毎号お手元にお届けします!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
陶遊のレビューを投稿する

陶遊の内容

陶芸&ガラスアートからはじまる趣味生活
「自ら創って楽しむ陶芸」をテーマに2000年に創刊し、陶芸愛好家などをおもな読者としてきた『陶遊』。従来の陶芸雑誌ではあまり取り上げることがなかった日本の行事や季節感なども特集する一方、陶芸愛好家の作品も幅広く紹介し、独自の路線を歩んできました。陶芸ブームが一段落した現在、いろいろな趣味に手を染める陶芸愛好家も増えてきました。陶芸と同じ「火」を使うことが多いガラスアートもその一つで、数多くの教室やショップが全国的に誕生しています。『陶遊』では令和のスタートに合わせ、ガラスアートを誌面に加え、陶芸とガラスアートによる趣味ライフを楽しむ情報誌としてリメイクします。

陶遊の商品情報

商品名
陶遊
出版社
エスプレス・メディア出版
発行間隔
隔月刊
発売日
偶数月23日
サイズ
A4変形版
参考価格
[紙版]1,430円 [デジタル版]1,430円

陶遊の無料サンプル

117号 (2009年08月20日発売)
117号 (2009年08月20日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

陶遊 201号 (発売日2024年02月22日) の目次

◎ 巻頭特集
人気の多肉植物に「素敵なオリジナル鉢を」
・HIUCHI(Grace Tong)
 アガベの姿から着想を得た魅惑的な新シリーズ「闇炎」(Dark flame)
・福田英美(無宗窯)
 多肉植物の荒涼たる自生環境を彷彿とさせる鉢を求めて
・多肉植物の鉢合わせを楽しむ
・多肉植物にとって居心地の良い鉢を知っておこう

◎ 特別紹介
陶芸文化を語るドキュメンタリー映画
ちゃわんやのはなし-四百年の旅人-

◎シリーズ 土と本気で戯れる人
第6回 ミヤタケイコ (造形作家)

◎ 特別紹介
2024年新製品紹介 シンリュウ株式会社
炉内形が正方形で高さもある電気窯SR-FETシリーズ

◎ 特別紹介
焼き戻し孝Ⅱ
考察:陶での発色のメカニズム初春寿ぐ愛らしい美「おひなさま」

◎ 特別紹介
「焼き直し」「二度焼き」ではない!
「焼き戻し」考・陶研究会

◎シリーズ  自宅陶芸のススメ 
簡単でいい!簡単がいい!自宅陶芸のトリセツ
テーマ⑨ 自分で作る!自分で修理する!道具の作り方
刷毛/竹ベラ/ポンス/ハリ/弓/カキベラ
ステンレスめん棒/グリットメッシュ・サンディングパッド/コーナーサンダー

◎ 連載 
―魯山人に会いにゆく― 月刊「星岡」の世界
第12回 李朝ものと乞食①

◎ 作品展レポート
第10回 クレイスペース上尾陶房教室作品展(後編)
陶芸教室クラフトガーデン30周年記念作陶展(後編)
ティーイング陶芸教室作品展2023

陶遊の目次配信サービス

陶遊最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

陶遊のレビュー

  • 総合評価: ★★★★☆ 4.24
  • 全てのレビュー: 29件
『陶友』練込の新表現
★★★★★2023年05月11日 山の住人 課長
陶芸は初心者です。ちょうど「練込」作品に出合い、その魅力にひかれていた私にとって、まさにぴったりの特集でした。初心者にとてもわかりやすく、私が魅力を感じていた訳も分かったような気になりました。特集に取り上げられていた練込作家のセレクションもよかったです。ますます「練込」に関心を深め、陶芸一般に興味をもつきっかけにもなり、私にとっては最高の特集でした。
初心者からベテランさんまで
★★★★☆2021年03月01日 野うさぎ 役員
毎号、初心者から本格的に陶芸に携わる方まで楽しめる内容だと思います。 特集も内容が詳しく深い。何を作ったら良いかわからないときのバイブルです。
陶遊
★★★★★2020年08月17日 まゆ 会社員
陶芸を初めて、6年めになりますがとてもためになる本だと思います。
忘れずに楽ちん♪
★★★★★2019年12月31日 nicky 主婦
定期購入は綺麗な状態できちんと送られてくるので快適です♪
陶芸好きには最高のアイテム
★★★★☆2019年07月26日 佐助ママ 役員
陶芸を実際にやっている方はもちろん、器好きの方にもとっても参考になる内容だと思います。毎回、テーマがあって作り方も紹介してくれるので非常に参考になります。
陶遊
★★★★★2018年06月21日 robin 主婦
近くに大きな本屋さんがなくネットでお願いしました。こちらでお願いしたほうが間違いないので定期購読を検討中です。陶芸を始めて3年いろいろとためになることが書いてあり、ますます意欲がわいてきました。楽しく読ませていただきました。
参考にしています。
★★★★★2015年10月26日 なおきち 会社員
陶芸を習って3年目。過去2年間に習ったことを生かそうにも技術もまだまだ美的センスもなく、毎回作陶には頭を悩ます日々です。そんな中、少しでも無いものを補おうと購入しました。仲間の作品もそうですが、展示会に出品されている皆さんの作品のセンスは私には考えつかないものばかり。私はこうしたい、一味違うものにしたいという日々の研鑽が素晴らしい作品を生むのでしょう。刺激になります。
陶遊
★★★☆☆2015年05月04日 ミミズ 会社員
思って以上に奥深い内容です。今後も読み続けます。熟年陶芸家を目指して・・・・?
陶遊
★★★★★2014年02月03日 石丸 会社員
いつも楽しく発送を待ってます。人形が好きでとても作品作りに、役立ってます。これからもよろしくお願いします
いつまで経っても、初心者です。
★★★☆☆2013年11月11日 さかなかな 自営業
粘土とは30年以上お付き合いしているのにいつまで経っても初心者です。書籍はたくさん出ていますが、タイムリーな参考書はやはりムックや雑誌。この1冊が道しるべです。
レビューをさらに表示

陶遊をFujisanスタッフが紹介します

陶遊は、エクスプレス・メディア出版から発売されている陶芸専門誌です。陶芸と聞くと何やら難しそうなイメージを持つ人が多いかもしれませんが、本誌は一見するととっつきにくい陶芸の世界を初心者にも分かりやすく紹介しており、新たに陶芸に取り組んでみたいけれどもきっかけが見つからないという人には最適の雑誌となっています。特に陶芸に馴染みが薄い場合には、どういった道具を揃えれば良いのかや、どこに行けば教えてもらえるのかなど分からないことだらけのはずですので、本紙のような情報源は非常に貴重な存在と言えるでしょう。

また、年配の方だけでなく、まだ現役の世代の方にも陶芸はお勧めです。一心に土と向かい合うことで、普段のストレスから解放されるという効果が期待できますし、なによりも同じ趣味を持つ友人ができれば、今後何十年もの長い間楽しく付き合うことができるかもしれません。そのため、若い人であっても躊躇することなく本誌を購読してみると良いでしょう。なお、本誌には陶芸によって作ることができる食器などの紹介がされることがある一方で、作品に施すデザインの案なども取り上げられることがあります。すでに陶芸を始めているけれども、作品のアイデアが湧かずに困っているという場合に本書を手に取れば何らか着想が得られるかもしれません。

陶遊の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.