New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.418 (発売日2009年01月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.418 (発売日2009年01月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.418 (発売日2009年01月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●

世界金融危機の陰に隠れ、食料価格高騰のニュースが取り上げられることも少なくなった。飢えかけている人々の運命よりも、企業救済の行方や投資銀行家たちの身の振り方に関するニュースの方が...

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.418 (発売日2009年01月10日)

有限会社インティリンクス
●今号の内容●

世界金融危機の陰に隠れ、食料価格高騰のニュースが取り上げられることも少なくなった。飢えかけている人々の運命よりも、企業救済の行方や投資銀行家たちの身の振り方に関するニュースの方が...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版のレビューを投稿する
2009年01月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,019円
送料無料
2024年06月10日発売号から購読開始号が選べます。
主要メディアとは異なる独自の視点で国際情勢を報道・分析するイギリスの月刊誌

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.418 (発売日2009年01月10日) の目次

●今号の内容●

世界金融危機の陰に隠れ、食料価格高騰のニュースが取り上げられることも少なくなった。飢えかけている人々の運命よりも、企業救済の行方や投資銀行家たちの身の振り方に関するニュースの方がより多く伝えられている。この全く違うように思える2つの問題には、実は共通する点がある。それは、どちらも立場の弱い人々のことを顧みず、無責任な利益の追求が行われてきたということだ。

今月のNIでは、南の途上国の農業に壊滅的な打撃を与え、世界の人々の自給力を破壊している食料価格高騰という嵐について検討し、解決策を探る。ただし、この嵐だけに注目していては、全体的な気象状況の本質を見誤ってしまう恐れがあることを忘れてはならない。つまりこの食料危機は、食料輸入と農薬使用を基本とする工業化した食料供給システムと深い関係があり、世界がこのシステムに依存するように仕向ける長期的な試みの中に位置しているのだ。果たしてそのトレンドは、誰がどのように仕掛けているのだろうか。


*英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳を中心に掲載した「NIジャパン」をセットでお届けしています。


「世界食料危機─飢餓の構造と解決策」
Food Crisis: Record profit and hungry people


◆ NI & NIジャパン 2008年12月号 ◆

≪New Internationalist No.418 目次≫
(本文は英語です)

*<NIJ>の表示がある記事は、NIジャパンに翻訳が掲載されています。

2 読者の声

4 食料危機を取り巻く事情<NIJ>
食料危機から始まり、エネルギー価格高騰を経て、金融危機で暮れた2008年。その食料価格高騰の激震は、世界の特に貧困層の生活と生命を直撃した。毎日食べていくだけでも大変な人々にとって、主食であるコメ、小麦、トウモロコシなどの市場価格のわずかな値上がりは、1食抜きという結末を即座にもたらす。そして食料高騰が続く中、政府が支援策を持たず社会が手を差し伸べられない国々では、人々は栄養状況の悪化と健康被害だけでなく、飢餓にも直面している。食料危機の現実と、そこに至った要因について報告する。

7 飢餓で稼ぐ連中<NIJ>
今年の食料価格高騰によって、新たに5,000万人が飢餓状態に引きずり込まれようとしている。この食料価格の高騰は、突然降ってわいた天災ではない。それは、過去数十年にわたる、緑の革命という農業の変化、世界銀行やIMFが押しつけてきた構造調整プログラムによる途上国の国内市場と産業の変化、そしてアグリビジネスの台頭が組み合わさり、その影響が蓄積して起きた人災である。この人災により、特にアグリビジネスは巨額の利益を得ているが、さらに新たなビジネスの方向に触手を伸ばしている。そこにはどんな現実があるのか。また、これ以上の人災を防ぐための方法はあるのだろうか。

10 民衆の手に食料を
食料価格の高騰に抗議する民衆が世界中で抗議活動を活発化させている。アグリビジネスの利害と結びついた政府が集うAPECが行われたペルーでも、人々がストリートに繰り出し、ペルーの資源を食い物にする企業と政府に向けて声を上げた。

12 アグリビジネスの言い分
化学物質にまみれた工業化された農業、大規模営農や国際分業の優位性など、アグリビジネスは自らの活動にどのような理由づけを行っているのだろうか。

14 肉食のコスト
肉食は、もはや生命倫理や思想信条の問題だけでは語れない時代になった。今日食肉産業は、地球温暖化ガスの排出源として無視できない産業に成長したのである。

16 食料危機 ─ その事実<NIJ>
食料価格高騰の仕組みと、誰がどのくらいの利益をそこから得て、飢えた人々がどんな危機に直面しているのかをデータで読み解く。

18 ピーク・ソイル
農作物を作るには土地が必要である。しかもその土壌は、作物の栽培に適した土地でなければならないが、それを支える豊かな表土の侵食や流出が止まらない。そしてまた、地球の人口は増加し、1人を食べさせるために利用できる農地の面積は減少の一途をたどっている。これまで人類は、機械化、「緑の革命」、遺伝子組み換え(GM)作物への依存などで食料供給の問題を乗り切ろうと試みてきたが、長期的に見ればそこには大きな問題があり、緑の革命やGM作物による問題も、今ではよく耳にするようになった。果たして人類は、どのような方法でこのピーク・ソイル問題を乗り切ることができるのだろうか。

20 私が牧場をやめたわけ
畜産業を20年間営んできたカナダの夫婦が廃業を決意した。小規模農場の苦悩と、アグリビジネス企業の台頭、BSE(牛海綿状脳症)の影響など、牧場主がその思いを率直に語る。

21 フュージョンという考え方<NIJ>
食料をめぐるさまざまな問題を今後解決していくためには、いくつものやり方がせめぎ合ったり対立を生んだりするのではなく、その間をうまく調整して協調させて役立てるフュージョン(融合)という考え方が重要になってくる。対立を乗り越え、新たな方向性を模索するフュージョンとは何か、具体的な例を挙げながら考えてみよう。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
【Special Feature】
23 金融危機への軌跡
オイルマネー、ブレトンウッズ体制、構造調整プログラムと債務返済、途上国の債務危機、石油高騰……。現在の金融危機に至る過程で関係するさまざまな歴史上の要因を振り返ってみる。

25 ゼロからのスタート ─ より公正な経済を目指して
現在の金融危機を乗り越えるため、貿易、多極化する世界、軍事予算、開発援助、環境対策、金融、グローバル化、平等の各視点から、専門家の分析とアドバイスを聞いた。

30 歴史的な変革のチャンス
旧来の政治経済システムと決別し、新しい時代を築いていくためには何が必要なのか。フォーカス・ オン・ ザ・グローバル・サウスとトランスナショナル・インスティテュート(TNI)が中心となり、市民社会の声をまとめた「北京宣言」を紹介する。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

32 南の国からの一コマ
バティスタ政権下では発表できなかった、キューバ独立の英雄ホセ・マルティの彫刻の写真。

33 社会を揺さぶる人々
単なるゲームに終わらない「テロとの戦いゲーム」。2003年のイラク侵攻からヒントを得て作られたこの過激なゲームは、テロをタブー視することなくその原因と背景、そこにある政治をきちんと考えるきっかけとなるものだ。制作者のアンディー・トンプキンスとアンディー・シャーリンに、開発のきっかけや販売での苦労話などを聞いた。

34 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

36 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
女性の美と男性支配について。


≪New Internationalist Japan No.106 目次≫
(本文は日本語です)

2 イントロダクション ─「がんばれ」と言う前に

3 食料危機を取り巻く事情(NI p4-6の翻訳)
食料危機から始まり、エネルギー価格高騰を経て、金融危機で暮れた2008年。その食料価格高騰の激震は、世界の特に貧困層の生活と生命を直撃した。毎日食べていくだけでも大変な人々にとって、主食であるコメ、小麦、トウモロコシなどの市場価格のわずかな値上がりは、1食抜きという結末を即座にもたらす。そして食料高騰が続く中、政府が支援策を持たず社会が手を差し伸べられない国々では、人々は栄養状況の悪化と健康被害だけでなく、飢餓にも直面している。食料危機の現実と、そこに至った要因について報告する。

7 安全、安心、持続可能な食料供給への指針(NI p5-6の翻訳)
オルタナティブな食の未来をつくるためのガイドライン。

10 飢餓で稼ぐ連中(NI p7-9の翻訳)
今年の食料価格高騰によって、新たに5,000万人が飢餓状態に引きずり込まれようとしている。この食料価格の高騰は、突然降ってわいた天災ではない。それは、過去数十年にわたる、緑の革命という農業の変化、世界銀行やIMFが押しつけてきた構造調整プログラムによる途上国の国内市場と産業の変化、そしてアグリビジネスの台頭が組み合わさり、その影響が蓄積して起きた人災である。この人災により、特にアグリビジネスは巨額な利益を得ているが、さらに新たなビジネスの方向に触手を伸ばしている。そこにはどんな現実があるのか。また、これ以上の人災を防ぐための方法はあるのだろうか。

20 食料危機 ─ その事実(NI p16-17の翻訳)
食料価格高騰の仕組みと、誰がどのくらいの利益をそこから得て、飢えた人々がどんな危機に直面しているのかをデータで読み解く。

27 フュージョンという考え方(NI p21-22の翻訳)
食料をめぐるさまざまな問題を今後解決していくためには、いくつものやり方がせめぎ合ったり対立を生んだりするのではなく、その間をうまく調整して協調させて役立てるフュージョン(融合)という考え方が重要になってくる。対立を乗り越え、新たな方向性を模索するフュージョンとは何か、具体的な例を挙げながら考えてみよう。

【日本発のリポート】

33 食糧主権 ─ 日本と世界の食を救う道 真嶋良孝(農民運動全国連合会)
BSEの牛肉から汚染米、使用禁止農薬が検出された野菜から産地偽装まで、これらは単なる食品の安全管理の問題ではない。それは、食糧と貿易に関する日本の政策と世界の貿易構造の問題である。農業の本質を忘れた政策と構造は、日本の食と農をむしばんでおり、さまざまな点で私たちの食物の未来には暗雲が立ちこめている。ここでは、その現状を振り返り、その対処法として注目されている食糧主権について考えてみる。

44 もっと知るためのネタ帳
食料危機に関して幅広く知る、そして何かするための活動団体、参考ウェブサイト、映画祭、書籍の情報。

46 ブックレビュー::『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』 (鈴木猛夫 著)

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.