I LOVE MAGAZINES!キャンペーン |500誌以上の雑誌が最大50%OFF!
  • 雑誌:環境新聞
  • 出版社:環境新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週水曜日
  • 雑誌:環境新聞
  • 出版社:環境新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週水曜日

環境新聞 2702 (発売日2024年04月24日)

環境新聞社
新潟水俣病訴訟地裁判決 原告26人の罹患を認定 原因企業に賠償命令、国への請求は棄却 弁護団長「政策転換進める大きな意味」

環境新聞 2702 (発売日2024年04月24日)

環境新聞社
新潟水俣病訴訟地裁判決 原告26人の罹患を認定 原因企業に賠償命令、国への請求は棄却 弁護団長「政策転換進める大きな意味」

ご注文はこちら

初購入500円割引
Fujisan.co.jpでご購入が初めての方は、5000円以上のご注文で500円割引となります。ご注文確認画面のギフト券入力欄に自動的に適用されます。
レビュー投稿500円割引 or 10%割引
好きな雑誌のレビューを投稿すると、5000円以上のご注文にご利用可能な500円割引ギフト券と、5000円以下の定期購読にご利用可な10%割引ギフト券が、投稿後メールですぐに届きます。
  • 月額払いの商品ではご利用いただけません。
  • どちらかひとつのギフト券が 今すぐご利用可能です♪
環境新聞のレビューを投稿する
2024年04月24日発売号単品
定期購読でご注文
レビュー
500円
割引可
2024年05月01日発売号から購読開始号が選べます。
【送料無料】月4回水曜日付けで専門紙ならではのニュースをお届けします!!

環境新聞 2702 (発売日2024年04月24日) の目次
  • 紙版
  • デジタル版

  • 紙版
  • デジタル版
<今週の1面トップ記事>

 水俣病被害者救済特別措置法に基づく救済の対象から外れた新潟水俣病の未認定患者ら47人が国や原因企業の旧昭和電工(現レゾナック・ホールディングス)を相手に損害賠償を求めていた訴訟で、新潟地裁(島村典男裁判長)は4月18日、26人の新潟水俣病の罹患を認定し原因企業に1人当たり400万円の賠償を命じる判決を言い渡した。不法行為から20年で損害賠償請求権が消滅する「除斥期間」については、「著しく正義・公平の理念に反する」として適用していない。一方、国への請求は、水銀の排出や住民の健康被害を具体的に予見できたとは言えないとして棄却した。判決後に新潟市内で開かれた報告会で、原告側弁護団の中村周而団長は今回の判決について、「(水俣病問題の)解決に向けて政策の転換を進める大きな意味がある」と述べた。



<その他の面の主な記事>

◇骨太の方針へ「原発再稼働」を提言 諮問会議 経団連会長らGX・エネ戦略で …………2面

■次世代データセンターと環境特集…………………………………………………………………3面

◇海洋ごみ対策、期間延長や大規模合同清掃 「瀬戸内オーシャンズX」が合意……………4面

◇土岐、防災システムで処理業者に安心提供 独自開発の「チェッカースプリンクラー」…5面

■2024年度循環型社会形成推進交付金等内示特集………………………………………6~7面

◇鴻池組に聞く、大阪・関西万博工事の進捗………………………………………………………7面

◇定時工業高生の学習・就職をサポート 日本SPR工法協会らが産学連携…………………8面
1965年に創刊したわが国唯一大判の環境総合専門紙です。幅広く複雑な環境問題、それに関わる国や自治体、企業、業界の取り組みをタイムリーかつ的確に報道しています。主な紙面構成は、「脱炭素・エネルギー」「環境総合」「資源循環」「水・土壌環境」です。近年は「生物多様性」や「ライフスタイル」に関わる情報も充実しています。環境・エネルギーに関する政策・施策やビジネスの現在、今後の動向を知りたい読者に役立つ情報発信に努めています。


骨太の方針へ「原発再稼働」を提言 諮問会議 経団連会長らGX・エネ戦略で
次世代データセンターと環境特集
海洋ごみ対策、期間延長や大規模合同清掃 「瀬戸内オーシャンズX」が合意
土岐、防災システムで処理業者に安心提供 独自開発の「チェッカースプリンクラー
2024年度循環型社会形成推進交付金等内示特集

環境新聞の内容

  • 出版社:環境新聞社
  • 発行間隔:週刊
  • 発売日:毎週水曜日
地球環境時代の確かな情報源として幅広いジャンルからタイムリーなニュースを提供
『環境新聞』は、1965年創刊のわが国唯一大判の環境総合専門紙です。近年、温暖化をはじめ地球規模の環境問題が深刻化しています。国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次統合評価報告書によると、温暖化の深刻な影響を回避するには、今後数十年に温室効果ガスの排出を大幅に削減し、今世紀末にはほぼゼロにする必要があるとされています。そのためには低炭素・循環・自然共生の総合的な政策統合やグリーン・イノベーションの抜本的な推進が不可欠で、その担い手として環境エネルギー分野の産業・ビジネスの役割が大きく期待されています。そうした中、『環境新聞』は2015年に創刊50周年の節目を迎えました。これからも地球温暖化時代のリーディングペーパー、確かな情報源として、国内外の幅広い関連政索・ビジネスなどの最新動向を的確かつ掘り下げて提供していきます。

環境新聞の目次配信サービス

環境新聞最新号の情報がメルマガで届く♪ メールアドレスを入力して登録(解除)ボタンを押してください。

※登録は無料です
※登録・解除は、各雑誌の商品ページからお願いします。/~\Fujisan.co.jpで既に定期購読をなさっているお客様は、マイページからも登録・解除及び宛先メールアドレスの変更手続きが可能です。
以下のプライバシーポリシーに同意の上、登録して下さい。
おすすめの購読プラン

この雑誌の読者はこちらの雑誌も買っています!

環境新聞の所属カテゴリ一覧

Fujisanとは?

日本最大級雑誌の定期購読サービスを提供

デジタル雑誌をご利用なら

最新号〜バックナンバーまで7000冊以上の雑誌
(電子書籍)が無料で読み放題!
タダ読みサービスを楽しもう!

総合案内
マイページ
マイライブラリ
アフィリエイト
採用情報
プレスリリース
お問い合わせ
©︎2002 FUJISAN MAGAZINE SERVICE CO., Ltd.