New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.417 (発売日2008年12月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.417 (発売日2008年12月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.417 (発売日2008年12月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●

2008年に入りますます混迷を深めるアフガニスタン。7年前の米国の侵攻以来最も深刻な状況にあると言ってよいだろう。国際社会は、これまで100億ドル以上の資金と多数の軍人、民間人を海外から...

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.417 (発売日2008年12月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●

2008年に入りますます混迷を深めるアフガニスタン。7年前の米国の侵攻以来最も深刻な状況にあると言ってよいだろう。国際社会は、これまで100億ドル以上の資金と多数の軍人、民間人を海外から...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版のレビューを投稿する
2008年12月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,019円
送料無料
2024年06月10日発売号から購読開始号が選べます。
主要メディアとは異なる独自の視点で国際情勢を報道・分析するイギリスの月刊誌

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.417 (発売日2008年12月10日) の目次

●今号の内容●

2008年に入りますます混迷を深めるアフガニスタン。7年前の米国の侵攻以来最も深刻な状況にあると言ってよいだろう。国際社会は、これまで100億ドル以上の資金と多数の軍人、民間人を海外から投入し、「テロとの戦い」と復興に取り組んできた。しかしその努力は暗礁に乗り上げ、現在窮地に陥っている。7年前に追放したはずのタリバンが復活し、人々の(積極的とは言えないものも含め)支持を集めるようになり、アフガニスタン政府と国際部隊への期待と信頼は失われてきている。そんなアフガニスタンの様子を毎日のように伝えるメディアは、アフガニスタン政府、米国、隣国のパキスタン、そしてタリバンなどの反政府勢力の動きばかりを追いかけてニュースとして流している。この国の本来の主人公である一般のアフガニスタン人は、悲惨な事件や戦闘の名も無き被害者としてわずかに触れられる程度である。しかし、来年の大統領選挙だけでなく、現在の「テロとの戦い」や復興支援にも民衆の協力が不可欠なことを考えれば、国際社会が彼らの声に耳を傾ける必要があることは明らかだ。今月のNIでは、主要メディアが伝えないアフガニスタン人の本音と日常を、アフガニスタン人のジャーナリストや専門家が報告する。

*英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳を中心に掲載した「NIジャパン」をセットでお届けしています。


「アフガニスタンからの証言 ─ 出口の見えない戦争」
Through Afghan eyes - The war that won’t end

◆ NI & NIジャパン 2008年11月号 ◆

≪New Internationalist No.417 目次≫
(本文は英語です)

*<NIJ>の表示がある記事は、NIジャパンに翻訳が掲載されています。

2 読者の声

4 瀬戸際のアフガニスタン<NIJ>
アフガニスタンについてさも知っているかのように振る舞ってきた欧米諸国。世界の他の場所でも犯してきた同じ過ちを彼らは繰り返し、この国の状況はどんどん悪化している。アフガニスタンの現状と、アフガニスタン人の声を聞く必要性について考える。

6 国際部隊の過ち<NIJ>
現在アフガニスタンでは、外国の軍隊が治安維持に務め、「テロとの戦い」の主役として戦っている。そして、軍閥が経営する民間警備会社(PSC)の重武装したスタッフが、国際部隊の駐留地などを警備する。一方でアフガニスタンの軍と警察は、貧弱な装備・訓練・権限と、脇役という役割しか与えられていない。アフガニスタンの混乱に拍車をかけているこの現在の「国際部隊─軍閥のPSC─アフガニスタン国軍・国家警察」の関係と役割について分析する。

8 アフガニスタンの歴史<NIJ>
2500年も前から何度も外国の勢力にほんろうされてきたこの国の歴史を振り返る。

11 ブルカを乗り越えて
女性の人権侵害とイスラム原理主義の象徴としてよくやり玉に挙がるブルカ。しかし、タリバン政権が消えた後も、伝統という根強い観念の縛りによりブルカを脱がない女性たちもいた。だが、西洋の価値観や物の流入とともに、セックスからデート、政治やビジネスまで、女性の意識と彼女たちを取り巻く状況に変化が現れ始めている。

14 アフガニスタン ─ その事実<NIJ>
この国に犠牲を強いている戦争の影響から援助の実態まで、データで見てみよう。

16 司法の堕落
軍閥の親玉から政府の高官まで、力を持つ犯罪者が処罰されない社会。そのような慣習と法律がこの国をむしばんでいる。そしてまたこの社会では、男という力を乱用し、厳しい抑圧や暴力によって女性の権利を踏みにじる加害者が、涼しい顔で処罰されることもなく生活している。

17 正義を求める劇
司法の手から逃れた犯罪者とその犠牲者が多数存在するアフガニスタンで上映されている画期的な劇『AH5787』について。

18 人々の心の叫び<NIJ>
国際部隊の兵士と民間人から構成される地方復興チーム(PRT)。これは、学校や病院の建設などの復興支援によって人々の心をつかみ、テロとの戦いを有利にしようと進められているものだが、アフガニスタン人の支持を得ていないことは明らかである。PRTに関するアフガニスタン人の本音を探る。

20 援助資金はどこへ消えたのか?<オンラインリポートに掲載>
2001年以来、国際社会は100億ドル以上の援助をこの国に投入してきた。しかし民衆にしてみれば、その効果はほとんど実感できず、人々の援助に対する期待は薄れ、あきらめの心境と政府や一部エリートへの猜疑心が民衆の心を支配している。支援国側の都合で投入される援助の現実とは、いかなるものなのだろうか。

21 アヘンで貯蓄
麻薬取引がアフガニスタンの治安悪化の要因ともなっているが、アヘンの原料となるケシは相変わらず換金作物として人気が高く、政府や米軍のケシ栽培根絶作戦にもかかわらず栽培は続く。そのアヘンを商魂たくましく利用する女性の話を紹介する。

21 アクション
NGOとキャンペーン・グループ、書籍、ウェブサイトの情報。

----------------------------------------------------------------------------------------
【Special Feature】
22 未来に向かってこぐペダル
将来のことを考えれば、自動車は自転車の敵ではない。人気が高まる自転車について、自転車タクシーから竹製自転車まで、世界の自転車事情を報告する。

----------------------------------------------------------------------------------------

26 世界のニュース
ロマ人難民キャンプの鉛汚染(人権)/武力闘争へ向かうナイジェリアデルタの民衆(石油)/フェアトレードの成功例(バヌアツ)/パレスチナからの応援コール(米大統領選)/男性より女性の国会議員が多い国(ルワンダ)/ほか

28 オンリー・プラネット(4コマ漫画)

29 ワールドビーターズ
1987年から2006年まで米国の連邦準備制度理事会(FRB)の議長を務めたアラン・グリーンスパン。現在の資本主義崩壊劇の責任を追及するにはぴったりの人物である。

30 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

32 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
ブッシュ大統領とのつらい別れ。

33 ハバナで考える
キューバ社会の日常、さらには文化とも言える「行列」について考える。

34 エッセー:金融危機の読み方
フィリピン大学のウォルデン・ベロ教授が答える、現在の金融危機の裏側と今後。

36 世界の国のプロフィール:セントクリストファー・ネイヴィース<NIJ>



≪New Internationalist Japan No.105 目次≫
(本文は日本語です)

2 イントロダクション ─ アフガニスタン人のためのチェンジ

3 瀬戸際のアフガニスタン(NI p4-5の翻訳)
アフガニスタンについてさも知っているかのように振る舞ってきた欧米諸国。世界の他の場所でも犯してきた同じ過ちを彼らは繰り返し、この国の状況はどんどん悪化している。アフガニスタンの現状と、アフガニスタン人の声を聞く必要性について考える。

8 国際部隊の過ち(NI p6-7の翻訳)
現在アフガニスタンでは、外国の軍隊が治安を維持し、「テロとの戦い」の主役として戦っている。そして、軍閥が経営する民間警備会社(PSC)の重武装したスタッフが、国際部隊の駐留地などを警備する。一方でアフガニスタンの軍と警察は、貧弱な装備・訓練・権限と、脇役という役割しか与えられていない。しかし現在の「国際部隊─軍閥のPSC─アフガニスタン国軍・国家警察」の関係と役割が、アフガニスタンの混乱に拍車をかけているのである。

14 アフガニスタン ─ その事実(NI p14-15の翻訳)
この国に犠牲を強いている戦争の影響から援助の実態まで、データで見てみよう。

22 人々の心の叫び(NI p18-19の翻訳)
国際部隊の兵士と民間人から構成される地方復興チーム(PRT)。これは、学校や病院の建設などの復興支援によって人々の心をつかみ、テロとの戦いを有利にしようと進められているものだが、アフガニスタン人の支持を得ていないことは明らかである。PRTとに関するアフガニスタン人の本音を聞いてみる。

30 アフガニスタンの歴史(NI p8-10の翻訳)
2500年も前から何度も外国の勢力にほんろうされてきたこの国の歴史を振り返る。

41 もっと知るためのネタ帳

42 世界の国のプロフィール:セントクリストファー・ネイヴィース(NI p36の翻訳)

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.