実験医学 発売日・バックナンバー

全256件中 241 〜 255 件を表示
<特集>複雑な生命機能を制御するタンパク質修飾
転写制御,細胞周期,シグナル伝達系の構築機構

<概論>-古くて新しい研究「タンパク質修飾の意義」 【竹縄忠臣】
リン酸化シグナルカスケード 【森口徹生 澁谷浩司】
分裂期キナーゼによる細胞分裂進行の制御 【佐谷秀行 広田 亨】
チロシンリン酸化とアダプター,ドッキングタンパク質 【後藤典子】
ヒストンH3リジン残基のメチル化修飾による転写制御 【立花 誠 眞貝洋一】
N-ミリストイル化によるタンパク質の膜局在化と機能調節 【内海俊彦】
SUMO meets Ubiquitin 【斉藤寿仁】
ポリADPリボシル化研究の新展開 【三輪正直 金居正幸 花井修次】
<CURRENT TOPICS>
小胞体ストレスやアルツハイマー病におけるPKRのリン酸化の役割 【大貫玲子 板東良雄 遠山正彌 多比良和誠】
しなやかな刷り込み型X染色体の不活性化 【岡本郁弘 Edith Heard】
ADAMプロテアーゼの糖鎖修飾が器官形成に必須の役割を果たす 【久保田幸彦 西脇清二】
Zap70 遺伝子の変異による胸腺T細胞選択の変化はマウスに自己免疫性関節炎を引き起こす【坂口教子 坂口志文】

<News & Hot Paper DIGEST>
ウイルスゲノムを含む一本鎖RNAを認識するToll-like receptor/1,4ベンゾジアゼピン誘導体(JTV519)による心突然死の予防効果/ラパマイシンによる癌細胞生存の抑制/脳科学が次に目指すもの-脳疾患の解明と治療応用への可能性-/慶應義塾大学COEの新しい大学院教育

<バイオ系文章作成の9のルール>
ルール7~9:単語レベルでの注意点(最終回)【山口雄輝】

<クローズアップ実験法>
2D DIGE技術を用いたリン酸化プロテオーム解析によるシグナル伝達経路構成因子の網羅的同定法
【小迫英尊 牛山正人 服部成介】

<疾患解明Overview>
第4回 乳がんに対する個別化化学療法の開発 【三木義男】

<コンピュータ活用術>
第6回 インターネット時代のEndNote活用術 【讃岐美智義】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第12回 脳機能イメージングで言語教育の効果をみる 【酒井邦嘉】

<ラボレポート-留学編->
東から西へ-Fred Gageラボ
 -The Salk Institute for Biological Studies【田代 歩】
<特集>糖鎖シグナルによる多彩な生体機能制御
シグナル伝達系、細胞分裂、神経ネットワーク形成制御から疾患まで

<概論>-糖鎖科学の新局面【古川鋼一】
新規細胞外局在型スルファターゼによるヘパリン結合性因子のシグナル制御機構
【富田(森本) 恵 内村健治 Steven D. Rosen】
単一細胞レベルで糖鎖の機能を探る
コンドロイチンプロテオグリカンを例として 【野村一也 北川裕之 菅原一幸 水口惣平】
O -フコース型糖鎖によるNotchシグナル制御の分子機構 【岡島徹也】
O -マンノース型糖鎖合成酵素とその異常による筋ジストロフィー 【遠藤玉夫】
分泌型糖転移酵素GnT-Vがもつ血管新生作用とその生合成機構 【三善英知 谷口直之】
神経系ネットワーク形成における糖鎖シグナルの役割 【井上満博 岡 昌吾 川嵜敏祐】
<CURRENT TOPICS>
保存された動原体タンパク質シュゴシン(守護神)は減数分裂において姉妹動原体間の接着を保護する
【北島智也 渡辺嘉典】
Wntシグナルの活性化によるヒトおよびマウスES細胞の未分化状態の維持 【佐藤 昇】
膜脂質セラミドを輸送する分子装置:CERTの発見 【花田賢太郎】
肝の糖新生系酵素の発現調節と個体レベルでの耐糖能制御におけるSTAT3の重要性【井上 啓 小川 渉 尾崎倫孝 春日雅人】
ヒストン脱アセチル化酵素の意外な役割
 -アグリゾームの形成と細胞死の抑制 【川口禎晴 Jeffrey J. Kovacs Tso-Pang Yao】

<News & Hot Paper DIGEST>
ヒト核移植クローン胚からのES細胞樹立/細胞特性化とDNA複製制御の接点/いかにも機械らしい生物部品/日本の生命科学を先導した研究者の集大成/期待される人材の誕生-第1回東京大学特別プログラム修了証授与式-

<バイオ系文章作成の9のルール>
ルール4~6:センテンスレベルでの注意点 【山口雄輝】

<クローズアップ実験法>
アテロコラーゲンを用いた合成 small interfering RNAのin vivo 導入技術 【竹下文隆 水口佳子 落谷孝広】

<コンピュータ活用術>
第5回 NIH Imageで画像解析してみよう! 【小島清嗣】

<疾患解明Overview>
第3回 気管支喘息:基礎と臨床の進歩 【大田 健】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第11回 自食の瞬間~オートファジーの可視化~ 【水島 昇】

<学会・シンポジウム見聞録>
キーストンシンポジウム:NF-κBミーティング 【河合太郎】
<特集>世界発:老化・寿命制御のメカニズム解明に挑む
インスリン/IGF-Iシグナルとカロリー制限の分子機構から長寿遺伝子まで

<概論>-21世紀における老化・寿命の分子生物学とproductive aging 【今井眞一郎】
カロリー制限のメカニズムとその模倣化合物 【Dudley W. Lamming David A. Sinclair】
線虫における老化の遺伝学 【Andrew Dillin】
ショウジョウバエにおける老化の神経内分泌学的調節 【Marc Tatar】
哺乳類におけるSir2の機能とカロリー制限のメカニズム 【Andrew Grimm Kathryn Moynihan 今井 眞一郎】
DNAマイクロアレイを用いたカロリー制限の遺伝子発現解析 【嘉陽 毅 樋上賀一 Richard Weindruch】
例外的な長寿:環境と遺伝がもたらす宝くじに当選するには 【Thomas Perls】

<CURRENT TOPICS>
Notchシグナリングは細胞外Ca2+センサーとして働き,左右非対称性を決定する 【川上泰彦】
マウス嗅覚系における1神経・1受容体ルール 【芹沢 尚 宮道和成 坂野 仁】
キネシンは本当に歩くか
 片足を怪我した分子モータータンパク質の運動素過程の観察 【加世田国与士 樋口秀男 広瀬恵子】

<News & Hot Paper DIGEST>
小胞輸送システムを介した増殖因子受容体の新しいシグナル伝達機構/ワサビはなぜ辛いのか?/創薬バイオテクノロジー2004

<バイオ系文章作成の9のルール>
ルール1~3:文章の大枠を組み立てる 【山口雄輝】

第1回 環太平洋蛋白質科学国際会議 第4回 日本蛋白質科学会年会合同開催のご案内

<クローズアップ実験法>
抗体-受容体キメラによる遺伝子導入細胞のポジティブ選択法 【河原正浩 上田 宏 長棟輝行】

<コンピュータ活用術>
第4回 Mac/Win 間でPowerPointデータを上手にやり取りしよう 【高辻博義 谷口武利】

<疾患解明Overview>
第2回 アルツハイマー病研究の展開:脳から分子へ,分子から脳へ 【柳澤勝彦】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第10回 アメフラシにおけるシナプスの機能と構造変化のイメージング 【有働 洋】

<学会シンポジウム見聞録>
第43回 アメリカ細胞生物学会 【武内恒成】
<特集>RNAiのサイエンス
解き明かされるnon-coding RNAのメカニズムと応用への可能性

<概論>-RNAiとは 【明石英雄 多比良和誠】
線虫におけるRNAi 【青木一真 田原浩昭】
植物におけるRNAiの分子機構とその応用 【三木大介 島本 功】
RNAiメカニズム:ショウジョウバエとヒトにおける分子機構 【石塚 明 釜田繁希 塩見美喜子】
siRNA発現ベクターを用いた遺伝子ノックダウン法とその問題点 【宮岸 真 多比良和誠】
RNAiの医療への応用 【横田隆徳】
Non-coding RNAの新しい潮流:MicroRNAによる新しい遺伝子発現制御機構 【川崎広明 多比良和誠】

【特別緊急鼎談】
国立大学法人化を考える 【黒木 登志夫 浅島 誠 押村光雄 】

<CURRENT TOPICS>
自己免疫糖尿病改善時における膵島再生機構
 自己免疫糖尿病(NOD)モデルマウスを用いた I 型糖尿病の治療 【小玉正太】
プロテアソーム依存性タンパク質分解によるサルモネラ病原因子活性の経時的制御 【久堀智子】
hUPF1のリン酸化と脱リン酸化によるmRNA監視複合体リモデリング 【山下暁朗 鹿島 勲 大野茂男】

<News & Hot Paper DIGEST>
ホスファチジルセリンレセプター(PSR)を介したアポトーシス細胞貪食の分子機構/知識を活用しよう-分子生物情報データベースコレクション/構造生物学の行方?

第77回 日本薬理学会年会のご案内

<Update Review>
個の医療をめざして:薬物トランスポーターの遺伝子多型機能解析 【石川智久】

<バイオ研究進路マニュアル>
第3回 研究者というゴール編(最終回)【白楽ロックビル】

<クローズアップ実験法>
タンパク質間相互作用の生体での非破壊イメージング 【小澤岳昌 梅澤喜夫】

<かんたん役立ちコンピュータ活用術>
第3回 デジカメを使ったタイムラプス動画の作製 【木原 章】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第9回 イメージングで解き明かされたCa2+オシレーションによる転写調節 【飯野正光】
<特集>血液細胞の生まれ方と在り方
その発生から分化,自己複製,白血病化までの新たな分子メカニズム

<序>造血幹細胞の逆襲 【須田年生】
ゼブラフィッシュと幹細胞研究 【K. Rose Finley Leonard I. Zon(訳:久保田義顕)】
中胚葉細胞分化の解析を行う新しいシステムの開発 【江良択実 西川伸一】
ポリコーム群タンパク質による造血幹細胞制御 【岩間厚志 中内啓光】
造血幹細胞のニッチの分子機構 【平尾 敦 新井文用 須田年生】
GATA転写因子からみる赤血球の発生・分化 【長野真澄 山本雅之】
造血幹細胞の白血病化 【三谷絹子】

<CURRENT TOPICS>
染色体構築における2つのコンデンシン複合体の役割
【小野教夫 Ana Losada 平野美智子 Michael P. Myers Andrew F. Neuwald 平野達也】
NOはNSFのS-ニトロシル化によりエキソサイトーシスを制御する 【松下健二】
Inside-outシグナル共通の最終ステップとしてtalinがインテグリンを活性化させる 【田所誠司】
TSH(サイロトロピン)の骨組織への作用 【阿部悦子】
キネシンKIF21Aの変異による先天外眼筋線維症1型(CFEOM1)【山田浩喜】

<News & Hot Paper DIGEST>
チロシンホスファターゼ第三世代-チロシンホスファターゼ活性を有する転写共役因子- 【嶋田 裕】/個体発生と癌化-消化器癌の発癌増殖におけるHedgehogシグナルの関与-【水野一也】/GLUT4の細胞膜への移行メカニズム【西谷真人】/活発化するナショナルバイオリソースプロジェクト【編集部】

<クローズアップ実験法>
テトラサイクリン誘導性ベクターを用いたsiRNAノックダウンシステム 【高井大哉 松倉史朗 Peter A. Jones】

<バイオ研究進路マニュアル>
第2回博士院生・ポスドクの怒濤苦節編【白楽ロックビル】

<かんたん役立ちコンピュータ活用術>
第2回Photoshop Elements で画像の調整をしてみよう

<疾患解明Overview>
心不全研究の新たな展開 【赤澤 宏 小室 一成】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第8回細胞傷害機構のイメージング 【川西 徹 河合 洋】

<ラボレポート-独立編>
アメリカでサイエンスを楽しむ-La Jolla Institute for Allergy and Immunology 【川上敏明】

<学会・シンポジウム見聞録>
第33回 アメリカ神経科学会 ( Neuroscience 2003 New Orleans ) 【武内恒成】
<特集>次世代の再生研究に向けた幹細胞の可塑性とそのメカニズム

<概論>幹細胞の可塑性は細胞治療の錬金術となり得るか【田賀哲也】
造血幹細胞の可塑性 【三好浩之 中内啓光】
骨髄間質細胞の可塑性【梅澤明弘,竹田征治】
消化器領域における幹細胞システムの階層構造 【谷口英樹 鈴木淳史】
オリゴデンドロサイト前駆細胞の可塑性 【近藤 亨】
アストロサイトの多分化能
   -神経幹細胞としてのアストロサイト
【柳澤 亮 中島欽一 田賀哲也】
エピジェネティック機構によるゲノム機能の可塑性 【金児-石野知子 幸田 尚 石野史敏】

<CURRENT TOPICS>
TOF1とMRC1-複製フォークの安全運航装置 【白髭克彦 加藤由起】
ヒストンH1.2:DNA二重鎖切断によるアポトーシスを誘導する 【小西昭充 清水重臣 辻本賀英】
Hirschsprung病と消化管神経堤幹細胞の機能欠損 【岩下寿秀 Sean J Morrison】
非対称幹細胞分裂のメカニズム
   -細胞外シグナルと紡錘体の方向づけ
【山下由起子】

第76回 日本生化学会大会羊土社主催教育セミナー
バイオ特許&知的財産入門 【講師/隅藏康一 座長/胡桃坂 仁志】

<News & Hot Paper DIGEST>
タンパク質の細胞内局在-ゲノム解析次の一手-【美宅成樹】/tPAによる神経毒性のメカニズム 【西谷真人】/プロテアーゼと白血病発症の意外な関係 【野阪哲哉】/骨の中のCa2+の並びをみるタンパク質 【栗本英治】

<クローズアップ実験法>
ウエスタンブロッティングにおける各種検出法の比較とコツ 【待鳥美佳 前渕元宏 森山達哉】

<バイオ研究進路マニュアル>
第1回学部・修士の青春編【白楽ロックビル】

<かんたん役立ちコンピュータ活用術>
第1回ファイル形式とデータ変換をマスターしよう
   -保存形式/サイズ・圧縮・解像度/カラー/など
【岡本洋一】

<最新疾患研究>
高血圧症感受性遺伝子決定への戦略【中山智祥】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第7回GFP1分子の折れたたみ観察からGroELの機能を探る 【上野太郎 田口英樹】

<ラボレポート-独立編>
日米の相違とは-Mt.SINAI/New York University【大内 徹】
<特集>シグナル伝達研究の新たな挑戦
   個体レベルへ拡大するシグナルネットワークの最新知見

<序にかえて>シグナル伝達研究の展望 【西田栄介】
細胞死のシグナル伝達ネットワーク 【大串雅俊 中桐志保 米原 伸】
PI3K-Akt経路による癌の悪性化 【樋口麻衣子 後藤由季子】
NLKを介するシグナル伝達経路の機能 【白壁恭子 澁谷浩司】
エストロゲン受容体シグナルとダイオキシン受容体とのクロストーク 【大竹史明 加藤茂明】
線虫におけるMAPKカスケードの機能 【水野智亮 久本直毅 松本邦弘】
C.elegansから広がる寿命制御のシグナル伝達機構 【大隈貞嗣 西田栄介】

<CURRENT TOPICS>
正常ヒト細胞におけるテロメレース発現とテロメア構造維持 【増富健吉】
XBP1ループの機能低下が躁うつ病のリスクとなる 【垣内千尋 加藤忠史】
白血病細胞のVLA-4分子と骨髄ストローマ細胞のフィブロネクチンとの接着は急性骨髄性白血病の微少残存病変の決定因子である【松永卓也 竹本尚史 新津洋司郎】
ボルボックスの形態形成運動に必須な新規キネシンInvAの働き 【西井一郎】

第26回(2003年)日本分子生物学会年会のご案内

<News & Hot Paper DIGEST~2003年ノーベル賞紹介>
人体全身用MRI装置の開発・推進者への2003年のノーベル医学・生理学賞【吉川宏起】/チャネル研究にノーベル化学賞【内田信一】/T1R3-KOマウスの甘味・うま味受容体:新たな謎【重村憲徳】/ついて離れて:Ephとephrinが示す接着と反発,エンドサイトーシス【武内恒成】/オレイルエタノールアミドによる摂食と体重の制御【西谷真人】/分子モーターの構造変化【美宅成樹】

<生命科学の地平>
第10回 全体をみることは創造につながる【多田富雄】

<Update Review>
メタボローム研究の可能性に迫る-発見を契機とした新たな仮説をメタボローム研究に求めて-【田口 良】

<クローズアップ実験法>
アフィニティー電気泳動法による遺伝子の一塩基変異検出法 【佐藤香枝 前田瑞夫】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第6回 細胞分裂時におけるオルガネラの分配則 【村田昌之 加納ふみ】

<ラボレポート-独立編>
医学研究の世界はボーダーレスに
-University of Massachusetts Medical School【浦野文彦】

<学会・シンポジウム見聞録>
形態形成におけるアポトーシスの役割
-2003コールドスプリングハーバー国際会議「プログラム細胞死」-【林 琢磨】

<特集>制御性T細胞:免疫研究の新局面!
   T細胞の分化と免疫制御のメカニズムから臨床応用まで

<概論>T細胞による免疫制御,その新しい展開【坂口志文】
制御性T細胞の分化と機能 【高橋武司 坂口志文】
胸腺での制御性T細胞の選択機構【川畑仁人 山本一彦】
NKT細胞による免疫制御 【清野研一郎 谷口 克】
制御性樹状細胞による免疫制御 【佐藤克明】
胸腺内T細胞分化に伴う細胞移動とケモカインの役割 【戸村道夫 高浜洋介】
T細胞の分化機構と免疫制御におけるSOCSファミリーの役割 【藤本 穣 仲 哲治】

<CURRENT TOPICS>
RhoGによる新しいRac1活性化機構 【加藤裕教 根岸 学】
IFN-α/βによるシグナルとp53応答との新たな関連 【高岡晃教】
脊髄性筋萎縮症にかかわるSMN2遺伝子の第7エキソンのスプライシングの制御機構【鹿島 剛 竹林陽一 金子修三】
前頭連合野内側部における目標に基づいた行動選択の神経機構 【松元健二 鈴木 航 田中啓治】

2003年度免疫学会のご案内

第26回日本医学会総会「医学部学生企画」
脳に秘められた僕たちの可能性 【利根川 進】

<News & Hot Paper DIGEST>
NF-κBシグナルに関与する脱ユビキチン化酵素【T.S.】/再検証の必要性-哺乳動物細胞における細胞周期制御機構- 【中西 真】/バイオインフォマティクスによる非相同チアミン生合成系酵素の発見 【張 慶偉 遠藤俊徳】/エキソンスキップによる筋ジストロフィー治療 【西谷真人】

<クローズアップ実験法>
安定同位体代謝ラベル法によるディファレンシャル・プロテオミクス 【松本雅記 中山敬一】

<生命科学の地平>
第9回基礎医学研究とミッション【豊島久真男】

<最新疾患研究>
肥満発症のメカニズム【原田範雄 清野 裕】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第5回ファゴサイトーシスにおけるPKCのダイナミックイメージング 【上山健彦 斎藤尚亮】

<ラボレポート-独立編>
カリフォルニアで独立して-University of California Irvine【横森馨子】

<学会・シンポジウム見聞録>
CSHL meetings『Eukaryotic DNA Replication』【神崎秀嗣】
病態プロテオミクスセミナー開催 【編集部】
<特集>細胞運動のダイナミクスと癌
   解明が進む運動調節機構から癌の浸潤・転移のメカニズムを解く

<概論>細胞運動の調節機構と癌の浸潤・転移【宮崎 香】
細胞表層プロテオリシスによる細胞移動の調節
   -MT1-MMPによる細胞運動の制御
【上北尚正 清木元治】
細胞外マトリックス分子による癌細胞機能の調節
   -ラミニン5による接着と運動の制御
【苅谷慶喜 小川 崇 宮崎 香】
Autotaxinによる癌浸潤促進機構 【青木淳賢】
Rasシグナルによる癌細胞浸潤転移の活性化と多段階発癌仮説 【浜口道成】
インテグリンからのチロシンリン酸化シグナルを介するRhoファミリーの協調的制御機構 【坪内朝子】
WASPファミリータンパク質によるアクチン重合の調節と細胞運動 【山崎大輔 澤 真理子 竹縄忠臣】

<CURRENT TOPICS>
SAHF:細胞老化におけるヘテロクロマチン構造とその意義 【成田匡志 成田昌子】
Nanog:分化多能性維持の真打ち登場! 【山中伸弥 徳澤佳美 三井 薫】
心筋細胞増殖のブレーキ遺伝子jumonji 【白土治己 豊田雅士 竹内 隆】
SOCS-3の新規アレルギー疾患創薬ターゲット分子としての可能性 【久保允人】

<Update Review>
生物学領域におけるナノテクノロジーの応用と展望に迫る 【山本健二】

<News & Hot Paper DIGEST>
聴覚受容体の発見【西谷真人】/抗体によるアミロイド形成阻害の分子機構 【加藤晃一】/ガイダンス分子の新しい顔:セマフォリンとインテグリン 【Poo】/遺伝性腎疾患の新たな原因遺伝子の同定 【Tomoko Obara】

<クローズアップ実験法>
プラスミド構築法応用編2
To Be the first to know:電撃的遺伝子ターゲティング 【升井伸治 丹羽仁史】

<生命科学の地平>
第8回成功、失望、そして新たな挑戦
   -ヒトゲノム解読に関して考えたこと-
【井村裕夫】

<生命科学者をめざす人の必修プレゼンテーション法>
第4回学会発表-発表編【大隅典子】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第4回 活性酸素イメージングプローブ 【長野哲雄 瀬月内健一 浦野泰照】

<最新疾患研究>
急性移植片対宿主病に対する免疫療法アプローチの新展開
   -制御性樹状細胞を用いた免疫療法-
【佐藤克明 松山隆美】

<ラボレポート-独立編>
自分という人間を研究で表現したくて
-Cambridge Institute for Medical Research,University of Cambridge【近藤久雄】

<学会・シンポジウム見聞録>
第43回 <生化学若い研究者の会> 夏の学校【編集部】

<特集>多彩な機能をもつオルガネラミトコンドリア
   アポトーシスや酸化ストレス、生殖細胞形成の制御から疾患解明の可能性まで

<概論>多彩な機能をもつオルガネラ:ミトコンドリア【太田成男】
ミトコンドリアのダイナミクス
   -融合と分裂に依存したミトコンドリアの形態調節機構
【石原直忠 三原勝芳】
日本人のミトコンドリア遺伝子多型とその表現型
   -ミトコンドリアゲノム多型データベース
【田中雅嗣 武安岳史 福 典之】
ミトコンドリア遺伝子疾患モデルマウスとミトコンドリア病 【中田和人 林 純一】
ミトコンドリアDNAの酸化損傷に対する防御機構の生物学的重要性 【土本大介 中別府雄作】
ミトコンドリアの生殖細胞形成における役割 【網蔵令子 小林 悟】
ミトコンドリアによるアポトーシス制御とその応用 【麻生定光 太田成男】

<CURRENT TOPICS>
ES細胞で特異的に機能する“癌遺伝子”ERas 【高橋和利 山中伸弥】
マウス肝臓内での膵島新生により糖尿病の改善を導くニューロD-ベータセルリン遺伝子治療 【小島秀人 藤宮峯子】
白血球による生理的・病理的網膜血管リモデリングの制御 【石田 晋 山城健児】
偽遺伝子による相同機能遺伝子の発現調節 【吉田徳之 広常真治】

<カレントミニレビュー>
リポキシゲナーゼ研究の最前線
   -動脈硬化と癌細胞増殖への関与
【高橋吉孝 吉本谷博】
<News & Hot Paper DIGEST>
細胞内侵入者の監視役-NODによる細菌の認識機構-【大野博司】/NF-κBシグナルの新たな経路 【西谷真人】/TSCの新たなターゲット:Rheb 【信國宇洋】/全タンパク質からみた生物進化 【美宅成樹】

<クローズアップ実験法>
プラスミド構築法応用編1
必殺・外来遺伝子導入法 【升井伸治 丹羽仁史】

<生命科学者をめざす人の必修プレゼンテーション法>
第3回学会発表-準備編【大隅典子】

<最新疾患研究>
2大失明原因疾患の治療をめざして
   -網膜血管新生研究の最前線
【大谷篤史】

<続 手抜き実験のすすめ>
第1回プラスチックシャーレ上の細胞を油浸でみる【福井泰久】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第3回 RNAポリメラーゼによるDNAの回転をみる 【原田慶恵】

<ラボレポート-独立編>
Itoh’s Lab Londonより出航 -Kennedy Institute of Rheumatology Division Imperial College London【伊藤義文】

<学会・シンポジウム見聞録>
第19回国際遺伝学会見聞録【野島 博】
<特集>ゲノム解読がもたらした生命科学の新たな躍進
   多彩な生物のゲノム解読とその比較によるヒト研究・医療への応用

<序にかえて>比較ゲノム学と機能ゲノム学への招待
  統合生命科学のプレリュード【五條堀 孝】

病原細菌ゲノム配列解析が明らかにした微生物科学の新たな可能性【林 英生】

イネゲノム全塩基配列解読による植物生命科学の新展開【佐々木卓治】

ホヤ・ゲノムの解読:脊椎動物の進化は生理学にあり【佐藤矩行】

ヒトを理解するためのマウスゲノム科学序曲【鈴木正則,林崎良英】

霊長類との比較ゲノム解析手法によるヒトゲノムの機能解読【黒木陽子,藤山秋佐夫】

ヒトゲノム完全解読がもたらす生命科学の新たな展開 【服部正平】

ヒトゲノム完全解読によるヒト分子生物学と臨床応用への新たな展望 【清水信義】


<CURRENT TOPICS>
Ku70によるBax活性化抑制の発見と,新規膜透過性細胞死抑制ぺプチドの開発【孫 偉勇,澤田元史,Paulette Hayes,吉田友教,松山茂実】

造血幹細胞をサポートする骨髄ストローマ細胞由来の膜タンパク質【上野博夫】

不活性化X染色体の選択:Xite領域によるTsixの発現制御【小川裕也】

転写後修飾酵素による認識のためのtRNAの新たな構造【石谷隆一郎,濡木 理,横山茂之】


<Update Review>
RNAi経路と疾患 【岡村勝友,塩見春彦,塩見美喜子】

<News & Hot Paper DIGEST>
癌遺伝子の奇妙な関係-c-myc & Skp2-【矢田雅佳】/造血幹細胞の自己複製シグナル 【佐兵衛】/アポE受容体LRPによる動脈硬化の抑制 【西谷真人】/Kiss-and-run:シナプスでの神経情報伝達の妙をみる【武内恒成】/「第5回国際ゲノム会議」に参加して【編集部】

<クローズアップ実験法>
アルギニンを用いた変性タンパク質のリフォールディング【津本浩平,熊谷 泉,荒川 力】

<生命科学の地平>
第7回 脳の設計図は読めるのか
    -初心忘れるべからず【伊藤正男】

<生命科学者をめざす人の必修プレゼンテーション法>
第2回研究室の中での論文紹介【大隅典子】

<最新疾患研究>
B型肝炎ウイルス(HBV)遺伝子型による臨床的特徴とその分子メカニズム 【田中靖人】

<ラボレポート-独立編>
グラントとグラントの狭間で-Medical College of Georgia【岩島牧夫】
<特集>多角的アプローチから迫る精神疾患のサイエンス
   原因候補遺伝子から高次脳機能まで

<概論>21世紀になって大きく発展をはじめた精神疾患研究【澤  明】
候補遺伝子から精神疾患の病態にせまる
   -統合失調症(精神分裂病)とDISC1
【尾関祐二 澤  明】
抗うつ薬から精神疾患の病態にせまる
   -うつ病における細胞内シグナル伝達と神経細胞新生
【白山幸彦 中川 伸 Ronald S. Duman】
新しい患者組織の研究利用を通して精神疾患の病態にせまる
   -統合失調症と嗅上皮生検の利用
【西岡直也 Chang-Gyu Hahn Steven E. Arnold】
脳画像技術を通して精神疾患の病態にせまる
   -ストレス性精神障害や統合失調症の理解に向けて
【笠井清登 Robert W. McCarley】
統合的アプローチから精神疾患の病態にせまる
   -統合失調症とCOMT
【橋本亮太 Daniel R. Weinberger】
霊長類を用いた研究を通して精神疾患の病態にせまる
   -統合失調症とワーキングメモリ
【竹田和良 船橋新太郎】

<CURRENT TOPICS>
軸糸ダイニンの構造とパワーストローク【大岩和弘】
γセクレターゼ複合体の形成と活性化におけるプレセニリンコファクタータンパク質の役割 【高杉展正 富田泰輔 岩坪 威】
Wnt/Derailedによる軸索ガイダンスの制御機構【吉川真悟】
Sprouty4によるRas非依存的なERK活性化経路の抑制
   -ERKシグナルを選別する抑制因子Sprouty
【佐々木敦朗 吉村昭彦】

<カレントミニレビュー>
DDBタンパク質の修復,発生における役割 【高田慶一 坂口謙吾】

<News & Hot Paper DIGEST>
軸索伸長抑制作用をもつNogoの行方【安富大祐】/食細胞NADPHオキシダーゼ活性化の分子機序とアダプタータンパク質の構造 【K.T.】/電圧感受性Kチャネルの結晶構造と機構 【佐藤主税】/喫煙から肺気腫へ 【西谷真人】/50周年を迎えた分子細胞生物学研究所【編集部】/京都大学大学院医学研究科が目指す新たな試み 先端領域融合医学研究機構 【編集部】

<クローズアップ実験法>
プラスミド構築の裏技2
不退転のプラスミド構築法 【升井伸治 丹羽仁史】

<生命科学者をめざす人の必修プレゼンテーション法>
第1回プレゼンテーションがなぜ重要なのか【大隅典子】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第2回 細胞分裂中期の染色体形成におけるコンデンシンとコヒーシンの作用機序 【野中信宏 渡辺嘉典】

<生命科学の地平>
第5回 よりよく仕事のできる所へ移れ!
   -あるOld timerの追想
【村松正實】
<最新疾患研究>
ヒト小頭症への分子遺伝学的アプローチ 【持田ガネシュワラン仁司】
<特集>器官・形態形成から再生へ
   個体発生をになう細胞分化・分裂・極性のメカニズム

<序にかえて>器官・形態形成から再生へ【浅島 誠】
無脊椎動物の全能性幹細胞システム【阿形 清和】
シグナル伝達のクロストークと形態形成【津田 玲生 林 茂生】
非対称細胞分裂:細胞の非対称性から多様性を生むメカニズム【松崎 文雄】
形態形成を支配する分子時計のメカニズム【別所 康全 影山 龍一郎】
モルフォゲンの輸送・勾配形成機構【武井 ゆき 梅津 大輝 多羽田 哲也】
幹細胞と再生科学【清田 純 中内 啓光】

<CURRENT TOPICS>
樹状突起の精密な投射をつかさどる転写メカニズム【小宮山 尚樹】
Peyer’s patchは急性移植片対宿主病の発端場所である 【村井 政子 松島 綱治】
Aurora Bによりリン酸化されたMgcRacGAPは細胞質分裂を制御する【箕嶋 幸範 川島 敏行 北村 俊雄】
酸化変化を選択的に識別するユビキチンリガーゼ
   -ヘムにより酸化されるIRP2を識別するユビキチンリガーゼ:HOIL-1の同定
【岩井 一宏】

<カレントミニレビュー>
イノシトール1,4,5三リン酸受容体のリガンド認識と機能制御
   -高次構造解析からの最新知見
【van Bosanac 濱田 耕造 道川 貴章 御子柴 克彦 伊倉 光彦】

<緊急レポート>
新型肺炎SARSの正体 【Ryan Baidya Miyuki Shiratani】

<News & Hot Paper DIGEST>
もはや,核内の出来事とは片づけられないp53とアポトーシスの関係【Michan@DBG】/Abl/Src:似て非なるもの? 非で似たるもの? 【山梨 裕司】/MHCの新機能:フェロモン受容とMHC classIb 【高田 豊行】/STAT3のレプチン情報伝達系への部分的関与 【西谷 真人】

<クローズアップ実験法>
プラスミド構築の裏技1
制限酵素の便利な使い方 【升井 伸治 丹羽 仁史】

<イメージングで解き明かす生命機能>
第1回 分子機能イメージングで探るEph受容体の細胞内情報伝達 【望月 直樹 】

<生命科学の地平>
第5回 個性を活かした新しい研究スタイルを求めて 【吉川 寛】

<最新疾患研究>
遺伝子多型による心筋梗塞危険度の予測 【山田 芳司 横田 充弘】

<ラボレポート-独立編>
アメリカンプラグマティズムと同期の桜-National Institute of Environmental Health Sciences【三品 裕司】
<特集>細胞内タンパク質の運命と
   翻訳から分解までを監視・制御する細胞内システム

<序にかえて>細胞内タンパク質の運命 【遠藤 斗志也】
タンパク質分泌モニターSecMによるSecAの発現制御機構
   -難産なタンパク質が誕生するとき
【中戸川 仁 村上 亜希子 伊藤維昭】
大腸菌リポタンパク質の選択的膜局在化機構
   -水に溶けないものが水路を渡る:細菌リポタンパク質の運び屋たち
【松山 伸一 徳田 元】
ミトコンドリアトランスロケータの連係プレー
   -タンパク質配送の迷宮:2つの膜で囲まれたミトコンドリアの問題
【山本 林 江崎 雅俊 遠藤 斗志也】
小胞体におけるタンパク質の選別輸送
   -タンパク質の船出:積み荷を選別するのは?
【佐藤 健 中野 明彦】
小胞体でつくられたタンパク質の運命
   -修復か処分か:究極の判定を下すのは?
【細川 暢子 永田 和宏】
タンパク質のフォールディングとアミロイド線維形成
   -タンパク質,昼の顔と夜の顔
【後藤 祐児】

<CURRENT TOPICS>
Zfp148のハプロ不全は,マウス胎仔発生において生殖細胞の完全消失を起こす 【武内 章英 三品 裕司 磯部 健一】
イネのMITEは葯培養により高頻度に転移する 【平野 博之 菊池 一浩】
妊娠中に生じるニューロン新生へのプロラクチンの関与 【新郷 哲郎】
感覚情報とEGL-4 cGMP依存性タンパク質キナーゼによる線虫の体長と行動の制御 【藤原 学】

<News & Hot Paper DIGEST>
新たなDNA傷害チェックポイントメディエーター分子“MDC1”【中西 真】/ヒトES細胞における相同遺伝子組換え 【佐兵衛】/LXRによる炎症と脂質代謝の制御 【西谷 真人】/多発性嚢胞腎の発症に機械刺激受容体が関与 【木村 信也】

<クローズアップ実験法>
アデノウイルスベクターの簡便な作製法 【寺島 美保 近藤 小貴 鐘ヶ江 裕美 斎藤 泉】

<バイオ研究者の倫理問題>
第3回 科学の不正行為と出版倫理 【山崎 茂明 】

<生命科学の地平>
第4回 自由な発想と研究の個性 【杉村 隆】

<最新疾患研究>
子宮肉腫の発症機構:26Sプロテアソームの不活性化の発癌関与
   -子宮癌研究の最前線
【林 琢磨】

<英語でアピール!奮闘記>
第4回 スランプを克服するために 【加藤 (玉水) しおり】
1,980円
特集: 細胞の接着と極性形成
上村 匡,高井義美/編  107 ページ ISBN 4-89706-810-X

細胞の極性や非対称性は多細胞生物の発生や各器官の正常な機能発現に重要な役割を担っています.極性の乱れは奇形や癌化などさまざまな機能異常を引き起こすと考えられていますが,その詳しい制御機序は解明されていません.しかし最近,細胞間接着装置と極性形成機構との関連など,新たな知見が次々と報告され,現在急速に解明が進んでいます.
そこで本特集では,細胞の極性決定機構,そして細胞間接着装置についてご紹介します.大きな注目を集めている最新の研究成果を集めた大変ホットな内容になっています.
目次
<特集>細胞の接着と極性形成
   -細胞の非対称性を生み、増幅・維持するメカニズム

<概論>細胞の非対称性を生み出し、増幅・維持するメカニズム 【上村 匡】
ショウジョウバエ神経幹細胞の分裂における非対称性 【布施 直之】
平面内細胞極性形成の不思議 【島田 裕子 碓井 理夫 上村 匡】
リン脂質の分子運動とその細胞極性形成における役割 【加藤 詩子 梅田 真郷】
aPKC-PAR複合体と細胞極性制御 【山中 智行 大野 茂男】
ネクチンによる細胞の接着形成、シグナル伝達、および極性形成の機構 【池田 わたる 高井 義美】
タイトジャンクションの膜裏打ち領域と上皮細胞極性 【浜崎 洋子 古瀬 幹夫】


<CURRENT TOPICS>
Bcl-2をミトコンドリアに局在化させる分子 【白根 道子 中山 敬一】
第5の時計遺伝子ファミリーDecと生物時計の多重連動フィードバックループ 【本間 さと】
SOCS-1によるTLRシグナル制御 【金城 市子 中川 れい子 仲 哲治 吉村 昭彦】
エピジェネティックCD4サイレンシングにおけるRunxファミリーの役割 【谷内 一郎】

<News & Hot Paper DIGEST>
Pre-B細胞分化におけるアダプター分子の役割 【疋田 正喜】/ヒストンコードを「読む」タンパク質複合体 【相田 将俊 和田 忠士】/ミオスタチン阻害による筋ジストロフィーの機能改善 【西谷 真人】/光センサーが光を受けると‥‥ 【美宅 成樹】

<クローズアップ実験法>
レンチウイルスベクターによるトランスジェニック動物作製法 【伊川 正人】

<バイオ研究者の倫理問題>
第1回 遺伝子スパイ事件から学ぶ 【白楽 ロックビル】

<生命科学の地平>
第2回 偉大な研究者に学ぶ発想の瞬間 【花房 秀三郎】

<最新疾患研究>
血栓性血小板減少性紫斑病とADAMTS-13 【小亀 浩市】

<英語でアピール!奮闘記>
第2回 教授にアピールしてみよう 【加藤 (玉水) しおり】

<新技術紹介>
マイクロチップを用いた新しい電気泳動システム   -PCR-SSCP法・RNA純度チェックヘの応用
【日立化成工業株式会社】

<立体構造から知るタンパク質の作用機構>
第11回 シクロオキシゲナーゼの立体構造とアスピリンの作用 【平山 令明】

<ラボレポート-独立編>
夢を追え!-MRC Laboratory of Molecular Biology【長井 潔】

おすすめの購読プラン

実験医学の内容

  • 出版社:羊土社
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月20日
  • サイズ:B5判
創刊より20年を越す歴史と高いクオリティーを誇るバイオサイエンス総合誌!
分子生物学と医学を結ぶパイオニア的雑誌として、多くの方にご愛読いただいています。最もHOTな研究分野を独自にリサーチし、第一線で活躍する研究者への依頼原稿によって最先端の研究動向を紹介することで、常に読者のニーズに応える編集内容を心掛けております。

実験医学の目次配信サービス

実験医学最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

実験医学の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.