実験医学 発売日・バックナンバー

全257件中 211 〜 225 件を表示
1,980円
●特集●
翻訳制御―RNAが支配する生命現象の根幹
リボソームの機能制御,tRNAの分子擬態から局所的翻訳まで
序にかえて―翻訳研究のダイナミズム 中村義一
翻訳伸長段階におけるリボソームおよびtRNAのダイナミクスと分子擬態 清水義宏/上田卓也
トランスファーRNAの3′末端修復の分子メカニズム 富田耕造
翻訳調節における翻訳終結制御機構の新知見 伊藤耕一
新生ペプチドによるリボソーム機能の制御 尾之内 均/内藤 哲
酵母におけるmRNA局在と局所的翻訳の分子機構 入江賢児
樹状突起における局所的な翻訳制御 飯島崇利/岡野栄之



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・ポロキナーゼが細胞分裂時にGタンパク質Rho1を制御する 吉田知史/David Pellman
・NMDA受容体のリン酸化による記憶・学習の制御 中澤敬信/山本 雅
・12アミノ酸からなるCLEペプチドによる植物幹細胞の維持と分化 福田裕穂
・セネッセンスとヘテロクロマチン形成におけるHMGAの新たな役割 成田昌子/成田匡志

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・TH17分化を制御する転写因子は? 熊ノ郷 淳
・リボスイッチは代謝産物とRNAのみにより転写を制御する 黒川理樹
・殺し屋の別の顔 今居 譲
・引っ張るほどに強くなるキャッチボンドの神秘 島岡 要
・ハーバード幹細胞研究事情 妹尾 誠

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
Any Breakthroughs?
RNAi発見とノーベル賞受賞を支えた多くの出会い Craig Mello

[クローズアップ実験法]
4塩基コドンを用いたタンパク質のピンポイント蛍光標識法 芳坂貴弘

[疾患解明Overview]
ギラン・バレー症候群研究の展開:分子相同性仮説の立証 結城伸泰

[私が名付けた遺伝子]
第25回 eiger/wengen ~無脊椎動物ではじめて発見されたTNF/TNF受容体~ 三浦正幸

[ラボレポート-独立編-]
独立させていただきました―Yale University School of Medicine 富田 進

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●
新たな治療標的につながる
発癌と転移・浸潤のメカニズム

概論―新しい展開をみせる発癌メカニズム研究 田矢洋一
p53研究の思わぬ展開:細胞運動,エンドサイトーシスやエクソソーム分泌の制御 田矢洋一
癌治療薬の新たな標的:p600 中谷喜洋/Karl Münger
癌の浸潤・転移をコントロールするSrcキナーゼ基質群の役割 堺 隆一
シクロフィリン阻害剤によるC型肝炎ウイルスの排除 渡士幸一
解明が進むヒトパピローマウイルスによる子宮頸癌の発症機構 ―E6,E7癌タンパク質の新規機能 温川恭至/清野 透
癌幹細胞の実体に迫る ―解明が進む起源と維持のメカニズム 平尾 敦



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・癌抑制遺伝子群の新たな神経機能―ニューロンの受容領域を維持・管理する分子メカニズム 榎本和生
・Plk1標的タンパク質KizunaによるM期中心体の安定化 押森直木/大杉美穂/山本 雅
・IRE1による膵β細胞でのインスリン生合成の制御 浦野文彦

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・ノーベル化学賞:分子レベルで遺伝子転写機構を解明 高木雄一郎
・本年度のノーベル医学生理学賞はRNAiの「トリガー」の発見者に 泊 幸秀
・核外輸送の裏ワザ 中川真一
・樹状細胞の骨髄と胸腺へのホーミング ―局所での見張り役の知られざるグローバルな役割 島岡 要
・抗癌剤治療の場へのp53の警告 畠山鎮次
・フリードライヒ失調症とヒストンコード異常 澤田潤一
・肝再生時におけるカベオリンの新たな役割 神崎 展

[Update Review]
第二次大規模ゲノムシークエンスの予兆 服部正平

[クローズアップ実験法]
神経細胞選択的なHIV由来レンチウイルスベクターの作製法 平井宏和

--------------------------------------------------------------------------------
[研究者のためのイラスト実践講座]
第5回 小胞体,ゴルジ体,分泌顆粒を描く 秋月由紀

[疾患解明Overview]
COPD(慢性閉塞性肺疾患)の新展開 永井厚志

[私が名付けた遺伝子]
第24回 RCC1 ~Ranサイクルの司令塔~ 西本毅治

[ラボレポート-独立編-]
自分の可能性を信じて―Vanderbilt University School of Medicine 久米 努

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●
構造解析から見えてきたタンパク質の多彩な機能
膜タンパク質・酵素の機能発現とタンパク質修飾による活性制御機構

概論―形から機能へ ―ポストゲノム時代の構造生物学 岩田 想
トランスポーターの立体構造と機能 山下敦子
見えてきたV-ATPaseの構造と活性調節メカニズム 横山 謙
SUMO化によるタンパク質機能調節の構造的基盤 白川昌宏/馬場大地
発光酵素「ルシフェラーゼ」の反応過程の立体構造 加藤博章/中津 亨
低分子量Gタンパク質を介したシグナル伝達に関わるタンパク質の構造と機能 白水美香子/村山和隆/新野-柊元 睦子/嶋田 睦/横山茂之
膜結合ATP依存性プロテアーゼFtsHによるポリペプチド取り込み機構 寿野良二/土屋大輔/吉田賢右/森川耿右



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・IP3受容体からIP3により放出される新規分子IRBITの発見 御子柴克彦
・p53によるミトコンドリア呼吸の制御 的場聖明/松原弘明
・神経回路再編成時におけるグリア細胞による神経軸索の貪食 粟崎 健/伊藤 啓
・From inside out:生体内での血管管腔形成のメカニズムを追う 亀井 亮

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・ゲノムはヌクレオソームの位置もコードしていた 黒川理樹
・新生ポリペプチド鎖が小胞体へ移行する前にプロテアソーム分解に導くしくみ 神谷 由紀子/加藤晃一
・CTLA-4によるT細胞“Stop Signal”の拮抗 島岡 要
・炎症,免疫,癌のクロストーク 竹田和由
・CentrioleとCiliaの役割と重要性 芝 大/武内恒成

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
Maturation(成熟)―これまでも,これからも
免疫・がん研究にかける夢と個性を生かす大切さ 谷口維紹

[クローズアップ実験法]
Phos-tagを用いたリン酸化タンパク質の検出法
(2)アクリルアミド化Phos-tagを用いたリン酸アフィニティー電気泳動 木下恵美子/木下英司/小池 透

--------------------------------------------------------------------------------
[研究者のためのイラスト実践講座]
第4回 分子,矢印,DNAを描く 秋月由紀

[疾患解明Overview]
統合失調症の分子機構研究の最前線 西川 徹

[私が名付けた遺伝子]
第23回 mukB ~染色体分配に関与する最大級の遺伝子~ 平賀壯太

[ラボレポート-独立編-]
シアトルでの新たなる挑戦―Fred Hutchinson Cancer Research Center 谷口俊恭

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●
Intertissue Communicationによる
肥満・糖代謝の制御メカニズム
次々に明かされるメタボリックシンドロームの鍵因子たち
概論―肥満・糖代謝の制御機構研究の最前線 ―続々と明らかにされるIntertissue Communicationの鍵因子たち 尾池雄一
抗糖尿病シグナル:アディポネクチンとアディポネクチン受容体 山内敏正/門脇 孝
抗肥満シグナル:レプチン―AMPキナーゼ経路による摂食・代謝調節作用 箕越靖彦
グレリンによる摂食調節の分子機構 児島将康/佐藤貴弘
インクレチンによる食後糖代謝調節機構 山根俊介/山田祐一郎
エネルギー代謝調節シグナル:胆汁酸研究からのアプローチ 渡辺光博/Johan Auwerx
抗肥満・抗インスリン抵抗性シグナル:AGF 田畑光久/尾池雄一
神経ネットワークを用いた臓器間相互作用調節機構 山田哲也/石垣 泰/宇野健司/岡 芳知/片桐秀樹



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・タンパク質切断酵素セパレースが卵母細胞のキアズマを解消する 工藤信明
・ALSの発症と進行は運動ニューロンとミクログリアにより規定される 山中宏二
・NF-κB2によるT細胞の新たな調節機構 石丸直澄/岸本英博/林 良夫/Jonathan Sprent
・神経筋シナプスの形成におけるDok-7の役割:細胞内因子による受容体型キナーゼの活性化 樋口 理/岡田久未子/井上 茜/山梨裕司

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・創傷治癒における内在性電場の役割 根建 拓
・AML1-ETO転座遺伝子産物による白血病発症のしくみ 原 孝彦
・ATM欠損でリンパ球性悪性腫瘍が増える理由 小林武彦
・miRNA依存翻訳抑制はストレスにより解除される 稲田利文
・5th FENS Meeting in Vienna ―ラモン・カハールのノーベル賞受賞100年とモーツァルト生誕250年 武内恒成

[Update Review]
RTKシグナル伝達系のシステムバイオロジー ―数理解析の基礎と創薬への応用 畠山眞里子/中茎 隆/仲 隆

[クローズアップ実験法]
Phos-tagを用いたリン酸化タンパク質の検出法
(1)ビオチン化Phos-tagを用いたケミルミ検出 木下英司/木下恵美子/小池 透

--------------------------------------------------------------------------------
[研究者のためのイラスト実践講座]
第3回 受容体を描く 秋月由紀

[私が名付けた遺伝子]
第22回 capricious ~神経が結合相手を決める際の目印~ 能瀬聡直

[ラボレポート-留学編-]
ボストン小児病院 Michael E. Greenberg研究室―Children’s Hospital Boston/Harvard Medical School
1,980円
●特集●
神経・免疫・内分泌系へ拡がるメンブレントラフィック
細胞内における膜輸送メカニズムとその破綻による疾患発症
概論―生体高次機能におけるメンブレントラフィックのインパクト 大野博司
調節性分泌制御の分子メカニズム 泉 哲郎
シナプス伝達と可塑性を支える小胞輸送 ―Rab3A系を中心とした神経伝達物質放出の制御機構 坂根亜由子/佐々木卓也
ファゴサイトーシスと抗原提示におけるメンブレントラフィック 初沢清隆
歯周病感染とメンブレントラフィック 天野敦雄/津田香代子/吉森 保
FcRnによるIgG,抗原-IgG複合体の輸送機構 増田充弘/吉田 優/田中擴址/東 健
遺伝子異常から学ぶAP複合体の生理機能 大野博司



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・ライブイメージングから明らかになったゴルジ槽の成熟 時田公美/中野明彦
・細胞接着分子Dscamの分子多様性と特異的神経配線の決定 近藤真啓
・presenilin複合体の新メンバーTMP21の機能 長谷川浩史
・膵臓形成の位置決定におけるHes1/Notchシグナリングの役割 川口義弥

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・小さなRNA界の「第4の男」―piRNA 泊 幸秀
・SUMOは細胞の老化と死を招く? 菅澤 薫
・輸血や骨髄移植で他人の子供ができるの? 妹尾 誠
・DNA二重鎖切断は核内レセプターによる転写活性化に必須であった 黒川理樹
・Nature姉妹誌に投稿する前に知っておくべきこと 島岡 要

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
Be independent and ask questions 既存のドグマを超えた細胞老化という新たな概念 Leonard Hayflick

[クローズアップ実験法]
単一細胞マイクロアレイ解析を可能とするPCRを用いたcDNA増幅法 栗本一基/薮田幸宏/大日向康秀/斎藤通紀

--------------------------------------------------------------------------------
[研究者のためのイラスト実践講座]
第2回 細胞膜と核を描く 秋月由紀

[疾患解明Overview]
高血圧症の新たな原因遺伝子,WNKキナーゼと偽性低アルドステロン症II型 内田信一

[私が名付けた遺伝子]
第21回 Tsukushi ~生体情報シグナルの仲介因子~ 太田訓正

[ラボレポート-留学編-]
アメリカ留学日記:ある研究者のココだけの話―Rutgers University 岩佐宏晃

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集● >サマリー >過去の特集 転写制御,癌,発生分化を司る
レドックスシグナルと酸化ストレス応答
概論―レドックスシグナル伝達とそれが司る生命現象 住本英樹
XORによる活性酸素生成機構:レドックスシグナル発生の分子基盤 岡本 研/西野武士
活性酸素生成酵素Noxファミリーとレドックスシグナリング 住本英樹
Keap1-Nrf2システムによるレドックスシグナル応答メカニズム 鈴木隆史/山本雅之
発生・分化を司るシグナル伝達のレドックス制御―Wntシグナル経路における新たな発見 船戸洋佑/三木裕明
IRP2の酸化依存的ユビキチン化による鉄代謝制御機構―細胞はヘムを介して鉄濃度の変化を感知する 石川春人/岩井一宏
活性酸素によるゲノムの酸化とヒトゲノムの多様性 中別府雄作/大野みずき



--------------------------------------------------------------------------------

●連載● 各連載のタイトルをクリックするとバックナンバーを見ることができます
[CURRENT TOPICS]
・減数分裂期染色体のブーケ配置におけるテロメアとSPBの連結 近重裕次
・癌細胞の遊走,骨転移を制御するRANKL 中島友紀/Josef M. Penninger
・概年性に調節される脳内HP複合体による冬眠のコントロール 近藤宣昭
・電位依存性プロトンチャネルはポア(孔)構造をもたない分子である 佐々木真理/高木正浩/岡村康司

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・またまた新しいT細胞発見―1,2,3,跳んでなぜか17 畠山鎮次
・細胞内Ca2+流入の分子機構 西谷真人
・脂肪細胞の肥大化とマトリックスメタロプロテアーゼ 神崎 展
・生活の質を変えずに寿命を制御するSMK-1 飯田隆治
・Neural Stem Cell Research Center at UCLA―神経幹細胞から腫瘍幹細胞まで細胞機能解明に向けた大型プロジェクト― 中野伊知郎

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
親孝行はすべての原点!? アルツハイマー病治療薬開発に懸ける強い情熱 杉本八郎

--------------------------------------------------------------------------------
[Illustratorで作図にトライ! 研究者のためのイラスト実践講座]★新連載★
第1回 Adobe Illustratorでイラストを作成してみよう 秋月由紀

[クローズアップ実験法]
Bisulfite処理によるDNAメチル化の検出法 幸田 尚

[疾患解明Overview]
皮膚癌の分子機構を探る―遺伝子導入したヒト皮膚細胞によるin vivoアプローチ 久保宜明

[私が名付けた遺伝子]
第20回 ALK ~TGF-βファミリーシグナルの分岐点~ 宮園浩平

[ラボレポート-留学編-]
スイスでのポスドク生活―University of Geneva 影山(矢原)夏子

[学会・シンポジウム見聞録]
ゲノム医学の次なるステップ“トランスレーショナルリサーチ”第4回RGCMフロンティアシンポジウム 宇野茂之/槇島 誠
1,980円
●特集●
細胞周期と細胞死,老化をつなぐ役者たち
概論―生命メカニズム統合の立役者たち― 異なる生理機能を結びつけ,より高次の生命現象を形づくるキーファクター 宮崎 徹
アポトーシス関連分子DEDDの新たな機能 ― 細胞周期および細胞のサイズの制御 新井郷子
S期開始の制御機構と発癌 神野茂樹
WARTSキナーゼを介した器官サイズ制御と発癌抑制の接点 國仲慎治/佐谷秀行
哺乳類Sirt1:カロリー制限に対する生理学的応答を統括する主要制御因子 今井眞一郎
寿命関連遺伝子と「老化の代謝説」 根本信乃
G2/M期調節タンパク質による染色体の数的制御と疾患 桂 真理/宮川 清



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・活性酸素のp38MAPKを介した造血幹細胞寿命制御への関与 伊藤圭介/平尾 敦/須田年生
・時計タンパク質CLOCKのヒストンアセチル化酵素としての働き 土居雅夫/Paolo Sassone-Corsi
・自然免疫の必須分子IRAK-4が獲得免疫の主役「T細胞」機能を制御 鈴木信孝
・SizzledによるChordinタンパク質の分解抑制と背腹軸形成の制御 村岡 修/日比正彦

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・トリメチル化ヒストン特異的な脱メチル化酵素の発見 黒川理樹
・ギチギチとスカスカで,同じ? 違う?―高発現密度下での,イオンチャネル間の相互作用 久保義弘
・インフルエンザウイルスの宿主域―トリのレセプターとヒトのレセプター 高田礼人
・アディポネクチンシグナルを伝える分子APPL1 原 孝彦
・NIHグラント申請の電子化 島岡 要

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
見たい! 知りたい!-細胞構造と機能への飽くなき探求 廣川信隆

[Update Review]
21世紀の脳疾患研究 ―心の解明へ向けた世界の取り組み 神谷 篤/澤 明

[クローズアップ実験法]
高効率かつ高速な融合タンパク質発現ベクターの構築法 天野剛志/合田名都子/廣明秀一

[疾患解明Overview]
遺伝子転写から動脈硬化の病態生理を解明する 倉林正彦

[私が名付けた遺伝子]
第19回 recQ ~RecQヘリカーゼのプロトタイプ~ 中山宏明

[ラボレポート-留学編-]
HIVワクチンへの道 ―National Institutes of Health 赤畑 渉

[学会・シンポジウム見聞録]
Keystone symposium「NF-κB:20 Years on the Road from Biochemistry to Pathology」に参加して 篠原久明

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内

◆掲載広告一覧
1,980円
●特集●
細胞機能のkey regulator プロテインキナーゼ
新たにわかった細胞極性・骨格,感覚受容,エンドサイトーシス,炎症との関わり
概論―プロテインキナーゼと細胞機能 松本邦弘/西田栄介
ERK5:シグナル伝達の制御機構とその生理的機能 西本聡子/西田栄介
GSK-3による細胞極性の制御機構 渡辺 崇/則竹 淳/王 淑杰/原田 匠/貝淵弘三
線虫の温度走性行動の解析から明らかになったPKCの新たな役割 大河内善史/森 郁恵
TAK1による炎症と細胞死の制御 辻 順
LIMキナーゼによるコフィリンリン酸化とアクチン細胞骨格の時空間的制御 水野健作
酵母Ark1/Prk1によるエンドサイトーシスのリン酸化制御機構 十島二朗/十島純子/David G. Drubin



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・オートファジーの減弱は神経変性疾患を引き起こす 小松雅明/和栗 聡/内山安男/木南英紀/田中啓二
・1個の精子から明らかにされた母性遺伝の仕組み 西村芳樹/成瀬 清
・染色体転座が精子に多い人,少ない人 加藤武馬/倉橋浩樹
・転写抑制によって生じる新しい神経細胞死 岡澤 均
・レトロトランスポゾンを利用した哺乳類の胎生進化 小野竜一/成瀬美衣

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・DNA二重鎖切断修復の新守護神 AK&NA
・遺伝子発現制御が引き起こすうつ病―うつ症状モデルネズミ,抗うつ薬とクロマチン制御を介した遺伝子発現調節― 武内恒成
・寿命決定会議の新たなメンバー 武根建 拓
・カスパーゼによるアポトーシスの増幅 西谷真人
・疲れたT細胞を復活させるポスドクの独立をサポートするNIHの画期的なプログラム“Pathway to Independence” 島岡 要

--------------------------------------------------------------------------------
[Update Review]
粘膜免疫システムのユニーク性と疾患・治療応用 後藤義幸/清野 宏

[クローズアップ実験法]
変異機能のON/OFF制御可能なB細胞株を用いた抗体および変異タンパク質の作製システム 大森 斉/藤堂景史/金山直樹

[バイオ実験ピンチ脱出法]
第6回 あやしげな遺伝子にだまされたときの解決法 ~プラスミドを見たら詐欺師だと思え~ 小笠原道生

[私が名付けた遺伝子]
第18回 Shisa ~小胞体と脊椎動物頭部形成~ 山本朗仁

[ラボレポート-独立編-]
研究者として生き残る―とりあえずあと5年間 ―Wellcome Trust/Cancer Research UK Gurdon Institute, University of Cambridge 三嶋将紀
1,980円
●特集● 脂質を動かす・脂質が動かす
輸送メカニズムからシグナル発信機能,可視化技術による動態解析まで
概論―生命科学の中央舞台に歩み入る膜脂質ダイナミズム 花田賢太郎/深見希代子
膜脂質二重層を横切るフリップ・フロップ脂質輸送 植田和光/稲留弘乃/梅田真郷
脂質のオルガネラ間トラフィック 花田賢太郎/新井洋由
イノシトールリン脂質が動かす多彩な生命現象 佐々木雄彦/深見希代子
哺乳動物細胞におけるリン脂質の生合成制御 久下 理
脂質を見る―脂質結合プローブを用いた脂質の分布と動態の解析 小林俊秀/岩本邦彦/加藤詩子/梅田真郷
脂質抗原の細胞内輸送と免疫認識 杉田昌彦



--------------------------------------------------------------------------------

●連載● 各連載のタイトルをクリックするとバックナンバーを見ることができます
[CURRENT TOPICS]
・交感神経系シグナルによる骨髄ニッチからの造血幹細胞遊走の制御 片山義雄/Paul S. Frenette
・新規動原体タンパク質Moa1は染色体接着を介して姉妹動原体の一方向性を確立する 横林しほり/渡邊嘉典
・胆汁酸による甲状腺ホルモン活性化とエネルギー代謝調節 渡辺光博/Johan Auwerx
・mRNA品質管理システムにおけるナンセンスコドン認識の分子機構 鹿島 勲/山下暁朗/大野茂男

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・導入遺伝子の発現を制御する新たな技術―遺伝子治療の実現へ向けて― 島岡 要
・前立腺癌のホルモン療法に光―マクロファージの相互作用が耐性癌を誘導する― 黒川理樹
・巨大な神経細胞接着分子Dscamの,大きな謎やいかに? 武内恒成
・小胞体ストレスが炎症を引き起こす分子機構 浦野文彦
・疲れたT細胞を復活させる 西谷真人
・分野を超えた若手研究者の国際交流―The 4th International Student Seminar 編集部

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
「なんか,面白いことない?」-ウイルス研究の醍醐味 河岡義裕

[クローズアップ実験法]
組換えアデノウイルスの迅速な精製法 鵜飼英世/寺島美保/村田武英/横山和尚

[バイオ実験ピンチ脱出法]
第5回 よく似た遺伝子に悩まされたときの解決法 ~まずはハエからみてみよう~ 小笠原道生

[疾患解明Overview]
前立腺癌の発症からみた分子機構の解明と新規バイオマーカー開発 鈴木啓悦

[私が名付けた遺伝子]
第17回 Condensin ~染色体を形づくる分子~ 平野達也

[ラボレポート-独立編-]
独立のすすめ ―Max-Planck Institute of Immunobiology 柊 卓志

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内

1,980円
●特集● RNA新大陸の発見から non-coding RNAの機能解明に挑む

序―隠されていたRNA大陸 ― 新たな生命観構築への布石 林崎良英
網羅的トランスクリプトーム解析で明らかとなった「RNA新大陸」 鈴木貴紘/河合 純
ncRNAの関係する生体機構 ― 遺伝子制御の新しい概念 Ann Karlsson/林崎良英
構造体として機能するRNA 大内将司
ウイルス感染制御におけるncRNAの役割 西澤雅子/柴田潤子/杉浦 亙
癌遺伝子および癌抑制遺伝子としてのmicroRNAの役割 斎藤義正
small RNAによる発生過程の制御 岡村勝友/一色孝子



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●
[CURRENT TOPICS]
・JmjCドメイン含有タンパク質ファミリーによるヒストンの脱メチル化 束田裕一
・膵臓β細胞の糖鎖によるグルコースホメオスタシスの制御 大坪和明
・新しい神経細胞は脳脊髄液の流れに沿って移動する 澤本和延
・ミトコンドリア病モデルマウスを用いた受精卵遺伝子治療 佐藤晃嗣/林 純一

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・TRAF3 ―抗ウイルス応答への架け橋― 財賀大行/竹田 潔
・pHセンサーとしてのV-ATPaseの役割と細胞内小胞輸送制御 神崎 展
・タンパク質分解の時間的調節機構 今居 譲
・IL-13デコイ受容体の意外な機能 ―線維化の促進― 西谷真人

--------------------------------------------------------------------------------
[Update Review]
上皮-間葉変換(EMT)と癌の悪性増殖 ―細胞外マトリックス分子の役割 宮崎 香

[クローズアップ実験法]
リアルタイムPCRにおけるコツと注意点 山下 聡

[バイオ実験ピンチ脱出法]
第4回 アガロースゲルが足りないときの解決法 ~アガロースゲルにまつわるエトセトラ~ 小笠原道生

[疾患解明Overview]
第20回 筋萎縮性側索硬化症:病態解明と治療法開発の進展 阿部康二

[私が名付けた遺伝子]
第16回 CAST ~アクティブ・ゾーンのメインキャスト~ 大塚稔久

[ラボレポート-独立編-]
Mom-and-Pop Shopの立ち上げ――Drexel University College of Medicine 野口英史

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●  
ここまで分かった 生物時計の分子ネットワーク 
リン酸化による時計タンパク質の制御機構から睡眠・肥満への関与まで
概論―生物時計システムへの分子アプローチ  深田吉孝
時計タンパク質の多段階リン酸化  広田 毅/深田吉孝
一細胞イメージングによる概日リズム研究  名越絵美
時計遺伝子BMAL1による脂肪細胞分化の制御 榛葉繁紀
視交叉上核から副腎皮質を介した全身への時刻シグナル伝達 上山友子/岡村 均
ヒトの睡眠障害と時計タンパク質のリン酸化異常 海老澤 尚
生物時計出力系としての睡眠覚醒制御 ― ドーパミンの役割 粂 和彦



--------------------------------------------------------------------------------

●連載●  
[CURRENT TOPICS]
・T細胞活性化の開始と維持を担うシグナルソーム“TCRマイクロクラスター” 横須賀 忠
・ArgonauteのSlicer活性とRISC形成への関与 三好啓太
・20Sプロテアソームの分子集合を支援する新しいシャペロン複合体 村田茂穂/平野祐子
・毛包幹細胞の表皮再生における役割 伊藤真由美
・癌抑制遺伝子産物meninの11q23転座白血病における癌化のコファクターとしての役割 横山明彦

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・癌の臓器特異的転移の新たなモデル―癌細胞は骨髄細胞という先発隊を自らが移るべき臓器に送る― 渡部徹郎
・イヌゲノム配列決定―比較ゲノム解析と多様性解析からわかったこと― 小柳香奈子
・ハンチントン病と基本転写因子の機能障害 黒川理樹
・脂肪細胞におけるアクアポリンを介したグリセロール輸送 西谷真人

--------------------------------------------------------------------------------
[科学する心を語る]
 WHY?―すべては単純な疑問から-バイオサイエンスの面白さと数々の出会い 長田重一

[クローズアップ実験法]
 制限酵素タンパク質導入による培養細胞内での特異的DNA二本鎖切断の誘導 佐藤正範/河野隆志

[バイオ実験ピンチ脱出法]
 第3回 プレートが足りないときの解決法  ~意外と役に立つ不均一培養~ 小笠原道生

[私が名付けた遺伝子]
 第15回 hagoromo ~縞模様と指形成の不思議なリンク~ 川上浩一

[ラボレポート-留学編-]
 オンタリオ湖畔の研究所の思い出――University of Toronto, Centre for Research in Neurodegenerative Diseases(CRND) 片山泰一

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●  
いま明かされる ゲノム損傷応答システム 修復因子のダイナミクスと疾患発症のメカニズム
概論─ゲノム損傷応答の分子メカニズムと高次生命現象へのかかわり 花岡文雄
チェックポイント活性化のメカニズムと細胞周期― CDKがチェックポイントを活性化する? 持田 悟/柳田充弘
転写を阻害するDNA損傷の修復機構と早期老化  田中亀代次
結晶構造から損傷乗り越えDNA合成を解き明かす Wei Yang
ヌクレオチド除去修復における損傷認識機構とユビキチン化の役割 菅澤 薫
in situ解析からみえてきた細胞の中でのDNA損傷応答機構 蘭 利/中嶋 敏/安井 明
DNA損傷応答におけるファンコニ貧血原因遺伝子の役割 石合正道/高田 穣


●連載●  各連載のタイトルをクリックするとバックナンバーを見ることができます
--------------------------------------------------------------------------------
[CURRENT TOPICS]
・歯の本数決定・歯尖パターン形成を制御する新しいBMPアンタゴニスト:ectodin 葛西義明/伊藤信行
・ヒトゲノム遺伝子砂漠内での哺乳動物に共通な大規模ゲノム重複の発見 伊藤武彦/服部正平
・リンパ球ホーミングのしくみ:細胞表面糖鎖の硫酸化はローリング速度を規定する 内村健治

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・定説の実証・定説への反証―FRETによる挑戦― 水野一也
・カルシウム透過性チャネルPolycystin-2による転写と細胞増殖の制御 神崎 展
・RNAiによるDNAのメチル化機構 佐倉和久/村山明子/柳澤 純
・始動する先端医療の新たな研究開発拠点 編集部

--------------------------------------------------------------------------------
[Update Review]
 癌幹細胞の単離と制御シグナル―真の癌幹細胞分離へのアプローチ 近藤 亨

--------------------------------------------------------------------------------
[クローズアップ実験法]
 3色可視化細胞の動態観察 2)ライブセルイメージングの実際 杉本憲治

--------------------------------------------------------------------------------
[バイオ実験ピンチ脱出法]
 第2回 大腸菌のカラーセレクションをし忘れたときの解決法 ~大腸菌コロニーはテンテンと~ 小笠原道生

[疾患解明Overview]
 第19回 ナルコレプシー研究の現状 内山 真

[私が名付けた遺伝子]
 第14回 satori ~煩悩を授けた遺伝子への賛歌~ 山元大輔

[ラボレポート-留学編-]
 ロンドン大学,Steve Wilsonラボでの研究生活―University College London 工藤哲大

[学会・シンポジウム見聞録]
 International Symposium on“Life of Proteins”―潮風とうず潮と人形浄瑠璃とサイエンスに乾杯!! 河野憲二

--------------------------------------------------------------------------------
◆INFORMATION ―人材募集,学会・シンポジウム案内
1,980円
●特集●  
バイオ研究の成果を活かす! 先端医療の最前線 
概論―基礎研究から先端医療応用へ ― トランスレーショナル研究システムの展開 浅原孝之
新規癌ワクチン療法のトランスレーショナルリサーチ  角田卓也/田原秀晃
単純ヘルペスウイルスI型を用いた癌のウイルス療法の開発  藤堂具紀/稲生 靖
細胞シート工学を用いた再生医療 大和雅之/岡野光夫
RNAi創薬による先端医療 明石英雄/宮岸 真/多比良和誠
血管内皮前駆細胞による血管再生療法 浅原孝之/Douglous W. Losordo
バイオクラスター・ピッツバーグの環境とトランスレーショナルリサーチ ― 脳腫瘍の免疫治療,組織工学,ロボティックスを例に 岡田秀穂/嶋田憲司/三木敏生


●特別記事●
[科学する心を語る]
 PASSION―情熱を超えた熱情-発生生物学の奥深さと自然の美しさに魅せられて 浅島 誠

[特別掲載記事]
 ゲノム研究をいかに推進するか-改訂されたヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針 ゲノム特定4領域合同班会議「応用ゲノムサテライト会議」より

--------------------------------------------------------------------------------

●連載●  各連載のタイトルをクリックするとバックナンバーを見ることができます
[CURRENT TOPICS]
・学習することが神経細胞を増やすコツ? 戸塚祐介/久恒辰博
・哺乳類NAD依存性脱アセチル化酵素Sirt1の膵β細胞におけるインスリン分泌能の制御 Kathryn A. Moynihan/今井眞一郎
・ヒト胸腺ハッサル小体に発現するTSLPによる抑制性T細胞の分化誘導 渡部則彦
・17-AAGは伸長ポリグルタミンによる運動ニューロン変性を抑制する 和座雅浩/足立弘明/祖父江 元

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・個体をつくらない核移植クローン胚 原 孝彦
・カベオリンを介したインテグリンによるRacの制御 太田安隆
・ヒストン脱メチル化酵素LSD1の基質特異性は複合体因子により制御される 黒川理樹
・Japan-Luxembourg Science Weekに参加して 渡辺すみ子

--------------------------------------------------------------------------------
[バイオ実験ピンチ脱出法]★新連載★
 第1回 プラスミドを失ったときの解決法 ~捨てたもんじゃない死滅大腸菌~ 小笠原道生

[クローズアップ実験法]
 3色可視化細胞の動態観察 1)顕微鏡のセットアップ 杉本憲治

[私が名付けた遺伝子]
 第13回 Izumo1 ~精子と卵子の融合をとりもつ因子~ 岡部 勝

[ラボレポート-留学編-]
 サイエンス天国でのキャンプ生活:ボストン編―Harvard Medical School 妹尾 誠
1,980円
●特集●  
老化・寿命制御へのアプローチ モデル生物での老化因子同定と幹細胞システム,
癌・メタボリックシンドロームとの接点
概論─なぜ老化因子は保存されているのか? 石川冬木
酵母における経時老化研究から進化医学へ Paola Fabrizio/Valter D. Longo
メタボリックシンドロームにおける寿命調節の分子機構  植木浩二郎/門脇 孝
骨格筋形成と老化・筋萎縮 Vittorio Sartorelli
老化と癌に関与するPolycombタンパク質:CBX7 Jesus Gil
解糖系代謝調節による細胞老化制御 近藤祥司
幹細胞自己複製および老化制御の共通性 平尾 敦


●連載●  
--------------------------------------------------------------------------------
[CURRENT TOPICS]
・腸管上皮の新たな増殖因子R-spondin1の作用 富塚一磨/大島 毅/柿谷 誠
・マウスの涙腺から分泌されるオス特異的ペプチド:涙にフェロモン? 木本裕子/東原和成
・kelchサブユニットを含む新奇Gタンパク質のシグナル伝達機構 原島俊明/Joseph Heitman
・イオンの出入りを介さず膜電位シグナルを伝えるタンパク質Ci-VSP 岩崎広英/村田喜理/佐々木真理/岡村康司

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・今年のノーベル医学生理学賞は胃癌の原因菌H.pyloriの発見者に! 千葉 勉
・カルシウム流入の新たな制御機構 神崎 展
・体細胞クローンマウスの遺伝子発現 幸田 尚
・NEURONシミュレーターの紹介―理論と実験の接点― 小泉 周

--------------------------------------------------------------------------------
[クローズアップ実験法]
 タンパク質のリン酸化部位同定のための精製法 小田吉哉

[疾患解明Overview]
 第18回 免疫制御システムによる花粉症の革新的治療 石井保之

[効率的なバイオ実験の進め方]
 第6回 実験技術を引き継ぐための効率のよい研究室システム [最終回] 佐々木博己

[私が名付けた遺伝子]
 第12回 jumonji ~発生と増殖の十字路~ 竹内 隆

[ラボレポート-留学編-]
 From New York  Ralph M. Steinman研究室―The Rockefeller University 邊見弘明
1,980円
●特集●  
波及する小胞体ストレスの概念 応答メカニズムの最新知見と細胞分化・疾患への関与

概論―小胞体ストレスの概念と小胞体ストレス応答の分子機構 森 和俊
細胞種特異的な小胞体ストレス応答機構 ― アストロサイトで特異的に働く新規小胞体ストレスセンサーOASIS 近藤慎一/今泉和則
小胞体ストレスと細胞分化の接点 ― 多機能性転写因子XBP1 吉田秀郎
糖尿病発症における小胞体ストレスの関与 親泊政一
マクロファージ細胞死への小胞体ストレス経路の関与 後藤知己
小胞体ストレスの神経変性疾患への関与 高橋良輔/田代善崇
躁うつ病(双極性障害)における小胞体ストレスの意義 加藤忠史/垣内千尋/林 朗子/笠原和起


●連載●  各連載のタイトルをクリックするとバックナンバーを見ることができます
--------------------------------------------------------------------------------
[CURRENT TOPICS]
・シナプス伝達におけるAMPA受容体とStargazinの相互作用 富田 進
・自己細胞移植治療に向けて:骨髄間質細胞を用いた筋細胞の誘導 出澤真理/鍋島陽一
・SUMO-1化チミンDNAグリコシラーゼの立体構造とDNA解離機構 白川昌宏/馬場大地
・Calyx of Heldを用いた神経伝達物質放出機構の解析 坂場武史/細井延武

--------------------------------------------------------------------------------
[News&Hot Paper DIGEST]
・「不完全」マッチなmicroRNAも標的mRNAを分解する 丹羽隆介
・ドパミンと行動―謎に迫る2つの分子 平井宏和
・PPARγによるトランスリプレッションの鍵はSUMO化だった 黒川理樹
・トランスクリプトーム解析によるRNA新大陸の発見 編集部

--------------------------------------------------------------------------------
[クローズアップ実験法]
 mRNA interferaseを用いた単一タンパク質生成システム 鈴木基生/井上正順

[Current Mini Review]
 アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)とSARS増悪化の新しいメカニズム 久場敬司/今井由美子/Josef M. Penninger

[私が名付けた遺伝子]
 第11回 ebi ~神経細胞の分化と老化を制御する因子~ 津田玲生

[疾患解明Overview]
 第14回 肺癌研究のparadigm shift:oncogene addict, cancer stem cells, let-7 miRNA 貫和敏博/鈴木拓児/福原達朗

[効率的なバイオ実験の進め方]
 第5回 実験時間をうまく管理する方法 佐々木博己

[ラボレポート-留学編-]
 アメリカ大陸,東奔西走―The Burnham Institute 中山 恒
おすすめの購読プラン

実験医学の内容

  • 出版社:羊土社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5判
創刊より20年を越す歴史と高いクオリティーを誇るバイオサイエンス総合誌!
分子生物学と医学を結ぶパイオニア的雑誌として、多くの方にご愛読いただいています。最もHOTな研究分野を独自にリサーチし、第一線で活躍する研究者への依頼原稿によって最先端の研究動向を紹介することで、常に読者のニーズに応える編集内容を心掛けております。

実験医学の目次配信サービス

実験医学最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

実験医学の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.