送料無料!毎号お手元にお届け!

定期購読の特典

定期購読のお申込み・予約

STEP1 雑誌の形式を選択

今すぐ使える500円割引
初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
月刊養豚情報のレビューを投稿する

月刊養豚情報の内容

農場から食卓までの信頼を目指して
月刊養豚情報は、養豚生産における生産コストの低減、生産効率の向上とともに、衛生管理や安全性・品質向上実現に役立つ国内外の最新情報を発信し続けています。さらに養豚経営において悩みの種である環境対策に関する解説記事や食品リサイクル関連の情報を随時掲載し、養豚経営が地域における資源循環システム、環境保全型農業の推進役ともなれるよう様々な角度から取材を続けています。もちろん生産段階のみならず、豚肉の流通・販売分野の現状や今後のあり方などについての情報も満載。オールカラーのグラビアページでは全国の「ブランドポーク」を詳細に紹介しています。とりわけ、消費者の関心がますます高まっている「安全性」の確保については、その最も効果的な管理手法であるHACCPシステムを中心に、農場生産段階から流通・販売段階に至る安全性確保のための具体的でわかりやすい技術情報の提供に努め、「農場から食卓まで」の安全・安心の実現により、さらに消費者に信頼される国産豚肉の生産・流通体制の確立を願っています。

月刊養豚情報の商品情報

商品名
月刊養豚情報
出版社
鶏卵肉情報センター
発行間隔
月刊
発売日
毎月1日
サイズ
B5判
参考価格
[紙版]1,650円 [デジタル版]1,237円

月刊養豚情報 2024年02月01日発売号 の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版

特集 国内養豚生産の現状と課題

国産豚肉の生産を続ける必要性ある? ない?
―日本養豚の現状とこれからも国産豚肉を生産するために―
◎一般社団法人 日本養豚協会(JPPA) 参与・小礒 孝

低価格志向反映し国産はカタ、モモ、切り落としが増加
販促強化、消費者の低価格志向などで国産豚肉の小売増加
―2023年度下半期食肉販売動向調査結果―


特別グラビア
伊藤忠飼料の国産穀物給与豚「みちのくの心意気」がグッドライフアワード特別賞受賞
食料自給率向上、休耕田問題解消、地域循環創出、食育への貢献など評価される


インタビュー
養豚生産事業を承継しグループ会社設立
農家に利益ある体制で農業の継続を
◎㈱石川屋 代表取締役・石川大介氏に聞く


トピックス
農業景況DIはマイナス値が継続、生産コスト高で今後も厳しい見通し
―農業景況調査(2023年7月調査)―◎日本政策金融公庫農林水産事業 調査レポートより

農水省が令和4年農業総産出額公表
豚は6,713億円(対前年比5.6%増)

豚マルキンに所要額168億400万円
令和6年度農林水産関係予算案決定


情報アラカルト
世界の養豚関連ニュース
◎㈱エコアニマルヘルスジャパン 特別技術顧問・石垣 克至


ニュース&新製品
・遺伝的能力評価、種豚ランキング、銘柄豚認定など継続実施/国産純粋種豚改良協議会が令和5年度総会を開催
・中央畜産会が「新年賀詞交換会」/安定かつ持続可能な畜産経営と安全な畜産物の安全供給を
・全国の優良畜産経営8事例を発表/三重・河井ファーム肉よしが優秀賞受賞
・日本飼料用米振興協会が意見交換会/専用品種導入、多収のポイントなど
・「令和6年能登半島地震」農林水産関係の被害・対応状況/農水省、支援策取りまとめる
・「全国優良経営体表彰」発表/農林水産大臣賞に㈲さつま農場、㈲NOUDA
・全農、1~3月期飼料価格2,800円上げ/海上運賃上昇、円安で原料価格は高値推移
・「農林水産品・食品物流問題相談窓口」設置/農林水産業者の物流確保に向けた取り組みを後押し
・脱炭素社会に向け、ENEOSとEco-Porkがサステナブルな養豚業の実現に向けた共同検討を開始
・排出されるマヨネーズと養豚農家で出る家畜排泄物などでバイオガス発電/令和5年度リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞を受賞
・「HACCPにおける食品・環境検査とその信頼確保」テーマに迅速検査研究会 第49回講演会3月開催



連載
養豚現場の伝染病侵入防止対策
◎横関 正直

栄養と衛生のコラムPIG UP PICK UP
◎東京サラヤ㈱・村松 寿代

井上太郎の五里霧中
◎井上 太郎



巻頭言
豚の統計
編集後記


特別グラビア 伊藤忠飼料の国産穀物給与豚「みちのくの心意気」がグッドライフアワード特別賞受賞 食料自給率向上、休耕田問題解消、地域循環創出、食育への貢献など評価される
巻頭言
特集 国産豚肉の生産を続ける必要性ある? ない?―日本養豚の現状とこれからも国産豚肉を生産するために―◎一般社団法人 日本養豚協会(JPPA) 参与・小礒 孝
特集 低価格志向反映し国産はカタ、モモ、切り落としが増加 販促強化、消費者の低価格志向などで国産豚肉の小売増加―2023年度下半期食肉販売動向調査結果―
インタビュー 養豚生産事業を承継しグループ会社設立 農家に利益ある体制で農業の継続を◎㈱石川屋 代表取締役・石川大介氏に聞く
トピックス 農業景況DIはマイナス値が継続、生産コスト高で今後も厳しい見通し―農業景況調査(2023年7月調査)―◎日本政策金融公庫農林水産事業 調査レポートより
トピックス 農水省が令和4年農業総産出額公表 豚は6,713億円(対前年比5.6%増)
連載 養豚現場の伝染病侵入防止対策
情報アラカルト 世界の養豚関連ニュース◎㈱エコアニマルヘルスジャパン 特別技術顧問・石垣 克至
トピックス 豚マルキンに所要額168億400万円 令和6年度農林水産関係予算案決定
ニュース
連載 栄養と衛生のコラムPIG UP PICK UP
連載 井上太郎の五里霧中
豚の統計
広告索引・編集後記

月刊養豚情報 2024年02月01日発売号掲載の次号予告

国産豚肉の肉質向上(仮)
「特別グラビア」ほか、最新情報にご期待ください。

月刊養豚情報の目次配信サービス

月刊養豚情報最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

月刊養豚情報のレビュー

  • 総合評価: ★★★★★ 5.00
  • 全てのレビュー: 1件
業界他誌に比べ
★★★★★2014年08月29日 はくとしろ 自営業
編集部の取材努力が誌面に多く見られる。特集企画も広範囲で業界のリーダー誌の資格あり。

月刊養豚情報の所属カテゴリ一覧

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.