった!
自らの糖尿病を描いた漫画家が振り返りレポート
①マンガ「それは猛烈なだるさから始まった!」
②糖尿病の治療にはスタートダッシュが肝腎。そして病気の怖さを知ること
③境界型糖尿病や糖尿病初期なら食事制限と運動で早期に血糖値を下げられる
漫画家/GONZUI
愛し野内科クリニック院長/岡本卓

Part②
薬で血糖値を下げると死亡率が急増!2型糖尿病はやせれば寛解する!
医師が提唱「脱インスリン」のススメ
①医師が明言!2型糖尿病患者の8割はインスリンを分泌しており注射は不要!
②インスリンの分泌や効きに大きく関与!内臓脂肪を減らす食事と運動のポイント
愛し野内科クリニック院長/岡本卓

Part③
検証動画が大人気のYouTuberが公開!先食べで糖尿病を予防・改善!
「食後血糖値を上げない食べ物」ベスト10 医師もコメント!
①食べ物による血糖値の変化を自ら検証し動画公開。糖尿病改善に役立て健康体に!
②糖尿病予備軍ココさんの検証結果は?「食後血糖値を上げない食べ物」ベスト10
③【医師コメント】興味深い結果。食べ順と栄養素に気を配って血糖コントロールを
YouTuber/糖尿病予備軍ココ
イシハラクリニック副院長/石原新菜

Part④
医師もスルスル18kgやせた!最新のダイエット理論「炭水化物インスリンモデル」で
糖尿病の原因“肥満”を解消!
①「ギリギリ正常値」は実は危険!糖尿病のいちばんの対策はストレスなくやせること
②「食前30分前に水を飲む」「食後すぐに家事をする」……血糖値を抑える7つの習慣
株式会社健康管理室統括産業医・総合内科専門医・循環器専門医/益江毅

Part⑤
360mgの血糖値が1週間で正常化!
“デブの糖尿病”を完治に導く「ガチ筋トレ」
①糖質を食べても血糖値が正常をキープ!高強度筋トレが軸の「王城メソッド」
②血中の糖を取り込む能力を高めるには「スクワット」と「デッドリフト」が最強!
③初心者はジム通いを推奨!限界寸前まで追い込む「ガチ筋トレ」のやり方
経営者・ブロガー/玉城恋太

Part⑥
国立大学教授が考案!
食後1分の「ゆるジャンプ」で血糖値が下がる!やせる!
①有酸素運動×筋肉強化の相乗効果で糖尿病に著効!動脈硬化・脳梗塞も防ぐ!
愛媛大学大学院教授・愛媛大学医学部附属病院抗加齢・予防医療センター長/伊賀瀬道也

連載③
カリスマ骨格矯正士清水ろっかんの痛みリセット大全
肩こり・五十肩リセット

流すと部屋が“森”になる!自然エネルギーがあふれる!
高血圧・うつ・薄毛も解消!
水琴の音色CD
医師も愛用!
★「水琴」の詳細と特別付録「水琴の音色CD」の楽曲紹介と効果的な聴き方
①水琴の発する高周波の共鳴が体も脳も心も癒して病気や不調を取り除く
②自然音のゆらぎが脳機能を高めて認知症にも効く!ゴキブリも出なくなった!
③医師もクリニックで愛用!自律神経の活力を高めて不調を一掃する水琴の音色
④水琴の音色が流れるサロンはパワースポットそのものと大好評!便秘も撃退!
⑤「水琴の音」を流すだけで部屋にバリ島の天然自然界エネルギーが満ちた!
音・環境プロデューサー/大橋智夫
癒しの杜 にしかわクリニック院長/西川潤
ほか

並木良和
奥平亜美衣
「あの世を想い、この世を生きる」
【並木良和】亡くなったあの人の笑顔に出会うために
①僕たちは意識を向けさえすればいつでも向こうの世界とつながることができる
②悲しみや寂しさの感情から抜け出したとき亡くなった人と幸せを分かちえる
 ●悲しみや寂しさがスーッと抜けていく方法
 ●亡くなった人と瞬時につながり楽しい気持ちになれる方法
③今この瞬間に全ては存在して与えられている。大切なのは「今に生きる」こと
【奥平亜美衣】世界の見方を変えてこの世を生き切るために
④わたしたちは「この世」という壮大な仮想現実空間で人生ゲームをしている
⑤肉体は今いるこの場所にしか存在できないが霊魂はどこにでも存在できる
⑥見守ってくれる存在のいる「あの世」があると思って自分の人生を生き切る
スピリチュアルカウンセラー・作家/並木良和
作家/奥平亜美衣

斎藤一人 無敵の人生に変わる!
「龍神さまに愛される生き方」
①圧倒的なエネルギーで人生が拓かれる!幸せしかない世界が訪れる!一人さんが教える「龍的な生き方」
②明るくふわふわな愛の波動へ!一瞬で龍神さまが飛んできてくれる「ダイヤモンドのご真言」
★新刊本『斎藤一人 龍のように生きる』を3名様にプレゼント
全国累積納税額日本一・銀座まるかん創設者/斎藤一人
実業家・斎藤一人さんの名代/みっちゃん先生

金運・仕事運・人間関係運が爆上がり!難を除け幸をもたらす!
奇跡の「龍神絵画」
①“奇跡の龍画家”による「龍神絵画」が幸せを呼ぶ!柄と瓜二つの龍雲が現れる!
②幸運が満ち願いが叶う!珠玉の「龍神絵画」と「龍神写真」を一挙公開!
③「龍神絵画」を待ち受けにしたら宝くじに当せん、家族にもラッキーが連続!
★「龍神おまもりカード」特別付録
龍画家/絵獅匡
ほか

マスク老け顔・ほうれい線・たるみを一掃!
自然な笑顔で気分アップ!人間関係が好転し運もよくなる!
ハッピー顔トレ
①マスクで垂れ下がった頬をアップ!口角の上がった明るい笑顔になる「顔トレ」
②正しい姿勢と連動した顔筋トレで効果が倍増!小顔になってほっぺたもふっくら!
③「ハッピー顔トレ」お勧め5種のやり方
 ●目パッチリ!頬の位置を上げる「頬のVトレ」
 ●マリオネットラインを薄くして口角のバランスを整える「口角舌筋ストレッチ」
 ●二重あご解消!「ウートレラウンド」
 ●目の周りのシワ、たるみ撃退!目パッチリ!「アイトレ」
 おでこの横ジワ、眉間の縦ジワ改善に「前頭筋スライド」
④シワシワの首、こけた頬が顔トレで劇的に若返り!口角も上がり明るい顔に!
⑤還暦後に始めた顔トレであごがスッキリ!目もパッチリ!年々若返っていく!
表情筋研究家/間々田佳子

参考価格: 770円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:395円

30~50代の女性のための、最新の医学・美容・ダイエット情報誌

  • 2022/07/14
    発売号

  • 2022/06/16
    発売号

  • 2022/05/16
    発売号

  • 2022/04/15
    発売号

  • 2022/03/16
    発売号

  • 2022/02/16
    発売号

8 毎日が発見

毎日が発見

最大
30%
OFF
送料
無料

毎日が発見

2022年07月28日発売

目次: 精神科医・和田秀樹先生の
脳から若返る生き方
やりたくないことはやらない/生活の中で「実験」してみる/食べるなら安い赤身の肉/筋力・体力を維持する体づくり/入浴はぬるめ、散歩はゆっくり/インターネットで前頭葉いきいき
ラクしてキレイな水回り
頑張らない!夏の掃除&片付け
ズボラ時短掃除術/厳選洗剤でキレイに/浮かせる収納
村上祥子さんの健康レシピ
もずく酢おかず25品
もずくの驚きの健康効果/玉ねぎ、ミニトマト、ちくわ... 「もずく酢」に合う16の食材
足がむくむ、ボコボコしてくる
下肢静脈瘤は自分で改善
ワクチンの効果は10年以上/ストレス、不眠はリスク大
インタビュー
前田美波里さん、草彅 剛さん

参考価格: 792円 定期購読(3年プラン)なら1冊:552円

楽しく健やかな「50代から始まる新しい人生」のために

  • 2022/06/28
    発売号

  • 2022/05/28
    発売号

  • 2022/04/28
    発売号

  • 2022/03/28
    発売号

  • 2022/02/28
    発売号

  • 2022/01/28
    発売号

9 文藝

河出書房新社

最大
30%
OFF
送料
無料

文藝

2022年07月07日発売

目次:
目次

◎金原ひとみ責任編集 特集 私小説

プロローグ 金原ひとみ

【短篇】
村上龍「ユーチューブ」
尾崎世界観「電気の川」
西加奈子「Crazy in Love」
島田雅彦「私小説、死小説」
町屋良平「私の推敲」
しいきともみ「鉛筆」
金原ひとみ「ウィーウァームス」

【ブックガイド】
金原ひとみ編集長・選 私小説的小説10

【エッセイ】
温又柔「「私」の小説」
MOMENT JOON「ラッパーが〈私〉を生きるということ」
高井ゆと里「舌は真ん中から裂ける」

【論考】
千葉雅也「「私小説」論、あるいは、私の小説論」
水上文「輪郭を描く 新・私小説論序説」

【特別企画 4月26日、金原ひとみとピクニックに行く】
植本一子「写真を取るか 撮らないか」
滝口悠生「ポニー公園」
王谷晶「大丈夫なひとが森へ行く」
高瀬隼子「あの日わたしがしなかったことの話」
エリイ「クラウン・シャイネス」
児玉雨子「帰宅混乱者」



◎創作
飛浩隆「鹽津城(しおつき)」
巳衣子、鮫を踏みてこの地に渡りきたりき……そのしばらく前、地球にとつじょ悪魔があらわれ、不浄な世界は鹵(しお)に覆われようとしていた。SF界の巨匠がおくる、新たなる国創りの物語。

遠野遥「浮遊」
親の無関心を気にもとめず、歳の離れた会社経営の男と暮らす高校生のふうかは、日々、ホラーゲームで悪霊たちから逃げ続け―。現実がどこまでも希薄化する新たなゲーム文学。

長井短「ほどける骨折り球子」
妻の球子(たまこ)は俺を庇って骨折ばかりする。俺も球子を守りたくて夫婦で〝守りバトル〟に没頭するある日、勤め先に俺が会社の金を横領していると電話が入り―。俊才の小説第二作、初中篇。


◎特別寄稿1
信田さよ子「母が生んだ娘が母を育てる 宇佐見りん『くるまの娘』を読む」

◎特別寄稿2
橋本輝幸「先駆者にしてアウトサイダー オクテイヴィア・E・バトラー論」

◎第8回日本翻訳大賞受賞記念企画
クラリッセ・リスペクトル ウクライナ・ユダヤ・ブラジル
【短篇】
福嶋伸洋 訳「パンを分かち合う」
福嶋伸洋 訳「神を赦す」
【論考】
福島伸洋「言葉という官能 クラリッセ・リスペクトル論」

◎連載
若竹千佐子「かっかどるどるどぅ」【最終回】籠もよみ籠持ち
朝吹真理子「ゆめ」【第2回】
皆川博子「風配図 Windrose」【第3回】
桜庭一樹「波間のふたり」 【Vol.3,4】
島本理生+岩崎渉「トランス」【第3回】
いとうせいこう「東北モノローグ」【第4回】
町田康「ギケイキ」【第38回】

文芸的事象クロニクル2022年3月~5月 山本貴光
この装幀がすごい!【第9回】ゲスト 石田真澄 /川名潤・佐藤亜沙美

文芸季評 たったひとり、私だけの部屋で
2022年4月〜2022年6月「「私」と文学」水上文

◎書評
絲山秋子『まっとうな人生』【評】藤井聡子
村田沙耶香『信仰』【評】年森瑛
綿矢りさ『嫌いなら呼ぶなよ』【評】三木那由他
岡田利規『ブロッコリー・レボリューション』【評】高山羽根子
ジャネット・ウィンターソン 木原善彦 訳『フランキスシュタイン』【評】西條玲奈
大前粟生『死んでいる私と、私みたいな人たちの声』 【評】夏木志朋
ダグラス・スチュアート 黒原敏行 訳『シャギー・ベイン』【評】樋口恭介
ダヴィッド・ラプジャード 堀千晶 訳『ちいさな生存の美学』 【評】築地正明



参考価格: 1,485円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,039円

綿矢りさ、羽田圭介、青山七恵、磯﨑憲一郎、町屋良平、若竹千佐子……文学シーンに多くの新人を送り出す「文藝賞」と、文学の「いま」を発信!

  • 2022/04/07
    発売号

  • 2022/01/07
    発売号

  • 2021/10/07
    発売号

  • 2021/07/07
    発売号

  • 2021/04/07
    発売号

  • 2021/01/07
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌