I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
光アライアンス 2023年7月号 (発売日2023年07月01日) 表紙
  • 雑誌:光アライアンス
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変形判
  • 参考価格:2,178円
光アライアンス 2023年7月号 (発売日2023年07月01日) 表紙
  • 雑誌:光アライアンス
  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変形判
  • 参考価格:2,178円

光アライアンス 2023年7月号 (発売日2023年07月01日)

日本工業出版
特集「特集:利用範囲が広がる紫外線 関連製品・技術①」

光アライアンス 2023年7月号 (発売日2023年07月01日)

日本工業出版
特集「特集:利用範囲が広がる紫外線 関連製品・技術①」

ご注文はこちら

2023年07月01日発売号単品
キャンペーン
定期購読でご注文
最大
12%
OFF
1,917円 / 冊
送料無料
2024年05月01日発売号から購読開始号が選べます。
定期購読で送料無料、割引価格で毎号お手元にお届け!最新号・バックナンバーも購入いただけます!

光アライアンス 2023年7月号 (発売日2023年07月01日) の目次

■特集:特集:利用範囲が広がる紫外線 関連製品・技術①
○有人下で使用可能な紫外線/ウシオ電機㈱/平尾 哲治
昨今、紫外線によるウイルス不活化技術が注目されているが、これまではモノの殺菌やひとがいない環境に限定して主に波長254nmのUV-C光源が広く使用されてきた。UV-C光源は細菌やウイルスに対して高い不活化効果を示すが、ひとに対しては急性障害(紅斑、紫外線角膜炎)、慢性障害(皮膚ガン)を引き起こす可能性があるため、ひとがいる環境での使用は避けられてきた。一方、波長222nmの紫外線は波長254nmと同様に高い不活化効果を持ちながら、人体への安全性が極めて高いことが複数の研究機関などで得られてきた。この波長222nmを含む200~230nmの波長域をFarUV-C(深紫外線)として活用するために開発された抗ウイルス・除菌用紫外線技術Care222の安全性や効果とともに紫外線に関する規制値についても本稿にて紹介する。

○高い殺菌能力を持ち集積型放熱回路を有したUVLED/オーテックス㈱/加納 敏也
波長250nmから280nmのUV-C発光ダイオードは、微生物負荷の低減に効果的な殺菌特性が証明されている。微生物の不活性化は、UVC光の放射照度と露光時間により機能する。光出力はデバイス開発を進める上で必要不可欠だが、熱マネージメントは、低予算で最適なデバイス設計と効果的な消毒を実現する上で重要な役割を果たす。従来の2-PADと比較して、より高い駆動電流で光出力を60%増加させ、接合部温度を30℃下げることで寿命の向上を約束する統合型熱管理の技術をもつ3-PAD技術を紹介する。3-PAD技術を使用して高寿命で、メンテナンス要因を減らし、信頼性を高めたデバイスを製造できる。本稿では、主に265nmLEDの有効寿命の評価結果と、UVLED消毒装置で達成された微生物負荷の削減について紹介する。

○石英ガラスフォトマスク製品および石英ガラスレンズ開発品/クアーズテック㈱/横山 優
合成石英ガラス製品に加え、テクニカルセラミックスメーカーであるクアーズテックが開発した石英ガラスレンズを紹介する。

■解説
○250万:1の高ダイナミックレンジを実現したマルチチャンネル分光器/浜松ホトニクス㈱/井口 和也
一般的な分光器や光センサの使い方やダイナミックレンジの概念に触れ、新規開発のユニークな光センサ技術を使用し高ダイナミックレンジ測定を実現したOPAL-LuxeTMの実際の測定例や応用について紹介する。

○脱炭素社会に向けたCO2フリー水素の製造技術/人工光合成化学プロセス技術研究組合/西見 大成
脱炭素社会構築にとって鍵となる「水素」の様々な製造法について紹介するとともに、NEDO人工光合成プロジェクトで開発している「光触媒を用いたグリーン水素製造技術」と社会実装への道筋について紹介する。

○健康成人を対象としたphotobiomodulationによる内因性疼痛調節機構変調の検討/明海大学/大野 由夏・小長谷 光
健康成人を対象に光生物学的活性化反応により内因性疼痛調節機構がどのように修飾されるか検討した結果、合谷と手三里の直線偏光近赤外線照射により内因性疼痛調節機構が賦活化されることが示唆された。

○青色光照射の尋常性痤瘡への治療効果と発生する活性酸素種の研究/防衛医科大学校 中山 瑛子・櫛引 俊宏・真弓 芳稲・石原 美弥・東 隆一
青色光を痤瘡(にきび)モデルマウスに照射し、その治療効果や皮膚ATP量への影響などを調査した。また、青色光をマウス線維芽細胞に照射し、発生する活性酸素種の種類と量を計測した。

○蛍光観察法と口腔粘膜疾患/東京歯科大学/柴原 孝彦

○皮膚疾患における紫外線療法の波長と治療/聖母病院/小林 里実
PUVA、ブロードバンドUVBに代わり、311 nmにピーク波長を有するナローバンドUVB、308 nmにピーク波長を有するエキシマライト、312nmのTARNABⓇが主流となり、UVA-1も保険収載され、疾患や部位、患者の光線に対する忍容性などにより光線を使い分ける工夫が可能となった。

○血管壁の3次元微細構造変形を明らかにする画像化技術/名古屋大学/松本 健郎・前田英次郎
血管は血流や血圧の大きさに応じ適応的に内径や壁厚を変化させる賢いパイプである。本稿では、この現象を明らかにするために我々が進めている、血管を透明化して変形に伴う内部の3次元微細構造変化を観察する手法を紹介する。

■製品技術紹介
○立体形状へ微細パターニングが可能なフォトリソグラフィ装置の開発/ネオアーク㈱/小田切雄介・飯田 達矢
 

光アライアンスの内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変形判
光技術の融合と活用のための情報ガイドブック
光技術を4つの基本アプリケーション(計測、加工・化工、伝送、情報処理)からとらえた実用的ガイドブックです。光部品、光機器・装置は、今後新規製品が増えると予想されており、このような製品動向を的確に迅速に伝えます。 これから光分野を学ばれる方、現場サイド、技術者、経営に携わる方々に見逃せない技術誌です。

光アライアンスの目次配信サービス

光アライアンス最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

光アライアンスの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.