ファインケミカル 発売日・バックナンバー

全206件中 1 〜 15 件を表示
著者一覧
垣内史敏 慶應義塾大学
三浦雅博 大阪大学
中尾佳亮 京都大学
安藤吉勇 東京工業大学
吉野達彦 北海道大学
星川 環 エーザイ(株)
澁口朋之 エーザイ(株) 
黒川利樹 エーザイ(株) 
吉村 光 エーザイ(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】C-H結合の官能基化が拓く新しい有機合成―有用物質の効率的合成に向けて―

-------------------------------------------------------------------------

鉄ホスフィン錯体を触媒に用いる炭素-水素結合官能基化反応   
Functionalization of Carbon-Hydrogen Bonds Using an Iron-Phosphine Complex

 炭素-水素結合の触媒的官能基化反応のうち,安価・安全な鉄を触媒に用いる反応は近年注目されている。それらの中で,単離可能な鉄錯体を触媒に用いる芳香族ケトンのオルト位炭素-水素結合切断を経る末端アルケンとの反応によるアルキル化ならびにメチレンシクロプロパン類との反応によるホモアリル化反応について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.芳香族ケトンと末端アルケンとの反応
3.鉄中心の1,4-移動を経るC-H結合官能基化
4.メチレンシクロプロパン類との反応によるC-H結合のホモアリル化反応
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

直接的芳香族カップリング反応の開発
Development of Direct Aromatic Coupling Reactions
 
芳香族C-H結合を触媒的に切断し,直接芳香環に炭素-炭素および炭素-ヘテロ原子結合を形成できれば,従来のクロスカップリング法に比べ,反応段階が短縮され,副生成物の少ない効率的な誘導体化法となる。このため,C-H結合切断を経る直接的反応に関する研究が近年活発になされている。本稿では,筆者らの取り組みを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.直接カップリングに用いられる反応基質と反応経路
3.直接的芳香族カップリング反応の例
3.1 芳香族C-Hアリール化および脱水素ビアリールカップリング
3.2 C-Hアルケニル化
3.3 C-Hアルキニル化
3.4 直接的C-N,C-O,C-Sカップリング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

協働金属触媒によるC-Hホウ素化およびアルキル化反応            
C-H Borylation and Alkylation by Cooperative Metal Catalysis

 最も直截的な有機合成反応であるC-H官能基化における残された重要課題として,金属触媒に配位できる配位性配向基に頼ることなく,ありふれた反応基質に対して触媒によって反応サイト選択性を制御することが望まれている。遷移金属/ルイス酸協働触媒によって達成した芳香環のパラ位およびメタ位選択的C-H官能基化について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.安息香酸アミドのパラ位選択的ホウ素化反応
3.ピリジンの4位選択的ホウ素化反応
4.安息香酸アミドのメタ位選択的ホウ素化反応
5.ピリジンの3位選択的ホウ素化反応
6.置換ベンゼンのパラ位選択的アルキル化反応
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

キノン類への光照射を契機とするC-H結合官能基化法の開発と天然物合成への展開  
C-H Functionalization via Photoirradiation of Quinones and Its Application to Natural Product Syntheses

 キノン類はありふれた有機分子であるが,その光に対する反応性が有機合成に積極的に利用されることは少なかった。最近,キノン類への光照射を契機とした位置選択的なC-H結合の官能基化が収率よく進行することが明らかとなった。さらに,不斉中心を持つ基質へ適用すると,立体特異的なC-H結合官能基化も可能である。以下,我々の研究成果を中心に述べる。

【目次】
1.はじめに
2.励起ナフトキノンを活用するC-H結合官能基化法の一般性
3.立体化学についての検討
4.天然物合成への応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高原子価第9族遷移金属触媒による不斉C-H官能基化反応      
Asymmetric C-H Functionalization Reactions Using High-Valent Group 9 Metal Catalysts
 
 高原子価第9族遷移金属触媒はC-H官能基化反応に広く利用されるが,触媒的不斉反応への展開はいまだ発展途上である。本稿では,我々が最近取り組んでいる,第9族金属触媒とキラルスルホン酸イオンまたはキラルカルボン酸を組み合わせた不斉C-H官能基化反応について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.ロジウム/キラルスルホン酸イオン触媒による不斉C-H官能基化
3.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp2)-H官能基化
4.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp3)-H官能基化
5.キラルカルボン酸を用いた不斉C-Hアルキル化反応
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

電解反応を用いた不活性C(sp3)-H結合のフッ素化法の開発           
Development of an Electrochemical C(sp3)-H Fluorination Reaction
 
フッ素原子は医薬品候補化合物の活性や薬物動態プロファイルに大きく影響することが知られており,そのためフッ素原子の新規導入法の開発は創薬化学の観点から非常に重要である。今回我々は電解化学を利用した不活性なC(sp3)-H 結合のフッ素化反応を開発したので,その基質一般性や想定反応機構,さらには医薬品候補化合物への応用例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.反応条件の開発
3.基質一般性
4.含窒素架橋化合物のフッ素化
5.創薬研究における応用例
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

界面活性剤の概要と市場動向

【目次】
1.概要
2.種別/機能別の概要
3.アニオン界面活性剤
3.1 カルボン酸塩(石けんなど)
3.2 スルホン酸塩
3.3 硫酸エステル塩(AS,AESなど)
3.4 その他
4.カチオン界面活性剤
5.両性界面活性剤
6.非イオン(ノニオン)界面活性剤
6.1 エステル型
6.2 エーテル型
6.3 エステル・エーテル型
6.4 その他
7.その他の界面活性剤

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

クロロスルホン酸(Chlorosulfonic acid)
2,6-ジフルオロベンゾニトリル(2,6-Difluorobenzonitrile)
ベンゾフェノン(Benzophenone)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
加藤昌子 関西学院大学
古山渓行 金沢大学
八木繁幸 大阪府立大学
近藤瑞穂 兵庫県立大学
川月喜弘 兵庫県立大学
大山陽介 広島大学
三木康嗣 京都大学
大江浩一 京都大学
廣原志保 宇部工業高等専門学校
小幡 誠 山梨大学
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性色素の新展開

-------------------------------------------------------------------------

光機能性クロミック金属錯体の最前線
Frontier of Chromic Metal Complexes that Exhibit Photofunctionalities

 単独では光らない白金(II)錯体や銅(I)錯体も,分子間相互作用に基づく配列を精密に制御することで強発光性を発現する。これらの錯体結晶は,環境中の蒸気に応答して色や発光色が変化する明瞭かつ鋭敏な刺激応答性を示す。高秩序で柔軟な応答系であるソフトクリスタルの代表例として,光機能性クロミック金属錯体の魅力と最新例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.集積発光性クロミック白金(II)錯体の進化と深化
3.強発光性金属錯体の開拓と外部刺激応答性の導出
4.超分子金属錯体の構築と新奇クロミック系の導出
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

近赤外光活用を目指した有機機能性色素の合成技術
Synthetic Organic Chemistry of Functional NIR Materials
 
有機色素として著名なフタロシアニンに対し,合成法・分子間相互作用を見直すことで新たな骨格・機能を発現させることが可能となった。特に近赤外光利活用に注目し,フタロシアニン前駆体を利用した新規有機金属錯体の開発および,フタロシアニンの選択的会合を利用した温度センサーにおける最近の研究成果を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.近赤外光を活用できるボール型金属錯体の開発
3.フタロシアニンの分子間会合を利用した温度センサーの開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

デンドリマー型りん光性有機金属錯体の開発と塗布型有機電界発光素子への応用
Development of Phosphorescent Organometallic Complexes with Charge Carrier Transporting
Dendrons towards Application to Solution-Processed Organic Light-Emitting Diodes 

 近年,ディスプレイや照明機器の基盤技術として有機電界発光素子(OLED)が注目されているが,製造プロセスの低コスト化には溶液塗布法でのデバイス作製に期待が寄せられている。本稿では,キャリア輸送性デンドロンを付与した有機イリジウム錯体と有機白金錯体について,発光特性と塗布型OLEDへの応用を中心に概説する。

【目次】
1.はじめに
2.デンドリマー型りん光性有機イリジウム錯体の開発
3.正孔輸送性デンドロンを付与したりん光性有機白金錯体の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液晶性シアノスチルベンを用いたメカノクロミック高分子複合膜 
Mechanochromic Polymeric Composite Films using Liquid Crystalline Cyanostilbene

 機械的刺激によって発色・発光色が変化するメカノクロミック色素は液晶と組み合わせることで方位選択的な応答が可能となる。このような色素の性質を損なうことなく,効率的な高分子薄膜への固定を目指し,再結晶やゲル化など,ホストとなる高分子とわずかに相互作用させることを検討した。

【目次】
1.はじめに
2.可溶性高分子への分散
3.軸選択的メカノクロミズムと応力依存
4.短波長シフトする液晶生メカノクロミック色素
5.ゲル化を用いた短波長シフト型複合膜
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

飛沫を可視化する蛍光性フィルムの開発
Development of Fluorescent Films for Water Droplet
 
 光誘起電子移動(Photo-induced electron transfer:PET)特性に基づいて水分を検出できるPET型蛍光性水センサーを開発し,本センサーをドープした種々のポリマーフィルムの作製に成功した。本蛍光性フィルムは,乾燥時では微弱な緑色蛍光発光を示すが,水蒸気に曝露あるいは水滴に接触させた湿潤時では強い青色蛍光発光を示す。このような水分に対して光応答性を有する蛍光性水センサーフィルムは,ウイルスを含んだ飛沫を可視化する簡便な機能性色素材料としての展開が期待できる。

【目次】
1.はじめに
2.PET型蛍光性水センサー薄膜の水分に対する光応答性
3.PET型蛍光性水センサーをドープしたポリマーフィルムの水分に対する光応答性
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

pH応答性近赤外色素を用いるがんの可視化
Tumor Imaging Utilizing pH-Responsive Near-Infrared Dyes
 
ヒトに対し利用できる近赤外色素造影剤インドシアニングリーンの分子内に求核性官能基を導入することにより,pH応答性色素を開発した。pH 応答性色素と腫瘍ターゲティング分子を複合化した造影剤は腫瘍に効率よく集積し,光および光音響イメージングを用いる腫瘍の可視化に有効であることを見出した。

【目次】
1.はじめに
2.pH応答性ICG類縁色素の合成と物性評価
3.pH応答性ICG類縁色素-RDGペプチド複合型腫瘍造影剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

がん医療のための光増感剤の開発
Development of Photosensitizers for Cancer Medicine
 
 ポルフィリンは,がん治療法の一種である光線力学療法(PDT)用光増感剤として用いられる。この小稿では,ポルフィリン誘導体のPDT用光増感剤としての機能すなわち活性酸素生成や腫瘍集積性を高める方法と,PDT機能以外の光がん医療の機能を付与したセラノスティクス対応光増感剤の開発について,著者らの研究を中心に概説した。

【目次】
1.はじめに
2.光増感剤の高効率化
2.1 1O2発生の高効率化
2.2 腫瘍集積性の改善
3.セラノスティクス対応光増感剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.除草剤 rimisoxafen(リミソキサフェン)
2.殺菌剤 seboctylamine(セボクチルアミン)
3.殺虫剤 spidoxamat(スピドキサマト)
4.除草剤 tripyrasulfone(トリピラスルホン)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第5回(終):直接合成法の実用性の評価と今後の課題
Evaluation of Practicality of Direct Synthesis Process and Future Issues

 H2O2の直接合成は反応式の簡潔さからシンプルな製造プロセスが期待されるが,その一方でH2とO2による爆発のリスク回避がプロセス条件を制約する。今回は反応動力学に基づくシミュレーションにより5%-Pd/C触媒の実用性の評価を試み,工業化に向けた課題を整理する。併せて各種反応形式を概観する。

【目次】
1.はじめに
2.H2O2直接合成の実用性の評価
2.1 反応成績の指標
2.2 シミュレーションの手法
2.3 5%-Pd/C触媒での計算
2.4 想定プロセス
2.5 今後の課題
3.反応形式についての考察
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

イソオイゲノール(Isoeugenol)
オルトギ酸エステル類(Orthoformic acid esters)
プロピオニトリル(Propionitrile)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
山下裕司 千葉科学大学
関口孝治 日油(株)
内山博雅 大阪医科薬科大学
門田和紀 大阪医科薬科大学
戸塚裕一 大阪医科薬科大学
菅原知宏 東洋紡(株)
岸本憲人 小豆島ヘルシーランド(株)
土井萌子 大東化成工業(株)
岡部伊織 ポーラ化成工業(株)
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次

【特集】化粧品開発の最新動向Ⅱ―有用成分と機能性付与―

-------------------------------------------------------------------------

界面活性剤自己組織体が創る化粧品製剤
Cosmetic Formulation Based on Surfactant Self-Assembly

 様々な化粧品製剤の品質および機能において界面活性剤は重要な役割を担っている。化粧品の剤型や用途,また近年では安全性や環境への配慮に応じて界面活性剤が使い分けられているが,化粧品を製剤化する上で界面活性剤の溶液挙動は重要なポイントである。本稿では,界面活性剤および自己組織体をレビューし,最近の化粧品の製剤研究動向を紹介する。

【目次】
1.化粧品と界面活性剤
2.製剤化の本質
3.自己組織体の形成理論
4.自己組織体の応用例
4.1 自己組織体の分散系(リポソーム/ベシクル,キュボソーム,ヘキソソーム)
4.2 両連続型の自己組織体
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

化粧品用保湿剤の特徴と両親媒性ポリエーテルの応用
Characteristics of Moisturizer for Cosmetics and Application of Amphiphilic Polyether
 
保湿剤は,乾燥による皮膚トラブルを防止する重要な化粧品基剤である。化粧品用保湿剤としては,ポリオールのような低分子からヒアルロン酸のような生体高分子まで多種多様な構造を有するものが知られている。我々は,感触と機能を両立した新規両親媒性ポリエーテルを設計し,その有用性について明らかにした。

【目次】
1.はじめに
2.化粧品用保湿剤の種類と特徴
2.1 NMF(類似)成分
2.2 ポリオール類
2.3 高分子保湿剤
3.水溶性保湿油WILBRIDEⓇ S-753の特性
3.1 新規水溶性保湿油の分子設計
3.2 WILBRIDEⓇ S-753の保湿効果
3.3 WILBRIDEⓇ S-753の皮膚浸透制御効果
4.非対称分子量分布を有する新規水溶性保湿油
4.1 ACROBUTEⓇ 60MB-63の洗浄製剤における有用性
4.2 保香剤としての応用展開
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリフェノール化合物の化粧品への応用を指向したコンポジット製剤の設計    
Design of Composite Formulation Aimed at an Application to Cosmetics of Polyphenol Compounds
 
 ポリフェノール化合物は,抗酸化作用や抗炎症作用など優れた効能・効果を持つが,非常に低い溶解性を示すため,皮膚への応用は制限される。そこでポリフェノール化合物の皮膚への応用を目指し,酵素処理ステビアと水溶性ポリマーの間で形成されるコンポジットを用いて,ポリフェノール化合物の溶解性改善について試みた。

【目次】
1.はじめに
2.酵素処理ステビア-水溶性ポリマー間でのコンポジット形成によるケルセチンの溶解性改善
3.酵素処理ステビア-PVP間でのコンポジット形成によるクルクミンの溶解性改善とゲル製剤への応用
4.まとめと今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

マンノシルエリスリトールリピッド-B(MEL-B)の化粧品への応用     
Excellent Properties of Mannosylerythritol Lipid-B(MEL-B)for Cosmetics

 マンノシルエリスリトールリピッド-B(MEL-B)は,酵母Pseudozyma tsukubaensisが生産する糖脂質型バイオサーファクタントである。特性面では,バイオサーファクタントとしての界面活性に加え,優れたラメラ形成能や皮膚保湿作用などの機能性,特徴的な使用感を付与する点が明らかになっており,化粧品への採用が広がっている。本稿では,MEL-Bの化粧品素材としての研究について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.MEL-Bの有用性評価
2.1 MEL-Bのin vitro評価
2.2 MEL-Bのin vivo評価
2.3 MEL-Bの保湿メカニズム評価
3.MEL-Bの使用感に着目したアプローチ
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

オリーブの部位別素材からサスティナブルで高機能な化粧品原料の開発        
Development of Sustainable,High-Performance Cosmetic Ingredients Extracted from
Olive-Tree Derived Matrices
 
 これまで廃棄物や未利用資源となっていた,オリーブの部位別素材(果実の搾り粕,葉,枝,樹皮)には,エイジングケアのための有用な機能性成分が含まれていることを見出してきた。サスティナブルで高機能な化粧品の原料を目指して,オリーブの部位別素材から抽出したエキスの開発におけるこれまでの研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.表皮の機能におけるオリーブ部位別エキスの有用性評価
2.1 抗酸化作用
2.2 紫外線防御作用
2.3 メラニン産生抑制作用
3.真皮の機能におけるオリーブ部位別エキスの有用性評価
3.1 抗糖化作用
3.2 線維芽細胞賦活作用
3.3 皮膚構造タンパク質分解酵素の阻害作用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

サクランの皮膚保護作用と化粧品への応用
Function of Sacran as an Artificial Skin Barrier and the Application for Cosmetics
 
スイゼンジノリ(Aphanothece Sacrum)から抽出されるSacran(サクラン)は,構成単糖11種類からなる超高分子量の天然多糖体で,その独特な構成糖に由来するユニークな特徴を有している。今回はスキンケア成分としての有用性やアンチポリューション効果など,サクランのユニークな皮膚保護効果を中心とした化粧品への展開について紹介する。

【目次】
1.背景
2.皮膚の基本的な構造と機能
2.1 表皮の構造
2.2 角層の構造
2.3 皮膚のバリア機能
2.4 角層細胞由来パラメーターの意味
3.サクランの物理化学的性質
3.1 被膜形成能
3.2 乳化能
4.皮膚保護作用の観点から見たサクランゲル状シート(GS)の機能
5.サクランフィルムのアンチポリューション効果
6.アトピー性皮膚炎罹患歴のある健常人の皮膚機能に対するサクラン配合製剤の効果
7.サクランの効果

-------------------------------------------------------------------------

抗シワ医薬部外品の現状
The Current State of Quasi Drugs for Anti-Wrinkle 
 
 シワは幅広い世代において改善ニーズの高い肌悩みである。本邦では2016年に初めて「シワ改善」の効能を標榜した医薬部外品の製造販売が承認され,現在では多くの製品が販売されている。本稿では,シワの発生機序と抗シワ有効性評価の国内ガイドラインについて触れた後,主要な抗シワ医薬部外品主剤,さらに抗シワ医薬部外品の開発事例としてNEI-L1Ⓡにおける抗シワ有効性評価ならびに作用機序について論じる。

【目次】
1.シワの発生機序
2.抗シワ有効性評価のガイドライン策定
3.抗シワ部外品の主剤
3.1 レチノール
3.2 ナイアシンアミド
3.3 NEI-L1Ⓡ
4.抗シワ部外品成分の開発事例~NEI-L1Ⓡの場合~
4.1 NEI-L1Ⓡの抗シワ有効性評価
4.2 NEI-L1Ⓡの作用機序
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------
[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第4回:DFT計算による反応機構の検証
Verification of Reaction Mechanisms by DFT Calculation

 直接H2O2合成反応の機構を立証する手段が乏しい中で,量子力学に基づく理論計算が強力な武器として期待される。しかしながらハード,ソフトの両面から大きな制約があり,モデルの設定と結果の解釈には慎重を要する。本稿では我々独自の表面モデルを用いてDFT計算を行い,前回までに提案した種々の反応機構と合致する結果を得たので紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.貴金属の活性化エネルギー特性評価
3.Pd触媒のサイト特性と添加物効果の検証
3.1 H2の解離吸着エネルギー
3.2 O2およびH2O2の吸着エネルギー
3.3 H2O2生成反応におけるエネルギー変化
3.4 ハロゲン化水素の吸着エネルギー
3.5 H2-O2反応へのH2Oの関与
4.貴金属の水素活性化能
4.1 Pd触媒への各種貴金属原子の添加効果
4.2 Au触媒へのPt添加効果
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アンスラニル酸(Anthranilic acid)
4-t-ブチルカテコール(4-t-Butyl catechol)
ベンジルアルコール(Benzyl alcohol)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
鵜飼育弘 Ukai Display Device Institute
遠藤幸典 日本化工塗料(株)
清水大介 日本化工塗料(株)
嶋 秀一 アフロディ(株)
瀧 雅彦 アキレス(株) 
西島正敬 アキレス(株)
田淵 穣 DIC(株)
多々見 央 東洋紡(株)
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学
鈴木 潤 北興化学工業(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】タッチパネルのためのケミカルス

-------------------------------------------------------------------------

車載用タッチパネルとその構成材料への要求特性および開発・実用化事例   
Required Characteristics for In-Vehicle Touch Panels and Their Constituent Materials,
and Examples of Development and Practical Application

 車載用タッチパネルは,従来抵抗膜式であったが,最近は投影型静電容量式が主流である。車載タッチパネルの要求性能および構成材料として低反射化技術と光学貼り合わせ材料について概説した。実用化事例としては,高コントラスト・高耐久性偏光板と世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材を取り上げた。

【目次】
1.はじめに
2.車載用タッチパネルの要求性能
3.車載用タッチパネルの実用化と開発動向
3.1 投影型静電容量方式
4.構成部材への要求性能
4.1 低反射化技術
4.2 光学貼り合わせ材料とプロセス
4.3 OCA/OCR
4.4 ナノインプリント技術とモスアイ
5.実用化事例
5.1 高コントラスト・高耐久性偏光板
5.2 世界最高レベルの広角の低反射性と防曇性を兼ね備えた光学部材
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

タッチパネルディスプレイ用機能性コーティング剤の開発とその評価手法について
Development and Evaluation Method of Functional Coating for the Touch Panel Displays

 タッチパネルディスプレイは,指触で付着する指紋汚れと光の反射や映り込みにより,視認性が損なわれることがある。タッチパネルディスプレイに求められる機能性コーティング剤の開発動向を,その機能性を評価する方法にも触れながら解説する。

【目次】
1.はじめに
2.視認性の不具合
3.耐指紋性を付与する機能性コーティング剤
3.1 指紋と指紋汚れ
3.2 耐指紋性の評価方法
3.3 耐指紋性コーティング剤について
3.4 耐指紋性コーティング剤のラインナップ
4.外光の影響を抑制する機能性コーティング剤
4.1 ディスプレイのぎらつきのメカニズムについて
4.2 ぎらつきの測定手法
4.3 ぎらつき抑制アンチグレアコーティング剤について
4.4 アンチグレアコーティング剤のラインナップ
4.5 ディスプレイ画素距離とぎらつきコントラストの関係
4.6 ディスプレイの鮮鋭度の評価について
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリピロールめっき法を用いた皮革調立体タッチパネル   
Leather-Like 3D Touch Panel by Polypyrrole Electroless Plating Method
 
 意匠と機能を兼ね備えた三次元形状の立体タッチパネルを紹介する。光を透過する合成皮革を使用することで,その皮革表面に各種情報を表示でき,シームレス化によるデザイン性と高級感を演出することができる。今回開発した技術はさまざまな分野への適用を想定しており,現在,広く用途探索を行いながら,快適な社会の実現に貢献できればと考えている。

【目次】
1.はじめに
2.ポリピロール塗料を用いた新めっき法
2.1 ポリピロールめっき法の特長
3.ポリピロールめっき法の応用展開
3.1 電磁波シールドフィルム
3.2 非接触給電コイル
4.皮革調立体タッチパネルの技術概要
4.1 タッチパネルについて
4.2 タッチパネル向け立体電極材料について
4.3 ポリピロールめっき法による立体透明電極
4.4 光透過性合成皮革による意匠性の付与
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

シリカナノ粒子を用いた反射防止・防汚技術とその応用
Anti-Reflection/Anti-Fouling Technology using Silica Nanoparticles

 地球上に豊富に存在する元素で構成されるシリカは,安価で安定な,工業的に重要な物質である。シリカの低屈折率を利用して反射防止膜,親水性を利用して超親水膜が得られる。これらは視認性を向上させるため,タッチパネルに必要とされる機能である。シリカを用いて検討した反射防止膜,超親水膜についての概要を述べる。

【目次】
1.はじめに
2.シリカナノ粒子の応用例
2.1 反射防止膜
2.2 超親水膜
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

透明導電性フィルムの高温高湿耐久性・フレキシブル性向上検討       
Examination to Improve Durability in High Temperature and High Humidity Environment and
Flexibility of Transparent Conductive Film
 
 プラスチックフィルム基板の透明導電膜は高温・高湿下の電気抵抗が安定しない。高温・高湿下の抵抗安定性は,透明導電膜とプラスチックフィルムの界面や透明導電膜の結晶性の制御により改善できる。また,近年では透明導電性フィルムのフレキシブル性向上が求められており,透明導電性フィルムの構造制御による改善について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.ITOについて
3.ITOとプラスチックフィルムの付着力
4.ITO膜の結晶性
4.1 プラスチックフィルムに含まれる水
4.2 結晶化シード層
5.透明導電膜のフレキシブル性
5.1 透明導電性フィルムの厚み
5.2 透明導電膜の構造
6.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第3回:貴金属の触媒特性と二元触媒
Precious Metal Catalytic Properties and Bimetallic Catalysts

 過去2回はPd触媒による直接H2O2合成について述べてきたが,今回はほかの貴金属の触媒特性はどうなっているのか,またPdにほかの元素を加えると活性はどのように変化するかをまとめた。さらにこれらの活性変化が表面構造変化あるいは速度論からどのように解釈されるかについても考察した。

【目次】
1.はじめに
2. 各種貴金属PVPコロイドによるH2-O2反応
3.Pt触媒への添加物効果
4.二元系触媒へのアプローチ
4.1 二元系触媒概観
4.2 Pd-PVP触媒への第二金属添加効果
4.3 Pt-およびIr-添加Pd-PVP触媒系によるH2-O2反応の動力学
4.4 Au-PVP触媒に対するPt添加効果
4.5 今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

[R&D Report]

キラル農薬の動向
Trend of Chiral Pesticides

 キラル農薬は片方の鏡像異性体が標的とする生物種に対し特異的に活性を示す場合もあり,散布量の低減などのメリットが大きい。一方で光学分割や不斉合成の技術は発展しつつあるものの,2010年以降に国内登録されたキラル農薬を見ても,単一の光学異性体での開発事例はわずかである。これらキラル農薬の最新動向について,取り纏めたのでここに紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.キラル農薬の開発動向
3.キラル農薬の合成法
4.キラル農薬の生物活性
5.キラル農薬の環境動態
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

トリブチルホスフィン(Tributyl phosphine)
p-t-ブチル安息香酸(p-t-Butyl benzoic acid)
2-メチルイミダゾール(2-Methyl imidazole)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
杉林堅次 城西国際大学
田中晶子 神戸薬科大学
坂根稔康 神戸薬科大学
金沢貴憲 静岡県立大学
青木吉嗣 国立精神・神経医療研究センター
宮田完二郎 東京大学
茨木ひさ子 東京薬科大学
隅谷和樹 北九州市立大学
和泉弘人 産業医科大学
望月慎一 北九州市立大学
櫻井和朗 北九州市立大学
秋永士朗 ナノキャリア(株)
内藤健一郎 ナノキャリア(株)
土屋千映子 ナノキャリア(株)
松山哲人 ナノキャリア(株)
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】次世代中分子創薬におけるDDSの実用化と展望

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

経皮DDSの最前線―iDDSに適した製剤技術―
Forefront of TDDS:Formulation Technology Suitable for iDDS

 医療の世界において,AI診断やオンライン診療,「ダ・ヴィンチ」による遠隔手術,さらには皮膚,心臓などの人工臓器などが現実的になってくるに及んで,クスリのカタチや適用方法も,いつまでも「1日3回食後に2錠ずつ服用」などとはいかなくなると考えるようになった。アーノルド・シュワルツネッガーが主演を務めたターミネータ・シリーズの第1作が公開されたのは1984年のことであったが,ヒト型AIというべきかヒト型ロボットいうべきかはわからないが,とりあえず,あのT-800がやってきた2028年はもうすぐである。その時の主薬は?製剤は?投与部位は?投与方法は?いま研究されていることから手を休め,このような近未来の医薬のことをじっくり考える時間を持ってみるのもよいのではないか。

【目次】
1.はじめに
2.経皮ドラッグデリバリーシステムの利用
3.経皮ドラッグデリバリーシステムの発展
4.薬をインストールするという概念とiDDS

-------------------------------------------------------------------------

鼻腔内投与による中分子ペプチドの脳内送達
The Direct Delivery of Medium Molecule Peptides to the Brain by Nasal Administration
 
 現在,脳疾患に対する医薬品開発を行う際の課題のひとつは,脳への薬物移行である。静脈内投与後あるいは経口投与後の水溶性薬物や高分子医薬品の脳移行は,血液-脳関門により著しく制限されている。一方,鼻腔と脳脊髄液(cerebrospinal fluid,CSF)あるいは脳組織との間には直接的な薬物移行経路の存在が指摘され,脳への直接的な薬物移行を利用した鼻腔内投与による脳疾患治療システムの開発が期待されている。本稿では,自閉症スペクトラム障害治療薬候補であるペプチド性医薬品オキシトシン(oxytocin,OXT)をとりあげ,鼻腔内投与後の脳移行性ならびに自閉症治療の可能性を検討した結果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.薬物の鼻腔から脳への直接移行経路
3.鼻腔内投与によるoxytocinの脳内送達
4.さいごに

-------------------------------------------------------------------------

鼻-脳輸送機構を基盤とする中枢標的DDSナノキャリアの開発
Development of Nose-to-Brain Route-Based DDS Nanocarrier Targeted for Central Nerve System
 
 中枢疾患に対する有効な治療薬開発において,全身循環血流を介した中枢への薬物移行を制限する血液-脳関門(BBB)を克服した中枢へのDDSの開発が重要な鍵となる。本稿では,BBBを介さない鼻から脳への直接的な薬物輸送機構であるNose-to-Brainを基盤とするDDSナノキャリアについて,筆者らの研究成果を紹介しながら概説する。

【目次】
1.はじめに
2.Nose-to-Brain分布動態の定量的解析技術の確立
3.Nose-to-Brainデリバリーに適するナノキャリアの粒子特性の探索
4.細胞透過性ペプチド修飾高分子ミセル(MPEG-PCL-Tat)による薬物・核酸のNose-to-Brainデリバリー
5.MPEG-PCL-Tatによる脊髄への薬物・核酸デリバリー
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

筋ジストロフィーに対する次世代核酸医薬の実用化と展望
Drug Delivery System of Therapeutic Oligonucleotides for Muscular Dystrophy

 デュシェンヌ型筋ジストロフィーやその他の筋疾患の責任遺伝子と病態が明らかになるに伴い,治療法の開発には目覚ましい進歩がある。中でも,アンチセンス核酸であるエクソン53スキップ薬は,本邦初の筋ジストロフィー治療剤として2020年に早期条件付き承認された。核酸医薬の治療効果向上と様々な疾患への応用には,膜透過ペプチドやナノマテリアルを用いて,細胞内移行性や標的組織指向性を改善させるデリバリー研究が重要である。

【目次】
1.はじめに
2.モルフォリノ核酸のデリバリー研究
2.1 膜透過ペプチドによるPMOデリバリー
2.2 疾患モデルを用いた膜透過ペプチド付加PMOの開発
3.ナノ医薬による筋組織への核酸デリバリー
3.1 サイズ調整による炎症性筋組織ターゲティング
3.2 トランスサイトーシスを介した筋組織ターゲティング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

細胞間隙を標的としたsiRNA組織内浸透型DDSの設計        
Design of Intratissue-Penetrating siRNA Delivery System Targeted for Intercellular Route

 核酸医薬をはじめとする中分子医薬を,送達困難な標的組織内の広範囲かつ高濃度に送達させるための「組織内浸透性」を解決する突破口として,細胞間隙に着目した。タイトジャンクションモジュレーターとナノ粒子を組み合わせて構築した組織内浸透型DDSについて,これまでの知見と研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.タイトジャンクション(TJ)モジュレーターによる薬物デリバリー
3.経皮投与によるsiRNAデリバリー技術
4.細胞間隙ルートを標的としたsiRNA皮内浸透キャリアの開発とアトピー性皮膚炎治療効果
4.1 細胞内動態制御ペプチドSTR-CH2R4H2C
4.2 柔軟性リポソーム(DOPE-リポソーム)
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

多糖核酸複合体の発見と核酸医薬DDSへの応用 
Polysaccharide/DNA Complex and its Application to AS-ODNs Delivery System

 我々は天然多糖であるシゾフィランが特殊な条件下においてポリデオキシアデニンと複合体を形成することを発見し,光散乱法を用いた構造解析と複合体を利用した核酸医薬送達を行ってきた。従来の複合体には幅広い分子量分布が存在していたが,最近の研究で,分布を持たない複合体の調整に成功した。本研究ではこの新規複合体の構造解析とその生理活性評価を行った。

【目次】
1.緒言
2.多糖核酸複合体の発見とその応用
3.複合体に関する新たな発見
4.低分子複合体の構造解析
4.1 各ピークの分画
4.2 GPC-MALS
4.3 CD
5.量子化複合体を用いたDectin-1陽性細胞へのAS-ODNの送達の検討
5.1 蛍光観察による量子化複合体の取り込み
5.2 量子化複合体の生理活性評価
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

低分子および中分子薬剤を内包する抗がん剤ナノDDS製剤の開発―ナノキャリア社の挑戦―
Developmnt of Anti-Cancer Drug Nanomachine Formulation Containing Small Molecule or Middle Molecule Drugs-Challenge of Nanocarrier Co., Ltd.- 

 ナノキャリアは東京大学の片岡一則名誉教授らが開発したナノテクノロジーDDS技術を基盤に設立されたバイオベンチャー企業であり,抗がん剤ナノミセルNC-6004,NC-6300の臨床開発を進めている。昨年9月には核酸医薬バイオベンチャー企業アキュルナを合併し,新たなDDS技術を駆使しPRDM14 siRNA抗がん剤NC-6100のPhaseI試験,TUG1 ASO抗がん剤,RUNX1 mRNA膝関節治療薬などの新規核酸医薬の開発を進めている。

【目次】
1.イントロダクション
2.抗がん剤ナノミセル製剤とその技術基盤
3.オリゴ核酸用に開発されたナノDDSとその応用
4.mRNA医薬に応用可能なナノミセルと膝関節症治療への応用
5.終わりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]キノリン系機能性化学品(天然物,染料,農薬,医薬品など)

第2回(終):医薬品の中間体
Medicine Intermediates

 第1回では天然物;染料,農薬の中間体について述べた。今回は医薬品中間体の工業的製法および用途について述べる。

【目次】
6.医薬品中間体
6.1 5-クロロ-8-ヒドロキシキノリン(39)
6.2 6-メトキシ-8-ニトロキノリン(41)
6.3 2-クロロシンコニン酸クロリド(45)
6.4 4,7-ジクロロキノリン(50)
6.5 1,4-ジヒドロ-6-メトキシ-4-オキソキノリン-3-カルボン酸エチル(53)
6.6 2,8-ビス(トリフルオロメチル)キノリン-4-カルボン酸(57)
6.7 4-クロロ-8-(トリフルオロメチル)キノリン(61)
6.8 4-クロロ-7-(トリフルオロメチル)キノリン(62)
6.9 7-フルオロ-3-(メチルスルフィニル)-4(1H)-キノロン(67)
6.10 9,11-ジヒドロ-7-メチル-9-オキソインドリジノール[1,2-β]キノリン-8-カルボニトリル(75)
6.11 キナルジン酸(8)[5.2 キナルジン酸(8)参照]
6.12 2-シクロプロピル-4-(4-フルオロフェニル)-3-キノリンカルボキシアルデヒド(79)
6.13 5-ブロモアセチル-8-ベンジルオキシカルボスチリル(85)
6.14 4-クロロ-6,7 ジメトキシキノリン(94)
6.15 4-ヒドロキシ-2-(4-イソプロピルチアゾール-2-イル)-7-メトキシ-8-メチルキノリン(98)
6.16 ボスチニブ(100)
6.17 7-メトキシ-4-オキソ-1,4-ジヒドロキノリン-6-カルボニトリル(104)
6.18 5-フルオロ-6-メトキシ-4-メチル-8-ニトロキノリン(106)
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第2回:酸とハロゲンイオンによるH2O2選択率制御
H2O2 Selectivity Control by Acid and Halogen Ions

 Pd触媒による直接H2O2合成において酸H+と臭素イオンBr-の同時添加はH2O2選択率向上に際立った効果を示す。Cl-もBr-より弱いが効果がある。これらが存在しなければH2とO2からの生成物はH2Oだけであり,H2O2は直ちにH2Oと1/2O2に分解する。今回はH2O2合成反応とH2O2分解反応の動力学的解析を通して反応機構とH+とBr-の作用原理に迫る。

【目次】
1.はじめに
2.H2O2分解反応からのアプローチ
3.H2O2合成反応に対するH+とBr-イオンの作用機構
3.1 H2O2合成反応に対するH+とBr-イオンの影響
3.2 ハロゲンイオンの作用
3.3 Br-イオンの吸着平衡
3.4 酸の作用
4.担体の効果

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

m-アミノフェノール(m-Aminophenol)
1-ブロモ-3-クロロプロパン(1-Bromo-3-chloropropane)
1-メチロール-5,5′-ジメチルヒダントイン(1-Methylol-5,5′-dimethyl hydantoin)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
城島輝臣 アグロサイエンス通信
三谷 晃 日本曹達㈱
野村路一 三井化学アグロ㈱
髙橋 淳 日本曹達㈱
川口昌宏 日本曹達㈱
浜本伊佐美 ㈱日曹分析センター
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
出口 隆 元住友化学㈱
岩本正和 東京工業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】農薬の動向と研究開発2021

-------------------------------------------------------------------------

国内農薬市場の推移―殺虫剤を中心にして(第4報)―
Transition of Domestic Market of Pesticides―Specialized in Insecticides(4)―

 前報1)に続いて,国内の農業用殺虫剤市場の推移について,2009年を基準として2019年までの10年間の動向を,特に2017年~2019年の動向を作用機構の面から重点的に調査した。解析に用いたのは,日本植物防疫協会より編集・発行された各年度の「農薬要覧」である。その結果,増加が顕著であった作用機構群は,ニコチン性アセチルコリン受容体アゴニスト,リアノジン受容体制御およびBtを除く生物殺虫剤グループであった。

【目次】
1.はじめに
2.農薬全体の出荷金額と出荷量の推移
3.殺虫剤の作用機構
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新農薬を目指した戦い
Battles for New Pesticide

 人口増加と農地減少の中,より効率的に食糧生産を行う必要があり,農薬の重要性は増している。規制強化など益々厳しくなる状況の中,持続可能な食糧生産を可能にするため新農薬の研究開発に挑む現状を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.農薬マーケットの現状と展望
3.農薬の研究開発
4.日本曹達の農薬研究
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規殺虫剤テネベナールⓇ(一般名:ブロフラニリド)の創製
Discovery of TENEBENALⓇ(broflanilide), a Novel Insecticide
 
 テネベナールⓇは,三井化学アグロ㈱により発見された独自のメタジアミド構造を有する新規殺虫剤であり,チョウ目,コウチュウ目などの様々な害虫に対し高い殺虫効果を示す。GABA受容体に作用し,既存の殺虫剤抵抗性害虫に対しても有効である。本稿では,テネベナールⓇ創製までの流れと,テネベナールⓇの作用特性について報告する。

【目次】
1.はじめに
2.メタジアミド骨格の発見
2.1 メタ置換
2.2 B環へのメチル基導入
2.3 カーバメート基の変換
3.構造最適化とテネベナールⓇの創製
3.1 A環
3.2 B環
3.3 C環
3.4 アミド部位
4.作用性と抵抗性害虫への効果
5.生物効果
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規殺ダニ剤アシノナピルの創製
Discovery of a Novel Acaricide, Acynonapyr
 
 アシノナピルは日本曹達㈱が開発した新規作用機構を有する殺ダニ剤である。本剤は各種ハダニに対して卓効を示すのみならず,有用生物や天敵に対する影響が少ないという優れた特性を有する。また,オキシアミン構造という独自性の高い構造を有している。本稿では,アシノナピルの創製経緯とその特徴に関して報告する。

【目次】
1.はじめに
2.リード化合物の発見
3.リード化合物からの最適化
3.1 フェノキシ部置換基の変換
3.2 架橋の導入
3.3 オキシアミン体の発見
3.4 アシノナピルの創出
4.生物効果
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.殺虫剤 cyproflanilide(シプロフラニリド)
2.殺菌剤 chloroinconazide(クロインコナジド)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]キノリン系機能性化学品(天然物,染料,農薬,医薬品など)

第1回:天然物;染料の中間体,農薬の中間体
Natural Products;Dyestuff and Pesticide Intermediates

 天然物,染料,農薬,医薬品などの中にはキノリン環を有する化合物がある。それらの原料であるキノリン系中間体の工業的製法および用途について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.キノリン化学発展の歴史
3.天然物
3.1 キノリン(1)
3.2 キナルジン(4.1参照)
3.3 キニーネ(2a),キニジン(2b)
4.染料(色素)中間体
4.1 キナルジン(3)
4.2 3-ヒドロキシ-2-メチルキノリン-4-カルボン酸(5)
5.農薬中間体
5.1 8-ヒドロキシキノリン(7)
5.2 キナルジン酸(キノリン-2-カルボン酸)(8)
5.3 7-クロロ-3-メチルキノリン-8-カルボン酸(10)
5.4 3,7-ジクロロキノリン-8-カルボン酸(17)
5.5 1,4-ジヒドロ-6-メトキシ-4-オキソキノリン-3-カルボン酸エチル(6.5参照)
5.6 4,5,7-トリクロロキノリン(23)
5.7 6-tert-ブチル-8-フルオロ-2,3-ジメチル-4-ヒドロキシキノリン(25)
5.8 2-エチル-3,7-ジメチル-6-[4-(トリフルオロメトキシ)フェノキシ]キノリン4(1H)-オン(29)
5.9 7,8-ジフルオロ-3-ヒドロキシ-2-メチルキノリン-4-カルボン酸(31)
5.10 3-キノリンカルボニトリル(34)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

連載開始にあたって

第1回:反応機構と工業プロセスに関わる反応動力学
Reaction Kinetics related to Reaction Mechanisms and Industrial Processes

 触媒開発のためには動力学に基づく反応機構の解明が有用であり,その動力学は工業プロセスの設計に欠かせない。反応条件によってH2O2の生成速度や選択率がどのように変化するか?ここではH2とO2からの直接H2O2合成について動力学的解析手法を提示し,2種類のPd触媒による反応の動力学的特性を明らかにする。

【目次】
1.はじめに
2.H2-O2反応の動力学的解析方法論
2.1 想定反応機構
2.2 H2-O2反応実験方法
2.3 併発反応と逐次反応の分離
2.4 物質移動速度の組み込み
3.Pd/C触媒によるH2O2合成の動力学
4.Pd-PVP触媒によるH2O2合成の動力学


-------------------------------------------------------------------------
[マーケット情報]

農薬工業の市場動向

 2019農薬年度(2018年10月から2019年9月の農薬出荷実績は,18万4,008トン,前年比1.6%減,生産金額は3,403億円で同0.9%増であった(表2)。国内においては,輸入農産物の増加,農地面積の減少,農業従事者の高齢化,減農薬志向など,農薬メーカーにとっては厳しい状況が続いている。そのため,国内農薬メーカー各社は,人口増加に伴う食糧需要の拡大が期待できるアジアをはじめとする海外市場への展開に注力している。

【目次】
1.需給動向
2.輸出入動向
3.生産動向
4.業界動向
5.開発動向
5.1 殺虫剤(殺ダニ剤・殺線虫剤)
5.2 殺菌剤
5.3 除草剤
5.4 生物農薬・天敵・バイオ製品など

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

臭化イソプロピル(Isopropyl bromide)
チオフェノール(Thiophenol)
p-ヒドロキシベンズアルデヒド( p-Hydroxybenzaldehyde)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
浅井禎吾 東北大学
上岡麗子 (国研)産業技術総合研究所
松田研一 北海道大学
脇本敏幸 北海道大学
南 篤志 北海道大学
尾﨑太郎 北海道大学
及川英秋 北海道大学
掛谷秀昭 京都大学
佐藤道大 静岡県立大学
渡辺賢二 静岡県立大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】ポストゲノム時代の天然物化学―ゲノム情報に基づいた天然物の探索と合成―

-------------------------------------------------------------------------

糸状菌の遺伝子情報を活用する天然物ケミカルスペースの開拓
Use of Fungal Gene Resources for Expanding Natural Product Chemical Space

 遺伝子情報が容易に利用可能となったポストゲノム時代において,ゲノムマイニングと異種発現を基盤とする合成生物学的手法を用いる天然物の探索や創製研究が注目されている。本稿では,糸状菌遺伝子資源を材料とした生合成経路の再構築と再設計による天然物ケミカルスペースの開拓に関する成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.糸状菌のデカリン骨格を有するジテルペノイドピロン類(DDP類)
3.ジテルペノイドピロン類生合成遺伝子クラスターのゲノムマイニング
4.天然型DDP類生合成経路の再構築と天然型DDP類の創生
5.生合成経路拡張による天然にはないDDP類の創製
6.DDP類の生物活性評価
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ゲノムマイニング法によるtrans-AT型ポリケチド生合成遺伝子由来の化合物の探索
Discovery of trans-AT Polyketide Synthases derived Compounds by Genome Mining

 Trans-AT型ポリケチド生合成遺伝子(PKS)は,近年発見された新たなⅠ型PKSであり,これらの遺伝子によって生産される天然化合物には,ユニークな構造を持つ有用化合物も多い。本稿では,ゲノムマイニング法によるtrans-AT型PKS由来の新規化合物探索に関するこれまでの研究についてまとめる。

【目次】
1.はじめに
2.新たなⅠ型ポリケチド生合成遺伝子trans-AT型PKS
3.macrobrevin
4.lacunalides
5.cuniculenes
6.ゲノムマイニング法の適応外なtrans-AT型PKS
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規ペプチド環化酵素PBP-type TEの発見と機能解析
Discovery and Functional Analysis of a New Peptide Cyclase, PBP-Type TE
 
 天然物に特徴的な骨格であるマクロラクタム構造に着目し,その生合成を担う新たなペプチド環化酵素SurEを見出した。SurEはペニシリン結合タンパク質PBPに相同性を示すことからPBP-type TEと命名した。SurEは寛容な基質特異性を有するとともに,そのホモログ酵素は多様な基質特異性を示すことが予想されるため,ペプチド環化を担う生体触媒として有望な酵素群である。

【目次】
1.はじめに
2.大環状天然物の生合成
3.新規ペプチド環化酵素の発見
4.非リボソームペプチドの環化反応機構
5.非天然型環状ペプチドの生物合成
6.PBP-type TEホモログの多様性
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

担子菌未利用生合成遺伝子を活用した有用物質生産法の開発       
Development of Versatile Heterologous Expression System for Genome Mining of Basidiomycete Natural Products
 
 古来より生薬などとして利用されてきたキノコは,特徴的な生物活性を示す天然物の宝庫である。近年,キノコからは天然物の生合成に関わる遺伝子群が次々と発見されているものの,酵素機能を解析するための汎用的手法が確立されていないため,その多くが未解明である。本稿では,麹菌を宿主としたgDNA配列の直接導入によるキノコ由来天然物生合成酵素の解析法とその応用展開について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.キノコ由来の天然物生合成遺伝子の解析における課題
3.麹菌におけるキノコ由来gDNAのスプライシング
4.キノコがもつテルペン環化酵素の網羅的解析
4.1 環化体の化学構造に関して
4.2 スプライシングについて
5.天然物の異種生産への展開
5.1 修飾酵素遺伝子のスプライシング
5.2 糖転移反応における原料供給
5.3 生合成におけるその他の特徴
6.今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

希少放線菌と異属微生物間化学コミュニケーションを活用したケミカルスペース拡充戦略        
Chemical Space Expansion by Utilizing Rare Actinomycetes and Chemical Communications of Different Microbial Genera
 
 天然由来の限られた資源の有効利用として,近年,微生物のゲノムマイニングや異属微生物間化学コミュニケーションの活用が注目されている。本稿では,創薬リード化合物探索・開拓に供する化合物ライブラリーのケミカルスペース拡充戦略として,希少放線菌の活用やミコール酸含有細菌Tsukamurella pulmonis TP-B0596との複合培養法による新規創薬シーズsaccharothriolide類およびamycolapeptin類の発見を中心に紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.希少放線菌Saccharothrix sp. A1506株が生産する新規がん細胞増殖阻害物質saccharothriolide類
3.希少放線菌Saccharothrix sp. A1506株と細菌Tsukamurella pulmonisTP-B0596株の複合培養法によるsaccharothriolides類の生産性向上とsaccharothriolide C2の生産
4.希少放線菌Amycolatopsis sp. 26-4株と細菌Tsukamurella pulmonis TP-B0596の複合培養法による創薬シーズamycolapeptins A&Bの生産
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ゲノム情報に基づく新規生合成システムのリデザイン              
Target Mining Approach in the Discovery of Bioactive Natural Products

 微生物や植物は,成長・発生・生殖・環境応答などに関与するケミカルツールとして二次代謝産物を産生すると考えられているが,なぜ産生するのか,その生理学的意味が分かっているものは少ない。われわれ人類にとっては,二次代謝産物の本来の機能よりも,その化合物が持つ生物活性の方が重要であり,薬理作用のある化合物は学術的にも実用的にも研究され広く応用されている。ところで,この二次代謝産物における抗生物質をはじめとする他者を排斥する活性を持つ化合物は,生産宿主にも作用するため,宿主はそれに対する耐性機構をもっているはずである。生産者は化合物の自身に対する影響をどのように回避しているのだろうか。最近この耐性機構を利用した物質探索が報告されたが,これはポストゲノム時代の物質探索におけるひとつの潮流になるであろう。今回,その概要をまとめたので紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.ゲノムマイニング
3.自己耐性遺伝子
4.バクテリアにおける標的分子指向型マイニング
5.真菌類における標的分子指向型マイニング
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

接着剤工業の市場動向

 2019年の接着剤の生産量は前年比97.1%の93万4,988トンとなり,出荷金額は前年比98%の2,760億円となった。2011年の東日本大震災後,2012年以降は生産量,出荷金額はともに微増している。2015年以降は合板など建築用途で需要が増加していることから,全体的な生産量は増加の傾向にある。2019年は生産量,出荷金額は微減した。

【目次】
1.需給概要
2.品目別概要
3.需要動向
4.輸出入の概要
5.業界動向
6.環境問題への対応

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

レアアース工業の市場動向

 世界のレアアース資源の70%は中国で生産されている。2010年の尖閣諸島沖での中国漁船衝突を契機に中国政府が輸出量を絞ったことから,レアアースの国際価格は翌年にかけて暴騰し,ハイブリッド車やエアコンなどレアアースを使用している製品価格が軒並み上昇して世界経済に大混乱をきたした。2012年6月に日米欧の各国が中国の不当性をWTOに提訴,翌2013年にWTOの上級審が日米欧の主張を認めたため決着し,2015年1月には中国がレアアースの輸出枠の撤廃,また,5月には輸出税も廃止したため,ほとんどのレアアースの価格は暴騰前の水準に戻った。一方,国際価格の暴騰以後,代替材料の開発やインド,ベトナムなどの開発による脱中国の動きが本格化しており,経営悪化に苦しむ中国企業が増加している。

【目次】
1.概要
2.需給動向
2.1 酸化セリウム(CeO2)・セリウム化合物
2.2 酸化イットリウム(Y2O3)・酸化ユーロピウム(Eu2O3)
2.3 酸化ランタン(La2O3)
2.4 ミッシュメタル
2.5 その他製品
3.業界動向
3.1 供給先確保
3.2 リサイクル関連
3.3 使用量低減・代替材料関連

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

テルピネオール(Terpineol)
トリス(グリシジル)イソシアヌレート(Tris(glycidyl)isocyanurate)
p-ニトロベンゾイルクロライド(p-Nitrobenzoyl chloride)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
竹中克彦 長岡技術科学大学
戸田智之 長岡技術科学大学
立畠達夫 三新化学工業(株)
石川泰弘 元横浜ゴム(株)
幕田悟史 岡山県工業技術センター
長谷朝博 (国研)産業技術総合研究所
遠藤貴士 (国研)産業技術総合研究所
齊藤貴之 (一財)化学物質評価研究機構
山田和彦 高知大学
梅津憲治 吉備国際大学
白井裕一 OATアグリオ(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】ゴム製品の高機能化と応用展開―深化する配合設計と構造解析―

-------------------------------------------------------------------------
高分子反応を利用した過酸化物架橋可能なブチルゴムの開発
Synthesis of Peroxide-Curable Butyl Rubber via Polymer Reaction

 臭素化ブチルゴムへのSuzuki-MiyauraカップリングおよびGrignardカップリング反応を利用して,分子内にスチリル基ならびに1,3-ブタジエニル基を有する2種類の変性ブチルゴムを合成した。両者とも過酸化物による架橋が可能であり,特に前者では用いるボロン酸の混合物を用いて架橋点の密度を変えた架橋ブチルゴムが得られることが明らかになった。

【目次】
1.はじめに
2.Suzuki-Miyauraカップリング反応によるスチリル基の導入
3.St-IIRの過酸化物架橋
4.Grignard試薬とのカップリングによる1,3-ブタジエニル基の導入
5.Bd-IIRの過酸化物架橋
6.Bd-IIRのDiels-Alder架橋
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

加硫系配合剤の調整
Adjustment of Vulcanizing Agent and Vulcanization Accelerator

 ゴムは,分子間を化学結合で架橋させることによって実用的な強度や特性を得ることができる,熱硬化性高分子材料の一つである。この架橋反応は専門用語で加硫と表現される。この加硫に使用される配合剤(硫黄・加硫促進剤)の選択と変量についてまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.NR/加硫促進剤単独配合における硫黄・加硫促進剤の変量
2.1 NR/CBS硫黄加硫系における変量
2.2 NR/MBTS硫黄加硫系における変量
2.3 NR/TMTD硫黄加硫系における変量
3.加硫促進剤の併用系における変量
3.1 NR/MBTS硫黄加硫系における二次加硫促進剤の効果
3.2 EPDM/硫黄加硫系における加硫促進剤の併用効果
3.3 NBR/チウラム低硫黄加硫系における二次促進剤の効果
4.加硫時間の影響
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

金属との直接接着用ゴムの配合設計
Compounding Design on Direct Adhesion of Rubber to Metal
 
 スチールラジアルタイヤを補強しているスチールコードの黄銅(Cu/Zn合金;真鍮)メッキとゴムの直接接着(接着剤を使用しない接着)に関しては黄銅の組成,ゴム配合,加硫条件,経時(老化)条件など非常に多くの要因に支配されている(図1参照)。これらの条件を複合的に組み合わせると変動要因は膨大な量になるため全体像の把握が難しくなる。ここでは全体像の一端を解説する。金属とゴムの直接接着は黄銅以外にも亜鉛,ブロンズなどがあるがここでは黄銅との接着について述べる。

【目次】
1.接着の成立
1.1 接着確保に関する界面の反応層の設計
1.2 結合の機構
2.市場における性能確保に対する要素技術
3.反応層への配合との構成考察
4.初期接着成立のための配合の要素技術
5.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

ゴム/セルロースナノファイバー(CNF)複合材料の特性           
Characteristics of Rubber/Cellulose Nanofiber(CNF)Composites
 
 セルロースナノファイバー(CNF)はバイオマス由来の低環境負荷の材料として注目を集めている。本稿では,その用途の一つとして,ゴムの補強材としての活用を取り上げる。CNFの形状や表面処理により,どのように複合材の物性が変化するかをまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.CNFとは
3.CNFとゴムの複合化手法
4.CNF形状がゴム物性に与える影響
5.ゴム配合用の粉末状CNF
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

NMR法による加硫天然ゴムの熱劣化構造解析
Structural Characterization of Thermally Degraded Vulcanized Natural Rubber through NMR Spectroscopy
 
 ゴム核磁気共鳴(NMR)法は加硫ゴムやゲルなどの溶媒に不溶,不融のソフトマテリアルの構造解析のために開発されたNMR測定法であり,高分解能1H-および13C-NMR測定,インバース二次元NMR測定が可能である。本稿では,ゴムNMR法および従来の固体NMR法により加硫ゴムの熱劣化構造解析を行った例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ゴムNMR法と固体NMR法
3.純ゴム配合加硫NRの劣化構造解析
4.カーボンブラック配合加硫NRの劣化構造解析
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ゴムの架橋構造解析に向けた固体硫黄核磁気共鳴(NMR)法の開発
Development of Solid-State Sulfur-33 NMR for Analysis of Cross-Linking Strutures in Rubbers

 近年,固体核磁気共鳴(NMR)法はアモルファス試料においても局所構造解析や官能基の分析ができることから,エラストマー開発の現場において注目をされている。本稿では,ゴム中の硫黄原子を直接観測し,架橋に関与するスルフィド結合の定性・定量解析が可能な無磁場固体硫黄NMR法と磁場掃引型NMR法を基盤とした次世代型固体NMRシステムを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.硫黄を測定対象とする固体NMR法
3.無磁場固体硫黄NMR法の応用
4.磁場掃引固体硫黄NMR法による次世代型固体NMRシステム
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]21世紀の創農薬研究の動向

第3回(終):21世紀の創農薬研究の動向―除草剤を中心に―
Trend in Pesticide Discovery Studies in the 21st Century

 本連載企画「21世紀の創農薬研究の動向」の第3回目の本稿では,Journal of Pesticide Science誌の45巻,
No.2(2020)に掲載された総説“Development of novel pesticides in the 21st century”の内容をベースに,その後の最新の情報も踏まえ,過去10数年にわたる除草剤の開発動向について述べる。

【目次】

7.除草剤
7.1 除草剤の開発,作用機構研究の変遷
7.2 2008年以降に開発された除草剤
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

紙・パルプ用化学薬品工業の市場動向

 製紙用薬剤は,紙・板紙の製造において様々な用途で用いられる(図1)。国内需要は紙・板紙の成熟市場に連動して縮小傾向にあるが,製紙用薬剤メーカー各社は,ニーズの高機能化に取り組むとともに,中国や東南アジア地域の発展をにらみ,同地域における市場展開,生産体制の強化を行っている。

【目次】
1.概要
2.紙・板紙需要動向
2.1 紙
2.2 板紙
3.製紙パルプ需要動向
4.古紙需要動向
5.製紙用薬剤需要動向
5.1 製紙パルプ用薬品
5.2 古紙処理工程用薬剤
5.3 抄紙工程用薬剤
5.4 二次加工用薬品
5.5 その他
6.製紙用薬剤メーカーの動向
6.1  国内メーカーの中国,東南アジア地域への進出
6.2 各社の国内動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

3,3′-ジメチル-4,4′-ジアミノジフェニルメタン(3,3′-Dimethyl-4,4′-diaminodiphenylmethane)
チオジプロピオン酸(Thiodipropionic acid)
2-メルカプトベンゾイミダゾール(2-Mercaptobenzimidazole)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
三浦 靖 岩手大学
中馬 誠 三栄源エフ・エフ・アイ(株)
船見孝博 三栄源エフ・エフ・アイ(株)
高橋智子 神奈川工科大学
楠瀬千春 九州栄養福祉大学
槇 靖幸 九州大学
田坂裕司 北海道大学
芳田泰基 北海道大学
大家広平 北海道大学
熊谷聡美 北海道大学病院
武政 誠 東京電機大学
梅津憲治 吉備国際大学
白井裕一 OATアグリオ(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】食品のレオロジー研究と最新動向

-------------------------------------------------------------------------
食品分野におけるレオロジー―製造,保蔵,流通,品質との関係―
Role of Rheology in Food Science in Relation to Processing, Preservation,Distribution and Quality

 レオロジーは,物質または物体の変形と流動を取り扱う科学であり,変形と力と時間との関係を明らかにして変形を明確に記述するという現象論的な目的と,変形を構造論的に解釈する目的とがある。食品の製造,保蔵,流通および品質におけるレオロジーの役割を概説した。

【目次】
1.はじめに
2.食品の構造と物性
3.食品の製造段階
4.食品の保蔵・流通段階
5.食品の消費段階
6.計測と解釈で起こしやすい誤り
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

食品のレオロジー特性とテクスチャー
Food Rheology and Texture

 国際標準化機構(ISO)の定義によれば,テクスチャーは人の感覚特性であり,食品のレオロジー的,構造的,および表面特性によって決まる。本稿はレオロジー測定によるテクスチャー解析の実例を固体状食品と液状食品に分けて概説する。また,レオロジー測定において,人の口腔内プロセスを機械的に再現するためのアプローチを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.食品のレオロジー測定
3.レオロジー測定によるテクスチャー解析
3.1 固体状食品
3.2 液状およびペースト状食品
4.動的粘弾性と嚥下性の関係
5.伸長粘度やトライボロジーとテクスチャーの関係
6.摂食時の口腔内プロセスの機械的再現とテクスチャーの関係
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

とろろを用いたゲル-ゾル混合系食物の力学的特性,食べやすさ,および咽頭相における嚥下動態
Physical Properties, Ease of Swallowing and Behavior of the Bolus through the Pharynx of a Mixed Gel-Sol Food Based on Grated Yam
 
 摂食機能に障害をもつ人のための食事として,高齢者施設や病院における食事の主流となっている「刻み食」は,咀嚼機能を補うためには有効であるが,まとまりが悪いために食塊形成が難しく誤嚥などの誘因となる危険性が指摘されている。そこで本研究では,山芋とろろの刻み食をまとめる有効性について検討し,得られた結果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.ゾル試料,およびゲル-ゾル混合系試料の調製
3.ゾル試料,ゲル-ゾル混合系試料の力学的特性
4.ゲル-ゾル混合系試料の官能評価
5.ゾル試料,ゲル-ゾル混合系試料の嚥下造影検査
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

スポンジケーキ組織のレオロジー特性―気泡とでんぷん粒の相互作用―
Rheological Properties of Sponge-Cake Structure ―Interaction between Starch Granules and Air Bubbles― 
 
 これまでスポンジケーキの研究では,鶏卵や小麦のたんぱく質が重要な役割を果たすものとされてきた。著者らは,でんぷんの役割について,でんぷんのみで調製したスポンジケーキと小麦粉のスポンジケーキを比較し,検討してきた。その中からスポンジケーキのレオロジー特性とその特性の要因についてこれまでの成果をまとめる。

【目次】
1.はじめに
2.各種でんぷんの糊化特性―低水分レベル下における各種でんぷんの糊化性状―
3.ケーキのレオロジー特性
3.1 小麦粉および小麦でんぷんケーキの調製とケーキの性状
3.2 小麦粉および小麦でんぷんケーキの比較
3.3 変形―応力測定
3.4 クリープ測定
3.5 回復性の測定
4.タピオカでんぷんケーキ
4.1 ケーキの形状と内相の気孔状態
4.2 オーブン内の膨張と放冷中の収縮
5.乾熱処理によるタピオカでんぷんの糊化性状の変化がケーキに与える影響
5.1 乾熱処理タピオカでんぷん粒の親油化(疎水化)
5.2 乾熱処理タピオカでんぷんケーキの性状
5.3 乾熱処理タピオカでんぷんケーキの膨張と収縮の抑制
5.4 乾熱処理タピオカでんぷん粒の糊化後の粒子の状態
5.5 回復性とせん断試験
6.口溶け食感解析
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

粒子追跡マイクロレオロジーと食品のレオロジーへの応用可能性
Particle Tracking Microrheology and its Application for Food Materials
 
 粒子追跡マイクロレオロジーは,柔らかい物質(ソフトマター)に分散させた微粒子のブラウン運動の軌跡を解析することにより,その物質のレオロジー的な不均一性を評価することができる実験手法である。本稿では,粒子追跡マイクロレオロジーの手法について説明した後,この手法を用いて食品に関連したソフトマターを測定した例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.粒子追跡マイクロレオロジー
3.粒子追跡マイクロレオロジーによるゼラチンのゲル化の観察
4.粒子追跡マイクロレオロジーの食品分野への応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

超音波スピニングレオメトリを用いた「食べやすさ」に関するレオロジー評価の試み
Ultrasonic Spinning Rheometry Test of Food Rheology for better Swallowing

 超音波流速分布計測と流れの運動方程式による逆解析を組み合わせた超音波スピニングレオメトリは,混相体など複雑流体のレオロジー物性評価が可能である。本報ではその概念を解説するとともに,食品を対象とした2種類の計測適用例を通して,食感や食べやすさの評価に繋がる物性評価の試みを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.超音波スピニングレオメトリ
3.ゾル化を伴うゲル状食品のレオロジー物性評価
4.とろみ調整食品の機能性評価
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

フード3Dプリンタ向けフードインクに求められる物性           
Physical Properties required for Food Ink used in Food 3D Printing

 フード3Dプリンタは,「食のパーソナライズ化を実現する近未来の食品製造技術」として注目を集めている。一方,造形精度向上,高粘度,高弾性率の実現への課題,特に装置の小型化と相反する課題もある。フード3Dプリンタの今後の実用化にむけて,現状で利用可能なフードインクの物性について,また要求される物性と今後の展望について記載した。

【目次】
1.はじめに
2.食感をビルドアップ式に創り出す
3.ペースト状フードインクとレオロジー特性改質による造形精度向上
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.線虫剤 cyclobutrifluram(シクロブトリフルラム)
2.殺虫剤 nicofluprole(ニコフルプロール)
3.除草剤 epyrifenacil(エピリフェナシル)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]21世紀の創農薬研究の動向

第2回:21世紀の創農薬研究の動向―殺虫剤を中心に―
Trend in Pesticide Discovery Studies in the 21st Century

 本連載企画「21世紀の創農薬研究の動向」の第2回目の本稿では,Journal of Pesticide
Science誌の45巻,No.2(2020)に掲載された総説“Development of novel pesticides in the 21st century”の内容をベースに,その後の最新の情報も踏まえ,過去10数年にわたる殺虫剤,殺ダニ剤および殺線虫剤の開発動向について述べる。

【目次】

4.殺虫剤
4.1 殺虫剤開発の一般的傾向
4.2 最近の上市あるいは開発中の殺虫剤
5.殺ダニ剤
5.1 殺ダニ剤開発の一般的傾向
5.2 ミトコンドリア電子伝達系複合体Ⅱ阻害剤の開発動向
5.3 アセチルCoAカルボキシラーゼ阻害剤の開発動向
5.4 新規作用機構を有するあるいは作用機構不明の殺ダニ剤の開発動向
5.5 非化学合成殺ダニ剤の開発動向
6.殺線虫剤
6.1 殺線虫剤開発の一般的傾向
6.2 殺線虫剤の開発動向

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

塗料工業の市場動向

 2019年の塗料生産量は,前年比99.8%の164万6,974トンと前年よりやや減少した。同じく販売数量も前年比96.2%,販売金額は97.7%と,いずれも前年から微減となった。近年,国内生産量は再び増加傾向ないし横ばいの状況にあるといえる。国内メーカーはさらなる成長に向けて,今後はインフラ投資が活発な新興国を中心に,世界市場へとシフトしていくものと思われる。

【目次】
1.需要概要
2.品目別生産概要
3.需要分野の動向
4.輸出入動向
5.メーカー動向
6.環境,社会への対応

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アルキロールアミド(Alkylol amide)
ジクロロベンジジン(3,3′-Dichlorobenzidine)
プソイドクメン(Pseudocumene)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
近藤 啓 静岡県立大学
門田和紀 大阪薬科大学
内山博雅 大阪薬科大学
戸塚裕一 大阪薬科大学
古石誉之 星薬科大学
田原春 徹 熊本大学
小野寺理沙子 熊本大学
本山敬一 熊本大学
東 大志 熊本大学
山下伸二 摂南大学
首藤 誠 摂南大学
梅津憲治 吉備国際大学
白井裕一 OATアグリオ㈱


目次
-------------------------------------------------------------------------

【新春特集】製剤設計の新展開—製剤技術が拓く薬物治療の新しい可能性—

-------------------------------------------------------------------------

経口放出制御製剤技術の最近の動向
Current Trend on Technology of Oral Controlled Release Formulation

 これまでに経口放出制御製剤技術を適用した多くの製品が上市され,医療の現場で薬物治療に貢献してきた。医薬品の開発候補となるモダリティが多様化する近年においても,本技術を適用した新製品が患者に対して価値を提供してくれている。本稿では,経口放出制御製剤の最近の動向について整理し,将来において,本技術が担うことが期待される役割について述べてみたい。

【目次】
1.はじめに
2.経口放出制御製剤の設計
3.経口放出制御製剤の開発状況
4.経口放出制御製剤の今後

-------------------------------------------------------------------------

プレシジョン・メディシンに対応した吸入粉末剤の設計  
Inhaler Formulations Corresponded to Precision Medicine

 市販されている吸入粉末剤の肺内移行性は低く,肺内目的部位への到達効率評価法も確立されていない。本稿では,数値シミュレーションにより呼吸パターンを変化させ,その時の肺内部での粒子挙動解析および粒子の肺内部での到達部位についての検討例を紹介する。必要な部位に適切な薬剤を届け,作用させることで,副作用を軽減しプレシジョン・メディシンを実現することが期待される。

【目次】
1.はじめに
2.吸入速度および吸入パターン変化が与える気管支内での粒子挙動への影響
3.服薬支援への数値シミュレーションの利用
4.まとめと今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

分子複合体化による薬物経皮吸収性の向上
Improving the Skin Permeation of Drugs by Moleculare Comple
 
 分子間でイオン結合や水素結合などの非共有結合で形成される複合体は分子複合体と呼ばれるが,本手法を用いた薬物の皮膚透過性改善の報告はそれほど多くない。本稿では,非麻薬性鎮痛剤であるエプタゾシンの新規塩を合成,経皮吸収製剤化の開発研究を通して,分子複合体化による薬物皮膚透過性改善の例について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.新規エプタゾシン塩による経皮吸収性の向上と製剤設計
2.1 エプタゾシンの経皮吸収製剤開発の背景
2.2 Eudragit基剤を利用したエプタゾシン経皮吸収製剤の処方設計
2.3 エプタゾシン遊離塩基の皮膚透過性に与える有機酸の影響
2.4 各種エプタゾシン塩を含有した経皮吸収製剤からの薬物皮膚透過性評価
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

超分子ネックレスを基盤分子とした新規製剤素材の設計とバイオ医薬品への応用
Development of Supramolecular Necklace-Based Nobel Pharmaceutical Materials and Application for Biopharmaceuticals
 
 近年の創薬トレンドはタンパク質性薬物であるといわれているが,その物理化学的・生物学的製剤特性を改善するため,高度な製剤技術が必要不可欠となる。我々は,超分子ネックレスの多機能性に着目し,従来の低分子系あるいは高分子系製剤素材よりも傑出する超分子製剤素材の開発に挑戦している。本稿では我々の最近の研究成果について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.バイオ医薬品の安定性を向上させるPpRXハイドロゲル
3.変幻自在型超分子製剤素材の創製
4.超分子ネックレスを基盤とした混合型超分子PEG化技術の構築
5.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

小児製剤の開発における薬剤学的な課題:アカデミアにおける取り組み      
Role of Pharmaceutics to Develop Pediatric Formulations:Efforts in Academia
 
 小児用医薬品の開発は,その安全性確保の困難さと採算性の問題から長らく置き去りにされてきた。同様に,小児に適した製剤についても未だ多くの課題が残っている。本稿では,小児用製剤の改善に向けた摂南大学薬学部臨床研究センターの取り組みを紹介するとともに,小児のためのBiopharmaceutics Classification System(BCS)の有用性について,薬剤学的な観点から考察を行う。

【目次】
1.はじめに
2.摂南大学薬学部臨床研究センターでの取り組み
2.1 使い捨て可能な一包化水剤の開発
2.2 味マスキング可能なゼリー剤の開発
3.小児用製剤開発における薬剤学的な課題
3.1 小児用製剤へのBiopharmaceutics Classification System(BCS)の適用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]21世紀の創農薬研究の動向

第1回:21世紀の創農薬研究の動向-殺菌剤を中心に-
Trend in Pesticide Discovery Studies in the 21st Century

 本連載企画「21世紀の創農薬研究の動向」では,Journal of Pesticide Science 誌の45巻,No.2(2020)に掲載された総説“Development of novel pesticides in the 21st century”の内容をベースに,その後の最新の情報も踏まえ,2007,8年以降2020年10月末までの過去10数年にわたる農薬の創製研究の動向について3回に分けて紹介する。第1回の今回は,農薬創製研究の全般的状況と殺菌剤の開発動向について述べる。

【目次】
1.新規農薬の開発戦略
2.農薬創製を担う農薬メーカーの動向
3.殺菌剤
3.1 殺菌剤開発の一般的傾向
3.2 最近の上市あるいは開発中の殺菌剤

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

石けん・洗剤工業の市場動向

 石けん・洗剤市場は成熟市場といわれて久しいが,2019年は前年比で生産量105%,販売量105%,販売金額111%と増加傾向にある。2013年から液体洗剤の好調が続き,粉末洗剤を利用していた層から流動していることが伺える。また「第3の洗剤」と呼ばれるジェルボール型洗剤が登場し,消費者の注目を集めている。さらに,計量のいらないプッシュ型ボトルも登場している。台所用洗剤においては汚れ落ちの早い新商品が発売され好調に推移している。停滞する石けん・洗剤市場においてはより消費者ニーズを喚起する商品展開が模索されており,今後も上記分野は活発化していくものと推測される。

【目次】
1.業界概要
2.需給動向
3.輸出入動向
4.環境問題への対応

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

水処理薬品工業の市場動向

 上下水道処理をはじめ製紙工程や工業用水などで利用される水処理薬品。いずれも原水の性質に応じて各種薬品が選択されているが,基本的な機能は,凝集・沈澱・ろ過の3つであり,さらに下水・排水処理では殺菌も行われる。
 国内の凝集剤市場の9割を占める硫酸アルミニウムとポリ塩化アルミニウムの2019年の需要は,硫酸アルミニウムが3%減,ポリ塩化アルミニウムが微増した。同じく無機系凝集剤であるポリ硫酸第二鉄は,その使いやすさから応用範囲を広げている。次亜塩素酸ソーダ生産量は前年比2%減となった。活性炭の生産量は前年比2%減となり,長期低落傾向が続く。高分子凝集剤の需要推移はここ数年横ばいが続いている。

【目次】
1.概要
2.硫酸アルミニウム(硫酸バンド)
2.1 概要
2.2 市場動向
2.3 企業動向
2.4 価格
3.ポリ塩化アルミニウム(PAC)
3.1 概要
3.2 市場動向
3.3 企業動向
3.4 価格
4.ポリ硫酸第二鉄(「ポリテツ」)
4.1 概要
4.2 市場動向
4.3 価格
5.次亜塩素酸ソーダ
5.1 概要
5.2 市場動向
5.3 企業動向
5.4 価格
6.活性炭
6.1 概要
6.2 市場動向
6.3 用途動向
6.4 企業動向
6.5 価格
7.高分子凝集剤
7.1 概要
7.2 市場動向
7.3 企業動向
7.4 価格

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アセト酢酸メチル(Methyl Acetoacetate)
チオリンゴ酸(Thiomalic acid)
α-ピネン(α-Pinene)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
後藤幸平 後藤技術事務所
土屋俊之 東洋紡(株)
久野恭平 立命館大学
高田健司 北陸先端科学技術大学院大学
金子達雄 北陸先端科学技術大学院大学
芝上基成 (国研)産業技術総合研究所
小澤巧実 山梨大学
奥崎秀典 山梨大学
中嶋宇史 東京理科大学
良尊弘幸 デクセリアルズ㈱


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】プラスチックフィルムの最新技術動向

-------------------------------------------------------------------------
ディスプレイ用透明フレキシブルポリイミドの技術開発動向   
Developing of Technology Trends of Transparent flexible Polyimide for Display

 ディスプレイ用透明フレキシブルポリイミドの国内企業の製品,開発品や展示会での開示情報,公開特許,研究報告から,光学的,熱的,機械的性質の主要な目標特性への技術到達度を考察し,技術開発動向をまとめた。併せて,喫緊の技術課題として,低熱線膨張係数と耐折性を両立できる合理的な高分子設計の重要性について言及した。

【目次】
1.はじめに
2.日本国内の透明ポリイミド開発企業
3.透明ポリイミド開発の主要特性の技術到達度の現状
3.1 光学特性(透明性≈光線透過率)
3.2 熱的特性(耐熱性:ガラス転移温度(Tg)と熱線膨張係数(CTE))
3.3 機械的特性(耐折性(靭性))
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

Low-CTE ガラスと同等の寸法安定性を持つ高耐熱性ポリイミドフィルム       
High heat resistant polyimide film with dimensional stability comparable to Low-CTE glass

 高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックスⓇ」は従来のポリイミドフィルムでは不可能だったシリコンやガラス基板と同等の高い寸法安定性を有し,高度情報化社会に不可欠な小型軽量の電子機器,薄くフレキシブルなディスプレイ用基板として期待されている。フィルムの特長とその応用事例について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.「ゼノマックスⓇ」の特性
3.「ゼノマックスⓇ」の用途展開
3.1 フレキシブルTFT 用基板
3.2 5G対応基板
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液晶材料における分子配向制御技術と光学機能             
Control of Molecular Orientation in Liquid Crystals for Photonic Applications
 
 緻密に分子配向構造が制御された液晶材料は,分子配向構造に応じてきわめて特異な光学機能を示すため,次世代光学材料として注目を集めている。本稿では,分子配向制御技術の研究開発動向を概説するとともに,分子配向制御された液晶材料が示す光学機能について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.液晶材料の分子配向技術と光学機能
3.二次元分子配向フィルムの光学機能
4.コレステリック液晶の多次元分子配向制御と光学機能
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

トルキシル酸およびその誘導体をベースとした高性能バイオベースプラスチックの開発   
Synthesis of Bio-Based High-Performance-Plastics using Truxillic Acid Derivatives
 
 バイオマス由来グルコースの微生物生産によって得られた4-アミノ桂皮酸を利用してエンジニアリングプラスチックに代表されるポリイミドやポリアミドを開発した。微生物が作る特異的な置換基配列を利用することで,従来にはない非常に高耐熱かつ高強度なバイオベースプラスチックを得ることができる。

【目次】
1.はじめに
2.バイオ由来芳香族ジアミンの生産について
3.バイオベースポリイミドの合成
3.1 溶解性を示す4APheベースポリイミド
3.2 高耐熱性を示す4ACAベースポリイミド
4.バイオベースポリアミドの合成
4.1 4ACA ユニットのみからなるポリアミド
4.2 フッ素化バイオベースポリアミド
5.今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

ミドリムシ由来多糖から作られる超吸水性フィルム       
Superabsorbing Films made from Euglenoid Polysaccharide
 
 ミドリムシ由来の多糖(パラミロン)を出発原料として,自重の最大約1,000倍の水を吸収する,ハンドリングが容易な透明フィルムを開発した。このフィルムはパラミロンに天然由来のサクシニル基と長鎖アシル基を一定量付加したパラミロンアシレートサクシネートから構成される高天然成分率のフィルムである。主骨格であるパラミロン本来のナノファイバー形成能と,アニオン性のサクシニル基による水分子収容空間を形成する静電反発の二つの効果により超吸水性が発揮されたものと推察された。

【目次】
1.はじめに
2.パラミロンについて
3.超吸水性フィルムの開発
3.1 パラミロンナノファイバー
3.2 パラミロンサクシネートのナノファイバー形成能
3.3 パラミロンアシレートサクシネートの増粘効果
3.4 パラミロンアシレートサクシネートのフィルム調製
3.5 パラミロンアシレートサクシネートの超吸水性フィルム
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

PEDOT:PSSを用いたフレキシブル透明電場シールド         
Flexible and Transparent Electric Shielding with PEDOT:PSS

 ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン):ポリ(4-スチレンスルホン酸)(PEDOT:PSS)水分散液をポリフッ化ビニリデンフィルム上にバーコートし,硫酸処理したSAフィルムを作製した。SAフィルムの電場シールド効果は-40dBと高く,PEDOT:PSSの電気光学特性がフレキシブル透明電場シールド特性に重要な役割を果たしていることがわかった。

【目次】
1.はじめに
2.実験方法
3.硫酸処理によるPEDOT:PSSの組成変化
4.電気特性および光学特性
5.電場シールド特性
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

フレキシブル圧電ポリマーの振動発電能とデバイス応用             
Performance of Vibrational Power Generation using Flexible Piezoelectric Polymer and its Device Application

 圧電ポリマーは優れた環境調和性や成形性を有し,様々な環境下で動作する振動エネルギーハーベスティングへの応用が期待されている。本稿では,柔軟性と強靭性が特徴である圧電ポリマーの発電に関して,その定量的扱いとデバイス応用の可能性について,著者の取り組みを交えながら解説する。

【目次】
1.はじめに
2.ポリマーを用いた振動発電の特徴
3.圧電ポリマーの発電機構
4.圧電ポリマーの振動発電能
5.圧電ポリマーを用いた発電デバイス
6.さいごに

-------------------------------------------------------------------------

ノイズ抑制熱伝導シート 炭素繊維タイプ
Noise Suppression Thermal Conductive Sheets Carbon Fiber Type

 5G通信を中心とした高度情報化社会における新たな課題として,ICからの発熱対策と電磁界ノイズ対策が懸念される。この課題を解決するために,ノイズ抑制熱伝導シート炭素繊維タイプを開発することができた。この材料の熱伝導率は20W/m・Kと非常に高く,また,電磁ノイズ抑制効果がすぐれていることが確認できた。

【目次】
1.はじめに
2.Thermal Interface Material(TIM)とは
3.熱伝導シート 炭素繊維タイプ
4.ノイズ抑制熱伝導シート 炭素繊維タイプ構成
5.熱伝導特性炭素繊維を一方
6.炭素繊維の配向性解析
7.比誘電率と比透磁率の測定
8.電磁波減衰特性
9.放射電磁界シミュレーション
9.1 解析モデル
9.2 放射電界抑制効果
10.使用構造における電磁ノイズ抑制効果
11.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

n‐オクチルアルコール(n‐Octyl alcohol)
キシレノール(Xylenol)
ジビニルベンゼン(Divinyl benzene)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

-------------------------------------------------------------------------

月刊ファインケミカル 2020年総目次(Vol.49 No.1〜12)
著者一覧
尾坂 格 広島大学
森 裕樹 岡山大学
西原康師 岡山大学
岩井利之 (地独)大阪産業技術研究所
伊藤貴敏 (地独)大阪産業技術研究所
大久保貴志 近畿大学
平本昌宏 自然科学研究機構
伊澤誠一郎 自然科学研究機構
辛川 誠 金沢大学
中野正浩 金沢大学
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】有機薄膜太陽電池の高効率化と研究展開

-------------------------------------------------------------------------
塗布型有機薄膜太陽電池の高効率化に向けた半導体ポリマーの開発    
Development of Semiconducting Polymers for High-Efficiency Solution-Processable Organic Solar Cells

 筆者らのグループでは,広いπ電子系を有する電子欠損性縮合環を用いたドナー・アクセプター型主鎖の分子設計による半導体ポリマーの開発に取り組んできた。本稿では,半導体ポリマーの結晶性向上とエネルギーレベルの精密制御による有機薄膜太陽電池の高効率化に関して,最近の成果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.高結晶性半導体ポリマーの開発
3.PNTz4Tへのフッ素導入による高性能半導体ポリマーの開発
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

クロスカップリング反応を利用した有機薄膜太陽電池用ポリマーの開発
Development of New Polymers for Organic Photovoltaic Cells by Utilization of Cross-Coupling Reactions

 新たな高性能半導体材料を開発するため,π電子系を拡張した電子不足芳香環であるアントラビスチアジアゾール(ATz)および(E)-1,2-ビス(5,6-ジフルオロベンゾチアジアゾール-4-イル)エテン(FBTzE)を主鎖に持つポリマーを合成した。さらに,合成したポリマーを有機薄膜太陽電池へ応用することで,高効率太陽電池の開発を目指した。

【目次】
1.はじめに
2.ATz骨格を有する半導体ポリマーの開発
3.FBTzE骨格を有する半導体ポリマーの開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

有機薄膜太陽電池の高効率化を指向した選択的C60およびC70フラーレン誘導体(PCBM)製造法の開発
Development for Selective Synthetic Method of C60 and C70 Fullerene Derivatives(PCBM)
for Aiming to Achieve High Efficiency Organic Solar Cells
 
 有機薄膜太陽電池は,10%を超える高い変換効率が達成されているが,普及を促進するためには,さらなる太陽電池性能の高効率化と製造コスト低減に向けた取り組みが課題である。電子アクセプター材料の標準としてフラーレン誘導体のPCBMが利用されている。筆者らは,有機薄膜太陽電池の高効率化を指向して,一方の位置異性体を増大させた[70]PCBMの選択的合成法を見出している。本稿では,PCBMの改良製造法と共に,[70]PCBMの位置選択的合成法について,筆者らの開発した硫黄イリド法や水を溶媒とするヒドラゾン法と共に解説する。

【目次】
1.はじめに
2.PCBMの合成法
2.1 一般合成法(ヒドラゾン法)
2.2 水系二層系ヒドラゾン法
2.3 硫黄イリド法
2.4 マンガン法
3.有機薄膜太陽電池の高効率化を指向した選択的[70]PCBM合成法の開発
3.1 従来型の方法による[70]PCBMの異性体比率
3.2 異性体分離による[70]PCBMのデバイス評価の報告例
3.3 [70]PCBMの位置選択的合成
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

配位高分子の構造・電子状態・物性制御と薄膜太陽電池への展開         
Control of Crystal Structures, Electronic States and Physical Properties of Coordination Polymers, and Application to Thin-Film Solar Cells 
 
 配位高分子は金属イオンが有機架橋配位子によって架橋されたポリマー構造を有する無機・有機複合材料であり,金属イオンと有機配位子の高度な自己集積能を利用することで,特異な骨格と空間を有する集積体が構築可能な複合材料である。この材料はメタンや二酸化炭素,水素などの気体の吸蔵・分離や不均一触媒への応用など近年多くの研究が行われているものの,電子デバイスへの応用に関してはあまり進展していない。本稿では薄膜太陽電池への応用を中心に著者らの配位高分子の電子デバイスへの応用に関する最近の取り組みについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.無機・有機複合材料 ―配位高分子―
3.ジチオカルバミン酸誘導体を用いた配位高分子の合成と色素増感太陽電池への応用
4.ヘキサアザトリフェニレン誘導体を配位子とした配位高分子の合成と薄膜太陽電池への応用
5.発光性と導電性を兼ね備えた配位高分子の開発の取り組み
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高移動度有機半導体を用いた有機太陽電池
Organic Solar Cells Using High-Mobility Organic Semiconductors
 
 高移動度の有機半導体を用いた,有機太陽電池の標準構造となっているバルクヘテロ接合が不要な,水平接合を持った有機太陽電池,および,高移動度有機半導体による有機太陽電池が,太陽電池の理論限界値に達する開放端電圧を示すことについて解説する。

【目次】
1.はじめに
2.水平接合
2.1 コンセプト
2.2 キャリア飛程
2.3 水平多層接合の特性
2.4 無制限の積層
3.無輻射再結合と開放端電圧
3.1 開放端電圧の増大
3.2 無輻射再結合による電圧ロス
3.3 無輻射再結合の完全抑制
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

有機薄膜太陽電池素子の耐久性向上に向けた素子内部分析
Analysis for Inside of Organic Photovoltaics toward High Driving Durability
 
 アクセプター材料としてEH-IDTBRを使用した有機太陽電池の光照射駆動前後の内部分析を行った。100時間の光照射後に光電変換効率が約50%低下する原因は,有機半導体層内で生じる抵抗の増加によるものであることが判明した。さらに,EH-IDTBR分子の構造変化が生じることも見出された。

【目次】
1.はじめに
2.薄膜内部分析
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリジン系機能性化学品(特に農薬)
               
第6回 終:四および五置換ピリジン誘導体,ピリジニウム塩,最新の試薬
Tetra and Pentasubstituted Pyridine Derivatives,Pyridinium Salts and New Reagents

 前回までに一~三置換ピリジンの製法と用途について述べた。今回(最終回)は,四および五置換ピリジン,フッ素化剤や酸化剤などのピリジニウム塩,クロスカップリング試薬やフッ素化剤として有用な最新の試薬について述べる。

【目次】
6.四置換ピリジン
6.1 2-ヒドロキシ-3,5,6-トリクロロピリジン(216)
6.2 4,6-ジブロモ-3-ヒドロキシピリジン-2-カルボニトリル(218)
6.3 3-シアノ-2,6-ジクロロ-4-メチルピリジン(222)
6.4 3-ブロモ-5-クロロ-2-メトキシ-4-メチルピリジン(227)
6.5 5-クロロ-2-メトキシ-4-メチルニコチン酸(228)
6.6 ピリドキシン(236),ピリドキサミン(237),ピリドキサール(238)
7.五置換ピリジン
7.1 2-トリクロロメチル-3,4,5,6-テトラクロロピリジン(239)
7.2 3-シアノ-1,4-ジメチル-6-ヒドロキシ-2-ピリドン(240)
7.3 1,4-ジヒドロ-2,6-ジメチル-4-(2-ニトロフェニル)-3,5-ピリジンジカルボン酸ジメチル(241)
7.4 2,6-ビス(トリフルオロメチル)-4-イソブチル-3,5-ピリジンジカルボン酸ジエチル(245)
8.ピリジニウム塩
8.1 求電子的フッ素化剤
8.2 求核的フッ素化剤
8.3 向山縮合試薬(3.13参照)
8.4 加水分解用弱酸触媒
8.5 臭素化剤
8.6 酸化剤
8.7 相関移動触媒
9.最新の試薬
9.1 ピリジン-4-スルフィン酸ナトリウム(247),ピリジン-2-スルフィン酸ナトリウム(248)
   5-(トリフルオロメチル)ピリジン-2-スルフィン酸ナトリウム(249)
9.2 ピリジン-2-スルホニルフルオリド(251)
9.3 ジフルオロメチル-2-ピリジンスルホン(253)
9.4 3,5-ジメチル-2-ピコリルアミン(256)
10.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

四塩化ケイ素(Silicon tetrachloride)
トリデシルアルコール(Tridecyl alcohol)
メタバナジン酸アンモン(Ammonium metavanadate)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
谷口敦彦 東京薬科大学
伊藤進也 京都産業大学
永田和宏 JT生命誌研究館
小澤新一郎 北里大学
大上雅史 東京工業大学
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】タンパク質間相互作用の機能制御と応用―新たな創薬ターゲットを求めて―

-------------------------------------------------------------------------

標的選択的光酸素化を用いたタンパク質間相互作用の阻害戦略
Inhibition of Protein-Protein Interaction by Target-Selective Photooxygenation

 光酸素化を利用したマイオスタチン関連タンパク質間相互作用の阻害について紹介する。マイオスタチンの阻害は筋萎縮性疾患の治療につながると考えられている。マイオスタチン親和性ペプチドに光酸素化触媒を導入し,これを用いたマイオスタチン選択的光酸素化を行った。この酸素化は不可逆的かつ触媒的にマイオスタチンを不活化するため,効率的にマイオスタチン活性を抑制した。

【目次】
1.はじめに
2.マイオスタチン
3.光酸素化触媒を付加した機能ペプチド
4.マイオスタチンの光酸素化
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

タンパク質間相互作用阻害化合物の細胞内評価法          
Evaluation of a Compound Inhibiting Protein-Protein Interaction in Living Cells

 化合物によりタンパク質間相互作用(PPI)を阻害することは,種々の疾患治療に役立つ。生きた細胞で標的とするPPIをモニターし,化合物のPPI阻害能を評価することは,作用機序の実証に必要である。コラーゲン特異的分子シャペロンHsp47は,線維化疾患治療薬のターゲットとして研究が進んでいるが,最新の細胞内PPI検出法の解説とともに,Hsp47とコラーゲンの小胞体内PPIに対する実施例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.細胞内タンパク質間相互作用検出法
3.コラーゲンと分子シャペロンHsp47のPPIの検出
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

インシリコ・フラグメントマッピング法によるタンパク質間相互作用阻害剤の探索    
Discovery of Protein-Protein Interaction Inhibitors using in silico Fragment Mapping Method

 フラグメントベース創薬(FBDD)は,タンパク質の構造情報を利用して小さなフラグメントからリード化合物を設計する効率的な創薬手法である。本稿では,著者らの研究室で開発した計算機的FBDD手法である「インシリコ・フラグメントマッピング法」の概要およびタンパク質間相互作用阻害剤スクリーニングへの適用例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.インシリコ・フラグメントマッピング法
2.1 CSFDB
2.2 Fsubsiteプログラム
2.3 PPI標的タンパク質への適用
3.Rac1-GEF間相互作用阻害剤のバーチャルスクリーニング
3.1 インシリコ・フラグメントマッピング
3.2 3次元ファーマコフォアモデルの構築と化合物スクリーニング
3.3 ドッキング解析
3.4 分子動力学シミュレーション
3.5 GDP/GTP交換反応の阻害試験
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------
構造情報に基づくタンパク質間相互作用の計算予測               
Structure-based Computational Protein-Protein Interaction Predictions

 未知なる創薬ターゲットを求めて,タンパク質間相互作用(PPI)を標的とした薬剤設計が注目されている。しかし,実験的に見つけられたPPI以外にも,まだまだ多くのPPIが発見されずに眠っている状況である。本稿ではPPIの情報蓄積の現状を説明し,これらの情報をもとに計算によってPPI を予測するための技術を解説する。また,立体構造情報を活用する高速なPPI予測手法であるMEGADOCKを紹介し,
MEGADOCKによって実際に未知のPPIを発見した例を示す。

【目次】
1.はじめに
2.タンパク質間相互作用予測
3.立体構造情報に基づくタンパク質間相互作用予測
4.MEGADOCKによるタンパク質間相互作用予測の事例
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリジン系機能性化学品(特に農薬)
               
第5回:三置換ピリジン誘導体
Trisubstituted Pyridine Derivatives

 第1,2回では一置換ピリジン,第3,4回では二置換ピリジンの製法と用途について述べた。今回は,三置換ピリジンについて紹介する。

【目次】
5.三置換ピリジン
5.1 2,3,5-コリジン(172)
5.2 2,4,6-コリジン(176)
5.3 2,3,5-トリクロロピリジン(177)
5.4 2,5-ジクロロ-3-フルオロピリジン(180)
5.5 2,5-ジブロモ-3-メチルピリジン(182)
5.6 4,5-ジクロロ-2-メトキシピリジン(187)
5.7 2,3-ジクロロ-5-(トリフルオロメチル)ピリジン(188)
5.8 2-アミノ-3-クロロ-5-(トリフルオロメチル)ピリジン(190)
5.9 [3-クロロ-5-(トリフルオロメチル)-2-ピリジニル]アセトニトリル(192)
5.10 3-シアノ-6-メチル-2-(1H)ピリドン(195)
5.11 2-クロロ-3-シアノ-6-メチルピリジン(197)
5.12 2-クロロ-6-メチルニコチン酸(198)
5.13 2-アミノ-3-シアノ-6-メチルピリジン(199)
5.14 2-アミノ-6-メチルニコチン酸(200)
5.15 2-メチル-6-(トリフルオロメチル)ニコチン酸エチル(203)
5.16 2-クロロスルホニル-6-トリフルオロメチル-3-ピリジンカルボン酸メチル(210)
5.17 3-ヒドロキシ-4-メトキシピコリン酸(211)
5.18 5-メチルピリジン-2,3-ジカルボン酸(215)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

半導体用ケミカルスの市場動向

 世界半導体市場統計(WSTS)によると,2018年の世界半導体市場は前年からのプラスを引き継ぎ,
+13.7%の大幅拡大となった。材料市場はデバイス市場を反映した動きとなったが,半導体製造装置市場は+14.0%となった。一方,2019年の半導体市場は米中,日韓などの経済摩擦などの諸要因を反映して落ち込みが予想されており,2019年春季予測では世界半導体市場の成長率を-11.2%と予測している。

【目次】
1.半導体市場動向
1.1 世界の半導体市場
1.2 世界の半導体製品別市場動向
1.3 世界の半導体メーカー動向
1.4 世界の半導体需要
1.5 世界のファブレス半導体メーカー動向
1.6 世界のファウンドリー企業動向
1.7 日本の半導体メーカー動向
1.8 半導体製造装置の市場
1.9 半導体材料の市場
2.半導体製造用ガス
2.1 高純度キャリアガス
2.2 半導体デバイス製造用ガス
2.3 成膜用ガス
2.4 ドーピング用ガス
2.5 ドライエッチング用材料
3.フォトレジスト
4.半導体封止材料

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

コンクリート用化学混和剤工業の市場動向

 全国生コンクリート工業組合連合会によると,2018年度の生コンクリート出荷量は,前年度比2.1%増の8,548万m3となり,5年ぶりにプラスとなった。また(一社)セメント協会によると,2018年度のセメント国内需要は4,217万8,000トン,前年度比0.5%増となり,こちらは2 年連続のプラスとなった。これら生コン・セメント需要の動きに連動して,コンクリート用化学混和剤の需要も微増しているとみられる。

【目次】
1.概要
2.種類と性能
3.需要動向
4.技術動向
4.1 高性能減水剤の動向
4.2 AE 減水剤の動向
4.3 高性能AE 減水剤の動向
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

イソフタル酸ジアリル(Diallyl isophthalate)
酢酸リナリル(Linalyl acetate)
2,3-ジクロロ-5,6-ジシアノベンゾキノン(2,3-Dichloro-5,6-dicyanobenzoquinone)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
伊庭野健造 大阪大学
上田良夫 大阪大学
兵頭健生 長崎大学
清水康博 長崎大学
橋新 剛 熊本大学
坂尾実希 熊本大学
久保田 弘 熊本大学
小野寺 武 九州大学
丸尾容子 東北工業大学
浅沼光吾 東北工業大学
井上修平 広島大学
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】高感度ガスセンサの新展開

-------------------------------------------------------------------------

ヘリウム誘起ナノ構造を用いたガスセンサの開発      
Development of Gas Sensor using Helium-Induced Nanostructures

 ガスセンサの高感度化には表面積の増大が有効であり,ヘリウム(He)プラズマ照射で形成される繊維状ナノ構造が着目されている。実際にモリブデン,タングステンの酸化物半導体センサを作製し,He照射による高感度化が確認された。He誘起ナノ構造は多種金属表面で形成され,Electronic noseに必要とされるセンサ群への応用にも資する技術である。

【目次】
1.はじめに
2.繊維状ナノ構造ガスセンサの作製
3.繊維状ナノ構造をもつMoO3センサのアルコール検知特性
4.繊維状ナノ構造をもつWO3センサの水素ガス検知特性

-------------------------------------------------------------------------

吸着燃焼式ガスセンサのダイナミックVOC応答:材料設計による高感度化 
Dynamic VOC Responses of Adsorption/Combustion-Type Gas Sensors:Enhancement of
Gas Senstivitity based on Material Design

 吸着燃焼式ガスセンサは,低温で被検ガスを触媒層に吸着したのち,それらをフラッシュ燃焼したときの発熱挙動をシグナル出力することで作動する。そのため,揮発性有機化合物(VOC)に対して特徴的なダイナミック応答を示す。本稿では,吸着燃焼式ガスセンサの基本的な特性から応答特性の改善に有効な材料設計の幾つかを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.作動条件や作動メカニズム
3.特徴
4.高感度化に向けた触媒材料の設計
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

酸化タングステンの構造制御と二酸化窒素の低温・低濃度検知
Structural Control of Tungsten Trioxide for Low Temperature and Low Concentration Detection of Nitrogen Dioxide

 酸化タングステン(WO3)の構造を制御することで二酸化窒素(NO2)に対するセンサ応答を増大させることができる。水熱合成により構造制御された酸化タングステンは50℃で0.3ppmのNO2に対し,2~3桁のセンサ応答を示した。ガスセンサの操作温度の低温化は消費電力の低減に繋がる。本稿では単斜晶酸化タングステンと六方晶酸化タングステンの調製法とNO2に対するセンサ応答の比較について最近の成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.実験方法
3.結果と考察
3.1 生成相の構造支配因子
3.2 m-WO3とh-WO3のNO2検知特性
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

逆オパール型フォトニック結晶を用いた匂いセンサの開発          
Development of Inverse Opal Photonic Crystal for Detection of Odor Substances

 近年,フォトニック結晶を利用して化学物質を捕えて可視化するセンサが開発されている。周期が100nmオーダーのフォトニック結晶は,周期や屈折率などに依存して構造色を発色する。結晶中に外部から浸透した化学物質は,反射光の波長や光強度の変化により,検出できる。ここでは,逆オパール型フォトニック結晶による匂いセンサについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.フォトニック結晶
3.匂いセンサ応用
4.逆オパール型フォトニック結晶フォトニック結晶を用いた高感度匂いセンシング
5.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

比色多孔質ガラスセンサを用いた呼気ガス成分の超高感度分析  
Highly Sensitive Analysis of the Exhaled Air using Colorimetric Porous Glass Sensors              

ナノ孔を有する多孔質ガラスは莫大な比表面積を持ち,透明であるために化学反応の基板として用いることで高感度・高選択な比色ガスセンサを作製することができる。本稿では,呼吸器疾患と関連のある一酸化窒素センサの研究開発とそれを用いた超高感度分析方法および呼気分析への適用についての研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.気体検出基板としての多孔質ガラス
3.NO検出センサに求められる性能
4.NO検出センサ(PTIO)を用いた検出方法の開発
5.NO2検出センサを併用したNO検出方法の開発
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

カーボンナノチューブ薄膜のガス分子に対する応答特性           
Response Characteristics of Carbon Nanotube thin Film to Adsorbed Molecules and Its Principle

 本稿では,カーボンナノチューブ(CNT)薄膜が吸着分子に応答するメカニズムについて説明する。CNTへの吸着と聞くと細長いチューブの側壁に吸着するイメージを持つが,物理吸着で電気抵抗の変化となって表れるのは側壁への吸着ではなく,CNT同士が接触している界面への吸着であることが分かった。

【目次】
1.はじめに
2.実験―原理の解明に向けて―
3.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリジン系機能性化学品(特に農薬)
               
第4回:二置換ピリジン誘導体-2
Disubstituted Pyridine Derivatives-2

 前回に続き,二置換ピリジンの製法と用途について述べる。今回は,ジアルキル体,アルキルまたはハロゲン置換アミノ体,カルボン酸,ジクロロ体,トリフルオロメチル誘導体などについて述べる。次回は,三置換ピリジンを紹介する。

【目次】
4.二置換ピリジン
4.16 2,3-ルチジン(109)
4.17 5-エチル-2-メチルピリジン(111)
4.18 2-(5-エチル-2-ピリジル)エタノール(113)
4.19 2-アミノ-6-メチルピリジン(115)
4.20 2-アミノ-3-メチルピリジン(116)
4.21 2-アミノ-4-メチルピリジン(120)
4.22 2-クロロ-6-メチルピリジン(121)
4.23 2-メトキシ-4-メチルピリジン(127)
4.24 2-アミノ-5-ブロモピリジン(128)
4.25 2-[(5-クロロピリジン-2-イル)アミノ]-2-オギザル酢酸エチル(129)
4.26 イミダゾ[1,2-a]ピリジン-3-酢酸一塩酸塩(133)
4.27 3-アミノ-2-クロロピリジン(135)
4.28 2-クロロニコチン酸(140)
4.29 6-クロロピコリン酸(145)
4.30 4-クロロピリジン-2-カルボン酸クロリド(146)
4.31 4-(トリフルオロメチル)ニコチン酸(153)
4.32 2,3-ジクロロピリジン(158)
4.33 2,6-ジクロロピリジン(165)
4.34 6-トリフルオロメチル-3-ピリジンメタノール(169)
4.35 5-クロロメチル-2-(トリフルオロメチル)ピリジン(170)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

塗料工業の市場動向

 2018年の塗料生産量は,前年比98.5%の165万214トンと前年よりやや減少した。同じく販売数量も前年比99.9%となったが,販売金額は102.1%と,前年から微増となった。近年,国内生産量は再び増加傾向ないし横ばいの状況にあるといえる。国内メーカーはさらなる成長に向けて,今後はインフラ投資が活発な新興国を中心に,世界市場へとシフトしていくものと思われる。

【目次】
1.需要概要
2.品目別生産概要
3.需要分野の動向
4.輸出入動向
5.メーカー動向
6.環境,社会への対応

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

カルボキシビニルポリマー(Carboxyvinyl polymer)
ジメチルジチオカルバミン酸亜鉛(Zinc dimethyldithiocarbamate)
スルフォラン(Sulfolane)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
玉手亮多 (国研)物質・材料研究機構
古賀智之 同志社大学
東 信行 同志社大学
西村慎之介 九州大学
藪 浩 東北大学
岡部晃博 三井化学(株)
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
森 良平 GSアライアンス(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】ブロック共重合体の最新動向

-------------------------------------------------------------------------

イオン液体中で発現するブロック共重合体の自己集合と
超分子相互作用を利用した自己修復性ソフトマテリアル           
Self-Healing Soft Materials based on Block Copolymer Self-Assembly and
Supramolecular Interactions in Ionic Liquids 
 
 イオン液体を含有するゲル「イオンゲル」は不揮発性・不燃性・高イオン伝導性などの優れた特性を有するソフトマテリアルである。本稿ではブロック共重合体の自己集合を基盤とするイオンゲルに関して概説する。さらに,ブロック共重合体の自己集合とイオン液体中で発現する超分子相互作用を利用した,自己修復機能を持つ新規イオンゲルに関して紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ブロック共重合体の自己集合を利用したイオンゲル
3.ブロック共重合体の自己集合とイオン液体中で発現する超分子相互作用を利用した
 自己修復イオンゲル
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ペプチドとビニルポリマーからなるマルチブロック型共重合体の精密設計
Precisely Designed Multiblock Copolymers Composed of Sequential Peptides and
Vinyl Polymers

 リビングラジカル重合技術の発展に伴い,様々なマルチブロック型高分子の設計が可能になりつつある。本稿では,骨格構造の異なる人工ペプチドとビニルポリマーの精密マルチブロック化に関する我々の研究例をまとめた。ペプチドの自己組織性や生体機能とビニルポリマーの材料特性を組み合わせた新たな材料設計が期待される。

【目次】
1.はじめに
2.配列制御ペプチドとビニルポリマーからなるマルチブロック型ハイブリッドの精密合成
3.マルチブロック型ハイブリッドポリマーのタンパク質様フォールディング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

バイオミメティックブロック共重合体による機能性ナノ粒子アレイの形成       
Fabrication of Functional Nanoparticle Arrays based on Biomietic Block Copolymers

 本稿では,多様な材料に対する接着能と還元能を持つカテコール基を組み込んだブロック共重合体の相分離構造形成と,それを用いたナノ粒子アレイの形成について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.カテコール基含有ブロック共重合体の合成
3.カテコール基含有ブロック共重合体の機能
3.1 無機ナノ粒子の分散
3.2 金属ナノ粒子の合成
3.3 ナノ粒子アレイの形成と磁気光学素子への展開
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

新規ポリオレフィン-シリコーンブロック共重合体「イクスフォーラⓇ」の開発  
Development of Novel Polyolefin-Silicone Block Copolymer ExfolaTM

 シリコーンが有する特有の性質をポリオレフィンに付与するため,化学結合を介して両者を複合化させた新規ポリオレフィン-シリコーンブロック共重合体(イクスフォーラⓇ,製造販売元:三井化学ファイン(株))を開発した。触媒設計および合成反応についての独自技術を活用し,イクスフォーラⓇをポリオレフィン用表面改質剤として実用化するに至った開発内容について紹介する。

【目次】
1.背景
2.イクスフォーラⓇの設計指針
2.1 構造設計
2.2 合成反応の設計
2.3 触媒設計
3.イクスフォーラⓇの特長
3.1 樹脂表面
3.2 樹脂内部
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬]          

1.殺菌剤 flubeneteram(フルベネテラム)
2.除草剤 dimesulfazet(ジメスルファゼット)
3.殺虫剤 cyetpyrafen(シエトピラフェン)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリジン系機能性化学品(特に農薬)
               
第3回:二置換ピリジン誘導体-1
Disubstituted Pyridine Derivatives-1

 第1,2回は,一置換ピリジンの製法と用途について述べた。今回は,二置換ピリジンのうちピコリン,シアノピリジンやクロロピリジンを原料とするピリジン誘導体および天然物エピバチジンについて述べる。

【目次】
4.二置換ピリジン
4.1 2-クロロ-5-(トリフルオロメチル)ピリジン(69)
   2-クロロ-3-(トリフルオロメチル)ピリジン(70)
   2,6-ジクロロ-3-(トリフルオロメチル)ピリジン(71)
4.2 6-クロロ-2-トリクロロメチルピリジン(72)
4.3 2-ヒドロキシ-6-(トリフルオロメチル)ピリジン(76)
4.4 3-シアノ-6-ヒドロキシピリジン(77)
4.5 2-クロロ-5-シアノピリジン(78)
4.6 3-アミノメチル-6-クロロピリジン(79)
4.7 3-クロロメチル-6-クロロピリジン(81)
4.8 2-クロロ-3-シアノピリジン(2-クロロニコチノニトリル)(86)
4.9 3-クロロ-2-シアノピリジン(87)
4.10 3-クロロ-2-ピリジンカルボキシアルデヒド(92)
4.11 ピリジン-2,3-ジカルボン酸(94)
4.12 2-メトキシ-4-(トリフルオロメチル)ピリジン(103)
4.13 3-ヒドロキシ-2-ニトロピリジン(104)
4.14 1,1’-チオカルボニルジ-2,2’-ピリドン(106)
4.15 エピバチジン(107)


-------------------------------------------------------------------------

[R&D Report]

石油を含まない100%天然バイオマス系成分の生分解樹脂材料,
コーティング材,色材およびセルロースナノファイバー関連製品
100%Nature Biomass based Biodegradable Resin Material,
Coating Material,Color Material and Nano Cellulose related Products

 地球温暖化,プラスチック汚染,エネルギー枯渇,水,食料不足などの環境問題が深刻になってきており,コロナウイルスも人口爆発による野生動物の絶滅種の増加などが原因の1つとも考えられる。海洋中のマイクロプラスチックを含めたプラスチック汚染も深刻な問題であり,1つの対策として生分解性プラスチックがある。

【目次】
1.序論
2.プラスチックの分類
3.弊社においての種々の石油系プラスチック,生分解性プラスチックや廃プラスチックと
 セルロースナノファイバー複合体製品
4.弊社においての生分解性プラスチック製品
5.非可食性バイオマス由来のセルロース系生分解性プラスチック
6.各種成形品
7.100%天然バイオマス系材料から作られる生分解性ビーズ,スクラブ,微粒子
8.天然バイオマス系材料からなるコーティング材料,色材製品など
9.100%天然バイオマス系材料から作られる各種植物油へのセルロースナノファイバー分散体
10.まとめと今後

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

電池用材料・ケミカルスの市場動向

 2018年の一次電池・二次電池の合計出荷数量は,前年比1.5%増の47億8,000万個となった。二次電池は,2010年の民生需要の回復,車載用リチウムイオン電池の市場の立ち上がりなどにより,高い成長を達成したが,2011年には東日本大震災の影響により,生産量が減少した。現在では環境負荷軽減の要請が高く,今後もHV,EV車の需要,それに伴う二次電池の需要増加が期待されている。一方,一次電池は,環境負荷軽減や二酸化炭素排出削減対策として,二次電池へのシフトが起こっており,低い水準で推移している。電池用構成材料は,使用される電池の出荷数量にほぼ比例した推移となっており,ハイブリッド自動車向けの需要拡大に加え,電気自動車向けの需要が拡大しているリチウムイオン電池向けの構成材料に大きな期待が寄せられている。

【目次】
1.電池市場の概要
2.開発動向と構成材料
3.二次電池構成材料の市場動向
3.1 リチウムイオン電池構成材料の市場
3.2 ニッケル水素電池構成材料の市場

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アクリル酸-4-ヒドロキシブチル(4-Hydroxybutyl acrylate)
N-イソプロピルアクリルアミド(N-Isopropyl acrylamide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
おすすめの購読プラン

ファインケミカル 雑誌の内容

調査・資料・報道・抄録ファイン化をめざす化学業界人の必携書
本誌は、ファインケミカル分野で国内唯一の専門情報誌です。シーエムシー出版の豊富な蓄積と情報網をもとに、ファイン関連の動向を深く、広範囲に、正確に捉え、「仕事に直結する」最新情報を提供しています。

ファインケミカルの無料サンプル

2010年11月号 (2010年10月15日発売)
2010年11月号 (2010年10月15日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

+   ファインケミカルの目次配信サービス

ファインケミカルを買った人はこんな雑誌も買っています!

テクノロジー・科学 雑誌の売上ランキング

1 Newton(ニュートン)

ニュートンプレス.

Newton(ニュートン)

2021年09月25日発売

目次: Newton Special

数学者たちを悩ませる「思考の迷宮」
数学パラドックス
監修 小山信也
執筆 山田久美

古くは古代ギリシャの時代から,人々はさまざまなパラドックスを考えてきた。難問ぞろいの数学パラドックスをじっくりと考えて,奥深き「思考の迷宮」に足を踏み入れてみよう!


Newton Special(2)

生命の設計図を書きかえる注目の新技術「ゲノム編集」
ゼロからわかるクリスパー
【試し読み】
newton2111_014-015.jpg
遺伝情報を書きかえる「ゲノム編集技術」は,医療や農業,水畜産業などへの応用が期待される一方,倫理的な問題も議論されている。この特集では,最新のゲノム編集技術「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」についてゼロからやさしく解説する。
監修 山本 卓
執筆 島田祥輔

FOCUS Plus
医学
新型コロナ「変異株」にどう立ち向かうか
監修 片山和彦
執筆 西村尚子
化学
常圧の二酸化炭素を原料にプラスチックを合成
協力 田村正純
執筆 加藤まどみ

Topic
「集中力」の心理学
【試し読み】
newton2111_034-035.jpg
どうすれば集中を維持し,回復させられるのか?
監修 池谷裕二/清水寛之
執筆 小野寺佑紀

Topic
シンギュラリティはおきるか?
【試し読み】
newton2111_044-045.jpg
2045年に人工知能が人間の知能をこえるという“予言”を検証
監修 河島茂生
執筆 福田伊佐央

Topic
くりかえされる大量絶滅
【試し読み】
newton2111_086-087.jpg
これまで地球上では5回の大量絶滅がおきた。そして現在は?
監修 磯﨑行雄
執筆 前田 武

Cosmic Wonder
月探査の最前線
【試し読み】
newton2111_096-097.jpg
サンプルリターン,月面基地計画─ふたたび注目を集める月探査
監修 春山純一
執筆 川村 晶

Nature View
噴火─地球の鼓動
【試し読み】
newton2111_108-109.jpg
マグマの性質から読み解く火山のメカニズム
監修 井口正人
執筆 北原逸美

Nature View
小さなアリの多忙な生活
【試し読み】
newton2111_118-119.jpg
機能的な体で営む高度な分業社会
監修 村上貴弘
執筆 佐藤成美

アルゴリズムな世界
データ量を減らせ
監修 宇野毅明
執筆 荒舩良孝

参考価格: 1,190円

驚きと興奮のサイエンスマガジン 『ニュートン』

  • 2021/08/26
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/26
    発売号

  • 2021/04/26
    発売号

  • 2021/03/26
    発売号

2 日経サイエンス

日経サイエンス

最大
24%
OFF
送料
無料

日経サイエンス

2021年10月25日発売

目次: 【ノーベル賞詳報:温暖化予測で真鍋博士らに物理学賞】
物理学賞:気候変動の「複雑な正体」に挑む
物理学賞:乱雑さに潜む法則を解明 ほか
生理学・医学賞:温度受容体と触覚受容体の発見
化学賞:金属を使わずに不斉合成
-----------------------------------------------------------------
【特集:新型コロナ 次の治療薬は】
多様な変異ウイルスに効く抗体
タンパク質工学の新潮流 ワクチンや抗体医薬を自由に設計する
-----------------------------------------------------------------
創刊50周年企画:科学の50 年 そして現在
進化続ける分子の精密合成 自己組織化で創るナノ空間
-----------------------------------------------------------------

大規模なつながりは突然に ネットワークの相転移を語る数理

感覚経験は脳のどこで生まれるのか 電気刺激で意識を探る?

宇宙膨張の歴史を明かす銀河地図

熱くなる極北のるつぼ スヴァールバル諸島からの報告

賢い農法で地球を救う 


★このほかにも魅力的な記事がいっぱいあります。

◇SDVANCES
人の移動の数理/検査もできる使い捨てマスク/コンクリートに充電/
カイロウドウケツの秘密/ホーム・スウィート・フォーム/鳥の目から見えるもの/
それらしい音/循環DNAで病気を早期発見/改変大腸菌で色素製造/ニュース・クリップ ほか
◇From Natureダイジェスト
COVIDの重症化に自己抗体が関連か/新型コロナウイルスは動物からヒトへ2度ジャンプした?
◇ヘルス・トピックス:抗生物質は少量がベター
◇Science in Images:アフリカの動物たちの雄姿
◇グラフィック・サイエンス:傑出数学者の系譜
◇パズルの国のアリス:盗み見の効用
◇BOOK REVIEW特集
自然史の楽しみ  佐藤たまき
エビデンスをめぐって  北澤京子
人と社会と自然をつなぐ科学 谷口真人
<連載>森山和道の読書日記 ほか
◇科学のアルバム
◇サイエンス考古学
◇中高生が学ぶサイエンス講義
◇今月の科学英語

定期購読(3年プラン)なら1冊:1,121円

科学の「先端」「発見の快感」を伝える一般向けの総合科学誌

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/07/26
    発売号

  • 2021/06/24
    発売号

  • 2021/05/25
    発売号

  • 2021/04/24
    発売号

3 天文ガイド

誠文堂新光社

最大
50%
OFF

天文ガイド

2021年10月05日発売

目次: 【特集】昼間の惑星食を見よう

11月8日に金星食、12月3日に火星食が見られます。
いずれも昼間の現象ですが、双眼鏡や望遠鏡で観察したい貴重な現象です。
2現象の詳しい解説、昼間の天体の見つけ方、観察と撮影方法を紹介。
ほか新彗星を発見した西村栄男さんの新星&彗星捜索方法、ミラーレスカメラでの星空VR撮影、街明かりの影響を避けた星空撮影ノウハウ、西條善弘さんによるモザイク合成の画像処理ソフト紹介など。

定期購読(【月額払い】プラン)なら1冊:550円

毎月の天文現象と、新製品のニュースをお伝えします。

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

4 ナショナル ジオグラフィック日本版

日経ナショナル ジオグラフィック社

最大
34%
OFF
送料
無料

ナショナル ジオグラフィック日本版

2021年09月30日発売

目次: 【特集】
○乗り物レボリューション
●未来は電気にあり
化石燃料で動くエンジン車が絶滅する?炭素排出を抑えた電気自動車の開発を、メーカーは加速させている。
●地球にやさしい空の旅
炭素を排出しない旅客機をつくることは可能か?有望な開発と困難な課題を追う。

●夜の海に漂う生命
漆黒の闇に閉ざされた大海原では、見たこともない生き物たちが潮の流れに乗って揺らめいている。
●ブルガリアの仮装の奇祭
ブルガリアに伝わる、人間界と霊界をつなぎ、繁栄と健康を祈る祭り。その主役は奇抜で目を引く仮装だ。
●希望をつなぐ保護活動
コンゴの保護施設で世話される幼いチンパンジーたち。活動を通じて職員たちは生き抜く大切さを学んでいる。

【コラム】
●PROOF 世界を見る「美しくも不快な光景」
ルーマニア中部から北西部に広がる牧歌的なトランシルバニア地方の一角で、銅鉱山から出る廃棄物が谷に捨てられ、環境破壊が進んでいる。有害物質でできた湖を記録するため、地元の写真家が立ち上がった。
●EXPLORE 探求するココロ
「この羽根はだれのもの?」「群れて飛ぶムクドリ」「プラネット ポッシブル」「外来種を食べる」「植民地時代のウイッグ」
●THROUGH THE LENS レンズの先に「極限に挑んだ北極遠征」
北極の魅力に取りつかれた写真家が、過酷な訓練を乗り越え、長期にわたる科学調査に同行した。彼女は極夜の氷上で無類の美しさと自らの限界を見いだした。

●読者の声
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年「時速200キロでビール」
●今月の表紙:炭素の排出を減らそうと、乗り物の大変革が進行中だ。電気自動車のほか、電気小型航空機や水素燃料の旅客機が私たちを運ぶ日が来るだろう。

参考価格: 1,210円 定期購読(3年プラン)なら1冊:794円

テレビや新聞では報道されない、世界の“いま”を知ることができます。

  • 2021/08/30
    発売号

  • 2021/07/30
    発売号

  • 2021/06/30
    発売号

  • 2021/05/28
    発売号

  • 2021/04/30
    発売号

  • 2021/03/30
    発売号

5 環境ビジネス

日本ビジネス出版

最大
2%
OFF
送料
無料

環境ビジネス

2021年09月15日発売

目次: 第6回 トップリーダーに訊く
三菱ふそうトラック・バス株式会社
代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)ハートムット・シック氏

【特集1】製造業で加速する脱炭素の流れ

脱炭素対策は“リスク回避”というより“機会獲得”の有効手段
みずほリサーチ&テクノロジーズ

少なくとも産業界の CO.、 90%削減 国を挙げて取り組む「工場脱炭素戦略」
駐日英国大使館 公使参事官

政策ツールを総動員し、製造業を含め産業界全体を後押し
経済産業省

企業の脱炭素を促進 工場・事業場における環境設備の導入に 1/3補助
環境省

他社に先駆けた取組みでビジネスチャンスを掴む
恩田金属工業

グリーンスチール実現に向け、製造プロセス自体の変革を
ティッセンクルップ・ジャパン


【特集2】製造業に課せられる脱炭素対策

再エネ電化・非化石燃料化が責務に 工場の脱炭素操業と省エネ
環境ビジネス編集部

化石エネルギー源に依存した熱源と廃熱の利活用をエネルギーマネジメント
環境ビジネス編集部

事業の持続的発展には環境と経済の両視点が必要
紅屋ホールディングス

蓄電システムの普及で再エネの拡大・安定化を
エネマン

太陽光発電× NAS電池の導入で脱炭素化と BCPを同時に実現
山一電機

大容量のエネルギーシフトを可能にする NAS電池
日本ガイシ

脱炭素へ向け、“潤滑油で省エネ”の発想
EMGルブリカンツ

【東京ゼロエミッションえの道】
2030年カーボンハーフ実現に向けて全庁一丸となって脱炭素行動を推進
東京都 環境局長

イノベーションを加速させ、持続可能な資源利用の実現を目指す
東京都 環境局 資源循環推進部


【FOCUS】
国産木質バイオマス発電のエフオンが電力小売事業に参入
エフオン

戦略的アライアンスで脱炭素社会の実現を目指す
長瀬産業

顧客の要望に対応し、カスタマイズした架台を提供
安泰ソーラー

脱炭素経営が求められる背景とその実践
香川県

気候変動リスクに備える適応策とは
香川県

【TOPICS】
CO2の有効活用に光明 メタネーション装置

「仙台 事業構想大学院」が来春開設

【特集3】ゼロエミッション工場を実現する先進工場事例


脱炭素化は地球でビジネスを行う上でのライセンス
サントリー

グリーバルで CO.排出ゼロの工場づくりを目指す
パナソニック

グローバルで 2035年自社工場のカーボンニュートラルを発表
トヨタ

環境に配慮した商品づくりを目指す 長期ビジョン達成へ、工場の脱炭素化を推進
カルビー

【特別企画】全国各地で開発が進む洋上風力発電
国は初の選定事業者に浮体式洋上風力を選定
環境ビジネス編集部

全国各地の案件形成を加速させ洋上風力の有望区域選定を増やす
環境ビジネス編集部

全国各地で進む洋上風力発電事業の開発には巨額投資の継続性が不可欠
デロイトトーマツコンサルティング

次世代ネットワークに転換し大量導入の課題である送電容量を確保
資源エネルギー庁

【巻頭グラビア】
発電プラント屋上のレクリエーション場「 CopenHill」

藻類で空気清浄する遊び場「 AirBubble」

【イベント・フォーラム・シンポジウム】
第22回環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化

【COLUMN】
Environment★Entertainment 映画「 MINAMATA」


未来海図
日清食品ホールディングス

Circular Economy リーディングカンパニーの挑戦
ヴェオリア・ジャパン

2050年脱炭素社会の現場
ジャーナリスト桃田健史氏

日本文明を環境から解き明かす 第17回「家康の隠居地・駿府の謎」
元国土交通省河川局長竹村公太郎氏

リーガルチェック!
株式会社タイムマシーンアンダーライターズ稲田行祐氏/シティユーワ法律事務所齋藤崇氏

Carbon Neutral Designer's File
空港施設

GREEN CREATIVE TRANSFORMATION
Looop

GREEN ECONOMY
国際協力銀行佐藤勉氏

マダニが媒介する新興感染症の脅威
国立環境研究所五箇公一氏

森田正光の一体何が問題なの!?
気象予報士森田正光氏

Offshore Wind
日本気象名川広志氏

洋上風力発電を成功に導くために
渋谷潜水工業 渋谷正信氏

GREEN ESSAY
在独ジャーナリスト田口理穂氏

参考価格: 1,324円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,300円

環境推進のための実務誌

  • 2021/06/15
    発売号

  • 2021/03/15
    発売号

  • 2020/12/15
    発売号

  • 2020/09/15
    発売号

  • 2020/06/15
    発売号

  • 2020/03/16
    発売号

6 設備と管理

オーム社

送料
無料

設備と管理

2021年10月11日発売

目次: ■特集

受変電設備の精密点検 -目安と推奨実施項目-[前編]
 中島 秀之(東京電設サービス)
 受変電設備は,電気事業法により法定点検が義務付けられている.本記事では,受変電設備の精密点検がなぜ必要になるのかといった基礎的な解説と精密点検の目安,推奨実施項目について解説をした.

■解説

特定建築物の定期調査報告 調査員の視点とポイント その2
 太田 昌克(ビューローベリタスジャパン)
 建築基準法第12条第1項・3項では,所有者(管理者)は特定建築物について,定期的に建築物の状況を資格者に調査・検査をさせ,その結果を特定行政庁に報告することが義務付けられている.今月は建築物の外壁調査に焦点を当てて,解説していく.

■ライセンス

2021年度(第43回)エネルギー管理士(熱分野) 試験問題と解答・解説
 2021年度(第43回)エネルギー管理士試験が,8月8日(日)に全国10地区において実施され,9月24日に合格発表された.今年の新規受験者数は(科目免除受験者を含む)は7684人で,合格者2454人,合格率は31.9%だった.

■ニュースラインナップ

・「ビルメンWEB」をプレオープン
・自動ドアの安全対策について周知依頼
・カーボンニュートラルに向けた建築物の省エネ対策
・「建築設備分野におけるIoT活用事例」をホームページに掲載
・令和3年度マンション管理受託動向調査の概要

■フォトギャラリー

滋賀県立美術館

■道草の拾い読み

東京・渋谷区 パビリオン・トウキョウ2021②「木陰雲」

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/85. ビルメンテナンスとプロパティマネジメント
・設備英語の英絵おもしろ百科/建築設備技術遺産
のぞき窓を閉めないで/取扱説明書なんていらない!
完全図解 電子回路とディジタル回路の基礎知識/第1編 電子回路/第1章 ダイオードとトランジスタ 3. 電界効果トランジスタ
マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/51. 管理室大改造を伴う耐震補強工事例(その2)
現場ではたらくビル管INTERVIEW/122. 田野邉 千智(日本メックス株式会社)
けろさんの設備探訪記/2. 外壁の表情と換気フード
ビル管 キャリアUPガイド/3. ビルメンセット―ビル管になるために必要な資格

参考価格: 1,650円

ビル・工場の設備を管理するエンジニアとマネージャのための専門誌

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/11
    発売号

  • 2021/07/09
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/11
    発売号

  • 2021/04/09
    発売号

7 電気計算

電気書院

送料
無料

電気設備の保守管理。電験・管理士受験指導

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/12
    発売号

  • 2021/07/12
    発売号

  • 2021/06/11
    発売号

  • 2021/05/12
    発売号

  • 2021/04/12
    発売号

8 月刊星ナビ

アストロアーツ

送料
無料

月刊星ナビ

2021年10月05日発売

目次: 11月のほぼ皆既月食を2部構成で解説。さらに「ステラナビゲータLite」を天文系YouTuberがレポートします。

★表紙画像
沼澤茂美さんによる「地球の影の端にかかる月」です。2014年10月8日の皆既月食直後の写真で、今回の最大食分にほぼ等しい状態の月です。

★限りなく皆既に近い部分月食
11月の部分月食は限りなく皆既に近い月食。地平高度が低い位置で食が最大になるので地上景色とも一緒に撮影しやすいです。パート1では、月食星景や月食星野で使える作画のヒントなどを、パート2ではターコイズフリンジなど「地球の影」をとらえる方法を紹介します。事前にチェックして、万全の体制で当日を迎えましょう。

★Deepな天体写真 市街地で星雲写真2
天体写真の撮影では、限られた観測時間を有効に使いたいですよね。短時間露光での多数コンポジットや一気撮りシステムなど、光害地から効率よく星雲撮影を行う方法を紹介します。

★ステラナビゲータLiteを天文YouTuberが使ってみた
今年7月に発売された天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータLite」。どんなことができるのか、フル版との違いは? など気になるポイントを、天文解説を行うYouTuberが実際に使ってみました!

★エーゲ海の風 第25回 仲良し兄弟と悲劇の姉妹 カストルとポルックスの冒険
ふたご座のモデル・カストルとポルックス。彼らは神話では女児2人と一緒に四つ子として誕生しました。この姉妹の物語はギリシア悲劇として古典の名作となっています。

参考価格: 960円

星空の楽しみ方を提案する新しいスタイルの情報誌

  • 2021/09/03
    発売号

  • 2021/08/05
    発売号

  • 2021/07/05
    発売号

  • 2021/06/05
    発売号

  • 2021/05/06
    発売号

  • 2021/04/05
    発売号

9 リサイクル通信

リフォーム産業新聞社

最大
14%
OFF
送料
無料

リサイクル通信

2021年10月25日発売

目次: 2021年10月25日号の主な内容

■ニュース
・「家事代行」から買取機会を創出 バリュエンス、大手ベアーズと連携
・自社ECサイトを開始 オカモトリユース
・メルカリショップス、正式版公開
・ゲオ 台湾に最大のセカスト8号店開店
・梱包レス発送の実証実験 ヤフー!とヤマト運輸
・Reuse×Tech Conferenceを実施 本誌主催ウェビナーに1180名が参加
・古物許可証に「旧姓」併記可 10月8日より運用
・キャンプ用品のリユース アルペン
・宮崎の田舎にセレクト古着店 「CHILK」
・ネットでライブオークション タイムレス
・百貨店で買取サービス バリュエンスが査定支援
・出張でHDD・SSDを破壊 ロングテールジャパン
・名古屋に420坪のテクニカル施設 パシフィックジャパン
・ものづくりが体験できるビル ソイロリビング
・タイルカーペットのリユース エムシープランナーズ
・倉庫で古着とアンティーク販売 KEIZO倉庫
・横浜・本牧に新店 ワットマン
・不要になった魚の皮からアップサイクル? tototo
・中古PC未利用者をターゲット アールキューブ
・古着コーデをインスタで展開 SSY
・レンタル品買取に1年間無料保証 レンティオ
・寿司職人?兼古物業者 リサイクルマン
・下北沢古着店のフリーペーパー 若年層の出店を支援
・古物商向けにウェブマーケ支援 ゴルゴオフィス
・質店が運営する中古楽器店 京都屋

◎トップインタビュー
オズビジョン 鈴木良社長
「350万人の〝ポイ活〟会員にリユース促進」

ポイントサイト「ハピタス」を運営するオズビジョンでは、買取アプリ「Pollet(ポレット)」を運営する子会社と連携したリユースサービスに乗り出している。350万人もの、ポイントを貯めてお得な買い物を好むサイト会員に、不要品買取のアプローチを始めている。鈴木良社長に話を聞いた。

◎トピックス
リステージ(東京都)
「オフィス競り、出来高2千万円に倍増」

リステージが主催する中古オフィス家具のネット市場が、出来高を伸ばしている。テレワークの影響で、チェアなどに質の良さを求める個人需要が高まり、出品商品のグレードが上がっている。買い手も増えて競り合いが激化し、コロナ以前は1回1200万円程だった出来高が2000万円に達するまでに成長している。

◎体験レポ
今なお進化「ビデオ査定」
成約への障壁、人と技術で解消

◎賛否異論
「フリマアプリ仕入れ実質違法」
警視庁見解に対する現場の声とは?

◎リメイク通信
ウサギ商店(愛知県)
「着物リメイクで起業 女性が活躍できる場に」

◎ささげ実態調査
・コメ兵HD…作業能率「ランク制」でモチベUP
・万代…「ゼンフォトマティック」導入で効率化
・グリーバー…6名体制でジュエリー毎日30点出品
・TOKYO RECYCLE imption…全従業員ささげ関与、4分割写真で情報増に

◎Bバイヤー道
クロノピース シィージャンク健太代表
「チラシを起点に会話絶やさず」

◎ホットトレンド
FYS(岐阜県)
「ハンガーのリユース アパレル企業が導入」

◎世界の二次流通
台湾 「Bibian(ビビアン)」
「越境代理購入ECサイト メルカリとも提携」

◎VOICE
テーマは「Reuse×Techに参加して」
・リユース業界の知見と人脈が得られる有意義なイベント…Awiiin
・セミナーや面談、懇親会もフル活用で大満足だが次年度への要望も…Y’s Stay

■連載
◎海外中古市場データ
浜屋 電気製品、その他
「アフリカ向け輸出が激減」

◎繁盛店の店づくり
東京ぶらんど新宿歌舞伎町店
「ブランド激戦区に新店 月商1億円目指す」

◎古物商も知らない中古レコードの世界
「レコードの知識、種類 その2 LP盤の保管方法」
熱と湿気は大敵!横に積んで置く保管は厳禁

◎ブランド市場バイヤー齋藤清の俺に学べ! 
「長い長い、緊急事態宣言が明けて」
続く相場上昇、小売回復はまだ先

◎倒産1000本ノック?
人生最大のしくじり?! 
「ドンドン×ハンジロー僕たちのM&A パート5」

◎生前・遺品整理ダイヤリー 思い出に寄り添って
ディーメモリー(神奈川県)
「ミシン触り故人偲ぶ近隣住民」

参考価格: 693円 定期購読(1年プラン)なら1冊:596円

中古マーケットに深く切り込み、リサイクルビジネスの世界へ読者をナビゲート。

  • 2021/10/10
    発売号

  • 2021/09/25
    発売号

  • 2021/09/10
    発売号

  • 2021/08/25
    発売号

  • 2021/08/10
    発売号

  • 2021/07/25
    発売号

ファインケミカルの所属カテゴリ一覧

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌