※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:薬局
  • 出版社:南山堂
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
※定期購読のイメージ画像
  • 雑誌:薬局
  • 出版社:南山堂
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
  • 雑誌

薬局

薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌 [送料無料で毎号お届けします]
  • 雑誌

薬局

薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌 [送料無料で毎号お届けします]

おすすめの定期購読

定期購読のお申込み・予約

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
薬局のレビューを投稿する

STEP1 雑誌の形式

「デジタル版の取扱い開始のお知らせ」を希望の方はこちら

薬局 雑誌の内容

  • 出版社:南山堂
  • 発行間隔:月刊
  • 発売日:毎月5日
薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
医療の急速な変化に薬剤師が対応できるよう、医療チームの一員として求められる臨床知識、また薬のエキスパートとして求められる医薬品の専門知識を各専門分野でご活躍の薬剤師・医師等により、わかりやすく、そして実践で活用できる情報を提供しています。

薬局 2022年6月号 (発売日2022年06月05日) の目次

特集:「小児の薬」トラブルシューティング

≪特集の目次≫
■特集にあたって
・薬剤学で強化する! 子どもの調剤・服薬指導(山本佳久)

■「小児の薬」トラブルシューティング
・月齢により異なる薬物動態を考慮し,小児薬用量をチェックする(田川菜緒)
・ミニレクチャー:小児薬用量の「適宜増減」の考え方(島﨑 学)
・薬剤情報提供書を有効に活用する(若林仁美)
・ミニレクチャー:年齢あるいは体重区分の境目の取り扱いは?(島﨑 学)
・小児への適応外使用に関する情報を入手する(江畠 麗)
・ミニレクチャー:循環器領域で使用される薬剤 -小児薬用量は何を参考に考えるか?- (米澤夏里)
・薬を飲むのが苦手な子ども/保護者に飲食物との飲みあわせを指導する(小嶋 純)
・ミニレクチャー:誤飲・誤嚥を回避せよ!(島﨑 学)
・服薬補助ゼリーの使いどころと注意点を説明する(小嶋 純)
・コラム:看護師は知っている「子どもの服薬トラブル」(藤田友紀)
・粉薬をペースト状にする至適水量を指導する(福田春香)
・ミニレクチャー:子どもの服薬とデバイス-使いどころと使い方の指導-(小林麻美)
・経口剤の飲み忘れへの問い合わせに対応する(吉田直樹 ほか)
・1日3回服用する薬のアドヒアランスを改善する(山本佳久)
・同一成分・複数製剤の同時処方に対応する(島﨑 学)
・ミニレクチャー:同一成分なのに成人と小児で用法が異なる製剤(島﨑 学)
・同時に2種類以上の坐剤を使用するときの注意点を伝える(山本佳久)
・ミニレクチャー:「熱さましはいつまで飲めば/使えばよいですか」に対応する(島﨑 学)
・坐剤の保管方法を指導する(山本佳久)
・ジアゼパム坐剤の2回目投与のタイミングを指導する(山本佳久)
・ステロイド外用剤と保湿剤の希釈・混合可否を判定する(山本佳久)
・子どもの点眼-点眼剤の投与方法と服薬指導-(守屋賀奈絵)
・アドレナリン自己注射薬の注意点とポイント(百 賢二)
・コラム:患者も薬を選びたい!?(米子真記)

■STOP! 計算エラー 「小児薬用量」おさらいドリル(山本 佳久/百 賢二/島﨑 学)
・添付文書・処方箋を読む大事なポイントを押さえる!
・ドリル:換算式を実用的に使う!

≪シリーズ≫
■えびさんぽ
 乳幼児や小児の喘鳴に,吸入ステロイドは効果がありますか?
 (青島周一)

■腫瘍薬学ハイライト
 線虫を用いた尿中の揮発性有機代謝物によるがん検査
 (川西正祐)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・抗PD-1治療による遅延性免疫関連有害事象
 ・不適切処方を減らしても薬物関連入院は減少せず
 (佐藤宏樹 澤田康文)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!
 経静脈栄養のホントのところ-番外編 リハビリテーション栄養と薬剤師①
 〜これから必ず求められる視点〜
 (東 敬一朗)

■喫茶よりみち
 薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #06〉
 3回目,4回目? ~新型コロナワクチンの追加接種について,今わかっていることは?~
 (井出和希)

■くすりのかたち外伝 
 わかる! 使える! まいにち薬会話〈第6回〉
 「一包化しないでください」
 (浅井考介 柴田奈央)

■薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈陸ノ型〉
 「薬剤性の副作用」以外の可能性を考えられる 薬剤師を目指そう!!
 (岩渕 聡 葉山達也)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第6回〉
 論文を書くためのオモテ・ウラ② (大井一弥)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第6回〉
 インフルエンザの薬が見つからない
 (髙島英滋)

■薬剤部門管理者・ミドルマネジャーのためのBSC活用入門〈第3回〉
 BSCで必須だが省略されやすい重要理論
 (髙橋淑郎)

≪巻頭言≫
特集にあたって
薬剤学で強化する! 子どもの調剤・服薬指導

一般的な話ではあるが,小児科の調剤は多くの薬剤師が苦手意識をもつ分野の一つではないだろうか.その理由としては,散剤やシロップ剤あるいは軟膏剤など,さまざまな剤形における計量調剤の頻度が高く,混合操作などが手間であること,患者の体重に対する処方量の適合性など処方監査が複雑であること,処方量が成分量表示の場合,そこからの製剤量の算出に戸惑うことなどがあげられる.これらは小児科の処方箋を日頃から受ける環境になれば,おのずと慣れてくるものであるが,普段,小児科の処方箋を受け付ける機会の少ない薬局に,突如,小児の患者が来局してきたら,多少なりともプレッシャーを感じながら処方箋を受けつけることになるであろう.
また,小児科調剤の領域で苦労するのは,いかにして患者のアドヒアランスを向上させるかということである.特に苦みのある製剤などの上手な服用方法についての説明は薬剤師の永遠の課題であるかもしれない.内服に限らず,坐剤,皮膚外用剤,吸入剤,注射剤など,そのなかでも初めて使用する患者(その保護者)に対して適切な使用方法を簡潔にわかりやすく説明することも薬剤師の重要な任務である.さらに,患者がうまく服用できなかった場合や誤った方法で使用してしまった場合の対処法なども相談されることがあると思われる.
このような問題に直面するとき,薬剤師にとって大きな武器となり得るのが製剤学,物理薬剤学,生物薬剤学,そして医療薬剤学などの薬剤学的な知識ではないだろうか.筆者はもともと小児科の処方箋をメインに受ける薬局の薬剤師であったが,さまざまな縁があり,現在は大学で教員を勤めている.そして,ここで薬学生に嫌われる分野の一つである物理薬剤学の講義を担当している.学生に少しでもこの領域に興味をもってもらうために意識していることは,この講義で取り上げる現象や計算式と,それらの臨床的有用性とをリンクして学ばせることである.この姿勢が奏功しているかどうかはもう数年観察しなければ評価できないが,このことを強く意識するようになったのは自分自身の薬局勤務時代に日常業務のさまざまな場面で薬剤学の知識に助けられた経験があったからである.
そこで本特集では,小児科領域の分野で活躍されている先生方に日常業務に薬剤学的知識がどのように生かされているのか,幅広い分野から多くの大変興味深い項目を執筆していただいている.さらに冒頭部分では,小児科調剤では避けては通れない多様な計算について,いつでも練習や復習ができるようなドリルを作成し,その解決法について解説を加えている.読者の方々が小児科調剤に関連する計算に対する苦手意識を払拭し,突然,小児科の処方箋を受け付けた場合でも対応していただけるような内容となるよう考慮した.
本特集により,薬学部でしか勉強することのない薬剤学に興味をもっていただくとともに,小児科調剤の奥深さを身近に感じていただければ,そして薬剤師のさらなる職能拡大につなげていただければ幸いである.

帝京平成大学薬学部 物理薬剤学ユニット 教授
山本佳久

+   薬局の目次配信サービス

薬局のレビュー
総合評価: ★★★★☆ 4.18
全てのレビュー:11件

レビュー投稿で500円割引!
記事の質
★★★★☆2021年04月13日 エヌ 会社員
キャッチーなネタではありませんが、一つ一つエビデンスのしっかりした記事が多いと感じています。
薬局
★★★★☆2020年09月12日 nr その他
問題形式になっており、新人薬剤師にとって学べることが多いと感じた。
普段はあまり見ない学術
★★★★☆2020年05月12日 めろんぱん 専門職
普段の業務の中では触れることの少ない学術定期な知見に触れられます。特集ごとにまとめられているので気になるトピックスがあると購入しています。
勉強になります
★★★★★2019年06月11日 しん 会社員
調剤薬局に勤めていますが、最新の情報を掘り下げているのでとても勉強になります。 読みやすいのもありがたいです
薬剤師ではないです
★★★★★2015年03月03日 さかなかな アルバイト
この雑誌を学び 南山堂医学書知るきっかけに なりました。大変嬉しく 自分が飲んでいる 薬が いかにきついか わかりました
基礎から臨床まで
★★★★★2012年09月16日 ぐるぐる 専門職
病院勤務も長くなると「今更聞けない」ことが多くなってきます。もっとしっかり整理しながら勉強しておけばよかった・・と思っても、日常業務に追われる今となっては、なかなか思うように勉強もできません。「薬局」の特集では、テーマ別にまとめてあるので、それだけでかなりの知識が習得できます。薬剤師として必要な知識はどういうものなのか、その一つの答えを得ることができると思います。
おすすめ
★★★★★2011年10月09日 ぴぴ 医者
病気のことが詳しく書かれオススメです
薬学の人へおススメ!
★★★☆☆2009年07月30日 クマ 教職員
薬学関連の予備校の講師です。『薬局』は難しい内容もありますが、丁寧な文章で細かく書かれているので非常に勉強になります。薬剤師の業務についてだけでなく、薬物動態や薬物治療などの様々な科目の知識をつなげてくれます。薬剤師としての知識を深めるために、読み続けることをおススメします。
勉強になります。
★★★☆☆2009年06月21日 いち病院薬剤師 専門職
臨床にいるとなかなか入手できない学術的な話題をがわかるので勉強になります。
薬局
★★★☆☆2009年04月15日 よぴぞう 専門職
薬局で働き始めた、不慣れな薬剤師です。臨床例、薬剤の添付文書にない情報、自分で操作したことのないもの(例えば、インシュリン注射、点鼻薬など)の使用法、問題点など、具体的に書いてあり、わかりやすいです。今まで「使ったことがないんで…」と、説明できてなかったところが、知ることにより、少しは、患者さんの手助けになることができそうに思いました。
レビューをさらに表示

薬局をFujisan.co.jpスタッフが紹介します

薬局は、薬学に関する様々な情報を提供している月刊の専門誌です。読者層は薬剤師などの薬学を専攻、または学習している方で、刻々と変化・進化する医療界、医薬品の最新の情報を得られると共に、理解を深めることができる雑誌として現役の薬剤師や講師、学生に人気があります。膨大な知識や情報を必要とする薬学の臨床現場や、学びの場として有用な記事が多数掲載されているので、毎号購読すると専門知識をしっかりと吸収できそうな雑誌です。また、薬局は薬学を学び直す時にも便利で、シンプルなデザインの表紙に特集記事や連載のテーマが簡潔にレイアウトされ、どの分野がテーマになっているかも一目瞭然となっています。

記事内容は毎号、テーマの異なる特集記事を組んでいて、多角的なアプローチで説明や言及が行われています。現場の第一線に位置する医師や薬剤師がテーマ毎のキーポイントを列挙し、そこからさらに細かく解説した文章が掲載されているので、教科書的な存在としても薬学に徹する方、学んでいる方の味方になる一冊です。取り上げられるテーマも疾患や副作用、対象患者に対するリスクや症例、医療支援など様々なテーマを掲げていて、薬学の最新の知識や見解を得ることができます。
2,200円
特集:「小児の薬」トラブルシューティング

≪特集の目次≫
■特集にあたって
・薬剤学で強化する! 子どもの調剤・服薬指導(山本佳久)

■「小児の薬」トラブルシューティング
・月齢により異なる薬物動態を考慮し,小児薬用量をチェックする(田川菜緒)
・ミニレクチャー:小児薬用量の「適宜増減」の考え方(島﨑 学)
・薬剤情報提供書を有効に活用する(若林仁美)
・ミニレクチャー:年齢あるいは体重区分の境目の取り扱いは?(島﨑 学)
・小児への適応外使用に関する情報を入手する(江畠 麗)
・ミニレクチャー:循環器領域で使用される薬剤 -小児薬用量は何を参考に考えるか?- (米澤夏里)
・薬を飲むのが苦手な子ども/保護者に飲食物との飲みあわせを指導する(小嶋 純)
・ミニレクチャー:誤飲・誤嚥を回避せよ!(島﨑 学)
・服薬補助ゼリーの使いどころと注意点を説明する(小嶋 純)
・コラム:看護師は知っている「子どもの服薬トラブル」(藤田友紀)
・粉薬をペースト状にする至適水量を指導する(福田春香)
・ミニレクチャー:子どもの服薬とデバイス-使いどころと使い方の指導-(小林麻美)
・経口剤の飲み忘れへの問い合わせに対応する(吉田直樹 ほか)
・1日3回服用する薬のアドヒアランスを改善する(山本佳久)
・同一成分・複数製剤の同時処方に対応する(島﨑 学)
・ミニレクチャー:同一成分なのに成人と小児で用法が異なる製剤(島﨑 学)
・同時に2種類以上の坐剤を使用するときの注意点を伝える(山本佳久)
・ミニレクチャー:「熱さましはいつまで飲めば/使えばよいですか」に対応する(島﨑 学)
・坐剤の保管方法を指導する(山本佳久)
・ジアゼパム坐剤の2回目投与のタイミングを指導する(山本佳久)
・ステロイド外用剤と保湿剤の希釈・混合可否を判定する(山本佳久)
・子どもの点眼-点眼剤の投与方法と服薬指導-(守屋賀奈絵)
・アドレナリン自己注射薬の注意点とポイント(百 賢二)
・コラム:患者も薬を選びたい!?(米子真記)

■STOP! 計算エラー 「小児薬用量」おさらいドリル(山本 佳久/百 賢二/島﨑 学)
・添付文書・処方箋を読む大事なポイントを押さえる!
・ドリル:換算式を実用的に使う!

≪シリーズ≫
■えびさんぽ
 乳幼児や小児の喘鳴に,吸入ステロイドは効果がありますか?
 (青島周一)

■腫瘍薬学ハイライト
 線虫を用いた尿中の揮発性有機代謝物によるがん検査
 (川西正祐)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・抗PD-1治療による遅延性免疫関連有害事象
 ・不適切処方を減らしても薬物関連入院は減少せず
 (佐藤宏樹 澤田康文)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!
 経静脈栄養のホントのところ-番外編 リハビリテーション栄養と薬剤師①
 〜これから必ず求められる視点〜
 (東 敬一朗)

■喫茶よりみち
 薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #06〉
 3回目,4回目? ~新型コロナワクチンの追加接種について,今わかっていることは?~
 (井出和希)

■くすりのかたち外伝 
 わかる! 使える! まいにち薬会話〈第6回〉
 「一包化しないでください」
 (浅井考介 柴田奈央)

■薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈陸ノ型〉
 「薬剤性の副作用」以外の可能性を考えられる 薬剤師を目指そう!!
 (岩渕 聡 葉山達也)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第6回〉
 論文を書くためのオモテ・ウラ② (大井一弥)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第6回〉
 インフルエンザの薬が見つからない
 (髙島英滋)

■薬剤部門管理者・ミドルマネジャーのためのBSC活用入門〈第3回〉
 BSCで必須だが省略されやすい重要理論
 (髙橋淑郎)

≪巻頭言≫
特集にあたって
薬剤学で強化する! 子どもの調剤・服薬指導

一般的な話ではあるが,小児科の調剤は多くの薬剤師が苦手意識をもつ分野の一つではないだろうか.その理由としては,散剤やシロップ剤あるいは軟膏剤など,さまざまな剤形における計量調剤の頻度が高く,混合操作などが手間であること,患者の体重に対する処方量の適合性など処方監査が複雑であること,処方量が成分量表示の場合,そこからの製剤量の算出に戸惑うことなどがあげられる.これらは小児科の処方箋を日頃から受ける環境になれば,おのずと慣れてくるものであるが,普段,小児科の処方箋を受け付ける機会の少ない薬局に,突如,小児の患者が来局してきたら,多少なりともプレッシャーを感じながら処方箋を受けつけることになるであろう.
また,小児科調剤の領域で苦労するのは,いかにして患者のアドヒアランスを向上させるかということである.特に苦みのある製剤などの上手な服用方法についての説明は薬剤師の永遠の課題であるかもしれない.内服に限らず,坐剤,皮膚外用剤,吸入剤,注射剤など,そのなかでも初めて使用する患者(その保護者)に対して適切な使用方法を簡潔にわかりやすく説明することも薬剤師の重要な任務である.さらに,患者がうまく服用できなかった場合や誤った方法で使用してしまった場合の対処法なども相談されることがあると思われる.
このような問題に直面するとき,薬剤師にとって大きな武器となり得るのが製剤学,物理薬剤学,生物薬剤学,そして医療薬剤学などの薬剤学的な知識ではないだろうか.筆者はもともと小児科の処方箋をメインに受ける薬局の薬剤師であったが,さまざまな縁があり,現在は大学で教員を勤めている.そして,ここで薬学生に嫌われる分野の一つである物理薬剤学の講義を担当している.学生に少しでもこの領域に興味をもってもらうために意識していることは,この講義で取り上げる現象や計算式と,それらの臨床的有用性とをリンクして学ばせることである.この姿勢が奏功しているかどうかはもう数年観察しなければ評価できないが,このことを強く意識するようになったのは自分自身の薬局勤務時代に日常業務のさまざまな場面で薬剤学の知識に助けられた経験があったからである.
そこで本特集では,小児科領域の分野で活躍されている先生方に日常業務に薬剤学的知識がどのように生かされているのか,幅広い分野から多くの大変興味深い項目を執筆していただいている.さらに冒頭部分では,小児科調剤では避けては通れない多様な計算について,いつでも練習や復習ができるようなドリルを作成し,その解決法について解説を加えている.読者の方々が小児科調剤に関連する計算に対する苦手意識を払拭し,突然,小児科の処方箋を受け付けた場合でも対応していただけるような内容となるよう考慮した.
本特集により,薬学部でしか勉強することのない薬剤学に興味をもっていただくとともに,小児科調剤の奥深さを身近に感じていただければ,そして薬剤師のさらなる職能拡大につなげていただければ幸いである.

帝京平成大学薬学部 物理薬剤学ユニット 教授
山本佳久
2,200円
特集:皮膚を整える。-スキンケアの進めかた・勧めかた-

≪特集の目次≫

■特集にあたって
・治療の一環としてスキンケアを捉える(大谷 道輝)

■巻頭カラーグラビア

■ゼロから整える! スキンケアの基礎づくり
・治療を創る! 科学的根拠に基づくスキンケア(天野 博雄)
・スキンケアの大事な視点! 紫外線への対応(森田 明理)
・スキンケア計画の一歩! 年齢と性別による肌の変化を知る(鈴木 牧人)
・スキンケア攻略の一歩! 皮膚機能に影響を与える因子を整理する(菊地 克子)
・スキンケア 基本の「き」! 保湿剤の種類・剤形の特徴とその使い方(安部 正敏)

■年齢・性別に応じた皮膚との付き合いかた
・幼小児期の皮膚との付き合いかた(星野 雄一郎 ほか)
・高齢者の皮膚の特徴(福田 英嗣)
・女性の皮膚の特徴(関東 裕美)

■教科書では学べない! スキンケアの進めかた・勧めかた
・糖尿病患者の皮膚トラブル対策(高山かおる)
・がん治療での皮膚トラブル対策(清原 祥夫)
・アトピー性皮膚炎患者の皮膚トラブル対策(加藤 則人)
・褥瘡患者・排泄物の皮膚トラブル対策(鈴木  琢)
・にきび患者のスキンケア(林  伸和)
・皮膚真菌症患者のスキンケア(原田 和俊)
・アドヒアランスを高める保湿剤の選び方は? その指導は? -皮膚科医のアプローチ-(多田 弥生)
・アドヒアランスを高める保湿剤の選び方は? その指導は? -薬剤師のアプローチ-(大谷 道輝)

■コラム
・サンスクリーン剤を選ぶポイントは?(川田  暁)
・経皮吸収型製剤を皮膚の弱い患者へ使用するときの注意点は? その対策は?(大谷 道輝)
・洗浄剤の使い方 ―薬用石けんの「薬用」って何?(勝田  泉)
・手指消毒による肌荒れ対策について教えてください(山本 明美)
・マスクによる肌荒れ対策について教えてください(馬場 直子)
・スキン-テアって何?(安部 正敏)

■Exercise

≪シリーズ≫

■えびさんぽ
 アトピー性皮膚炎の新しい薬はどれくらい効果がありますか?
 (青島 周一)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・喫煙者ではシルデナフィルの血中濃度が上昇
 ・NSAIDs間での腎機能低下リスクの比較
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■腫瘍薬学ハイライト
 解明が進む漢方薬の抗がん作用
 (川西 正祐)

■薬剤部門管理者・ミドルマネジャーのためのBSC活用入門〈第2回〉
 戦略マップとスコアカードで無形資産を活かす
 (髙橋 淑郎)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第5回〉
 残された時間の苦痛を取り除いてあげる方法は?
 (中嶋 亜紀)

■薬剤師が三ツ星シェフ -業務に活きる!活かせる!経静脈栄養のホントのところ-
 病態別栄養編⑦ 病態別栄養のまとめ
 (東 敬一朗)

■くすりのかたち外伝 わかる! 使える! まいにち薬会話 〈第5回〉
 「冷蔵庫で保存してください」
 (浅井 考介 柴田 奈央)

■薬剤師力の型 新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈伍ノ型〉
 アレルギー歴は問診で掘り下げよ!
 (竹内 祐介)

■現場で働く薬剤師のための 臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第5回〉
 論文を書くためのオモテ・ウラ①
 (大井 一弥)

■喫茶よりみち 薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #05〉
 治療薬にまつわる企業発信の情報 ~中立性,その後の報道をどう考える?~
 (井出 和希)

≪巻頭言≫

特集にあたって
-治療の一環としてスキンケアを捉える-

「スキンケア」は,皮膚科領域だけでなく,日常生活においても重要です.代表的な皮膚疾患であるアトピー性皮膚炎では,診療ガイドラインで保湿剤の使用が推奨度1,エビデンスレベルAとなっています.保湿剤の使用は,アトピー性皮膚炎で低下している角層の水分含有量を改善し,皮膚バリア機能を回復・維持することで,アレルゲンの侵入予防と皮膚炎の再燃予防,痒みの抑制につながります.
スキンケアは乾燥に対する保湿だけでなく,「清潔」や「紫外線」も考慮した3つの視点での対策が必要です.乾燥対策としての保湿剤の使い方だけでなく,清潔では石鹸など洗浄剤の使い方,紫外線ではサンクスリーン剤の選び方なども学ぶ必要があります.これらは日常生活においても知っておくことが大切です.
アトピー性皮膚炎,褥瘡,皮膚真菌症,にきびなど皮膚科領域以外でも糖尿病やがん治療で皮膚トラブルを経験することが多く,医療従事者としてスキンケアについて正しく理解しておくべきです.
今回の企画は,目次を見ていただければ一目瞭然ですが,「スキンケアの基礎づくり」「年齢・性別に応じた皮膚との付き合いかた」「スキンケアの進めかた・勧めかた」から構成されており,明日の臨床現場で使える実践的な内容となっています.執筆は普段からお世話になっている皮膚科の先生方に加え,スキンケアのエキスパートである化粧品会社研究所の先生方にも依頼しました.化粧品会社研究所からは,日本香粧品学会誌に執筆されている先生方で,スキンケアに関して興味深い執筆をされている先生方にお願いしました.コラムには,6つの項目を企画しました.いずれも現場でよく質問される実践向けの内容となっています.
スキンケアに関する特集は,看護師向けや化粧品会社向けの雑誌などでよく見かけますが,今回は,病院および保険薬局の薬剤師の先生方を主な読者対象として,皮膚の構造・機能,医師の治療方針や処方意図,患者さんへの情報提供の基礎知識,年齢・性別および疾患に応じたスキンケアを網羅しました.スキンケアの知識は日常生活でも役立つ情報です.これを機に皮膚に関心をもって,薬剤業務や患者サポートに活かしていただければ編集者として嬉しく思います.

佐々木研究所
大谷 道輝
2,200円
特集:抗菌薬,その理由 -もう疑義照会・処方提案で失敗しない!推論に挑め-

≪特集の目次≫

■特集にあたって(奥平 正美) 

■処方を読み解くために 総論
・臨床推論に必要な抗菌薬と細菌の要点整理(奥平 正美)
・処方箋解析のpit fall(奥平 正美)
・治療プロセス(黒田 浩一)
・経口剤・注射剤のメリット,デメリット(澤田 和久)
・そうだったのか!患者さんの飲めない理由(アドヒアランスの向上)(山方 基寛)

■処方がわかる 実践編
・患者背景から処方提案をした成人細菌性肺炎患者の事例(篠永  浩)
・発熱,咳嗽で受診した患者の事例(彦坂 麻美)
・服用忘れが心配な結核・非結核性抗酸菌症の患者の事例(坂野 昌志)
・既往歴から処方変更を提案した咽頭炎患者の事例(酒井 義朗)
・リスク評価から追加処方を提案した中耳炎患者の事例(梶原 洋文)
・鼻汁・鼻閉の症状が長引く患者の事例(天野 哲史)
・抗菌薬の予防服用を提案した小児尿路感染症患者の事例(本田 勝亮)
・小児のかぜは本当に「かぜ」? 発熱がある小児の事例(中島 里奈)
・起因菌に基づき処方提案を行った関節炎,骨髄炎患者の事例(枦  秀樹)
・下腿の腫れで受診した蜂窩織炎患者の事例(塩田 有史)
・発熱と倦怠感で入院した腎盂腎炎患者の事例(小杉 卓大)
・原因微生物を推定し処方提案した性感染症患者の事例(浦上 宗治)
・生活習慣にあわせ処方提案をした眼感染症の患者の事例(坂野 昌志)
・発熱と下痢で搬送された腸管感染症患者の事例(木村 匡男)

■Exercise

≪シリーズ≫

■えびさんぽ
 抗菌薬にプロバイオティクス(整腸剤)は併用した方がよいですか?
 (青島 周一)

■薬剤部門管理者・ミドルマネージャーのためのBSC活用入門〈第1回〉
 BCSはミッション・ビジョンを追求する経営戦略論
 (髙橋 淑郎)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第4回〉
 患者さんが薬に期待するもの ~薬剤師がつい見落としがちな薬物治療の本質~
 (藤井 宏典)

■喫茶よりみち~薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #04〉
 ワクチン接種証明書アプリ ~世に出るまでの議論や社会に対する影響は?~
 (井出 和希)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・DOACはワルファリンより骨折リスクが低い
 ・チアジド系利尿薬で皮膚がんリスクが上昇
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!経静脈栄養のホントのところ-
 病態別栄養編⑥ 周術期
 (東 敬一朗)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第4回〉
 医療機関・職場環境のオモテ・ウラ②
 (大井 一弥)

■腫瘍薬学ハイライト
 悪性グリオーマとウイルス療法
 (川西 正祐)

■くすりのかたち外伝 わかる! 使える!まいにち薬会話〈第4回〉
 「牛乳と一緒に服用しないでください」
 (浅井 考介 柴田 奈央)

■薬剤師力の型―新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈肆ノ型〉
 専門性の高い知識・技術を計画的に身につけよ!
 (島田 泉)

■書評
 薬剤師が知らない在宅医療の世界〜在宅対応薬局はこれからが勝負〜  
 (英 裕雄)

≪巻頭言≫

-特集にあたって-

新型コロナウイルス感染症の出現は,これまで誰も経験したことがない未曾有の事態をもたらしました.現在,3回目のワクチン接種が進行中ですが,その終わりはまだみえません.
この2年,世間の話題はこの新たなウイルス一色に染まり,テレビ番組などを通じて誰もが受動的にCOVID-19関連の情報を入手することができます.私自身も,家族から新しい情報を教えてもらうことがありました.COVID-19関連業務に携わる立場としては,一般市民である家族が自分より早く最新情報を入手できていたことは悔しいですが,その情報を利用しない手はありません.一方で,非医療従事者にとっては難解なものも含まれる情報・呼びかけを市民が理解し,忠実に行動に移せているのはなぜなのか,という疑問も湧いてきました.
その答えの一つとして,新型コロナウイルスという見えない敵に対し,市民は自己防衛のために関心を示していることがあると思います.そして,わからないことはそのままにせず,COVID-19患者の経験談などから共感的理解を試みていたのではないかと推察します.さらに,どのテレビ局でも“同じ内容”を“安易なレベル”で“くり返し報道”したことが,多くの国民に理解を促した要因だと考えています.
皆さんも,「臨床推論」という言葉を聞いたことがあるかもしれません.薬剤師が実践する臨床推論とは,患者の訴えや症状,処方箋情報などから推測されるすべての鑑別診断をもとに,原因や結果を予測したうえで患者特性を考慮した薬学的管理を行うことだと思います.
抗菌薬の処方箋の場合,原因菌の特定や,感染している臓器などを的確に推測することが困難な場合が多く,他の薬剤に比べ,疑義照会や処方提案を躊躇する場面が多いのではないでしょうか.
本特集では,日常的に感染症に関わっている薬剤師が,代表的な感染症症例を取り上げながら経口抗菌薬が処方されたときの推論の進めかたを解説しています.感染症を学び,より深い薬学管理を実践したい薬剤師にとって,感染症の治療プロセスと経験豊かな薬剤師の思考プロセスを通して「抗菌薬が処方されている理由」を知り,実践につなげていける内容であると考えています.検査値や培養結果が手元になくても,ある程度の推測は可能であるため,ぜひ参考にしていただきたいです.
感染症患者への共感的理解を心掛け,何度もくり返し学習することが感染症治療を理解するうえでの近道です.本特集を通して,感染症の基礎が築かれることを期待いたします.

安城更生病院薬剤部薬剤課 薬剤課長
奥平 正美
6,600円
特集:お薬立ちBOOK 2022

≪特集の目次≫

Ⅰ薬物治療に向けた解剖生理
 1精神神経系:中枢神経系
 2精神神経系:末梢神経系
 3呼吸器系
 4循環器系
 5血液・造血器系
 6消化器系
 7代謝系
 8内分泌系
 9免疫・炎症・アレルギー
 10骨・関節・カルシウム代謝
 11泌尿器系・生殖器系
 12眼
 13耳鼻咽喉系
 15皮膚

Ⅱ病態生理を踏まえた薬物治療・薬学管理へ
■内科系
 1本態性高血圧症
 2二次性高血圧症
 3貧血
 4頭痛
 5発熱
 6痛み
 7下痢
 8便秘
 9悪心,嘔吐
 10脱水症
 11めまい

■精神神経系(精神科疾患)
 12うつ病,双極性障害
 13不眠,睡眠覚醒リズム障害
 14統合失調症
 15せん妄,幻覚症

■精神神経系(脳神経内科疾患)
 16てんかん
 17認知症
 18パーキンソン病
 19注意欠如・多動症(ADHD)

■呼吸器疾患
 20気管支喘息
 21慢性閉塞性肺疾患(COPD)

■循環器疾患
 22不整脈
 23急性心不全・慢性心不全,う
 24狭心症,心筋梗塞

■脳血管障害
 25脳血管障害・血栓症
 26脳梗塞

■消化器疾患
 27炎症性腸疾患
 28過敏性腸症候群
 29肝炎(ウイルス性肝炎)

■代謝系,内分泌疾患
 30糖尿病
 31脂質異常症
 32高尿酸血症,痛風
 33バセドウ病
 34甲状腺炎(橋本病)
 35副甲状腺機能亢進症・低下症

■免疫・アレルギー疾患
 36アトピー性皮膚炎
 37アレルギー性鼻炎・花粉症
 38全身性エリテマトーデス

■整形外科系疾患
 39関節リウマチ
 40骨粗鬆症

■泌尿器疾患
 41過活動膀胱
 42前立腺肥大症

■婦人科系疾患
 43子宮筋腫,子宮内膜症
 44月経困難症
 45更年期障害

■眼科系疾患・皮膚科系疾患
 46緑内障
 47ヘルペス,帯状疱疹

■感染症
 48「感染制御」総論
 49髄膜
 50上気道感染症
 51急性・慢性気管支
 52肺結核
 53肺炎
 54カンジダ症
 55ニューモシスチス肺炎
 56肺真菌症-肺アスペルギルス症・肺クリプトコックス
 57尿路感染症
 58性感染症
 59皮膚真菌症
 60HIV感染症
 61薬剤耐性菌感染症

■がん・支持療法
 62「がん薬物療法管理」総論
 63胃癌 
 64大腸癌
 65肺癌
 66前立腺癌
 67子宮癌,卵巣癌
 68乳癌
 69がん疼痛
 70悪心・嘔吐
 71下痢・便秘
 72骨髄抑制
 73 皮膚・粘膜障害
 74悪液質
2,200円
特集:心不全薬物治療の道しるべ

≪特集の目次≫

■特集にあたって(大石 醒悟) 

■[第1特集] 徹底理解! 心不全新規治療薬のチカラ
・ 図解&要点整理! SGLT2阻害薬の作用機序(堀内  優)
・ 心不全治療とSGLT2阻害薬(堀内  優)
・ 図解&要点整理!
  ARNI(アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬)の作用機序(宮田 大嗣)
・ 心不全治療とARNI(宮田 大嗣)
・ 図解&要点整理! HCNチャネル遮断薬(Ifチャネル阻害薬)の作用機序(細田 勇人)
・ 心不全治療とHCNチャネル遮断薬(Ifチャネル阻害薬)(細田 勇人)

■[第2特集] 今こそ! 心不全の管理を整理しなおす
・ おさらい! 心不全って何が問題?(齋藤 秀輝)
・ 心不全の経過観察で要注意な所見・気をつけたい検査値(三浦 弘之)
・ 診療ガイドライン詳解! 心不全治療の基本方針(加来 秀隆)
・ 慢性心不全の薬物治療に使われるくすりと服薬サポート(岡田 大司)
・ 急性心不全の薬物治療に使われるくすりと退院サポート(髙麗 謙吾)
・ 心不全患者の栄養・輸液療法(鈴木 規雄)
・ 心不全患者のセルフケアと療養サポート(生駒 剛典)
・ いまさら聞けない?! 心不全キーワード
  レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系(石原 里美)
  ナトリウム利尿ペプチド(松本 新吾)
  心臓の収縮能と拡張能とHFrEF,HFpEF(佐藤 宏行)
  心拍出量と臓器灌流低下・循環不全(ショック)(那須 崇人)
  浮腫,うっ血(藤本  恒)
  心不全の心臓リハビリテーション(村田  誠)
・ 心不全患者のQOL改善に役立つ漢方(土倉 潤一郎)
・ 心不全の緩和ケア入門(西崎 公貴)

■Exercise

≪シリーズ≫

■えびさんぽ
SGLT2阻害薬は心不全の治療にも効果が期待できますか?
(青島 周一)

■臨床薬物動態のPITFALL
-その常識,ウソ? ホント?-2-コンパートメント様の薬物動態を示すので組織移行性がよい
 (浜田 幸宏 海老原 文哉 塩見 真理)

■薬剤師力の型―新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈参ノ型〉
 よくある漠然とした質問の真意を追求せよ!
 (大橋 養賢)

■腫瘍薬学ハイライト
 口腔・腸内細菌とがん
 (川西 正祐)

■くすりのかたち外伝 わかる! 使える!まいにち薬会話〈第3回〉
「○○に作用します」(後編)~併用しないでください~
(浅井 考介 柴田 奈央)

■喫茶よりみち薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #03〉
幹細胞と新型コロナウイルス感染症~例の話題はどうなった?~ 
 (井出 和希)

■医薬品適正使用・育薬フラッシュニュース
 ・コーヒー多量摂取でラモトリギン曝露量低下
 ・小児におけるPPI使用で喘息リスクが上昇
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第3回〉
医療機関・職場環境のオモテ・ウラ①
 (大井 一弥)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第3回〉
 クスリとも笑えない薬の取り扱い
 (大西 伸幸)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!経静脈栄養のホントのところ-
病態別栄養編⑤ がん
 (東 敬一朗)

≪巻頭言≫

-特集にあたって-

心不全とは,心臓の構造的・機能的な異常による症状・徴候を有し,ナトリウム利尿ペプチド値の上昇や肺または全身性のうっ血の客観的所見を認める臨床的症候群であると国際的に再定義された(文献1).
心不全は,心筋梗塞や拡張型心筋症などの心筋症以外に,高血圧,弁膜症,不整脈などが原因で,増悪と寛解をくり返し,最終的には生命に関わる慢性の進行性疾患である.わが国における患者数は,高齢化を背景に年1万人のペースで増え,2030年には130万人に到達すると予測されている.
そのようななか,左心室の収縮能低下を来している心不全(HFrEF)を中心に近年,心不全再入院を減らす効果などが複数の薬剤で示され,わが国でも2020年以降,その使用が可能となっている.
本特集では,その薬剤のなかから,①2型糖尿病治療薬として使用されてきたナトリウム-グルコース共輸送体2(SGLT2)阻害薬,②アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)のバルサルタンとネプリライシン阻害薬サクビトリルを1分子中に1 : 1で含有する単一の結晶複合体である,アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬(ARNI),
③心臓のペースメーカー電流である過分極活性化陽イオン電流(If)を阻害し,心臓の収縮性や血圧などに影響を与えず,心拍数だけを減少させるHCNチャネル遮断薬(Ifチャネル阻害薬)を取り上げ,作用機序,実際の臨床経験について詳細に解説いただく.
さらに,多職種チームで関わることが推奨されている心不全診療に,薬剤師も参画していただくことを念頭に,心不全診療に関する知識を整理するための項目を取り上げた.執筆者は臨床現場の最前線で活躍されている先生方であり,薬剤師のみならず心不全診療に携わる多くの方に通読いただきたい内容となっている.
2021年,新規心不全薬として可溶性グアニル酸シクラーゼ(sGC)刺激薬が使用可能となり,それ以外にもさまざまな弁膜症のカテーテル治療の開発・適応拡大や左室補助人工心臓の治療対象の拡大など,まさに心不全診療は日進月歩である.
本特集が,忙しいみなさまが学ぶ一助となれば幸いである.


引用文献
1) Bozkurt B, et al: Universal definition and classification of heart failure: a report of the Heart Failure Society of America, Heart Failure Association of the European Society of Cardiology, Japanese Heart Failure Society and Writing Committee of the Universal Definition of Heart Failure: Endorsed by the Canadian Heart Failure Society, Heart Failure Association of India, Cardiac Society of Australia and New Zealand, and Chinese Heart Failure Association. Eur J Heart Fail, 23: 352-380, 2021.

兵庫県立姫路循環器病センター 循環器内科/救急科 医長
大石 醒悟
2,200円
特集:今日から始める“せん妄”対応

≪特集の目次≫

■特集にあたって はじめよう「せん妄」対応(小川 朝生)

■それって本当にせん妄ですか?“せん妄”の実像をつかむ!
・せん妄の定義・3因子を知る(谷向  仁)
・せん妄の鑑別・評価法を知る(大谷 恭平)
・せん妄がもたらすリスクを知る(井上 真一郎 ほか)

■こんなときどうする?これから始める“せん妄”対策!
・[実践編・概論]入院患者へのせん妄予防的介入(榎戸 正則)
・[実践編・概論]せん妄ハイリスク薬(三輪 高市)
・[実践編・各論①]せん妄ハイリスク薬の確認と減量・中止はどう進める?(五十嵐 隆志)
・[実践編・各論②]せん妄ハイリスク薬の使用をどうする? 代替策はある?(安井 玲子)
・[実践編・概論]入院患者へのせん妄治療的介入(岡本 禎晃)
・[実践編・概論]せん妄薬物治療の薬剤選択と評価(祖川 倫太郎)
・[実践編・各論③]病棟でせん妄を疑ったときの対応は?(村川 公央)
・[実践編・各論④]せん妄に関連して確認したい検査値・所見はなに?(吉廣 尚大)
・[実践編・各論⑤]せん妄による事故防止・安全確保をどうする?(武井 宣之)
・[実践編・各論⑥]せん妄の薬物治療がやめられない?(佐賀 雄大 ほか)
・[実践編・概論]外来・在宅医療・高齢者施設でのせん妄スクリーニングと対応(餅原 弘樹)
・[実践編・各論⑦]在宅でのせん妄への対応・自己管理(山根 暁子)
・[実践編・各論⑧]疼痛コントロールで気をつけたいことは?(伊勢 雄也)

■場面別!慌てずとりかかる実践的“せん妄”対応!
・一般病棟でみられるせん妄(別所 千枝)
・術後せん妄,ICU/救急領域でみられるせん妄(吉廣 尚大)
・精神科領域でみられるせん妄(中村 友喜)
・緩和医療領域でみられるせん妄(井上 将貴)

■Exercise

≪シリーズ≫

■えびさんぽ
 心房細動患者に対する直接経口抗凝固薬の有効性・安全性はワルファリンに劣りませんか?
 (青島 周一)

■薬剤師が三ツ星シェフ-業務に活きる!活かせる!経静脈栄養のホントのところ-
 病態別栄養編④ 慢性閉塞性肺疾患
 (東 敬一朗)

■現場で働く薬剤師のための臨床薬学研究のオモテ・ウラ〈第2回〉
 テーマ選びのオモテ・ウラ② ~日本の社会背景から課題を選ぶ~
 (大井 一弥)

■Gebaita?! 薬剤師の語ログ〈第2回〉
 ワクチンに関する相談~Vaccine Hesitancy~
 (篠田 康孝)

■医薬品適正使用・育薬FLASHニュース
 ・フルオロキノロン系抗菌薬で動脈瘤リスク
 ・医師と薬剤師の協働で糖尿病の治療効果改善
 (佐藤 宏樹 澤田 康文)

■腫瘍薬学ハイライト
 膵がんの二次治療薬「ナノリポソーム型イリノテカン」
 (川西 正祐)

■くすりのかたち外伝 わかる! 使える!まいにち薬会話〈第2回〉
 『○○に作用します』(前編)
 (浅井 考介 柴田 奈央)

■喫茶よりみち薬剤師の知っ得リテラシー〈Scene #02〉
 「0410対応」と薬局のこれから~この動きは一時的なものじゃない…!?~
 (井出 和希)

■薬剤師力の型 ―新たな思考と行動プランを手に入れろ!〈弍ノ型〉
 原疾患治療に伴う有害事象は慎重に判断せよ!
 (望月敬浩)

■臨床薬物動態のPITFALL-その常識,ウソ? ホント?-
 尿中未変化体排泄率が低くても腎排泄性の薬物となることはある
 (花井 雄貴)

■書評
 薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ
 その症状,きちんと評価できていますか?
 (岩本 卓也)

≪巻頭言≫

-はじめよう「せん妄」対応-

高齢者の診療機会が増え,どの医療機関においても「せん妄」という言葉は耳にするようになった.実際にせん妄は,高齢者を中心に,入院・外来で高頻度に発症する精神症状である.
従来は「入院中の不穏は一時的なものだから,拘束しておけばよい」「入院中のストレスだから家に帰せばよくなる」などといわれ,問題行動とひとくくりにされがちであり,関心ももたれなかった.しかし,せん妄は背景に意識障害があること,せん妄を発症することで生命予後の短縮や施設入所につながること,認知症を進行させることが明らかになるにつれ,せん妄の予防と早期対応が重要であるとの認識に至っている.
また,せん妄は医療安全の面からも対応が急がれる.せん妄は夜間の転倒やルート抜去に関連する.加えて,近年では術後せん妄における患者体験を巡って,刑事裁判となった事例も生じている.患者の苦痛の軽減を図るだけではなく,医療者や医療機関を守る意味でも,せん妄は避けて通ることのできない病態である.
一方,薬剤師の観点からは,せん妄はイメージがわきにくい,とっつきにくいものとも思われるかもしれない.一般に薬剤師が軽微な意識障害を意識する場面は少ないし,せん妄の治療といっても抗精神病薬の調剤・投与に関わる程度と思われがちである.しかし,せん妄は入院患者の2割から3割を占めており,ベッドを回れば必ず遭遇する病態である.加えて,わが国の臨床ではベンゾジアゼピン系薬の使用頻度が高いことを反映して,薬剤の有害事象としてせん妄を発症している事例が多い.特に、不眠時の不適切な指示やクリニカル・パスに沿ってルーティンに投与された結果,せん妄が「意識せずに」作られている危険性も指摘されている.病院スタッフへの教育的な関わりや,適切な処方設計など,薬剤師がより積極的に関わることが強く求められている.
今回の特集では,今臨床で求められるせん妄への対応方法について,解説いただいた.近年明らかになりつつあるせん妄の病態と,それに基づく予防戦略を専門家にわかりやすく解いていただくとともに,第一線の臨床家に,対応のエッセンスをまとめていただいた.
本特集が先生方の臨床の即戦力になれば幸いである.

国立がん研究センター 先端医療開発センター 精神腫瘍学開発分野長
小川 朝生

看護・医学・医療 雑誌の売上ランキング

1 看護管理

医学書院

最大
11%
OFF
送料
無料

看護管理

2022年06月10日発売

目次: ■特集 データ分析に基づく「看護サービスの質改善」 課題解決ができる組織文化の醸成■
特集 データ分析に基づく「看護サービスの質改善」 課題解決ができる組織文化の醸成

データ分析に基づく質改善を実践する組織文化の醸成──本特集のねらい(森脇睦子)
データ分析に基づく「看護サービスの質評価」を組織文化に──トップマネジャーの立場から(長田恵子)
データ分析に基づく課題解決が可能な組織をつくるために──スタッフの分析力をいかに育むか(澁澤盛子)
「データに基づく質改善」を実践できる体制構築の鍵を探る──スタッフナースの気づき(森脇睦子)
□実践報告│データ分析を質改善に活かす
【実践報告の導入】データ分析から質改善活動に至る一連の流れ──日常の看護活動から湧き出る疑問を数字で表現しよう(森脇睦子)
東京医療センターで働く18歳以下の子どもがいる女性看護師のワーク・ファミリー・コンフリクトと関連要因の検討(佐藤有希/前田侑希)
個室病棟と4人床の転倒・転落の発生傾向および発生要因の違い──過去1年分のヒヤリ・ハット報告書による比較(木原理美/文字山佳穂/小冷千里)
看護師の薬剤に関連したダブルチェック方法に関する認識調査(中村友美/佐藤貴文/高山晃英)
□座談会
データ分析に基づく看護の質改善文化の醸成──研究活動を通じた気づきを現場の実践につなげるために(林田賢史/長田恵子/澁澤盛子/森脇睦子)


■巻頭シリーズ Share & Dialogue 今こそ対話を⑥
医療の価値からみた2022年度診療報酬改定──改定にみる将来へのメッセージとは(田倉智之)


●これからの臨床現場を支えるために⑥
病院全体で新人看護師の成長を支える(岩間恵子)

●読んでおきたいビジネス書⑮
『越境学習入門』
組織を強くする冒険人材の育て方(間杉俊彦)

●次世代を担う看護管理者の育成 看護管理者研修から見える未来⑨
富山大学附属病院 副看護師長の成長につながるコンピテンシー学習会(若林世恵)

●ニガテ意識払拭! ナースのための数字の読み方⑫
分析対象の集団の考え方を理解しよう!(林田賢史/森脇睦子/梯 正之)

●ワークブック形式で学ぶ! ファシリテーションのための企画とプログラムデザイン⑰
アクティビティの具体化②(森 雅浩)

●おとなが読む絵本 ケアする人,ケアされる人のために(189)
ことばは こんなに豊かなものだったのに(柳田邦男)

参考価格: 1,760円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,573円

医療施設で看護管理に携わる人たちに

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

  • 2022/01/10
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

送料
無料

エキスパートナース

2022年06月20日発売

目次:
特集

基礎から実践まで、WOCナースが詳しく解説 !
ストーマ管理のギモン

Part 1 ストーマサイトマーキング

Part 2 ストーマの観察

Part 3 ストーマケア用品の選択

Part 4 日常ケア

Part 5 緊急造設

Part 6 在宅でのストーマ管理

Column 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)禍での、ストーマケアにおける感染対策を教えてください!



特集

ナースだからこそ知っておきたい
更年期障害Q&A

Q1 更年期障害についてよく知らないかも… 更年期障害って何?

Q2 「これは更年期障害かも」と疑うサインってあるの?

Q3 更年期の不調にはどんなものがあるの? どう対処したらいいの?

Q4 働きながら更年期障害とうまく付き合うためのコツは?

Q5 「男性の更年期障害」ってどんなもの?

これからのナースに必要な力を伸ばす連載

<基礎医学>
患者をみる技術
“教える”もスキル化する③

<アセスメント>
いつか、あなたが自信をもてるための急変対応の授業
院内心停止の対応:早期に認識し適切な介入を!

<チーム医療>
教えて! 多職種カンファレンスがうまくいくコツ
多職種連携と多角的な分析をベースにしたカンファレンスで退院後の療養と生活の支援を見据えたケアを展開する

<患者・家族対応>
ちょっと変えるだけで、関係がグッとよくなる ナースのための言い換え辞典
落ち込んでいる患者さんを見かけたとき


連載
ナースのための医療・看護 最新TOPIC
マスク利用機会の多い今、『接触皮膚炎診療ガイドライン2020』でおさえたいこと

働くナースのための精神医学
精神科医がしている薬剤の使い分け②


特別付録
困ったときにさっと確認できる インスリンまるわかりBOOK

ナース・看護・ケアに役立つ医療情報をより早く!よりわかりやすく!

  • 2022/05/20
    発売号

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/21
    発売号

  • 2022/01/19
    発売号

  • 2021/12/20
    発売号

3 おはよう21

中央法規出版

送料
無料

おはよう21

2022年06月27日発売

目次: 【特集】
施設長から現場職員まで —知っておきたい 施設運営を支える“お金”の流れ
介護保険制度のもとで運営される介護施設には、どのようなお金が入り、出ていくのでしょうか。施設運営にかかわるお金の状況は、施設長・管理者だけでなく、現場職員も把握することが大切です。「入るお金」「出ていくお金」を正しく知り、運営に対する意識を高めましょう。

【在宅特集】
業務を効率化しよう ICTの活用

【マネジメント特集】
業務効率化と生産性向上への取り組み�@ 現場の課題を抽出する

【連載】
■現場の疑問をすっきり整理 介護保険・社会保障制度情報 : 田中 元
■注目ニュースPICK UP : 田中元
■些細な変化を見逃さない 身体症状の観察とケア: 真鍋哲子
■利用者の生活を支えるための難聴の知識とケア: 大石直樹
■排便ケアの知識と実践力を高める 「うんこ文化」学のすすめ : 榊原千秋
■多視点でとらえる 認知症の人の症状・サイン:山口晴保
■実践から深める認知症の人のアセスメント:松山岳詩
■場現場の実践から学ぶ ポジショニング・シーティングの技術 : 田中義行
■今日から始める“根拠のあるケア” 杉本浩司の“自立支援介護”講座 : 杉本浩司
■テーマ別 職場内研修はここを押さえる : 小谷洋子
■介護を語ろう おはトーク!

【巻末カラー】
■おはようクローズアップ対談 鎌田實と語る介護の“魅力”
■介護イノベーション・レポート
■Life is......:葉 祥明

【その他のコンテンツ】
■過去の傾向から完全予想! 介護福祉士国家試験合格塾:青木宏心
■おはようクラブ
■ケアスタグラム:吉田美紀子
■パズルの広場
■インフォメーション
■ブックレビュー

「介護」って大変! そんな、あなたの悩みに答えます!今、介護の現場で求められている情報や知識・技術を、わかりやすく、実務に役立つよう具体的に紹介

  • 2022/05/27
    発売号

  • 2022/04/27
    発売号

  • 2022/03/26
    発売号

  • 2022/03/16
    発売号

  • 2022/02/26
    発売号

  • 2022/01/27
    発売号

5 レクリエ

世界文化社

送料
無料

レクリエ

2022年05月31日発売

目次: 表紙
目次
みんなで作る壁面7月「ダリアの花束」
みんなで作る壁面8月「祭り提灯」
毎月作ろう 今月のカレンダー
季節の制作「七夕のミニ飾り」「あさがおの壁飾り」
なじみの歌やヒット曲で楽しく! 音楽レク
エキセントリックトレーニング
特集1 ゲームレクで上肢を鍛えて着脱を楽に!
体操&マッサージでお達者に! ごぼうと予防体操
作って食べて心を元気に ポリ袋で超簡単! おやつレク
レクリエカフェ
レクリエSHOPPING
レクリエPICK UP!
特集2 正しくできていますか? 服薬介助
BPSDを緩和させる パーソン・センタード・ケア
クイズをきっかけに 会話を楽しむ脳トレ
今、知っておきたい! 介護最新ニュース
一日の始まりに、会話のきっかけに 今日は何の日?
季節のちぎり絵・美しいぬり絵・ぬり絵カレンダー
パズルで脳トレ
コピー用型紙集
レクリエ バックナンバーのご案内
次号予告
年間購読のご案内

参考価格: 2,140円

高齢者介護をサポートするレクリエーション情報誌

  • 2022/03/31
    発売号

  • 2022/01/31
    発売号

  • 2021/11/30
    発売号

  • 2021/10/01
    発売号

  • 2021/09/30
    発売号

  • 2021/07/29
    発売号

送料
無料

プチナース

2022年06月10日発売

目次: 別冊 疾患別看護過程
ゴードンの枠組みでアセスメント
事例でわかる! 疾患別看護過程
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

別冊フロク
症状別 観察&ケア POCKET BOOK

特集
パンフレットの実例見せます!
患者指導のポイント
高齢者への服薬指導

高血圧の自己管理

糖尿病をもつ人の食事の工夫

腎不全患者のバスキュラーアクセス管理

がん治療後の感染予防を重視した生活指導

人工股関節置換術後の禁忌肢位

気管支喘息の子どもに向けた吸入の指導

特集
精神・母性・小児実習での
患者さんとのコミュニケーション
精神看護学実習

母性看護学実習

小児看護学実習

強力連載!
気になる! 今月の最新トピックス
<NEWS>
2022年度「看護の日」イベント『かんごちゃんねる』―いのち、暮らしを、まもる人。が開催
<GOODS>
おうちで〝かき氷屋さん気分"!
電動ふわふわかき氷器〈プレゼント〉
気になる科の先輩に聞く! 臨床ナースのお仕事レポート
産科
資料がほしい疾患、集めました 疾患ポイントノート
脊髄損傷
学んだ知識を活かせる知識に! 事例で身につく臨床判断
肺炎の患者を知る・看護する

特別記事
先輩の取り組みを引き継ぐ! 実習服のリサイクル
学生と企業のSDGsアクション

学生生活をサポート
プチカフェ
ここまで掘り下げる! 実習お助けSeminar
みんなでつくる看護師国試ごろ合わせプロジェクト#ごろプロ
伝えたい! 〇〇看護学生からのメッセージ
しろくまななみんが教える! ノートづくりのポイント
今月のBOOKS

めざせ合格! プチナース国試部
毎月コツコツ合格に近づく!
#プチナース国試部
必修問題
一般問題

ナースを目指す、貴方に!

  • 2022/05/10
    発売号

  • 2022/04/10
    発売号

  • 2022/03/10
    発売号

  • 2022/02/10
    発売号

  • 2022/01/08
    発売号

  • 2021/12/10
    発売号

Bricolage(ブリコラージュ)

2022年05月15日発売

目次: Bricolage_278_CONTENTS

特集
髙口光子 フリー宣言!
「次の新しい」へ

私が辞めた理由 ●3
いざ フリーに! ●6
3分でわかる髙口光子のこれまで ●8

2022年度
新・髙口光子の元気が出る介護塾
私が介護塾から伝えたいこと・考えたいこと ●10

--------------------------全8講座紹介--------------------------
1. コミュニケーションを考えよう! ●11
2. 多職種間のコミュニケーションにはこう挑む!●12
3. 認知症ケアを見直そう ●13
4. 不適切ケアと身体拘束廃止 ●14
5. 施設・チームで取り組む虐待防止 ●15
6. 家族とともに迎えるターミナルケアを考える ●16
7. 「ここで働いてよかった」と思える職場に変えていく ●17
8. 認知症ケアを苦手にしない ●18

応援、よろしくお願いします! ●19



--------------------------連 載--------------------------
○ブリコ今昔ものがたり
特集「髙口光子、介護を問う」
246号(2017年1・2月号より)●20

○たの思想な介護詩●22
選者:小林敏志

○サル目ヒト科ヒト属ヒトの老人
特別養護老人ホーム施設長の業務日誌(16)
子犬ロボ●25

○肩越しから見る世界(23)
まりさんは、暇なときほど忙しい
磯野真穂●26

○事例で学ぶリスクマネジメント(5)
利用者のわいせつ行為の情報を事業者に伝えたケアマネ〈2〉
山田 滋●28

○だんだん物語(7)
保持雅子●30

○アロマDE認知症ケア(1)
認知症とアロマセラピーの不思議な関係
本多直子●32

○野田明宏が覗いたいしいさん家(12)
振り回して振り回されてナンボ!!●34

○リハビリデザイン研究所お風呂改修レポート(4)
トレーラーに浴槽を設置し介護トレーラー!
山田 穣●42

----------------------Culture Brico----------------------
○ブックレビュー『他者と生きる』
統計的生の必然から共同的生の偶然へ
高木俊介●38
○ブックレビュー『古典の効能』
古典は読むクスリ
松本健史●40
○ブックレビュー『東大教授、若年性アルツハイマーになる』
若井さんは、最期まで若井さんらしかった
田部井康夫●41
○モノづくりのヒント(49)
 ウレタンフォーム 光野有次●44
--------------------------------------------------------------------------

○ぶぶぶ倶楽部 読者のひろば
○リハ★タツ講座開講のお知らせ●45
○ワークショップあなたがつくる人生紙芝居 第3期が始まります!●39
○読書会のご案内●39

セミナーイベント情報(6月~7月)……●46

○クレジットカード決済のご案内●49

参考価格: 671円

元気が出る介護現場の情報交流誌

  • 2022/03/15
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

  • 2021/07/15
    発売号

  • 2021/05/15
    発売号

送料
無料

月刊ナーシング

2022年06月20日発売

目次: 特集1 水・電解質 浸透圧 In-Out 輸液のキホンを実践レベルで徹底理解!/特集2 陰部浮腫のアセスメントとケア

参考価格: 1,257円

ほかにはない特集、ビジュアル重視の誌面で、看護の臨床を強力サポート!

  • 2022/05/20
    発売号

  • 2022/04/20
    発売号

  • 2022/03/19
    発売号

  • 2022/02/18
    発売号

  • 2022/01/19
    発売号

  • 2021/12/20
    発売号

最大
3%
OFF
送料
無料

訪問看護と介護

2022年05月15日発売

目次: ■特集 「外来でがん薬物療法を受けている人」の依頼を受けたときに■
特集 「外来でがん薬物療法を受けている人」の依頼を受けたときに
がん医療の現在地と、在宅ケアチームがそこに関わる意義――これからの訪問看護の役割(平本秀二)
外来で行われるがん薬物療法はどういうものか――「化学療法室」の看護師の目線から(朝鍋美保子)
がん看護専門看護師に聞いた!
 “私はこう関わる”(治療期から治療を終えた後までを、訪問看護が一貫してサポートする――治療期から看取りまで関わった事例から(田中雄大)
高齢がん患者の外来治療を訪問看護でサポートする――治療期の支援の事例から(熊谷靖代)


□特別記事
どうする? 訪問先での暴力・ハラスメント――在宅医療福祉職に必要な7つの視点(武ユカリ)


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・150
聴覚障害者が高齢になって(秋山正子)

●在宅療養生活支援の見える化の試行・6(最終回)
訪問看護における生活と医療の統合化モデルの試み(川村佐和子/酒井美絵子/蒔田寛子/尾﨑章子/中野康子)

●スペシャリストの現場思考(最終回)・9
皮膚・排泄ケア(畑千晶)

●バッドニュースコミュニケーション塾・2
「精神的な配慮」って何? ――「伝え方」に工夫を(岡山容子)

●訪問看護BCPプロジェクト・7
STEP7 連携型BCP、地域BCP(山岸暁美/岩本大希/金坂宇将/平山司樹/藤野泰平)

●そういえば、私がん患者だった・7
毎回が小旅行――治療中に助けになったアイテム(濵本千春)

●往復郵便・12
「綿あめ」と「割り箸」(榊原千秋/頭木弘樹)


□レポート
こちら現場からお伝えします!・15(樋口秋緒)

このARTが気になる!(川村雄次)

HOUMONホットライン(編集室)

参考価格: 1,650円 定期購読(1年プラン)なら1冊:1,601円

医療と福祉の新時代を築くニューマガジン

  • 2022/03/15
    発売号

  • 2022/01/15
    発売号

  • 2021/12/15
    発売号

  • 2021/11/15
    発売号

  • 2021/10/15
    発売号

  • 2021/09/15
    発売号

日本最大級の雑誌取り扱い数!
定期購読の利用数100万人以上!
定期購読とは
雑誌を予約することで毎号ご自宅へお届けします!売り切れの心配なし♪
もっと詳しく ▶︎
タダ読みサービス
無料で雑誌が読み放題♪今日発売のあの雑誌も。
もっと詳しく ▶︎
法人サービス
雑誌を年間5万円以上ならお得な法人プレミアムサービスで!
もっと詳しく ▶︎
アフィリエイト
あなたのサイトで雑誌をおすすめしてみませんか?
もっと詳しく ▶︎
カテゴリ一覧
女性ファッション 雑誌
きれいめ・大人カジュアル系 雑誌 モード系・コレクション 雑誌 フェミニン系 雑誌 ママ・主婦 雑誌 コンサバ系 雑誌 ナチュラル系 雑誌 カジュアル系 雑誌 オフィスカジュアル 雑誌 子ども・キッズファッション 雑誌 ガーリー系 雑誌 ティーンズファッション 雑誌 原宿系 雑誌 着物・和服 雑誌 ギャル系 雑誌 セレブ系 雑誌 森ガール系 雑誌
メンズファッション 雑誌
メンズきれいめカジュアル 雑誌 モノ・グッズ 雑誌 メンズカジュアル 雑誌 ストリートファッション系 雑誌 スーツ・トラッド系 雑誌 アメカジ 雑誌 オラオラ系・お兄系 雑誌 腕時計・ブランド 雑誌 古着系 雑誌
ビジネス・経済 雑誌
経営・マネジメント 雑誌 海外事情・国際ニュース 雑誌 政治 雑誌 マネー・投資 雑誌 ビジネス・経済専門誌 求人・転職情報誌 法律・法務 雑誌 環境・エネルギー 雑誌 広告・マーケティング 雑誌 流通・小売 雑誌 人事・総務 雑誌 四季報 外食・ホテル業界 雑誌 会計・税務・経理 雑誌 農業・畜産・漁業 雑誌 飲食店経営・調理師 雑誌 金融 雑誌 貿易 雑誌 地方自治・行政 雑誌 起業・独立開業 雑誌 企業年鑑・データ 業界データブック 自己啓発 雑誌 ビジネスCD・通信教育 株・FX 雑誌 就職・就活 雑誌
健康・生活 雑誌
子供・児童学習 雑誌 子育て・育児 雑誌 家事・生活情報 雑誌 健康・家庭医学 雑誌 住宅・リフォーム 雑誌 住宅情報・賃貸 雑誌 インテリア・雑貨 雑誌 田舎暮らし・エコ・スローライフ 雑誌 結婚情報・ウェディング 雑誌 絵本・大型絵本 妊婦・赤ちゃん 雑誌
スポーツ 雑誌
サッカー・フットサル 雑誌 高校野球・プロ野球 雑誌 ゴルフ 雑誌 その他球技・競技 雑誌 釣り 雑誌 相撲・武術・武道 雑誌 筋トレ・ボディビル 雑誌 ダイビング・マリンスポーツ 雑誌 スノーボード・スキー 雑誌 ランニング・ウォーキング 雑誌 テニス・卓球 雑誌 バレエ・社交ダンス 雑誌 スポーツ医学・コーチング 雑誌 自転車・サイクリング 雑誌 サーフィン・ボディーボード 雑誌 バスケットボール 雑誌 F1・モータースポーツ 雑誌 ダンス 雑誌 プロレス・格闘技 雑誌 ボクシング 雑誌 水泳・ボート 雑誌 ラグビー・アメフト 雑誌
バイク・自動車・乗り物 雑誌
オートバイ 雑誌 カスタムカー・バイク 雑誌 外車・輸入車 雑誌 4WD・RV 雑誌 新車・ニューモデル情報 鉄道・電車 雑誌 飛行機・航空機 雑誌 中古車・中古バイク 雑誌
芸能・音楽 雑誌
テレビガイド・番組表 雑誌 音楽情報誌 エンタメ 雑誌 DVD(ビデオ)マガジン 映画・シネマ 雑誌 韓国(韓流・K-POP) 雑誌 ピアノ・クラシック 雑誌 ギター・ロック 雑誌 演劇・舞台 雑誌 洋楽 雑誌 ジャズ(JAZZ) 雑誌 ジャニーズ 雑誌 グラビア・アイドル 雑誌 写真週刊誌・ゴシップ 雑誌 写真集
グルメ・料理 雑誌
レシピ 雑誌 グルメガイド・レストラン 雑誌 お酒(ワイン・日本酒など) 雑誌 栄養学・食育 雑誌 パン・スイーツ 雑誌
旅行・タウン情報 雑誌
京都・関西 雑誌 関東 雑誌 東京(TOKYO) 雑誌 九州 雑誌 東海 雑誌 東北 雑誌 北海道 雑誌 北陸・信越 雑誌 中国地方 雑誌 四国 雑誌 沖縄情報 雑誌 旅行情報誌 温泉 雑誌 リゾート・レジャー 雑誌 タイ・アジア 雑誌 ハワイ 雑誌 その他 海外情報 雑誌 鉄道・バス時刻表本 航空時刻表
アニメ・漫画 雑誌
少年コミック・漫画 少女コミック・漫画 青年コミック・漫画 レディース(女性)コミック アニメ 雑誌 声優 雑誌 comics&アメコミ ディズニー・キャラクター 雑誌 コスプレ 雑誌 BL(ボーイズラブ)コミック・雑誌
ペット・動物 雑誌
犬 雑誌 猫 雑誌 トリマー・ペット業界 雑誌 魚・熱帯魚 雑誌 昆虫 雑誌 ペットその他 雑誌
文芸・総合 雑誌
女性総合誌 男性総合誌 カルチャー・文化 雑誌 文芸誌・小説 雑誌 時事・社会 雑誌 機内誌 宗教 雑誌 歴史・史学 雑誌 思想・心理学 雑誌 俳句・短歌・詩 雑誌 占い・開運 雑誌 書道 雑誌
趣味・芸術 雑誌
デザイン・アート 雑誌 プラモデル・模型 雑誌 ガーデニング・園芸 雑誌 手芸・ハンドメイド 雑誌 パズル・クイズ 雑誌 ナンプレ・数独 雑誌 クロスワード・ナンクロ 雑誌 ミリタリー・サバゲー 雑誌 競馬・競輪・競艇 雑誌 オーディオ・ステレオ 雑誌 アウトドア・キャンプ 雑誌 カメラ・写真 雑誌 分冊百科・ワンテーママガジン 将棋・囲碁 雑誌 イラスト・グラフィックデザイン 雑誌 建築・住宅建築 雑誌 陶芸・骨董 雑誌 ラジオ・無線 雑誌 ゲーム 雑誌 フィギュア・ホビー 雑誌 DIY・工具 雑誌 パチンコ・パチスロ 雑誌 ハイキング・登山 雑誌 麻雀 雑誌
ヘアカタログ・美容 雑誌
メイク・ネイル 雑誌 フィットネス 雑誌 ヘアスタイル 雑誌 ヨガ 雑誌 美容専門誌 ダイエット 雑誌 アロマ 雑誌
看護・医学・医療 雑誌
ナース 雑誌 介護・福祉 雑誌 医療技術 雑誌 薬学 雑誌 臨床外科 雑誌 臨床内科 雑誌 医療時事 雑誌 歯科 雑誌 獣医学 雑誌 理学療法 雑誌 その他 医学雑誌
教育・語学 雑誌
その他 NHKテレビ・ラジオテキスト NHK語学テキスト 幼児教育 雑誌 小学生教育 雑誌 中学教育 雑誌 高校教育 雑誌 受験・留学 雑誌 試験問題集・資格 雑誌 日本語学習 教材 ハングル・韓国語学習 教材 中国語学習 教材 リスニング教材・語学CD 英語教育・英会話 教材 フランス語学習 教材 ドイツ語学習 教材 スペイン語学習 教材 その他 語学雑誌 教員・教師 雑誌 通信・教育講座
テクノロジー・科学 雑誌
宇宙・天文 雑誌 機械 雑誌 化学 雑誌 情報処理 雑誌 地球科学・環境問題 雑誌 生物・生物学 雑誌 数学・物理 雑誌
パソコン・PC 雑誌
コンピューター・自作PC 雑誌 ネットワーク・セキュリティ 雑誌 Webデザイン・プログラミング 雑誌 DTP・グラフィック 雑誌 アプリ・スマホ 雑誌 インターネット 雑誌 Mac・マック 雑誌
新聞・業界紙
英字新聞 業界新聞・専門紙 新聞縮刷版 切り抜き・クリッピングマガジン 全国紙(新聞) 中国語 新聞・業界紙 地方紙(新聞)
洋(海外)雑誌
English newspaper Science&Nature Magazines Language&Education Magazines Money&Business& Magazines Fashion&Style Magazines others Design&Architecture Magazines Hobby&Entertainment Magazines Home&Interior Magazines Computers&Electronics Magazines バイリンガルマガジン・雑誌
中国雑誌
中国 ビジネス・経済 雑誌 中国 旅行・タウン情報 雑誌 中国 趣味・芸術 雑誌 中国 看護・医学 ・医療 雑誌 中国 文芸・総合 雑誌 中国 教育・語学 雑誌 中国 テクノロジー・科学 雑誌 中国 スポーツ 雑誌 中国 ファッション 雑誌 高等文化院校学報 高等理工学院学報 中国 バイク・車・乗り物 雑誌 中国 健康・生活 雑誌 中国 学生・こども向け 雑誌
その他
その他 雑誌