I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!

光アライアンス 発売日・バックナンバー

全232件中 1 〜 15 件を表示
2,300円
■特集:進化するレーザー加工技術とその展開①
○顕微ラマン断層イメージングによるワイドバンドギャップ半導体ウエハ加工変質層観測
/茨城大学 小貫哲平
○レーザーによってダイヤモンド砥粒を固着した工具の開発
/金沢工業大学 諏訪部仁 
○レーザーを用いたGaN基板・GaNデバイスのスライス
/名古屋大学 田中敦之
○小型・軽量・低価格、ナノ秒UVレーザー光源の新規製品紹介
/㈱光響 原健太・住村和彦
○レーザー溶接時のキーホール計測と適応制御
/㈱ナ・デックスプロダクツ 長谷川博
○産業分野におけるレーザー肉盛溶接技術
/丸文㈱ 江嶋亮
■特集:リサイクル、リユースを目指して役立つ光技術②
○テラヘルツ波を利用した廃プラスチック識別装置
/静岡大学 佐々木哲朗
/芝浦工業大学 田邉匡生
/東北大学 劉庭秀・眞子岳・大窪和明
○プラスチックリサイクルに貢献するX線デュアルエナジー技術
/浜松ホトニクス㈱ 土屋邦彦 
○樹脂判別ハンディセンサーの開発と今後の展開
/㈱リコー 野口英剛・釜谷智彦
■解説
○機械学習で屈折コントラストCTの高速領域分割解析を実現
/(国研)理化学研究所 濵本諭・初井宇記
○通信用光ファイバを用いた道路除雪判断
/日本電信電話㈱ 鬼頭千尋・村上敬介・高橋央・戸毛邦弘
/東日本電信電話㈱ 山下明希・堀田大資・伊藤靖之
/日本電気㈱ 森洸遥・佐伯直人・大内啓佑・青野義明
○空孔コアファイバケーブルによる次世代ネットワーク
/古河電気工業㈱ 武笠和則・高木武史
2,300円
■特集:リサイクル、リユースを目指して役立つ光技術①
〇ラマン分光による高精度プラスチック識別
/(公財)九州先端科学技術研究所 河済博文
/㈲キャップ 土田哲大
/三菱ガス化学㈱ 西森克吏・加藤宣之
〇近赤外線分光法によるハンディ型プラスチック材質判別装置の開発
/㈱山本製作所 大森健司・片平寛 
■特集:シリコンフォトニクスが拓く応用展開②
〇大容量光無線通信に向けたシリコンビームスキャニングデバイスの開発
/(国研)産業技術総合研究所 渥美裕樹・吉田知也・松本怜典・鴻池遼太郎・
榊原陽一・池田和浩・井上崇・鈴木恵治郎
■特集:②光学系設計ソフト活用術②
〇GPU駆動で高速計算を実現した光学設計評価ソフトウェアの紹介
/CBSJapan 稲畑達雄
〇メタレンズ・メタサーフェス逆設計ツールの活用事例
/日本シノプシス(同) 尾藤正斉
■解説
〇時間分解走査プローブ顕微鏡の新展開
/筑波大学 吉田昭二 
〇固定支持梁構造を用いた低周波振動測定用ヘテロコア光ファイバ加速度計
/創価大学 門倉美幸・西山道子・渡辺一弘
/(国研)宇宙航空開発機構 葛西時雄
〇ライダーによる地上からの水蒸気鉛直分布の計測
/気象庁気象研究所 酒井哲
■製品技術紹介
〇波長掃引光源を用いたOFDRによる光干渉計測
/アンリツ㈱ 腰原勝 
〇リアルタイム分布光ファイバセンサ
/沖電気工業㈱ 山口德郎 
〇FBG式光ファイバセンシングの活用
/㈱共和電業 髙橋武浩・小林剛宜
〇鉄道メンテナンスに最適な小型レーザー施工システム
/古河電気工業㈱ 梅野和行
2,300円
■特集:シリコンフォトニクスが拓く応用展開
〇超小型光パルス波形測定デバイスの研究開発
/宇都宮大学 近藤圭祐 
〇光領域での尤度算出技術に基づくオンチップ光ラベル識別デバイス
/東京工業大学 相川洋平
〇多機能シリコンフォトニクスハイブリッドレーザー光源の研究開発
/早稲田大学 北智洋
〇大規模光アナログ行列演算器の実装と課題
/日本電信電話㈱ 北翔太
■特集:光学系設計ソフト活用術①
〇フォトニクス解析ソフトウェア
/サイバネットシステム㈱ 山口裕
〇光学設計ソフトウェアと高速物理光学ソフトウェア
/㈱ティー・イー・エム 澤田宏起 
〇迷光解析
/㈱ノーツアンドクロス 山本努
〇照明用途のための自由曲面光学設計
/Lambda Research Corporation Dave Jacobsen
(訳)FITリーディンテックス㈱ 市原良香
■解説
〇マイクロ波による触媒活性点の原子レベル選択加熱
/東京大学 石橋涼・岸本史直・高鍋和広 
〇光誘起異常ホール効果を解き明かすテラヘルツ偏光計測
/東京大学 室谷悠太・神田夏輝・松永隆佑 
〇光触媒技術による動物アレルゲンの分解
/東京大学 松浦遼介・間陽子
〇デュアルコム分光法の実用化に向けた全ファイバ型デュアルコムレーザー光源の開発
/東邦大学 中嶋善晶 
■製品技術紹介
〇LCOS型空間光変調器の高耐光性化技術及びレーザー加工応用
/santec AOC㈱ 鈴木優也
2,300円
■特集:LiDARにまつわる技術の進化
○LiDAR向けソリューション
/カンタム・ウシカタ㈱ 冨田公男
○各種LiDARと検査機器の紹介
/㈱光響 亀井敬史・住村和彦
○MEMS光スキャナECO SCAN搭載のハイロバストな小型3D LiDAR
/日本信号㈱ 田村法人
○UAVレーザー測量の変遷と今後の発展
/㈱FLIGHTS 加塩博士
○AMR・サービスロボット向け測域センサ(LiDAR)の動向
/北陽電機㈱ 谷口克哉
○LiDAR用無鉛赤外透過カバーガラスとフィルタ
/松浪硝子工業㈱ 鈴木勝
■解説
○眼内内視鏡・眼内照明保持ロボット
/九州大学 園田康平
○高効率・高耐久性を目指したハイパーフルオレッセンスOLEDの構築と材料開発
/九州大学 Yi-Ting Lee・安達千波矢
○レンズレスカメラに適した深層学習モデルの新展開
/東京工業大学 山口雅浩・Pan Xiuxi・武山彩織
○焦点深度の限界を超える潜像法による立体のフォトリソグラフィ加工
/豊田工業大学 佐々木実
○テラヘルツ量子カスケードレーザーの進展
/(国研)理化学研究所 平山秀樹・王利・林宗澤
○紫外光を用いた温室効果ガス分解技術
/ウシオ電機㈱ 大塚優一・鮫島貴紀
■製品技術紹介
○LCOSを用いた光スペクトル整形器
/santec AOC㈱ 音羽亮平

特集:Beyond 5G/6Gでの活用が期待されるマルチコアファイバ②
■実環境下における結合型マルチコア光ファイバの光スイッチング実証
/情報通信研究機構 品田 聡・他
実環境下に敷設された標準外径の結合型マルチコア光ファイバと、これに対応した光スイッチを用いて構築したSDMネットワークテストベッドにおいて、世界初となる実環境下のSDM光スイッチング実験に成功した。
■マルチコアファイバを収容した光海底ケーブルの評価技術の開発
/東北大学 吉田真人・他
近年、マルチコアファイバ用いた海底長距離伝送システムの研究開発が精力的に行われている。本稿では、本伝送システムの管理において欠かせない、マルチコアファイバ内のコア間におけるモード結合評価技術について紹介する。
■多心マルチコアケーブルに対応した小型光増幅器の開発
/古河電気工業 前田幸一・他
マルチコアファイバの実用化のためには、その増幅器の存在が重要である。この増幅器としてMC-EDFAの技術を紹介するとともに、クラッド励起技術を適用したMC-EDFAを活用した小型化技術について紹介する。
■マルチコア光ファイバを実装した高密度多芯光コネクタ
/住友電気工業 森島 哲・他
通信トラフィック増大に伴い、大容量伝送が可能なマルチコアファイバ(MCF)の実用化への期待が高まっている。実用化にはMCF接続技術の確立が重要であり、本稿では、MCFの多芯コネクタ接続技術について紹介する。
■マルチコアファイバの製造技術
/フジクラ 竹永勝宏
本稿では、将来の大容量伝送システムに用いられるマルチコアファイバの実用化に向けた品質向上や量産技術の検討について紹介する。長さ718 kmのマルチコアファイバの作製に成功した結果についても述べる。
■空間結合型ファンイン/ファンアウトデバイス
/湖北工業 岩崎勝博
空間分割多重技術を用いた長距離光伝送システムでは低損失なファンイン/ファンアウトデバイス(FI/FO)が求められている。本稿では、4コアファイバを用いた空間結合型FI/FOの低損失化を実現したので紹介する。
■非接触型環境センサによる情動状態を推定
/千葉大学 小室信喜
情動状態推定技術における課題解決策として、客観的かつ非侵襲的な手法で情動状態を推定する手法の確立が挙げられる。筆者の研究グループでは、認知科学的知見と情報学的知見を融合し、無線センサネットワーク技術によって得られる室内環境データから、その環境内にいるヒトの情動状態を推定するモデルの構築に関する研究を行っている。本稿では、筆者の研究開発事例を中心に、情動状態を推定する技術について紹介する。

解説
■ホログラフィックシミュレーターを用いた多値ホログラフィックメモリーシステムの記録密度の評価
/宇都宮大学 藤村隆史
シミュレーションは、現在では理論、実験に続く第3の科学的手法として認知されている。本稿では、近年われわれが開発したホログラフィックシミュレーターと、それを用いて行った記録密度の推定結果について紹介する。
■次世代天文補償光学とそのリアルタイム制御に要求される並列計算
/東北大学 秋山正幸
地上の大型望遠鏡で活躍する補償光学は、測定の対象に応じて多様な方式が開発されている。本稿では、それぞれの実現に要求される並列計算について、概要を紹介する。
■フラッシュ共鳴ラマンライダーによるSO2ガスの漏えいモニタリング 
/レーザー技術総合研究所 染川智弘
大気中の微量有害物質の遠隔検知に向けた共鳴ラマンライダー技術の開発をしている。本稿では、効率的な漏えいモニタリングの実施を目指した共鳴ラマン効果のフラッシュライダーへの適用可能性の検討として、SO2ガス漏洩モニタリングについて紹介する。
■⾼温にさらされた劣化コンクリートのレーザーを用いた音速測定と特性評価 
/レーザー技術総合研究所 大道博行
800 ℃までの高温にさらされたコンクリートのレーザーによる音速測定の実験を行った。その結果、音速が温度の上昇に従って低下することがわかった。また、コンクリートの機械的変化、化学変化と音速低下との関係を調べた。
■レーザーによる眼傷害 Eye injury by lasers
/総合病院 聖隷浜松病院 尾花 明
パルスレーザーの光軸補正時の受傷が多く、網膜が物理的に破壊される。高出力レーザーポインタによる悪戯も多く、網膜は熱凝固を受ける。低出力光でも、長時間暴露によって光化学反応障害を生じる。事故防止には保護眼鏡装用が重要である。

製品技術紹介
■反射分光膜厚測定装置
/東朋テクノロジー 柴田貴明
反射分光膜厚装置は酸化膜や窒化膜などの薄膜の厚みを非破壊、かつ高精度・短時間で測定することができる装置であり、半導体製造分野を含む幅広い産業や研究機関で使用されている。本稿では、NanoSpec3000の後継機である当社製TohoSpec3100シリーズについて紹介する。
■手のひらサイズ高精度オートコリメーター
/ファイブラボ 東谷 満・他
本稿では、手のひらに載せて測定対象物まで運べ、装置内部に入れても使える、従来ありえなかった超小型高精度オートコリメーターを実現した工夫の数々を、その精度を含めて解説し、どの場面で便利に使用されたかも紹介する。
特集 Beyond 5G/6Gでの活用が期待されるマルチコアファイバ①
■マルチコア光ファイバ接続に向けた取り組み 
/Orbray 行川 毅・他
 マルチコア光ファイバの接続は、アライメントについて課題がある。本稿では、この課題解決に向けたOrbrayのFIFO接続用バンドル光ファイバと自己形成光導波路技術について紹介する。
■マルチコアファイバ光アンプ用複合機能デバイス
/オプトクエスト 高畠武敏
 本稿では、マルチコアファイバ光アンプに適用するよう開発された複合機能デバイスについて、低損失化や省スペース化における効果やコスト削減への取り組みについて紹介する。
■世界初の標準外径19コア光ファイバを開発し、1.7 Pb/sの大伝送容量を実証 
/情報通信研究機構 坂口 淳
 世界初となる標準外径のランダム結合型19コア光ファイバを開発し、全コアで均一な伝搬特性を実現した。C、L帯全域での波長多重と空間多重により1.7 Pb/sの大容量伝送を63.5 km区間で実証した。
■4コアファイバを32心(64コアペア)収容可能な光海底ケーブルの開発 
/日本電気 井上貴則・他
 本稿では、マルチコア光海底ケーブルシステムの実用化に向け、非結合型4コアファイバを収容したマルチコアファイバケーブルを開発し、マルチコアファイバケーブルの単体特性および伝送性能評価を行ったので、その結果について紹介する。
■空間分割多重光ファイバケーブル技術の標準化動向
/日本電信電話 松井 隆・他
 光ファイバケーブル技術の国際標準は光通信の進展と普及に呼応しながら発展してきた。本稿では、次世代の大容量通信技術として注目されている空間分割多重技術に対応した標準化議論を紹介する。
■標準クラッド径マルチコア光ファイバケーブルの敷設工程間特性
/日本電信電話 森 崇嘉・他
 本稿では、既存のシングルモードファイバと同じ125μmクラッド径のマルチコアファイバについて、光ファイバ素線からケーブル化プロセスにおける特性や実フィールドでの検証結果を紹介し、実用化に向けたマルチコアファイバケーブルの進展について紹介する。
■低損失LC型単芯マルチコア光ファイバコネクタ
/住友電気工業 森島 哲・他
 各種ネットワークサービスの情報処理を担うデータセンターにおいて、光配線の高密度接続技術の需要が増大している。本稿では、当需要に対応すべく、我々はマルチコア光ファイバを実装したLC型の単芯コネクタを開発したので紹介する。
■バンドル型4コア光ファイバ用ファンアウト
/住友電気工業 菊地貴広・他
 データセンター用途を想定したマルチコアファイバを使った次世代伝送システムには、低挿入損失と高反射減衰量(RL)を両立するファンイン・ファンアウトが求められている。当社は、バンドル型構造の高精度コア偏心制御と、高RLが期待できる物理接触方式によりこれらを同時実現した。
■非開削法によるマルチコアファイバ製造技術 
/古河電気工業 高橋正典
 標準外径のMCFは実用化に適した特性を有しているが、実際にMCFを使用した伝送システムを実現するためにはMCFの製造技術の向上が必要である。本稿では、MCF製造技術に焦点を当て、さらに筆者らが検討している非開削法によるMCFの製造技術について紹介する。
■最新のマルチコアファイバ融着接続技術
/古河電気工業 藤井俊行
 本稿では、マルチコアファイバの融着接続おける主たる課題である回転調心技術について紹介し、マルチコアファイバを低損失で接続するための重要なファクタとなる融着放電形状について実験結果に基づいて紹介する。

解説
■歯周炎に対する新規抗菌光線力学療法の応用
/愛知学院大学 林潤一郎・他
 近年、歯周炎の治療において抗菌光線力学療法が注目されている。本稿では、キトサンでコーティングしたインドシアニングリーン封入ナノ粒子と半導体レーザーを用いて、歯肉の外部からレーザー照射を行う独自の方法を開発中のため、紹介する。
■細胞画像ビッグデータによるバイオDX
/大阪大学 市村垂生・他
 本稿では、細胞画像ビッグデータを生み、解析し、管理し、共有する一連の工程について、その主要機器であるイメージング装置と情報プラットフォームを紹介する。
■深紫外・短パルスレーザ光源およびEUV光源の新展開
/九州大学 溝口 計
 本稿では、DUVリソグラフィの進展とDUVエキシマレーザー光源開発、それに続くEUV光源の開発の現状について紹介する。さらに、第3の微細化:パッケージングの微細化がここ最近業界で注目され様々な試みがなされている。本稿では、リソグラフィ
用エキシマレーザー技術をアブレーション加工用レーザー開発への展開。さらには、固体レーザーとエキシマレーザーを組み合わせた近未来型ハイブリッドArFエキシマレーザーへのギガフォトンの挑戦について紹介する。

製品技術紹介
■光スペクトラムアナライザ 
/アンリツ 川手弘行
 光スペクトラムアナライザは光ファイバ通信分野等で広く使用され、レーザダイオードのスペクトル特性、光増幅器の利得特性、光ファイバの損失特性等の評価に用いられる。本稿では、当社MS9740Bの光スペクトラムアナライザの概要と特長を紹介する。
特集:多様化するバイオテクノロジーと光技術
■X線自由電子レーザーで捉えたビフィズス菌酵素の常温構造 
/味の素 中田國夫・他
X線自由電子レーザー施設SACLAにて、ビフィズス菌酵素の立体構造を常温下で決定した。その結果、同酵素の反応機構に関する新知見が得られ、タンパク質機能解明に対する常温構造解析の重要性が再確認された。
■あのジンベエザメのユニークな視覚
/大阪公立大学 小柳光正・他
ジンベエザメは、ときおり深海へ潜るという。その世界最大の魚類の視覚を、ゲノム情報と分子生物学的実験技術を駆使して生体の犠牲なしに迫り、この生物だけが獲得したロドプシンの機能変化を突き止めた。
■1分子バルブとその光信号増強効果 
/大阪府立大学 川岸啓人・他
ナノ流路の直接開閉が可能なナノ流体デバイスの作製に成功し、1分子流の制御を可能にした。我々は、この機構に「1分子バルブ」と名付けた。この1分子バルブにより、1分子の蛍光分子の熱運動が抑制され、蛍光信号が増強される効果が観察された。この成果により、1分子研究の産業への応用が加速することが期待される。
■化学物質の脳発達への影響を発光で可視化 
/岐阜薬科大学 石田慶士・他
レポータートランスジェニックマウスを用いた生体発光イメージングは、様々な生命科学分野の研究において活用されている。本稿では、本手法を用いて化学物質による脳の発達への影響を可視化した研究成果について紹介する。
■青紫色に発光する新種のゴカイを発見
/産業技術総合研究所 蟹江秀星
生物発光としては例外的な青紫色の光を発する新種のゴカイを石川、三重、鳥取の浅海で発見した。本稿では、生物発光について概説するとともに、我々が発見した新種のゴカイとその発光について紹介する。
■原始緑藻の光化学系I超複合体の構造から見えてきたもの
/基礎生物学研究所 皆川 純
緑藻と陸上植物の共通の祖先の特長を持つオストレオコッカス(プラシノ藻)の光化学系Ⅰ超複合体の立体構造が解明された。その構造は緑藻と陸上植物のハイブリッド型であり、さらに、光化学系Ⅱのアンテナが結合していた。生物の進化と光化学系の進化の相互関係の議論が深まることが期待される。
■ゲノムDNAを標的とした光駆動核酸の開発
/長崎大学 中尾樹希・他
核酸医薬品は、これまで治療が困難だった疾患に対する新たな治療法を提供するモダリティーとして、近年急速に開発が進められている。本稿では、核酸医薬を利用したこれまでのゲノム編集技術、および光を応用した核酸医薬の機能の拡張について紹介する。
■光酸素スカベンジャーの開発と培養細胞における低酸素の時空間制御
/北海道大学 家田直弥
低酸素応答は生体にとって重要な適応の一つであるが、これまで低酸素を時空間制御することは困難だった。今回、光によって酸素を急速に消費する光酸素スカベンジャーを開発し、培養細胞において低酸素を時空間制御することに成功した。

解説
■インテリジェント散乱イメージングの可能性 
/大阪大学 谷田 純・他
本稿では、散乱イメージングを実現する新手法として、分光スペックル相関イメージング、符号化開口ブラインドデコンポリューション、インコヒーレント光位相共役を紹介する。
■ 微細形状測定用ファブリ・ペロー方式光ファイバプローブの開発
/北九州市立大学 村上 洋
近年、立体的で微細かつ高アスペクト比な微細形状を有する機器が増加しており、これらの寸法・形状精度・表面粗さなどを精密に非破壊で測定する要望が増加している。本稿では、ファブリ・ペロー干渉計を光ファイバ先端部に組み込んだ微細形状測定用光ファイバプローブについて紹介する。
■長期生存を目指した化学放射線療法後局所遺残再発食道がんに対する
 光線力学的療法
/京都大学医学部附属病院 玉置将司・他
光線力学的療法とは、腫瘍親和性のある光感受性物質を投与したのち、特定波長のレーザー光を腫瘍に照射することにより、光感受性物質が励起されて生じる活性酸素により腫瘍細胞を壊死させる治療法であり、本稿では、これらについて紹介する。
■メタバース社会に向けて進めるべきこと
/東京大学 雨宮智浩
メタバースは2021年のFacebook社の社名変更により注目を集め、起業家をはじめ関連領域や近接領域の専門家によって多種多様な定義づけが行われているが、広く合意が取れている定義は「オンライン上で社会的活動が可能な3次元の仮想空間」である。本稿では、これらについて紹介する。
■免疫チェックポイント阻害剤の開発
/日本医科大学 岩井佳子
筆者は2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑博士の研究室に在籍し、免疫チェックポイント阻害剤PD-1抗体ニボルマブの開発に従事した。本稿では、現場の研究者の視点から開発の経緯を振り返りたいと思う。
 
製品技術紹介
■超高速パルス電源 
/ゼネラル物産 西根更樹
本稿では、独自開発した半導体スイッチを用いたパルスパワーアプリケーション向けに幅広いレンジのパルス電源、およびポッケルスセルドライバーについて紹介する。
2,300円
●特集:バイオテクノロジーの進化に貢献する光技術②
■含窒素芳香環を細胞内構築可能な光反応の開発
/東北大学 岡村秀紀・他
 機能性分子の活性を光制御する技術は、生命現象解明のツールや高精度な化学療法の開発において非常に重要である。本稿では、薬物分子の光制御を可能とする新たな光化学反応の開発について紹介する。
■オートファジー成熟過程を蛍光で可視化
/東京医科歯科大学 清水重臣・他
 オートファジーの初期段階で形成される隔離膜と呼ばれる扁平な膜構造は非常にユニークな膜動態を示す。その特徴を活かし、従来とは異なる切り口でオートファジーを可視化し、新たな分子機構解明の手掛かりを確立した。
■葉緑素の生合成酵素が行う反応を分子レベルで解明
/成蹊大学 廣瀨光了・他
 光合成は、太陽からの光エネルギーを利用したエネルギー変換システムである。その光合成システムにおいて、最も重要な役割を果たす色素分子が、クロロフィル分子である。天然には多種多様なクロロフィル分子が存在し、周辺置換基やπ骨格の違いが吸収波長の変化をもたらす。本稿では、それらの構造の違いを生む出す生合成酵素の役割と経路について紹介する。さらに、クロロフィル生合成経路で働く酵素のうち、分子レベルで反応機構が解明されているものをピックアップして解説する。
■細胞の熱伝導率および比熱の測定
/東北大学 猪股直生
 微細加工技術で作製したマイクロ温度センサと集光赤外レーザによる局所加熱技術を組み合わせて、細胞一つの熱伝導率と比熱を測定した。センサの感度と時間分解能の高さを活かし、静的のみならず動的な計測も可能とした。

●製品特集:光学系設計ソフト機能ガイド
 サイバネットシステム㈱/㈱ティー・イー・エム/アドバンスソフト㈱/CBS Japan
/Optiwave 日本オフィス/㈱サイエンスラボラトリーズ/FITリーディンテックス㈱/日本シノプシス(同/㈱Camerium/㈱ノーツアンドクロス

●解説
■可視域高精度デュアルコム分光技術の開発
/横浜国立大学 杉山陽平・他
 デュアルコム分光は、近赤外や中赤外の波長域で大きな成功を収めている。本稿では、これまでほとんど研究がなされていない可視波長域のデュアルコム分光について紹介する。特長として、Erファイバコムを用いることで長時間の測定が可能となったこと、コムの繰り返し周波数が低いのでデュアルコム分光の分解能が高いことが挙げられる。また、測定条件を選択しやすいように、デュアルコム分光における周波数軸の計算方法に新しい手法を導入した。完成したデュアルコム分光系のデモンストレーションとしてヨ
ウ素分子の可視波長域のスペクトル測定を行ったことも紹介する。
■光伝送技術の車載応用
/矢崎総業 芹澤直嗣
 近年、自動車業界では、自律走行システムの実現に向けて、民生用で培われた高速通信技術を活用しようとしている。本稿では、車載ネットワークの歴史、車載光通信に関連す
る国際標準化活動を紹介するとともに、光ファイバーの車載応用について紹介する。
■光渦レーザー加工
/千葉大学 尾松孝茂
 螺旋波面に対応した軌道角運動量を有する光を光渦と呼ぶ。本稿では、単一光パルス照射だけで螺旋構造体や単結晶性マイクロニードルなどの新奇構造を形成できる「光渦レーザー加工」の現状、将来展望について紹介する。

●製品紹介
■独自の光学式エンコーダを搭載したガルバノスキャナとユーザビリティに寄与するソフトウエア
/キヤノン㈱ 塩見 浩之・喜多 俊樹
2,300円
■特集:バイオテクノロジーの進化に貢献する光技術①
○細胞の明視野画像から細胞種や状態を読み取る基盤技術/(国研)理化学研究所/城口 克之
○水銀フリー電界放射固体Far-UVC光源の開発静岡大学/根尾陽一郎/(国研)日本原子力研究開発機構/大原 高志
名古屋市立大学/松本 貴裕
○蛍光明滅速度変化でRNAの立体構造を識別する/北海道大学/北村 朗
○人工的なエンドサイトーシス様分裂を起こす光応答性膜変形リポソーム/東京農工大学/内田 紀之
○紫外線殺菌に定説を覆す効果を発見/名古屋市立大学/松本 貴裕・立野 一郎・長谷川忠男
○二重鎖DNAに沿った1O2拡散パターンの可視化/東京工業大学/金森 功吏・湯浅 英哉
○バイオフィルムを数秒で透明化/東京慈恵会医科大学/杉本 真也
○光を利用したゲノム解読技術/京都大学/白石 英秋
○歯科治療における飛沫エアロゾルの可視化/東北大学/渡辺 隼・菊地 謙次・小林 洋子・矢代 航・金髙 弘恭・江草 宏
■特集:利用範囲が広がる紫外線 関連製品・技術②
○UVCの波長域に対応するポリマー製シートレンズの開発と応用/日本特殊光学樹脂㈱/佐藤 公一
■解説
○光無線給電のモビリティ応用/東京工業大学/宮本 智之
○モスキート法が可能にする3次元ポリマー光導波路回路/慶應義塾大学/石榑 崇明
○泌尿器科上部尿路上皮癌に対するレーザーを用いた臓器温存治療/大阪医科薬科大学/稲元 輝生


2,300円
■特集:特集:利用範囲が広がる紫外線 関連製品・技術①
○有人下で使用可能な紫外線/ウシオ電機㈱/平尾 哲治
昨今、紫外線によるウイルス不活化技術が注目されているが、これまではモノの殺菌やひとがいない環境に限定して主に波長254nmのUV-C光源が広く使用されてきた。UV-C光源は細菌やウイルスに対して高い不活化効果を示すが、ひとに対しては急性障害(紅斑、紫外線角膜炎)、慢性障害(皮膚ガン)を引き起こす可能性があるため、ひとがいる環境での使用は避けられてきた。一方、波長222nmの紫外線は波長254nmと同様に高い不活化効果を持ちながら、人体への安全性が極めて高いことが複数の研究機関などで得られてきた。この波長222nmを含む200~230nmの波長域をFarUV-C(深紫外線)として活用するために開発された抗ウイルス・除菌用紫外線技術Care222の安全性や効果とともに紫外線に関する規制値についても本稿にて紹介する。

○高い殺菌能力を持ち集積型放熱回路を有したUVLED/オーテックス㈱/加納 敏也
波長250nmから280nmのUV-C発光ダイオードは、微生物負荷の低減に効果的な殺菌特性が証明されている。微生物の不活性化は、UVC光の放射照度と露光時間により機能する。光出力はデバイス開発を進める上で必要不可欠だが、熱マネージメントは、低予算で最適なデバイス設計と効果的な消毒を実現する上で重要な役割を果たす。従来の2-PADと比較して、より高い駆動電流で光出力を60%増加させ、接合部温度を30℃下げることで寿命の向上を約束する統合型熱管理の技術をもつ3-PAD技術を紹介する。3-PAD技術を使用して高寿命で、メンテナンス要因を減らし、信頼性を高めたデバイスを製造できる。本稿では、主に265nmLEDの有効寿命の評価結果と、UVLED消毒装置で達成された微生物負荷の削減について紹介する。

○石英ガラスフォトマスク製品および石英ガラスレンズ開発品/クアーズテック㈱/横山 優
合成石英ガラス製品に加え、テクニカルセラミックスメーカーであるクアーズテックが開発した石英ガラスレンズを紹介する。

■解説
○250万:1の高ダイナミックレンジを実現したマルチチャンネル分光器/浜松ホトニクス㈱/井口 和也
一般的な分光器や光センサの使い方やダイナミックレンジの概念に触れ、新規開発のユニークな光センサ技術を使用し高ダイナミックレンジ測定を実現したOPAL-LuxeTMの実際の測定例や応用について紹介する。

○脱炭素社会に向けたCO2フリー水素の製造技術/人工光合成化学プロセス技術研究組合/西見 大成
脱炭素社会構築にとって鍵となる「水素」の様々な製造法について紹介するとともに、NEDO人工光合成プロジェクトで開発している「光触媒を用いたグリーン水素製造技術」と社会実装への道筋について紹介する。

○健康成人を対象としたphotobiomodulationによる内因性疼痛調節機構変調の検討/明海大学/大野 由夏・小長谷 光
健康成人を対象に光生物学的活性化反応により内因性疼痛調節機構がどのように修飾されるか検討した結果、合谷と手三里の直線偏光近赤外線照射により内因性疼痛調節機構が賦活化されることが示唆された。

○青色光照射の尋常性痤瘡への治療効果と発生する活性酸素種の研究/防衛医科大学校 中山 瑛子・櫛引 俊宏・真弓 芳稲・石原 美弥・東 隆一
青色光を痤瘡(にきび)モデルマウスに照射し、その治療効果や皮膚ATP量への影響などを調査した。また、青色光をマウス線維芽細胞に照射し、発生する活性酸素種の種類と量を計測した。

○蛍光観察法と口腔粘膜疾患/東京歯科大学/柴原 孝彦

○皮膚疾患における紫外線療法の波長と治療/聖母病院/小林 里実
PUVA、ブロードバンドUVBに代わり、311 nmにピーク波長を有するナローバンドUVB、308 nmにピーク波長を有するエキシマライト、312nmのTARNABⓇが主流となり、UVA-1も保険収載され、疾患や部位、患者の光線に対する忍容性などにより光線を使い分ける工夫が可能となった。

○血管壁の3次元微細構造変形を明らかにする画像化技術/名古屋大学/松本 健郎・前田英次郎
血管は血流や血圧の大きさに応じ適応的に内径や壁厚を変化させる賢いパイプである。本稿では、この現象を明らかにするために我々が進めている、血管を透明化して変形に伴う内部の3次元微細構造変化を観察する手法を紹介する。

■製品技術紹介
○立体形状へ微細パターニングが可能なフォトリソグラフィ装置の開発/ネオアーク㈱/小田切雄介・飯田 達矢
 
2,300円
■解説
○肺癌に対する光線力学的療法の現状と課題/旭川医科大学病院/佐々木高明・木田涼太郎・南 幸範・大崎 能伸
肺癌に対する光線力学的療法は、中心型早期肺癌と癌による気道狭窄に保険適応がある。本稿では、肺癌におけるPDTの優位性や治療成績、さらに末梢小型肺癌に対する経気管支鏡的なPDTの治療成績などを紹介する。

○柔軟マクロ多孔体を用いた光学式触覚センサ/(国研)物質・材料研究機構/早瀬 元
数μmの骨格をもつ柔軟なモノリス型多孔体(塊状多孔質材料)を圧縮すると、内部でミー散乱に変化が生じる。従来材料とは異なる原理を利用して簡易光学式触覚センサーを作製した。

○レーザー3Dプリンタによるニッケル単結晶の造形法開発/(国研)物質・材料研究機構/北嶋 具教
照射面強度分布が一様なフラットトップレーザを使い、粉末3Dプリンタでニッケル単結晶を造形する技術を開発した。近年の飛行機エンジンは多くの部品が3Dプリンタで製造されており、耐熱強度に優れる単結晶の3Dプリンタ部品の実用化が期待される。

○ドローンと有人ヘリの機体間通信による自律接近回避技術/(国研)情報通信研究機構/松田 隆志・三浦 龍・単 麟・越川 三保・松村 武
当機構では、安全なドローン運用を行うための通信技術の開発を行っている。本稿では、ドローンが有人ヘリと空域を共有するケースにおいて、互いの位置情報を把握し接近を回避する手法について紹介する。

○肺癌に対する光線力学的治療法(PDT)の発展と今後の展望/東京医科大学茨城医療センター/古川 欣也・小野祥太郎・田中 健彦・後藤 悠史・中嶋 英治/東京医科大学/池田 徳彦
現在、光線力学的治療法(PDT)が多くの臓器の疾患に対して臨床応用されている。肺癌に対するPDTの開発は、1978年より東京医科大学で研究が開始されたことが幕開けとなったが、今年で45年を迎えるにあたり、肺癌のPDTの発展の歴史、および今後の展望について紹介する。

○喉頭乳頭腫に対するグリーンレーザーを用いた外来日帰り内視鏡下手術/杏林大学/齋藤康一郎
喉頭乳頭腫は、再発・多発を繰り返し、気道の問題や嗄声により、患者QOLを著しく障害する。低侵襲な日帰り手術が求められている現状において、我々は光凝固療法(photoangiocoagulation)のコンセプトによる治療のツールとしてグリーンレーザーを用い、腫瘍の制御と喉頭機能の温存を両立した良好な成績を得ている。

○アクリル板と水による低コスト・低環境負荷なガラス研磨プロセスの開発/東京大学/郭 建麗・三村 秀和
よく目にする普通のアクリルの表面に研磨に適している特性があることを発見した。この特性を利用し、アクリル板と水のみによるガラス表面の原子レベルの平坦化を実現した。極めて低コストかつ低環境負荷な研磨法であり様々な光学材料の研磨に応用できる。

○抗菌的光線力学療法(antimicrobialphotodynamictheraphy:a-PDT)のタンパク質分解能について/鶴見大学/松島 友二・長野 孝俊・八島 章博・五味 一博
これまでの抗菌的光線力学療法(antimicrobialphotodynamictheraphy:a-PDT)の研究は抗菌性についての研究がほとんどであり、a-PDTの歯周ポケット内への応用時に硬組織である歯根表面に与える影響についての検討は少ない。さらに、抗菌性を発揮するにあたり考えられる有機質の分解能についての研究も少ない。本稿では、a-PDTの抗菌性とタンパクの分解能について紹介する。

○レーザー加工初期過程からのテラヘルツ放射/横浜国立大学/片山 郁文/(地独)神奈川県立産業技術総合研究所/玉置 亮/㈱ニコン 浅井 岳・瀧川 雄一
フェムト秒レーザー加工は熱の影響を避けて精度よく加工できる技術として、近年注目されている。本研究では、その初期過程における電荷分離がテラヘルツ領域の電磁波を放射し、その波形が加工の有無と相関することを明らかにした。

○歯科感染症における抗菌光線力学療法(a-PDT)/朝日大学/辰巳 順一
歯周病の原因菌を化学的に減らす抗菌光線力学療法(a-PDT)は、繰り返しの使用でも耐性菌の出現や併発症が起きにくい反面、その有用性が明確でない。本稿では、a-PDTの有効性と将来性について紹介する。

○咽喉頭病変に対する光凝固手術/京都大学/岸本 曜
波長が500nm台のレーザーを用いた光凝固手術は、周囲組織へのダメージを最小限に抑えながら粘膜下の血管を選択的に凝固することが可能であり、種々の咽喉頭病変の縮小・消失が期待できる。

○ガスクラスターイオンビーム励起による表面反応と原子層エッチングへの応用/兵庫県立大学/豊田 紀章
数千個のガス原子・分子集団であるガスクラスターイオンビーム(GCIB)は、数eV程度の超低エネルギーイオンにも関わらず高密度のエネルギーを表面に与えるため、低損傷かつ低温で表面反応が促進される。我々はGCIB照射の特長を生かし、原子層エッチング(ALE)への応用を検討している。本稿では、反応性分子として有機酸やジケトン分子を吸着させ、その表面にGCIB照射を行うことによる表面反応促進と、原子層エッチングへの応用を紹介する。

○食道がん細胞におけるPorphysome-PDTの有用性/鳥取大学/神田 努・濱本 航・枝野 未来・磯本 一
食道がん細胞株に対し、Porphysome-光線力学的療法(PDT)をinvitroで実施した結果、従来のVerteporfin-PDTとは異なり、複数の細胞株に対しても同様の治療効果が確認され、Porphysomeが次世代の光感受性物質として有望な候補であることが確認された。

○前立腺肥大症に対するレーザー治療/九州中央病院/出嶋 卓・宋 裕賢・正岡 寛之・佐藤 嘉晃・関 成人
前立腺肥大症のレーザー治療には多岐にわたるデバイスが応用可能である。このうちレーザー蒸散術は、良好な治療成績とともに、術中の出血コントロールが良好で手技習得も比較的容易なため、世界的にも普及している。
2,300円
■特集:特集:レーザー精密加工の要 ガルバノスキャナ
○ガルバノスキャナの特徴と応用エーエルティー㈱/髙野 裕・立尾 知之
ガルバノスキャナはポリゴンスキャナー、光MEMSスキャナーなどの光学スキャナーと比較して、標準品が豊富で広く使用されている。本稿では、光学機械スキャナーの特徴を比較してガルバノスキャナの使用方法と特殊用途について紹介する。

○中国製ガルバノスキャナのインパクト/㈱光響/住村 和彦
当社が取り扱っている中国メーカーのSinoGalvo社とHansScanner社を紹介する。当社は輸入販売していると同時に、自社製のレーザー加工機製品にも組み込んで販売を行っている。自社製品への組み込みについても紹介する。

○ガルバノスキャナの特長と役割/㈱ティー・イー・エム/内田 亨
レーザー加工やマーキングなど現代の精密加工技術を支える心臓部であるガルバノスキャナの歴史・原理・用途を通して、初めてガルバノスキャナに触れる方でも、その特長と役割を簡潔に分かりやすくまとめた内容になっている。

○ガルバノスキャナの補正管理方法/㈱日本レーザー/西尾 高樹
産業用アプリケーションとしてレーザー加工のガルバノスキャナは、ミクロレベルの機能で精度と再現性が求められつつある。レーザー加工は多種多様なアプリケーションで使われ、多種多少な材料の組み合わせとプロセス基礎の検討が進行中であるが、エンジニアには様々な課題が求められている。RAYLASE社では自社ガルバノスキャナを管理するスキャンフィールドキャリブレーター製品で、顧客のニーズに最適なソリューションを提供する。本稿では、その特長と概要ついて紹介する。

■解説
○スマート加工のための波面制御技術/浜松ホトニクス㈱/瀧口 優・田中 博・大竹 良幸・豊田 晴義
スマート製造の発展とともに、高出力なデジタル制御レーザーによる高付加価値加工が注目されている。本稿では、デジタル制御のための波面制御技術と、それを実現するための位相変調型空間光変調器の開発の一端を紹介する。

○膀胱癌に対する光力学診断の実際について/高知大学/福原 秀雄・井上 啓史
今回、膀胱癌診療ガイドライン2019年版の改訂が実施され、いくつかの新しい項目が追加され、光力学診断が挙げられる。膀胱癌において光力学診断はリアルタイムな腫瘍切除を可能にし、治療成績を改善させる。

○婦人科腫瘍と5-aminolevnic acidを用いたphotodynamic therapy(5ALA-PDT)の検討/鹿児島大学/水野 美香/名古屋大学/梶山 広明
ヘム合成回路のポルフィリンの前駆物質アミノレブリン酸(5ALA)は光線力学診断薬として保険収載されている。本稿では、5ALAを用いて行ってきた婦人科腫瘍に対する光線力学的療法の基礎研究と臨床研究の結果を紹介する。

○眼科領域におけるフェムトセカンドレーザーの応用北里大学/神谷 和孝
フェムトセカンドレーザーは、屈折矯正手術、角膜移植、白内障手術にまで幅広く利用されていて、今後の普及が期待されている。本稿では、眼科領域における臨床応用の実際を紹介する。

○下肢静脈瘤レーザー治療器及び自動牽引装置の開発/㈱ユニタック/廣井 和正
自動牽引装置を付加した下肢静脈瘤レーザー治療器を薬事承認した。国産初の治療器で、他社と差別化をするための自動牽引装置の開発、一旦は臨床試験資料が必要とされ諦めかけていたが、改良医療機器(臨床なし)として薬事承認されるまでを紹介する。

○KTN光スキャナーによる硬性内視鏡型OCTの開発と整形外科学分野へのOCT応用/大阪大学/近江 雅人
我々はKTN光スキャナーを用いた硬性内視鏡型OCT装置を開発し、ヒト指先の3次元OCT画像を取得した。その結果、鮮明に指紋構造や汗腺等の微細構造が観察できた。さらに、OCTの整形外科学分野への応用を検討し、正常部と異常部位の差異を定量解析した。

○再帰透過光学素子による空中像の設計/電気通信大学/小泉 直也
空中像とは、光源から出射された光が光学素子によって反射・屈折し、空中に結像したものである。本稿では、再帰透過光学素子による空中像の設計に関して、原理、設計例、設計のためのツールに関する研究を紹介する。

■製品技術紹介
○C帯用ラマン増幅器用ポンプレーザーで800 mWの高出力化を実現/古河電気工業㈱/吉田 順自
2,300円
■特集:多様化するレーザー加工技術②
○遠赤外・テラヘルツ領域FELを用いた物質科学立命館大学/入澤 明典
遠赤外・テラヘルツ自由電子レーザーを用いた半導体の非線形応答現象と表面超微細加工に関する研究を紹介する。

○パルスレーザーによる微細加工と産業応用㈱タマリ工業 三瓶 和久
パルスレーザ加工技術とその産業応用についてレビューしながら、高出力化が急速に進んでいる超短パルスレーザによるテクスチャリング加工の開発状況、および超短パルスレーザのファイバー伝送について紹介する。

○高出力ブルー半導体レーザーによる銅材料溶接レーザーライン㈱/武田 晋
自動車の電動化に伴いモーターやバッテリーなどに多様される銅材料のレーザ接合は重要で、ブルーレーザは出力3kWまで高出力化、さらに適用範囲が増えると期待される。ブルーレーザの最新動向を紹介する。

○3次元Cu微細造形に向けたCu2O球状ナノ粒子のフェムト秒レーザーパルス誘起局所加熱接合/長岡技術科学大学/溝尻 瑞枝
フェムト秒レーザーパルス誘起非線形吸収を利用し、Cu2O球状ナノ粒子インクのCu還元焼結、および内部描画を行った。還元焼結では、純銅の1/10もの高い導電性を有するパターニングを実現するとともに、Cu2O球状ナノ粒子インク膜内部へのパターニングに成功した。

○Selective Laser Thermoregulation法によるレーザー加熱試験方法と照射条件決定AIの開発状況/東京工科大学/大久保友雄・中尾根美樹・松永 栄一・香川 豊/(国研)宇宙航空研究開発機構/後藤 豊/メカトラックス㈱/越地 駿人
セラミックス複合材料等の耐熱材料の新しい加熱試験方法として、レーザーを用いたSLT法と名付けた手法を開発中である。本稿では、そのシステムの概要と、レーザー照射条件を推定するAI開発の一部を紹介する。

■特集:ラマン分光法の応用技術と各社の取り組み④
○固体高分子形燃料電池発電時の過渡状態における電解質膜内の水分布と化学状態の時間分解CARS分光法による解析/山梨大学/犬飼 潤治・西山 博通
電解質膜として、Nafionを用いた固体高分子形燃料電池の発電時過渡状態における電解質膜内部の水分布の時間変化を、コヒーレント反ストークスラマン(CARS)分光法によって測定、および解析した。

■解説
○光画像増幅型スキャンレス・デュアル光コム顕微鏡/徳島大学/水野 孝彦・安井 武史
デュアル光コム顕微鏡において、ファイバー光増幅と干渉計測を融合することにより、画像情報のみを効果的に光増幅した。これにより、共焦点光振幅画像および共焦点光位相画像のシングルショット計測を実現した。

○食道癌に対する光線力学療法後の食道狭窄について現状と治療/筑波大学附属病院/池田 貴文・松井 裕史
光線力学療法は食道癌のサルベージ療法として注目されている。有害事象であるPDT後瘢痕狭窄は注意が必要である。これはQOLを著しく低下させるため、その解決は重要である。当院で治療困難なピンホール状狭窄に対して集学的内視鏡手技による治療が有効であった。

○皮膚色素異常症に対するピコ秒レーザーの現状と今後の課題/東海大学/今川孝太郎
メラニン性色素異常症や刺青治療に、ピコ秒レーザーが応用され10年が経過した。従来のナノ秒レーザーとの比較において、有効性と安全性は同等以上の効果が示されつつある。本稿では、これまでのレーザー治療の変遷、ピコ秒レーザーの現状と今後の課題について紹介する。

○機能性高分子を基盤とした光増感剤送達技術/東京工業大学/野本 貴大
光線力学療法は免疫療法に続く第5のがん治療法として注目されている。本稿では、光線力学療法の適用範囲拡大を目指した光増感剤送達技術に関して、我々の最近の研究成果について紹介する。

○量子インターネットの概要とその実現に向けた光量子技術/大阪大学/生田 力三
量子コンピュータなどの、個別量子情報システムをネットワーク化する量子インターネットが注目を集めている。本稿では、その概要および応用技術を解説し、関連する光技術とその実現に向けた取り組みを紹介する。
2,300円
■特集:多様化するレーザー加工技術①
○結晶・非晶質材料に対するレーザスライシング技術の適用/埼玉大学/山田 洋平・池野 順一
硬脆材料を切りくずゼロで高速にスライシングするレーザスライシング技術を発展させている。結晶材料と非晶質材料の内部加工痕を詳細に観察することにより、それぞれの加工メカニズムを明らかにした。

○xEV製造プロセスに向けたハイブリッドレーザー加工技術/古河電気工業㈱/松本 暢康
近年、普及が加速するEVの動力源である電池やモータ等の製造工程において、レーザ加工技術が注目を集めている。本稿では、当社が銅加工用に開発したBlue-IRハイブリッドレーザBRACE .Xの加工の特長について事例とともに紹介する。

○高出力グリーンレーザーの溶接特性とビームプロファイル制御技術トルンプ㈱/中村 強
本稿では、グリーンレーザーによる銅の溶接特性と、世界で初めて開発された3 kWグリーンレーザーによる銅、アルミ、ステンレスの溶接特性を紹介する。また、この度初めてグリーンレーザーに搭載された、スパッタ低減効果のあるビームプロファイル制御技術BrightLine Weldを用いた高品質化の効果を紹介する。

○カーボンニュートラルに貢献するレーザークリーニングの最新技術とその適用事例/クリーンレーザージャパン㈱/本村 孔作
レーザークリーニングは環境負荷低減などカーボンニュートラルへの貢献要素が大きく、広範な市場適用が始まっている。本稿では、注目されるその技術特性、アプリケーションや新しい導入事例などを具体的に紹介する。

■特集:光学系設計ソフト活用術②
○光学機器開発用ツールの最新情報/日本シノプシス(同)/小林 正史
光学製品にはどうしても迷光が付きまとう。この光路と影響度合いを見るには、結像ツールと照明ツールの連携が必須となる。SynopsysのCODE V、LightToolsはレンズデータをスムースにやり取りできる機能を開発した。本稿では、この機能の動き、効果について紹介する。

○コスメティックパフォーマンスまでターゲットとするオプティマイザ/㈱ノーツアンドクロス/山本 努
オプトメカニカルソフトウエアTraceProに標準搭載されていたインタラクティブオプティマイザは、繰り返し構造やスプラインカーブのフレネル化などが可能になり、非常に複雑なオブジェクトの作成・最適化が実現できる。

■解説
○光線力学療法の適応基準外病変食道癌に対する安全性・有効性の検討/金沢大学附属病院/林 智之
食道癌化学放射線療法後の遺残再発に対する光線力学療法(photodynamictherapy:PDT)が承認された。本稿では、PDTの成績に加え、問題点や適応基準外病変に対する安全性・有効性についても紹介する。

○気温・水蒸気同時計測用ラマンライダーの開発/英弘精機㈱/竹内 栄治・松木 一人・内保 裕一/京都大学/矢吹 正教
線状降水帯等の大雨による災害を軽減するには、早期かつ高精度な降雨予測が有効である。本稿では、雨をもたらす水蒸気と気温の空間分布を昼夜を問わず安定に観測する、波長266 nmレーザを用いたラマンライダーの開発状況を紹介する。

○Tm、Hoドープレーザーの高効率化技術とライダー応用/東北工業大学/佐藤 篤
Tm,Hoドープ結晶を用いた波長2μm帯高出力パルスレーザーは、風観測用ドップラーライダーなどへの応用が期待されている。本稿では、その高効率化について従来技術から最新技術までの動向を紹介する。

○超高エネルギー宇宙線観測と望遠鏡/信州大学/冨田 孝幸
超高エネルギー宇宙線は宇宙から飛来する放射線であり、その起源やエネルギー獲得機構などが未解明である。本稿では、その観測結果と合わせて、望遠鏡による観測手法、および最新検出器の開発状況を紹介する。

○光波マイクロホンによる音圧絶対測定の現状/(国研)産業技術総合研究所/山田 桂輔
光波マイクロホンは、音波による空気の屈折率変化をレーザとレンズによる光学的フーリエ変換を利用して検出する測定法である。本稿では、光波マイクロホンによる音圧の絶対測定技術開発の取り組みについて紹介する。

○再発悪性脳腫瘍に対する光線力学的治療(PDT)/筑波大学/石川 栄一
悪性脳腫瘍の摘出の際、腫瘍浸潤が疑われる領域に対して、第二世代の光感受性物質であるタラポルフィンナトリウムを用いたphotodynamictherapy(PDT)を行うことが可能である。再発脳腫瘍に対するPDTについて、自験例と文献をもとにその意義について考察する。

○テラヘルツ波イメージングシステムの開発/㈲スペクトルデザイン/深澤 亮一
テラヘルツ波を用いたイメージングはこの20年程で急速に発展を遂げた。本稿では、テラヘルツパルス波を用いたイメージングシステム技術について紹介する。また、最近の固体デバイスを用いた高速イメージングやテラヘルツ波レーダーなどの研究開発動向について紹介する。
2,300円
■特集:ラマン分光法の応用技術と各社の取り組み③
○微生物の非破壊1細胞解析法としての顕微ラマン分光法/関西学院大学/菅野 菜々子・重藤 真介
顕微ラマン分光法を応用した微生物の新規非破壊解析法について紹介する。この手法では、機械学習などと組み合わせることにより、従来のゲノム解析では難しかった1細胞レベルでの微生物の種類と機能の解明を行うことができる。

○着色排水を検知するSERSセンサの開発北陸先端科学技術大学院大学/仲林 裕司/石川工業高等専門学校/山田 悟/国士舘大学/酒井 平祐/金沢工業大学/鈴木 亮一
希薄色素水溶液の検出が可能なSERS(Surfaceenhanced Raman scattering)センサーの開発について紹介する。開発したSERSセンサーは、通常のラマン分光測定では困難である10-9mol/Lまでの濃度の色素水溶液を検出し、色素が要因となる水質汚染を未然に防ぐセンサーとして産業応用の可能性を見出した。

○顕微ラマン分光法の水素同位体トレーサー拡散実験への応用徳島大学/野口 直樹
顕微ラマン分光法によって固体中の水素同位体を定量分析する方法を開発した。本稿では、この方法を利用した低温・高圧特殊環境下での水素同位体トレーサー拡散係数測定法について紹介する。

○レーザーラマン分光法による局所ガス濃度非接触計測技術の開発/㈱四国総合研究所/朝日 一平
レーザラマン分光法とバイスタティックライダ技術を融合させた、様々なガス種に適用可能であり、局所ガス濃度を非接触、リアルタイムに連続してモニタリングできる独自の計測技術について紹介する。

■特集:光学系設計ソフト活用術①
○Ansysが提供するナノ~マクロスケール光学解析ワークフロー/アンシス・ジャパン㈱/松元 峻士
Ansys社が提供する新世代の光学解析方法を紹介する。昨年1月より、Ansysファミリーに加わった、ZemaxOpticStudioとAnsysLumericalを活用した、光線追跡と電磁場解析を連携させた光学系設計、解析事例を紹介する。

○パンケーキレンズの設計とシミュレーション/FITリーディンテックス㈱/市原 良香
光学系の多様化・微細化などの背景から、レンズ設計ソフトウェアOSLO、および照明設計・解析ソフトウェアTraceProを活用して、ARグラスとして人気のパンケーキ光学系の設計・シミュレーション事例を紹介する。

○光線追跡シミュレーションの活用/サイバネットシステム㈱/大橋 祐介
本稿では、3次元光学解析ソフトウェアAnsysSpeosを用いた照明設計について、高度な解析機能や最適化、高速化、他の物理シミュレーターとの連携など様々な活用例を、絵図を交えながら紹介する。

○VirtualLab Fusionを用いたAR/MR用光学系のシミュレーション/㈱ティー・イー・エム/澤田 宏起
近年はAR/MRを実現するシースルー型のディスプレイの開発が盛んに行われている。本稿では、VirtualLab FusionでのAR/MR光学設計機能を紹介する。

○GPU処理に対応した光学設計評価ソフトウエアの紹介/CBSJapan/稲畑 達雄
FREDmpcはレンズや筐体の迷光解析や実画像評価を高精度で行うPCソフト。米国NVIDIA社との協業で、CUDA言語の対応により、業界初のGPUボード駆動でCPU処理の400~1,200倍の高速処理を実現。

■解説
○光技術を適用した高速海中無線通信(国研)海洋研究開発機構/石橋正二郎
近年、光技術を適用した海中無線通信が注目されており、国内外において積極的に研究開発が進められている。本稿では、レーザー光を適用した高速海中無線通信に関する試行について紹介する。

○構造制御半導体電極による人工光合成反応/東京大学/嶺岸 耕
近年、世界的に関心が持たれているカーボンニュートラル実現に寄与する技術として、「人工光合成」が期待されている。本稿では、人工光合成の一種である半導体電極による水分解反応における多層構造、組成傾斜構造による高効率化について紹介する。

○集積型光周波数コム光源とシリコンフォトニクス/慶應義塾大学/菅野 凌・藤井 瞬・木暮 蒼真・田邉 孝純/マレーシア工科大学/Nurul Ashikin Binti Daud本稿では、筆者らが取り組んでいるシリコンナイトライド微小光共振器を用いた光周波数コムの生成とシリコンを用いたチップスケールの光変調デバイス、そしてそれらを平面接合した成果について紹介する。
おすすめの購読プラン

光アライアンスの内容

  • 出版社:日本工業出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4変形判
光技術の融合と活用のための情報ガイドブック
光技術を4つの基本アプリケーション(計測、加工・化工、伝送、情報処理)からとらえた実用的ガイドブックです。光部品、光機器・装置は、今後新規製品が増えると予想されており、このような製品動向を的確に迅速に伝えます。 これから光分野を学ばれる方、現場サイド、技術者、経営に携わる方々に見逃せない技術誌です。

光アライアンスの目次配信サービス

光アライアンス最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

光アライアンスの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.