New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.416 (発売日2008年11月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.416 (発売日2008年11月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.416 (発売日2008年11月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●
直接税から間接税へのシフト、租税回避行為のまん延、タックス・ヘイブンの増加……。一般の人々が意識しないところで、税の考え方と仕組み、それを取り巻く環境が変化を続けている。間接税への...

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.416 (発売日2008年11月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●
直接税から間接税へのシフト、租税回避行為のまん延、タックス・ヘイブンの増加……。一般の人々が意識しないところで、税の考え方と仕組み、それを取り巻く環境が変化を続けている。間接税への...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版のレビューを投稿する
2008年11月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,019円
送料無料
2024年06月10日発売号から購読開始号が選べます。
主要メディアとは異なる独自の視点で国際情勢を報道・分析するイギリスの月刊誌

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.416 (発売日2008年11月10日) の目次

●今号の内容●
直接税から間接税へのシフト、租税回避行為のまん延、タックス・ヘイブンの増加……。一般の人々が意識しないところで、税の考え方と仕組み、それを取り巻く環境が変化を続けている。間接税へのシフトは、貧しい層の負担を増やし、税の公平性や富の再分配においても問題が指摘されているが、個人・法人所得税など直接税税率引き下げとセットになった動きとして世界中で見られるトレンドだ。かつて税金は、その収入に比例して多く納めるほど名士として高く評価されたものであったが、現在では納税額が少なければ少ないほど力があると見なされるようになった。そしてまた、オフショア金融センター(タックス・ヘイブン)と呼ばれる低税率と守秘義務を掲げた国や地域が、海外の富をかき集めている。このような形で個人の富や法人の利益が海外に移転されることは、国の税収減となり、それは即教育や保健医療など国の公的サービスの低下にもつながる。今月のNIでは、税負担を富裕層から貧困層へシフトする流れや、税回避の現状、環境税の限界など、税制が直面している問題について報告する。


世界の税金 ─ 格差を広げる仕組みと実態
Wanted! - For dodging tax justice

*英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳を中心に掲載した「NIジャパン」をセットでお届けしています。


◆ NI & NIジャパン 2008年10月号 ◆

≪New Internationalist No.416 目次≫
(本文は英語です)

*<NIJ>の表示がある記事は、NIジャパンに翻訳が掲載されています。

2 読者の声

4 世界にはびこる不公平な税制の現実<NIJ>
ここ何年か世界では、税金に関するある統一的な見解が支配的になっている。しかしそれは、税金の機能である国家の税収や富の再分配に悪影響をもたらしてきた。世界を覆うこのトレンドを探る。
セレブの「節税」術:ボノ、ルパート・マードック

9 タックス・ヘイブンの実情
タックス・ヘイブン。それは、税金を軽減または回避するための仕組みを提供している国や地域のことである。世界の金融のおよそ半分、そして貿易も書類上は半分以上がタックス・ヘイブンを経由して行われている。タックス・ヘイブンは、税金を少しでも安くしようとする金持ちの個人や企業だけでなく、非合法なカネを洗浄(ロンダリング)する組織にも利用されている。タックス・ヘイブンであるジャージー島で経済アドバイザーを務め極秘調査を実施した経験もあるジョン・クリステンセンが、タックス・ヘイブンの悪影響と実態について語る。
セレブの「節税」術:レオナ・ヘルムズリー、リヒテンシュタイン公爵

12 不公平な税 ─ その事実<NIJ>
世界のタックス・ヘイブン一覧と、不公平な税制を示す各種データを掲載。

14 開発援助のための国際連帯税
2015年までに世界の貧困、教育、保健などの問題を解決することを目標に掲げた国連のミレニアム開発目標。世界147カ国が合意した目標で、現在、国連、国、NPO/NGOがその目標達成に取り組んでいる。しかしそのための資金は、十分に集まっていないだけでなく、温暖化によって引き起こされる問題の影響から、年間500億ドルがさらに必要になるとみられている。この資金を調達するために最近試みられている通貨取引開発税や航空券連帯税など、革新的資金集めの現状と見通しについて報告する。
セレブの「節税」術:テスコ社

16 税金の歴史<NIJ>
今日英語で税という意味で使われるtaxの語源やその関連語の由来から、バイキングの徴税行為、所得税の始まり、近代国家の経済主義による税制への影響まで、税の歴史を概観する。

18 環境税の限界<NIJ>
今注目を浴びている環境税には、エネルギー使用量や炭素排出量など、課税する対象や政策目的によっていくつか種類がある。デンマーク、スウェーデン、オランダ、カナダのブリティッシュコロンビア州などで実施され成果を上げている環境税だが、グローバル化が進んだ今日では、同様の税制を他の先進国や開発途上国にも実施させることは可能なのだろうか。
セレブの「節税」術:英国王室

20 税金への反逆
人々の支払能力を無視した理不尽な課税に対して、世界ではさまざまな抗議や反乱が行われてきた。そのいくつかを紹介しよう。

------------------------------------------------------------------------------------------
【Special Feature】
21 インドにおける同性愛
ヒンズー教寺院に見られる官能的な彫刻などからは、この国が性に寛容であったことが想像でき、ヒジュラと呼ばれる両性具有の人々に対する社会的な認識にも納得がいくだろう。しかし、少なくとも数年前までは、インドにおけるゲイやレズビアンの現実には厳しいものがあった。このリポートでは、インドの同性愛者の権利の背景と最近の動きについて報告する。

------------------------------------------------------------------------------------------

25 世界のニュース
アボリジニの権利(先住民族)/フィリピンのアロヨ大統領のゴージャスな外遊(腐敗)/テント・オブ・ホープ(ダルフール)/ビルマのカレン民族(民族浄化)/ほか

28 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
エデンの園にもあった石油の誘惑。

29 ワールドビーターズ
2014年までに世界最大の企業になることを目指しているロシアの巨大エネルギー企業ガスプロムについて。

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 南の国からの一コマ
エチオピアの子どもサーカスから。

33 社会を揺さぶる人々
何十年にもわたって女性の権利を守るためにメキシコで闘ってきたマーサ・ルシア・ミシェル・カマレナ。長年の活動が実って昨年2つの大きな勝利を手に入れたカマレナに話を聞く。

34 エッセー:世界で活躍するキューバ人医師・看護師
人口1,000万人のキューバは、年間3万人のボランティア医師・看護師などを世界93カ国に派遣している。彼らはどのような制度の下で現場に派遣され、実際にどんな活動をしているのだろうか。東ティモールの現場からもリポートする。

36 世界の国のプロフィール:タンザニア<NIJ>



≪New Internationalist Japan No.104 目次≫
(本文は日本語です)

2 イントロダクション ─ 税金とロマン

3 世界にはびこる不公平な税制の現実(NI p4-8の翻訳)
ここ何年か世界では、税金に関するある統一的な見解が支配的になっている。しかしそれは、税金の機能である国家の税収や富の再分配に悪影響をもたらしてきた。世界を覆うこのトレンドを探る。

14 不公平な税 ─ その事実(NI p12-13の翻訳)
世界のタックス・ヘイブン一覧と、不公平な税制を示す各種データを掲載。

21 税金の歴史(NI p16-17の翻訳)
今日英語で税という意味で使われるtaxの語源やその関連語の由来から、バイキングの徴税行為、所得税の始まり、近代国家の経済主義による税制への影響まで、税の歴史を概観する。

32 セレブの「節税」術(NI p5, 7, 11の翻訳)
U2のボノ、メディア王のルパート・マードック、金融スキャンダルに揺れるリヒテンシュタインの公爵の身辺を洗う。

35 環境税の限界(NI p18-19の翻訳)
今注目を浴びている環境税には、エネルギー使用量や炭素排出量など、課税する対象や政策目的によっていくつか種類がある。デンマーク、スウェーデン、オランダ、カナダのブリティッシュコロンビア州などで実施され成果を上げている環境税だが、グローバル化が進んだ今日では、同様の税制を他の先進国や開発途上国にも実施させることは可能なのだろうか。

41 もっと知るためのネタ帳

42 世界の国のプロフィール:タンザニア

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.