ホームシアター・ホワイエ 表紙
※定期購読のイメージ画像
この商品は現在休刊となっております。

ホームシアター・ホワイエのバックナンバー

ホームシアター・ホワイエの内容

「Home Theater」誌は、ホームシアターという用語が、わが国でまだ一般的でなかった20年以上前より号を重ね、2013年WINTERにて通巻60号に至りました。この節目を迎え、小誌はタイトルをHome Theatre”Foyer(ホワイエ)”と改め、再出発します。ホワイエとは、いわば、劇場のロビー。これから始まるエンタテインメントに心躍らせながら、目的を持った人々が集まる社交場です。家族や友人が集うみんなのリビングを、この”ホワイエ”にしようというご提案です。
定期購読(紙+デジタル)とは

ホームシアター・ホワイエの商品情報

商品名
ホームシアター・ホワイエ
出版社
ステレオサウンド
発行間隔
季刊
サイズ
B4

ホームシアター・ホワイエ取扱い開始コール♪

「ホームシアター・ホワイエ」定期購読・月額払い購読が取扱いされた時にお客様にお知らせいたします。ご希望の場合はメールアドレスをご登録ください。メールにてご案内いたします。ご登録は無料です!
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

ホームシアター・ホワイエの無料サンプル

Vol.55 Autumn (2011年09月10日発売)
Vol.55 Autumn (2011年09月10日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ホームシアター・ホワイエのレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.10
  • 全てのレビュー: 10件
新しいスタイルのAV雑誌
★★★★★2014年06月15日 かつサンド 自営業
毎号美しい写真と端正な文章で見るのが楽しみです。リニューアルして更によくなったので定期購読にしました。
楽しい
★★★★★2014年02月19日 シーちゃん 自営業
ホーシアターの枠にとらわれず、AVを中心にしたライフスタイルマガジンという狙いが当たっていると思う。AVは万人共通のよりどころであり、今後もたのしみです。
リニューアルして期待しています
★★★☆☆2013年03月14日 jk4uao 会社員
定期講読で毎号読んでます。リニューアルしてさらに良くなったと思います。自宅のシアターのグレードアップの参考になります。
ホームシアターの参考に
★★★☆☆2012年11月01日 JK4UAO 会社員
毎号欠かさず読んでいますが、自宅のホームシアターのグレードアップの参考にしています。豪華なシアターが多いので実践するのは難しいですが…インテリアもおしゃれなのが多いので参考にしています。
検討中
★★★★☆2011年11月30日 おやおや 会社員
ホームシアターの検討に
ホームシアター計画の参考に
★★★★☆2011年08月05日 puyopage 会社員
10年ぶりぐらいにこのジャンルの雑誌を読みましたが、やはり楽しいです。オーディオ機器とPC、ネットワークを全て一体とした環境を構築しようとする方向性は、とても参考になりました。
マイシアター
★★★☆☆2011年02月17日 kunkyochan 会社員
これから家を建てるなど、マイシアターを考えている人には、読んで損のない本だと思う。私もこの本を熟読して、ミニシアタールームを作りました。
インテリア
★★★★☆2008年02月21日 パタ吉 自営業
ホームシアターと聞けばAV機器に目がいきがちですが、この本はソファーや照明など、インテリアにも言及していて、なかなか面白いです。
マイシアター構築に必須
★★★★★2005年12月15日 sham 部長
グラビアはかなり豪華なホームシアターが多いのですが、家具・インテリアや設置方法など参考になります。いつかこんなマイシアターを作るために頑張ろう、という励み効果もあるかも。もちろん、AV機器の最新情報も満載なので、AVマニアには役立つ雑誌といえます。ステレオサウンド社だけに、AVとはいえハイエンド志向といえましょう。
これから始める方もぜひ
★★★★★2005年05月19日 きんぽうざん 自営業
これからの家電はそれぞれがネットワークしていくものですから、よく吟味して購入したほうが良いので、これからホームシアターを始める人や、そこまでこだわってないけど、液晶テレビやDVDレコーダーなどの購入を考えている方にもお勧めできます。もちろん現在ホームシアターをしている方の今後のグレードアップに必ず参考になりますよ。

ホームシアター・ホワイエの所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.