小説現代 発売日・バックナンバー

全149件中 1 〜 15 件を表示
<特集>
宮田愛萌 春、出逢い 
部活存続の危機に直面していた文芸部部長の吉徳紅乃は、ひょんなことから短歌甲子園出場を目指すことに。作家・短歌研究員でもある宮田愛萌さんによる青春短歌小説第一弾!

宮田愛萌 ロングインタビュー 
       ねてもさめても本のなか

創作をめぐる旅 vol.2  対談 三浦 香 × 宮田愛萌

<W全編公開>
乃南アサ マザー 
母親だって、人間なんですーー。これまであまりにも当たり前の存在だったはずの母たちが己の生を奪還したとき、家族と社会に待っていたものは。直木賞作家による5作からなる珠玉の短編連作。

書評 マライ・メントライン 吉田伸子

全編公開 第18回小説現代長編新人賞受賞作
桜井真城 雪渡の黒つぐみ 
燃える城。裏切りのくノ一。山に潜むは異教の徒。冬の東北に蠢く“巨大な眼”の陰謀に、七色の声を操る若き忍者が迫る!

桜井真城 インタビュー
書評 縄田一男 末國善己 


<特別企画>
能登半島大地震 応援企画「あえのがたり」特別鼎談
加藤シゲアキ×小川哲×今村翔吾
いつか立ち上がる日のために、今できること。最注目作家たちによる小説企画、始動。


<発表>
吉川英治四賞発表
第58回吉川英治文学賞 黒川博行 第9回吉川英治文庫賞 阿部智里
第45回吉川英治文学新人賞 藤岡陽子 第58回吉川英治文化賞

<シリーズ>
海堂 尊 プラチナハーケン1980 第2部  

砂原浩太朗 江戸紫 

君嶋彼方 真白のまぼろし

青波杏 無窮花の咲く街で(2) 

<読み切り>
森バジル 透けてますけど?

成田名璃子 腐海の底からこんにちは
 

<コラム>
〆切めし 村木嵐
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
意志強ナツ子 るなしい

<本>
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 池澤春菜
今月の平台  

第19回小説現代長編新人賞募集
第71回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 
1,000円
<総力特集>
「あの一行」の衝撃から37年 禁断の実写化 十角館への招待状
「映像化不可能」と言われ続けた衝撃作が、まさかのドラマ化! 10の欠片を集め終えたとき、あなたは必ず「館」に誘われる。

綾辻行人 ロングインタビュー 館の誕生
s
十角館をまだ訪れたことのないあなたへ 朝宮運河

美麗コミック版豪華試し読み『十角館の殺人』 清原 紘
十角館から始める有名ミステリ作品の旅 若林 踏

「十角館」の知られざる原点
幻影の城から異形の館へ受け継がれたもの 若林 踏

Huluオリジナルドラマ「十角館の殺人」
読んでから観るか、観てから読むか 
 
十角の館はいかに改装されたか~受け継がれる“館”のDNA~ 若林 踏

綾辻行人×伊坂幸太郎 特別対談
ミステリの“憲法”――受け継がれる理

超レア級! 限定愛蔵版秘蔵エッセイ特別再録 私の『十角館』

「館」シリーズ全作解題 若林 踏

<シリーズ>
海堂 尊 プラチナハーケン1980 第1部
『ブラックペアン1988』で「オペ室の悪魔」と呼ばれた外科医・渡海征司郎の若き日々。病院改革を目指す佐伯教授の露払いを命じられた彼は、なぜ悪魔的手技を持つに至ったのか。

<特別企画①>
新感覚朗読劇「Staging!!」特別対談
神谷浩史と小川哲が誘う前代未聞の朗読劇
構想四年。三人の演出家が主役の朗読劇はどうやって生まれたのか。原作に施された超絶技巧と演じる側の心持ち。観劇前必読の対談をご覧あれ。

原作掲載
四月十一日を千二百回繰り返したと主張する男 小川 哲

<全編公開>
阿部暁子『カフネ』 
法務局に勤める野宮薫子は、溺愛していた弟が急死して悲嘆にくれていた。弟が遺した遺言書から弟の元恋人・小野寺せつなに会い、やがて彼女が勤める家事代行サービス会社「カフネ」の活動を手伝うことに。弟を亡くした薫子と弟の元恋人せつな。食べることを通じて、二人の距離は次第に縮まっていく。

阿部暁子『カフネ』全編公開記念インタビュー (聞き手:吉田大助)
『カフネ』書評 三宅香帆/マライ・メントライン


<特別企画②>
柴田勝家 ショロトルの裔
『メタリックルージュ』スピンオフ短編第3弾!

<読み切り>
坂崎かおる あたたかくもやわらかくもないそれ

高瀬乃一 慈悲の鐘

『無間の鐘』書評 田口幹人/久田かおり/理流
 

<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
〆切めし くわがきあゆ
武田砂鉄 もう忘れてませんか?
今月の才能箱 湯上響花

<漫画>
意志強ナツ子 るなしい

<本>
ミステリー 若林 踏 
青春・恋愛小説 吉田大助 
時代小説 柳亭小痴楽 
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子 
読書中毒日記 こだま 
今月の平台  

第19回小説現代長編新人賞募集
第71回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 


1,200円
豪華対談
松本幸四郎×永井紗耶子
「きらんと光る!? 江戸時代が生んだクリエイターの魅力に迫る」
永井紗耶子さんの直木賞受賞第一作『きらん風月』の主人公・栗杖亭鬼卵とはどんな人?
いま、歌舞伎の世界でもっとも鬼卵を知る松本幸四郎さんと、その魅力を語りつくします。

尾上松也×今村翔吾
「同世代対談 令和を背負う二人の竜馬がゆく」
歌舞伎と小説の世界で活躍する二人は、現在39歳の同級生。本業の傍らプロデュース業など人と人を結び付けて様々なことに挑戦を続ける二人に、40目前の「今」を熱く語っていただきました!
 
鶴澤寛太郎×三浦しをん
「知れば知るほど面白い! 日本が誇る人形浄瑠璃の世界」
太夫・三味線弾き・人形遣いの「三業」から構成される日本固有の伝統芸能・人形浄瑠璃。その味わい深き魅力について、親交の深いお二人に縦横無尽に語っていただきました。

伝統芸能の世界を描く短篇小説
坂井希久子 浅草名物 浅草観音裏小路(2)

砂原浩太朗 華の面

永井紗耶子 きらん一幕

永井紗耶子 インタビュー

特別寄稿
夢枕獏  「夢枕獏版 怪談・牡丹灯籠」を振り返って
     古典はいつの時代でも最新の高出力エンジンである

柳亭小痴楽 初小説 粗忽一家

<全編公開>
『流氷の果て』一雫ライオン
本誌初登場!『二人の嘘』で日本中の心を震わせた著者待望の新作は、平成期の東京で起こった難事件を追跡するエモーショナル・ミステリー!

『流氷の果て』一挙掲載記念特別掲載記念寄稿 「端っこの意地」一雫ライオン
書評 内田剛


<読み切り>
三浦しをん はらから

上村裕香 生きていけんの

<特別企画>
柴田勝家 銃口は烟り
テレビアニメ「メタリックルージュ」絶賛放送中! SF作家・柴田勝家が描くスピンオフ連載第2弾。凸凹刑事コンビ・アッシュとノイドの波瀾に満ちた初捜査の行く末は。
 

<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
〆切めし 外山 薫
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 

<漫画>
意志強ナツ子 るなしい

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの 
青春・恋愛小説 三宅香帆 
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ  
読書中毒日記 アユニ・D 
今月の平台 

第18回小説現代長編新人賞発表
第19回小説現代長編新人賞募集
第71回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 
<映画公開>
2024年1月12日(金)公開
『ある閉ざされた雪の山荘で』映画化記念
主演 重岡大毅 スペシャルインタビュー
東野圭吾さんの傑作ミステリがついに映画化。
WEST.の重岡大毅さんが「観客全員が騙されてほしい」と語る本作の魅力に迫る!

<全編公開>
夏原エヰジ『カワイソウ、って言ってあげよっかw』
平凡な自分へのコンプレックスと親友たちへの羨望が募る仁実は、全てを投げ出したくなって急遽渡韓を決意した。しかし、玄関を開けた先に待っていたものはーー。「生きづらさ」にメスを入れる、夏原エヰジの新境地。

夏原エヰジ インタビュー
「生きづらさ」をかつてない描き方で
第13回小説現代長編新人賞奨励賞受賞作「Cocoon」シリーズでおなじみ、夏原エヰジさんが新作に込めた思いとは。シリーズ完結までの道のりと、5周年に向けた意気込みも語っていただいた。

加々『カワイソウ、って言ってあげよっかw』ちょい読みコミック

<スペシャル対談>
メフィストリーダーズクラブ特別出張 新作連載開始&刊行記念対談
「ミステリ川」の流れに乗って――AAの系譜 有栖川有栖×荒木あかね
荒木さんが作家を志すきっかけとなった有栖川さんと初対談! 
影響を受けた作品、共通する筆致が今、明らかに。

<シリーズ>
神永学 悪魔の怒り

砂原浩太朗 白い檻

王谷晶 かたす・ほかす・ふてる

<初登場>
小田雅久仁 越境者

<特別企画>
徹底解剖 メタリックルージュ
2024年1月開始の再注目アニメが「小説現代」に登場! アニメ界の最強タッグで送る、SFノワールバディアクションの魅力を徹底紹介。

柴田勝家 グラモーラの歌声
<追悼企画>
追悼 伊集院静さん 
伊集院静の眼差し
角田光代 池井戸 潤 中島京子 朝井まかて 塩田武士 加藤シゲアキ 他

<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
〆切めし 森 バジル
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 

<漫画>
意志強ナツ子 るなしい

<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏 
青春・恋愛小説 吉田大助 
時代小説 柳亭小痴楽 
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子  
読書中毒日記 東山彰良 
今月の平台 
第19回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 


<特集>
12月1日(金)公開! 『隣人X -疑惑の彼女-』映画公開記念
上野樹里 林 遣都 インタビュー
疑惑をかけられたものと、それを追うもの。7年ぶりの映画主演となる上野樹里さんが、林遣都さんと初共演! パリュスあや子さんが手掛けた原作との比較、見どころや演じられた役柄の魅力を存分に語っていただきました。

パリュスあや子 新作『アレアレ!』冒頭先行掲載
還暦をすぎた進が夢中になったもの、それはロードバイクに乗ることだった。フランスで由緒あるサイクリングイベント「PBP」に参加した進は、総距離1200kmの完走を目指す。

全編公開 樺 ユキ 漫画『画家とAI』
戦争の影が忍び寄る小さな国オートランド。若き画家モーリスは「やり方を見せれば、すぐに同じことができる」新種の生物ノームと出会う。モーリスはノームの能力に感激するが、彼らは次第に画家の仕事を奪っていくーー。「芸術」と「AI」そして「戦争」を描く、超長編読み切り漫画、モーニング・ツーWEBより出張掲載!


誰しもが抱えている〈偏見の暴力〉を手放すためには
『隣人X ―疑惑の彼女―』『画家とAI』クロスレビュー あわいゆき 
気鋭の書評家・あわいゆきさんが論じる、2作品を通じて見えてくる本当の「他者理解」とは。

<読み切り>
青木祐子 この世界が壊れないように

宇野碧 5000年前の氷で作ったハイボール

<初登場>
青波杏 無窮花の咲く街で

<シリーズ>
神永学 飽食の悪魔

<特別企画>
多崎 礼 レーエンデ国物語 特別掌編掲載
第一部「それだけでいい」 第二部「カボチャの早割り女王」

<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
〆切めし 上村裕香
じんせいに諦めがつかない 最終回 森川 葵 
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの 
青春・恋愛小説 三宅香帆 
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ  
読書中毒日記 池澤春菜 
今月の平台 

第18回小説現代長編新人賞3次選考通過作品&2次選考通過作品講評 発表
第19回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 
<リーガルミステリー特集>
11月10日(金)公開!『法廷遊戯』映画化記念
主演 永瀬 廉インタビュー
実際の裁判を傍聴するなど、徹底した役作りで弁護士役に臨んだ永瀬廉さん。映画と原作の魅力や役にかける思いを余すところなく語っていただきました!

全編公開 五十嵐律人『真夜中法律事務所』
検事・印藤累はある日、幽霊が視えるようになった。自称「案内人」架橋昴が現れ、累をある場所へと導く。そこは変人弁護士が営む"幽霊のための"法律事務所だった!

五十嵐律人全著作振り返りインタビュー
ミステリーを通じて、法律を身近なものに(聞き手:若林 踏)
第62回メフィスト賞を受賞した『法廷遊戯』が待望の映画化。斬新な手法で法律とミステリーを掛け合わせてきた五十嵐さんに、これまでの著作に込めた思いを語っていただいた。

新川帆立 競争の番人 小勝負勉の自由で公正な婚活

大門剛明 神都の証人 第一部

竹田人造 幽霊裁判は終わらない

似鳥鶏 朝倉家ならなんとかなるかも

藤崎翔 冥土法廷


<本屋大賞受賞作続編>
シリーズ累計50万部。本屋大賞受賞作『汝、星のごとく』続編中編
凪良ゆう 波を渡る

『星を編む』刊行記念特別対談 
凪良ゆう×斉藤壮馬
第20回本屋大賞受賞作『汝、星のごとく』の続編的中編集『星を編む』の刊行を記念して、凪良ゆうさんと、凪良さんの大ファンである声優の斉藤壮馬さんの豪華対談が実現!


<シリーズ>

-作家20周年記念-
「悪魔」シリーズ第3弾、集中連載スタート!
神永学 復活の悪魔

砂原浩太朗 半夏生

道尾秀介 セミ


<スペシャルインタビュー>
『黒い絵』刊行記念
原田マハ パリの街角で新著を語る。
(聞き手:パリュスあや子)


<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
今月の才能箱 書店員 岡本 歩 
〆切めし 青波 杏
じんせいに諦めがつかない 森川 葵 
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 


<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏 
青春・恋愛小説 吉田大助 
時代小説 柳亭小痴楽 
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子  
読書中毒日記 こだま 
今月の平台 

第18回小説現代長編新人賞2次選考通過作品&1次選考通過作品講評 発表
第19回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 
1,200円
全編公開 加藤シゲアキ 『なれのはて』
ある事件がきっかけで報道局からイベント事業部へ異動したテレビ局員の守谷京斗は、指導役の吾妻李久美から、ある一枚の絵で展覧会を開きたいと企画の相談を受ける。「見る者を歪め、そして正す」という絵の作者は何者なのか。そこにはある一族の秘密が記憶されていた――。

巻頭グラビア&ロングインタビュー
「使命」から「覚悟」へ 聞き手・石戸 諭
三年ぶりの新作長編には、様々な想いと葛藤が込められていた。「書くきっかけ」から「テーマ」まで。すべてを語ってもらった。

『なれのはて』舞台 秋田・土崎空襲現地取材レポート 吉田大助

『なれのはて』書評
大森望/杉江松恋/吉田伸子


<大新人時代の注目作家が集合!>

抄録 第17回小説現代長編新人賞受賞作
朝霧 咲 どうしようもなく辛かったよ
最終学年を迎える直前、心の支えである顧問が転出してしまったバレー部。「特別になりたい」と願う若菜は、部をまとめようと必死になるが--。

第69回 江戸川乱歩賞受賞作家の初短編
三上幸四郎 プロダクション・ベイビー

宮島未奈 ガラケーレクイエム

高瀬乃一 嘘の鐘

坂崎かおる イン・ザ・ヘブン

<シリーズ>
王谷 晶 あのコを知ってる?

<コラム>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 
今月の才能箱 お笑い芸人 ぐんぴぃ 
〆切めし 小西マサテル
じんせいに諦めがつかない 森川 葵 
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの 
青春・恋愛小説 三宅香帆 
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ 
読書中毒日記 宇賀なつみ 
今月の平台 

第18回小説現代長編新人賞 1次選考通過作品発表
第19回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介 
<特集>
TOKYO FM×小説現代
「聴く百物語」人気作家が紡ぐ耳で聴くホラー集 
ラジオでの朗読を前提に書き下ろされた、人気作家31人によるホラー掌編全59編を一挙掲載。何気なくつけたラジオから突然不気味な話が聞こえてくるかも……? 今年の夏は目と耳の両方で百物語をお楽しみください。


豪華執筆陣
相沢沙呼 青戸しの 阿部暁子 乾ルカ 宇垣美里 大島てる 小川哲
カツセマサヒコ 神永学 川瀬七緒 鯨井あめ 小西マサテル 彩藤アザミ 
紗倉まな 桜木紫乃 白井智之 白川紺子 背筋 長江俊和 夏原エヰジ 新名智
平山夢明 深緑野分 丸山ゴンザレス 三津田信三 南杏子 嶺里俊介 宮内悠介
結城真一郎 芦花公園 和嶋慎治(人間椅子)

メインパーソナリティ 山崎怜奈 インタビュー 
大の読書家&ラジオ好きであり、今回のラジオ特番でもMCを務める山崎怜奈さん。過去に実体験したゾクッとする出来事も語っていただきました。


<映画公開>
9月1日映画公開!
神津凛子『スイート・マイホーム』監督 齊藤 工 インタビュー 
選考委員全員を戦慄させた、驚異の小説現代長編新人賞受賞作がついに映画化。監督を務めた齊藤工さんが描き出そうとした、この「家」の秘密とは――。

日本のスティーヴン・キングが描く、絶叫ホラー!
神津凛子『オイサメサン』全編公開 
七年前、霊を視る力に目覚めてからずっと「赤い服の女」に付き纏われている鈴。ある晩、バイトの帰り道に不思議な声に導かれると、そこには同僚の死体があった。

8月11日映画公開!
長浦京『リボルバー・リリー』主演 綾瀬はるかインタビュー
初の本格的ガンアクションはどのようにして撮影したのか。
男が作り上げた世界に、たった一人で立ち向かうヒロインを演じた綾瀬さんが縦横無尽に語る。

シリーズ最新作『リボルバー・リリー0』掲載!

<対談&エッセイ>
「創作をめぐる旅」 対談 武田綾乃×宮田愛萌 
今年の2月に小説集『きらきらし』を発表した宮田愛萌さん。第一線で活躍する作家との対談を通じて、創作に対しての思いや創作論をお聞きしました。第一回は、武田綾乃さん。

宮田愛萌 ねてもさめても本のなか 


<シリーズ>
君嶋彼方 レッドシンドローム 

<抄録>
小野寺史宜『夫妻集』佐原夫妻 十月十六日(日) 

<コラム>
〆切めし 須藤古都離 
じんせいに諦めがつかない 森川 葵 
武田砂鉄 もう忘れてませんか? 

<漫画>
益田ミリ ランチの時間 


<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏 
青春・恋愛小説 吉田大助 
時代小説 柳亭小痴楽 
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻理子 
読書中毒日記 東山彰良 
今月の平台 

第70回江戸川乱歩賞募集 
第18回小説現代長編新人賞募集
執筆者紹介 
1,200円
<アニメ放送開始直前!>
7月5日よりフジテレビ「+Ultra」ほかにて放送開始!
『アンデッドガール・マーダーファルス』青崎有吾 特集
最新作2作一挙掲載

輪る夜の彼方へ流す小笹船
鬼潜み闇奔る魔都平安京。まだ平凡な少女だったころの若き輪堂鴉夜は傲岸不遜で最強の陰陽師と共にいた。

人魚裁判
ノルウェーに来た《鳥籠使い》一行。そこで出会ったのは殺人の罪で法廷に立たされた「人魚」⁉ リーガル本格ミステリ!

アニメ化記念鼎談
《黒沢ともよ》×《八代 拓》×《青崎有吾》
人気声優が生首の演技に挑戦!? "鬼殺し"の勉強に落語を聴きまくる!? 原作者が驚愕したアフレコ事情とは?

<待望の第二部 全編公開!>
『普天を我が手に 第二部』奥田英朗
昭和元年生まれの4人が主人公の一大群像劇。太平洋戦争開戦までを描いた第一部に続き、今回は、4人の青春時代が描かれる第二部を全編公開。これぞエンタメ小説の最高峰!

奥田英朗インタビュー
「歴史を借景にして、人間模様を描きたい」
「昭和は”近代日本の青年期”なので、ドラマに満ちていて面白い」と語る奥田さん。なかなか語られることのない創作のヒントなどを、じっくり伺った。

第一部の冒頭特別公開&あらすじ紹介
期間限定で第一部の冒頭を特別公開。また、あらすじ、登場人物紹介、年表を読めば、第1部のあらましがすっきりとよくわかる!

<新連載>
宮田愛萌 ねてもさめても本のなか
読書家として知られ、文筆家でもあり、短歌も詠む”短歌研究員”。本好きの宮田愛萌さんによる、もっと本が好きになる読書案内。新連載スタート!

<シリーズ>
西尾維新 不来方百舌鳥の殺人まんがゼミナール2 締め切りの守り人
完全犯罪を目論むベテラン推理作家の「私」。今後のプランを練っている最中に、不来方百舌鳥と名乗る奇妙なまんが家の訪問を受けて……?

<初登場>
坂崎かおる ベルを鳴らして
2023年最注目作家はこの人。期待の新人が本誌に登場!
タイピストの少女と中国人の先生。たった一つの活字が時を越え、海を渡る。

<小説現代長編新人賞>
特別対談 「とおまわり」こそしてみたい 水庭れん×小川紗良
ついにデビュー作が刊行された水庭れんさんと、俳優・映像作家・執筆家の小川紗良さんと対談が実現! 二人の創作への思いをじっくり語っていただきました。

<発表>
第69回 江戸川乱歩賞発表
受賞の言葉 選評 綾辻行人 京極夏彦 柴田よしき 貫井徳郎 横関 大
第70回江戸川乱歩賞募集

<対談>
麒麟 川島 明×『るなしい』意志強ナツ子
実はお笑いと紙一重? 意志強作品の真髄を語りつくす!
今、じわじわと話題沸騰中のマンガ『るなしい』。この作品にいち早く注目してくださった麒麟・川島さんと、作者の意志強さんとの、異色対談!

<コラム>
〆切めし 夕木春央
じんせいに諦めがつかない 森川 葵
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 池澤春菜 
今月の平台

第18回小説現代長編新人賞募集
執筆者紹介
1,000円
<二作一挙全編公開>

砂原浩太朗 霜月記
『高瀬庄左衛門御留書』『黛家の兄弟』につづく「神山藩シリーズ」、待望の新作! 

砂原浩太朗インタビュー 聞き手:末國善己
書評 末國善己 細谷正充

中脇初枝 伝言
満洲・新京で暮らすひろみ。「尽忠報国」「一億玉砕」「五族協和」、そう信じていた。しかし、終戦によってすべてが変わってしまった。

<祝・本屋大賞受賞>
2023年本屋大賞を受賞した、凪良ゆうの『汝、星のごとく』。その発表会場で語られた感謝の言葉と、本書をTVでも熱く紹介した齋藤明里のブックレビューをお届けする。
凪良ゆう『汝、星のごとく』本屋大賞受賞の言葉
星を見て、想いを馳せて 『汝、星のごとく』ブックレビュー 齋藤明里

<アニメ化決定&最新作掲載>
青崎有吾 アンデッドガール・マーダーファルス
2号連続“アンファル”特集
完全新作「知られぬ日本の面影」
講談社タイガの人気シリーズが最強布陣でTVアニメ化決定! 今年7月の放送開始を前に待望の最新短編「知られぬ日本の面影」を掲載。

<シリーズ>
道尾秀介 死者の耳
高校時代からの友人に頼まれた、夫婦の秘密に関する工作。
ところがそれが予想外の展開を迎える。「きこえる」シリーズ第4弾!

<初登場>
高瀬乃一 無間地獄〈壱〉親孝行の鐘

長谷敏司 月がきれい

<最新作発売記念>
宇野 碧 『キッチン・セラピー』抄録 カレーの混沌

対談 デビュー作で開けた風穴 逢坂冬馬×宇野 碧 構成:吉田大助

<コラム>
〆切めし 青本雪平
じんせいに諦めがつかない 森川 葵
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間

<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏
青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子
読書中毒日記 清志まれ(水野良樹) 
今月の平台

第69回江戸川乱歩賞 1次・2次予選通過作品の発表 講評
第70回江戸川乱歩賞募集 
第18回小説現代長編新人賞募集
執筆者紹介

1,000円
<映画公開直前! 直木賞受賞作>
『銀河鉄道の父』公開記念

5月5日公開! 『銀河鉄道の父』映画公開記念
役所広司・菅田将暉・門井慶喜 豪華鼎談
国民的作家・宮沢賢治と父、そして二人を暖かく包む家族の心の交流を描いた直木賞受賞作が待望の映画化! メインキャストの二人と原作者に作品への想いや撮影秘話を伺った。
<注目W新人賞>
全編公開 第17回小説現代長編新人賞受賞作
『うるうの朝顔』水庭れん
千晶は青年・凪から、花を咲かせると矛盾や不調和が直る「うるうの朝顔」の種をもらう。半信半疑のまま、メモの通りに種を植えるが――。話題のデビュー作をいち早く全編公開。

水庭れんインタビュー 出版社社員として、作家として。自分にしか書けない物語を

書評 吉田大助 期待の新人である理由

一挙150枚掲載 第64回メフィスト賞受賞作
『ゴリラ裁判の日』須藤古都離
夫を射殺された、許せない。そうゴリラは言った――。「手話」を使って、人間と「会話」ができるゴリラのローズは強く、美しい。満場一致の受賞作、大ボリュームの「試し読み」!

<選評>
吉川英治四賞発表
第57回吉川英治文学賞 桐野夏生  
第8回吉川英治文庫賞 上橋菜穂子
第44回吉川英治文学新人賞 蝉谷めぐ実  
第57回吉川英治文化賞

<受賞記念豪華対談>
吉川英治文学新人賞受賞蝉谷めぐ実×選考委員朝井まかて
選考委員の心玉を揺り動かした『おんなの女房』
デビュー2作目で早くも受賞の注目株・蝉谷めぐ実さん。時代小説を志したきっかけは朝井さんの著作から!? 秘話満載の注目対談。

<『滅茶苦茶』刊行記念>
染井為人×岩谷翔吾(THE RAMPAGE)
作家とパフォーマー、180度違う世界から見るコロナ危機と小説
刹那な現代を鋭くえぐるニューウェーブ社会派作家と、小説レビューサイトも人気のパフォーマーによる異業種トーク!

『滅茶苦茶』染井為人 抄録
書評 吉田大助 宇田川拓也

<シリーズ>
NOC2 緋色の追憶2 長浦 京

<コラム>
〆切めし 佐原ひかり
じんせいに諦めがつかない 森川 葵
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 こだま 
今月の平台

第18回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集 
執筆者紹介

1,000円
<今年上半期最大の話題作 全編公開>
柚木麻子 オール・ノット
「この宝石箱をあなたにあげる」苦学生の真央がバイト先のスーパーマーケットで出会ったのは、何でも売れる嘘つきのおばさんだった。

『オール・ノット』全編公開記念 柚木麻子インタビュー
シスターフッドで問題が全部解決できるわけじゃない 聞き手:瀧井朝世
女性同士の連帯を書き続けてきた柚木麻子。変わりゆく時代の中で、“シスターフッド”というジャンルの見られ方について抱いた違和感とは。

書評 鴻巣友季子/あわいゆき
『オール・ノット』で提示された、新しいシスターフッドの在り方。連帯の本質について迫る書評2本。

柚月裕子原作ドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』連続ドラマ化決定記念!
天海祐希×松下洸平 スペシャル対談
合理的に最高なバディが誕生!?
4月より、関西テレビ/フジテレビ系ドラマ『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(毎週月曜夜10時放送)がスタート! メインキャストのお二人に、ドラマの魅力や、現場の雰囲気を存分に語っていただきました。
<シリーズ>
原田マハ オフィーリア Ophelia

<新鋭読み切り競演>
君嶋彼方 灰が灰に

新名 智 アップサイド・ダウン

伊藤 調 コンサル桐子

桃野雑派 レバレッジ


<新刊刊行記念>
東京で忍者に出会った件 畠中 恵

岸田奈美×凪良ゆう わたしたちが、言葉を紡ぐ理由

「みんな違う」けど、「みんな同じ」ことについて
『飽きっぽいから、愛っぽい』書評 三宅香帆

岸田奈美のすごさのことを、いまさら思う。
糸井重里 特別寄稿

<抄録>
保坂祐希 「死ね、クソババア!」と言った息子が55歳になって帰ってきました
後期高齢母と初老の息子、突然始まった二人暮らし。果たしてその行く末は?笑いと涙のハイエイジ・エンターテインメント、単行本刊行前に一部公開!

<コラム>
〆切めし 夏木志朋
じんせいに諦めがつかない 森川 葵
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間

<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏
青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子
読書中毒日記 東山彰良 
今月の平台

第18回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集 
執筆者紹介

1,000円
<2023年本屋大賞ノミネート!>
本屋大賞ノミネート『汝、星のごとく』スピンオフ新作
凪良ゆう 星を編む
漫画原作者となった櫂の担当編集者二人の知られざる物語。物語を愛し、才能という名の星を編集することに命を賭ける編集者の思いとは。累計16万部突破、本屋大賞ノミネートの『汝、星のごとく』のスピンオフストーリー第2作が登場! 

凪良ゆうデビュー15周年記念! 10000字インタビュー
ボーイズラブ(BL)ジャンルからデビューし、文芸でも高い評価を受ける作家・凪良ゆうの15年の軌跡を振り返るスペシャルインタビュー。

<全編公開・累計50万部突破「御子柴弁護士」シリーズ最新作>
中山七里 殺戮の狂詩曲
高級老人ホームで発生した凶悪事件の裁判に、悪徳弁護士・御子柴礼司が乗り込む。御子柴が胸に秘める真意とは?

書評 杉江松恋

<追悼>
追悼・北上次郎さん
勇気をくれた言葉たち
物語を愛しいつも力強い言葉で作品を応援してくださった文芸評論家の北上次郎さんが、逝去されました。
北上さんがエールを送ってくださった弊社刊行の小説を、ごく一部ではありますが、ご紹介させていただきます。

特殊ミステリー歌劇『心霊探偵八雲 思考のバイアス』主役対談 後藤 大×笹森裕貴

<シリーズ>
道尾秀介 にんげん玉
人生なにもうまくいかない。一発逆転を夢想して足を運んだセミナー。そこでわたしは、思いがけない「機会」を得た。「きこえる」シリーズ第3弾!

長浦 京  NOC 緋色の追憶2
防諜の舞台は国内だけじゃない--。沖野修也が派遣されたのは台湾。初の海外を楽しむ間もなく、ある母娘が経営するホテルへ向かうことになるが。

<読み切り>
直島 翔 ジャッジ
任官7年目の特例判事補・安堂は正判事昇格までまだまだの辛抱。心身の生きづらさを長年かかえながら、異動したばかりの地裁で奮闘する!

坂井希久子 白鷺 浅草観音裏小路
「自分の本当の居場所はここだ」シングルマザーとなり浅草花柳界に復帰した三味線弾き(地方)の沙雪は気づく。
 

<コラム>
〆切めし 千早 茜
今月の才能箱 将棋棋士 山本博志
じんせいに諦めがつかない 森川 葵
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
意志強ナツ子 るなしい
益田ミリ ランチの時間

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 池澤春菜 今月の平台

第17回小説現代長編新人賞発表 受賞の言葉 選評 朝井まかて 中島京子 凪良ゆう 宮内悠介 薬丸 岳
第18回小説現代長編新人賞募集
第70回江戸川乱歩賞募集 
執筆者紹介

<特集 池波正太郎生誕百年&映画化決定>
池波正太郎生誕百年、映画『仕掛人・藤枝梅安』の公開を記念して、原作シリーズが生まれた「小説現代」で大特集! 不朽の名作の息吹をもう一度。
令和に蘇る「仕掛人・藤枝梅安」

豊川悦司×片岡愛之助 Wインタビュー
映画人物相関図
2023年2月、4月に連続公開となる『仕掛人・藤枝梅安』。現代に梅安が蘇る意味とはーー。梅安を演じる豊川悦司さん、相棒役の彦次郎を演じる片岡愛之助さんが語る、撮影秘話。

京極夏彦&貫井徳郎 特別対談
原作、映画、ドラマ……あらゆる梅安を読み、観てきた、まさに梅安博士の二人が、これまでの梅安から最新映画の魅力までを語り尽くす。


書評 縄田一男/あわいゆき
何度も「仕掛人・藤枝梅安」を通読してきた縄田さんと、今回、「仕掛人・藤枝梅安」シリーズ全七巻を一気読みした現役大学生書評家・あわいゆきさん。「鬼平犯科帳」「剣客商売」と並ぶ、池波時代小説の金字塔に、熟達の書評家とZ世代が向けるまなざしとは。


池波正太郎 梅安こぼればなし(再録)
1978年2月号「小説現代」掲載。梅安が生まれた経緯や作品への思いなど、当時の息づかいが感じられる、池波正太郎の貴重な語り下ろしを限定再録。

<全編公開>
松下隆一 侠(きゃん)
時は江戸。深い業を背負う蕎麦屋の男が、周囲の人々との心の交流を経て死の直前に見たものは、絶望か、それともーー。早くも2023年一番泣ける時代小説が誕生!
書評 縄田一男/細谷正充/末國善己

<掌編特集>

その七十余年の山あり谷ありの人生は、その後の歴史に関わる決断に満ちていた。2023年1月スタートのNHK大河ドラマ「どうする家康」も話題になること必至。難しい選択を迫られ続ける今の日本に必要なのは、この男だ!
掌編特集 そのとき、家康はどうした!?

地図・年譜

「囚われ童とうつけ者」矢野隆 「悪妻の道」風野真知雄
「生さぬ仲」砂原浩太朗 「三河より起こる」吉森大祐
「徳川改姓始末記」井原忠政 「鯉」谷津矢車
「親なりし」上田秀人 「魔王」松下隆一
「賭けの行方 神君伊賀越え」永井紗耶子 「長久手の瓢」山本巧次
「塩を納めよ」門井慶喜 「点睛」小栗さくら
「燃える城」稲田幸久

<ドラマ化決定!>
2023年1月5日(木)22時、フジテレビ系列で放送スタート!
忍者に結婚は難しい

菜々緒&鈴木伸之インタビュー
「現代を生きる忍者」を演じる二人が語る、魅力と共感ポイントとは。

横関大 『忍者に結婚は難しい』 
最新スピンオフ 忍者に披露宴は難しい
披露宴前日に舞い込んだ、抜け忍を探せという「指令」。
悟郎にばれないように、蛍は相手を見つけ出せるか。


<シリーズ>
長浦 京  NOC 緋色の追憶2
フランスから来たエリス・ノアイユの監視任務を続ける沖野修也。彼女の都内観光に付き合わされることになったのだが--

恩田 陸 月蝕
月のない夜のこと。聖は、学園で過ごした不可思議な日々を思い出す。「彼女」はいったい何者だったのか。


<読み切り>
花房観音 おばさんだって出会いはある
熱海のホテルで急死した七十歳の夫。現地に駆け付けた妻を迎えたのは痩せぎすの女だった。平穏な老後がひっくり返る!

王谷晶  ◀◀(リワインド)
古ぼけたVHSデッキの巻き戻しボタンが、四十路の出戻り女をほろ苦い青春の只中に引き戻す。ノスタルジックなエモさ満点の”ループ小説”。


<企画>
乱歩賞作家・荒木あかねさんが「青春」と出会った日
史上最年少受賞作家が、泣いて、笑って、作家の一歩をしっかり踏み出した一日を誌上レポート。

藤石波矢 池袋Under Ground
若者に大人気の短尺動画アプリTikTokと講談社がコラボ!? TikTokから生まれる新時代の物語とはいったい?

呉勝浩×夕木春央 いま最も熱いミステリ作家2人のスペシャル対談
日本最大級のミステリランキングを講談社作品が席巻! 『爆弾』の呉勝浩と、『方舟』の夕木春央がミステリについて語り尽くす!


<コラム>
今月の才能箱 映画監督・脚本家 春本雄二郎
〆切めし 天城光琴
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意思強ナツ子 るなしい

<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏
青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子
読書中毒日記 こだま 
今月の平台

第18回小説現代長編新人賞募集
第69回江戸川乱歩賞募集 
執筆者紹介



1,000円
<特集 お笑い×小説が起こす 物語革命!>
今やお笑い芸人たちはエンタメの地図を大きく塗り変え、その勢力図は小説の世界にも広がりつつある。今回は6人の気鋭の若手芸人による短編小説を中心に、その才能を余すことなく披露する!

書き下ろし短編
アブノーマル ラランド ニシダ
自分の悩みも「笑い」「コンビ愛」のタネなのか。自分を本当に理解してくれているのは誰なのか。「普通じゃない」と言われてきた主人公の、葛藤とやるせなさを描く。

みててよマシーン ゾフィー 上田航平
2052年、人類はついに観客ロボットを自らの手で作り上げた!? 舞台表現をこよなく愛する著者だからこそ書けた、演者と観客の未来をめぐるSFドタバタ小説。

巻き戻し 四千頭身 石橋遼大
恋なんて、めんどくさい。小学生の頃以来、異性との微妙な距離感を抱えて生きてきた男が、最近恋愛を面白く感じ始めたわけは? 20代の著者のほろ苦青春小説。

そそぐ 吉住
隣に、憧れのアイドルが引っ越してきた。僕は、顔だけ見て応援しているようなファンとは違う。あの声、あの佇まい、それさえあれば。なのに、まさかの報道……。

イルオ キュウ ぴろ 
誰からも名前を呼ばれない僕は、この世界で存在していないも同然。だから代わりに、自分が全ての物の名付け親になる世界を作って過ごしている。

新発売! コナファ ギャンワアイランド トム・ブラウン 布川ひろき
世界は、無数の音で溢れている。新作ゲーム開発のため、まだ見ぬ擬音語を求めて彷徨う主人公の、愉快でぶっ飛んだドタバタ珍道中!

対談
芸人は最強のクリエイターだ! 劇団ひとり×ゾフィー・上田

特別寄稿
①伊坂幸太郎「ダウンタウンと私」
②加地倫三(テレビ朝日 エグゼクティブプロデューサー)
「”読書芸人”が教えてくれたこと」
③バイきんぐ 小峠英二 夢を追いつづける芸人たちの「歩行祭」

アンケート
小説家・お笑い芸人、50人に聞きました!

鼎談
「M-1 1回戦敗退したやつが、実は一番お笑いに詳しい説」

独占手記
コップ よねしろ「地底の中心で、お笑い愛を叫ぶ」

インタビュー
西澤千央 今、女芸人が一番面白い!

<全編公開>
今野 敏 署長シンドローム

<シリーズ>
道尾秀介 ハリガネムシ

長浦 京  NOC 緋色の追憶2

<エッセイ>
森川 葵 じんせいに諦めがつかない

<コラム>
〆切めし 安壇美緒
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意思強ナツ子 るなしい

<本>
読書中毒日記 特別編 モモコグミカンパニー

<書評現代>
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ

今月の平台

第17回小説現代長編新人賞3次選考通過作品&2次選考通過作品講評 発表
第18回小説現代長編新人賞募集
第69回江戸川乱歩賞募集 
執筆者紹介


おすすめの購読プラン

小説現代の内容

  • 出版社:講談社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月22日
新人からベストセラー作家まで、エンタメの最前線を走る書き手が集う”全ページ面白い”雑誌に。
これまで連載中心だった小説誌を、リニューアル復刊後は長編の一挙掲載や短編、エッセイ、コラムなど毎号読み切り作品を中心に掲載し、充実した読物コンテンツを提供いたします。

小説現代の目次配信サービス

小説現代最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

小説現代の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.