※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:月刊 ガバナンス
  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:1,045円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:月刊 ガバナンス
  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:1,045円
  • 雑誌

月刊 ガバナンス

送料サービス!毎月お手元に届きます!
  • 雑誌

月刊 ガバナンス

送料サービス!毎月お手元に届きます!

定期購読のお申込み

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊 ガバナンスのレビューを投稿する

雑誌の形式を選ぶ

支払い方を選ぶ i

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

月刊 ガバナンス 雑誌の内容

  • 出版社:ぎょうせい
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月1日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:1,045円
これからの地方自治を創る実務情報誌
新しい地方自治の姿や地域づくりに携わるすべての読者に役立つ情報を提供。行政改革や災害対策、地方創生、社会保障、まちづくりなど自治体の重要テーマを取り上げています。また実務に役立つ仕事術もわかりやすく紹介!各自治体の最新施策のデータ収集は「DATA BANK」で!連載記事も充実のラインナップです。

月刊 ガバナンス 2021年10月号 (発売日2021年10月01日) の目次

●特集 コロナ禍の自治体計画
第2期の地方創生総合戦略は2020年度、コロナ禍の中でスタートした。
折しも今年は2011年5月の地方自治法改正(同年8月施行)によって、市町村への基本構想(総合計画)の策定義務撤廃から10年。さらに国の地方分権改革有識者会議は、自治体に策定を義務付ける規定の増加を問題視(505条項、2020年12月末現在)、2021年の地方からの提案募集の重点募集テーマに「計画策定等」を設定した。コロナ禍という非常事態にあって、地方分権の観点から自治体計画のあるべき姿、今後の姿を考えたい。



■自治体の総合計画と新型コロナ禍対応/大森 彌

大森 彌氏
大森 彌 
東京大学名誉教授
新型コロナ禍の中で、自治体は既定の総合計画の実施にどのような影響を及ぼしたかを事務事業レベルから検証しなければならない。なによりも住民の命と安全を守るという観点から、改めて施策間の優先順位を再考してみなければならないだろう。
■国法による自治体計画策定要請の現状と対処法/今井 照
■総合計画の実効性確保
 ──自治体経営の生産性向上を支援するシステム構築/玉村雅敏
■行政計画の実効性とエビデンス・評価/佐藤 徹
■長期ビジョン策定の意義と冗長性(リダンダンシー)/牛山久仁彦
■計画策定等の(実質的)義務付けと地方分権/嶋田暁文
■コロナ禍における未来志向による行政計画/杉岡秀紀
■コロナ禍の議会政策サイクルと自治体・行政計画
 ──非常事態の日常化での住民自治/江藤俊昭


【キャリアサポート面】

キャリサポ特集:カギは“つながり”!
        「社会的処方」が秘める可能性
社会的処方──。まだまだ聞きなれないこの言葉ですが、薬ではなく、広く社会資源や地域資源との“つながり”によって病気や社会問題などを治癒・解決していくことを指します。英国発祥の概念で、日本も国がモデル事業の実施に動き出すなど、徐々に取り組みが始まっています。高齢化に加え、コロナ禍で孤独・孤立の問題が深刻化する昨今。社会的処方の可能性と自治体に求められる役割について、考えていきます。

■社会的処方の可能性と自治体の役割──縦割りを超えてつながろう/西岡大輔
〈取材リポート〉
◆地域福祉教育総合支援ネットワークを構築し包括的支援を実現/三重県名張市
◆社会包摂型劇場経営から社会的処方箋の実践拠点へ/岐阜県可児市

連載
■管理職って面白い! ホウレンソウのおひたし/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 一人ひとりの考えが尊重される社会を創ることが多様性ある社会につながる/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/寺田理恵

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/中西咲貴

■“三方よし”の職場づくり/小山将彦

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 河村 孝・東京都三鷹市長
 「子どもの森」から「百年の森」へ市民とともにまちづくりを進める


職員・副市長を経て19年に市長に就任し、「市民参加と協働のまち」に長年取り組んできた東京都三鷹市の舵取りを担う河村孝市長。コロナ禍の中でも「緑と水の公園都市」の実現に向けたまちづくりを進めるとともに、新たな市民参加の形も模索している。
小林常良・神奈川県厚木市長
河村孝・東京都三鷹市長(67)。就任時から力を入れて進める「子どもの森」づくりについて、「子どもには『未来』の意味も込めている。未来につながる希望がなければまちづくりはできない」と話す。


●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 隆景家から頼家への転生(三) 甥の訓育をする兄と弟・頼兄弟(一)


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 理念の「復興」はどう発信されたのか【11年目の課題・東京五輪】
 原発事故、続く模索

「復興五輪」。このほど閉幕した東京五輪・パラリンピックの理念はそう掲げられていたはずだ。しかし、菅義偉首相が「人類がウイルスに打ち勝った証として開催する」と国会で述べるなど、何のための大会かは最後まで揺らいだ。福島県内では「『復興』は招致に利用されたにすぎない。私達に関係ない大会だった」とする批判が根強い。本当に復興に寄与したのか。福島会場の現場から問う。


□現場発!自治体の「政策開発」
 日本一「本とふれあえるまち」を官民連携・協働でめざす
 ──日本一の読書のまち(埼玉県三郷市)

埼玉県三郷市は、「日本一の読書のまち」を宣言し、読書のまちづくりを推進している。市民誰もが、いつでも読書に親しみ、文化のかおり高いまちを実現するのが目標だ。全世代が読書や本にふれあえる環境や場づくりに向け、施策を体系化した推進計画の下、「全国家読ゆうびんコンクール」をはじめ、様々な独自のイベントや事業を活発に展開。「読書密度」というオリジナルの指標を設定し、宣言の実現を図っている。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 町民との意見交換会を踏まえ、町長に「通学路の危険箇所への早急な対応を求める緊急提言書」を提出
 ──茨城県阿見町議会

茨城県阿見町議会は8月1日、町民とともに「通学路の安全に関する意見交換会」を開催。そこで出された意見も加えて8月10日、「通学路の危険箇所への早急な対応を求める緊急提言書」を町長に提出し、国への意見書も採択した(8月17日)。取手市議会の現役事務局職員を議会改革アドバイザーに委嘱して半年。改革機運が急速に高まっている同町議会を取材した。

●Governance Focus

□空前の雨量でも被害が抑えられた理由──広島土砂災害から7年の豪雨/葉上太郎

●Governance Topics

□オンラインによる「実践型インターンシップ」を実施/神奈川県小田原市
□「浸水対応型市街地」「流域防災」など新発想で事前復興を
 ──日本危機管理防災学会主催シンポジウム


連載

□ザ・キーノート/清水真人
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『アイダよ、何処へ?』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
[著者に訊く!/『都市を終わらせる』村澤真保呂]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 木に思いを馳せ、ろくろを回す
 ──木地師・小椋昭二さん(滋賀県東近江市君ヶ畑地区)
□わがまちの魅どころ・魅せどころ
 鳥海山麓に広がる風景を満喫するローカル線の旅/秋田県由利本荘市
□山・海・暮・人/芥川 仁
 天空の里「毎日が楽しい」農業──岐阜県飛騨市神岡町山之村
□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 農林水産循環の起点にあるクヌギ林の価値
 ──国東半島・宇佐の農林水産循環(大分県国東半島宇佐地域)
□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/サカエル&みそさかい(堺市堺区)
□クローズ・アップ
 「解体」方針が一転、全棟を耐震化へ──最大級の被爆建物、旧「広島陸軍被服支廠」


■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!

+   月刊 ガバナンスの目次配信サービス

月刊 ガバナンスのレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.48
全てのレビュー:31件

レビュー投稿で500円割引!
とても為になる
★★★★☆2020年12月07日 太郎 公務員
業務に活かせる内容なっているとおもう。 これからも読み続けたい内容。
地方に住んでみて
★★★★★2020年09月08日 ぬまし 役員
多岐にわたる視点から特集が組まれていて学べる内容です。 自分は都内で産まれましたが,現在は中東北と言われるエリアに住んでいます。 住んでみて初めてわかる現状もあり,災害があっても食糧が確保できないと安心して暮らせません。 東日本大震災で物流が止まりそうになっても米を持っている人達は困りませんでした。 政府が令和時代の国づくりをもっと国土全体の力を使う方向で考えていただきたいなと思ったものです。 Society 5.0がすすめられていますが,日本のどこでも安心して暮らせるようにするための提言が込められている雑誌です。
地方自治体の行政や見解が満載
★★★★☆2019年10月20日 フクまる 教職員
自治体職員はもちろん、大学関係者にとっても自治体行政の現状や課題など最新情報化盛りだくさんです。毎号巻頭を飾る首長談話やコラムも大変興味深く掲載されています。
なるほど納得
★★★★☆2019年07月06日 クロちゃん 公務員
さまざまな自治体の取り組みをいち早く知ることができます。
公務員は努力しています。
★★★★★2019年05月01日 公務員応援勝手連 議員
先進自治体の事例を知るのに大変役立っています。公務員に対する世間の目は厳しいのですが、頑張っている姿を本誌を通じて知ることで、公務員の評価が上がることを期待しております。
ためになります
★★★★★2019年04月10日 ありぼぼ 公務員
公務員向けのためになる情報がたくさんあります。企画部門のしょくいんの方は是非。
自治体職員必読の雑誌
★★★★★2018年12月30日 もちもち 公務員
目の前の業務に忙殺され、井の中の蛙になりがちな自治体職員に常に新しい視点を与えてくれる良書です。他の自治体で頑張っている職員のメッセージを読むと自分も頑張ろうと元気がもらえます。
役に立つ
★★★★☆2018年09月19日 yu 公務員
地方自治体の職員、特に係長から課長の方には役に立つ雑誌だと思います。
地方自治の今がわかる
★★★★☆2018年08月30日 ねこ日和 公務員
以前から、スキルアップのために、地方自治を扱った雑誌を探していました。文字中心のものもありましたが、この本は図絵が豊富でとても読みやすいです。掲載記事も地方自治の今を反映したものになっていて、有意義だと思います。
地方議員を目指す人にとっては必須!
★★★★★2018年05月20日 ヒマラヤ 教職員
前々から地方議員になることを考えていますが、そもそも地方自治ってどんなことをやるの?という方にオススメです!地理的条件や財政状況などによって、目の前の問題に対して各地方ではどのような対応策を取ってきたか?その情報が得られる本です!!!
レビューをさらに表示

月刊 ガバナンスのバックナンバー

●特集 コロナ禍の自治体計画
第2期の地方創生総合戦略は2020年度、コロナ禍の中でスタートした。
折しも今年は2011年5月の地方自治法改正(同年8月施行)によって、市町村への基本構想(総合計画)の策定義務撤廃から10年。さらに国の地方分権改革有識者会議は、自治体に策定を義務付ける規定の増加を問題視(505条項、2020年12月末現在)、2021年の地方からの提案募集の重点募集テーマに「計画策定等」を設定した。コロナ禍という非常事態にあって、地方分権の観点から自治体計画のあるべき姿、今後の姿を考えたい。



■自治体の総合計画と新型コロナ禍対応/大森 彌

大森 彌氏
大森 彌 
東京大学名誉教授
新型コロナ禍の中で、自治体は既定の総合計画の実施にどのような影響を及ぼしたかを事務事業レベルから検証しなければならない。なによりも住民の命と安全を守るという観点から、改めて施策間の優先順位を再考してみなければならないだろう。
■国法による自治体計画策定要請の現状と対処法/今井 照
■総合計画の実効性確保
 ──自治体経営の生産性向上を支援するシステム構築/玉村雅敏
■行政計画の実効性とエビデンス・評価/佐藤 徹
■長期ビジョン策定の意義と冗長性(リダンダンシー)/牛山久仁彦
■計画策定等の(実質的)義務付けと地方分権/嶋田暁文
■コロナ禍における未来志向による行政計画/杉岡秀紀
■コロナ禍の議会政策サイクルと自治体・行政計画
 ──非常事態の日常化での住民自治/江藤俊昭


【キャリアサポート面】

キャリサポ特集:カギは“つながり”!
        「社会的処方」が秘める可能性
社会的処方──。まだまだ聞きなれないこの言葉ですが、薬ではなく、広く社会資源や地域資源との“つながり”によって病気や社会問題などを治癒・解決していくことを指します。英国発祥の概念で、日本も国がモデル事業の実施に動き出すなど、徐々に取り組みが始まっています。高齢化に加え、コロナ禍で孤独・孤立の問題が深刻化する昨今。社会的処方の可能性と自治体に求められる役割について、考えていきます。

■社会的処方の可能性と自治体の役割──縦割りを超えてつながろう/西岡大輔
〈取材リポート〉
◆地域福祉教育総合支援ネットワークを構築し包括的支援を実現/三重県名張市
◆社会包摂型劇場経営から社会的処方箋の実践拠点へ/岐阜県可児市

連載
■管理職って面白い! ホウレンソウのおひたし/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 一人ひとりの考えが尊重される社会を創ることが多様性ある社会につながる/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/寺田理恵

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/中西咲貴

■“三方よし”の職場づくり/小山将彦

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 河村 孝・東京都三鷹市長
 「子どもの森」から「百年の森」へ市民とともにまちづくりを進める


職員・副市長を経て19年に市長に就任し、「市民参加と協働のまち」に長年取り組んできた東京都三鷹市の舵取りを担う河村孝市長。コロナ禍の中でも「緑と水の公園都市」の実現に向けたまちづくりを進めるとともに、新たな市民参加の形も模索している。
小林常良・神奈川県厚木市長
河村孝・東京都三鷹市長(67)。就任時から力を入れて進める「子どもの森」づくりについて、「子どもには『未来』の意味も込めている。未来につながる希望がなければまちづくりはできない」と話す。


●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 隆景家から頼家への転生(三) 甥の訓育をする兄と弟・頼兄弟(一)


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 理念の「復興」はどう発信されたのか【11年目の課題・東京五輪】
 原発事故、続く模索

「復興五輪」。このほど閉幕した東京五輪・パラリンピックの理念はそう掲げられていたはずだ。しかし、菅義偉首相が「人類がウイルスに打ち勝った証として開催する」と国会で述べるなど、何のための大会かは最後まで揺らいだ。福島県内では「『復興』は招致に利用されたにすぎない。私達に関係ない大会だった」とする批判が根強い。本当に復興に寄与したのか。福島会場の現場から問う。


□現場発!自治体の「政策開発」
 日本一「本とふれあえるまち」を官民連携・協働でめざす
 ──日本一の読書のまち(埼玉県三郷市)

埼玉県三郷市は、「日本一の読書のまち」を宣言し、読書のまちづくりを推進している。市民誰もが、いつでも読書に親しみ、文化のかおり高いまちを実現するのが目標だ。全世代が読書や本にふれあえる環境や場づくりに向け、施策を体系化した推進計画の下、「全国家読ゆうびんコンクール」をはじめ、様々な独自のイベントや事業を活発に展開。「読書密度」というオリジナルの指標を設定し、宣言の実現を図っている。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 町民との意見交換会を踏まえ、町長に「通学路の危険箇所への早急な対応を求める緊急提言書」を提出
 ──茨城県阿見町議会

茨城県阿見町議会は8月1日、町民とともに「通学路の安全に関する意見交換会」を開催。そこで出された意見も加えて8月10日、「通学路の危険箇所への早急な対応を求める緊急提言書」を町長に提出し、国への意見書も採択した(8月17日)。取手市議会の現役事務局職員を議会改革アドバイザーに委嘱して半年。改革機運が急速に高まっている同町議会を取材した。

●Governance Focus

□空前の雨量でも被害が抑えられた理由──広島土砂災害から7年の豪雨/葉上太郎

●Governance Topics

□オンラインによる「実践型インターンシップ」を実施/神奈川県小田原市
□「浸水対応型市街地」「流域防災」など新発想で事前復興を
 ──日本危機管理防災学会主催シンポジウム


連載

□ザ・キーノート/清水真人
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『アイダよ、何処へ?』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
[著者に訊く!/『都市を終わらせる』村澤真保呂]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 木に思いを馳せ、ろくろを回す
 ──木地師・小椋昭二さん(滋賀県東近江市君ヶ畑地区)
□わがまちの魅どころ・魅せどころ
 鳥海山麓に広がる風景を満喫するローカル線の旅/秋田県由利本荘市
□山・海・暮・人/芥川 仁
 天空の里「毎日が楽しい」農業──岐阜県飛騨市神岡町山之村
□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 農林水産循環の起点にあるクヌギ林の価値
 ──国東半島・宇佐の農林水産循環(大分県国東半島宇佐地域)
□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/サカエル&みそさかい(堺市堺区)
□クローズ・アップ
 「解体」方針が一転、全棟を耐震化へ──最大級の被爆建物、旧「広島陸軍被服支廠」


■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
1,100円
●特集 コロナ禍での自治体業務イノベーション
コロナ禍における国・自治体間の法的、分権的な問題は別にして、報道では接種の遅れやトラブルなどが強調されがちだったワクチン接種について、自治体は国からの無理難題に近い要請や情報不足、さらに猫の目のように変わる状況に対応し、かなりのスピードで実施してきた。また、このコロナ禍の中では、ほかにも特別定額給付金の配布をはじめ、感染防止対策や地域産業への支援、困窮者等への対応など、現場の知恵と工夫を凝らした自治体施策が生まれ、その共有も進んでいる。もちろん背景には社会全体のデジタル化の進展などもあるが、それを活かしながら、業務改革や官民連携、市民協働、自治体間連携などを進め、イノベーションを起こしているようにも見える。今回はこうした動きを考えてみたい。


■コロナ禍を契機にデジタル活用の市民主導型公共価値創造が進む
──DXを成功に導くカギ/奥村裕一
奥村裕一
奥村裕一 元東京大学公共政策大学院客員教授
(一社)オープンガバナンスネットワーク代表理事
新型コロナ禍によって世界的にもデジタル化やイノベーションが進んだ。日本国内では多くの課題が指摘されているが、自治体レベルでは創意工夫も見られる。ぜひ市民主導型の公共の新しい価値を創造するパブリックサービストランスフォーメーション(PX)を進めて欲しい。
■コンセンサスデザインとEBPM
 ──科学的根拠は政策コミュニケーションの重要な媒体に/西尾真治
■シビックテックで加速する自治体イノベーション/関 治之
■コロナ禍で起きた自治体間のイノベーション──オンライン市役所での試み
「新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に関する情報交換会」/長井伸晃
〈取材リポート〉
◆首都圏自治体はワクチン接種にどう対応したか
 /東京都墨田区・小金井市、埼玉県戸田市
◆県境を越えた共同接種など多様な自治体間連携でワクチン接種を促進/鳥取県
◆第三者認証制度“山梨モデル”で感染防止と経済の両立を図る/山梨県
◆共通投票所や投票所混雑状況配信でコロナ禍の知事選投票率向上を図る/兵庫県播磨町


【キャリアサポート面】

キャリサポ特集:伝わる動画のつくり方
誰でも手軽に動画をつくり、インターネットで広く公開できる時代。
自治体も動画ツールを使わない手はありませんが、初めは当然、不慣れなもの。それでも、コツさえ押さえれば、住民などに届く動画をつくることはそこまで難しくありません。
コロナ禍でオンラインの動画ツールを使う機会も増えるなか、今回は、“伝わる動画”の作成術について考えてみたいと思います。

■伝わる動画をつくるための基礎と実践/家子史穂
〈取材リポート〉
◆職員お手製のYouTube動画で市内外のファンを獲得/千葉県君津市
◆オンライン企画で動画を駆使し、新たな“つながり”を創出/埼玉県横瀬町

連載
■管理職って面白い! コンピテンシー/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 枯れて肥やしになることの大切さ/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/川添美穂

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/菅 花穗

■“三方よし”の職場づくり/田中広毅

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク/早稲田公共経営研究会・都市行政部会

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 小林常良・神奈川県厚木市長
 「市民協働と現地対話主義」を信念に「日本一のまちづくり」を目指す


「市民とともに“日本一”のまちづくり!」をテーマに7つの約束125の政策を掲げ、2019年2月の市長選で4選を果たした小林常良・神奈川県厚木市長。「市民協働と現地対話主義」を信念にする小林市長は、「行政も一つの企業体だ」と「量出制入」の重要性を強調する。
小林常良・神奈川県厚木市長
小林常良・神奈川県厚木市長(72)。厚木市は1964年から58年連続で普通交付税不交付団体。小林市長は「行政も企業体の一つ。『量出制入』が基本だ」と話す。

●連載
□童童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 隆景家から頼家への転生(二) 四角・円・三角の兄弟模様


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 高齢避難者と若手定住者が共に生きる【11年目の課題・復興公営住宅】
 原発事故、続く模索

地域から隔絶されて、寂しい高齢避難者の団地と化しつつある復興公営住宅。ところが中には責任を持って団地の将来像を模索している受け入れ自治体がある。福島県桑折町だ。空きが出た住宅を子育て世帯の定住のために転用し、高齢化が進む避難者との共生を仕掛けようとしているのだ。団地建設を進めてきた県や、避難者を受け入れた市などの顔が見えなくなりつつある今、その対極のような施策が進む。

□現場発!自治体の「政策開発」
 企業・求人情報専用サイトで地元で働く魅力を発信
 ──「ジョブ・ナビIZUMO」(島根県出雲市)

島根県出雲市は、市内の経済団体や企業とともに協議会を組織し、雇用促進・人材確保に努めている。その一環として、地元の企業・求人情報のサイトを開設し、市内の企業情報や求人情報をはじめ、出雲の魅力を発信。コロナ禍での対応では特設掲示板を設け、離職者と喫緊に人材を必要とする事業者のマッチングを図っている。また、職業相談員を配置した窓口を設けてUIターン就職支援に力を入れているのも特徴だ。コロナ禍での地方回帰を好機と捉え、UIターン就職を促進している。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 「コロナ+災害」に議会はどう立ち向かうか
 ──輝け議会?対話による地方議会活性化フォーラム

九州の地方議会活性化を目指し、セミナー等を開催している「輝け議会?対話による地方議会活性化フォーラム」(代表=盛泰子・佐賀県伊万里市議)は8月7日、「コロナ+災害に、どう応える?地方議会」をテーマにオンラインフォーラムを開催した。フォーラムではコロナ禍の災害時に議会としてどう立ち向かうのかを議論。あらゆる災害に議会は備える必要があることなどが強調された。

●Governance Focus

□静岡DWAT、知られざる活躍と課題
 ──熱海市伊豆山の土石流災害、避難所派遣の福祉支援チーム/葉上太郎

●Governance Topics

□行政ドックを通じて、分権時代に求められる適正・適法な行政手続を
 ──シンポジウム「行政ドックを通した分権推進戦略」
□なぜ「ケアラー支援条例」が必要なのか
 ──オンラインシンポジウム「全国初!埼玉県・栗山町“ケアラー支援条例”の成立と施策」


連載

□ザ・キーノート/清水真人
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『ミッドナイト・トラベラー』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
[著者に訊く!/『自治体の滞納整理術』岡元譲史]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
親子で紡ぐ浄法寺塗りの技と伝統
──塗師・岩舘隆さん、巧さん(岩手県二戸市浄法寺町)
□わがまちの魅どころ・魅せどころ
山から海までの豊かな自然に歴史と文化が詰まった「羊羹」のまち/佐賀県小城市
□山・海・暮・人/芥川 仁
家族の歴史を乗せている漁船──鳥取市青谷町夏泊漁港
□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
人と自然が生み出す“循環”の景色
──水稲・たまねぎ・畜産の生産循環システム(兵庫県南あわじ地域)
□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/シメッチャ(福岡県志免町)
□クローズ・アップ
「なまこ壁」を残した文化意識──静岡県松崎町。景観条例制定で守り、発信する
■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
1,100円
●特集 自治体組織の危機対応と職員のモチベーション
1年半以上続くコロナ禍は、非日常(非常時)をある意味で日常(常時)に変えつつある。自治体組織においても非常時対応を常時対応にする柔軟性(フレキシビリティ)、冗長性(リダンダンシー)が求められるが、一方で負荷の増大に疲弊する職員も増加している。
コロナ禍にあって危機対応の自治体組織の在り方と職員のモチベーションの維持・向上策を考えたい。


■日常化したコロナ禍に求められる自治体組織/大杉 覚
大杉 覚氏
大杉 覚 東京都立大学法学部教授
コロナ禍の生活が日常化したのは自治体行政の現場でも同様だ。そこで、自治体行政にとって、「新しい日常」=「非日常の日常化」がもたらす組織上のインパクトを見極めるために、まず、組織活動における量的変化と質的変化の関係に着目して議論を整理したい。

■コロナ禍の国・県・市町村関係と自治体組織/小泉祐一郎
■コロナ禍の多忙職場と職員組織/西尾 隆
■長期化するコロナ禍と職員のモチベーション維持・向上/太田 肇
■見えない存在の非正規公務員とコロナ禍のリアル/上林陽治
■「誰一人取り残さない」DXの可能性と自治体組織/菅原直敏
■新型コロナ感染症対策から学ぶ──これからの自治体対応/中邨 章
■危機時における職員組織の向上とコミュニケーション/丸本 昭


【キャリアサポート面】

キャリサポ特集:生理の貧困”に向き合う
女性が生理用品を買えない“生理の貧困”問題がコロナ禍でにわかに注目を集めています。 昨年11月には、英国のスコットランドが生理用品を無償提供する世界初の法案を可決。世界的にも取り組みが進んでいます。 この問題の要因と本質はどこにあるのでしょうか。支援に動き出した国内自治体の状況などを一緒に見ていきましょう。

■“生理の貧困”問題の構造と自治体に求められること/田中ひかる
〈取材リポート〉
◆庁内横断組織が率先し“生理の貧困”対策などの女性支援に注力/東京都豊島区
◆生理用品を市役所や学校で配布、市社協と連携し取り組み拡大も/滋賀県草津市

連載
■管理職って面白い! コーチング/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 若手職員がファシリテーションスキルを学ぶ方法とは?/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/谷垣裕子

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/吉村彼武人

■“三方よし”の職場づくり/吉崎謙作

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク/全国職員研修研究会

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 近藤やよい・東京都足立区長
 ボトルネック的課題を解消し、「誇りを持てるまちづくり」を推進

かつて都内でも犯罪発生件数が多くネガティブなイメージも少なくなかった東京の下町・足立区。そうしたなか、07年6月に就任した近藤やよい区長は、「区民が誇りを持てるまちづくり」を掲げ、ネガティブな課題にも正面から向き合い、取り組みを進めてきた。その成果とともに、コロナ禍や想定される災害への対応などについて話を聞いた。
近藤やよい・東京都足立区長
近藤やよい・東京都足立区長(62)。マイナスイメージにも正面から取り組み、まちづくりを推進。「区民に向き合い、時間がかかっても理解や共感をいただくことが最終的に近道」と話す。

●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 隆景家から頼家への転生(一) 三人の息子を学者に


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 孤立した高齢者団地になるのか【11年目の課題・復興公営住宅】
 原発事故、続く模索

復興公営住宅。災害で自宅をなくし、仮設住宅の退去期限を迎えても、住居を再建できなかった人の落ち着き先だ。原発事故による広域避難が続く福島県では、県が整備してきた。だが、仮設住宅では手厚かった支援が、一転して手薄になる。入居者の高齢化、そして孤立化。まるで社会から切り離されたような空間が広がる団地もある。
□現場発!自治体の「政策開発」
 3・11の津波被災の記録を風化させず語り継ぐ──旭市防災資料館(千葉県旭市)

千葉県北東部に位置し、太平洋に面する旭市は、東日本大震災の大津波などによって甚大な被害を受け、死者・行方不明者は16人に上った。市は津波被害を二度と繰り返さないため、避難施設の整備や避難計画・ハザードマップの見直しを行うとともに、防災資料館を開設している。震災当日から復旧・復興までの記録を展示し、なぜ津波に襲われ、犠牲者が出てしまったのかを後世に伝え、防災意識を高めるのがねらいだ。
□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 「チーム議会」、デジタルで地方議会の変革を──全国地方議会サミット2021

都内の早稲田大学大隈講堂で7月7~8日、「改革から変革へ─デジタルで議会が変革する」をテーマに全国地方議会サミット2021が開催された。サミットには、現地とオンライン合わせて約500人の地方議員・職員などが参加。地方議会におけるDX導入をはじめ多角的な議論が行われ、本会議でのオンライン導入に向けた法改正にも弾みがつくサミットになった。


●Governance Focus

□被災時に「笑顔」はなぜ必要だったのか
 ──西日本豪雨から3年。岡山県総社市下原に学ぶ/葉上太郎

●Governance Topics

□一極集中から「多極集中」型社会へ──第51回『都市問題』公開講座
□研究・実践勉強会で、コロナ禍の選挙事務などについて報告
 ──地方行政実務学会第1回研究・実践勉強会


連載

□ザ・キーノート/清水真人
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
『東京クルド』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
[著者に訊く!/『コミュニティ自治の未来図』大杉 覚]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 リンゴ農家を支える剪定ばさみ
 ─鍛冶職人(三國打刃物店)/三國徹さん(青森県弘前市)

□わがまちの魅どころ・魅せどころ
 森林、地熱を活かした循環型の地域を次世代に/熊本県小国町

□山・海・暮・人/芥川 仁
 「山を背負っとる」から田畑を守っていかないかん──長野県下伊那郡根羽村萸野

□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 人々を魅了する“里山里海”の原風景──能登の里山里海(石川県能登地域)

□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/ゆずも(栃木県茂木町)

□クローズ・アップ
 「一石何鳥」もの青色パトロールカー──高松市、一宮地区コミュニティ協議会

■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!


【特別企画】
□もはや既存のアンチウイルスソフトでは防げない!
 ──人もコストもスキルも不足する組織でも、最新のサイバー攻撃から情報を守るカギは
 “セキュリティオートメーション”にあり/ソフォス株式会社


*「自治・分権改革を追う」は休みます。
1,100円
●特集 コロナ後を見据えたまちづくりへの模索
変異株によって再び全国に感染が広がった新型コロナウイルス。今後の収束はワクチン接種次第だが、ここに来ての急速な進展から意外と早く出口が見えてくるかもしれない。その一方、コロナ禍で加速したデジタル化や社会構造の変化などもとらえながら、スーパーシティやスマートシティをはじめとする新たなまちづくりへの模索も進みつつある。今月はそうした動きを紹介しながら、コロナ後のまちづくりを展望してみたい。


■パンデミックとスマートシティ/中川雅之
中川雅之氏
中川雅之 日本大学経済学部教授
スマートシティは基本的には正解がない世界で、アジャイルに進めていくしかない。そして成功事例を早急に普及させるような仕組みが必要だろう。地方自治体は主役だが、専門家を活用するとともに、何が地域の課題なのか市民の合意を得る努力が非常に重要である。

■供給者主語から住民主語のスマートシティへ
 ──何のための街づくりなのかを問い直す/松田智生
■アフターコロナとSDGs未来都市/関 幸子
■コロナ禍を経験した都市とエリアマネジメント/保井美樹
■「命を守る」土地利用コントロールの実装を/野澤千絵
■これからのコンパクトシティと都市モビリティ/谷口 守
■With&Afterコロナを見据えた健幸都市の方向性/久野譜也
■都市と農山漁村の関係をどう再構築するか
 ──時代の変化に応じた新たな関係の模索/坂本 誠


【キャリアサポート面】


キャリサポ特集:夏を乗り切る!熱中症対策
暑い夏の心配事に、熱中症があります。自分の体はもちろん、自治体としては、特に注意が必要な高齢者や子どもへの対策も必須。さらに、今夏もまだ新型コロナウイルス感染予防のため、マスクの着用や換気を徹底することも求められます。
熱中症のリスクにどう対処すればよいのか。暑い夏を乗り切るべく、一緒に考えてみませんか。

■熱中症のメカニズムと予防法/上野 哲
〈インタビュー〉髙瀬義昌・たかせクリニック理事長に聞く
◆熱中症対策に効果的な経口補水療法
〈取材リポート〉
◆熱中症による救急搬送ゼロへ全庁・地域一丸で取り組む/群馬県館林市

連載
──────────────────────────────────────
■管理職って面白い! フローに入ろう/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 新たなシステムを導入する際に気を付けるべきポイント/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/吉川貴代

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/中西咲貴

■“三方よし”の職場づくり/梅村 淳

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 福田紀彦・川崎市長
 「ともにつくる『最幸のまち』かわさき」の実現を


この5月に人口154万人を突破した川崎市。「ともにつくる『最幸のまち』かわさき」を掲げる福田紀彦市長は、市の発展を支えてきた「多様性のあるまち」が人々を惹きつけており、その価値を再認識すべきと語る。
福田紀彦・川崎市長
福田紀彦・川崎市長(49)。市では2024年の市制100周年に向けて、ブランドメッセージ「Colors,Future! いろいろって、未来。」を掲げた。福田市長は、「川崎は『元祖・多様性のまち』」と話す。

──────────────────────────────────────

●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 小早川隆景(三) 常識人への回帰

──────────────────────────────────────


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 それでも可能性は切り開ける【11年目の課題・川俣町山木屋(下)】
 原発事故、続く模索

小学生が消え、帰還者も400人を超えることはないと役場が断言した福島県川俣町の山木屋地区。地域を引っ張っているのは70歳代なので、あと5年もすれば行き詰まるのではないかと不安視されている。若手がいないわけではない。ごく少数ではあるが、全国に注目される取り組みを行っている。避難による倒産の危機から、逆に事業を拡大させた企業もある。「できること」を探せば道はある。

□現場発!自治体の「政策開発」
 流す・貯める・備える取り組みで浸水被害から市民を守る
 ──総合的な治水・雨水対策(宇都宮市)

令和元年東日本台風(台風19号)で甚大な浸水被害を受けた宇都宮市は、総合的な治水・雨水対策に取り組んでいる。基本方針を打ち出して中期と長期の目標を定め、先行事業を進めながら「宇都宮市総合治水・雨水対策推進計画」を策定。国・県や農業者・企業・市民との連携によって「流す」「貯める」「備える」を柱に事業を進めているのが特徴だ。床上浸水ゼロと最大規模降雨時での人的被害の防止を目指している。
□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 気づきの連鎖で、「改革」から「変革」へ
 ──マニフェスト大賞2021キックオフ研修会

ローカル・マニフェスト推進連盟とマニフェスト大賞実行委員会は5月24日、「改革から変革へ~地域から日本を変える」をテーマにマニフェスト大賞2021キックオフ研修会をオンラインで開催した。前年の同大賞受賞者などが事例を発表。参加者で先進事例を共有化し、「善政競争」を誓い合った。


──────────────────────────────────────

●Governance Topics

□総合計画の「ありたいまち」実現に向け、施策間連携サミットを開催──兵庫県尼崎市
□自治体はコロナ禍をどう乗り越えていくのか──第13回日本自治創造学会研究大会
□現場職員などが新型コロナ対策の最前線について報告し議論
 ──自治体学会川崎大会・プレ大会
□自治体におけるドローン利活用の可能性を展望──全国自治体ドローン首長サミット

──────────────────────────────────────

●Governance Focus

□「田んぼダム」導入で何が得られるのか──熊本県・球磨川洪水から1年/葉上太郎

──────────────────────────────────────

連載

□ザ・キーノート/清水真人
□自治・分権改革を追う/青山彰久
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『東京自転車節』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
 [著者に訊く!/『自治体内分権と協議会』三浦哲司]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 養蚕の技を祖父から孫へ
 ──養蚕農家/瀧本亀六さん、慎吾さん(愛媛県大洲市多田)

□わがまちの魅どころ・魅せどころ
 本州最南端からロケット最先端のまちへ
 ~美しい自然と語り継がれる絆を守り、宇宙を目指す──和歌山県串本町

□山・海・暮・人/芥川 仁
 自然の入江を利用した古来の漁師集落──長崎県平戸市野子町

□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 紅花生産と染色用加工の伝統技法
 ──山形県最上川流域(山形市、米沢市、酒田市、天童市、山辺町、中山町、河北町、白鷹町)

□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/こんぴーくん(香川県琴平町)

□クローズ・アップ
 震災に負けず、コロナにも負けず
 ──福島県川俣町、特産「川俣シャモ」のブランド価値が急上昇

──────────────────────────────────────
■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
──────────────────────────────────────


*「もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク」は休みます。
1,100円
●特集 コロナ禍の自治体議会──教訓・挑戦・展望
2006年5月に北海道栗山町議会が全国初の議会基本条例を制定して15年。同条例の制定数は888(2019年4月1日現在、自治体議会改革フォーラム調べ)と全自治体のほぼ半数に達した。一方で、自治体議会に対する住民の信頼はどこまで高まったのだろうか。コロナ禍の中、自治体議会の活動は二極化したとも言われる。その教訓、そして、真に住民福祉の向上に寄与する 自治体議会の方向性を展望したい。


■自治体議会改革の第2ステージ/江藤俊昭
江藤俊昭氏
江藤俊昭 大正大学社会共生学部公共政策学科教授
地方議会改革の展開の「取り上げ方(時代の切り方)」=構図を見る目が必要だ。議会改革の急展開を「本史への突入」、それ以前の改革を「前史」として理解している。その突入への画期は、議会基本条例の制定である。
■議会基本条例の制定・検証・改正の特徴と展望/長野 基
■コロナを契機に首長と議会の新しい関係を/福嶋浩彦
■コロナ禍の議会運営の展望/新川達郎
■コロナ禍の議会報告会・意見交換会の論点整理/牧瀬 稔
■コロナ禍での財政運営と自治体議会/小西砂千夫
■議員のなり手不足解消の展望/寺島 渉
■コロナ禍における地方選挙の特徴と選挙制度改革の方向性/河村和徳
■ダイバーシティと自治体議会/吉田利宏


【キャリアサポート面】


キャリサポ特集:SDGsを自治体に“実装”する
SDGs(持続可能な開発目標)が注目されるようになって数年が経ちました。目標となる2030年を見据えると、自治体もそろそろSDGsの"実装"を求められる時期に差し掛かっているでしょう。 そこで今回は、組織体制、所管業務、行政計画、政策サイクルなどに焦点をあて、その“実装”に向けた方法を探ってみます。

〈インタビュー〉神奈川県理事(いのち・SDGs担当)・山口健太郎さんに聞く
◆多様な主体との“パートナーシップ”でSDGsを強力に推進
〈取材リポート〉
◆SDGsの認知度100%に向けて区一丸で取り組む/東京都江戸川区
◆SDGsの視点を行政評価に取り入れ、相対評価などを実施/長野市

連載
──────────────────────────────────────
■管理職って面白い! ビッグファイブ/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 公務員がアカデミックな活動をする意義/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/上野美知

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/菅 花穗

■“三方よし”の職場づくり/高澤良英

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 齊藤 栄・静岡県熱海市長
 「温泉観光地」として生き残るため持続可能な仕組みをつくっていく


国内有数の温泉観光地・静岡県熱海市。だが齊藤栄氏が市長に就任した06年当時、まちは輝きを失い、市の財政も危機的状況に陥りつつあった。齊藤市長は就任直後に「財政危機宣言」を行って厳しい行財政改革を進め、財政再建に成功。あわせて観光振興にも取り組み、「V字回復」を遂げたが、昨年からの新型コロナ禍により大きな影響を受けてしまう。その中で地域のミライをどう展望していくのか、これまでの道のりとともに、齊藤市長に話を聞いた。
齊藤栄氏
齊藤栄・静岡県熱海市長(58)。コロナ禍の先を見据えて「持続可能な温泉観光地」づくりを進める。背景は熱海の象徴ともいえるサンビーチ。その奥のお宮緑地には自慢の「ジャカランダ遊歩道」がある。

──────────────────────────────────────

●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 小早川隆景(二) 父に折られた一本の矢

──────────────────────────────────────


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 「天空の丘」は消えるのか【11年目の課題・川俣町山木屋(上)】
 原発事故、続く模索

阿武隈高地に抱かれた福島県川俣町の山木屋地区は、町の中心部から標高にして400mも登った「天空の丘」のような場所にある。原発事故では町内で唯一、避難指示区域となった。そうした地形であるがゆえに帰還が進まない。町役場は「もはや400人を超える帰還は見込めない」と異例の見込みを立てて再生を図るが、「このままでは廃村になる」と漏らす住民が少なくない。
□現場発!自治体の「政策開発」
 里親会母体のNPO法人で支援と養育力の向上を図る
 ──包括的な里親家庭支援事業(静岡市)

静岡市は、児童相談所設置以降、里親制度の普及・啓発と里親家庭の支援に力を入れている。静岡市里親会が母体となって設立したNPO法人静岡市里親家庭支援センターに里親支援業務を委託し、児童相談所・里親家庭支援センター・里親会が密接に連携して事業推進体制を構築しているのが特徴だ。同支援センターは包括的な里親支援を行うフォスタリング事業実施機関として、全国から注目を集めている。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 4年間の実行計画「未来への羅針盤2023」を定期的にチェックし、着実に実現へ
 ──神奈川県横須賀市議会

神奈川県横須賀市議会は2020年3月、市議会の4年間の実行計画「未来への羅針盤2023」を策定。今年4月には前期2年間の進捗報告を行った。実行計画は3か月ごとにチェックし進捗管理表を更新。4年間で着実に政策立案、議会改革の成果を上げていく構えだ。


──────────────────────────────────────

●Governance Topics

□職員本を読み解き、深め、活かす!──自治体職員書籍のABD+出版記念イベント

──────────────────────────────────────

●Governance Focus

□急速に進んだ集落過疎化、被災体験の風化……
 ──熊本地震から5年。南阿蘇村で浮かび上がる課題と展望/葉上太郎

──────────────────────────────────────

連載

□ザ・キーノート/清水真人
□自治・分権改革を追う/青山彰久
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『狼をさがして』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
 [著者に訊く!/『社会的弱者にしない自治体法務』鈴木秀洋]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 現役の長老が室町時代以来の味を伝える
 ──政所茶栽培(滋賀県東近江市奥永源寺地域)

□わがまちの魅どころ・魅せどころ
 広い空と輝く緑、産業遺産、そして熱い温泉。
 四季折々の感動エリアにようこそ──北海道上士幌町

□山・海・暮・人/芥川 仁
 先祖から引き継いだ田んぼをいつものように耕す──熊本県球磨郡球磨村神瀬

□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 伝統的な傾斜地農耕システム
 ──徳島県にし阿波地域(美馬市・三好市・つるぎ町・東みよし町)

□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/中野大好きナカノさん(東京都中野区)

□クローズ・アップ
 熊本地震から5年が過ぎても──/南阿蘇鉄道。絶景路線の復旧は道半ば

【特別企画】
□市と社会福祉法人の協働で無縁遺骨問題などの対応に乗り出す
 ──神奈川県座間市

──────────────────────────────────────
■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
──────────────────────────────────────


*「もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク」は休みます。
1,100円

●特集 自治体ガバナンスの20年
小誌『月刊ガバナンス』の創刊は2001年5月。地方分権改革が熱を帯び、情報公開や市民参加の仕組みが整えられ、NPO法人が次々に誕生するなど、自治体を取り巻くステークホルダーが力をつけていく中で、「共治=共に地域をつくる」という想いを誌名に込めた。それから20年。自治体をめぐるガバナンス(国全体の統治機構〈国・地方関係〉、自治体〈行政・議会・市民〉、行政〈首長・管理機構と職員〉という三つのガバナンス)はどう進んできたのか。その現在位置とこれからの方向性を探ってみたい。


〈北川正恭・早稲田大学名誉教授に聞く〉
■官民、県・市町村の境をなくし、行政や政治のあり方を根本から見直すべき
北川正恭氏
北川正恭 早稲田大学名誉教授
官民は境を取り、協働でやることと、市町村境や県境を取っ払うことは、デジタルの技術でかなり可能になってきている。行政や政治のあり方を根本から見直すことが行われなければ、地方創生は夢のまた夢になる。
■自治体ガバナンスと首長・職員/富野暉一郎
■分権改革と国・地方関係のガバナンス/礒崎初仁
■地域社会のガバナンス(協治)と多様性/長畑 誠
■これからの自治体ガバナンス
 ──「民営化」「政治主導」「科学依存」「データ主義」の時代を見据えて/上山信一
■自治体ガバナンスにおける監査制度/石原俊彦
■参加ガバナンスはどこまで進化したか/坪郷 實
■自治体運営のガバナンスと対話の未来
 ──オンラインを活用した対話が地域の未来を拓く/佐藤 淳


【キャリアサポート面】
キャリサポ特集:男性職員も育休を!
性別を問わず誰でも育児休業を取得できる環境整備を──。
自治体でも育休取得は、いまだ女性にかなり偏重しています。
取得率は実に、女性職員99.8%に対し、男性職員は8.0%(2019年度)。増加傾向にあるとはいえ、男性の育休取得は、まだまだ途上です。
男性が積極的に乳幼児期の育児に関われば、女性のキャリア形成に寄与するだけでなく、男性自身のライフ・ワーク・バランスの充実、さらには、子どもの育ちにも好影響を与えることでしょう。
多様性のある社会の形成も視野に、男性職員の育休制度の現在地を見ていきます。

〈インタビュー〉育休経験者・山田正人さんに聞く
■男性の育休にデメリットは見当たらない
〈取材リポート〉
◆ジェンダーギャップ解消に向け全庁体制で男性の育児休業取得支援/兵庫県豊岡市
◆男性職員の育休取得が当たり前の雰囲気づくりに成功/茨城県龍ケ崎市

連載
──────────────────────────────────────
■管理職って面白い! アンカリング/定野 司

■「後藤式」知域に飛び出す公務員ライフ
 業務改善の父に教わった「市民のために」、「市民とともに」の大切さ/後藤好邦

■誌上版!「お笑い行政講座」/江上 昇

■〈公務員女子のリレーエッセイ〉あしたテンキにな~れ!/佐藤直子

■自治体DXとガバナンス/稲継裕昭

■働き方改革その先へ!人財を育てる“働きがい”改革/高嶋直人

■未来志向で考える自治体職員のキャリアデザイン/堤 直規

■そこが知りたい!クレーム対応悩み相談室/関根健夫

■宇宙的公務員 円城寺の「先憂後楽」でいこう!/円城寺雄介

■次世代職員から見た自治の世界/吉村彼武人

■“三方よし”の職場づくり/河合敏和

■誰もが「自分らしく生きる」ことができる街へ/阿部のり子

■新型コロナウイルス感染症と政策法務/澤 俊晴

■地方分権改革と自治体実務──政策法務型思考のススメ/分権型政策法務研究会



巻頭グラビア

□自治・地域のミライ
 五十嵐立青・茨城県つくば市長
 「世界のあしたが見えるまち」の実現を


1期目の市長選マニフェストに82項目の事業を掲げ、その9割以上が「達成」「順調」だった茨城県つくば市の五十嵐立青市長。昨年10月に再選を果たし、「市民第一の市政」、そして「世界のあしたが見えるまち」の実現に向けて邁進中だ。
五十嵐立青氏
五十嵐立青・茨城県つくば市長(42)。2016年の市長就任以来、「誰一人取り残さない」という思いを胸に、対話を重ねながら「市民第一の市政」、そして「世界のあしたが見えるまち」の実現を目指して邁進している。その使命感が全身からあふれる市長だ。

──────────────────────────────────────

●連載
□童門冬二の日本列島・諸国賢人列伝 小早川隆景(一) 汚濁の世に芳香を放つ

──────────────────────────────────────


取材リポート

●取材リポート
□新版図の事情──“縮む社会”の現場を歩く/葉上太郎
 残った若者が新たな挑戦を始める【11年目の課題・田村市都路(下)】
 原発事故、続く模索

避難を機に若者が急減し、地域が存続していけるかどうか見通しが立たなくなった福島県田村市の都路地区。だが、残った若者の中では、子ども達が住みたくなるような土地にするにはどうしたらいいかを模索する動きが出始めた。震災をチャンスに結びつけ、最先端技術で和牛繁殖に取り組む若手もいる。彼らの挑戦は都路に光をもたらすのか。
□現場発!自治体の「政策開発」
 空き家対策と移住促進で社会人口の増加を実現
 ──あったか住まいるバンク+移住促進策(栃木県栃木市)

栃木県栃木市は、空き家の適正管理と有効活用、発生の抑制に向けて総合的な空き家対策を推進し、その一環として空き家・空き地バンクを開設している。所有者と利用者を結びつけて空き家を減らし、良好な生活環境の保全と地域活性化を図るのがねらいだ。移住体験施設や手厚い補助金などで移住・定住を促進しているのも特徴で、首都圏の子育て世代などから支持を得て転入者が増えており、まちに活気が生まれている。

□議会改革リポート【変わるか!地方議会】
 改革の加速に、他自治体の現役職員を「議会改革アドバイザー」に委嘱
 ──茨城県阿見町議会&取手市議会

茨城県阿見町議会は4月10日、同役場内で「議会改革アドバイザー委嘱状交付式」を開催した。アドバイザーに委嘱されたのは近隣の取手市議会事務局の職員。現役の自治体職員が他の議会でアドバイザーを務めるのは全国初とみられる。議会同士の連携・交流としても今後の取組みと成果が注目される。


──────────────────────────────────────

●Governance Topics

□新分散型社会の実現へ──AIを活用したペルソナ未来予測分析
 「人口減少対策アクションプラン2021」を公表(広島県福山市)
 /鴫田浩伸+福田幸二+広井良典
□地方議会評価モデル」説明会を開催/(公財)日本生産性本部
□コロナ禍でも「カイゼン」は続く!/カイゼン・サミット2020【オンライン版】

──────────────────────────────────────

●Governance Focus

□再エネ拡大急ぐ国、調和に悩む市町村──「脱炭素」と自治体現場/河野博子

──────────────────────────────────────

連載

□ザ・キーノート/清水真人
□自治・分権改革を追う/青山彰久
□新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之
□市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照
□地域発!マルチスケール戦略の新展開/大杉 覚
□“危機”の中から──日本の社会保障と地域の福祉/野澤和弘
□自治体の防災マネジメント/鍵屋 一
□市民と行政を結ぶ情報公開・プライバシー保護/奥津茂樹
□公務職場の人・間・模・様/金子雅臣
□今からはじめる!自治体マーケティング/岩永洋平
□生きづらさの中で/玉木達也
□議会局「軍師」論のススメ/清水克士
□「自治体議会学」のススメ/江藤俊昭
□From the Cinema その映画から世界が見える
 『迷子になった拳』/綿井健陽
□リーダーズ・ライブラリ
 [著者に訊く!/『もしわたしが「株式会社流山市」の人事部長だったら』手塚純子]


カラーグラビア
□技・匠/大西暢夫
 使い方が変わってきても桶を作り続ける
 ──遠藤芳子さん(桶職人)(福島県いわき市)

□わがまちの魅どころ・魅せどころ/富山県朝日町
 山に抱かれ、緑と風を感じ、森の力に癒される──福岡県篠栗町

□山・海・暮・人/芥川 仁
 風土に馴染む農と暮らし──京都府宮津市上世屋

□生業が育む情景~先人の知恵が息づく農業遺産
 豊富な湧水が生み出すわさび田──静岡県わさび栽培地域

□人と地域をつなぐ─ご当地愛キャラ/花田舞太郎(広島県北広島町)

□クローズ・アップ
 互いの強みを活かして「宇宙×地方創生」を推進
 ──佐賀県とJAXAが連携協力協定を締結

──────────────────────────────────────
■DATA・BANK2021 自治体の最新動向をコンパクトに紹介!
──────────────────────────────────────


*「もっと自治力を!広がる自主研修・ネットワーク」は休みます。

ビジネス・経済 雑誌の売上ランキング

1 PRESIDENT(プレジデント)

プレジデント社

最大
58%
OFF
送料
無料

PRESIDENT(プレジデント)

2021年10月22日発売

目次: 「最高の説得力」をあなたにも

世界最強企業の美しい資料術
《実物再現》――すぐにマネできる

超ハイレベル資料の秘密「頭と心にスッと入る」
▼グーグル式 ……………………………… たった1つのビジュアルで、感情を揺さぶる
▼アップル式 ………………………………… 写真2枚のギャップで、相手をグッと集中させる
▼アマゾン式 ………………………………… 「理想の未来」のプレスリリースを書いてみる
▼マイクロソフト式 ………………………… 「成約率2割もアップ!」のフォント&文字数
▼トヨタ式 …………………………………… 苦しんで生み出した情報を、さらに絞り込む
▼ソフトバンク式 …………………………… 口説くストーリーづくりは、紙の並べ替えから
▼マッキンゼー式 …………………………… 1枚のスライドには、1つのメッセージだけ
1分で判定!

あなたの「資料作成力」診断テスト
《社長目線・投資家目線》――プレゼン&企画書

これは合格! 私の採点ポイント
▼レノバ会長・千本倖生…………………… 「そうそう」と「なるほど」があふれているか
▼アサヒビール社長・塩澤賢一……………… 最初から、わかりやすくて面白いか
▼ユーグレナ社長・出雲 充………………… 受け手のストライクゾーンに投げているか
《レッスン》――無駄に考えない

外資系のスマート資料術 脱・自己流!24の絶品ルール
Lesson1)準備で「全体完成度」が決まる
目的設定/スライド構成/タイトルとメッセージ/スライドタイプ…
Lesson2)ルールさえあれば「統一感」が出る
グラフの配置/フォント/文字サイズ/小見出し/四角と楕円の使い分け/配色…
Lesson3)メッセージを際立たせて「確実な腹落ち」
箇条書き/6パターンの基本図解/ピクトグラム/グラフの強調/パンくずリスト…
世界中で卒業生が活躍。その名も「P&Gマフィア」 どこまでも戦略思考

P&G流「ワンページメモ」入門
▼STEP1 …………… 上司の賛同を一発で得られる提案書をつくる
▼STEP2 …………… 経営判断の材料になるほどの報告書をつくる
▼STEP3 …………… 打ち合わせが超濃密になるアジェンダをつくる
画面共有時に気をつけたいポイント

デザイン心理学教授が直伝! 100%印象に残るスライド術
悪用厳禁!

人をどんどん動かす「魔法の言葉」
私の「美しさ」論
▼三浦崇宏 ……… クリエイティブディレクター 「わかりやすくて強いサビ」
▼岸本拓也 ……… ベーカリープロデューサー 「手描きの正方形」
▼西野亮廣 ……… お笑い芸人・著作家 「資料以前の努力」
好評連載
人間邂逅[800]

●佐田展隆×葛西紀明

憧れの前傾姿勢
茂木健一郎の「成功への物語」[246]

批判に強くなる「諦める勇気」と「信じる力」
牙を剥く香港 [10]

牙を抜かれた香港は中国国旗に赤く染まる
職場の心理学[738]

どうすれば、独習した経営学を仕事に生かせるか?
運命の1年、リーダーたちの時の時[9]

●日本交通会長・川鍋一朗

2019年
「橋下 徹」通信[134]

大改革を訴えるとき、絶対にやってはいけないこと
PEOPLE

●光石 研

「やっと初心に戻れた」
齋藤孝の「人生がうまくいく古典の名言」[72]

理想の上司や会社は考えない。実際的な思考で楽になれる
本の時間 新刊書評

柳瀬博一評 ジャック・アタリ著『メディアの未来』
大前研一の「日本のカラクリ」[278]

天才起業家イーロン・マスクは現代のトーマス・エジソンだ
飯島 勲の「リーダーの掟」[300]

飯島勲、官邸に帰還。電撃再任の舞台裏
クローズアップ・ニッポン

著者インタビュー

河合香織 著『分水嶺』
本田 健の「賢者は年収3000万の小金持ちを目指す」[42]

今、「お試し」ビジネスが急成長している理由
マネーの新流儀 [335]●山野祐介

新スマホ料金「最上級プラン」を3割減らす裏技
池上 彰と増田ユリヤの「ドキドキ大冒険」[73]

襲撃された連邦議事堂 米国
鈴木宗男×佐藤 優の「世界大地図」[42]

共産党は将棋、若手議員はオセロ? 総選挙の先を読むのは誰だ
笹井恵里子の「あなた vs 〇〇〇」[40]


三浦瑠麗の「私たちの民主主義」[14]

私たちに提示される衆院選「3つの選択」
銀座ザボン・水口素子の「愛しい人」[32]

文春流、煩わしい人との付き合いまで楽しむ術
プレジデント言行録
プレジデントINFORMATION
エディターズノート

参考価格: 780円 定期購読(学割6ヶ月プラン)なら1冊:325円

現代の悩めるビジネスリーダーの「問題解決のバイブル」として、米国FORTUNEの日本版として始まりました日本一のビジネス誌「プレジデント」を!

  • 2021/10/08
    発売号

  • 2021/09/24
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/21
    発売号

2 正論

産経新聞社

最大
12%
OFF
送料
無料

正論

2021年10月01日発売

目次: 【特集:悪夢の民主党政権を忘れるな】
■櫻井よしこ/国民が招いた日本の危機
■八木秀次/「小石河連合」なら保守は消滅か
■阿比留瑠比/国民政党とは八方美人にあらず
■松井孝治/政治停滞打破する統治機構改革を
■田村秀男/脱デフレ実現の決意表明せよ
■佐々木美恵/正当に評価されない「仕事師内閣」の実績
■森喜朗/新連載「元老の世相を斬る」~選挙は「看板」で戦うものじゃないよ
■加藤康子/脱炭素で国家滅ぶ 電気料金増は製造業つぶし

●竹田恒泰/皇室の存亡担う新内閣の重責
●山下英次/「インド太平洋憲章」日本主導で起草を
●西岡力/真実の上に立つ日韓関係を
●松崎いたる/TBSねじ伏せて〝本質〟偽る共産党
●山口芳裕/実体を伴わなかった五輪の「安心・安全」
●池谷和子/事実に基づくDV認定を

【特集:カブール陥落】
▼織田邦男/邦人救出阻む憲法の改正を
▼ズバイル・ババカルヘイル(産経新聞アフガン人通信員)/アフガニスタン脱出記 阿鼻叫喚の11日間
▼ブラーマ・チェラニー/米軍撤退で得するのは誰か
▼濱本良一/逃げ足の速さにみる中国の深い浸透
▼髙橋博史/ユーラシア大陸のへそ アフガニスタンを知る
▼高橋礼一郎/軍事優先が招いた自立喪失の悪循環

【特集:中国で起きていること】
■三浦小太郎/天の下の巨大な牢獄
■「在日ウイグル人証言録③」<証言1>エイティカル(仮名)「生き残るための苦渋」/<証言2>ムハマット「変わり果てた母」/<証言3>タランチ「収容所の外の牢獄」
■石平/習近平が始めた第二の文化大革命
■矢板明夫/北戴河会議で異変か
■山下善明/偉大なるシナ文明を抹消する中共政権

【特集:武漢ウイルスとの闘い】
●掛谷英紀/「天然起源」主張する生命科学者を監視せよ
●藤重太/台湾が鎮圧に成功したワケ

<好評連載!>
▼林 智裕/【情報災害と福島Vol.5】「ゼロリスク志向」が被災地を滅ぼす
▼宮本雅史/訥行塾⑤若手官僚らが国家のあり方を考える/安全保障の根底は「覚悟」

その他

参考価格: 900円 定期購読(1年プラン)なら1冊:790円

日本人の鼓動が響く雑誌です。~オピニオン誌「正論」~

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

  • 2021/05/01
    発売号

  • 2021/04/01
    発売号

最大
15%
OFF
送料
無料

ダイヤモンドZAi(ザイ)

2021年10月21日発売

目次: ◎巻頭特集
岸田新政権でどうなる!?日本株
-4つのチャンスと4つのリスク! 6カ月の値動きをプロ5人が予測!
-菅政権の1年をプロが採点!
-岸田首相を解剖! 新政権で上がる株

◎ZAi NEWS CHANNEL
景気減速の中国は売りか?日本の中国関連株は大丈夫?

◎別冊付録
今回の付録の表紙は本誌表紙と同じ天海祐希さん!
老後の不安解消BOOK
●天海祐希さんスペシャルインタビュー
●7800人に調査老後のお金
●不安を解消! 資産の棚卸&生活費の把握
●老後の計画が立てられる資産管理ノー ト付き!

◎第1特集
自己ベストを連発で絶好調!
いま快進撃の株
●【PART1】業績:過去最高の利益を稼ぐ株
狙い目1:高収益の安心大型株
狙い目2:2ケタ増益が続く株
狙い目3:外国人が買ってくる株
●【PART2】株価:株価が最高値を超える株
狙い目4:大躍進の高値更新株
狙い目5:最高値更新が間近の株
●【PART3】配当:最高の配当額が貰える株
狙い目6:7期連続で増配する株
狙い目7:7期減配ナシの高配当株
●Column
-岸田新首相で上がる株
-勢いが史上最高! ? 業績加速の株
-伸びる業種はどれ? 売上爆増の株
-大幅増配株は買って大丈夫?

◎第2特集
早く自由になりたい!
具体的なダンドリから7人の実例まで
ゆる&#12316;いFIRE入門
●準備1:目標を決める! 生活スタイルは4パターン
●準備2:お金を作る! 初任給300万円で7500万円準備も
●準備3:生活を工夫する! 生活レベルを下げずに支出減
●資金の作り方は?今の生活は?
FIREさん7人に聞いたリアルストーリー

◎第3特集
120万円の枠いっぱい使い切れ!
NISAの年末戦略
●3つのタイプ別にオススメ:買うべき株・投信・ETF
●今から準備を始めよう:ロールオーバーの手続き

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所2021年9月編
「9月IPO銘柄の売り! 買い! をズバリ」
●自腹でガチンコ投資! AKB48ガチ株バトルサード・シーズン
「小麟が米国株に挑戦」編
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ
「ついに勝率100%」
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.61「世界からモテモテの日本のIPとは」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「早まると致命的! 早期退職が得か損か分岐点」
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ
「日米株価が下落も為替の円安で利回りキープ」

参考価格: 780円 定期購読(1年プラン)なら1冊:665円

マネービギナーのための楽勝攻略マガジン。お金や投資に役立つ情報が満載!

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

最大
50%
OFF
送料
無料

ニューズウィーク日本版 Newsweek Japan

2021年10月19日発売

目次: Special Report
世界に学ぶ至高の文章術
ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠──
世界の共通するライティングの基礎とは
文章術 元CIAスパイに学ぶ最高のライティング作法
名文 うまい文章のシンプルな「原則」
解説 ニューズウィークの原稿を解剖する
座談会 外国出身者が語る文章術

揺らぐ南北統一のコンセンサス
韓国 半島統一という「民族の悲願」に若年層はさほど執着していない

Periscope
NORTH KOREA 青瓦台も攻略した北の工作活動
LEBANON 銃撃戦で高まるレバノン内戦再燃の危機
NORWAY 丸腰だったノルウェー警察がついに銃携帯
GO FIGURE 英王室の人気者と嫌われ者は誰?

Commentary
イスラム アフガンLGBTの来るべき受難──飯山陽
視点 台湾侵攻を防ぐ「ヤマアラシ」戦略──ブラマ・チェラニ
分析 ポスト中国の世界を(一足先)に読む──河東哲夫
Superpower Satire 風刺画で読み解く「超大国」の現実
愛国映画『長津湖』の厄介事──ラージャオ&トウガラシ
Economics Explainer 経済ニュース超解説
金融所得課税の強化はやめて正解── 加谷珪一
Help Wanted 人生相談からアメリカが見える
ゲイだけど子供たちにスポーツを教えたい
Just a Joke たかがジョーク、されどジョーク
戦争はどうして起きるの?── 早坂隆

World Affairs
シリア 内戦10年、独裁者アサドの命運は尽きず
中東 イラク総選挙の敗者はイラン

Features
ドキュメント 核開発の父が北朝鮮に贈ったもの

Life/Style
Music 進化を続けるデュラン・デュラン
Movies ギレンホール、感染症とリメークを語る
Health みんなの下水調査でコロナ感染拡大を防ぐ
My Turn 私はマイケルのボディーガードだった

Picture Power
霧の中に佇む気候変動の犠牲者

Tokyo Eye 外国人リレーコラム── 西村カリン
日本の就職活動にもっと自由を!

参考価格: 480円 定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:240円

日本だけのニュースを読むか、世界と同じニュースを読むか。世界と同じニュースを読む!それが、ニューズウィーク・バリュー

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/28
    発売号

  • 2021/09/22
    発売号

  • 2021/09/14
    発売号

  • 2021/09/07
    発売号

6 週刊ダイヤモンド

ダイヤモンド社

最大
45%
OFF
送料
無料

週刊ダイヤモンド

2021年10月18日発売

目次: 特集
株入門

Prologue データで分かる株のホント

Part 1 売買の基本
Interview 山田真哉●芸能文化税理士法人会長(公認会計士・税理士)
株の売り・買いサインは信じていい? 「テクニカル分析」の落とし穴
Column 「4月高」「5月売り」は正解? 株価「経験則」のウソ・ホント

Part 2 投資商品検証
覆面座談会 なぜ投信業界は株高の下で“どん詰まり”になったか
買ってはいけない銀行・証券のイチ押し商品 「ラップ口座」の落とし穴
バランスファンドの「不都合な真実」 さえない人気投信の運用効率
インデックス投信より低コスト 個別株「組み合わせ投資」
投資信託に比べて「超高コスト」 変額&外貨建て保険のわな 深野康彦●ファイナンシャルプランナー
証券はどこがいい? 手数料、情報サービス、使い勝手を総点検 主なネット証券と対面証券(インターネット取引)の手数料とサービス

Part 3 銘柄選び実践
資産1億円超 有名個人投資家3人がおススメの投資法で大激論!
ソニー、海運、メガバンク、ソフトバンクG… 人気株の買い・売り材料を診断
ROEと財務レバレッジで厳選 まっとうなROE優良企業
連続増益&上方修正期待銘柄を選別 好調! 業績上振れ期待株40
設備年齢の若さと稼ぐ力で選抜 積極投資でも稼げる会社40
5期連続増配の高配当利回り銘柄 安心して保有できる会社40
キャッシュリッチで業績しっかり 株主還元が期待できる銘柄40


特集2
目指せGAFA!
メガベンチャー番付


News

(1)Close Up 「弁護士調査はフィクションだ」 東芝・前副社長らが反撃ののろし

特別インタビュー
東京機械株を爆買いするアジア開発
代表が初激白「防衛策は理不尽だ」
アンセム・ウォン●アジア開発キャピタル社長

オフの役員 田面木宏尚●メルカリ上級執行役員、メルカリジャパンCEO


ウォール・ストリート・ジャーナル発
アイブ氏が語る ジョブズ氏失い最も寂しいこと
石炭から脱却できぬ世界経済、供給不足で不安増大


政策マーケットラボ
「令和版所得倍増」の鍵は増税をいかに我慢するか
永濱利廣●第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト
懸念される中国不動産市場でバブル崩壊がない四つの理由
関 辰一●日本総合研究所 調査部 主任研究員


Data

数字は語る
+1.1% 全雇用者の手取りベースの給与における2000年度から19年度への変化率●神田慶司


連載・コラム

深堀圭一郎のゴルフIQを高めよう!
山本洋子/新日本酒紀行
井手ゆきえ/カラダご医見番
長谷川眞理子/大人のための最先端理科
Book Reviews/佐藤 優/知を磨く読書
Book Reviews/オフタイムの楽しみ
Book Reviews/目利きのお気に入り
Book Reviews/ビジネス書ベストセラー
牧野 洋/Key Wordで世界を読む
後藤謙次/永田町ライヴ!
From Readers From Editors
世界遺産を撮る

ビジネス掲示板

定期購読(1年プラン)なら1冊:400円

書店で一番売れているビジネス週刊誌(ABC協会調べ)東証企業情報満載

  • 2021/10/11
    発売号

  • 2021/10/04
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/09/06
    発売号

7 週刊東洋経済

東洋経済新報社

最大
50%
OFF
送料
無料

週刊東洋経済

2021年10月18日発売

目次: 今年に入って8回ものシステム障害を引き起こしたみずほ銀行。その根底には興銀、富士、第一勧業の3行統合から20年にわたって抱え続ける、組織的な病理がありました。「内ゲバ」に足を取られた結果、メガバンク間の競争に出遅れ、背後にはりそな銀行が迫ります。

上場企業を対象にした本誌の「メインバンク満足度」調査ではみずほへの不満が突出。巨大金融グループの惨状をガバナンス、営業などあらゆる面から総ざらいし、その将来像を占います。

【特集】みずほ 解けない呪縛

Part1 連鎖
金融庁は怒り心頭 みずほ「異例」処分の裏側
昔のまま手つかずの箇所も… システム障害本当の理由

Part2 呪縛
システム障害の裏にあるみずほの「病巣」
ベールに包まれた坂井FG社長の素顔 忖度を生む顔見えぬボス
人事や働き方の改革進めても みずほを悩ます人材難

Part3 宿痾
「改革マニュアル」独自入手! 中小企業捨てる改革の全貌
顧客軽視でボロ儲け 課題まみれの営業姿勢
[ 図解 ] みずほ「メガから転落」の現実味
信用リスクを不安視する声 大口融資先にくすぶる火種
横浜市長選が決定打に 幻に消えたIR1兆円計画
好業績の裏で相次ぐ不祥事 「不正」見逃し上場に加担
海外苦戦に新規事業も不発 視界不良の将来戦略

Part4 不信
[ 独自調査 ] メインバンク満足度 だからみずほは嫌われる
財務担当者の声 メインバンクへのクレーム続々
系列企業が相次ぎ離脱 加速するみずほ離れ
[ エピローグ ] 外部招聘の現実味 どうするみずほ

【スペシャルリポート】
岸田首相が見過ごした核燃料サイクル破綻の必然
[ インタビュー ] 米プリンストン大学名誉教授 フランク・フォンヒッペル
核物質問題の権威に聞く 「"再処理放棄"は世界の主流 合理性を欠く日本の政策」

【ニュース最前線】
アマゾンでも格安サービス ヤマトの攻勢に潜む懸念
小売りトップの悩み続く 「ウィズコロナ」の消費行動
ホンダ「新車ネット直販」 新手法に販売店の複雑胸中

【連載】
|経済を見る眼|資金循環が示す日本経済の「今」|早川英男
|ニュースの核心|岸田文雄首相に「核廃絶」への覚悟を問う|福田恵介
|発見!成長企業|プレミアアンチエイジング
|会社四季報 注目決算|今号の4社
|トップに直撃|富士フイルムホールディングス 社長兼CEO 後藤禎一
|フォーカス政治|岸田流「新資本主義」に漂う危うさ|塩田 潮
|中国動態|日中の認識ギャップを軽視するな|富坂 聰
|財新 Opinion&News|中国の「双控」政策がもたらす鉄鋼生産急減
|グローバル・アイ|中国不動産バブルの行方 軟着陸を阻むこれだけの理由|ケネス・ロゴフ
|Inside USA|来年の中間選挙の争点にも 左右を分断する「CRT」|会田弘継
|FROM The New York Times|FB、コンテンツ表示の闇 元社員が法的規制を提言
|マネー潮流|「恒大」に見る不良債権の中国的処理|中空麻奈
|少数異見|女性取締役が活躍するための条件
|知の技法 出世の作法|解散・総選挙決定と岸田文雄首相の合理主義|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|途上国エビ養殖の問題 「よい養殖方法」を促すには|鈴木 綾
|話題の本|『灼熱』著者 葉真中 顕氏に聞く ほか
|シンクタンク 厳選リポート|
|PICK UP 東洋経済ONLINE|
|編集部から|
|先週号の読まれた記事 次号予告|

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:365円

ビジネスリーダー必携の総合経済誌 『週刊東洋経済』

  • 2021/10/11
    発売号

  • 2021/10/04
    発売号

  • 2021/09/27
    発売号

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/09/13
    発売号

  • 2021/09/06
    発売号

最大
10%
OFF
送料
無料

企業診断

2021年09月28日発売

目次: ■特集1 アフターコロナの中小企業戦略──企業の持続可能性を高める支援のポイント 岡本崇志/箱山玲/宮田昌尚

第1章 今,中小企業の周りで何が変化しているのか──見えてきた新時代のヒントとチャンス
第2章 時代のニーズを捉えてビジネスを俯瞰せよ──立教大学名誉教授の山口義行氏に聞く
第3章 コロナ禍で変革に挑む中小企業3選──株式会社浜野製作所,株式会社CONOC,株式会社綿善
第4章 中小企業経営の次なる打ち手──柔軟な事業戦略と支援者の役割

■特集2 一発合格道場直伝! 2次試験のダメ答案×得点アップ直前対策 中小企業診断士試験 一発合格道場 12代目

序章 本特集の活用法
第1章 事例Iのダメ答案から学べ! ──3つの視点を意識せよ
第2章 事例IIのダメ答案から学べ! ──勝負の分かれ目,施策問題を制す
第3章 事例IIIのダメ答案から学べ! ──悩みやすい3つのテーマへの対処法
第4章 事例IVの一発合格A・B・C ──記述問題対策,部分点対策,チェックリスト
終章 受験生へのメッセージ

■連載 インタビュー Umano! #41
町工場の尖った技術と独自の事業モデルでDXを乗り越える
株式会社小川製作所取締役 小川真由さん

■インタビュー 「松坂世代」の元プロ野球選手が事業家に転身~行動と失敗から学ぶ「トライ・アンド・ラーン」~
合同会社Baseball Surfer代表/元プロ野球選手/元総合格闘家 古木克明さん

■試験 令和3年度中小企業診断士試験第1次試験
全問題/正解と配点/出題傾向と学習のポイント

■講座 中小企業診断士試験 実戦! 錬成問題集
第2次試験対応 事例III 生産・技術に関する事例/事例IV 財務・会計に関する事例

など

参考価格: 1,430円 定期購読(月額払いプラン)なら1冊:1,287円

1953年創刊以来、ビジネス・クリエーターのための情報誌として高く評価されています

  • 2021/08/27
    発売号

  • 2021/07/28
    発売号

  • 2021/06/29
    発売号

  • 2021/05/27
    発売号

  • 2021/04/27
    発売号

  • 2021/03/27
    発売号

最大
5%
OFF
送料
無料

日経マネー

2021年10月21日発売

目次: ■特集1 ここから上がる日本株&米国株

●ここから上がる日本株&米国株 稼ぎ力 ・ 還元力が強い株を厳選! (018p)
●日本株と米国株 、二刀流投資でガッチリ稼ごう! ハロウィーン前後は絶好の仕込み時(020p)
●メリットが異なる日本株と米国株二刀流で効率よく稼ぐ! 日本株と米国株の長所を生かすスゴ腕3人の二刀流投資術(022p)
●3つの戦略で日本株を攻略 年内はこれで勝負! (026p)
●未来の10倍株が仕込みの好機 有望銘柄をプロが厳選! (028p)
●大化け株で稼ぐ達人のワザ 10倍株ハンター ・ 複眼経済塾 渡部さんに聞く! (029p)
●中長期で成長期待の小型株6 渡部さんが今注目する(030p)
●売られ過ぎコロナ逆風銘柄で大化けを狙おう 今ならではのお宝もある! (031p)
●株のプロ4人が注目! ここから上がる未来の10倍株(032p)
●2021年IPOの有望株で勝つ! セカンダリーにも妙味あり(036p)
●目利きが厳選! 2021年のIPO注目銘柄(038p)
●2大イベントで大きく儲ける 新政権発足に東証の市場再編(042p)
●大イベント1 岸田政権の4つの注目政策 関連有望株で値上がりを狙う(043p)
●大イベント2 東証の市場再編を利用 昇格 ・ 降格銘柄の売買で稼ぐ(046p)
●初中級者に向くイベント投資 優待人気株の売買で儲ける(049p)
●3つの戦略で米国株を攻略 株価の調整はチャンスか !? (050p)
●米国株投資で資産を増やす達人の戦略(052p)
●期待の米成長株で大きく資産を増やそう ネクスト 「GAFAM」 で大勝ちを狙う(056p)
●中長期で有望な成長株はこれ! プロが厳選(057p)
●中長期で力強い成長が期待できる米上場株8選 スゴ腕投資家が注目! (058p)
●成長性を考えれば割安 一部懸念は 「政治リスク」 GAFAMは今から買える? (060p)
●米高配当株で雪だるま式に資産を増やす 10年持てば高利回り ?! (062p)
●安定実績の連続増配4銘柄 50年以上連続増配の強者も! (063p)
●長期で配当成長が見込める4銘柄 利回りが低くても期待大! (064p)
●値上がり益も狙える注目高配当株 利回りが良いだけじゃない! (065p)
●長期ホールドで利回りアップが見込める米国株8選 スゴ腕投資家が注目! (066p)
●米株アクティブ型投信を使いこなして着々と稼ぐ! インデックスを上回るリターンを狙え(068p)
●安定実績の米国株アクティブ型投信4(069p)
●成長分野の米国テーマ型投信4(070p)
●スゴ腕個人投資家はこのETFに注目! ヘルスケアから不動産まで(071p)


■特集2 利益確定&損切り 勝ち組のワザ

●利益確定&損切り 勝ち組のワザ プロ&スゴ腕から学ぶ! (076p)
●勝てる売りのワザを身に付ける 目指せ勝ち組投資家(077p)
●利益確定&損切り 売りの2大ポイントを攻略(078p)
●売りの黄金ルール&テクニック スゴ腕投資家に学ぶ(084p)
●個人投資家売りのお悩み相談 利確失敗 損切り多発(088p)


■特集3 加齢に負けない投資術

●加齢に負けない投資術 バリバリ稼ぐシニア投資家の秘密を大公開! (102p)
●頭の若さは、これで保つ脳の健康維持に大事な6要素(108p)


■表紙の人

●有村 架純 女優 社会に不可欠な役割 責任を持って届けたい作品(012p)


■先読みTIMES

●今月のキーワード 新政権の発足岸田政権発足、株価浮上のきっかけはスタートアップ企業には追い風か(014p)


■先読みCALENDAR 2021 11月

●岸田新政権による経済政策の見極めが鍵(016p)


■もっと得する株主優待生活

●地場産品がもらえる優待ベスト10(072p)
●11月に取れるお得優待(074p)


■株の達人に聞く 今月の注目銘柄

●上方修正期待大の高進捗率銘柄(091p)


■マネーの履歴書

●Funda 代表 福代 和也さん事業を手掛ける上で、学びは重要。勉強は無限に続く(098p)


■米国株投資家もみあげの現地リポート

●過熱する米国IPOブームの深層(100p)


■澤上篤人のゴキゲン長期投資

●長期投資家が待つバブル崩壊(110p)


■豊島逸夫の世界経済の深層真理

●株式市場揺らす中国恒大危機の行方(112p)


■広木隆のザ ・ 相場道

●岸田政権発足、株式市場が期待するもの(114p)


■滝田洋一の経済ニュースここだけの話

●新政権船出、文雄と早苗の相性は? (116p)


■岡崎良介のマーケット ・ アナライズ

●前回のテーパリングとの違い市場に堆積する金利上昇圧力(118p)


■エミン ・ ユルマズの未来観測

●岸田政権発足後の株式相場 米中問題がもたらすリスクとメリット(120p)


■Money Interview

●村木風海 化学者、炭素回収技術研究機構(CRRA) 代表理事 ・ 機構長二酸化炭素を回収 ・ 活用する研究で温暖化から地球を守り火星移住の夢を追う(124p)


■最新! 投信ランキング

●市場変調に備えて資産配分を機動的に変更するバランス型(130p)


■特許で騰がる株を探せ! 工藤特許探偵事務所 Special

●EV時代を見据えて技術を磨く 輸送用機器関連の技術成長銘柄(132p)


■山本伸のネクスト爆騰銘柄

●国際資源価格の暴騰で上方修正の期待が膨らむ3銘柄(134p)


■マルトクセレクション

●地域金融機関向け資産運用サービス ほか(136p)


■横山利香の塩漬け株クリニック

●今月の塩漬け株 パナソニック (東1 ・ 6752) (137p)


■生保損保 業界ウオッチ

●はやりの電動キックボード、自賠責や任意保険は必要? (138p)


■佐々木明子のニュースな日々

●1次産業×テックは 「低成長脱却の起爆剤」 ? 次々生まれる技術、新たな潮流に期待(139p)


■ネット証券DATA

●10月4日現在(10%税込み表記) (140p)


■マネー ・ データバンク

●10月4日現在(142p)


■役に立つ! 投資用語集

●株式用語/投資信託用語(143p)


■Readers’ FORUM

●これから学んでみたいこと(144p)


■Money Books

●盾と矛 2030年大失業時代に備える 「学び直し」 の新常識 ほか(145p)


■別冊付録

●損しない&もめないための最新知識 相続丸わかりBOOK

参考価格: 750円 定期購読(1年プラン)なら1冊:713円

日経グループがお届けする、信頼できるマネー情報誌です!

  • 2021/09/21
    発売号

  • 2021/08/20
    発売号

  • 2021/07/19
    発売号

  • 2021/06/21
    発売号

  • 2021/05/20
    発売号

  • 2021/04/21
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌