※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:ファインケミカル
  • 出版社:シーエムシー出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月15日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:8,250円
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:ファインケミカル
  • 出版社:シーエムシー出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月15日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:8,250円
  • 雑誌
  • 17%OFF

ファインケミカル

ファインケミカル分野で国内唯一の専門情報誌!
  • 雑誌
  • 17%OFF

ファインケミカル

ファインケミカル分野で国内唯一の専門情報誌!

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初めてのご購入で500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、500円割引(5000円以上のご注文にご利用可)となります。 ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に表示されます。
レビュー投稿で500円割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、すぐにメールで500円割引ギフト券(5000円以上のご注文にご利用可)と、10%割引ギフト券(5000円以下の定期購読にご利用可)が届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
ファインケミカルのレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

ファインケミカル 雑誌の内容

  • 出版社:シーエムシー出版
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月15日
  • サイズ:B5判
  • 参考価格:8,250円
調査・資料・報道・抄録ファイン化をめざす化学業界人の必携書
本誌は、ファインケミカル分野で国内唯一の専門情報誌です。シーエムシー出版の豊富な蓄積と情報網をもとに、ファイン関連の動向を深く、広範囲に、正確に捉え、「仕事に直結する」最新情報を提供しています。

ファインケミカルの無料サンプル

2010年11月号 (2010年10月15日発売)
2010年11月号 (2010年10月15日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ファインケミカル 2021年11月号 (発売日2021年11月15日) の目次

著者一覧
舩木 敬 (国研)産業技術総合研究所
大平昭博 (国研)産業技術総合研究所
佐藤 縁 (国研)産業技術総合研究所
松井敏明 京都大学
室山広樹 京都大学
江口浩一 京都大学
石飛宏和 群馬大学
矢地謙太郎 大阪大学
田部 豊 北海道大学
関根 忍 トヨタ自動車(株)
川合博之 トヨタ自動車(株)
藤川一洋 住友電気工業(株)
矢野敬二 住友電気工業(株)
福元翔平 住友電気工業(株)
守口正生 住友電気工業(株)
柴田俊和 住友電気工業(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】レドックスフロー電池の最新動向

-------------------------------------------------------------------------

分子集積型ビオローゲンを活物質に用いた有機レドックスフロー電池 
Organic Redox-Flow Battery with Multielectron-Transfer-Type Viologen Molecular Assembly

 本稿では,レドックスフロー電池の新たな活物質として研究開発が進められている有機系活物質について簡単に触れ,筆者らが最近合成した分子集積型ビオローゲンを紹介する。ビオローゲンユニットを規則的に配列して集積型分子を構築することで,水溶性が向上するなど高エネルギー密度化の可能性を示すことができた。

【目次】
1.はじめに
2.レドックスフロー電池の構成と動作原理
3.有機系活物質
4.分子集積型ビオローゲンの性質と電池特性
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリオキソメタレートを酸素還元反応媒体とするPtフリー燃料電池の開発     
Development of Polymer Electrolyte Fuel Cells using Polyoxometalates as Redox Mediators for Oxygen Reduction Reactions
 
 固体子分子形燃料電池は,家庭用燃料電池コージェネレーションシステムや移動体用動力源として実用化されているが,依然として性能向上とコスト削減が求められている。特に,酸性条件下での酸素還元反応の過電圧が大きいことが問題となっており,要求性能を満たすために多量のPtが使用されている。この解決策として本稿では,ポリオキソメタレートを酸素還元反応媒体とするPt触媒を使用しないカソードシステムについて概説する。

【目次】
1.はじめに
2.再生型燃料電池
3.正極液の還元および再生(再酸化)反応
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー電池用途のシームレスカーボン材料の活性・液体透過性の向上
Enhancements of the Electrode Activity and the Liquid Permeability of the Seamless Carbon Materials for Redox Flow Batteries 

 レドックスフロー電池は再生可能エネルギーに対して調整力・出力平準化機能を与える蓄電デバイスとして注目されているが,社会実装するためには電極活性,物質輸送特性,液透過性についてさらなる向上が求められる。本稿では電極活性と液透過性に焦点を絞り,カーボンの結晶性と電極活性の関係,連通孔径と圧力損失の関係について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.活性の向上
3.連通孔径と圧力損失
4.まとめと展望

-------------------------------------------------------------------------

数理最適化で切り拓くレドックスフロー電池の新しい流動場構造
Development of Novel Flow Fields of Redox Flow Batteries by Mathematical Optimization

 レドックスフロー電池の充放電性能はセル内部の電解液が形成する流動場に依存する。これまでに様々な流路構造が提案されてきたものの,いずれも単純な形状に限定されている。本報では,人智の及ばない新奇な流動場構造を創成することを目的として著者らが開発した数理最適化手法について,最近の研究成果と共に紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.トポロジー最適化
3.RFBの流動場設計への応用
4.数値計算例
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

電極構造・運転条件がレドックスフロー電池性能に及ぼす影響の集約的評価  
Performance Evaluation of Redox Flow Batteries using Major Parameters summarizing Effects of Structure and Operation Conditions 
 
 レドックスフロー電池の充放電効率は,電池構造や運転条件における複雑な因子の影響を受ける。今後の大規模化・高効率化の開発のために,これらの影響の評価はきわめて重要である。本稿では,実験とモデル解析を用いた性能評価の研究,および2つの集約主要因子と2つ評価線図を提案し視覚的に性能評価を可能とした研究について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.過電圧評価実験と電極厚み方向反応分布解析
2.1 過電圧の分離実験
2.2 電極厚み方向反応分布のモデル解析
3.電流密度分布計測と過電圧分布解析
3.1 電流密度分布の計測実験
3.2 過電圧分布のモデル解析
4.集約主要因子を用いた電池性能評価
4.1 集約主要因子と性能評価線図
4.2 集約主要因子を用いた性能評価の有効性
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー燃料電池システムの車載性検討            
A Study for Redox Flow Fuel Cell Vehicle System
 
 燃料電池自動車の普及に向けた課題の一つにPt使用量の低減がある。ポリオキソメタレートを用いたレドックスフロー燃料電池(RFFC)では,カソード極(+極)側においてPtを使用しないシステムを実現することができる。この論文では,このRFFCシステム開発から得られた知見を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.実験方法
2.1 実験系の組み立て
2.2 基準線の測定
2.3 再生試験
2.4 再生循環試験
3.結果と議論
3.1 基準線の測定(OCV-DORの関係)
3.2 再生試験
3.3 車載可能性の検討
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー電池による再生可能エネルギー電源の有効活用
Flow Battery Systems for Effective Use of Renewable Energy

 太陽光や風力などの再生可能エネルギー電源の導入量の増加により,周波数などの電力品質への影響や需給バランス維持のために供給能力を生かし切れない事例が顕在化しつつある。こうした課題の解決策の一つとして注目されている蓄電池システムの活用に関し,レドックスフロー電池による再生可能エネルギー電源の有効活用に向けた実証の事例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.RF電池の原理および特長
3.RF電池による再生可能エネルギー電源有効活用の実証事例
3.1 電力系統安定化用途
3.2 送配電網向け用途
3.3 マイクログリッド用途
3.4 需要家向け用途
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.殺菌剤 flufenoxadiazam(フルフェノキサジアザム)
2.殺菌剤 flumetylsulforim(フルメチルスルホリム)
3.殺菌剤 fluoxytioconazole(フルオキシチオコナゾール)
4.殺菌剤 metarylpicoxamid(メタリルピコキサミド)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

界面活性剤の海外市場動向

 世界の界面活性剤市場は,2016年に306億ドル(3兆3,660億円),2020年には新型コロナウイルスの影響がなければ420億ドル(4兆6,200億円),さらにこれからも年間4%程度の成長が見込まれ,2025年には520億ドル(5兆7,200億円)規模に成長すると見られている。市場の成長を牽引する大きな要因の1つがアジア太平洋地域のパーソナルケア産業の成長である。特に人口の多い,中国,インド,インドネシアなどの国々の需要拡大が大きなエンジンとなっている。さらに今後も,中南米,中東,ロシア,アフリカなど,経済発展による生活水準の向上が見られる地域では,同じように界面活性剤の使用量が増加し,市場規模も順調に拡大していくものと考えられる。

【目次】
1.アジア太平洋
1.1 日本
1.2 中国
1.3 韓国
1.4 インド
1.5 マレーシア
1.6 台湾
1.7 その他の国
2.北米・中南米
3.西欧

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

トリメチルスルホキソニウムアイオダイド(Trimethyl sulfoxonium iodide)
二酸化チオ尿素(Thiourea dioxide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

+   ファインケミカルの目次配信サービス

ファインケミカルのレビューはまだありません

レビュー投稿で500円割引!

ファインケミカルのバックナンバー

著者一覧
舩木 敬 (国研)産業技術総合研究所
大平昭博 (国研)産業技術総合研究所
佐藤 縁 (国研)産業技術総合研究所
松井敏明 京都大学
室山広樹 京都大学
江口浩一 京都大学
石飛宏和 群馬大学
矢地謙太郎 大阪大学
田部 豊 北海道大学
関根 忍 トヨタ自動車(株)
川合博之 トヨタ自動車(株)
藤川一洋 住友電気工業(株)
矢野敬二 住友電気工業(株)
福元翔平 住友電気工業(株)
守口正生 住友電気工業(株)
柴田俊和 住友電気工業(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】レドックスフロー電池の最新動向

-------------------------------------------------------------------------

分子集積型ビオローゲンを活物質に用いた有機レドックスフロー電池 
Organic Redox-Flow Battery with Multielectron-Transfer-Type Viologen Molecular Assembly

 本稿では,レドックスフロー電池の新たな活物質として研究開発が進められている有機系活物質について簡単に触れ,筆者らが最近合成した分子集積型ビオローゲンを紹介する。ビオローゲンユニットを規則的に配列して集積型分子を構築することで,水溶性が向上するなど高エネルギー密度化の可能性を示すことができた。

【目次】
1.はじめに
2.レドックスフロー電池の構成と動作原理
3.有機系活物質
4.分子集積型ビオローゲンの性質と電池特性
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリオキソメタレートを酸素還元反応媒体とするPtフリー燃料電池の開発     
Development of Polymer Electrolyte Fuel Cells using Polyoxometalates as Redox Mediators for Oxygen Reduction Reactions
 
 固体子分子形燃料電池は,家庭用燃料電池コージェネレーションシステムや移動体用動力源として実用化されているが,依然として性能向上とコスト削減が求められている。特に,酸性条件下での酸素還元反応の過電圧が大きいことが問題となっており,要求性能を満たすために多量のPtが使用されている。この解決策として本稿では,ポリオキソメタレートを酸素還元反応媒体とするPt触媒を使用しないカソードシステムについて概説する。

【目次】
1.はじめに
2.再生型燃料電池
3.正極液の還元および再生(再酸化)反応
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー電池用途のシームレスカーボン材料の活性・液体透過性の向上
Enhancements of the Electrode Activity and the Liquid Permeability of the Seamless Carbon Materials for Redox Flow Batteries 

 レドックスフロー電池は再生可能エネルギーに対して調整力・出力平準化機能を与える蓄電デバイスとして注目されているが,社会実装するためには電極活性,物質輸送特性,液透過性についてさらなる向上が求められる。本稿では電極活性と液透過性に焦点を絞り,カーボンの結晶性と電極活性の関係,連通孔径と圧力損失の関係について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.活性の向上
3.連通孔径と圧力損失
4.まとめと展望

-------------------------------------------------------------------------

数理最適化で切り拓くレドックスフロー電池の新しい流動場構造
Development of Novel Flow Fields of Redox Flow Batteries by Mathematical Optimization

 レドックスフロー電池の充放電性能はセル内部の電解液が形成する流動場に依存する。これまでに様々な流路構造が提案されてきたものの,いずれも単純な形状に限定されている。本報では,人智の及ばない新奇な流動場構造を創成することを目的として著者らが開発した数理最適化手法について,最近の研究成果と共に紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.トポロジー最適化
3.RFBの流動場設計への応用
4.数値計算例
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

電極構造・運転条件がレドックスフロー電池性能に及ぼす影響の集約的評価  
Performance Evaluation of Redox Flow Batteries using Major Parameters summarizing Effects of Structure and Operation Conditions 
 
 レドックスフロー電池の充放電効率は,電池構造や運転条件における複雑な因子の影響を受ける。今後の大規模化・高効率化の開発のために,これらの影響の評価はきわめて重要である。本稿では,実験とモデル解析を用いた性能評価の研究,および2つの集約主要因子と2つ評価線図を提案し視覚的に性能評価を可能とした研究について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.過電圧評価実験と電極厚み方向反応分布解析
2.1 過電圧の分離実験
2.2 電極厚み方向反応分布のモデル解析
3.電流密度分布計測と過電圧分布解析
3.1 電流密度分布の計測実験
3.2 過電圧分布のモデル解析
4.集約主要因子を用いた電池性能評価
4.1 集約主要因子と性能評価線図
4.2 集約主要因子を用いた性能評価の有効性
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー燃料電池システムの車載性検討            
A Study for Redox Flow Fuel Cell Vehicle System
 
 燃料電池自動車の普及に向けた課題の一つにPt使用量の低減がある。ポリオキソメタレートを用いたレドックスフロー燃料電池(RFFC)では,カソード極(+極)側においてPtを使用しないシステムを実現することができる。この論文では,このRFFCシステム開発から得られた知見を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.実験方法
2.1 実験系の組み立て
2.2 基準線の測定
2.3 再生試験
2.4 再生循環試験
3.結果と議論
3.1 基準線の測定(OCV-DORの関係)
3.2 再生試験
3.3 車載可能性の検討
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

レドックスフロー電池による再生可能エネルギー電源の有効活用
Flow Battery Systems for Effective Use of Renewable Energy

 太陽光や風力などの再生可能エネルギー電源の導入量の増加により,周波数などの電力品質への影響や需給バランス維持のために供給能力を生かし切れない事例が顕在化しつつある。こうした課題の解決策の一つとして注目されている蓄電池システムの活用に関し,レドックスフロー電池による再生可能エネルギー電源の有効活用に向けた実証の事例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.RF電池の原理および特長
3.RF電池による再生可能エネルギー電源有効活用の実証事例
3.1 電力系統安定化用途
3.2 送配電網向け用途
3.3 マイクログリッド用途
3.4 需要家向け用途
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.殺菌剤 flufenoxadiazam(フルフェノキサジアザム)
2.殺菌剤 flumetylsulforim(フルメチルスルホリム)
3.殺菌剤 fluoxytioconazole(フルオキシチオコナゾール)
4.殺菌剤 metarylpicoxamid(メタリルピコキサミド)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

界面活性剤の海外市場動向

 世界の界面活性剤市場は,2016年に306億ドル(3兆3,660億円),2020年には新型コロナウイルスの影響がなければ420億ドル(4兆6,200億円),さらにこれからも年間4%程度の成長が見込まれ,2025年には520億ドル(5兆7,200億円)規模に成長すると見られている。市場の成長を牽引する大きな要因の1つがアジア太平洋地域のパーソナルケア産業の成長である。特に人口の多い,中国,インド,インドネシアなどの国々の需要拡大が大きなエンジンとなっている。さらに今後も,中南米,中東,ロシア,アフリカなど,経済発展による生活水準の向上が見られる地域では,同じように界面活性剤の使用量が増加し,市場規模も順調に拡大していくものと考えられる。

【目次】
1.アジア太平洋
1.1 日本
1.2 中国
1.3 韓国
1.4 インド
1.5 マレーシア
1.6 台湾
1.7 その他の国
2.北米・中南米
3.西欧

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

トリメチルスルホキソニウムアイオダイド(Trimethyl sulfoxonium iodide)
二酸化チオ尿素(Thiourea dioxide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
垣内史敏 慶應義塾大学
三浦雅博 大阪大学
中尾佳亮 京都大学
安藤吉勇 東京工業大学
吉野達彦 北海道大学
星川 環 エーザイ(株)
澁口朋之 エーザイ(株) 
黒川利樹 エーザイ(株) 
吉村 光 エーザイ(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】C-H結合の官能基化が拓く新しい有機合成―有用物質の効率的合成に向けて―

-------------------------------------------------------------------------

鉄ホスフィン錯体を触媒に用いる炭素-水素結合官能基化反応   
Functionalization of Carbon-Hydrogen Bonds Using an Iron-Phosphine Complex

 炭素-水素結合の触媒的官能基化反応のうち,安価・安全な鉄を触媒に用いる反応は近年注目されている。それらの中で,単離可能な鉄錯体を触媒に用いる芳香族ケトンのオルト位炭素-水素結合切断を経る末端アルケンとの反応によるアルキル化ならびにメチレンシクロプロパン類との反応によるホモアリル化反応について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.芳香族ケトンと末端アルケンとの反応
3.鉄中心の1,4-移動を経るC-H結合官能基化
4.メチレンシクロプロパン類との反応によるC-H結合のホモアリル化反応
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

直接的芳香族カップリング反応の開発
Development of Direct Aromatic Coupling Reactions
 
芳香族C-H結合を触媒的に切断し,直接芳香環に炭素-炭素および炭素-ヘテロ原子結合を形成できれば,従来のクロスカップリング法に比べ,反応段階が短縮され,副生成物の少ない効率的な誘導体化法となる。このため,C-H結合切断を経る直接的反応に関する研究が近年活発になされている。本稿では,筆者らの取り組みを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.直接カップリングに用いられる反応基質と反応経路
3.直接的芳香族カップリング反応の例
3.1 芳香族C-Hアリール化および脱水素ビアリールカップリング
3.2 C-Hアルケニル化
3.3 C-Hアルキニル化
3.4 直接的C-N,C-O,C-Sカップリング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

協働金属触媒によるC-Hホウ素化およびアルキル化反応            
C-H Borylation and Alkylation by Cooperative Metal Catalysis

 最も直截的な有機合成反応であるC-H官能基化における残された重要課題として,金属触媒に配位できる配位性配向基に頼ることなく,ありふれた反応基質に対して触媒によって反応サイト選択性を制御することが望まれている。遷移金属/ルイス酸協働触媒によって達成した芳香環のパラ位およびメタ位選択的C-H官能基化について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.安息香酸アミドのパラ位選択的ホウ素化反応
3.ピリジンの4位選択的ホウ素化反応
4.安息香酸アミドのメタ位選択的ホウ素化反応
5.ピリジンの3位選択的ホウ素化反応
6.置換ベンゼンのパラ位選択的アルキル化反応
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

キノン類への光照射を契機とするC-H結合官能基化法の開発と天然物合成への展開  
C-H Functionalization via Photoirradiation of Quinones and Its Application to Natural Product Syntheses

 キノン類はありふれた有機分子であるが,その光に対する反応性が有機合成に積極的に利用されることは少なかった。最近,キノン類への光照射を契機とした位置選択的なC-H結合の官能基化が収率よく進行することが明らかとなった。さらに,不斉中心を持つ基質へ適用すると,立体特異的なC-H結合官能基化も可能である。以下,我々の研究成果を中心に述べる。

【目次】
1.はじめに
2.励起ナフトキノンを活用するC-H結合官能基化法の一般性
3.立体化学についての検討
4.天然物合成への応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高原子価第9族遷移金属触媒による不斉C-H官能基化反応      
Asymmetric C-H Functionalization Reactions Using High-Valent Group 9 Metal Catalysts
 
 高原子価第9族遷移金属触媒はC-H官能基化反応に広く利用されるが,触媒的不斉反応への展開はいまだ発展途上である。本稿では,我々が最近取り組んでいる,第9族金属触媒とキラルスルホン酸イオンまたはキラルカルボン酸を組み合わせた不斉C-H官能基化反応について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.ロジウム/キラルスルホン酸イオン触媒による不斉C-H官能基化
3.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp2)-H官能基化
4.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp3)-H官能基化
5.キラルカルボン酸を用いた不斉C-Hアルキル化反応
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

電解反応を用いた不活性C(sp3)-H結合のフッ素化法の開発           
Development of an Electrochemical C(sp3)-H Fluorination Reaction
 
フッ素原子は医薬品候補化合物の活性や薬物動態プロファイルに大きく影響することが知られており,そのためフッ素原子の新規導入法の開発は創薬化学の観点から非常に重要である。今回我々は電解化学を利用した不活性なC(sp3)-H 結合のフッ素化反応を開発したので,その基質一般性や想定反応機構,さらには医薬品候補化合物への応用例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.反応条件の開発
3.基質一般性
4.含窒素架橋化合物のフッ素化
5.創薬研究における応用例
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

界面活性剤の概要と市場動向

【目次】
1.概要
2.種別/機能別の概要
3.アニオン界面活性剤
3.1 カルボン酸塩(石けんなど)
3.2 スルホン酸塩
3.3 硫酸エステル塩(AS,AESなど)
3.4 その他
4.カチオン界面活性剤
5.両性界面活性剤
6.非イオン(ノニオン)界面活性剤
6.1 エステル型
6.2 エーテル型
6.3 エステル・エーテル型
6.4 その他
7.その他の界面活性剤

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

クロロスルホン酸(Chlorosulfonic acid)
2,6-ジフルオロベンゾニトリル(2,6-Difluorobenzonitrile)
ベンゾフェノン(Benzophenone)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
加藤昌子 関西学院大学
古山渓行 金沢大学
八木繁幸 大阪府立大学
近藤瑞穂 兵庫県立大学
川月喜弘 兵庫県立大学
大山陽介 広島大学
三木康嗣 京都大学
大江浩一 京都大学
廣原志保 宇部工業高等専門学校
小幡 誠 山梨大学
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性色素の新展開

-------------------------------------------------------------------------

光機能性クロミック金属錯体の最前線
Frontier of Chromic Metal Complexes that Exhibit Photofunctionalities

 単独では光らない白金(II)錯体や銅(I)錯体も,分子間相互作用に基づく配列を精密に制御することで強発光性を発現する。これらの錯体結晶は,環境中の蒸気に応答して色や発光色が変化する明瞭かつ鋭敏な刺激応答性を示す。高秩序で柔軟な応答系であるソフトクリスタルの代表例として,光機能性クロミック金属錯体の魅力と最新例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.集積発光性クロミック白金(II)錯体の進化と深化
3.強発光性金属錯体の開拓と外部刺激応答性の導出
4.超分子金属錯体の構築と新奇クロミック系の導出
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

近赤外光活用を目指した有機機能性色素の合成技術
Synthetic Organic Chemistry of Functional NIR Materials
 
有機色素として著名なフタロシアニンに対し,合成法・分子間相互作用を見直すことで新たな骨格・機能を発現させることが可能となった。特に近赤外光利活用に注目し,フタロシアニン前駆体を利用した新規有機金属錯体の開発および,フタロシアニンの選択的会合を利用した温度センサーにおける最近の研究成果を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.近赤外光を活用できるボール型金属錯体の開発
3.フタロシアニンの分子間会合を利用した温度センサーの開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

デンドリマー型りん光性有機金属錯体の開発と塗布型有機電界発光素子への応用
Development of Phosphorescent Organometallic Complexes with Charge Carrier Transporting
Dendrons towards Application to Solution-Processed Organic Light-Emitting Diodes 

 近年,ディスプレイや照明機器の基盤技術として有機電界発光素子(OLED)が注目されているが,製造プロセスの低コスト化には溶液塗布法でのデバイス作製に期待が寄せられている。本稿では,キャリア輸送性デンドロンを付与した有機イリジウム錯体と有機白金錯体について,発光特性と塗布型OLEDへの応用を中心に概説する。

【目次】
1.はじめに
2.デンドリマー型りん光性有機イリジウム錯体の開発
3.正孔輸送性デンドロンを付与したりん光性有機白金錯体の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液晶性シアノスチルベンを用いたメカノクロミック高分子複合膜 
Mechanochromic Polymeric Composite Films using Liquid Crystalline Cyanostilbene

 機械的刺激によって発色・発光色が変化するメカノクロミック色素は液晶と組み合わせることで方位選択的な応答が可能となる。このような色素の性質を損なうことなく,効率的な高分子薄膜への固定を目指し,再結晶やゲル化など,ホストとなる高分子とわずかに相互作用させることを検討した。

【目次】
1.はじめに
2.可溶性高分子への分散
3.軸選択的メカノクロミズムと応力依存
4.短波長シフトする液晶生メカノクロミック色素
5.ゲル化を用いた短波長シフト型複合膜
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

飛沫を可視化する蛍光性フィルムの開発
Development of Fluorescent Films for Water Droplet
 
 光誘起電子移動(Photo-induced electron transfer:PET)特性に基づいて水分を検出できるPET型蛍光性水センサーを開発し,本センサーをドープした種々のポリマーフィルムの作製に成功した。本蛍光性フィルムは,乾燥時では微弱な緑色蛍光発光を示すが,水蒸気に曝露あるいは水滴に接触させた湿潤時では強い青色蛍光発光を示す。このような水分に対して光応答性を有する蛍光性水センサーフィルムは,ウイルスを含んだ飛沫を可視化する簡便な機能性色素材料としての展開が期待できる。

【目次】
1.はじめに
2.PET型蛍光性水センサー薄膜の水分に対する光応答性
3.PET型蛍光性水センサーをドープしたポリマーフィルムの水分に対する光応答性
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

pH応答性近赤外色素を用いるがんの可視化
Tumor Imaging Utilizing pH-Responsive Near-Infrared Dyes
 
ヒトに対し利用できる近赤外色素造影剤インドシアニングリーンの分子内に求核性官能基を導入することにより,pH応答性色素を開発した。pH 応答性色素と腫瘍ターゲティング分子を複合化した造影剤は腫瘍に効率よく集積し,光および光音響イメージングを用いる腫瘍の可視化に有効であることを見出した。

【目次】
1.はじめに
2.pH応答性ICG類縁色素の合成と物性評価
3.pH応答性ICG類縁色素-RDGペプチド複合型腫瘍造影剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

がん医療のための光増感剤の開発
Development of Photosensitizers for Cancer Medicine
 
 ポルフィリンは,がん治療法の一種である光線力学療法(PDT)用光増感剤として用いられる。この小稿では,ポルフィリン誘導体のPDT用光増感剤としての機能すなわち活性酸素生成や腫瘍集積性を高める方法と,PDT機能以外の光がん医療の機能を付与したセラノスティクス対応光増感剤の開発について,著者らの研究を中心に概説した。

【目次】
1.はじめに
2.光増感剤の高効率化
2.1 1O2発生の高効率化
2.2 腫瘍集積性の改善
3.セラノスティクス対応光増感剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.除草剤 rimisoxafen(リミソキサフェン)
2.殺菌剤 seboctylamine(セボクチルアミン)
3.殺虫剤 spidoxamat(スピドキサマト)
4.除草剤 tripyrasulfone(トリピラスルホン)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第5回(終):直接合成法の実用性の評価と今後の課題
Evaluation of Practicality of Direct Synthesis Process and Future Issues

 H2O2の直接合成は反応式の簡潔さからシンプルな製造プロセスが期待されるが,その一方でH2とO2による爆発のリスク回避がプロセス条件を制約する。今回は反応動力学に基づくシミュレーションにより5%-Pd/C触媒の実用性の評価を試み,工業化に向けた課題を整理する。併せて各種反応形式を概観する。

【目次】
1.はじめに
2.H2O2直接合成の実用性の評価
2.1 反応成績の指標
2.2 シミュレーションの手法
2.3 5%-Pd/C触媒での計算
2.4 想定プロセス
2.5 今後の課題
3.反応形式についての考察
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

イソオイゲノール(Isoeugenol)
オルトギ酸エステル類(Orthoformic acid esters)
プロピオニトリル(Propionitrile)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
山下裕司 千葉科学大学
関口孝治 日油(株)
内山博雅 大阪医科薬科大学
門田和紀 大阪医科薬科大学
戸塚裕一 大阪医科薬科大学
菅原知宏 東洋紡(株)
岸本憲人 小豆島ヘルシーランド(株)
土井萌子 大東化成工業(株)
岡部伊織 ポーラ化成工業(株)
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次

【特集】化粧品開発の最新動向Ⅱ―有用成分と機能性付与―

-------------------------------------------------------------------------

界面活性剤自己組織体が創る化粧品製剤
Cosmetic Formulation Based on Surfactant Self-Assembly

 様々な化粧品製剤の品質および機能において界面活性剤は重要な役割を担っている。化粧品の剤型や用途,また近年では安全性や環境への配慮に応じて界面活性剤が使い分けられているが,化粧品を製剤化する上で界面活性剤の溶液挙動は重要なポイントである。本稿では,界面活性剤および自己組織体をレビューし,最近の化粧品の製剤研究動向を紹介する。

【目次】
1.化粧品と界面活性剤
2.製剤化の本質
3.自己組織体の形成理論
4.自己組織体の応用例
4.1 自己組織体の分散系(リポソーム/ベシクル,キュボソーム,ヘキソソーム)
4.2 両連続型の自己組織体
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

化粧品用保湿剤の特徴と両親媒性ポリエーテルの応用
Characteristics of Moisturizer for Cosmetics and Application of Amphiphilic Polyether
 
保湿剤は,乾燥による皮膚トラブルを防止する重要な化粧品基剤である。化粧品用保湿剤としては,ポリオールのような低分子からヒアルロン酸のような生体高分子まで多種多様な構造を有するものが知られている。我々は,感触と機能を両立した新規両親媒性ポリエーテルを設計し,その有用性について明らかにした。

【目次】
1.はじめに
2.化粧品用保湿剤の種類と特徴
2.1 NMF(類似)成分
2.2 ポリオール類
2.3 高分子保湿剤
3.水溶性保湿油WILBRIDEⓇ S-753の特性
3.1 新規水溶性保湿油の分子設計
3.2 WILBRIDEⓇ S-753の保湿効果
3.3 WILBRIDEⓇ S-753の皮膚浸透制御効果
4.非対称分子量分布を有する新規水溶性保湿油
4.1 ACROBUTEⓇ 60MB-63の洗浄製剤における有用性
4.2 保香剤としての応用展開
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリフェノール化合物の化粧品への応用を指向したコンポジット製剤の設計    
Design of Composite Formulation Aimed at an Application to Cosmetics of Polyphenol Compounds
 
 ポリフェノール化合物は,抗酸化作用や抗炎症作用など優れた効能・効果を持つが,非常に低い溶解性を示すため,皮膚への応用は制限される。そこでポリフェノール化合物の皮膚への応用を目指し,酵素処理ステビアと水溶性ポリマーの間で形成されるコンポジットを用いて,ポリフェノール化合物の溶解性改善について試みた。

【目次】
1.はじめに
2.酵素処理ステビア-水溶性ポリマー間でのコンポジット形成によるケルセチンの溶解性改善
3.酵素処理ステビア-PVP間でのコンポジット形成によるクルクミンの溶解性改善とゲル製剤への応用
4.まとめと今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

マンノシルエリスリトールリピッド-B(MEL-B)の化粧品への応用     
Excellent Properties of Mannosylerythritol Lipid-B(MEL-B)for Cosmetics

 マンノシルエリスリトールリピッド-B(MEL-B)は,酵母Pseudozyma tsukubaensisが生産する糖脂質型バイオサーファクタントである。特性面では,バイオサーファクタントとしての界面活性に加え,優れたラメラ形成能や皮膚保湿作用などの機能性,特徴的な使用感を付与する点が明らかになっており,化粧品への採用が広がっている。本稿では,MEL-Bの化粧品素材としての研究について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.MEL-Bの有用性評価
2.1 MEL-Bのin vitro評価
2.2 MEL-Bのin vivo評価
2.3 MEL-Bの保湿メカニズム評価
3.MEL-Bの使用感に着目したアプローチ
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

オリーブの部位別素材からサスティナブルで高機能な化粧品原料の開発        
Development of Sustainable,High-Performance Cosmetic Ingredients Extracted from
Olive-Tree Derived Matrices
 
 これまで廃棄物や未利用資源となっていた,オリーブの部位別素材(果実の搾り粕,葉,枝,樹皮)には,エイジングケアのための有用な機能性成分が含まれていることを見出してきた。サスティナブルで高機能な化粧品の原料を目指して,オリーブの部位別素材から抽出したエキスの開発におけるこれまでの研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.表皮の機能におけるオリーブ部位別エキスの有用性評価
2.1 抗酸化作用
2.2 紫外線防御作用
2.3 メラニン産生抑制作用
3.真皮の機能におけるオリーブ部位別エキスの有用性評価
3.1 抗糖化作用
3.2 線維芽細胞賦活作用
3.3 皮膚構造タンパク質分解酵素の阻害作用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

サクランの皮膚保護作用と化粧品への応用
Function of Sacran as an Artificial Skin Barrier and the Application for Cosmetics
 
スイゼンジノリ(Aphanothece Sacrum)から抽出されるSacran(サクラン)は,構成単糖11種類からなる超高分子量の天然多糖体で,その独特な構成糖に由来するユニークな特徴を有している。今回はスキンケア成分としての有用性やアンチポリューション効果など,サクランのユニークな皮膚保護効果を中心とした化粧品への展開について紹介する。

【目次】
1.背景
2.皮膚の基本的な構造と機能
2.1 表皮の構造
2.2 角層の構造
2.3 皮膚のバリア機能
2.4 角層細胞由来パラメーターの意味
3.サクランの物理化学的性質
3.1 被膜形成能
3.2 乳化能
4.皮膚保護作用の観点から見たサクランゲル状シート(GS)の機能
5.サクランフィルムのアンチポリューション効果
6.アトピー性皮膚炎罹患歴のある健常人の皮膚機能に対するサクラン配合製剤の効果
7.サクランの効果

-------------------------------------------------------------------------

抗シワ医薬部外品の現状
The Current State of Quasi Drugs for Anti-Wrinkle 
 
 シワは幅広い世代において改善ニーズの高い肌悩みである。本邦では2016年に初めて「シワ改善」の効能を標榜した医薬部外品の製造販売が承認され,現在では多くの製品が販売されている。本稿では,シワの発生機序と抗シワ有効性評価の国内ガイドラインについて触れた後,主要な抗シワ医薬部外品主剤,さらに抗シワ医薬部外品の開発事例としてNEI-L1Ⓡにおける抗シワ有効性評価ならびに作用機序について論じる。

【目次】
1.シワの発生機序
2.抗シワ有効性評価のガイドライン策定
3.抗シワ部外品の主剤
3.1 レチノール
3.2 ナイアシンアミド
3.3 NEI-L1Ⓡ
4.抗シワ部外品成分の開発事例~NEI-L1Ⓡの場合~
4.1 NEI-L1Ⓡの抗シワ有効性評価
4.2 NEI-L1Ⓡの作用機序
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------
[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第4回:DFT計算による反応機構の検証
Verification of Reaction Mechanisms by DFT Calculation

 直接H2O2合成反応の機構を立証する手段が乏しい中で,量子力学に基づく理論計算が強力な武器として期待される。しかしながらハード,ソフトの両面から大きな制約があり,モデルの設定と結果の解釈には慎重を要する。本稿では我々独自の表面モデルを用いてDFT計算を行い,前回までに提案した種々の反応機構と合致する結果を得たので紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.貴金属の活性化エネルギー特性評価
3.Pd触媒のサイト特性と添加物効果の検証
3.1 H2の解離吸着エネルギー
3.2 O2およびH2O2の吸着エネルギー
3.3 H2O2生成反応におけるエネルギー変化
3.4 ハロゲン化水素の吸着エネルギー
3.5 H2-O2反応へのH2Oの関与
4.貴金属の水素活性化能
4.1 Pd触媒への各種貴金属原子の添加効果
4.2 Au触媒へのPt添加効果
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アンスラニル酸(Anthranilic acid)
4-t-ブチルカテコール(4-t-Butyl catechol)
ベンジルアルコール(Benzyl alcohol)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
鵜飼育弘 Ukai Display Device Institute
遠藤幸典 日本化工塗料(株)
清水大介 日本化工塗料(株)
嶋 秀一 アフロディ(株)
瀧 雅彦 アキレス(株) 
西島正敬 アキレス(株)
田淵 穣 DIC(株)
多々見 央 東洋紡(株)
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学
鈴木 潤 北興化学工業(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】タッチパネルのためのケミカルス

-------------------------------------------------------------------------

車載用タッチパネルとその構成材料への要求特性および開発・実用化事例   
Required Characteristics for In-Vehicle Touch Panels and Their Constituent Materials,
and Examples of Development and Practical Application

 車載用タッチパネルは,従来抵抗膜式であったが,最近は投影型静電容量式が主流である。車載タッチパネルの要求性能および構成材料として低反射化技術と光学貼り合わせ材料について概説した。実用化事例としては,高コントラスト・高耐久性偏光板と世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材を取り上げた。

【目次】
1.はじめに
2.車載用タッチパネルの要求性能
3.車載用タッチパネルの実用化と開発動向
3.1 投影型静電容量方式
4.構成部材への要求性能
4.1 低反射化技術
4.2 光学貼り合わせ材料とプロセス
4.3 OCA/OCR
4.4 ナノインプリント技術とモスアイ
5.実用化事例
5.1 高コントラスト・高耐久性偏光板
5.2 世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

タッチパネルディスプレイ用機能性コーティング剤の開発とその評価手法について
Development and Evaluation Method of Functional Coating for the Touch Panel Displays

 タッチパネルディスプレイは,指触で付着する指紋汚れと光の反射や映り込みにより,視認性が損なわれることがある。タッチパネルディスプレイに求められる機能性コーティング剤の開発動向を,その機能性を評価する方法にも触れながら解説する。

【目次】
1.はじめに
2.視認性の不具合
3.耐指紋性を付与する機能性コーティング剤
3.1 指紋と指紋汚れ
3.2 耐指紋性の評価方法
3.3 耐指紋性コーティング剤について
3.4 耐指紋性コーティング剤のラインナップ
4.外光の影響を抑制する機能性コーティング剤
4.1 ディスプレイのぎらつきのメカニズムについて
4.2 ぎらつきの測定手法
4.3 ぎらつき抑制アンチグレアコーティング剤について
4.4 アンチグレアコーティング剤のラインナップ
4.5 ディスプレイ画素距離とぎらつきコントラストの関係
4.6 ディスプレイの鮮鋭度の評価について
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリピロールめっき法を用いた皮革調立体タッチパネル   
Leather-Like 3D Touch Panel by Polypyrrole Electroless Plating Method
 
 意匠と機能を兼ね備えた三次元形状の立体タッチパネルを紹介する。光を透過する合成皮革を使用することで,その皮革表面に各種情報を表示でき,シームレス化によるデザイン性と高級感を演出することができる。今回開発した技術はさまざまな分野への適用を想定しており,現在,広く用途探索を行いながら,快適な社会の実現に貢献できればと考えている。

【目次】
1.はじめに
2.ポリピロール塗料を用いた新めっき法
2.1 ポリピロールめっき法の特長
3.ポリピロールめっき法の応用展開
3.1 電磁波シールドフィルム
3.2 非接触給電コイル
4.皮革調立体タッチパネルの技術概要
4.1 タッチパネルについて
4.2 タッチパネル向け立体電極材料について
4.3 ポリピロールめっき法による立体透明電極
4.4 光透過性合成皮革による意匠性の付与
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

シリカナノ粒子を用いた反射防止・防汚技術とその応用
Anti-Reflection/Anti-Fouling Technology using Silica Nanoparticles

 地球上に豊富に存在する元素で構成されるシリカは,安価で安定な,工業的に重要な物質である。シリカの低屈折率を利用して反射防止膜,親水性を利用して超親水膜が得られる。これらは視認性を向上させるため,タッチパネルに必要とされる機能である。シリカを用いて検討した反射防止膜,超親水膜についての概要を述べる。

【目次】
1.はじめに
2.シリカナノ粒子の応用例
2.1 反射防止膜
2.2 超親水膜
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

透明導電性フィルムの高温高湿耐久性・フレキシブル性向上検討       
Examination to Improve Durability in High Temperature and High Humidity Environment and
Flexibility of Transparent Conductive Film
 
 プラスチックフィルム基板の透明導電膜は高温・高湿下の電気抵抗が安定しない。高温・高湿下の抵抗安定性は,透明導電膜とプラスチックフィルムの界面や透明導電膜の結晶性の制御により改善できる。また,近年では透明導電性フィルムのフレキシブル性向上が求められており,透明導電性フィルムの構造制御による改善について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.ITOについて
3.ITOとプラスチックフィルムの付着力
4.ITO膜の結晶性
4.1 プラスチックフィルムに含まれる水
4.2 結晶化シード層
5.透明導電膜のフレキシブル性
5.1 透明導電性フィルムの厚み
5.2 透明導電膜の構造
6.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第3回:貴金属の触媒特性と二元触媒
Precious Metal Catalytic Properties and Bimetallic Catalysts

 過去2回はPd触媒による直接H2O2合成について述べてきたが,今回はほかの貴金属の触媒特性はどうなっているのか,またPdにほかの元素を加えると活性はどのように変化するかをまとめた。さらにこれらの活性変化が表面構造変化あるいは速度論からどのように解釈されるかについても考察した。

【目次】
1.はじめに
2. 各種貴金属PVPコロイドによるH2-O2反応
3.Pt触媒への添加物効果
4.二元系触媒へのアプローチ
4.1 二元系触媒概観
4.2 Pd-PVP触媒への第二金属添加効果
4.3 Pt-およびIr-添加Pd-PVP触媒系によるH2-O2反応の動力学
4.4 Au-PVP触媒に対するPt添加効果
4.5 今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

[R&D Report]

キラル農薬の動向
Trend of Chiral Pesticides

 キラル農薬は片方の鏡像異性体が標的とする生物種に対し特異的に活性を示す場合もあり,散布量の低減などのメリットが大きい。一方で光学分割や不斉合成の技術は発展しつつあるものの,2010年以降に国内登録されたキラル農薬を見ても,単一の光学異性体での開発事例はわずかである。これらキラル農薬の最新動向について,取り纏めたのでここに紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.キラル農薬の開発動向
3.キラル農薬の合成法
4.キラル農薬の生物活性
5.キラル農薬の環境動態
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

トリブチルホスフィン(Tributyl phosphine)
p-t-ブチル安息香酸(p-t-Butyl benzoic acid)
2-メチルイミダゾール(2-Methyl imidazole)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
杉林堅次 城西国際大学
田中晶子 神戸薬科大学
坂根稔康 神戸薬科大学
金沢貴憲 静岡県立大学
青木吉嗣 国立精神・神経医療研究センター
宮田完二郎 東京大学
茨木ひさ子 東京薬科大学
隅谷和樹 北九州市立大学
和泉弘人 産業医科大学
望月慎一 北九州市立大学
櫻井和朗 北九州市立大学
秋永士朗 ナノキャリア(株)
内藤健一郎 ナノキャリア(株)
土屋千映子 ナノキャリア(株)
松山哲人 ナノキャリア(株)
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】次世代中分子創薬におけるDDSの実用化と展望

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

経皮DDSの最前線―iDDSに適した製剤技術―
Forefront of TDDS:Formulation Technology Suitable for iDDS

 医療の世界において,AI診断やオンライン診療,「ダ・ヴィンチ」による遠隔手術,さらには皮膚,心臓などの人工臓器などが現実的になってくるに及んで,クスリのカタチや適用方法も,いつまでも「1日3回食後に2錠ずつ服用」などとはいかなくなると考えるようになった。アーノルド・シュワルツネッガーが主演を務めたターミネータ・シリーズの第1作が公開されたのは1984年のことであったが,ヒト型AIというべきかヒト型ロボットいうべきかはわからないが,とりあえず,あのT-800がやってきた2028年はもうすぐである。その時の主薬は?製剤は?投与部位は?投与方法は?いま研究されていることから手を休め,このような近未来の医薬のことをじっくり考える時間を持ってみるのもよいのではないか。

【目次】
1.はじめに
2.経皮ドラッグデリバリーシステムの利用
3.経皮ドラッグデリバリーシステムの発展
4.薬をインストールするという概念とiDDS

-------------------------------------------------------------------------

鼻腔内投与による中分子ペプチドの脳内送達
The Direct Delivery of Medium Molecule Peptides to the Brain by Nasal Administration
 
 現在,脳疾患に対する医薬品開発を行う際の課題のひとつは,脳への薬物移行である。静脈内投与後あるいは経口投与後の水溶性薬物や高分子医薬品の脳移行は,血液-脳関門により著しく制限されている。一方,鼻腔と脳脊髄液(cerebrospinal fluid,CSF)あるいは脳組織との間には直接的な薬物移行経路の存在が指摘され,脳への直接的な薬物移行を利用した鼻腔内投与による脳疾患治療システムの開発が期待されている。本稿では,自閉症スペクトラム障害治療薬候補であるペプチド性医薬品オキシトシン(oxytocin,OXT)をとりあげ,鼻腔内投与後の脳移行性ならびに自閉症治療の可能性を検討した結果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.薬物の鼻腔から脳への直接移行経路
3.鼻腔内投与によるoxytocinの脳内送達
4.さいごに

-------------------------------------------------------------------------

鼻-脳輸送機構を基盤とする中枢標的DDSナノキャリアの開発
Development of Nose-to-Brain Route-Based DDS Nanocarrier Targeted for Central Nerve System
 
 中枢疾患に対する有効な治療薬開発において,全身循環血流を介した中枢への薬物移行を制限する血液-脳関門(BBB)を克服した中枢へのDDSの開発が重要な鍵となる。本稿では,BBBを介さない鼻から脳への直接的な薬物輸送機構であるNose-to-Brainを基盤とするDDSナノキャリアについて,筆者らの研究成果を紹介しながら概説する。

【目次】
1.はじめに
2.Nose-to-Brain分布動態の定量的解析技術の確立
3.Nose-to-Brainデリバリーに適するナノキャリアの粒子特性の探索
4.細胞透過性ペプチド修飾高分子ミセル(MPEG-PCL-Tat)による薬物・核酸のNose-to-Brainデリバリー
5.MPEG-PCL-Tatによる脊髄への薬物・核酸デリバリー
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

筋ジストロフィーに対する次世代核酸医薬の実用化と展望
Drug Delivery System of Therapeutic Oligonucleotides for Muscular Dystrophy

 デュシェンヌ型筋ジストロフィーやその他の筋疾患の責任遺伝子と病態が明らかになるに伴い,治療法の開発には目覚ましい進歩がある。中でも,アンチセンス核酸であるエクソン53スキップ薬は,本邦初の筋ジストロフィー治療剤として2020年に早期条件付き承認された。核酸医薬の治療効果向上と様々な疾患への応用には,膜透過ペプチドやナノマテリアルを用いて,細胞内移行性や標的組織指向性を改善させるデリバリー研究が重要である。

【目次】
1.はじめに
2.モルフォリノ核酸のデリバリー研究
2.1 膜透過ペプチドによるPMOデリバリー
2.2 疾患モデルを用いた膜透過ペプチド付加PMOの開発
3.ナノ医薬による筋組織への核酸デリバリー
3.1 サイズ調整による炎症性筋組織ターゲティング
3.2 トランスサイトーシスを介した筋組織ターゲティング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

細胞間隙を標的としたsiRNA組織内浸透型DDSの設計        
Design of Intratissue-Penetrating siRNA Delivery System Targeted for Intercellular Route

 核酸医薬をはじめとする中分子医薬を,送達困難な標的組織内の広範囲かつ高濃度に送達させるための「組織内浸透性」を解決する突破口として,細胞間隙に着目した。タイトジャンクションモジュレーターとナノ粒子を組み合わせて構築した組織内浸透型DDSについて,これまでの知見と研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.タイトジャンクション(TJ)モジュレーターによる薬物デリバリー
3.経皮投与によるsiRNAデリバリー技術
4.細胞間隙ルートを標的としたsiRNA皮内浸透キャリアの開発とアトピー性皮膚炎治療効果
4.1 細胞内動態制御ペプチドSTR-CH2R4H2C
4.2 柔軟性リポソーム(DOPE-リポソーム)
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

多糖核酸複合体の発見と核酸医薬DDSへの応用 
Polysaccharide/DNA Complex and its Application to AS-ODNs Delivery System

 我々は天然多糖であるシゾフィランが特殊な条件下においてポリデオキシアデニンと複合体を形成することを発見し,光散乱法を用いた構造解析と複合体を利用した核酸医薬送達を行ってきた。従来の複合体には幅広い分子量分布が存在していたが,最近の研究で,分布を持たない複合体の調整に成功した。本研究ではこの新規複合体の構造解析とその生理活性評価を行った。

【目次】
1.緒言
2.多糖核酸複合体の発見とその応用
3.複合体に関する新たな発見
4.低分子複合体の構造解析
4.1 各ピークの分画
4.2 GPC-MALS
4.3 CD
5.量子化複合体を用いたDectin-1陽性細胞へのAS-ODNの送達の検討
5.1 蛍光観察による量子化複合体の取り込み
5.2 量子化複合体の生理活性評価
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

低分子および中分子薬剤を内包する抗がん剤ナノDDS製剤の開発―ナノキャリア社の挑戦―
Developmnt of Anti-Cancer Drug Nanomachine Formulation Containing Small Molecule or Middle Molecule Drugs-Challenge of Nanocarrier Co., Ltd.- 

 ナノキャリアは東京大学の片岡一則名誉教授らが開発したナノテクノロジーDDS技術を基盤に設立されたバイオベンチャー企業であり,抗がん剤ナノミセルNC-6004,NC-6300の臨床開発を進めている。昨年9月には核酸医薬バイオベンチャー企業アキュルナを合併し,新たなDDS技術を駆使しPRDM14 siRNA抗がん剤NC-6100のPhaseI試験,TUG1 ASO抗がん剤,RUNX1 mRNA膝関節治療薬などの新規核酸医薬の開発を進めている。

【目次】
1.イントロダクション
2.抗がん剤ナノミセル製剤とその技術基盤
3.オリゴ核酸用に開発されたナノDDSとその応用
4.mRNA医薬に応用可能なナノミセルと膝関節症治療への応用
5.終わりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]キノリン系機能性化学品(天然物,染料,農薬,医薬品など)

第2回(終):医薬品の中間体
Medicine Intermediates

 第1回では天然物;染料,農薬の中間体について述べた。今回は医薬品中間体の工業的製法および用途について述べる。

【目次】
6.医薬品中間体
6.1 5-クロロ-8-ヒドロキシキノリン(39)
6.2 6-メトキシ-8-ニトロキノリン(41)
6.3 2-クロロシンコニン酸クロリド(45)
6.4 4,7-ジクロロキノリン(50)
6.5 1,4-ジヒドロ-6-メトキシ-4-オキソキノリン-3-カルボン酸エチル(53)
6.6 2,8-ビス(トリフルオロメチル)キノリン-4-カルボン酸(57)
6.7 4-クロロ-8-(トリフルオロメチル)キノリン(61)
6.8 4-クロロ-7-(トリフルオロメチル)キノリン(62)
6.9 7-フルオロ-3-(メチルスルフィニル)-4(1H)-キノロン(67)
6.10 9,11-ジヒドロ-7-メチル-9-オキソインドリジノール[1,2-β]キノリン-8-カルボニトリル(75)
6.11 キナルジン酸(8)[5.2 キナルジン酸(8)参照]
6.12 2-シクロプロピル-4-(4-フルオロフェニル)-3-キノリンカルボキシアルデヒド(79)
6.13 5-ブロモアセチル-8-ベンジルオキシカルボスチリル(85)
6.14 4-クロロ-6,7 ジメトキシキノリン(94)
6.15 4-ヒドロキシ-2-(4-イソプロピルチアゾール-2-イル)-7-メトキシ-8-メチルキノリン(98)
6.16 ボスチニブ(100)
6.17 7-メトキシ-4-オキソ-1,4-ジヒドロキノリン-6-カルボニトリル(104)
6.18 5-フルオロ-6-メトキシ-4-メチル-8-ニトロキノリン(106)
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第2回:酸とハロゲンイオンによるH2O2選択率制御
H2O2 Selectivity Control by Acid and Halogen Ions

 Pd触媒による直接H2O2合成において酸H+と臭素イオンBr-の同時添加はH2O2選択率向上に際立った効果を示す。Cl-もBr-より弱いが効果がある。これらが存在しなければH2とO2からの生成物はH2Oだけであり,H2O2は直ちにH2Oと1/2O2に分解する。今回はH2O2合成反応とH2O2分解反応の動力学的解析を通して反応機構とH+とBr-の作用原理に迫る。

【目次】
1.はじめに
2.H2O2分解反応からのアプローチ
3.H2O2合成反応に対するH+とBr-イオンの作用機構
3.1 H2O2合成反応に対するH+とBr-イオンの影響
3.2 ハロゲンイオンの作用
3.3 Br-イオンの吸着平衡
3.4 酸の作用
4.担体の効果

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

m-アミノフェノール(m-Aminophenol)
1-ブロモ-3-クロロプロパン(1-Bromo-3-chloropropane)
1-メチロール-5,5′-ジメチルヒダントイン(1-Methylol-5,5′-dimethyl hydantoin)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

ファインケミカルを買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 天文ガイド

誠文堂新光社

天文ガイド

2021年12月03日発売

目次: 【TOPICS】
天体画像処理あれコレ/西條善弘
宇宙からの視点特別編/池内 了
レナード彗星情報/中野主一
月のある絶景/榎本 司
ふたご座流星群2021の撮影/及川聖彦
星空撮影QUICKガイド/成澤広幸
「月・惑星」高画質画像撮影法/山崎明宏

【THE SKY】
1月の星空と天体観測/藤井 旭

【NEWS&EVENT】
ASTRO NEWS/石崎昌春、内藤誠一郎、塚田 健
TG情報局(新製品情報ほか)
ASTRO SPOTS+全国天文イベント情報

【天体写真】
読者の天体写真 観測ガイド
入選者の声(最優秀賞受賞者手記)

【連載】
星雲・星団案内/津村光則
天文学コンサイス/半田利弘
T.G.Factory/西條善弘
読者SPACE!
マサが行く!
柳家小ゑんのエントロピーガイア!/柳家小ゑん
リーマンサット・プロジェクト/鬼頭佐保子
今日からロケッティア!/足立昌孝
オーロラカレンダー/篠原 学
宇宙天気/篠原 学
星のある場所/森 雅之

【観測ガイド】
天文データ/相馬 充
流星ガイド/長田和弘
星食ガイド/広瀬敏夫
変光星ガイド/大島誠人
変光星の近況/広沢憲治
太陽黒点近況/時政典孝
小惑星ガイド/渡辺和郎
人工天体ガイド/橋本就安
惑星の近況/堀川邦昭
彗星ガイド/中野主一

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

2 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年11月26日発売

目次:
Newton Special

“究極の理論”の最有力候補はどこまでできあがっているか?

超ひも理論

監修 松浦 壮

執筆 前田 武,中野太郎



2021年に生誕100周年をむかえた南部陽一郎博士が提唱した「弦理論」は,物理学の“究極の理論” の最有力候補として知られる「超ひも理論(超弦理論)」へと進化した。超ひも理論の基礎から最新研究まで,まとめて解説する。

Newton Special(2)

「世界一美しい式」がゼロからわかる

オイラーの等式

多くの科学者や数学者が「世界一美しい式」と称賛する式がある。「オイラーの等式」とよばれる「eiπ+1=0」だ。オイラーの等式のすばらしさにせまっていこう。

監修 小山信也
執筆 山田久美

FOCUS Plus

気象学

台風の脅威を減らし,恵みに変える「タイフーンショット計画」が始動

協力 筆保弘徳

執筆 今井明子

Super Vision

世界最大級の模擬宇宙

協力 石山智明

執筆 中野太郎

Topic

「科学的」とは何だろうか?

科学と疑似科学の境界を探り,科学的考え方を身につける

監修 伊勢田哲治

執筆 福田伊佐央

Topic

眠りを変える技術「スリープテック」

世界が注目する,快眠にみちびく最新テクノロジー

監修 栗山健一

協力 樋江井哲郎

執筆 山本尚恵

Topic

スマホ依存になっていませんか?

使う時間と場所を自分で制御できない心の病

監修 髙橋英彦

執筆 福田伊佐央

Nature View

海の王者サメ

独自の進化が生んだ特殊な体と生態

監修 田中 彰

執筆 薬袋摩耶

Topic

地球が好きになる岩石図鑑

石には地球の歴史が詰まっている

監修 西本昌司

執筆 中作明彦

Topic

宇宙飛行士の訓練


宇宙飛行士に求められる資質や能力とは?

監修 柳川孝二

執筆 北原逸美

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/10/26
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

3 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
21%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年11月25日発売

目次: 【特集:地球防衛】
危険な小惑星にどう向き合うか
100年に1回の衝突を見逃さない ほか
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50年 そして現在
極限微生物が変えた進化観 深海に探る生命の起源
-----------------------------------------------------------------
吃音症はなぜ起こるのか 神経科学が示す治療の糸口

ジェームス・ウェッブ宇宙望遠鏡 ついに開眼へ

太古のマントル岩石にCO2封印 中東オマーンで実験開始
-----------------------------------------------------------------

★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SCOPE
エキノコックス なぜ日本に?/国産ワクチン開発 今後の課題は/
CO2でCO2吸収材料を作る/小笠原諸島発 軽石1300kmの旅

◇ADVANCES
自転の変化が大気酸素化に影響/原子1層の極薄磁石/泡の力/昔のイヌの食生活/
生命体センサー/記録破りの山火事/クジラの声をつかめ/ニュース・クリップ/
マイクロプラごみ掃除機 ほか

◇From Natureダイジェスト:1~2年でコロナ再感染のリスク

◇新連載! 数楽実験室 マテーマティケー:斜めに見る

◇ヘルス・トピックス:ウルシかぶれに救いの手

◇パズルの国のアリス:勝率の履歴

◇BOOK REVIEW
『なぜ心はこんなに脆いのか』 鈴木光太郎
『ヒトはなぜ「がん」になるのか』 中西真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか

◇サイエンス考古学

◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,152円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/10/25
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年11月30日発売

目次: 【総力特集】
○驚きの大地 セレンゲティ
●生命の大移動
数千種の動植物が生きるセレンゲティ。野生の営みが見られるが、そのバランスが崩れる危機がある。
●思いがけない真の王者
オグロヌーはセレンゲティで最も重要な動物だ。太古から大移動を繰り返し、草原の生命を循環させてきた。
●フォトエッセイ 野生の地に暮らす
セレンゲティには豊かな伝統を守りながら暮らす人々がいるが、資源をめぐる難題が影を落としている。
●聖なる森の声を聴く
ケニア南部のロイタ地域には、マサイの人々にとって神聖な森がある。その森を守る精神的指導者に話を聞いた。
●フォトエッセイ 命を懸けた戦い
季節によって獲物が増減するアフリカの平原では、次の食べ物にありつけるかが命を懸けた重要な問題となる。

○特製付録:大平原が支える生命/オグロヌーの大移動


【コラム】
○地球を感じる
●模様
生き物たちがまとう、多種多様な模様。捕食者から身を守るためだったり、パートナーを獲得するためだったり、目的はいろいろだが、どれも自然が生み出したアートだ。
●音
ガラガラヘビが威嚇する音からクモの糸が振動する音、クジラの歌声にオオカミの遠吠え……自然界に存在する、さまざまな音について、読んで、そして聞いてみよう。
●色
火山の噴火が創り出したキャンバスを、ちっぽけな微生物から高くそびえる樹木まで、多種多様な生き物たちがカラフルに彩る。溶岩を吹き出すアイスランドの火山を訪れた。
●香り
100年以上前、ハワイの山腹でひっそりと姿を消したアオイ科の木の花。永遠に失われたその香りをよみがえらせようと、科学者たちが残された標本を基に復元に取り組んだ。
●スピード
2000年以降、世界各地の氷河から溶け出した水は5.3兆トンを超える。景観は一変し、海水面は上昇を続けている。

●読者の声
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「アフタースキーのお楽しみ」
●今月の表紙:草を求めて移動していくシマウマとオグロヌー。捕食動物が潜む場所では、よく一緒に行動する。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/10/29
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

5 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年12月03日発売

目次: 特別付録は星見や撮影にも便利な「星空ハンドブック2022」。特集の「星のゆく年くる年」で2021年の天文イベントを振り返り、2022年を迎える準備をしましょう。

★表紙画像
大熊正美さん撮影の「11月8日 白昼の金星食」です。青空の中、細い月とキラリと輝く金星の姿が美しいです。

★綴じ込み特別付録 星空ハンドブック2022
2022年の毎月の星図と主な天文現象、惑星の動き、天体出没表などをまとめた便利なハンドブック。B5版で見やすく、フィールドへ持ち出しやすいサイズです。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「ゆく年」
「2度の月食」や「ペルセ群突発出現」が話題になった2021年。「はやぶさ2」のサンプルリターンや加速する有人宇宙開発、コロナ禍で行われた天文イベント、新発売の天文機材をまとめました。

★暮れる2021年×明ける2022年 星の「くる年」
2022年の天文界は私たちにどんな天文ショーを見せてくれるでしょうか。注目は「皆既月食と同時に起こる天王星食」。そのほかにも、好条件のしぶんぎ座流星群や5惑星の接近、火星の最接近など見逃せない天文現象が満載です。

★機材セレクション 進化した電視観望専用機 eVscope 2
一世を風靡した電視観望専用望遠鏡「eVscope」の次世代機「eVscope 2」が発売されました。光害のある場所でも写真に近い天体の姿を楽しめたり、スマートフォンを用いて天体画像をシェアしたりできます。実際に試用してレポートします。

★Observer’s Navi 2022年の注目現象 小惑星による恒星食・変光星・彗星
2022年に観測したい現象を項目ごとに解説。好条件なものが多い「小惑星による恒星食」、2022年注目の「変光星と観測ポイント」、大化けの可能性もある「彗星」。気になるトピックをチェックして2022年に備えましょう。

★天文台マダムがゆく 拡大版 みんなでワイワイ!宇宙ボードゲームで盛り上がろう
アナログ世代には懐かしく、デジタルネイティブには斬新で現在ブーム再燃中のボードゲーム。家族や仲間で楽しめる、宇宙にまつわる2作品を紹介します。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/11/05
    発売号

  • 2021/10/05
    発売号

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

6 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

7 Nature(個人購読専用)

ネイチャー・ジャパン株式会社

最大
93%
OFF
送料
無料

世界No.1総合科学ジャーナル 『Natureで、最先端の科学に出会う!』

  • 2018/04/05
    発売号

  • 2018/03/01
    発売号

  • 2018/02/01
    発売号

  • 2018/01/04
    発売号

  • 2017/12/07
    発売号

  • 2017/11/02
    発売号

8 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/10/12
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

送料
無料

月刊マテリアルフロー

2021年12月01日発売

目次: 特集//物流テック最前線 ~自動認識,ロボティクスからDX人材育成まで
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今や,本誌特集の定番のイメージもある物流テック。IT,ロボティクス,AI,DX……等々,フォーカスするポイントによって様々な切り口があり,今シーズンも何度目かのイシューとなったが,メインテーマを同じくしながらも,毎回全く彩を変えてお届けしたいと考えている。今回は,自動認識技術の物流関連トピックを総覧してJAISAのキーマンに語っていただき,先端ロボット導入現場その後のリアルな改善報告という視点で日通×ラピュタの現場ルポ,ASLFの超速ルポでは,先端卸企業対談で「DX人材の育成」という未来志向の取り組みを掘り下げた。三菱商事×GreyOrangeのセミナー報告では海外初の新たなビジネスの潮流から,RaaSの実際について詳らかに紹介。フィニッシュはいよいよその成果の全貌が見え始めてきたSIPの注目トピックについてダイジェストでお届けする。色とりどりの物流テックの「今」を読み取っていただければ幸いである。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


■特集
[日本自動認識システム協会]
物流DXに貢献する自動認識技術
◎RFID・画像認識とのハイブリッド活用主流に

[日本通運/ラピュタロボティクス]
AMR増強でヒトとの協働型オペレーションを徹底追求
◎トータルピッキングからオーダーピッキングへ転換

[ASLF2021誌上セッション|先端卸企業対談]
デジタル化時代の課題を突破する物流人材の素養とは
◎トラスコ中山(株) 取締役 物流本部 本部長 直吉秀樹氏×㈱PALTAC 常務執行役員 研究開発本部長 三木田雅和氏

[三菱商事×GreyOrange|オンラインセミナー]
倉庫ロボットの潮流を語る~今,世界で注目のマイクロ・フルフィルメント・センターとは
◎GreyOrange(株) CO-FOUNDER&CEO Samay Kohli氏

[戦略的イノベーション創造プログラム]
社会実装に向けて各プロジェクトの進捗を中間報告
◎SIP「スマート物流サービス」,オンラインシンポジウム開催

■企画
[日本物流システム機器協会]
半導体・電子部品不足に係る緊急覆面座談会
◎納期遅延から大幅売上減にまで波及しかねない半導体クライシスの実態

[展示会レポート]
第23回 自動認識総合展
AUTO-ID & COMMUNICATION EXPO

[統計調査レポート]
物流関連市場調査結果を紹介
◎食品通販,ERPパッケージ,段ボール市場の将来予測

■連載
[物流現場を刷新するDDM(デジタル・デシジョン・メイキング)入門]2
デシジョン(判断)するコンピュータが現場を劇的に変革
◎The Team Digital Decision LLC 代表 酒匂秀敏

[医薬品GDP入門]12
GDPガイドラインの実践に向けて
◎小山ファーマコンサルティング 代表 小山靖人

[チャイナレポート]9
《キーパーソンインタビュー》落とし穴にはまった大企業が再び走り出せるようになる顧客最優先の新時代SCM…中国科学院ソフトウェア研究所 研究員 韓永生教授
《物流改善事例》ロジスティクスはどのようにしてブランド力を高めるための強力なツールになるのか?…eifiniサプライチェーン
《ニュースフラッシュ》

[LOGI裏の統計学]8
海上運賃の高騰を機に考える国際物流コストの統計~貿易統計をベースにしたコスト把握アプローチで実態に迫る
◎合同会社サプライチェーン・ロジスティクス研究所,城西大学非常勤講師/久保田精一

[システムの眼Ⅱ]65
八番目の孫は突如やって来た
◎早稲田大学 名誉教授/高橋輝男

[5分で読める教養講座 87《おススメ書籍》ひとくちガイド]
核心の中国~習近平はいかに権力掌握を進めたか(朝日新聞出版)
旧制高校物語~真のエリートのつくり方(潮書房光人新社)
西郷隆盛101の謎~なぜ今も日本人にこれほど愛されているのか(文春文庫)
◎小泉事務所 代表/小泉 豊

参考価格: 1,980円

物流現場・人とITを結び付け、ロジスティクスを具現化する

  • 2021/11/01
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/01
    発売号

  • 2021/08/01
    発売号

  • 2021/07/01
    発売号

  • 2021/06/01
    発売号

ファインケミカルの所属カテゴリ一覧

キャンペーン&TOPICS

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌