New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.442 (発売日2011年06月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.442 (発売日2011年06月10日) 表紙
  • 雑誌:New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版
  • 出版社:有限会社インティリンクス
  • 発行間隔:隔月刊
  • 発売日:偶数月10日
  • サイズ:A4
  • 参考価格:2,037円

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.442 (発売日2011年06月10日)

有限会社インティリンクス
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版で...

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.442 (発売日2011年06月10日)

有限会社インティリンクス
※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版で...

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版のレビューを投稿する
2011年06月10日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
この号なら
1,019円
送料無料
2024年06月10日発売号から購読開始号が選べます。
主要メディアとは異なる独自の視点で国際情勢を報道・分析するイギリスの月刊誌

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版 No.442 (発売日2011年06月10日) の目次

※英語版「New Internationalist」と、NIから厳選した記事の翻訳・要約を中心に日本の情報も掲載した「NI日本版」をセットでお届けしています。
※ 忙しい時には日本版でさっと目を通し、気になる記事は英語版でじっくり読む。忙しい方のスタイルに合わせた情報収集が可能です。

■■ニュー・インターナショナリスト英語版&日本版 2011年5月号■■

温暖化なんてウソだと言うあなたへ
Climate change denial - Busting the myths

●今号の内容●

人為的要因による地球温暖化と気候変動が自然と人間を脅かしていることは定説となっており、多くの科学的なデータがそれを証明している。しかし一方で、そんなデータや現実を真っ向から否定する意見も耳にする。もしもそんな主張を繰り広げる人々に出会ったとき、それにどう反論し、彼らにはなんと言って説明したらよいのだろうか? 今月は、否定論者がよく繰り広げる主張に対し、データと図表も使いながら、彼らにも分かりやすい解説を掲載した。そしてまた、否定する人々の心理と事情についても説明する。

●今号の目次●

≪New Internationalist英語版 No.442≫
(本文は英語です)
*<>の表示がある記事は、日本版に翻訳もしくは要約記事が掲載されています。

4 読者の声

6 今月のニュースのタネ
・サイを救えサミット(5月4日):がん「治療」のため密猟で残虐に殺されるサイの現実。南アフリカからの報告。<要約>
・メーデー(5月1日):倒産して解雇された工場労働者たちが自ら工場を運営し、再生を図る取り組みが広がっている。
・世界報道自由デー(5月3日):報道の自由への遠い道のり。
・世界経済フォーラム・アフリカ会議(5月4~6日):農業ヘの取り組みが足りないと批判される世界経済フォーラムと、途上国の零細農民について。
・ガザ自由船団2の出航(5月31日):ガザの不法な海上封鎖解除に取り組まない各国政府に代わり、各国市民が中心となってガザを支援する船団が今年も出航する。
・反原発議論が高まるフクシマ後の日本:反原発に取り組んできた日本の市民団体は、以前から日本の電力会社の隠ぺい体質を指摘し、今回のような事故の可能性を警告してきた。
・「もう絶対に汚物掃除はしない!」:掃除人のカーストで、手作業による汚物清掃を代々強いられてきたインドのバルミキの人々が立ち上がった。
・25年前のこの月に、NIは何を伝えたか……

-----------------------------------------------------------
特集:気候変動否定論者

12 否定論者からのよくある質問<翻訳>
気候変動(そして地球温暖化)否定論者は何を信じ、何を考え、何を疑っているのだろうか。彼らは例えば、その現実は本当なのか、それは人為的原因によるものなのか、その影響は実は大したことはないのではないか、等と問いかける。ここでは、彼らの問いかけと主張に対して、一つ一つ分りやすく解説し、反論する。

20 気候変動 ― その事実<翻訳>
史上最も暑い1年、自然災害発生件数、北極の海氷面積の減少、世界各国の現在の排出量とこれまでの累積排出量、そしてその責任についてデータで見る。

21 気候変動否定論者の心理と事情<翻訳>
否定論者はなぜ否定するのか? その5つの理由。
-----------------------------------------------------------

22 期待されるシェールガスの真実
新たな天然ガスとして期待が高いシェールガス。水平坑井や水圧破砕採掘法でけつ岩(シェール)層を砕いてその中のガスを放出させて採掘を行う。原油価格高騰だけでなく、この新技術でコストが下がったこともあり、シェールガスにビジネスの期待が集まる。しかしその掘削方法ゆえ、深刻な地下水汚染、微震誘発、当初考えられていたよりも高い二酸化炭素排出量などが大きな問題となっている。

24 エジプトのデジタル革命とこの国のゆくえ
デジタル技術で世界に出来事を伝える新しい世代の市民記者、ジジ・イブラヒムがエジプトの市民革命について報告する。

25 町中での収穫を楽しもう
英国では果樹を植える自治体が増えている。果樹は放置しておけば町を汚してしまうだけだが、市民グループなどが収穫して利用すれば果物の自給率アップにもつながるのだ。

25 より美しい社会を目指して<要約>
町中を毛糸で落書きするニット・グラフィティ・アーティストが、「地球を温かみのある場所にする」活動を世界各地で展開。

26 パレスチナ分離壁を歩く
イスラエルがパレスチナを封じ込めるために建設している分離壁。マーク・トーマスがその全長750キロの壁に沿って歩いた記録を近著Extreme ramblingから抜粋。

29 米国で考える
Foreign Policy In Focusの上級アナリスト、マーク・エングラーが、世界の現象と問題を分析する。今月は、所得格差が広がる一方で、労働組合の弱体化が進む米国社会の階級闘争について。

30 世界の国のプロフィール:インド

32 激論! タリバンとの対話はアフガニスタン女性への裏切り行為なのか?
アフガニスタンからの米軍撤退が開始されるまであとわずかとなったが、タリバンとの交渉は暗礁に乗り上げたままである。タリバンが米軍撤退とともにその勢力を拡大するのは必死だが、それは女性たちにどんな将来をもたらすのだろうか。どちらも平和と正義のために活動する2人の活動家と開発ワーカーが、腐敗したアフガニスタンの現状とタリバンがもたらすインパクトについて火花を散らす。

35 パズルページ
クロスワード、数独、ワードサーチ。

36 風刺漫画コーナー
ビッグ・バッド・ワールド、オンリー・プラネットに加え、政治マンガ家とコミック・ジャーナリストの国際ネットワークCartoon Movementからの作品を掲載。

37 カイロからの手紙
カイロの解放広場前に集まって抗議活動を続ける人々の熱狂と高揚感。しかしそこにも、時間が経つにつれて変化が見られるようになった。

38 インタビュー:モニカ・アリ
デビュー作Brick Laneで3つの賞を受賞し、2つの賞では受賞候補に上ったモニカ・アリ。このインタビューでは、国際女性デー創設から100年経っても一向に向上しない女性の地位に憤り、多忙を極め興味のある多くのことが手つかずであると嘆く。また、ダイアナ妃をモデルとした新作についても語った。


≪ニュー・インターナショナリスト日本版130号≫
(本文は日本語です)

1 否定論者からのよくある質問(NI p12-19の翻訳)
気候変動(そして地球温暖化)否定論者は何を信じ、何を考え、何を疑っているのだろうか。彼らは例えば、その現実は本当なのか、それは人為的原因によるものなのか、その影響は実は大したことはないのではないか、等と問いかける。ここでは、彼らの問いかけと主張に対して、一つ一つ分りやすく反論して解説する。

10 気候変動 ― その事実(NI p20の翻訳)
史上最も暑い1年、自然災害発生件数、北極の海氷面積の減少、世界各国の現在の排出量とこれまでの累積排出量、そしてその責任についてデータで見る。

11 ビッグ・バッド・ワールド(NI p36からの翻訳)
Moral High Groundからの眺め。

12 気候変動否定論者の心理と事情(NI p21の翻訳)
否定論者はなぜ否定するのか? その5つの理由。

13 日本での動き
●温暖化を否定する書籍から考えたデータを扱う時の落とし穴
地球温暖化を議論する場合、科学的データによる論証は避けられない。しかしそのデータへの理解不足、持論補強のためだけの歪曲した解釈は、有効な議論の障害になるだけでなく、地球温暖化の正しい理解をも妨げてしまう。

14 ニュース&オルタナティブ
・より美しい社会を目指して(NI p25からの要約)
町中を毛糸で落書きするニット・グラフィティ・アーティストが、「地球を温かみのある場所にする」活動を世界各地で展開。
・サイを救えサミット(5月4日)(NI p6からの要約)
がん「治療」のため密猟で残虐に殺されるサイの現実。南アフリカからの報告。
・ガザ自由船団2の出航(5月31日)(NI p9からの要約)
ガザの不法な海上封鎖解除に取り組まない各国政府に代わり、各国市民が中心となってガザを支援する船団が今年も出航する。
・「もう絶対に汚物掃除はしない!」(NI p11からの要約)
掃除人のカーストで、手作業による汚物清掃を代々強いられてきたインドのバルミキの人々が立ち上がった。

16 編集後記、次号のお知らせ、ほか

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の内容

見過ごせないローカルな事象からグローバルな動きまで、地球の明日に影響する出来事を独自の切り口で報道
1973年にイギリスで創刊された国際情報誌です。政治、社会、環境、人権など幅 広いテーマで世界の現実、草の根レベルの人々の声、解決に向けた動きを発信し ます。単に問題や課題だけでなく、より良い社会に向けて世界で、あるいは地域 で行われている取り組みや活動も紹介し、主流メディアの一歩先をいくオルタナ ティブを模索、提案しています。日本も含めた世界の将来が気になるという一般 の方から、最新の世界の動きや取り組みを知っておきたいという会社員、研究者、 教員、学生、NGO/NPO、ジャーナリストの方まで、幅広い方々にご活用いただいて います。

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の目次配信サービス

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

New Internationalist(ニューインターナショナリスト)英語版の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.