ファインケミカル 発売日・バックナンバー

全239件中 1 〜 15 件を表示
7,700円
著者一覧
永木愛一郎 北海道大学
岡本和紘 北海道大学
布施新一郎 名古屋大学
信田尚毅 横浜国立大学
長屋亮 横浜国立大学
跡部真人 横浜国立大学
山田強 岐阜薬科大学
井川貴詞 岐阜薬科大学
佐治木弘尚 岐阜薬科大学
芦刈洋祐 北海道大学
細谷昌弘 塩野義製薬㈱
田中雅巳 塩野義製薬㈱
大石孝洋 ㈱カネカ
町田康士 ㈱カネカ
梅津憲治 吉備国際大学
白井裕一 OATアグリオ㈱
寺島健仁 東京農業大学
岡田至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】フロー・マイクロ合成―次世代合成の最前線―

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

有機リチウム化合物発生におけるフロー選択性制御と反応開発
Development of Flow Selecitivity Control via Generation of Organolithium Compounds

 精密有機合成のプロセス開発に際して,現代では省エネルギー化,省資源化,高効率化の達成がますます強く求められるようになっており,伝統的な化学産業において用いられてきた多量のエネルギーや重厚な設備に基づいた重工業的手法からの一刻も早い転換が求められている。連続生産と設備の小型化を同時に達成可能なマイクロフロー合成は近年特に注目されており,その特性を活かしたバッチ法にはできない合成法が開発されつつある。本章では高流速条件のもと,秒からミリ秒程度のごく短い滞留時間において高反応活性種の一つである有機リチウム種の反応制御について述べる。特に著者らが重視してきた有機リチウム種の発生における選択性に着目し,高速フロー条件における反応開発の事例について概説する。

【目次】
1 ハロゲン化アリールを原料とするハロゲン-リチウム交換における官能基選択性制御
2 複数のハロゲン置換基を同一の芳香環上に有するアリールリチウムの発生制御
3 複数のハロゲン置換基を有するアリールリチウムの発生制御
4 sp3炭素上での有機リチウム種発生制御に基づくフロー合成
5 結言

-------------------------------------------------------------------------

ペプチドの次世代フロー・マイクロ合成法
Next-Generation Flow Microsyntheses of Peptides

 現在100超のペプチド医薬が上市されており,その8割以上が化学合成により供給されているため高効率ペプチド化学合成の重要性は高まっているが,現行の合成法は高コストで多量の廃棄物を生じる等の問題を抱えている。本稿では,筆者が問題解決のため取り組んできたフロー・マイクロ合成法を利用した高効率ペプチド合成について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 ペプチドのフロー・マイクロ合成
2.1 超短鎖(< 6残基)N-メチル化ペプチドの環化法の開発
2.2 ワンフロー三成分連結法を駆使するペプチド鎖高速伸長法の開発
3 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

フロー電解合成化学
Organic Electrosynthesis in Flow Microreactor

 電解合成とマイクロフロー合成は,それぞれ現代の有機合成分野における重要な要素技術である。本稿では,これらを組み合わせたマイクロフロー電解合成化学に関して,筆者らの20年にわたるこれまでの研究を概説しつつ,電極光触媒反応・AIといった周辺技術との融合による最近の進歩を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 電解フローマイクロリアクターの構成と考え方
3 液-液平行流を利用するフロー電解合成
4 両極電解合成
5 光照射が可能な電解マイクロフローリアクター
6 ハイスループット実験と機械学習
7 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ニトリルを原料とする連続フロー式アミン合成
Continuous Flow Amine Synthesis from Nitriles

 不均一系白金族触媒充填カートリッジにニトリルと水素ガスを移送して,第一級,第二級,第三級アミンを効率良く作り分ける方法の開発に成功した。触媒金属種,溶媒効果そして連続フローシステムのパラメータを組み合わせると,ニトリルの接触水素化を高選択的に制御できる。

【目次】
1 はじめに
2 研究背景
3 第三級および第二級アミンの合成
4 第一級アミン合成
5 長時間連続フロー反応への適用
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

AIを活用したフロー化学研究
Study of Flow Chemistry Driven by Artificial Intelligence

 2000年代の技術革新により有機合成化学におけるAI活用が注目されている。中でもポンプなどの機械を用いることが前提のフロー化学はAIとの相性がよく,近年,反応条件探索や反応結果の分析,反応の自動最適化などに活用されている。ここではそれらのAIを活用したフロー化学研究について最近の例とともにまとめた。

【目次】
1 はじめに
2 合成ルート提案のための高速なデータ収集
3 合成条件の自動探索
4 フローマイクロリアクターを用いた反応の自動最適化
5 AIを活用した反応評価と反応自動最適化
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

医薬品原薬製造を志向した連続生産技術の開発
Development of Continuous Manufacturing Technologies for Drug Substances

 医薬品原薬の製造法開発において,反応および晶析が目的物の品質制御にとって最も重要な操作である。近年注目されている連続生産技術を活用し,これらの操作を精密に制御できれば,より効率的な原薬製造法が構築できると期待される。本稿では,反応および晶析に焦点を当てた連続生産技術の開発事例について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 フロー合成技術を用いたグリニャール反応の精密制御
3 フロー合成技術および連続晶析技術を用いたジペプチドの効率的合成法の確立
4 フロー合成技術と連続晶析技術を統合した連続生産システムの開発
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

連続フロー生産プロセス研究~閉塞課題の解決に向けて~
Process Study of Continuous Flow Production ―Towards Solving the Crogging Problem―

 不溶分を含む反応の連続フロー生産プロセスを考える上で,いかに閉塞を回避し安定運転を実現するかは重要な課題である。本稿では,いずれも不溶分による閉塞の課題を有するリビングカチオン重合とBuLiを用いた反応のふたつの事例において,著者らが行った安定運転の実現のためのプロセス設計について紹介したい。

【目次】
1 はじめに
2 リビングカチオン重合
2.1 イソブチレンのリビングカチオン重合とその課題
2.2 閉塞のメカニズム解析
2.3 閉塞課題の解決
3 BuLiを用いる反応
3.1 BuLiを用いる反応とその課題
3.2 フローリアクターを用いたダパグリフロジン製造プロセスの検討と工業化
3.3 閉塞課題の解決
4 結言

-------------------------------------------------------------------------

[連載]農薬研究の動向(3)

最近の除草剤開発の動向(2)
Recent Trend in Herbicide Discovery Studies(2)

【目次】
4.5 オーキシン様除草剤
4.6 1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸合成酵素(DXPS)阻害型除草剤
4.7 植物成長調節剤
4.8 新規の作用機構を有する除草剤
4.9 最近(2022年7月以降)ISOコモン名を取得した新規除草剤
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリミジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など)

第3回:二置換ピリミジン(5.10-5.23)
Disubstituted Pyrimidine Derivative(s 5.10-5.23)

 第2回はピリミジン,一置換ピリミジンおよび二置換ピリミジン誘導体(5.1-5.9)について述べた。今回は二置換ピリミジン誘導体後編(5.10-5.23)について述べる。

【目次】
5.10 4-(4-ヒドロキシピリミジン-2-イルアミノ)ベンゾニトリル
5.11 2-(2-メチル-5-ニトロアニリノ)-4-(3-ピリジニル)-2-ピリミジン
5.12 4-メチル-3-{[4-(3-ピリジニル)-2-ピリミジニル]アミノ}安息香酸エチル
5.13 2-tert-ブチル-5-ヒドロキシピリミジン
5.14 4,6-ジクロロピリミジン
5.15 4-クロロ-6-(メチルアミノ)ピリミジン
5.16 4-クロロ-6-ヒドラジノピリミジン
5.17 2,5-ジクロロピリミジン
5.18 5-ブロモ-2-クロロピリミジン
5.19 3-(5-ブロモピリミジン-2-イル)ベンジルアルコール
5.20 2-クロロ-4-メチルピリミジン
5.21 2-クロロピリミジン-5-カルボン酸エチル
5.22 3-(2-クロロピリミジン-4-イル)ベンジルアルコール
5.23 4-エチル-5-フルオロピリミジン

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

L-アスコルビン酸(ビタミンC)(Ascorbic acid)
アデニン(Adenine)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
北山雄己哉 大阪公立大学
竹治智子 TOA ㈱
シャーミン・タンジナ 福岡大学
大内幹雄 福岡大学
三島健司 福岡大学
須藤雄気 岡山大学
小島慧一 岡山大学
梅津憲治 吉備国際大学
白井裕一 OAT アグリオ㈱
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
東城武彦 花王㈱


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性カプセル化技術の研究開発の最前線

-------------------------------------------------------------------------

紫外線吸収性シェル層をもつ中空高分子微粒子の開発
Hollow Polymer Particles Possessing UV-Absorbing Polymer Shell

 サンスクリーン剤は人体に有害な紫外線から人体の皮膚を保護するために重要である。本稿では、筆者らが独自に研究を進めてきた高分子微粒子の界面光架橋反応を利用した紫外線吸収性シェルを有する中空粒子および高分子カプセルの開発事例について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 微粒子界面光架橋反応
3 紫外線吸収能を示す高分子微粒子の形状制御
4 置換基効果による紫外線吸収波長の制御
5 クマリンや核酸塩基を光反応性官能基として利用した界面光架橋反応
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規セラミドカプセル-セラミドを含有した逆ヘキサゴナル液晶分散液(Cer-Hexosome)の開発と皮膚への透過性およびバリア機能への影響評価
New Ceramide Capsule-Development of Ceramide-Containing Reversed Hexagonal Liquid Crystals Dispersion(Cer-Hexosome)and Evaluating Its Effect on Skin Permeability and Barrier Function

 セラミドは皮膚のバリア機能に重要な役割を果たすが,高い疎水性と結晶性から水系の化粧品処方への配合は困難である。これまで様々なセラミド含有カプセルが開発されているが,カプセル表面は親水的であり,疎水的な皮膚角層への親和性は十分に考慮されていない。そこで,本研究では粒子表面が疎水的であるヘキソソームに着目した。

【目次】
1 緒言
2 実験
2.1 Cer-Hexosomeの調製
2.2 Cer-Hexosomeの構造解析
2.3 皮膚浸透性試験
2.4 角層バリア機能の改善効果確認
3 結果
3.1 Cer-Hexosome処方の最適化
3.2 皮膚浸透性試験
3.3 角層バリア機能の改善効果
4 考察
4.1 IDIDによるヘキソソーム分散安定化メカニズム
4.2 Cer-Hexosomeによる角層バリア機能回復率の算出
4.3 Cer-Hexosomeによる細胞間脂質秩序化の考察
5 結論


-------------------------------------------------------------------------

高圧力技術を用いたセルロースナノファイバー被覆カプセルの製造方法
Production Method for Cellulose Nanofiber-Coated Capsules Using High Pressure Technology

 高圧力装置で,超臨界二酸化炭素を用いて,木材を原料とする高い機能性を有するセルロースナノファイバーにてマイクロメートルサイズの微粒子に対してコーティングを行う技術を開発した。地球温暖化防止対策として脱化石資源の要件をみたすセルロースの高付加価値利用の一助となる。

【目次】
1 はじめに
2 CNFとは
3 マイクロ・ナノ複合素材
4 ナノ・マイクロ無機粒子と合成高分子の複合化
5 マイクロ・ナノ無機粒子とCNFの複合化
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

光照射で物質放出が可能な送達カプセルの開発
Development of a Delivery Capsule Capable of Releasing Substances upon Light Irradiation

 球状製剤であるナノカプセルは,体内の狙った「時間・場所」に適切な「量」の薬物を届けるための送達キャリアーとして用いられている。本稿では,「光」という汎用性が高く,「時間・場所」および「量」を調整可能な物理刺激を用いて,ナノカプセルの内容物の放出を制御可能な新規ナノカプセル(物質送達キャリアー)を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 光受容タンパク質ロドプシン
3 ロドプシン(RmXeR)内封リポソームの調製
4 光誘起崩壊リポソーム(LiDL)の調製
5 光誘起崩壊リポソーム(LiDL)の細胞への適用
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]農薬研究の動向&#9333;

最近の除草剤開発の動向&#9332;
Recent Trend in Herbicide Discovery Studies

 本連載企画「最近の除草剤開発の動向」では,シーエムシー出版より刊行された「農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―,梅津憲治監修,2018 年」ならびに「化学農薬・生物農薬およびバイオスティミュラントの創製研究,梅津憲治監修,2023 年」や本誌2021 年3 月号(Vol.50 No.3)等の内容をベースに,その後の最新の情報も踏まえ,2014 年以降現在まで10 年間における除草剤の開発動向について2 回にわけて紹介する。第1 回の今回は,以下に示した全体の目次のうち1 はじめにから4.4 超長鎖脂肪酸伸長酵素(VLCFAE)阻害型除草剤について述べる。

【目次】
1 はじめに
2 除草剤の開発と作用点研究の変遷
3 除草剤開発の全般的動向
4 作用機構別の除草剤開発動向
4.1 アセト乳酸合成酵素(ALS)阻害型除草剤
4.2 4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼ(HPPD)阻害型除草剤
4.3 プロトポルフィリノーゲンⅨ酸化酵素(PPO)阻害型除草剤
4.4 超長鎖脂肪酸伸長酵素(VLCFAE)阻害型除草剤

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリミジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など)

第2 回: ピリミジン,一置換ピリミジンおよび二置換ピリミジン(5.1-5.9)誘導体
Pyrimidine, Mono and Disubstituted Pyrimidine(5.1-5.9)Derivatives

 第1 回ではピリミジン化学発展の歴史について述べた。今回は,ピリミジン,一置換ピリミジンおよび二置換ピリミジン(5.1-5.9)誘導体について述べる。

【目次】
3 ピリミジン
4 一置換ピリミジン系
4.1 5-ブロモピリミジン
4.2 5-ピリミジニルリチウム
4.3 ピリミジン-5-カルボキシアルデヒド
4.4 2-アミノピリミジン
4.5 2-クロロピリミジン
4.6 2-ヨードピリミジン
4.7 2-(1-ピペラジニル)ピリミジン
4.8 ピリミジン-2-スルフィン酸ナトリウム
5 二置換ピリミジン系
5.1 ウラシル[ピリミジン-2,4-(1H, 3H)-ジオン]
5.2 シトシン[4-アミノピリミジン-2(1H)-オン]
5.3 4-ヒドロキシ-2-メチルスルファニルピリミジン
5.4 4-クロロ-2-メチルスルファニルピリミジン
5.5 2-アミノ-4-メチルピリミジン
5.6 2-アミノピリミジン-5-カルボン酸
5.7 2,4-ジクロロピリミジン
5.8 2-クロロ-4-メトキシピリミジン
5.9 2,4-ジメトキシピリミジン

-------------------------------------------------------------------------

[研究開発情報]

ファインファイバー技術の開発と化粧品への応用
Development of Fine Fiber Technology and Its Application to Cosmetics

【目次】
1 はじめに
2 化粧膜としての特長
3 肌の改善効果
4 化粧品FF シート実装技術開発


-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

グリセリン(Glycerine)
ポリアリレート(Polyalylate)
ミリスチン酸イソトリデシル(Isotridecyl myristate)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
城島輝臣 アグロサイエンス通信
岩川純也 住友化学(株)
中野孝明 住友化学(株)
倉橋 真 住友化学(株)
岩橋福松 住友化学(株)
松崎雄一 住友化学(株)
中村大輔 日産化学(株)
梅津憲治 吉備国際大学
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】農薬の動向と研究開発2024

-------------------------------------------------------------------------

国内農薬市場の推移:除草剤を中心にして(第4報)
Transition of Domestic Market of Pesticides:Specialized in Herbicides(4)

 2011年から2021年までの11年間における国内農薬市場における除草剤の動向を概観した。この11年間で,農薬全体の市場は約300億円伸びたが,中でも除草剤市場の伸長が顕著であった。この期間では,まったく新しい作用機構の除草剤は登場していないがグループ毎の消長には特徴が見られる。たとえば脂肪酸生合成阻害剤,光合成阻害剤,プラストキノン生合成阻害剤などのグルーの伸長は顕著であった。

【目次】
1 はじめに
2 農薬全体の出荷金額と出荷量の推移
3 除草剤の作用機構別の出荷金額の推移
3.1 除草剤の分類
3.2 除草剤の作用機構別の出荷推移
3.3 高出荷額の除草剤
4 新規除草剤
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規農業用殺菌剤メチルテトラプロールの創製
Discovery of a Novel Agricultural Fungicide, Metyltetraprole

 住友化学が開発したメチルテトラプロールは,ユビキノール酸化酵素Qo部位に作用する新規農業用殺菌剤(QoI剤:quinone outside inhibitor)である。本化合物はテトラゾリノン構造を持つことが特徴であり,QoI感受性菌だけでなく既存のQoI耐性菌に対しても高い活性を有する。本剤はコムギ葉枯病やテンサイ褐斑病など各種作物の重要病害に対し優れた実用性を示し,国内や欧州をはじめとした世界各国で開発が進んでいる。

【目次】
1 はじめに
2 メチルテトラプロールの創製
2.1 発見の経緯
2.2 製造法
3 生物効果
3.1 作用機作
3.2 抗菌スペクトラム
3.3 作用特性
3.4 実用性評価
4 農薬の登録状況
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規農業用殺菌剤ピリダクロメチルの創製
Discovery of a Novel Agricultural Fungicide, Pyridachlometyl

 住友化学が開発したピリダクロメチルは,新規作用機作を有する農業用殺菌剤である。本化合物は糸状菌のチューブリンに結合して殺菌作用を示すが,チューブリン上の標的部位が既存のチューブリン重合阻害剤であるベンズイミダゾール系殺菌剤とは異なるため,ベンズイミダゾール系殺菌剤耐性菌による影響を受けない。本剤は,コムギ紅色雪腐病,テンサイ褐斑病,ダイズ紫斑病,各種うどんこ病等に対し高い防除効果を示す。ピリダクロメチル含有剤としては,フセキフロアブルが2023年に日本で農薬登録を取得済である。

【目次】
1 はじめに
2 ピリダクロメチルの創製
2.1 発見の経緯
2.2 製造法
3 生物効果
3.1 抗菌スペクトラム
3.2 作用特性
3.3 実用性評価
4 作用機作
4.1 ピリダクロメチル処理下のコムギ葉枯病菌の表現型
4.2 室内耐性変異株の作出と抵抗性変異点の同定
4.3 糸状菌由来のチューブリンを用いた結合試験
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

水稲用除草剤ジメスルファゼットの開発
Development of a Rice Herbicide, Dimesulfazet

 ジメスルファゼットは日産化学㈱が創出した新規水稲用除草剤である。この剤は水稲分野で問題となっているALS阻害剤抵抗性イヌホタルイ,多年生カヤツリグサ科雑草に高い除草活性を示し,作物であるイネへの高い安全性も有する。本稿ではジメスルファゼット創出の経緯,合成方法,除草活性,作物安全性,作用機作について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 ジメスルファゼットの創出
3 合成方法
3.1 ラクタム部の構築
3.2 スルホンアニリド部の構築
4 除草活性
5 作物安全性
6 作用機作
7 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬

1.殺虫・殺ダニ剤 sulfiflumin(スルフィフルミン)
2.除草剤 metproxybicyclone(メトプロキシビシクロン)
3.殺虫剤 pioxaniliprole(ピオキサニリプロール)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]農薬研究の動向(1)

生物農薬―国内外における定義の違いと開発動向―
Biopesticide:Differences in Definitions in Japan and Abroadand and Their Development Trends

【目次】
1 はじめに
2 日本における生物農薬の定義・登録状況
3 米国における生物農薬の定義
4 EUにおける生物農薬の位置付け
5 英国における生物農薬の定義
6 中国における生物農薬の定義
7 農薬調査会社の生物農薬の捉え方
8 生物農薬の市場規模
9 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリミジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など)

第1回:ピリミジン化学発展の歴史
History of the Development of Pyrimidine Chemistry

染料,農薬,医薬品などの中にはピリミジン環を有する化合物がある。それらの原料であるピリミジン系中間体の工業的製法および用途について述べる。天然物については2.ピリミジン化学発展の歴史の項2.2で概説する。なお,ベンゾピリミジンであるキナゾリンは10項で述べるがヘテロ環縮合ピリミジン誘導体については数種のみに限定し紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 ピリミジン化学発展の歴史
2.1 人名反応
2.2 天然物
2.3 染料
2.4 農薬
2.5 医薬品
2.6 その他

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

塩酸セミカルバジド(Semicarbazide hydrochloride)
クロラール(Chloral)
テトラメチルエチレンジアミン(N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
宇佐美久尚 信州大学
勝田大士 東レ(株)
牧野正孝 東レ(株)
加藤泰美 日清紡テキスタイル(株)
安田柚里 日清紡テキスタイル(株)
森川 豊 あいち産業科学技術総合センター
伊藤雅子 あいち産業科学技術総合センター
雨宮敏子 お茶の水女子大学
瀬古典明 (国研)量子科学技術研究開発機構


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】未来を紡ぐ高機能・高性能繊維の最新研究

-------------------------------------------------------------------------

光触媒機能を付与した衣料用ポリエステル繊維
Polyester Fibers for Clothing with Photocatalytic Properties

 繊維のデザインは目に鮮やかなファッション分野に限らない。直径が数十μmの繊維表面を,分子構造や官能基に基づいて精密にデザインすると,親水/疎水性などの機能に加えて,光や電磁気などの刺激に応答した機能性繊維が生まれる。本稿では衣料用の光触媒機能に焦点を絞り,反応機構に基づいた設計とそれを具現化する表面修飾の手法を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 光触媒反応の原理
3 光触媒繊維の設計指針
4 光触媒を担持したポリエステル繊維
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

親水性が持続する不織布のためのポリマー設計
Polymer Design for Persistently Hydrophilic Spunbonded Nonwoven Fabric

 スパンボンド不織布は,衛生材料から農業資材まで幅広い分野で使用される繊維素材である。親水性が必要な用途においてはスパンボンド不織布を親水化して用いているが,従来の親水化処理方法では,繰り返しの通水後に親水性を持続させることが困難であった。そこで,原料となるポリマーの親水化を着想し,新たなポリマー設計により親水持続性スパンボンド不織布を実現するに至った。

【目次】
1 はじめに
2 親水持続性スパンボンド不織布の課題とコンセプト
3 ポリマー設計
4 親水持続性スパンボンドの性能評価
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバーを含有する繊維処理剤の開発         
Development of Textile Treatment Agent Containing Cellulose Nano-fiber(CNF)

 繊維業界における環境に配慮した事業を目的に,植物素材の綿繊維を高機能化する技術開発を行った。本稿では,綿繊維のナノファイバーCoNF(Cotton nano-fiber)を機械製造する技術を記載する。また,ナノファイバーの応用例として,繊維製品の豊かな風合いを維持する抗菌剤開発と製品化事例を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2.1 高圧ジェットミルによるCNFの機械加工
2.2 綿のナノファイバーCoNF(Cotton nano-fiber)加工
3.1 CNFを含有する繊維処理剤
3.2 抗菌処理のスケールアップと抗菌性繊維製品
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

消臭繊維による悪臭除去
Odor Removal by Deodorant Functional Fibers

 生活における快適性への欲求の高まりから,近年においの問題に注目が集まっている。特に,清潔志向の強い日本では消臭に対する関心が高く,多種多様な消臭関連製品が存在する。ここでは,消臭機能を繊維に付与する意義や,古来の染色技法を現代の消臭繊維開発に応用した事例とその消臭機構を中心に述べる。

【目次】
1 はじめに
2 においについて
3 悪臭除去の方法
4 担体としての繊維の利点
5 調製した消臭繊維の例
5.1 銅媒染染色綿布によるチオール除去
5.2 塩基性染料染色羊毛布によるチオール除去
5.3 セルロースナノクリスタル加工布によるアンモニア除去
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

繊維に抗ウイルス機能を持たせる量子ビームグラフト重合技術  
Quantum Beam Graft Polymerization Technology for the Creation of Fibers with Antiviral Properties

 量子ビームを活用するグラフト重合技術は,既存の高分子材料に所望の機能を容易に付与することができる。この技術は,触媒が不要な高分子重合を可能とするため,人の生活に密着した材料として作っても安心して使うことができる。本編では本技術を用いて開発した抗菌・抗ウイルス性材料に関する内容について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 量子ビーム
3 繊維と量子ビームのコラボレーション
3.1 抗菌機能を付与した放射性セシウム除去フィルター
3.2 SARS-CoV-2抗ウイルスグラフト繊維の開発
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
スポーツ関連プロテイン市場・健康関連プロテイン市場の動向(1)

【目次】
1 概要
2 プロテイン市場の動向
2.1 概要
2.2 ホエイプロテイン
2.3 カゼインプロテイン
2.4 大豆(ソイ)プロテイン
2.5 ジュニア向けプロテイン
2.6 女性向けプロテイン
2.7 シニアプロテイン
2.8 プロテインメーカーと主要製品

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
電池用材料・ケミカルスの市場動向

 2022年の一次電池・二次電池の合計出荷数量は39億個となった(2022年からは二次電池のアルカリ蓄電池とニッケル水素電池が統計から除外された)。二次電池は,2010年の民生需要の回復,車載用リチウムイオン電池市場の立ち上がりなどにより,高い成長を達成していたが,2011年の東日本大震災の影響により,生産量が減少した。現在では環境負荷軽減の要請が高く,今後もHV,EV車需要の拡大とそれに伴う二次電池の需要増加が期待されている。一方,一次電池は環境負荷軽減や二酸化炭素排出削減対策として,二次電池へのシフトが起こっており,低い水準で推移している。電池用構成材料は,電気自動車向けの需要がより拡大しているリチウムイオン電池向けの構成材料に大きな期待が寄せられている。

【目次】
1 電池市場の概要
2 開発動向と構成材料
3 二次電池構成材料の市場動向
3.1  リチウムイオン電池構成材料の市場
3.2 ニッケル水素電池構成材料の市場

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸(2-Acrylamido-2-methylpropanesulfonic acid)
アジピン酸(Adipic acid)
カプロラクタム(Caprolactam)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
菅原義之 早稲田大学
鈴木涼子 早稲田大学
中 建介 京都工芸繊維大学
森崎泰弘 関西学院大学
伊藤真樹 (株)Gel Coat Biomaterials(元Dow Silicones(ダウ・東レ)
郡司天博 東京理科大学
田中一生 京都大学
権 正行 京都大学
伊藤峻一郎 京都大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】組み合わせの高機能材料:元素ブロック高分子の新展開

-------------------------------------------------------------------------

無機骨格を有するヤヌスナノシートの作製とその機能          
Preparation of Janus Nanosheets Bearing an Inorganic Framework and Their Functions

 ヤヌスナノシートは異方性が高く,またナノシートの表と裏に異なる性質を付与できるユニークな材料である。本稿では,ヤヌス材料やヤヌスナノシートについて概説するとともに,私たちの研究グループが開発してきた層状六ニオブ酸カリウムからのヤヌスナノシートの作製とその機能について,合成手法の背景となる層状六ニオブ酸カリウムの化学について触れながら述べる。

【目次】
1 はじめに
2 ナノ材料の中のナノシート
3 層状物質の化学
3.1 インターカレーション反応
3.2 グラフト反応
3.3 剥離
4 ヤヌスナノ材料
4.1 ゾル-ゲル法
4.2 ナノシートの面選択的修飾
4.3 層状物質のインターカレーション反応を利用した作製法
5 層状六ニオブ酸カリウムを用いたヤヌスナノシートの作製
5.1 層状六ニオブ酸カリウムの構造の特徴および反応性とヤヌスナノシート作製への展開
5.2 ヤヌスナノシートの表面特性
5.3 ヤヌスナノシートの界面活性
5.4 ヤヌスナノシートへの2つの機能の付与
6 終わりに

-------------------------------------------------------------------------

かご型シルセスキオキサン元素ブロックの表面偏析を用いた高分子材料表面改質法 
Surface Modification of Polymer Materials Using Surface Segregation of Elemental Blocks Based on Cage Silsesquioxanes

 エンタルピーとエントロピーの両面から低自由エネルギー化に寄与できる有利な構造であるかご型シルセスキオキサンは,表面偏析剤として高分子材料に対して所望する表面特性を付与させる表面改質を行う有望な候補と考えられている。本章ではかご型シルセスキオキサン元素ブロックおよびその高分子を基盤とした表面偏析による高分子材料の表面改質法について紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 T8ケージ化合物による表面改質
3 T8ケージユニットを側鎖に有するポリマーによる表面改質法
4 POSSを主鎖に有するポリマーによる表面改質法
5 トリシラノールユニットを主鎖に有するポリマーによる表面改質法
6 親水性POSS化合物による表面親水化
7 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

面性不斉元素ブロックを用いるπ電子系積層環状オリゴマーの合成と円偏光発光
Synthesis of π-Stacked Cyclic Oligomers Using Planar Chiral Element-Blocks and Their Circularly Polarized Luminescence(CPL)

 筆者らがこれまでに光学分割に成功した面性不斉元素ブロックを用い,π電子系が複数枚積層した環状オリゴマー(二量体&#12316;四量体)と,単一のπ電子系からなる環状フォルダマーを合成した。これらは高輝度かつ高異方性で円偏光発光する優れた円偏光発光性分子である。円偏光発光特性を中心に実験結果と理論的考察を報告する。

【目次】
1 はじめに
2 円偏光発光を評価する指標
3 π電子系積層環状オリゴマーの合成と円偏光発光
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ポリシロキサンの構造的特徴,特性と光学材料への応用   
Structural Characteristics and Properties of Polysiloxanes and Application to Optical Materials

 ポリシロキサンすなわちシリコーンについて,特に三次元構造を有するシリコーンレジンの構造的特徴,シリコーン全般の特性,そして光学材料としての応用についてまとめた。従来知られている耐熱性などに加え,複雑な形状が成型できることや,新しいディスプレイの設計を可能にする物性を提供できることを示した。

【目次】
1 はじめに
2 シリコーンレジンの構造的特徴とシリコーンの特性
3 Dowにおける光学材料としてのシリコーン:レンズ材料とオプティカルボンディング
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

QDQ構造からなるポリシロキサンの合成とその性質          
Synthesis and Properties of Polysiloxanes Consisting of QDQ Unit Structure

 1,1,1,5,5,5-ヘキサエトキシ-3,3-ジメチルトリシロキサンの加水分解重縮合によりQ-D-Q構造単位を保持したポリシロキサンを合成した。また,それから調製した無色透明な自立膜は,相当するジエトキシ(ジメチル)シランとテトラエトキシシランから調製した自立膜より高いヤング率と低い伸び率を示した。

【目次】
1 はじめに
2 pQDQ及びpDEDMS1-TEOS2の合成
3 pQDQ及びpDEDMS1-TEOS2の合成結果
4 ポリシロキサン自立膜の調製
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ホウ素元素ブロックを用いた機能性発光材料開発の最前線
Frontier of the Development of Functional Luminescent Materials Using Boron Element-Blocks

 本稿では,著者らがこれまでの研究で見出した凝集誘起型発光性を示すホウ素ジイミン錯体,ホウ素アゾメチン錯体を用い,刺激応答性の固体発光材料を開発した例を紹介する。特に,高分子のフィルムで刺激応答性発光色変化を得るための設計指針について解説する。

【目次】
1 はじめに
2 ホウ素ジイミン錯体
3 ホウ素アゾメチン錯体
4 結言

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

太陽電池用ケミカルスの市場動向

 2020年10月,当時の菅首相が所信表明演説の中で「2050年カーボンニュートラル,脱炭素社会の実現を目指す」ことを表明し,国や企業が一斉にカーボンニュートラル実現へ動き出している。また,12月には政府が2050年時点での発電量に占める再生可能エネルギーの比率を50%~60%に引き上げる目安を示し,エネルギー政策は化石燃料から再生可能エネルギーへと大きく転換されることになった。一方,2019年には固定価格買取制度(FIT)で,期間が満了するケースが出始めており,太陽光発電は,時間の経過とともに買取価格を電力料金に転嫁される消費者の大幅な負担増に加え,買取期間が満了する消費者の出現,送電線の容量不足,時間が経過したパネル処理の問題など,多くの課題を抱えている。

【目次】
1 市場動向
2 日本の太陽電池出荷量
3 世界の太陽光発電導入状況
4 タイプ別太陽電池の動向
5 セル・モジュールの国内市場
6 太陽電池の周辺材料・技術の動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

ジシクロペンタジエン(Dicyclopentadiene)
水酸化アルミニウム(Aluminium hydroxide)
乳 酸(Lactic acid)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
桒原泰隆 大阪大学
山下弘巳 大阪大学
川崎晋司 名古屋工業大学
中本嵩市 京都大学
井口翔之 京都大学
浪花晋平 京都大学
田中庸裕 京都大学
寺村謙太郎 京都大学
前田和彦 東京工業大学
田中大輔 関西学院大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】CO2有効利用技術のための光触媒の最新動向

-------------------------------------------------------------------------

豊富な酸素空孔を有する白金担持モリブデン亜酸物上での光アシスト型CO2水素化反応 
Photo-Assisted CO2 Hydrogenation on Pt-Loaded Molybdenum Suboxide with Abundant Oxygen Vacancies

 酸素空孔が導入されたモリブデン酸化物は,二酸化炭素の還元反応に高い活性を示すだけでなく,可視光~近赤外光の広い波長域の光を吸収して熱に変換する光熱変換特性も持つ。これらの特性を利用することで,低温域でも太陽光を熱エネルギー源として利用し,二酸化炭素と水素から一酸化炭素を効率的に生成することができる。本稿では,このようなモリブデン亜酸化物触媒の物性と機能について解説し,光アシスト型二酸化炭素水素化反応の開発に関するこれまでの研究成果について述べる。

【目次】
1 はじめに
2 酸素空孔を導入したモリブデン酸化物の特徴
3 低温域でのRWGS反応
4 光照射下でのRWGS反応
5 モリブデン酸化物の形態・組成制御による高活性化
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

単層カーボンナノチューブを利用した光CO2還元触媒  
Solar CO2 Reduction Photocatalyst Using Single-Walled Carbon Nanotubes

 ヨウ素内包カーボンナノチューブを硝酸銀溶液に浸漬することで,ヨウ化銀/ナノチューブ/ヨウ素酸銀で構成される光触媒複合体を合成した。複合体の生成の確認は電子顕微鏡による直接観察に加えてラマン散乱実験,X線光電子分光測定などにより行った。この複合体は可視光に応答する二酸化炭素還元光触媒として機能することを明らかにした。

【目次】
1 はじめに
2 単層カーボンナノチューブの分子吸着
3 ヨウ素内包カーボンナノチューブ
4 ヨウ化銀/ナノチューブ/ヨウ素酸銀複合体合成
5 CO2還元性能評価
6 今後の展望

-------------------------------------------------------------------------
H2Oを電子源とするCO2光還元を目指した不均一系光触媒の開発
Development of Heterogeneous Photocatalysts for Photocatalytic Conversion of CO2 by H2O as an Electron Donor

 我々は,H2Oを電子源とするCO2光還元に活性を示す不均一系光触媒の開発に取り組んでいる。この反応は人工光合成とも呼ばれる魅力的なCO2変換技術である。本稿では,光触媒の活性評価の基準から,最近報告したSrTiO3をベースとした光触媒まで,我々の今日までの研究の動向をまとめる。

【目次】
1 はじめに
2 H2Oを電子源とするCO2光還元を評価する基準
3 GaやTaを含む酸化物光触媒
4 SrTiO3光触媒
4.1 SrTiO3光触媒へのAlドープ
4.2 第二金属担持の効果
4.3 SrTiO3光触媒へのMgドープ
5 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

半導体性MOFを光触媒とした高選択的CO2還元      
Semiconducting MOFs as Photocatalysts for Efficient CO2 Reduction

 金属錯体や無機半導体微粒子,およびそれらのハイブリッドを光触媒としたCO2還元反応が注目を集めている。本稿では,金属錯体(分子)と無機半導体(固体)の中間ともいうべき,金属-有機構造体(Metal-organic framework:MOF)を用いたCO2光還元反応について,我々の最近の研究成果を中心に紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 分子性の固体光触媒
3 CO2還元に高活性を示すPb-S結合含有MOF光触媒
4 新規合成ルートの開拓によるKGF-9光触媒の高性能化
5 高効率CO2光還元を可能とするSn系配位高分子
6 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
次世代二次電池の市場動向

【目次】
1 概要
2 全固体リチウムイオン電池
3 その他の次世代二次電池
4 次世代電池材料

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

エチレンジアミンテトラ酢酸(Ethylenediamine tetraacetic acid)
酸化アルミニウム(Aluminium oxide)
酒石酸(Tartaric acid)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
近藤瑞穂 兵庫県立大学
川月喜弘 兵庫県立大学
牛丸和乗 (国研)産業技術総合研究所
森田友岳 (国研)産業技術総合研究所
福岡徳馬 (国研)産業技術総合研究所
曽川洋光 関西大学
三田文雄 関西大学
勝田悠太 トーヨーケム(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【新春特集】高度化する接着剤・粘着剤のための最新研究

-------------------------------------------------------------------------

フォトクロミズムを用いた解体性接着剤
Photochromism-based Dismantlable Adhesives

 フォトクロミズムを導入した易解体性接着剤は多様な分子間相互作用を操作し,新たな応用展開が期待できる。とくに,液晶の相転移を利用することで凝集性の高い材料の物性を制御でき,等温的な接着制御や異方的な接着面の形成が期待できる。本論文ではフォトクロミック反応に基づく解体性接着剤の最近の研究例を紹介する。

【目次】
1 はじめに
2 フォトクロミック色素を用いた光解体性接着剤
3 液晶と光相転移
3.1 可塑剤としての利用
3.2 液晶の光相転移を用いた解体性接着剤
3.3 N-ベンジリデンアニリン液晶の光相転移を用いた解体性接着剤
3.4 異方性接着
3.5 液晶エラストマーにおける接着制御
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

リグニンスルホン酸塩とカチオン性高分子の複合体からなるバイオベース接着剤    
Bio-Based Adhesive Consisting of Lignosulfonate and Cationic Polyelectrolyte Complexes

 本稿ではバイオマスを原料とする接着剤・粘着剤の開発事例として,木質由来のリグニンスルホン酸や微生物由来のε-ポリリジンを用いた接着剤を紹介する。この接着剤は有機溶媒を使用しない水系接着剤,低毒性・生分解性の原料のみを使用,市販の木工用ボンドを上回る接着力で木材を接着可能などの特徴を有しており環境調和型の接着剤としての利用が期待できる。

【目次】
1 はじめに
2 イオン複合材料
3 イオン複合材料の接着剤への適用
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------
水溶性アルギン酸系接着剤:カテコール修飾と接着特性 
Water-Soluble Alginate-Based Adhesives:Catechol Modification and Adhesion Properties

 アルギン酸はワカメや昆布等の大型藻類から採れる高分子多糖であり,食料品や医薬品等の原料として利用されてきた天然資源である。本稿では,カテコールならびにその誘導体を側鎖に有する水溶性修飾アルギン酸の合成と接着材料へと展開した研究成果をまとめた。

【目次】
1 はじめに
2 カテコール構造を有する修飾アルギン酸(AlgDA)の合成と接着能
3 Alg側鎖に導入したフェノール性ヒドロキシ基の数と保護基の有無が接着性に及ぼす影響
4 基板からの修飾アルギン酸の除去
5 結言

-------------------------------------------------------------------------

トーヨーケムの環境対応粘着剤の開発取り組み         
Toyochem’s Development Initiative for Eco-Friendly Pressure Sensitive Adhesive(PSA)

 トーヨーケムでは1960年から「粘着剤事業」に参入し,現在では様々な高付加価値粘着剤の開発・製造・販売を行っている。本稿では昨今の環境対応ニーズの高まりから開発した「バイオマス粘着剤」「生分解性粘着剤」の2種について,その開発背景や製品特徴,期待される効果などをご紹介させていただく。

【目次】
1 はじめに
2 トーヨーケムについて
3 トーヨーケム環境対応粘着剤製品
3.1 バイオマス粘着剤
3.2 生分解性粘着剤
4 おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
接着剤工業の市場動向

 2022年の接着剤の生産量は前年比87.9%の75万923トンとなり,出荷金額は前年比126.0%の3,048億円となった。2015年以降は合板など建築用途で需要が増加し,全体的な生産量は増加の傾向にあったが,2022年は,新型コロナウイルス感染症による景気の回復の反動で生産量が減少したが,出荷金額は増加した。

【目次】
1 需給概要
2 品目別概要
3 需要動向
4 輸出入の概要
5 業界動向
6 環境問題への対応

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
水処理薬品工業の市場動向

 上下水道処理をはじめ製紙工程や工業用水などで利用される水処理薬品。いずれも原水の性質に応じて各種薬品が選択されているが,基本的な機能は,凝集・沈澱・ろ過の3つであり,さらに下水・排水処理では殺菌も行われる。国内の凝集剤市場の9割を占める硫酸アルミニウムとポリ塩化アルミニウムの2022年の需要は,硫酸アルミニウムが前年と同水準,ポリ塩化アルミニウムは1%の減少だった。同じく無機系凝集剤であるポリ硫酸第二鉄は,その使いやすさから応用範囲を広げている。次亜塩素酸ソーダ生産量は前年比2%増となった。活性炭の生産量は前年比9%減となり,長期低落傾向が続く。高分子凝集剤の2022年の需要は前年比3%増だった。

【目次】
1 概要
2 硫酸アルミニウム(硫酸バンド)
3 ポリ塩化アルミニウム(PAC)
4 ポリ硫酸第二鉄(「ポリテツ」)
5 次亜塩素酸ソーダ
6 活性炭
7 高分子凝集剤

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

塩化メチレン(Methylene chloride)
オキシジフタル酸無水物(4,4′-Oxydiphthalic anhydride)
N, N-ジエチルアクリルアミド(N, N-Diethylacrylamide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
野々村美宗 山形大学
松原弘樹 広島大学
柴田雅史 東京工科大学
久保田紋代 第一工業製薬㈱
後居洋介 第一工業製薬㈱
濵野浩佑 三洋化成工業㈱
中村泰司 三洋化成工業㈱
三刀俊祐 テイカ㈱
恩田智彦 花王㈱
毛利善一 (一社)日本再生医療学会


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】ピッカリングエマルションによる化粧品開発の最前線

-------------------------------------------------------------------------

ピッカリングエマルション:その歴史と展望
Pickering Emulsions:History and Perspectives

 ピッカリングエマルションとは,液液界面に吸着した固体粒子によって安定化された乳化物の通称である。このタイプのエマルションは,長いこと研究者の間でもほとんど知られずにいたが,2000年代以後,多くの材料科学者の注目を集めるようになり,現在では年間数百報の関連論文が発表されるようになった。本稿では,その特徴と生成メカニズムを紹介したうえで,これまでの研究の流れを俯瞰する。

【目次】
1.ピッカリングエマルションとは:黎明期における先駆的研究と産業界での応用
2.界面活性剤の場合とは何が違うのか?固体粒子の界面吸着のメカニズム
3.固体粒子はどんな組織構造を構築するのか?
4.これまでにない製剤を!
5.ピッカリングエマルションの応用展開
6.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

界面活性剤吸着膜の相転移を応用したピッカリングエマルションの自発解乳化
Spontaneous Demulsification of Pickering Emulsions by Surface Freezing of Surfactant Adsorbed Films

 ピッカリングエマルションは,界面活性剤を用いた従来の乳化に比べ,経時安定性が高い点が注目されることが多いが,本稿では,界面活性剤の吸着による油水界面張力の制御を基盤としたピッカリングエマルションの自発解乳化の可能性について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.界面活性剤吸着膜の相転移
3.粒子と界面活性剤の競争吸着とピッカリングエマルションの解乳化3)
4.界面張力が解乳化に関わるほかの事例
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------
果実繊維を用いたピッカリングエマルションによる乳化
Pickering Emulsification Using Fruit Fibers

 食用製品の廃材として入手が可能なカリン果実粉体に対して,環境負荷の小さい溶剤での簡易的な処理で乳化用粉体へと改質をする検討をおこなった。乾燥カリン果実粉体からリグニンまたはペクチンを適量除去することで良好なピッカリング乳化を示す粉体が得られた。今回の検討では2種類の粉体で乳化性能が良好であったが,両者で繊維組成は異なっており,粉体の濡れ性(水に対する接触角)のみが同等であった。

【目次】
1.はじめに
2.植物繊維粉体の乳化剤への応用
3.カリン果実を用いたピッカリング乳化用粉体の調製
4.カリン粉体を用いた乳化物の性能
5.処理粉体のペクチン,リグニンの含有量
6.処理による粉体の形状・粒子径の変化
7.溶剤処理による粉体の表面親水性の変化
8.ペクチン除去法による乳化性能の制御
9.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

化粧品処方におけるセルロースナノファイバーによるピッカリングエマルションの形成挙動
Pickering Emulsion Stabilized by Cellulose Nanofibers in Cosmetics

 セルロースナノファイバーは,熱力学的に系を安定化させるために油滴に吸着し,ピッカリングエマルションを形成する。この機能を生かし,化粧品処方においても新規の天然由来乳化剤としての応用が期待されている。本稿では実際の処方においての乳化物形成挙動などについて解説する。

【目次】
1.はじめに
2.水系添加剤としてのCNFの開発
3.CNFの乳化機能
3.1 CNFによるエマルション形成のメカニズム
3.2 CNFによるエマルションの安定化
3.3 エマルションの形態観察
3.4 乳化可能な油の構造からの推測
3.5 乳化への添加剤の種類と量の影響
3.6 乳化における添加剤の配合順の影響
4.さいごに

-------------------------------------------------------------------------

官能と乳化安定性を両立させたピッカリング乳化剤「ソリエマー&#9415;」の開発
The Development of Pickering Emulsifier ”SORIEMER&#9415;” with Excellent Sensory and Emulsion Stability

 固体粒子によって安定化したエマルションはピッカリングエマルションと言われており,化粧品分野においては古くから活用されている一方で,この固体粒子(ピッカリング乳化剤)はきしみなど製剤の官能に大きく影響する。そこで今回は官能改善を目的として開発を行ったピッカリング乳化剤「ソリエマー&#9415;」について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.シリル化シリカの合成および評価
3.シリル化シリカの乳化性評価およびO/Wエマルションの経時安定性評価
4.シリル化シリカを用いた乳化製剤の官能評価
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ピッカリング乳化機能を有する酸化亜鉛を用いたサンケア素材の開発       
Development of a Novel Surface-Treated Zinc Oxide with the Functions of a W/O Pickering Emulsifier

 日焼け止めの紫外線防御効果を高める手段の一つとして,肌に塗布した際の化粧品膜の均一性を高めることが挙げられる1)。我々は,界面活性剤を使用した一般的な油中水(W/O)型日焼け止め化粧品の塗布膜では,内水相が紫外線防御剤を含まない「空隙」として存在するために,塗布膜中での紫外線防御剤の均一性が損なわれ紫外線防御効果が低下すると考えた。この空隙を塞ぐため,紫外線防御剤である酸化亜鉛に乳化剤としての機能を付与した結果,W/O型日焼け止め化粧品において,従来の酸化亜鉛よりも塗布膜中に均一に存在し,高い紫外線防御効果を発揮する新規表面処理酸化亜鉛の開発に成功した。

【目次】
1.はじめに
2.自己乳化型酸化亜鉛の開発に向けて
2.1 表面処理サンプルの作製
2.2 評価基剤の作製
2.3 紫外線防御効果
2.4 化粧品膜の評価
3.結果
3.1 P-ZnOの乳化機能
3.2 P-ZnOの塗布膜の分析 紫外線防御効果
4.考察
4.1 P-ZnOの塗布膜の分析 電子顕微鏡観察
4.2 P-ZnOのW/O製剤の分析 紫外線防御効果
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ファインバブルによる油のピッカリング型乳化と洗浄作用
Pickering-Like Emulsification of Oil Stabilized via Fine Bubbles and Cleansing Properties

 水中のファインバブルが油滴表面に付着すると界面エネルギーを低下させ,O/Wエマルションを安定化する。微粒子だけでなく泡もまたピッカリング型の乳化を引き起こすことが示唆され,一定の条件下では自己乳化をも誘起する。ファインバブルが油汚れに対して高い洗浄作用を示す一因になっていると予想される。

【目次】
1.はじめに
2.O/Wエマルション中の泡の状態
3.泡によるピッカリング型乳化と自己乳化の発現
4.ファインバブルの洗浄作用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[R&D Report]

再生医療等製品臨床開発の最新動向と課題解析~同種幹細胞製剤の臨床評価についての一考察~
Up-to-date Clinical Development in Regenerative Medicine with Analysis of Their Problems

 再生医療等製品の承認販売品目数は,本年4月時点19品目となったものの,産業化に適するとされる同種細胞製品はわずか3品目にとどまっている。本稿では,ヒト臨床開発上の2つの課題に絞って考察することとする。一つは,ヒト同種間葉系幹細胞(MSC)製剤の臨床試験における有効性の主要評価が未達となった事案について,もう一つは,条件期限付き承認における市販後データの確保が難航している課題について考察する。

【目次】

1.はじめに
2.公表された各社MSC製剤の臨床試験成績の比較と臨床評価
3.条件付き・期限付き承認の課題

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

キラヤサポニン(Quillaja saponin)
グリシン(Glycine)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
竹本 真 大阪公立大学 
松坂裕之 大阪公立大学 
平野雅文 東京農工大学 
松永茂樹 京都大学 
太田哲男 同志社大学 
大江洋平 同志社大学 
田辺資明 東京大学 
西林仁昭 東京大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】ルテニウム錯体による有機合成の最新研究

-------------------------------------------------------------------------

η6-アレーン錯体の形成を利用した芳香族化合物の触媒的変換    
Catalytic Transformations of Aromatic Molecules via η6-Arene Complexes

 η6-アレーン錯体において中心金属は電子受容体となりアレーン配位子の求電子性を増加させる。近年,このような金属へのη6-配位によりアレーン類を触媒的に活性化し,変換する方法論が切り拓かれつつある。本稿では,ルテニウムのη6-アレーン錯体の形成を利用した芳香族化合物の触媒的変換反応について最近の進展を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ベンジル位C-H結合と芳香族アルデヒドとの脱水縮合によるスチルベン類の環境調和型合成
2.1 ルテニウム触媒の探索
2.2 反応条件の最適化
2.3 基質適用範囲の調査
2.4 考察と展望
3.ルテニウムホスフィン錯体へのη6-配位によるアレーン類の触媒的変換
3.1 ビニルアレーン類のanti-Markovnikovヒドロアミノ化反応
3.2 フルオロアレーン類のSNAr型アミノ化反応
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

多置換ピロールの新規合成法の開発
Development of a New Synthetic Method of Polysubstituted Pyrroles

 医薬品や天然物に多く見られる多置換ピロールの合成は,現代の医薬品開発に不可欠であるが,100年以上前に開発された方法が現在も用いられており,従来の置換基の種類や位置選択性の制約を超える新しい合成法の確立が求められている。本稿では筆者らのグループが開発した形式的には[4+1]環化となる新規合成法についてまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.イミノ共役トリエンの合成
3.イミンからアミンへの還元検討
4.多置換ピロールの生成
5.反応機構について
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------
ルテニウム-キラルカルボン酸/アミド触媒による不斉合成  
Asymmetric Synthesis under Ru-Chiral Carboxylic Acid/Amide Catalysis

 ルテニウムの特性を引き出すことで,ほかの金属元素では困難な不斉反応を実現することができる。ルテニウムとキラルカルボン酸あるいはキラルアミドを組み合わせた新規キラル触媒の創出と不斉C-Hアミノ化,シクロプロパン化,ヘテロDiels-Alder反応,CHアルキル化/環化反応への応用についてまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.キラル外輪型二核ルテニウム触媒
3.ルテニウム-キラルカルボン酸触媒
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ルテニウムやロジウム錯体による隣接した官能基をもつオレフィンの異性化反応
Isomerization of Olefins Having Neighboring Functionalities by Ru or Rh Complexes

 アリルベンゼン類の2-プロペニルベンゼン類への異性化反応をルテニウムならびにロジウム錯体を用いて検討したところ,2-アリルフェノールにおいてはルテニウム触媒を用いると,2-アリルアニリンにおいてはロジウム触媒を用いることで極めて高い(Z)-選択性で反応が進行する。

【目次】
1.はじめに
2.結果と考察
2.1 アリルベンゼンの異性化反応
2.2 2-アリルフェノールの異性化反応
2.3 2-アリルアニリンの異性化反応
2.4 異性化反応における置換基効果
2.5 反応機構
3.最後に

-------------------------------------------------------------------------

ルテニウム触媒による不斉プロパルギル位置換反応の最近の進展         
Recent Advances in Ruthenium-Catalyzed Asymmetric Propargyl Substitution Reactions

 硫黄架橋二核ルテニウム錯体を用いたエナンチオ選択的なプロパルギル位置換反応の開発について近年に大きな進捗が見られている。特に,光誘起電子移動触媒や有機触媒との協奏的な組み合わせにより新しいタイプのエナンチオ選択的なプロパルギル位アルキル化反応が達成された。本稿では一連の新しい研究成果に焦点をあてて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.リン求核剤とのエナンチオ選択的プロパルギル位求核置換反応
3.光誘起電子移動触媒と硫黄架橋二核ルテニウム錯体によるエナンチオ選択的な
 プロパルギル位アルキル化反応
4.有機触媒と硫黄架橋二核ルテニウム錯体によるエナンチオ選択的なプロパルギル位置換反応
5.結論

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬

1.除草剤 indolauxipyr(インドローキシピル)
2.除草剤 pyraquinate(ピラクイネート)
3.除草剤 icafolin(イカフォリン)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
触媒工業の市場動向

 2021年度の国内の触媒工業市場は,新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響を受けた2020年度から回復基調に転換し,工業用,環境保全用ともに生産量は前年比1割弱増加した。全体の触媒生産量は前年比7.7%増の9万8,069トン,出荷量は同2.1%増の9万3,384トンであった。出荷金額は同51.5%増の7,670億500万円に増加した。工業用触媒の最大用途である石油精製用触媒の生産量は前年比5.7%増の4万2,131トンに増加した。低燃費車や電気自動車の普及,自動運転技術の開発などにより,国内需要は今後,減少傾向が続くと予想されるが,中国やインドをはじめアジア圏の新興国における石化産業の発展と,自動車保有台数の増加は今後も続き,グローバル需要は堅調に推移すると予想される。それに伴い,環境保全用触媒の主力である自動車排気ガス浄化用触媒は,排ガス規制の世界的な厳格化の影響を受けて需要の増加が見込まれ,高性能触媒の開発が喫緊の課題となる。

【目次】
1.業界概要
2.市場動向
3.輸出入動向
4.需要
5.企業・技術動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

エチルアニリン(Ethyl aniline)
エチレングリコールモノブチルエーテル(Ethylene glycol monobutyl ether)
三フッ化ホウ素およびそのコンプレックス(Boron trifluoride and its complex)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
著者一覧
長田 実 名古屋大学
寺門信明 東北大学
高橋儀宏 東北大学
宮崎孝道 東北大学
川股隆行 東京電機大学
藤原 巧 東北大学
近藤剛弘 筑波大学
宮元展義 福岡工業大学
福居直哉 東京理科大学
西原 寛 東京理科大学
緒明佑哉 慶應義塾大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】エレクトロニクスの高機能化を実現するナノシート合成

-------------------------------------------------------------------------

原子膜高誘電体・強誘電体の開発
Development of 2D Dielectrics/Ferroelectrics

 原子数個の厚みを有する原子膜物質(ナノシート)は,グラフェンの報告以降,材料科学分野の重要な研究ターゲットして注目されており,精力的な研究が世界中で行われている。本稿では,筆者らの研究を中心に,ナノシートをベースとした高誘電体・強誘電体の開発経緯とともに,特徴,応用について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.高誘電体としての酸化物ナノシート
3.ペロブスカイトナノシートの誘電特性
4.強誘電性ナノシートの開発
5.ナノシートの精密集積による電子デバイスの開発
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

次世代熱マネジメントに向けたマグノン熱伝導物質のナノシート化技術の開発
Development of Nanosheet Fabrication Technique of Magnon Thermal Conductivity Material for a Next-Generation Thermal Management

 マグノン熱伝導物質は,異方的な室温高熱伝導とその電気制御性を持つことから,次世代熱マネジメントへの応用が期待される。我々はその特異な熱輸送特性を増強するためにナノシート化技術を開発したのでその成果を報告する。

【目次】
1.はじめに
2.マグノン
3.ナノシート化
4.ナノシート化機構
5.まとめと課題

-------------------------------------------------------------------------

バンドギャップが可変な硫化ホウ素ナノシートの創製
Creation of Boron Monosulfide Nanosheets with Tunable Bandgaps

 硫化ホウ素(BS)ナノシートは,非晶質ホウ素と硫黄の混合物を 1,873K,5.5GPaで加熱することによって合成された菱面体晶一硫化ホウ素(r-BS)の機械的剥離によって生成できる。BSナノシートは積み重なる層数の違いによりバンドギャップが約1eV程度調整可能であり大気中や水に対して化学的に安定な物質である。これまでに得られている結果について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.菱面体硫化ホウ素(r-BS)の生成と評価
3.r-BSとBSナノシートのバンドギャップ
4.BSナノシートの生成と評価
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

構造色をもつ液晶性ナノシート
Liquid Crystalline Nanosheets with Structural Colors

 溶媒に分散したナノシートは,自発配向して液晶相を形成し,またナノシート間距離が数百nmに達すると構造色を示すようになる。本稿では,ナノシート液晶について簡単に述べた後,層状ペロブスカイト系と粘土鉱物系のナノシートから得られる構造色材料について,筆者らの最近の研究を中心にご紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ナノシートの液晶性
3.無機ナノシート液晶の構造色
3.1 層状ペロブスカイト
3.2 スメクタイト属粘土鉱物の角度非依存構造色
4.構造色ナノシートの固定化
5.終わりに

-------------------------------------------------------------------------

導電性配位ナノシートの合成と物性・機能
The Property and Function of Conductive Coordination Nanosheets

 金属と有機配位子との反応で合成される二次元物質である配位ナノシートは,その多種多様な構造と機能性のために注目を集めている。ここでは,各種配位ナノシートの合成法と物性・機能性をまとめ,配位ナノシートの主にエレクトロニクスデバイスへの応用展開を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.配位ナノシートの合成法
3.BHT系配位ナノシート
4.HAB系配位ナノシート
5.非完全平面系配位ナノシート
6.配位ナノシートの有機発光ダイオードへの応用
7.光応答デバイスとしての配位ナノシート
8.ワンポット合成による配位ナノシートのヘテロ積層化
9.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

層状構造の柔軟化による表面修飾ナノシートの高収率合成とサイズ制御     
High-Yield and Size-Controlled Syntheses of Surface-Functionalized Nanosheets Through Softening Layered Structures

 ナノシート材料を合成するためのはく離プロセスは,ナノシートの表面修飾,収率やサイズの制御と予測を行うことは容易ではない。本稿では,層状化合物に低分子ゲストを導入して構造を柔軟化することではく離を促すプロセス,表面修飾ナノシートの作製,機械学習を援用した収率向上とサイズ制御,それらの応用について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.層間相互作用の変換による柔軟な層状物質を利用したナノシート材料の合成
3.ハイスループット化とマテリアルズインフォマティクス(MI)による制御性の向上
4.表面修飾ナノシートのコーティングと応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
印刷インキ工業の市場動向

 2021年の印刷インキ生産量は前年比100.5%の約28.0万トン,出荷量は前年比101.1%の約32.1万トン,出荷額は前年比102.8%の2,636億4,743万円と増加した。新型コロナウイルスの影響による経済活動の停滞を受け,各種インキの需要は落ち込んだが,包装業界の成長が市場を牽引している。

【目次】
1.需要動向
2.製品別動向
3.輸出入動向
4.メーカー動向
5.環境対応製品開発動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

テトラエトキシシラン(Tetraethoxysilane)
ポリテトラフルオロエチレン(Polytetrafluoroethylene)
アセトフェノン(Acetophenone)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
原田 明 大阪大学
髙島義徳 大阪大学
金 昌明 大阪大学
山岡賢司 大阪大学 
吉江尚子 東京大学
柴田充弘 千葉工業大学
大塚英幸 東京工業大学
高橋 明 東京工業大学
西浦正芳 (国研)理化学研究所 
侯 召民 (国研)理化学研究所
玉手亮多 (国研)物質・材料研究機構
上木岳士 (国研)物質・材料研究機構;北海道大学
高橋宏明 ユシロ化学工業㈱


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】自己修復ポリマーの最新研究開発動向

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
―自己修復高分子の研究開発―
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

シクロデキストリンを用いた自己修復ポリマーの開発  
Development of Cyclodextrin-Based Self-Healing Polymers

 自己修復材料は,環境保護への意識が高まる中,次世代材料において汚染低減が求められるようになってきたため,環境への負担を軽減するための有望な材料と期待されている。本稿では,自己修復材料の最初から最近までの研究開発動向,特にシクロデキストリンを用いた自己修復ポリマーの開発について述べ,複数の非共有結合作用を利用した複合化によって,材料の強度を損ねることなく,マイルドな修復条件および迅速な修復を実現できることが示された。

【目次】
1.自己修復性ポリマーを用いた材料設計
1.1 初期の自己修復ポリマー材料
1.2 超分子化学を利用した自己修復ポリマー
2.複数の非共有結合による自己修復ポリマー
2.1 複数の非共有結合による自己修復ポリマーにおけるCDの作用
2.2 非共有結合を有する自己修復性ポリウレタン
2.3 CD由来の非共有結合と水素結合を組み合わせた材料
2.4 ほかの非共有結合と水素結合を組み合わせた材料
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

温和な条件で自己修復性をもつバイオベースフランポリマーの開発
Biobase Furan Polymers with Self-Healing Ability under Mild Conditions

 持続社会形成を望む機運が高まる中で,バイオマスプラスチックへの期待が益々高まっている。本稿では,バイオマスを原料として生産可能な自己修復性ポリマーとして,ポリ(2,5-フランジメチレンサクシネート)のビスマレイミド架橋体,PFS/Mについて解説する。特に,PFS/Mは,PFSの共重合体化やM2の選択,M2添加量により材料特性や修復手法を多彩にデザインできることについて紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.PFSおよびその共重合体のM2による可逆架橋と架橋体の機械特性
3.PFSのM2による可逆架橋体の室温自発修復性
4.PFSおよびその共重合体のM2による可逆架橋体の修復性に対する温度の影響
5.修復剤としてM2溶液を利用する修復
6.終わりに

-------------------------------------------------------------------------

Diels-Alder反応およびジスルフィドメタセシス反応を利用した自己修復性熱硬化性樹脂の開発
Development of Self-Healing Thermosetting Resins Using the Diels-Alder and Disulfide Metathesis Reactions 

 バイオマス資源を活用した自己修復性熱硬化性樹脂としてretro-Diels-Alder/Diels-Alder反応による結合の解離と再結合を用いた自己修復性ビスマレイミド樹脂およびジスルフィド結合の組換えを利用した自己修復性ビスマレイミド樹脂と不飽和ポリエステル樹脂に関する筆者らの研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.DA/rDA反応を用いた自己修復性熱硬化性樹脂
3.ジスルフィドメタセシス反応を用いた自己修復性熱硬化性樹脂
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ラジカル系の動的共有結合化学に基づく架橋高分子の自己修復        
Self-Healing of Cross-Linked Polymers Based on Radical-Type Dynamic Covalent Chemistry

 さまざまな自己修復性高分子へのアプローチがある中で,高分子鎖そのものに可逆性や交換反応性を付与するアプローチは,繰り返し修復性を発現させることが可能である。官能基許容性が高いラジカル系の動的共有結合化学に基づく架橋高分子の設計・合成,応力緩和,自己修復,リサイクル,複合化に関して研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.ラジカル系の動的共有結合ユニットの開発
3.架橋高分子の合成
4.架橋高分子の応力緩和挙動
5.架橋高分子の自己修復性
6.架橋高分子のリサイクル性
7.架橋高分子の複合化
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

自己修復性ポリイソプレンの創製
Synthesis of Self-Healing Polyisoprenes

 自己修復性ポリマーが,物質循環や環境負荷低減などの観点から注目されている。最近著者らは,希土類触媒を用いたイソプレン重合において位置および立体規則性を適宜に制御することにより,優れた自己修復性を示すポリイソプレンの創製に成功した。本稿では,本研究の経緯や,得られたポリマーの自己修復メカニズム,特徴などについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ポリイソプレンの合成と熱物性
3.ポリイソプレンの構造解析と自己修復のメカニズム
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

イオン液体を溶媒とする自己修復ゲル材料
Self-Healing Polymer Gels Containing Ionic Liquids

 イオン液体はカチオンとアニオンのみから構成される常温溶融塩である。イオン液体を溶媒とする高分子ゲル材料「イオンゲル」は従来の水や有機溶媒を使用したゲル材料と比べて優れた特性を持つ。本稿では,自己修復機能を持つイオンゲルに関する最近の我々の研究として,2つの異なるアプローチを用いた設計戦略を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.化学的アプローチを利用した自己修復イオンゲル
3.物理的アプローチを利用した自己修復イオンゲル
4.結言

-------------------------------------------------------------------------

シクロデキストリンによるホストゲスト相互作用を利用した自己修復ポリマーゲルと自己修復エラストマーの開発
Development of Self-Healing Polymer Gels and Self-Healing Elastomers Utilizing Host-Guest Interaction by Cyclodextrin

 大阪大学 産業科学研究所 原田明特任教授らと共に自己修復ポリマーゲル,自己修復性エラストマーを共同開発した。ホスト分子にシクロデキストリン,ゲスト分子にアダマンタンを用いたホストゲスト相互作用を利用した,凹み傷に加えて切断傷をも自己修復可能でかつ,高伸縮,強靭なポリマー素材について詳説する。

【目次】
1.はじめに
2.シクロデキストリンを用いたホストゲスト相互作用
3.ホストゲスト相互作用を利用した自己修復ポリマー
3.1 自己修復ポリマーゲル「ウィザードゲル」
3.2 自己修復ポリマー「ウィザードエラストマー」
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬

1.除草剤 flusulfinam(フルスルフィナム)
2.殺虫剤 flupyroxystrobin(フルピロキシストリビン)
3.除草剤 broclozone(ブロコロゾン)

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

アセトフェノン(Acetophenone)
アリルメタクリレート(Allyl methacrylate)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
能木雅也 大阪大学
小林加代子 京都大学
工藤正樹 東京大学;東京都立産業技術高等専門学校
王 冠瞳 東京大学
塩見淳一郎 東京大学
石岡 瞬 東京大学
関根由莉奈 (国研)日本原子力研究開発機構
森川 豊 あいち産業科学技術総合センター
伊藤雅子 あいち産業科学技術総合センター
野々村文就 日本製紙(株);日本製紙クレシア(株)
伏見速雄 王子ホールディングス(株)


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】セルロースナノファイバー利用拡大に向けた開発と応用

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
~次の10年を見据えた研究開発事例の紹介~
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバーに生じる欠陥
Various Defects on Cellulose Nanofibers

 セルロースナノファイバーは僅か数十本のセルロース分子鎖が束なったものであり,詳細な構造解析が難しい。そのため,基本的な構造の解明に向けて現在でも様々な研究が続けられている。ここでは,最近急速に理解が進んでいるセルロースナノファイバーの欠陥について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.これまでの欠陥研究の概要
3.「捻れ」における結晶構造の解析
4.原子間力顕微鏡像の統計的解析による「凹み」欠陥の発見
5.AFM画像を解析するための半自動的画像処理手法の確立
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバー製フィラメントの高い熱伝導性
High Thermal Conductivity of Cellulose Nanofiber Filaments

 流体工学を活用してセルロースナノファイバーを分子スケールで構造制御し,特定の酸を用いて固めて作製したフィラメント材が,セルロースナノペーパーなどの高熱伝導性を有する先端木質バイオマスの5倍以上,紙など従来の木質バイオマスの100倍以上の高熱伝導性を示すことがわかった。さらに高熱伝導化のメカニズムを明らかにした。これらの成果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.従来のCNF材料の熱伝導性
3.CNFの分子スケールの構造制御
4.フローフォーカシング法ならびに機械・熱特性の評価方法
5.フローフォーカシング法で構築したCNFフィラメントの熱伝導および機械的特性
6.CNFフィラメントの高熱伝導化のメカニズム
7.熱伝導率の温度特性について
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高強度・自己消火性のセルロースナノファイバー透明板材
Transparent Cellulose Nanofiber Plates with High Strength and Flame Self-Extinction

 CNFシートは透明かつ高強度であるが,厚み数十μmの薄膜しか得られない。本稿では,CNFシートを多重積層して作製した,透明なCNF板材について紹介する。シート接着には,CNFの自己接着性を活用した。このCNF板材は,アルミニウム合金並みに強度が高く,自己消火性も兼ね備える。CNFの高い吸水性は,CNFの対イオン設計と,板材表面の改質により克服した。

【目次】
1.はじめに
2.積層
3.力学特性
4.自己消火性
5.膨潤の抑制
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

凍結を利用したカルボキシメチルセルロースナノファイバーの微細構造制御による新しいハイドロゲル物性の発現
Novel Hydrogel Properties by Microstructural Control of Carboxymethyl Cellulose Nanofibers Using Freezing
 
 凍結現象を利用することで,カルボキシメチルセルロースナノファイバーを主体とした無害な素材のみで高い圧縮負荷にも耐えるハイドロゲルが形成することを発見した。“鍵”となるのは水溶液が凍結する時に起きる,氷結晶と溶質の相分離である。本稿では凍結架橋ゲルの形成メカニズムやゲルの特性について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.凍結架橋カルボキシメチルセルロースナノファイバー(CMCF)ゲルの開発
3.凍結架橋のメカニズム
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバーを利用した石鹸用スクラブ剤と砥石の開発   
Development of Scrub Agent for Soap and Grinding Wheels Using Cellulose Nanofiber

 1次マイクロプラスチック代替など環境対策技術の開発を目的に,セルロースナノファイバー(CNF)の自己凝集性を利用した硬い素材の開発を行った。本稿では,当センターのCNF機械加工技術の特徴と,企業と共同開発した石鹸用スクラブ剤および金属加工用砥石の特性を記載した。

【目次】
1.はじめに
2.機械加工(湿式の高圧ジェットミル)によるCNF製造
3.CNFの自己凝集性に着目した開発事例
3.1 石鹸用スクラブ剤の開発
3.2 高機能性砥石の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバーの開発・採用状況
Developmental Status of Cellulose Nanofiber

 日本製紙におけるセルロースナノファイバー(CNF)の開発・採用状況について述べる。日本製紙のCNFは3種類あり,石巻工場でTEMPO酸化CNF,江津工場でCM化CNFを営業生産しており,富士工場では,CNF強化樹脂を実証生産している。各CNFに関して,製造方法,特徴,採用及び開発状況を紹介する。

【目次】
1.日本製紙グループについて
1.1 沿革
1.2 日本製紙グループの事業概況
1.3 製品
2.セルロースナノファイバー(CNF)
2.1 CNFとは
2.2 日本製紙のCNFについて
2.3 日本製紙CNFの製造方法①(CM化CNF,TEMPO酸化CNF)
2.4 CM化CNFの利用分野・状況
2.5 TEMPO酸化CNFの利用状況
2.6 CNFが持つ各種特性について
3.CNF強化樹脂
3.1 日本製紙のCNF製造方法②(CNF強化樹脂(セレンピアプラス&#9415;(Cellenpia Plas&#9415;)))
3.2 特徴
3.3 CNF強化樹脂の利用分野
3.4 使用実績
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

セルロースナノファイバーによる高分子材料の強化 
Reinforcement of Polymer Materials Using Cellulose Nanofiber

 セルロースナノファイバーは,力学特性に優れた高結晶性の繊維であり,高分子材料の強化材としての応用が期待されている。本稿では,高分子材料としてポリカーボネート,ポリプロピレン,および天然ゴムを取り上げ,セルロースナノファイバーによる強化効果についてこれまでの研究結果を論じた。

【目次】
1.はじめに
2.ポリカーボネートとCNFの複合化
3.ポリプロピレン,パルプ繊維,CNFの複合材料
4.天然ゴムとCNFの複合材
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
紙・パルプ用化学薬品工業の市場動向

 製紙用薬剤は,紙・板紙の製造において様々な用途で用いられる(図1)。国内需要は紙・板紙の成熟市場に連動して縮小傾向にあるが,製紙用薬剤メーカー各社は,ニーズの高機能化に取り組むとともに,中国や東南アジア地域の発展をにらみ,同地域における市場展開,生産体制の強化を行っている。

【目次】
1.概要
2.紙・板紙需要動向
3.製紙パルプ需要動向
4.古紙需要動向
5.製紙用薬剤需要動向
6.製紙用薬剤メーカーの動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

塩化シアヌル(Cyanuric chloride)
ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)(Polyhydroxyalkanoate acid)
ポリブチレンサクシネート(Polybutylene succinate)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
冨重圭一 東北大学
久米晶子 広島大学
古川森也 北海道大学
山田 徹 慶應義塾大学
原田英文 三菱ガス化学(株)
成相健太郎 (株)IHI 
鎌田博之 (株)IHI
遠藤 巧 (株)IHI 
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】CO2資源化熱触媒の最新動向―カーボンリサイクルに向けた触媒開発―

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

酸化セリウム触媒を用いた低圧二酸化炭素の非還元的変換
Non-Reductive Conversion of Low Pressure CO2 Catalyzed by CeO2

 酸化セリウムが二酸化炭素とアミンやアルコールからの尿素誘導体や炭酸エステル合成反応に有効であることが見出されてきた。これまでは,これらの反応に対して高圧の二酸化炭素が主として用いられてきたが,排ガス中や空気中の二酸化炭素の使用を想定すると,低圧の二酸化炭素の変換の重要性が高まると想定される。ここでは,低圧化の研究例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.尿素誘導体および炭酸エステル合成反応の化学平衡
3.酸化セリウムを用いた尿素誘導体合成
4.酸化セリウムを用いた二酸化炭素吸収アミンからの尿素誘導体合成:外部からの二酸化炭素添加が
 必要のないシステムの開発
5.酸化セリウムとニトリル脱水剤を用いた脂肪族ポリカーボネート合成
6.ニトリル脱水剤を用いない脂肪族ポリカーボネート合成
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ナノ構造化された酸化銅と有機界面の協働による選択的CO2電解還元   
Selective Electroreduction of CO2 at Modified Interface of Nanostructured Oxidized Copper

 銅電極上では一度の電解でCO2からエチレン・エタノール等の高度還元物を生成でき,触媒の動的構造変化や物質供給設計などのユニークな特徴とともに非常な注目を集めている。本稿では,これらの触媒開発を概観するとともに,筆者らのCu2Oナノキューブ触媒の有機膜による被覆とCO2還元活性の展開について紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.Cu酸化種を前駆体とするCO2電解触媒
3.銅-有機物界面でのCO2還元性能向上
4.銅表面で自己制御されたCuAACによる有機膜成長とそのCO2還元性能
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

プロパン酸化脱水素に有効な高耐久性触媒の開発~CO2利用とプロパン製造の両立~
Development of Highly Stable Catalyst for the Oxidative Dehydrogenation of Propane

 CO2を酸化剤としたプロパンの酸化脱水素は,基幹化学品であるプロピレンの製造とCO2の有効利用,既存子業プロセスのカーボンニュートラル化を同時に達成可能な有望な反応である。本稿では,CeO2担体上に担持されたPt-Co-In三元ナノ合金が本反応においてきわめて高い触媒活性,C3H6選択性,安定性,CO2利用効率を示すことを解説する。

【目次】
1.緒言
2.多元素合金触媒の設計指針
3.Pt-Co-In/CeO2の構造解析
4.Pt-Co-In/CeO2の触媒性能
5.反応機構に関する検討
6.結言

-------------------------------------------------------------------------
銀触媒による二酸化炭素固定化反応
Carbon Dioxide Incorporation Reaction by Silver Catalyst
 
 二酸化炭素分子は熱力学的安定性から「不活性小分子」とされてきたが,安全安価なC1合成ユニットでもある。本稿では,最大圧力で2MPa程度,温度条件も60℃以下の穏和な反応条件で,アルコール性水酸基の酸素原子やアミノ基の窒素原子のほか,有機塩基で平衡的に発生するエノラートの炭素原子とも二酸化炭素は十分に反応し,銀触媒で活性化された炭素-炭素三重結合に捕捉されさまざまな有機化合物に変換される反応群について紹介したい。

【目次】
1.はじめに
2.銀触媒による二酸化炭素捕捉反応
2.1 プロパルギルアルコール/アミン類の環状炭酸エステルへの変換反応
2.2 二酸化炭素の捕捉と転位反応を伴うα,β-不飽和カルボニル化合物の合成反応
2.3 触媒的不斉二酸化炭素捕捉反応
3.二酸化炭素への炭素-炭素結合形成反応
3.1 エノラートとの反応
3.2 アルキニルアニリン誘導体との反応
3.3 生物活性化合物合成への適用
3.4 二酸化炭素と求電子剤の連続導入反応
4.二酸化炭素捕捉反応の展開
4.1 常温常圧条件のKolbe-Schmitt型反応
4.2 脱炭酸を駆動力とする選択的反応
4.3 二酸化炭素を用いるN-ホルミル化反応
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

二酸化炭素とアルコールからのカーボネート合成の実用化  
Practical Application of Carbonate Synthesis from Carbon Dioxide and Alcohol

 二酸化炭素の有用化合物への変換において重要なターゲット物質の一つが,当社の基盤事業に位置付けられているポリカーボネートである。三菱ガス化学(株)(MGC)はマテリアリティとして「エネルギー・気候変動問題解決」を特定しており,その一環として,環境適合性が高く,安全かつ効率的なポリカーボネート製造プロセスの研究開発に取り組んでいる。

【目次】
1.はじめに
2.ポリカーボネートとは
3.ポリカーボネートの製造方法
4.三菱ガス化学におけるポリカーボネートの歴史
5.三菱ガス化学におけるDPC製造プロセス研究開発の取り組み
6.三菱ガス化学におけるCO2 to DPC製造プロセスの研究
7.CO2を原料としたDPC製造研究
7.1 2014年10月~2015年9月(東北大,日本製鉄,日鉄エンジニアリング,MGCの4者共同研究)
7.2 2015年10月~2020年5月の取り組み(日本製鉄,日鉄エンジニアリング,MGCの3者共同研究等)
7.3 2020/6~2021/3:2020 年度「NEDO先導研究プログラム/新技術先導研究プログラム〔エネルギー・環境
   新技術先導研究プログラム及び新産業創出新技術先導研究プログラム〕」CO2を原料利用した含酸素
   化合物などを直接合成するカーボンリサイクル技術:プロジェクトコードP14004(東北大,日本製鉄,日鉄
   エンジニアリング,MGCの4者共同研究)
7.4 2022年3月~:グリーンイノベーション基金事業への参画
8.最後に

-------------------------------------------------------------------------

炭素循環型社会に向けたCO2水素化による有価炭化水素製造技術          
CO2 Hydrogenation to Hydrocarbons for the Carbon Recycling Society

 炭素循環型社会の構築に向けて(株)IHIではカーボンリサイクル技術の確立に取り組んでいる。本稿ではCO2と水素を原料としてカーボンニュートラルなメタンであるe-methane製造およびその実装に向けた取り組みを紹介する。同じくCO2を原料とした化学原料である低級オレフィン類や液体炭化水素燃料の合成技術についても紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.メタネーション技術
2.1 メタネーション触媒
2.2 メタネーション反応器・プロセス
2.3 小型メタネーション装置
2.4 今後の展開
3.低級オレフィン合成およびSAF向けの炭化水素合成
4.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリダジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など) 

第3回(終):ムクロロ酸,二環式ピリダジンおよびフタラジン誘導体
Mucochloric Acid, Bicyclic Pyridazine and Phthalazine Derivatives

 前回までに二~三置換ピリダジンの製法と用途について述べた。今回(終)は,ムコクロロ酸,二環式ピリダジンおよびフタラジン誘導体について述べる。

【目次】
7.ムコクロロ酸誘導体
7.1  1-フェニル-4,5-ジクロロピリダジン-6-オン(69)
   1-(3-トリフルオロメチルフェニル)-4,5-ジクロロピリダジン-6-オン(68)
7.2 3-(4,5-ジクロロ-6-オキソピリダジン-1-イル)プロピオン酸(71)
7.3 2-(4-クロロスルホフェニル)-4,5-ジクロロピリダジン-3(2H)-オン(72)
7.4 2-tert-ブチル-4,5-ジクロロピリダジン-3(2H)-オン(75)
7.5 5-アミノ-2-フェニルピリダジン-3(2H)-オン(77)
7.6 4-エチルアミノピリダジン(82)
8.二環式ピリダジン系
8.1 6-ベンゾイル-3-クロロ-5,6,7,8-テトラヒドロピリド[4,3-c]ピリダジン(88)
8.2 イミダゾ[1,2-b]ピリダジン(90)
8.3 2,6-ジクロロイミダゾ[1,2-b]ピリダジン(94)
8.4 3-ブロモイミダゾ[1,2-b]ピリダジン(95)
8.5 3-エチニルイミダゾ[1,2-b]ピリダジン(97)
9.フタラジン系
9.1 フタル酸ヒドラジド(98)
9.2 3-ニトロフタル酸ヒドラジド(100)
9.3 1,4-ジヒドラジノフタラジン(102)
9.4 1-クロロフタラジン(105)
9.5 4-(4-クロロベンジル)フタラジン-1(2H)-オン(107)
10.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

1,4-ナフトキノン(1,4-Naphthoquinone)
トリフェニルホスフィン(Triphenylphosphine)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
門田和紀 大阪医科薬科大学
内山博雅 大阪医科薬科大学
戸塚裕一 大阪医科薬科大学 
田中俊輔 関西大学 
小川昂輝 名古屋市立大学
田上辰秋 名古屋市立大学
尾関哲也 名古屋市立大学
異島 優 京都薬科大学 
小田切優樹 崇城大学 
石田竜弘 徳島大学 
杉山育美 岩手医科大学 
佐塚泰之 岩手医科大学 
黑﨑友亮 長崎大学
武元宏泰 京都府立医科大学 
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性ナノ粒子の設計とDDSへの応用

-------------------------------------------------------------------------

機能性素材を利用した薬物含有微粒子設計および吸入粉末剤への適用       
Application of Fine Particles Designed Using Functional Materials to Dry Powder Inhaler Formulations

 近年,多様化する創薬モダリティに適用できるユニバーサルな製剤として,非侵襲的な投与形態の経肺投与製剤の開発が注目されている。しかし,経肺投与製剤への使用可能な添加剤は制限されており,安全性が高い新たな素材を利用した開発が期待されている。本稿では,糖類を利用した機能性微粒子設計による吸入粉末剤への適用について,その設計した粒子特性を交えて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.機能性素材による吸入粉末製剤の開発
3.多孔性金属錯体を利用した吸入粉末製剤への適用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

無機ナノ粒子を利用したドラッグデリバリー技術・ナノメディシンの開発       
Development of Drug Delivery and Nanomedicine Technology Using Inorganic Nanoparticles

 無機ナノ粒子は,ドラッグデリバリーやナノメディシンの分野において応用されている。これらの機能性ナノ粒子は医療機器を併用することでより高度な診断・治療が期待できる。そこで,医療分野において重要となる無機ナノ粒子の性質と,その応用例について最近の報告をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.ドラッグデリバリー,ナノメディシンにおける無機ナノ粒子の機能性
2.1 光熱変換
2.2 量子サイズ効果
2.3 アップコンバージョン
2.4 薬物の保持
2.5 無機ナノ粒子の表面修飾
3.無機ナノ粒子を用いた治療・診断への応用例
3.1 がん治療への応用
3.2 核酸医薬のデリバリー
3.3 イメージングへの応用
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

アルブミンの『質』を生かしたDrug Delivery System戦略
Drug Delivery System Strategy via the Regulation of the ”Quality” of Albumin

 ヒト血清に存在するアルブミンは,その血中滞留性や生体適合性,薬物結合能の高さからドラッグデリバリー担体として臨床応用されている。本稿では,アルブミンの臓器移行性を左右する重要な役割を担っているアルブミン受容体やその認識特性に関わるアルブミンの『質』について,これまでの研究成果をまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.アルブミンの『質』を決定する要因とは?
3.新規アルブミンナノ粒子化法
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

経口投与型リポソームの基礎と応用
Basic and Applied Reserch of Orally Administered Liposomes
 
 DDS製剤としてターゲティングに分類されてきたリポソームは,吸収改善への応用研究も進められている。吸収・透過を改善した経口投与型リポソームは様々な疾患への適用拡大が期待できる。本稿では,筆者らが医薬品としての適用を目指し検討したビタミンB12内封リポソーム,およびサプリメントとして上市されているビタミンC内封リポソームについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.リポソーム
3.ビタミンB12を内封したリポソーム
4.経口投与型リポソームの応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

遺伝子・核酸医薬品の臓器選択的な送達を目的とした標的型ナノ粒子の開発と応用 
Development and Application of Organ Specific Drug Delivery Systems for Nucleic Acid-Based Medicine

 近年,遺伝子・核酸医薬品の開発が盛んに行われており,遺伝子・核酸医薬品の生体内での安定性や標的臓器への移行性を向上させるドラッグデリバリーシステム(DDS)が注目されている。本稿では,著者らが開発した遺伝子・核酸医薬品の新しいDDSである臓器標的型ナノ粒子について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.臓器標的型ナノ粒子の開発と応用
2.1 肝臓標的型ナノ粒子
2.2 肺標的型ナノ粒子
2.3 脾臓標的型ナノ粒子
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

がん組織内酸性pHに応答する機能性高分子の開発とナノ粒子型DDSへの展開
Development of Functional Polymers that Recognize Tumorous Acidic pH for Nanoparticle-Based Tumor Delivery

 がんの組織内pH は正常組織や血液に比較して弱酸性である。弱酸性pHに応答して開裂する化学構造やカチオン性を帯びる構造を高分子に組み込むことで,弱酸性条件下で選択的に組織に相互作用する高分子を創り上げることができる。そのような機能性高分子にてナノ粒子を被覆すると,がん組織にナノ粒子が相互作用するためがん集積量が増大する。ここではその一例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.がん組織内pHに不可逆的に応答する設計
3.がん組織内pHに可逆的に応答する設計
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリダジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など) 

第2回:三置換ピリダジン,C-フェニルピリダジンおよびN-フェニルピリダジン誘導体
Trisubstituted, C-Phenyl and N-phenyl Pyridazine Derivatives

 第1回ではピリダジン化学発展の歴史および二置換ピリダジン誘導体について述べた。今回は,三置換ピリダジン,C-フェニルピリダジンおよびN-フェニルピリダジン誘導体について述べる。

【目次】
4.三置換ピリダジン系
4.1 3,4,6-トリクロロピリダジン(17)
4.2 3,6-ジクロロピリダジン-1-オキシド(18)
4.3 3,6-ジクロロ-4-メチルピリダジン(21)
4.4  3-アミノ-6-クロロ-5メチルピリダジン(22)
   3-アミノ-6-クロロ-4-メチルピリダジン(23)
4.5 5-ブロモ-3-メチル-1H-ピリダジン-6-オン(24)
5.C-フェニルピリダジン系
5.1 6-フェニルピリダジン-3(2H)-オン(28)
5.2 4,6-ジクロロ-3-フェニルピリダジン(31)
5.3 6-クロロ-4-ヒドロキシ-3-フェニルピリダジン(32)
5.4 3-クロロ-4-メチル-6-フェニルピリダジン(34)
5.5 6-[2-(3-tert-ブチルアミノ-2-ヒドロキシプロポキシ)フェニル]ピリダジン-3(2H)-チオン(36)
5.6 3-(6-オキソ-1,6-ジヒドロピリダジン-3-イル)ベンゾニトリル(39)
5.7 6-(3,5-ジクロロ-4-メチルフェニル)ピリダジン-3(2H)-オン(42)
5.8 6-メチル-5-フェニル-4-フェニルスルホニルピリダジン-3(2H)-オン(46)
5.9 4-(2,6-ジフルオロフェニル)-6-メチル-5-フェニルピリダジン-3(2H)-オン(48)
6.N-フェニルピリダジン系
6.1 4-クロロ-2-フェニル-6-メチルピリダジン-3(2H)-オン(51)
6.2 6-ヒドロキシ-2-フェニルピリダジン-3(2H)-オン(53)
6.3 1-(4-クロロフェニル)-6-メチル-4-オキソピリダジン-3-カルボン酸(56)
6.4 2-(4-クロロフェニル)-3-エチル-5-オキソピリダジン-4-カルボン酸(60)
6.5 2-(2-フルオロ-4-クロロ-5-イソプロポキシフェニル)-4-メチル-5-(トリフルオロメチル)ピリダジン-3-オン(65)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
バイオ医薬品工業の市場動向

 これまで多くのブロックバスターを生み出してきた低分子化合物を用いた新薬が頭打ちになってきており,抗体医薬をはじめとするバイオ医薬品の市場が拡大している。バイオ医薬品の5割以上を占める2021年の抗体医薬品の国内市場は16,540億円程度とみられ,がん領域を中心に現在も多くの臨床試験が進められていることから,今後も安定した成長が期待される。大型医薬品の特許切れが相次ぐ中,メーカー各社は研究機関との共同研究やバイオベンチャーの買収によって新薬の投入を急いでいる。

【目次】
1.概要
2.業界動向
3.バイオシミラー

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

p-ニトロ安息香酸(p-Nitrobenzoic acid)
p-ヒドロキシフェニルプロピオン酸(p-Hydroxyphenylpropionic acid)
ベンゾイン(Benzoin)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
7,700円
著者一覧
堀越 亮 三井化学クロップ&ライフソリューション(株)
竹田 遼 BASFジャパン(株)
稲垣 準 日本曹達(株)
伊藤寛之 三井化学クロップ&ライフソリューション(株)
小原敏明 三井化学クロップ&ライフソリューション(株)
小林方美 クミアイ化学工業(株)
玉井隆二 クミアイ化学工業(株)
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学
青木大輔 千葉大学


目次
-------------------------------------------------------------------------

【特集】農薬の動向と研究開発2023

-------------------------------------------------------------------------

殺虫剤アフィドピロペンの創製
Discovery of a Novel Insecticide Afidopyropen

 アフィドピロペンは,学校法人 北里研究所とMeiji Seikaファルマ(株)((株)MMAGを経て,現在は三井化学クロップ&ライフソリューション(株)。以下MMAG と記す。)が糸状菌Penicillium coprobiumの発酵産物であるピリピロペンA(以下PP-A)をリード化合物とした誘導体合成研究の中から創出した新規殺虫剤であり(図1),BASF社が商標登録名Inscalis&#9415;としてグローバルに開発,登録を進め,各国で販売が開始されている。国内では,BASFジャパン(株)が2022年10月に農薬登録を取得し,2023年からアフィドピロペンを含有するセフィーナ&#9415;DCの小麦,ばれいしょ,てんさいのアブラムシ類の防除用途で上市された。アブラムシ類以外にも,同じカメムシ目害虫であるコナジラミ類,キジラミ類,カイガラムシ類など難防除吸汁性害虫に対し卓効を示し,また,哺乳動物,天敵,セイヨウミツバチなど非標的生物への影響が低く,各国での開発普及が進んでいる。

【目次】
1.はじめに
2.アフィドピロペンの創薬経緯
2.1 PP-Aの発見
2.2 側鎖構造の最適化
2.3 母核構造の変換
3.殺虫スペクトラム
4.作用機作
5.農業害虫に対する作用特性
6.ウイルス病媒介抑制効果
7.非標的生物に対する影響
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規殺菌剤キノプロール&#9415;(一般名:イプフルフェノキン)の創製
Discovery of a Novel Fungicide,KINOPROL&#9415;(Ipflufenoquin)

 キノプロール&#9415;(ISO名;Ipflufenoquin:商品名;ミギワ&#9415;)は,日本曹達(株)が発明・開発したフェニルプロパノール構造を有する新規殺菌剤であり,果樹や野菜などの作物に発生する各種病害に優れた防除効果を示す。2020年7月に国内で農薬登録が認可された。本稿では,キノプロール&#9415;の創製経緯とその特徴について報告する。

【目次】
1.はじめに
2.キノプロール&#9415;の創製
2.1 リード化合物の発見
2.2 アミド型からイミン型へ
2.3 ベンゾオキサゼピン骨格の発見と最適化
2.4 ベンゾオキサゼピン骨格の見直しとフェノキシタイプの発
2.5 フェノキシタイプの活性向上と最適化
2.6 フェノキシタイプの構造活性相関
3.生物効果
3.1 有効病害例
3.2 圃場における防除効果
3.3 作用機構
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

殺菌剤キノフメリンの創製
Molecular Design and Biological Activity of quinofumelin

 キノフメリンは,三井化学クロップ&ライフソリューション(株)が開発中の新規作用性を有する殺菌剤である。本剤は,イネいもち病,灰色かび病およびリンゴ黒星病などの子嚢菌による病害に対し卓効を示すだけでなく,治療効果を有することが特長である。また,イソキノリン環とキノリン環が直接結合する,独自性の高い構造を有している。本稿では,キノフメリンの創薬経緯とその特長について報告する。

【目次】
1.はじめに
2.キノフメリンの発見と誘導体展開
2.1 リード化合物の選定
2.2 シクロヘキサン環の1 位の置換基の展開
2.3 シクロヘキサン環とキノリン環の間の部分の検討
2.4 仮説に基づいた閉環化合物の合成とその活性
2.5 イソキノリン環の置換基の検討
3.キノフメリンの合成
4.キノフメリンの作用部位と作用特性
4.1 キノフメリンの作用部位
4.2 キノフメリンの作用部位における選択性
4.3 キノフメリンの作用特性
5.キノフメリンの性状
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規水稲用除草剤フェンキノトリオン(EFFEEDA&#9415;)の創製       
Discovery of a Novel Rice Herbicide,Fenquinotrione
 
 フェンキノトリオンはクミアイ化学工業(株)が創製し,開発した4-ヒドロキシフェニルピルビン酸ジオキシゲナーゼを作用点1,2)とするトリケトン系除草剤である。本剤は,イヌホタルイ,コナギ,一年生広葉雑草,オモダカなどに対する高い効果と,水稲に対する高い安全性を有し,様々な防除体系に適用できる。本稿はフェンキノトリオンの創製の経緯と水稲用除草剤としての特徴を述べる。

【目次】
2.フェンキノトリオンの創製研究
2.1 リード化合物の発見
2.2 構造活性相関と最適化
3.フェンキノトリオンの水稲用除草剤としての特徴
3.1 殺草スペクトラム
3.2 作用症状と生育期の除草効果
3.3 残効性
3.4 水田環境における除草効果
3.5 水稲安全性
4.フェンキノトリオンの水稲安全性機構
4.1 フェンキノトリオンの水稲安全性要因の解明
4.2 水稲安全性とCYP81A6との関連
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬

1.殺虫剤 umifoxolaner(ウミホキソラネル)
2.除草剤 pyriflubenzoxim(ピリフルベンゾキシム)
3.除草剤 fluchloraminopyr(フルクロラミノピル)
4.除草剤 iptriazopyrid(イプトリアゾピリド)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリダジン系機能性化学品(染料,農薬,医薬品など) 

第1回:二置換ピリダジン誘導体
Disubstituted Pyridazine Derivatives

 染料,農薬,医薬品などの中にはピリダジン環を有する化合物がある。それらの原料であるピリダジン系中間体の工業的製法および用途について述べる。天然物については2.ピリダジン化学発展の歴史の項で概説する。なお,ベンゾピリダジンであるフタラジンは,9項で述べる。

【目次】
1.はじめに
2.ピリダジン化学発展の歴史
3.二置換ピリダジン系
3.1 1,2-ジヒドロピリダジン-3,6-ジオン(マレイン酸ヒドラジド)(2)
3.2 3,6-ジクロロピリダジン(3)
3.3 3-アミノ-6-クロロピリダジン(4)
3.4 3-クロロ-6-メトキシピリダジン(5)
3.5 3-クロロ-6-メルカプトピリダジン(6)
3.6 3-アミノ-6-メチルピリダジン(11)
3.7 3,6-ジブロモピリダジン(12)
3.8 3-アミノ-6-メトキシピリダジン(14)

-------------------------------------------------------------------------

[R&D Report]

プラスチックから植物肥料を与えるリサイクルシステム 
Recycling System that Gives Fertilizer from Plastic Waste
 
 生産量がきわめて大きく「誰もがその有用性を理解している」プラスチックを禁止・制限することは不可能に近く,地球環境の保全とプラスチック利用を両立させる革新的なリサイクルシステムの開発が望まれている。本稿では,カーボネート結合からなる植物由来のプラスチックをアンモニア水で処理することで肥料へと変換する新しいリサイクルシステムについて紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.ポリカーボネートのリサイクル
3.プラスチックから肥料を作るリサイクルシステムの実証
4.分解生成物を肥料として用いた植物の生育実験
5.糖由来ポリカーボネートの機能化
6.展望

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]
農薬工業の市場動向

 2021年農薬年度(2020年10月から2021年9月)の農薬出荷実績は,18万969トン(前年比0.2%増),出荷金額は3,453億円で同1.8%増であった(表2)。国内においては,輸入農産物の増加,農地面積の減少,農業従事者の高齢化,減農薬志向など,農薬メーカーにとっては厳しい状況が続いている。そのため,国内農薬メーカー各社は,人工増加に伴う食糧需要の拡大が期待できるアジアをはじめとする海外市場への展開に注力している。

【目次】
1.需要概要
2.輸出入動向
3.生産動向
4.業界動向
5.開発動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

インドール(Indol)
2,6-ジクロロピリジン(2,6-Dichloropyridine)
臭化ブチル(n-Butylbromide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
おすすめの購読プラン

ファインケミカルの内容

調査・資料・報道・抄録ファイン化をめざす化学業界人の必携書
本誌は、ファインケミカル分野で国内唯一の専門情報誌です。シーエムシー出版の豊富な蓄積と情報網をもとに、ファイン関連の動向を深く、広範囲に、正確に捉え、「仕事に直結する」最新情報を提供しています。

ファインケミカルの無料サンプル

2010年11月号 (2010年10月15日発売)
2010年11月号 (2010年10月15日発売)をまるごと1冊ご覧いただけます
サンプルを見る

ファインケミカルの目次配信サービス

ファインケミカル最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

ファインケミカルの所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.